したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

Awake

136 Awake 12話(3/7) :2013/10/13(日) 15:18:28
――魔城は人の心をいかようにも変え、人が伺い知らない姿を見せる。
まさか自分にヒューが倒せなかった魔物をギリギリとはいえ、倒せる事が出来たと言うのも
未だに腑に落ちないものがある。それでもあいつより力が強くなったのは自分自身が体得
した力じゃないから、あんな姿を見せられたら……とても、心が痛い。
 ネイサンは短い休息を終えると再び青い扉を前にして、慢心しようとしていた甘さを払拭す
るように固唾を飲み、扉に触れた。
 開いた先には真祖の腹心と伝えられている死神がいた。
その姿を見た時一目でわかる程、伝承の姿そのものでこちらに体を向けていたからだ。
 紫のフードを被った骸骨――浮遊して、城に迷い込んだ慮外者を排除し主を守るため容
赦なく屠りつくす忠実なる配下。
 死神のシンボルである処刑用の大鎌は肩に担いでいなかったが、真祖現れる所に死神の
陰あり――今まで踏破した部屋にネクロマンサー以外、いかにもな出で立ちをした魔物を見なかっ
た事からそう判断した。
 どう攻撃しようかと少し様子を観察していたが、一向に攻撃を繰り出さない。ただ浮遊
して何かを伝えるだけに居るのかと考えたのもつかの間、いきなり四方八方に骨でできた
鎖を放射して来た。
「……いきなり攻撃してくるとは!」
 運よく後ろに飛び退いて回避できたが、少々攻撃に対して警戒を解いていた自分の甘さ
に気づき、攻撃の種類と威力を観察しようと思った。
――行動が大きい。けど、攻撃している時に立ち止まっている。それに死神とは思えない
ほど威圧を感じられない。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

悪魔城ドラキュラ Best Music Collections BOX(DVD付) / SMD



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板