したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

Awake

12 Awake 1話(11/13) :2013/09/20(金) 04:58:42
――「……」
「……っ」
 奈落へ落とされた二人は、吹き抜けのような所の平らな岩盤に辿り着き、辛うじて助か
った。
 ネイサンは足を挫いたが、ヒューは無傷の様だ。だが、もしかしたら我慢しているかも知れな
いと思ったネイサンは、自分の事よりヒューのことを心配して声をかけた。
「…どうやら怪我は無い様だ。ヒュー、大丈夫か?」
「ああ。くっ、無様だな。俺もお前も」
 とそれに対し、その配慮を無下にするかのように口角を歪ませ、自嘲気味にヒューは数日
振りにネイサンと口を利いた。ネイサンは、やっと声が聞けたと思ったら、憎まれ口でも嬉しく思
い、にこやかに軽く微笑んだが、ヒューはそれを見て端整な顔を不機嫌な表情に変え、不審
の念を表わすかのようにネイサンから背けた。
――お前に、俺の気持が解って堪るか。力の無い者がその聖鞭を持つことで真の力が発揮
できると思うのか? ふざけやがって……この状況で笑えるなぞ言語道断だと言うに。親
父はこんな奴に聖鞭を渡して、どうかしている! 
 ヒューは、心に余裕を無くした言動を取るようになっていた。
――傲慢、嫉妬、憤怒、強欲。七つの大罪の内、魔を討伐するには罪を犯しすぎている。
このままでは逆に魔に取り込まれると言うのに、モーリスは何を思い彼をこの暴欲の蠢く城へ
連れて来たのだろうか。
ネイサンは、何か否定的な含みを自分に対して向けているなとは気づいた。しかし、今はいち
いち言動を気にしている場合ではないので、モーリスの救出を最優先にした態勢の立て直しを
ヒューに告げた。
「早く、師匠を助けに行かないと」
 すると、お前に謂われなくても解っている、と言った風情でヒューは眉根を寄せネイサンを睨み
つけた。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

悪魔城ドラキュラ Best Music Collections BOX(DVD付) / SMD



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板