したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

Awake

43 Awake 3話(13/24) :2013/09/20(金) 05:38:16
だから今ヨーロッパ全土で起こっている死者復活の後に聖水を掛け、朽ち果てた生体は
正確には冥府の住人に生を与えられた死体だ。
 ともあれそれは迷信が混在する土地につき物のよくある惨劇である。
 輔祭は礼拝堂の身廊側の扉を開けながら低く消沈した声で俺達に話しかけた。
「一時間後、カルパチア山脈の稜線から朝日が昇りきる前に崩壊した城跡へ向かう。私は
村の男たちを集めるから、お前たちは万が一のためにすぐに逃げられるよう荷物をまとめ
て置け」
 そして、最後に扉を閉めながら斜に構え横目で俺達を見つめた。その様は傷ついた者を
どう救う事も出来ない人間の弱さが垣間見えるような、言い換えれば救った者の傷を哀れ
み、蔑む視線で見下げると言った聖職者であるにも拘らず放置する人間の卑怯な姿だった。
「馬車と逃走ルートは後で紙に書いたものを渡しておこう。私は三位一体の成句をお前達
に言う事は出来ないが『貴殿等の途に祝福在らん事を願わん』とだけ告げておこう」
 師匠は眉をひそめ渋い顔をし、ヒューは輔祭を始終睨み付け、俺は怯えながら二人に掴まっ
てその言葉を聴き扉越しに響く足音とともに彼を見送った。
 一時間後、白木の杭、火葬するための薪、そして剣やマスケット銃などの武器はおろか、
斧や鋸、柄の長い鍬すらも持って殺気立つ正教徒の男達の物々しい出で立ちを目の前に見
ながら、隊列の最後で行軍している俺達三人は、カルパチア山脈の麓にあったドラキュラの古
城跡へと向かった。
 もし両親の遺体に対して損壊の裁定を下されなければ、そのままカトリック教区へ埋葬
する手筈を整える前に状態によっては、輔祭だけではなく正式な葬儀を履行できる司祭や、
医学的な見地から判断するために村の医者も同行した。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

悪魔城ドラキュラ Best Music Collections BOX(DVD付) / SMD



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板