したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

やればできる子で学ぶラノベ新人賞の獲り方 48刷目

1 令和もどこかの名無しさん :2019/10/27(日) 19:52:47 ID:Wge74oXI00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   とうとうできる子AA使わないでスレが終わった。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!     

まとめサイト
ttp://yaruoislife.blog.fc2.com/blog-category-192.html
ttp://kesibanga.blog.fc2.com
スレ用アップローダ
ttp://ux.getuploader.com/dekiruko/
1スレ目
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/14504/1452402012/
2スレ目
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/14504/1452503354/
3スレ目
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/14504/1452772534/
4スレ目
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15956/1452772048/
5スレ目
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15956/1454137453/
6スレ目
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15956/1455278708/
7スレ目
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15956/1455979313/
8スレ目
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15956/1456663722/
9スレ目
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15956/1457189370/
10スレ目
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15956/1457837644/

99 令和もどこかの名無しさん :2019/11/05(火) 18:53:25 ID:sSogl04600
サブちゃんヒロインになったのか

100 令和もどこかの名無しさん :2019/11/05(火) 19:47:08 ID:l5U0UeuUSd
昔ならこんだけ史料読み込んでそれをもとに作品作ってますよって売りになったのかもですけど、今それやっても本職の学者先生とかに蜂の巣にされそうで逆効果っぽいですもんね
特に歴史物なんて

101 ◆uN377XmBVY :2019/11/05(火) 21:23:17 ID:9APsHJDw00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       読んだ資料の量は基礎に直結しますからねぇ。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         特に史実をベースとする場合、
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       『世界観』は作者の中にあるものではなく『歴史』の中にあるので
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   知らねば『史実』に近づけられない。
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::} 反対に作者の中にあるもので決着する部分が大きいなら無理が利く。
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

102 令和もどこかの名無しさん :2019/11/05(火) 21:28:49 ID:APhxUaNQSd
「こうこうこういう流れでこの状況が生まれました」の説明の引き出しは多いに越したことないですもんね

103 ◆uN377XmBVY :2019/11/05(火) 21:30:51 ID:9APsHJDw00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   大事なのは調べたもの全部使おうとしないこと。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  調べて調べて、それを『使わない』決断をする大事さよ。
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

104 令和もどこかの名無しさん :2019/11/05(火) 21:35:22 ID:APhxUaNQSd
使ってるけど説明しないというのも読み手からすると美味しい
行間から読み取れても美味しいし、後から説明されて納得できても美味しい

105 令和もどこかの名無しさん :2019/11/05(火) 21:40:13 ID:/LvCnCBs00
あと歴史系は新資料の発見で定説が変わるからね
日本古代史なんて21世紀に入ってから20世紀の説がほぼ全部否定されちゃったから(元の資料が少ない所に皇国史観とか唯物史観とか……)
ただ、歴史上の出来事の知識が多いと引き出しが増えてやりやすいとは感じる。
歴史と一言に言うけど戦争と文化と経済と人間関係と多ジャンル網羅していて応用が利くこと利くこと

106 ◆uN377XmBVY :2019/11/05(火) 21:45:42 ID:9APsHJDw00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   ・桶狭間の位置が未だに確定できてない
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  ・なんか、奇襲じゃなくて正面から打ち破ったっぽい
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  ・ていうか、六角さんが同盟軍として加わってたっぽい
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

107 令和もどこかの名無しさん :2019/11/05(火) 21:58:48 ID:APhxUaNQSd
ショセツ・アルガー氏を信じるんだ

108 ◆uN377XmBVY :2019/11/05(火) 22:01:08 ID:9APsHJDw00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   ワレクロ※
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  ※諸説ある
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

109 ◆uN377XmBVY :2019/11/06(水) 00:40:14 ID:FVcb6b4c00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   ttp://download1.getuploader.com/g/dekiruko/303/WS004999.JPG
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  (8F
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

110 令和もどこかの名無しさん :2019/11/06(水) 00:41:30 ID:Ak9Q7hs6Sd
八階で星22…

111 ◆uN377XmBVY :2019/11/06(水) 00:47:35 ID:FVcb6b4c00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   6F☆1で飛ばしちゃった☆
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

112 ◆uN377XmBVY :2019/11/06(水) 22:20:03 ID:FVcb6b4c00
アレグロ

113 令和もどこかの名無しさん :2019/11/06(水) 22:31:43 ID:d1WYnSwM00
コン

114 令和もどこかの名無しさん :2019/11/06(水) 22:49:05 ID:ZAy7duVQ00
アレグラ
アレジオン

115 令和もどこかの名無しさん :2019/11/07(木) 14:00:56 ID:MiBWd9ZMSd
上の方に登るとオリハルコンゴーレムがミスリルゴーレムの群れに混じって拠点に歩いてくるとか嫌すぎる
なのでゼノディア真アニマ43個と幻魔の破片80個を2セット集める作業に逃げます

116 ◆uN377XmBVY :2019/11/07(木) 21:49:30 ID:9k3073cM00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!  
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

117 ◆uN377XmBVY :2019/11/07(木) 21:50:14 ID:9k3073cM00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   怪我して痛がってたらぶつけて別のところも怪我したクロさん。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  漫画かな?
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

118 令和もどこかの名無しさん :2019/11/07(木) 21:58:35 ID:0H/sndIs00
更に悶えて転がったらタライが降ってくるまでがデフォ

119 ◆uN377XmBVY :2019/11/07(木) 22:04:35 ID:9k3073cM00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   はよ。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

120 令和もどこかの名無しさん :2019/11/07(木) 22:09:32 ID:MiBWd9ZMSd
(先生に落ちるとは言っていない)

121 令和もどこかの名無しさん :2019/11/07(木) 22:11:26 ID:aZfedmVg00
痛いピタゴラスイッチ・・・
イ(以下自主規制)

122 ◆uN377XmBVY :2019/11/07(木) 22:11:27 ID:9k3073cM00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   解せぬ。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

123 ◆uN377XmBVY :2019/11/08(金) 21:38:52 ID:A0SLV31E00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       継続ダメージって厄介ですね。こんばんは、クロです。勇者気分。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

124 令和もどこかの名無しさん :2019/11/08(金) 21:42:48 ID:IaEhgsCc00
昨日作品本文の執筆に取り掛かったのに、今日指をざっくり切ってしばらくお休みを余儀なくされました

125 ◆uN377XmBVY :2019/11/08(金) 21:43:33 ID:A0SLV31E00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       痛ぁ。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

126 ◆uN377XmBVY :2019/11/08(金) 21:56:23 ID:A0SLV31E00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       ttp://download1.getuploader.com/g/dekiruko/304/WS005003.JPG
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       解せぬ。
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

127 令和もどこかの名無しさん :2019/11/08(金) 22:09:49 ID:ZKg8Tq/6Sd
先生は魔王軍の幹部だった?
>>126の画像のキャラは魔王軍の幹部の部下の新キャラ)

128 令和もどこかの名無しさん :2019/11/08(金) 22:35:58 ID:3iNeTg/A00
クロさんが幹部で、できる子先生が魔王か……

129 ◆uN377XmBVY :2019/11/09(土) 21:51:29 ID:p.l4uD3g00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       我は患部クロ。違う、幹部クロ。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

130 令和もどこかの名無しさん :2019/11/09(土) 22:00:50 ID:OLRZqKg600
クロ幹部

131 ◆uN377XmBVY :2019/11/09(土) 22:05:57 ID:p.l4uD3g00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       何かね、戦闘員くん。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

132 令和もどこかの名無しさん :2019/11/09(土) 23:25:17 ID:xYv7X4jo00
キャプテン・クロ
(なんかどこかで聞いたことがあるような?)

133 令和もどこかの名無しさん :2019/11/10(日) 01:30:51 ID:S3QY7CDQ00
怪奇ケシバンガ

134 ◆uN377XmBVY :2019/11/10(日) 01:33:39 ID:0DiV0bFk00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       死して屍拾う者なし。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

135 令和もどこかの名無しさん :2019/11/10(日) 02:37:10 ID:Oyq0PEpw00
つらい書けない死にたいうつの薬効かない

136 ◆uN377XmBVY :2019/11/10(日) 08:08:08 ID:0DiV0bFk00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       それはお医者さんに相談しなきゃいけないような……。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

137 令和もどこかの名無しさん :2019/11/10(日) 09:47:32 ID:4zNGzUfU00
つらい書けない死にたいだけだったら、肥やしとして面白いとかそういう発想が出てくるよね
最後の力を振り絞って首元の布団を丸めてギリギリ気道を確保して、次の瞬間視界が真っ白になって意識失ってなんとか助かった時とか
最後の力が湧いてきた理由が、こんな苦しい体験をネタに出来ないなんて!! というなんかアホな理由だった

138 令和もどこかの名無しさん :2019/11/11(月) 02:35:00 ID:PIQqajPo00
小説書いてると鬱は悪化するよ。一人で静かで孤独で、救われない

139 令和もどこかの名無しさん :2019/11/11(月) 10:34:39 ID:SKaGyKSgSd
少し前に基礎力って話が出てたんですが、小説の基礎力ってどうやってつけたら良いんでしょうか?
自分はクロ先生のこのスレを見てから小説書くことに興味を持ったもので。
頭ん中にある面白いものを吐き出したいという気持ちとなんか書いてて書きたいことが書けてないもどかしさみたいなジレンマに陥ってます。

そして自分で書いてわかりました。プロ(新人賞取れるレベルの方の)作品の完成度の高さ。
状況というかその光景がスラスラと頭ん中で描けるんですよね。

自分のはなんか書いてて行動の説明ばっかりで読みにくいなぁってなっちゃうんですよ。

例えば、○○と◽︎◽︎というキャラクターが対峙してるときに、下みたいな文章になってしまいます。
○○は腕を組みながら◽︎◽︎に言った。
「台詞」
それを聞き◽︎◽︎は怒った。
「台詞」

あとなにかの物を説明するときによくわからなくなってきちゃいます。

140 令和もどこかの名無しさん :2019/11/11(月) 11:54:32 ID:o/2H5.Ew00
いっぺん会話文だけで書いてみたらどうだろう?
それだけを読んで、誰が話してるのか、どういう感情を発露してるのかを読み取れるかどうか
例えば「腕を組みながら」というのは会話からは判らないけど「怒った」のは判るよね

141 令和もどこかの名無しさん :2019/11/11(月) 20:02:30 ID:WTOwB3RQ00
ttps://togetter.com/li/901446
漫画だけど小説でも似たようなもんで書かれなくとも想像できるものを書く=テンポダウン
効果的に使うのでなければ全部省いて読み返してから想像できない動きだけ追加するでいいんじゃないの

142 令和もどこかの名無しさん :2019/11/11(月) 20:24:06 ID:rzPKrxrA00
実は腕を組みながら云々も、相手の反応として会話に混ぜれば分かるのよね
「何格好つけてんのよ。腕なんか組んじゃって」みたいな
それ単体だと単なる説明な言葉は、反応とか感情とかに混ぜるのオススメ

143 令和もどこかの名無しさん :2019/11/11(月) 20:36:57 ID:MAnhjlho00
腕よりも対峙してるかどうかのほうが大事ではないだろうか
「下の文章」だけ見てる分には向き合っていない連れション中の会話でも当てはまりそうだし

144 令和もどこかの名無しさん :2019/11/11(月) 23:48:43 ID:5xJ386qAMM
皆様、ありがとう御座います!目から鱗がボロボロ溢れてます。
まずは会話文作りつつ、地の文での動作説明を減らして感情を乗せるようにしていく。
早速実践してみます!

145 令和もどこかの名無しさん :2019/11/12(火) 00:46:28 ID:3PXJtQ6.00
『どうして』腕を組んだのか、『どうして』怒ったのか、怒って『どうしたい』のかというのを掘り下げれば埋まりそうな気はします。
なにを見聞きし、どう感じて、どうしたくて怒ったのか。これだけでも状況や人物の行動、性格は描写できるんじゃないかなと。
ラノベっぽくはないですけど会話文が少なくても小説は書けるので、会話なしで機微を丁寧に書く練習もありかも?

146 ◆uN377XmBVY :2019/11/12(火) 23:23:25 ID:inbXR2hY00
ワレクロ

147 令和もどこかの名無しさん :2019/11/13(水) 00:18:38 ID:Bf.Wbk0w00
139の人の気持ちめっちゃわかる
脳内イメージをうまく言語化できずに変な文章になる

148 令和もどこかの名無しさん :2019/11/13(水) 00:28:59 ID:KB9bzdUkSd
たまに言われるプロの文章を模写しろってのはそういう感性を磨いてみようかって意味だと思ってる

149 令和もどこかの名無しさん :2019/11/13(水) 01:13:07 ID:GAnOXAy.00
自分の作品を見返してみて気付いた。主人公のパターンがほぼ同じだ。
書きやすいってことなんだろうけど、さすがに主人公のネタが一種類しかないのは狭すぎるよなあ。
もちろん話に合わせて違いはあるけど、根源的な行動の動機とか人格が全く変わってないや。

150 令和もどこかの名無しさん :2019/11/13(水) 01:17:11 ID:g4gcihfc00
歴代主人公全員顔がケンシロウじゃねーか的ななにか
それはそれでありじゃないです?

151 令和もどこかの名無しさん :2019/11/13(水) 06:17:21 ID:ibG8jt7U00
そういうときは二次創作を書いてみるといいとどっかで読んだ記憶がある
なんでも、絶対自分が作らないようなキャラクターを書いてみてパターンを盗めとか

152 ◆uN377XmBVY :2019/11/13(水) 20:20:49 ID:wPphoibc00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       いろいろお答えしたいのですが後日に回しちゃいそうです。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

153 ◆uN377XmBVY :2019/11/14(木) 22:10:37 ID:YlHtxkYk00
ワレクロと
書き途中に
古戦場

154 令和もどこかの名無しさん :2019/11/14(木) 22:46:05 ID:AJXD4YNo00
逃げろと叫ぶも
 しかばねのみなり

155 令和もどこかの名無しさん :2019/11/14(木) 23:51:48 ID:thZupqrg00
古銭場とな

156 令和もどこかの名無しさん :2019/11/15(金) 18:03:20 ID:JScd1tkg00
先週指をざっくり切ったと思ったら
今週は鼻血を噴くわ、PCが原因不明の沈黙をして復旧に丸一日費やすわ
もうなんかお祓いしたい

157 ◆uN377XmBVY :2019/11/15(金) 20:05:38 ID:j2rztpzs00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       指→鼻→PC→???
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       この流れにはきっと意味がある……!
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

158 令和もどこかの名無しさん :2019/11/15(金) 21:36:35 ID:w5RUu.Z600
続きがある……だと……

159 令和もどこかの名無しさん :2019/11/15(金) 22:14:32 ID:YZGBFBYk00
これが伏線というやつで、読者の期待をいい意味で裏切りたいところですね

160 ◆uN377XmBVY :2019/11/16(土) 21:45:33 ID:9.R.alpw00
こんばんは、くろです。

161 令和もどこかの名無しさん :2019/11/16(土) 21:56:46 ID:psSYy0WgSd
古戦場はどうしたんですか先生

162 ◆uN377XmBVY :2019/11/16(土) 22:08:14 ID:9.R.alpw00
ここにはいない。

163 令和もどこかの名無しさん :2019/11/17(日) 00:25:09 ID:9JqsqYT.00
主人公がヒロインを最初は名字で呼んでいて途中から名前呼びに変わる場合って
地の分は最初から名前表記で統一したほうがいいですかね?

164 ◆uN377XmBVY :2019/11/17(日) 00:42:54 ID:k5rVlw/U00
読者は記憶障害を負ってるんじゃないかって思うくらい物忘れが激しいと思ってください。
その上でより良い手段を探すことをオススメします。

「これが正解です。これ以外ありえません」といえるような問題ではないので曖昧な回答。

165 ◆uN377XmBVY :2019/11/18(月) 22:05:48 ID:R/nHdGYM00
相変わらず不調なクロです。
いろいろ回答遅れてますが、落ち着いたら答えますのでもうしばらくお待ちください。コセンジョウカラニゲルナ

166 令和もどこかの名無しさん :2019/11/18(月) 22:33:24 ID:fQUKoYaw00
ジオくん仕事して(わがまま)

167 ◆uN377XmBVY :2019/11/19(火) 21:45:10 ID:ZmQkhONE00
ぐったり。

168 令和もどこかの名無しさん :2019/11/19(火) 22:15:06 ID:iW/ohj3AMM
お疲れ様です!!

169 ◆uN377XmBVY :2019/11/19(火) 22:17:29 ID:ZmQkhONE00
疲れというか病んでるというか。住人の皆さんは体や心のバランスを崩されませんよう。

170 令和もどこかの名無しさん :2019/11/19(火) 22:33:22 ID:pXPX5Ij600
チョイチョイ体調を崩してる臭い先生が言うと、説得力があるような無いような

171 ◆uN377XmBVY :2019/11/19(火) 22:34:43 ID:ZmQkhONE00
反面教師。

172 令和もどこかの名無しさん :2019/11/19(火) 22:46:04 ID:Hnr3m5KQ00
ご自愛くださいませ

173 令和もどこかの名無しさん :2019/11/19(火) 23:54:08 ID:PSJBzNyg00
小説は鬱を加速させる

174 ◆uN377XmBVY :2019/11/20(水) 21:07:31 ID:/6xnhEGI00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       週末くらいから平常運転に戻る予定。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

175 令和もどこかの名無しさん :2019/11/20(水) 21:27:17 ID:qxZ4zsxc00
つまり小康状態

176 ◆uN377XmBVY :2019/11/20(水) 21:29:22 ID:/6xnhEGI00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       昨日よりちょい悪化。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

177 ◆uN377XmBVY :2019/11/21(木) 21:00:35 ID:mfk6d39k00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       えらいたくさん没コマができてしまった。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

178 ◆uN377XmBVY :2019/11/21(木) 21:00:48 ID:mfk6d39k00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   先回りしたことを書こうとするとえらい長い説明になってしまうので、
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  諦めて手短に答えましょう。
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  >>139
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   小説の基礎力……というか文章力は、
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   主に『読み返すことなく誰の発言かはっきりわかるセリフ』と
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      『思い浮かべやすい視覚的描写』『適度な注釈また説明』で
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!      できています。ホントはもうちょいあるんだけど省略。

179 ◆uN377XmBVY :2019/11/21(木) 21:01:06 ID:mfk6d39k00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   『読み返すことなく誰の発言かはっきりわかるセリフ』は
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  割とちょっとした意識付けだけでかなり改善します。
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  特に気をつけるべきはセリフの頭。
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   ここで「ああ、誰のセリフなんだ」とはっきりわかる言葉があると
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   読者はスムーズに読めます。
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!      例:
                                 ×「任せてください」
                                 ○「私に任せてください」←文頭に一人称を配置した
                                
                                 ×「君、いい加減にして」
                                 ○「兄さん、いい加減にして」←文頭に特徴的な二人称を配置した
                                
                                 △
                                 「姉さん、ちょっといい?」
                                 「できる子、何?」
                                 ○
                                 「姉さん、ちょっといい?」
                                 「何?」←連続したセリフなのでこれだけでも話者が姉妹とわかる

180 ◆uN377XmBVY :2019/11/21(木) 21:01:44 ID:mfk6d39k00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   次に『思い浮かべやすい視覚的描写』。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  読者は文章から場面を視覚的に思い浮かべるわけですが……
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  ぶっちゃけ、めちゃんこ精度が悪いです。
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   例えば、筆者が読者に『ケシバンガ』を説明するとします。
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

181 ◆uN377XmBVY :2019/11/21(木) 21:01:56 ID:mfk6d39k00
                                   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                    |            ,ィィ      .トト、         |
                                    |          /:::::{      .|:::::ヽ        |
                                    |          /::,::::::::|___ .|:::::::::',       |
                                    |         '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',       |
                                    |         }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ       |
                                    |        /メ::::j::/:::::::::::::_:::::::::::::::::Vメ     |
                                    |        ,::::::メメ/::::;r'´"´::::::```ヽ、:::::',      |
                                    |       /::::::::::;/::,.、::::;、:::::,.、;、:::、::ヽ::::ヽ    |
                       ,ィィ      .トト、      |       ,':::::::;イ::::/⌒V lノ   ⌒ヽl:::ヽ:::ヽ    |
                 /:::::{      .|:::::ヽ      |       ',:::::::V ,イ ○       ○ }V.{/:::/    |
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',    |        \::::\ ""   __  "" ,)}:、/    |
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',    |        `ヾ、:ヽ、 _ ヽ-' _ .,.ィ:,、{       |
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ    |            `/:::::::  ̄ _ヽ}′       |
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ  |             /::::::     |三.| \       |
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',   |         /::::::::::      |三.| l::::\      |
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!   |         (:::: ア7::::     └‐┘ト、:::::.)     |
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!    |      /レィ.  __|:::::        |  ̄     |
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|   |    /:::::::::::し.:´:::{::::::        .::}        |
               |:::::::::::|:::::|            |::::|   |    {:::::::::::::::::::::::::|::::::::....................:::::,'         |
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ   |    乂::::::::::::::::::::::l:::::::::::,-‐┐:::::::/          |
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「  _|              ',:::::::/  |:::::::/         |
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/ \              l__:/   L__/          |
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !       \_________________/
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!         筆者の説明

182 ◆uN377XmBVY :2019/11/21(木) 21:02:10 ID:mfk6d39k00
       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        |            ,ィィ      .トト、         |
        |          /:::::{      .|:::::ヽ        |
        |          /::,::::::::|___ .|:::::::::',       |
        |         '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',       |
        |         }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ       |
        |        /メ::::j::/:::::::::::::_:::::::::::::::::Vメ     |
        |        ,::::::メメ/::::;r'´"´::::::```ヽ、:::::',      |
        |       /::::::::::;/::,.、::::;、:::::,.、;、:::、::ヽ::::ヽ    |
        |       ,':::::::;イ::::/⌒V lノ   ⌒ヽl:::ヽ:::ヽ    |        ____
        |       ',:::::::V ,イ ○       ○ }V.{/:::/    |     /@ @ @ @ヽ
        |        \::::\ ""   __  "" ,)}:、/    |     /@/ ̄ ̄ ̄`ヽ@ヽ
        |        `ヾ、:ヽ、 _ ヽ-' _ .,.ィ:,、{       |    / /         |  |
        |            `/:::::::  ̄ _ヽ}′       |    | /  ⌒  ⌒   | @| /ヽ
        |             /::::::     |三.| \       |    || (●) (●)   | | /   ヽ
        |         /::::::::::      |三.| l::::\      |    /         |@| ヽ/〉 ノヽ
        |         (:::: ア7::::     └‐┘ト、:::::.)     |   /          | | //ヽノ /
        |      /レィ.  __|:::::        |  ̄     |  {           / /|//   `
        |    /:::::::::::し.:´:::{::::::        .::}        |   ヽ、       ノ / //
        |    {:::::::::::::::::::::::::|::::::::....................:::::,'         |   ヽ``ー――‐''"ノx//x|
        |    乂::::::::::::::::::::::l:::::::::::,-‐┐:::::::/          |      ̄/○\ ̄x //x| |
        |              ',:::::::/  |:::::::/         |_   | 〈__/y/ヽ__〉x//ヽ,|x|
        |             l__:/   L__/         /   |x x // x x(⌒  /x |
        \__________________/     |=====//'ー'==|
         読者の理解                           !、###〈/###/
                                         ヽ、######/、
                                          ヽ、#、##/ヽ.ヽ、
                                           _|#_|_#_|   ヽ.ヽ、
                                          (Y^ヽ(Y^ヽ|     ヽ、ニ三
                                            ̄ ̄ ̄ ̄

183 ◆uN377XmBVY :2019/11/21(木) 21:02:20 ID:mfk6d39k00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   ――となるのが理想ですが、
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  残念ながら実際にはそうはなりません。
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

184 ◆uN377XmBVY :2019/11/21(木) 21:02:32 ID:mfk6d39k00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   なぜなら、
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  出力の時点で『AA』ではなく『文章』を用いるから。『視覚情報』ではなく
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  一度『文字情報』に変換されているためです。
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   つまり、実際には――
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

185 ◆uN377XmBVY :2019/11/21(木) 21:02:42 ID:mfk6d39k00
                                   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                    |            ,ィィ      .トト、         |
                                    |          /:::::{      .|:::::ヽ        |
                                    |          /::,::::::::|___ .|:::::::::',       |
                                    |         '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',       |
                                    |         }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ       |
                                    |        /メ::::j::/:::::::::::::_:::::::::::::::::Vメ     |
                                    |        ,::::::メメ/::::;r'´"´::::::```ヽ、:::::',      |
                                    |       /::::::::::;/::,.、::::;、:::::,.、;、:::、::ヽ::::ヽ    |
                       ,ィィ      .トト、      |       ,':::::::;イ::::/⌒V lノ   ⌒ヽl:::ヽ:::ヽ    |
                 /:::::{      .|:::::ヽ      |       ',:::::::V ,イ ○       ○ }V.{/:::/    |
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',    |        \::::\ ""   __  "" ,)}:、/    |
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',    |        `ヾ、:ヽ、 _ ヽ-' _ .,.ィ:,、{       |
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ    |            `/:::::::  ̄ _ヽ}′       |
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ  |             /::::::     |三.| \       |
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',   |         /::::::::::      |三.| l::::\      |
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!   |         (:::: ア7::::     └‐┘ト、:::::.)     |
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!    |      /レィ.  __|:::::        |  ̄     |
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|   |    /:::::::::::し.:´:::{::::::        .::}        |
               |:::::::::::|:::::|            |::::|   |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ _| ふさふさの耳がある着ぐるみっぽい格好をした生き物。   |
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「 \_________________________/
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   |              l__:/   L__/          |
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !   。oO \__________________/
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!         筆者の想像と説明

186 ◆uN377XmBVY :2019/11/21(木) 21:02:54 ID:mfk6d39k00
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     |                                                                |
     |      _」_                        `X                   |
     |    X´                     /i     ┼              |        ____
     |   /      -― ―…,,, ァ''"´ ̄``丶、 /,  l                    |      /@ @ @ @ヽ
     |  ┼    …ー‐- 、_,. ◎  、   ,,, //  l                   |      /@/ ̄ ̄ ̄`ヽ@ヽ
     |        \   / ,. -―…ォ-ゝ、◎ 〈   |                      |     / /         |  |
     |          \// .:.:.:,'{.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.\.  \  i.|                    |     | /  ⌒  ⌒   | @| /ヽ
     |           {/.:.:-ハ.:.:.:.:.:.:.:.|ヽ-.j ヽ   ヽl.|                     |     || (●) (●)   | | /   ヽ
     |          /;'.:.:.:/  ヽ.:.:.:∧| ヽ.:.:.: ', ヽ   | オモシロカッタノデ           |     /         |@| ヽ/〉 ノヽ
     |          /:.:!.:.:/ ◯  \|  ◯ ';.:.:.:. |:. ヽノ ジョバントチュウバントシュウバンヲ   |    /          | | //ヽノ /
     |          /.:.:.l∨,,        ,, ∨∨: ,. '   カキナオシテクダサイ           |   {           / /|//   `
     |        厶∠人     t‐ーヘ    ,__人.                       |    ヽ、       ノ / //
     |               ーr-f^)_ノr‐< ノ                            |    ヽ``ー――‐''"ノx//x|
     |                ∨ ヽ{==77\                          |_     ̄/○\ ̄x //x| |
     |                 `tーイ' 〉 <  \                           /    | 〈__/y/ヽ__〉x//ヽ,|x|
     \______________________________/      |x x // x x(⌒  /x |
         読者の理解                                           |=====//'ー'==|
                                                           !、###〈/###/
                                                            ヽ、######/、
                                                             ヽ、#、##/ヽ.ヽ、
                                                              _|#_|_#_|   ヽ.ヽ、
                                                             (Y^ヽ(Y^ヽ|     ヽ、ニ三
                                                               ̄ ̄ ̄ ̄

187 ◆uN377XmBVY :2019/11/21(木) 21:03:04 ID:mfk6d39k00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   ――とまあ、筆者と読者の間で認識に差が生まれてしまう、と。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

188 ◆uN377XmBVY :2019/11/21(木) 21:03:20 ID:mfk6d39k00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   この認識の差を埋めようと文章を増やしにかかるのは悪手。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  読者の『共通認識データベース』の中から上手に情報を引き出して
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  使いましょう。
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   詳細を語ったら長くなったので割愛。
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

189 ◆uN377XmBVY :2019/11/21(木) 21:03:33 ID:mfk6d39k00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   で、最後に『適度な注釈また説明』。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  基本的に地の文で完結する地の文です。視覚的なものや思考等が
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  地の文には混在することになるので、プロでも分類を間違って
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   文体ミスしてる人がたくさんいます。
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      が、こちらも語るとやっぱりそこそこ長くなるのでざっくりと。
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

190 ◆uN377XmBVY :2019/11/21(木) 21:03:43 ID:mfk6d39k00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   「『地の文』は視覚的なものと思考と注釈また説明でできている。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  この『注釈また説明』はかなーり伸び縮みに耐性があるので
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  文章のバランス取りに用いると便利」
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   くらいのふわふわさで覚えておいてください。
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

191 ◆uN377XmBVY :2019/11/21(木) 21:04:05 ID:mfk6d39k00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       終わり。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

192 令和もどこかの名無しさん :2019/11/21(木) 21:21:32 ID:zY07jT8Y00
共通認識でんたくベースに強制介入する手段が挿し絵、と

193 令和もどこかの名無しさん :2019/11/21(木) 21:31:20 ID:XfUeQfWU00
そのキャラのその造形が話の根幹に絡んでくるでも無かったら、読者に「勝手に認識させて」放置するという手も……

194 ◆uN377XmBVY :2019/11/21(木) 21:31:23 ID:mfk6d39k00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   読者の頭の中にある共通認識の利用なんですよ。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  前にも言った例ですが、
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  小説で『高校』は出てきてもその日本の学校制度やらカリキュラムやら
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   まで説明するものはまずないのです。
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   なぜなら、『高校』と言うだけで
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      校舎の形やら机のチャチさやら黒板が黒くなくて緑なことやら
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!      プールの後の授業では撃沈率が高まることやら……を
                                 全部『共通認識』の中から引っ張り出してもらえるんです。

                                 クオリア的な話もあるんですが、ややこしくなるのでカット。

195 ◆uN377XmBVY :2019/11/21(木) 21:33:18 ID:mfk6d39k00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       >>193
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         ですです。
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   重要な部分さえ確保できれば、あとは大雑把な認識で上等。むしろ、
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  アレコレ書いて重要な部分を読み飛ばされることのほうが怖いです。
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

196 令和もどこかの名無しさん :2019/11/21(木) 21:42:13 ID:YV.e4HQM00
異世界転生もので転生先が剣と魔法のゲーム的中世ヨーロッパファンタジー世界なのも
そういった説明を省けるからだと言われていますからね。

197 ◆uN377XmBVY :2019/11/21(木) 21:45:13 ID:mfk6d39k00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   なろう的な勇者と魔王の関係なんて出典探るとえらいことになりますよ。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  北欧神話に由来する伝承を基に作られた指輪物語などの創作小説を
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  世界観のベースにしたTRPG文化からデジタル化されたウルティマや
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   ウィザードリィ等の初期コンピュータRPGの発想を取り入れて作られた
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   ドラゴンクエスト等の有名JRPGを下敷きに作られたパロディを読んで
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      育ってきた層がなろう界隈での流行りに流行りを重ねて構築している
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!      というのが現状ですし。目が滑る。

実はこれ没コマ。

198 令和もどこかの名無しさん :2019/11/21(木) 23:44:38 ID:MFVjSV9200
おつかれさまでございます。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX) - 森 薫

アミルさん20歳で既に行き遅れ扱いされてるけど俺ときたら…

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板