したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

Awake

151 Awake 13話(11/15) :2013/10/14(月) 00:32:45
「お互いに見つめ合い、甘い口付けを気が済むまで交わして、それから……その息遣いに
戯れた後、言葉にならないくらいの絶頂を確かめ合うために、身体をまさぐりながら相手
の奥にある全てを曝け出して何度も何度も愛しむ事は……まさにあなたにとって素晴らし
き世界」
 カーミラは沈黙を選んだネイサンを嘲笑うため言葉を重ねた。聖鞭の力により彼女の本領が発揮
できない状況に対して苛立ちをぶつけるかのように、言葉だけで彼の羞恥心を煽るだけ煽
ろうとした。
 その言動自体、彼女がすでに相手に対して無傷では王手をかけられない焦りの証左であ
るが、解っていても後は近接戦でしか彼を生贄として手に入れられない事にカーミラは自尊心
が傷つけられ、腹立たしさを感じていた。
「何故自分の想いを隠して生きようとするの? 大切に育ててくれた師匠の息子を穢す事
になるから? それとも下らない決まりで二人とも死刑になる恐怖から? だったら、そ
の元となる師匠を混沌の救世主に捧げればいい。それなら師匠もいなくなって、そのうえ
下らない決まり事など無くなり全てが丸く収まるわ」
 
――しまった! 師匠や世間に対する考えまで読み取られた! 俺は本当に弱い。そして、
この女は人の心を甘く包み込むのに相当長けている。ともすれば負けた後、本当に手を取
り、この身と思考をすべて委ね預けてしまうくらい魅力的な提案を与えるこの女の下僕に
なって、思うままに実行するだろう。
だけど、ここまで来てそんな真似を許してたまるか! 
「聞く価値も無い。お前を打ち倒せばそれで終わりだ」
「そう……ならば死になさい。薄汚い、おぞましい体の合歓なぞ私の許容の外よ」

――薄汚いか……魔性の者にさえ否定されるか。いや、最初から判り切っていた事じゃな
いか。
「我等の手中にある大切な者達を意のままに出来る機会を与えてやったのに。愚かな」


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

悪魔城ドラキュラ Best Music Collections BOX(DVD付) / SMD



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板