したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

TSFのSS「白と黒の羽」※再掲、修正・加筆

1 luci★ :2015/09/05(土) 00:56:34 ID:???0
ふと顔を上げると、ゆっくりと、たゆたうように落ちてくるそれと目が合っていた。

青。白いそれを包む空より青い瞳に、俺は吸い込まれそうになる予感が心に過ぎった。しかしその神秘的な青い視線を、俺は外すことができなかった。

やぱい、と思った時には既に遅かったのか、俺はそれが落ち行く先を目指して走り出していた。

手を翳し、白い羽に包まれた身体を落とさないよう、それを受けた。手には羽毛のくすぐったさと、僅かな重さ。それと遭遇した奇跡というか、運命というか、複雑な心境が交錯し、俺の鼓動が速く、激しくなっていた。

きみはだれ。 なんて陳腐な言葉だろう。見たままの存在なら、いや、たとえそうでは無かったとしても、俺は相当運がいい。

どう見える?  反対に問われ俺は動揺を隠せなかった。羽毛に包まれた、いや、白い羽根に包まれた裸体が、否応なく目に飛び込んできた。

て天使?  いるわけない、と思っても目の前の現実は消えたりしない。半裸のそれを道ばたで抱き留めている俺の姿は、想像すると変だった。けれど道行く人々はそんな俺に一切構わず、目も向けず歩き去っていった。

なら、そういうものなのよ。人は見たいモノを見る動物だから。 青い目が瞬きもせず、その表情に笑みを浮かべながら、解らないことを言った。

わたしと目があったのはあなただけ。真に何かを求めていないと見つけられない筈。 俺は何も求めていないのに、なんで見つけてしまったのだろう。確かに一人になりたいとは思っていたけれど。……違う。自分に嫌気がさしていただけだ。

抱き留めていた腕をゆっくりと下げ、天使のような存在を地に下ろした。

ありがと。……本当言うと、わたしの目的とも合致していないと見えないんだけどね。 白い手が俺の胸元に差し出され、掌が心臓の真上に翳された。

あ、あのさ。

そう、それが望みなら叶えてあげる。 それは、俺が答える間もなく羽根を広げ俺を包んでいった。俺の背後で羽根が閉じられると、羽根自体が俺の身体をそれに引き寄せていた。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

小林さんちのメイドラゴン : 1 (アクションコミックス) - クール教信者


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板