したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

Awake

126 Awake 11話(1/8) :2013/10/09(水) 23:03:51
――俺は強い。強くあるべきだ。何故なら俺は聖鞭の継承者たる家系に生まれ、貴族でな
いにしろそれなりの羨望と賞賛を勝ち得てきた家系の嗣子だからだ。
その証左に常に他者に対して圧倒的な力を示し、誰も俺の指揮や攻撃方法に適う者はいな
かった。
なのに……あの臆病者! 俺が物心ついた頃からずっと普通の子供達が遊んでいる時間さ
えも削り鍛錬に励み、夜には常に知識を求めた努力さえ踏み躙って後継者の地位に収まろ
うとは! 
確かに、俺より力と統率力は劣るものの他の連中と組んだ時より滞りなく、俺の望む方法
で敵を撃破させられる事で唯一俺の好敵手として認めているが、ただそれだけだ。
事実、補佐しかしたことが無いのに聖鞭を継承した奴は、指揮系統の手順は違えるわ、己
が止めを刺すべき所を見誤るわで全く役に立たなくなった。
所詮、補助に徹していた人間は上に立つことなど出来ないのだ。
「その通りだ。生まれながらの将器を持った者こそが人の上に立ち、総てを差配する事が
可能だ」
「誰……だ? その……声は?」
 ヒューは聞いた事があるような威厳のある声の主を、自分の記憶を手繰り寄せるかのように
思いだそうとした。
――死んだ祖父か……。いや、それよりもここはどこだ? 窓が開いている。
窓の傍に立っているのはネイサンか……朝日は眩しいが風が心地いい。
今、見慣れたベッドに潜り込んで寝ている……ここは故郷の我が家だ。
そうか、これは真祖が見せる幻覚か、幻覚など見ている暇はない! 起きろ! 目を覚ま
せ! また、いつもの様にこちらへ歩いてくる……朝から俺をからかうのか? 夢の中ま
でこんな光景が再現されるのはいい気がしない。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

悪魔城ドラキュラ Best Music Collections BOX(DVD付) / SMD



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板