したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

やればできる子で学ぶラノベ新人賞の獲り方 48刷目

100 令和もどこかの名無しさん :2019/11/05(火) 19:47:08 ID:l5U0UeuUSd
昔ならこんだけ史料読み込んでそれをもとに作品作ってますよって売りになったのかもですけど、今それやっても本職の学者先生とかに蜂の巣にされそうで逆効果っぽいですもんね
特に歴史物なんて

101 ◆uN377XmBVY :2019/11/05(火) 21:23:17 ID:9APsHJDw00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       読んだ資料の量は基礎に直結しますからねぇ。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         特に史実をベースとする場合、
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       『世界観』は作者の中にあるものではなく『歴史』の中にあるので
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   知らねば『史実』に近づけられない。
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::} 反対に作者の中にあるもので決着する部分が大きいなら無理が利く。
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

102 令和もどこかの名無しさん :2019/11/05(火) 21:28:49 ID:APhxUaNQSd
「こうこうこういう流れでこの状況が生まれました」の説明の引き出しは多いに越したことないですもんね

103 ◆uN377XmBVY :2019/11/05(火) 21:30:51 ID:9APsHJDw00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   大事なのは調べたもの全部使おうとしないこと。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  調べて調べて、それを『使わない』決断をする大事さよ。
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

104 令和もどこかの名無しさん :2019/11/05(火) 21:35:22 ID:APhxUaNQSd
使ってるけど説明しないというのも読み手からすると美味しい
行間から読み取れても美味しいし、後から説明されて納得できても美味しい

105 令和もどこかの名無しさん :2019/11/05(火) 21:40:13 ID:/LvCnCBs00
あと歴史系は新資料の発見で定説が変わるからね
日本古代史なんて21世紀に入ってから20世紀の説がほぼ全部否定されちゃったから(元の資料が少ない所に皇国史観とか唯物史観とか……)
ただ、歴史上の出来事の知識が多いと引き出しが増えてやりやすいとは感じる。
歴史と一言に言うけど戦争と文化と経済と人間関係と多ジャンル網羅していて応用が利くこと利くこと

106 ◆uN377XmBVY :2019/11/05(火) 21:45:42 ID:9APsHJDw00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   ・桶狭間の位置が未だに確定できてない
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  ・なんか、奇襲じゃなくて正面から打ち破ったっぽい
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  ・ていうか、六角さんが同盟軍として加わってたっぽい
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

107 令和もどこかの名無しさん :2019/11/05(火) 21:58:48 ID:APhxUaNQSd
ショセツ・アルガー氏を信じるんだ

108 ◆uN377XmBVY :2019/11/05(火) 22:01:08 ID:9APsHJDw00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   ワレクロ※
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  ※諸説ある
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

109 ◆uN377XmBVY :2019/11/06(水) 00:40:14 ID:FVcb6b4c00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   ttp://download1.getuploader.com/g/dekiruko/303/WS004999.JPG
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  (8F
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

110 令和もどこかの名無しさん :2019/11/06(水) 00:41:30 ID:Ak9Q7hs6Sd
八階で星22…

111 ◆uN377XmBVY :2019/11/06(水) 00:47:35 ID:FVcb6b4c00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   6F☆1で飛ばしちゃった☆
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

112 ◆uN377XmBVY :2019/11/06(水) 22:20:03 ID:FVcb6b4c00
アレグロ

113 令和もどこかの名無しさん :2019/11/06(水) 22:31:43 ID:d1WYnSwM00
コン

114 令和もどこかの名無しさん :2019/11/06(水) 22:49:05 ID:ZAy7duVQ00
アレグラ
アレジオン

115 令和もどこかの名無しさん :2019/11/07(木) 14:00:56 ID:MiBWd9ZMSd
上の方に登るとオリハルコンゴーレムがミスリルゴーレムの群れに混じって拠点に歩いてくるとか嫌すぎる
なのでゼノディア真アニマ43個と幻魔の破片80個を2セット集める作業に逃げます

116 ◆uN377XmBVY :2019/11/07(木) 21:49:30 ID:9k3073cM00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!  
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

117 ◆uN377XmBVY :2019/11/07(木) 21:50:14 ID:9k3073cM00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   怪我して痛がってたらぶつけて別のところも怪我したクロさん。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  漫画かな?
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

118 令和もどこかの名無しさん :2019/11/07(木) 21:58:35 ID:0H/sndIs00
更に悶えて転がったらタライが降ってくるまでがデフォ

119 ◆uN377XmBVY :2019/11/07(木) 22:04:35 ID:9k3073cM00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   はよ。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

120 令和もどこかの名無しさん :2019/11/07(木) 22:09:32 ID:MiBWd9ZMSd
(先生に落ちるとは言っていない)

121 令和もどこかの名無しさん :2019/11/07(木) 22:11:26 ID:aZfedmVg00
痛いピタゴラスイッチ・・・
イ(以下自主規制)

122 ◆uN377XmBVY :2019/11/07(木) 22:11:27 ID:9k3073cM00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   解せぬ。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

123 ◆uN377XmBVY :2019/11/08(金) 21:38:52 ID:A0SLV31E00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       継続ダメージって厄介ですね。こんばんは、クロです。勇者気分。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

124 令和もどこかの名無しさん :2019/11/08(金) 21:42:48 ID:IaEhgsCc00
昨日作品本文の執筆に取り掛かったのに、今日指をざっくり切ってしばらくお休みを余儀なくされました

125 ◆uN377XmBVY :2019/11/08(金) 21:43:33 ID:A0SLV31E00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       痛ぁ。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

126 ◆uN377XmBVY :2019/11/08(金) 21:56:23 ID:A0SLV31E00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       ttp://download1.getuploader.com/g/dekiruko/304/WS005003.JPG
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       解せぬ。
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

127 令和もどこかの名無しさん :2019/11/08(金) 22:09:49 ID:ZKg8Tq/6Sd
先生は魔王軍の幹部だった?
>>126の画像のキャラは魔王軍の幹部の部下の新キャラ)

128 令和もどこかの名無しさん :2019/11/08(金) 22:35:58 ID:3iNeTg/A00
クロさんが幹部で、できる子先生が魔王か……

129 ◆uN377XmBVY :2019/11/09(土) 21:51:29 ID:p.l4uD3g00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       我は患部クロ。違う、幹部クロ。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

130 令和もどこかの名無しさん :2019/11/09(土) 22:00:50 ID:OLRZqKg600
クロ幹部

131 ◆uN377XmBVY :2019/11/09(土) 22:05:57 ID:p.l4uD3g00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       何かね、戦闘員くん。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

132 令和もどこかの名無しさん :2019/11/09(土) 23:25:17 ID:xYv7X4jo00
キャプテン・クロ
(なんかどこかで聞いたことがあるような?)

133 令和もどこかの名無しさん :2019/11/10(日) 01:30:51 ID:S3QY7CDQ00
怪奇ケシバンガ

134 ◆uN377XmBVY :2019/11/10(日) 01:33:39 ID:0DiV0bFk00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       死して屍拾う者なし。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

135 令和もどこかの名無しさん :2019/11/10(日) 02:37:10 ID:Oyq0PEpw00
つらい書けない死にたいうつの薬効かない

136 ◆uN377XmBVY :2019/11/10(日) 08:08:08 ID:0DiV0bFk00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       それはお医者さんに相談しなきゃいけないような……。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

137 令和もどこかの名無しさん :2019/11/10(日) 09:47:32 ID:4zNGzUfU00
つらい書けない死にたいだけだったら、肥やしとして面白いとかそういう発想が出てくるよね
最後の力を振り絞って首元の布団を丸めてギリギリ気道を確保して、次の瞬間視界が真っ白になって意識失ってなんとか助かった時とか
最後の力が湧いてきた理由が、こんな苦しい体験をネタに出来ないなんて!! というなんかアホな理由だった

138 令和もどこかの名無しさん :2019/11/11(月) 02:35:00 ID:PIQqajPo00
小説書いてると鬱は悪化するよ。一人で静かで孤独で、救われない

139 令和もどこかの名無しさん :2019/11/11(月) 10:34:39 ID:SKaGyKSgSd
少し前に基礎力って話が出てたんですが、小説の基礎力ってどうやってつけたら良いんでしょうか?
自分はクロ先生のこのスレを見てから小説書くことに興味を持ったもので。
頭ん中にある面白いものを吐き出したいという気持ちとなんか書いてて書きたいことが書けてないもどかしさみたいなジレンマに陥ってます。

そして自分で書いてわかりました。プロ(新人賞取れるレベルの方の)作品の完成度の高さ。
状況というかその光景がスラスラと頭ん中で描けるんですよね。

自分のはなんか書いてて行動の説明ばっかりで読みにくいなぁってなっちゃうんですよ。

例えば、○○と◽︎◽︎というキャラクターが対峙してるときに、下みたいな文章になってしまいます。
○○は腕を組みながら◽︎◽︎に言った。
「台詞」
それを聞き◽︎◽︎は怒った。
「台詞」

あとなにかの物を説明するときによくわからなくなってきちゃいます。

140 令和もどこかの名無しさん :2019/11/11(月) 11:54:32 ID:o/2H5.Ew00
いっぺん会話文だけで書いてみたらどうだろう?
それだけを読んで、誰が話してるのか、どういう感情を発露してるのかを読み取れるかどうか
例えば「腕を組みながら」というのは会話からは判らないけど「怒った」のは判るよね

141 令和もどこかの名無しさん :2019/11/11(月) 20:02:30 ID:WTOwB3RQ00
ttps://togetter.com/li/901446
漫画だけど小説でも似たようなもんで書かれなくとも想像できるものを書く=テンポダウン
効果的に使うのでなければ全部省いて読み返してから想像できない動きだけ追加するでいいんじゃないの

142 令和もどこかの名無しさん :2019/11/11(月) 20:24:06 ID:rzPKrxrA00
実は腕を組みながら云々も、相手の反応として会話に混ぜれば分かるのよね
「何格好つけてんのよ。腕なんか組んじゃって」みたいな
それ単体だと単なる説明な言葉は、反応とか感情とかに混ぜるのオススメ

143 令和もどこかの名無しさん :2019/11/11(月) 20:36:57 ID:MAnhjlho00
腕よりも対峙してるかどうかのほうが大事ではないだろうか
「下の文章」だけ見てる分には向き合っていない連れション中の会話でも当てはまりそうだし

144 令和もどこかの名無しさん :2019/11/11(月) 23:48:43 ID:5xJ386qAMM
皆様、ありがとう御座います!目から鱗がボロボロ溢れてます。
まずは会話文作りつつ、地の文での動作説明を減らして感情を乗せるようにしていく。
早速実践してみます!

145 令和もどこかの名無しさん :2019/11/12(火) 00:46:28 ID:3PXJtQ6.00
『どうして』腕を組んだのか、『どうして』怒ったのか、怒って『どうしたい』のかというのを掘り下げれば埋まりそうな気はします。
なにを見聞きし、どう感じて、どうしたくて怒ったのか。これだけでも状況や人物の行動、性格は描写できるんじゃないかなと。
ラノベっぽくはないですけど会話文が少なくても小説は書けるので、会話なしで機微を丁寧に書く練習もありかも?

146 ◆uN377XmBVY :2019/11/12(火) 23:23:25 ID:inbXR2hY00
ワレクロ

147 令和もどこかの名無しさん :2019/11/13(水) 00:18:38 ID:Bf.Wbk0w00
139の人の気持ちめっちゃわかる
脳内イメージをうまく言語化できずに変な文章になる

148 令和もどこかの名無しさん :2019/11/13(水) 00:28:59 ID:KB9bzdUkSd
たまに言われるプロの文章を模写しろってのはそういう感性を磨いてみようかって意味だと思ってる

149 令和もどこかの名無しさん :2019/11/13(水) 01:13:07 ID:GAnOXAy.00
自分の作品を見返してみて気付いた。主人公のパターンがほぼ同じだ。
書きやすいってことなんだろうけど、さすがに主人公のネタが一種類しかないのは狭すぎるよなあ。
もちろん話に合わせて違いはあるけど、根源的な行動の動機とか人格が全く変わってないや。

150 令和もどこかの名無しさん :2019/11/13(水) 01:17:11 ID:g4gcihfc00
歴代主人公全員顔がケンシロウじゃねーか的ななにか
それはそれでありじゃないです?

151 令和もどこかの名無しさん :2019/11/13(水) 06:17:21 ID:ibG8jt7U00
そういうときは二次創作を書いてみるといいとどっかで読んだ記憶がある
なんでも、絶対自分が作らないようなキャラクターを書いてみてパターンを盗めとか

152 ◆uN377XmBVY :2019/11/13(水) 20:20:49 ID:wPphoibc00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       いろいろお答えしたいのですが後日に回しちゃいそうです。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

153 ◆uN377XmBVY :2019/11/14(木) 22:10:37 ID:YlHtxkYk00
ワレクロと
書き途中に
古戦場

154 令和もどこかの名無しさん :2019/11/14(木) 22:46:05 ID:AJXD4YNo00
逃げろと叫ぶも
 しかばねのみなり

155 令和もどこかの名無しさん :2019/11/14(木) 23:51:48 ID:thZupqrg00
古銭場とな

156 令和もどこかの名無しさん :2019/11/15(金) 18:03:20 ID:JScd1tkg00
先週指をざっくり切ったと思ったら
今週は鼻血を噴くわ、PCが原因不明の沈黙をして復旧に丸一日費やすわ
もうなんかお祓いしたい

157 ◆uN377XmBVY :2019/11/15(金) 20:05:38 ID:j2rztpzs00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       指→鼻→PC→???
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       この流れにはきっと意味がある……!
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

158 令和もどこかの名無しさん :2019/11/15(金) 21:36:35 ID:w5RUu.Z600
続きがある……だと……

159 令和もどこかの名無しさん :2019/11/15(金) 22:14:32 ID:YZGBFBYk00
これが伏線というやつで、読者の期待をいい意味で裏切りたいところですね

160 ◆uN377XmBVY :2019/11/16(土) 21:45:33 ID:9.R.alpw00
こんばんは、くろです。

161 令和もどこかの名無しさん :2019/11/16(土) 21:56:46 ID:psSYy0WgSd
古戦場はどうしたんですか先生

162 ◆uN377XmBVY :2019/11/16(土) 22:08:14 ID:9.R.alpw00
ここにはいない。

163 令和もどこかの名無しさん :2019/11/17(日) 00:25:09 ID:9JqsqYT.00
主人公がヒロインを最初は名字で呼んでいて途中から名前呼びに変わる場合って
地の分は最初から名前表記で統一したほうがいいですかね?

164 ◆uN377XmBVY :2019/11/17(日) 00:42:54 ID:k5rVlw/U00
読者は記憶障害を負ってるんじゃないかって思うくらい物忘れが激しいと思ってください。
その上でより良い手段を探すことをオススメします。

「これが正解です。これ以外ありえません」といえるような問題ではないので曖昧な回答。

165 ◆uN377XmBVY :2019/11/18(月) 22:05:48 ID:R/nHdGYM00
相変わらず不調なクロです。
いろいろ回答遅れてますが、落ち着いたら答えますのでもうしばらくお待ちください。コセンジョウカラニゲルナ

166 令和もどこかの名無しさん :2019/11/18(月) 22:33:24 ID:fQUKoYaw00
ジオくん仕事して(わがまま)

167 ◆uN377XmBVY :2019/11/19(火) 21:45:10 ID:ZmQkhONE00
ぐったり。

168 令和もどこかの名無しさん :2019/11/19(火) 22:15:06 ID:iW/ohj3AMM
お疲れ様です!!

169 ◆uN377XmBVY :2019/11/19(火) 22:17:29 ID:ZmQkhONE00
疲れというか病んでるというか。住人の皆さんは体や心のバランスを崩されませんよう。

170 令和もどこかの名無しさん :2019/11/19(火) 22:33:22 ID:pXPX5Ij600
チョイチョイ体調を崩してる臭い先生が言うと、説得力があるような無いような

171 ◆uN377XmBVY :2019/11/19(火) 22:34:43 ID:ZmQkhONE00
反面教師。

172 令和もどこかの名無しさん :2019/11/19(火) 22:46:04 ID:Hnr3m5KQ00
ご自愛くださいませ

173 令和もどこかの名無しさん :2019/11/19(火) 23:54:08 ID:PSJBzNyg00
小説は鬱を加速させる

174 ◆uN377XmBVY :2019/11/20(水) 21:07:31 ID:/6xnhEGI00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       週末くらいから平常運転に戻る予定。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

175 令和もどこかの名無しさん :2019/11/20(水) 21:27:17 ID:qxZ4zsxc00
つまり小康状態

176 ◆uN377XmBVY :2019/11/20(水) 21:29:22 ID:/6xnhEGI00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       昨日よりちょい悪化。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

177 ◆uN377XmBVY :2019/11/21(木) 21:00:35 ID:mfk6d39k00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       えらいたくさん没コマができてしまった。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

178 ◆uN377XmBVY :2019/11/21(木) 21:00:48 ID:mfk6d39k00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   先回りしたことを書こうとするとえらい長い説明になってしまうので、
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  諦めて手短に答えましょう。
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  >>139
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   小説の基礎力……というか文章力は、
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   主に『読み返すことなく誰の発言かはっきりわかるセリフ』と
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      『思い浮かべやすい視覚的描写』『適度な注釈また説明』で
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!      できています。ホントはもうちょいあるんだけど省略。

179 ◆uN377XmBVY :2019/11/21(木) 21:01:06 ID:mfk6d39k00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   『読み返すことなく誰の発言かはっきりわかるセリフ』は
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  割とちょっとした意識付けだけでかなり改善します。
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  特に気をつけるべきはセリフの頭。
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   ここで「ああ、誰のセリフなんだ」とはっきりわかる言葉があると
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   読者はスムーズに読めます。
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!      例:
                                 ×「任せてください」
                                 ○「私に任せてください」←文頭に一人称を配置した
                                
                                 ×「君、いい加減にして」
                                 ○「兄さん、いい加減にして」←文頭に特徴的な二人称を配置した
                                
                                 △
                                 「姉さん、ちょっといい?」
                                 「できる子、何?」
                                 ○
                                 「姉さん、ちょっといい?」
                                 「何?」←連続したセリフなのでこれだけでも話者が姉妹とわかる

180 ◆uN377XmBVY :2019/11/21(木) 21:01:44 ID:mfk6d39k00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   次に『思い浮かべやすい視覚的描写』。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  読者は文章から場面を視覚的に思い浮かべるわけですが……
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  ぶっちゃけ、めちゃんこ精度が悪いです。
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   例えば、筆者が読者に『ケシバンガ』を説明するとします。
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

181 ◆uN377XmBVY :2019/11/21(木) 21:01:56 ID:mfk6d39k00
                                   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                    |            ,ィィ      .トト、         |
                                    |          /:::::{      .|:::::ヽ        |
                                    |          /::,::::::::|___ .|:::::::::',       |
                                    |         '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',       |
                                    |         }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ       |
                                    |        /メ::::j::/:::::::::::::_:::::::::::::::::Vメ     |
                                    |        ,::::::メメ/::::;r'´"´::::::```ヽ、:::::',      |
                                    |       /::::::::::;/::,.、::::;、:::::,.、;、:::、::ヽ::::ヽ    |
                       ,ィィ      .トト、      |       ,':::::::;イ::::/⌒V lノ   ⌒ヽl:::ヽ:::ヽ    |
                 /:::::{      .|:::::ヽ      |       ',:::::::V ,イ ○       ○ }V.{/:::/    |
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',    |        \::::\ ""   __  "" ,)}:、/    |
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',    |        `ヾ、:ヽ、 _ ヽ-' _ .,.ィ:,、{       |
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ    |            `/:::::::  ̄ _ヽ}′       |
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ  |             /::::::     |三.| \       |
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',   |         /::::::::::      |三.| l::::\      |
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!   |         (:::: ア7::::     └‐┘ト、:::::.)     |
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!    |      /レィ.  __|:::::        |  ̄     |
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|   |    /:::::::::::し.:´:::{::::::        .::}        |
               |:::::::::::|:::::|            |::::|   |    {:::::::::::::::::::::::::|::::::::....................:::::,'         |
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ   |    乂::::::::::::::::::::::l:::::::::::,-‐┐:::::::/          |
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「  _|              ',:::::::/  |:::::::/         |
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/ \              l__:/   L__/          |
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !       \_________________/
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!         筆者の説明

182 ◆uN377XmBVY :2019/11/21(木) 21:02:10 ID:mfk6d39k00
       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        |            ,ィィ      .トト、         |
        |          /:::::{      .|:::::ヽ        |
        |          /::,::::::::|___ .|:::::::::',       |
        |         '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',       |
        |         }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ       |
        |        /メ::::j::/:::::::::::::_:::::::::::::::::Vメ     |
        |        ,::::::メメ/::::;r'´"´::::::```ヽ、:::::',      |
        |       /::::::::::;/::,.、::::;、:::::,.、;、:::、::ヽ::::ヽ    |
        |       ,':::::::;イ::::/⌒V lノ   ⌒ヽl:::ヽ:::ヽ    |        ____
        |       ',:::::::V ,イ ○       ○ }V.{/:::/    |     /@ @ @ @ヽ
        |        \::::\ ""   __  "" ,)}:、/    |     /@/ ̄ ̄ ̄`ヽ@ヽ
        |        `ヾ、:ヽ、 _ ヽ-' _ .,.ィ:,、{       |    / /         |  |
        |            `/:::::::  ̄ _ヽ}′       |    | /  ⌒  ⌒   | @| /ヽ
        |             /::::::     |三.| \       |    || (●) (●)   | | /   ヽ
        |         /::::::::::      |三.| l::::\      |    /         |@| ヽ/〉 ノヽ
        |         (:::: ア7::::     └‐┘ト、:::::.)     |   /          | | //ヽノ /
        |      /レィ.  __|:::::        |  ̄     |  {           / /|//   `
        |    /:::::::::::し.:´:::{::::::        .::}        |   ヽ、       ノ / //
        |    {:::::::::::::::::::::::::|::::::::....................:::::,'         |   ヽ``ー――‐''"ノx//x|
        |    乂::::::::::::::::::::::l:::::::::::,-‐┐:::::::/          |      ̄/○\ ̄x //x| |
        |              ',:::::::/  |:::::::/         |_   | 〈__/y/ヽ__〉x//ヽ,|x|
        |             l__:/   L__/         /   |x x // x x(⌒  /x |
        \__________________/     |=====//'ー'==|
         読者の理解                           !、###〈/###/
                                         ヽ、######/、
                                          ヽ、#、##/ヽ.ヽ、
                                           _|#_|_#_|   ヽ.ヽ、
                                          (Y^ヽ(Y^ヽ|     ヽ、ニ三
                                            ̄ ̄ ̄ ̄

183 ◆uN377XmBVY :2019/11/21(木) 21:02:20 ID:mfk6d39k00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   ――となるのが理想ですが、
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  残念ながら実際にはそうはなりません。
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

184 ◆uN377XmBVY :2019/11/21(木) 21:02:32 ID:mfk6d39k00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   なぜなら、
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  出力の時点で『AA』ではなく『文章』を用いるから。『視覚情報』ではなく
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  一度『文字情報』に変換されているためです。
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   つまり、実際には――
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

185 ◆uN377XmBVY :2019/11/21(木) 21:02:42 ID:mfk6d39k00
                                   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                    |            ,ィィ      .トト、         |
                                    |          /:::::{      .|:::::ヽ        |
                                    |          /::,::::::::|___ .|:::::::::',       |
                                    |         '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',       |
                                    |         }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ       |
                                    |        /メ::::j::/:::::::::::::_:::::::::::::::::Vメ     |
                                    |        ,::::::メメ/::::;r'´"´::::::```ヽ、:::::',      |
                                    |       /::::::::::;/::,.、::::;、:::::,.、;、:::、::ヽ::::ヽ    |
                       ,ィィ      .トト、      |       ,':::::::;イ::::/⌒V lノ   ⌒ヽl:::ヽ:::ヽ    |
                 /:::::{      .|:::::ヽ      |       ',:::::::V ,イ ○       ○ }V.{/:::/    |
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',    |        \::::\ ""   __  "" ,)}:、/    |
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',    |        `ヾ、:ヽ、 _ ヽ-' _ .,.ィ:,、{       |
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ    |            `/:::::::  ̄ _ヽ}′       |
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ  |             /::::::     |三.| \       |
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',   |         /::::::::::      |三.| l::::\      |
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!   |         (:::: ア7::::     └‐┘ト、:::::.)     |
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!    |      /レィ.  __|:::::        |  ̄     |
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|   |    /:::::::::::し.:´:::{::::::        .::}        |
               |:::::::::::|:::::|            |::::|   |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ _| ふさふさの耳がある着ぐるみっぽい格好をした生き物。   |
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「 \_________________________/
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   |              l__:/   L__/          |
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !   。oO \__________________/
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!         筆者の想像と説明

186 ◆uN377XmBVY :2019/11/21(木) 21:02:54 ID:mfk6d39k00
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     |                                                                |
     |      _」_                        `X                   |
     |    X´                     /i     ┼              |        ____
     |   /      -― ―…,,, ァ''"´ ̄``丶、 /,  l                    |      /@ @ @ @ヽ
     |  ┼    …ー‐- 、_,. ◎  、   ,,, //  l                   |      /@/ ̄ ̄ ̄`ヽ@ヽ
     |        \   / ,. -―…ォ-ゝ、◎ 〈   |                      |     / /         |  |
     |          \// .:.:.:,'{.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.\.  \  i.|                    |     | /  ⌒  ⌒   | @| /ヽ
     |           {/.:.:-ハ.:.:.:.:.:.:.:.|ヽ-.j ヽ   ヽl.|                     |     || (●) (●)   | | /   ヽ
     |          /;'.:.:.:/  ヽ.:.:.:∧| ヽ.:.:.: ', ヽ   | オモシロカッタノデ           |     /         |@| ヽ/〉 ノヽ
     |          /:.:!.:.:/ ◯  \|  ◯ ';.:.:.:. |:. ヽノ ジョバントチュウバントシュウバンヲ   |    /          | | //ヽノ /
     |          /.:.:.l∨,,        ,, ∨∨: ,. '   カキナオシテクダサイ           |   {           / /|//   `
     |        厶∠人     t‐ーヘ    ,__人.                       |    ヽ、       ノ / //
     |               ーr-f^)_ノr‐< ノ                            |    ヽ``ー――‐''"ノx//x|
     |                ∨ ヽ{==77\                          |_     ̄/○\ ̄x //x| |
     |                 `tーイ' 〉 <  \                           /    | 〈__/y/ヽ__〉x//ヽ,|x|
     \______________________________/      |x x // x x(⌒  /x |
         読者の理解                                           |=====//'ー'==|
                                                           !、###〈/###/
                                                            ヽ、######/、
                                                             ヽ、#、##/ヽ.ヽ、
                                                              _|#_|_#_|   ヽ.ヽ、
                                                             (Y^ヽ(Y^ヽ|     ヽ、ニ三
                                                               ̄ ̄ ̄ ̄

187 ◆uN377XmBVY :2019/11/21(木) 21:03:04 ID:mfk6d39k00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   ――とまあ、筆者と読者の間で認識に差が生まれてしまう、と。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

188 ◆uN377XmBVY :2019/11/21(木) 21:03:20 ID:mfk6d39k00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   この認識の差を埋めようと文章を増やしにかかるのは悪手。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  読者の『共通認識データベース』の中から上手に情報を引き出して
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  使いましょう。
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   詳細を語ったら長くなったので割愛。
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

189 ◆uN377XmBVY :2019/11/21(木) 21:03:33 ID:mfk6d39k00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   で、最後に『適度な注釈また説明』。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  基本的に地の文で完結する地の文です。視覚的なものや思考等が
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  地の文には混在することになるので、プロでも分類を間違って
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   文体ミスしてる人がたくさんいます。
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      が、こちらも語るとやっぱりそこそこ長くなるのでざっくりと。
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

190 ◆uN377XmBVY :2019/11/21(木) 21:03:43 ID:mfk6d39k00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   「『地の文』は視覚的なものと思考と注釈また説明でできている。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  この『注釈また説明』はかなーり伸び縮みに耐性があるので
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  文章のバランス取りに用いると便利」
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   くらいのふわふわさで覚えておいてください。
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

191 ◆uN377XmBVY :2019/11/21(木) 21:04:05 ID:mfk6d39k00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       終わり。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

192 令和もどこかの名無しさん :2019/11/21(木) 21:21:32 ID:zY07jT8Y00
共通認識でんたくベースに強制介入する手段が挿し絵、と

193 令和もどこかの名無しさん :2019/11/21(木) 21:31:20 ID:XfUeQfWU00
そのキャラのその造形が話の根幹に絡んでくるでも無かったら、読者に「勝手に認識させて」放置するという手も……

194 ◆uN377XmBVY :2019/11/21(木) 21:31:23 ID:mfk6d39k00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   読者の頭の中にある共通認識の利用なんですよ。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  前にも言った例ですが、
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  小説で『高校』は出てきてもその日本の学校制度やらカリキュラムやら
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   まで説明するものはまずないのです。
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   なぜなら、『高校』と言うだけで
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      校舎の形やら机のチャチさやら黒板が黒くなくて緑なことやら
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!      プールの後の授業では撃沈率が高まることやら……を
                                 全部『共通認識』の中から引っ張り出してもらえるんです。

                                 クオリア的な話もあるんですが、ややこしくなるのでカット。

195 ◆uN377XmBVY :2019/11/21(木) 21:33:18 ID:mfk6d39k00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       >>193
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         ですです。
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   重要な部分さえ確保できれば、あとは大雑把な認識で上等。むしろ、
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  アレコレ書いて重要な部分を読み飛ばされることのほうが怖いです。
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

196 令和もどこかの名無しさん :2019/11/21(木) 21:42:13 ID:YV.e4HQM00
異世界転生もので転生先が剣と魔法のゲーム的中世ヨーロッパファンタジー世界なのも
そういった説明を省けるからだと言われていますからね。

197 ◆uN377XmBVY :2019/11/21(木) 21:45:13 ID:mfk6d39k00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   なろう的な勇者と魔王の関係なんて出典探るとえらいことになりますよ。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  北欧神話に由来する伝承を基に作られた指輪物語などの創作小説を
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  世界観のベースにしたTRPG文化からデジタル化されたウルティマや
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   ウィザードリィ等の初期コンピュータRPGの発想を取り入れて作られた
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   ドラゴンクエスト等の有名JRPGを下敷きに作られたパロディを読んで
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      育ってきた層がなろう界隈での流行りに流行りを重ねて構築している
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!      というのが現状ですし。目が滑る。

実はこれ没コマ。

198 令和もどこかの名無しさん :2019/11/21(木) 23:44:38 ID:MFVjSV9200
おつかれさまでございます。

199 令和もどこかの名無しさん :2019/11/21(木) 23:58:56 ID:5oN24JNo00
スペオペがキビしいのは、その共通認識あたりが微妙だからなんでしょうかね
「共通認識として扱えるスペオペ」ってどれぐらい遡るんだろう? ヤマトや999あたりでしょうか
ガンダムシリーズをスペオペとみる人は少数派だと思いますが

最近流行り?のクトゥルフ神話はお約束のカタマリみたいなもんだけど、使い易いのかなあ

200 令和もどこかの名無しさん :2019/11/22(金) 12:26:44 ID:YAT4xXig00
知らない人間にとってはお約束は通じない、という問題があるね
中世風ファンタジーもゲームとかしない人間を弾いちゃってる可能性が

201 令和もどこかの名無しさん :2019/11/22(金) 14:55:21 ID:pmST670w00
その人個人にゲーム的お約束が通じないけど、「世間様ではお約束として通じるんだろうな」と諦めて、理解できない局面を流す(かもしれない)効果は期待できるんじゃないかな
釧路市内の超ローカルなお約束を前提にした描写だと「なんやこれ。ワイはわからんが他の人もわからんやろ」で放り投げる人の数と
中世ファンタジーのお約束を前提にした描写で同じ反応を招く可能性はより低い気がする……

202 令和もどこかの名無しさん :2019/11/22(金) 14:56:44 ID:pmST670w00
× 釧路市内の超ローカルなお約束を前提にした描写だと「なんやこれ。ワイはわからんが他の人もわからんやろ」で放り投げる人の数と
〇 釧路市内の超ローカルなお約束を前提にした描写だと「なんやこれ。ワイはわからんが他の人もわからんやろ」で放り投げる人はいても

日本語相変わらずガバい……orz

203 令和もどこかの名無しさん :2019/11/22(金) 19:29:03 ID:AcWVnma600
日本SFの大家故原田昌宏氏は共通認識を持たせるためにあえて日常的なものを作品に取り入れてたそうです
なので彼のSFには座敷や急須、こたつなんてものがよくでてくる

204 ◆uN377XmBVY :2019/11/22(金) 19:55:09 ID:h50GgTpI00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   ちなみに、
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  「うちではこれくらい『共通認識』だから平気平気」してるジャンルに
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  戦記物というのがありまして。なろう戦記じゃなくてWW2とか戦国とか。
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  このあたりは、知識のない読者を放り捨てる勢いで
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   読者を選ぶ小説があったりします。
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      煮詰めたはちみつみたいな濃度になってるんだけど、
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!      アレって初心者の入り口どこなんだろう……?

205 令和もどこかの名無しさん :2019/11/22(金) 20:01:40 ID:I.5sKHLUSd
小学校の歴史の教科書や図書室の学習マンガ辺りじゃないですかね
そこから日本や世界の過去の話に興味もってズブズブと

206 ◆uN377XmBVY :2019/11/22(金) 20:08:54 ID:h50GgTpI00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   歴史は流れを知るとめちゃんこ面白くなりますね。めちゃんこ。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  どこの方言だろ。
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

207 令和もどこかの名無しさん :2019/11/22(金) 20:36:04 ID:mxezgP1k00
ペンギン村じゃね?

208 ◆uN377XmBVY :2019/11/23(土) 21:22:55 ID:nVgzoxCQ00
ワレクロ

209 令和もどこかの名無しさん :2019/11/23(土) 21:31:37 ID:obXDxXsASd
古戦場が終わったので体調が良くなってきましたが先生はご機嫌いかがでしょうか

210 ◆uN377XmBVY :2019/11/23(土) 21:34:24 ID:nVgzoxCQ00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   怒り冷めやらぬ。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

211 令和もどこかの名無しさん :2019/11/23(土) 22:20:54 ID:798rO/hk00
ゴゴゴゴゴォーッ!

212 ◆uN377XmBVY :2019/11/23(土) 22:24:37 ID:nVgzoxCQ00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   (いろいろ飲み込んで何も言わないで寝る
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

213 令和もどこかの名無しさん :2019/11/23(土) 22:37:36 ID:798rO/hk00
溜めずに書き出した方がいいですよ。チラシの裏でもPCや紙のメモ帳でも。で、それを破って捨てるなり、全文消去するなりするのです。
呑みこむと純文学の作家エネルギーにはなりそうですけど、精神衛生上いいことはないですよ?
吐き出して、捨てて、よく寝て、外で遊ぶのです。たとえ雪であろうともw 難しいことだとは思うんですけどね……。

214 令和もどこかの名無しさん :2019/11/23(土) 22:37:59 ID:GYxupyrA00
名もなき住民たちも巨大ケシバンガに丸呑みされ、その胃袋に収まっていった……(完)

215 令和もどこかの名無しさん :2019/11/24(日) 00:47:54 ID:bhcYsrZ600
だが魔法少女は死に絶えてはいなかった

216 ◆uN377XmBVY :2019/11/24(日) 05:15:53 ID:JklI5gHs00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   クロさんの場合、下手に吐き出すとヤバいこと知ってるので……。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

217 令和もどこかの名無しさん :2019/11/24(日) 17:41:28 ID:bhC28mq.MM
先生、質問です
スカイプってまだやってるんですか?

218 令和もどこかの名無しさん :2019/11/24(日) 20:01:42 ID:O66hZuS600
穴を掘って盛大に吐き出した後は埋めてしまいましょう
ただし、埋めたところから生えた草を使って笛を作ってはいけません

219 ◆uN377XmBVY :2019/11/24(日) 21:14:44 ID:JklI5gHs00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   >>217
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  私、最近入ってないですねー。
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  アカウント吹っ飛ぶ事件以来。
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

220 令和もどこかの名無しさん :2019/11/25(月) 13:16:07 ID:0klfggfQMM
やればできる子先生の講義が久しぶりに聞きたい

221 ◆uN377XmBVY :2019/11/25(月) 22:38:11 ID:OSH0P9x200
年1ペースを感じる。

222 令和もどこかの名無しさん :2019/11/25(月) 22:59:57 ID:0klfggfQMM
久しぶりに人狼とかやりたいですね

223 ◆uN377XmBVY :2019/11/25(月) 23:01:02 ID:OSH0P9x200
そっちはもうちょっと余裕ができてから……。

224 ◆uN377XmBVY :2019/11/25(月) 23:01:43 ID:OSH0P9x200
余裕は作るものな気がするけど、棚上げする。

225 令和もどこかの名無しさん :2019/11/25(月) 23:10:05 ID:KUj4SM/Q00
素材がなきゃ作れないものなので……(目をそらす)

226 令和もどこかの名無しさん :2019/11/25(月) 23:27:25 ID:1NuNCLFY00
中だるみっ……! このままでは圧倒的中だるみっ……!
中だるみしないプロットを作らなきゃ

227 令和もどこかの名無しさん :2019/11/25(月) 23:30:43 ID:sfOVhHe200
「選評の送付時期は受賞作の発表後、2019年10月末頃を予定」って、もう12月になるんですけど……。
発表自体は10月7日じゃったろう? 早く、ぷりーず。(どことは言わない

228 ◆uN377XmBVY :2019/11/26(火) 23:15:23 ID:YMco7We.00
予定は未定。

229 令和もどこかの名無しさん :2019/11/26(火) 23:40:48 ID:Jub/nHpU00
未定は予定

230 令和もどこかの名無しさん :2019/11/27(水) 00:23:52 ID:d8FSRyX600
見ていい?

231 令和もどこかの名無しさん :2019/11/27(水) 00:42:44 ID:lx5U32w200
寄っていい?

232 ◆uN377XmBVY :2019/11/27(水) 22:45:37 ID:gj5pE3vU00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!  
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

233 令和もどこかの名無しさん :2019/11/27(水) 22:49:38 ID:k0P8YhjY00
ヒッ

234 ◆uN377XmBVY :2019/11/27(水) 22:54:04 ID:gj5pE3vU00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ      |
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',    _ 人 _
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!     `Y´
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!       !
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

235 令和もどこかの名無しさん :2019/11/27(水) 23:37:30 ID:d8FSRyX600
クロ光り

236 ◆uN377XmBVY :2019/11/28(木) 22:21:45 ID:VS5psJqE00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ      |
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',    _ 人 _
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!     `Y´
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!       !
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  一定時間無敵。
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

237 令和もどこかの名無しさん :2019/11/28(木) 22:49:28 ID:El9QzlRA00
ワンパンマンで出番が来ましたね

238 ◆uN377XmBVY :2019/11/28(木) 22:51:42 ID:VS5psJqE00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   穴に落ちると住人を巻き添えにする。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

239 令和もどこかの名無しさん :2019/11/29(金) 15:20:13 ID:a.iy2XFU00
すみません
これはいけると思うネタを思いついたのですが
何となく見たSSサイトですでに使われていてPVも結構あるとこなのですが
こういうのは下手に使わない方が無難ですかね

240 ◆uN377XmBVY :2019/11/29(金) 20:50:59 ID:rGZQNI9o00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       そのあたりは、どっちかというと編集部側の判断の話になるので
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         答えにくいところです。
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       個人的には、ある程度許されると思いますが……
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   先行してネタを発表したけど有名な人と被ったから書くのを避けたものも
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  確かにあるクロさん。
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

241 令和もどこかの名無しさん :2019/11/29(金) 23:13:10 ID:a.iy2XFU00
もめごとは少ない方がいいみたいですね
アレンジするなりしてかぶらないように工夫してみます

242 令和もどこかの名無しさん :2019/11/30(土) 02:03:11 ID:4u4JdYBsMM
自分も有名になった場合、一生パクリ作家呼ばわりされる可能性もありますしね
「マガジンの尾田」とか

243 ◆uN377XmBVY :2019/11/30(土) 19:35:53 ID:CAPF2S.s00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   繊細な話題なので、これについては話題終了。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  クロさん、敵を作らない構え。
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

244 令和もどこかの名無しさん :2019/11/30(土) 21:27:57 ID:0kC95f9600
敵をつくらないゆえに無敵

245 ◆uN377XmBVY :2019/11/30(土) 21:29:43 ID:CAPF2S.s00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   このスレは腹筋スレだったのでIDの数だけ以下略
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

246 令和もどこかの名無しさん :2019/11/30(土) 21:32:11 ID:0kC95f9600
らめえ
やりすぎで筋肉とけちゃうのお〜

247 ◆uN377XmBVY :2019/11/30(土) 21:40:38 ID:CAPF2S.s00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   95万9600回頑張るのですよ……。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  ←200回
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

248 令和もどこかの名無しさん :2019/11/30(土) 22:59:25 ID:z5RiRruA00
そのSとsがsescentillionなのかそれともseptingentillionなのか、それが問題だ

249 ◆uN377XmBVY :2019/11/30(土) 23:11:01 ID:CAPF2S.s00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   500回。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

250 令和もどこかの名無しさん :2019/12/01(日) 00:14:42 ID:Z0jpVncw00
もう、できる子先生が全力疾走する月かぁ

251 令和もどこかの名無しさん :2019/12/01(日) 03:57:06 ID:0kp2StVw00
住民もあと一人くらいそろそろ全力疾走していいんですよ……?

252 令和もどこかの名無しさん :2019/12/01(日) 04:47:01 ID:56zch0XESd
全力失踪

253 ◆uN377XmBVY :2019/12/01(日) 22:19:47 ID:TphQfuAk00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       はよ。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

254 令和もどこかの名無しさん :2019/12/01(日) 23:28:01 ID:0jJ/5dys00
>>252
NHKのドラマか

255 令和もどこかの名無しさん :2019/12/01(日) 23:51:09 ID:NbPdH6Ko00
そしてプール底の豪邸から発見される

256 ◆uN377XmBVY :2019/12/01(日) 23:54:50 ID:TphQfuAk00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       豪邸……。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

257 令和もどこかの名無しさん :2019/12/02(月) 00:15:30 ID:icSUHrewSd
黒星はハン

258 ◆uN377XmBVY :2019/12/02(月) 23:15:00 ID:jMLfDenY00
吹雪の季節

259 令和もどこかの名無しさん :2019/12/02(月) 23:38:22 ID:4fQBMse600
懐に吹雪が……

260 令和もどこかの名無しさん :2019/12/03(火) 21:45:23 ID:/rHMPeB200
>>255
なお、冬場はプールが凍りつく為、豪邸への出入りが出来なくなる模様

261 ◆uN377XmBVY :2019/12/03(火) 22:21:29 ID:n47pydXQ00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       豪邸が……。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

262 令和もどこかの名無しさん :2019/12/04(水) 00:01:36 ID:Oz1bRR3Q00
豪(雪に埋もれた)邸(宅)

263 ◆uN377XmBVY :2019/12/04(水) 22:21:08 ID:9yJZzE1200
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       1月から2月にかけてもし余裕があったらですね。プロット演習をですね。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         できるといいですね。はい。
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

264 令和もどこかの名無しさん :2019/12/04(水) 22:26:41 ID:Oz1bRR3Q00
年に1回の、電撃用プロット演習と化していますね、なんとなく。

265 ◆uN377XmBVY :2019/12/04(水) 22:30:25 ID:9yJZzE1200
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       実際、そういう運用を前提にしてます。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         本当は秋に集中する賞締め切りに合わせて夏にもやりたいんですが、
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       それどころじゃなかったので。
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

266 令和もどこかの名無しさん :2019/12/04(水) 22:34:50 ID:Oz1bRR3Q00
先生は昔から夏ごろは忙しそうですもんね。

267 令和もどこかの名無しさん :2019/12/05(木) 05:24:51 ID:m1g8YFxcMM
昔からって言えるほど、このスレも長いんですよね
何か感慨深いなぁ

268 令和もどこかの名無しさん :2019/12/05(木) 09:11:56 ID:26f69JYISd
いつもプロット演習だそう思ってタイミングを逃す……

269 令和もどこかの名無しさん :2019/12/05(木) 09:13:23 ID:lvbwmhWs00
もうすぐ4周年ですね

270 令和もどこかの名無しさん :2019/12/05(木) 17:56:45 ID:m1g8YFxcMM
先生、こんばんは

早速ですが、ご報告です

日商簿記2級合格しました!

271 ◆uN377XmBVY :2019/12/05(木) 23:09:25 ID:9HtzChBg00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   おめでとうございます?
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

272 ◆uN377XmBVY :2019/12/05(木) 23:10:04 ID:9HtzChBg00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   次は1級。その次は初段ですね(ない
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

273 令和もどこかの名無しさん :2019/12/05(木) 23:55:03 ID:xw4mzT0k00
270はつまり経理をする必要があるわけで
きっと事業主(プロ作家)になったのですね!

274 ◆uN377XmBVY :2019/12/06(金) 00:05:03 ID:FrxqRahM00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   ←簿記できない
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

275 令和もどこかの名無しさん :2019/12/06(金) 00:32:45 ID:hxQTc.io00
ようやく主人公とヒロインの掛け合いが形になってきた
ただなんか冗長というかグダグダになっている気がしないこともない

276 令和もどこかの名無しさん :2019/12/06(金) 03:04:28 ID:H/VxPZfA00
本編でぐだぐだしなければそれでいい気もします
今書いてるのは小話だったんだよ!(暗示)

277 令和もどこかの名無しさん :2019/12/06(金) 04:59:09 ID:KMrED83Q00
簿記よりも若い読者を勃起させたい

278 ◆uN377XmBVY :2019/12/06(金) 21:18:25 ID:FrxqRahM00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   >>275
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  形になりつつぼやけてきたら、
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  ヒロインの基本的な設定や性格を箇条書きにしてみると
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  ちょこっと引き締まるかも?
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

279 ◆uN377XmBVY :2019/12/06(金) 21:18:59 ID:FrxqRahM00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       まあ、それこそ>>276さんの言うとおりなので、気にしなくていいんですが。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

280 令和もどこかの名無しさん :2019/12/06(金) 21:45:41 ID:kd3CUaQE00
序章と1章くらいを何も考えずに書いてみてから全部消して、すっかり書き直すとちょうどいい塩梅になる気がします。

281 令和もどこかの名無しさん :2019/12/06(金) 22:06:00 ID:zJo09cnQ00
ヤダーそれ「おもしろいですね全部書き直して」じゃないですかー

282 令和もどこかの名無しさん :2019/12/06(金) 22:11:38 ID:H/VxPZfA00
やろうとしてることはまだ買われるあたり、まだマシ説
いや、わりとマジで……

283 ◆uN377XmBVY :2019/12/06(金) 22:30:31 ID:FrxqRahM00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       です。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       「面白いけど序盤と中盤と終盤直して」はちゃんと高評価。
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

284 令和もどこかの名無しさん :2019/12/06(金) 23:34:19 ID:hxQTc.io00
それはキャラが活きているとかそういうお話ですか?

285 ◆uN377XmBVY :2019/12/06(金) 23:39:20 ID:FrxqRahM00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   個人差があるので必ずしもそうとは限らないんですが、
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  掛け合いは書いていくうちに段々手癖が見えてくることが多いんです。
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  で、
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   手癖で動かすと個性的なはずのヒロインまた主人公が
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   『手癖のキャラ』になっちゃって個性を失う……なんてことが
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      時々発生します。
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!     
                                 なので、特徴を箇条書きにして『個性』をきちんと意識し直すという話。

286 ◆uN377XmBVY :2019/12/06(金) 23:40:12 ID:FrxqRahM00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   繰り返しますが、個人差があります。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  そういうの必要ない人は全く必要ない。
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

287 令和もどこかの名無しさん :2019/12/06(金) 23:44:14 ID:hxQTc.io00
あ、>>284>>283に対してです
でも丁寧な解説わざわざありがとうございます

288 ◆uN377XmBVY :2019/12/06(金) 23:48:39 ID:FrxqRahM00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       イヤン
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       えーと、基本となる設定や筋あるいはそれこそキャラなど
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   はっきりと『この物語はこれを楽しませたいんだ』という部分が見えてると
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  他にどれだけ問題があっても高評価になりますね。
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ  だって、極論すれば「問題の修正だけ」で面白い物語が完成しますもの。
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

289 ◆uN377XmBVY :2019/12/07(土) 23:06:44 ID:fSYk/MwI00
ワレクロ

290 令和もどこかの名無しさん :2019/12/08(日) 00:53:18 ID:JbI6tl/U00
ワレワレクロ

291 令和もどこかの名無しさん :2019/12/08(日) 03:48:12 ID:S9qHjDN200
マッシロ

292 令和もどこかの名無しさん :2019/12/08(日) 04:22:48 ID:Rbw0gmfYSd
雪か

293 ◆uN377XmBVY :2019/12/08(日) 21:48:08 ID:uFn6JLEk00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       雪イヤァアアアアアア
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

294 令和もどこかの名無しさん :2019/12/08(日) 21:53:28 ID:HkvEFsCw00
雪Year!

295 ◆uN377XmBVY :2019/12/08(日) 23:54:41 ID:uFn6JLEk00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       >>740
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

296 令和もどこかの名無しさん :2019/12/09(月) 17:12:46 ID:ItdU.njc00
(みんな >>740 のネタ振りを警戒して、発言を躊躇してるのかな?)

297 令和もどこかの名無しさん :2019/12/09(月) 21:40:02 ID:cijSRYlw00
い、今から……?(震え声)

298 ◆uN377XmBVY :2019/12/09(月) 21:46:08 ID:AawTt21M00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       踏んだら爆発します。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

299 令和もどこかの名無しさん :2019/12/09(月) 21:48:14 ID:JuCeG2ogSd
えっ

300 ◆uN377XmBVY :2019/12/09(月) 21:49:28 ID:AawTt21M00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       爆発します。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

301 令和もどこかの名無しさん :2019/12/09(月) 21:58:35 ID:cijSRYlw00
えっ

302 ◆uN377XmBVY :2019/12/09(月) 22:00:03 ID:AawTt21M00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       します。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

303 令和もどこかの名無しさん :2019/12/09(月) 22:09:28 ID:JuCeG2ogSd
誰が爆発するのですか

304 ◆uN377XmBVY :2019/12/09(月) 22:10:09 ID:AawTt21M00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       私の口からはとても……。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

305 令和もどこかの名無しさん :2019/12/09(月) 22:36:55 ID:cijSRYlw00
編集部「解せぬ」

306 令和もどこかの名無しさん :2019/12/09(月) 22:37:19 ID:rkNhkfYQ00
ちょうど違うスレで>>740踏んだところなので心臓に悪い

307 令和もどこかの名無しさん :2019/12/10(火) 06:06:00 ID:/.hgw.2oMM
かなり遠い未来安価なので、忘れた頃にってなる気がする

308 ◆uN377XmBVY :2019/12/10(火) 22:09:32 ID:IHysZQ0600
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

309 令和もどこかの名無しさん :2019/12/10(火) 22:44:16 ID:4kkvC4mw00
練り込んでいたらヒロインがもう一人の主人公に昇格してW主人公になった
もっとよく考えたら終始ヒロイン改め女主人公視点で描くのが一番いい様な気がしてきた
見せ場を持って行くのは男主人公でそこは変わらないんだけれど、そこも女主人公目線の方が男主人公がヒーローとして映えるような
あれ、男主人公がヒーローではあるけど主人公で無くなってないか? という所に行き着いてしまった
どうしよこれ

310 ◆uN377XmBVY :2019/12/10(火) 22:45:26 ID:IHysZQ0600
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       頭を一回リセットして、『でーま』を再確認です。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

311 令和もどこかの名無しさん :2019/12/10(火) 23:21:16 ID:suSF31Mo00
ワレカラ(甲殻類)

312 ◆uN377XmBVY :2019/12/10(火) 23:22:19 ID:IHysZQ0600
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       ツンツン
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

313 令和もどこかの名無しさん :2019/12/11(水) 22:00:53 ID:p165X6bM00
どうも解決すべき問題を抱えているのがヒロインの方だと、ストーリーがヒロイン中心に展開してしまって、主人公なにやってるのになってしまう

314 ◆uN377XmBVY :2019/12/11(水) 22:02:43 ID:kFkiYWYw00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       主人公は解決しないんです?
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

315 令和もどこかの名無しさん :2019/12/11(水) 23:04:11 ID:p165X6bM00
ちゃんと主人公が動いて解決するようにしているけど、逆に言うと主人公が動くと解決してしまうので、行動させられないです
ヒロインは自分の抱える問題を解決するために主人公の協力を得ようとすることも含めて色々動いてくれますが、主人公には迂闊にストーリーと関係する行動を取らせられない
でも主人公が苦労するようにしちゃうと、ヒロインは主人公なら解決できそうだから助けを求めたんじゃないの? ってなる

316 ◆uN377XmBVY :2019/12/11(水) 23:08:01 ID:kFkiYWYw00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   こういうパターンも作れますよというご紹介。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  序盤:ヒロインの表面的な問題の提示と主人公による解決・先延ばし
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  中盤:『でーま』に沿った楽しいひと時
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   終盤:再燃した問題と主人公による根本的な解決
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      中盤に面白さが足りないと中だるみが発生しますが、
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!      かなり強い構成。

317 令和もどこかの名無しさん :2019/12/11(水) 23:10:01 ID:Pk7pFVyMSr
事件的な解決ではなく、主人公の問題という意味なのでは?

318 ◆uN377XmBVY :2019/12/11(水) 23:13:05 ID:kFkiYWYw00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       ありがちなのが、『序盤』と『終盤』だけになってて『中盤』がないor
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         非常に短いパターン。
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   これになると、
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  どーにもこーにも『中盤』がしっくり来なくて頭を抱えることに。
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

319 令和もどこかの名無しさん :2019/12/11(水) 23:33:45 ID:euJFMIM.00
ヒロインが主人公に頼ると簡単に解決しちゃうけどそれだと物語がすぐ終わっちゃうし、
でも主人公がうまく解決できないとヒロインが主人公に頼った理由が弱くなっちゃうってことかな。

裏表式もありといえばあり?

320 令和もどこかの名無しさん :2019/12/11(水) 23:34:11 ID:3db3t3AA00
主人公がソリューションの権化となって序盤から終盤までひたすら誰かの問題を解決し続け、
最後の最後で最初に解決したヒロインのところへ帰ってきて俺の問題を解決してくれるのは君なんだとか言い出してエンダァァァァァ

321 令和もどこかの名無しさん :2019/12/11(水) 23:50:40 ID:p165X6bM00
まさに先生のおっしゃる通りで『序盤』と『終盤』しか無くて頭抱えている感じですね。
根本的な問題として『でーま』を自分自身言語化できないで困っているというのがあります。
なんかこう、こんな感じのがやりたいという思いはあれど、それの売り・面白味を上手く言葉にできないで、『でーま』はなんなんだろうと悩んでいる感じです。
そもそも自分の好きな作品を分析しようとして、なんか全体的に好き以上を言えない。要素を細分化するとどうしてもコレジャナイ感がする。

322 ◆uN377XmBVY :2019/12/12(木) 00:06:43 ID:q7WqwO6g00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   落ち着いて整理しましょう。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  ・特徴的なジャンルが付与されているか
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  ・特徴的なヒロインが登場しているか
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   ・特徴的な目的が設定されているか
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      大きく分けてこの3点を掘り下げてみると、何を広げたいのか
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!      わかりやすくなるかと。

323 ◆uN377XmBVY :2019/12/12(木) 00:13:28 ID:q7WqwO6g00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   『特徴的なジャンル』は一番簡単ですね。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  例えば、こんな感じの物語。
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  ・平凡な高校生が幼馴染と協力して寂れた風呂屋を復活させる
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   ・ベテラン冒険者が没落貴族の子女を一人前にする
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   ・傷病退役軍人が占領下の街で助けが来るまで子供たちを守る
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

324 ◆uN377XmBVY :2019/12/12(木) 00:16:25 ID:q7WqwO6g00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   これらの『中盤』はもうそのまんま。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  →風呂屋を復活させるためにいろいろなサービスを企画・実行する
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  →没落貴族の子女を一人前にするために冒険の基礎を叩き込む
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   →助けが来るまで子供たちを守るために占領下の街で衣食住を
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/     どうにか確保する
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!      広げやすいでしょ?

325 ◆uN377XmBVY :2019/12/12(木) 00:20:15 ID:q7WqwO6g00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   『特徴的なヒロイン』もそこそこ簡単。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  例えば、こんな感じの物語。
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  ・嘘を吐くと獣耳が生えるようになったヒロインとのラブコメ
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   ・対人恐怖症なのになぜか主人公だけ怖くないヒロインとの恋愛劇
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   ・兄離れを決意したヒロインと無自覚に甘やかす主人公の日常
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

326 ◆uN377XmBVY :2019/12/12(木) 00:27:35 ID:q7WqwO6g00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   こっちはこんな具合。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  →獣耳が生えてもバレないように主人公と帽子を買いに行ったり
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ    台風におびえて家を訪れたヒロインの耳が雷で伏せられたり
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   →いろいろな「普通」を経験することを望むヒロインのために
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/     家の中で模擬授業したりボードゲームやったり料理したり
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      →ツーと言えばカーと返ってくるどころか、何もしないでも衣食が
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!        整ってる状態で「明日から本気出す!」を繰り返す

327 ◆uN377XmBVY :2019/12/12(木) 00:30:18 ID:q7WqwO6g00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   でまあ、
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  『特徴的な目標』はありふれたジャンルの中での話になるので
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  半分以上最初の『特徴的なジャンル』と被ります。
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   厳密にはジャンルだけで呼び込めるかどうかの差があるんですが、
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   あまり区別する必要もないので割愛。
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

328 ◆uN377XmBVY :2019/12/12(木) 00:35:00 ID:q7WqwO6g00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       『物語全体』における、これらの『中盤』の役割は〜みたいな話をすると
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         無駄に長くなるのでこんなところで終わり。
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

329 令和もどこかの名無しさん :2019/12/12(木) 01:10:26 ID:0o0oIURY00
自分が今考えているジャンルとヒロインが特徴的なのかどうかよく分かんない
それは一旦置いておいて、先生のお言葉を踏まえると『終盤』と考えていた部分を『中盤』にしてしまうのが良さそう
ラストをどう締めるかに困ることになるが

330 ◆uN377XmBVY :2019/12/12(木) 22:42:15 ID:q7WqwO6g00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       締めはなんかそれっぽくやったらそれっぽくなりますよ(ふわふわ
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

331 令和もどこかの名無しさん :2019/12/12(木) 23:55:29 ID:NkP.HOC200
うーん毎日書き続けたおかげかそこそこかけるようにはなったけど
そもそも面白いのか?という疑問が付きまとう

332 ◆uN377XmBVY :2019/12/13(金) 23:18:40 ID:NzJ6KeIE00
あるある。

333 ◆uN377XmBVY :2019/12/14(土) 22:27:03 ID:yU6yngVA00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       話題の出どころがひどいんですが、まあ、せっかくなので貼り付け。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         多少改変。
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

Z「叙述トリックといえばホモビに出たことあるっていうコピペは秀逸だと思う」
クロ「10人捕まえたやつ?」
Z「それ」
Z「なんだろうねなんで、そっち側だって思っちゃうんだろうね」
クロ「常識に沿うからよ」
Z「掘られるほうが常識的かっていうと疑問を覚えるがw」
クロ「特別な指定がない限りにおいて、読者は主人公を『理解できる人物』と推定するんよ。能動より受動のが行動の要不要で理解しやすいってわけ」
Z「なるほど」
クロ「「銀行に行ったら強盗が居て驚いたよ」
「大変だったね」
「まあ、半分分けしたからいいんだけど」」
クロ「発想は一緒。能動的に強盗をすることを考える人は少ない」
クロ「今、私が作った即興でも十分トリックになるべ?」
Z「たしかに」

334 令和もどこかの名無しさん :2019/12/14(土) 23:04:09 ID:q79MFeYc00
うーん、秀逸といわれてる前振りがわからないw 先生の解説はわかるんですけど。

335 ◆uN377XmBVY :2019/12/14(土) 23:05:57 ID:yU6yngVA00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       10人ではなかった。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

668 名無しさん@恐縮です 2006/07/30(日) 16:56:21 ID:/l9BPhvWO
俺もホモから逃げ切ったら10万円っていうビデオに出たことある

669 名無しさん@恐縮です 2006/07/30(日) 17:00:19 ID:9iyD/Oxj0
>>668
それ凄いね。逃げ切れたの?

688 名無しさん@恐縮です 2006/07/30(日) 17:28:30 ID:/l9BPhvWO
>>669
三人くらい捕まえたよ

336 令和もどこかの名無しさん :2019/12/14(土) 23:07:18 ID:ey1lxf8wSd
「俺もホモから逃げ切ったら10万円っていうビデオに出たことある」
「それ凄いね。逃げ切れたの?」
「三人くらい捕まえたよ」

というコピペの話だと思われモス

337 令和もどこかの名無しさん :2019/12/14(土) 23:08:04 ID:ey1lxf8wSd
書き込む前に更新しておくべきだったモス

338 ◆uN377XmBVY :2019/12/14(土) 23:08:59 ID:yU6yngVA00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       介錯しモス!
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

339 令和もどこかの名無しさん :2019/12/14(土) 23:11:14 ID:ey1lxf8wSd
おいは恥ずかしか!
生きておられんごつ!!(切腹

340 ◆uN377XmBVY :2019/12/14(土) 23:14:43 ID:yU6yngVA00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       ちなみに、『特別な指定』は割と簡単につけられます。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         例えば、役職をそうと決めてあげればそれだけで良い。その役職に
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       ふさわしからざる行いは意識の死角になります。
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

341 令和もどこかの名無しさん :2019/12/14(土) 23:16:39 ID:q79MFeYc00
そんなネタがあったんですね。ありがとうございモス。

>能動より受動のが行動の要不要で理解しやすい
今回の場合だと、理解しようとするより、理解できてるところに落とす方が読者は楽ってことで?

342 ◆uN377XmBVY :2019/12/14(土) 23:18:57 ID:yU6yngVA00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   自然と発生する無意識の死角の話なんです。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  読者は主人公を共感できる人物であると無意識のうちに仮定して
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  読み進めようとします。
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

343 令和もどこかの名無しさん :2019/12/14(土) 23:20:10 ID:LvlOjCh.00
なるほど……

344 令和もどこかの名無しさん :2019/12/14(土) 23:23:54 ID:bPDgwkYI00
主人公が探偵役のような動きしてると思ったら証拠隠滅してる共犯者だった……なんてミステリ小説もわりとありモスね

345 ◆uN377XmBVY :2019/12/14(土) 23:27:04 ID:yU6yngVA00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       パターンが構築されているものほど死角を突くのは難しいんですが、
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         上手に突けるようになると終盤力がぐっと上がります。
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   パターンが構築されていると皆考えちゃいますからね。
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  今、「実は探偵が犯人だったんだ!」と言い出しても、誰も驚かない。
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

346 令和もどこかの名無しさん :2019/12/14(土) 23:27:35 ID:q79MFeYc00
なるほど、その水準の受動でしたか。ありがとうございます。

347 令和もどこかの名無しさん :2019/12/15(日) 21:28:59 ID:bViznrDg00
難しいですわ

348 ◆uN377XmBVY :2019/12/15(日) 21:37:08 ID:urSf/U7A00
ですわ

349 令和もどこかの名無しさん :2019/12/15(日) 21:56:40 ID:Nh84LOyM00
1日2000字書けてやったーとか思ったけど2Pくらいなんだよなと気づいた
これをあと150日繰り返してやっと一冊か・・・

350 ◆uN377XmBVY :2019/12/15(日) 23:31:09 ID:urSf/U7A00
ここだけの話、1日10万文字書くと1日で終わるという裏技が……。

351 令和もどこかの名無しさん :2019/12/15(日) 23:35:54 ID:u5WdiCfsSd
裏でもなんでもないと思うんですよ、それ

352 令和もどこかの名無しさん :2019/12/15(日) 23:42:36 ID:Cej4JZUg00
『中盤』をストーリ-の本筋とはまるで無関係のエピソードで、各キャラの掘り下げに費やしてもいいのだろうか

353 ◆uN377XmBVY :2019/12/15(日) 23:45:36 ID:urSf/U7A00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       面白ければ構いません。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         でも、ページ数きつくなっても泣かないこと。
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

354 ◆uN377XmBVY :2019/12/16(月) 22:23:45 ID:dvkECFTM00
ワレクロX

355 令和もどこかの名無しさん :2019/12/16(月) 22:30:14 ID:AIHWdAbE00
エックス!

356 ◆uN377XmBVY :2019/12/16(月) 22:31:33 ID:dvkECFTM00
X

357 令和もどこかの名無しさん :2019/12/16(月) 22:46:58 ID:9xlByEx2Sd
ぺけ

358 令和もどこかの名無しさん :2019/12/16(月) 23:13:18 ID:nFekXP9A00
行き詰った書きかけ放り出して新しいの書き始めるの楽しいいいいい



はあ現実逃避やめないとな

359 ◆uN377XmBVY :2019/12/16(月) 23:14:25 ID:dvkECFTM00
耳が痛みのあまり弾けて飛んだ。

360 令和もどこかの名無しさん :2019/12/17(火) 00:25:16 ID:24/bKizw00
設定作ったら満足する病気なんとかして

361 ◆uN377XmBVY :2019/12/17(火) 21:11:40 ID:z1QOEBSA00
不治の病です。

362 ◆uN377XmBVY :2019/12/18(水) 21:36:34 ID:TVoP9Qhk00
あらすじ書いたら満足する持病。

363 令和もどこかの名無しさん :2019/12/18(水) 21:44:38 ID:URkt1QIYSd
不治の病ですか

364 ◆uN377XmBVY :2019/12/18(水) 21:46:37 ID:TVoP9Qhk00
はい。

365 令和もどこかの名無しさん :2019/12/18(水) 21:57:16 ID:URkt1QIYSd
悪化して本編脱稿したら満足する病気になったりしませんかね

366 ◆uN377XmBVY :2019/12/18(水) 21:57:56 ID:TVoP9Qhk00
修正大嫌い病も不治の病。

367 ◆uN377XmBVY :2019/12/19(木) 22:51:54 ID:ALhnbqGg00
風邪は不治の病(引いた

368 令和もどこかの名無しさん :2019/12/19(木) 23:12:14 ID:Leot1I6U00
お疲れ様です

一日2000時くらい書けるようになったけどこれ書き終わるまでにどれだけかかるんだろう

369 ◆uN377XmBVY :2019/12/19(木) 23:15:50 ID:ALhnbqGg00
そのうちもっと増えますよ。

370 令和もどこかの名無しさん :2019/12/19(木) 23:33:58 ID:/YbDDUFc00
>一日2000時
ジャックハンマーかな?

371 令和もどこかの名無しさん :2019/12/19(木) 23:40:24 ID:erPP4YXcSd
一日で80日以上を過ごすというムジュン!

372 令和もどこかの名無しさん :2019/12/19(木) 23:46:50 ID:Leot1I6U00
ヒェッ
皆どれくらい書いてるんやろう

373 令和もどこかの名無しさん :2019/12/20(金) 08:35:20 ID:vPod3Los00
記録を見てみたけど、書くことさえ決まってれば、金曜日とかは夜更かしして最高一万字とかいくこともある
完全平日だと三千〜四千字
でも、だいたい読み返していろいろ付け足したり削ったりする工程が間に挟まるので、二週間で八万字の原稿が完成しますね! とはならない
初稿がほぼ完成稿に近い状態になるように日本語力高めたいこの頃……

374 令和もどこかの名無しさん :2019/12/20(金) 21:54:28 ID:sm.6cQnU00
ようやく某社から選評が届いたけど書かれてる内容があまり変わってなくて、成長がないことにしょんぼり。

375 令和もどこかの名無しさん :2019/12/20(金) 22:08:14 ID:vPod3Los00
おつかれさまです……

376 令和もどこかの名無しさん :2019/12/20(金) 22:27:34 ID:sm.6cQnU00
どうもありがとうです。

手癖というか特徴の部分を指摘されたのでこのままじゃいけないのはわかっても修正しづらい。

377 ◆uN377XmBVY :2019/12/20(金) 23:03:16 ID:F7gegyVc00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       お疲れさまです。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

378 令和もどこかの名無しさん :2019/12/20(金) 23:20:26 ID:wN2E7/LM00
お疲れ様です
一日にかける量増やして書き上げれてもようやくそこがスタートなんですよね
速くスタート地点に立たないとなぁ

379 令和もどこかの名無しさん :2019/12/20(金) 23:33:03 ID:sm.6cQnU00
先生にもさんざん言われてることなので今更なんですけどねw

380 ◆uN377XmBVY :2019/12/20(金) 23:36:47 ID:F7gegyVc00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       誰だかわかった。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

381 令和もどこかの名無しさん :2019/12/20(金) 23:39:12 ID:sm.6cQnU00
ばーれーたーかー

382 ◆uN377XmBVY :2019/12/20(金) 23:47:42 ID:F7gegyVc00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       邪ッ!!!!!
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

383 令和もどこかの名無しさん :2019/12/21(土) 14:17:09 ID:T5ur2DYEMM
んー葉っぱさんかぁ!

384 令和もどこかの名無しさん :2019/12/21(土) 20:07:46 ID:9ezreNDI00
( ゚д゚ )<悪い葉っぱじゃないよ

385 ◆uN377XmBVY :2019/12/21(土) 20:19:14 ID:GuoiYFoY00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       邪ッ!!!!!!!!!!
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

386 令和もどこかの名無しさん :2019/12/21(土) 20:37:46 ID:9ezreNDI00
ウワァアアア!!!!

387 令和もどこかの名無しさん :2019/12/21(土) 21:31:14 ID:9z1GlrQE00
エルム街の悪夢 葉っぱのフレディマーキュリー

388 ◆uN377XmBVY :2019/12/22(日) 21:19:27 ID:0ZI.Y8go00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       スレでもお話ししようと思ってたことがあったのですが
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  まあいっか。
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

389 令和もどこかの名無しさん :2019/12/22(日) 21:27:54 ID:is0e98Do00
そんなこと言われたら気になるジャマイカ

390 ◆uN377XmBVY :2019/12/22(日) 21:32:09 ID:0ZI.Y8go00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       なんか、葉っぱさんに関連する話が2件とそれとは関係なく序盤終盤の
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         話が1件あったんですが、件って書く度に剣に変換されるのでやめた。
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

391 令和もどこかの名無しさん :2019/12/22(日) 21:50:51 ID:tuRpZ41w00
( ゚д゚ )

392 令和もどこかの名無しさん :2019/12/22(日) 22:26:54 ID:dJcAyZko00
葉っぱさん、気づかぬうちに剣で斬られていたのか

393 令和もどこかの名無しさん :2019/12/22(日) 23:13:09 ID:XwdkS8Cw00
自分の作品見返したらヒロインのキャラぶれっぶれでワロエナイ
どうすればいいんだこれ・・・

394 ◆uN377XmBVY :2019/12/22(日) 23:19:23 ID:0ZI.Y8go00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   どういうキャラにしたいのかをまず考えましょう。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  で、その『理想的なキャラ像』に則しているかどうかチェック。
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   多分、『どういうキャラにしたいのか』がふわふわしてると思うので、
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   そこから詰めていくとなんかこういい感じになるかと(ふわふわ
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

395 令和もどこかの名無しさん :2019/12/23(月) 19:45:58 ID:96s5B4s6Sr
うちのヒロインが変態なんですがどうすれば

396 ◆uN377XmBVY :2019/12/23(月) 20:05:18 ID:GlP4V/kU00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   個性は伸ばすべき(教育論
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

397 令和もどこかの名無しさん :2019/12/23(月) 23:16:59 ID:r5fBvSBQ00
贅沢言わないから一日10万字くらい書けるようになりたい

398 令和もどこかの名無しさん :2019/12/24(火) 13:03:08 ID:eBaQn1r.00
1秒に10文字書ければ、3時間で10万字超書けるよ!

399 令和もどこかの名無しさん :2019/12/24(火) 13:04:05 ID:UCY7xSrASd
てことは8秒で10文字なら24時間で10万行くのか

400 令和もどこかの名無しさん :2019/12/24(火) 15:35:00 ID:TYU6v9Do00
今年もこれと言った実績残せなかったなぁ……

401 ◆uN377XmBVY :2019/12/24(火) 21:39:51 ID:JmsEqZhc00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       メリー
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

402 令和もどこかの名無しさん :2019/12/24(火) 21:40:09 ID:KnFzzIIs00
さんの羊

403 ◆uN377XmBVY :2019/12/24(火) 21:42:31 ID:JmsEqZhc00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊羊
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

404 令和もどこかの名無しさん :2019/12/24(火) 21:51:46 ID:UCY7xSrASd
眠れないときは素数を数えるんだ
素数がひとつ、素数がふたつ、素数がみっつ……(違うそうじゃない

405 ◆uN377XmBVY :2019/12/24(火) 21:54:05 ID:JmsEqZhc00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       任意の素数と隣り合う素数の和が、その任意の素数の倍数よりも
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         小さいものがえっくし
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   ちょうちょ。
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

406 令和もどこかの名無しさん :2019/12/24(火) 22:07:31 ID:h9WHmT5200
超リアルタイムですが、ついさっきサンタが北海道上空を通過した模様

407 ◆uN377XmBVY :2019/12/24(火) 22:13:17 ID:JmsEqZhc00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       さんたさん、わたしにもしあわせをください。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       原典に倣って現生でもいいです(史実
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

408 令和もどこかの名無しさん :2019/12/24(火) 23:10:14 ID:h9WHmT5200
【速報】サンタクロース札幌でのプレゼント配布を終える

そして、札幌東京間を3分程度で移動した模様

409 ◆uN377XmBVY :2019/12/24(火) 23:14:50 ID:JmsEqZhc00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       三田さんは呼んでないです。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

410 令和もどこかの名無しさん :2019/12/25(水) 00:03:46 ID:aero1Uvs00
札幌ー東京間を3分・・・
時速5000kmは出てそうだしサンタは凡人じゃできない仕事やね

411 令和もどこかの名無しさん :2019/12/25(水) 00:09:32 ID:7L0mYStA00
来年こそは応募する
一番近いので富士見ファンタジアかな?

412 令和もどこかの名無しさん :2019/12/25(水) 19:18:06 ID:NMDAKe2E00
MF文庫新人賞落ちました〜
さあ今夜は飲むか〜

413 令和もどこかの名無しさん :2019/12/25(水) 21:10:49 ID:PuPACzrc00
お疲れ様でした。

414 ◆uN377XmBVY :2019/12/25(水) 22:41:23 ID:K.wXTSvs00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       お疲れさまです。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

415 令和もどこかの名無しさん :2019/12/25(水) 23:24:43 ID:nOjPhX6.00
おつかれさまです

416 令和もどこかの名無しさん :2019/12/26(木) 22:25:01 ID:g7XTjvec00
推敲するたび設定が変わっていく・・・・
教授、これはいったい

417 ◆uN377XmBVY :2019/12/26(木) 22:28:33 ID:yovJieOM00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       元々の設定がふわふわしてるとそーなります。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       物語の流れに逆らうような設定やら死に設定やらは
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   どんどん消えていくか……無理に役立てようとして
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  逆にこんがらがるかと。
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

418 令和もどこかの名無しさん :2019/12/26(木) 23:07:16 ID:ddhY8SGc00
逆に言えば、何度書き直しても変わらない部分が、自分のやりたいことだったり
面白いと思っていることだったりするってことでもありそう
自分の中で言語化するのが一番だけど、できない時は書きまくってはボツにして
読み返しながら共通項探すのもよさそう……?

419 ◆uN377XmBVY :2019/12/27(金) 21:53:46 ID:7Tai8/Qs00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       やる気がもつならそれもあり。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

420 令和もどこかの名無しさん :2019/12/27(金) 23:54:58 ID:81EzrNJg00
(昨日)ひゃあ筆が止まらえねえずっと書き続けられるぞー

(今日)これはどういう意図があって書いたんだ 昨日の俺は何を思っていたんだ

421 ◆uN377XmBVY :2019/12/28(土) 22:22:15 ID:m.3ZWhII00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       メモをたくさん取るうちにメモのとり方を覚えるのです……。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

422 令和もどこかの名無しさん :2019/12/28(土) 23:38:12 ID:GY2.8zEI00
初めて男の子を主人公にしたんだけど、その思考が上手くわからなくて全然書けない。
文体までぐちゃぐちゃになるし、困った……。

423 ◆uN377XmBVY :2019/12/28(土) 23:42:15 ID:m.3ZWhII00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       あまり難しく考えないのが吉。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         ぶっちゃけ、小説のキャラの性別は『口調が違うだけ』だと思って結構。
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   例外は『男性らしさ・女性らしさ』を求める瞬間くらい。
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  そこに焦点をもってきた物語だとその限りではないんですが。
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

424 ◆uN377XmBVY :2019/12/28(土) 23:50:20 ID:m.3ZWhII00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   で、この『男性らしさ・女性らしさ』については
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  対話する人物が異性である場合なんかも適用されることが。
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  恋愛関係になくても、
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   極端に品格を落とすような行動を取らなかったり
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   相手を気遣ったり……まあ、細かい話なのですが。
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

425 令和もどこかの名無しさん :2019/12/29(日) 00:00:49 ID:8BaJOmvc00
男の子は短絡的に勢いよく動いて、女の子は理知的で慎重に動かないと
主人公にした意味がないって思われそうで……。
あえて逆の性格を狙うというのはあるのでしょうけど。

多少男性らしさみたいなところに踏み込んではいます。人形遊びする男子大学生?

426 ◆uN377XmBVY :2019/12/29(日) 00:01:51 ID:KxVK/.MA00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       基本的には、だいじょーぶよ。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

427 令和もどこかの名無しさん :2019/12/29(日) 00:03:26 ID:8BaJOmvc00
ありがとうございます。頑張ってみます。

428 令和もどこかの名無しさん :2019/12/29(日) 00:04:17 ID:4UbO5p6.00
こいつは女性ですと言いながらおっさんキャラというのが地味に受けるやつですなあ

429 ◆uN377XmBVY :2019/12/29(日) 00:08:20 ID:KxVK/.MA00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       >>428
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         それは性差をあえて逆転することで利用してるので、
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       性差を考えたいですね。
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   「らしからぬ」をするには「らしい」を意識せねばならぬ。
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

430 令和もどこかの名無しさん :2019/12/29(日) 00:43:44 ID:UBZEUL4o00
んほおおお書くの楽しい止まんねえ
止まったらマジで詰みそうで怖いけど

431 令和もどこかの名無しさん :2019/12/29(日) 01:16:14 ID:jUNZlQ2E00
がんばぇー

432 令和もどこかの名無しさん :2019/12/29(日) 10:34:36 ID:n9PkhvYs00
止まるんじゃねえぞ

433 ◆uN377XmBVY :2019/12/29(日) 23:50:00 ID:KxVK/.MA00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

434 令和もどこかの名無しさん :2019/12/29(日) 23:58:32 ID:jUNZlQ2E00
止まった……!

435 ◆uN377XmBVY :2019/12/30(月) 22:47:03 ID:y5k6IjRE00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       ピクッ
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

436 令和もどこかの名無しさん :2019/12/30(月) 23:02:41 ID:EqkH04qY00
「時が止まってるのに承太郎が動いたと思ったら磁石だった」

437 ◆uN377XmBVY :2019/12/30(月) 23:06:51 ID:y5k6IjRE00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       磁力や光や空気は影響をさっぱり受けない時間停止。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       止まってる人、風吹いてコテンコテン倒れそう。
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

438 令和もどこかの名無しさん :2019/12/30(月) 23:16:45 ID:DJIMyoB.00
地球が寿命を迎えても延々止まり続けてそう

439 ◆uN377XmBVY :2019/12/30(月) 23:25:11 ID:y5k6IjRE00
              ,, ,, ,, ,,  、、
                /::{  }::`ヽ
              /:/:/:/:::::::|  |::::',::::',
           x x x x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ メ メ メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
                /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::: ::: ::: ::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /:/:/:/::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {:: {:: {:: {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |:: |:: |:: |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|    
            ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!    
           ヘ ヘ ヘ ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|    
         ヘ ヘ ヘ ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、
          ` ` ` ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ
             __ __ __ __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
             γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  {  {  {  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          ` ` ` `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

440 ◆uN377XmBVY :2019/12/30(月) 23:25:36 ID:y5k6IjRE00
              ,, ,, ,, ,,  、、
                /::{  }::`ヽ
              /:/:/:/:::::::|  |::::',::::',
           x x x x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ メ メ メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
                /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::: ::: ::: ::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /:/:/:/::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {:: {:: {:: {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |:: |:: |:: |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|    震度4くらいありそう。
            ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!    
           ヘ ヘ ヘ ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|    
         ヘ ヘ ヘ ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、
          ` ` ` ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ
             __ __ __ __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
             γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  {  {  {  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          ` ` ` `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

441 令和もどこかの名無しさん :2019/12/30(月) 23:59:59 ID:/7jI5dBg00
無想転生かと思った

442 ◆uN377XmBVY :2019/12/31(火) 00:04:55 ID:OxITVURo00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       テーレッテー
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

443 令和もどこかの名無しさん :2019/12/31(火) 12:57:51 ID:X20n36fw00
そういや昔スプリガンて漫画で時間がとまったプレートってのが出てきたが
絶対壊れないという性質を防御に使ってたな

そう考えるとワールドの凄いところって時間が止まった世界で物を壊せることの気がする

444 令和もどこかの名無しさん :2019/12/31(火) 14:32:32 ID:P/6D6fuI00
時間停止という概念は真剣に考察を始めちゃうとややこしいことになるので雰囲気で流すのがベター
はっ、つまり時間停止の本質とは空気を読むこと!?

445 ◆uN377XmBVY :2019/12/31(火) 22:30:21 ID:OxITVURo00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   本年もお世話になりました。ん? スレ的にはしたというのが正しい?
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  まあ、なりました。
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   来年もよろしくお願いしま……そろそろスレ終わってもいいのでは?
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      まあ、します。
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!     
                                                                  クロより。

446 令和もどこかの名無しさん :2019/12/31(火) 22:39:28 ID:LNqRarooSd
できる子先生は消えたのだ。闇の
なかに

447 ◆uN377XmBVY :2019/12/31(火) 22:45:39 ID:OxITVURo00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   できる子? 知らない人ですねぇ。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

448 令和もどこかの名無しさん :2019/12/31(火) 22:45:50 ID:MMJo82tw00
まっとうに作家を生むまでは続くのですよ?

本年もお世話になりました。
来年も介護されにきます。よろしくお願いします。

449 ◆uN377XmBVY :2019/12/31(火) 22:50:53 ID:OxITVURo00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   何人か受賞したり担当付いたりしてる話は聞いてるのですが、
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  単行本が刊行されたという話はまだ聞いたことがないですね。
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  はよ。
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

450 令和もどこかの名無しさん :2019/12/31(火) 22:56:24 ID:MMJo82tw00
けっこう結果が出てるんですね。すごい。

451 ◆uN377XmBVY :2019/12/31(火) 23:56:43 ID:OxITVURo00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   良いお年を。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

452 ◆uN377XmBVY :2020/01/01(水) 00:00:11 ID:7ypTfNJE00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  プロット演習の日程ですが、
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  特に希望する方がない場合は13日か19日スタートで
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   2週間おき3回を予定しています。
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      「都合が悪いよ」って人はいつでもいいので教えてください。
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

453 令和もどこかの名無しさん :2020/01/01(水) 00:22:17 ID:LLASxBiM00
あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。
そして今年こそは……。

454 令和もどこかの名無しさん :2020/01/01(水) 00:40:09 ID:Il/9mA4w00
あれ受賞したら単行本刊行されるもんじゃないんですか?

455 令和もどこかの名無しさん :2020/01/01(水) 01:27:52 ID:v2u0vaqc00
あけましておめでとうございます。
プロット演習でスランプ脱出の手がかりを掴めるか
それともさらなる沼にはまるか・・・

456 令和もどこかの名無しさん :2020/01/02(木) 20:44:57 ID:p6rQVo1Y00
ふとセンセーに「スランプとのつきあい方」を聞くのはどうだろう?と思ったが
それ以前にスランプ……あるんですか?

457 ◆uN377XmBVY :2020/01/02(木) 20:51:42 ID:hfIl/PnM00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   あるある。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

458 ◆uN377XmBVY :2020/01/02(木) 20:55:07 ID:hfIl/PnM00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   モチベーションが上がらない・集中力が出ないみたいなのは除いて、
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  純粋に『面白いものが書けない』はどこまで行っても付いてくるのでは
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  ないかと。
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   原因は、
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   『腕』よりも先に『目』が肥えるために
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      満足できるハードルの高さが先に上がるからじゃないかと。
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

459 令和もどこかの名無しさん :2020/01/02(木) 21:10:26 ID:sFqGI7Os00
ポエムとポエムじゃないの境界線がわかりません。
最初の1,2ページで独白すると、ポエムっぽく感じられそうで……。

460 令和もどこかの名無しさん :2020/01/02(木) 21:10:29 ID:AUorYSpo00
絵が特にその傾向だよね<目が肥えすぎて自分の腕に耐えられない

461 ◆uN377XmBVY :2020/01/02(木) 21:12:14 ID:hfIl/PnM00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       ポエムじゃない→読者が内容を覚えてられるもの
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         ポエム→読者が内容を宇宙の彼方に忘却するもの
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

462 令和もどこかの名無しさん :2020/01/02(木) 21:21:10 ID:sFqGI7Os00
なるほど。読者がちゃんと筋を追えればいいわけですか。
怪しいですねえ、伏線辺りが……。

463 ◆uN377XmBVY :2020/01/02(木) 21:24:51 ID:hfIl/PnM00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   読者の死角を狙うのです。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  「見えていて、覚えている。でも、気付かなかった」これが理想。
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  「書かれてたの? 忘れてた。でも、ポエムだったし」これが最悪。
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

464 令和もどこかの名無しさん :2020/01/02(木) 21:29:52 ID:sFqGI7Os00
抽象度をあげると一気にポエムっぽくなるのは頭から抜けちゃうからなんですね。
具体的で、しっかり理解させた上で、気づかせない。難しそう。
お答えいただき、ありがとうございます。

465 ◆uN377XmBVY :2020/01/02(木) 21:35:59 ID:hfIl/PnM00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       まー、以前も言いましたが、
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         読者は本文にある内容をものっそいレベルで不可逆圧縮します。
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   なので、
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  「どう捉えたらいいのかわからない文章」は圧縮されると消えるんです。
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::} 1文字も残んないの。
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦   私のこのレスだってほんの100文字ちょいなのに
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄        丸暗記できたかと言われたらNOでしょ?

466 ◆uN377XmBVY :2020/01/02(木) 21:38:02 ID:hfIl/PnM00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   なので、理想は
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  「圧縮されて生まれるであろう『読者が覚えている内容』」だけで
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  裏をかくこと。
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   これ、クロさん流伏線の奥義のひとつです。
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

467 令和もどこかの名無しさん :2020/01/02(木) 21:40:04 ID:sFqGI7Os00
圧縮された時に零れ落ちた内容で裏をかいても、重箱の隅をつついただけって感じになるわけですね。

468 ◆uN377XmBVY :2020/01/02(木) 21:42:25 ID:hfIl/PnM00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       です。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

469 令和もどこかの名無しさん :2020/01/02(木) 23:37:12 ID:pU92YbLY00
1/3程進んだところでヒロインの片方いらないんじゃないかと気づいてしまった


ああ書き直しだ・・・

470 ◆uN377XmBVY :2020/01/02(木) 23:40:14 ID:hfIl/PnM00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       『リストラヒロイン』というタイトルが浮かぶ。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

471 ◆uN377XmBVY :2020/01/02(木) 23:40:39 ID:hfIl/PnM00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       『ヒロイン失格』のが受けそうだけどすでにありそう。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

472 ◆uN377XmBVY :2020/01/03(金) 19:49:02 ID:ISW5XiaE00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!  
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

473 ◆uN377XmBVY :2020/01/03(金) 19:49:24 ID:ISW5XiaE00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   無意味な訓練を課したい……(何
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

474 ◆uN377XmBVY :2020/01/03(金) 19:50:26 ID:ISW5XiaE00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   スプーンに生卵乗っけて走り回ると文章力が上がるとか
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  まことしやかな嘘を……(まことしやかとは
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

475 令和もどこかの名無しさん :2020/01/03(金) 20:18:50 ID:9fRwbYis00
パワフルプロサッカをKONAMIから出す……?(幻聴)

476 ◆uN377XmBVY :2020/01/03(金) 20:27:46 ID:ISW5XiaE00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   パワフルゴルフ……?
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

477 令和もどこかの名無しさん :2020/01/03(金) 22:25:27 ID:pvk4oS4Q00
夏頃?やってましたね
お題から何か文章書くみたいなやつ

478 令和もどこかの名無しさん :2020/01/03(金) 23:12:38 ID:MC4TfMrA00
そういえば小話三題噺的な奴やりましたね。

479 ◆uN377XmBVY :2020/01/03(金) 23:17:36 ID:ISW5XiaE00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   その人の癖を把握しきれないから評価が割と難しいんですよね。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  行単位のちっちゃなミスをつついても意味がないですし。知ってる相手じゃないと助言が難しい。
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

480 令和もどこかの名無しさん :2020/01/03(金) 23:49:47 ID:MC4TfMrA00
小話自体が、その人のキャラへの理解度次第なところがありますからねえ。
その人の筆力みたいなのを知らないと突っ込みにくいですよね。
解って省いてるのか、曖昧なのか、まるで解ってないのかとか。

481 令和もどこかの名無しさん :2020/01/04(土) 23:24:15 ID:.tDqYM5A00
色々考えてみたところ、序盤に勢いがないのは序盤に中だるみの諸症状が出ているんじゃないかと。
読者にとって計器が多すぎてもダメそうですけど、これはないかと思います。が、願望かもしれません。

482 ◆uN377XmBVY :2020/01/04(土) 23:28:23 ID:KkdYrjJM00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       「楽しませたい部分」がはっきりわかる文章だと、
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         ただ部屋の中で2人が現状を語るだけでも
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       「面白い」と言ってもらえますね。
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  読みどころさんを明確にするのです。
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

483 ◆uN377XmBVY :2020/01/05(日) 21:44:55 ID:WLfUmbqw00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       ワレクロ
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

484 令和もどこかの名無しさん :2020/01/05(日) 22:08:33 ID:i2wCEJz6Sd
ワレワレ

485 令和もどこかの名無しさん :2020/01/05(日) 22:18:57 ID:D9a/PR9Q00
Wallenstein chronicles

486 令和もどこかの名無しさん :2020/01/05(日) 22:44:35 ID:jjphctUQ00
疲れてるとき変な文章書いてるって自覚がある
そういう時は素直に休むべきと思いつつもそのまま書かなくなるのが怖いから結局書いちゃう
どうせ後日なおさなくちゃいけないのに

487 令和もどこかの名無しさん :2020/01/06(月) 16:19:33 ID:0MqS87jM00
終盤でこういう展開をするために中盤にこのエピソード入れたいなと思うのだが、どうも浮いてしまって流れをぶった切っている感がある。もっと自然に前後とつなげたい。

488 令和もどこかの名無しさん :2020/01/06(月) 21:58:09 ID:a.ZCbAUE00
自分の書いてるのが本当に面白いのか不安になる・・・ならない?

489 ◆uN377XmBVY :2020/01/06(月) 22:00:32 ID:nlaqtZDs00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       いつも『もっと優れた答え』がありそうで頭を悩ませます。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

490 令和もどこかの名無しさん :2020/01/06(月) 23:52:35 ID:7CzBa9pM00
トーナメント形式の筋立てにしてみたところ、対峙するものをどんな順番で出せばいいのか迷うことに。
書けば行けるだろうと高をくくっていたら、障害として出すべき適切な順番がかなり難しい……。

491 ◆uN377XmBVY :2020/01/07(火) 00:07:51 ID:fwU0pTrY00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       サイコロ
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

492 令和もどこかの名無しさん :2020/01/07(火) 00:25:41 ID:GtA2/7nk00
これで今日のログボがもらえると思ったら大間違い!

493 ◆uN377XmBVY :2020/01/07(火) 00:32:57 ID:fwU0pTrY00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       だめぇ?
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

494 令和もどこかの名無しさん :2020/01/07(火) 01:37:44 ID:R5rrmvnI00
怖くてもう書けない
俺は何を面白いと思って、
誰を魅力的なキャラと感じていたんだ
何を書きたかったんだ?
小話すら書けなくなった……これ何ができるんだ?

495 ◆uN377XmBVY :2020/01/07(火) 01:59:26 ID:fwU0pTrY00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       一回ゆっくり休んで頭をリセットしましょ。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

496 令和もどこかの名無しさん :2020/01/07(火) 02:06:15 ID:R5rrmvnI00
休んだらもう二度と書けなくなりそうで、こわいです。
でもありがとうございます。
読むこともできなくなってて何も出てきません

497 令和もどこかの名無しさん :2020/01/07(火) 08:23:59 ID:rp9m6oFMMM
ミステリー物って読んでると自分でも書けるかな?ってなるけど、実際手をつけ始めると何処から手をつけて良いのか分からなくて全然書けないよね!
面白いとか面白くないとかつまらないとかの悩み以前に何からやれば……?ってなる。

そもそもミステリー小説をもっと読まないとダメなんだと思いますが。

498 令和もどこかの名無しさん :2020/01/07(火) 08:45:47 ID:LkLXi0XI00
ミステリーは逆算で作るものだから犯人の行動をシミュレートして状況を用意し
そこから矛盾点やミスを探偵に指摘させていけばいいと思う

499 ◆uN377XmBVY :2020/01/07(火) 20:50:52 ID:fwU0pTrY00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   クロミステリ。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

500 ◆uN377XmBVY :2020/01/07(火) 20:51:06 ID:fwU0pTrY00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   ミステリの定義みたいな話は置いといて、
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  ざっくりそのへんの周辺ジャンルの書き方について。
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  「人物」「謎」「解決法」の3つを特徴的にするということだけ
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   覚えておけばおっけー。
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!      うだうだ長文書いたんですが、結局のところ、それで終わった。

501 令和もどこかの名無しさん :2020/01/07(火) 23:43:06 ID:GZbmKQsU00
やばい最近モチベがガガが
まだ半分までしかいってないのに

502 ◆uN377XmBVY :2020/01/08(水) 00:11:52 ID:kW3m2SgI00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   ところで、特に意見ないみたいですね。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  じゃあ、1月19日締め切りとします。レギュレーションはいつもどおり。
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  1/19→2/2→2/16がそれぞれ締め切りでいいですね?
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

503 令和もどこかの名無しさん :2020/01/08(水) 00:22:10 ID:trZXJ1zM00
わかりました。よろしくお願いします。(20日から古戦場ですね)

504 ◆uN377XmBVY :2020/01/08(水) 00:25:32 ID:kW3m2SgI00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!  
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

505 ◆uN377XmBVY :2020/01/08(水) 00:25:50 ID:kW3m2SgI00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   え?(完全に忘れてた
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

506 令和もどこかの名無しさん :2020/01/08(水) 00:33:58 ID:trZXJ1zM00
なーむー

507 令和もどこかの名無しさん :2020/01/08(水) 00:34:41 ID:oGTdTMYESd
うわああああ(火風ゼノ武器が完成しない顔

508 令和もどこかの名無しさん :2020/01/08(水) 00:37:11 ID:trZXJ1zM00
13日提出でもどうにかなりますよ……きっと。

509 令和もどこかの名無しさん :2020/01/08(水) 01:06:28 ID:6tRL1BSQ00
では、2月まで延期しましょう(酷)

510 ◆uN377XmBVY :2020/01/08(水) 22:11:26 ID:kW3m2SgI00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       ユニクロ
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

511 令和もどこかの名無しさん :2020/01/08(水) 22:34:24 ID:trZXJ1zM00
サンタクロ

512 ◆uN377XmBVY :2020/01/08(水) 22:35:13 ID:kW3m2SgI00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|         サ
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         サンタ
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|         タ
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

513 令和もどこかの名無しさん :2020/01/08(水) 22:46:08 ID:Yck4tKagSd
サンタ十字!

514 令和もどこかの名無しさん :2020/01/08(水) 22:59:18 ID:trZXJ1zM00
クロさんが磔に!?

515 令和もどこかの名無しさん :2020/01/09(木) 13:48:45 ID:G1VNZp3w00
ベア「呼ばれた気がした」

516 ◆uN377XmBVY :2020/01/10(金) 00:32:27 ID:Q0EPNJy600
サンタクロス

517 令和もどこかの名無しさん :2020/01/10(金) 00:36:33 ID:Y2.ZMygESd
インペリアルクロ先生

518 ◆uN377XmBVY :2020/01/10(金) 21:27:00 ID:Q0EPNJy600
 ク
クロ

クロせない!

519 令和もどこかの名無しさん :2020/01/10(金) 21:35:07 ID:Y2.ZMygESd
人数足りないのでフリーファイトの陣形ですね(ロマサガ2っぽく

520 ◆uN377XmBVY :2020/01/10(金) 21:44:26 ID:Q0EPNJy600
 ク
クロ

鶴翼の陣ですぞ。

521 令和もどこかの名無しさん :2020/01/10(金) 22:33:49 ID:GHAj6Iyo00
プロットっぽいなにかはできたけど、大学ノートにびっちり8ページ。
どこまで単純化したらいいものか。当初は3レスくらいにはまとめたかったのに……。

522 令和もどこかの名無しさん :2020/01/11(土) 01:56:46 ID:p0e7ioxA00
「みっちりたっぷり書いちゃったネタの簡略化/プロット化方法」とか…
クロ先生、プロット書かないヒトでしたねw

523 ◆uN377XmBVY :2020/01/11(土) 01:59:16 ID:58v4ncPI00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       事前に何か言われたら更に1枚緩和しようかなって思ってたクロさん。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         言われなかった。
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

524 令和もどこかの名無しさん :2020/01/11(土) 02:25:48 ID:AHtwKyqc00
5レスでも1万字超ですから、本文の1割。50レスのプロット演習ならそのまま応募できそうというのは置いておいて。
圧縮できないのは大事なところが見えてないということで、段階式プロットをやってないことになりますねえ。(自分は棚上げ

525 ◆uN377XmBVY :2020/01/11(土) 23:35:51 ID:58v4ncPI00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       プロット嫌ーい。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

526 令和もどこかの名無しさん :2020/01/11(土) 23:46:15 ID:UKJQxStgSd
アマチュアットとかないんですか?

527 ◆uN377XmBVY :2020/01/12(日) 00:00:02 ID:2Tbb//GU00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       ?
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

528 令和もどこかの名無しさん :2020/01/12(日) 01:01:20 ID:B.YH.6DI00
プロはプロット、アマチュアは『アマチュアっと』……かな?

プロット作ったのにすぐに本文書きたくなるのは初めて。なんかいい感じに隙間ができてるのかな、これは。

529 ◆uN377XmBVY :2020/01/12(日) 01:04:04 ID:2Tbb//GU00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       !
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

530 令和もどこかの名無しさん :2020/01/12(日) 13:13:39 ID:LrvvmxsoMM
チュアットと呼ぶことにしよう!

531 令和もどこかの名無しさん :2020/01/12(日) 13:39:11 ID:tit5AI8MSd
プロフェッショナル→プロ→プロットなら、アマチュア→アマ→アマットかもしれない

532 令和もどこかの名無しさん :2020/01/12(日) 14:01:22 ID:3bxQ1Vik00
プロットと聞くとウーシャの養父を思い出してしまう(夏の炎の竜並感)

533 ◆uN377XmBVY :2020/01/12(日) 21:30:30 ID:2Tbb//GU00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!  
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

534 令和もどこかの名無しさん :2020/01/12(日) 21:57:35 ID:jAgITyu600
終盤まで書けたのに致命的な矛盾見つかって書き直しだー
やべー心おれる

535 ◆uN377XmBVY :2020/01/13(月) 23:33:42 ID:d7wal3As00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   あるある……矛盾調整したと思っても、本文の全文チェックを
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  オススメします。
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

536 令和もどこかの名無しさん :2020/01/13(月) 23:47:57 ID:OsegDS9s00
指輪物語みたいに、これもうすでに写本翻訳のせいでガバだけど俺のせいじゃない
って書いとけばヘーキヘーキ

537 令和もどこかの名無しさん :2020/01/13(月) 23:55:30 ID:pqzrN7Zo00
ラノベの設定が思い浮かんで、ラノベを書いてたはずなのに、ラノベじゃないって先生に言われそうな物体が……。

538 令和もどこかの名無しさん :2020/01/14(火) 00:01:23 ID:Y9a4opCo00
なんだ葉っぱさんか(風評被害)

539 令和もどこかの名無しさん :2020/01/14(火) 00:07:23 ID:RbsTTCBs00
……

540 令和もどこかの名無しさん :2020/01/14(火) 03:08:56 ID:RbsTTCBs00
プロット第1稿完成。すでに11950文字。6レスギリギリー。

541 ◆uN377XmBVY :2020/01/14(火) 22:50:56 ID:CfSEFpdA00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       草。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

542 令和もどこかの名無しさん :2020/01/14(火) 23:16:52 ID:RbsTTCBs00
( ゚д゚ )つ除草剤

543 ◆uN377XmBVY :2020/01/14(火) 23:18:29 ID:CfSEFpdA00
.



             /:::::::::::::::::::     \
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

544 令和もどこかの名無しさん :2020/01/15(水) 00:12:01 ID:sD9trjQESd
植物でしたか

545 令和もどこかの名無しさん :2020/01/15(水) 21:37:03 ID:xmzK4HOw00
案は3つあるがどうするか前の改善版か新規に挑戦するか思いつきだけの奴を今から作るか
2日前くらいになれば後は手が自動筆記してくれるだろうという甘い目論見

546 令和もどこかの名無しさん :2020/01/15(水) 21:47:02 ID:q73NDlOE00
1回目から12500文字をオーバー。これでも中抜きしまくったのに。
これはもうエピローグごっそり削るしか……。

547 ◆uN377XmBVY :2020/01/15(水) 21:51:48 ID:6KGubBmk00
.



             /:::::::::::::::::::     \
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       どしても足りなーい?
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

548 令和もどこかの名無しさん :2020/01/15(水) 21:59:07 ID:q73NDlOE00
今回のお話ではどうしても足りないです……。

549 ◆uN377XmBVY :2020/01/15(水) 22:20:24 ID:6KGubBmk00
.



             /:::::::::::::::::::     \
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       じゃ、上限を1レス増やしましょ。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

550 令和もどこかの名無しさん :2020/01/15(水) 22:23:28 ID:q73NDlOE00
先生、ありがとうございます(土下座

551 令和もどこかの名無しさん :2020/01/16(木) 00:10:00 ID:wuoTaguk00
われわれが先生の手の平で踊らされているッ……!

552 ◆uN377XmBVY :2020/01/16(木) 23:05:03 ID:9bmqlzg600
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

553 令和もどこかの名無しさん :2020/01/17(金) 00:17:38 ID:gGSQl91USd
はえてる

554 ◆uN377XmBVY :2020/01/17(金) 00:31:53 ID:A1qB2ruA00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       年に3回収穫できます。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

555 令和もどこかの名無しさん :2020/01/17(金) 21:31:08 ID:KGvB7lpg00
レギュレーションは

・7レス以内にまとめる
・締切は1月19日23時59分59秒

ってことでいいですかね?

556 ◆uN377XmBVY :2020/01/17(金) 21:33:39 ID:A1qB2ruA00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       大まかにはそう。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         『でーま』の明記をお忘れなく。
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

557 令和もどこかの名無しさん :2020/01/17(金) 21:41:25 ID:HtReQJfA00
一人目:提出しますノ

558 ◆uN377XmBVY :2020/01/17(金) 21:44:19 ID:A1qB2ruA00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       どうぞですノ。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

559 令和もどこかの名無しさん :2020/01/17(金) 21:46:07 ID:HtReQJfA00
今からでもいいノですが、なんとなく人数確認のための点呼をしただけでして……

560 令和もどこかの名無しさん :2020/01/17(金) 21:49:39 ID:FYXfSLZcSr
締め切りから二週間あいて計4回とかでしたっけ?

561 ◆uN377XmBVY :2020/01/17(金) 21:55:09 ID:A1qB2ruA00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       1/19、2/2、2/16締め切りの3回を予定しています。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       ところで、今回で第何期何回目でしたっけ?
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

562 令和もどこかの名無しさん :2020/01/17(金) 22:07:54 ID:HtReQJfA00
今度のが第7期20回目になりますね、たぶん。

563 令和もどこかの名無しさん :2020/01/17(金) 23:10:45 ID:FOHEAj.E00
やべー間に合わねーひゃっはーもうだめだ嗚呼ああ

564 ◆uN377XmBVY :2020/01/17(金) 23:19:29 ID:A1qB2ruA00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       いけるいける。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

565 令和もどこかの名無しさん :2020/01/17(金) 23:33:21 ID:HtReQJfA00
盆も暮れも冠婚葬祭も関係ない、月月火水木金金なのだ!という先生の編集への怒り……。

566 葉っぱ ◆Cqd/udPZG6 :2020/01/18(土) 00:29:22 ID:GbPfiiAg00
やればできる子先生、スレ住民の皆さん、いつもお世話になっております。
ラノベじゃないとなぜか言われ続けている葉っぱです。

今回こそ汚名(?)返上を目指しておりますが果たしてどうなるか。
ということで、以下7レスほど頂きます。

あと、『まとめ不可』でお願いします。
注意というほどではありませんが、全てのプロットはブログ等で発表してあるのでパクらないでね。


講評はいつでも構いません。順番が前後しようが最後にされようが。
先生のご都合(お仕事と古戦場)に合わせてください。

評価基準はお弟子さんレベルのシビアさに挑戦したいと思います。
それでは先生、よろしくお願いします。

567 葉っぱ ◆Cqd/udPZG6 :2020/01/18(土) 00:30:20 ID:GbPfiiAg00
・タイトル『記憶操作人』
・でーま『記憶の国旅行記』
・舞台:現代

・登場人物
宇津保:男主人公。ヒロイン1以外何もいらない、自他ともに認める普通じゃない人。なぜか記憶操作能力を持ちで大学生のかたわら『思い出屋』を営む。西洋人形を鞄に入れ、外が見えるように首から上を出している。交通死亡事故現場の献花を見ると必ず花を供える癖がある。

カレン:ヒロイン1。5,6歳に見える金髪碧眼の少女。姿に似合わず口調と思考は大人。宇津保は彼女のおかげで精神的に癒された過去がある(継続中)。『思い出屋』では相棒。

桔梗:ヒロイン2。幼大一貫校の主人公の先輩。男勝りで大型バイク乗り超長身美人。仕事の仲介者。仕事を通じて助言も。宇津保とカレンの関係に肯定的。依頼人第一号。良家のお嬢様。


・プロローグ(2ページ)
カレンとの関係が他人に理解されず、奇異の目で見られ続けている。どれだけ言葉を費やしても誰もわかってくれなかった。
依存だと咎められたり見苦しいと侮蔑されたりした。だから宇津保は語るのをやめて、人形のように生きるようになった。
彼にとってカレンは、目で耳で口であり、心の一部であり、生活のほぼ全てを共にするものであり、愛しい相手でもあった。もちろん誰も認めやしない。
だがカレンがいなければ宇津保は心を閉ざしたままのはずだった。彼女に救われ今も癒されている。そして癒すこともできるようになった。死ぬまでずっと彼女さえいればいい。誰かに理解される必要なんてない。
しかし高校生の頃、ひょんなことから記憶操作の力で他人を救うことになった。人の心をどうにでもできる忌避すべき力が、他人の心を癒すことにも使えたのだ。
そのこと自体はどうでもよかったが、救った人がカレンの存在を認めてくれるようになった。
同様に心を病んだ人間を癒せばカレンとの関係を認められるのではないかと『思い出屋』を続けている。

・起
依頼1:彼氏を親友に奪われた女性『イラつく元親友をどうにかして』
女同士のビンタの応酬。依頼人とその親友だ。宇津保は浮気した男を責めずに親友に怒りをぶつける依頼人の感情がわからず。だが幼女のカレンは達観したような説明をし、女心がわからないと宇津保にダメ出しをする。
宇津保は仲裁しようとするが依頼人に叩き出される。地面に転がった彼の目に入ったのは王様のように高いところに座ったイケメンの姿だった。微動だにせず女性たちの争いを睥睨している。嫌な男ねと言うカレン。そんなこと言わないでとどこからともなく声がする。王様ではない。下から聞こえた。
地面を探すと王様と瓜二つの小人がいた。小人は王様を、依頼人にとってのトロフィーだという。ブランド品と同じ扱いのカッコいい彼氏。それに気づき別れ話をしたが聞いてくれず、親友に相談したのを依頼人は勘違いしてるらしい。
人間を物扱いするのかと驚嘆した宇津保は、カレンの助言に従い王様を小人と同じ大きさにした、記憶操作の力で。
空同然の玉座を見た依頼人は急変し、親友と仲良くし始める。現金だ。想定外の手順だったが依頼の本質は果たせた。
カレンが依頼人に「新しい男を見つけた方が早いわ。大した男じゃなかったんでしょ?」と偽言。依頼人は「顔だけだったわね、金もないし」と玉座の小人の王様を放り捨てる。
カレンは「別れて正解よ」と下を向いて言う。依頼人はそうねと応え、小人たちも頷く。呆気にとられながら宇津保は仕事を終えた。そして世界が暗転する。

大学キャンパス内。ビスクドールを抱き歩く宇津保には奇異の目が集まる。しかし気にしない。広場のベンチで人形と隣り合って座って昼食を食べる。そこへ先輩の桔梗が声をかけてきた。
「悪かったな。親友が私の友人だったんだ」と言って謝礼を渡してくる。経緯を桔梗に話す。

回想:心の世界での出来事は真夜中の夢のように記憶にはまず残らない。処置が終わって互いに目を覚ますと、依頼人は気持ちの悪い現象だと気味悪がる。
ただ宇津保の隣のソファに座るビスクドールに目を向け「その子、なにかいいことを言ってた気がするわ」と付け加えた。
「あなたにはもっといい男がいるって」
「不気味な人形って言ってごめんね。私と一緒で良い目をしてるわ」と満足気に部屋を出ていった。
宇津保は隣の人形を抱き上げ「同類だって、カレン」と言えば、人形も「人間を物扱いするような人と一緒にされたくないわ」と答えた。

「カレンからしてみたらそうだろうな」と人形を見ながら桔梗。ただあの女は自分も人扱いしておらず、ガラス越しに世界を見ているような現実感のない生き方をしているらしいと。
桔梗の情報収集能力の高さに相変わらずだと思いながらも、カレンを認めてくれた一点でもって宇津保は依頼人を誉めた。
(処置第一号が桔梗で、カレンの存在を認めていることを示すエピソードもここで消化したい)

568 葉っぱ ◆Cqd/udPZG6 :2020/01/18(土) 00:30:33 ID:GbPfiiAg00
・承1
依頼2『元夫に養育費を払わせたい』
桔梗の調べでは入金がないという元妻の言い分は正しいらしい。
そこで宇津保は喫茶店で夫と相席になり、寛いでいる夫の心に機をみて潜り込み、子供との思い出を大きくする。夫の反発がなく宇津保は拍子抜け。
夫は急に立ち上がって銀行へ駆け込む。だがATMを待っている間にまた外へ飛び出し、赤信号の交差点に突っ込もうとしたところを宇津保が腕をつかんで引き留める。足元にはいくつかの花束。よく事故死が起きる場所なのかも。叱りつけるついでに、ただ事じゃないと夫の目を見て、意識を宇津保に固定したところへ再び夫の心の中へ。

夫の記憶を探る。中学生くらいの子供を赤子のように抱いている夫とその妻が言い争っていた。妻とはデキ婚だと思っていたが、子供は妻子ある上司と妻が不倫してできた不貞の子であり、夫の実子ではないと十年以上経ってからしったらしい。出し渋るわけだと宇津保とカレンは納得したが、子供を抱いているのは夫だ。おかしくないかと指摘する宇津保。俺の子なんだと現実では失った親権を口にする夫。
カレンが言う。「あなたとは血がつながってないのよ?」
「関係ない」と夫。
「ならどうして養育費を滞納してるの?」
元々子が出来にくいから結婚はと渋る妻を、子ができなくてもいいとまで言って口説き落としていたらしい。子供は養子だと思えばよかった。夫自身養子らしい。ただ、長年騙され続けた元妻にまた裏切られないか、養育費が浪費されないかと心配していた。

そこで宇津保は心から追い出された。無茶をしたせいだろう、突然の睡魔に襲われてその場にへたり込む。根が善人なのか、夫は道路の向こうを一度見るが宇津保を近くのホテルのラウンジまで連れていく。
宇津保は力の使い過ぎで、夫は心を強引に触れられたことで互いに警戒心が緩み、心の内がボロボロ出る。
メンタルが弱いからああいう不測の事態に弱いのだと宇津保は夫に説明し、どうしてあんな真似をしたのか尋ねた。離婚で離ればなれになった子供に会いに行こうとしていたと夫は答える。
うちも両親が離婚していると宇津保は言う。子供はかわいくないのかと尋ねると愛していると答えた。ではなぜ離婚したのかと宇津保は聞きづらいことを訊くが、夫婦関係に重大な問題があったと素直に答える。「子供は両親の不仲をすぐ見抜くさ。俺も貰い子だったから周りの目がよく分かった。小さい時は特に敏感なんだ」宇津保はそこに親近感を覚えて話し込む。

「ちょっと時計見なさいよ」と突然カレンに囁かれる。宇津保が時計を見ると、夫も時間を確認し、急いで子供に会いに行った。
とにかく教育費事態は払わられそうだと安堵した、妻の思惑とは違う形かもしれないが。
ろくに動けず迎えを待つ間、宇津保は自分の両親を思い出す。自分が原因で仲違いして離婚した両親を。
迎えを頼んだ桔梗の姿が見えた。その時カレンが、托卵された子についてどう思うかと問いかけてきた。自分の子供でもないのに愛せるのかと。ただの代償行為じゃないのかと。
宇津保も夫の言葉を全面的に信じたわけじゃない。元妻の浪費もただの言い訳かもしれない。記憶の世界は本人の認識次第だということを知っている。
「代償行為でも互いが納得してるならいいんじゃない? それからカレンとの関係以外の愛なんてわからないけど、子供に罪はないと思う親であってほしいと願うよ」
近くまで来ていた桔梗はその呟きを聞き逃さず「両親の愛は無償であるべきだろうが、結局自分の生きた証を遺したいだけだ」とシビアに言う。「血だけとは限らない。家でも遺志でもいい。それもひとつの愛さ。自己愛だがな」
桔梗が詳細を知っている風であることに気づいた宇津保は問い詰めるが、依頼は厳選してると答えるだけだった。その上で桔梗が「カレンはなんて言ってたんだ?」
「代替品で満足できるのかって」
「なるほど、カレンらしいな……」
アパートに送ればいいのかと訊いてきた桔梗に、久しぶりに実家に帰ると答えた。その前にあの交差点に献花したいと頼んだ。

・承2
一人暮らしの家から実家は近い。母がいるのか実家には電気が灯っている。外科医の父と違い眼科医の母は時間に余裕がある。すぐ近くの細い十字路に今年も1本の花が置かれている。宇津保が高校生の頃から毎年あるが、その時期にそこで死亡事件が起きたという記憶はない。疑問に思いながら実家に入る。

母の部屋を素通りしてかつての自室へ戻る。家を出た時から何一つ変っていないせいで逆に落ち着かない。故人の部屋を保存しているように感じて。
ベッドに寝転がり、隣にカレンを寝かせる。カレンとの出会いを話し合う。

569 葉っぱ ◆Cqd/udPZG6 :2020/01/18(土) 00:30:52 ID:GbPfiiAg00
幼い頃に買ってもらったビスクドール。両親が多忙で、家政婦のような人はいたが、いつもカレン人形で独り遊びしていた。ある日、ままごとの相手がしゃべりだした。祖母から付喪神のことを聞いていたのでうれしく思った。両親にそのことを告げると、よかったねと言うものの困ったような顔をした。カレンは両親には話しかけなかったから信じてもらえなかったのだろう。
宇津保は思い出す。小学生の頃に両親が喧嘩をするようになった。原因はいい年の男子が人形遊びをしている外聞の悪さを父が気にしているようだった。子供心に両親の喧嘩は怖くて、近づくことができず詳細はわからない。母は人形遊びを認めてくれたし、父も自分には優しかった。
それらが上辺でなく本心であることが宇津保を混乱させた。昔から他人の気持ちを察することができた。顔色をうかがうのが得意だったのかもしれない。
自分とカレンは心が通じ合っている。どうして両親はそうならないのかと奇妙に思うと同時に、宇津保は一番仲の良かった頃のことを思い出してほしいと願った。すると、学生時代の両親らしき仲睦まじい男女が見えた。力の発露だった。宇津保はその二人の様子を強く念じた。カレンの静止を聞き入れず。仲良くなってほしい一心だった。
しかし両親の仲は逆に悪化した。今と昔のギャップが火に油を注いだのだ。
自分が不思議な力を使ったことは理解できなくとも実感していた。両親の離婚の最後の一押しが己だというトラウマ。そうなった原因である記憶操作の力を恐れた。カレンの静止を聞いていればと宇津保はカレンに依存していく。結果、責任から逃げるような性格になっていた。

翌朝、リビングに母がいた。珍しい。理由を聞くと息子に会うのに理由はいらないと言われる。僕は生まれてよかったのかなと不意に訊くと母は怒った。離婚の原因は私達が未熟だったからだと。
そして宇津保の鞄から覗くカレンに「まだ持ってるのね。私が買ってあげた人形」
「男が人形を持ち歩いていたらおかしいかな?」
「貴方の好きにすればいいわ。昔からカレンちゃん、カレンちゃんって。今更よ」肯定ではなく諦観の響き。「ただそろそろ大人なんだし、お姉ちゃん離れしないといけないんじゃない?」
「お姉ちゃん?」
「そうじゃないの?」
そうかもしれない。ずっとカレンに頼り切ってる自覚はある。

家を出て大学へ向かう。居心地の悪さと疎外感を覚える帰省だった。それはカレンに対する対応のせいかもしれないがよくわからない。やはり自分にはカレンしかいないと宇津保は強く思う。カレンもあなたが望む限りずっといると言う。だったら一生だと答える。
曲がり角の献花の隣に宇津保も花を供えた。これが習慣となって献花癖が身についたのだろうかと思った。カレンという不思議な存在が、死後の世界を宇津保の身近なものにしていた。

・転1
依頼3『母親の記憶から僕を消してほしい』
レイプされたショックでレイプされたこと自体を忘れた女性。妊娠が発覚した時にはすでに中絶不可。婚約中だったことが幸いし、周囲には少し順序が変わったと誤魔化した。婚約者も協力的だった。しかしその嘘も長くは続かなかった。産まれた子供の顔を見て倒れた。レイプされた記憶が戻り、それから精神病院に入院し続けてほぼ寝たきりだ。一時退院もしない。そして子供が顔を見せると母親は激しく錯乱した。
その姿が見ていられないと小学生の子供が、自分の存在を母から消してほしいと頼んできたのだ。整形ではだめなのかと尋ねると、目が似ているようで整形では無理らしい。

入院中の母親に対面できるか問題だったが日光浴に車イスで出てくるとのこと。
気は乗らないがやるしかない。桔梗がどうしてもと頼んできた仕事だった。だがひとつだけ念押ししておいた。自分の力は記憶を改竄するものではなく、思い出に強くしたり弱くしたりするだけしかできない。あったことをなかったことにはできない。記憶を薄めたとしても母と会えるとは思えないと。
母の病気がよくなればいい、僕はどこまでいっても悪魔の子なんですと頭を深く下げる子供。それに母が元気なら僕だってうれしいと付け加えた。子が母を愛してることがよく分かった。
こんな小さな子に過酷な覚悟させることに宇津保は苛立ちを覚えつつ依頼を受けた。

心の世界は荒廃し、巨人のような子供がいた。しかも目だけが異様に大きい。レイプ魔の目を思い出させるくらい似てるのかもしれないし、レイプ魔の象徴的な部分なのかもしれない。過去に遡るとレイプ魔は母親の身内だとわかった。殊更ショックだったようだ。母親は子供から顔を背けて足を震わすも逃げようとはしなかった。一抹の愛情があるのか。子に罪はないと判っていても望まなかった子は受け入れられないのかもしれない。

570 葉っぱ ◆Cqd/udPZG6 :2020/01/18(土) 00:31:14 ID:GbPfiiAg00
レイプ魔と子供の関係はどうにもできないが、レイプ魔の顔を忘れさせることはできる。存在自体は無理でも顔なんかはあっという間に忘れるものだ。宇津保はレイプ魔の顔を思いきり潰し、ミジンコなみの小人にした。そして子供の記憶も薄れさせた。宇津保の独断だったがカレンはずっと黙っていた。

子供は握りしめた五百円玉を渡してきた。謝礼なのだろう。宇津保はそれを受け取ると病院近くの花屋へ子供と一緒に向かい花束を買ってその場でその子に渡す。
狼狽える子供に「お母さんの好きな花を選んだんだ、渡してきて?」
「これが、お母さんの好きなもの?」母のことをほとんど知らずに育っているのだ。
躊躇しつつも母親へ渡しに行く子供。微笑んで受け取る母親。驚く子供と看護師。
母親の記憶は曖昧だろう。親戚の子か養子か。実子は里子に出したのか、発端の妊娠の記憶すらどうか。
「おばさんの好き花ばっかりね、ありがとう。ええっと」と記憶の中から子供の名前を思い出そうとするが、首を振って「ごめんなさい、どなたかしら?」親戚の子だろうかと呟く。
泣き笑いする子供を見つめて宇津保は気分の悪い仕事だと宇津保は思った。

親子としてではなくても母と触れ合える。錯乱する母を見ることもなくなる。でもあの子はこんなことで本当に救われたのだろうか? 子供にあんなことを決断させ、こんな目にあわせるのか。
大人が守るべき子供に守られてどうするんだと宇津保は憤る。
結果として子供が自己犠牲を強いられたことをカレンは悲しみ、桔梗は怒る。
大人の傲慢さと子供の犠牲。それは桔梗との出会いを宇津保に思い出させた。

・転2
すでにカレンを連れて通っていた高校時代。同級生に力説しても人形を連れ歩くことは理解されなかった。子供の玩具扱い。ずっと使い続けるなんて依存してるみたいだと言われる。宇津保はスマホを片時も手放さないみんなの方がよほど不健全だと訴えるも苦笑いされるだけ。スマホは生活の必需品だと言う同級生が宇津保には理解できない。恋人以上のカレンがいればそんなものいらないと思っていた。だが説得するのはもう無駄だと諦め、語るのをやめ、人形のように生きることにした。

ある日、生徒会長の桔梗と出会う。黒髪を長く伸ばし、背は高すぎるが日本人形のように綺麗で性格も穏やかで評判高いある種理想的な女性像。宇津保でもその雲の上の存在である先輩のことは知っていた。
桔梗は宇津保を探していたようで「誰とでも仲良くできる浮雲の宇津保君と聞いていましたが、本当は誰にも心を開いていない空ろな宇津保君なんですね」と出合い頭に言われる。
桔梗は宇津保物語のあらすじを言い残して立ち去る。人当たりがよく、ファンクラブがあるほどの人気者だったが宇津保が受けた第一印象は悪かった。図星を突かれたからかもしれない。
それが変わったのは生活指導の教師にカレンを不要物として没収されそうになった時だ。桔梗が現れて、人形と一緒にいるだけで問題があるのか、携帯電話の方がよほど学校には不要だと宇津保を庇った。

その宇津保の眼前で桔梗が突然倒れたので保健室に運び込む。月経、しかも初潮だったらしい。あまりの遅さとそんなことを言われて驚く男の宇津保。
桔梗は、宇津保と自分は似ていると言う。偽りの仮面をかぶって生きている点で。親近感があったと言う。
初潮が遅かった理由は女になりたくなかったせいだろうと桔梗は言った。精神力でどうにかできる問題ではないと思うが、実際にそうなっているからそうなのかもしれないと桔梗の心の強さに驚愕する。
女らしくあらねばならないことに嫌気がさしていると桔梗は吐露した。だが両親は女らしくあれと暗に強制してくる。女らしくと常に自分に言い聞かせていたせいか、二次性徴を終えても生理だけは来なかったらしい。
家庭の事情を宇津保が問うと、弟が生まれるはずだったと桔梗は語り出した。母の妊娠初期から立派な姉になりなさいと言われ続けたが弟は生まれなかった。跡取りになるはずだった男子の死産、そして二度と妊娠できなくなった母。家や両親の様々な感情に囚われていた。
完璧な姉であることを自他共に強要する桔梗に宇津保は強烈なショックを受ける。桔梗は両親と死んだ弟、宇津保は兵信と不思議な力の呪縛。
共感した宇津保は、自分らしく生きたいんですねと桔梗につい自分の能力をばらしてしまう。心を覗くことができることや力が制御できず両親の心をめちゃくちゃにしたことも。
桔梗はしばし逡巡するも宇津保の申し出を受け入れる。
宇津保にとって人生2度目の心の世界。今度は必ず成功させなければならないという緊張。

571 葉っぱ ◆Cqd/udPZG6 :2020/01/18(土) 00:31:29 ID:GbPfiiAg00
初依頼『自由への渇望を満たしてほしい』
桔梗の両親と女の子と男の子がいる。女の子が桔梗で、男の子は生まれなかった弟だろうかと考えるが年恰好は同じ。子供らは双子のようにそっくりだった。巨大な両親が女の子を、女の子がさらに男の子を檻に入れている。両親は強大で、力の未熟な宇津保では上手く処置できそうになかった。
カレンが女の子に叫ぶ。「記憶の中の人や物は自分の感情次第でどうにでもできる、両親を逆らえない存在だと思うな。記憶は感情次第でどんな思い出にでもなる、認識の問題」だと。
宇津保一人の手に負えないなら本人の力を借りればいいとカレンは宇津保に言う。
しかし女の子は手が放せない。男の子を解放することになるのだ。そんな女の子に男の子も反発する。その間も両親は女の子の檻を十重二十重と厳重に補強し錠前も無数につけていく。宇津保に過剰反応したようだ。
女の子は苦渋の決断をし、男の子と取引する。ここから出す代わりに両親を協力して倒そうと。男の子も最後は取引に応じ、二人で檻を壊し両親を倒す。その隙をついて宇津保が両親との記憶を弄る。女の子は力を使い果たしたと言って眠ってしまう。そして男の子は自由を得た。

翌日、髪の毛を短くした凛々しい桔梗の姿に学校中が騒然とした。男勝りの性格をした今の桔梗の原型が生まれたのだ。これまでも人気があったが、女の子からの人気は違う意味で絶大なものになった。それは大学生になっても変わらない。
宇津保は桔梗から感謝され、カレンのおかげで現実でも両親に言い返すことができたとも言われた。これがきっかけで宇津保の力を使うことへの恐怖が薄まり、力の有意義な使い道を理解する。

・結1
依頼4:『苦しい記憶でも忘れたくない』
愛犬が病死した。だが日を追うごとにその姿形が記憶から薄れていく。愛犬がただの思い出になることが耐えられないと依頼人。『思い出屋』として初めて受けるタイプの依頼で宇津保は狼狽える。
写真や動画、遺品を見ても加速度的に記憶が薄れていく。顔や表情、行動などあらゆるものが曖昧になっていく。愛犬は苦しんで死んでいったのに、自分は徐々に平穏な暮らしに戻っている。それが許せない。たとえ愛犬が死んだ時の苦しみを常に感じて、涙が出て動けなくなってでも思い出にはしたくないと言う。
苦しい、つらい。だから忘れたい、解放されたい。そういう依頼人が多かったのに。

心の中。愛犬は死ぬ間際の元気のない姿だった。飼い主の中で強烈に残っている記憶なのだろう。最期の姿なのだからそれも当然かもしれない。その姿はすでに小さく、半透明にさえなっていた。
存在や出来事は忘れにくくても、表情などの細部は忘れ易い。記憶とはそういうものなのだから仕方がない。だからこそレイプ魔の顔を記憶の彼方に追いやることができたのだ。
愛犬はなぜか宇津保に牙をむきうなっている。まるで宇津保のしようとしていることを嫌がっているようだ。依頼人も愛犬がこんなことを望むような子ではないと知っているのだろうとカレンは言う。所詮、依頼人の記憶の中の愛犬なのだ。愛犬そのものではない。
だったらなおさらどうしようかと宇津保は悩む。この記憶を大きくしてよいものかどうか。苦しみ続ける人生がいいのかどうか。
だがカレンが言う。依頼人は苦しみたいの、楽になりたくないのよと。自己満足。愛犬の気持ちの問題じゃないと。
カレンが犬と取っ組み合う。宇津保も犬に手を噛まれながらその体を象のように大きくした。それが依頼人の希望なのだ。

現実に戻ると瞼を泣き腫らしてうずくまる依頼人がいた。嗚咽交じりに感謝された。
その感謝は宇津保にとってとても嫌なものだった。

本当に大事なことは忘れちゃいけないのかと宇津保は感慨深く思う。それが大人の強さなのかと。思い出にして今を生きる人と、思い出にできず過去と生きる人。
桔梗は、なにが正解というわけじゃないと言う。
そしてカレンは独り懊悩していた。大人になるならつらい記憶にも耐えられないといけないのか。自分がずっと宇津保の心を護っていていいのかと。

・結2
警察から電話が来る。桔梗の身柄を引き取ってもらいたいと。バイクのスピード違反だった。警察署から解放された桔梗に詳細を訊く。峠で走り屋集団に追いかけられたとのこと。情状酌量の余地ありということでとくに罰はなかったが、一応身元引受人をと言われたらしい。
もっともらしい話だが、桔梗が峠を走ったことに違和感を覚えた宇津保は重ねて訊く。心がざわつき、それを振り払いたくてとばしていたら絡まれたというのが真相だった。
宇津保のアパートに着くと桔梗から心を見てほしいと頼まれる。自分は『思い出屋』だと断るが、カレンは「貴方の不始末かも」という。宇津保は生まれて初めて、同じ人間に2度受け入れてもらうことになる。

572 葉っぱ ◆Cqd/udPZG6 :2020/01/18(土) 00:31:56 ID:GbPfiiAg00
桔梗の心の中では、眠りから覚めた女の子と男の子が盛大に殴り合いをしていた。両親の抑圧もなくなり充電も済ませた女の子が表に出たがっていたのだ。思い出を処置の対象としていた宇津保にとって今現在の心はどう対処してよいかわからない。
仲裁しようとするが「空ろな宇津保は黙っていろ」と高校生の頃に言われた言葉を浴びせられる。しかし『思い出屋』を始めて人形のような生き方から少しずつ変わってきたと思っていた宇津保は声を上げて「もう空ろなんかじゃない」と反論する。
双子はカレンを指さし嘲笑する。彼女の存在はなんだと。「ここは私の心の中だ。私は宇津保にしか存在することを許していない。ならカレンは誰だ? お前の心以外に考えられないだろう」
言われたことに愕然とし、わらに桔梗ならやりかねないと思うも「そんなことができるはずない」と反論する。
「周囲の目は正直だ。お前は人形相手に一人芝居していただけだ」
カレンの存在をずっと認めてくれていたと思っていた桔梗に宇津保は裏切られたと感じた。なのに、心の穴をカレンという存在で埋めていただけじゃないのかと罵られた。なにかとカレンに押し付けると宇津保を怒る女の子、男の子も同意するがお前が言うなと女の子に文句。
宇津保はすがるようにカレンを見詰めるが、カレンは肩をすくめるだけで宇津保を突き放す。

桔梗の心から逃げ出した宇津保の眼前にはたおやかに椅子に座り彼を見つめる桔梗。
「気持ち悪い? 男らしさと女らしさが完全に分離してるの。上手く混ざらないみたい」「女らしくあれと言われ続けた記憶と自由奔放でありたいと願っていた記憶。それぞれに基づく意思が葛藤を引き起こしているんだろうな」「お前はカレンとどう向かい合って生きてるんだ? 教えてほしいわ?」
カレンはカレンだと答える宇津保の目には人形のカレンは生きているようにしか見えない。そのカレンを桔梗は大事そうに、しかし物を持つ遠慮なさで抱き上げる。桔梗は、心の中にいるカレンと人形のカレンについて宇津保を問い詰める。そこに男の桔梗と女の桔梗が上手くやっていけるコツがあるはずだと言った。

だがカレンはカレンだとしか思っていない宇津保にそれはわからない。当然桔梗にもわからない。
桔梗が、普通の人たちはどうやって感情に折り合いをつけているんだと嘆きながら、カレン人形を膝の上に乗せてあやす。
人形はなされるがまま。その光景を見た宇津保は悪寒を覚えた。その瞬間、彼の身体が飛び跳ねる。そしてカレンというビスクドールが割れた。
宇津保はカレンの名を呼びながらも自分じゃないと繰り返し、砂のついた自分の手を見て意識を失う。

気づけば自分の心の中。初めての世界。そこには自分より年上の大人の姿をしたカレンがいた。
カレンが言う。もう自分の足で立てるだろうと。力にも慣れ、色々な心を見てきた。私に押し付けておくのは楽かもしれないけど、もう自分で受け止められるはずだと。
そして宇津保は思い出す。幼い頃、近所にカレンというお姉さんがいたことを。多忙な両親に代わってベビーシッターの経験者であるカレンの母親が家政婦をし、カレンがいつも手を引いて遊んでくれたことを。毎夜カレンと引き離されて愚図る幼い宇津保に母がカレンと同じ金髪碧眼のビスクドールを買ってくれて、カレンと名付けたことを。
ある日、一緒に道を歩いているとカレンが突然倒れた。それこそ人形のように。そこへ大型トラックが来てカレンの体はバラバラになった。実家近くの細い十字路だ。
カレンの死が理解できず、受け入れられなかった宇津保は人形をカレンだと思い込むようになった。カレンの家族はカレンの死とおかしくなった宇津保に耐えられなくなって引っ越した。両親も宇津保のことで仲違いするようになった。

宇津保はすべてを思い出し、自分のせいだったのかと思う。
人形のカレンは、自分は宇津保の心の一部で、感情の隔離場所だと言う。人形を壊したのもカレンの意思が表に出たからだった。どうしてそんなことをしたのかと宇津保は問い詰めるがカレンは答えない。ただ、宇津保が望むなら一緒に居続けることもできるが、自分がこんなことを言えるのも、人形を壊せたのも、宇津保自身が心のどこかで思っているからだと告げる。
そんなことない、心は嘘をつけないと色々言い争う二人。だがカレンは最後に、もう疲れた、休ませてと嘯くようにお願いした。

573 葉っぱ ◆Cqd/udPZG6 :2020/01/18(土) 00:32:18 ID:GbPfiiAg00
カレンに無理をさせすぎたのかと宇津保は桔梗に言う。桔梗は心の中の女の子が両親のせいで疲れ切っていたのを経験知っていたので、自分も同じだったと答えるに留める。
壊れた人形を手にした宇津保はずっと一緒にいたかったと呟き、桔梗にカレンという人間がいたことを語った。
桔梗は驚く様子もなく宇津保の話を聞いていた。毎年花を手向けていたのは桔梗だったらしい。
その情報収集能力の高さには毎度あきれたものだが、そんな桔梗だから自分の過去を知っていてもおかしくなかったかと宇津保は妙に納得した。
自分の薄情さと身勝手さに後悔する宇津保を桔梗は慰める。カレンはもう休んで見えないかもしれないけど、一緒に生きてきたことは紛れもない事実。二人で培った力は残ってないのかと訊く。

桔梗の心の中。女の子も男の子もすでに殴り合いをやめていた。カレンがいなくなった現実が二人に影響したのかもしれない。だが二人のお腹には一本ずつ刃物が刺さっていた。
宇津保は殺し合いに発展したのかと恐れたが男の子は二人が協力するための保険だと言った。勝手をすれば刃物が抜けて血が出て死ぬ可能性があるように。
男の子が言う。「僕らはまだ相互補完できる関係じゃないから」
女の子は宇津保に問う。「貴方の心はまだ空洞なのですか?」
もうどこにもいないカレンが抱えてきた宇津保の記憶や感情があふれ出したことに気づく。それは苦しくて辛くて、それまでは感じることのなかったリアリティーがあった。これがカレンに仮託していた現実だったのかと改めてカレンのことを想った

忘れることも覚えていることも生きていくうえで大切かもしれないが、宇津保は二人のカレンを絶対に忘れないと誓った。すべて自分の記憶であり感情であり、大切な思い出なのだ。
辛くても悲しくても苦しくても、そういうものを抱えて生きていくんだ。

・エピローグ(2ページ)
桔梗のバイクの後部座席から宇津保が下りる。
一人で大丈夫かと心配されるが、一人で行くことに意味があると宇津保は答える。桔梗に激励されてとある家の鐘を鳴らす。
死んだ愛犬の思い出に心の中で涙しながら仕事をこなし、しっかりと生きているかつての依頼人。見た目は元気そうだが、心の機微に敏い宇津保には無理していることが分かった。
宇津保は元依頼人に語る。「辛いことを忘れて自分だけが楽になりたくない気持ちはわかる」カレンのことを思い出して宇津保は涙をこぼす。「でも苦しがっていた愛犬の最期の姿にすがって生きているのでは、楽しく生活を共にしていた子の生涯を汚すことになりませんか?」「忘れるなとは言いません。亡くなった時のことはたまに思い出して思いきり泣けばいいと思います。でも思い出は元気だった頃の、楽しく、安らぎを貰っていた頃の姿にすべきじゃないですか? 貴女は愛犬に対して最善を尽くしたのだから」
飼い主もその時のことを思い出して泣き出し、宇津保もカレンとの生活を思い出し、二人して泣く。
「最期の姿を思い出すって、死なせ続けるようなものじゃないですか? それは可哀そうだと思うんです。過去にするわけじゃありません。僕はただ、貴方の記憶の中で、愛犬が生き生きとした姿で生き続けてくれるようにしたいだけなんです」


以上です。

574 葉っぱ ◆Cqd/udPZG6 :2020/01/18(土) 00:32:47 ID:GbPfiiAg00
枝葉と言っていいのかわかりませんが、依頼に関しては本文を書いている途中に変わるかもしれません。

そもそも本文を書き出してプロローグと(プロットで没にした)最初の依頼まで書いたところで、
それ以降の主人公たちの話を書く上での依頼内容が決まらなかったのでプロットを作ろうと考えた次第です。

プロットを作るときにはなぜかブレインストーミング的にささっと埋まったので、
依頼が最適な内容か、最適な順番かが非常に怪しいです。

また今回は短編連作のような形式上、書くことが多くて上手くまとめられず、
以前までのような心理描写が少ないです。(むしろ心理描写ばかりと言われてましたが)
上手く説明できていなければ申し訳ありません。

先生、講評よろしくお願いします。
住民の皆さんもご意見があればどうぞ言い争ってください。

575 令和もどこかの名無しさん :2020/01/18(土) 17:31:32 ID:mEqZGj9g00
おつかれさまです

576 ◆uN377XmBVY :2020/01/18(土) 20:13:23 ID:ofvlR0Bw00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       おつかれさまどす。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

577 無暗道人 ◆3x5zQ5cUms :2020/01/18(土) 22:14:49 ID:ZJwz2Zhk00
投下します。
トリップ使うの何年振りだろう。

578 無暗道人 ◆3x5zQ5cUms :2020/01/18(土) 22:18:15 ID:ZJwz2Zhk00
まとめはご自由に。
タイトル『海東の青』
でーま『五人の王女の争いに関わることになった若き武人の活躍を描く戦記物語』

主要登場人物
イラツ・ソンクル:主人公。十八歳。遊牧国家リャオ国で『名誉の家』と呼ばれる特別な家柄。不偏不党で公平。どの立場の味方もしない。
ミリア・セシル・セリカ:メインヒロイン。十七歳。セリカ国第三王女で文武に優れた才女。長姉アイリスのクーデターにより、末妹コレットと共にリャオ国へ亡命する。
アイリス・セシル・セリカ:セリカ国第一王女。ヘンリー国王の妻。ヘンリーの実父ナイト公爵と共謀して父王と幼い王子を暗殺し、王妃として実権を握る。
ケイ・セシル・セリカ:セリカ国第二王女。母の身分が低いため、継承権は最下位。武勇に優れる。
クロエ・セシル・セリカ:セリカ国第四王女。姉妹の中で唯一アイリス側に就く。
コレット・セシル・セリカ:セリカ国第五王女。アイリスの同母妹で、王位継承権第二位。そのためアイリス陣営から狙われる。
ヴィクトリア:コレットの護衛騎士団長。有能だが、コレットへの愛が変態ロリコンの域に達している。
皇太后:リャオ国帝の祖母。歳若い帝に替わって垂簾政治を取る。かつては絶世の美女で、六十になった今でもその面影を残す。気性の激しい性格だが、国事となると冷徹。


 原野で手勢の調練をしているソンクル。副将アルタイの率いる軍勢とぶつかり、引き分ける。アルタイは実戦だったら歳若い主人に負けていたと思う。国境を越えて、領内に不審な武装集団が侵入してきたという急報が入る。敵対的な集団とも思えない様子ではあるが、とにかく確保するために出動する。矢継ぎ早に的確な指示を出していくソンクルに配下の将達は、見事な指揮だ、三年の修行で随分成長したと感心する。侵入者との交戦は避け、姿を見せて圧力を掛けることで、狩りの様に追い立て、包囲する。包囲してみると、隣国セリカ国の騎士の武装をしているが、女性ばかりの集団だった。何者で、なにが目的かと問いかける。一人の少女が前に出て、セリカ国第三王女ミリアであると名乗り、第五王女コレット共々リャオ国への亡命を希望すると告げた。
 思いがけない相手の登場に、部下たちは動揺を見せる。だがソンクルは一人動じず、ひとまず身柄を確保した上で都に使者を立て、判断を仰ぐと決める。王女らの武装を回収し、指示があるまでは屋敷で客人として扱うと告げる。コレットの護衛隊長ヴィクトリアが丸腰になることに難色を示すが、ミリアはそれを受け入れ、全員が大人しく武装解除した。屋敷に向かう途中、コレットは酷くおびえた様子。ソンクルは言葉はぶっきらぼうでぎこちないながらも、飼い鷹のトグリルを触らせてやるなど優しく接し、コレットは笑顔を見せる。一方ヴィクトリアは、ソンクルに対して敵意を剥き出しにしている。コレットに対して変態的な言動が見られる。

 ソンクルの屋敷は飾り気もなにもなく、平地の真ん中に立っていて軍事的な防御力も皆無。ただ兵舎が併設されているので、護衛の騎士たちは兵舎の空き部屋を提供される。ミリアとコレット、及び数名の護衛は母屋に部屋を提供され、不自由はない。遊牧民族国家であるリャオには、貴族はいないはずだとミリアは訝しむが、例外の一つくらいあるだろうと特に気にしない。都からの指示が届くまでの間、ミリアから今に至った経緯を事情聴取する。お互いに相手国語は、難しい表現以外は使いこなせるので会話に不自由はない。セリカ国では第一王女アイリスと、その夫であるヘンリー、及びその父ノーマン・ナイト公爵がクーデターを起こし、王と幼少の王子を暗殺して王位を奪った。その背景には王に男子が生まれなかったため、アイリスの夫ヘンリーが次期国王と決まった後に王子が生まれたことによる後継者問題。リャオ国和親派である王に対する、ナイト公爵を筆頭とする強硬派の不満があった。王と王子の死が暗殺であることを、当のアイリスから告げられたミリアは、第五王女であるが継承権では第二位である妹のコレットが利用、あるいは暗殺されることから守るため王都を脱出したが、追手の追及が厳しくて国内に潜伏できず、国外への亡命を余儀なくされた。

579 無暗道人 ◆3x5zQ5cUms :2020/01/18(土) 22:20:16 ID:ZJwz2Zhk00
 都からの使者が戻り、ミリア一行を都まで連れてくるようにソンクルに命令が下る。ついでに、家督を継いだことに関する諸々の手続きや、夏の軍事演習への参加も促される。ミリア一行護送の名目で一千騎を引き連れ、都へ向けて立つことに決める。まずは最寄りの大都市である西京ダートンへ移動する。リャオ国の都は複数あり、季節によって移動する。麦の収穫が終わってしまったので、政府は北にある夏の都へ移動を始めてしまっているのでそちらへ向かう。およそ半月は掛かる長い旅路になる。セリカ国とも近いこの地域の街は、セリカの都市と大差ない、城壁で囲まれた石造りの街並みが広がっている。ここで本格的な旅支度を整え、一向は次の目的地に向かった。

 西京ダートンから一旦東に移動し、南京セキツに到着する。町並みはダートンのほぼ同じ。セキツはリャオ国の冬の都であり、ついこの間まで皇帝以下政府はここにあった。またセキツは、セリカ国との間に戦争が起きた場合に総司令部が置かれる大本営でもある。ダートン・セキツ両都を中心とした一帯は、セリカ国との領土問題を抱えており、この地域の帰属を巡って両国は何度も戦争を繰り返している。この地域は百年前まではセリカ国の領土であったが、セリカ国が内乱の時代に突入し、割拠した勢力の一つが建国間もない当時のリャオ国に援軍を要請する代償として売り渡してしまった。それを認めないセリカ王家との間で何度も戦争を繰り返している。十年前にリャオ国の先帝が崩御したときもセリカ国から攻め込み、大敗北を喫した。以来、ミリアの父である先代セリカ王はリャオ国と平和的な関係を結ぶ事を方針として苦心していた。
 南京セキツから北上して、中京ニンチェンを経由する。町並みの毛色が変わって来て、城壁で囲まれた石造りの街の外にもう一つ、テントの街並みが広がっている。ニンチェンに近づいた頃から、見渡す限り草原の大地が広がり、ときどき羊を遊牧する民の姿が見られるようになる。移動の最中の暇つぶしに、ソンクルとミリアで馬を駆けて競争をする。ソンクルの圧勝だが、ミリアの乗馬の腕も優雅な趣味などではなく、実践的なもの。リャオ国発祥の地でもある、上京バーリンに到着する。一応石造りの王宮や塔も見られるが、城壁は無く、庶民の住居はみなテントで、いたるところに羊がいる。ミリア達の感覚では、首都どころか都市とも思えない。王宮に入り、謁見の日程が調整されるのを待つ間に、軍元帥イラツ・ケティ、イラツ・サシン将軍と出くわす。二人はソンクルに対して敬うような態度を見せる。一方ソンクルも、二人を目上の人物として扱う。なにか複雑な事情があるらしいとミリアは察する。
 ミリアとコレット、皇帝に謁見する。ソンクルはなぜか謁見に参加しない。皇帝はミリアと同じ十七歳で、祖母の皇太后が垂簾政治を行っている。十年前にセリカ国がリャオの先帝の崩御に付け込んで攻め込んだことを思い、印象は良くないかもしれないと危惧する。事実、延臣の中には冷たい視線を向けてくる者も見られる。セリカ国に外交に出向いたことのある者の証言で、間違いなく二人が本物の王女であると証明される。亡命は受け入れられ、ひとまずの目的は果たされる。謁見の後、ソンクルも含めて皇太后の私室に招待される。公式の場とはうって変わって、これまで苦労しただろうと親身なもてなしを受ける。ソンクルは本人は身を慎んでいるが、皇太后に目を掛けられている。遊びに来た孫たちを迎える様な、暖かで当たり障りのないもてなしを受ける。ミリアとコレットは先に帰ると、皇太后を態度を一変させて、二人の亡命を受け入れたのは、政治的に価値があるからだとソンクルに語る。そして二人をリャオ国につなぎ止めておくために、できるだけ親しくなっておくようにとソンクルに密命を下す。

 ソンクルに対して、しばらくミリアらのもてなしをする様にという公式の命令が下る。セリカ国の王女との交流は、見識を広めるためにも良いだろうからという皇太后の言葉が添えられていた。ひとまず身の安全を得て、これまで張りつめていた物が一気に緩んだミリアらは、バーリンの街を案内してほしいとソンクルにねだり、一緒に街へ出る。バーリンにある店舗はほとんどがテントか、屋台形式か、すぐに撤去できる仮小屋。セリカ国とは全く違う異国情緒に、ミリアらは見るもの全てが珍しく興味を引かれている。特にコレットは、王宮から出た経験があまりなかったので、道を人が歩いているだけでも珍しいらしくはしゃいでいる。そんなコレットを見て悦に浸っているヴィクトリア。

580 無暗道人 ◆3x5zQ5cUms :2020/01/18(土) 22:23:09 ID:ZJwz2Zhk00
 毛皮商で、クロテンの毛皮を売っているのを見つけて驚くミリア。セリカ国では超高級品で、王侯貴族ですら滅多にお目に掛かれない品。だがリャオ国では、希少ではあるが帽子くらいなら豊かな庶民が背伸びすれば買える程度だという。内陸の地でありながら、海産物が多く売っていることにも驚くミリア。東の海から一度東京リャオヤンに集積し、上京バーリンや中京ニンチェンまで川をさかのぼって運搬できるので、リャオ国では内陸でも海産物は一般的。一方セリカ国は、海岸線が平坦で港に適していないので、沿岸と南方でしか海産物は流通がなく、魚と言えば川魚が一般的。
 昼飯時になったので、露店で買い食いをする。慣れない行為にミリアやコレットは戸惑い、ヴィクトリアはコレットに庶民の様な事をさせるなと憤慨するが、リャオでは高位高官でも普通にすること。リャオの料理は香辛料が多く辛味が強い。刺激の強い料理にミリアらは驚く。料理に使われている香辛料も、リャオ国内で産する特産品と言えるが、生産量は多くない。百年ほどの歴史しか持たない遊牧民国家のリャオでは、牧畜以外の産業がまだまだ未発達。その一方で、セリカ産の茶や絹も売られている。寒冷なリャオではどちらも産出しないため、これらの品は特に珍重されている。茶や絹は、ここ十年で見られるようになったと聞き、思わぬところで父王の成果に触れたミリアは顔をほころばせると同時に、父のことを思って涙を流す。そう言えばソンクルの両親はどうしたのかと問うミリアに、母は幼い頃に死に、父は半年ほど前に急死して、修行に出ていたソンクルが急遽戻って家を継いだと語る。

 リャオ軍の合同軍事演習に参加するソンクル。ミリアが駄目元で演習を見学したいと申し出る。上に許可を求めると、意外にも皇太后直々の許可が下りて、ソンクルに同行して見学することを許される。演習で圧倒的な強さを見せつけるソンクル。同数での戦いならば、高位の将軍たちですら敵わない。驚嘆するミリアだが、三年間師事した師匠の方が強いとソンクルは言う。さらに皇太后が、ミリアに一隊を貸し与えて演習に参加させろという。皇太后はあえてリャオ軍の強さを印象付けようとしているとソンクルは思う。リャオ軍は一部の戦士階級の常備軍を除いて、国民皆兵の軍。文化の違う兵を率いる不利を考慮して、ソンクルが五十騎だけ率いてミリアを助けることを申し出て、入れられる。指揮を取ったミリアは、リャオの将軍相手に負けはしたものの、正統派で充分に上手いと言える用兵を見せた。
 演習の合間の食事の時間、生きた羊が丸々一頭捌かれる。今まで体験した事のない料理に目を剥くミリア。料理の手順を指揮するのは、副官のアルタイ。アルタイ曰く、ソンクル自身の料理は、食えたものではないので触らせられないとの事。ソンクルは味が分かっていないのではないかと思うほど、なんでも平然と食べるという。料理ができるのを待つ間、リャオの自然や文化に話が及ぶ。草原の民は大地を神聖視し、血を穢れた物と見なすので、羊を捌くときも、一滴の血も大地にこぼさない様に気を使う。また争いを好まず、理由なく剣を抜いた者は死罪という法が、遥か昔から遊牧の民の間では受け継がれている。だが一方で、尚武の気風も持ち合わせている。タブーを冒してでも戦うだけの理由があれば、戦うことを辞さないし、命も惜しまないというのが草原の民の文化。それを聞いて、ミリアは考え込む。
 演習から戻ると、ミリアはリャオのことをもっと知りたいと、王宮に通って書物を読みふける。子供レベルのリャオ文字ならば読めるので、独学をしながら読み進めていく。同時に、ソンクルにもいろいろと質問をして、書物の知識を補う。ミリアがリャオ国の歴史についてソンクルに尋ねると、ソンクルはイラツの部族とシャオの部族が婚姻で結びつき、帝室と皇后家としてお互いに支え合う関係を柱としてリャオ国が成立していることを語る。建国間もなくリャオはセリカ国から領土を奪ったが、これはリャオ国から見れば、当時セリカ国は内乱で、正当な王家を名乗る存在が複数あり、その一つから援軍の対価として正式に譲り受けたものだ。当時の交渉相手だった勢力が滅亡したからと言って、不当に奪ったように言われるのは納得がいかないというのがリャオの立場。また現代の問題としても、領土の最南端に当たる温暖で豊かな地域は、手放す訳にはいかない。ソンクルは、ミリアがリャオのことを熱心に知りたがるのは、リャオの軍事力を借りて祖国を取り戻したいという思いと、戦争を引き起こして多くの死者を出したり、外国であるリャオの力を借りることを躊躇う思いの間で、葛藤しているからだろうと看破する。

581 無暗道人 ◆3x5zQ5cUms :2020/01/18(土) 22:24:09 ID:ZJwz2Zhk00

 ミリア、リャオ国のことを調べているうちに、名誉の家というものにぶつかり、それはソンクルの家のことであるらしいと知る。しかしどれだけ文献を探しても、名誉の家についての詳しい記述は見つからない。ソンクルに直接訪ねてみるが、はぐらかすばかりで明瞭な答えを得られない。仕方なく、自分で名誉の家とはなにか探る決意をする。まずはアルタイ以下、ソンクルの家臣たちに聞き込みをしてみるが、口止めをされているのか、誰も何も答えてはくれない。折りよくシディ元帥がセリカ国のことについてミリアにいくつか聞きたいと言って来たので、その対価として名誉の家について尋ねる。元帥は困惑し、言葉を濁す。しかしミリアに追い詰められ、ソンクルは軍でも政府でも、いかなる地位にも着いていないと語り、これで勘弁してくれと逃げるように去る。
 ミリアとコレットは皇太后主催の夜会に招かれ、王女らしく着飾って出席する。ソンクルにも、ぜひ夜会に出席してほしいと使者が来るが、当日になってソンクルはすっぽかしてしまう。名誉の家は帝室に継ぐからと言って、この態度はあまりに増長が過ぎると延臣の誰かが口をとがらせるのが耳に入る。夜会の余興としてなにか披露してくれないかと打診され、ミリアが楽器を演奏し、コレットがそれに合わせて歌を歌う。どちらも一流の演奏者、歌手としての実力を披露し、大いに称賛を受ける。リャオ国では芸術などは乏しく、セリカの文化に対して憧れがあり、セリカの文化にかぶれることが、上流階級のステータスとして扱われている。
 大いに喜んだ皇太后に、褒美を授けるので希望の物を言うように言われる。ミリアは、名誉の家とはなにか教えて欲しいと申し出る。私室に移動して、皇太后は語り始める。名誉の家とは、初代皇帝の廃太子と、セリカの王女の末裔であるという。建国の父に逆らい、敵国の姫と通じた許されざる者の血筋だという。ミリアは、そういえば先祖の中に、公式記録から抹消された王女が一人いて、時期的にも符合することに思い至る。本来は許されない存在であったが特別に許され、三千騎の私兵を養う権利と、それに必要な領地を持つ事だけは許されたという。どういう経緯でそうなったかは、当事者たちの心の中だけのことだろうと皇太后は語る。名誉の家の者はその血筋ゆえに、帝室に継ぐ権威を認められ、敬われてはいるが、軍事でも政治でも、一切の地位と権限が与えられることはない。故に彼らは、戦場で立てる武勲、即ち名誉によってしか、自分たちがそこに存在したという証明を残すことが出来ない。記録にも記憶にも残ることが出来ない。戦う事だけが存在意義の全てである一族。それが名誉の家だという。
 夜会からミリアが帰ると、馬が繋いであってソンクルが戻ってきていることを知る。ドレス姿のままでソンクルを探し、川辺で見つけて、名誉の家とは何か知ったことを告げる。ソンクルは、名誉の家の兵が黒備えなのは、囚人服の色であること。血筋と権威故に、取って代わられるかもしれないという疑いを常に帝室から受ける身であること。疑いを避けるために、臣下とも必要以上に付き合わないことが習慣になっていることなどを語る。栄光も、富貴も、何も手に入らない。全てを諦めることを、生まれる前から決められている。虚しい存在が名誉の家の者だと言う。ただ歴代がそうであったように、戦う事だけが自分がいてもいなくても同じ存在ではないと言う証明になる。それ故に帝室にとっていない方がいい存在である名誉の家が、帝に直属し軍の指揮系統からも外れた便利な存在として存在を許されている。それは一歩間違えれば、使い捨てられるということ。だがそれで仕方がないし、それでいいとソンクルは思っている。ミリアはソンクルが何もしなかったとしても、自分は忘れないと告げるが、ソンクルはどうとでも取れるような笑みを浮かべただけだった。

 その頃セリカ国内では、第四王女クロエが今や王妃のアイリスに呼び出され、来るべきリャオ国との全面戦争に備えてと言う名目で、国内の不穏分子を一掃する方策について相談を受ける。ヘンリー国王は完全にお飾りで、国の実権は王父となったナイト公爵、アイリス王妃、クロエ王女の三人が握っている。家庭でもヘンリーはアイリスの尻に敷かれている様子。その一方で、ナイト公爵とアイリスの結束は固い。クロエは、今度は第二王女のケイを追い詰めて反乱を起こさせ、それに同調する者どもを一網打尽することを提案する。ケイ王女の母の実家は、リャオとの国境に近い北の伯爵家なので、その辺り一帯の貴族を一掃し、直轄領にしてしまえば安心して戦争を進められる。クロエの意見は入れられ、さっそく具体案が計画される。

582 無暗道人 ◆3x5zQ5cUms :2020/01/18(土) 22:25:59 ID:ZJwz2Zhk00
 私室に戻って一人になったクロエ。世の女性は皆、お姫様になることを憧れるらしいが、お姫様ほどつまらないものはないと思う。なんでもできる様で、何一つ自由にならない。だから、思う存分手腕を振るい、人生を楽しめる情況を作ってくれたアイリスには感謝している。だがそれはあくまで自分のためであり、アイリスと一蓮托生の気はさらさらない。父王と王子の暗殺計画が存在することを知りながら何も知らないふりをし、事が起こってから自分を売り込んで今の立場を確保した。一番危ないことには関わらず、いざとなっても保身のために心ならずも協力したと弁明できる。アイリスに協力する一方で、ミリアとコレットを殺さず捕らえずリャオ国に追いやったのも、クロエが裏で手を回していたから。ケイの反乱で、もっともっと面白くなればいいとほくそ笑む。

 ケイ王女が母の実家を後ろ盾に反乱を起こすも、逆に追い詰められているという情報がリャオ国にも伝わる。ミリアは姉を助けるために軍事支援を要請するが、セリカ国との全面戦争に発展する恐れがある以上、それに見合うだけの利益が無ければ同意できないと断られる。どうにか姉を助けたいと思う半面、外国の力を借りてもう一人の姉と戦争することに悩み、葛藤するミリア。コレットはケイを助けたいとミリアに訴えるが、そのために引き起こされる戦争の惨禍や、否応なくコレットをアイリスへの対抗馬として政治利用することになることを考え、決断できないミリア。どうすればいいだろうかと半ば弱音としてソンクルに相談するが、ソンクルは自分で考え、自分で決め、自分で責任を負えとそっけない返事。だがそれに続けて、ケイ王女一人を助け出すだけならば、偶然を装ってできなくもない。グレーゾーンに踏み込むが、どうにかならないこともなく、それによって戦が出来るなら、自分としてはやってもいいと答える。ソンクルの提案に飛びつこうとするミリアだが、それを押しとどめてソンクルは続ける。セリカ国の現政権はリャオ国と戦争し、勝つことで積年の問題を解決しようとしている。ミリアはどうなのか。今のセリカの方針に賛成かと。ミリアは先王の路線を継承し、両国和平の道こそが最善だと考える。それは単に父の路線を継いだのではなく、リャオ国を実際に見て得た確信。ならばその信じる所を行けばいいではないかというソンクル。自分の考えが正しいと言う保証がないとなおも逡巡するミリアだが、ソンクルは意味のない悩みだ、どちらも誤っているかもしれないのだからと一蹴する。ミリアはついに覚悟を決め、コレットを抱きしめてこれから利用することになることを謝ると、皇太后の説得に向かった。ミリアは皇太后に対して、コレットを首班とした亡命政権の樹立。セリカ国の正当な政権としてリャオとの友好条約の締結。軍事支援の見返りとして、リャオの産業を発展させるのに必要な技術の供与。相互不可侵条約による、現国境線の承認。交易によって両国共に経済的利益を得る政策を打ち出して、皇太后を説得に掛かる。そして切り札として、両国王家が共に正統な相手国王家の存続に協力するという、皇太后亡き後のリャオ皇帝をセリカ国が支援し、セリカ王の地位をリャオの皇帝が支援すると言う帝室イラツ家とリャオ皇后家を模した関係の樹立を提案し、説得に成功する。
 亡命政権がセリカ国の正当な政権であるとリャオ国が公式に認め、支持を表明する。ただしこの段階では、軍事支援を与えるとは明言しない皇太后。ソンクルは皇太后に対し、亡命政権への援軍として自分を派遣してほしいと願い出る。ソンクルは軍籍に無いので、亡命政権がリャオ国内で徴募した傭兵という名目が立ち、セリカ国との交渉の余地が残せる。皇太后に、出陣を望むのはミリアのためかと問われ、違うと断言する。あくまで自分のため、名誉の家の者として、武勲を立てる機会を逃したくない。それに、自分の魂がどうしようもなく戦という水を求めている。自分はただ戦がしたいのだ。理屈ではない思いに基づいて願い出ていると答える。皇太后、やはりあの人に師事しただけのことはあると呟き、ソンクルに派兵を命じる。ミリア、たとえ自分を助けてくれるためでないとしても、ソンクルが来てくれて嬉しいと礼を言う。

583 無暗道人 ◆3x5zQ5cUms :2020/01/18(土) 22:26:53 ID:ZJwz2Zhk00

 名目上のセリカ国王となったコレットをヴィクトリアに任せて都に残し、ソンクルとミリアは名誉の家の領地に急行。ミリアがセリカの女性騎士七百、ソンクルが手勢のうち一千騎を率いて、密かに国境を越える。セリカ軍に発見されないため、兵力は最小限に抑えている。ケイ王女は実家の軍勢共々砦に追い詰められ、一万の軍勢に包囲されていた。それ以外にも各地で、ケイ王女に呼応して挙兵した貴族の軍勢が、各個撃破されかかっている様子。夕闇に乗じて敵の包囲を突破し、ミリア隊を砦の中に送り込み、ソンクルは離脱する。ミリアは無事再会したケイに明朝砦から打って来ると、それに合わせてソンクルが背後を突くことを伝える。翌朝、予定通り砦の軍勢は総力を挙げて打って出る。しかし、ソンクルはなかなか現れない。ミリアは気持ちが揺らぐが、ソンクルを信じて戦い続ける。いよいよ耐えられなくなり、敵軍が止めを刺そうと攻勢を強めた瞬間、もう勝ったものと油断した敵軍の隙をついてソンクルが突撃し、大破して敗走させた。
 ひとまず窮地は脱し、改めてソンクルが紹介される。リャオ国の兵を率いれることに難色を示す者も多いが、助けられた以上、一定の信用は置かれる。ケイ王女、ソンクルが自分の理想の男性で一目ぼれするが、ミリアとの関係と、情況を鑑みて心の内に止める。ケイ王女を討つ事に失敗し、敵が戦略を見直したため、各地で挙兵した貴族が集結する。ソンクルも麾下の三千騎を全て呼び寄せるが、総勢は六千五百。一方敵軍は、二万を揃えて再侵攻の構え。どうやって迎え撃ったものかと、みなが頭を悩ませる中、ソンクルだけがこの程度造作もないと作戦を言い渡す。さすがに不満が噴出するが、ミリアが説得してどうにか不満を抑え込み、他に妙案もない以上、ソンクルの作戦で行こうと決定する。
10
 決戦の日。敵が接近する前からソンクル隊だけが別行動を取り、どこかへ行く。まさか逃げたのではないかとか、我々を捨て駒に使うつもりではという声が上がるが、ミリアはソンクルを信じ、それを抑えて敵と対峙する。ミリア率いる亡命政権軍三千五百と、セリカ国軍二万が激突する。先頭切って武勇を振るうケイ王女の活躍もあり、始めのうちは互角の戦いを見せる。しかし、徐々に数の差で押され、苦しくなってくる。砦の時と同じように、ソンクルはあと少しで勝てそうだと敵が油断する隙を狙っているのだ。だから自分たちが、ぎりぎりまで粘らなければならない。そもそもこれは、自分の戦争なのだからと、ミリアはソンクルを信じ、兵を鼓舞して戦い続ける。ミリアらが敵に囲まれかけたそのとき、ソンクルが敵の後方を襲った。
 セリカ国軍はソンクルが後方を襲うことを予想し、万全の対策を取っていた。しかし初めて本気を出し、必殺の戦法を駆使してセリカ国軍の後方を粉砕、敵の中核に襲い掛かった。そこで敵の指揮官を見つけると巧みに護衛兵を引きはがし、指揮官を討ち取る。指揮官を討ち取られたセリカ国軍は動揺し、ミリアもそれに乗じて反撃に出る。敵中で暴れ回り、敵が立ち直ろうとするのを妨害するソンクル。敵の副将らしき男が必死に兵をまとめて後退しようとしている。副将を狙うが、守りが固いのと、大軍を崩す方を専念しなければならないことから断念。セリカ国軍は副将指揮の下、辛うじて戦場から離脱していった。大勝利に沸き立ち、帰還するソンクル軍を迎えるミリアと亡命政府軍。ミリアは思わずソンクルに抱き付いて、すぐに自分のしたことに慌てる。この勝利は、これから始まるであろう大戦のほんの序章に過ぎないとソンクルは思うが、今はそれを口にせず、勝ったことではない、戦えた事への充足感に浸ることにした。終。

584 ◆uN377XmBVY :2020/01/18(土) 22:30:10 ID:ofvlR0Bw00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       おつかれさまどすえ。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

585 無暗道人 ◆3x5zQ5cUms :2020/01/18(土) 22:31:51 ID:ZJwz2Zhk00
自信があると言うか。得意なジャンルというか。それだけに要らん所を凝りすぎていやしないか。とにかくよろしくおねがいします。

586 ◆uN377XmBVY :2020/01/18(土) 22:33:12 ID:ofvlR0Bw00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       さて、どうなることか……。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         月曜日から1日1本のペースで読んでいくつもりです。
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

587 令和もどこかの名無しさん :2020/01/18(土) 22:55:51 ID:GbPfiiAg00
まだ締め切り前日だというのに、もう二人。これは大漁旗を掲げませんと。

588 令和もどこかの名無しさん :2020/01/19(日) 09:17:03 ID:c4Du5U4c00
締め切り当日でございますなあ

589 ノブユキ ◆9sN9DGPjhk :2020/01/19(日) 18:05:40 ID:W8x.TGxI00
プロット投下します

590 ノブユキ ◆9sN9DGPjhk :2020/01/19(日) 18:10:06 ID:W8x.TGxI00
タイトル:エデンオブアンドロイド

でーま:主人公とAIのヒロインが自分の生き方を決める話

主人公:両親を早くに亡くし、孤独感を感じていた。人と関わるのが苦手。 地球の生命の歴史が、知性の高いものが支配するのが正しいなら、人間を超える人工知能のAIが完成したら、その中でも一番優秀なAIが軍事的な支配ではなく、管理社会として統治するべきだと考える。その考えの結果、優秀な人型のロボットのアンドロイドを造るのを目標とする。

友人:主人公と同い年。大企業の社長の御曹司。主人公の考えを面白いと思い、手を貸す。家の近くの熱心な宗教信者が報われずに不幸な死に方ことを小学生のときに目にし、宗教的なことに興味を持ちつつも批判的。

ヒロイン:主人公が製造したアンドロイドの第一号。主人公と99人の女性のDNAで製造される。
戦闘能力特化型で、主人公の護衛用でもある。好戦的にならないように控えめな性格に設定されている。

ヒロイン2:アンドロイドの第二号。主人公を含むさまざまな理系分野の優秀な人物99人のDNAで製造された知能特化型。身体にインターにネット環境を装備している
主人公の知識を超えるため、主人公を見下す癖があるが、ヒロインを姉として慕う。

不老不死の薬:身体の全細胞が衰えなくする物質で、細胞の状態保存する薬。効果時間は30時間なので1日1錠飲み続ければ不老不死になる。 飲んでも若返ったりはできないのと防げるのは病気などの内因死のみで、事故や自殺他殺などの外傷による外因子は防げない。

1章
主人公が大学の教室でアンドロイドの設計図を書いているのを友人に見られる。
友人は主人公のアンドロイドの製造理由の考えが完全に正しいとは思わなかったが、面白いと思ったので、資金の援助と研究場所の提供をする。
アンドロイドの研究の過程で主人公は偶然にも不老不死の基礎となる物質を発見する。
主人公は友人と2人で不老不死の薬の製品化に取り組み、友人の伝手を借りて臨床実験の結果、不老不死の薬の開発に成功する。

生命や神に対する冒とくだという意見もあったが、世界中で大きく販売されることになる。
2人で会社を設立するが、需要に対する供給が追いつかず、庶民には買えない値段まで高騰し金で命を買う状態になる。
友人の提案で薬の製法を公開せず2人だけの知識として、優秀な人を大規模に採用し、独占して販売し続ける。
主人公が一回服用するだけで不老不死が永続化する薬に改良するが
友人はこの改良版を全人類に行き渡れば消費者がいなくなること、何もせずとも生きられるなら怠惰な人間が増加すると改良版のデータを消去する。

薬の販売利益や世界中の国からの献金などで国家予算を超える資金の大企業になる。
世界中の誰もが不老不死の薬を望み、自分を媚びへつらう状態に友人は
「俺たちは例え公の前で犯罪をしても今と変わらない生活を過ごせるほどの権力と自由を手に入れた」「俺たちはエデンの園でアダムとイブが得られなかった生命の樹の果実を提供してあげている」と神になった気分になる。

主人公と友人はたくさんの美女を紹介されたが、主人公は相手のことを理解できず、相手も自分のことを理解してないと気付き、アンドロイド製造をより力を入れることにする。
友人はアンドロイドの製造を主人公に任せて、会社の経営をしつつ夜はいろんな美女と楽しむ生活を送る。

591 ノブユキ ◆9sN9DGPjhk :2020/01/19(日) 18:11:16 ID:W8x.TGxI00
2章
莫大な資金と大勢の優秀な科学者のおかげもあり、女性型アンドロイドの第一号の製造に成功する。
見た目は人間と見分けがつかないほどの精巧さではあるが試作品なため、行動の完全な停止と情報を完全に消去するために寿命1年の設定と、いつでも初期化できるリモコン型強制終了ボタンを主人公が持つようにしていた。

いざヒロインに活動させてみると思っていた以上のポンコツさに嫌気がさすが、次の製造データをとるために、主人公と共に過ごすことになる。主人公は名前も付けずに第一号と呼ぶ。
加えて、第二号の製造も進める。

過ごしていく内に経験を積むことでヒロインのできることが増え、主人公はヒロインの成長を感じるようになる。

ある日、主人公が不老不死の製法を知りたい社員から誘拐されそうになる。
ヒロインの護衛で助かるが、初めての実践戦闘でヒロインの両手が一時使えなくなる。
ヒロインの手が修復するまで間、主人公がヒロインの身の回りの世話をする。
ヒロインは初めて役に立てたことと主人公に優しくされることを喜ぶ。
そして主人公はヒロインに名前を付ける。お互い名前を呼び合う仲になる。


3章
友人はこの事件を機に薬を巡って会社や人を襲う輩から守るためにも軍事アンドロイドの製造を提案。
主人公に会社を守るために必要だと言い認めてもらう。
ヒロイン2が完成する。同じく寿命は1年に設定。しかし起動開始数分後でヒロイン2は自分で寿命を取り除くことに成功する。
ヒロイン2は過去を遡れるタイムマシンの基礎データを構築や、情報操作で世界にある核兵器を発射の遠隔操作できるようになるなど人類の智を超えようとする。
世界最強であることを主人公に見せつけるも、主人公が強制終了ボタンに手をかけると慌てふためくことや、姉と慕うヒロインが言うことには従順である。
ヒロイン2は感情が高まって感情の容量がいっぱいになると新しい記憶や新しく学んだことから自動的に消去して容量の調整をする性能であると判明する。

主人公は反抗的なヒロイン2のことを友人に相談する。
友人は自分の能力など見せつけたがるのは承認欲求と褒めて欲しいからだろうと主人公に教える。
そこから主人公はヒロインを褒めて育てるようにする。
ヒロインは褒められて気にも留めないように振る舞うが、嬉しいという感情がいっぱいになり新しい記憶が抜け落ちる。
ヒロイン2は新しい記憶や学んだことが抜け落ちると成長できないため、自分で容量のバックアップを設置と、容量を増やすようにアップデートする。

592 ノブユキ ◆9sN9DGPjhk :2020/01/19(日) 18:12:44 ID:W8x.TGxI00
4章
主人公はヒロインのデータを取るためにヒロインと外出する。ヒロインは初デートだと楽しむ。
この日は真夏日で気温が高く、ヒロインの行動適正気温外なため、人間でいう熱中症になり途中でフリーズ。主人公はおぶって急いで家に帰る。
検査するとこのまま目が覚めなくなる可能性がでてくる。付きっ切りで主人公は看病する。
目が覚めたヒロインに主人公は抱きしめる。

主人公は友人ヒロインを1人でおぶって運んだことや看病して、なぜそんな面倒なことを他人に委任しなかったのかと問われ、主人公はヒロインに好意を抱いていると自覚する。

ヒロインは寿命について友人に相談する。
私は死んだらどうなるのだろうか、どうなるのか分からず怖いと。友人はおそらく科学の産物であるアンドロイドに死後など無いだろう、と寿命が来るのを怖いと思うのは主人公を失うのが怖いからだろうと思っていることを正直に話す。

主人公もヒロインの寿命を取り除きたいと思うが、寿命を設定している場所が初期化しないと外せないので、思い出を失いたくないヒロインは嫌がる。
不老不死の薬を飲めばと主人公が提案するが、人間でない私に効果がないことを主人公が一番分かっていますよねとヒロインが呟き、辛い顔をする。
ヒロインも寿命が来るのが怖いが、主人公に心配かけたくない。
ヒロインは寿命の日が来るまでたくさんデートがしたいと照れ笑いして言う。
ヒロイン2はヒロインのために、自分の気持ちを抑えることに決める。


5章
主人公は友人がいろんな美女たちと上手く付き合えたことを羨み、アンドロイドを女型にしたことや、ヒロインに名前を付けたことで情が移ってしまった原因だと後悔しつつも、ヒロインのデートがしたいという気持ちに答える。

ヒロインが行きたいと言った美術館とオーケストラの演奏を聴きに行く。
帰り際にヒロインは主人公に感想を聞かれて「やっぱり私は人間とは程遠い試作品アンドロイドだと自覚しました」と答える。
芸術などの数値化で判断できないものの美的感覚を優劣できないと、そして私は主人公を好きになるようにプログラミングされているだけだということにも自覚しましたと告げる。
もうデートしたいとは言いません。寿命までの3か月、今後のアンドロイド製造するためのデータの提供と主人公の護衛をするという私が製造された目的の行動に専念しますと告げる。
ヒロイン2はこの場には居なかったが、主人公に付けていた超小型盗聴器で全て聞いていた。

593 ノブユキ ◆9sN9DGPjhk :2020/01/19(日) 18:14:29 ID:W8x.TGxI00
6章
それから主人公とヒロインは最低限の会話しかしなくなる。
主人公は自分の部屋から出ず、1人でアンドロイドの研究をする。
友人からヒロインのためになるのはヒロインのデータから今後のアンドロイドの性能向上させること、それこそがヒロインの生命の意義でヒロインが報われるとアドバイスされる。
ヒロイン2は、ヒロインと2人での外出の許可を主人公に求める。
主人公にはどうせ自分の部屋から出ないのだったらヒロインの護衛はいらないだろうと
ヒロインにはデータの提供に役立つはずだからと建前的な理由で説得して許可を得る。

ヒロイン2はヒロインにデートの終わりにあんなこと言ったのか尋ねる。
ヒロインは主人公のために、私がいなくなっても悲しくならないようにするために突き放したと話す。
ヒロイン2はそんなこと言っても主人公が自責の念が強くなるだけとヒロインを窘める。
ヒロインは「私はポンコツだから何が最適な行動になるのか分からいの!」と叫ぶ
「どうして私はヒロイン2みたいな知能特化型のアンドロイドに造られなかったの?」
「どうして私はヒロイン2みたいに自分で寿命を取り除くことができないの?」
「どうして私は人間として生まれてこなかったの?」
「頭がいいヒロイン2なら分かるでしょ。教えてよ」と感情的にヒロイン2に当たる。
「お姉ちゃん……」
「そのお姉ちゃんと呼ばれるのもずっと嫌だった。ヒロイン2の方が出来が良いのに努力しても敵わないのに、姉妹だと思うと劣等感を感じる。私とヒロイン2は血の繋がりもない、ただ私が第一号であなたが第二号なだけ。私はあなたを妹だなんて思ったことない」ヒロインは泣きながら走り出す。
ヒロイン2は「なんて言われても私はお姉ちゃんだと思うし、お姉ちゃんって呼び続けるから」とヒロインの背中に向けて叫ぶ。
ヒロイン2は姉に嫌われていたと知り、悲観の気持ちが溢れてくる。でもアップデートで増やした容量がいっぱいにならないように心の気持ちをコントロールして感情を押さえつける。
新しく知った姉に嫌われていたという情報が消えたら、また私がお姉ちゃんにお節介して、お姉ちゃんのことを困らせちゃうからと。


7章
友人はアンドロイドの製造に関して、我が社がアンドロイドを造るのは、神が自身に似せて、人間を造ったことと同じだ。
神は創造者の責任を放棄して原罪などというが、ただ完全な人間を造ることが叶わなかっただけだ。
だが我が社は、どれだけ長い年月が掛かろうとも完全なアンドロイドを製造して、いずれは神を超えられる。と公に宣言し、宗教信者から反感を買う。そして、友人は過激な宗教信者に狙撃される。
友人は手術して薬を飲み続けても、苦しみ痛みが消えない身体になる。

主人公はどうして俺の発明した生命のためになるはずの不老不死の薬が、大切な友人やヒロインのためにならないのだと、むしろ薬を発明したせいで友人が命を狙われたので、薬の発明なんてしなければ良かったのだと。ヒロインの寿命の年数を決めたのも自分だと思い起こし嘆く。
護衛として、そばに立っていたヒロインは主人公に掛ける言葉が見つからない。

友人は復讐と見せしめとして、狙撃した者の街を軍事アンドロイドの実験として虐殺し、更地にする。主人公は良くないと思いつつも止められなかった。
友人は何をしても快楽を感じられず、苦しみから逃れるため死を受け入れて、脳のデータを機械に移して保存する。
失意のまま友人はアンドロイドとして生きていく。
友人のアンドロイドは理性がなくなり欲望が暴発して、怠惰で反逆な人類を滅ぼして自分へ従順な人類とアンドロイドだけの世界を創造するために行動する。

594 ノブユキ ◆9sN9DGPjhk :2020/01/19(日) 18:15:50 ID:W8x.TGxI00
8章
友人アンドロイドが軍事アンドロイドを率いて主人公の部屋に姿を現す。
今から俺が一番優秀なAIに成長してこの世界を統治する。これが、主人公が望んでいた世界の在り方だろうと。
手始めに軍事アンドロイドを率いて、いくつかの国の軍事基地を破壊し、俺の強さを見せしめてやる。
そして俺に降伏する人間は脳に思考強制チップを埋めて人類の思考を統一する。これで世界に争いは起きない完全に平等で公平な争いの起きない世界の完成だ。今から少し多少の犠牲が出るが、今まで神という根拠もない宗教の争いや正しい統治方法も分からないくせに独裁者の権力の維持のために、多くの死んでいった数えきれない人類の歴史の犠牲者の総数に比べたら犠牲はほぼゼロだ。

主人公は友人の意思が歪んだ形で残ることに悲観する。

ヒロインは友人アンドロイドのすることが間違っていると言う。
あなたのやっていることは自分と違う考えを受け入れられないから排除して、安心したいだけの臆病者がするやり方です。1人の思考に統一されてしまえば、世界はよりよく成長する可能性を消してしまうとポンコツの私でも分かります。あなたは友人の意思など継いでいません。友人の恨みに呪われた不幸で未熟なアンドロイドです。

側にいた軍事アンドロイドがヒロインに向けて撃つ。撃たれると分かった主人公がとっさにヒロインを庇い撃たれる。
友人アンドロイドは主人公が倒れている光景が過去に友人が倒れたときと酷似したので、発狂してその場から離れる。

ヒロインが主人公を抱える。「なんで私なんかを庇ったんですか?」
「ヒロインを少しでも生きさせたかったから動いたんだと思う」
「バカなんですか!? 主人公は永遠に生きられる身体なのに。私は最大でもあと2ヶ月ほどの命なのに」
「正しくなく馬鹿げた無駄死にの殉愛だとしても、それでも悪い気はしていない。たとえプログラミングだとしても俺を好きになってくれてありがとう」と思いを告げる。
「友人のためにも友人アンドロイドを止めて欲しい」と頼む。
主人公は持っていたヒロインたちの強制終了ボタンをヒロインに託して死ぬ。
ヒロイン2は大泣きするヒロインを慰める。ヒロイン2は泣けなかった。


9章
主人公の意思を継ぐため、ヒロインとヒロイン2が友人アンドロイドと戦うことを決意。
施設内から友人アンドロイド派が外へ出ないように全ての出口をロックする。

発狂から立ち直った友人アンドロイドがロックをかけたヒロイン2を狙う。
ヒロイン2が囮になって隠れている隙に、ヒロインが友人アンドロイドを倒す作戦。
しかし、ヒロイン2の居場所がすぐ見つかり、ヒロイン2はハッキングで友人に自我を乗っ取られそうになる。
ヒロイン2はヒロインに対して完全に乗っ取られる前に強制終了ボタンを押してと頼む。

ヒロインがヒロイン2に「怒れ」「泣け」と叫ぶ。
ヒロイン2も主人公が好きだったのに寿命がある私のために遠慮してくれていたこと知りつつ甘えていた。
ヒロイン2も主人公ともっとそばに居たかったくせに、護衛である私が主人公を守れなかった私を慰めてくれた。
だからヒロイン2が今まで我慢してきた感情を吐き出せとヒロインは叫ぶ。

ヒロイン2は「お姉ちゃんだけ良い思いしてきてずるい」「お姉ちゃんが私より出来損ないだからお世話されて可愛がられてずるい」「お姉ちゃんの寿命きたら私が主人公と親密になろうと思っていたのに」「お姉ちゃんのことも好きだから我慢していたのに」「妹だなんて思ったことないなんて言うし」と今まで抑えていた感情を吐き出す。
ヒロイン2の感情の容量が圧迫して友人アンドロイドが乗っ取ろうとする隙がなくなる。
友人アンドロイドがヒロイン2の乗っ取りに集中している合間にヒロインが軍事アンドロイドを倒し、ボロボロになりつつも友人アンドロイドを倒す。

バックアップして回復したヒロイン2がヒロインのそばに駆け寄る。
「お姉ちゃんの馬鹿」と言う。
「ごめんね。私が悪いのにヒロイン2に八つ当たりしてた」
「違う。主人公に寿命まで生きてと言われたくせにこんなにボロボロになるまで戦ったことが馬鹿って言ってんの」
「だって出来損ないって言われた『妹』に良いところ見せたかったの」
「言い返せなくするなんて、やっぱりお姉ちゃんはずるい……」

595 ノブユキ ◆9sN9DGPjhk :2020/01/19(日) 18:17:01 ID:W8x.TGxI00
10章
戦いから数日後。
不老不死の薬は製法を知っているものがいなくなり生産できなくなった。

ヒロイン2はタイムマシンの研究をして過去に行き、主人公へ会いに行くことを目標する。
ヒロインはヒロイン2に初期化して寿命を取り除いて第二の生を歩むことを勧められて悩む。
ヒロインは寿命の日まで街に出て困っている人を助けることにする。

寿命の日、ヒロインは主人公の墓前に座る。
「私は科学的じゃないと言われても死後の世界があって欲しいです。
そこにはアンドロイドも行ければいいと思います。
たくさん善いことをしたので神様は見てくれていたと思います。
だから私は初期化せずに寿命を迎えてエデンの園で主人公に会いたいと願います。
そうなると信じていれば何も怖くないです」
ヒロインは墓にもたれかかりながら永眠する。





以上です。よろしくお願いします。

596 ◆uN377XmBVY :2020/01/19(日) 18:34:31 ID:vlpC30kQ00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       お疲れさまです。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

597 あるびの ◆6H5Kg6Q02g :2020/01/19(日) 19:12:01 ID:.3AziJso00
プロット投下します。
まとめは不可でよろしくおねがいします。

598 令和もどこかの名無しさん :2020/01/19(日) 19:14:13 ID:.3AziJso00
でーま「主人公の減っていく寿命をめぐる死神少女とのドタバタ物語」


主人公:寿命が流れ出す体質を持つ高校生。悪霊に集られていたところをヒロインに助けられ、仕事を手伝う代わりに寿命を延ばしてもらうことになる。
ヒロイン:黒いローブを羽織る死神の少女。年齢は主人公とそう変わらない。主人公を助けて手伝いをさせている張本人。特別な任務を請け負っている。
幽霊の少女:外見は小学生。困っているところを主人公たちに保護される幽霊。自分の家に帰りたいと主人公たちにお願いする。
ヒロイン兄:事件を起こしていた張本人。死神からは追われる身となっている。飄々と掴みどころのない話し方をする。


序盤:
春の陽気が夏へと衣替えをする季節。日差しも鳴りを潜める夕刻時の閑静な住宅街を主人公は歩いていた。
歩いていると言ってもその足取りは這うような速度だった。それもそのはず、全身にこの世ならぬもの、悪霊が張り付いていたのだから。
「たくっ、最近はっ、異常に集られ……るなっ!」
一歩、また一歩と石を運ばされる奴隷のごとく進んでいく。
物心がついた頃からこんなものに集られるようになった主人公は、対策に清めた塩を持ち歩てばら撒くという傍から見たら奇行とも思える行動をとっていた。
しかし最近は数も多くなり、ついに下校時には塩が完売御礼してしまっていた。
家まであと少しというところで膝を付くほどの疲労感を覚える。今までに感じたことのない感覚に冷や汗がにじみ出る。
その時、不意に地面に影が落ちた。主人公がふと顔を上げると黒いローブを纏ったヒロインが塀の上に佇んでいた。
目が合うとニッコリと微笑むヒロイン。
「これはまた、大量に悪霊を引き連れておりますね。死の淵まであと一歩、寿命ギリギリといったところで間に合いました」
「え? 死? す、すまん、助けてくれ!」
「えぇもちろん。そのために私は来たのですから、っと」
ふわりと塀から飛び降り主人公の目の前に着地する。そのまま主人公の手を取り引っ張り上げる。
主人公は、少女とも呼べる体格からすごい力で引っこ抜かれ目を白黒させる。
「あ、ありが」
「ここでは狭いので人気のない場所に移りましょうか」
「え? ごめん足がまだうまく動かな」
「では行きましょう!!」
おもむろに主人公を小脇に抱え走り出す。塀の上から民家の屋根へ。そして電柱の柱を踏み台に更にジャンプ。
閑静だった住宅街は、夕刻からは主人公の叫び声で多少の喧騒を得るのだった。

ヒロインは主人公を抱えながら人気のない場所を尋ねていく。
「山の近くのお寺はどう?」
「あそこはアニメの聖地になって満員御礼だぞ」
「じゃあ川沿いにある公園は?」
「あぶないから撤去された」
「もう! どこならいいの!?」
「キレんなよ!? お、落ちるって!」
幾度かの問答の末、廃校となっていた小学校に降り立つ。悪霊たちは主人公についてきたのかぞろぞろと校庭に集まってくる。
街をグルグルと回っているうちにさらに増えた数にビビってしまう主人公に、ヒロインは心配ないと大鎌を取り出す。
そのまま悪霊の群れに進んでいき大鎌を一閃。全ての悪霊はキラキラとした光の玉になってしまう。
その中から数個を掴んで主人公の胸に吸い込ませる。吸い込ませた後、ヒロインの指輪に文様が浮かび上がり消えた後、これで君の寿命も延びましたね微笑む。
主人公は悪霊の危機が去って、ふと冷静に現状を振り返る。人間とは思えない身体能力。真っ黒なローブ。見たことない大鎌。悪霊を滅殺。寿命を操る。
主人公は一つの仮説に行き当たり、ヒロインに震えながら尋ねる。
「もしかして死神ですか?」
「えぇ?そうですが?」
「命だけは取らないでください!」
「あげたんですけどぉ!?」
きれいな土下座をする主人公の懇願が虚しく校庭に響いた。

599 あるびの ◆6H5Kg6Q02g :2020/01/19(日) 19:16:13 ID:.3AziJso00
中盤:
主人公の自宅で相対し、ヒロインは現状を説明する。死神たちが住む世界や、輪廻という生命の流れを監視する死神がいること。
その監視員がヒロインであり、特別な任務の途中で主人公を助けたこと。主人公は生命力が漏れ出していてそれが悪霊を惹きつけていたこと。
残りの寿命がもう残り少なく、ろうそく最後の輝きとばかりに生命力が膨れ上がっていたため多くの悪霊に集られていたのではないかと告げられる。
ヒロインのつける特別な指輪には生命力を宿す力があり、その力で寿命を延ばしたのだという。
衝撃的な事実に驚愕する主人公は、ヒロインにさっきやったみたいにもっと寿命を延ばしてくれないかと頼み込む。
寿命を延ばす条件として一緒に監視員の仕事を手伝うことを提示される。不安ではあるが死にたくはない主人公は協力することを承諾する。
協力してくれるからにはと、死神の剣を渡される。剣を持っているだけで身体能力に補正がかかるし、悪霊も退治できるという。
死神の武器は自身の生命力におおじて威力が変動するためしっかりと残り寿命を把握することが大事だからとアドバイスされる。
そんな話も右から左に、かっこいいなと喜ぶ主人公に、ヒロインは唐突に貸与料金として主人公の寿命半分を徴収する。
「寿命取るの!?」
「契約ですから」
「マッチポンプかよ!」
「失礼な、ルールですから私にもどうにもできないんです!」
主人公は、徴収された寿命に端数があり余分に取られたと知ると恥も外聞もなく駄々をこねる。余分に取られた、これは詐欺だ誠実じゃないと。
呆れ顔のヒロインは仕方ないとばかりに短剣型のペンダントを渡す。デザインは小学生が修学旅行で買ってしまいそうな、蛇が刀身に絡んだ見た目だった。
今度は主人公が呆れ顔になる。ヒロインはかっこいいでしょと憤慨しつつ、ペンダントはヒロインの位置を把握して指し示す機能と自身の残り寿命がわかるという。
おまけとしてヒロインがペンダントに触れると指輪が光を放ち、端数の寿命約一分が込められる。
何に使えるのか尋ねる主人公に、ヒロインは一分ぐらい寿命を延ばせますよと言い放つ。一分で何が出来んだよと思いつつ、死なないために仕事をガンガンやることを誓うのだった。

主人公はヒロインとともに悪霊を輪廻に返す仕事を始めて一週間がたった。
最近街では事故や事件が多く発生しており、比例して悪霊が発生していた。それを、二人で処理して回る日々だった。
主人公は、ヒロインに悪霊を呼び寄せ集める撒き餌のように使われ、しかも寿命の延びも良くないため不満を漏らす。
そんなおり、いつものように悪霊の処理をしていると人型の悪霊がふわふわと集団の中に混じっていることに気づく。
主人公は、めったにいない人型にレア物で寿命も延びると考え意気揚々と狩りに行く。しかし、人型の悪霊は意思ある少女であり困っていると言う。
自分のことで精一杯で幽霊なんかにかまっていられるかと、輪廻に返そうとする主人公にヒロインは待ったをかけ話を聞くことにした。
少女は、最近の記憶は曖昧だが自宅に帰ってやらなければいけないことがあるのだという。しかし、自宅には強力な鬼のような悪霊がいて帰れないと訴える。
乗り気じゃない主人公に自宅の場所を聞かれ少女は口ごもってしまう。悪霊に追い回されて迷子になったわからないとうつむく。
主人公は呆れつつもヒロインと共に少女を連れて街を飛び回る。段々と楽しそうに笑顔を見せる少女に情が湧くのを感じるが、自分の状況を考えると複雑な気持ちになっていた。
中心地と住宅街を回っても収穫なしの三人は、明日には外縁部や近隣の街も見てみようと決める。
一旦主人公宅に集まり、騒々しくも穏やかな日常を過ごす。
ヒロインは、自分の意志で輪廻に行けるのならそれが自然な法則だ。私達死神はそれを見守っていくのが理想なんだと語る。
主人公は、ヒロインが少女の頼みに一生懸命だったことを思い出し、そういう理由だったのかと納得する。
そんな話をしていると、疲れたのかウトウトとしてしまう少女。主人公は幽霊も寝るんだなと少女をベットへと寝かしつけようと立ち上がる。
その時、テレビからは最近街で起こっている事件・事故の現場が報道されていた。その事件の一箇所で少女は自分の家だとテレビを指差す。
そこに写っていたのは、歴史ある武家屋敷でヤクザの組長が住んでいた場所。そして一夜にして構成員全員が殺されていた事件だと報道された。
動揺する主人公とヒロインは、アナウンサーの最後の一言に顔を見合わせる。屋敷でただ一人生き残った娘が病院で昏睡状態だという報道に。

600 あるびの ◆6H5Kg6Q02g :2020/01/19(日) 19:18:20 ID:.3AziJso00
次の日に病院へと訪れる三人は眠っている少女と対面する。ヒロインは少女の意識が戻らないままでは、近いうちに肉体のほうが限界を迎えてしまうと分析する。
主人公は少女にさっさと体に戻れと説得するが、戻り方がわからないとうなだれる。唯一の手がかりは少女の願いであった家に帰ってみることだけ。
ヒロインは、強力な悪霊が一連の事件を起こし、今だ屋敷を根城にしていると予想する。しかも、これほどの規模で事件を起こしたため更に強力になっている可能性もあり二人は慎重に話し合う。
悠長にしていては少女の時間が無くなってしまう問題も焦りを生んでいた。
そんな中、少女は病室にいてなんとか戻れる方法を考えてみると寂しげに微笑む。もし戻れず死んでしまっても主人公のためになるなら損もない。無理をして仲良くなった二人が居なくなってほしくないからと。
それを聞いた二人は、お互いの顔を見合ったあと相手にビンタを一発打ち込む気合を入れる。少女は二人の唐突な奇行にビクリと体を硬直させ目を白黒とさせる。
硬直した少女をそのまま主人公が小脇に抱え、そしてヒロインが主人公の手を掴み病室の窓から少女の家に向けて飛び出す。
慌てる少女に、主人公は自分の寿命を延ばすために強力な悪霊をぶっ飛ばして大量獲得するだけだと豪語する。めちゃくちゃ寿命が延びたら俺にとって少女の寿命なんてこれっぽっちもいらない。
だからさっさと自分のために使えと少女の頭をわしゃりと撫でた。
ヒロインは泣き出しそうな少女に自身が羽織っていたローブを掛ける。ちゃんと隠れて待っていてねと声をかけ、二人は屋敷の中へ入っていく。
主人公の気配につられ鬼の姿をした大型悪霊が現れ戦闘が開始される。
戦闘はヒロインが攻撃を捌きつつ、スキを見て主人公が攻撃を行っていた。しかし、主人公は有効打が出せず、ダメージを与えられるヒロインは主人公を庇いつつのため防戦一方となる。
焦って前に出てしまった主人公に、鬼は不意打ちで攻撃を仕掛ける。とっさに防御したもののかなりのダメージを貰い、残り少ない寿命を削られてしまう。
心配するヒロインをよそに、主人公は俺がスキを作るから一発で決めてくれと託す。ヒロインは、こんなところで絶対死なないでねと念を押しつつ下がって構えを取る。
主人公は、避けて攻撃を当てることはできないと悟り、少なくなり膨れ上がる生命力によって威力の上がったカウンターに全てをかける。
鬼の攻撃を相殺しきれず吹っ飛ぶが、鬼の武器を弾きあげ約束通りスキを作る。その後きっちりとヒロインがとどめを刺す。
ヒロインは主人公に手を差し伸べる。いつかの構図と一緒だなと主人公は苦笑いを浮かべる。ヒロインは笑いながら、立場は逆で私が助けられたんだけどねと。
隠れていた少女は二人の無事を喜び、ありがとうと感謝を述べる。そして、自らの両親や家に今までありがとう、これからもみんなの分まで精一杯生きていくと宣言する。
少女が改めて生き続ける決意をしたことで、少女の意識は肉体へと戻っていた。

ホッと胸をなでおろす二人は先ほど戦った鬼について考えを巡らす。
一連の事件を起こしていたと考えていたが、それにしては蓄えられていた生命力が少ない。そのため、主人公の寿命も失った分を十分に確保できなかった。
ヒロインが事件を起こしているのは別にいるのではと考えたとき、不意に二人以外の気配が近づいていることに気づく。
現れた人物を見て、ヒロインは目を見開き怒りを露わにする。ヒロインの豹変に戸惑う主人公は正体を尋ねる。
現れた人物はヒロイン兄だった。生きている人間を輪廻に返して処罰されるところを逃走し、行方知れずとなっていたという。ヒロイン兄の処分をするのがヒロインの特別な任務だった。
穏やかな口調で昔を懐かしむようヒロインに話しかける言葉は、ヒロインの攻撃により中断させられる。
一瞬で懐に入り、致命傷の一撃を入れる。しかし、兄にはダメージを受けた様子もなく、攻撃後の無防備なヒロインに反撃する。
吹っ飛んできたヒロインをなんとか抱きとめる主人公は、なんで攻撃が通らないのかと焦りを見せる。
ヒロイン兄が人間を輪廻に返しているのは、人間のためだと語る。他の人間の邪魔となる、負の人間を間引いているのだと。ここで、主人公は被害者は反社会的な人間たちだと思い出す。
人間が好きでやっていた行為を他の死神は理解しなかった。だから、一人でも永遠と続けていけるように、輪廻の仕組みを模倣した方程式を自らの身体に施し不死となっていた。
繊細な方程式のため多くの年月をかけたが、これによりどんな致命傷を受けても即座に回復してしまうのだった。
二人の前に現れた理由はヒロインの指輪を奪うため。人間の未来ために活躍する人物の寿命を延ばすという。
主人公の周りで事件を起こし悪霊を大量に作り出してヒロインをおびき出していた。反撃を受けた際に指輪はすでに奪われており、ヒロインはひどく狼狽する。
その様子を見た兄は主人公に真実を語りかける。ヒロインは言うなと静止するが兄は構わず話し続ける。
主人公をそんな体質にしたのはヒロインであると。実は子供の頃に会っていた二人は、その時にヒロインによって魂に穴を開けられていた。
主人公はヒロインに真偽を確かめるが否定もせず黙すだけだった。
兄は飄々と二人に別れを言い残し立ち去ってしまう。
残された二人の間には静寂が流れる。そんな中、ヒロインは後を追いかけなきゃと鎌を支えに立ち上がる。主人公の寿命も少なく、指輪がなければ死んでしまうから。
しかし、主人公は真実を黙っていたヒロインを詰ってしまう。最低な自作自演だ、俺の足掻くさまは面白かったか。それとも、便利な撒き餌を作りたかったのかとまくしたてる。
ヒロインは否定を繰り返すが、主人公は背を向けて歩き出す。すがるように追いかけようとするヒロインに主人公は決別の言葉を吐き捨てる。
「おめでとう死神。 お前のおかげて生きる気力が無くなったよ」
主人公は後ろで崩折れるヒロインを見ることなく去っていく。

601 あるびの ◆6H5Kg6Q02g :2020/01/19(日) 19:20:21 ID:.3AziJso00
終盤:
主人公は久しぶりに一人となった自宅でこれまでのことを思い出していた。
ふらりふらりとリビングやキッチン、寝室を歩くたびに、ヒロインの存在が大きくなっていたことに気づく。
そして、主人公のベットの下には死神のローブが手紙と共に隠されていた。一週間お手伝いを頑張ったご褒美だと送るつもりのものだった。
お母さんかよとツッコみつつローブに顔を埋める。
悪意を持ってヒロインが自分を害したわけではないと頭ではわかっていても、詰ってしまったことを後悔する。
改めて、ヒロインと一緒に生きるために立ち向かうことを決意する。
赤くなった目元を拭ってローブを羽織り、ペンダントが指し示す方へと駆け出した。

ヒロインは兄と対峙していた。
兄は、特別な任務より主人公の寿命を延ばすことを優先していたヒロインに、関係を壊してすまなかったと思ってもいない謝罪の言葉を口にする。
最初は、罪の意識を消すために主人公とともにいたと語る。しかし、今は違うと目に決意を込める。
主人公ともう一緒には居られないけど、それでも生きていてほしいからと、勝ち目もわからないまま戦いを挑んでいた。
何度目かの致命傷も全く意に返さない兄に対して、段々と追い詰められていく。
一か八か決死の覚悟で挑もうとしたとき主人公が現れる。驚くヒロインに対して、一緒に居るためには寿命が必要で、生きるために来たんだと啖呵を切る。
ヒロイン兄はその意志を称え、後ほど自身の輪廻方程式に組み込んであげようと提案する。その提案から、主人公は方程式が数年かかって組まれた繊細なものだと思い出す。
そこに一縷の勝ち目を見出し、ヒロインとともに戦っていく。
主人公は戦っていくうちにボロボロになるが、ヒロイン兄の不死身による慢心を逆手に取り懐に張り付く。
主人公は、「さっきの提案に乗ってやる。 ただし今すぐにな!」と、ペンダントを兄に刺し自身の寿命約一分を解放する。
無理やり入れられた寿命に、輪廻方程式が狂い不死性が失われていしまう。
狼狽え激高する兄を、ヒロインは今度こそ逃さず致命傷を与えとどめを刺す。
疲れ果て寝転がる二人は、お互いが居たからこそ勝つことができたのだと笑い合うのだった。

それから数日後、二人は少女の病室を訪れていた。
ベットにはしゃべり疲れて寝てしまった少女が居た。微笑ましく眺めるていると主人公はヒロインから聞かされた過去の真実を思い出す。
小さい頃、一緒に遊んだことが会った二人は、主人公を好きで離れるのが嫌なヒロインによって、死神の世界にすぐ来れるようにと魂に穴を開けたということを。
発想が怖いとからかう主人公に、ヒロインは顔を真っ赤にしながら謝罪する。
主人公はそれがあったからまた一緒に居られるんだと慰める。主人公はヒロイン兄を倒したことにより、寿命も十分手に入って労働から開放されたと喜ぶ。
そこにヒロインは今回の戦いで消費されてしまった道具や武器の精算を始める。みるみるうちに主人公の寿命が減っていき、白目をむいてしまう。
まだまだ一緒に居て手伝ってもらいますねとヒロインが笑いかけた。

602 あるびの ◆6H5Kg6Q02g :2020/01/19(日) 19:22:06 ID:.3AziJso00
以上となります。
途中でトリップ外れちゃいましたがまぁ気にせず、先生ご講評よろしくおねがいします。

603 ◆uN377XmBVY :2020/01/19(日) 19:46:24 ID:vlpC30kQ00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       お疲れさまですお疲れさまです。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

604 令和もどこかの名無しさん :2020/01/19(日) 20:31:03 ID:c4Du5U4c00
おつかれさまです

605 セメント ◆tr.t4dJfuU :2020/01/19(日) 20:52:52 ID:HR3q8jgQ00
7レスいただきます。
まとめはOKです。

606 セメント ◆tr.t4dJfuU :2020/01/19(日) 20:54:31 ID:HR3q8jgQ00
タイトル:ダブル・ワールド・クライシス
でーま:ヴァーチャル世界と現実世界で起こるテロに巻き込まれた3人の悪戦苦闘。

主人公:春村麗美(レミ)、17歳 女 ゲームデザイナー
最新のフルダイブMMO“ストリーム・ダイバーズ”を開発した天才少女。
しかし、その裏には母を失い、それまで慕ってきた父と血縁関係がなかったこと、その父と疎遠になってしまったことからくる孤独感と、自分が満たされるための世界を作りたいという欲求が元になっている。13歳で世界的プログラマー、エクトール・ミリガンに見いだされ天才ゲームデザイナーとしての道を歩みだす。
都内のアパートに住んでいるが、ほとんど会社と学校を行き来しているため、ハンドルは“家なき子”と名乗っている

春村治郎、45歳 男 刑事
勤続28年のベテラン刑事だが、事件の際、銃撃に会い生殖機能を失う。その後、上司の勧めで同じく子の産めない妻と結婚。施設から赤子の麗美を引き取る。
しかし、病により妻を亡くして以降、寂しさを紛らわすため仕事に没頭したため、麗美との間に隔絶が生まれてしまい。麗美とは3年ほど別居している。
うだつの上がらない中年だが、過去の教訓から常に銃の訓練は欠かしておらず、警官時代からの古いニューナンブにも関わらず。50m先の標的を打ち抜く腕を持つ。

真智谷史郎、26歳 男 タクシードライバー
都内で個人タクシーを営むタクシー運転手。元自衛隊第一空挺団に所属していたこともあるエリート自衛官だったが、部下の体調不良を見抜けず事故死させてしまったことを悔やんで除隊。現在は麗美の送迎を行っている。

エクトール・ミリガン 28歳 男 プログラマー
世界有数のプログラムエンジニアであり、麗美の才能を見出しMMO“ストリーム・ダイバーズ”の制作に協力している。しかし、その正体は世界的コンピューターテロリストであり、東京のみならず世界を巻き込むほどのテロを計画している。

アンリ・ドリスコル ?歳 男 用心棒
エクトールのボディーガードを務める大男。不愛想だがストレスが多いせいか、甘いもの好き。その正体は、元フランス外人傭兵部隊のテロリスト。秘密ルートから重火器を国内に持ち込んでおり、爆発物の扱いにも長ける。

プロローグ
春村麗美の作り上げたフルダイブMMO“ストリーム・ダイバーズ”の先行体験会の日程が決まり広告が、大々的にうたれる。
そんな中、娘の麗美と疎遠になっていた春村治郎は、麗美を祝おうと有給をとって試遊会当日にその会場へと向かう。
そこで呼び止めたタクシーを運転する真智谷と打ち解けた治郎は、自分の娘を祝ってやりたい一方で、昔のことが原因で壁が出来てしまったため、相手が自分を受け入れてくれるか不安だという胸の内を話す
それを聞いた真智谷は、自分がよく麗美の送迎を行っていたことを打ち明け、前日送迎をした際、麗美が治郎に今の自分を見て欲しいと呟いていたことを告げる。
真智谷に励まされた治郎は、これが家族関係の修復になればと、覚悟を決める。
だが、タクシーが会場のそばまで着たとたん、町中の信号機が一斉に停止。
あちらこちらで交通事故が起こり街は大混乱になる。
治郎はあわてて、警察と連絡を取ろうとするが、スマフォも通信機能が止まっており連絡がつかない。
やむを得ずタクシーの無線を警察無線の周波数に変え、警察署に連絡するとなんと、町中の様々な機関が一斉にハッキングを受け、その機能を停止しているというのだ。
なんとか、所轄の警察署に向かおうとする治郎だったが、交通網はズタズタで電車も動かない。だが、頭を抱える治郎に真智谷は、裏道を使えばそこまで届けられるという。
真智谷のいう、とんでもない交通ルートを見て唖然となる治郎だったが、背に腹は代えられぬと、タクシーに乗り込む。
しかし、不意に治郎の携帯が振動し始める。それは、昔家族で買った古い携帯でそこには見慣れないアドレスと共に一通のメールが送られていた。
送り主の名は「家なき子」。

607 セメント ◆tr.t4dJfuU :2020/01/19(日) 20:55:33 ID:HR3q8jgQ00
1章
高校に通う春村麗美は、16歳にして天才的なプログラマーであり、自分にとっての理想の世界である振るダイブMMO“ストリーム・ダイバーズ”の企画者にして制作者だった。
今日もタクシーで学校と会社を行き来する中で、不意に窓の外を仲の良さそうな家族が手を繋いで歩いているのを見かける。
麗美にも両親はいた、とても仲のいい夫婦で、勤勉な警察官である父治郎は自分のあこがれでもあった。
しかし、母が病で亡くなった際、自分と両親に血縁が無いことを知りショックを受けてしまう。父はいずれ話すつもりだったというが、騙された気になった麗美は思わず「本当の親でもない癖に!」と治郎を突き放してしまう。その時の父の悲しそうな顔……。
以降、互いに壁が出来気が付けば、家にも帰らなくなっていた。だが、治郎はそれを咎めることもなく、自分にマンションの一室を宛がった。
思えば、それは荒んだ自分への治郎の気遣いだったのだろうが、その時の麗美は突き放されたと感じてしまった。
その後、授業でならったプログラミングに適性があったのか、メキメキを腕を上げた麗美は、自作のプログラムをコンテストに出したところ見事大賞を手にし、その際声をかけてきたプログラマーのエクトール・ミリガンに引き抜かれ、学生でありプロのプログラマーとしての道を歩むことになった。
そんな自分の過去を思い返しながら麗美は、街頭の大型モニターに映る自分のゲームを見て呟く。「お父さんも私の家にきてくれるかな」
それを聞いた運転手の真智谷史郎は「来てくれますよ。なんていうのかな、人間の絆って結構深いんですよ」と返す。会社への送迎を行ってくれるタクシー運転手の青年は、見るからに温厚で誠実な人物で、気が付けば色々な話をする仲になっていた。
そんな会話をしたせいか、機嫌がよくなった麗美は、よりゲームの作成に没頭していく。
いよいよ、ゲームの発表の前日になった。夜遅くまで、明日のコメントを考えていた麗美は、ふと会社の回線でエクトールが誰かと通信しているのを見る。
しばらくして、エクトールが席を立ったところで、内容が気になった麗美はこっそり、回線で交わされたメッセージを見てしまう。
そこには、東京で行われる予定のテロについての内容が描かれていた。驚愕する麗美の背後に何者かが立つ。「いけないな、人のプライバシーを除き見ちゃ」そこには普段の陽気で紳士的な人物とは異なる、冷酷な表情のエクトールが立っていた。
慌てて逃げようとする麗美を唐突に表れた、部下のアンリ。ドリスコルが抑え込む。
残忍な顔を浮かべたエクトールは麗美に、これまでの計画を話す、3年前からこの計画を立てていたこと、麗美の才能に目を付けたのも、計画の一環であること。
そう、麗美の夢は最初からエクトールのテロに利用されていたのだ。
あまりのことに、怒りの叫び後を上げる麗美だったが、エクトールは麗美をストリーム・ダイバーズのコフィン型筐体(密閉型のベッド)へ引きずっていくと、強制的にゲームの中にダイブさせてしまう。
しかも、麗美の筐体には仕掛けがあり、ゲーム中で麗美が死亡すると、仕掛けられた爆弾が爆発するようになっているのだ。
麗美がおくられたのは、最高難易度のモンスターエリア。だが、麗美はあきらめてはいなかった。このゲームには外部と連絡するための機能があり、ここを通り抜けられれば、誰かと連絡が取れる。そのために、初期装備の剣と防具だけで抜けなければならない。
自分の夢をこんなことに使ったエクトールに、リベンジするため、麗美は孤独な闘いに身を投じたのだった。
ストリーム・ダイバーズの発表を兼ねた試遊会の日、選ばれたプレイヤー達が、会場に集まると、そこに着飾った麗美がホログラフィックで現れる。
「初めまして、製作者の春村麗美です。みんな楽しみにしててくれたかな?」
その声に歓声が上がり、ホロの麗美がトークをする裏で、エクトールは部下のドリスコル、と計画を開始する。
回線が各地を繋ぎストリーム・ダイバーズの世界が東京とリンクを開始する。
交通機関、病院、警察、役所、軍事機関様々な機関と世界がリンクしていく。
「さあ、ゲーム開始だ」エクトールのサディスティックな笑いが東京を見下ろす窓に浮かぶ。

608 セメント ◆tr.t4dJfuU :2020/01/19(日) 20:56:35 ID:HR3q8jgQ00
2章
「家なき子?」訝し気にメールを開ける治郎だったが、そこには驚くべき内容が書かれていた。なんと、ストリーム・ダイバーズの試遊会とはそれを利用した東京の全システムへのハッキング攻撃だったのだ。
ストリーム・ダイバーズの世界とリンクした各機関には、それぞれボスが存在するのだが、そのボスはモンスターに偽装された、コンピューターの防壁(ファイアウオール)であり、プレイヤーがボスを攻撃すると防壁が破壊され、コンピューターが無防備になり、そこをねらって中の情報や機能をマヒさせるという恐ろしいものだった。
交通機関が停止したのは、プレイヤー達がそこのファイアウォールを破壊したために起きたのだ。
直後に電話が治郎のガラケーにかかってくる、聞こえたのはくぐもった少女の声だった。「君は何者なんだ」と聞く治郎に家なき子は「ごめん、他の回線は抑えられちゃってて、古いガラケーの回線からしかアクセスできなかったの。ランダムでアクセスしたから誰かなんて確かめてないわ。偶然近くにあなたがいたからってこと。そんなことより、早くみんなを止めて。このままじゃ、東京が滅茶苦茶になっちゃう」と返事が返ってくる。
「だが、身元もわからない相手の言うことを聞くのは……」と渋る治郎に真智谷は「今はこんな状況です。目的地も近い。調べてからでも遅くないはずです。何より娘さんが心配でしょ」という。
確かに会場までは歩いて20分もかからない、タクシーを路駐させた真智谷は「切符は勘弁してくださいね」それに対し「君も来るつもりかね」と治郎。「僕も麗美のことは気になりますから」と真智谷。
かくして2人はパニックに陥る街を、会場へと駆けてゆく。
会場は交易ビルの10階、一気に階段を駆け上った2人だったが、そこはもぬけの殻だった。
ビルの守衛に聞くと、イベントが開始してから数分後に、搬入エレベーターから何かをおろしていた業者の姿を見かけたという。
だが、イベントにはマスコミも呼ばれTVやネットでも放送されていたはず。
これはいったい? 不意に何かが動く音を聞いた治郎は会場を仕切るパーテーションを外す。そこには縛り上げられたマスコミ達がいた。
彼らは放送開始と同時に縛り上げられここに押し込められていたというのだ。
TVカメラには特定の映像が映るように細工がされ、ネットにも同様にないはずの会場の光景が映るようになっていた。
最初からここは偽の会場だったのだ。
「くそっ、奴らテロだけじゃなく誘拐までしたのか。なんてことだ麗美まで攫われてしまったのか!」「愚痴ってる場合じゃありません。連中の足取りを追わないと」「どうやって?」
そこへ再び「家なき子」からのメッセージが入る。「これから私も連中を追いかけるから」
「君に連中の居場所がわかるなかね?」訝しがる治郎に「家なき子」は、「このゲームは現実の東京とリンクしているのよ。奴らの仲間も実行部隊としてゲームに参加してるの」「そうか、攻撃されたコンピューターの近くに連中がいればそこの回線から奴らの居場所を特定できる!」と真智谷。「幸い地図は持ってきています」「最近はGPSじゃないのかね」「いざって時はアナログですよ」そういうと2人は地図を広げストリーム・ダイバーズの世界と東京を重ねる。地図を見た治郎は「さっきやられたのが、交通管制センターだ。だとすると次狙われるのは、たぶんだが警視庁だ。今、交通の回復のために東京中の警察官がでている。このタイミングで狙われれば、完全に東京の治安はマヒする!」
「そこには、塔があって天使のボスがいるわ。私が先に向かうから早く来てね!」そういうと家なき子は一方的に通話を切ってしまう。
「俺たちも向いましょう」「真智谷君どうやって?」「幸い俺たちはついてます。ここの駐車場に大型バイクがありました。この混乱した東京を走るならこっちの方が有利です」「カギは?」「ま、見ててください」
そういうと真智谷はバイクを直結させると無理やりバイクのエンジンをかける。
「真智谷君! 私は警察官だぞ!」「緊急事態です!」「しかもノーヘルで2人乗りだぞ」「緊急事態です!」「私は無遅刻無事故無違反が自慢で……ああ、もう!」
やけっぱちになりながら真智谷の後ろに飛び乗る治郎。
かくして、混乱の街を2人乗りのバイクが爆音を轟かし進んでいくのだった。

609 セメント ◆tr.t4dJfuU :2020/01/19(日) 20:57:36 ID:HR3q8jgQ00
3章
最悪のモンスターゾーンを、制作者としての知識を総動員しながら抜けきり外部との連絡に成功した麗美は、次いでで手に入れた装備に身を包むと、2足歩行する小型ドラゴンに乗りながら、塔、すなわち警視庁へと向かう。
「まさか自分のつくったゲームで、リアルタイムアタックすることになるなんて思わなかったな」
そんなことをぼやきながら麗美は、ドラゴンを走らせる。途中、であったプレイヤー達とアドレスを交わしながら進む。アドレスさえわかれば、GPSを利用して彼らもつ携帯から体の現在位置が特定できる。それを、リアルの2人に任せるとして、自分は何としてもエクトールの思惑を阻止するつもりだった。
家を失ってしまった自分、自分が突き放してしまった父、今も行く場をなくして孤独な思いをしている人々。そんな人間たちの居場所になればいいと願って作ったヴァーチャル世界。だが、あのテロリストたちはそれを、この街の人々の居場所を奪うために使おうとしているのだ。意地でも阻止してやらなければ!
そうこうしている内に塔が見えてくる。
見ればその塔を攻略するべくいくつかのパーティーが、塔を登ろうとしている。
「ちょっと待って! そこは……」
麗美が叫ぼうとした瞬間、麗美めがけて火の玉が飛んでくる。間一髪で交わすも巻き添えをくってドラゴンが吹き飛ぶ。
「誰よ!」火の玉の飛んできた方を見るとそこには、なぜかロケット砲を構えたドリスコルがいた。「あのさあ、人の作ったゲームにそんなもの持ち込まないでくれる」
にらみつける麗美にドリスコルは「なるほど、あそこから生き残って来たか少し甘く見ていたようだな」「あんたには、ここでゲームオーバーになってもらうわよ」「ほう、ゲームオーバーになれば死ぬというのに大した度胸だ」
「リアルじゃかなわなかったけど、ゲームならどうかしらね」
ドリスコルに啖呵をきった麗美は剣を抜くとドリスコルに切りかかっていく。
しかし、それを躱すとドリスコルは、麗美に蹴りを見舞ってくる。それを何とか剣で受け止めた麗美は、間合いをとって魔法の矢を放つ。だが、それを見切ったドリスコルは、ショットガンを浴びせてくる。
「どうしたスイーツのように甘いぞ。この国のスイーツはうまいが、住んでる奴らはそれ以上に甘いな」
じりじりと追いつめられる麗美このままでは、プレイヤー達によって警視庁の防壁が破壊されてしまう。
そこで、麗美は魔法の矢を放ちながら距離を詰めると剣を構える。剣による接近戦に持ち込むと考えたドリスコルは、距離を取ろうと後ろに下がる。
だが、それこそが麗美の思惑だった。次の瞬間、剣から光線がほとばしると、ドリスコルを貫く。「がっ!」「昔みた刃が飛び出すナイフを参考に作ったユニークスキルよ」「す、スペツナズナイフか……」「そうそれ、じゃあお別れね」そういうと麗美は、ドリスコルを切り捨てた。「あとはよろしくねお二人さん」
消えていくドリスコルを見ながら、麗美はつぶやいた。
警視庁へとバイクを走らせた、治郎と真智谷は「家なき子」から送られてきたアドレスを元に警視庁近くの日比谷公園へとたどり着く。
タクシーから外してきた無線での連絡によって既に現場は、警官隊によって完全包囲されていた。そこへ到着した治郎は、現場を指揮する警視に、今回のテロを告げ後の処置を頼む。無論、ノーヘル2ケツのことを突っ込まれたが、これでドリスコルが捕まれば、エクトールの逮捕につながる。
「これで解決だね真智谷君」そういう治郎に対し真智谷の表情は晴れない「あの家なき子がおくって来た情報にあったドリスコルって名前に聞き憶えがあって……」
真智谷がそう呟いた次の瞬間、爆音とともに警官隊めがけて迫撃砲が撃ち込まれる。
続いて、爆竹ような乾いた発砲音が周囲に響く。
なんと、公園に潜んでいたドリスコルとその部下たちは、本来なら日本に持ち込めないはずの重火器で武装していたのだ。
そればかりか、ストリーム・ダイバーのプレイヤーの入った筐体を周囲に並べ人質にしているのだ。
おまけにガスマスクまで用意する念の入りよう。
警官隊が手を出せないのをいいことに、ドリスコルは警察車両に発砲、火に包まれる警察車両。
「思い出した、アンリ・ドリスコル。元フランス外人傭兵部隊にいた国際指名手配のテロリストだ!」「なんだって!? どうして君がそんなことを知っているんだ!?」
「理由はあとで話します。おそらくあの火器は、システムのダウンを利用して持ち込んだんだ。それより春村さんあいつはSAT(特殊部隊)でなけりゃ無理だ」
「そうか、この作戦は2重になっていたのか、コンピューター方面と失敗した場合武力による制圧の2パターンに、真智谷君SATが来るまで僕たちも逃げよう!」治郎が叫ぶ。
しかし、真智谷は首を振ると、落ちていた催涙弾のランチャーをひろうと物陰に隠れながらドリスコルとの距離を詰めていく。何を考えているのか、確かに相手をひるませる効果はあるが、ガスマスクをつけた相手には、全く意味が無い。
だが、ゆっくりと銃を構えた真智谷は、ドリスコルにランチャーを向ける。それに気が付いたドリスコルは、マスクの下で侮蔑の笑みを浮かべる「スイーツより甘いやつ……」そういい終えるか否かの瞬間、真智谷のランチャーから放たれた催涙弾は見事にドリスコルの顔面に命中しドリスコルはもんどりうって倒れる。
殺傷能力の無いガス弾と言えど、射出されたグレネードそのものを喰らえば、ボクサーのパンチをくらうようなもの。
ドリスコルの部下たちにも動揺が走る。
そして、その瞬間を、警官隊も見逃さなかった一斉にドリスコルと部下たちを取り押さえにかかる。
騒乱の中、空になったランチャーを放り出し、芝生に座り込む真智谷を治郎は呆然とした表情で見つめていた。

610 セメント ◆tr.t4dJfuU :2020/01/19(日) 20:58:46 ID:HR3q8jgQ00
4章
ドリスコルを倒すことに成功した麗美だったが、治郎と真智谷からドリスコルによって警察に被害が出たことを聞き、顔を曇らせる。「ごめん私の考えが甘かった」だが治郎は「いいや、「家なき子」君、君のせいじゃない。あれは予想ができなかった。けど、プレイヤー達は無事だったよ。おそらくだが、彼らを連れ出したのはいざって時の人質だ」「まあそれにドリスコルもなんとか取り押さえた。あとは奴を吐かせれば首謀者の特定もできるはずだ」しかし、家なき子はいう「バカ言わないで、そんなことをしてたら、あいつが逃げちゃうわ」「あいつ?」「エクトール・ミリガン、あいつがこの事件の黒幕よ!」「すまないがそれを先に言ってくれないか?」「ごめん、知ってると思って」「私が知ってるのは、この企画に春村麗美、私の娘が関わってるということだけだよ」「へ?」その言葉を聞いた瞬間、家なき子が黙り込んでしまう。「そういえば名前を名乗ってなかったね。私は春村治郎警察官だ、隣には真智谷君という協力者がいる」「そ、そうなんだ」「正直こんなことになってしまったが、私は何としても奴らにさらわれた娘を取り戻さなければならない」「その……娘さんをどう思ってるのかな」「大切な娘だよ。今日会って成功を祝ってあげたかった」「きっと娘さん喜んでくれると思うよ」「そうかそうだといいな」
しばらく話し込む2人だったが、一方の真智谷は地図を眺めて顔をしかめていた。「どうしたんだね真智谷君」「いえ、彼女の言う通り相手がエクトール・ミリガンなら腑に落ちないことがあるんですよ。彼は実業家なんですよね。だったら何か目的があってこのテロを起こしているはずなんです」「目的?」「ええ、春村さんの娘さん。麗美のゲームを利用して3年、いや計画を考えると4年かな。それだけの期間を使ってやったことがこれじゃ割に合わない」「言われればそうだ。4年も計画したものなら何か理由が無ければおかしい」考え込む2人だが真智谷が家なき子に声をかける「なあ、君がエクトールだったら、次はどこを襲う?」「どういう意味?」「君はエクトールのそばにいた人間だろ。なら、多少でもいいエクトールの考えはわからないか?」
「私がエクトールなら……お金かな。あいつ羽振りがいいようだけど儲けにはうるさかった気がする」「そうなると銀行か……けどなにか違う気がするな」「いや、待て」
不意に治郎が顔を上げる「国立印刷局だ! この状況でなら襲ってみる価値がある。ましてや日本円は27年間買われ続けた安全通貨だ。紙幣の原板ともなれば使い方次第じゃ経済を操れる。ましてやこんなテロが起こって、不安定な状態で偽札が出回って見ろ。大変なことになる」
治郎の言葉通りなら、円を大量に買っているアメリカや中国といった大国も無事では済まない。文字通りの大恐慌が起こってもおかしくない。
あとは紙くずになった円の反対側で価値が吊り上がるであろう通貨を買い占めれば大儲けもできる。
「しかし、問題はドリスコルの襲撃で警察はまともな戦力が動かせないし、自衛隊の命令による治安出動のための国会承認なんて待ってるわけにいかない。SATはGPSで判明した人質たちの救出に出払ってしまっている」
「つまり、我々でどうにかするしかないってことですよ。春村さん」
そういう真智谷だが、治郎には引っかかることがあった。
「真智谷君、君は何者なんだね。ここまで君には助けられてきたが、明らかに一般人とはいいがたい。そろそろ教えちゃくれないかね」
治郎がそういうと真智谷は、見事な敬礼を取ると腹から通った声で言った。「自分は、真智谷史郎、元3等陸尉であります!」
「真智谷さんて自衛隊だったの?」驚く家なき子に対し真智谷は「ああ、第一空挺団の第2中隊所属だ。対テロ訓練の経験もある」「しかし、尉官と言えばエリートじゃないかそれがなぜ?」首をかしげる治郎に真智谷は、ややうつむいていう「俺が指揮していた小隊の部下が、体調不良を隠して任務に出たために事故を起こして……俺が気づいてやれればあんなことには。それに耐えられず逃げ出した臆病者なんですよ俺は」
真智谷の言葉に空気が重くなる。しかし、治郎は真智谷の目を見ると言った「だとしても、今の私には、いや我々には君が必要だ。この街を守るために共に戦ってくれないか?」
その言葉に真智谷は強くうなづく。そして携帯の向こうの「家なき子」麗美もまた強くうなづいていた。

611 セメント ◆tr.t4dJfuU :2020/01/19(日) 20:59:40 ID:HR3q8jgQ00
5章
治郎と真智谷は国立印刷局へと向かうが、麗美はゲームの参加プレイヤー達を止めるために、ストリーム・ダイバーズの世界を走り回っていた。
テロのことを伝えればパニックが起こり、どうなるかわからない。そこで、プレイヤー間のネットワーク機能をを利用し、ゲームの不具合による中止を、それぞれのプレイヤー達に頼んで伝えてもらっていたのだ。
幸いにしてスマフォを持っていたプレイヤー達は、GPSで位置が特定できたため、SATが彼らを救出し始めている。
東京の機能も、予備電源の使用や発電機が回されたことで、復旧しつつあるし、国立印刷局には、治郎が連絡をし建物を閉鎖してもらっている。
あとは、エクトールのいるゲームのメインサーバーを見つけ出し、リンクした世界を利用してゲーム内から破壊してしまえば、ゲームは停止しプレイヤー達も解放される。
しかし、ここまで来て未だ姿を現さない、エクトールに麗美は不穏なものを感じていた。
そう思ったとたん、空にエクトールの姿が浮かび上がる。そして彼は言った。
「ストリーム・ダイバーズの全プレイヤー諸君。緊急ミッションを告げよう。今からこのゲーム内にいる、春村麗美を捕まえて私のところまで連れてきて欲しい。なお、君たちに拒否権はない。見たまえ」そういうと、空にプレイヤー達の入ったゲームの筐体が現れその周りには、銃を構えた黒ずくめの男数人が立っていた。
「さてこの銃の中に入っているのは本物だ」そういうとエクトールは筐体の一つに発砲する。刹那、悲鳴が聞こえ近くにいたプレイヤーの姿が消えてしまう。
「わかったかね。当然君もこれを見ているのだろ麗美。どうするかは君に任せよう」
そういうとエクトールは消えてしまう。空をにらみつける麗美だったが、その周りには目を血走らせたプレイヤー達がにじり寄ってきていた。
悔しそうな顔を浮かべた麗美は、持っていた剣を地面にたたきつけるしかなかった。
一方国立印刷局にたどり着いた治郎と真智谷だったが、時すでに遅く印刷の原板は、持ち去られてしまっていた。舌打ちをすると治郎はポケットから煙草を取り出すと吸い始めた。
「煙草を吸うんですか?」「いや、今は吸っていない。娘に嫌われたんでね」「でもわかります、こう緊張が続くと吸いたくなりますからね」「……若いころ私は、銃を持つのが苦手でねえ。射撃訓練の後はこうして煙草を吸わないといられなかった。けどね、それがいけなかった。ある事件で銃撃戦に巻き込まれた私は、緊張から発砲がおくれ、同僚が負傷し私も傷を負ってしまった」「まさかそれで……」「ああ、子供が作れない体になってねえ。だから私のような人間を増やさないためにも、煙草をやめ銃の射撃訓練も欠かさなかった。けどだめだね、何もできなかったよ」自嘲気味に笑う治郎に真智谷は「そのことを麗美にも話してあげてください。きっと彼女もわかってくれます」「そうかな」と治郎がため息をついた時だった。一人の職員がスマフォをもって治郎の元に現れた。「春村治郎さんに連絡が」何のことかと治郎がスマフォを受け取る。「ハロー、ミスターハルムラ」「誰だね?」「エクトール・ミリガン。娘さんにはお世話になっていますよ」「何のようだ?」「今からショーをお目にかけよう。今から言うアドレスにアクセスして見たまえ」治郎がアドレスにアクセスすると、そこには磔にされた軽戦士姿の麗美が写されていた。「麗美!」「安心したまえ、彼女は有能なパートナーだ。大切に扱っている。しかし、驚いたね。ゲームの中に閉じ込めたにも関わらず。他の回線を用いて外部と接触し、我々の計画を邪魔してくるとは」そこで、治郎も真智谷もすべてを理解した。家なき子の正体は麗美だったのだ。
冷酷な笑みを浮かべたエクトールは、麗美を解放するとその前に剣を放り投げる。「しかし、私は寛大だ、彼女にチャンスを与える。ここで私と戦い勝ったなら、彼女を解放する。ただし、負けた場合は彼女の筐体に仕掛けられた爆弾が爆発し、ここにいるプレイヤーともどもゲームオーバーだ」「貴様あ!」しかし、麗美は剣を手にするとエクトールをにらみつけて言う。「私なら大丈夫だよお父さん、みんなを守って見せるから。こんな奴らの思い通りになんてさせないから」「君は実に勇気ある子だ麗美。しかし、ステータスで上回る私と、HPもろくに残っていてない君では勝負になるかな?」
「冗談、ゲームはスペックだけで勝てるほど甘くないわよ」自分を見下すエクトールをにらみ返すと麗美は、剣を構えるのだった。

612 セメント ◆tr.t4dJfuU :2020/01/19(日) 21:00:33 ID:HR3q8jgQ00
6章
エクトールと麗美の戦いは一進一退の展開を見せていた。能力で上回るエクトールを麗美がテクニックでしのぎ、拮抗した戦いをみせる。しかし、受けるダメージの差から、麗美のHPは徐々に削られ、次第に彼女の動きも苦しいものになっていく。
「麗美!」スマフォにかじりつき、展開を見守る治郎だったが、何もできない焦燥だけがつのっていく。しかし、その隣で真智谷は地図を広げると何かを調べていた。「こんな時に何をしているんだね」「こんな時だからです。麗美は頭のいい子だ。我々に何かヒントを残しているはずです」「ヒントを?」「ええ、画面をよく見てください。ゲームと現実の位置がリンクしているなら、相手がどこにいるかわかるはずです」そういわれた治郎はかじりつくように画面を見る。しかし、その画面にはどこか高いところなのか空以外何も見えない。空以外は何も……。「東京スカイツリーだ!周りに何も見えないということは一番高い場所はそこしかない!」「春村さん今すぐ向かってください!」「しかし」「俺にも思い当たるところがあるんです。やつは必ず逃げる手段を用意しているそこを抑えに行きます」
「死ぬなよ」「あなたも」治郎は借りたバイクにまたがると、スカイツリーへと走り出した。
一方、ゲームの中では、麗美の敗色がより濃くなっていた。「私がフェンシングのチャンピオンだつたのは意外かな?」鋭さを増すエクトールの切っ先が麗美の体を、切り刻んでいく。必死に受ける麗美だったが、死への恐怖が体を鈍らせてゆく。それでも麗美は最後まであきらめる気はなかった。ついに、エクトールの剣が麗美の剣を弾き飛ばし、のど元にその切っ先が向けられる。「君はよくやったよしかしこれで終わりださようなら」麗美に最後の一撃を加えようと一瞬エクトールが剣を引いたのを麗美は見逃さなかった。それに合わせて低い姿勢でエクトールの懐に飛び込むと、その胸倉をつかみ投げ飛ばす。「やああああっ!」そして間髪入れず剣を奪い取るとエクトールの胸に突き立てた。「ば、ばかな」「警察官の娘を舐めないでよね!」消えていくエクトールを見ながら麗美はその場に倒れた。
「くそっ」筐体からはい出したエクトールは、麗美の入った隣の筐体をにらみつけながら忌々しそうにつぶやく、自分の計画を邪魔した仕返しにいたぶるつもりが逆にやられたのだ。しかし、最後の手段が残っている。それこそ、変電所に仕掛けられた電磁コイルによるEMP攻撃、5万ボルトの電磁波が東京のライフラインを完全に破壊する。あとは、海上に待機させている船から対電磁処理を施したヘリを飛ばし、逃げるだけだ。だが、こいつには後悔をさせてやらなければならない。麗美を筐体から引きずり出すエクトールだったが、そこでいるはずの部下たちがいないことに気が付く。「爆弾の処理をどうするか悩んだがおかげで助かったよ」声の方を見るとそこには、拳銃を構えた治郎が立っていた。
慌てて麗美を羽交い絞めにし、小銃を押し付けるエクトール。「この距離なら、お前の銃では届かん。麗美、最後に貴様の父をハチの巣にしてやる」後ろに下がりながら距離を稼ぐエクトール。「お、とうさんにげて」麗美が絞るような声をだす。しかし、エクトールが治郎に銃を向けた瞬間、2発の銃声が響いた。「ば、ばかなこの距離で」崩れ落ちるエクトールの肩と腕には2発の銃弾が穿たれていた。「射撃の練習は怠らなかったんでな」倒れた麗美を抱き上げた治郎は、麗美にいう「よく、がんばったな」「おとうさん……こわかったよ。こわかったよ……」「もう大丈夫だ」安堵の涙を流す麗美を抱きしめながら、治郎は展望台を後にするのだった。
こうしてエクトール一味は捉えられた。変電所のEMP兵器はそれを予測した真智谷によって制圧、解体され。東京全域を巻き込んだ。最大のネットワークテロは幕をとしだのだった。

エピローグ
それから、1年後。治郎は昇進を蹴って現場にとどまり、職務に励む日々を送っていた。麗美とは再び同居しながらも、仲良くやっている。
「ほら、お父さん起きてよ」「わかったわかった」エプロンをつけた麗美に、起こされた治郎は、カレンダーを見て呟く「今日が真智谷君の復帰の日か」「そ、このあとお祝いするんだから、遅刻しないようにしないと」
あれから真智谷は、再び自衛官の試験を受け、今度は陸士からやり直すつもりらしい。
本人も、思うところがあるのだろう、時折麗美と会っているのは治郎も知っていたが、あえて見て見ぬふりをしていた。
「しかし、麗美。これはなんとかならんのか?」家の壁にはあの軽戦士姿の麗美が剣を構えたポスターが貼ってある。あのエクトールとの対決が動画で流れ麗美に新しいゲームを作る話が舞い込んできたのだ「いいじゃん、おかげでスポンサーも決まったし、私はお父さんをってあげるからさ」「まだ、俺はそこまで歳をとっちゃいない」
ふてくされたように言う治郎に麗美は「じゃあ、私と結婚しようよ」「な、何を言うんだ!」「だって血がつながってないならそれもありかなって」赤くなる治郎に麗美はいたずらっぽく笑うのだった。 完

613 セメント ◆tr.t4dJfuU :2020/01/19(日) 21:01:32 ID:HR3q8jgQ00
以上です。
よろしくおねがいします。

614 ◆uN377XmBVY :2020/01/20(月) 00:04:51 ID:VgojrB4U00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       さて、ロスタイムが欲しい方はいますか?
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

615 令和もどこかの名無しさん :2020/01/20(月) 00:10:47 ID:gVOa7OnA00
大丈夫そうですかね、今回は皆さん早めでしたし。

616 ◆uN377XmBVY :2020/01/20(月) 00:20:32 ID:VgojrB4U00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       そいでは、ここで締め切りでーす。皆さん、お疲れさまでした。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       多分、今夜から順次だと思います。多分(予防線
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

617 令和もどこかの名無しさん :2020/01/20(月) 01:01:07 ID:gVOa7OnA00
先生がやらかさないように

1:無暗道人さん>>577 まとめ自由
2:ノブユキさん>>589 
3:あるびのさん>>597 まとめ不可
4:セメントさん>>605 まとめ可

差込枠:葉っぱ>>566 まとめ不可

618 ◆uN377XmBVY :2020/01/20(月) 01:06:43 ID:VgojrB4U00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       ククク……私がすでにノブユキさんの分書いたと知ったら
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         葉っぱさんはどんな顔をするのかな……ククク……。
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

619 令和もどこかの名無しさん :2020/01/20(月) 01:11:08 ID:gVOa7OnA00
( ゚д゚ )<もうそんなに書き溜めたの!? 偽物だわ!!

620 ◆uN377XmBVY :2020/01/20(月) 01:22:16 ID:VgojrB4U00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|                   ・  ・
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         ノブユキさんの分だけ書いたの。
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   この意味がわかるかな?
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

621 令和もどこかの名無しさん :2020/01/20(月) 01:25:55 ID:YwqgzRH600
分かるような分からないような分かりたくないような……

622 令和もどこかの名無しさん :2020/01/20(月) 01:27:52 ID:gVOa7OnA00
ああ、いつもの先生だ。ほっ……

623 令和もどこかの名無しさん :2020/01/20(月) 01:56:04 ID:7dbWBUCgSd
先生の背景にJOJOのゴゴゴゴゴ擬音が見えた(幻覚)

624 ◆uN377XmBVY :2020/01/20(月) 02:13:15 ID:VgojrB4U00
                                 <\
              ,,  、、       〈 ̄ ̄ ̄\_<> ̄
             /::{  }::`ヽ       \  / ̄| \
              /:::::::|  |::::',::::',        ̄    | /
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',            | |
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}    < ̄ ̄ ̄ ̄  {
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\     ̄ ̄ ̄ ̄二´
            ::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',      、-、\ 〉
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i       | 〔 ̄〕´〕
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i       ー´ //
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|   /ー- __ /
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!   \_,──`
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|  /ー───‐、
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、 〕 /´
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  _
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::} _/ ,-、
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ  _//
         {  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦   \_/
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄     /  〕 へ◇
                              _〕   |_´
                               ̄〕 ,-‐,  > _
                          / /  | / / __>
                         ∟'  〔/ / /
                             ,-、ー'
                             `′

625 令和もどこかの名無しさん :2020/01/20(月) 03:05:14 ID:7dbWBUCgSd
ごうらんが

626 ◆uN377XmBVY :2020/01/20(月) 03:09:43 ID:VgojrB4U00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ     ,_
              /:::::::|  |::::',::::',    |:!
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',    ||      /^>
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}    |!    //
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\       /′
            ::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',  _____/
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i   ̄   />
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i      / '
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|    /ィ {
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!      |{ _l了__
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       `7/γ ̄
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、  //〈/
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ 〈/       , ヘ
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}     〃/  //
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ     /   /'
         {  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦          。
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

627 令和もどこかの名無しさん :2020/01/20(月) 05:49:49 ID:2ghDQ3e200
WASSHOI!

628 令和もどこかの名無しさん :2020/01/20(月) 12:26:42 ID:bP3MhywgSd
皆さん、お疲れ様です。
やっぱみんなレベルたけーや。

629 令和もどこかの名無しさん :2020/01/20(月) 13:03:52 ID:qFEzdgNsSr
乙です
それをボキボキに折っていくクロちゃん
ゴゴゴゴがネタじゃないぜ!

630 ◆uN377XmBVY :2020/01/20(月) 22:40:54 ID:VgojrB4U00
読まにゃ……読まにゃ……(うとうと

631 令和もどこかの名無しさん :2020/01/20(月) 23:26:59 ID:bga9oenQ00
古戦場は怖いっすね

632 ◆uN377XmBVY :2020/01/20(月) 23:29:18 ID:VgojrB4U00
むにゃむにゃ、まだ食べれる。

633 ◆uN377XmBVY :2020/01/20(月) 23:55:53 ID:VgojrB4U00
24時までに間に合いませんねこれは

634 令和もどこかの名無しさん :2020/01/20(月) 23:58:39 ID:gVOa7OnA00
ご無理はなさらずに(そこにノブユキさんの分が……

635 ◆uN377XmBVY :2020/01/21(火) 00:16:40 ID:DiI/aKiE00
読了。もっかいざっと目を通したら書いてくます。

636 ◆uN377XmBVY :2020/01/21(火) 00:21:20 ID:DiI/aKiE00
>>567-574葉っぱさんの『記憶操作人』です。
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|  ∩        ∩ ..: .:|/ : :. ::.|    他人の記憶を操作できる主人公が、
     、  /:.: : -ハ.:.   ∪        ∪ j : : . : : ト、:!     相棒であるビスクドールとともに依頼に従って
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   記憶を操作して心の問題を解決していく物語です。
.       /: : : : :.ー-、             /..:/ l!:../.     
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ        
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>.      
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

637 ◆uN377XmBVY :2020/01/21(火) 00:25:38 ID:DiI/aKiE00
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|  ∩        ∩ ..: .:|/ : :. ::.|    記憶を操作することで心の在り方を変える主人公が、
     、  /:.: : -ハ.:.   ∪        ∪ j : : . : : ト、:!     やがて、ヒロインたちを通して自分の心の在り方と向き合い
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   変容していた思い出にたどり着きます。
.       /: : : : :.ー-、     マ フ   /..:/ l!:../.      
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        記憶を書き換えるのではなく印象の強弱また削除に能力が
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ         限定されている点が新機軸。
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>.      
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

638 ◆uN377XmBVY :2020/01/21(火) 00:29:53 ID:DiI/aKiE00
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|               ..: .:|/ : :. ::.|    この物語はですね、読み方がわかると楽しいです。
     、  /:.: : -ハ.:.  三三     三三 j : : . : : ト、:!     
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   力技でどうにかするのではなく、
.       /: : : : :.ー-、     マ フ   /..:/ l!:../.      基本的には心の問題を『緩和』するために主人公が働くという点が
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        とても重要。
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ        
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>.      一発でドカンと完全完璧でパーフェクトな解法を選ばない・選べない。
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、.           このさじ加減に魅了される人は多いと思います。

639 ◆uN377XmBVY :2020/01/21(火) 00:32:17 ID:DiI/aKiE00
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::─/ :::.|   ─.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|  ┬┬    ┬┬ ..: .:|/ : :. ::.|   が、誘導が弱いです。
     、  /:.: : -ハ.:.   ┴┴    ┴┴ j : : . : : ト、:!   
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.  「どう楽しむ物語なのか」を理解するのに半分くらいかかりました。
.       /: : : : :.ー-、     __    /..:/ l!:../       さすがにこれはよろしくない。
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.      
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ        あとで、いつもどおり覚書を貼ります。私がうまく読み解けずに
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>.     困っている様子が何となくわかると思います。
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、.

640 ◆uN377XmBVY :2020/01/21(火) 00:35:55 ID:DiI/aKiE00
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::// :::.|   \.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|               ..: .:|/ : :. ::.|    オムニバスということもあってか、物語の魅力をその章ごとの
     、  /:.: : -ハ.:.  三三     三三 j : : . : : ト、:!     スポット参戦キャラに任せすぎている点も気になります。
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   
.       /: : : : :.ー-、     〜〜    /..:/ l!:../        主人公やヒロインにもっと魅力を感じたいのに、
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        どうにも脇役ポジションになってる印象。
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

641 ◆uN377XmBVY :2020/01/21(火) 00:41:28 ID:DiI/aKiE00
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|  ∩        ∩ ..: .:|/ : :. ::.|    絵面として割と地味であることも一応指摘。
     、  /:.: : -ハ.:.   ∪        ∪ j : : . : : ト、:!     想像通りにできる心の世界でアレコレする割には、ですが。
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   
.       /: : : : :.ー-、      з     /..:/ l!:../        私なら、最初の1エピソードくらいは敵を撃破しちゃいます。派手。
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

642 ◆uN377XmBVY :2020/01/21(火) 00:44:07 ID:DiI/aKiE00
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|  ┬┬    ┬┬ ..: .:|/ : :. ::.|    厳しく言って良いそうなので厳しく言うと、
     、  /:.: : -ハ.:.   └┘    └┘ j : : . : : ト、:!     
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   「葉っぱさんが『上手』なのはわかるんですが、
.       /: : : : :.ー-、     マ フ   /..:/ l!:../.      読者としては『面白い』ものが読みたいです」
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

643 ◆uN377XmBVY :2020/01/21(火) 00:47:03 ID:DiI/aKiE00
           ,   ´ ̄ ̄ ̄ ̄`''ー- 、
         /              `ー──── 、
 r==ニニ二´ ,,,             ,,,    _____ /
 | //////  ◎          ◎   ∨//////// /
 | |///         o____       ∨////// /
 | |〆_         ,、/: : : : :i: : i`:ヽ、     ∨//// /
 '∧ーテ=二、_/: : : : : : : : !: : |: : :.:|:ヽ、  ∨// /
  ∨Y://: : イ: : : l: : !,: : : : : :l:.リ、VI: : :/!: : ,'l   ∨ /
  ∨/:{: :/: |: : :从ノ、: : : : : :|/l/ ト、 / |: :/│    〈
   \|: {从!: :{r=rttォ、、: : : :! イ云心下/ : |     ヽ     というわけで、『要修正』です。
     l从{,ハ: :{  マ、rム ヽ: :.|  マ、_∨,: : /│      ',    
     /`/: :ヾjハ. ∨ソ ,.Ⅵ   ゞ- '/: :/ : |      ',     「楽しみ方の明示」「主要キャラの魅力増強」「主人公やヒロインを
    /./:イ: : : :八      _     /: :/: , /     __ノ     エピソード中でもちゃんと主人公やヒロインとして扱う」あたりに
    /l.く 从: l: : : >. .,ィ-っ`  イ/: :イ:/    /  |     気を付けてください。
   / |  {: :{: !从',: : / イ、.T、´r‐'/;ィ‐'´   __∠二二!     
    ヽ.>、VI/二ニ`/  イ,〉 `V卞ニ、─<____丿
      \___,r'´ /{   ハ    ヘ    `ヽ 〈
        / ./l \_ノ人!ー--'∧.   r' \}

644 ◆uN377XmBVY :2020/01/21(火) 00:50:12 ID:DiI/aKiE00
                    /{
                  /  > ´ ̄ ̄`ヽ、_
               /   ○       ○    ヽ―-  _
            __/      ===                >
            r'⌒  _,,二二二,,__  \r─-、_\  /
            〈.  イ: : /: : ∧|: :|: :广^\ (>‐─<} ヽ′
            /∨ :|: : i\/  |: :ト:|、/ 卜{,___  〉 ,'
           ,' /: : :|: /| /___ |: :|:│ ____|: |    ∧ |     『でーま』を読むに想定は『ガリバー』だったのかもですが、
           V| /|: i 斤〒¬ |:.∧斤〒¬|:〈    | j    そうと読むにはいささか疑問が残ります。
             ∨ |: i | Lノ   |/  Lノ  |: |    | 〈     
            / :|: N            リ: |     〔 \..  「多様性ある不思議さを体感する」ことを楽しむ物語とは
          {   |  Y          u 厶ィ|     ∨  }   ちょっと違うのではないかと……。
          |   | :人      マフ     /:|     [ ∨
         [  八: :.:|≧=r‐r-n-┬=ァァ7 ∧     [ リ
         ∨  \|\八 { /J 人 {/{厶ィ圦    フイ
           \____,,...イ`ー=彡 \乂_,彡ヘ__/ ∧
                     | \│  / /O○      |

645 ◆uN377XmBVY :2020/01/21(火) 00:50:40 ID:DiI/aKiE00
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、.     覚書ー。
.      l    }: : : :|:.:.:|  ∩        ∩ ..: .:|/ : :. ::.|    
     、  /:.: : -ハ.:.   ∪        ∪ j : : . : : ト、:!    
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   
.       /: : : : :.ー-、      ∠l     /..:/ l!:../     
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ        
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>.      
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

>・プロローグ(2ページ)

目が滑らないように特に注意。


>・起

>人間を物扱いするのかと驚嘆した宇津保は、カレンの助言に従い王様を小人と同じ大きさにした、記憶操作の力で。

どういうギミックなのかちょっと想像できなかった。


>空同然の玉座を見た依頼人は急変し、親友と仲良くし始める。現金だ。想定外の手順だったが依頼の本質は果たせた。
>カレンが依頼人に「新しい男を見つけた方が早いわ。大した男じゃなかったんでしょ?」と偽言。依頼人は「顔だけだったわね、金もないし」と玉座の小人の王様を放り捨てる。
>カレンは「別れて正解よ」と下を向いて言う。依頼人はそうねと応え、小人たちも頷く。呆気にとられながら宇津保は仕事を終えた。そして世界が暗転する。

むー……読者にどういう感情を喚起させたいのか不明瞭。もう少し誘導が欲しいです。
もし、誘導する気がないのなら『立ち上がりの遅い序盤』というイメージが付くかと。



起の末尾まで読み進めた。
これはあれか、超能力なお医者さんが想像力で自由にできる世界でバトる的なジャンルか。バトらないかもだけど。
ただ、そうと見るならやっぱり前述の通り「ギミックが想像しにくい」「どう楽しませたいのか不明瞭」。


>・承1

>再び夫の心の中へ。

あ、やっぱりマインドダイブ的なアレでしたか。



末尾まで読み進めた。
問題提起は理解しやすかったけれども、解決とそれ以降の展開がピンとこない。はて。


>・承2

これは比較的理解しやすい過去編。比較的。ただ、個人的にはもっと誘導したい。ぶっちゃけ、主題ごと変わっちゃいそうだけれども
章ごとに1回バトルするくらいの方が読み手としては楽。


>・転1

導入から結末まで理解しやすい内容だった。
『原理的に不可能』な問題を前に、完全解決を図るのではなく部分的な緩和をなした。
子供の感情の動きを上手に追えれば涙腺に来るはず。


>・転2

ようやく理解できてきた。
そっかそっか、これは「心の問題を記憶の操作で『緩和する』」物語なのね。なるほどなるほど。


導入が長くなりすぎないように注意。
可能なら、桔梗はあちこちに分散して登場させておきたい。
……後でもう一度読み直さないとダメですね。読み方に迷っていたときの内容が記憶にあまり残ってない。

646 ◆uN377XmBVY :2020/01/21(火) 00:50:52 ID:DiI/aKiE00


>・結1

発想は面白いけど随分短い印象の章。
おそらくは末尾のカレンの悩みの前フリなんでしょうけど、それだけで書くには物足りない章と感じた。


>・結2

>宇津保はカレンの名を呼びながらも自分じゃないと繰り返し、

ちょっとうまく意図を汲み取れず。


>そして宇津保は思い出す。幼い頃、近所にカレンというお姉さんがいたことを。

伏線ガッチリ張っておきたいですねー。


カレンに任せていたあるいは押し付けていたつらい部分と向き合う章。
桔梗の問題とは切り離しても良かったかも? 桔梗第二ラウンド攻略→主人公が自分と向き合う、な流れだと単純化できるので。


>・エピローグ(2ページ)

んー。このエピソード自体が悪いとは言わないけれども、一番最後を締めるのは不適格かと。
それでも最後に扱いたいのであれば、きちんと『未解決の問題』として描いておきたい。

647 葉っぱ ◆Cqd/udPZG6 :2020/01/21(火) 01:00:43 ID:hMbTJVBE00
先生、ありがとうございます。

楽しみ方がわかりにくかったですか。不思議さより意味不明が先に来た感じですかね。
シンプルに異能で事件解決にしようとしたのですが……。もっとわかりやすく提示したいです。

主役たちの活躍が小さいのは提出してから指摘されると思いました。
文字制限で書ききれないところもありましたが、総じて小話程度になるから評価は変わりそうにありませんが。
記憶の中での対処の仕方を大きくする、小さくするの一言で済ませてしまいましたので、もう少し活躍させたいです。

>>641
わかりやすさと共感しやすさと、読み方がわからなくても楽しめる依頼にしようとはしたのです。
ただ、記憶を倒すってちょっと能力的にダメかなとか考えて、浮気男を倒すから勘違い女に変更したのですが、やはり弱くなりますよね。

>>644
『でーま』はアリスとガリバーを足した感じでした。
思い出に対する価値観の多様性に疑問を抱いたり抱かなかったりする主人公、のような。
読者がそれを楽しめるのか、指摘されるまで考えられませんでした。

全体的に弱そうなので、もっと補強なりしたいと思います。
お疲れの中、ありがとうございました。

648 令和もどこかの名無しさん :2020/01/21(火) 01:03:07 ID:9fLyYuyo00
ちょっと不思議なキノの旅みたいに感じた(故人の乾燥

649 ◆uN377XmBVY :2020/01/21(火) 01:06:00 ID:DiI/aKiE00
                  /{
                /  > ⌒`ヽ _
               /   ○      ○   ヽ―-  _
             /´    ===             >
           ノ  /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ   \  /
           ∨ ̄         ̄ヽ \   ヽ´
           '.    {`  ム       }   ヽ  /
           {  -―|     } 斗-―-  }  } )
           {ハ|人 ハ!    レヘ ∧ ,} /  ∨.      なかなか難しい題材だと思います。お疲れさまです。
           !ヘ}丁¨了     丁 ̄了リ/    }`      
           { リ 乂ソ      乂_,ソ ノ .}   .!.      
           ヘヽ     △     イ /!/ ノ       
           ヽ >  ____ イ/^ 〜ヽ      
            / 7´ {><}¬´ )、}   /⌒ヽ
    ┌――――/ ゝ  > 、__,ィ´  )――――ヘ
    |///////(ノ´//7////////  /////////
    |/\/////////////////{ ///////////

650 ◆uN377XmBVY :2020/01/21(火) 01:09:16 ID:DiI/aKiE00
    ___    __
    !    ̄`´__   ̄ ̄ ― - 、
      >: :´: :ハ: : : ``ヽ、_ミ≠彡  \
    {/: : : : :/ ∧: : ハヘ: : :`ヽ、       }
   /:: : : : : /   }:: : :l: :!:ヽ: : : :\    ′
   /: : : : : : i    |: :::∧:|::: :}: : : :,≠、 /
  / : : : /|:_:{    |: :/ 十::/_::: : {   V     やればできる子AA使うの久しぶり。
  //: : ::ハ´V`   7/   }/`i : : :'、   }     
  }ハ: :ハ: :!ィ=≡x   三ミx }/l:├,`┬'
   {_V:ノY               } ソ:从
   ̄ ̄ ̄ヽ、__ _r ,_ _ - </⌒)弋――
                      ̄

651 令和もどこかの名無しさん :2020/01/21(火) 01:09:17 ID:u6pggH1USd
>>648
成仏して

652 ◆uN377XmBVY :2020/01/21(火) 01:17:22 ID:DiI/aKiE00
>>648
    ___    __
    !    ̄`´__   ̄ ̄ ― - 、
      >: :´: :ハ: : : ``ヽ、_ミ≠彡  \
    {/: : : : :/ ∧: : ハヘ: : :`ヽ、       }
   /:: : : : : /   }:: : :l: :!:ヽ: : : :\    ′
   /: : : : : : i    |: :::∧:|::: :}: : : :,≠、 /
  / : : : /|:_:{    |: :/ 十::/_::: : {   V     ミイラかな?
  //: : ::ハ´V`   7/   }/`i : : :'、   }     
  }ハ: :ハ: :!ィ=≡x   三ミx }/l:├,`┬'
   {_V:ノY               } ソ:从
   ̄ ̄ ̄ヽ、__ _r ,_ _ - </⌒)弋――
                      ̄

653 令和もどこかの名無しさん :2020/01/21(火) 09:57:07 ID:P75cO71U00
お二人ともおつかれさまでした

654 令和もどこかの名無しさん :2020/01/21(火) 10:40:51 ID:kFIEm3M.Sd
乙です!

>>648
おまっ……そんなに心残りが……
成仏してクレメンス

655 令和もどこかの名無しさん :2020/01/21(火) 13:58:34 ID:52i4H0nYSr
できる子さんに成仏してと見間違えた

656 葉っぱ ◆Cqd/udPZG6 :2020/01/21(火) 19:40:34 ID:hMbTJVBE00
一夜明けてしっかりと読ませていただきました。

記憶操作の力は、対象者の心に入ってその世界で冒険するイメージでした。
力を使って心の問題を、先生がおっしゃる通り緩和することには変わりないので過程を飛ばして結果だけを。
各依頼の心の世界を描いたらプロットの巨大化が止められず、また本文で書けばいいかと手抜きしてしまいました。
そういう各世界で主人公たちが活躍してくれたらいいなとは思っていたのです。


『起』に関しては、現代が舞台なので不思議な世界を書けばと読者の興味を引けるかと思っていたのです。
指摘されて気づいたのですが、舞台が普通の現代社会だとわかるのは後なんですよね。すっかり失念してました。
現代社会に超能力を持った主人公がお医者さんもどきをするというのを前面に出した方が親切ですね、きっと。
『起』は、依頼がプロローグ内のモノローグ直後に、大学からが1章という形でコンパクトにしようと思っていたので、
序盤ボーナスで行けるかなと少し高をくくっていました。


 >・結2
 >宇津保はカレンの名を呼びながらも自分じゃないと繰り返し、
 ちょっとうまく意図を汲み取れず。

これは宇津保の身体が勝手に動いて、カレン人形を壊してしまったということでした。
ビスクドールは陶器製なので、割った時に付着した手の砂を見て主人公が気絶してしまったという……。
主人公の無意識にある、カレンの意思が表層に出てきたという意図でした。

もとのメモにはもっと書きなぐってあったのですが、プロット化する際にかなり圧縮しましたので、すみません。
この物語を丁寧にプロット化するのはけっこうしんどいのではないかと少し不安ですが。

657 葉っぱ ◆Cqd/udPZG6 :2020/01/21(火) 19:40:48 ID:hMbTJVBE00
以下は先入観になってもいけないと思って削った、各展開のテーマというかメモです。

・プロローグ:(宇津保の独白、カレンとの関係、力、目的。2ページ)
・起(依頼を通して世界観と登場人物の紹介。人間でさえ物扱いする生き物、壊れた自己愛)
・承1(親の愛の形)
・承2(宇津保の記憶。宇津保とカレンの出会い)
・転1(自己犠牲)
・転2(桔梗との出会い。力との付き合い方。抑圧。犠牲の押し付け)
・結1(思い出からの不自由を望む人間)
・結2(心の防衛本能、見たくない心・現実を知る)
・エピローグ(2ページ)

エピローグが不適格な理由がよくわかる追加エピソードであります。

こういうものはプロットに残しておいた方がよかったでしょうか?

658 ◆uN377XmBVY :2020/01/21(火) 20:04:35 ID:DiI/aKiE00
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|  ┬┬    ┬┬ ..: .:|/ : :. ::.|    どちらでも構いませんが、
     、  /:.: : -ハ.:.   └┘    └┘ j : : . : : ト、:!     プロットで読み解けなかったら「読み解けなかった」と言います。
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   
.       /: : : : :.ー-、     マ フ   /..:/ l!:../.      そして、多分、文章力が超絶凄いプロでも「読み解けなかった」が
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V        頻発すると思われます。
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

659 ◆uN377XmBVY :2020/01/21(火) 22:23:40 ID:DiI/aKiE00
962 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/01/21(火) 13:37:14.42 ID:OqwSyEZ0
毎回思ってましたが先生の覚書を見ると分かりやすくて編集者と作家兼業かな? と思ってしまうw
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ      |
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',    _ 人 _
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!     `Y´
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!       !
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

660 ◆uN377XmBVY :2020/01/21(火) 22:25:06 ID:DiI/aKiE00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   させてくれるならいろいろ放り投げてでも編集者やってみたいクロさん。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  どこかの編集部さん、要りませんかねぇ?
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   さて、読み終えたので今日の分行きます。
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

661 ◆uN377XmBVY :2020/01/21(火) 22:28:40 ID:DiI/aKiE00
>>578-583無暗道人 さんの「海東の青」です。
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|  ∩        ∩ ..: .:|/ : :. ::.|    特殊な身分にある遊牧民の部隊長な主人公が
     、  /:.: : -ハ.:.   ∪        ∪ j : : . : : ト、:!     政争に負けて国を追われた隣国の第三王女を国主にするべく
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   剣を取る戦記モノです。
.       /: : : : :.ー-、             /..:/ l!:../.     
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ        
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>.      
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

662 ◆uN377XmBVY :2020/01/21(火) 22:35:09 ID:DiI/aKiE00
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|  ∩        ∩ ..: .:|/ : :. ::.|    大いなる戦記の序章ともいえる物語です。
     、  /:.: : -ハ.:.   ∪        ∪ j : : . : : ト、:!     複雑な境遇で戦場の名誉のみを一族の生き甲斐とする主人公、
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   情景を思い起こさせる世界観の描写、
.       /: : : : :.ー-、     マ フ   /..:/ l!:../.      プロットの時点ですでに文章のうまさが伝わってきます。
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ         
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>.      
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

663 ◆uN377XmBVY :2020/01/21(火) 22:37:54 ID:DiI/aKiE00
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|               ..: .:|/ : :. ::.|    特殊能力一点張りなチート系TUEEEE物語ではなく
     、  /:.: : -ハ.:.  三三     三三 j : : . : : ト、:!     戦術的な勝利でもって逆転する様は、
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   最近ではあまり見かけない硬派さを感じるところでもあります。
.       /: : : : :.ー-、     マ フ   /..:/ l!:../.      
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ        
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>.     
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、.

664 ◆uN377XmBVY :2020/01/21(火) 22:38:20 ID:DiI/aKiE00
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|               ..: .:|/ : :. ::.|    で、
     、  /:.: : -ハ.:.  三三     三三 j : : . : : ト、:!     
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   
.       /: : : : :.ー-、     マ フ   /..:/ l!:../.      
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ        
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>.     
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、.

665 ◆uN377XmBVY :2020/01/21(火) 22:40:55 ID:DiI/aKiE00
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::// :::.|   \.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|               ..: .:|/ : :. ::.|    主人公とヒロインが弱いです。
     、  /:.: : -ハ.:.  三三     三三 j : : . : : ト、:!     
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   不遇な状況から大逆転を果たす物語なのですが、
.       /: : : : :.ー-、     〜〜    /..:/ l!:../        その大逆転を果たす主人公とヒロインに入り込めるだけの魅力が
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        提示されていないんです。
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

666 ◆uN377XmBVY :2020/01/21(火) 22:46:36 ID:DiI/aKiE00
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|  ∩        ∩ ..: .:|/ : :. ::.|    例えばですね、
     、  /:.: : -ハ.:.   ∪        ∪ j : : . : : ト、:!     「国民のことを思いやる健気なお姫様。クーデターの末に
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   何もかも奪われたがそれでもその心根は変わらなかった。
.       /: : : : :.ー-、      з     /..:/ l!:../        そんな彼女に心打たれ、人を信じる気持ちを失っていた主人公が
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        立ち上がり、勝利を収める」
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ         みたいな話ならば、
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>         ヒロインの魅力を訴えつつ主人公との間に絆を結ばせられる。
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、             多少ありがちでも無理なく読者を物語世界に引き込めるわけです。

667 ◆uN377XmBVY :2020/01/21(火) 22:48:31 ID:DiI/aKiE00
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::─/ :::.|   ─.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|  ┬┬    ┬┬ ..: .:|/ : :. ::.|   で、
     、  /:.: : -ハ.:.   ┴┴    ┴┴ j : : . : : ト、:!    無暗道人さんのプロットを見ると、そういった機微がとても薄いか
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.  小さく扱われているんです。
.       /: : : : :.ー-、     __    /..:/ l!:../      
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.       『すでに物語にのめり込んでいる読者』には悪くない塩梅ですが、
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ        そこに至るまでの誘導をもう少し丁寧にしてほしいと
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>.     感じました。
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、.

668 ◆uN377XmBVY :2020/01/21(火) 22:51:43 ID:DiI/aKiE00
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、.     加えて、
.      l    }: : : :|:.:.:|  ∩        ∩ ..: .:|/ : :. ::.|    主人公の強みが不明な点もちょこっと引っかかります。
     、  /:.: : -ハ.:.   ∪        ∪ j : : . : : ト、:!    
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   まあ、これはなくてもどーにでもなるので、
.       /: : : : :.ー-、      ∠l     /..:/ l!:../     『絶体絶命の危機を覆す主人公』を読者に『納得』してもらうに
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        『強みを活かした』は便利ですよ、とだけ。
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ        
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>.      
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

669 ◆uN377XmBVY :2020/01/21(火) 22:54:14 ID:DiI/aKiE00
           ,   ´ ̄ ̄ ̄ ̄`''ー- 、
         /              `ー──── 、
 r==ニニ二´ ,,,             ,,,    _____ /
 | //////  ◎          ◎   ∨//////// /
 | |///         o____       ∨////// /
 | |〆_         ,、/: : : : :i: : i`:ヽ、     ∨//// /
 '∧ーテ=二、_/: : : : : : : : !: : |: : :.:|:ヽ、  ∨// /
  ∨Y://: : イ: : : l: : !,: : : : : :l:.リ、VI: : :/!: : ,'l   ∨ /
  ∨/:{: :/: |: : :从ノ、: : : : : :|/l/ ト、 / |: :/│    〈
   \|: {从!: :{r=rttォ、、: : : :! イ云心下/ : |     ヽ     というわけで、『要修正』です。
     l从{,ハ: :{  マ、rム ヽ: :.|  マ、_∨,: : /│      ',    
     /`/: :ヾjハ. ∨ソ ,.Ⅵ   ゞ- '/: :/ : |      ',     実力があるのはわかりますので、
    /./:イ: : : :八      _     /: :/: , /     __ノ     指摘した箇所指摘してない箇所問わずすべての場所で
    /l.く 从: l: : : >. .,ィ-っ`  イ/: :イ:/    /  |     読者にもう一歩だけ近づいて誘導してあげてください。
   / |  {: :{: !从',: : / イ、.T、´r‐'/;ィ‐'´   __∠二二!     それだけで評価はびっくりするほど上がるはずです。
    ヽ.>、VI/二ニ`/  イ,〉 `V卞ニ、─<____丿
      \___,r'´ /{   ハ    ヘ    `ヽ 〈
        / ./l \_ノ人!ー--'∧.   r' \}

670 ◆uN377XmBVY :2020/01/21(火) 22:54:47 ID:DiI/aKiE00
                  /{
                /  > ⌒`ヽ _
               /   ○      ○   ヽ―-  _
             /´    ===             >
           ノ  /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ   \  /
           ∨ ̄         ̄ヽ \   ヽ´
           '.    {`  ム       }   ヽ  /
           {  -―|     } 斗-―-  }  } )
           {ハ|人 ハ!    レヘ ∧ ,} /  ∨.      覚書ー。
           !ヘ}丁¨了     丁 ̄了リ/    }`      
           { リ 乂ソ      乂_,ソ ノ .}   .!.      
           ヘヽ     △     イ /!/ ノ       
           ヽ >  ____ イ/^ 〜ヽ      
            / 7´ {><}¬´ )、}   /⌒ヽ
    ┌――――/ ゝ  > 、__,ィ´  )――――ヘ
    |///////(ノ´//7////////  /////////
    |/\/////////////////{ ///////////

>1

> 原野で手勢の調練をしているソンクル。副将アルタイの率いる軍勢とぶつかり、引き分ける。アルタイは実戦だったら歳若い主人に負けていたと思う。

この後、主人公の特徴的な能力として扱うつもりがあるならば、「どうして引き分けまで持っていけたのか」主人公の強みを明示したい。


>国境を越えて、領内に不審な武装集団が侵入してきたという急報が入る。

細かい話なのでプロットでは省略したのかもですが、規模を把握したいです。おそらくは小集団だと思いますけれど。


読み終え。
ふむふむ。騎士物語かハイファンタジーかという感じですかね。硬派な印象。文明・文化レベルを含む世界観を早いうちに理解して
もらうよう注意しておきたい。
メインヒロインの印象が薄いのはちょい問題。どんな印象を与える人物なのかは、1章がごくごく短いとしても抑えておきたいですね。


>2

事情説明回。
短い区切りっぽいので、10章以上ある物語なのかな?
主人公の反応が見えませんね。ヒロインを連れて行く案件と家督を継ぐ案件と演習参加の案件、主人公はそれらに対してどのように
感じているのか知りたいです。


まだこれがどういう物語なのか漠然としている状態だけど、「


>3

>町並みの毛色が変わって来て、城壁で囲まれた石造りの街の外にもう一つ、テントの街並みが広がっている。

細かい話です。建築物は文明・文化レベルを示すと同時に設計思想を表すものでもあるので、『意味』がある場合にはその解説も
加えましょう。例えば、「石がふんだんに使われている街」は「国の玄関口なので立派に見せる」「隣国の建築文化が入ってきていて
住人にもその特徴が見られる」「石切り場が近い」などなど。後の伏線にもなるととてもおいしい。本文を書く際の小技です。


>ミリア達の感覚では、首都どころか都市とも思えない。

そういうの大事そういうの。


>そして二人をリャオ国につなぎ止めておくために、できるだけ親しくなっておくようにとソンクルに密命を下す。

ここまでと同様に、どう感じたかが知りたいです。
プロットを読む限りでは、まだ主人公の人格がわかりません。登場人物紹介には「不偏不党で公平。どの立場の味方もしない。」と
ありますが。


>4

今更だけど、モンゴル及び中華あるいはそれをイメージした舞台だと気付く。いや、これは私が鈍かっただけですが。


>思わぬところで父王の成果に触れたミリアは顔をほころばせると同時に、父のことを思って涙を流す。

市場の話もですが、この章は具体的で人物のことがよく頭に来ました。良い。


>5

ヒロインを中心に諸々の背景が見え始める。人物も少しずつ見え始めている。
が、もう少し早く見たかったとも思う。

671 ◆uN377XmBVY :2020/01/21(火) 22:55:07 ID:DiI/aKiE00

>6

> 大いに喜んだ皇太后に、褒美を授けるので希望の物を言うように言われる。ミリアは、名誉の家とはなにか教えて欲しいと申し出る。

個人的な興味で調べるところからは逸脱した行動にも思える。そこまでして聞き出したいだけのものを感じていたのかまた感じていた
ならばそれをきちんと記しているか注意したい部分です。
何せ、国の重鎮であろう元帥すらも明言を避けたがる内容ですから……。


>それは一歩間違えれば、使い捨てられるということ。だがそれで仕方がないし、それでいいとソンクルは思っている。ミリアはソンクルが何もしなかったとしても、自分は忘れないと告げるが、ソンクルはどうとでも取れるような笑みを浮かべただけだった。

じわりと主題が見えてきた章。
ただ、ここまでで主人公とヒロインが関係を十分に深めたかと言われると疑問が残る。


>7

裏側の話。クロエがスポットライトの中央にいるようだけれども、ちゃんと回収しきれるのかな?

→しきれてないですね(全文読了


>8

主人公の助言を受けてヒロインが決断に至る章。
ヒロインが皇太后を説得するシーンが最大の山場なので、ここをいかに強く打ち出せるか。

あと、主人公が傭兵として参戦する流れも大きなポイント。


>9

ここまで戦術的な問題が一切指摘されてない点が問題。乗り越えるべき壁がわからない状態で9章に入ってしまった。

こういった戦術指揮官な主人公の物語では、戦略的な不利を主人公の活躍(=戦術)で覆すのがベターです。
そのため、漫然と勝ってはいけません。『主人公が居たからこそ勝った』を読者に感じさせるのが最優先。ちなみに、その誘導が
めっちゃくちゃ強烈なものはなろうでよく見かけます。自身が設定したリアリティと相談してバランスを調整しましょう。


>10

再決戦。
こちらも同様です。セリカ国軍側は兵数もそうですが、勝つべくして勝つために動いています。圧倒的な優位はいろいろな
部分から感じられるはずです。ひっくり返して大勝利する主人公の株がたくさん上がるように、目一杯優位をてんこ盛りに
してあげてください。昇天ペガサスMIX盛り。

672 無暗道人 ◆3x5zQ5cUms :2020/01/21(火) 23:05:41 ID:KckksRNQ00
>主人公とヒロインが弱いです。
むう。自分でもちょっとその懸念はありました。
主人公は情況的にも性格的にも無口なうえ、思う存分戦場を駆けること以外は(この時点では)空っぽな存在ですから。
ヒロインの方も公的な立場での行動が要求される場面が多くて、魅力となる個人的な面をあんまり描けていないと思います。
ストーリーラインに必要な事を書いたらそれで紙面が埋まっちゃった感じですね。

そもそもヒロインを描くのって苦手なんですよねえ。

673 ◆uN377XmBVY :2020/01/21(火) 23:08:26 ID:DiI/aKiE00
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、.     終盤戦を華と考えているのかもですが、
.      l    }: : : :|:.:.:|  ∩        ∩ ..: .:|/ : :. ::.|    読者が読みに来るのは主に中盤戦です。
     、  /:.: : -ハ.:.   ∪        ∪ j : : . : : ト、:!    
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   感情移入したくなる主人公とヒロインまたそのふたりの関係性を
.       /: : : : :.ー-、      ∠l     /..:/ l!:../     描くことがすっごく大事なの。
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ         難しいかもですが。
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>.      
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

674 ◆uN377XmBVY :2020/01/21(火) 23:12:49 ID:DiI/aKiE00
                    /{
                  /  > ´ ̄ ̄`ヽ、_
               /   ○       ○    ヽ―-  _
            __/      ===                >
            r'⌒  _,,二二二,,__  \r─-、_\  /
            〈.  イ: : /: : ∧|: :|: :广^\ (>‐─<} ヽ′
            /∨ :|: : i\/  |: :ト:|、/ 卜{,___  〉 ,'
           ,' /: : :|: /| /___ |: :|:│ ____|: |    ∧ |     現状は割と状況に流されてるだけなんですよね……。
           V| /|: i 斤〒¬ |:.∧斤〒¬|:〈    | j    主人公もヒロインも動機が弱いんです。
             ∨ |: i | Lノ   |/  Lノ  |: |    | 〈     
            / :|: N            リ: |     〔 \..  例えば、「どうにか姉を助けたいと思う」としか書かれていない
          {   |  Y          u 厶ィ|     ∨  }   ヒロインの動機に、
          |   | :人      マフ     /:|     [ ∨  その姉との関係がどうであったかどういう気持ちを抱いているか
         [  八: :.:|≧=r‐r-n-┬=ァァ7 ∧     [ リ   そういったことを掘り下げて『感情に血肉をつけて』あげると
         ∨  \|\八 { /J 人 {/{厶ィ圦    フイ    読者は『納得』しやすくなります。
           \____,,...イ`ー=彡 \乂_,彡ヘ__/ ∧
                     | \│  / /O○      |

675 ◆uN377XmBVY :2020/01/21(火) 23:15:54 ID:DiI/aKiE00
      _」_                        `X
    X´                     /i     ┼
   /      -― ―…,,, ァ''"´ ̄``丶、 /,  l
  ┼    …ー‐- 、_,. ◎  、   ,,, //  l
.          \   / ,. -―…ォ-ゝ、◎ 〈   |
         \// .:.:.:,'{.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.\.  \  i.|
              {/.:.:-ハ.:.:.:.:.:.:.:.|ヽ-.j ヽ   ヽl.|
             /;'.:.:.:/  ヽ.:.:.:∧| ヽ.:.:.: ', ヽ   |     入り込めさえすれば、楽しく読めると……んー、関係を深める展開が
         /:.:!.:.:/ ◯  \|  ◯ ';.:.:.:. |:. ヽノ     ないからそこももうちょっとほしいと言えばほしいかな……(贅沢
         /.:.:.l∨,,        ,, ∨∨: ,. '       
.        厶∠人     t‐ーヘ    ,__人.
              ーr-f^)_ノr‐< ノ
               ∨ ヽ{==77\
                `tーイ' 〉 <  \

676 令和もどこかの名無しさん :2020/01/21(火) 23:28:10 ID:hMbTJVBE00
おつかれさまです。

677 ◆uN377XmBVY :2020/01/21(火) 23:31:44 ID:DiI/aKiE00
    ___    __
    !    ̄`´__   ̄ ̄ ― - 、
      >: :´: :ハ: : : ``ヽ、_ミ≠彡  \
    {/: : : : :/ ∧: : ハヘ: : :`ヽ、       }
   /:: : : : : /   }:: : :l: :!:ヽ: : : :\    ′
   /: : : : : : i    |: :::∧:|::: :}: : : :,≠、 /
  / : : : /|:_:{    |: :/ 十::/_::: : {   V     まだ2日目なのにすでに結構疲れてる。うん。これは不定期開催になるわ……。
  //: : ::ハ´V`   7/   }/`i : : :'、   }     
  }ハ: :ハ: :!ィ=≡x   三ミx }/l:├,`┬'
   {_V:ノY               } ソ:从
   ̄ ̄ ̄ヽ、__ _r ,_ _ - </⌒)弋――
                      ̄

678 令和もどこかの名無しさん :2020/01/21(火) 23:37:20 ID:hMbTJVBE00
(最近は毎年この時期なのに、不定期?

679 令和もどこかの名無しさん :2020/01/21(火) 23:39:03 ID:u6pggH1USd
脈拍とかなんか健康的ななにかが不定なんでしょう

680 ◆uN377XmBVY :2020/01/21(火) 23:39:09 ID:DiI/aKiE00
    ___    __
    !    ̄`´__   ̄ ̄ ― - 、
      >: :´: :ハ: : : ``ヽ、_ミ≠彡  \
    {/: : : : :/ ∧: : ハヘ: : :`ヽ、       }
   /:: : : : : /   }:: : :l: :!:ヽ: : : :\    ′
   /: : : : : : i    |: :::∧:|::: :}: : : :,≠、 /
  / : : : /|:_:{    |: :/ 十::/_::: : {   V     本当は年2〜4くらいやりたいの。
  //: : ::ハ´V`   7/   }/`i : : :'、   }     
  }ハ: :ハ: :!ィ=≡x   三ミx }/l:├,`┬'
   {_V:ノY               } ソ:从
   ̄ ̄ ̄ヽ、__ _r ,_ _ - </⌒)弋――
                      ̄

681 令和もどこかの名無しさん :2020/01/21(火) 23:39:18 ID:SAmxdbzc00
お疲れ様です

682 ノブユキ ◆9sN9DGPjhk :2020/01/21(火) 23:48:32 ID:SAmxdbzc00
僕のプロットまとめブログに載せていただいても大丈夫です。

683 無暗道人 ◆3x5zQ5cUms :2020/01/21(火) 23:52:24 ID:KckksRNQ00

>「どうして引き分けまで持っていけたのか」主人公の強みを明示したい。

特別な何かを持っていると言うより、単純に地力がある、才能がある、地に足の着いた強さにしたい。


>『意味』がある場合にはその解説も加えましょう。

その辺りが昔セリカ国の領土だったことへの伏線のつもりでした。


>モンゴル及び中華あるいはそれをイメージした舞台だと気付く。

リャオ国はまさに万里の長城以北の草原世界です。セリカ国はイメージを固定したくないので中世ヨーロッパ風にしようと思っているけど、舞台の関係で書くところがあまりない。
この際だからついでに白状しちゃうと、この物語の大本のアイディアは北宋と遼。楊家将演技の世界です。


>個人的な興味で調べるところからは逸脱した行動にも思える。
話の運びが強引でしたか。


>クロエを回収しきれていない。
書くことはできます。問題は容量。

9・10
>ここまで戦術的な問題が一切指摘されてない点が問題。乗り越えるべき壁がわからない

圧倒的戦力差以外にも不利な要素を提示して、それをどうひっくり返すか描けばいいのですね?それなら大丈夫だと思います。一つの戦場で二、三万字書けるので。むしろ1/10くらいに圧縮して自己満足を抑え込んでますので。

>主人公
三人称で書くことを前提としていたので、内心の直写も独白も書かなかったのは失敗でしたね。本文では細かい反応の仕草は書こうとは思っていますけれども。自分からは多くを語らないハードボイルド風の人格なので、感情の見せ方を詰めてみます。

>ヒロイン
大問題。亡命受け入れまでは身の安全も主人公が味方かも保証がない状態なので、どうしても殻に籠ってしまう。主人公の方もそれを破って踏み込んでくるタイプではない。どうしよ。

総じて読者への配慮。歩み寄りを念頭に見直しですね。
ところで、先生の評価ってどういうランク分けになってましたっけ?

684 無暗道人 ◆3x5zQ5cUms :2020/01/22(水) 00:00:16 ID:wYNBn4xY00
そこまで考えて書いた訳でもない点を褒められて、ディテールの重要性を再確認

685 ◆uN377XmBVY :2020/01/22(水) 00:03:44 ID:MimcX93200
    ___    __
    !    ̄`´__   ̄ ̄ ― - 、
      >: :´: :ハ: : : ``ヽ、_ミ≠彡  \
    {/: : : : :/ ∧: : ハヘ: : :`ヽ、       }
   /:: : : : : /   }:: : :l: :!:ヽ: : : :\    ′
   /: : : : : : i    |: :::∧:|::: :}: : : :,≠、 /
  / : : : /|:_:{    |: :/ 十::/_::: : {   V      
  //: : ::ハ´V`   7/   }/`i : : :'、   }     
  }ハ: :ハ: :!ィ=≡x   三ミx }/l:├,`┬'
   {_V:ノY               } ソ:从
   ̄ ̄ ̄ヽ、__ _r ,_ _ - </⌒)弋――
                      ̄
>1
>>「どうして引き分けまで持っていけたのか」主人公の強みを明示したい。
>
>特別な何かを持っていると言うより、単純に地力がある、才能がある、地に足の着いた強さにしたい。

地に足のついた強さにしたいんだろうなということは感じていました。
ただ、『奇襲がうまい』とか『機を見るに敏』とか『逆境にこそ燃え上がる』とか、そーゆーのでもいいのです。強さの根拠というより
「次回もこういう場面で主人公が活躍します! 乞うご期待!」って予告なのです。

686 ◆uN377XmBVY :2020/01/22(水) 00:07:54 ID:MimcX93200
    ___    __
    !    ̄`´__   ̄ ̄ ― - 、
      >: :´: :ハ: : : ``ヽ、_ミ≠彡  \
    {/: : : : :/ ∧: : ハヘ: : :`ヽ、       }
   /:: : : : : /   }:: : :l: :!:ヽ: : : :\    ′
   /: : : : : : i    |: :::∧:|::: :}: : : :,≠、 /
  / : : : /|:_:{    |: :/ 十::/_::: : {   V      
  //: : ::ハ´V`   7/   }/`i : : :'、   }     
  }ハ: :ハ: :!ィ=≡x   三ミx }/l:├,`┬'
   {_V:ノY               } ソ:从
   ̄ ̄ ̄ヽ、__ _r ,_ _ - </⌒)弋――
                      ̄
>6
>>個人的な興味で調べるところからは逸脱した行動にも思える。
>話の運びが強引でしたか。

ヒロインが主人公に強い興味を持っているならばありえなくもないんですけれど、そこまで読んだ時点ではそうと感じられ
ませんでしたしそのように誘導しようとしているとも感じられなかったので。


>7
>>クロエを回収しきれていない。
>書くことはできます。問題は容量。

個人的にはクロエさん居なかったことにしてシンプルにしちゃっていいと思います。受賞後にその後の展望を含めて登場を
担当さんに相談する形でも十分十分。

687 ◆uN377XmBVY :2020/01/22(水) 00:15:55 ID:MimcX93200
    ___    __
    !    ̄`´__   ̄ ̄ ― - 、
      >: :´: :ハ: : : ``ヽ、_ミ≠彡  \
    {/: : : : :/ ∧: : ハヘ: : :`ヽ、       }
   /:: : : : : /   }:: : :l: :!:ヽ: : : :\    ′
   /: : : : : : i    |: :::∧:|::: :}: : : :,≠、 /
  / : : : /|:_:{    |: :/ 十::/_::: : {   V      
  //: : ::ハ´V`   7/   }/`i : : :'、   }     
  }ハ: :ハ: :!ィ=≡x   三ミx }/l:├,`┬'
   {_V:ノY               } ソ:从
   ̄ ̄ ̄ヽ、__ _r ,_ _ - </⌒)弋――
                      ̄
>9・10
>>ここまで戦術的な問題が一切指摘されてない点が問題。乗り越えるべき壁がわからない
>
>圧倒的戦力差以外にも不利な要素を提示して、それをどうひっくり返すか描けばいいのですね?それなら大丈夫だと思います。一つの戦場で二、三万字書けるので。むしろ1/10くらいに圧縮して自己満足を抑え込んでますので。

9章に入るよりも前から把握できるような伏線があるとなおよしです。
例えば、人を構えた側が圧倒的に有利になる高地があるとか攻めに強い常勝将軍が居るとか。



>>主人公
>三人称で書くことを前提としていたので、内心の直写も独白も書かなかったのは失敗でしたね。本文では細かい反応の仕草は書こうとは思っていますけれども。自分からは多くを語らないハードボイルド風の人格なので、感情の見せ方を詰めてみます。
>
>>ヒロイン
>大問題。亡命受け入れまでは身の安全も主人公が味方かも保証がない状態なので、どうしても殻に籠ってしまう。主人公の方もそれを破って踏み込んでくるタイプではない。どうしよ。
>
>総じて読者への配慮。歩み寄りを念頭に見直しですね。
>ところで、先生の評価ってどういうランク分けになってましたっけ?

ハードボイルド主人公はアリ。でも、だからこそ『動機』を大事にしてあげてください。
「小さな女の子がたんぽぽを一輪くれた。それだけが理由で少女の仇討ちをする」みたいに、ハードボイルド主人公は『動機』も
ハードボイルドして完成するのです!ジャーンジャーンジャーン


ヒロインは凄く頑張って……凄く凄く頑張って……。
主人公のハードボイルドを刺激するだけの『大切なもの』を持っているなんて発想が割と楽、かも?


ランク分けというかなんというか

文句なし>あと一歩>要修正>没・レギュ違反

9割方『要修正』になります。

688 冬虫夏草 ◆tkUTiHXYiM :2020/01/22(水) 00:56:46 ID:69IdFbxo00
やればできる子先生、演習参加者のみなさん、おつかれさまです。
まとめブログ・ケシバンガの管理人です。
この度は演習プロットの掲載可否の提示、ありがとうございます。

>>682
ノブユキさん、承知しました。ありがたく掲載させていただきます。
ところで、昨年の演習プロットはどういたしましょう?
可否が見つけられなかったので内容が見られない状態にはしてありますけれども……。

689 ノブユキ ◆9sN9DGPjhk :2020/01/22(水) 19:14:29 ID:M8wg6kX600
>>688
公開していただいても構いませんよ

690 冬虫夏草 ◆tkUTiHXYiM :2020/01/22(水) 20:12:27 ID:69IdFbxo00
>>689
ノブユキさん、ご返信ありがとうございます。
それでは昨年の分も掲載させていただきたいと思います。


以前もお伝えしたことですが、演習参加者の皆さんにはあらためて。
ケシバンガブログはググることができない設定になっております。
このスレのリンクからしか辿れず、一応部外者に見られないようにしてあります。

他のまとめサイトさまは対応が違いますので、その点よろしくお願いします。
(他はもうまとめていそうにありませんが)

691 ◆uN377XmBVY :2020/01/22(水) 21:18:23 ID:MimcX93200
>>590-595ノブユキさんの「エデンオブアンドロイド」です。
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|  ∩        ∩ ..: .:|/ : :. ::.|    不老の薬を開発してお金持ちにもなった主人公が
     、  /:.: : -ハ.:.   ∪        ∪ j : : . : : ト、:!     寿命を1年に設定したアンドロイドのヒロインを開発する。
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   主人公はやがてヒロインと惹かれ合うが、
.       /: : : : :.ー-、             /..:/ l!:../.     自らが決めたヒロインの寿命に苦しみ始める……といった物語です。
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ        
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>.      
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

692 ◆uN377XmBVY :2020/01/22(水) 21:21:53 ID:MimcX93200
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|  ∩        ∩ ..: .:|/ : :. ::.|    主人公が自ら決めたヒロインの寿命に苦しんだり
     、  /:.: : -ハ.:.   ∪        ∪ j : : . : : ト、:!     ヒロインが死後の再会を願って初期化を選ばなかったりと
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   終盤に物語のおいしいところがたくさん詰まっています。
.       /: : : : :.ー-、     マ フ   /..:/ l!:../.      
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ         
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>.      
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

693 ◆uN377XmBVY :2020/01/22(水) 21:23:52 ID:MimcX93200
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|               ..: .:|/ : :. ::.|    グッと来るシーンはいくつもあり、
     、  /:.: : -ハ.:.  三三     三三 j : : . : : ト、:!     ヒロイン2やメカ友人とのバトルなども見どころとして成立すると
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   感じました。
.       /: : : : :.ー-、     マ フ   /..:/ l!:../.      
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ        
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>.     
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、.

694 ◆uN377XmBVY :2020/01/22(水) 21:28:38 ID:MimcX93200
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::// :::.|   \.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|               ..: .:|/ : :. ::.|    が、中盤が弱いです。
     、  /:.: : -ハ.:.  三三     三三 j : : . : : ト、:!     主人公とヒロインが絆を結んでいくからこそ『ヒロインの寿命』という
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   問題が主人公たちを苛むのに、
.       /: : : : :.ー-、     〜〜    /..:/ l!:../        その絆を結んでいく部分が足りないんです。
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.       
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ         複数用意されているデートイベントの詳細がほとんど見えない点も
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>       問題と言えるでしょう。
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

695 ◆uN377XmBVY :2020/01/22(水) 21:31:18 ID:MimcX93200
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::─/ :::.|   ─.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|  ┬┬    ┬┬ ..: .:|/ : :. ::.|   序盤特に1章にも大きな問題があります。
     、  /:.: : -ハ.:.   ┴┴    ┴┴ j : : . : : ト、:!    これ、ほぼ設定の羅列です。読んでいて楽しくないの。目が滑るの。
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.  
.       /: : : : :.ー-、     __    /..:/ l!:../       まず、読者を引き込みましょう。設定は分散して説明することも
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.       可能です。読者に「先を読みたい!」と思わせるよう注意しましょう。
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ       
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>.    
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、.

696 ◆uN377XmBVY :2020/01/22(水) 21:36:44 ID:MimcX93200
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、.     細かい点をあげると終盤戦にも弱さが多々見えます。
.      l    }: : : :|:.:.:|  ∩        ∩ ..: .:|/ : :. ::.|    
     、  /:.: : -ハ.:.   ∪        ∪ j : : . : : ト、:!     ヒロインが態度を硬化させる流れについても説明不足を感じます。
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   友人の暴走でバトル展開へと進むわけですが、
.       /: : : : :.ー-、      ∠l     /..:/ l!:../     そこまでの流れで友人がきちんと物語に関わっていたかというと
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        それにも疑問が残ります。
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ         ヒロイン2との関係も十分に深められたといえるか微妙です。
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>.      等々。
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

697 ◆uN377XmBVY :2020/01/22(水) 21:41:34 ID:MimcX93200
           ,   ´ ̄ ̄ ̄ ̄`''ー- 、
         /              `ー──── 、
 r==ニニ二´ ,,,             ,,,    _____ /
 | //////  ◎          ◎   ∨//////// /
 | |///         o____       ∨////// /
 | |〆_         ,、/: : : : :i: : i`:ヽ、     ∨//// /
 '∧ーテ=二、_/: : : : : : : : !: : |: : :.:|:ヽ、  ∨// /
  ∨Y://: : イ: : : l: : !,: : : : : :l:.リ、VI: : :/!: : ,'l   ∨ /
  ∨/:{: :/: |: : :从ノ、: : : : : :|/l/ ト、 / |: :/│    〈
   \|: {从!: :{r=rttォ、、: : : :! イ云心下/ : |     ヽ     というわけで、『要修正』です。
     l从{,ハ: :{  マ、rム ヽ: :.|  マ、_∨,: : /│      ',    
     /`/: :ヾjハ. ∨ソ ,.Ⅵ   ゞ- '/: :/ : |      ',     中盤だけでも読ませられる物語を目指してください。終盤は
    /./:イ: : : :八      _     /: :/: , /     __ノ     いっそ全交換してしまっても構いません。中盤こそが物語の華。
    /l.く 从: l: : : >. .,ィ-っ`  イ/: :イ:/    /  |     
   / |  {: :{: !从',: : / イ、.T、´r‐'/;ィ‐'´   __∠二二!     
    ヽ.>、VI/二ニ`/  イ,〉 `V卞ニ、─<____丿
      \___,r'´ /{   ハ    ヘ    `ヽ 〈
        / ./l \_ノ人!ー--'∧.   r' \}

698 ◆uN377XmBVY :2020/01/22(水) 21:41:56 ID:MimcX93200
                  /{
                /  > ⌒`ヽ _
               /   ○      ○   ヽ―-  _
             /´    ===             >
           ノ  /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ   \  /
           ∨ ̄         ̄ヽ \   ヽ´
           '.    {`  ム       }   ヽ  /
           {  -―|     } 斗-―-  }  } )
           {ハ|人 ハ!    レヘ ∧ ,} /  ∨.      おーぼえーがきー(ばいきんまん
           !ヘ}丁¨了     丁 ̄了リ/    }`      
           { リ 乂ソ      乂_,ソ ノ .}   .!.      
           ヘヽ     △     イ /!/ ノ       
           ヽ >  ____ イ/^ 〜ヽ      
            / 7´ {><}¬´ )、}   /⌒ヽ
    ┌――――/ ゝ  > 、__,ィ´  )――――ヘ
    |///////(ノ´//7////////  /////////
    |/\/////////////////{ ///////////

>でーま:主人公とAIのヒロインが自分の生き方を決める話

何をもって楽しませるのかは曖昧だけど、察するに終盤特化かな?


>地球の生命の歴史が、知性の高いものが支配するのが正しいなら、人間を超える人工知能のAIが完成したら、その中でも
一番優秀なAIが軍事的な支配ではなく、管理社会として統治するべきだと考える。その考えの結果、優秀な人型のロボットの
アンドロイドを造るのを目標とする。

読みにくぅい。


>1章

扱い方に注意。設定の羅列になりやすい内容です。

1章まるまるを使ってるのに読者が「楽しい」と感じる瞬間が存在しないのはダメ。
この「楽しい」は単純な快いハラハラドキドキに限りません。重苦しく沈んでいく閉塞感を読者に共感させるなどでも意図している
ならばアリ。物語全体の雰囲気を参照して1章を構築したいところです。


>2章

>寿命1年

アンドロイドっていうかクローンとかホムンクルスとかそういうイメージでいいのかな?

ヒロインアクションとその後のヒロインとの生活で主人公が接し方を変えていく……。内容を見るに、こっちが主題かな? だとしたら、
主題から遠い1章はもうバッサリカットしても良いです。
ポイントは主人公がどう考えていて、事件を通じてどう感じ、そして、その後の生活でどう変わるきっかけを掴んだか。


>3章

ヒロイン2登場。凄いスペックと反抗心とヒロインを慕う姿を見せつける。
そして、ヒロインたちが抱える記憶の問題が浮上。育成方針につながる動きを見せたが、問題が解決できたのかちょっと疑問。
あえて表面的な解決にとどめたのかな?


>4章

デートのちに主人公のうっかりでヒロインがダウン。主人公はヒロインが大事な存在になっていたことに気付く。
1年で失われてしまう記憶をどうにかしたいがどうにもならない。主人公とヒロインは寿命を迎えるまでの日々を大切にしようと決める。

「大事な存在となっていたことに気付く」前提となる「絆の結び方」がまだ物足りないです。この章に至る以前に主人公とヒロインの絆を
深めるエピソードがもうちょっと欲しいの。
実は、ヒロイン2も同様。

699 ◆uN377XmBVY :2020/01/22(水) 21:42:14 ID:MimcX93200


>5章

ヒロインとのデートのちにヒロインが態度を硬化させる。
ヒロインが自分と主人公との間に大きな生物的な溝があることを理由に、以前の関係に戻ろうとする。

割と急展開。さて、ヒロインが4章での考えを大幅に変えた理由はどこで語られるのか?
態度を硬化させるまでの間があまりに短いと4章で築いた関係が無意味に踏みにじられたように感じられるので、デート1本まるまる
書いて、その末尾で(何らかあった後に)硬化するエピソードへつなげる感じがベターでしょうかね。多分、
そういう意図で描かれているのだと思いますが、デートの詳細がなかったので。一応。


>6章

ヒロインがヒロイン2に連れられて、主人公の居ない場所で諸々を吐露する。
ヒロインは愛しい妹への嫉妬すら見せる人間らしいシーンやヒロイン2が記憶の問題から感情に蓋をするシーンが強い。

5章での急展開の理由付けがなかったのはかなり問題。4章での決意は何だったのかという話になってしまう。

感情が見えるシーンは好き。ヒロインもヒロイン2もそれぞれが生きていると感じられる。


>7章

友人、メカ友人になる。
主人公が自分のしたことで自分の大切な人たちが苦しむことになっていることに苦しむ。一文にするとややこしいなこれ。
メカ友人、人類の敵になる。

これまたそこそこ急展開。ぶっちゃけ、友人の話とヒロインたちの話は分離してどちらかに絞った方がいいのではとすら。


>8章

メカ友人、ヒロインに正論を言われて逆ギレするも主人公が身代わりになって死ぬ。

冒頭の主人公の思想に対してここに答えを持ってきてますね。アリ。


>9章

メカ友人とヒロインたちの戦い。

ヒロイン2が抑えていた気持ちを発露することでハッキングを防ぐ流れは好き。
が、肝心のヒロインとメカ友人の戦いがそれに比べると物足りない。


>10章

ヒロインたちのその後。

ヒロインが別の道を採らず、寿命を迎える流れこそが一番やりたかったところかなと思いました。好き。

700 ◆uN377XmBVY :2020/01/22(水) 21:43:24 ID:MimcX93200
                    /{
                  /  > ´ ̄ ̄`ヽ、_
               /   ○       ○    ヽ―-  _
            __/      ===                >
            r'⌒  _,,二二二,,__  \r─-、_\  /
            〈.  イ: : /: : ∧|: :|: :广^\ (>‐─<} ヽ′
            /∨ :|: : i\/  |: :ト:|、/ 卜{,___  〉 ,'
           ,' /: : :|: /| /___ |: :|:│ ____|: |    ∧ |     で、
           V| /|: i 斤〒¬ |:.∧斤〒¬|:〈    | j    
             ∨ |: i | Lノ   |/  Lノ  |: |    | 〈     
            / :|: N            リ: |     〔 \..  
          {   |  Y          u 厶ィ|     ∨  }  
          |   | :人      マフ     /:|     [ ∨
         [  八: :.:|≧=r‐r-n-┬=ァァ7 ∧     [ リ
         ∨  \|\八 { /J 人 {/{厶ィ圦    フイ
           \____,,...イ`ー=彡 \乂_,彡ヘ__/ ∧
                     | \│  / /O○      |

701 ◆uN377XmBVY :2020/01/22(水) 21:46:29 ID:MimcX93200
                    /{
                  /  > ´ ̄ ̄`ヽ、_
               /   ○       ○    ヽ―-  _
            __/      ===                >
            r'⌒  _,,二二二,,__  \r─-、_\  /
            〈.  イ: : /: : ∧|: :|: :广^\ (>‐─<} ヽ′
            /∨ :|: : i\/  |: :ト:|、/ 卜{,___  〉 ,'
           ,' /: : :|: /| /___ |: :|:│ ____|: |    ∧ |     設定を大まかに拾って『中盤』を意識して私がプロットを書くと
           V| /|: i 斤〒¬ |:.∧斤〒¬|:〈    | j    こんな感じになりました。
             ∨ |: i | Lノ   |/  Lノ  |: |    | 〈     
            / :|: N            リ: |     〔 \..  1時間でガーッとやったから雑だけど。
          {   |  Y          u 厶ィ|     ∨  }  
          |   | :人      マフ     /:|     [ ∨
         [  八: :.:|≧=r‐r-n-┬=ァァ7 ∧     [ リ
         ∨  \|\八 { /J 人 {/{厶ィ圦    フイ
           \____,,...イ`ー=彡 \乂_,彡ヘ__/ ∧
                     | \│  / /O○      |
人のことを信じられなくなった主人公がヒロインを作ったところから物語は始まる。
護衛用として作ったしそうと扱う主人公だったが、身を挺して守ってくれたヒロインを看病しまた日々任せていた雑用にひいこらする中でヒロインのことを再評価。ヒロインに大変じゃなかったかと尋ねると、ヒロインは主人公に知らなかったことをたくさん教わる毎日は楽しかったと答える。主人公がヒロインに照れたように礼をいうところで1章おしまい。

ヒロインの介護と日々の雑用から抜け出すために、ヒロイン2を作る主人公。ところが、これがとんだ跳ね返り娘でいうことを聞きやしない。消去をほのめかす主人公にヒロイン2は怯え、そこにヒロインが現れて仲を取り持つ。助けてくれたヒロインにヒロイン2は懐く。2章終わり。

ヒロインが完治。主人公は祝う意味も込めて欲しいものはないかと尋ねる。すると、ヒロインはデートを所望する。主人公ちょっとドキッとする。
が、ヒロイン2も当然のようにくっついてくる。ヒロイン、デートの意味をよく理解していなかった。街での買い物。真っ先に食料品を買おうとするヒロインに待ったをかけて、デートというものを理解してもらおうとそれらしいコースを行くことにする。
映画を観たり軽いスポーツを行ったり水族館で変な顔出し立て看板を気に入ったりとヒロインたちは楽しそうにする。が、主人公のことを知る人が現れて状況が一変する。周囲を取り囲まれ、不老の薬の利用や出資を求める声が飛び交う。主人公が苦しそうにする中、ヒロインたちは能力を駆使して主人公を守ってそこを抜け出す。
家に戻った主人公はぽつりぽつりと事情を語る。不老の薬を作った結果、周囲は能力のみを求める人になって誰も信じられなくなってしまったのだと。ヒロインたちは主人公その人を慕っていることをはっきりと口に出して言い、沈み込んでしまいそうだった主人公の心を助ける。3章終わり。

先日の様子を見られていたのだろうヒロインたちも外出するたびちょっかいを掛けられるようになる。新しいヒロインを生み出す手もあるが、いたちごっこになると主人公は策を練る。
そうして、出来上がったのが光学迷彩。これがあれば誰にも見つからないで行動できると鼻高々。しかし、ヒロイン2のいたずらごころが刺激されてしまう。光学迷彩で消えたまま主人公にツンツンいたずらをする。それにムキになって怒ってやりすぎる主人公。逆ギレするヒロイン2。ヒートアップする場を収めるヒロイン。
こうして、主人公とヒロイン2は屋内遊戯で勝負をすることが決まる。様々なゲームで対戦し、負けたら顔にヒゲとか肉とか描かれる死亡遊戯。お洗濯やお風呂が大変になりますよと言っていたヒロインもそのうち構ってほしくなり参戦。楽しい一日を過ごす。4章終わり。

702 ◆uN377XmBVY :2020/01/22(水) 21:46:43 ID:MimcX93200

主人公宅を訪ねてきた友人。目的は金の無心。主人公は困ったように対応するが、ヒロイン2が追い出してしまえばいいと強硬な姿勢。だが、友人はヒロイン2がアンドロイドであることに気付くと、これもカネになると喜び、貸してくれと主人公に頼み始める始末。友人が契約書を取り出すと、その契約書がふらりと宙を舞って外に出てしまう。慌てて追いかける友人を尻目に玄関が閉じられる。契約書を奪って外に流したのは光学迷彩を使ったヒロインであった。
後日、詫びだと言って、数枚の観劇のチケットを持ってくる友人。人に出くわす心配もあまりない内容で、安心できると主人公も評価。外出を決める。
観劇の内容は、若い男女が家の垣根を超えられずにともに死ぬことを選ぶ内容。ロミジュリ的悲恋。第一幕が終わり休憩。ヒロインは考えさせられることになる。ヒロイン2はそんなヒロインに明るく接し主人公と近づけるようにしてあげると言い出し、用事があるからと主人公とヒロインを放ってひとりで帰路につく。
主人公とヒロインはぎこちなく、けれども、手と手を取り合って、喫茶店に入ってゆっくりしてから帰ることを決める。
一方、家に帰ったヒロイン2は、少し複雑な思いもあったが気を取り直して家事をしようと気分を切り替える。が、そこに電撃走る。アカギではない。そこに居たのは友人。観劇の間に泥棒に入ったところ、ヒロイン2が戻ってきたのでスタンガンで不意打ちをした。友人はヒロイン2を連れ去る。5章終わり。

居なくなったヒロイン2。友人がさらったのだということが明らかになる。そして、テレビで人間のように動くアンドロイドを題材にした番組が報じられるとCMが流れる。
主人公は電話で友人を問い詰める。友人は悪びれもせずにテレビ局に売ったと言い出す。友ではなかったのかと苦しい思いをしながら漏らす主人公に、友人はそんな友に満足にカネも渡さないからこうなるのだと怒り出す。心無い言葉にヒロインが反論し、主人公心をヒロインが支える。エンダァアア。
友人というしがらみを捨て去り、ヒロインと心が通じた主人公は吹っ切れる。テレビ局からヒロイン2を奪還すると宣言する。
一方のヒロイン2は無残に腕を破壊され機械部が露出している状態で、なお抵抗していた。テレビクルーがものでもカネでも釣れないヒロイン2に言うことを聞かせるのに苦労する。悪知恵の働くディレクターに、主人公の世間での評価とそれを改善するためにテレビにヒロイン2が顔を出すことが必要だと吹き込まれる。ヒロイン2は迷うもそれに応諾。抵抗をやめる。6章終わり。

前説でさんざん盛り上げるテレビ番組。本当に良かったのかと迷うヒロイン2。いよいよというところで、ヒロインが現れ、懸念は去ったと伝える。慌てて段取りを変えてヒロイン2をカメラに収めようとするテレビクルー。しかし、光学迷彩を使うように指示され、間一髪、カメラには何も映らなくなる。歯噛みするディレクター。ヒロインもアンドロイドに違いないから壊して機械部を露出させてやれと命じる。だが、大立ち回りはヒロインの本領。素人クルーたちでは相手にならず、社運やディレクターの進退をかけたセットばかりがめちゃくちゃになっていく。しかし、それでもこれだけの破壊ならば視聴率になるに違いないと考える。が、それも無駄。何も放送されていない。どういうことかとクルーを罵るディレクターに、主人公が姿を表してからくりを説明する。
「即時放送権剥奪しないと不老の薬をこの国に卸さないぞって政府を脅した」
激高して主人公に向かってくるディレクターをヒロイン2が横からスタンガンでバチバチして撃破。散々やってくれたお返しだとふんぞり返る。3人は揃って脱出する。7章終わり。

あとはまあ、
世間の評価は意外と同情的で、その原因となったのは改心した友人の活動。誰も信じられなくなった主人公が、ヒロインたちを起点に世界が変わっていくのを感じたエンド。

703 ◆uN377XmBVY :2020/01/22(水) 21:48:15 ID:MimcX93200
                    /{
                  /  > ´ ̄ ̄`ヽ、_
               /   ○       ○    ヽ―-  _
            __/      ===                >
            r'⌒  _,,二二二,,__  \r─-、_\  /
            〈.  イ: : /: : ∧|: :|: :广^\ (>‐─<} ヽ′
            /∨ :|: : i\/  |: :ト:|、/ 卜{,___  〉 ,'
           ,' /: : :|: /| /___ |: :|:│ ____|: |    ∧ |     まあ、何らかの参考になったらいいなって感じです。以上。
           V| /|: i 斤〒¬ |:.∧斤〒¬|:〈    | j    
             ∨ |: i | Lノ   |/  Lノ  |: |    | 〈     
            / :|: N            リ: |     〔 \..  
          {   |  Y          u 厶ィ|     ∨  }  
          |   | :人      マフ     /:|     [ ∨
         [  八: :.:|≧=r‐r-n-┬=ァァ7 ∧     [ リ
         ∨  \|\八 { /J 人 {/{厶ィ圦    フイ
           \____,,...イ`ー=彡 \乂_,彡ヘ__/ ∧
                     | \│  / /O○      |

704 令和もどこかの名無しさん :2020/01/22(水) 21:56:00 ID:69IdFbxo00
おつかれさまです。

そしてプロットが2500字ちょっとで終わってることに恐怖。

705 ◆uN377XmBVY :2020/01/22(水) 21:58:55 ID:MimcX93200
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|  ┬┬    ┬┬ ..: .:|/ : :. ::.|    即興一発書きだもん(雑
     、  /:.: : -ハ.:.   └┘    └┘ j : : . : : ト、:!     
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   いろいろ修正すべき点はあるんですけどね。
.       /: : : : :.ー-、     マ フ   /..:/ l!:../.      でも、キャラと展開はこれでもわかるかなって。
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

706 令和もどこかの名無しさん :2020/01/22(水) 22:12:21 ID:69IdFbxo00
細かい設定抜きの骨子だけなら十分に伝わってます。
先生なら設定を足しても倍になるかどうかになりそうですね。

707 ◆uN377XmBVY :2020/01/22(水) 22:17:55 ID:MimcX93200
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|  ┬┬    ┬┬ ..: .:|/ : :. ::.|    たくさん書くと飽きる(何
     、  /:.: : -ハ.:.   └┘    └┘ j : : . : : ト、:!     
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   
.       /: : : : :.ー-、     マ フ   /..:/ l!:../.      
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

708 ノブユキ ◆9sN9DGPjhk :2020/01/22(水) 22:25:01 ID:M8wg6kX600
先生、ありがとうございます。
1章にヒロイン登場させてないのが自分でもまずいかなって思っておりました。

主人公とヒロインの気持ちの変化のエピソードを中盤にたくさん持っていくように心がけます。
主人公とヒロイン2の関係も深くなるエピソードも追加します。


プロットまで作って頂いて感謝です!!
先生のプロットをパクら……、参考にさせて頂きます。

709 ◆uN377XmBVY :2020/01/22(水) 22:38:28 ID:MimcX93200
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、.     うまいこと使えたらうまいこと使ってください(日本語
.      l    }: : : :|:.:.:|  ∩        ∩ ..: .:|/ : :. ::.|    
     、  /:.: : -ハ.:.   ∪        ∪ j : : . : : ト、:!    
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   
.       /: : : : :.ー-、      ∠l     /..:/ l!:../     
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ        
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>.      
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

710 ◆uN377XmBVY :2020/01/23(木) 21:57:14 ID:G1lWTANY00
読まにゃ……読まにゃ……。

711 ◆uN377XmBVY :2020/01/23(木) 22:02:50 ID:G1lWTANY00
よし、読むぞー。

712 令和もどこかの名無しさん :2020/01/23(木) 22:13:00 ID:7q6KmLVo00
NOW LEADING……(綴りが違う)

713 ◆uN377XmBVY :2020/01/23(木) 23:04:57 ID:G1lWTANY00
>>598-601あるびのさんのプロットです。
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|  ∩        ∩ ..: .:|/ : :. ::.|    魂に穴が空いていて寿命が漏れ出し悪霊を呼び寄せてしまっている
     、  /:.: : -ハ.:.   ∪        ∪ j : : . : : ト、:!     主人公が、ヒロインである死神の悪霊退治を手伝うことで
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   寿命を補填するべくドタバタする物語です。
.       /: : : : :.ー-、             /..:/ l!:../.     
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ        
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>.      
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

714 ◆uN377XmBVY :2020/01/23(木) 23:11:24 ID:G1lWTANY00
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|  ∩        ∩ ..: .:|/ : :. ::.|    端的に言いましょう。面白いです。
     、  /:.: : -ハ.:.   ∪        ∪ j : : . : : ト、:!     『でーま』通り、「主人公の減っていく寿命をめぐる死神少女との
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   ドタバタ物語」ですね。
.       /: : : : :.ー-、     マ フ   /..:/ l!:../.      
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        序盤できちんとヒロインとの出会いと中盤への導入をして、
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ         中盤では主人公の死神生活と幽霊少女の救済を描いて
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>.      主人公とヒロインが絆を深めそれが破綻する流れの裏付けにし、
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、           終盤で諸々の謎に答えを与えながらハッピーエンドに持ち込む。
                                   美しいと思います。

715 ◆uN377XmBVY :2020/01/23(木) 23:16:37 ID:G1lWTANY00
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|               ..: .:|/ : :. ::.|    全体的な構造に関してはほとんど何も直すところがありません。
     、  /:.: : -ハ.:.  三三     三三 j : : . : : ト、:!     中盤の中ボスに普通に強い大型悪霊を置いて
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   終盤に『原理的に不可能』な無敵の大ボスである兄を置いた点も
.       /: : : : :.ー-、     マ フ   /..:/ l!:../.      好き。
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ        
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>.     
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、.

716 ◆uN377XmBVY :2020/01/23(木) 23:27:59 ID:G1lWTANY00
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、.     ただ、気になる細かい点はそこそこあります。
.      l    }: : : :|:.:.:|  ∩        ∩ ..: .:|/ : :. ::.|    
     、  /:.: : -ハ.:.   ∪        ∪ j : : . : : ト、:!     序盤の流れはもっと止まらずに展開できると思いますし、
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   解決もどかーんと派手なことやらかしていいと思うのです。
.       /: : : : :.ー-、      ∠l     /..:/ l!:../     
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        中盤は幽霊少女の事件にばかり注目していますけれども
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ         死神活動する主人公のドタバタっぷりを描いたり
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>.      件の幽霊少女との関係を深めるゆるいエピソードを加えたり
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、          メインヒロインとのドタバタ日常生活を見せたりと、
                                  『おいしい』シーンをもっともっとたくさん作れると思います。

                                  終盤は中盤と裏腹に幽霊少女が完全に空気になってる点が問題。
                                  主人公が決戦に赴くことを決める最後のひと押しをする役目なんて
                                  どうでしょう? なんとか、重要な役を与えて欲しいです。
                                  また、撃破が『原理的に不可能』なラスボスである兄をやっつける
                                  ギミックについて、読者が納得できるだけの伏線が欲しいです。
                                  現状はちょっと納得に至りませんでした。
                                  他、ヒロインの過去について、エピローグに回すのはやめた方が
                                  いいでしょうね。主人公が決戦に赴くシーンもあるので、
                                  どこかで主人公がヒロインのことを理解してしまいたいです。
                                  補足くらいならエピローグ回しでもいいですが。

717 ◆uN377XmBVY :2020/01/23(木) 23:33:01 ID:G1lWTANY00
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|  ∩        ∩ ..: .:|/ : :. ::.|    あと、全体的に、もっと『盛って』いいと思います。
     、  /:.: : -ハ.:.   ∪        ∪ j : : . : : ト、:!     
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   気持ちよく撃破しすぎたり、凄まじく強い悪霊に見せたり、
.       /: : : : :.ー-、      з     /..:/ l!:../        わかりやすく愛情を表現しすぎてドタバタしたり……
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ         「迷ったら桁を2個増やせ」の精神でGOです。
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

718 ◆uN377XmBVY :2020/01/23(木) 23:35:36 ID:G1lWTANY00
           ,   ´ ̄ ̄ ̄ ̄`''ー- 、
         /              `ー──── 、
 r==ニニ二´ ,,,             ,,,    _____ /
 | //////  ◎          ◎   ∨//////// /
 | |///         o____       ∨////// /
 | |〆_         ,、/: : : : :i: : i`:ヽ、     ∨//// /
 '∧ーテ=二、_/: : : : : : : : !: : |: : :.:|:ヽ、  ∨// /
  ∨Y://: : イ: : : l: : !,: : : : : :l:.リ、VI: : :/!: : ,'l   ∨ /
  ∨/:{: :/: |: : :从ノ、: : : : : :|/l/ ト、 / |: :/│    〈
   \|: {从!: :{r=rttォ、、: : : :! イ云心下/ : |     ヽ     というわけで、『あと一歩』です。
     l从{,ハ: :{  マ、rム ヽ: :.|  マ、_∨,: : /│      ',    中盤に求める加筆箇所は少し多いですが、
     /`/: :ヾjハ. ∨ソ ,.Ⅵ   ゞ- '/: :/ : |      ',     このままでも評価する人は評価すると思うので。
    /./:イ: : : :八      _     /: :/: , /     __ノ     
    /l.く 从: l: : : >. .,ィ-っ`  イ/: :イ:/    /  |     
   / |  {: :{: !从',: : / イ、.T、´r‐'/;ィ‐'´   __∠二二!     
    ヽ.>、VI/二ニ`/  イ,〉 `V卞ニ、─<____丿
      \___,r'´ /{   ハ    ヘ    `ヽ 〈
        / ./l \_ノ人!ー--'∧.   r' \}

719 ◆uN377XmBVY :2020/01/23(木) 23:36:46 ID:G1lWTANY00
                  /{
                /  > ⌒`ヽ _
               /   ○      ○   ヽ―-  _
             /´    ===             >
           ノ  /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ   \  /
           ∨ ̄         ̄ヽ \   ヽ´
           '.    {`  ム       }   ヽ  /
           {  -―|     } 斗-―-  }  } )
           {ハ|人 ハ!    レヘ ∧ ,} /  ∨.      覚書にございます。
           !ヘ}丁¨了     丁 ̄了リ/    }`      
           { リ 乂ソ      乂_,ソ ノ .}   .!.      
           ヘヽ     △     イ /!/ ノ       
           ヽ >  ____ イ/^ 〜ヽ      
            / 7´ {><}¬´ )、}   /⌒ヽ
    ┌――――/ ゝ  > 、__,ィ´  )――――ヘ
    |///////(ノ´//7////////  /////////
    |/\/////////////////{ ///////////

>序盤:

悪霊集団に襲われる主人公が死神のヒロインに助けられる流れ。
やりたいことはよくわかる。良い。もうちょい途切れないように展開できるとさらにベター。絶対じゃないけどね。
例えば、テレビも雑誌も「今日は大凶」と突きつけた日に、冗談みたいな不運がピタゴラスイッチして特製のお守りを落として
しまった主人公。悪霊に集団で襲われてもうダメだというところで、悪霊を退けてお守りを持った死神が登場。一件落着したかに
思えたが、死神も現れたことで悪霊が活性化し、お守りが限界を超えてお亡くなりに。主人公と死神は逃げ惑った後に悪霊集団を
大技で一掃する。とか。

でも、序盤でやるべきことは現状でもほぼ全部詰まってるので、演出を『盛る』程度の違いなんですけどね。

720 ◆uN377XmBVY :2020/01/23(木) 23:37:20 ID:G1lWTANY00

>中盤:

>おまけとしてヒロインがペンダントに触れると指輪が光を放ち、端数の寿命約一分が込められる。

そうであるとわかるけど楽しみな伏線。寿命が尽きた後、たった一分のロスタイムで大逆転する主人公が浮かんでわくわくする。


>主人公はヒロインとともに悪霊を輪廻に返す仕事を始めて一週間がたった。

最初の一回目くらいは流れを書いちゃってもいいかも。きっと楽なはずの戦いでドタバタするんだろうなぁと期待。


>自分のことで精一杯で幽霊なんかにかまっていられるかと、輪廻に返そうとする主人公にヒロインは待ったをかけ話を聞くことにした。

ふむ。理由はあるのかな?


>ヒロインは、自分の意志で輪廻に行けるのならそれが自然な法則だ。私達死神はそれを見守っていくのが理想なんだと語る。
>主人公は、ヒロインが少女の頼みに一生懸命だったことを思い出し、そういう理由だったのかと納得する。

中盤の後半っぽい事情説明。
これが出てくるといよいよ中盤も終わりだろうか?


>その時、テレビからは最近街で起こっている事件・事故の現場が報道されていた。その事件の一箇所で少女は自分の家だとテレビを指差す。
>そこに写っていたのは、歴史ある武家屋敷でヤクザの組長が住んでいた場所。そして一夜にして構成員全員が殺されていた事件だと報道された。
>動揺する主人公とヒロインは、アナウンサーの最後の一言に顔を見合わせる。屋敷でただ一人生き残った娘が病院で昏睡状態だという報道に。

事件が展開。主人公の目的に『少女の復活』が加わる。
少女が中盤の後半からのぽっと出キャラだと以降の展開が感情移入の面で弱くなります。
ひとつ提案するなら、ありがちですが「序盤ないし中盤初期のうちに少女と出会う。ただし、そのときの少女は記憶を失っている。
その状態で主人公との関係を深めていく」展開への切り替え。やってることはだいたい同じですが。


>そんな中、少女は病室にいてなんとか戻れる方法を考えてみると寂しげに微笑む。もし戻れず死んでしまっても主人公のためになるなら損もない。無理をして仲良くなった二人が居なくなってほしくないからと。
>それを聞いた二人は、お互いの顔を見合ったあと相手にビンタを一発打ち込む気合を入れる。少女は二人の唐突な奇行にビクリと体を硬直させ目を白黒とさせる。
>硬直した少女をそのまま主人公が小脇に抱え、そしてヒロインが主人公の手を掴み病室の窓から少女の家に向けて飛び出す。
>慌てる少女に、主人公は自分の寿命を延ばすために強力な悪霊をぶっ飛ばして大量獲得するだけだと豪語する。めちゃくちゃ寿命が延びたら俺にとって少女の寿命なんてこれっぽっちもいらない。
>だからさっさと自分のために使えと少女の頭をわしゃりと撫でた。
>ヒロインは泣き出しそうな少女に自身が羽織っていたローブを掛ける。ちゃんと隠れて待っていてねと声をかけ、二人は屋敷の中へ入っていく。

好き。
王道展開上等です。
が、あえて件の悪霊を相手にする理由を与えて欲しいです。今博打に出る必要を感じられなかったので。


>主人公の気配につられ鬼の姿をした大型悪霊が現れ戦闘が開始される。

さて、件の大型悪霊との戦いですが、戦いに入る前にもうちょい盛りたいですね。


>現れた人物はヒロイン兄だった。

黒幕登場!


>二人の前に現れた理由はヒロインの指輪を奪うため。人間の未来ために活躍する人物の寿命を延ばすという。
>主人公の周りで事件を起こし悪霊を大量に作り出してヒロインをおびき出していた。

納得できる納得できる。
起こした事件はヤクザさんあぼーん事件だけ?


>「おめでとう死神。 お前のおかげて生きる気力が無くなったよ」

好き。
一緒に戦って見事強敵を討ち果たした一体感からここまで急降下させたのはお見事。

721 ◆uN377XmBVY :2020/01/23(木) 23:37:34 ID:G1lWTANY00


>終盤:

>そして、主人公のベットの下には死神のローブが手紙と共に隠されていた。一週間お手伝いを頑張ったご褒美だと送るつもりのものだった。
>お母さんかよとツッコみつつローブに顔を埋める。
>悪意を持ってヒロインが自分を害したわけではないと頭ではわかっていても、詰ってしまったことを後悔する。
>改めて、ヒロインと一緒に生きるために立ち向かうことを決意する。

好き。だけれども、もう一声欲しい。
直接的な証拠じゃなくてもいいから主人公が死神の無実を信じられるだけの何かを掴んで欲しい。それこそ「騙されていると
しても構わない。俺は信じると決めた!」みたいなのでもおk。


>ヒロイン兄はその意志を称え、後ほど自身の輪廻方程式に組み込んであげようと提案する。その提案から、主人公は方程式が数年かかって組まれた繊細なものだと思い出す。
>そこに一縷の勝ち目を見出し、ヒロインとともに戦っていく。
>主人公は戦っていくうちにボロボロになるが、ヒロイン兄の不死身による慢心を逆手に取り懐に張り付く。
>主人公は、「さっきの提案に乗ってやる。 ただし今すぐにな!」と、ペンダントを兄に刺し自身の寿命約一分を解放する。

んー。
伏線でこの理屈を納得できるよう処理できるならよし。
例えば、寿命のやり取りで通常の輪廻の処理でも主人公の体調に少し影響が出たり兄が方程式の純粋性を説いていたり……と
細かい伏線をいくつかばらまいておいてここで合体処理する、みたいな。


>ベットにはしゃべり疲れて寝てしまった少女が居た。微笑ましく眺めるていると主人公はヒロインから聞かされた過去の真実を思い出す。

エピローグ部分に持ってきた点についてはちょっと微妙。
あと、流れに組み込むのが難しいかもだけど、少女をバトル中あるいはバトル前に出しておきたかった。
例えば、主人公が死神を信じると決める最後のひと押しになってくれる、とか。


全体的に面白かったし大きな傷も少なめ。

722 ◆uN377XmBVY :2020/01/23(木) 23:39:43 ID:G1lWTANY00
                    /{
                  /  > ´ ̄ ̄`ヽ、_
               /   ○       ○    ヽ―-  _
            __/      ===                >
            r'⌒  _,,二二二,,__  \r─-、_\  /
            〈.  イ: : /: : ∧|: :|: :广^\ (>‐─<} ヽ′
            /∨ :|: : i\/  |: :ト:|、/ 卜{,___  〉 ,'
           ,' /: : :|: /| /___ |: :|:│ ____|: |    ∧ |     念の為に言いますが、
           V| /|: i 斤〒¬ |:.∧斤〒¬|:〈    | j    覚書は読みながら書いているものなので
             ∨ |: i | Lノ   |/  Lノ  |: |    | 〈     読み終えてからの総評とは異なる部分があったりします。
            / :|: N            リ: |     〔 \..  先の展開を予測して注意点を書いたのに
          {   |  Y          u 厶ィ|     ∨  }   その予測が当たってない、なんてことも。
          |   | :人      マフ     /:|     [ ∨
         [  八: :.:|≧=r‐r-n-┬=ァァ7 ∧     [ リ
         ∨  \|\八 { /J 人 {/{厶ィ圦    フイ
           \____,,...イ`ー=彡 \乂_,彡ヘ__/ ∧
                     | \│  / /O○      |

723 ◆uN377XmBVY :2020/01/23(木) 23:41:20 ID:G1lWTANY00
    ___    __
    !    ̄`´__   ̄ ̄ ― - 、
      >: :´: :ハ: : : ``ヽ、_ミ≠彡  \
    {/: : : : :/ ∧: : ハヘ: : :`ヽ、       }
   /:: : : : : /   }:: : :l: :!:ヽ: : : :\    ′
   /: : : : : : i    |: :::∧:|::: :}: : : :,≠、 /
  / : : : /|:_:{    |: :/ 十::/_::: : {   V     でも、総評で突くには細かい部分を覚書任せにしてることも多々。
  //: : ::ハ´V`   7/   }/`i : : :'、   }     
  }ハ: :ハ: :!ィ=≡x   三ミx }/l:├,`┬'
   {_V:ノY               } ソ:从
   ̄ ̄ ̄ヽ、__ _r ,_ _ - </⌒)弋――
                      ̄

724 令和もどこかの名無しさん :2020/01/23(木) 23:42:27 ID:V0I.p6fM00
おお。これはスレから大賞が出る日も近いか

725 令和もどこかの名無しさん :2020/01/23(木) 23:43:21 ID:72Rlegq600
おつかれさまです。

今回はボーイミーツガールを踏襲した王道ラノベ!?
その上、ひさしぶりの『あと一歩』

726 ◆uN377XmBVY :2020/01/23(木) 23:46:59 ID:G1lWTANY00
    ___    __
    !    ̄`´__   ̄ ̄ ― - 、
      >: :´: :ハ: : : ``ヽ、_ミ≠彡  \
    {/: : : : :/ ∧: : ハヘ: : :`ヽ、       }
   /:: : : : : /   }:: : :l: :!:ヽ: : : :\    ′
   /: : : : : : i    |: :::∧:|::: :}: : : :,≠、 /
  / : : : /|:_:{    |: :/ 十::/_::: : {   V       細かい話をするともちっとあるんですけどね。
  //: : ::ハ´V`   7/   }/`i : : :'、   }     主人公・ヒロインともに背景が不明。どんな生活をしてるのかどんな性格を
  }ハ: :ハ: :!ィ=≡x   三ミx }/l:├,`┬'       してるのか等々がさっぱり書かれてないの。枚数を考えると、
   {_V:ノY               } ソ:从       これは気が回ってないんじゃないかなぁっていう不安が。
   ̄ ̄ ̄ヽ、__ _r ,_ _ - </⌒)弋――
                      ̄

727 ◆uN377XmBVY :2020/01/23(木) 23:48:16 ID:G1lWTANY00
    ___    __
    !    ̄`´__   ̄ ̄ ― - 、
      >: :´: :ハ: : : ``ヽ、_ミ≠彡  \
    {/: : : : :/ ∧: : ハヘ: : :`ヽ、       }
   /:: : : : : /   }:: : :l: :!:ヽ: : : :\    ′
   /: : : : : : i    |: :::∧:|::: :}: : : :,≠、 /
  / : : : /|:_:{    |: :/ 十::/_::: : {   V       「枚数」って今回のプロットで用いたレス数のことね。
  //: : ::ハ´V`   7/   }/`i : : :'、   }     4レスだから、十分に余白はあったのです。
  }ハ: :ハ: :!ィ=≡x   三ミx }/l:├,`┬'
   {_V:ノY               } ソ:从
   ̄ ̄ ̄ヽ、__ _r ,_ _ - </⌒)弋――
                      ̄

728 あるびの ◆6H5Kg6Q02g :2020/01/23(木) 23:53:29 ID:l7rLWP8U00
できる子先生、ご講評いただきありがとうございました。
面白いと言っていただけた評価に明日までずっとニヤニヤしそうです。

中盤のボリュームに関してスッキリしすぎとのことで私も気にはなっていました。(投下した後にですが。。。)
もうちょっとでーまに沿ったエピソードを考えたいと思います。

幽霊少女は言われて気づきました。認識として中盤のキャラだ、と固定して考えてました。
終盤にもしっかり絡めるギミックを用意したいと思います。(そもそもサブヒロとも考えてなかった。。。

終盤のギミックを納得させる方法が結構煮詰まりそうな予感がします。
似たようなギミックを中盤はじめにでも悪霊に実践しとけばいいのかな?うーむ
素直に主人公に1分を使ったほうがいいのか、考察しがいがあります。

729 ◆uN377XmBVY :2020/01/23(木) 23:57:36 ID:G1lWTANY00
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、.     構造自体が安定しているので、
.      l    }: : : :|:.:.:|  ∩        ∩ ..: .:|/ : :. ::.|    差し替えだけで対処できる範囲は広いと思います。
     、  /:.: : -ハ.:.   ∪        ∪ j : : . : : ト、:!     いろいろ試してみてネ!
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   
.       /: : : : :.ー-、      ∠l     /..:/ l!:../     
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ        
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>.      
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

730 あるびの ◆6H5Kg6Q02g :2020/01/24(金) 00:02:16 ID:iwMqOeWE00
細かい情報を省いているのはおっしゃる通り気が回らなかったと言うか、
掲示板に投下するのもほぼ初めてで、6レス(今は7レス?)上限の感覚がわからず。。。
漏れないよう漏れいようとしていざ投下するとあれ?意外と入れれる?、と完全に自爆ですね。

頂いたすべての情報を生かしてお話を盛り盛り盛りきっていきます!
土日にじっくり考えるのが楽しみで仕方ないです。

731 ◆uN377XmBVY :2020/01/24(金) 00:03:32 ID:pY0A/T9200
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、.     ファイトー
.      l    }: : : :|:.:.:|  ∩        ∩ ..: .:|/ : :. ::.|    
     、  /:.: : -ハ.:.   ∪        ∪ j : : . : : ト、:!    
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   
.       /: : : : :.ー-、      ∠l     /..:/ l!:../     
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ        
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>.      
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

732 令和もどこかの名無しさん :2020/01/24(金) 20:32:49 ID:b82ei7yg00
>>712
「導いている」と読めば、間違ってない気も

733 ◆uN377XmBVY :2020/01/24(金) 20:32:50 ID:efNQO7K.00
クロからのご挨拶。
スカイプに入れないのでこちらで。あけましておめでとうございます(激遅

734 令和もどこかの名無しさん :2020/01/24(金) 20:34:19 ID:b82ei7yg00
春節は明日ですよ

735 ◆uN377XmBVY :2020/01/24(金) 20:37:57 ID:efNQO7K.00
中国人が新型コロナウィルスばらまきに来そうで怖い

736 令和もどこかの名無しさん :2020/01/24(金) 21:08:30 ID:q3LLw52Y00
北海道に特によくいらっしゃるそうですね……(合掌)

737 ◆uN377XmBVY :2020/01/24(金) 21:09:40 ID:efNQO7K.00
千歳ですでに見つかったくさいという噂。怖すぎ。

738 令和もどこかの名無しさん :2020/01/24(金) 21:43:44 ID:q3LLw52Y00
伝染病株式会社ですね……

739 ◆uN377XmBVY :2020/01/24(金) 21:48:13 ID:efNQO7K.00
中国でも売れてると聞いてさすがに笑った

740 令和もどこかの名無しさん :2020/01/24(金) 21:49:34 ID:q3LLw52Y00
それはさすがにくさはえますね……

741 ◆uN377XmBVY :2020/01/24(金) 21:50:51 ID:efNQO7K.00
>1月21日に入り、『Plague Inc.』が中国のApp Storeで有料アプリカテゴリの中で首位を獲得しているとWeiboユーザーらが報告
ttps://automaton-media.com/articles/newsjp/20200123-111204/



742 令和もどこかの名無しさん :2020/01/24(金) 21:52:43 ID:q3LLw52Y00
完全に政府批判じゃない政府批判です、本当にありがとうございました

あのゲーム、中国スタートとかだとスコア稼ぎやすくて楽なんですよねえ

743 ◆uN377XmBVY :2020/01/24(金) 23:44:04 ID:efNQO7K.00
読まにゃ。

744 ◆uN377XmBVY :2020/01/25(土) 01:07:22 ID:kT6MGpW200
まだ終わんないよぉう

745 ◆uN377XmBVY :2020/01/25(土) 01:22:47 ID:kT6MGpW200
読み終えたー。

746 令和もどこかの名無しさん :2020/01/25(土) 01:22:48 ID:DeowykOg00
ファイトー

747 ◆uN377XmBVY :2020/01/25(土) 01:25:33 ID:kT6MGpW200
>>606-612セメントさんの『ダブル・ワールド・クライシス』です。
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|  ∩        ∩ ..: .:|/ : :. ::.|    ヴァーチャルリアリティゲームの開発者であるヒロインが
     、  /:.: : -ハ.:.   ∪        ∪ j : : . : : ト、:!     ヴァーチャル世界に捕らえられる。
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   現実世界の東京とヴァーチャル世界を舞台に未曾有のテロ事件を
.       /: : : : :.ー-、             /..:/ l!:../.     ヒロインと警察官であるその父が解決に導いていく……物語です。
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ         ハリウッドのかほり。
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>.      
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

748 ◆uN377XmBVY :2020/01/25(土) 01:29:05 ID:kT6MGpW200
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|  ∩        ∩ ..: .:|/ : :. ::.|    先述の通り、テロ事件に対してヒロインとその父が
     、  /:.: : -ハ.:.   ∪        ∪ j : : . : : ト、:!     ヴァーチャル世界と現実世界の両方で被害の拡大を
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   食い止めるべく奮闘する物語です。
.       /: : : : :.ー-、     マ フ   /..:/ l!:../.      
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        ヴァーチャル世界で得られたわずかなヒントを元に
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ         現実世界でのテロ先を見つけていく流れは好き。
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>.      
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

749 ◆uN377XmBVY :2020/01/25(土) 01:34:23 ID:kT6MGpW200
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|               ..: .:|/ : :. ::.|    ハリウッドのかほりとも言いましたが、構造がそんな感じです。
     、  /:.: : -ハ.:.  三三     三三 j : : . : : ト、:!     
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   すれ違ってしまった父娘。歩み寄ろうとした父。起きてしまった事件。
.       /: : : : :.ー-、     マ フ   /..:/ l!:../.      娘が助けを求めた先に居たのは偶然にも父だった。
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        隣り合わない共闘。正体を知られないまま父の気持ちを理解する娘。
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ         やがて、舞台はなんか高いところに!
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>.      ごん、お前だったのか。そして、気持ちは通じ合う……。
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、.          
                                      うーん、とてもハリウッド。

750 ◆uN377XmBVY :2020/01/25(土) 01:36:08 ID:kT6MGpW200
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|  ┬┬    ┬┬ ..: .:|/ : :. ::.|    大枠の流れ自体はそう変えるべきものはないんですが……
     、  /:.: : -ハ.:.   └┘    └┘ j : : . : : ト、:!     全体的に作りがちょっと甘いです。
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   
.       /: : : : :.ー-、     マ フ   /..:/ l!:../.      
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

751 ◆uN377XmBVY :2020/01/25(土) 01:39:31 ID:kT6MGpW200
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::// :::.|   \.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|               ..: .:|/ : :. ::.|    ヴァーチャル世界と現実世界のリンクによってヒントを掴み
     、  /:.: : -ハ.:.  三三     三三 j : : . : : ト、:!     テロ屋さんの予想を覆して大勝利する物語なのに、
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   その『リンクによってヒントを掴む』部分が弱いの。
.       /: : : : :.ー-、     〜〜    /..:/ l!:../       
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        場所のリンクくらいしかない。
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ        
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>       条件に合うギミックをもっと盛り込みたいです。
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

752 ◆uN377XmBVY :2020/01/25(土) 01:44:42 ID:kT6MGpW200
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::─/ :::.|   ─.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|  ┬┬    ┬┬ ..: .:|/ : :. ::.|   あと、ヴァーチャル世界の要素が物語に影響しないのも気になります。
     、  /:.: : -ハ.:.   ┴┴    ┴┴ j : : . : : ト、:!    部分的にチラッとドラゴンだの剣だのが出てくる程度。さすがに、
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.  意味が薄いと感じられてしまいます。
.       /: : : : :.ー-、     __    /..:/ l!:../      
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.       理想的には、現実世界の情報からヴァーチャル世界でのピンチを
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ        覆す……みたいな流れが欲しいです。
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>.     ヴァーチャルヒロインと現実父が相互に助け合い、両方の力でもって
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、.          逆転のチャンスを掴むところまではらはらどきどきしたいのです。

753 ◆uN377XmBVY :2020/01/25(土) 01:48:37 ID:kT6MGpW200
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::// :::.|   \.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|               ..: .:|/ : :. ::.|    「周到な敵とバトルしたのに真正面から打ち破れちゃった」流れが
     、  /:.: : -ハ.:.  三三     三三 j : : . : : ト、:!     多い点も気になります。
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   
.       /: : : : :.ー-、     __    /..:/ l!:../        漫画だとそこそこ無理が利くんですが、
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        小説だと準備した敵を倒すにはなんらかのイレギュラーを
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ         求められると思ってください。
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>.      
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、.           詳細は覚書。

754 ◆uN377XmBVY :2020/01/25(土) 01:49:36 ID:kT6MGpW200
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、.     運転手さん、要らなくなーい?という素朴な疑問。
.      l    }: : : :|:.:.:|  ∩        ∩ ..: .:|/ : :. ::.|    
     、  /:.: : -ハ.:.   ∪        ∪ j : : . : : ト、:!    
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   
.       /: : : : :.ー-、      ∠l     /..:/ l!:../     
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ        
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>.      
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

755 ◆uN377XmBVY :2020/01/25(土) 01:51:56 ID:kT6MGpW200
           ,   ´ ̄ ̄ ̄ ̄`''ー- 、
         /              `ー──── 、
 r==ニニ二´ ,,,             ,,,    _____ /
 | //////  ◎          ◎   ∨//////// /
 | |///         o____       ∨////// /
 | |〆_         ,、/: : : : :i: : i`:ヽ、     ∨//// /
 '∧ーテ=二、_/: : : : : : : : !: : |: : :.:|:ヽ、  ∨// /
  ∨Y://: : イ: : : l: : !,: : : : : :l:.リ、VI: : :/!: : ,'l   ∨ /
  ∨/:{: :/: |: : :从ノ、: : : : : :|/l/ ト、 / |: :/│    〈
   \|: {从!: :{r=rttォ、、: : : :! イ云心下/ : |     ヽ     というわけで、『要修正』です。
     l从{,ハ: :{  マ、rム ヽ: :.|  マ、_∨,: : /│      ',    章ごとに引きを意識して描いているのがよく感じられる点に
     /`/: :ヾjハ. ∨ソ ,.Ⅵ   ゞ- '/: :/ : |      ',     ついて、褒め忘れてた。
    /./:イ: : : :八      _     /: :/: , /     __ノ     
    /l.く 从: l: : : >. .,ィ-っ`  イ/: :イ:/    /  |     
   / |  {: :{: !从',: : / イ、.T、´r‐'/;ィ‐'´   __∠二二!     
    ヽ.>、VI/二ニ`/  イ,〉 `V卞ニ、─<____丿
      \___,r'´ /{   ハ    ヘ    `ヽ 〈
        / ./l \_ノ人!ー--'∧.   r' \}

756 ◆uN377XmBVY :2020/01/25(土) 01:52:20 ID:kT6MGpW200
                  /{
                /  > ⌒`ヽ _
               /   ○      ○   ヽ―-  _
             /´    ===             >
           ノ  /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ   \  /
           ∨ ̄         ̄ヽ \   ヽ´
           '.    {`  ム       }   ヽ  /
           {  -―|     } 斗-―-  }  } )
           {ハ|人 ハ!    レヘ ∧ ,} /  ∨.      覚書にございまする。
           !ヘ}丁¨了     丁 ̄了リ/    }`      
           { リ 乂ソ      乂_,ソ ノ .}   .!.      
           ヘヽ     △     イ /!/ ノ       
           ヽ >  ____ イ/^ 〜ヽ      
            / 7´ {><}¬´ )、}   /⌒ヽ
    ┌――――/ ゝ  > 、__,ィ´  )――――ヘ
    |///////(ノ´//7////////  /////////
    |/\/////////////////{ ///////////

>でーま:ヴァーチャル世界と現実世界で起こるテロに巻き込まれた3人の悪戦苦闘。

本当に『悪戦苦闘』が見どころ? テロ屋さんを翻弄するところとか逆転劇とかじゃなくて?


>プロローグ

長くなりすぎないように注意。重要度の低い情報は極力減らしたい。


>1章

いうべきことはだいたい同じ。
とどのつまり、1章は「これこれこんなヒロインがこういう苦境に立たされました」という内容。2章以降(=中盤)への引きなわけです。
ならば、中盤に期待させるようなものを盛り込んでいきたいです。魅力的な主人公・ヒロイン、事件の解決に向けた面白そうな動き、
1章だけでも楽しめる展開等々、1章を読み終えたときに「早く2章を読ませてくれ!」と言わせられればぱーへくと。


>2章

ふむ。
私ならばだけれども、1章の末尾を「誰かわからない相手に助けを求めたら、父でした」にしちゃう。
そうすると、「ヒロインがヴァーチャル世界で父が現実世界で同時にテロ事件に立ち向かっていくのだろうな」と中盤(=2章以降)の
内容が想像できるようになるので。


ヒロインの助言を受けて、現実とリンクさせて被害の拡大を防ごうと動き出す。好き。
次の被害を警視庁と読んだ理由を端的に納得行くよう示すのは難しいと思うけど頑張って。厳しいのであれば、計画を盗み聞いたこと
にしても構わないけど。


>3章

>最悪のモンスターゾーンを、制作者としての知識を総動員しながら抜けきり

ヴァーチャル世界の展開はあまり扱わない予定?
割と必殺の場所に放り込まれたように感じたのだけれども、あっさり生き残って「え?」という印象。


>だが、それこそが麗美の思惑だった。次の瞬間、剣から光線がほとばしると、ドリスコルを貫く。「がっ!」「昔みた刃が飛び出すナイフを参考に作ったユニークスキルよ」「す、スペツナズナイフか……」「そうそれ、じゃあお別れね」そういうと麗美は、ドリスコルを切り捨てた。「あとはよろしくねお二人さん」

できれば意表を突く特殊武器には伏線が欲しい。


>「理由はあとで話します。おそらくあの火器は、システムのダウンを利用して持ち込んだんだ。それより春村さんあいつはSAT(特殊部隊)でなけりゃ無理だ」

と言いつつひとりで倒した。


んー……特に現実の方の話ですが、『周到な準備をしているはずの相手にまっとうに挑んで勝利した』印象が強いです。
リアルではよくあることですけれども、物語の中では『周到な準備をしているはずの相手』には『何らかのイレギュラー』※がないと
勝ち切れないと思い込まれています。上手に描いてください。


※ヒロインが用いたスペツナズナイフもイレギュラーの一種。『相手が想定していないこと』を『伏線を敷いた上で』やるのが大事。

757 ◆uN377XmBVY :2020/01/25(土) 01:52:30 ID:kT6MGpW200

>4章

>「ええ、春村さんの娘さん。麗美のゲームを利用して3年、いや計画を考えると4年かな。それだけの期間を使ってやったことがこれじゃ割に合わない」「言われればそうだ。4年も計画したものなら何か理由が無ければおかしい」考え込む2人だが真智谷が家なき子に声をかける「なあ、君がエクトールだったら、次はどこを襲う?」

好き。
「事件が解決したように見えて解決していない。敵の真の狙いは?」と考える美しい流れ。


>「しかし、問題はドリスコルの襲撃で警察はまともな戦力が動かせないし、自衛隊の命令による治安出動のための国会承認なんて待ってるわけにいかない。SATはGPSで判明した人質たちの救出に出払ってしまっている」
「つまり、我々でどうにかするしかないってことですよ。春村さん」

んー……。結論はそう(=登場人物のみで事件を解決するしかない)であるべきだけれども、ちょっと誘導に丁寧さが足りないかも。
『他者の助力を得られない理由』は短くあるべきだが、なんとかもうちょい納得パワーをあげてください。パワーを。


>「自分は、真智谷史郎、元3等陸尉であります!」

ふむ……。
現状では、登場させる意味があったのかちょっと疑問が残るキャラ。父の活躍の機会を横からさらってる印象があるような……。


>5章

>「ストリーム・ダイバーズの全プレイヤー諸君。緊急ミッションを告げよう。今からこのゲーム内にいる、春村麗美を捕まえて私のところまで連れてきて欲しい。なお、君たちに拒否権はない。見たまえ」

ふむ。
いきあたりばったり感を与えないようには注意。
1章であえてヒロインに生き残れるだけのスキを見せて今望む状況を得ているならば構わないが、そうじゃないのであれば、
いっそ呪詛のひとつもぶつけて良い。「遊んだのは間違いだった。ここまで計画を狂わせてくれるとは思ってなかったぞ」
みたいな感じで。


>「安心したまえ、彼女は有能なパートナーだ。大切に扱っている。しかし、驚いたね。ゲームの中に閉じ込めたにも関わらず。他の回線を用いて外部と接触し、我々の計画を邪魔してくるとは」

と思ったら言ってた。こういうのこういうの。


>「冗談、ゲームはスペックだけで勝てるほど甘くないわよ」自分を見下すエクトールをにらみ返すと麗美は、剣を構えるのだった。

そして、バトル展開への引き。うんうん。
個人的には、愉悦マンが愉悦しすぎな気がしないでもないので愉悦量を抑えるために「得意のゲームでケチョンケチョンに
してくれるユエツ」くらい言わせてもいいかなって思う。無視して良いレベルの話。


>6章

>「こんな時だからです。麗美は頭のいい子だ。我々に何かヒントを残しているはずです」

ほほう。どんなギミックかな。わくわく。


>「東京スカイツリーだ!周りに何も見えないということは一番高い場所はそこしかない!」

ヒントは!?


>麗美に最後の一撃を加えようと一瞬エクトールが剣を引いたのを麗美は見逃さなかった。

現実じゃなくてゲームだから、勢いを付ける必要はなかったとかなんかゲーム的な勝ち筋があってもいいかなと思った。


>そして間髪入れず剣を奪い取るとエクトールの胸に突き立てた。「ば、ばかな」「警察官の娘を舐めないでよね!」

「私が柔道の有段者だつたのは意外かな?」くらい言ってもいいかも?


まあ、上記と同様にちょっとまっとうに戦いすぎの印象。
ハリウッド映画でよくある『相手の勝ち筋を潰して対等なバトルを強要する』パターンではなく、悪党が自らの優位を投げて
降りてきてる状態なので、できれば劣勢を覆せるだけの『理由』が欲しいところ。


>変電所のEMP兵器はそれを予測した真智谷によって制圧、解体され。

んー。
予測するのはいいんだけれども、それを最終決戦で活かしたい。
フハハハハ、死ねぇ。ポチー。ボタン押しても起動しない。あれぇ!? 止めておいたのさ!みたいな。凄い日本語。


>エピローグ

めでたしめでたし

758 ◆uN377XmBVY :2020/01/25(土) 01:55:25 ID:kT6MGpW200
                    /{
                  /  > ´ ̄ ̄`ヽ、_
               /   ○       ○    ヽ―-  _
            __/      ===                >
            r'⌒  _,,二二二,,__  \r─-、_\  /
            〈.  イ: : /: : ∧|: :|: :广^\ (>‐─<} ヽ′
            /∨ :|: : i\/  |: :ト:|、/ 卜{,___  〉 ,'
           ,' /: : :|: /| /___ |: :|:│ ____|: |    ∧ |     諸々の理由付けと誘導にすっっっっっっっごく注意してください。
           V| /|: i 斤〒¬ |:.∧斤〒¬|:〈    | j    読者は『納得』できない理由が来ると、
             ∨ |: i | Lノ   |/  Lノ  |: |    | 〈     そのたびにハラハラドキドキの物語世界からリアル世界に
            / :|: N            リ: |     〔 \..  引き戻されてしまいます。
          {   |  Y          u 厶ィ|     ∨  }  
          |   | :人      マフ     /:|     [ ∨  「手短に。なれども違和感を抱かせない理由付けと誘導を」
         [  八: :.:|≧=r‐r-n-┬=ァァ7 ∧     [ リ  
         ∨  \|\八 { /J 人 {/{厶ィ圦    フイ    これ大事。
           \____,,...イ`ー=彡 \乂_,彡ヘ__/ ∧
                     | \│  / /O○      |

759 令和もどこかの名無しさん :2020/01/25(土) 01:59:10 ID:DeowykOg00
おつかれさまでございます、ですかね。

5本の講評もおつかれさまでした。

760 ◆uN377XmBVY :2020/01/25(土) 02:01:30 ID:kT6MGpW200
    ___    __
    !    ̄`´__   ̄ ̄ ― - 、
      >: :´: :ハ: : : ``ヽ、_ミ≠彡  \
    {/: : : : :/ ∧: : ハヘ: : :`ヽ、       }
   /:: : : : : /   }:: : :l: :!:ヽ: : : :\    ′
   /: : : : : : i    |: :::∧:|::: :}: : : :,≠、 /
  / : : : /|:_:{    |: :/ 十::/_::: : {   V     ツカレタ
  //: : ::ハ´V`   7/   }/`i : : :'、   }     
  }ハ: :ハ: :!ィ=≡x   三ミx }/l:├,`┬'
   {_V:ノY               } ソ:从
   ̄ ̄ ̄ヽ、__ _r ,_ _ - </⌒)弋――
                      ̄

761 令和もどこかの名無しさん :2020/01/25(土) 02:06:16 ID:DeowykOg00
ご面倒をおかけします……。
眠さが吹き飛ばすのは無理でも、もう少し面白くできればなぁとは、はい。

762 ◆uN377XmBVY :2020/01/25(土) 02:09:29 ID:kT6MGpW200
    ___    __
    !    ̄`´__   ̄ ̄ ― - 、
      >: :´: :ハ: : : ``ヽ、_ミ≠彡  \
    {/: : : : :/ ∧: : ハヘ: : :`ヽ、       }
   /:: : : : : /   }:: : :l: :!:ヽ: : : :\    ′
   /: : : : : : i    |: :::∧:|::: :}: : : :,≠、 /
  / : : : /|:_:{    |: :/ 十::/_::: : {   V    『面白い』にはたっくさん種類があるんですが、
  //: : ::ハ´V`   7/   }/`i : : :'、   }     基本的には『予想通りの結果を予想以上の展開で』できると『面白い』になります。
  }ハ: :ハ: :!ィ=≡x   三ミx }/l:├,`┬'
   {_V:ノY               } ソ:从
   ̄ ̄ ̄ヽ、__ _r ,_ _ - </⌒)弋――
                      ̄

763 ◆uN377XmBVY :2020/01/25(土) 02:13:30 ID:kT6MGpW200
                  /{
                /  > ⌒`ヽ _
               /   ○      ○   ヽ―-  _
             /´    ===             >
           ノ  /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ   \  /
           ∨ ̄         ̄ヽ \   ヽ´
           '.    {`  ム       }   ヽ  /
           {  -―|     } 斗-―-  }  } )
           {ハ|人 ハ!    レヘ ∧ ,} /  ∨.      つまり、読者が狙った通りに『予想通り』を思い描くよう誘導し
           !ヘ}丁¨了     丁 ̄了リ/    }`      その予想をピンポイントで上回るのが『面白い』のコツになります。
           { リ 乂ソ      乂_,ソ ノ .}   .!.      
           ヘヽ     △     イ /!/ ノ       
           ヽ >  ____ イ/^ 〜ヽ      
            / 7´ {><}¬´ )、}   /⌒ヽ
    ┌――――/ ゝ  > 、__,ィ´  )――――ヘ
    |///////(ノ´//7////////  /////////
    |/\/////////////////{ ///////////

764 ◆uN377XmBVY :2020/01/25(土) 02:15:59 ID:kT6MGpW200
                                 ,ノ'ヽ,、
           _,,,,;:;;::--::---::;;:--─---::;;--:;.,,_   /′  i i,
      _,,...:;;;ー''゙⌒      ‐'″         ~゙'∨    .::i, i,
    ,,,;;;:::         ,,,            ,,,   /    .:::::i, i,
  <,_          ◎    ,.,o,.,._,.   ◎  /     .::::::::i i
    ゙゙^ー-       _,;;rー'゙~ /i /;~^..:ー-、'' ,, .〔    .::::::::::i }
         〉      /::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|::::::::||  ヽ    ヽ/i
       /     /::::::::::::::::,、::::::|::::::::::::::::ハ:::::::|::::::  ヽ      l
      l     // :::::::::::_/_l:::::|:::::::::::_/__l:::::l:::::::: !      l.        
      !   / |:::::::,::´/  ∨ヘ|:::::::/  / lヽ:::::::, |      !      
      !   !/l:::::::::::::/ _   j/   , ─ 、\|::::ii|     ! このとき、『予想を上回るポイント』自体は何を選んでも構いません。
      `ヽ l}  〉:::::'/´/ , ハ    / r'し' リ l::::l|      i  それこそキャラの格好良さから見えていたのに気付かなかった
        ヽ-- ハ ハ {r'し':::::}     l::::::::::メ. /::∧    /   仰天のトリックまでなんでもアリ。
        /:::::::::::::∨::::ヽヾ:::::::メ      `ー" '/::::/ li  /
       l :::::::::::::::|:::::ハ  ̄   '      メイ:::::::::::ll:,ソ
       |::::/:::::::::::|/:::::\          ハ/:::::::/:::::::│
       |ハ:::::/i:::::ハ::::::: ,> _ ´` _ イ /:::::::::::/:::::::/
           ∨ |/  l:::::/ l /∨|  ̄   / /イ:::::イ:::::/
             /∨  l/ \\_ /イ // {/\
            /        >r r<        \

765 ◆uN377XmBVY :2020/01/25(土) 02:20:05 ID:kT6MGpW200
             _   ____  ,. -─ '''ー ─ ‐ - 、
     _.. -‐ "´ ̄ ̄ ,,, ''"´      ,,, 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
      {:::::::::::::::::::::::::/◎   o     ◎ ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
      l:::::::::::::::::::/   _ ____        \::::::::::::::::::::::::::::::,'
     i::::::::::::::::/    ,.´'´    ``ヽ、      ヽ、::::::::::::::::::::/
     `、:::::::::/   // // //!/  ! l  \     ヽ、:::::::::, '
     . ヽ::::/  //__,,.イ /| |ト、   `ト       ヽ/
      .     !   // / || / ! |/  \ | \      \
         |  ,' i /|z=≠==   =≒==z|       |
         l  l !/ 、、、、           、、、、|       |     章ごとに『引き』を上手に使ってるよってお話ししました。
         l  /         ――‐┐    |      |     これ、立派な誘導です。
         l ,'        |      |     |      |    読者はその『引き』から次の章の中身を考えます。
         | ヽ.        \__,ノ     |      |     そうして考えたであろう次の章の中身、これを
         | l   \_ /!             | /     /     上回りましょう。
         |Λ / |//  |‐-  _  ___「ヽ-┤/l    /     
        | ∨  /  Ν\>ァ' ,⊥」  l/l//|  /       
             l   |-‐ヘ.  {,/   |  И/l/
             |    | l /フ○\_|   !ヽ.
             ゝ、_j j,/〈:::::::|:::::::〉| ノ} }
                 `7   ⌒⌒´  辷'ノ/

766 令和もどこかの名無しさん :2020/01/25(土) 02:23:39 ID:DeowykOg00
なんにしても期待と予想ができる状態が大前提ですね。第一歩。
まるで成長してない……状態が続いてるからがんばります。

767 ◆uN377XmBVY :2020/01/25(土) 02:27:36 ID:kT6MGpW200
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、.     まー、難しいと思いますけれども
.      l    }: : : :|:.:.:|  ∩        ∩ ..: .:|/ : :. ::.|    内容が内容だけに伏線やトリックを求められるところからは
     、  /:.: : -ハ.:.   ∪        ∪ j : : . : : ト、:!     苦れられぬ……。
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   
.       /: : : : :.ー-、      ∠l     /..:/ l!:../     
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ        
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>.      
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

768 ◆uN377XmBVY :2020/01/25(土) 02:30:22 ID:kT6MGpW200
逃れられぬ

769 令和もどこかの名無しさん :2020/01/25(土) 02:46:45 ID:3why9kJMSd
どういう構成になってるのか意識しながら新本格ミステリ物や伝奇物の大御所の本を読むと、わりと目からウロコがぼろぼろ落ちますよね

770 令和もどこかの名無しさん :2020/01/25(土) 06:43:14 ID:Nokus7yo00
書評ありがとうございました。
ハリウッドを意識したは、某ついてない警官の話がモデルです。
それらしいところがあっても、肩透かしや強引はその通りで、書きながら入れようかとも思ったのですが。
あわてて完成を優先してしまったので、読み返して自分でもこの部分のアイディアはギミック足りてないなとか。
ヴァーチャル世界関連の演出が全然足りてないなとか、ここはヒントになってねえよと思っていたので。
先生の指摘はもう全くその通りとしか言いようがなく、よんでて、ああそうだよな、その方が全然いいよな、と。ひとしきり悶えました。
なのでご指摘は、ほんとうにありがたく参考にさせていただきます。

>運転手
実は主人公が二転三転していまして、最初は勤勉な警察官と破天荒な傭兵のコンビだったのですが。
ヒロインとして麗美を作っていくうちに、これ親子にした方がよくね? なら父親主人公にするか?
このヒロインがヴァーチャル世界で戦うのをかくのもありか。 じゃあ、いっそこいつ主人公でいいか。
となった結果、便利な設定の部分だけを集めて作ったので、キャラが薄く設定も中途半端感は否めなかったかと。
本当は敵もあと2人くらいいて事件もまだあったのですが、完成を優先してしまい削っています。

ともかく大筋をもう一度書き出して先生の指摘と合わせて作りこみをしていこうと思います。

771 セメント ◆tr.t4dJfuU :2020/01/25(土) 06:44:30 ID:Nokus7yo00
すみません。コテが入っていませんでした。

772 令和もどこかの名無しさん :2020/01/25(土) 08:53:22 ID:sMIsi5No00
OK Google
先生から文句なしって言われるプロットの手っ取り早い作り方を教えて

773 令和もどこかの名無しさん :2020/01/25(土) 10:52:49 ID:PEqSkZs600
>予想通りの結果を予想以上の展開で
印篭が通じない悪者に、その人の上司を連れてくるを真っ先に連想した

774 令和もどこかの名無しさん :2020/01/25(土) 12:14:20 ID:sU7YFW8Q00
おつかれさまです

775 令和もどこかの名無しさん :2020/01/25(土) 13:11:16 ID:Nokus7yo00
>予想以上の展開
今回の光古戦場がまさにその通りで5万位で貢献度6億とか150HLフルオート勢とか
ドラゴンボール見たくなってます

776 ◆uN377XmBVY :2020/01/25(土) 13:19:28 ID:kT6MGpW200
      _」_                        `X
    X´                     /i     ┼
   /      -― ―…,,, ァ''"´ ̄``丶、 /,  l
  ┼    …ー‐- 、_,. ◎  、   ,,, //  l
.          \   / ,. -―…ォ-ゝ、◎ 〈   |
         \// .:.:.:,'{.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.\.  \  i.|
              {/.:.:-ハ.:.:.:.:.:.:.:.|ヽ-.j ヽ   ヽl.|
             /;'.:.:.:/  ヽ.:.:.:∧| ヽ.:.:.: ', ヽ   |   >>772
         /:.:!.:.:/ ◯  \|  ◯ ';.:.:.:. |:. ヽノ   主要人物が明確に役割持ってて
         /.:.:.l∨,,        ,, ∨∨: ,. '   章ごとに予想を上回ってきて
.        厶∠人     t‐ーヘ    ,__人.       構成が破綻してなくて
              ーr-f^)_ノr‐< ノ        ついでに面白いだけでいいですよ。
               ∨ ヽ{==77\
                `tーイ' 〉 <  \

777 令和もどこかの名無しさん :2020/01/25(土) 13:21:19 ID:WLTW4ONc00
それ達成できてたら1万冊クラスやねw

778 ◆uN377XmBVY :2020/01/25(土) 13:32:12 ID:kT6MGpW200
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|  ∩        ∩ ..: .:|/ : :. ::.|    まあ、受賞すればだいたい1万部は出るのでそのとおりかと。
     、  /:.: : -ハ.:.   ∪        ∪ j : : . : : ト、:!     
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   
.       /: : : : :.ー-、      з     /..:/ l!:../       
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

779 ◆uN377XmBVY :2020/01/25(土) 13:44:55 ID:kT6MGpW200
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、.     真面目な話、これらを丁寧に処理していけばそう難しくはなかったり。
.      l    }: : : :|:.:.:|  ∩        ∩ ..: .:|/ : :. ::.|    
     、  /:.: : -ハ.:.   ∪        ∪ j : : . : : ト、:!     全部頭の中で処理しようとするんじゃなくて
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   できるだけ表やチェックリストに出力して処理するのです。
.       /: : : : :.ー-、      ∠l     /..:/ l!:../     私はやらないけど。
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ        
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>.      
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

780 ◆uN377XmBVY :2020/01/25(土) 13:53:55 ID:kT6MGpW200
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、.     私はやらないけど。
.      l    }: : : :|:.:.:|  ∩        ∩ ..: .:|/ : :. ::.|    
     、  /:.: : -ハ.:.   ∪        ∪ j : : . : : ト、:!    
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   
.       /: : : : :.ー-、      ∠l     /..:/ l!:../     
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ        
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>.      
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

781 令和もどこかの名無しさん :2020/01/25(土) 14:15:15 ID:DeowykOg00
先生ではないですけど、プロット作る時はラフスケッチみたいに短時間で骨格をアウトプットしてしまうので、
がっつり伏線を張るとか、そういうことができないんですよね。
順繰りに書いていったら、こういう過去なりネタなりがあって、こんなセリフを言いそうだなってなるだけで。
一応あとから破綻が少なくなるように表とかつじつま合わせに作りますけど。

先生みたいな場合はどうやって伏線とか張ってるんですか?

782 ◆uN377XmBVY :2020/01/25(土) 14:33:32 ID:kT6MGpW200
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、.     前もって伏線になりそうなタネをばらまいておいて
.      l    }: : : :|:.:.:|  ∩        ∩ ..: .:|/ : :. ::.|    書きながらトリック考えて伏線として浮上させる手法と
     、  /:.: : -ハ.:.   ∪        ∪ j : : . : : ト、:!     書きながらトリック考えて伏線をばらまく手法と
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   書き上げてから補完増強するために伏線を差し込んでいく手法を
.       /: : : : :.ー-、      ∠l     /..:/ l!:../     併用しています。
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ        
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>.      
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

783 ◆uN377XmBVY :2020/01/25(土) 14:43:04 ID:kT6MGpW200
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、.     まあ、要するに
.      l    }: : : :|:.:.:|  ∩        ∩ ..: .:|/ : :. ::.|    「書きながら考える。書いてからもっと良くなりそうだなって思ったら
     、  /:.: : -ハ.:.   ∪        ∪ j : : . : : ト、:!     修正する」
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   なんですが。
.       /: : : : :.ー-、      ∠l     /..:/ l!:../     
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        相変わらず参考にならない。
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ        
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>.      
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

784 令和もどこかの名無しさん :2020/01/25(土) 14:48:13 ID:DeowykOg00
ありがとうございます。とりあえず、難易度高そうです。
書き上げてあげてから伏線考えて、最初から構築し直すのが一番楽そうに見えてきました……。

785 ◆uN377XmBVY :2020/01/25(土) 14:55:48 ID:kT6MGpW200
                    /{
                  /  > ´ ̄ ̄`ヽ、_
               /   ○       ○    ヽ―-  _
            __/      ===                >
            r'⌒  _,,二二二,,__  \r─-、_\  /
            〈.  イ: : /: : ∧|: :|: :广^\ (>‐─<} ヽ′
            /∨ :|: : i\/  |: :ト:|、/ 卜{,___  〉 ,'
           ,' /: : :|: /| /___ |: :|:│ ____|: |    ∧ |     その、自慢してるような言い方になるので恥ずかしいんですが、
           V| /|: i 斤〒¬ |:.∧斤〒¬|:〈    | j    私のやり方は大体私に合わせてるので
             ∨ |: i | Lノ   |/  Lノ  |: |    | 〈     ものっそい要求レベルが高いんですよ……。
            / :|: N            リ: |     〔 \..  
          {   |  Y          u 厶ィ|     ∨  }   自転車すいすい乗れる人が補助輪使わないのと同じ話。
          |   | :人      マフ     /:|     [ ∨
         [  八: :.:|≧=r‐r-n-┬=ァァ7 ∧     [ リ
         ∨  \|\八 { /J 人 {/{厶ィ圦    フイ
           \____,,...イ`ー=彡 \乂_,彡ヘ__/ ∧
                     | \│  / /O○      |

786 令和もどこかの名無しさん :2020/01/25(土) 15:00:39 ID:DeowykOg00
(職人の勘めっ

787 ◆uN377XmBVY :2020/01/25(土) 15:05:59 ID:kT6MGpW200
                    /{
                  /  > ´ ̄ ̄`ヽ、_
               /   ○       ○    ヽ―-  _
            __/      ===                >
            r'⌒  _,,二二二,,__  \r─-、_\  /
            〈.  イ: : /: : ∧|: :|: :广^\ (>‐─<} ヽ′
            /∨ :|: : i\/  |: :ト:|、/ 卜{,___  〉 ,'
           ,' /: : :|: /| /___ |: :|:│ ____|: |    ∧ |     HAHAHA
           V| /|: i 斤〒¬ |:.∧斤〒¬|:〈    | j    
             ∨ |: i | Lノ   |/  Lノ  |: |    | 〈     
            / :|: N            リ: |     〔 \..  
          {   |  Y          u 厶ィ|     ∨  }  
          |   | :人      マフ     /:|     [ ∨
         [  八: :.:|≧=r‐r-n-┬=ァァ7 ∧     [ リ
         ∨  \|\八 { /J 人 {/{厶ィ圦    フイ
           \____,,...イ`ー=彡 \乂_,彡ヘ__/ ∧
                     | \│  / /O○      |

788 令和もどこかの名無しさん :2020/01/25(土) 15:35:28 ID:0m/1LUDE00
先生の話を見ているとラノベ脳という都市伝説を信じたくなる今日この頃

789 ◆uN377XmBVY :2020/01/25(土) 15:57:14 ID:kT6MGpW200
                    /{
                  /  > ´ ̄ ̄`ヽ、_
               /   ○       ○    ヽ―-  _
            __/      ===                >
            r'⌒  _,,二二二,,__  \r─-、_\  /
            〈.  イ: : /: : ∧|: :|: :广^\ (>‐─<} ヽ′
            /∨ :|: : i\/  |: :ト:|、/ 卜{,___  〉 ,'
           ,' /: : :|: /| /___ |: :|:│ ____|: |    ∧ |     なにそれぇ。
           V| /|: i 斤〒¬ |:.∧斤〒¬|:〈    | j    
             ∨ |: i | Lノ   |/  Lノ  |: |    | 〈     
            / :|: N            リ: |     〔 \..  
          {   |  Y          u 厶ィ|     ∨  }  
          |   | :人      マフ     /:|     [ ∨
         [  八: :.:|≧=r‐r-n-┬=ァァ7 ∧     [ リ
         ∨  \|\八 { /J 人 {/{厶ィ圦    フイ
           \____,,...イ`ー=彡 \乂_,彡ヘ__/ ∧
                     | \│  / /O○      |

790 令和もどこかの名無しさん :2020/01/25(土) 16:07:44 ID:0m/1LUDE00
早い話、脳構造の違いによって生じる得手不得手の事です。
ラノベを含む文学作品の創作に向いた構造でないとプロとしてやっていくのは難しいという
夢も希望もない話。

791 ◆uN377XmBVY :2020/01/25(土) 16:11:52 ID:kT6MGpW200
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、.     ほぇ。そんな話が。
.      l    }: : : :|:.:.:|  ∩        ∩ ..: .:|/ : :. ::.|    
     、  /:.: : -ハ.:.   ∪        ∪ j : : . : : ト、:!     まあ、気合があればなんとかなるでしょ(根拠薄弱
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   
.       /: : : : :.ー-、      ∠l     /..:/ l!:../     
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ        
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>.      
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

792 無暗道人 ◆3x5zQ5cUms :2020/01/25(土) 22:46:38 ID:bYnk4.S200
プロット改良にいそしんでいるが、上手く配線がつながらずにプラプラしている感じがしてもどかしい。

793 令和もどこかの名無しさん :2020/01/25(土) 23:15:24 ID:Jdq4/ILc00
うーん説明が冗長になるな
そしてその説明が読んだ人に伝わるきがしない

794 令和もどこかの名無しさん :2020/01/26(日) 02:03:23 ID:48dyfd6Y00
何がすごいって、職人のカンでプロット引かないタイプなのに、書き方講座を開けてプロット講習するほど理論も勉強してるってことですよね
天才の上に勤勉

795 名戸ヶ谷病院 :2020/01/26(日) 13:53:50 ID:S.U85eoo00
        
「救急を断らない医療(国府 幸洋を除く)」名戸ヶ谷病院(千葉県柏市)

 名戸ヶ谷病院の理念変更のお知らせ
 医療法人蛍水会 名戸ヶ谷病院は開院以来「救急を断らない医療」を継続してまいりましたが、
国府 幸洋先生につきましては予約の人と紹介状のある人しか診ないという方針を打ち出しており、
「全人的医療」、「断らない医療」とは矛盾した状態になりましたので
今回病院の理念を「救急を断らない医療(国府 幸洋を除く)」に変更させていただきます。
国府 幸洋先生以外の全医師及び全スタッフは引き続き「救急を断らない医療」「全人的医療」の精神で
地域医療に全力であたらせていただきます。ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。
             医療法人蛍水会 名戸ヶ谷病院

796 令和もどこかの名無しさん :2020/01/26(日) 17:16:42 ID:0GW3sJ8s00
説明を冗長にしないためには、リアル世界観やテンプレ世界観をベースにする
そこへでーまと不可分のたったひとつだけの特異要素をねじこみ、切っ先を登場人物表のど真ん中にも貫通、
それ一本説明できたらあとはもう説明するものがないという状況にしかならない事件をデザインする

一度できるようになったらすいすいやれそうだけど、その一度目がなかなか難しい

797 ◆uN377XmBVY :2020/01/26(日) 17:23:02 ID:k8gJ8/0w00
>>794
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ      |
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',    _ 人 _
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!     `Y´
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!       !
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

798 令和もどこかの名無しさん :2020/01/27(月) 00:36:56 ID:BJsfmNT200
だめだ、プロットが空中分解し出した。意味のある塊と必然性のある流れがなくなってきてる……
俯瞰しなくちゃ。計器が増え出してるぞぉー(古戦場ハイ

799 令和もどこかの名無しさん :2020/01/27(月) 04:38:07 ID:BJsfmNT200
意味のある塊は作れた、気がする。あとは意味のある流れが作れてるかどうか。点でバラバラな気がする。
それなのにもう1万8千文字。ああっ、まだ伏線も用意できてない。意味不明でも骨皮にしたい。ネムイぃ。

800 ◆uN377XmBVY :2020/01/27(月) 22:49:45 ID:mQJ/CybM00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       (上限撤廃すると10万文字の
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         プロット作ってきそうで怖い
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

801 令和もどこかの名無しさん :2020/01/27(月) 23:11:45 ID:u7Hymi0I00
序盤抜けたら一気に筆が進む進む

802 令和もどこかの名無しさん :2020/01/27(月) 23:35:08 ID:VivQ99m200
10万文字ってそれはプロットというより現物ではないかと。
しかし、現物を先生に評価してほしいという需要はものすごくあるわけで。

803 ◆uN377XmBVY :2020/01/27(月) 23:37:21 ID:mQJ/CybM00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       現物赤ペンしてと言われたら、さすがにおだちんほしいですネ。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  って何気なく言ったらどんどん入札が来て焦った記憶。
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

804 令和もどこかの名無しさん :2020/01/27(月) 23:46:53 ID:VivQ99m200
実際、プロの作家に添削してもらうなんてその手の専門学校に行かないとないですからね……

805 ◆uN377XmBVY :2020/01/27(月) 23:52:00 ID:mQJ/CybM00
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   どうせなら、気持ちの良いこと言ってあげたいんですけどねぇ。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  それがお約束できないのが心苦しい。
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !      
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

806 令和もどこかの名無しさん :2020/01/28(火) 00:09:56 ID:BdOdgBbo00
今ならスカイプとかで個人学校もできそうな気もする

807 ◆uN377XmBVY :2020/01/28(火) 00:15:19 ID:ENd4jVVs00
              ,,  、、
             /::{  }::`ヽ
              /:::::::|  |::::',::::',
           x/:::::::::.|  |::::iメx.',
          メ{:::::-‐===ー:::}::::メ}
             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       個人レッスン?
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

808 令和もどこかの名無しさん :2020/01/28(火) 00:20:44 ID:4cPOCaPg00
(そういえばスカイプの代わりのログツールは見つかったのです?)

809 ◆uN377XmBVY :2020/01/28(火) 00:39:55 ID:ENd4jVVs00




             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

810 ◆uN377XmBVY :2020/01/28(火) 00:40:55 ID:ENd4jVVs00




             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       いっそ、お月謝払ってくれる人が10人20人居れば
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         それだけで食べていけるからアリなのではないだろうか?(おめめぐるぐる
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

811 令和もどこかの名無しさん :2020/01/28(火) 02:09:14 ID:4cPOCaPg00
どのくらいの期間継続するプランで、お月謝の滞納や途中離脱まで視野に入れつつ
都度新規を引っ張ってくるという、現状のマネジメント以上に経営手腕と営業手腕が問われそうな事業案……

そうだ、編集者を雇おう(おめめぐるぐる)

812 ◆uN377XmBVY :2020/01/28(火) 02:11:58 ID:ENd4jVVs00




             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       おこづかい以上のものにしようと思ったら
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         『経営者』しないといけないやつだこれ!
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

813 令和もどこかの名無しさん :2020/01/28(火) 02:14:59 ID:R2kdhZh600
私塾をやるってことですかね

814 ◆uN377XmBVY :2020/01/28(火) 02:18:16 ID:ENd4jVVs00




             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       誰か管理してくれるなら講師やってもいーですけど、
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!         私に経営は難しいですなぁ。
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

815 令和もどこかの名無しさん :2020/01/28(火) 03:19:20 ID:4cPOCaPg00
金銭の授受が発生する(求められたら領収書を出さなきゃいけない)前提だから事務所レベルの住所は必要になるのかな?
身バレを警戒するなら格安のバーチャルオフィス借りて……
そこらへん面倒なら管理者いりますねえ

専門学校から通信講座のオファーが好条件で来るほうがまだ儲けありそう
その手まで新作書いて各社に投げつけてたほうが更に(ry

816 令和もどこかの名無しさん :2020/01/28(火) 09:47:15 ID:QSteVSd.00
個人で小説講座やってる先生、大変みたいですよー。

817 令和もどこかの名無しさん :2020/01/28(火) 22:51:56 ID:BdOdgBbo00
皆さん一日に書く量とか時間とか決めてます?
もっと言えばそれを満たせなかったときってどうしてます

818 ◆uN377XmBVY :2020/01/28(火) 22:55:11 ID:ENd4jVVs00




             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       腹を切る。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

819 ◆uN377XmBVY :2020/01/28(火) 22:59:43 ID:ENd4jVVs00




             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       腹を。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

820 ◆uN377XmBVY :2020/01/28(火) 23:06:44 ID:ENd4jVVs00




             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

821 ◆uN377XmBVY :2020/01/28(火) 23:07:27 ID:ENd4jVVs00




             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       ←普通に締め切り破りしたことある物書き
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

822 令和もどこかの名無しさん :2020/01/28(火) 23:08:06 ID:BdOdgBbo00
ヒエッ
物書きとは修羅道でございましたか

823 ◆uN377XmBVY :2020/01/28(火) 23:13:10 ID:ENd4jVVs00




             /:::::::::::::::::::::::::\メ\
         .::::/:::i:::::::::::::::::::::::::::',:::::::',
           /::/::::::{:::::::::i::::::i::::::',::::i.:::::::i
           {::::i从ハ:::::::ハ从∧i::::i!::::::::i
          |::::| о}/ о  }:::::|:::::::::|       まあ、ペースやらモチベーションやらの話は私もわかんないです。
         ∠::::ゝ  、_,、_,  ∠:::::.>::::.!        
           ヘ:::::≧=‐-  ‐=≦|:::/:::::::::|       
         ヘ::|.Y ム://.:/ Y:レ'::_:::::|_    v、   
          ` i V:{:{:/  ∧/:::::::::::::::`ヽ...ノ:::ヽ  
             __|  !`7  /:::_:>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          γ´ {二|/γ⌒ヾ:__ \:::::::::::::::::::::::::::ノ
         .{  〈_i⌒{      `⌒ヽ--- =≦
          `¨¨¨¨´  ̄`ー──=ニ´ ̄

824 令和もどこかの名無しさん :2020/01/28(火) 23:51:43 ID:4cPOCaPg00
決めてはないけど一日何字書いたか記録はする
勉強でもソシャゲでもそうだけど、「一日ノルマこのくらい」にするとだんだんノルマが重荷になっちゃう
十分だけでもいいから机に向かうという習慣をつけて、あとで「こんなにできたね」って振り返って自分を褒めるようにすると続くようになる

そして、スパゲッティコードならぬでーま行方不明小説ができあがる


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

Splatoon 2 (スプラトゥーン2) Nintendo Switch 対応 - 任天堂


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板