したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

Awake

117 Awake 10話(1/9) :2013/10/09(水) 01:20:40
 月光を室内に取り込むための明かりとりが部屋を照らしているだけで、あとは初老の男
が精気の抜けた姿で祭壇の簡素な柱に縛られ、その下の床に構築された黒い魔法陣が青白
い仄かな光を放っているだけの部屋があった。
 そして、そこにはじっと禍々しい光を放つ紅玉の目で、柱を見つめているドラキュラが佇ん
でいた。
 真祖ドラキュラは不完全な復活をした場所から少し奥まった部屋で、モーリスを生贄として魔力
の増幅を図る儀式を行っていた。
 もっとも、ドラキュラは覚醒しているものの、未だに術者であるカーミラとデスから魔力を分け与
えられている状況に変化がなかったため、自らの手で魔力を増幅させられない苛立ちを覚
えていた。
「また、気絶したか。無理もない。一刻以上、我の魔力を増幅するために強制的に精力を
放出させたのだ、普通なら既に死んでいるがこ奴、体力は衰えても心と精神は一段と強固
な物になりおったわ」
 物言わぬ仇敵――覚醒と意識消失を繰り返しているモーリスを前に低い声色で微かに笑いな
がら、彼の命の灯をどうやって潰えさせようかとドラキュラは半ば喜びに心踊りながら対峙し
ていた。
 しかし、その一時の愉悦も彼の背後に赤黒い魔法陣を浮かび上がらせて出現したカーミラに
よってかき消された。

「うふふ……長い時間、仇敵を眺めていても面白くないでしょうから、退屈凌ぎになるも
のをお持ちしました」

「カーミラか。己の持ち場はどうした? それに何だ、これは? これはお前に与えた物だ。
散々甚振った挙句、残滓を捨てに来たのか? 無礼な。それならば己のフィールドに持ち
帰り、下僕の餌にすれば良い。不愉快だ」
「まさか。ただそれだけの者ならわざわざここへ運びませんわ」


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

悪魔城ドラキュラ Best Music Collections BOX(DVD付) / SMD



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板