したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |
レス数が1スレッドの最大レス数(1000件)を超えています。残念ながら投稿することができません。

項目作成相談スレ

947 名無しさん :2020/11/03(火) 20:56:18 HOST:softbank126243001022.bbtec.net
[[人工生物]]の項目を作りたいと相談した者です。とりあえず、できた範囲内ですがこんな感じです。

人工生物とは文字通り人間などの手によって造られた生命体である。

人工生物とは何か?

当項目を見ているアニヲタ諸兄にとって人工生物とは後述する通り遺伝子操作やクローン技術などで
生み出された言わば試験管ベビー的な存在を思い浮かべる人も多いと思われる。
実際そうした創造方法で生み出された存在が多いからである。
しかしながらその歴史は我々が考えるよりも意外と古く、古代ユダヤ教の伝承にはゴーレムが登場するし
中世ヨーロッパではホムンクルスという人工生物が存在していた…としている。
現代の創作ではある時はモンスター枠として、時には主人公に抜擢されるなど引っ張りだこである。
その現代における創作において代表的な人工生物が[[人造人間]]である。
作られた目的は様々であるが危険な環境で労働するためというものから
素体となった人間に内臓を移植するためといったもの、更に極端なケースでは戦闘兵器として作られたというケースすら存在する。



創作における人工生物によく見られる特徴
現代の創作における人工生物だが特徴としては以下のような傾向がよく挙げられる。

・生殖機能を持たない
・創造主の最低限の命令のみを受け付けるためか知性が低い
・↑とは逆に創造主以上に高度な知性を備えていることもある
・その高度な知性故に何故生み出されたのか悩み苦しむ
・成長が早い
・寿命が短い

といったものが挙げられるか。
ただし必ずしも上記の特徴があるとは限らず、上のどれにも当てはまらないケースもあると言えばある。







現実世界における人工生物
さて、こうした人工生物という存在は創作の世界の中でのみと
思われるがそんなことはない。
寧ろ現実において様々な側面で問題となっているからである。
事実、死んだペットの犬や猫などの細胞からクローンを作り出して同じものを再び飼うといった話が
存在するし、死んだ羊の細胞を利用してその羊とほぼ同じものを作り出したという話もあるのだ。
或いは永久凍土から発見された古代生物のミイラから得た細胞を使って現代に
蘇らせる計画を雑誌やニュースなどで見たことがあるアニヲタ諸兄もいるかもしれない。
しかしながら現実においては人造人間同様宗教的な側面以外にも実際に
論理的な問題があるとして禁じられた研究の一つとされていることが多いのである。
例えば、絶滅した古代生物をクローン技術で蘇らせる場合、その生物がいた当時の環境から大きく変化しており、
蘇らせたところで長生きは不可能と言われている。
つまり意図しなくとも命を弄ぶような行為に結果的になってしまい、論理的にもまずい行為である。
このようにやろうと思えばできるにもかかわらず、クローニングやそれを応用した人工生物を作る研究を
よしとないのはそうした生命論に反する行為だからという声が大きいためなのだ。




■ したらば のおすすめアイテム ■

オオカミ少女と黒王子 DVD (初回仕様) - 廣木隆一


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板