したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

Awake

139 Awake 12話(6/7) :2013/10/13(日) 15:21:14
体が吸い込まれる。と彼は身構えたが、すでに動かない死神の肉を引きちぎりながら吸
い込み、やがて全てを飲み込んでしまうと同時に渦が収縮して消えていった。
「……吸い込まれている。しかし、あの召喚された空間は一体何だったのだろうか」
――まさか、己の肉体を生贄として異界への門を開いたのか。だとしたら真祖が復活する
時間を早めてしまった事になる。まずい、一刻も早く残りの駒を倒してしまわないといけ
ない。
 そう思いネイサンはいつものように宝物庫の扉を開けた。
 見ると宝物が置かれている台座の上に、手の平に収まるくらいの小さな藍玉があった。
「鍵じゃなさそうだ」
 少しがっかりして肩を落としたが、手に取ると不透明な藍玉が少し青い光を帯びて半透
明に変化し輝いた。
 清浄な光に変化したのには驚いたが、この藍玉をどう扱っていいか分からず不安な心境
で見ているのを汲み取ったかのように、自分の使い道を示すイメージがネイサンの頭の中に流
れ込んできた。
「……俺たちがこの城に入る前に命を落としたハンターが身に着けていたマジックアイテ
ムだったのか。穢れた物を浄化させる力があると、そう教えたのか? ありえない。俺に
過去を見る力は無い。まやかしだ」
――それが本当なら喜ばしいことこの上ないが、魔性はこういった幻覚を見せ、新たなギ
ミックを手に入れる事で屠る魔物の数を増やしてより強い力を得させ、生贄としての力を
高めようと誘っているんじゃないのか? 
俺は非力だ。思考の間隙に精神に対して呪詛を織り込まれるかもしれない。けど、誘われ
ても聴かなければいいんだ。
一切取り合わず撥ね退ければ問題はない。
 ネイサンは思考を纏め、上空以外に踏破出来なかった場所、毒の川が流れて進路を妨害して
いる地下水路に向かって歩を進めた。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

悪魔城ドラキュラ Best Music Collections BOX(DVD付) / SMD



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板