したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

リレ────(゚∀゚)────ッ!!

1 萌える腐女子さん :2005/10/14(金) 20:44:10
本スレPart4の90の続きをリレーするスレです。

2 リレー1 :2005/10/14(金) 20:57:26
―青年はにっこり笑うと彼の手を引いて立たせ、腰を抱いて歩き出した。―


彼の耳元で青年がしきりに話しかける。何を言っているのかは聞き取れないが、柔らかなフランス語の響きが耳に心地く、とりあえずにこにこ笑いうなづいた。
導かれるまま歩いていくと、いかにも高級そうな店構えの3つ星レストランに着いた。
手持ちの金は心もとないが、どうやら奢ってくれるらしい。
控えの間に通され、クローク係にネクタイを手渡された。
青年は、手早く支度を済ませると、少し手間取っていた彼を手伝いネクタイを結んでゆく。
結び終ると、頬に軽くキスをしてきた。
(‥!あれ‥今頃挨拶?)
そして唇にー
(!く、口までする‥んだっけ?‥んンっう‥なんか、違っ‥!)
最初、軽く触れた唇が、次には強く吸い付き、彼の唇を割って舌が入ってきた。
逃れようと身をよじったが、右手で腰を強く抱かれ、左手で後頭部を抱えられていて動けない。
舌は歯列の内側をゆっくりと舐めあげ、彼の舌を捕えねっとりと絡み付き放れなかった。
青年の唾液を飲み込まされて、口元から唾液が溢れた。舌はなおも彼の頬の内側をまさぐる。次第に息が苦しくなってきた。
青年のあまりに濃厚な口付けに、彼の頭の奥は痺れたようになり、目がうるみ、涙が自然に溢れ出して頬を伝った。

―シーン1終了―

【セレクトしてください】


A 兎も角、一緒に食事をする。
B 逃げ出す。
C クローク係に助けを求める。
D その場に泣き崩れる。
E そのまま、別の間へ連れて行かれる。
F その他。



ー誰か、続きヨロ―

3 萌える腐女子さん :2005/10/14(金) 21:27:06
F.

泣き出した僕を青年は困ったような笑顔で見下ろしている。
宥めるように頭を撫でられ、涙を舐めとられた。

控え室から出てクローク係に何事か囁くとそのまま奥の扉に向かう。
どうやら別の建物に通じているらしい。
足元のふわふわとした高級そうな絨毯や凝ったデザインのインテリア。
洒落たプチホテルのようだ。

青年は躊躇なくエレベーターに乗り込み、ある一室の扉を開けた。
僕は困ったような、怯えたような目をしていたと思う。
再び宥めるように頬にキスを落とされた。

そうだ、さっきも驚きはしたけれど嫌じゃなかった。それが不思議だった。

【セレクトしてください】


A 部屋に連れ込まれる。
B 逃げ出す。
C 説明を求める。
D その場に泣き崩れる。
E 友人登場。
F その他。

4 萌える腐女子さん :2005/10/16(日) 12:33:15
Fでいきます。

「何で気づかないんだよ!」
「だってお前が腹減ったとか言ってせかすから!」
「喧嘩してる場合じゃないだろ!」

雑貨店を覗いたときにいたのはわかっている。問題はそのあとだ。
仲間内でも一番ぼんやりとしていてお人よしで騙されやすそうな
あいつがはぐれた。
雑貨店を出るときに声をかけたがそのときは「うんうん」と返事をしていた。
だから当然ついてきているものだと思ったのだ。いないことに気づいたのは
何か腹に入れようとカフェに立ち寄ったとき。
あいつのことを言えない位に彼らもぼんやりとしている。

「なんか…最悪なことになってんよ」

付近にいた人に聞きまわっていた、フランス語堪能な奴が戻ってきた。
沈痛な面持ちを浮かべながら。

「そこでへたり込んで泣いてたらしいんだけどさ……誰かに声かけられてそいつについてったって」

一同、騒然。


【セレクトしてください】


A さらに聞き込みを続ける。
B 足取りを追う。
C 仲間内で大喧嘩。
D 前の場面に戻る。
E その他。



誰か、続きヨロ!

5 萌える腐女子さん :2005/10/17(月) 14:07:37
C+Dで
(友人の内の二人に勝手に名前付けました。)


拓也が真っ青になって賢次に詰め寄った。
「賢次、アイツを何で、ちゃんと見ててやんねえんだよ!」
「何言ってんだよ!お前こそ昨日はアイツとイチャイチャしてやがったくせに!アイツに何かあったら只じゃすまないからな!」
(えー、その一角。喧嘩の方向性が、良く掴めませんが。)
などと、囃し立ててる場合ではない事は確かなので、周りの友人達は掴み合う二人を引き離しにかかった。


―その頃―

彼は、幾分躊躇いはあったものの、青年の優し気な様子に少し安心し、部屋に入っていた。
その建物はスロープ状に競り上がった斜面の上に建っているらしく、エレベーターで数階上がって入った部屋にも関わらず、窓からはリムジンの待機する駐車スペースが見えた。
部屋は間仕切りを全てなくした広いリビングになっていて、トイレこそ見えないが、奥には猫足のバスタブが、毛足の長い絨毯の上に直接置かれ、シャワーカーテンで仕切るだけになっていた。
豪紗な部屋の造りに圧倒されながら、
(へー、これ、どうやって入るんだろ?絨毯濡れないかな。)
などと、呑気な事を考えていた彼は、無自覚のまま、青年に肩を抱かれ大きなベットの上に直接腰掛けていた。

彼の首筋に冷たい感触が掛る。
うつ向いて見ると、周囲にルビーの填め込まれた飾りに縁取られ、紋章の様な模様が彫られた金のペンダントの先端が眼の端に映った。触ってみると、ちょうど首輪の様な形の装飾品らしい事がわかった。
突然の高価な贈り物にただ呆気にとられ、本物だろうかと考えながらペンダントを見詰めているうちに、シャツのボタンが次々と外され、彼は、何時の間にか上半身裸にされていた。

「あ…ふっ…。」
青年の舌が乳首に絡まった。




【セレクトして下さい】
A されるままになる。
B 友人達の場面に戻る。
C お腹が空いたと訴えてその場をしのごうとする。
D 窓から逃げる。
E 何故か伯爵登場。
F その他



誰か続きをー!

6 萌える腐女子さん :2005/10/17(月) 23:33:06
もちろんAでしょ!


戸惑ったものの、青年に身体を押さえ込まれて逃れる術がない。
そうこうしているうちに青年の舌は執拗に乳首を嘗め回し、舌で転がし、吸い付く。
そして片手で器用にジーンズのボタンを外すと中に手を差し入れた。

「あ…!そんなとこ……!」

身をよじって逃げようとしたが逆にしっかりと押さえつけられ、ジーンズに入り込んだ手で自身を
握られると体から力が抜けていく。
乳首への刺激だけで頭をもたげていたそこは青年の手から与えられる快感に敏感に反応した。

「あ…・あァン……!…やぁ…ダメ……!」

いつの間にかジーンズも脱がされてしまい、一糸纏わぬ姿にされていた。
脚の間に青年が入り込み、雫を零して震えているそれを口に含む。

「……ひ…ぁ……!」

今まで恋人と呼べる存在を持ったことのない彼は、当然こんなことをされるのも初めてだった。
手で扱かれるのとは桁違いの快感にあっさり精を吐き出してしまう。

「…あ……ごめんなさい…僕……」

荒い息を吐きながら青年を見上げると、彼が放ったものを飲み込むのが見えた。

【セレクトして下さい】
A このままいじり回される。
B 挿れられる。
C 友人達の場面に戻る。
D 窓から逃げる。
E 友達到着。
F その他



続き!続き!

7 萌える腐女子さん :2005/10/19(水) 23:41:35
Aも捨てがたいがFで。

このまま自分はどうされてしまうのだろうと、彼は言い知れない恐怖に青ざめた。
その時。
部屋のドアの向こうでガタッと音がし、彼にのしかかっていた青年がビクッと身体を上げた。

火事場の馬鹿力窮鼠猫を噛む?
その瞬間、普段のぼんやりとした彼からは想像もつかない素早さで、彼は青年の下から抜けドアに向かって走った。
慌てて追いかける青年が彼の腕を掴むのと同時に、彼がドアを開ける――。

自分が素っ裸なのをうっかり忘れている辺りは、いつもの彼らしいと言えたかもしれない。

――誰かの驚く声を聞きながら、彼は廊下の絨毯の上に倒れこんだ。
彼を部屋に引き戻そうとする青年が懸命に腕を引っ張っていたが、彼の目には赤い絨毯の上の黒い靴と白いズボンが映っていた。
見上げると、黒髪に白い服のボーイさんがいて、驚いた表情で彼を見下ろしている。
ボーイさんの隣には銀のワゴン。おそらくこれが、さっき音を立てたのだろう。

すると突然そのボーイさんが青年に向かって何ごとかを叫び、彼をあっという間に奪い取ると、腕に庇うかのように抱きしめた。

フランス語を理解できない彼には知るよしもなかったが、そのボーイはこう叫んでいたのだった。

『あんた、こんな小さな少年に何をしてるんだ!!』



……ニホンジーン、トテモワカクミエルネー。

【セレクトして下さい】
A ボーイに助けを求める。
B 青年が奪い返す。
C 友人達の場面に戻る。
D 逃げる。
E 友達到着。
F その他

8 萌える腐女子さん :2005/10/20(木) 07:33:52
(この人が助けてくれるかも。)
ボーイの腕にすがって震る彼の頭上でフランス語の会話が飛び交った。

『君、見ない顔だが、新人かね?』
『それが何なんですか!』
『私を知らなければ仕方ない。だが、その子の首輪の紋章を見たまえ。その紋章が何か知らないとは言わせないよ。』

ボーイは、彼の首飾りに掛ったペンダントを手に取り、その紋章を確かめるとハッとした表情を浮かべた。呆然としたかの様に、彼を抱いていた腕からも力が抜けた。

『分かったかね。ならば少し手伝ってもらおうか。』
『…この子をどう…?』
『連れて行く。そのままでいいから、リムジンまで運びたまえ。』
(えっ?…ウソ、どうして!)

救いの神かと思ったボーイに抱きかかえられ、再び部屋に連れ戻されて、彼はその腕の中で足をバタつかせながら各国語チャンポンに叫んだ。
「嫌っ、ノン!ヘルプミー!お願い。ノー、ノン!ノン!ノン!嫌ーっ!ナイン!!」

最後のドイツ語の強い否定の響きには、ボーイも流石にギクリとした様子で顔を背けはしたが、
もがく彼に構わず、部屋を突っ切り、窓からポーチへ抜け、駐車してあったリムジンの後部座席に彼を押し込めた。
その後から、すぐに青年が彼の隣に乗り込んで来て車のドアを閉めた。
青年が、車の外に控えたままのボーイと運転手に何事かいくつか指示を出す。
リムジンが走り出した。


(やだ!何処へ行くの?!)

ますますのっぴきならない事態に落ち入ってしまった事を感じ、彼がガタガタ震えて涙を流していると、
青年は裸のままの彼の体を優しくシーツでくるみ、なだめようと囁きながらその体を摩り髪を撫で、キスを落としてきた。
意味は分からない言葉の合間に何度もジュテーム、愛してると呪文のように繰り返される。
すると、不思議と少し気が落ち着いてくる自分を彼は感じた。

(もう、いいし。…なるようになるかも。)


【セレクトして下さい】

ーⅠ シーン―
A 車の中で色々される。
B 友人たち先程の店に到着。
C ボーイが後悔して事態打開の方向へ走る。
D 走行中の車から飛び降りる。
E その他

―Ⅱ 目的地―
F 青年の邸
G 青年のパトロンの邸
H 海
I その他




誰か続きお願い!

9 萌える腐女子さん :2005/10/20(木) 07:39:45
>>8 ゴメン。入れ忘れた。
Bセレクトでした。

10 萌える腐女子さん :2005/10/20(木) 20:57:00
―Ⅰ シーン―
ABCのチャンポン
―Ⅱ 目的地―
F

落ち着いて黙り込んだ彼の身体に再び青年の手が伸びる。
一度絶頂を迎えて敏感になった彼の身体は面白いように反応した。

「や……もうやだよ……」

弱々しく拒絶するものの、当然そんなものは何の意味も成さない。
程なく車が止まった。
シーツのまま抱え上げられ、彼の邸宅らしい屋敷の中に連れ込まれた。

メイキングされたベッドにゆっくりと下ろされ、逃げようとするまもなく青年が覆いかぶさってくる。
青年は車の中での愛撫で再び頭を擡げた彼のものを扱きながら奥まったところに舌を這わせた。

「い…いやっ!そんなところ嫌だ!」

慌てて押し戻そうとしたが腕を捕らえられ、ネクタイで縛り上げられてしまった。
足をばたつかせるのが精一杯の抵抗だ。

唾液でぬらされたそこにゆっくりと青年の指が入り込んだ。
中を探るようにぐちゅぐちゅと音を立てながら抜き差しする。

「いや……いやぁ……」

荒い息を吐きながらうわごとのように呟いていたが、指が引き抜かれ、代わりに熱いものが押し当てられたのを知って目を見開いた。

「嫌だ!嫌だ嫌だ嫌だ!賢次!助けて!賢次―――――!」

口をついて出たのは、いつも彼の行動に呆れながらも、守るように寄り添ってくれた友人の名。
あの時はぐれなければ、この人についてこなければ、と後悔した。


その頃、ボーイはフロントに戻って仕事をしていた。
しかし、泣き叫んで助けを求めたあの子供のことが頭から離れない。
まだ中学生、下手をすれば小学生かもしれない。あんな幼い子供を権力に屈して渡してしまった。
あの子供の無事を祈るようにロザリオを強く握り締める。

その時、表で騒がしい声が聞こえた。


はぐれたのはあまり観光客が来る地域でなかったこともあって、黒髪の彼は目立ったらしい。
時間はかかったが一行はなんとか彼に追いつけたようだ。

がらんとしたホテルをきょろきょろと見回し、フロントに近づく。
フランス語堪能な奴がボーイに声をかけようとしたら、その前に早口でまくし立てられた。
ボーイの中で先ほど連れ去られた東洋の子供と、血相を変えたこの東洋人の一行が繋がったのだ。
あの子供の知り合いに違いない、と。

早口で聞き取りづらかったが何とか内容を理解した。そして驚愕した。
その男に彼を渡してしまったボーイにも腹が立ったが、今はそんなことを言っている場合ではない。
行き先はわかっているというボーイについて、ホテルの車で青年の邸宅へと向かった。


セレクトしてください
Aヤラれちゃう
B間一髪で助かる

11 萌える腐女子さん :2005/10/25(火) 00:05:14
Aで!

容赦なく青年の肉棒が押し込まれる。

「いや……いやだ…いたいよぅ……」

流れる涙を拭おうと青年が舌を伸ばしたが、顔を背けて痛みと屈辱に耐えるようにきつく目を閉じた。
そうしている間にも彼の中に青年の肉棒がゆっくりと埋め込まれる。

「…あ……あ………」

犯されてしまった絶望感と体の痛みにとめどなく涙が流れる。
頭に浮かぶのは二度と会えないかもしれない友人のこと。

荒い息を吐きながら青年が抽挿を開始する。
内壁を擦る痛みと微かな快感に彼は戸惑った。
青年が耳元で何か囁きながら探るように腰を動かす。痛みに慣れた頃、微かだった快感が膨れ上がるのを感じた。

「こんなの…いや……助けて…賢次……」

内側で生まれる快感に戸惑いながら、なおも友人の名を呼び続ける。
いつの間にか痛みで萎えたはずの彼のものが再び勃ちあがっていた。


ボーイがかなり無茶をして飛ばしたお陰で思いのほか早く青年の邸宅につくことができた一行は、不安を押さえつけながら屋敷の中を探した。
屋敷と言っても個人宅で、捜索に何時間もかかるほどの広さではない。
程なくして賢次は一室から覚えのある声がすることに気づいた。
ぎくりとして部屋の前に駆け寄る。よく知った友人の声。密かに想いを抱いていた彼の声。
しかしその声は彼が聞いた事のない淫靡で甘い喘ぎだった。

「おい!そこにいるのか?!」

勢いよく扉を開けた賢次の目に飛び込んできたのは腕を縛られたまま青年に貫かれ、涙と涎を垂れ流しながら喘ぐ彼の姿だった。


セレクトしてください

A.ヤッてしまったら青年に情が移ってしまったので賢次を拒む。
B.犯された後ろめたさから賢次を拒む。
C.矢も盾もたまらず賢次に抱きつく。
D.ひたすらパニくる
E.気づかずセックル続行
F.その他

12 萌える腐女子さん :2005/10/25(火) 16:31:28
Eも捨てがたいけど、Bで。


「おい!そこにいるのか?!」

とうとう幻聴を聞いたのかと思った。
彼のことばかり考えていたから、ありもしない声を聞いたのかと。
しかし、突然開いた扉の向こうにいたのは確かに求めていた人だった。
「…賢次……ほんとに、賢次?」
おもわず今の状況も忘れて友人に駆け寄ろうとしたが、
小柄な体の上に覆いかぶさっていた青年の立派な体躯がそれを許さない。
『何者だね?突然こんなところに踏み込んでくるなど無粋な…。』

当然青年の言葉の内容は理解できていないが、それでも今の状態を思い出すのには充分だった。
「…や、来ないで!お願い…見ないでぇ……。」


セレクトしてください

A.強引に連れ戻す
B.ショックで動けない
C.他の友人も到着
D.ボーイが奪い返す
E.その他

13 萌える腐女子さん :2005/10/25(火) 20:25:56
いい展開に持ってきたなオイ!
ACコンボで!


「……そいつから離れろッ!!!」

賢次が叫ぶのと青年の体が彼の視界から消えるのと、ほぼ同時だった。
次の瞬間、青年は派手な音をたててベッドの下に転がっていた。

「大丈夫か……?ごめんな。俺が目を離したから……」
「来ないで!」

彼に近寄ろうとした賢次を拒絶する声。
名も知らない人にのこのことついて行った挙句強姦され、あまつさえ快感を感じて喘いでいた。
そんな浅ましい自分が優しくされる資格なんかない、そう思ってとっさに出た言葉。
しかし賢次はそんな言葉を聞こうともせず、彼の隣に座るとゆっくりと抱きしめた。

「……賢次…賢次……」

再び涙腺が緩んで涙が流れ出す。
堅持は泣きじゃくる彼の背を優しく撫で続けた。

バタバタと足音が聞こえる。
派手な物音を聞きつけて他の3人がやってきたのだ。
賢次はあわててシーツを掴むと彼の身体を隠すように巻きつけた。

「これ以上他の奴に見せてたまるか!」

A青年が再び気がついて乱闘
B青年を警察にテイクアウト
C青年を放っておいて帰る
D青年をとりあえず脅迫して金をむしりとる
Eその他


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

STEEL BALL RUN 15 ジョジョの奇妙な冒険 Part7 (集英社文庫 あ 41-71) - 荒木 飛呂彦


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板