したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

Awake

34 Awake 3話(4/24) :2013/09/20(金) 05:28:21
だけどあいつは俺を一瞥してから「ああ」とぶっきらぼうに一言だけしか言わなかった。
 それに俺はハンターの使命として目的が達成できれば人の生死などどうでもいいように
ヒューが見ているのでは無いかと少し憤って、語気を強めてまた訊ねた。
「ちゃんと答えてよ」
 だけど今度は俺をじっと見ながら繋いでいない方の手で、肩口まで伸びた髪を耳にかけ
てから俺の髪を無言で撫でているだけだった。その行動にはぐらかされた様で、とうとう
不安と憤りが頂点に達して涙をこぼし叫んでしまった。
「何か言えよ! お前だってモーリスおじさんの事が心配じゃないのかよ! こんな時にも澄
ました顔しやがって! おれの髪を撫でて慰めて余裕を見せ付けているつもりか!?」
 その声は礼拝堂内に木魂し、そして空しく収束した。ヒューは黒い目を丸く見開き、それか
ら「お前までそんな風に……」と涙声で小さく呟いた。
「俺だって、俺だって……今回ばかりは不安なんだ。だからお前と一緒にいる。そんなこ
と言われるなんて思ってもみなかったよ……」
 いつも澄ました顔で大人に混じってハンターの修行をしているあいつが、「不安」と言
って泣いたのに俺は少し安心した。自分でも酷い感想だとは思ったが、俺と同じ子供なん
だと考えたとともに俺の苛立ちも少しは収まったから。
「ごめん……おれ、どうかしていた」
「エクソシスト、ヴァンパイアハンターの最大の敵である真祖ドラキュラと父さんやお前の両
親が今、この瞬間戦っているんだ。祈ろう。今の俺たちにはそれしか出来ないんだ」
 そうヒューが言ったのを最後に永遠と思えるくらいの時間を、そして静粛を破る足音が聞
えるまで俺達は互いの親の安全を祈った。
 ステンドグラスの填っていない窓から見えた光景からだと夜が白み始めた頃だったろう
か、石畳を一人か二人くらいの駆ける足音が聞え礼拝堂のほうへ近づきつつあるのに気付
き俺達は身構えた。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

悪魔城ドラキュラ Best Music Collections BOX(DVD付) / SMD



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板