したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

【原作】ドラキュラ・キャスバニ小ネタ/SSスレ【準拠】

91 古歌-イニシエウタ-【五ノ歌】18/11 :2011/03/28(月) 00:30:24
『燃やせ! 燃やせ!』
 狂ったように群衆は叫んだ。興奮と狂熱があたりに煮えたぎり始めていた。彼女に救わ
れた家族でさえ、今は敵だった。サタンの妻! 魔王の妃! そのような者の救いを、今
まで嬉々として迎えていたとは!
『燃やせ! 燃やせ!』
『燃やせ! 燃やせ!』
 下着まで引き裂かれ、肌もあらわな姿で彼女は火刑台に引きずりあげられた。汚物と血
で汚れた顔を、それでも彼女は高くあげて空を見つめていた。凛とした横顔のあまりの高
貴さに、刑吏の手はとまどい、ためらったが、なんとか自分の仕事を思い出した。
『子供も燃やせ! 悪魔の息子だ!』
 地面に押さえつけられていた少年に、群衆が殺到した。それまで必死にもがき、叫び、
あがいていた公子は、殴打され、踏みにじられながらも母のもとへ近づこうとしていた
が、自分を殺そうとつかみかかってくる数多くの凶暴な手に、はっと身を固くした。本能
的な恐怖が、少年の裡に流れる闇の血を呼び起こした。銀髪の少年の姿はゆらめき、溶け
て流れるように見えた。
 次の瞬間、そこには傷つき、血を流した一頭の狼が横たわっていた。狼は悲痛な叫び声
をあげると、身をよじって人々の手を逃れ、ひと飛びで高い屋根へ駆けあがると、全身の
毛を逆立てて唸り声をあげた。
『変身したぞ!』
『悪魔だ! 悪魔の子だ!』
 恐怖のどよめきが群衆からあがる。狼の姿は輪郭を崩し、ふたたび少年の姿に戻った。
 だが、その形相は一変していた。呼び起こされた闇の血のために、淡い蒼色だった瞳は
爛々と金色に燃えていた。小さな唇からは牙がのぞいて、獰猛な唸り声がもれていた。指
は折れ曲がって建物の端をつかみ、延びた鉤爪が釘のように梁に食いこんでいた。血を流
す身体と、捕らわれた母、そして周囲を取り囲む狂乱した群衆に、怒りの咆哮をあげた。
全身をぶるぶると震わせ、何かを脱ぎ捨てるかのように、背中を曲げた。
『いけない!』


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

悪魔城ドラキュラ Best Music Collections BOX(DVD付) / SMD



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板