したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

TSFのSS「ターニング・ポイント」

18 luci★ :2016/11/26(土) 00:33:55 ID:???0
 高遠の目に男が映る。狭い自分の足の間で膝立ちになった姿。ベルトを緩めジッパーを下ろして徐に下着も一緒にズボンを下ろした。肉の槍とも言えそうな異形のモノ。二十センチはあるだろうか。張りだしたカリの下には半球状のふくらみがいくつもついている。
(な、なんだ、それは――)
 女の快楽がこれ程と思っていなかった高遠は、殺されるくらいならば少しは未知の体験をしてもいいか、とも思っていた。それが自らの研究の成果の一旦でもある性別の転換ならば、体験自体がその検証でもあると、納得しようとしていた。しかし、目の前の異形のモノはそれを吹き飛ばしてしまった。それで身体を穿たれ、掘り返され、抉られる。自由を奪われされるがままに蹂躙される。これこそが拷問だと知った。恐怖に身が竦み腿を閉じようと再度試みるが、男の身体が邪魔をする。
 それまで上気していた女の顔から血の気が引くのを、男は見て取った。男の顔は益々酷薄な笑顔を見せた。子どもが虫をバラバラにして楽しむような。
「これがお前の中に今から入る。耐えてみせろよ、ここまで来たらな」
 男には既に、女が敵対勢力の人員ではないと解っていた。これ程初心な工作員などいやしない。本当なら今すぐ排除して次の行動に移るべきなのだが、何かが違うと囁いていた。相手を嬲り支配下に置けばその一旦が分かるかもしれない。
(……それに、処女にコイツをぶち込むのは初めてだからな)
 男が身体を前に倒すと、高遠の視界一杯に顔が広がる。男性にこれ程間近に迫られることなど経験はない。かと言って女性もないが。
(ち、近いっ。あっ)
 顔を背けた瞬間、スカートが捲られ下半身が空気に曝された。そして男の顔が離れる。
(! むり、無理だっ、そんなモノ入らない、入る訳が?!)
「んんん〜」
 拷問具の先端がくちくちと女の濡れた花弁を撫で上げ、頂上にある肉芽を嬲る。恐怖と緊張からか先ほどより感覚は鈍くなっていたが、それでもうめき声を上げるに十分な刺激。感じている訳じゃないと心で強がっても、身体はついてこない。
 息粗い女を見ながら、男は小さな襞穴に拷問具の狙いを定めた。女の目は見開き、その後の動向から離れないように見える。その姿が声を上げて笑いたいくらいの愉悦になった。
「あえお! んりっ、あいああい!」


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

パイニャン - 青山裕企


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板