したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |
レス数が1スレッドの最大レス数(1000件)を超えています。残念ながら投稿することができません。

やればできる子で学ぶラノベ新人賞の獲り方 28刷目

1 どこかの名無しさん :2016/09/03(土) 01:59:07 ID:luP9BJCc0
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|  ┬┬    ┬┬ ..: .:|/ : :. ::.|    第三期プロット演習を開催しています。
     、  /:.: : -ハ.:.   └┘    └┘ j : : . : : ト、:!     参加する場合は、トリップ等で自己防衛をしてください。
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   まとめの可否は第三期終了後にお聞きします。
.       /: : : : :.ー-、     マ フ   /..:/ l!:../.      
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、
まとめサイト
ttp://yaruoislife.blog.fc2.com/blog-category-192.html
スレ用アップローダ
ttp://ux.getuploader.com/dekiruko/
1スレ目
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/14504/1452402012/
2スレ目
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/14504/1452503354/
3スレ目
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/14504/1452772534/
4スレ目
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15956/1452772048/
5スレ目
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15956/1454137453/
6スレ目
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15956/1455278708/
7スレ目
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15956/1455979313/
8スレ目
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15956/1456663722/
9スレ目
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15956/1457189370/
10スレ目
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15956/1457837644/
11スレ目
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15956/1458304463/
12スレ目
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15956/1458827129/
13スレ目
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15956/1459597670/
14スレ目
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15956/1460305698/
15スレ目
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15956/1461167593/
16スレ目
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15956/1461935581/
17スレ目
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15956/1462338917/
18スレ目
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15956/1462893366/
19スレ目
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15956/1463584661/
20スレ目
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15956/1464440073/
21スレ目なんてなかった
22スレ目
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15956/1465051533/
23スレ目
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15956/1466004406/
24スレ目
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15956/1467216749/
25スレ目
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15956/1468406690/
26スレ目
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15956/1469536557/
27スレ目
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15956/1471099909/

951 どこかの名無しさん :2016/09/24(土) 19:07:39 ID:bLAU7AdU0
朕さまー>>770をお残しですぞ

952 どこかの名無しさん :2016/09/24(土) 19:38:32 ID:G5nclihM0
真下のレスに書いている書いてる……

953 どこかの名無しさん :2016/09/24(土) 23:44:29 ID:bLAU7AdU0
いやそれじゃわからないと思うけど、まぁいいや

954 ◆uN377XmBVY :2016/09/25(日) 08:56:21 ID:8NEYu2Hk0
                        ,ィィ      .トト、
                  /:::::{      .|:::::ヽ
                     /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                 '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                 }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
                /メ::::j::/:::::::::::::_:::::::::::::::::Vメ
                ,::::::メメ/::::;r'´"´::::::```ヽ、:::::',
                 /::::::::::;/::,.、::::;、:::::,.、;、:::、::ヽ::::ヽ
                ,':::::::;イ::::/⌒V lノ   ⌒ヽl:::ヽ:::ヽ   例のアップローダにSOSを書き込んだ人と連絡が取れました。
                ',:::::::V ,イ ○       ○ }V.{/:::/  スレに貼っても構わないとのことなので、
                \::::\ ""   __  "" ,)}:、/    近日中にスレで読みたいと思います。
                   `ヾ、:ヽ、 _ ヽ-' _ .,.ィ:,、{    
                    `/:::::::  ̄ _ヽ}′     あと、>>770も待ってぷりーづ。
                     /::::::     |三.| \      
                    /::::::::::      |三.| l::::\     
                     (:::: ア7::::     └‐┘ト、:::::.)   
                  /レィ.  __|:::::        |  ̄     
               /:::::::::::し.:´:::{::::::        .::}
            {:::::::::::::::::::::::::|::::::::....................:::::,'
            乂::::::::::::::::::::::l:::::::::::,-‐┐:::::::/
                      ',:::::::/  |:::::::/
                        l__:/   L__/

955 どこかの名無しさん :2016/09/25(日) 09:08:44 ID:YoaLY6DE0
あの説明をしてもらったうえでなにが分からないのかが分かった上に分かるように説明できるのか……

956 どこかの名無しさん :2016/09/25(日) 12:39:02 ID:0XLpLL.g0
だめだー、昨夜風呂で閃いた新ネタとプロット修正案忘れたっ(吐
忘れたせいか、すごくよかった気がする。それとも閃いた夢でも見たのか? もう判らんw

957 鉄の人 :2016/09/25(日) 14:21:39 ID:kjgvmIcE0
あ、770は私なのでお気にせず
要領を得なそうな質問はだいたい友達

958 どこかの名無しさん :2016/09/25(日) 16:57:21 ID:jtoq9CE20
引っ越したことによって7月以来久々に書き込める

959 どこかの名無しさん :2016/09/25(日) 17:39:18 ID:LgB1P6Vs0
7月か、俺が「プロット書いてみるか!」って決意してたころだな
3カ月経とうとしてるけど全然前に進んでる気配がないぜ

960 どこかの名無しさん :2016/09/25(日) 20:05:52 ID:lepCQYl20
大丈夫だ
7月からプロットができなくて悩んでいた俺が、一昨日3時間で1から作れた
一度、ブレイクスルーすると後は楽だ

961 どこかの名無しさん :2016/09/25(日) 20:24:14 ID:LgB1P6Vs0
ブレイクスルーするために設定を明文化してみたりいろいろやってるよ…。
書こうと思ってる話と一ミリも関係ない設定ばかり出てるけどな!

962 どこかの名無しさん :2016/09/25(日) 20:43:54 ID:kjgvmIcE0
小話。一にも二にも小話でどうでしょう
迷ったらとりあえず会話
信じるのです王子、邪神の力を何の疑いも迷いもなく妄信するのです

963 どこかの名無しさん :2016/09/25(日) 20:55:34 ID:0XLpLL.g0
新ネタは思い出せたのに、修正案は1ミリも思い出せないー

964 どこかの名無しさん :2016/09/25(日) 21:17:31 ID:LgB1P6Vs0
>>962
とりあえず2〜3万字書いたんですが足りませんかね…

965 どこかの名無しさん :2016/09/25(日) 21:26:43 ID:YoaLY6DE0
足りたと思ったら足りているんだろうけど、足りたと心の底から思えているの?

966 どこかの名無しさん :2016/09/25(日) 21:30:03 ID:LgB1P6Vs0
頑張ります

967 どこかの名無しさん :2016/09/25(日) 21:37:40 ID:YoaLY6DE0
ただ、キャラはできていて、話の目的もあって、見どころもあるはずなのにバランスが悪いなら
先生の教えとは少し外れるけど、「テーマ」と「デーマ」を別に考えてみるのもいいかも

デーマを「読者に受け取ってもらいたい」見どころで、テーマは「作者がその作品に込めたい」モノって意味で

でもま、別種のやり方だからピンと来ないなら使わない方がいいかも

968 どこかの名無しさん :2016/09/25(日) 21:39:40 ID:WBpgE.mg0
意識しないで書くとセリフ9割、地の文1割の台本みたいになってしまう
これでいいのだろうかと自問自答の日々

969 どこかの名無しさん :2016/09/25(日) 22:03:16 ID:0XLpLL.g0
大抵の無理は先生がどうにかしてくれる。そう信じています。

970 どこかの名無しさん :2016/09/25(日) 22:34:51 ID:jtoq9CE20
確かに小話だと地の文が圧倒的に少ない。まだまだ頭を使った方が良いのだろうか

971 どこかの名無しさん :2016/09/25(日) 22:54:25 ID:lepCQYl20
>>970
頭というか、仕草にも意識したほうがいいんじゃないかな
例えば、告白するときに、好き、と言うにしても
全裸になるのか、手錠をはめるのか、鞭を鳴らすのか、包丁を突き付けるのか、薬の仕込んだ料理を食べさせるのか、でヤンデレの方向が違うだろ
キャラごとの仕草にも気を付けると、キャラ立がよくなると思う

972 どこかの名無しさん :2016/09/25(日) 23:29:12 ID:0XLpLL.g0
小話なら会話だけでもいいと先生は言ってましたよ。キャラ、あるいはキャラ同士のやりとりのブレをなくすことが目的なので。
もちろんバックボーンを想像しておいた方がブレにくいし、書きやすいとは思いますけど。ブレなくなればなんでもいいらしいです。
ただ、初期設定以外の設定は、物語(話)から要求されなければ不要だと思います。(理想論

3回目は生贄が大量発生しそうだし、次スレはそれだけで埋まりそうだなぁー

973 どこかの名無しさん :2016/09/26(月) 12:40:04 ID:tI010K.20
1から読んでようやく追いついた…
世界観の詳細な設定や技術魔法、細かい組織のような設定って
主要キャラクターとかプロットとかを考える時に考える?
それとも後?

974 どこかの名無しさん :2016/09/26(月) 16:35:13 ID:HlpVmC3E0
新たな住人さんですね。ごゆっくりー。

複雑な問題なので、できる子先生が優しく答えてくれるはずですよ。詳細さの程度問題もありますから、扱える計器の量的に。

人それぞれとは思いますが、私の場合は、必要な設定は必要になってから考えますかね?
プロット上で、ブレない登場人物を、大まかな世界観の中で『でーま』に沿って動かしみて、必要に応じて足りない設定を作るとか。

975 どこかの名無しさん :2016/09/26(月) 17:35:02 ID:bu8jN04o0
まとめでなくスレを1からとかしたくねー
数あるプロットと講評はまだいいけど、雑談の中に潜む膨大な質問とか読み込んでられない

976 どこかの名無しさん :2016/09/26(月) 17:43:16 ID:tI010K.20
了解です
ちょっと見直してきます

977 ◆uN377XmBVY :2016/09/26(月) 19:33:42 ID:k0mYl2t.0
                        ,ィィ      .トト、
                  /:::::{      .|:::::ヽ
                     /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                 '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                 }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
                /メ::::j::/:::::::::::::_:::::::::::::::::Vメ
                ,::::::メメ/::::;r'´"´::::::```ヽ、:::::',
                 /::::::::::;/::,.、::::;、:::::,.、;、:::、::ヽ::::ヽ
                ,':::::::;イ::::/⌒V lノ   ⌒ヽl:::ヽ:::ヽ  
                ',:::::::V ,イ ○       ○ }V.{/:::/  
                \::::\ ""   __  "" ,)}:、/    
                   `ヾ、:ヽ、 _ ヽ-' _ .,.ィ:,、{    
                    `/:::::::  ̄ _ヽ}′     
                     /::::::     |三.| \      
                    /::::::::::      |三.| l::::\     
                     (:::: ア7::::     └‐┘ト、:::::.)   
                  /レィ.  __|:::::        |  ̄     
               /:::::::::::し.:´:::{::::::        .::}
            {:::::::::::::::::::::::::|::::::::....................:::::,'
            乂::::::::::::::::::::::l:::::::::::,-‐┐:::::::/
                      ',:::::::/  |:::::::/
                        l__:/   L__/

978 ◆uN377XmBVY :2016/09/26(月) 19:34:34 ID:k0mYl2t.0
                        ,ィィ      .トト、
                  /:::::{      .|:::::ヽ
                     /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                 '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                 }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
                /メ::::j::/:::::::::::::_:::::::::::::::::Vメ
                ,::::::メメ/::::;r'´"´::::::```ヽ、:::::',
                 /::::::::::;/::,.、::::;、:::::,.、;、:::、::ヽ::::ヽ
                ,':::::::;イ::::/⌒V lノ   ⌒ヽl:::ヽ:::ヽ   腸が絶え間なく痛い。
                ',:::::::V ,イ ○       ○ }V.{/:::/  
                \::::\ ""   __  "" ,)}:、/    
                   `ヾ、:ヽ、 _ ヽ-' _ .,.ィ:,、{    
                    `/:::::::  ̄ _ヽ}′     
                     /::::::     |三.| \      
                    /::::::::::      |三.| l::::\     
                     (:::: ア7::::     └‐┘ト、:::::.)   
                  /レィ.  __|:::::        |  ̄     
               /:::::::::::し.:´:::{::::::        .::}
            {:::::::::::::::::::::::::|::::::::....................:::::,'
            乂::::::::::::::::::::::l:::::::::::,-‐┐:::::::/
                      ',:::::::/  |:::::::/
                        l__:/   L__/

979 ◆uN377XmBVY :2016/09/26(月) 19:35:25 ID:k0mYl2t.0
                        ,ィィ      .トト、
                  /:::::{      .|:::::ヽ
                     /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                 '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                 }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
                /メ::::j::/:::::::::::::_:::::::::::::::::Vメ
                ,::::::メメ/::::;r'´"´::::::```ヽ、:::::',
                 /::::::::::;/::,.、::::;、:::::,.、;、:::、::ヽ::::ヽ
                ,':::::::;イ::::/⌒V lノ   ⌒ヽl:::ヽ:::ヽ   勘弁して……ホント、時間ないんだから勘弁してぇ……。
                ',:::::::V ,イ ○       ○ }V.{/:::/  
                \::::\ ""   __  "" ,)}:、/    
                   `ヾ、:ヽ、 _ ヽ-' _ .,.ィ:,、{    
                    `/:::::::  ̄ _ヽ}′     
                     /::::::     |三.| \      
                    /::::::::::      |三.| l::::\     
                     (:::: ア7::::     └‐┘ト、:::::.)   
                  /レィ.  __|:::::        |  ̄     
               /:::::::::::し.:´:::{::::::        .::}
            {:::::::::::::::::::::::::|::::::::....................:::::,'
            乂::::::::::::::::::::::l:::::::::::,-‐┐:::::::/
                      ',:::::::/  |:::::::/
                        l__:/   L__/

980 ◆uN377XmBVY :2016/09/26(月) 19:45:36 ID:k0mYl2t.0
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   さてさて。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  >>770についての話をもう少ししようかと。
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

981 ◆uN377XmBVY :2016/09/26(月) 19:47:46 ID:k0mYl2t.0
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   >>953は概念的な話ではなく具体的なページ数を、ということ
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  だったのだと思います。
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  で、
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  そのためにもうちょっと前提の話を加えないと理解が苦しくなるので
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   ご容赦を。
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

982 ◆uN377XmBVY :2016/09/26(月) 19:50:12 ID:k0mYl2t.0
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   そもそもの話としてですね、
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  『仕込み方』によって記憶耐用ページ数がぜんぜん違うんです。
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  本当は良くないんですが、
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  具体例として1作品あげましょう。
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   『狼と香辛料』です。アニメ化作品ですし読んだ方も多いかと。
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

983 ◆uN377XmBVY :2016/09/26(月) 19:52:44 ID:k0mYl2t.0
※ネタバレ注意





                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   この作品は、タイトルの『狼と香辛料』が
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  1巻の最後の最後で回収される伏線となっています。
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  なんやかんやあって事件を解決した行商人の主人公が、
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  荷馬車でもたくさん持ち運べて利益の大きい『香辛料』と
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   同道するヒロインである『狼』を連れて次の行商先へ向かう……と。
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

984 ◆uN377XmBVY :2016/09/26(月) 20:01:03 ID:k0mYl2t.0
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   これ、作中ではほとんど『香辛料』の話はありません。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  なので、タイトルを読んでからまさに最後の1ページに至るまで
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  『狼と香辛料』というタイトルが何を意味するのかわからないまま
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  進むんです。
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   でも、読者はその文言を読んだ瞬間「ああ、タイトルはこれなのか」と
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   すぐに気付ける。
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

985 ◆uN377XmBVY :2016/09/26(月) 20:02:53 ID:k0mYl2t.0
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   こういうタイトル周りの伏線はとんでもない大遠投が可能ですね。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  なぜならば、『印象が極めて強い』からです。
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  読者の頭に残りやすい『設定』なんです。
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

986 どこかの名無しさん :2016/09/26(月) 20:03:22 ID:XEEbZyFY0
そろそろ次スレの季節?

987 ◆uN377XmBVY :2016/09/26(月) 20:05:44 ID:k0mYl2t.0
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   読者の印象に残りやすい『設定』ならば遠投可能。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  ……ということは、主人公やヒロインの基本設定でも遠投が可能。
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  例えば、
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  ヒロインは吸血鬼。主人公はヒロインの下僕にされてしまった少年。
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   という話があったとしましょう。
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

988 ◆uN377XmBVY :2016/09/26(月) 20:06:16 ID:k0mYl2t.0
>>986
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   あー。そですね。埋め立ててしまうところでした。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

989 ◆uN377XmBVY :2016/09/26(月) 20:09:40 ID:k0mYl2t.0
                        ,ィィ      .トト、
                  /:::::{      .|:::::ヽ
                     /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                 '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                 }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
                /メ::::j::/:::::::::::::_:::::::::::::::::Vメ
                ,::::::メメ/::::;r'´"´::::::```ヽ、:::::',
                 /::::::::::;/::,.、::::;、:::::,.、;、:::、::ヽ::::ヽ
                ,':::::::;イ::::/⌒V lノ   ⌒ヽl:::ヽ:::ヽ   次スレ。
                ',:::::::V ,イ ○       ○ }V.{/:::/  
                \::::\ ""   __  "" ,)}:、/    
                   `ヾ、:ヽ、 _ ヽ-' _ .,.ィ:,、{    
                    `/:::::::  ̄ _ヽ}′     
                     /::::::     |三.| \      
                    /::::::::::      |三.| l::::\     
                     (:::: ア7::::     └‐┘ト、:::::.)   
                  /レィ.  __|:::::        |  ̄     
               /:::::::::::し.:´:::{::::::        .::}
            {:::::::::::::::::::::::::|::::::::....................:::::,'
            乂::::::::::::::::::::::l:::::::::::,-‐┐:::::::/
                      ',:::::::/  |:::::::/
                        l__:/   L__/
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15956/1474888140/

990 ◆uN377XmBVY :2016/09/26(月) 20:13:26 ID:k0mYl2t.0
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   で、えーと。吸血鬼ヒロインの話の続きです。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  ヒロインに細かな雑事までいくつも任されてこき使われてヒーヒー
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  言っちゃう主人公。ちょっとばかりヒロインに恨みも抱くのですが、
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  中盤以降に主人公はヒロインが実は体が弱いことを知り、
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   さらにはその原因が主人公を己の下僕という形で復活させたことが
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   原因だったとわかります。
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

991 ◆uN377XmBVY :2016/09/26(月) 20:15:14 ID:k0mYl2t.0
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   主人公はショックを受けますね。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  いろいろこきつかわれてきたけれども、それはそもそも自分のせいで
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  むしろヒロインは主人公に気を遣わせまいとしてきたってわかるんですから。
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  ……とまあ、こういう基本設定だと「実はこうだったんだよ!」を
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   遠投をしても割と平気。
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

992 ◆uN377XmBVY :2016/09/26(月) 20:17:34 ID:k0mYl2t.0
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   逆にですね、1章や2章くらいだと登場人物の名前なんて
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  覚えてもらえません。
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  はっきり言いましょう。『読者はページめくったら忘れている』つもりで
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  いてください。
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   『同じ性別』『同じ陣営』『同じ場所に居合わせる』くらいしちゃったら
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   確実にってくらい混同します。これでもかってくらいわかりやすく書きましょう。
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

993 ◆uN377XmBVY :2016/09/26(月) 20:20:41 ID:k0mYl2t.0
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   さて、私の受賞作品もあえて遠投を使っています。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  敵役のキャラは序盤に登場したらそれきり終盤まで登場しない構造を
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  選んだんです。
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  具体的には150ページ近く登場しないシーンが続きますが
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   問題なく受け入れられました。
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

994 ◆uN377XmBVY :2016/09/26(月) 20:23:40 ID:k0mYl2t.0
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   もちろん、思い出してもらいやすくするための工夫は凝らしました。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  所属の違い、性別の違い、口調の違い、印象的な言動……
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  『もろもろ強化剤を注ぎ込めば150ページくらいは
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  誰でも耐えうるキャラを書ける』んです。
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

995 ◆uN377XmBVY :2016/09/26(月) 20:26:40 ID:k0mYl2t.0
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   で、
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  『記憶してもらうのに便利な技術』として
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  「覚えやすい別の項目として記憶してもらい、中盤以降にその意味を
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  新たに付け足す」という方法があります。
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

996 ◆uN377XmBVY :2016/09/26(月) 20:28:26 ID:k0mYl2t.0
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   さっきの吸血鬼ヒロインもその類ですね。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  「ぐーたらで主人公をこき使う」が「実は疲弊しきっていて動けない。
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  あと、主人公に罪悪感を持たせたくない優しさ」だった!という風に
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  変換させられるんです。
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

997 ◆uN377XmBVY :2016/09/26(月) 20:29:45 ID:k0mYl2t.0
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   記憶時間を延長するためにちょこちょこ書いて思い出させる方法も
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  もちろんあるわけですが、よりきれいに見える方法として
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  頭の隅っこに置いておいてもらえると嬉しいです。
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

998 ◆uN377XmBVY :2016/09/26(月) 20:34:10 ID:k0mYl2t.0
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   埋まる前にレスを。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  >>958おかえりなさい。ゆっくりしていってね。
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  >>960ようこそ「1」の世界へ。楽しんでいってね。
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  >>964文字数的には足りていると思います。本文に手がつかないという
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「    ことでしょうか? それこそ「何でもって楽しませたいのか」を考えて、
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/     プロットとにらめっこしましょう。
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

999 ◆uN377XmBVY :2016/09/26(月) 20:38:45 ID:k0mYl2t.0
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   続・レス。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  >>970セリフだけでも別に良いのよー。
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  >>973お疲れ様です。ゆっくりしていってね。物語と設定の関係に
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ   よりますね。その設定(魔法等)が物語の根幹をなすならば
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「    初期に考える必要がありますけれども、枝葉に近いのならば
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/    後回しでも平気。
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !        両方が混ざった小説書きました。本を出す前に設定いじりましたね。
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

1000 ◆uN377XmBVY :2016/09/26(月) 20:41:35 ID:k0mYl2t.0
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   さらにレス。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  >>975 激 し く 同 意 。
               |:::::::::::|:::::|            |::::|   というか、進行度の違う人が質問をするわけですから
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ   ピンとこない質疑応答がかなり多いはずです。
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「    なので、質疑応答はおおよそ個人向けだと思ってください。
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/   気になったら気になったときに聞いてネ。重複してても答えてるよ。
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!




■ したらば のおすすめアイテム ■

レッドブルエナジードリンク 250ml×24本 - レッドブル・ジャパン

フルチャージ!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板