したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

TSFのSS「ウツロナココロノイレモノ…」

1 luci★ :2008/03/11(火) 12:45:54 ID:???0
 彼が、というより今はもう彼女が、だけれど、目覚め辺りを見回すと、変わることなくコンクリートの天井と壁があった。自分と同じ筈の人物に、心のある人形同然に扱われる毎日が繰り広げられる空間。一番最初に目覚めてから、四方をコンクリートで囲まれたそこだけが唯一生存を許されている場所だった。
 毎夜、飽くことなく工藤は自分と魂を分かつ創られた人形を抱きに現れ、そして去っていく。工藤のもう一つの魂を持つ少女は自分に犯されるという言い難い汚辱と屈辱はにまみれながら、それを甘んじて受け入れる他無かった。ここにいる自分は工藤だと言っても誰も納得などする筈もない。勿論、この部屋から出ていければの話だったが。
 少女は、最初肉体も精神も犯されながらも、賢明に自我を保とうとしていた。いつか逃げ出せるチャンスを伺おうと。しかし、何度工藤が出入りしている辺りを調べてみても、そこには細い筋位しか見つけられなかった。用意周到なことに、工藤が少女を犯す時には必ず手枷を着け自由を奪っていたから、工藤の衣類のポケットを調べる事も出来なかった。
 そして次第に逃げる事が無駄なことだと思い始めていた。親しい友人がいる訳でもないし、本物の工藤がいる世界に「自分も工藤なのだ」と名乗り出ても信じる奴などいないだろう。
 どうにか三十回の目覚めを数えたけれど、それ以降は数えなくなっていた。
「今日はまだ来ないんだ……」
 工藤がいない時間は誰とも話す事が無かった。自然と思う事を声に出して言う習慣が、少女には出来ていた。そうしないと静かさと人恋しさで気が狂いそうになってしまう。
「昼の食事を済ませてから……大体三時間? いつもならくる時間だけど」
 自分の姿形をした男に身体をまさぐられるのは嫌いだった。しかし、いつもの時間に来ないというのは不安をかき立てられてしまう。工藤を心配するからではなかった。仮に工藤が何らかの事故で死んだ場合、誰にも知られずにこの場所で自分も餓死する可能性があるのだ。それを想像するとゾッとしていた。
「遅い、遅い、遅い……」
 始め、長く延びた髪を指先でくるくると弄っていた少女は、やがてスモックの裾を両手で掴み皺を伸ばすように動かしていた。四、五分もするとベッドから立ち上がり、室内をうろうろと歩き始めていた。
 イライラが募り始め扉に背を向けた時、音もなく扉が開いた。少女は外から入る空気が扉が開かれた事を理解できた。そしてその気持ちとは裏腹に嬉しげな表情を見せた。
「ーーあ、あれ? すみません、工藤以外いないと思って、ました……」
「えっ?! あ」
 工藤の声とは違う男の声。急いで振り向いた少女の目に映ったのは、スーツを着た男。年の頃は工藤と同じだろうか。もしくは少し若いかもしれない。少女はその顔に見覚えがあるような気がしていた。
 驚きは少女の方だけでは無かった。男もそうだった。普通なら窓もなくベッドだけしかない部屋にいる少女をおかしいと思うところだろう。しかし彼は狼狽しそこに考えが至らなかった。
「じゃ、じゃあね。突然でごめんね」
 慌てた素振りで背を向ける男を、不覚にも少女は扉が閉まるまで見送っていた。そして再び自分しかいない空間になった時始めて、外に出るチャンスだったと思い返していた。
 予期せぬ出来事が起こったとしても、すぐに対応できると思っていたのだが、実際には何も出来ないでいた自分が恨めしく思えていた。そして、なぜそうだったのかを考えるに、原因の一つとして突然の来訪者にあるのではないかという仮説に行き当たっていた。
「あの男……覚えがあるような、ないような……。『工藤以外いない』って言ってたって事は、少なくとも自分の事を知ってる人だと言うこと?」
 頭の中を整理し、どこであったのかを思いだそうとするけれど、深い霧の中にいるように全く見つける事は出来なかった。それよりも、扉が閉まる前に見た、少しばつの悪そうな表情が、脳内のスクリーンに何度も何度も繰り返し映し出される。それがどういう事なのか、少女は気づかなかった。

* * * * * * * * * *

17 luci★ :2013/06/16(日) 01:34:09 ID:???0
食事が進むにつれ、竹中は様々な話題をアイに聞かせていた。その口調や内容は、とても魅力的だったし、アイも頬を染めながら聞いている。と、竹中には見えていた。
ガラス製のテーブルにはランチョンマットが敷かれ、それが丁度竹中の目隠しになっていた。熱っぽい視線を送るアイの股間には、工藤の武骨な指が可憐な花びらを蹂躙していた。肉芽が弾かれる度に刺激が身体を駆け抜け、思わず声を洩らしそうになる。やっと指が離れたと思えば、襞穴を分け入り快感を掻き出していく。竹中には気付かれないように工藤の手をどかそうとするが、かなわない。
(なんで、こんなとこ、ん、で……)
せっかく拭った股間は、湧き出る粘液で満たされ、スカートも椅子も染みを作り始めていた。食材の匂いがなかったら、女の濃厚な香りが男たちの鼻腔粘膜を刺激していたかも知れない。
アイは時折身体を震わせながら、次第に高みに昇っていく悦楽に堪えていた。まさか他人前でイキたくなかった。

18 luci★ :2013/06/18(火) 00:10:05 ID:???0
赤の他人が目の前にいるのだ。
男女という性別に分けられてはいるが、元々魂を一つにする存在の工藤と少女。圧倒的な対格差で組伏せられ、性のオモチャにされているとはいえ、割り切ってしまえばある意味自慰行為とも言える。
しかし、竹中は自分達とは違う存在。拒否したくてもされている行為を、その目の前で口には出せない。アイは屈辱と羞恥に心が焼けそうになっていた。目の前の景色が歪む。
ふと、この手は、そして指は、工藤ではなく、竹中のモノではないかと想像してしまっていた。そうであるならどんなにいいか、と。
(?! ちっ違う! そうじゃない! 男が好きとか、そんなんじゃない……!)
男の前でイカされそうになり、その屈辱と羞恥と緊張に耐えかねたアイの心が、少しでも負担を減らそうと見せたもの。
それが本心なのか確かめることなく、アイは工藤の手から逃れるように勢いよく立ち上がると、そのまま後ろに倒れていた。

19 luci :2015/08/27(木) 18:43:27 ID:2DPKnLFk0
 そのまま極度の緊張と頭を打って昏倒したアイを、工藤が抱きかかえていつもの部屋へと連れて行った。
 竹中も瞬間、腰を上げたが、工藤から「座って待ってろ」と言われ、頬杖をつきながら座って待つことにした。積極性に欠ける竹中の態度は、アイが作った水溜りを秘する結果となった。
 
 
 皮製のアイマスクで視界を奪われ、開口器で大きく口を開けられ、両手は皮製の手枷でくくられ、そのままベッドに固定されていた。両足は片方ずつももとすねを布テープでぐるぐる巻きにされ、身動きはほとんどとれなかった。
 その間に工藤の身体はあずけられ、ぐちぐちと力任せにアイの内臓を犯していく。
「なんだ、あのザマは」
 怒気をはらんだ声にアイの筋肉は収縮し異物を締め上げた。
 打ち付けられるのに合わせて、喉から息は漏れる。極力喘ぎ声を出さないことが今日の仕打ちへの少しばかりの抵抗だった。
 しかし、身体は奥まで届くそれに、否応なく反応して、どんどん高みへと誘っていく。
(あ、ヤッ、も、イキそう――)
「もう一度、言っておく。これからの週末、必ず、竹中と話をしろ、よ」
 襞穴の奥を強引に切り開かんばかりにねじ込みながら、工藤は動きを速めた。
(あっあっあっイ、?!)
 もう少しというところでアイから出て行く。と、口蓋から咽頭に異物が押し込められ、その先端から粘液の噴出を感じた。
 一瞬、窒息しそうになりながら、仕方なく粘液を嚥下していく。
 ぬるっと口内から肉が出ていき、工藤の下半身が顔から遠ざかる気配がした。そして漸く一呼吸ついた。
「……あぁ〜」
 アイはねだるように甘い声を上げながら、蜜を吐きながらひくひくと蠢く小さな穴の開いた腰を戦慄かせていた。
「ふん、罰だ。イカせてなどやらん。これからは良くしゃべれるように口に出してやるよ」
 呼吸の度に、鼻腔から精液の匂いがして、下半身どころか脳の中までぐちゃぐちゃにされたような気がしていた。

********


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

小林さんちのメイドラゴン : 1 (アクションコミックス) - クール教信者


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板