したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

Awake

105 Awake 8話(8/9) :2013/09/24(火) 09:41:03
ラテン語の退魔聖句である天使祝詞を早口で必死に大声で言い始めるや否や、彼はネイサン
に扮したサキュバスに聖水を振りかけ、十字架を顔面に押し付けた。だが、
「何をしているんだ……? 気でも違ったか?」
 サキュバスは悲しそうな微笑をヒューに向けると、緩やかな口調で彼に問いかけた。
――効かない……? 何故?
――カーミラ様ノ意思ヲ、ワタシハ実行シテイルダケ。カーミラサマノ言ウトオリ、聖ナル物ヲ中
テラレテモ、ナントモナカッタ。
 そして、聖水で濡れた髪をかき上げると、自分とネイサンしか知らない過去を再現し始めた。
「昔、両親が死んだ時に、体の震えが止まらない俺を抱き締めてくれたよな。だから今度
は俺と『傍にいて、ずっと一緒に生きて行こう』それから俺を頼ってくれ」
 そう言いながら人とは思えない膂力でヒューを抱き締め押し倒した。
――何なのだ!? 此奴は? 俺にはカーミラに打ち倒されてから反撃する体力も残っていな
い。ならば呪力で補おうと思ったが……その頼みの力さえも消え失せたと言うのか。
しかし聖水と十字架は本物だった。それは自分の扱っている得物を何十回も何百回も手に
しているのだから間違える事はない……何故?
 彼は自分の体が冷えていくのを感じた。それは死よりも苦しく、彼が人に対して力を誇
示するために繋いでいた自信――ハンターとしての力が消失したことを意味する。
「自分の力をやっと自覚したようね。ヒュー・ボールドウィン。信仰心が無ければ、どんなに言葉を
尽くし、紡ぎ出しても私達は斃せなくてよ」
 カーミラは押し倒された彼を凍るような表情で見下し、サキュバスにおぞましい命令を下した。

「その男を――知識と膂力のみで信仰心の欠片も無い恥知らずな無知者を、男の体で犯せ」


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

悪魔城ドラキュラ Best Music Collections BOX(DVD付) / SMD



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板