したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

エロファンタジー世界で冒険譚 第1巻

125 シスターオルレリア ◆3481ALgzbw :2019/05/23(木) 10:04:53
>>124

うぷ……な、何とか回復法術を唱える隙を作らないと……
こ、これなら……どうですかッッ!

太陽神イェルクよ……御身の輝き煌めきを今一瞬だけ借り受けることを許して下さい……
ーーーーーーーーーホーリーライトッ!

(今まさに魔剣を構えて突撃してくる暗黒騎士の顔面に照準を合わせ、回復法術とは違う聖句を唱えていき)
(何とか動く右手の掌から太陽を直視した時のような眩い聖光を放っていくと)
(強い力を手に入れたばかりでその力に酔っていたためか、放った光をまともに直撃し顔を覆い動きを止める暗黒騎士)

…………どうやら眼眩まし程度ですが、少しの間は視力を奪えたでしょう………………今のうちに……

……神よ……御身の力を持ちて……失った血と肉を癒やしたまえ……
時間を戻し……生命を満たせ……
ーーーーーーーーーーリザレクションライト…………

(暗黒騎士の眼が見えないために闇雲に周囲に放つ爆裂魔法に巻き込まれないよう、何とか動かない右脚をズルズルと引き擦りながら今いた場所から後退し)
(中程度の回復法術ではこの傷は癒せないと判断し、自分が今使える最高位の回復法術を発動させていく)
(すると身体全体を淡い光を纏い、全身に走っていた激痛が治まっていき左腕や右脚も何とか動くようになっていく)

はぁ…………はぁ…………
な、何とか……身体が動かせるまでには回復は、しましたが……
ジリオンライトもアイギスウォールもあの爆発剣の前では無力化されてしまいます……
頼みの綱のこの聖剣シルヴェルクレールも……啓示が降りなければ使うことは許されませんし……まさに万策尽きた、という感じですね……
(しかし、生贄の少女がいるためにここから退却することも出来ず)
(さりとて、暗黒神の魔力が高まり破壊力が増した魔剣の前に為すすべも見いだせず)
(唯一の希望である聖剣シルヴェルクレールを包んだ聖骸布をギュッと強く抱き締めてしまうのだった)


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

パイニャン - 青山裕企


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板