したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |
レス数が1スレッドの最大レス数(1000件)を超えています。残念ながら投稿することができません。

やればできる子で学ぶラノベ新人賞の獲り方 48刷目

1 令和もどこかの名無しさん :2019/10/27(日) 19:52:47 ID:Wge74oXI00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   とうとうできる子AA使わないでスレが終わった。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!     

まとめサイト
ttp://yaruoislife.blog.fc2.com/blog-category-192.html
ttp://kesibanga.blog.fc2.com
スレ用アップローダ
ttp://ux.getuploader.com/dekiruko/
1スレ目
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/14504/1452402012/
2スレ目
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/14504/1452503354/
3スレ目
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/14504/1452772534/
4スレ目
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15956/1452772048/
5スレ目
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15956/1454137453/
6スレ目
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15956/1455278708/
7スレ目
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15956/1455979313/
8スレ目
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15956/1456663722/
9スレ目
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15956/1457189370/
10スレ目
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15956/1457837644/

5 令和もどこかの名無しさん :2019/10/27(日) 20:04:32 ID:4cRq.f8g00
頭蓋にファミチキを物理的に流し込んでるのかと思った

6 ◆uN377XmBVY :2019/10/27(日) 20:07:28 ID:Wge74oXI00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   「クロなら耳から入れやすそうだ」とか猟奇的なことを思った人の
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  今晩の夢にファミチキが出ます。
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

7 ◆uN377XmBVY :2019/10/27(日) 20:37:02 ID:Wge74oXI00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   (ファミチキください
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

8 令和もどこかの名無しさん :2019/10/27(日) 20:38:12 ID:4cRq.f8g00
よくわからんけどアマゾンの欲しいものリストとかいうので送れるのかしら

9 ◆uN377XmBVY :2019/10/27(日) 20:39:07 ID:Wge74oXI00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   (アマゾンってファミチキ取り扱ってるんです?
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

10 ◆uN377XmBVY :2019/10/27(日) 20:42:47 ID:Wge74oXI00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   もうちょい細かく分類すると増えるんですが、
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  今回はひとまずこの2種類の伏線を覚えて帰ってください。
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  この2種類の伏線でもって、
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   読者に「既知なのに気付かなかった」や「当たり前の一工夫なのに
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   見落としていた」といったスキを突くことができれば大成功。
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!      「真正面から騙された」は一度聞くと癖になる感想です。おっと、脇道。

11 ◆uN377XmBVY :2019/10/27(日) 20:43:55 ID:Wge74oXI00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       もうちょいはみ出すかと思ったら1コマだけでしたね。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         これなら前スレに強引に入れてしまえばよかったかも。
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

12 令和もどこかの名無しさん :2019/10/27(日) 21:20:13 ID:QPuNgDQs00
あー、そういえば直近の評価シートに『テンポが悪い』って減点が付いてるや。これのことか
あと『描写が淡々としていて盛り上がりに欠ける』ともある。
形容詞を使わず、可能な限り省略して、最少の言葉で表現しようと文章を削ることに苦心しているんだけど、削り方がずれてるのかなあ

13 令和もどこかの名無しさん :2019/10/27(日) 21:33:08 ID:a3vQK2BE00
立て乙です。

>>ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15956/1560168609/991
さきがあるなら、あとはないんです?

14 ◆uN377XmBVY :2019/10/27(日) 21:38:44 ID:Wge74oXI00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       ああ、なぜこんな短くなったのかと思ったらそれかぁ。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

15 令和もどこかの名無しさん :2019/10/27(日) 21:42:16 ID:RXGHsvZ2Sd
立て乙です!
小説だと見えない伏線ってあれですかね。叙述トリック的な?

16 ◆uN377XmBVY :2019/10/27(日) 21:46:50 ID:Wge74oXI00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       裏でチャットもしてるんですが同じような話題が出ました。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         ミスリード周りの話も含まれます。
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

17 令和もどこかの名無しさん :2019/10/27(日) 22:02:37 ID:a3vQK2BE00
スレの話題を肴にチャット……

18 令和もどこかの名無しさん :2019/10/27(日) 22:09:16 ID:QPuNgDQs00
>>15
そんな大上段に構えたような話じゃなくて、回収されたときに「あれ伏線だったのか!」と思える様な一見すると普通の描写だと思う。
もちろん叙述トリックも含むだろうけども。

19 ◆uN377XmBVY :2019/10/28(月) 23:16:30 ID:1iVBfi.I00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   ・1冊を俯瞰したとき無駄がない構造をできること
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  さて、忘れられていたこちらの話。だいたい同じですけどね。
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

20 ◆uN377XmBVY :2019/10/28(月) 23:16:46 ID:1iVBfi.I00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   前提。『無駄がない構造』は「無駄がない」わけではないんです。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  また変なこと言い出しましたよ、このスレ主。
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

21 ◆uN377XmBVY :2019/10/28(月) 23:17:05 ID:1iVBfi.I00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   『無駄』と言ってますけど、
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  正確には「読者が『無駄』と感じる」なのです。
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  これ、似て非なるもの。
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

22 ◆uN377XmBVY :2019/10/28(月) 23:17:19 ID:1iVBfi.I00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   何がどう違うかと言いますと。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  作者は1冊単位章単位段落単位1行単位まで把握した上で
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  バランスの良いものを選択して文章として記述するわけですが、
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  読者は基本的にその瞬間瞬間がすべて。
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   前にも言いましたね、読者は暗闇の中で懐中電灯1本だけを頼りに
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   順路通り歩いているんです。
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!      つまり、『全体像で俯瞰すると意味があってもその瞬間に意味を
                                 感じ取れなければ読者は『無駄』であると判断する』わけ。

23 ◆uN377XmBVY :2019/10/28(月) 23:17:44 ID:1iVBfi.I00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   ちょっと脇道にそれますが、ミスリードをやりたい人は特に注意を。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  ミスリードってそれこそ『後々になって意味を発揮する文章』を
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  たくさんたくさん使うものなので、瞬間瞬間の面白さを軽視しがちです。
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   ミスリードを扱うならば、「この文章はきちんと意味があり面白い」と
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      思わせながら誤誘導しましょう。
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

24 ◆uN377XmBVY :2019/10/28(月) 23:17:58 ID:1iVBfi.I00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   話を戻します。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  では、瞬間の面白さを追えば構成力があると思われるかというと
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  ……これがまたそうでもない。
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   どたばたギャグでひたすら笑わせてくる小説は
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   面白くても構成力があるとは言いませんよね?
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

25 ◆uN377XmBVY :2019/10/28(月) 23:18:28 ID:1iVBfi.I00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   もう一度、>>19を読み返しましょう。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  ・1冊を俯瞰したとき無駄がない構造をできること
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   先程話していない「1冊を俯瞰したとき」の部分がポイントなのです。
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

26 ◆uN377XmBVY :2019/10/28(月) 23:19:33 ID:1iVBfi.I00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       続きは後日。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

27 令和もどこかの名無しさん :2019/10/28(月) 23:27:29 ID:aJgzknSg00
ありがとうございました。

28 令和もどこかの名無しさん :2019/10/29(火) 01:17:05 ID:rrtFtUaUSd
乙です
楽しみ

29 令和もどこかの名無しさん :2019/10/29(火) 20:15:13 ID:VVcopDSQ00
「」という会話文で区切った中で状況描写から一つの話を展開していくだけど
話にのめり込んだ辺りで、説明口調から話者の口調を滲みださせて

そう言えば会話文だったコレ! って思わせてきた、村上春樹って凄いと思った
同時に、「古典ネタを使いたい」であって、読者が理解されないネタに挑戦しない処なんかは、確かにノーベル賞向きじゃないなって思った

30 ◆uN377XmBVY :2019/10/29(火) 23:56:23 ID:biaL1qgk00
ワレクロ

31 令和もどこかの名無しさん :2019/10/29(火) 23:58:20 ID:b5ktUxxA00
滑り込みセ

32 令和もどこかの名無しさん :2019/10/30(水) 11:30:20 ID:FSmCVaDw00
ウト

33 ◆uN377XmBVY :2019/10/30(水) 22:25:45 ID:WHfGyAxs00
ワレ

34 令和もどこかの名無しさん :2019/10/30(水) 22:26:58 ID:hlBGXstM00
ウトウト

35 ◆uN377XmBVY :2019/10/30(水) 22:28:59 ID:WHfGyAxs00
ワレ

36 令和もどこかの名無しさん :2019/10/30(水) 22:32:48 ID:tPXKgu.E00
うとうと

37 ◆uN377XmBVY :2019/10/30(水) 22:35:47 ID:WHfGyAxs00
ワレワレ

38 令和もどこかの名無しさん :2019/10/30(水) 22:43:35 ID:B72.gr5w00
討とう

39 ◆uN377XmBVY :2019/10/30(水) 22:46:08 ID:WHfGyAxs00
                            ,.イ′
                        ///
                         ////
                          ////,!
                         /////!
                          l////∧
                           |'/////,〉  A
                           //////〈  ハ
                      〈//////∧ 〈_〉
                       ∨///∧7Y゙=='Y\
      |\                   ∨/,N゙/人==人 \     .トト、                      ノi    /l./   / /
\    \ \         i      V/l ヽ/'~TT~'∨ ̄     .|:::::ヽ                      / |  //   ///
 ヾ、ヽ、  ヽ \        |丶     ヽ{    ._|_|::,::::::::|___ .|:::::::::',                   / / //   //
   \ \. \ ヽ       | ヽ         |  i | :::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',                / //     /        ./
     \ `\\ \ ヽ    | ヽ         |  i |:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ             / /  /     ,/        ,//
       `ヽ、  `  \ ヾ 、   i 丶       |  i | ::/:::::::::::::_:::::::::::::::::Vメ           // /  /    , -‐ ‐' フ  , -‐ '´- ´
          ` ゝ   `ヾ、.\ \ ヽ      , l_i_l /::::;r'´"´::::::```ヽ、:::::',          / / /   /  /´  , == ' ´ , -‐'´
           \ヽ      \、 ヽ     /:::: | | :;/::,.、::::;、:::::,.、;、:::、::ヽ::::ヽ       /  //          ´ , - ‐ ' ´
      `ヾ 、‐ - ― ゝ - 、    ヽ  \   ,':::::: | | ::::/⌒V lノ   ⌒ヽl:::ヽ:::ヽ  討ち入りじゃ!         二ニー
         ` ゝ - - 、. `    ヽ  \  ',:::::: | | ,イ ○       ○ }V.{/:::/    /          , - ‐ ' ´
  _ _ ,,- ‐ ' ´ ´      ヽ         ヽ\: | |  ""   __  "" ,)}:、/ , -‐´           ̄` ‐ =‐ ,, - ‐ ' 二ニ=‐
  `‐-‐‐'' ̄`=‐-、__              ヽ: | | 、:ヽ、 _ ヽ-' _ .,.ィ:,、{  /                   , -‐ ' ´
             __`二ニ>         ` | | `/:::::::  ̄ _ヽ}′                      ´、´
      ‐-==ニニ二_ _ ,, ,, ,,,- ,          | | /::::::     |三.| \                      ` 二ニ=-
                  //    _,     | l ::::::::::      |三.| l::::\  、、   ヽ、      \`ヽ、\ ̄
                 /   /フ´〃,,// (  ア7::::     └‐┘ト、:::::.) ヾ`ヽ\ヽ` ` ` ヽ - 、.二ヽヽ !
                / /´  l  // /レィ. | | __|:::::        |  ̄ ヽ ヽヽヽ             ヽ
               / /´    ,|,/  /::::::::::: | | :::{::::::        .::}  ヽ`i |ヽ | ヽ!
              / , -::‐⌒丶、  {::::::::::::::| ̄|:::|::::::::....................:::::,' ::\ノ!ノ l |
                             乂::::::::::|  |::::l:::::::::::,-‐┐:::::::/
                               |_|  ',:::::::/  |:::::::/
                               〈‐〉   l__:/   L__/

40 令和もどこかの名無しさん :2019/10/30(水) 22:47:10 ID:hlBGXstM00
ひゃっはー

41 令和もどこかの名無しさん :2019/10/30(水) 23:30:59 ID:VU.rY6qU00
討ち入る屋敷を一飲みしそうな怪獣がいる

42 ◆uN377XmBVY :2019/10/31(木) 22:04:18 ID:T584o3.U00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       あいぎすたのしい。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

43 ◆uN377XmBVY :2019/10/31(木) 22:18:01 ID:T584o3.U00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       クロ検証。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       多分、編成人数7使用コスト125がスコア9万条件ギリギリ。
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   もちろん、人数増やしてコスト減らすならそれもできると思いますが。
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  ttp://download1.getuploader.com/g/dekiruko/301/WS004979.JPG
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

44 令和もどこかの名無しさん :2019/10/31(木) 22:22:03 ID:sCvzofNM00
頭鉄王子にはちょっと難しいですわぁ

45 ◆uN377XmBVY :2019/10/31(木) 22:42:49 ID:T584o3.U00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       ユニットパワーでゴリゴリ押すゲーム楽しい。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

46 ◆uN377XmBVY :2019/10/31(木) 23:07:33 ID:T584o3.U00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       ttp://download1.getuploader.com/g/dekiruko/302/WS004980.JPG
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       7人125コストで9万点。9万点ちょうどでもボーナス支払いあり。確認。
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

47 令和もどこかの名無しさん :2019/10/31(木) 23:43:24 ID:dqg4t1G600
8人で110 9人で93みたいですね
前スレ1全然更新しないなと思ったら1000行ってた

48 ◆uN377XmBVY :2019/11/02(土) 00:30:42 ID:WShCvtwY00
ログボ

49 令和もどこかの名無しさん :2019/11/02(土) 00:43:13 ID:90cH9XiA00
アウト

50 ◆uN377XmBVY :2019/11/02(土) 00:45:43 ID:WShCvtwY00
明日は土曜日

51 令和もどこかの名無しさん :2019/11/02(土) 00:48:36 ID:WqhzcFzYSd
>>46
王子の位置に黒キョンシー、その後ろに王子の二人で行けるみたいですね

52 ◆uN377XmBVY :2019/11/02(土) 02:19:34 ID:WShCvtwY00
>>51
らしいですねー。動画見てびっくりしました。

53 ◆uN377XmBVY :2019/11/04(月) 06:38:37 ID:4yBtW2Ws00
てす

54 ◆uN377XmBVY :2019/11/04(月) 06:39:15 ID:4yBtW2Ws00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   したらば復活!
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

55 令和もどこかの名無しさん :2019/11/04(月) 06:58:43 ID:dSvDOEM.Sd
ログボは途切れましたな

56 ◆uN377XmBVY :2019/11/04(月) 07:11:27 ID:4yBtW2Ws00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   割と真面目に昨日は何か講義っぽいもの投下する予定だったのに
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  内容完全に忘れました。
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

57 ◆uN377XmBVY :2019/11/04(月) 07:12:22 ID:4yBtW2Ws00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   ←とか書いてたら思い出したけど、これやらなくてもいいかもと思った
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

58 令和もどこかの名無しさん :2019/11/04(月) 07:19:39 ID:dSvDOEM.Sd
集中も途切れたんですな

59 ◆uN377XmBVY :2019/11/04(月) 07:36:15 ID:4yBtW2Ws00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       取材に関する話なのです。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         どこぞで聞いた話とクロさんのやり方が大分違うものだったので
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       クロ流の話をするべきかなぁと思ったけど別にいいやってなった。
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

60 令和もどこかの名無しさん :2019/11/04(月) 09:23:18 ID:6A.PAgmE00
ハク流とか思い出した
フラッシュ全s……黎明? 時代の

61 令和もどこかの名無しさん :2019/11/04(月) 14:38:44 ID:0wX/lZr200
取材に行く前にまずは受賞しなきゃ感

62 令和もどこかの名無しさん :2019/11/04(月) 15:20:53 ID:k37GpPTg00
まずは図書館だよねー
郷土史コーナーとかあるといいな

63 ◆uN377XmBVY :2019/11/04(月) 15:35:21 ID:4yBtW2Ws00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   ぶっちゃけ、ルポルタージュ(ノンフィクション)やるんでもなければ
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  取材はネットと書籍で完結してしまってもいいんじゃないかと
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  クロさんは思ってます。
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

64 ◆uN377XmBVY :2019/11/04(月) 15:37:04 ID:4yBtW2Ws00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   で、
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  「まず知識を大量に詰め込んで、それから出力する」タイプの取材に
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  ちょっと待ったを入れたい。
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

65 ◆uN377XmBVY :2019/11/04(月) 15:39:52 ID:4yBtW2Ws00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   このスレで何度も何度も口酸っぱくして言ってますが、
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  小説は面白ければ良いのです。現実と違うことが起こってもいいの。
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  取材で得られた『現実世界における事実』はあくまでも『補完材料』。
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   物語にとって都合が悪いならば、それは上手に伏せるべきもの
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   なんです。
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

66 ◆uN377XmBVY :2019/11/04(月) 15:42:00 ID:4yBtW2Ws00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   私が唱えたいのは
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  『都合の良い現実世界の事実を作品世界に取り入れましょう』
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  ということ。
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   ここ凄く大事。
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

67 ◆uN377XmBVY :2019/11/04(月) 15:44:43 ID:4yBtW2Ws00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   嘘理論でも良いのです。非科学的でも構わないのです。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  フタエノキワッミアッーしておっけーなの。「素早く2連打したら攻撃力が
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  上がるぞ」なんでやねんですよあれ。
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

68 ◆uN377XmBVY :2019/11/04(月) 15:47:42 ID:4yBtW2Ws00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   この嘘理論なりなんなりの『作品の展開上欲される事実』。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  これを導くのに都合が良い『現実世界の事実』を探すことをもって
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  『取材』と考えちゃうのがクロ流。
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

69 ◆uN377XmBVY :2019/11/04(月) 15:50:29 ID:4yBtW2Ws00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   実際、1冊分の内容を決めてから
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  都合の良い事実を探してあれやこれやと見て回ったクロさん。
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  都合の悪い事実があまりにも有名だったり明白だったりした場合は
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   事前に考えた内容を引っ込める必要がありますけれど、
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   大体の場合はそうはならないはず。
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

70 ◆uN377XmBVY :2019/11/04(月) 15:59:54 ID:4yBtW2Ws00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   で、
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

71 ◆uN377XmBVY :2019/11/04(月) 16:01:14 ID:4yBtW2Ws00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   「プロになったら編集者が取材に協力してくれる」とか
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  「プロになったら編集者が資料集めに協力してくれる」とか
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  「プロになったら編集者が段取りを整えてくれる」とか
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  ないです。
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

72 ◆uN377XmBVY :2019/11/04(月) 16:01:28 ID:4yBtW2Ws00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!  
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

73 ◆uN377XmBVY :2019/11/04(月) 16:01:41 ID:4yBtW2Ws00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   (溜め)
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

74 ◆uN377XmBVY :2019/11/04(月) 16:02:15 ID:4yBtW2Ws00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!        な     い     で     す     。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

75 ◆uN377XmBVY :2019/11/04(月) 16:04:08 ID:4yBtW2Ws00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   むしろ、作家が作った資料を読むの拒否る編集者が居るくらいよ?
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  観光旅行に来たのかと本気でツッコミ入れたくなった打ち合わせ
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  ありましたし。
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

76 令和もどこかの名無しさん :2019/11/04(月) 16:08:58 ID:0wX/lZr200
(かなしみ)

77 ◆uN377XmBVY :2019/11/04(月) 16:14:31 ID:4yBtW2Ws00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   まあ、「体験談を聞いて、実感を膨らませる」というのはアリです。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  ただし、その『実感』を読者がどの程度求めているかは
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  常に考えないとダメ。
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   現実世界のあれこれは、
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   あくまでも作品世界に現実世界の『権威』を持ち込むのが目的です。
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

78 ◆uN377XmBVY :2019/11/04(月) 16:25:08 ID:4yBtW2Ws00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   ……このへんを間違えると、
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  『登場人物の活躍』ではなく『その舞台でも知識を持った一般人なら
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  採りうる選択とその理由』をずらずら並べる物語ができあがります。
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   言っちゃなんですが、これ、プロでも結構居ます。
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      注意してね!
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

79 令和もどこかの名無しさん :2019/11/04(月) 16:28:23 ID:0wX/lZr200
登場人物の活躍を描くために、活躍の度合いを測るための物差しを導入しようとし、
結果的に物差し展示会になる……(過去作を見返しながら)
気を付けます……(震え声)

80 ◆uN377XmBVY :2019/11/04(月) 16:34:18 ID:4yBtW2Ws00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   なろう系主人公がトンデモ知識で成功してバカにされてますけれども、
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  それ自体は間違ってないですからね? 『主人公の活躍』を描くことが
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  目的なのだから。
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  非難されるのは、主人公が開陳する『知識』を
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   作者がきちんと『取材』しなかったせいで
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   『トンデモ知識』も混ざってしまったためです。
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!      どんな物語であるかは見失わずに。現実を権威として引用するなら
                                 『取材』をしましょう。以上です。

81 令和もどこかの名無しさん :2019/11/04(月) 16:35:26 ID:0wX/lZr200
おつです

82 令和もどこかの名無しさん :2019/11/04(月) 16:41:12 ID:iqhS6BakSd
作品の中でリアルとフィクションの齟齬に気になり始めたら、
そもそも作品を批評する目的で見てるか、
それは作品自体の展開がつまらない(その読者に合わなかった)からって事なのかもしれませんね……

なんかこれ、的を射てませんか?

83 ◆uN377XmBVY :2019/11/04(月) 16:50:23 ID:4yBtW2Ws00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       >>82
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         「作品に入り込めてない」ということですので、そのとおりかと。的中。
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

84 ◆uN377XmBVY :2019/11/04(月) 16:58:50 ID:4yBtW2Ws00
954 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2019/11/04(月) 16:51:49.50 ID:ZQa3wGN2
乙です
体験談を聞いて「これがこうだったら面白いんじゃないか?」ぐらいのアイデア出しならともかく、資料としては体験談まで必要じゃないんですね

                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   そですね。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  それこそルポやるなら別ですが、概要をどうにかできるなら十分です。
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  逆に、概要をどーにもできないとなると基礎を身につける必要が
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   出ますが。
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

85 ◆uN377XmBVY :2019/11/04(月) 17:02:21 ID:4yBtW2Ws00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       例えば、
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         私が思いついたけど知識不足で書いてない物語のひとつに
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       『未来人が第二次世界大戦でまっとうな手段で日本を勝利に導く』ものが
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   あります。
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::} この『まっとうな手段』が曲者でして……超自然的な手段不可で達成する
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ  にはさすがに戦略も戦術も知識語りなすぎました。
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦   これはもう基礎をやるしかないやと放置中。
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

86 ◆uN377XmBVY :2019/11/04(月) 17:22:21 ID:4yBtW2Ws00
語りなすぎました→が足りなすぎました

87 令和もどこかの名無しさん :2019/11/04(月) 19:07:46 ID:4EESozns00
それは架空戦記畑の人々が明治維新辺りから積み重ねないと駄目だと結論を出している奴ですな……
トンデモを自然に混入させないと無理

88 令和もどこかの名無しさん :2019/11/04(月) 19:34:12 ID:/YcuWN5Q00
日本を強くしようとするからダメなのだ
日本以外を全部沈没させれば良かろうなのだー

89 ◆uN377XmBVY :2019/11/04(月) 19:51:47 ID:4yBtW2Ws00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       なんか、いろいろ調べると「あれ? 戦術レベルならどこでも普通に
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         勝ち目あるぞ……?」になって逆に困惑したクロさん。
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   戦略レベル? 週刊軽空母をどうしろと。
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

90 ◆uN377XmBVY :2019/11/04(月) 19:54:06 ID:4yBtW2Ws00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       で、さらにさらに調べて政治レベルに向かっていくと「……これ、問題なく
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         日中戦争終戦できるし太平洋戦争回避できるな!?」ってなって驚いた。
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   まあ、陰謀論を働かせれば別なんですが。
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

91 令和もどこかの名無しさん :2019/11/04(月) 20:06:52 ID:1ur5LBDw00
旧日本軍ぐらいの戦力合って未来を知ってれば戦争に負ける事は無さそうですな

92 令和もどこかの名無しさん :2019/11/04(月) 20:08:52 ID:9cEjXWbQ00
脚本が完成してから「原作」を探しに行くむかしのハリウッド映画みたいな感じで考えればいいのかな

93 ◆uN377XmBVY :2019/11/04(月) 20:09:49 ID:4yBtW2Ws00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       まあ、いろいろひねってあって戦争するコースで考えてたんですが、
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         1章時点では面白く書けたけどそういったごにょごにょが
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       基礎知識不足でむーりーってなったというお話。
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

94 ◆uN377XmBVY :2019/11/04(月) 20:10:32 ID:4yBtW2Ws00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   >>92
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  さて、そのあたりは知りませんけど、考え方としてはおそらく同じ?
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

95 令和もどこかの名無しさん :2019/11/04(月) 21:57:43 ID:jsLQZrkM00
したらばが復旧したので見に来てみれば
ピンポイント過ぎて刺さりすぎる内容連発で
精神力がギュンギュン減少中・・・

96 ◆uN377XmBVY :2019/11/04(月) 22:37:05 ID:4yBtW2Ws00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ      |
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',    _ 人 _
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!     `Y´
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!       !
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

97 令和もどこかの名無しさん :2019/11/04(月) 22:54:07 ID:6A.PAgmE00
ノンフィクションッポイフィクションを書こうとする場合に、読者にノンフィクションと思わせるだけのリアリティが必要なんですよねー

98 令和もどこかの名無しさん :2019/11/05(火) 00:41:19 ID:3DlDEefc00
ヒロインよりサブヒロインのほうが先に出てイキイキしてる現象が発生してしまった

99 令和もどこかの名無しさん :2019/11/05(火) 18:53:25 ID:sSogl04600
サブちゃんヒロインになったのか

100 令和もどこかの名無しさん :2019/11/05(火) 19:47:08 ID:l5U0UeuUSd
昔ならこんだけ史料読み込んでそれをもとに作品作ってますよって売りになったのかもですけど、今それやっても本職の学者先生とかに蜂の巣にされそうで逆効果っぽいですもんね
特に歴史物なんて

101 ◆uN377XmBVY :2019/11/05(火) 21:23:17 ID:9APsHJDw00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       読んだ資料の量は基礎に直結しますからねぇ。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         特に史実をベースとする場合、
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       『世界観』は作者の中にあるものではなく『歴史』の中にあるので
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   知らねば『史実』に近づけられない。
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::} 反対に作者の中にあるもので決着する部分が大きいなら無理が利く。
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

102 令和もどこかの名無しさん :2019/11/05(火) 21:28:49 ID:APhxUaNQSd
「こうこうこういう流れでこの状況が生まれました」の説明の引き出しは多いに越したことないですもんね

103 ◆uN377XmBVY :2019/11/05(火) 21:30:51 ID:9APsHJDw00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   大事なのは調べたもの全部使おうとしないこと。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  調べて調べて、それを『使わない』決断をする大事さよ。
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

104 令和もどこかの名無しさん :2019/11/05(火) 21:35:22 ID:APhxUaNQSd
使ってるけど説明しないというのも読み手からすると美味しい
行間から読み取れても美味しいし、後から説明されて納得できても美味しい




■ したらば のおすすめアイテム ■

EMOTION the Best プラネテス DVD-BOX - 谷口悟朗

星屑の空へ

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板