したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

やる夫が天武天皇になるそうです 卷第三十一

1 ◆fA57N8BQ2A :2019/12/12(木) 02:54:04 ID:4mnzVnqE00

            ┏┓                                            ┏┓
            ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
            ┏╋────────────────────────────╋┓
            ┃|                                            |┃
            ┃|           やる夫が天武天皇になるそうです。          |┃
            ┃|                                            |┃
            ┗╋────────────────────────────╋┛
            ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
            ┗┛                                            ┗┛




                          どうしてこうなった! どうしてこうなった!
              \      __ ,. -──-.、 __                 __ ,. -──-.、 __   /   /
             \ ヽ  r'´ /:::;、::::::::\::ヾ ヽ              r'´ /:::;、::::::::\::ヾ ヽ / / /
            \ ヽ   {_/:::/、ゝ一'>っハ ,ノ              {_/:::/、ゝ一'>っハ ,ノ     /
              ヽ   //1::V⊂⊃ ⊂⊃::く     --─      //1::V⊂⊃ ⊂⊃::く     --─
            二ニ    `Z/ }::リ u r一'⌒)uノイ:ト、    ──二ニ    `Z/ }::リ u r一'⌒)uノイ:ト、    ──
            ─  z─ト、 八:ゝz ゝ-、イfチ:;ハヘノ ハr-っ ニ二─  z─ト、 八:ゝz ゝ-、イfチ:;ハヘノ ハr-っ ニ二
            二ニ ゝ-、バヽ-r'( Y乏)リ:::/^ヽ_  ,ノ r‐'′_.二ニ  ゝ-、バヽ-r'( Y乏)リ:::/^ヽ_  ,ノ r‐'′_
                 `ヾ∠ノ-トヘニノ::::i__/_仁<>'′     ̄     `ヾ∠ノ-トヘニノ::::i__/_仁<>'′\    ̄
              /        i ,!:::::::::::::::::| |  §                i ,!:::::::::::::::::| |  §    \
                    ノ.い,::::::::::::::ヽ ̄ ̄ヽ           i' ̄ ̄~7::::::::::::::::ノ ハ
                    ノ   ヾ::::::::::::::〉  ノl_        _lヽ   〈::::::::::::::ノ   i,
                   (,_    ̄ ̄,=―イ__)   .    (__ト―=,  ̄ ̄   _ノ
                     ゙i ̄i~~ ̄                      ̄ ̄~~i ̄/
                     _..i ーヘ            ..              /_i.._
                    (___l                          l___)

.

463 令和もどこかの名無しさん :2020/02/03(月) 09:33:28 ID:NcM0CySk00
砕氷船しらせは一見すると冒険家の白瀬さん由来と思わせて
防衛省の船は地名縛りなので彼が由来の白瀬氷河を由来にするという方法で命名してたっけなw

日系人の子孫が宇宙に帝国を築いてる某SFだと、戦艦の名前が日本の神様だったね

464 令和もどこかの名無しさん :2020/02/03(月) 10:14:33 ID:7K/LI6Eo00
産土が弥彦さんなんで日本神話から艦名つけるなら、
ソッコで「やひこ」もしくは「いやひこ」を投函するで

465 令和もどこかの名無しさん :2020/02/03(月) 12:16:14 ID:NtYr2J2E00
東郷と言う地名があるから艦名にとうごうと名付けても大丈夫やね。
なおニックネームはアドミラル・トーゴー

466 令和もどこかの名無しさん :2020/02/03(月) 13:00:20 ID:CI8Hd5wI00
>>463
アラハバキですね、わかります

467 令和もどこかの名無しさん :2020/02/03(月) 20:31:49 ID:IXojrMMw00
たしか日本海軍の船だと山とか川みたいな地形の名前以外の地名だと令制国名縛りだよね

468 令和もどこかの名無しさん :2020/02/03(月) 21:06:25 ID:CI8Hd5wI00
>>467
旧軍は戦艦(バトルシップ)が令国の名前だね

重巡洋艦が山、軽巡が河川、駆逐艦が自然現象(格安型が植物)

469 令和もどこかの名無しさん :2020/02/03(月) 22:57:08 ID:Y5rOSLBI00
アラハバキといったらドリル戦艦!
3番艦はあら葉巻

470 令和もどこかの名無しさん :2020/02/03(月) 22:58:16 ID:CI8Hd5wI00
>>469
播磨と言ったら双胴戦艦

471 令和もどこかの名無しさん :2020/02/13(木) 16:41:05 ID:8CPIaaeI00
改元もして譲位もしたのに(後から)疫病流行ったから、もう遷都か大仏しかねえ!

472 令和もどこかの名無しさん :2020/02/14(金) 18:37:16 ID:ZWJqA64g00
最終話が投下されて完結したら1話から読み直して
それも終わったらスレ内に出てきた国内の天武由来の地を全部巡る予定

473 令和もどこかの名無しさん :2020/02/14(金) 23:49:05 ID:6mQdEbKA00
天武帝とは直接関係ないかもしれないが、雄略帝の宮があった長谷がオススメ
初瀬川に沿った長い谷間の集落は、大倭の原風景を妄想する
そこからさらに奥地に入ったところにある長谷寺や室生寺も聖地っぽくて良い

474 令和もどこかの名無しさん :2020/02/15(土) 07:44:47 ID:kNaRWyZo00
天武天皇稜は裏から行くと「何だこの山」になるからちゃんと正面から行こうなw

475 令和もどこかの名無しさん :2020/02/15(土) 10:50:05 ID:Fj1A3ez200
>>473見て天皇を〜帝って呼称するのって一般的なんか?と思った

帝(みかど)という使い方はあるが〜帝(てい)だと中国の皇帝への呼称という印象が

476 令和もどこかの名無しさん :2020/02/15(土) 10:57:47 ID:bIzbWYmASa
先帝陛下とかよくつかうだろ?

477 令和もどこかの名無しさん :2020/02/15(土) 11:17:22 ID:haXM4YZk00
>>475
実は順徳天皇以後、天皇って呼び方使ってなかったんだ。
復活させたの孝明天皇の祖父の代だから、
鎌倉時代中盤から江戸時代終盤まではだいたい「帝」とか「御門」「主上」etc
退位すれば、〜院だし

天皇って呼ぼうねって定義したのは実は昭和になってから。
だから、明治大帝とか呼ばれたりもする。

478 令和もどこかの名無しさん :2020/02/15(土) 13:15:50 ID:Xafav8gUSr
天子様という呼称もある

479 令和もどこかの名無しさん :2020/02/15(土) 20:18:47 ID:NV3dFrPo00
「今上帝」とは呼ぶな

480 令和もどこかの名無しさん :2020/02/15(土) 20:45:15 ID:8DyYa7P.00
実名忌避したいから今上帝とか先帝とか使うね

481 令和もどこかの名無しさん :2020/02/15(土) 20:47:03 ID:bIzbWYmASa
中国の呼称を日本で使うのはよくあることだぞ
洛なんてもろに中国の呼称だけど京都をさすときに普通に使うよな
上洛とか洛中洛外とか

482 令和もどこかの名無しさん :2020/02/15(土) 20:57:47 ID:haXM4YZk00
だいたい仲麻呂か嵯峨天皇のせい<中国の名称を〜

483 令和もどこかの名無しさん :2020/02/15(土) 21:54:51 ID:4FBK/kKg00
中国ってか唐の影響強いよね
「黄門」さまも明〜清の政治体制知らないって時代じゃないだろうに

484 令和もどこかの名無しさん :2020/02/15(土) 21:56:55 ID:haXM4YZk00
唐風で呼ぶのが日本の伝統になってしまったのだ<黄門

485 令和もどこかの名無しさん :2020/02/15(土) 21:58:59 ID:KViOQi8I00
中国のこと自体も「唐」って呼び続けたしね

486 令和もどこかの名無しさん :2020/02/15(土) 22:07:46 ID:MkJ/JbesSa
中国どころか、海外そのものを「唐」と呼ぶようになった結果が唐芋や唐辛子よ

487 令和もどこかの名無しさん :2020/02/15(土) 22:15:31 ID:hDhKxjkE00
帝王学の教科書もずっと貞観政要やしなー

488 令和もどこかの名無しさん :2020/02/15(土) 22:32:13 ID:4FBK/kKg00
レスありがとう
漢字の読み方なんかもそうだけど、なんで1000年もアップデートを止めてしまったんだろう
朱子学に陽明学、十八史略なんかも来てたのにね

489 令和もどこかの名無しさん :2020/02/15(土) 22:45:34 ID:haXM4YZk00
取り入れようとしてた人はいるんですよ。
後醍醐っていうんですけどね。

花園院とかも朱子学学んでたはずだけど、
遣唐使止めてた延喜の頃が理想とされちゃったのもあるのかね。

490 令和もどこかの名無しさん :2020/02/15(土) 23:34:40 ID:zYVPA8/U00
アップデートしたら今まで知識人面してた人達から反感買うじゃん
「俺たちの努力を何だと思ってる」って
幕末の頃蘭学者が英語を排斥したり、今も医者が独語でカルテ書いたりしてるのと同じようなもんよ

491 令和もどこかの名無しさん :2020/02/15(土) 23:56:45 ID:.7fOL6xI00
>>488
というか「唐土を見習ったら唐土の様にしょっちゅう王朝が入れ替わる乱世祭りになるだけだろ」って
天皇に逆らった事例がありましてですね

492 令和もどこかの名無しさん :2020/02/16(日) 00:41:19 ID:UaZpAAFY00
>>486
唐辛子とかいう中国より先に伝来したのに唐がつく謎の食べ物。外国って意味の唐らしいけど
九州だとゆず胡椒だとかポルトガルから入った名残があるのにね

493 令和もどこかの名無しさん :2020/02/16(日) 00:54:40 ID:9Bk7/xFUSr
「関白」や「大樹」も語源は中国やしね

494 令和もどこかの名無しさん :2020/02/16(日) 01:29:57 ID:l8D4o8/k00
>>488
漢字の読み方や発音なんて、文書の内容がわかればどうでも良かったのでは?
中国人とコミュニケーションが取りたくて漢字を取り入れたわけでなく、
文書行政や中国古典の知識のために取り入れたのなら

495 令和もどこかの名無しさん :2020/02/16(日) 01:31:21 ID:p359P8qU00
「ただでさえ唐音呉音あって面倒なのに現代(当時)の発音まで覚えてられるか!」
案外こうかもしれん

496 令和もどこかの名無しさん :2020/02/16(日) 01:35:34 ID:p359P8qU00
発音、宋・元・明あたりでも変わったんだろうな…

497 令和もどこかの名無しさん :2020/02/16(日) 01:56:46 ID:6DXIPnWgSa
「呉音・漢音・唐(+宋)音」ってのがいちおうの国語的な定説
元音明音清音なんてのが浸透してたら、もうちょっと現代の中国語学習者は楽できたんだろうねぇ

498 令和もどこかの名無しさん :2020/02/16(日) 02:35:35 ID:zu.TcsgE00
もうドイツ語でカルテ書いてないよ。
理由は書いた本人も読めないから(割とマジ)

499 令和もどこかの名無しさん :2020/02/16(日) 08:16:46 ID:ROVDaceAMM
医者のカルテはね…達筆すぎて日本で書いていても中々読めないの・・・
大抵の病院には医療スタッフの中に解読の専門家がいるから
いざという時はその人に頼むの

500 令和もどこかの名無しさん :2020/02/16(日) 08:19:09 ID:8UX5mpfQ00
カルテも電子化の波が…

知り合いのとこ(複数)はかなり早くMac入れてたし、最寄りの総合大病院もそうやねえ

501 令和もどこかの名無しさん :2020/02/16(日) 08:40:20 ID:CFr2NHUk00
>>486
カラという外国を指す語の表記が「加羅」「韓」「唐」と変わってきたのだろうなぁ

502 令和もどこかの名無しさん :2020/02/16(日) 08:47:56 ID:CFr2NHUk00
最近の流行は上代や日琉祖語の再構築よね
現代日本語の文献ほぼ無いけど

503 令和もどこかの名無しさん :2020/02/16(日) 11:28:09 ID:YHO0qrUgMM
>>488
その時代を考えるとカタカナひらがなという日本の表音文字ができて浸透したのが大きそう。

504 令和もどこかの名無しさん :2020/02/16(日) 12:10:19 ID:3WJ/0X7o00
そもそも文字政策は、中央集権的な権力が必要で、封建制の中世には難しいのではないだろうか

今の日本の新字体や現代的仮名遣いも、戦前から漢字廃止論者によって議論され続けてきたものだけど、
結局それが実現できたのは、GHQ占領下の時代にGHQの権力で押し通したからだし

未だに、旧字体や歴史的仮名遣いへの復古を目指す抵抗勢力のやかましさを見る限り、
奈良時代の中央集権的な権力ですら、漢音で統一できず、呉音が残ってしまった、という感じなのだろうか

505 令和もどこかの名無しさん :2020/02/16(日) 13:01:50 ID:/I4489jYSa
>>503
漢詩は唐代が最高、ってことになったのもあるかもね(当の中国でも)
韻を分かる必要が無かったら読み方なんて大した問題じゃない

506 令和もどこかの名無しさん :2020/02/16(日) 17:48:05 ID:ayNK54TU00
漢詩って前から割と謎だったんだが日本人が見て良さがわかるもんなんか
そもそも書いてある内容を評価するものなのか読んだ時のいわゆる韻を評価するもんなのか

507 令和もどこかの名無しさん :2020/02/16(日) 18:27:36 ID:fVaOm/4600
実態はともかくとして学術的問題を語るに抵抗勢力だのやかましいだのという言葉を用いるのはどうかと…
正論や理屈の通ったことを言っているはずなのに通りづらい人のやりがちな陥穽

508 令和もどこかの名無しさん :2020/02/16(日) 18:54:43 ID:mdBVXewM00
和歌や俳句も一流歌人の句を雑多な句に混ぜて出したら
素人にはどれが良いのか判別つかないそうだし、詩とは理解しにくいものかもしれない

509 令和もどこかの名無しさん :2020/02/16(日) 19:15:29 ID:Dzq4GJFwSa
散文に対して韻文って言うように、音読した時の音の響きやリズム感って大事らしい
あと中国の歴史ドラマだと詩を吟じるシーンって結構見るから、日本人よりもこだわりがあるんじゃないかね

510 令和もどこかの名無しさん :2020/02/16(日) 20:03:40 ID:NgIZRpqM00
>>504
まあだから
「薩摩弁は幕府の隠密防ぐための人工言語」とかいう俗説とかあるけど
ありえないというかそんな必要ないというか
誰が作ってどうやって領民一人残らず全員に習得させるのか、と考えれば不可能なのはわかるし
それ以前に今これだけ人口に膾炙した大阪弁すら
地元民以外が使うと不自然さが一発でわかるわけで
それを江戸時代にネイティブ並に学べる方法なんてあると思えないし
日本の端という地理的要因から用件なしに地元民以外が訪れることの無い
薩摩で不自然な薩摩弁使う人間いたら一発で余所者とバレて薩摩飛脚になるわけで

511 令和もどこかの名無しさん :2020/02/17(月) 22:47:40 ID:Dletw5ao00
やる夫鎌倉も和歌のシーンが多かった覚えがある

512 令和もどこかの名無しさん :2020/02/20(木) 20:50:59 ID:1Z2ELVu600
何だかんだで公家や武家でも最上層が政治やってる時代だからね


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

小林さんちのメイドラゴン : 1 (アクションコミックス) - クール教信者


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板