したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

母の蠢く巨大腹

1 える :2019/04/15(月) 02:34:34 ID:.KieB0ks0
私の母は37歳、現在34週の妊婦だ。父は海外に行っており、母の世話は息子の僕がしている。
つまり、風呂、着替えなどまで手伝うということだ。そのため、僕は母のお腹が巨大化していく様子を鮮明に認識している。
僕は母に欲情するクソ野郎ではないのだが、妊婦の魔性的なものは恐ろしく、目の前の巨大腹に少しばかりの興奮を抱いてしまっていた。
そうそう、今僕は母のお腹を巨大腹と表現したが、母のお腹は普通と比べてもまず巨大だろう。
なぜなら、母のお腹には現在、34週の胎児の平均を大幅に超える、3250gの胎児が宿っているからだ。
少なくとも僕が知る限り、この週数でこの重さは聞いたことがない。臨月まで数週間ある中で、僕は母の出産を案じていた。
だが、僕はまだ知らない。
この先7週間で胎児が驚異的な成長でギネス記録を樹立し、そのせいで母は、ギリシャ神話の世界よりも凄惨な大難産にもがき苦しむことになるなんて…

21 名無しさん :2019/05/21(火) 23:07:45 ID:25YKU4No0
そしていざ後片付けをしているわけだが、またすごい勢いで食べたもんだと思う。
自分の分をあっさり片づけると、なんと「まだいける気がする」といって僕の残りをいただいたほどなので当然ではあるのだが。
さっき見せたあの覚悟に加えて、陣痛が来ながらもこの量を食べるバイタリティ。
異常事態のはずなんだけども、母なら何とかしてしまいそうな気もしてきたのだ。
それこそ、三日や四日程度では折れないだろう。
あとは、少しでも早く事が済むのを祈るだけ。
しばらくすると、雨が降る音から窓をたたく音に変わり始め、さながら台風の様相を呈してきたのだった。

22 名無しさん :2019/08/09(金) 08:29:41 ID:GvJ/Lq6o0
「うわ…これはしばらく止みそうにないな」
と言いつつ振り向くと、母はお腹を出したままの状態で、両手でお腹をポンポンと叩いたり、円を描くように撫で回したりしていた。
丸で「大きくなあれ!大きくなあれ!」と言っているかのようにだ。
その行動が効いているのかは知らないが、母のお腹は少しずつだけどますます大きくなっていく。
あれからずっと服が捲れてお腹が出たままだけど、もうこの様子だとお腹をしまう気は無さそうだ。
いや、しまったところで下腹が既に服からはみ出しているので意味はないか。
止めようともしたが無駄だと思ったので、せめて僕はこれだけでもやろうとした。
「なあ…折角だから、何時間かおきにお腹周り測ってあげようか?どのくらい大きいか知りたいんだけど」

23 名無しさん :2019/08/09(金) 17:20:40 ID:16/Falyk0
「そんなに気になるなら、これ使ってみたら?」
そういって母が引き出しから取り出したのは、巻き取り機能のないビニールのメジャーと、ベルトを挟み込むタイプの留め金。
「ああ、なるほど……」
つまり、これでお腹にメジャーをベルトのように巻けというわけだ。
確かにこうすれば、わざわざ巻き直す手間もいらないし、母の動きのじゃまにもなりにくい。
一番楽と言えば楽だろう。

というわけで早速試してみる。
メジャーを伸ばして母のお腹に当て、留め金を装着。
ベルトのようにして、余りは母のズボンのポケットに。
今の腹囲は……128cm、大したもんだ。

24 名無しさん :2019/08/17(土) 20:13:48 ID:Ia5vzx9g0
そのお腹が後からもどんどん大きくなっていくのを想像すると、僕は興奮を抑えきれなくなりそうでちょっと怖い。
産まれるまでにどこまで大きくなるのだろうか…

「もっともっとお腹の皮が伸ばされそうね…またお腹にオイルでも塗っとこうかしら…」
そう言ったので、僕はすぐにオイルを持ってくると、それをお腹全体にまんべんなく塗りたくる。
しかしその量といったらものすごく半端ないこと。お腹の面積が滅茶苦茶大きいからだ。
しかもギネスに挑戦と言っていただけに、予め同じ商品を何本も買っておいて正解だったろう。
「おへそ辺りのとこは特に多めにね。そうそう、そんな感じ…」
塗り終わった母のお腹は、目がちかちかするぐらい見事なまでの光沢を帯びていた。
これだけ塗ったら大丈夫だろうと、僕はしばらくそっとしておくことにした。

25 名無しさん :2019/08/17(土) 20:18:54 ID:Ia5vzx9g0
更に雨が激しくなった数時間後…
「さっきよりもお腹周りがきついわね…」
そう言うと、母がまたとんでもない行動に出た。
「んん〜っ」
グググ…
一旦仰向けになったかと思うと、母がお腹を持ち上げてブリッジ体制になっていたのだ。
「(来る来る来るっ、おへそが更に引き伸ばされていくこの感じっ)」
更に大きくなっていくお腹に合わせるかのようにお腹の皮膚の伸びをよくしているのだろうか
お腹を天井に突き出しているその様子を見ている僕は、またまた心配そうに見つめるが、
どうせ母のことだとすぐに、母に任せるように思った。普通じゃない行動をしてもだ。
にしても、ブリッジ体制になっているときの母のお腹は、通常よりも格段にいやらしく感じる…
それを見た僕は後ろを向くと、落ち着くまでじっと黙り込んでいた。
母はというと…
「(産後太りの身体になってもいいっ!…だからもっと…私のお腹を突き出させてっ……)」
そう思いながら母は暫くお腹を天に突き出していた。

それが終わると、母はお腹丸出しの状態でぐったりして横になっていた。
メジャーのメモリはお腹の膨張できつくなったあとブリッジ体制をやってるうちに、
お腹周りのメモリが動いて丁度いいサイズにまでなった。
といっても更に大きくなっているのは確実ではあるが。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

※画像アップローダーはこちら

(画像を表示できるのは「画像リンクのサムネイル表示」がオンの掲示板に限ります)

■ したらば のおすすめアイテム ■

Splatoon 2 (スプラトゥーン2) Nintendo Switch 対応 - 任天堂


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板