したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

母の蠢く巨大腹

1 える :2019/04/15(月) 02:34:34 ID:.KieB0ks0
私の母は37歳、現在34週の妊婦だ。父は海外に行っており、母の世話は息子の僕がしている。
つまり、風呂、着替えなどまで手伝うということだ。そのため、僕は母のお腹が巨大化していく様子を鮮明に認識している。
僕は母に欲情するクソ野郎ではないのだが、妊婦の魔性的なものは恐ろしく、目の前の巨大腹に少しばかりの興奮を抱いてしまっていた。
そうそう、今僕は母のお腹を巨大腹と表現したが、母のお腹は普通と比べてもまず巨大だろう。
なぜなら、母のお腹には現在、34週の胎児の平均を大幅に超える、3250gの胎児が宿っているからだ。
少なくとも僕が知る限り、この週数でこの重さは聞いたことがない。臨月まで数週間ある中で、僕は母の出産を案じていた。
だが、僕はまだ知らない。
この先7週間で胎児が驚異的な成長でギネス記録を樹立し、そのせいで母は、ギリシャ神話の世界よりも凄惨な大難産にもがき苦しむことになるなんて…

2 名無しさん :2019/04/15(月) 07:49:11 ID:mSehCUZM0
話を聞く限りじゃ僕が生まれた時もそれなりの巨大児だったというので、大きくなるのは母の体質と言うところも大きいらしい。
ただ、僕を産んだときと今の母とでは決定的に違うところもある。
元々食事は好きだったのだが、以前父に聞いたところによると僕を産んで以降さらに食べるようになったという。
にもかかわらず、母の体型は実にスマート。
たゆまぬ努力の結果、なんて本人は言っている。
普段はそうだが、今回はどうだろうか。
母のスゴいところといえば、人の数倍は食べる上に栄養を偏らせないところだ。
そんな食生活で、胎児を育てるとどうなるか。
その結果が今の母のお腹だろう。
ただでさえ大きくできあがった僕のきょうだいは、その豊富すぎる栄養を受けてぐんぐん健康優良になっていったというわけだ。

3 える :2019/04/16(火) 00:18:50 ID:nRDevhxE0
特に、最近の成長は著しく、1週間で500gも増えている計算になる。
つまり1日に約72gほど増えていることになり、表には出さないが本人も中々苦しい様子だった。
無理もない、いくら若々しくても、38歳は高齢妊婦であることは間違いないのだから。
現在母は39週目を迎えており、胎児は6000gに到達していた。明らかに普通ではないそのサイズは、母の腰に容赦なくダメージを与えている。
だが、母はそんなこと気にも留めず、胎児が下に下がっていく分今までより沢山食べるようになった。
その食事が、これから2週間で5000gも胎児を育ててしまうなんてつゆほども知らないまま…

4 名無しさん :2019/04/16(火) 01:37:03 ID:Glw7HX0g0
特に母は妊娠してからと言うもの、事ある事に「二人分食べなきゃ」「栄養のあるもの食べなきゃ」と言っていた。
そこで太ったりせず健康を完璧に維持しているのはたいしたものだが、じゃあ食ったモノはどこ行ってるのか。
もうわざわざ語る必要もないが、案の定。
母のお腹は、3日で目に見えて大きくなってしまった。
しかも、これは一切贅肉ではない。
この中にいる僕のきょうだいが、全力で成長を続けているからだ。
もうそろそろ出てくれないと、いくら何でも大きすぎないか?
さすがに不安になって、そう口走ってしまった。

5 える :2019/04/17(水) 00:01:10 ID:z4ZaJi7c0
母の回答は、いつ産まれてくるかなんてこの子にしかわからないというものだった。
なんともまあ、母らしい答えである。なんの戸惑いもなくそう言うもんだから、妙に納得してしまった。

…ある日、僕は図書館で妊娠出産系の本を読んでいたのだが、その中に世界一の妊娠というコーナーがあった。
その中にあった、世界一重い胎児は10kg台という暴力的な大きさで、体重計が壊れたりでもしたんじゃないかと推測して笑ってしまった。
そしてもう一つ、これは私の趣味で読んだ本なのだが、その中で、ギリシャ神話のレトという神は九日九晩の大難産をしたということが書かれていた。
これもまた、私の中では笑い話だった。

家に帰ってからその話をすると、母も笑っていた。
曰く、胎児が10kgはまず嘘だろうし、九日九晩の難産なんてフィクションでもやりすぎだし、と文字通りお腹を抱えて。
そんな母のお腹で育つ胎児は、40週現在で7640g。一気に成長が加速した胎児だが、原因は火を見るより明らか。特に驚きもなかった。
…ふと気付いたが、もし胎児が41週までに11kgまで育ったりなんてするなら、3分で1g増える計算になる。
まあ、そんなことはあり得ないだろうけどね。本に振り回される思考に、また笑いが出た。

6 名無しさん :2019/04/17(水) 00:25:18 ID:uOkSjqJY0
しかし、もう少し調べているうちにあまり笑えなくなってきていた。
第一位がそれだとしても、第二位の8670gや第三位の8000gは割と最近だし、写真もある。
おまけに、ちゃんとした情報もたくさんある。
つまるところ、嘘とはいいにくい。
それらはどれも、母体の病気が影響していた例もあるとはいうが、気になる共通点を見つけてしまった。
つまるところ、どの母親もよく食べているのだ。
病気ではなさそうだが、母もとんでもなく食べる。
イヤな予感がしてきた……。
問題があるとすれば、母の普段の食べる量からして特に文句を言うべきでもないという点。
コレじゃ止めようがないぞ、なんて考えていると、母から爆弾発言があった。

朝起きたときよりお腹が重く感じる、というのだ!

7 える :2019/04/17(水) 00:49:02 ID:z4ZaJi7c0
まあ、でもあくまで感じるだけだし…と1日は様子を見たが、翌朝になるとなんとなくお腹が昨日より大きい。
僕は、母のお腹にぴったりサイズのリボンを巻き、きつくなったら教えてと母に言った。
すると、数時間後にはきついと言い出したのだ。これにより、母のお腹が急速に膨張していることが明らかになった。
母はことを重く見ておらず、どんなサイズでも産むだけだと言っているが、僕はとにかく焦った。
そんな焦りを気にも留めていないのか、母は双子サイズを超え三つ子サイズとなったお腹を優しく撫でている。
その姿を見てると、まあ母なら大丈夫だろうという謎の安心感が湧き出た。
そして、そんなこんなで迎えた41週目、胎児は11kgとなり、産まれる前から世界記録を塗り替えてしまった。

8 名無しさん :2019/04/17(水) 08:35:54 ID:..wDLhqw0
申請は生まれてからやればいいが、問題はその前だ。
さすがに産めるのか、これ?
当事者でもない自分が不安になる中、当の母は非常にあっけらかんとしていた。
いくら母とはいえど、そろそろ物理的に厳しくなりそうなもんだが……。
思い切って尋ねてみても、母は完全にいつもの通り。
なるようにしかならないから、産むときは産む。
大きさは関係ないといういつものコメントだった。
たいしたものというしかない。
こうなれば、もう母につきあうだけだ。
自分なりの覚悟を決めて、41週目の一日は過ぎていった。

9 える :2019/04/17(水) 23:54:00 ID:z4ZaJi7c0
それからも、着々と胎児は成長を進めていき、母はたまに痛みを訴えるようになっていた。
徐々に胎児が下がってきているらしい。そのせいか、成長が緩やかになっているようである。
だが、母のお腹が巨大であることは変わらず、一緒に風呂に入ってる時に気付いたが、いつのまにか正中線がかなり濃くなっていた。

10 名無しさん :2019/04/18(木) 00:06:44 ID:128QA8rQ0
緩やか、なんて言っても元が異常なのだから、なかなかの具合には変わりない。
正中線がなによりの証拠だ。
お腹の皮膚が引き延ばされることで色素が集まりできる線なのだから、それが濃いと言うことはお腹の皮膚が引っ張られているということ。
つまり、そこまで大きくなっているのだ。

そしてさらに日が経過し、11kgを越える胎児はさらに重くなった。 さすがの母も辛そうにしているくらいだし、いい加減生まれてくれないと困る。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

ふともも写真館 制服写真部 ?夏? - ゆりあ


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板