したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

水濡れの地獄

1 のねめ :2019/04/16(火) 00:48:40 ID:wYfjvZzk0
彼女は政治家の娘で、競泳部のエースだったのだが、高校生にして妊娠をしてしまった。それも身に覚えのない、処女懐胎とかいうやつで。
親はその事実を隠すため、娘を山奥の家に住まわせ、そこで使用人1人と暮らすよう言い渡された。
その家は意外にも豪華で、なんと屋内プール(25m)がある。
彼女はそれを喜び、お腹が大きくなっても着れるよう、水分を含むことで収縮して自分に丁度ぴったりのサイズになる競泳水着を購入した。
締め付けは多少きついが、許容範囲内。彼女は毎日それを着て、日に日に巨大化するお腹を抱えながら泳いだ。
そして、そんな毎日を過ごすこと数ヶ月。
ついに臨月を迎えた彼女は、5230gの超巨大児を宿したお腹を抱えてもなお、未だに毎日泳ぐことを日課にしていた。無論、あの水着を着ながら。
最近ずっと降り続いている雨に気が滅入っている彼女ではあるが、プールの前ではそんなこと全くない。
使用人は山の下へ買い出しに行ってるし、今日はいつもより自由に泳げる!
そんな呑気なテンションで、彼女はデジタルオートロックのドアを開け、プールへと飛び込んだ。
いつものように鳴るロック施錠の音など気にもせず、彼女は泳ぎまくった。


そしてその瞬間、凄まじい音が鳴る。どうやら土砂崩れが起きたらしい。
それにより電線が切れて全ての電気がダウンし、更にはここに続く道も寸断された。
…察しのいい人はもう気付くかもしれないが、彼女は、競泳水着の下に双子級サイズのお腹を抱えた状態で、プールという密室に閉じ込められてしまったのである。

2 Jony :2019/05/09(木) 23:59:05 ID:1MpC4ty.0
電気が切れたことでプール内の照明が全て消え、
娘は暗い水中に取り残された。
さらに運が悪いことに、彼女の腹は少しづつ張ってきていた。
これだけ巨大な腹をしておきながら、いつにも増して激しく泳いだからであろう。

彼女は、プールという密室で、たった一人で出産することになってしまった。

3 名無しさん :2022/05/07(土) 19:58:36 ID:JQRqWntY0
お腹の張りは少しずつではあるが確実に強くなっていた。
彼女は救助が来る前に出産することを自覚した。
まずはプールから上がらなければと思い暗闇の中、陸へ向かって泳ぎ始めた。

4 名無しさん :2022/05/14(土) 22:03:09 ID:zDDHh1jI0
娘は岸がどこかわからない暗い中で必死に泳いだ。
しかし泳いだことによって子宮が刺激されてしまいお腹の張りはさらに強くなった。
「くっううう・・・・!!!」
彼女は耐えながらも泳ぎ続けようとした。

5 名無しさん :2022/05/18(水) 21:49:32 ID:.bJu1R7c0
暗闇の中どっちがプールの端かわからない中、彼女は必死に泳ぎ続けた。
そうしている内にお腹の胎児はいよいよ産まれ出ようと胎内を降り始めた。
「あ、あかちゃん・・・もう・・ちょっと待ってええ・・今・・出てきちゃダメェェェ・・・」
彼女は赤ん坊をプールで産んではいけないと早く岸に上がろうと泳ぐ力を強めた。
何故プールで産むのを嫌がるのかと言うとプールは家の風呂同様雑菌が多く出産する場所としては危険だからだ。
彼女は赤ん坊の頭が出てくるまでにプールから早く上がろうと必死に泳いだ。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

※画像アップローダーはこちら

(画像を表示できるのは「画像リンクのサムネイル表示」がオンの掲示板に限ります)

■ したらば のおすすめアイテム ■

嫌な顔されながらおパンツ見せてもらいたい写真集 - 青山 裕企


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板