したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

【原作】ドラキュラ・キャスバニ小ネタ/SSスレ【準拠】

32 古歌-イニシエウタ-【一ノ歌】1/7 :2010/06/23(水) 22:59:47

  ──はるか昔の物語である。

【一ノ歌】

 男がいた。神に叛いた男であった。かつては人であったが、いまやその身と心は闇に
浸されていた。〈死〉がその身近くに侍り、彼は闇の王と呼ばれた。
 男には妻がいた。何にもまして愛した女であった。その女は彼が戦に出ているあいだ
に、病にかかって死んだ。その胎内には産まれるはずの子が宿っていた。男の子であった
と聞かされた。戦は神の名のもとに行われ、彼は騎士として、神の名のもとにはたらい
た。しかるに神はその報酬として愛する妻と、息子を奪い去っていったのであった。
 男は激昂した。しかしその怒りは彼の気質として、深く心の中に沈滞し、昏く、陰険な
企みとなって実を結んだ。同胞のうちでも有名な智者であった彼は、夜の森を統べる赤髪
の吸血鬼と、おのが友と、その恋人とを駒にして将棋を演じた。
 駒は盤面を導かれたとおりに動き、吸血鬼の王は斃れ、彼はみごとその生贄のもとに闇
の王たる大いなる魔力と、永遠の生を得た。かつての友は彼を呪い、わが一族はこれより
闇を狩る一族となるであろうとさけんだが、去りゆく彼にその言葉はひびかなかった。も
はや人間の世は彼には遠く、神も、その神の支配する残酷な世に関することも、彼にとっ
ては意識のほかにあったからである。
 かくて、永きにわたる刻が流れた。永生を得た彼は、〈死〉を手中におさめ、永遠に生
き続けることによって、わが手より妻と息子を奪った神に叛乱をたくらんだのであった。
 闇の力の踏み台にした吸血鬼の性を継いで、彼は血を欲した。生きた者の血をすすり、
その恐怖や驚愕、陶酔、欲望、そして死を味わうことが、彼の若さをささえた。
 高位の闇の者がおおかたそうであるように、彼もまた美しかった。人であったときにも
美丈夫と称えられたものであったが、闇に身を浸すことによってその美はいや増した。黒
い髪はいよいよ艶をおび、瞳はときおり血いろの光をためてあやしく燃えた。血の気のな
い肌は透きとおるほど白く、石華石膏の彫像のように、なめらかにすきとおって固かっ
た。夜の底に、深く身を隠した彼のもとに、かつての友の追跡はとどかなかった。彼はす
でに、友であったものの顔や名前さえ忘れかけていた。……


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

悪魔城ドラキュラ Best Music Collections BOX(DVD付) / SMD



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板