したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

みんなで作ろう!けものフレンズRクロスハート作戦会議室

767 yatagesi ◆XksB4AwhxU :2020/10/09(金) 23:21:32 ID:K3.YloHU0
20話中編、後編読んできました。
エゾオオカミ母とユキヒョウ母のコイバナ、涼しいを通り越して少し寒い部屋の中でも熱い話題だったのでしょうね。
そして共闘、グルメキャッスル実現のために、食料供給に障害が出るのは大変ですからね。

で、セルルターの続きの雑談を。

セルビースト、それはセルフレンズのビースト版ともいえる存在で、ビーストの強さとセルリアンの再現の力を持っている。
セルルターはそうなったセルルビーを見捨てることはできなった、幸いにして彼女の能力なら暴れても抑え込めた。
だが、それはいつまでも続かなかった、クロスハート達が来たのである。

セルルター「理由はわかるよ、彼女のためにいろいろしたからね、囮にセルリアンは僕の失敗だな」

そうして戦いが始まる、空を飛ぶことに関してはクロスハートやクロスラピスより慣れていたが、シンフォニーが互角で抑え込まれる。
一方で、セルルビーはクロスラズリとのぶつかり合い、元ビーストのアムールトラとしては救いたかったが、セルリアンの力が増していくセルルビーは、フレンズの肉体を保てなくなっていく。
追い詰められていたセルルター、もし彼女を見捨てれば高く飛び逃げれる、だが、そんなことはできなかった。
降下して、セルルビーを抱きしめると、シード強奪の時に一緒に手に入れた、屋台にお守り替わりに飾られていたスザクの護符を取り出す。

セルルター「ルビー、僕は一緒にいる、何があっても、君が僕を孤独から救ってくれたから」
セルルビー「る・・た・・・」

護符を開放し、炎に包まれる二人、それが晴れたとき、そこにいたのは幼いトラのフレンズと、きれいな青のメモリークリスタル。
そのフレンズは、どこかセルルビーに似ていた・・・

という感じで・・・うーん、重いね、うん。
個人的には、教授の世界にいてクロスハート世界に移動したフレンズもいるかなと思ったり。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板