したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

Awake

66 Awake 5話(3/8) :2013/09/20(金) 06:04:53
 じきに破壊できない岩が通路を防いでいるエリアが目立つようになってきた。
「打破しなければならない敵が近いのか?」
 とうとうネイサンは自分が踏破出来る通路の全てを駆けずり回り袋小路に追い込まれた。
眼前にはケルベロスが居た部屋と同じ青白く光る扉が見えている。
「またか」
――死にたくない。今まで戦う時も誰かが一緒に居た。師匠、この期に及んで状況を受け
入れられない自分の怯惰に吐き気さえ覚えます。
一人で死ぬのは嫌だと心が、体が扉を開けるのを拒もうとしています。
「だけど、何もしないまま手を拱いて悔恨を残したまま死ぬのはもっと嫌です!」
 解らないままに戦った時は今ほど恐怖を感じなかったのだが、やはり時間が経つと体に
受けていた痛みが蘇りこの世の存在でない物と戦う恐怖が身を竦ませた。
 だが、その恐怖と怯惰は自分の身を守るために培われた手段だと言う事も彼は自覚して
いる。それを理解した上で固唾を飲み前進した。
 扉を開けた先には中空に浮かぶ濃紺の布が浮遊していた。否、実体のない人型に膨らん
だネクロマンサーの姿である。
 その異様な姿にネイサンは息を呑み凝視していたが、やがて肉体を持たない魂魄だけの存在
が白く炯々とした不気味な双眸を点滅させ、嘲った口調で洞穴から響くような声を発し始
めた。
「あの奈落に落とされて生きていたとは。悪運の強い奴…。」
「邪魔をするな!」
 微かに笑ったように見えた風情にネイサンは緊迫した場にそぐわないと違和感を覚えたと同
時に、何も見えない魔性より見える魔性は恐怖の対象とならない安堵を感じて徐々に慣れ
てきたと思った。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

悪魔城ドラキュラ Best Music Collections BOX(DVD付) / SMD



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板