したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

Awake

160 Awake 14話(5/18) :2013/12/19(木) 03:06:28
一緒に彼も追ってくるかと思ったが、飛び跳ねて斧を投げつけてきたぐらいで跳躍力は
変わらず人のままであった。その様子に嬲り殺される可能性はなくなったと安堵し、カー
ドの力でしばらく傷を治癒していった。
――今まで遠隔攻撃の状態を見ていたけど、今度は近接戦闘であいつのペースをずらして
時間を稼ぐか? 通常なら無理だろう。でも、操られているなら退魔の文言であるラテン
語聖句を詠唱する事で、その隙を突く事は出来ないだろうか? 
さっき突進した時に避けられても進行方向を変えられないほど動きが大雑把だったんだ、
打撃に特化した攻撃のみであれば注意力は散漫になっていると思う。賭けてみるか。

 やがて、額の傷もある程度塞がり痛みも引いた。これで視界が血まみれになる事もなく
なった。
 そのまま床に降りると攻撃されるのは必至なので、ヒューが後ろを向いた隙に静かに降りた。
 無論、瞬時に気づかれて剣で攻撃されたが、予想通り通常攻撃の剣技に鋭さが見られず
剣捌きの間合いに入る事さえ容易に出来た。
――よし、一か八かだ。
 ヒューに聞こえるようラテン語で退魔の聖句を唱え始めた。すると、見る見るうちに動きが
鈍化していった。
「……!」
――やっぱり……効果はある。良かった、吸血された証である灼眼にはなっていない。な
のに、ラテン語聖句を聞いた程度で攻撃速度と膂力が一瞬だけど停止している。
そうか、術者の闇の部分が表出しているから、その綻びから来ているのか。降霊術のよう
な何か代償を用いた一時的な催眠術みたいだけど、効力に関しては人間が行なうより相当
強力な暗示が掛かっている。
それなら身体の動きを徐々に止めて解呪する手を考えよう。
 まずは、攻撃手段である剣を聖鞭で絡め取り瞬時に押し倒して、正気に戻るまで聖句を
耳元で唱え続けたらいいのではないかと考え付いた。それに、組み伏して体重をかけ、羽
交い絞めにすれば首を絞められる事もない。
ネイサンは予測を立て剣身に聖鞭を絡ませたが、引っ張っても腕が伸びるだけで離れない。
「柄と手がくっ付いたように離れない……」


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

悪魔城ドラキュラ Best Music Collections BOX(DVD付) / SMD



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板