したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

【1999年】煌月の鎮魂歌【ユリウス×アルカード】

225 煌月の鎮魂歌10 16/43 :2017/08/12(土) 22:52:14
 喘ぎ、すすり泣きながらユリウスはそれでも立とうとした。とたん、目にもとまらぬ一
撃で脚を払われ、背中をうたれた。手のひらで叩かれたようにその場に押しつぶされ、這
いつくばってもがいた。
 全身が重く、冷たい。きしむ骨の一本一本が音を立てて砕けていくのがわかる。指を離
れた鞭をさぐろうとして指を動かすと、苦痛の花が全身にひらいた。喉の奥から糸を引く
苦鳴がもれる。
 ゆっくりと相手が近づいてくる。必死に反撃の方法をさぐろうとするが、身体はまった
く言うことをきかない。痛みの巣となった脚も腕もだらりと垂れたまま動かず、燃えるよ
うな苦痛だけが存在している。
 男がすぐそばに立った。静謐な存在感と、圧倒的な力の気配だけが感じられる。
 そしてあの目。
 夏空の色をした、あの男の青い目が。
「お──まえ──だけは」
 もがき、ユリウスは呻いた。ざらついた声がやすりとなって喉をこすった。苦い血が舌
をこがし、頬が濡れた。
「お前だけは──許さない……」
 鋭い一撃が肩胛骨の真ん中を打ち、起きあがろうとしたユリウスをふたたび地面に釘付
けにした。
「お前だけだ。あいつはお前しか見ない。お前のことしか考えていない、それなのに、お
まえは──あんたは、あいつを独りにした……」
 しゃべると血が筋をひいてしたたった。落ちた滴は赤く、ぼんやりとにじんでいた。頬
を伝う熱いものを、ユリウスはぬぐわなかった。身も世もなく、彼は泣いていた。マンハ
ッタンの毒蛇が、幼い子供の涙を流して、人目もはばからず泣き崩れていた。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

悪魔城ドラキュラ Best Music Collections BOX(DVD付) / SMD



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板