したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

Awake

40 Awake 3話(10/24) :2013/09/20(金) 05:34:31
「……それに逆上されてまた首でも絞められたら堪らんからな」
 輔祭は師匠に対して口角を引き攣らせた苦々しい表情で睨み付けて、わざと首の辺りを
擦りながら憎々しげに答えた。
「それから」
「まだ何かあるのか?」

「この二人をあの城跡に連れて行く許可も欲しい」

「ほう、そこまで物分りが良い人間だったのか。ならば先程の所作は何だったのだ。貴様」
「……!」
「な……何で!? 酷いよ父さん! ネイサン……こいつにグレーブスおじさん達を辱める所を
見せるってのか!? 俺だって見たくない!」
 俺は残酷な展開に言葉を詰まらせ、信頼していた者に裏切られたような心持になったの
だろうか、ヒューは一瞬驚いた表情をして師匠に食って掛かった。
「このまま見せないで遺体と対面させるのが普通の親や、大人の心情であろうし俺もその
一人だ。だけど俺はただの親ではなくハンターだ、そして目の前のお前をハンターとして
育て、両親を一晩にして失った……ネイサン、お前にもハンターの血が流れている」
 師匠はより強く温かい腕で俺達を抱きすくめたが、血と埃被った汗の匂いがする濡れた
衣服を通して判るくらい全身が震えていた。
 ハンターになる事は犠牲者の血も屠った者の血も、誰の血とも分からず浴び続ければな
らない賎業である事に変わりはない。だけど誰かが、人外の力に対抗し得る術を持った人
間がその責を負わなければ人の生活や生命は力のままに貪られるだろう。
「俺とてそのような惨い真似を許したくは無い。この言葉を吐いている事自体忌まわしい。
だがヒューよ、俺達ハンターは何のために戦っている? 名誉か? 金か?」


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

悪魔城ドラキュラ Best Music Collections BOX(DVD付) / SMD



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板