したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

Awake

28 Awake 2話(14/16) :2013/09/20(金) 05:18:56
「下らん。己の目的のためには他者すらも貶めるか。だからお前にハンターの称号を継が
せなかったのだ。己の言動をもう一度咀嚼するが良い」
 ヒューは自分の言動に何ら疑問を持っていなかったが、モーリスは「無私の感情」が彼の中に
全くといって良いほど育っていない事に、改めて自分の選択が正しかった事に安心と虚無
を感じた。
 そもそも、ヒューがそのような状態であるのに、モーリスがハンターのムチの継承を彼がその
精神を克服するまで待つつもりが無かったのは、ひとえに自分の体力が減退してきただけ
でなく、己の力を恃み、異能者とは言えただの人間が一人で魔性の者に立ち向かうという
愚挙を、己の息子が犯そうとしていることに気付いたからだ。
――確かに、ネイサンや同業者に対して見下した態度を取っていない振りをしていたのは、単
に儂の歓心を得るための道具であり“全ての者に慈しみを与えん”といったキリスト者と
しての美徳を表しただけの物に過ぎん。
それも己の能力を継承者たらんとして恃み、それを自覚した上での行動であるのが余計目
に余る。
そのような心の内を叩き直し、ハンターである前にただの人間である事を自覚させるため
に、あえて嗣子継承の概念を無視したのだが……それが却ってヒュー自身の立ち位置を見失
う結果になるとは予想も付かなかった。
だが、ある意味これで良かったのかもしれない。己の心の研鑽を能力で覆い隠して見つめ
ていなかった事が、どれだけ危険な事か自ずと解かって来るだろう……
 モーリスは我が子の縋る様な眼差しを無言で見つめた。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

悪魔城ドラキュラ Best Music Collections BOX(DVD付) / SMD



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板