したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

Awake

112 Awake 9話(6/10) :2013/09/27(金) 02:31:00
それから足の麻痺を物ともせず下半身を捻り返し、右上腕を床に着け瞬時に両足を屈め
ると、跪いた格好で血の味を堪能し口角からだらしなく血を滴らせ、酔って茫漠としてい
るサキュバスに向かって、地面に着いた反動を託した鉄の靴底を斜め下から顎に向かって突き
上げた。
「グファアァアアアァアアァ!」
――シマッタ! 時間ヲカケ過ギタヨウダワ。明確ニ意識ヲ取リ戻シタ今、私ハスデニ彼
ニ勝ツコトハ出来ナイ。ナラ……私ノ身ヲ犠牲ニシテデモ生贄トシテノ体面ヲ保タセナイ
トカーミラ様ト伯爵ハ満足サレナイ。
 思考はあってもなす術もなく吹き飛ばされたサキュバスは、両腕をだらしなく浮かせ口の中
に残っていた血液をしぶかせながら、にやけた表情のまま仰向けで地面に叩きつけられた。
 術者の力が殺がれたため呪縄が解け、すかさずヒューは足首の付近で留まっているズボンを
穿き上げるとベルトで固定した。
 それから素早くサキュバスの頭部を捻じ切るつもりで、左足をサキュバスの喉元に軽く乗せた。
「クヒャヒャヒャアァッハァッ! まだそんな余力があったのか! グフャ!?」
 そして下卑た表情で口の周りについている血液を嘗め回し、背中を仰け反らせて腕を伸
ばしヒューに指先を向け、部屋全体に響き渡る甲高く下品な声色で笑い出すのを聞いた瞬間、
ヒューは汗と血に汚れた長髪を掻き揚げながら、無表情で鉄靴の先をサキュバスの喉仏にねじ込ん
だ。
――ソウ、ソレデイイノ。オ前ハ己ノ身ガ一番カワイイ人間。体面ヲ保ツタメナラドンナ
事ダッテスルヨウナ。ダカラオ前ノ姿デ下品ニ振舞イ挑発シテアゲル。ソノ先ニアル結末
ヲ考エラレナイ位ネ。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

悪魔城ドラキュラ Best Music Collections BOX(DVD付) / SMD



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板