したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

やればできる子で学ぶラノベ新人賞の獲り方 48刷目

142 令和もどこかの名無しさん :2019/11/11(月) 20:24:06 ID:rzPKrxrA00
実は腕を組みながら云々も、相手の反応として会話に混ぜれば分かるのよね
「何格好つけてんのよ。腕なんか組んじゃって」みたいな
それ単体だと単なる説明な言葉は、反応とか感情とかに混ぜるのオススメ

143 令和もどこかの名無しさん :2019/11/11(月) 20:36:57 ID:MAnhjlho00
腕よりも対峙してるかどうかのほうが大事ではないだろうか
「下の文章」だけ見てる分には向き合っていない連れション中の会話でも当てはまりそうだし

144 令和もどこかの名無しさん :2019/11/11(月) 23:48:43 ID:5xJ386qAMM
皆様、ありがとう御座います!目から鱗がボロボロ溢れてます。
まずは会話文作りつつ、地の文での動作説明を減らして感情を乗せるようにしていく。
早速実践してみます!

145 令和もどこかの名無しさん :2019/11/12(火) 00:46:28 ID:3PXJtQ6.00
『どうして』腕を組んだのか、『どうして』怒ったのか、怒って『どうしたい』のかというのを掘り下げれば埋まりそうな気はします。
なにを見聞きし、どう感じて、どうしたくて怒ったのか。これだけでも状況や人物の行動、性格は描写できるんじゃないかなと。
ラノベっぽくはないですけど会話文が少なくても小説は書けるので、会話なしで機微を丁寧に書く練習もありかも?

146 ◆uN377XmBVY :2019/11/12(火) 23:23:25 ID:inbXR2hY00
ワレクロ

147 令和もどこかの名無しさん :2019/11/13(水) 00:18:38 ID:Bf.Wbk0w00
139の人の気持ちめっちゃわかる
脳内イメージをうまく言語化できずに変な文章になる

148 令和もどこかの名無しさん :2019/11/13(水) 00:28:59 ID:KB9bzdUkSd
たまに言われるプロの文章を模写しろってのはそういう感性を磨いてみようかって意味だと思ってる

149 令和もどこかの名無しさん :2019/11/13(水) 01:13:07 ID:GAnOXAy.00
自分の作品を見返してみて気付いた。主人公のパターンがほぼ同じだ。
書きやすいってことなんだろうけど、さすがに主人公のネタが一種類しかないのは狭すぎるよなあ。
もちろん話に合わせて違いはあるけど、根源的な行動の動機とか人格が全く変わってないや。

150 令和もどこかの名無しさん :2019/11/13(水) 01:17:11 ID:g4gcihfc00
歴代主人公全員顔がケンシロウじゃねーか的ななにか
それはそれでありじゃないです?

151 令和もどこかの名無しさん :2019/11/13(水) 06:17:21 ID:ibG8jt7U00
そういうときは二次創作を書いてみるといいとどっかで読んだ記憶がある
なんでも、絶対自分が作らないようなキャラクターを書いてみてパターンを盗めとか

152 ◆uN377XmBVY :2019/11/13(水) 20:20:49 ID:wPphoibc00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       いろいろお答えしたいのですが後日に回しちゃいそうです。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

153 ◆uN377XmBVY :2019/11/14(木) 22:10:37 ID:YlHtxkYk00
ワレクロと
書き途中に
古戦場

154 令和もどこかの名無しさん :2019/11/14(木) 22:46:05 ID:AJXD4YNo00
逃げろと叫ぶも
 しかばねのみなり

155 令和もどこかの名無しさん :2019/11/14(木) 23:51:48 ID:thZupqrg00
古銭場とな

156 令和もどこかの名無しさん :2019/11/15(金) 18:03:20 ID:JScd1tkg00
先週指をざっくり切ったと思ったら
今週は鼻血を噴くわ、PCが原因不明の沈黙をして復旧に丸一日費やすわ
もうなんかお祓いしたい

157 ◆uN377XmBVY :2019/11/15(金) 20:05:38 ID:j2rztpzs00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       指→鼻→PC→???
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       この流れにはきっと意味がある……!
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

158 令和もどこかの名無しさん :2019/11/15(金) 21:36:35 ID:w5RUu.Z600
続きがある……だと……

159 令和もどこかの名無しさん :2019/11/15(金) 22:14:32 ID:YZGBFBYk00
これが伏線というやつで、読者の期待をいい意味で裏切りたいところですね

160 ◆uN377XmBVY :2019/11/16(土) 21:45:33 ID:9.R.alpw00
こんばんは、くろです。

161 令和もどこかの名無しさん :2019/11/16(土) 21:56:46 ID:psSYy0WgSd
古戦場はどうしたんですか先生

162 ◆uN377XmBVY :2019/11/16(土) 22:08:14 ID:9.R.alpw00
ここにはいない。

163 令和もどこかの名無しさん :2019/11/17(日) 00:25:09 ID:9JqsqYT.00
主人公がヒロインを最初は名字で呼んでいて途中から名前呼びに変わる場合って
地の分は最初から名前表記で統一したほうがいいですかね?

164 ◆uN377XmBVY :2019/11/17(日) 00:42:54 ID:k5rVlw/U00
読者は記憶障害を負ってるんじゃないかって思うくらい物忘れが激しいと思ってください。
その上でより良い手段を探すことをオススメします。

「これが正解です。これ以外ありえません」といえるような問題ではないので曖昧な回答。

165 ◆uN377XmBVY :2019/11/18(月) 22:05:48 ID:R/nHdGYM00
相変わらず不調なクロです。
いろいろ回答遅れてますが、落ち着いたら答えますのでもうしばらくお待ちください。コセンジョウカラニゲルナ

166 令和もどこかの名無しさん :2019/11/18(月) 22:33:24 ID:fQUKoYaw00
ジオくん仕事して(わがまま)

167 ◆uN377XmBVY :2019/11/19(火) 21:45:10 ID:ZmQkhONE00
ぐったり。

168 令和もどこかの名無しさん :2019/11/19(火) 22:15:06 ID:iW/ohj3AMM
お疲れ様です!!

169 ◆uN377XmBVY :2019/11/19(火) 22:17:29 ID:ZmQkhONE00
疲れというか病んでるというか。住人の皆さんは体や心のバランスを崩されませんよう。

170 令和もどこかの名無しさん :2019/11/19(火) 22:33:22 ID:pXPX5Ij600
チョイチョイ体調を崩してる臭い先生が言うと、説得力があるような無いような

171 ◆uN377XmBVY :2019/11/19(火) 22:34:43 ID:ZmQkhONE00
反面教師。

172 令和もどこかの名無しさん :2019/11/19(火) 22:46:04 ID:Hnr3m5KQ00
ご自愛くださいませ

173 令和もどこかの名無しさん :2019/11/19(火) 23:54:08 ID:PSJBzNyg00
小説は鬱を加速させる

174 ◆uN377XmBVY :2019/11/20(水) 21:07:31 ID:/6xnhEGI00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       週末くらいから平常運転に戻る予定。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

175 令和もどこかの名無しさん :2019/11/20(水) 21:27:17 ID:qxZ4zsxc00
つまり小康状態

176 ◆uN377XmBVY :2019/11/20(水) 21:29:22 ID:/6xnhEGI00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       昨日よりちょい悪化。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

177 ◆uN377XmBVY :2019/11/21(木) 21:00:35 ID:mfk6d39k00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       えらいたくさん没コマができてしまった。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

178 ◆uN377XmBVY :2019/11/21(木) 21:00:48 ID:mfk6d39k00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   先回りしたことを書こうとするとえらい長い説明になってしまうので、
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  諦めて手短に答えましょう。
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  >>139
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   小説の基礎力……というか文章力は、
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   主に『読み返すことなく誰の発言かはっきりわかるセリフ』と
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      『思い浮かべやすい視覚的描写』『適度な注釈また説明』で
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!      できています。ホントはもうちょいあるんだけど省略。

179 ◆uN377XmBVY :2019/11/21(木) 21:01:06 ID:mfk6d39k00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   『読み返すことなく誰の発言かはっきりわかるセリフ』は
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  割とちょっとした意識付けだけでかなり改善します。
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  特に気をつけるべきはセリフの頭。
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   ここで「ああ、誰のセリフなんだ」とはっきりわかる言葉があると
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   読者はスムーズに読めます。
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!      例:
                                 ×「任せてください」
                                 ○「私に任せてください」←文頭に一人称を配置した
                                
                                 ×「君、いい加減にして」
                                 ○「兄さん、いい加減にして」←文頭に特徴的な二人称を配置した
                                
                                 △
                                 「姉さん、ちょっといい?」
                                 「できる子、何?」
                                 ○
                                 「姉さん、ちょっといい?」
                                 「何?」←連続したセリフなのでこれだけでも話者が姉妹とわかる

180 ◆uN377XmBVY :2019/11/21(木) 21:01:44 ID:mfk6d39k00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   次に『思い浮かべやすい視覚的描写』。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  読者は文章から場面を視覚的に思い浮かべるわけですが……
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  ぶっちゃけ、めちゃんこ精度が悪いです。
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   例えば、筆者が読者に『ケシバンガ』を説明するとします。
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

181 ◆uN377XmBVY :2019/11/21(木) 21:01:56 ID:mfk6d39k00
                                   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                    |            ,ィィ      .トト、         |
                                    |          /:::::{      .|:::::ヽ        |
                                    |          /::,::::::::|___ .|:::::::::',       |
                                    |         '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',       |
                                    |         }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ       |
                                    |        /メ::::j::/:::::::::::::_:::::::::::::::::Vメ     |
                                    |        ,::::::メメ/::::;r'´"´::::::```ヽ、:::::',      |
                                    |       /::::::::::;/::,.、::::;、:::::,.、;、:::、::ヽ::::ヽ    |
                       ,ィィ      .トト、      |       ,':::::::;イ::::/⌒V lノ   ⌒ヽl:::ヽ:::ヽ    |
                 /:::::{      .|:::::ヽ      |       ',:::::::V ,イ ○       ○ }V.{/:::/    |
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',    |        \::::\ ""   __  "" ,)}:、/    |
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',    |        `ヾ、:ヽ、 _ ヽ-' _ .,.ィ:,、{       |
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ    |            `/:::::::  ̄ _ヽ}′       |
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ  |             /::::::     |三.| \       |
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',   |         /::::::::::      |三.| l::::\      |
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!   |         (:::: ア7::::     └‐┘ト、:::::.)     |
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!    |      /レィ.  __|:::::        |  ̄     |
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|   |    /:::::::::::し.:´:::{::::::        .::}        |
               |:::::::::::|:::::|            |::::|   |    {:::::::::::::::::::::::::|::::::::....................:::::,'         |
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ   |    乂::::::::::::::::::::::l:::::::::::,-‐┐:::::::/          |
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「  _|              ',:::::::/  |:::::::/         |
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/ \              l__:/   L__/          |
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !       \_________________/
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!         筆者の説明

182 ◆uN377XmBVY :2019/11/21(木) 21:02:10 ID:mfk6d39k00
       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        |            ,ィィ      .トト、         |
        |          /:::::{      .|:::::ヽ        |
        |          /::,::::::::|___ .|:::::::::',       |
        |         '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',       |
        |         }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ       |
        |        /メ::::j::/:::::::::::::_:::::::::::::::::Vメ     |
        |        ,::::::メメ/::::;r'´"´::::::```ヽ、:::::',      |
        |       /::::::::::;/::,.、::::;、:::::,.、;、:::、::ヽ::::ヽ    |
        |       ,':::::::;イ::::/⌒V lノ   ⌒ヽl:::ヽ:::ヽ    |        ____
        |       ',:::::::V ,イ ○       ○ }V.{/:::/    |     /@ @ @ @ヽ
        |        \::::\ ""   __  "" ,)}:、/    |     /@/ ̄ ̄ ̄`ヽ@ヽ
        |        `ヾ、:ヽ、 _ ヽ-' _ .,.ィ:,、{       |    / /         |  |
        |            `/:::::::  ̄ _ヽ}′       |    | /  ⌒  ⌒   | @| /ヽ
        |             /::::::     |三.| \       |    || (●) (●)   | | /   ヽ
        |         /::::::::::      |三.| l::::\      |    /         |@| ヽ/〉 ノヽ
        |         (:::: ア7::::     └‐┘ト、:::::.)     |   /          | | //ヽノ /
        |      /レィ.  __|:::::        |  ̄     |  {           / /|//   `
        |    /:::::::::::し.:´:::{::::::        .::}        |   ヽ、       ノ / //
        |    {:::::::::::::::::::::::::|::::::::....................:::::,'         |   ヽ``ー――‐''"ノx//x|
        |    乂::::::::::::::::::::::l:::::::::::,-‐┐:::::::/          |      ̄/○\ ̄x //x| |
        |              ',:::::::/  |:::::::/         |_   | 〈__/y/ヽ__〉x//ヽ,|x|
        |             l__:/   L__/         /   |x x // x x(⌒  /x |
        \__________________/     |=====//'ー'==|
         読者の理解                           !、###〈/###/
                                         ヽ、######/、
                                          ヽ、#、##/ヽ.ヽ、
                                           _|#_|_#_|   ヽ.ヽ、
                                          (Y^ヽ(Y^ヽ|     ヽ、ニ三
                                            ̄ ̄ ̄ ̄

183 ◆uN377XmBVY :2019/11/21(木) 21:02:20 ID:mfk6d39k00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   ――となるのが理想ですが、
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  残念ながら実際にはそうはなりません。
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

184 ◆uN377XmBVY :2019/11/21(木) 21:02:32 ID:mfk6d39k00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   なぜなら、
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  出力の時点で『AA』ではなく『文章』を用いるから。『視覚情報』ではなく
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  一度『文字情報』に変換されているためです。
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   つまり、実際には――
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

185 ◆uN377XmBVY :2019/11/21(木) 21:02:42 ID:mfk6d39k00
                                   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                    |            ,ィィ      .トト、         |
                                    |          /:::::{      .|:::::ヽ        |
                                    |          /::,::::::::|___ .|:::::::::',       |
                                    |         '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',       |
                                    |         }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ       |
                                    |        /メ::::j::/:::::::::::::_:::::::::::::::::Vメ     |
                                    |        ,::::::メメ/::::;r'´"´::::::```ヽ、:::::',      |
                                    |       /::::::::::;/::,.、::::;、:::::,.、;、:::、::ヽ::::ヽ    |
                       ,ィィ      .トト、      |       ,':::::::;イ::::/⌒V lノ   ⌒ヽl:::ヽ:::ヽ    |
                 /:::::{      .|:::::ヽ      |       ',:::::::V ,イ ○       ○ }V.{/:::/    |
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',    |        \::::\ ""   __  "" ,)}:、/    |
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',    |        `ヾ、:ヽ、 _ ヽ-' _ .,.ィ:,、{       |
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ    |            `/:::::::  ̄ _ヽ}′       |
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ  |             /::::::     |三.| \       |
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',   |         /::::::::::      |三.| l::::\      |
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!   |         (:::: ア7::::     └‐┘ト、:::::.)     |
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!    |      /レィ.  __|:::::        |  ̄     |
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|   |    /:::::::::::し.:´:::{::::::        .::}        |
               |:::::::::::|:::::|            |::::|   |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ _| ふさふさの耳がある着ぐるみっぽい格好をした生き物。   |
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「 \_________________________/
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   |              l__:/   L__/          |
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !   。oO \__________________/
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!         筆者の想像と説明

186 ◆uN377XmBVY :2019/11/21(木) 21:02:54 ID:mfk6d39k00
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     |                                                                |
     |      _」_                        `X                   |
     |    X´                     /i     ┼              |        ____
     |   /      -― ―…,,, ァ''"´ ̄``丶、 /,  l                    |      /@ @ @ @ヽ
     |  ┼    …ー‐- 、_,. ◎  、   ,,, //  l                   |      /@/ ̄ ̄ ̄`ヽ@ヽ
     |        \   / ,. -―…ォ-ゝ、◎ 〈   |                      |     / /         |  |
     |          \// .:.:.:,'{.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.\.  \  i.|                    |     | /  ⌒  ⌒   | @| /ヽ
     |           {/.:.:-ハ.:.:.:.:.:.:.:.|ヽ-.j ヽ   ヽl.|                     |     || (●) (●)   | | /   ヽ
     |          /;'.:.:.:/  ヽ.:.:.:∧| ヽ.:.:.: ', ヽ   | オモシロカッタノデ           |     /         |@| ヽ/〉 ノヽ
     |          /:.:!.:.:/ ◯  \|  ◯ ';.:.:.:. |:. ヽノ ジョバントチュウバントシュウバンヲ   |    /          | | //ヽノ /
     |          /.:.:.l∨,,        ,, ∨∨: ,. '   カキナオシテクダサイ           |   {           / /|//   `
     |        厶∠人     t‐ーヘ    ,__人.                       |    ヽ、       ノ / //
     |               ーr-f^)_ノr‐< ノ                            |    ヽ``ー――‐''"ノx//x|
     |                ∨ ヽ{==77\                          |_     ̄/○\ ̄x //x| |
     |                 `tーイ' 〉 <  \                           /    | 〈__/y/ヽ__〉x//ヽ,|x|
     \______________________________/      |x x // x x(⌒  /x |
         読者の理解                                           |=====//'ー'==|
                                                           !、###〈/###/
                                                            ヽ、######/、
                                                             ヽ、#、##/ヽ.ヽ、
                                                              _|#_|_#_|   ヽ.ヽ、
                                                             (Y^ヽ(Y^ヽ|     ヽ、ニ三
                                                               ̄ ̄ ̄ ̄

187 ◆uN377XmBVY :2019/11/21(木) 21:03:04 ID:mfk6d39k00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   ――とまあ、筆者と読者の間で認識に差が生まれてしまう、と。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

188 ◆uN377XmBVY :2019/11/21(木) 21:03:20 ID:mfk6d39k00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   この認識の差を埋めようと文章を増やしにかかるのは悪手。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  読者の『共通認識データベース』の中から上手に情報を引き出して
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  使いましょう。
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   詳細を語ったら長くなったので割愛。
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

189 ◆uN377XmBVY :2019/11/21(木) 21:03:33 ID:mfk6d39k00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   で、最後に『適度な注釈また説明』。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  基本的に地の文で完結する地の文です。視覚的なものや思考等が
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  地の文には混在することになるので、プロでも分類を間違って
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   文体ミスしてる人がたくさんいます。
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      が、こちらも語るとやっぱりそこそこ長くなるのでざっくりと。
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

190 ◆uN377XmBVY :2019/11/21(木) 21:03:43 ID:mfk6d39k00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   「『地の文』は視覚的なものと思考と注釈また説明でできている。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  この『注釈また説明』はかなーり伸び縮みに耐性があるので
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  文章のバランス取りに用いると便利」
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   くらいのふわふわさで覚えておいてください。
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

191 ◆uN377XmBVY :2019/11/21(木) 21:04:05 ID:mfk6d39k00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       終わり。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

192 令和もどこかの名無しさん :2019/11/21(木) 21:21:32 ID:zY07jT8Y00
共通認識でんたくベースに強制介入する手段が挿し絵、と

193 令和もどこかの名無しさん :2019/11/21(木) 21:31:20 ID:XfUeQfWU00
そのキャラのその造形が話の根幹に絡んでくるでも無かったら、読者に「勝手に認識させて」放置するという手も……

194 ◆uN377XmBVY :2019/11/21(木) 21:31:23 ID:mfk6d39k00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   読者の頭の中にある共通認識の利用なんですよ。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  前にも言った例ですが、
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  小説で『高校』は出てきてもその日本の学校制度やらカリキュラムやら
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   まで説明するものはまずないのです。
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   なぜなら、『高校』と言うだけで
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      校舎の形やら机のチャチさやら黒板が黒くなくて緑なことやら
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!      プールの後の授業では撃沈率が高まることやら……を
                                 全部『共通認識』の中から引っ張り出してもらえるんです。

                                 クオリア的な話もあるんですが、ややこしくなるのでカット。

195 ◆uN377XmBVY :2019/11/21(木) 21:33:18 ID:mfk6d39k00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       >>193
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         ですです。
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   重要な部分さえ確保できれば、あとは大雑把な認識で上等。むしろ、
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  アレコレ書いて重要な部分を読み飛ばされることのほうが怖いです。
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

196 令和もどこかの名無しさん :2019/11/21(木) 21:42:13 ID:YV.e4HQM00
異世界転生もので転生先が剣と魔法のゲーム的中世ヨーロッパファンタジー世界なのも
そういった説明を省けるからだと言われていますからね。

197 ◆uN377XmBVY :2019/11/21(木) 21:45:13 ID:mfk6d39k00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   なろう的な勇者と魔王の関係なんて出典探るとえらいことになりますよ。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  北欧神話に由来する伝承を基に作られた指輪物語などの創作小説を
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  世界観のベースにしたTRPG文化からデジタル化されたウルティマや
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   ウィザードリィ等の初期コンピュータRPGの発想を取り入れて作られた
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   ドラゴンクエスト等の有名JRPGを下敷きに作られたパロディを読んで
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      育ってきた層がなろう界隈での流行りに流行りを重ねて構築している
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!      というのが現状ですし。目が滑る。

実はこれ没コマ。

198 令和もどこかの名無しさん :2019/11/21(木) 23:44:38 ID:MFVjSV9200
おつかれさまでございます。

199 令和もどこかの名無しさん :2019/11/21(木) 23:58:56 ID:5oN24JNo00
スペオペがキビしいのは、その共通認識あたりが微妙だからなんでしょうかね
「共通認識として扱えるスペオペ」ってどれぐらい遡るんだろう? ヤマトや999あたりでしょうか
ガンダムシリーズをスペオペとみる人は少数派だと思いますが

最近流行り?のクトゥルフ神話はお約束のカタマリみたいなもんだけど、使い易いのかなあ

200 令和もどこかの名無しさん :2019/11/22(金) 12:26:44 ID:YAT4xXig00
知らない人間にとってはお約束は通じない、という問題があるね
中世風ファンタジーもゲームとかしない人間を弾いちゃってる可能性が

201 令和もどこかの名無しさん :2019/11/22(金) 14:55:21 ID:pmST670w00
その人個人にゲーム的お約束が通じないけど、「世間様ではお約束として通じるんだろうな」と諦めて、理解できない局面を流す(かもしれない)効果は期待できるんじゃないかな
釧路市内の超ローカルなお約束を前提にした描写だと「なんやこれ。ワイはわからんが他の人もわからんやろ」で放り投げる人の数と
中世ファンタジーのお約束を前提にした描写で同じ反応を招く可能性はより低い気がする……

202 令和もどこかの名無しさん :2019/11/22(金) 14:56:44 ID:pmST670w00
× 釧路市内の超ローカルなお約束を前提にした描写だと「なんやこれ。ワイはわからんが他の人もわからんやろ」で放り投げる人の数と
〇 釧路市内の超ローカルなお約束を前提にした描写だと「なんやこれ。ワイはわからんが他の人もわからんやろ」で放り投げる人はいても

日本語相変わらずガバい……orz

203 令和もどこかの名無しさん :2019/11/22(金) 19:29:03 ID:AcWVnma600
日本SFの大家故原田昌宏氏は共通認識を持たせるためにあえて日常的なものを作品に取り入れてたそうです
なので彼のSFには座敷や急須、こたつなんてものがよくでてくる

204 ◆uN377XmBVY :2019/11/22(金) 19:55:09 ID:h50GgTpI00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   ちなみに、
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  「うちではこれくらい『共通認識』だから平気平気」してるジャンルに
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  戦記物というのがありまして。なろう戦記じゃなくてWW2とか戦国とか。
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  このあたりは、知識のない読者を放り捨てる勢いで
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   読者を選ぶ小説があったりします。
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      煮詰めたはちみつみたいな濃度になってるんだけど、
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!      アレって初心者の入り口どこなんだろう……?

205 令和もどこかの名無しさん :2019/11/22(金) 20:01:40 ID:I.5sKHLUSd
小学校の歴史の教科書や図書室の学習マンガ辺りじゃないですかね
そこから日本や世界の過去の話に興味もってズブズブと

206 ◆uN377XmBVY :2019/11/22(金) 20:08:54 ID:h50GgTpI00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   歴史は流れを知るとめちゃんこ面白くなりますね。めちゃんこ。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  どこの方言だろ。
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

207 令和もどこかの名無しさん :2019/11/22(金) 20:36:04 ID:mxezgP1k00
ペンギン村じゃね?

208 ◆uN377XmBVY :2019/11/23(土) 21:22:55 ID:nVgzoxCQ00
ワレクロ

209 令和もどこかの名無しさん :2019/11/23(土) 21:31:37 ID:obXDxXsASd
古戦場が終わったので体調が良くなってきましたが先生はご機嫌いかがでしょうか

210 ◆uN377XmBVY :2019/11/23(土) 21:34:24 ID:nVgzoxCQ00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   怒り冷めやらぬ。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

211 令和もどこかの名無しさん :2019/11/23(土) 22:20:54 ID:798rO/hk00
ゴゴゴゴゴォーッ!

212 ◆uN377XmBVY :2019/11/23(土) 22:24:37 ID:nVgzoxCQ00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   (いろいろ飲み込んで何も言わないで寝る
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

213 令和もどこかの名無しさん :2019/11/23(土) 22:37:36 ID:798rO/hk00
溜めずに書き出した方がいいですよ。チラシの裏でもPCや紙のメモ帳でも。で、それを破って捨てるなり、全文消去するなりするのです。
呑みこむと純文学の作家エネルギーにはなりそうですけど、精神衛生上いいことはないですよ?
吐き出して、捨てて、よく寝て、外で遊ぶのです。たとえ雪であろうともw 難しいことだとは思うんですけどね……。

214 令和もどこかの名無しさん :2019/11/23(土) 22:37:59 ID:GYxupyrA00
名もなき住民たちも巨大ケシバンガに丸呑みされ、その胃袋に収まっていった……(完)

215 令和もどこかの名無しさん :2019/11/24(日) 00:47:54 ID:bhcYsrZ600
だが魔法少女は死に絶えてはいなかった

216 ◆uN377XmBVY :2019/11/24(日) 05:15:53 ID:JklI5gHs00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   クロさんの場合、下手に吐き出すとヤバいこと知ってるので……。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

217 令和もどこかの名無しさん :2019/11/24(日) 17:41:28 ID:bhC28mq.MM
先生、質問です
スカイプってまだやってるんですか?

218 令和もどこかの名無しさん :2019/11/24(日) 20:01:42 ID:O66hZuS600
穴を掘って盛大に吐き出した後は埋めてしまいましょう
ただし、埋めたところから生えた草を使って笛を作ってはいけません

219 ◆uN377XmBVY :2019/11/24(日) 21:14:44 ID:JklI5gHs00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   >>217
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  私、最近入ってないですねー。
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  アカウント吹っ飛ぶ事件以来。
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

220 令和もどこかの名無しさん :2019/11/25(月) 13:16:07 ID:0klfggfQMM
やればできる子先生の講義が久しぶりに聞きたい

221 ◆uN377XmBVY :2019/11/25(月) 22:38:11 ID:OSH0P9x200
年1ペースを感じる。

222 令和もどこかの名無しさん :2019/11/25(月) 22:59:57 ID:0klfggfQMM
久しぶりに人狼とかやりたいですね

223 ◆uN377XmBVY :2019/11/25(月) 23:01:02 ID:OSH0P9x200
そっちはもうちょっと余裕ができてから……。

224 ◆uN377XmBVY :2019/11/25(月) 23:01:43 ID:OSH0P9x200
余裕は作るものな気がするけど、棚上げする。

225 令和もどこかの名無しさん :2019/11/25(月) 23:10:05 ID:KUj4SM/Q00
素材がなきゃ作れないものなので……(目をそらす)

226 令和もどこかの名無しさん :2019/11/25(月) 23:27:25 ID:1NuNCLFY00
中だるみっ……! このままでは圧倒的中だるみっ……!
中だるみしないプロットを作らなきゃ

227 令和もどこかの名無しさん :2019/11/25(月) 23:30:43 ID:sfOVhHe200
「選評の送付時期は受賞作の発表後、2019年10月末頃を予定」って、もう12月になるんですけど……。
発表自体は10月7日じゃったろう? 早く、ぷりーず。(どことは言わない

228 ◆uN377XmBVY :2019/11/26(火) 23:15:23 ID:YMco7We.00
予定は未定。

229 令和もどこかの名無しさん :2019/11/26(火) 23:40:48 ID:Jub/nHpU00
未定は予定

230 令和もどこかの名無しさん :2019/11/27(水) 00:23:52 ID:d8FSRyX600
見ていい?

231 令和もどこかの名無しさん :2019/11/27(水) 00:42:44 ID:lx5U32w200
寄っていい?

232 ◆uN377XmBVY :2019/11/27(水) 22:45:37 ID:gj5pE3vU00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!  
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

233 令和もどこかの名無しさん :2019/11/27(水) 22:49:38 ID:k0P8YhjY00
ヒッ

234 ◆uN377XmBVY :2019/11/27(水) 22:54:04 ID:gj5pE3vU00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ      |
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',    _ 人 _
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!     `Y´
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!       !
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

235 令和もどこかの名無しさん :2019/11/27(水) 23:37:30 ID:d8FSRyX600
クロ光り

236 ◆uN377XmBVY :2019/11/28(木) 22:21:45 ID:VS5psJqE00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ      |
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',    _ 人 _
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!     `Y´
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!       !
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  一定時間無敵。
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

237 令和もどこかの名無しさん :2019/11/28(木) 22:49:28 ID:El9QzlRA00
ワンパンマンで出番が来ましたね

238 ◆uN377XmBVY :2019/11/28(木) 22:51:42 ID:VS5psJqE00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   穴に落ちると住人を巻き添えにする。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

239 令和もどこかの名無しさん :2019/11/29(金) 15:20:13 ID:a.iy2XFU00
すみません
これはいけると思うネタを思いついたのですが
何となく見たSSサイトですでに使われていてPVも結構あるとこなのですが
こういうのは下手に使わない方が無難ですかね

240 ◆uN377XmBVY :2019/11/29(金) 20:50:59 ID:rGZQNI9o00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       そのあたりは、どっちかというと編集部側の判断の話になるので
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         答えにくいところです。
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       個人的には、ある程度許されると思いますが……
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   先行してネタを発表したけど有名な人と被ったから書くのを避けたものも
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  確かにあるクロさん。
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

241 令和もどこかの名無しさん :2019/11/29(金) 23:13:10 ID:a.iy2XFU00
もめごとは少ない方がいいみたいですね
アレンジするなりしてかぶらないように工夫してみます

242 令和もどこかの名無しさん :2019/11/30(土) 02:03:11 ID:4u4JdYBsMM
自分も有名になった場合、一生パクリ作家呼ばわりされる可能性もありますしね
「マガジンの尾田」とか

243 ◆uN377XmBVY :2019/11/30(土) 19:35:53 ID:CAPF2S.s00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   繊細な話題なので、これについては話題終了。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  クロさん、敵を作らない構え。
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

244 令和もどこかの名無しさん :2019/11/30(土) 21:27:57 ID:0kC95f9600
敵をつくらないゆえに無敵

245 ◆uN377XmBVY :2019/11/30(土) 21:29:43 ID:CAPF2S.s00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   このスレは腹筋スレだったのでIDの数だけ以下略
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

246 令和もどこかの名無しさん :2019/11/30(土) 21:32:11 ID:0kC95f9600
らめえ
やりすぎで筋肉とけちゃうのお〜

247 ◆uN377XmBVY :2019/11/30(土) 21:40:38 ID:CAPF2S.s00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   95万9600回頑張るのですよ……。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  ←200回
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

248 令和もどこかの名無しさん :2019/11/30(土) 22:59:25 ID:z5RiRruA00
そのSとsがsescentillionなのかそれともseptingentillionなのか、それが問題だ

249 ◆uN377XmBVY :2019/11/30(土) 23:11:01 ID:CAPF2S.s00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   500回。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

250 令和もどこかの名無しさん :2019/12/01(日) 00:14:42 ID:Z0jpVncw00
もう、できる子先生が全力疾走する月かぁ

251 令和もどこかの名無しさん :2019/12/01(日) 03:57:06 ID:0kp2StVw00
住民もあと一人くらいそろそろ全力疾走していいんですよ……?

252 令和もどこかの名無しさん :2019/12/01(日) 04:47:01 ID:56zch0XESd
全力失踪

253 ◆uN377XmBVY :2019/12/01(日) 22:19:47 ID:TphQfuAk00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       はよ。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

254 令和もどこかの名無しさん :2019/12/01(日) 23:28:01 ID:0jJ/5dys00
>>252
NHKのドラマか

255 令和もどこかの名無しさん :2019/12/01(日) 23:51:09 ID:NbPdH6Ko00
そしてプール底の豪邸から発見される

256 ◆uN377XmBVY :2019/12/01(日) 23:54:50 ID:TphQfuAk00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       豪邸……。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

257 令和もどこかの名無しさん :2019/12/02(月) 00:15:30 ID:icSUHrewSd
黒星はハン

258 ◆uN377XmBVY :2019/12/02(月) 23:15:00 ID:jMLfDenY00
吹雪の季節

259 令和もどこかの名無しさん :2019/12/02(月) 23:38:22 ID:4fQBMse600
懐に吹雪が……

260 令和もどこかの名無しさん :2019/12/03(火) 21:45:23 ID:/rHMPeB200
>>255
なお、冬場はプールが凍りつく為、豪邸への出入りが出来なくなる模様

261 ◆uN377XmBVY :2019/12/03(火) 22:21:29 ID:n47pydXQ00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       豪邸が……。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

262 令和もどこかの名無しさん :2019/12/04(水) 00:01:36 ID:Oz1bRR3Q00
豪(雪に埋もれた)邸(宅)

263 ◆uN377XmBVY :2019/12/04(水) 22:21:08 ID:9yJZzE1200
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       1月から2月にかけてもし余裕があったらですね。プロット演習をですね。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         できるといいですね。はい。
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

264 令和もどこかの名無しさん :2019/12/04(水) 22:26:41 ID:Oz1bRR3Q00
年に1回の、電撃用プロット演習と化していますね、なんとなく。

265 ◆uN377XmBVY :2019/12/04(水) 22:30:25 ID:9yJZzE1200
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       実際、そういう運用を前提にしてます。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         本当は秋に集中する賞締め切りに合わせて夏にもやりたいんですが、
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       それどころじゃなかったので。
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

266 令和もどこかの名無しさん :2019/12/04(水) 22:34:50 ID:Oz1bRR3Q00
先生は昔から夏ごろは忙しそうですもんね。

267 令和もどこかの名無しさん :2019/12/05(木) 05:24:51 ID:m1g8YFxcMM
昔からって言えるほど、このスレも長いんですよね
何か感慨深いなぁ

268 令和もどこかの名無しさん :2019/12/05(木) 09:11:56 ID:26f69JYISd
いつもプロット演習だそう思ってタイミングを逃す……

269 令和もどこかの名無しさん :2019/12/05(木) 09:13:23 ID:lvbwmhWs00
もうすぐ4周年ですね

270 令和もどこかの名無しさん :2019/12/05(木) 17:56:45 ID:m1g8YFxcMM
先生、こんばんは

早速ですが、ご報告です

日商簿記2級合格しました!

271 ◆uN377XmBVY :2019/12/05(木) 23:09:25 ID:9HtzChBg00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   おめでとうございます?
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

272 ◆uN377XmBVY :2019/12/05(木) 23:10:04 ID:9HtzChBg00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   次は1級。その次は初段ですね(ない
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

273 令和もどこかの名無しさん :2019/12/05(木) 23:55:03 ID:xw4mzT0k00
270はつまり経理をする必要があるわけで
きっと事業主(プロ作家)になったのですね!

274 ◆uN377XmBVY :2019/12/06(金) 00:05:03 ID:FrxqRahM00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   ←簿記できない
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

275 令和もどこかの名無しさん :2019/12/06(金) 00:32:45 ID:hxQTc.io00
ようやく主人公とヒロインの掛け合いが形になってきた
ただなんか冗長というかグダグダになっている気がしないこともない

276 令和もどこかの名無しさん :2019/12/06(金) 03:04:28 ID:H/VxPZfA00
本編でぐだぐだしなければそれでいい気もします
今書いてるのは小話だったんだよ!(暗示)

277 令和もどこかの名無しさん :2019/12/06(金) 04:59:09 ID:KMrED83Q00
簿記よりも若い読者を勃起させたい

278 ◆uN377XmBVY :2019/12/06(金) 21:18:25 ID:FrxqRahM00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   >>275
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  形になりつつぼやけてきたら、
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  ヒロインの基本的な設定や性格を箇条書きにしてみると
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  ちょこっと引き締まるかも?
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

279 ◆uN377XmBVY :2019/12/06(金) 21:18:59 ID:FrxqRahM00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       まあ、それこそ>>276さんの言うとおりなので、気にしなくていいんですが。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

280 令和もどこかの名無しさん :2019/12/06(金) 21:45:41 ID:kd3CUaQE00
序章と1章くらいを何も考えずに書いてみてから全部消して、すっかり書き直すとちょうどいい塩梅になる気がします。

281 令和もどこかの名無しさん :2019/12/06(金) 22:06:00 ID:zJo09cnQ00
ヤダーそれ「おもしろいですね全部書き直して」じゃないですかー

282 令和もどこかの名無しさん :2019/12/06(金) 22:11:38 ID:H/VxPZfA00
やろうとしてることはまだ買われるあたり、まだマシ説
いや、わりとマジで……

283 ◆uN377XmBVY :2019/12/06(金) 22:30:31 ID:FrxqRahM00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       です。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       「面白いけど序盤と中盤と終盤直して」はちゃんと高評価。
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

284 令和もどこかの名無しさん :2019/12/06(金) 23:34:19 ID:hxQTc.io00
それはキャラが活きているとかそういうお話ですか?

285 ◆uN377XmBVY :2019/12/06(金) 23:39:20 ID:FrxqRahM00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   個人差があるので必ずしもそうとは限らないんですが、
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  掛け合いは書いていくうちに段々手癖が見えてくることが多いんです。
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  で、
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   手癖で動かすと個性的なはずのヒロインまた主人公が
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   『手癖のキャラ』になっちゃって個性を失う……なんてことが
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      時々発生します。
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!     
                                 なので、特徴を箇条書きにして『個性』をきちんと意識し直すという話。

286 ◆uN377XmBVY :2019/12/06(金) 23:40:12 ID:FrxqRahM00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   繰り返しますが、個人差があります。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  そういうの必要ない人は全く必要ない。
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

287 令和もどこかの名無しさん :2019/12/06(金) 23:44:14 ID:hxQTc.io00
あ、>>284>>283に対してです
でも丁寧な解説わざわざありがとうございます

288 ◆uN377XmBVY :2019/12/06(金) 23:48:39 ID:FrxqRahM00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       イヤン
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       えーと、基本となる設定や筋あるいはそれこそキャラなど
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   はっきりと『この物語はこれを楽しませたいんだ』という部分が見えてると
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  他にどれだけ問題があっても高評価になりますね。
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ  だって、極論すれば「問題の修正だけ」で面白い物語が完成しますもの。
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

289 ◆uN377XmBVY :2019/12/07(土) 23:06:44 ID:fSYk/MwI00
ワレクロ

290 令和もどこかの名無しさん :2019/12/08(日) 00:53:18 ID:JbI6tl/U00
ワレワレクロ

291 令和もどこかの名無しさん :2019/12/08(日) 03:48:12 ID:S9qHjDN200
マッシロ

292 令和もどこかの名無しさん :2019/12/08(日) 04:22:48 ID:Rbw0gmfYSd
雪か

293 ◆uN377XmBVY :2019/12/08(日) 21:48:08 ID:uFn6JLEk00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       雪イヤァアアアアアア
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

294 令和もどこかの名無しさん :2019/12/08(日) 21:53:28 ID:HkvEFsCw00
雪Year!

295 ◆uN377XmBVY :2019/12/08(日) 23:54:41 ID:uFn6JLEk00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       >>740
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

296 令和もどこかの名無しさん :2019/12/09(月) 17:12:46 ID:ItdU.njc00
(みんな >>740 のネタ振りを警戒して、発言を躊躇してるのかな?)

297 令和もどこかの名無しさん :2019/12/09(月) 21:40:02 ID:cijSRYlw00
い、今から……?(震え声)

298 ◆uN377XmBVY :2019/12/09(月) 21:46:08 ID:AawTt21M00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       踏んだら爆発します。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

299 令和もどこかの名無しさん :2019/12/09(月) 21:48:14 ID:JuCeG2ogSd
えっ

300 ◆uN377XmBVY :2019/12/09(月) 21:49:28 ID:AawTt21M00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       爆発します。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

301 令和もどこかの名無しさん :2019/12/09(月) 21:58:35 ID:cijSRYlw00
えっ

302 ◆uN377XmBVY :2019/12/09(月) 22:00:03 ID:AawTt21M00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       します。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

303 令和もどこかの名無しさん :2019/12/09(月) 22:09:28 ID:JuCeG2ogSd
誰が爆発するのですか

304 ◆uN377XmBVY :2019/12/09(月) 22:10:09 ID:AawTt21M00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       私の口からはとても……。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

305 令和もどこかの名無しさん :2019/12/09(月) 22:36:55 ID:cijSRYlw00
編集部「解せぬ」

306 令和もどこかの名無しさん :2019/12/09(月) 22:37:19 ID:rkNhkfYQ00
ちょうど違うスレで>>740踏んだところなので心臓に悪い

307 令和もどこかの名無しさん :2019/12/10(火) 06:06:00 ID:/.hgw.2oMM
かなり遠い未来安価なので、忘れた頃にってなる気がする

308 ◆uN377XmBVY :2019/12/10(火) 22:09:32 ID:IHysZQ0600
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

309 令和もどこかの名無しさん :2019/12/10(火) 22:44:16 ID:4kkvC4mw00
練り込んでいたらヒロインがもう一人の主人公に昇格してW主人公になった
もっとよく考えたら終始ヒロイン改め女主人公視点で描くのが一番いい様な気がしてきた
見せ場を持って行くのは男主人公でそこは変わらないんだけれど、そこも女主人公目線の方が男主人公がヒーローとして映えるような
あれ、男主人公がヒーローではあるけど主人公で無くなってないか? という所に行き着いてしまった
どうしよこれ

310 ◆uN377XmBVY :2019/12/10(火) 22:45:26 ID:IHysZQ0600
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       頭を一回リセットして、『でーま』を再確認です。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

311 令和もどこかの名無しさん :2019/12/10(火) 23:21:16 ID:suSF31Mo00
ワレカラ(甲殻類)

312 ◆uN377XmBVY :2019/12/10(火) 23:22:19 ID:IHysZQ0600
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       ツンツン
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

313 令和もどこかの名無しさん :2019/12/11(水) 22:00:53 ID:p165X6bM00
どうも解決すべき問題を抱えているのがヒロインの方だと、ストーリーがヒロイン中心に展開してしまって、主人公なにやってるのになってしまう

314 ◆uN377XmBVY :2019/12/11(水) 22:02:43 ID:kFkiYWYw00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       主人公は解決しないんです?
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

315 令和もどこかの名無しさん :2019/12/11(水) 23:04:11 ID:p165X6bM00
ちゃんと主人公が動いて解決するようにしているけど、逆に言うと主人公が動くと解決してしまうので、行動させられないです
ヒロインは自分の抱える問題を解決するために主人公の協力を得ようとすることも含めて色々動いてくれますが、主人公には迂闊にストーリーと関係する行動を取らせられない
でも主人公が苦労するようにしちゃうと、ヒロインは主人公なら解決できそうだから助けを求めたんじゃないの? ってなる

316 ◆uN377XmBVY :2019/12/11(水) 23:08:01 ID:kFkiYWYw00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   こういうパターンも作れますよというご紹介。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  序盤:ヒロインの表面的な問題の提示と主人公による解決・先延ばし
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  中盤:『でーま』に沿った楽しいひと時
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   終盤:再燃した問題と主人公による根本的な解決
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      中盤に面白さが足りないと中だるみが発生しますが、
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!      かなり強い構成。

317 令和もどこかの名無しさん :2019/12/11(水) 23:10:01 ID:Pk7pFVyMSr
事件的な解決ではなく、主人公の問題という意味なのでは?

318 ◆uN377XmBVY :2019/12/11(水) 23:13:05 ID:kFkiYWYw00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       ありがちなのが、『序盤』と『終盤』だけになってて『中盤』がないor
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         非常に短いパターン。
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   これになると、
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  どーにもこーにも『中盤』がしっくり来なくて頭を抱えることに。
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

319 令和もどこかの名無しさん :2019/12/11(水) 23:33:45 ID:euJFMIM.00
ヒロインが主人公に頼ると簡単に解決しちゃうけどそれだと物語がすぐ終わっちゃうし、
でも主人公がうまく解決できないとヒロインが主人公に頼った理由が弱くなっちゃうってことかな。

裏表式もありといえばあり?

320 令和もどこかの名無しさん :2019/12/11(水) 23:34:11 ID:3db3t3AA00
主人公がソリューションの権化となって序盤から終盤までひたすら誰かの問題を解決し続け、
最後の最後で最初に解決したヒロインのところへ帰ってきて俺の問題を解決してくれるのは君なんだとか言い出してエンダァァァァァ

321 令和もどこかの名無しさん :2019/12/11(水) 23:50:40 ID:p165X6bM00
まさに先生のおっしゃる通りで『序盤』と『終盤』しか無くて頭抱えている感じですね。
根本的な問題として『でーま』を自分自身言語化できないで困っているというのがあります。
なんかこう、こんな感じのがやりたいという思いはあれど、それの売り・面白味を上手く言葉にできないで、『でーま』はなんなんだろうと悩んでいる感じです。
そもそも自分の好きな作品を分析しようとして、なんか全体的に好き以上を言えない。要素を細分化するとどうしてもコレジャナイ感がする。

322 ◆uN377XmBVY :2019/12/12(木) 00:06:43 ID:q7WqwO6g00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   落ち着いて整理しましょう。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  ・特徴的なジャンルが付与されているか
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  ・特徴的なヒロインが登場しているか
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   ・特徴的な目的が設定されているか
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      大きく分けてこの3点を掘り下げてみると、何を広げたいのか
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!      わかりやすくなるかと。

323 ◆uN377XmBVY :2019/12/12(木) 00:13:28 ID:q7WqwO6g00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   『特徴的なジャンル』は一番簡単ですね。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  例えば、こんな感じの物語。
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  ・平凡な高校生が幼馴染と協力して寂れた風呂屋を復活させる
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   ・ベテラン冒険者が没落貴族の子女を一人前にする
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   ・傷病退役軍人が占領下の街で助けが来るまで子供たちを守る
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

324 ◆uN377XmBVY :2019/12/12(木) 00:16:25 ID:q7WqwO6g00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   これらの『中盤』はもうそのまんま。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  →風呂屋を復活させるためにいろいろなサービスを企画・実行する
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  →没落貴族の子女を一人前にするために冒険の基礎を叩き込む
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   →助けが来るまで子供たちを守るために占領下の街で衣食住を
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/     どうにか確保する
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!      広げやすいでしょ?

325 ◆uN377XmBVY :2019/12/12(木) 00:20:15 ID:q7WqwO6g00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   『特徴的なヒロイン』もそこそこ簡単。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  例えば、こんな感じの物語。
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  ・嘘を吐くと獣耳が生えるようになったヒロインとのラブコメ
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   ・対人恐怖症なのになぜか主人公だけ怖くないヒロインとの恋愛劇
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   ・兄離れを決意したヒロインと無自覚に甘やかす主人公の日常
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

326 ◆uN377XmBVY :2019/12/12(木) 00:27:35 ID:q7WqwO6g00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   こっちはこんな具合。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  →獣耳が生えてもバレないように主人公と帽子を買いに行ったり
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ    台風におびえて家を訪れたヒロインの耳が雷で伏せられたり
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   →いろいろな「普通」を経験することを望むヒロインのために
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/     家の中で模擬授業したりボードゲームやったり料理したり
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      →ツーと言えばカーと返ってくるどころか、何もしないでも衣食が
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!        整ってる状態で「明日から本気出す!」を繰り返す

327 ◆uN377XmBVY :2019/12/12(木) 00:30:18 ID:q7WqwO6g00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   でまあ、
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  『特徴的な目標』はありふれたジャンルの中での話になるので
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  半分以上最初の『特徴的なジャンル』と被ります。
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   厳密にはジャンルだけで呼び込めるかどうかの差があるんですが、
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   あまり区別する必要もないので割愛。
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

328 ◆uN377XmBVY :2019/12/12(木) 00:35:00 ID:q7WqwO6g00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       『物語全体』における、これらの『中盤』の役割は〜みたいな話をすると
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         無駄に長くなるのでこんなところで終わり。
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

329 令和もどこかの名無しさん :2019/12/12(木) 01:10:26 ID:0o0oIURY00
自分が今考えているジャンルとヒロインが特徴的なのかどうかよく分かんない
それは一旦置いておいて、先生のお言葉を踏まえると『終盤』と考えていた部分を『中盤』にしてしまうのが良さそう
ラストをどう締めるかに困ることになるが

330 ◆uN377XmBVY :2019/12/12(木) 22:42:15 ID:q7WqwO6g00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       締めはなんかそれっぽくやったらそれっぽくなりますよ(ふわふわ
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

331 令和もどこかの名無しさん :2019/12/12(木) 23:55:29 ID:NkP.HOC200
うーん毎日書き続けたおかげかそこそこかけるようにはなったけど
そもそも面白いのか?という疑問が付きまとう

332 ◆uN377XmBVY :2019/12/13(金) 23:18:40 ID:NzJ6KeIE00
あるある。

333 ◆uN377XmBVY :2019/12/14(土) 22:27:03 ID:yU6yngVA00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       話題の出どころがひどいんですが、まあ、せっかくなので貼り付け。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         多少改変。
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

Z「叙述トリックといえばホモビに出たことあるっていうコピペは秀逸だと思う」
クロ「10人捕まえたやつ?」
Z「それ」
Z「なんだろうねなんで、そっち側だって思っちゃうんだろうね」
クロ「常識に沿うからよ」
Z「掘られるほうが常識的かっていうと疑問を覚えるがw」
クロ「特別な指定がない限りにおいて、読者は主人公を『理解できる人物』と推定するんよ。能動より受動のが行動の要不要で理解しやすいってわけ」
Z「なるほど」
クロ「「銀行に行ったら強盗が居て驚いたよ」
「大変だったね」
「まあ、半分分けしたからいいんだけど」」
クロ「発想は一緒。能動的に強盗をすることを考える人は少ない」
クロ「今、私が作った即興でも十分トリックになるべ?」
Z「たしかに」

334 令和もどこかの名無しさん :2019/12/14(土) 23:04:09 ID:q79MFeYc00
うーん、秀逸といわれてる前振りがわからないw 先生の解説はわかるんですけど。

335 ◆uN377XmBVY :2019/12/14(土) 23:05:57 ID:yU6yngVA00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       10人ではなかった。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

668 名無しさん@恐縮です 2006/07/30(日) 16:56:21 ID:/l9BPhvWO
俺もホモから逃げ切ったら10万円っていうビデオに出たことある

669 名無しさん@恐縮です 2006/07/30(日) 17:00:19 ID:9iyD/Oxj0
>>668
それ凄いね。逃げ切れたの?

688 名無しさん@恐縮です 2006/07/30(日) 17:28:30 ID:/l9BPhvWO
>>669
三人くらい捕まえたよ

336 令和もどこかの名無しさん :2019/12/14(土) 23:07:18 ID:ey1lxf8wSd
「俺もホモから逃げ切ったら10万円っていうビデオに出たことある」
「それ凄いね。逃げ切れたの?」
「三人くらい捕まえたよ」

というコピペの話だと思われモス

337 令和もどこかの名無しさん :2019/12/14(土) 23:08:04 ID:ey1lxf8wSd
書き込む前に更新しておくべきだったモス

338 ◆uN377XmBVY :2019/12/14(土) 23:08:59 ID:yU6yngVA00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       介錯しモス!
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

339 令和もどこかの名無しさん :2019/12/14(土) 23:11:14 ID:ey1lxf8wSd
おいは恥ずかしか!
生きておられんごつ!!(切腹

340 ◆uN377XmBVY :2019/12/14(土) 23:14:43 ID:yU6yngVA00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       ちなみに、『特別な指定』は割と簡単につけられます。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         例えば、役職をそうと決めてあげればそれだけで良い。その役職に
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       ふさわしからざる行いは意識の死角になります。
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

341 令和もどこかの名無しさん :2019/12/14(土) 23:16:39 ID:q79MFeYc00
そんなネタがあったんですね。ありがとうございモス。

>能動より受動のが行動の要不要で理解しやすい
今回の場合だと、理解しようとするより、理解できてるところに落とす方が読者は楽ってことで?

342 ◆uN377XmBVY :2019/12/14(土) 23:18:57 ID:yU6yngVA00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   自然と発生する無意識の死角の話なんです。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  読者は主人公を共感できる人物であると無意識のうちに仮定して
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  読み進めようとします。
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

343 令和もどこかの名無しさん :2019/12/14(土) 23:20:10 ID:LvlOjCh.00
なるほど……

344 令和もどこかの名無しさん :2019/12/14(土) 23:23:54 ID:bPDgwkYI00
主人公が探偵役のような動きしてると思ったら証拠隠滅してる共犯者だった……なんてミステリ小説もわりとありモスね

345 ◆uN377XmBVY :2019/12/14(土) 23:27:04 ID:yU6yngVA00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       パターンが構築されているものほど死角を突くのは難しいんですが、
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         上手に突けるようになると終盤力がぐっと上がります。
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   パターンが構築されていると皆考えちゃいますからね。
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  今、「実は探偵が犯人だったんだ!」と言い出しても、誰も驚かない。
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

346 令和もどこかの名無しさん :2019/12/14(土) 23:27:35 ID:q79MFeYc00
なるほど、その水準の受動でしたか。ありがとうございます。

347 令和もどこかの名無しさん :2019/12/15(日) 21:28:59 ID:bViznrDg00
難しいですわ

348 ◆uN377XmBVY :2019/12/15(日) 21:37:08 ID:urSf/U7A00
ですわ

349 令和もどこかの名無しさん :2019/12/15(日) 21:56:40 ID:Nh84LOyM00
1日2000字書けてやったーとか思ったけど2Pくらいなんだよなと気づいた
これをあと150日繰り返してやっと一冊か・・・

350 ◆uN377XmBVY :2019/12/15(日) 23:31:09 ID:urSf/U7A00
ここだけの話、1日10万文字書くと1日で終わるという裏技が……。

351 令和もどこかの名無しさん :2019/12/15(日) 23:35:54 ID:u5WdiCfsSd
裏でもなんでもないと思うんですよ、それ

352 令和もどこかの名無しさん :2019/12/15(日) 23:42:36 ID:Cej4JZUg00
『中盤』をストーリ-の本筋とはまるで無関係のエピソードで、各キャラの掘り下げに費やしてもいいのだろうか

353 ◆uN377XmBVY :2019/12/15(日) 23:45:36 ID:urSf/U7A00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       面白ければ構いません。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         でも、ページ数きつくなっても泣かないこと。
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

354 ◆uN377XmBVY :2019/12/16(月) 22:23:45 ID:dvkECFTM00
ワレクロX

355 令和もどこかの名無しさん :2019/12/16(月) 22:30:14 ID:AIHWdAbE00
エックス!

356 ◆uN377XmBVY :2019/12/16(月) 22:31:33 ID:dvkECFTM00
X

357 令和もどこかの名無しさん :2019/12/16(月) 22:46:58 ID:9xlByEx2Sd
ぺけ

358 令和もどこかの名無しさん :2019/12/16(月) 23:13:18 ID:nFekXP9A00
行き詰った書きかけ放り出して新しいの書き始めるの楽しいいいいい



はあ現実逃避やめないとな

359 ◆uN377XmBVY :2019/12/16(月) 23:14:25 ID:dvkECFTM00
耳が痛みのあまり弾けて飛んだ。

360 令和もどこかの名無しさん :2019/12/17(火) 00:25:16 ID:24/bKizw00
設定作ったら満足する病気なんとかして

361 ◆uN377XmBVY :2019/12/17(火) 21:11:40 ID:z1QOEBSA00
不治の病です。

362 ◆uN377XmBVY :2019/12/18(水) 21:36:34 ID:TVoP9Qhk00
あらすじ書いたら満足する持病。

363 令和もどこかの名無しさん :2019/12/18(水) 21:44:38 ID:URkt1QIYSd
不治の病ですか

364 ◆uN377XmBVY :2019/12/18(水) 21:46:37 ID:TVoP9Qhk00
はい。

365 令和もどこかの名無しさん :2019/12/18(水) 21:57:16 ID:URkt1QIYSd
悪化して本編脱稿したら満足する病気になったりしませんかね

366 ◆uN377XmBVY :2019/12/18(水) 21:57:56 ID:TVoP9Qhk00
修正大嫌い病も不治の病。

367 ◆uN377XmBVY :2019/12/19(木) 22:51:54 ID:ALhnbqGg00
風邪は不治の病(引いた

368 令和もどこかの名無しさん :2019/12/19(木) 23:12:14 ID:Leot1I6U00
お疲れ様です

一日2000時くらい書けるようになったけどこれ書き終わるまでにどれだけかかるんだろう

369 ◆uN377XmBVY :2019/12/19(木) 23:15:50 ID:ALhnbqGg00
そのうちもっと増えますよ。

370 令和もどこかの名無しさん :2019/12/19(木) 23:33:58 ID:/YbDDUFc00
>一日2000時
ジャックハンマーかな?

371 令和もどこかの名無しさん :2019/12/19(木) 23:40:24 ID:erPP4YXcSd
一日で80日以上を過ごすというムジュン!

372 令和もどこかの名無しさん :2019/12/19(木) 23:46:50 ID:Leot1I6U00
ヒェッ
皆どれくらい書いてるんやろう

373 令和もどこかの名無しさん :2019/12/20(金) 08:35:20 ID:vPod3Los00
記録を見てみたけど、書くことさえ決まってれば、金曜日とかは夜更かしして最高一万字とかいくこともある
完全平日だと三千〜四千字
でも、だいたい読み返していろいろ付け足したり削ったりする工程が間に挟まるので、二週間で八万字の原稿が完成しますね! とはならない
初稿がほぼ完成稿に近い状態になるように日本語力高めたいこの頃……

374 令和もどこかの名無しさん :2019/12/20(金) 21:54:28 ID:sm.6cQnU00
ようやく某社から選評が届いたけど書かれてる内容があまり変わってなくて、成長がないことにしょんぼり。

375 令和もどこかの名無しさん :2019/12/20(金) 22:08:14 ID:vPod3Los00
おつかれさまです……

376 令和もどこかの名無しさん :2019/12/20(金) 22:27:34 ID:sm.6cQnU00
どうもありがとうです。

手癖というか特徴の部分を指摘されたのでこのままじゃいけないのはわかっても修正しづらい。

377 ◆uN377XmBVY :2019/12/20(金) 23:03:16 ID:F7gegyVc00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       お疲れさまです。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

378 令和もどこかの名無しさん :2019/12/20(金) 23:20:26 ID:wN2E7/LM00
お疲れ様です
一日にかける量増やして書き上げれてもようやくそこがスタートなんですよね
速くスタート地点に立たないとなぁ

379 令和もどこかの名無しさん :2019/12/20(金) 23:33:03 ID:sm.6cQnU00
先生にもさんざん言われてることなので今更なんですけどねw

380 ◆uN377XmBVY :2019/12/20(金) 23:36:47 ID:F7gegyVc00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       誰だかわかった。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

381 令和もどこかの名無しさん :2019/12/20(金) 23:39:12 ID:sm.6cQnU00
ばーれーたーかー

382 ◆uN377XmBVY :2019/12/20(金) 23:47:42 ID:F7gegyVc00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       邪ッ!!!!!
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

383 令和もどこかの名無しさん :2019/12/21(土) 14:17:09 ID:T5ur2DYEMM
んー葉っぱさんかぁ!

384 令和もどこかの名無しさん :2019/12/21(土) 20:07:46 ID:9ezreNDI00
( ゚д゚ )<悪い葉っぱじゃないよ

385 ◆uN377XmBVY :2019/12/21(土) 20:19:14 ID:GuoiYFoY00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       邪ッ!!!!!!!!!!
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

386 令和もどこかの名無しさん :2019/12/21(土) 20:37:46 ID:9ezreNDI00
ウワァアアア!!!!

387 令和もどこかの名無しさん :2019/12/21(土) 21:31:14 ID:9z1GlrQE00
エルム街の悪夢 葉っぱのフレディマーキュリー

388 ◆uN377XmBVY :2019/12/22(日) 21:19:27 ID:0ZI.Y8go00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       スレでもお話ししようと思ってたことがあったのですが
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  まあいっか。
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

389 令和もどこかの名無しさん :2019/12/22(日) 21:27:54 ID:is0e98Do00
そんなこと言われたら気になるジャマイカ

390 ◆uN377XmBVY :2019/12/22(日) 21:32:09 ID:0ZI.Y8go00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       なんか、葉っぱさんに関連する話が2件とそれとは関係なく序盤終盤の
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         話が1件あったんですが、件って書く度に剣に変換されるのでやめた。
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

391 令和もどこかの名無しさん :2019/12/22(日) 21:50:51 ID:tuRpZ41w00
( ゚д゚ )

392 令和もどこかの名無しさん :2019/12/22(日) 22:26:54 ID:dJcAyZko00
葉っぱさん、気づかぬうちに剣で斬られていたのか

393 令和もどこかの名無しさん :2019/12/22(日) 23:13:09 ID:XwdkS8Cw00
自分の作品見返したらヒロインのキャラぶれっぶれでワロエナイ
どうすればいいんだこれ・・・

394 ◆uN377XmBVY :2019/12/22(日) 23:19:23 ID:0ZI.Y8go00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   どういうキャラにしたいのかをまず考えましょう。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  で、その『理想的なキャラ像』に則しているかどうかチェック。
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   多分、『どういうキャラにしたいのか』がふわふわしてると思うので、
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   そこから詰めていくとなんかこういい感じになるかと(ふわふわ
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

395 令和もどこかの名無しさん :2019/12/23(月) 19:45:58 ID:96s5B4s6Sr
うちのヒロインが変態なんですがどうすれば

396 ◆uN377XmBVY :2019/12/23(月) 20:05:18 ID:GlP4V/kU00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   個性は伸ばすべき(教育論
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

397 令和もどこかの名無しさん :2019/12/23(月) 23:16:59 ID:r5fBvSBQ00
贅沢言わないから一日10万字くらい書けるようになりたい

398 令和もどこかの名無しさん :2019/12/24(火) 13:03:08 ID:eBaQn1r.00
1秒に10文字書ければ、3時間で10万字超書けるよ!

399 令和もどこかの名無しさん :2019/12/24(火) 13:04:05 ID:UCY7xSrASd
てことは8秒で10文字なら24時間で10万行くのか

400 令和もどこかの名無しさん :2019/12/24(火) 15:35:00 ID:TYU6v9Do00
今年もこれと言った実績残せなかったなぁ……

401 ◆uN377XmBVY :2019/12/24(火) 21:39:51 ID:JmsEqZhc00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       メリー
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

402 令和もどこかの名無しさん :2019/12/24(火) 21:40:09 ID:KnFzzIIs00
さんの羊

403 ◆uN377XmBVY :2019/12/24(火) 21:42:31 ID:JmsEqZhc00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

404 令和もどこかの名無しさん :2019/12/24(火) 21:51:46 ID:UCY7xSrASd
眠れないときは素数を数えるんだ
素数がひとつ、素数がふたつ、素数がみっつ……(違うそうじゃない

405 ◆uN377XmBVY :2019/12/24(火) 21:54:05 ID:JmsEqZhc00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       任意の素数と隣り合う素数の和が、その任意の素数の倍数よりも
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         小さいものがえっくし
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   ちょうちょ。
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

406 令和もどこかの名無しさん :2019/12/24(火) 22:07:31 ID:h9WHmT5200
超リアルタイムですが、ついさっきサンタが北海道上空を通過した模様

407 ◆uN377XmBVY :2019/12/24(火) 22:13:17 ID:JmsEqZhc00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       さんたさん、わたしにもしあわせをください。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       原典に倣って現生でもいいです(史実
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

408 令和もどこかの名無しさん :2019/12/24(火) 23:10:14 ID:h9WHmT5200
【速報】サンタクロース札幌でのプレゼント配布を終える

そして、札幌東京間を3分程度で移動した模様

409 ◆uN377XmBVY :2019/12/24(火) 23:14:50 ID:JmsEqZhc00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       三田さんは呼んでないです。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

410 令和もどこかの名無しさん :2019/12/25(水) 00:03:46 ID:aero1Uvs00
札幌ー東京間を3分・・・
時速5000kmは出てそうだしサンタは凡人じゃできない仕事やね

411 令和もどこかの名無しさん :2019/12/25(水) 00:09:32 ID:7L0mYStA00
来年こそは応募する
一番近いので富士見ファンタジアかな?

412 令和もどこかの名無しさん :2019/12/25(水) 19:18:06 ID:NMDAKe2E00
MF文庫新人賞落ちました〜
さあ今夜は飲むか〜

413 令和もどこかの名無しさん :2019/12/25(水) 21:10:49 ID:PuPACzrc00
お疲れ様でした。

414 ◆uN377XmBVY :2019/12/25(水) 22:41:23 ID:K.wXTSvs00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       お疲れさまです。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

415 令和もどこかの名無しさん :2019/12/25(水) 23:24:43 ID:nOjPhX6.00
おつかれさまです

416 令和もどこかの名無しさん :2019/12/26(木) 22:25:01 ID:g7XTjvec00
推敲するたび設定が変わっていく・・・・
教授、これはいったい

417 ◆uN377XmBVY :2019/12/26(木) 22:28:33 ID:yovJieOM00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       元々の設定がふわふわしてるとそーなります。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       物語の流れに逆らうような設定やら死に設定やらは
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   どんどん消えていくか……無理に役立てようとして
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  逆にこんがらがるかと。
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

418 令和もどこかの名無しさん :2019/12/26(木) 23:07:16 ID:ddhY8SGc00
逆に言えば、何度書き直しても変わらない部分が、自分のやりたいことだったり
面白いと思っていることだったりするってことでもありそう
自分の中で言語化するのが一番だけど、できない時は書きまくってはボツにして
読み返しながら共通項探すのもよさそう……?

419 ◆uN377XmBVY :2019/12/27(金) 21:53:46 ID:7Tai8/Qs00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       やる気がもつならそれもあり。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

420 令和もどこかの名無しさん :2019/12/27(金) 23:54:58 ID:81EzrNJg00
(昨日)ひゃあ筆が止まらえねえずっと書き続けられるぞー

(今日)これはどういう意図があって書いたんだ 昨日の俺は何を思っていたんだ

421 ◆uN377XmBVY :2019/12/28(土) 22:22:15 ID:m.3ZWhII00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       メモをたくさん取るうちにメモのとり方を覚えるのです……。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

422 令和もどこかの名無しさん :2019/12/28(土) 23:38:12 ID:GY2.8zEI00
初めて男の子を主人公にしたんだけど、その思考が上手くわからなくて全然書けない。
文体までぐちゃぐちゃになるし、困った……。

423 ◆uN377XmBVY :2019/12/28(土) 23:42:15 ID:m.3ZWhII00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       あまり難しく考えないのが吉。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         ぶっちゃけ、小説のキャラの性別は『口調が違うだけ』だと思って結構。
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   例外は『男性らしさ・女性らしさ』を求める瞬間くらい。
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  そこに焦点をもってきた物語だとその限りではないんですが。
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

424 ◆uN377XmBVY :2019/12/28(土) 23:50:20 ID:m.3ZWhII00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   で、この『男性らしさ・女性らしさ』については
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  対話する人物が異性である場合なんかも適用されることが。
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  恋愛関係になくても、
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   極端に品格を落とすような行動を取らなかったり
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   相手を気遣ったり……まあ、細かい話なのですが。
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

425 令和もどこかの名無しさん :2019/12/29(日) 00:00:49 ID:8BaJOmvc00
男の子は短絡的に勢いよく動いて、女の子は理知的で慎重に動かないと
主人公にした意味がないって思われそうで……。
あえて逆の性格を狙うというのはあるのでしょうけど。

多少男性らしさみたいなところに踏み込んではいます。人形遊びする男子大学生?

426 ◆uN377XmBVY :2019/12/29(日) 00:01:51 ID:KxVK/.MA00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       基本的には、だいじょーぶよ。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

427 令和もどこかの名無しさん :2019/12/29(日) 00:03:26 ID:8BaJOmvc00
ありがとうございます。頑張ってみます。

428 令和もどこかの名無しさん :2019/12/29(日) 00:04:17 ID:4UbO5p6.00
こいつは女性ですと言いながらおっさんキャラというのが地味に受けるやつですなあ

429 ◆uN377XmBVY :2019/12/29(日) 00:08:20 ID:KxVK/.MA00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       >>428
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         それは性差をあえて逆転することで利用してるので、
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       性差を考えたいですね。
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   「らしからぬ」をするには「らしい」を意識せねばならぬ。
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

430 令和もどこかの名無しさん :2019/12/29(日) 00:43:44 ID:UBZEUL4o00
んほおおお書くの楽しい止まんねえ
止まったらマジで詰みそうで怖いけど

431 令和もどこかの名無しさん :2019/12/29(日) 01:16:14 ID:jUNZlQ2E00
がんばぇー

432 令和もどこかの名無しさん :2019/12/29(日) 10:34:36 ID:n9PkhvYs00
止まるんじゃねえぞ

433 ◆uN377XmBVY :2019/12/29(日) 23:50:00 ID:KxVK/.MA00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

434 令和もどこかの名無しさん :2019/12/29(日) 23:58:32 ID:jUNZlQ2E00
止まった……!

435 ◆uN377XmBVY :2019/12/30(月) 22:47:03 ID:y5k6IjRE00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       ピクッ
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

436 令和もどこかの名無しさん :2019/12/30(月) 23:02:41 ID:EqkH04qY00
「時が止まってるのに承太郎が動いたと思ったら磁石だった」

437 ◆uN377XmBVY :2019/12/30(月) 23:06:51 ID:y5k6IjRE00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       磁力や光や空気は影響をさっぱり受けない時間停止。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       止まってる人、風吹いてコテンコテン倒れそう。
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

438 令和もどこかの名無しさん :2019/12/30(月) 23:16:45 ID:DJIMyoB.00
地球が寿命を迎えても延々止まり続けてそう

439 ◆uN377XmBVY :2019/12/30(月) 23:25:11 ID:y5k6IjRE00
              ,, ,, ,, ,,  、、
                /::{  }::`ヽ
              /:/:/:/:::::::|  |::::',::::',
           x x x x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ メ メ メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
                /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::: ::: ::: ::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /:/:/:/::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {:: {:: {:: {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |:: |:: |:: |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|    
            ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!    
           ヘ ヘ ヘ ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|    
         ヘ ヘ ヘ ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、
          ` ` ` ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ
             __ __ __ __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
             γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  {  {  {  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          ` ` ` `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

440 ◆uN377XmBVY :2019/12/30(月) 23:25:36 ID:y5k6IjRE00
              ,, ,, ,, ,,  、、
                /::{  }::`ヽ
              /:/:/:/:::::::|  |::::',::::',
           x x x x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ メ メ メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
                /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::: ::: ::: ::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /:/:/:/::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {:: {:: {:: {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |:: |:: |:: |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|    震度4くらいありそう。
            ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!    
           ヘ ヘ ヘ ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|    
         ヘ ヘ ヘ ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、
          ` ` ` ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ
             __ __ __ __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
             γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  {  {  {  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          ` ` ` `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

441 令和もどこかの名無しさん :2019/12/30(月) 23:59:59 ID:/7jI5dBg00
無想転生かと思った

442 ◆uN377XmBVY :2019/12/31(火) 00:04:55 ID:OxITVURo00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       テーレッテー
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

443 令和もどこかの名無しさん :2019/12/31(火) 12:57:51 ID:X20n36fw00
そういや昔スプリガンて漫画で時間がとまったプレートってのが出てきたが
絶対壊れないという性質を防御に使ってたな

そう考えるとワールドの凄いところって時間が止まった世界で物を壊せることの気がする

444 令和もどこかの名無しさん :2019/12/31(火) 14:32:32 ID:P/6D6fuI00
時間停止という概念は真剣に考察を始めちゃうとややこしいことになるので雰囲気で流すのがベター
はっ、つまり時間停止の本質とは空気を読むこと!?

445 ◆uN377XmBVY :2019/12/31(火) 22:30:21 ID:OxITVURo00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   本年もお世話になりました。ん? スレ的にはしたというのが正しい?
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  まあ、なりました。
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   来年もよろしくお願いしま……そろそろスレ終わってもいいのでは?
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      まあ、します。
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!     
                                                                  クロより。

446 令和もどこかの名無しさん :2019/12/31(火) 22:39:28 ID:LNqRarooSd
できる子先生は消えたのだ。闇の
なかに

447 ◆uN377XmBVY :2019/12/31(火) 22:45:39 ID:OxITVURo00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   できる子? 知らない人ですねぇ。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

448 令和もどこかの名無しさん :2019/12/31(火) 22:45:50 ID:MMJo82tw00
まっとうに作家を生むまでは続くのですよ?

本年もお世話になりました。
来年も介護されにきます。よろしくお願いします。

449 ◆uN377XmBVY :2019/12/31(火) 22:50:53 ID:OxITVURo00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   何人か受賞したり担当付いたりしてる話は聞いてるのですが、
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  単行本が刊行されたという話はまだ聞いたことがないですね。
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  はよ。
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

450 令和もどこかの名無しさん :2019/12/31(火) 22:56:24 ID:MMJo82tw00
けっこう結果が出てるんですね。すごい。

451 ◆uN377XmBVY :2019/12/31(火) 23:56:43 ID:OxITVURo00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   良いお年を。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

452 ◆uN377XmBVY :2020/01/01(水) 00:00:11 ID:7ypTfNJE00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  プロット演習の日程ですが、
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  特に希望する方がない場合は13日か19日スタートで
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   2週間おき3回を予定しています。
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      「都合が悪いよ」って人はいつでもいいので教えてください。
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

453 令和もどこかの名無しさん :2020/01/01(水) 00:22:17 ID:LLASxBiM00
あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。
そして今年こそは……。

454 令和もどこかの名無しさん :2020/01/01(水) 00:40:09 ID:Il/9mA4w00
あれ受賞したら単行本刊行されるもんじゃないんですか?

455 令和もどこかの名無しさん :2020/01/01(水) 01:27:52 ID:v2u0vaqc00
あけましておめでとうございます。
プロット演習でスランプ脱出の手がかりを掴めるか
それともさらなる沼にはまるか・・・

456 令和もどこかの名無しさん :2020/01/02(木) 20:44:57 ID:p6rQVo1Y00
ふとセンセーに「スランプとのつきあい方」を聞くのはどうだろう?と思ったが
それ以前にスランプ……あるんですか?

457 ◆uN377XmBVY :2020/01/02(木) 20:51:42 ID:hfIl/PnM00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   あるある。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

458 ◆uN377XmBVY :2020/01/02(木) 20:55:07 ID:hfIl/PnM00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   モチベーションが上がらない・集中力が出ないみたいなのは除いて、
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  純粋に『面白いものが書けない』はどこまで行っても付いてくるのでは
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  ないかと。
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   原因は、
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   『腕』よりも先に『目』が肥えるために
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      満足できるハードルの高さが先に上がるからじゃないかと。
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

459 令和もどこかの名無しさん :2020/01/02(木) 21:10:26 ID:sFqGI7Os00
ポエムとポエムじゃないの境界線がわかりません。
最初の1,2ページで独白すると、ポエムっぽく感じられそうで……。

460 令和もどこかの名無しさん :2020/01/02(木) 21:10:29 ID:AUorYSpo00
絵が特にその傾向だよね<目が肥えすぎて自分の腕に耐えられない

461 ◆uN377XmBVY :2020/01/02(木) 21:12:14 ID:hfIl/PnM00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       ポエムじゃない→読者が内容を覚えてられるもの
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         ポエム→読者が内容を宇宙の彼方に忘却するもの
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

462 令和もどこかの名無しさん :2020/01/02(木) 21:21:10 ID:sFqGI7Os00
なるほど。読者がちゃんと筋を追えればいいわけですか。
怪しいですねえ、伏線辺りが……。

463 ◆uN377XmBVY :2020/01/02(木) 21:24:51 ID:hfIl/PnM00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   読者の死角を狙うのです。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  「見えていて、覚えている。でも、気付かなかった」これが理想。
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  「書かれてたの? 忘れてた。でも、ポエムだったし」これが最悪。
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

464 令和もどこかの名無しさん :2020/01/02(木) 21:29:52 ID:sFqGI7Os00
抽象度をあげると一気にポエムっぽくなるのは頭から抜けちゃうからなんですね。
具体的で、しっかり理解させた上で、気づかせない。難しそう。
お答えいただき、ありがとうございます。

465 ◆uN377XmBVY :2020/01/02(木) 21:35:59 ID:hfIl/PnM00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       まー、以前も言いましたが、
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         読者は本文にある内容をものっそいレベルで不可逆圧縮します。
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   なので、
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  「どう捉えたらいいのかわからない文章」は圧縮されると消えるんです。
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::} 1文字も残んないの。
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦   私のこのレスだってほんの100文字ちょいなのに
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄        丸暗記できたかと言われたらNOでしょ?

466 ◆uN377XmBVY :2020/01/02(木) 21:38:02 ID:hfIl/PnM00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   なので、理想は
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  「圧縮されて生まれるであろう『読者が覚えている内容』」だけで
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  裏をかくこと。
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   これ、クロさん流伏線の奥義のひとつです。
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

467 令和もどこかの名無しさん :2020/01/02(木) 21:40:04 ID:sFqGI7Os00
圧縮された時に零れ落ちた内容で裏をかいても、重箱の隅をつついただけって感じになるわけですね。

468 ◆uN377XmBVY :2020/01/02(木) 21:42:25 ID:hfIl/PnM00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       です。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

469 令和もどこかの名無しさん :2020/01/02(木) 23:37:12 ID:pU92YbLY00
1/3程進んだところでヒロインの片方いらないんじゃないかと気づいてしまった


ああ書き直しだ・・・

470 ◆uN377XmBVY :2020/01/02(木) 23:40:14 ID:hfIl/PnM00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       『リストラヒロイン』というタイトルが浮かぶ。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

471 ◆uN377XmBVY :2020/01/02(木) 23:40:39 ID:hfIl/PnM00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       『ヒロイン失格』のが受けそうだけどすでにありそう。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

472 ◆uN377XmBVY :2020/01/03(金) 19:49:02 ID:ISW5XiaE00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!  
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

473 ◆uN377XmBVY :2020/01/03(金) 19:49:24 ID:ISW5XiaE00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   無意味な訓練を課したい……(何
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

474 ◆uN377XmBVY :2020/01/03(金) 19:50:26 ID:ISW5XiaE00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   スプーンに生卵乗っけて走り回ると文章力が上がるとか
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  まことしやかな嘘を……(まことしやかとは
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

475 令和もどこかの名無しさん :2020/01/03(金) 20:18:50 ID:9fRwbYis00
パワフルプロサッカをKONAMIから出す……?(幻聴)

476 ◆uN377XmBVY :2020/01/03(金) 20:27:46 ID:ISW5XiaE00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   パワフルゴルフ……?
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

477 令和もどこかの名無しさん :2020/01/03(金) 22:25:27 ID:pvk4oS4Q00
夏頃?やってましたね
お題から何か文章書くみたいなやつ

478 令和もどこかの名無しさん :2020/01/03(金) 23:12:38 ID:MC4TfMrA00
そういえば小話三題噺的な奴やりましたね。

479 ◆uN377XmBVY :2020/01/03(金) 23:17:36 ID:ISW5XiaE00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   その人の癖を把握しきれないから評価が割と難しいんですよね。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  行単位のちっちゃなミスをつついても意味がないですし。知ってる相手じゃないと助言が難しい。
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

480 令和もどこかの名無しさん :2020/01/03(金) 23:49:47 ID:MC4TfMrA00
小話自体が、その人のキャラへの理解度次第なところがありますからねえ。
その人の筆力みたいなのを知らないと突っ込みにくいですよね。
解って省いてるのか、曖昧なのか、まるで解ってないのかとか。

481 令和もどこかの名無しさん :2020/01/04(土) 23:24:15 ID:.tDqYM5A00
色々考えてみたところ、序盤に勢いがないのは序盤に中だるみの諸症状が出ているんじゃないかと。
読者にとって計器が多すぎてもダメそうですけど、これはないかと思います。が、願望かもしれません。

482 ◆uN377XmBVY :2020/01/04(土) 23:28:23 ID:KkdYrjJM00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       「楽しませたい部分」がはっきりわかる文章だと、
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         ただ部屋の中で2人が現状を語るだけでも
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       「面白い」と言ってもらえますね。
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  読みどころさんを明確にするのです。
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

483 ◆uN377XmBVY :2020/01/05(日) 21:44:55 ID:WLfUmbqw00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       ワレクロ
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

484 令和もどこかの名無しさん :2020/01/05(日) 22:08:33 ID:i2wCEJz6Sd
ワレワレ

485 令和もどこかの名無しさん :2020/01/05(日) 22:18:57 ID:D9a/PR9Q00
Wallenstein chronicles

486 令和もどこかの名無しさん :2020/01/05(日) 22:44:35 ID:jjphctUQ00
疲れてるとき変な文章書いてるって自覚がある
そういう時は素直に休むべきと思いつつもそのまま書かなくなるのが怖いから結局書いちゃう
どうせ後日なおさなくちゃいけないのに

487 令和もどこかの名無しさん :2020/01/06(月) 16:19:33 ID:0MqS87jM00
終盤でこういう展開をするために中盤にこのエピソード入れたいなと思うのだが、どうも浮いてしまって流れをぶった切っている感がある。もっと自然に前後とつなげたい。

488 令和もどこかの名無しさん :2020/01/06(月) 21:58:09 ID:a.ZCbAUE00
自分の書いてるのが本当に面白いのか不安になる・・・ならない?

489 ◆uN377XmBVY :2020/01/06(月) 22:00:32 ID:nlaqtZDs00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       いつも『もっと優れた答え』がありそうで頭を悩ませます。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

490 令和もどこかの名無しさん :2020/01/06(月) 23:52:35 ID:7CzBa9pM00
トーナメント形式の筋立てにしてみたところ、対峙するものをどんな順番で出せばいいのか迷うことに。
書けば行けるだろうと高をくくっていたら、障害として出すべき適切な順番がかなり難しい……。

491 ◆uN377XmBVY :2020/01/07(火) 00:07:51 ID:fwU0pTrY00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       サイコロ
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

492 令和もどこかの名無しさん :2020/01/07(火) 00:25:41 ID:GtA2/7nk00
これで今日のログボがもらえると思ったら大間違い!

493 ◆uN377XmBVY :2020/01/07(火) 00:32:57 ID:fwU0pTrY00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       だめぇ?
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

494 令和もどこかの名無しさん :2020/01/07(火) 01:37:44 ID:R5rrmvnI00
怖くてもう書けない
俺は何を面白いと思って、
誰を魅力的なキャラと感じていたんだ
何を書きたかったんだ?
小話すら書けなくなった……これ何ができるんだ?

495 ◆uN377XmBVY :2020/01/07(火) 01:59:26 ID:fwU0pTrY00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       一回ゆっくり休んで頭をリセットしましょ。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

496 令和もどこかの名無しさん :2020/01/07(火) 02:06:15 ID:R5rrmvnI00
休んだらもう二度と書けなくなりそうで、こわいです。
でもありがとうございます。
読むこともできなくなってて何も出てきません

497 令和もどこかの名無しさん :2020/01/07(火) 08:23:59 ID:rp9m6oFMMM
ミステリー物って読んでると自分でも書けるかな?ってなるけど、実際手をつけ始めると何処から手をつけて良いのか分からなくて全然書けないよね!
面白いとか面白くないとかつまらないとかの悩み以前に何からやれば……?ってなる。

そもそもミステリー小説をもっと読まないとダメなんだと思いますが。

498 令和もどこかの名無しさん :2020/01/07(火) 08:45:47 ID:LkLXi0XI00
ミステリーは逆算で作るものだから犯人の行動をシミュレートして状況を用意し
そこから矛盾点やミスを探偵に指摘させていけばいいと思う

499 ◆uN377XmBVY :2020/01/07(火) 20:50:52 ID:fwU0pTrY00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   クロミステリ。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

500 ◆uN377XmBVY :2020/01/07(火) 20:51:06 ID:fwU0pTrY00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   ミステリの定義みたいな話は置いといて、
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  ざっくりそのへんの周辺ジャンルの書き方について。
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  「人物」「謎」「解決法」の3つを特徴的にするということだけ
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   覚えておけばおっけー。
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!      うだうだ長文書いたんですが、結局のところ、それで終わった。

501 令和もどこかの名無しさん :2020/01/07(火) 23:43:06 ID:GZbmKQsU00
やばい最近モチベがガガが
まだ半分までしかいってないのに

502 ◆uN377XmBVY :2020/01/08(水) 00:11:52 ID:kW3m2SgI00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   ところで、特に意見ないみたいですね。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  じゃあ、1月19日締め切りとします。レギュレーションはいつもどおり。
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  1/19→2/2→2/16がそれぞれ締め切りでいいですね?
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

503 令和もどこかの名無しさん :2020/01/08(水) 00:22:10 ID:trZXJ1zM00
わかりました。よろしくお願いします。(20日から古戦場ですね)

504 ◆uN377XmBVY :2020/01/08(水) 00:25:32 ID:kW3m2SgI00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!  
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

505 ◆uN377XmBVY :2020/01/08(水) 00:25:50 ID:kW3m2SgI00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   え?(完全に忘れてた
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

506 令和もどこかの名無しさん :2020/01/08(水) 00:33:58 ID:trZXJ1zM00
なーむー

507 令和もどこかの名無しさん :2020/01/08(水) 00:34:41 ID:oGTdTMYESd
うわああああ(火風ゼノ武器が完成しない顔

508 令和もどこかの名無しさん :2020/01/08(水) 00:37:11 ID:trZXJ1zM00
13日提出でもどうにかなりますよ……きっと。

509 令和もどこかの名無しさん :2020/01/08(水) 01:06:28 ID:6tRL1BSQ00
では、2月まで延期しましょう(酷)

510 ◆uN377XmBVY :2020/01/08(水) 22:11:26 ID:kW3m2SgI00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       ユニクロ
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

511 令和もどこかの名無しさん :2020/01/08(水) 22:34:24 ID:trZXJ1zM00
サンタクロ

512 ◆uN377XmBVY :2020/01/08(水) 22:35:13 ID:kW3m2SgI00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|         サ
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         サンタ
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|         タ
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

513 令和もどこかの名無しさん :2020/01/08(水) 22:46:08 ID:Yck4tKagSd
サンタ十字!

514 令和もどこかの名無しさん :2020/01/08(水) 22:59:18 ID:trZXJ1zM00
クロさんが磔に!?

515 令和もどこかの名無しさん :2020/01/09(木) 13:48:45 ID:G1VNZp3w00
ベア「呼ばれた気がした」

516 ◆uN377XmBVY :2020/01/10(金) 00:32:27 ID:Q0EPNJy600
サンタクロス

517 令和もどこかの名無しさん :2020/01/10(金) 00:36:33 ID:Y2.ZMygESd
インペリアルクロ先生

518 ◆uN377XmBVY :2020/01/10(金) 21:27:00 ID:Q0EPNJy600
 ク
クロ

クロせない!

519 令和もどこかの名無しさん :2020/01/10(金) 21:35:07 ID:Y2.ZMygESd
人数足りないのでフリーファイトの陣形ですね(ロマサガ2っぽく

520 ◆uN377XmBVY :2020/01/10(金) 21:44:26 ID:Q0EPNJy600
 ク
クロ

鶴翼の陣ですぞ。

521 令和もどこかの名無しさん :2020/01/10(金) 22:33:49 ID:GHAj6Iyo00
プロットっぽいなにかはできたけど、大学ノートにびっちり8ページ。
どこまで単純化したらいいものか。当初は3レスくらいにはまとめたかったのに……。

522 令和もどこかの名無しさん :2020/01/11(土) 01:56:46 ID:p0e7ioxA00
「みっちりたっぷり書いちゃったネタの簡略化/プロット化方法」とか…
クロ先生、プロット書かないヒトでしたねw

523 ◆uN377XmBVY :2020/01/11(土) 01:59:16 ID:58v4ncPI00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       事前に何か言われたら更に1枚緩和しようかなって思ってたクロさん。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         言われなかった。
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

524 令和もどこかの名無しさん :2020/01/11(土) 02:25:48 ID:AHtwKyqc00
5レスでも1万字超ですから、本文の1割。50レスのプロット演習ならそのまま応募できそうというのは置いておいて。
圧縮できないのは大事なところが見えてないということで、段階式プロットをやってないことになりますねえ。(自分は棚上げ

525 ◆uN377XmBVY :2020/01/11(土) 23:35:51 ID:58v4ncPI00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       プロット嫌ーい。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

526 令和もどこかの名無しさん :2020/01/11(土) 23:46:15 ID:UKJQxStgSd
アマチュアットとかないんですか?

527 ◆uN377XmBVY :2020/01/12(日) 00:00:02 ID:2Tbb//GU00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       ?
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

528 令和もどこかの名無しさん :2020/01/12(日) 01:01:20 ID:B.YH.6DI00
プロはプロット、アマチュアは『アマチュアっと』……かな?

プロット作ったのにすぐに本文書きたくなるのは初めて。なんかいい感じに隙間ができてるのかな、これは。

529 ◆uN377XmBVY :2020/01/12(日) 01:04:04 ID:2Tbb//GU00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       !
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

530 令和もどこかの名無しさん :2020/01/12(日) 13:13:39 ID:LrvvmxsoMM
チュアットと呼ぶことにしよう!

531 令和もどこかの名無しさん :2020/01/12(日) 13:39:11 ID:tit5AI8MSd
プロフェッショナル→プロ→プロットなら、アマチュア→アマ→アマットかもしれない

532 令和もどこかの名無しさん :2020/01/12(日) 14:01:22 ID:3bxQ1Vik00
プロットと聞くとウーシャの養父を思い出してしまう(夏の炎の竜並感)

533 ◆uN377XmBVY :2020/01/12(日) 21:30:30 ID:2Tbb//GU00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!  
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

534 令和もどこかの名無しさん :2020/01/12(日) 21:57:35 ID:jAgITyu600
終盤まで書けたのに致命的な矛盾見つかって書き直しだー
やべー心おれる

535 ◆uN377XmBVY :2020/01/13(月) 23:33:42 ID:d7wal3As00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   あるある……矛盾調整したと思っても、本文の全文チェックを
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  オススメします。
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

536 令和もどこかの名無しさん :2020/01/13(月) 23:47:57 ID:OsegDS9s00
指輪物語みたいに、これもうすでに写本翻訳のせいでガバだけど俺のせいじゃない
って書いとけばヘーキヘーキ

537 令和もどこかの名無しさん :2020/01/13(月) 23:55:30 ID:pqzrN7Zo00
ラノベの設定が思い浮かんで、ラノベを書いてたはずなのに、ラノベじゃないって先生に言われそうな物体が……。

538 令和もどこかの名無しさん :2020/01/14(火) 00:01:23 ID:Y9a4opCo00
なんだ葉っぱさんか(風評被害)

539 令和もどこかの名無しさん :2020/01/14(火) 00:07:23 ID:RbsTTCBs00
……

540 令和もどこかの名無しさん :2020/01/14(火) 03:08:56 ID:RbsTTCBs00
プロット第1稿完成。すでに11950文字。6レスギリギリー。

541 ◆uN377XmBVY :2020/01/14(火) 22:50:56 ID:CfSEFpdA00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       草。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

542 令和もどこかの名無しさん :2020/01/14(火) 23:16:52 ID:RbsTTCBs00
( ゚д゚ )つ除草剤

543 ◆uN377XmBVY :2020/01/14(火) 23:18:29 ID:CfSEFpdA00
.



             /:::::::::::::::::::     \
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

544 令和もどこかの名無しさん :2020/01/15(水) 00:12:01 ID:sD9trjQESd
植物でしたか

545 令和もどこかの名無しさん :2020/01/15(水) 21:37:03 ID:xmzK4HOw00
案は3つあるがどうするか前の改善版か新規に挑戦するか思いつきだけの奴を今から作るか
2日前くらいになれば後は手が自動筆記してくれるだろうという甘い目論見

546 令和もどこかの名無しさん :2020/01/15(水) 21:47:02 ID:q73NDlOE00
1回目から12500文字をオーバー。これでも中抜きしまくったのに。
これはもうエピローグごっそり削るしか……。

547 ◆uN377XmBVY :2020/01/15(水) 21:51:48 ID:6KGubBmk00
.



             /:::::::::::::::::::     \
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       どしても足りなーい?
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

548 令和もどこかの名無しさん :2020/01/15(水) 21:59:07 ID:q73NDlOE00
今回のお話ではどうしても足りないです……。

549 ◆uN377XmBVY :2020/01/15(水) 22:20:24 ID:6KGubBmk00
.



             /:::::::::::::::::::     \
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       じゃ、上限を1レス増やしましょ。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

550 令和もどこかの名無しさん :2020/01/15(水) 22:23:28 ID:q73NDlOE00
先生、ありがとうございます(土下座

551 令和もどこかの名無しさん :2020/01/16(木) 00:10:00 ID:wuoTaguk00
われわれが先生の手の平で踊らされているッ……!

552 ◆uN377XmBVY :2020/01/16(木) 23:05:03 ID:9bmqlzg600
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

553 令和もどこかの名無しさん :2020/01/17(金) 00:17:38 ID:gGSQl91USd
はえてる

554 ◆uN377XmBVY :2020/01/17(金) 00:31:53 ID:A1qB2ruA00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       年に3回収穫できます。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

555 令和もどこかの名無しさん :2020/01/17(金) 21:31:08 ID:KGvB7lpg00
レギュレーションは

・7レス以内にまとめる
・締切は1月19日23時59分59秒

ってことでいいですかね?

556 ◆uN377XmBVY :2020/01/17(金) 21:33:39 ID:A1qB2ruA00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       大まかにはそう。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         『でーま』の明記をお忘れなく。
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

557 令和もどこかの名無しさん :2020/01/17(金) 21:41:25 ID:HtReQJfA00
一人目:提出しますノ

558 ◆uN377XmBVY :2020/01/17(金) 21:44:19 ID:A1qB2ruA00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       どうぞですノ。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

559 令和もどこかの名無しさん :2020/01/17(金) 21:46:07 ID:HtReQJfA00
今からでもいいノですが、なんとなく人数確認のための点呼をしただけでして……

560 令和もどこかの名無しさん :2020/01/17(金) 21:49:39 ID:FYXfSLZcSr
締め切りから二週間あいて計4回とかでしたっけ?

561 ◆uN377XmBVY :2020/01/17(金) 21:55:09 ID:A1qB2ruA00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       1/19、2/2、2/16締め切りの3回を予定しています。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       ところで、今回で第何期何回目でしたっけ?
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

562 令和もどこかの名無しさん :2020/01/17(金) 22:07:54 ID:HtReQJfA00
今度のが第7期20回目になりますね、たぶん。

563 令和もどこかの名無しさん :2020/01/17(金) 23:10:45 ID:FOHEAj.E00
やべー間に合わねーひゃっはーもうだめだ嗚呼ああ

564 ◆uN377XmBVY :2020/01/17(金) 23:19:29 ID:A1qB2ruA00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       いけるいける。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

565 令和もどこかの名無しさん :2020/01/17(金) 23:33:21 ID:HtReQJfA00
盆も暮れも冠婚葬祭も関係ない、月月火水木金金なのだ!という先生の編集への怒り……。

566 葉っぱ ◆Cqd/udPZG6 :2020/01/18(土) 00:29:22 ID:GbPfiiAg00
やればできる子先生、スレ住民の皆さん、いつもお世話になっております。
ラノベじゃないとなぜか言われ続けている葉っぱです。

今回こそ汚名(?)返上を目指しておりますが果たしてどうなるか。
ということで、以下7レスほど頂きます。

あと、『まとめ不可』でお願いします。
注意というほどではありませんが、全てのプロットはブログ等で発表してあるのでパクらないでね。


講評はいつでも構いません。順番が前後しようが最後にされようが。
先生のご都合(お仕事と古戦場)に合わせてください。

評価基準はお弟子さんレベルのシビアさに挑戦したいと思います。
それでは先生、よろしくお願いします。

567 葉っぱ ◆Cqd/udPZG6 :2020/01/18(土) 00:30:20 ID:GbPfiiAg00
・タイトル『記憶操作人』
・でーま『記憶の国旅行記』
・舞台:現代

・登場人物
宇津保:男主人公。ヒロイン1以外何もいらない、自他ともに認める普通じゃない人。なぜか記憶操作能力を持ちで大学生のかたわら『思い出屋』を営む。西洋人形を鞄に入れ、外が見えるように首から上を出している。交通死亡事故現場の献花を見ると必ず花を供える癖がある。

カレン:ヒロイン1。5,6歳に見える金髪碧眼の少女。姿に似合わず口調と思考は大人。宇津保は彼女のおかげで精神的に癒された過去がある(継続中)。『思い出屋』では相棒。

桔梗:ヒロイン2。幼大一貫校の主人公の先輩。男勝りで大型バイク乗り超長身美人。仕事の仲介者。仕事を通じて助言も。宇津保とカレンの関係に肯定的。依頼人第一号。良家のお嬢様。


・プロローグ(2ページ)
カレンとの関係が他人に理解されず、奇異の目で見られ続けている。どれだけ言葉を費やしても誰もわかってくれなかった。
依存だと咎められたり見苦しいと侮蔑されたりした。だから宇津保は語るのをやめて、人形のように生きるようになった。
彼にとってカレンは、目で耳で口であり、心の一部であり、生活のほぼ全てを共にするものであり、愛しい相手でもあった。もちろん誰も認めやしない。
だがカレンがいなければ宇津保は心を閉ざしたままのはずだった。彼女に救われ今も癒されている。そして癒すこともできるようになった。死ぬまでずっと彼女さえいればいい。誰かに理解される必要なんてない。
しかし高校生の頃、ひょんなことから記憶操作の力で他人を救うことになった。人の心をどうにでもできる忌避すべき力が、他人の心を癒すことにも使えたのだ。
そのこと自体はどうでもよかったが、救った人がカレンの存在を認めてくれるようになった。
同様に心を病んだ人間を癒せばカレンとの関係を認められるのではないかと『思い出屋』を続けている。

・起
依頼1:彼氏を親友に奪われた女性『イラつく元親友をどうにかして』
女同士のビンタの応酬。依頼人とその親友だ。宇津保は浮気した男を責めずに親友に怒りをぶつける依頼人の感情がわからず。だが幼女のカレンは達観したような説明をし、女心がわからないと宇津保にダメ出しをする。
宇津保は仲裁しようとするが依頼人に叩き出される。地面に転がった彼の目に入ったのは王様のように高いところに座ったイケメンの姿だった。微動だにせず女性たちの争いを睥睨している。嫌な男ねと言うカレン。そんなこと言わないでとどこからともなく声がする。王様ではない。下から聞こえた。
地面を探すと王様と瓜二つの小人がいた。小人は王様を、依頼人にとってのトロフィーだという。ブランド品と同じ扱いのカッコいい彼氏。それに気づき別れ話をしたが聞いてくれず、親友に相談したのを依頼人は勘違いしてるらしい。
人間を物扱いするのかと驚嘆した宇津保は、カレンの助言に従い王様を小人と同じ大きさにした、記憶操作の力で。
空同然の玉座を見た依頼人は急変し、親友と仲良くし始める。現金だ。想定外の手順だったが依頼の本質は果たせた。
カレンが依頼人に「新しい男を見つけた方が早いわ。大した男じゃなかったんでしょ?」と偽言。依頼人は「顔だけだったわね、金もないし」と玉座の小人の王様を放り捨てる。
カレンは「別れて正解よ」と下を向いて言う。依頼人はそうねと応え、小人たちも頷く。呆気にとられながら宇津保は仕事を終えた。そして世界が暗転する。

大学キャンパス内。ビスクドールを抱き歩く宇津保には奇異の目が集まる。しかし気にしない。広場のベンチで人形と隣り合って座って昼食を食べる。そこへ先輩の桔梗が声をかけてきた。
「悪かったな。親友が私の友人だったんだ」と言って謝礼を渡してくる。経緯を桔梗に話す。

回想:心の世界での出来事は真夜中の夢のように記憶にはまず残らない。処置が終わって互いに目を覚ますと、依頼人は気持ちの悪い現象だと気味悪がる。
ただ宇津保の隣のソファに座るビスクドールに目を向け「その子、なにかいいことを言ってた気がするわ」と付け加えた。
「あなたにはもっといい男がいるって」
「不気味な人形って言ってごめんね。私と一緒で良い目をしてるわ」と満足気に部屋を出ていった。
宇津保は隣の人形を抱き上げ「同類だって、カレン」と言えば、人形も「人間を物扱いするような人と一緒にされたくないわ」と答えた。

「カレンからしてみたらそうだろうな」と人形を見ながら桔梗。ただあの女は自分も人扱いしておらず、ガラス越しに世界を見ているような現実感のない生き方をしているらしいと。
桔梗の情報収集能力の高さに相変わらずだと思いながらも、カレンを認めてくれた一点でもって宇津保は依頼人を誉めた。
(処置第一号が桔梗で、カレンの存在を認めていることを示すエピソードもここで消化したい)

568 葉っぱ ◆Cqd/udPZG6 :2020/01/18(土) 00:30:33 ID:GbPfiiAg00
・承1
依頼2『元夫に養育費を払わせたい』
桔梗の調べでは入金がないという元妻の言い分は正しいらしい。
そこで宇津保は喫茶店で夫と相席になり、寛いでいる夫の心に機をみて潜り込み、子供との思い出を大きくする。夫の反発がなく宇津保は拍子抜け。
夫は急に立ち上がって銀行へ駆け込む。だがATMを待っている間にまた外へ飛び出し、赤信号の交差点に突っ込もうとしたところを宇津保が腕をつかんで引き留める。足元にはいくつかの花束。よく事故死が起きる場所なのかも。叱りつけるついでに、ただ事じゃないと夫の目を見て、意識を宇津保に固定したところへ再び夫の心の中へ。

夫の記憶を探る。中学生くらいの子供を赤子のように抱いている夫とその妻が言い争っていた。妻とはデキ婚だと思っていたが、子供は妻子ある上司と妻が不倫してできた不貞の子であり、夫の実子ではないと十年以上経ってからしったらしい。出し渋るわけだと宇津保とカレンは納得したが、子供を抱いているのは夫だ。おかしくないかと指摘する宇津保。俺の子なんだと現実では失った親権を口にする夫。
カレンが言う。「あなたとは血がつながってないのよ?」
「関係ない」と夫。
「ならどうして養育費を滞納してるの?」
元々子が出来にくいから結婚はと渋る妻を、子ができなくてもいいとまで言って口説き落としていたらしい。子供は養子だと思えばよかった。夫自身養子らしい。ただ、長年騙され続けた元妻にまた裏切られないか、養育費が浪費されないかと心配していた。

そこで宇津保は心から追い出された。無茶をしたせいだろう、突然の睡魔に襲われてその場にへたり込む。根が善人なのか、夫は道路の向こうを一度見るが宇津保を近くのホテルのラウンジまで連れていく。
宇津保は力の使い過ぎで、夫は心を強引に触れられたことで互いに警戒心が緩み、心の内がボロボロ出る。
メンタルが弱いからああいう不測の事態に弱いのだと宇津保は夫に説明し、どうしてあんな真似をしたのか尋ねた。離婚で離ればなれになった子供に会いに行こうとしていたと夫は答える。
うちも両親が離婚していると宇津保は言う。子供はかわいくないのかと尋ねると愛していると答えた。ではなぜ離婚したのかと宇津保は聞きづらいことを訊くが、夫婦関係に重大な問題があったと素直に答える。「子供は両親の不仲をすぐ見抜くさ。俺も貰い子だったから周りの目がよく分かった。小さい時は特に敏感なんだ」宇津保はそこに親近感を覚えて話し込む。

「ちょっと時計見なさいよ」と突然カレンに囁かれる。宇津保が時計を見ると、夫も時間を確認し、急いで子供に会いに行った。
とにかく教育費事態は払わられそうだと安堵した、妻の思惑とは違う形かもしれないが。
ろくに動けず迎えを待つ間、宇津保は自分の両親を思い出す。自分が原因で仲違いして離婚した両親を。
迎えを頼んだ桔梗の姿が見えた。その時カレンが、托卵された子についてどう思うかと問いかけてきた。自分の子供でもないのに愛せるのかと。ただの代償行為じゃないのかと。
宇津保も夫の言葉を全面的に信じたわけじゃない。元妻の浪費もただの言い訳かもしれない。記憶の世界は本人の認識次第だということを知っている。
「代償行為でも互いが納得してるならいいんじゃない? それからカレンとの関係以外の愛なんてわからないけど、子供に罪はないと思う親であってほしいと願うよ」
近くまで来ていた桔梗はその呟きを聞き逃さず「両親の愛は無償であるべきだろうが、結局自分の生きた証を遺したいだけだ」とシビアに言う。「血だけとは限らない。家でも遺志でもいい。それもひとつの愛さ。自己愛だがな」
桔梗が詳細を知っている風であることに気づいた宇津保は問い詰めるが、依頼は厳選してると答えるだけだった。その上で桔梗が「カレンはなんて言ってたんだ?」
「代替品で満足できるのかって」
「なるほど、カレンらしいな……」
アパートに送ればいいのかと訊いてきた桔梗に、久しぶりに実家に帰ると答えた。その前にあの交差点に献花したいと頼んだ。

・承2
一人暮らしの家から実家は近い。母がいるのか実家には電気が灯っている。外科医の父と違い眼科医の母は時間に余裕がある。すぐ近くの細い十字路に今年も1本の花が置かれている。宇津保が高校生の頃から毎年あるが、その時期にそこで死亡事件が起きたという記憶はない。疑問に思いながら実家に入る。

母の部屋を素通りしてかつての自室へ戻る。家を出た時から何一つ変っていないせいで逆に落ち着かない。故人の部屋を保存しているように感じて。
ベッドに寝転がり、隣にカレンを寝かせる。カレンとの出会いを話し合う。

569 葉っぱ ◆Cqd/udPZG6 :2020/01/18(土) 00:30:52 ID:GbPfiiAg00
幼い頃に買ってもらったビスクドール。両親が多忙で、家政婦のような人はいたが、いつもカレン人形で独り遊びしていた。ある日、ままごとの相手がしゃべりだした。祖母から付喪神のことを聞いていたのでうれしく思った。両親にそのことを告げると、よかったねと言うものの困ったような顔をした。カレンは両親には話しかけなかったから信じてもらえなかったのだろう。
宇津保は思い出す。小学生の頃に両親が喧嘩をするようになった。原因はいい年の男子が人形遊びをしている外聞の悪さを父が気にしているようだった。子供心に両親の喧嘩は怖くて、近づくことができず詳細はわからない。母は人形遊びを認めてくれたし、父も自分には優しかった。
それらが上辺でなく本心であることが宇津保を混乱させた。昔から他人の気持ちを察することができた。顔色をうかがうのが得意だったのかもしれない。
自分とカレンは心が通じ合っている。どうして両親はそうならないのかと奇妙に思うと同時に、宇津保は一番仲の良かった頃のことを思い出してほしいと願った。すると、学生時代の両親らしき仲睦まじい男女が見えた。力の発露だった。宇津保はその二人の様子を強く念じた。カレンの静止を聞き入れず。仲良くなってほしい一心だった。
しかし両親の仲は逆に悪化した。今と昔のギャップが火に油を注いだのだ。
自分が不思議な力を使ったことは理解できなくとも実感していた。両親の離婚の最後の一押しが己だというトラウマ。そうなった原因である記憶操作の力を恐れた。カレンの静止を聞いていればと宇津保はカレンに依存していく。結果、責任から逃げるような性格になっていた。

翌朝、リビングに母がいた。珍しい。理由を聞くと息子に会うのに理由はいらないと言われる。僕は生まれてよかったのかなと不意に訊くと母は怒った。離婚の原因は私達が未熟だったからだと。
そして宇津保の鞄から覗くカレンに「まだ持ってるのね。私が買ってあげた人形」
「男が人形を持ち歩いていたらおかしいかな?」
「貴方の好きにすればいいわ。昔からカレンちゃん、カレンちゃんって。今更よ」肯定ではなく諦観の響き。「ただそろそろ大人なんだし、お姉ちゃん離れしないといけないんじゃない?」
「お姉ちゃん?」
「そうじゃないの?」
そうかもしれない。ずっとカレンに頼り切ってる自覚はある。

家を出て大学へ向かう。居心地の悪さと疎外感を覚える帰省だった。それはカレンに対する対応のせいかもしれないがよくわからない。やはり自分にはカレンしかいないと宇津保は強く思う。カレンもあなたが望む限りずっといると言う。だったら一生だと答える。
曲がり角の献花の隣に宇津保も花を供えた。これが習慣となって献花癖が身についたのだろうかと思った。カレンという不思議な存在が、死後の世界を宇津保の身近なものにしていた。

・転1
依頼3『母親の記憶から僕を消してほしい』
レイプされたショックでレイプされたこと自体を忘れた女性。妊娠が発覚した時にはすでに中絶不可。婚約中だったことが幸いし、周囲には少し順序が変わったと誤魔化した。婚約者も協力的だった。しかしその嘘も長くは続かなかった。産まれた子供の顔を見て倒れた。レイプされた記憶が戻り、それから精神病院に入院し続けてほぼ寝たきりだ。一時退院もしない。そして子供が顔を見せると母親は激しく錯乱した。
その姿が見ていられないと小学生の子供が、自分の存在を母から消してほしいと頼んできたのだ。整形ではだめなのかと尋ねると、目が似ているようで整形では無理らしい。

入院中の母親に対面できるか問題だったが日光浴に車イスで出てくるとのこと。
気は乗らないがやるしかない。桔梗がどうしてもと頼んできた仕事だった。だがひとつだけ念押ししておいた。自分の力は記憶を改竄するものではなく、思い出に強くしたり弱くしたりするだけしかできない。あったことをなかったことにはできない。記憶を薄めたとしても母と会えるとは思えないと。
母の病気がよくなればいい、僕はどこまでいっても悪魔の子なんですと頭を深く下げる子供。それに母が元気なら僕だってうれしいと付け加えた。子が母を愛してることがよく分かった。
こんな小さな子に過酷な覚悟させることに宇津保は苛立ちを覚えつつ依頼を受けた。

心の世界は荒廃し、巨人のような子供がいた。しかも目だけが異様に大きい。レイプ魔の目を思い出させるくらい似てるのかもしれないし、レイプ魔の象徴的な部分なのかもしれない。過去に遡るとレイプ魔は母親の身内だとわかった。殊更ショックだったようだ。母親は子供から顔を背けて足を震わすも逃げようとはしなかった。一抹の愛情があるのか。子に罪はないと判っていても望まなかった子は受け入れられないのかもしれない。

570 葉っぱ ◆Cqd/udPZG6 :2020/01/18(土) 00:31:14 ID:GbPfiiAg00
レイプ魔と子供の関係はどうにもできないが、レイプ魔の顔を忘れさせることはできる。存在自体は無理でも顔なんかはあっという間に忘れるものだ。宇津保はレイプ魔の顔を思いきり潰し、ミジンコなみの小人にした。そして子供の記憶も薄れさせた。宇津保の独断だったがカレンはずっと黙っていた。

子供は握りしめた五百円玉を渡してきた。謝礼なのだろう。宇津保はそれを受け取ると病院近くの花屋へ子供と一緒に向かい花束を買ってその場でその子に渡す。
狼狽える子供に「お母さんの好きな花を選んだんだ、渡してきて?」
「これが、お母さんの好きなもの?」母のことをほとんど知らずに育っているのだ。
躊躇しつつも母親へ渡しに行く子供。微笑んで受け取る母親。驚く子供と看護師。
母親の記憶は曖昧だろう。親戚の子か養子か。実子は里子に出したのか、発端の妊娠の記憶すらどうか。
「おばさんの好き花ばっかりね、ありがとう。ええっと」と記憶の中から子供の名前を思い出そうとするが、首を振って「ごめんなさい、どなたかしら?」親戚の子だろうかと呟く。
泣き笑いする子供を見つめて宇津保は気分の悪い仕事だと宇津保は思った。

親子としてではなくても母と触れ合える。錯乱する母を見ることもなくなる。でもあの子はこんなことで本当に救われたのだろうか? 子供にあんなことを決断させ、こんな目にあわせるのか。
大人が守るべき子供に守られてどうするんだと宇津保は憤る。
結果として子供が自己犠牲を強いられたことをカレンは悲しみ、桔梗は怒る。
大人の傲慢さと子供の犠牲。それは桔梗との出会いを宇津保に思い出させた。

・転2
すでにカレンを連れて通っていた高校時代。同級生に力説しても人形を連れ歩くことは理解されなかった。子供の玩具扱い。ずっと使い続けるなんて依存してるみたいだと言われる。宇津保はスマホを片時も手放さないみんなの方がよほど不健全だと訴えるも苦笑いされるだけ。スマホは生活の必需品だと言う同級生が宇津保には理解できない。恋人以上のカレンがいればそんなものいらないと思っていた。だが説得するのはもう無駄だと諦め、語るのをやめ、人形のように生きることにした。

ある日、生徒会長の桔梗と出会う。黒髪を長く伸ばし、背は高すぎるが日本人形のように綺麗で性格も穏やかで評判高いある種理想的な女性像。宇津保でもその雲の上の存在である先輩のことは知っていた。
桔梗は宇津保を探していたようで「誰とでも仲良くできる浮雲の宇津保君と聞いていましたが、本当は誰にも心を開いていない空ろな宇津保君なんですね」と出合い頭に言われる。
桔梗は宇津保物語のあらすじを言い残して立ち去る。人当たりがよく、ファンクラブがあるほどの人気者だったが宇津保が受けた第一印象は悪かった。図星を突かれたからかもしれない。
それが変わったのは生活指導の教師にカレンを不要物として没収されそうになった時だ。桔梗が現れて、人形と一緒にいるだけで問題があるのか、携帯電話の方がよほど学校には不要だと宇津保を庇った。

その宇津保の眼前で桔梗が突然倒れたので保健室に運び込む。月経、しかも初潮だったらしい。あまりの遅さとそんなことを言われて驚く男の宇津保。
桔梗は、宇津保と自分は似ていると言う。偽りの仮面をかぶって生きている点で。親近感があったと言う。
初潮が遅かった理由は女になりたくなかったせいだろうと桔梗は言った。精神力でどうにかできる問題ではないと思うが、実際にそうなっているからそうなのかもしれないと桔梗の心の強さに驚愕する。
女らしくあらねばならないことに嫌気がさしていると桔梗は吐露した。だが両親は女らしくあれと暗に強制してくる。女らしくと常に自分に言い聞かせていたせいか、二次性徴を終えても生理だけは来なかったらしい。
家庭の事情を宇津保が問うと、弟が生まれるはずだったと桔梗は語り出した。母の妊娠初期から立派な姉になりなさいと言われ続けたが弟は生まれなかった。跡取りになるはずだった男子の死産、そして二度と妊娠できなくなった母。家や両親の様々な感情に囚われていた。
完璧な姉であることを自他共に強要する桔梗に宇津保は強烈なショックを受ける。桔梗は両親と死んだ弟、宇津保は兵信と不思議な力の呪縛。
共感した宇津保は、自分らしく生きたいんですねと桔梗につい自分の能力をばらしてしまう。心を覗くことができることや力が制御できず両親の心をめちゃくちゃにしたことも。
桔梗はしばし逡巡するも宇津保の申し出を受け入れる。
宇津保にとって人生2度目の心の世界。今度は必ず成功させなければならないという緊張。

571 葉っぱ ◆Cqd/udPZG6 :2020/01/18(土) 00:31:29 ID:GbPfiiAg00
初依頼『自由への渇望を満たしてほしい』
桔梗の両親と女の子と男の子がいる。女の子が桔梗で、男の子は生まれなかった弟だろうかと考えるが年恰好は同じ。子供らは双子のようにそっくりだった。巨大な両親が女の子を、女の子がさらに男の子を檻に入れている。両親は強大で、力の未熟な宇津保では上手く処置できそうになかった。
カレンが女の子に叫ぶ。「記憶の中の人や物は自分の感情次第でどうにでもできる、両親を逆らえない存在だと思うな。記憶は感情次第でどんな思い出にでもなる、認識の問題」だと。
宇津保一人の手に負えないなら本人の力を借りればいいとカレンは宇津保に言う。
しかし女の子は手が放せない。男の子を解放することになるのだ。そんな女の子に男の子も反発する。その間も両親は女の子の檻を十重二十重と厳重に補強し錠前も無数につけていく。宇津保に過剰反応したようだ。
女の子は苦渋の決断をし、男の子と取引する。ここから出す代わりに両親を協力して倒そうと。男の子も最後は取引に応じ、二人で檻を壊し両親を倒す。その隙をついて宇津保が両親との記憶を弄る。女の子は力を使い果たしたと言って眠ってしまう。そして男の子は自由を得た。

翌日、髪の毛を短くした凛々しい桔梗の姿に学校中が騒然とした。男勝りの性格をした今の桔梗の原型が生まれたのだ。これまでも人気があったが、女の子からの人気は違う意味で絶大なものになった。それは大学生になっても変わらない。
宇津保は桔梗から感謝され、カレンのおかげで現実でも両親に言い返すことができたとも言われた。これがきっかけで宇津保の力を使うことへの恐怖が薄まり、力の有意義な使い道を理解する。

・結1
依頼4:『苦しい記憶でも忘れたくない』
愛犬が病死した。だが日を追うごとにその姿形が記憶から薄れていく。愛犬がただの思い出になることが耐えられないと依頼人。『思い出屋』として初めて受けるタイプの依頼で宇津保は狼狽える。
写真や動画、遺品を見ても加速度的に記憶が薄れていく。顔や表情、行動などあらゆるものが曖昧になっていく。愛犬は苦しんで死んでいったのに、自分は徐々に平穏な暮らしに戻っている。それが許せない。たとえ愛犬が死んだ時の苦しみを常に感じて、涙が出て動けなくなってでも思い出にはしたくないと言う。
苦しい、つらい。だから忘れたい、解放されたい。そういう依頼人が多かったのに。

心の中。愛犬は死ぬ間際の元気のない姿だった。飼い主の中で強烈に残っている記憶なのだろう。最期の姿なのだからそれも当然かもしれない。その姿はすでに小さく、半透明にさえなっていた。
存在や出来事は忘れにくくても、表情などの細部は忘れ易い。記憶とはそういうものなのだから仕方がない。だからこそレイプ魔の顔を記憶の彼方に追いやることができたのだ。
愛犬はなぜか宇津保に牙をむきうなっている。まるで宇津保のしようとしていることを嫌がっているようだ。依頼人も愛犬がこんなことを望むような子ではないと知っているのだろうとカレンは言う。所詮、依頼人の記憶の中の愛犬なのだ。愛犬そのものではない。
だったらなおさらどうしようかと宇津保は悩む。この記憶を大きくしてよいものかどうか。苦しみ続ける人生がいいのかどうか。
だがカレンが言う。依頼人は苦しみたいの、楽になりたくないのよと。自己満足。愛犬の気持ちの問題じゃないと。
カレンが犬と取っ組み合う。宇津保も犬に手を噛まれながらその体を象のように大きくした。それが依頼人の希望なのだ。

現実に戻ると瞼を泣き腫らしてうずくまる依頼人がいた。嗚咽交じりに感謝された。
その感謝は宇津保にとってとても嫌なものだった。

本当に大事なことは忘れちゃいけないのかと宇津保は感慨深く思う。それが大人の強さなのかと。思い出にして今を生きる人と、思い出にできず過去と生きる人。
桔梗は、なにが正解というわけじゃないと言う。
そしてカレンは独り懊悩していた。大人になるならつらい記憶にも耐えられないといけないのか。自分がずっと宇津保の心を護っていていいのかと。

・結2
警察から電話が来る。桔梗の身柄を引き取ってもらいたいと。バイクのスピード違反だった。警察署から解放された桔梗に詳細を訊く。峠で走り屋集団に追いかけられたとのこと。情状酌量の余地ありということでとくに罰はなかったが、一応身元引受人をと言われたらしい。
もっともらしい話だが、桔梗が峠を走ったことに違和感を覚えた宇津保は重ねて訊く。心がざわつき、それを振り払いたくてとばしていたら絡まれたというのが真相だった。
宇津保のアパートに着くと桔梗から心を見てほしいと頼まれる。自分は『思い出屋』だと断るが、カレンは「貴方の不始末かも」という。宇津保は生まれて初めて、同じ人間に2度受け入れてもらうことになる。

572 葉っぱ ◆Cqd/udPZG6 :2020/01/18(土) 00:31:56 ID:GbPfiiAg00
桔梗の心の中では、眠りから覚めた女の子と男の子が盛大に殴り合いをしていた。両親の抑圧もなくなり充電も済ませた女の子が表に出たがっていたのだ。思い出を処置の対象としていた宇津保にとって今現在の心はどう対処してよいかわからない。
仲裁しようとするが「空ろな宇津保は黙っていろ」と高校生の頃に言われた言葉を浴びせられる。しかし『思い出屋』を始めて人形のような生き方から少しずつ変わってきたと思っていた宇津保は声を上げて「もう空ろなんかじゃない」と反論する。
双子はカレンを指さし嘲笑する。彼女の存在はなんだと。「ここは私の心の中だ。私は宇津保にしか存在することを許していない。ならカレンは誰だ? お前の心以外に考えられないだろう」
言われたことに愕然とし、わらに桔梗ならやりかねないと思うも「そんなことができるはずない」と反論する。
「周囲の目は正直だ。お前は人形相手に一人芝居していただけだ」
カレンの存在をずっと認めてくれていたと思っていた桔梗に宇津保は裏切られたと感じた。なのに、心の穴をカレンという存在で埋めていただけじゃないのかと罵られた。なにかとカレンに押し付けると宇津保を怒る女の子、男の子も同意するがお前が言うなと女の子に文句。
宇津保はすがるようにカレンを見詰めるが、カレンは肩をすくめるだけで宇津保を突き放す。

桔梗の心から逃げ出した宇津保の眼前にはたおやかに椅子に座り彼を見つめる桔梗。
「気持ち悪い? 男らしさと女らしさが完全に分離してるの。上手く混ざらないみたい」「女らしくあれと言われ続けた記憶と自由奔放でありたいと願っていた記憶。それぞれに基づく意思が葛藤を引き起こしているんだろうな」「お前はカレンとどう向かい合って生きてるんだ? 教えてほしいわ?」
カレンはカレンだと答える宇津保の目には人形のカレンは生きているようにしか見えない。そのカレンを桔梗は大事そうに、しかし物を持つ遠慮なさで抱き上げる。桔梗は、心の中にいるカレンと人形のカレンについて宇津保を問い詰める。そこに男の桔梗と女の桔梗が上手くやっていけるコツがあるはずだと言った。

だがカレンはカレンだとしか思っていない宇津保にそれはわからない。当然桔梗にもわからない。
桔梗が、普通の人たちはどうやって感情に折り合いをつけているんだと嘆きながら、カレン人形を膝の上に乗せてあやす。
人形はなされるがまま。その光景を見た宇津保は悪寒を覚えた。その瞬間、彼の身体が飛び跳ねる。そしてカレンというビスクドールが割れた。
宇津保はカレンの名を呼びながらも自分じゃないと繰り返し、砂のついた自分の手を見て意識を失う。

気づけば自分の心の中。初めての世界。そこには自分より年上の大人の姿をしたカレンがいた。
カレンが言う。もう自分の足で立てるだろうと。力にも慣れ、色々な心を見てきた。私に押し付けておくのは楽かもしれないけど、もう自分で受け止められるはずだと。
そして宇津保は思い出す。幼い頃、近所にカレンというお姉さんがいたことを。多忙な両親に代わってベビーシッターの経験者であるカレンの母親が家政婦をし、カレンがいつも手を引いて遊んでくれたことを。毎夜カレンと引き離されて愚図る幼い宇津保に母がカレンと同じ金髪碧眼のビスクドールを買ってくれて、カレンと名付けたことを。
ある日、一緒に道を歩いているとカレンが突然倒れた。それこそ人形のように。そこへ大型トラックが来てカレンの体はバラバラになった。実家近くの細い十字路だ。
カレンの死が理解できず、受け入れられなかった宇津保は人形をカレンだと思い込むようになった。カレンの家族はカレンの死とおかしくなった宇津保に耐えられなくなって引っ越した。両親も宇津保のことで仲違いするようになった。

宇津保はすべてを思い出し、自分のせいだったのかと思う。
人形のカレンは、自分は宇津保の心の一部で、感情の隔離場所だと言う。人形を壊したのもカレンの意思が表に出たからだった。どうしてそんなことをしたのかと宇津保は問い詰めるがカレンは答えない。ただ、宇津保が望むなら一緒に居続けることもできるが、自分がこんなことを言えるのも、人形を壊せたのも、宇津保自身が心のどこかで思っているからだと告げる。
そんなことない、心は嘘をつけないと色々言い争う二人。だがカレンは最後に、もう疲れた、休ませてと嘯くようにお願いした。

573 葉っぱ ◆Cqd/udPZG6 :2020/01/18(土) 00:32:18 ID:GbPfiiAg00
カレンに無理をさせすぎたのかと宇津保は桔梗に言う。桔梗は心の中の女の子が両親のせいで疲れ切っていたのを経験知っていたので、自分も同じだったと答えるに留める。
壊れた人形を手にした宇津保はずっと一緒にいたかったと呟き、桔梗にカレンという人間がいたことを語った。
桔梗は驚く様子もなく宇津保の話を聞いていた。毎年花を手向けていたのは桔梗だったらしい。
その情報収集能力の高さには毎度あきれたものだが、そんな桔梗だから自分の過去を知っていてもおかしくなかったかと宇津保は妙に納得した。
自分の薄情さと身勝手さに後悔する宇津保を桔梗は慰める。カレンはもう休んで見えないかもしれないけど、一緒に生きてきたことは紛れもない事実。二人で培った力は残ってないのかと訊く。

桔梗の心の中。女の子も男の子もすでに殴り合いをやめていた。カレンがいなくなった現実が二人に影響したのかもしれない。だが二人のお腹には一本ずつ刃物が刺さっていた。
宇津保は殺し合いに発展したのかと恐れたが男の子は二人が協力するための保険だと言った。勝手をすれば刃物が抜けて血が出て死ぬ可能性があるように。
男の子が言う。「僕らはまだ相互補完できる関係じゃないから」
女の子は宇津保に問う。「貴方の心はまだ空洞なのですか?」
もうどこにもいないカレンが抱えてきた宇津保の記憶や感情があふれ出したことに気づく。それは苦しくて辛くて、それまでは感じることのなかったリアリティーがあった。これがカレンに仮託していた現実だったのかと改めてカレンのことを想った

忘れることも覚えていることも生きていくうえで大切かもしれないが、宇津保は二人のカレンを絶対に忘れないと誓った。すべて自分の記憶であり感情であり、大切な思い出なのだ。
辛くても悲しくても苦しくても、そういうものを抱えて生きていくんだ。

・エピローグ(2ページ)
桔梗のバイクの後部座席から宇津保が下りる。
一人で大丈夫かと心配されるが、一人で行くことに意味があると宇津保は答える。桔梗に激励されてとある家の鐘を鳴らす。
死んだ愛犬の思い出に心の中で涙しながら仕事をこなし、しっかりと生きているかつての依頼人。見た目は元気そうだが、心の機微に敏い宇津保には無理していることが分かった。
宇津保は元依頼人に語る。「辛いことを忘れて自分だけが楽になりたくない気持ちはわかる」カレンのことを思い出して宇津保は涙をこぼす。「でも苦しがっていた愛犬の最期の姿にすがって生きているのでは、楽しく生活を共にしていた子の生涯を汚すことになりませんか?」「忘れるなとは言いません。亡くなった時のことはたまに思い出して思いきり泣けばいいと思います。でも思い出は元気だった頃の、楽しく、安らぎを貰っていた頃の姿にすべきじゃないですか? 貴女は愛犬に対して最善を尽くしたのだから」
飼い主もその時のことを思い出して泣き出し、宇津保もカレンとの生活を思い出し、二人して泣く。
「最期の姿を思い出すって、死なせ続けるようなものじゃないですか? それは可哀そうだと思うんです。過去にするわけじゃありません。僕はただ、貴方の記憶の中で、愛犬が生き生きとした姿で生き続けてくれるようにしたいだけなんです」


以上です。

574 葉っぱ ◆Cqd/udPZG6 :2020/01/18(土) 00:32:47 ID:GbPfiiAg00
枝葉と言っていいのかわかりませんが、依頼に関しては本文を書いている途中に変わるかもしれません。

そもそも本文を書き出してプロローグと(プロットで没にした)最初の依頼まで書いたところで、
それ以降の主人公たちの話を書く上での依頼内容が決まらなかったのでプロットを作ろうと考えた次第です。

プロットを作るときにはなぜかブレインストーミング的にささっと埋まったので、
依頼が最適な内容か、最適な順番かが非常に怪しいです。

また今回は短編連作のような形式上、書くことが多くて上手くまとめられず、
以前までのような心理描写が少ないです。(むしろ心理描写ばかりと言われてましたが)
上手く説明できていなければ申し訳ありません。

先生、講評よろしくお願いします。
住民の皆さんもご意見があればどうぞ言い争ってください。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

ハクメイとミコチ 1巻 (ビームコミックス) - 樫木祐人

マキナタで暮らしたい……

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板