したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

【安価】やる夫は誰かのために戦うようです【R-18】

1 ◆x0SRSoJXe. :2018/11/18(日) 22:14:42 ID:NOfdPGR20

   ∧ `i¨ヽ   i   i  γ⌒ヽ`i¨ヽ `i ̄'`| ̄`ヽ.  .i\ i\
  _/,,∧ ├く    ∧ .∧ {{   }}|-く. ├一.|    }  .| | ヽ| .:iヽ
. _/_   ヘ_jL \__/ ∨ ∨ヽ、__ノ jL \」__.,イ!____ノ   | | .:| | ヽ
                    γ⌒ゝγ⌒ヽ `i¨ヽ `i ̄'\‐┘ー, .| └─:\
                   {{   {{   }}├く ├一. ¬┌ .:| ┌─'′\
                    ヾ、__.イ ヾ、__ノ .jL \」_イ   j_.L._j__L      )\

●この作品は株式会社フロム・ソフトウェアによって平成18年12月21日に発売された、『アーマード・コア4』の二次創作作品です

●原作との相違点も多く、作者の知識の至らない点は自己解釈によって補われています。あらかじめご了承ください

●この作品はフィクションであり、実在する人物・地名・団体とは一切関係ありません

1464 ◆x0SRSoJXe. :2019/10/09(水) 22:02:54 ID:h7HJKgEw0

┌─────────────────────────┐
│.     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.、:.:.:.:.:.:\      .│
│     /:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:/:.:/:.:.:.:.:/:.:.:.:.:. |:.:. | : l:.:.:.:.i:.:.:.:ヽヽ:ヽ     .│
│.    i\:.:.:.:.:.:.:.:./:.:./:.:.:.:./:.:.:/:.:.: |:.:.:.|:.:.|:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:i ヽ:.:',     │
│      |:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.i:.:./:.:.:.:. i:.:.:,':.:.:.:..|:.:./|:. |:.:.|: |:.: |: : |  ヽ:i   ..│
│     |:.:.:.:.:.\:.:.|:.:/|:.:.|:.: |:.: i:.;:‐7|‐二|メ|:.:|:.:|:.:.||:.:.|   ヽ    .│
│.     、\:.:.: ヽ|:/-|:. ! : |:.: |:.: /x 斥 |/ {:/|: !:.: ||:.:|       .│
│     ゝ:.:.\:.:. |{´`l:.:|:.:.:|:.:.|:./ヘ {::リ/ 〈/ lイ:.:./l:./      ...│      ミッション開始。
│      |\:.:.:\:|\ ゝl:.:.:|:.:.|/   ゝ'  \ |:./ レ′     .....│
│      |:.:.:.:.ヽ、ヽ:| `!:ヽ:|、|       / レ′         │      接敵し、速やかに目標を殲滅して。
│      |:.:.:.:.:.:.:.\/  ‘, \\    ― ´             │
│      |:.:.:.:.:.:.:.:. |   ヘ:.:.:.ヘ    /               .│      ……最初に。これは私の勘だけど、
│      |:.:.:.:.:.:.:.≠__   ヘ:.:.:ヘ ―‐´              ...│
│      |:.:.:.:.:. / `ヽ、≧ュ、_ヽ :.{                  │      今作戦でもネクストが出てくるよ。
│      |:.:.:.:.:.:|::\   ≧ュ、`ヽヽ                 │
│      |:.:.:.:.:./::::::::\     \l┤                .│      今、この場にはユニオン側ネクストが三機もいる。
│      |:.:.:.:/:::::::::::::::::\    ヘ{ ヽ、             ....│
│      |:.:.:/:::::::::::::::::::::::::\   |\ ゝ             ...│      潰せば数的優位も覆る。
│      |:.:/:::::::::::::::::::::::::::::::::l` ̄ 7  ヘ´ヽ           ....│
│      |: i::::::::::______|  ,′   ヘ::::i          ......│      留意して。
│      |: |:::::l´::::::::::::::::::::::::::\ \   ヘ:|           ..│
└─────────────────────────┘






      ____
    /     \
   /  丿     \
    ' (●)       \      了解ですお。
  (l、__)          |
    ⌒´         /       どのみち、手間取ればコジマ汚染で味方が巻き込まれる。
   `l          \
    l           \      さっさと決着を着けますお。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
輸送機から軍事キャンプまで少し距離がある状態で射出され、
今にも雨で地を濡らさんと密集し隆起している雲の下を這うように飛ぶ。
視界はお世辞にも良好とは言えないが、この程度なら問題はない。
空を覆う灰色の天蓋を背に、メインブースターを唸らせる。

敢えて上空から参戦し、注意を惹きつけながら包囲陣を薙ぎ払うというのが、
今作戦でなのはが企業の人間の代わりに立案してくれたプランだ。

マーシフルの機動力と火力であれば、下手に加勢するよりも
そちらの方が殲滅効率にしろ味方の生存率にしろ都合がいいと彼女は語った。

事実、その通りだと思う。
この機体は下手な慎重さを採るべきではない。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1465 ◆x0SRSoJXe. :2019/10/09(水) 22:28:58 ID:h7HJKgEw0


                         | i
                         | |                       >ヽ
                       _ |_|                      / /; ∨  >-y
                 ,___  /´`ヽ `ヽi                     / / 」_,><´ ゝノ
          ,. _      i'`ヽ`y-----、ヽヽ       >-<       _,,.. { i´::::ゝ_> ´
         //  > 、   { ) `{o}::::::::i:::} }「i}|   ,> ´  /二∨< "~´    ゝヽi'
         ∨    `>,ゝ、_/ /≧ュソ//:.!」;  /    / <´        > ´
          i      // >γ::::yヽ、_///`!-i_,,.> <´         >´
         人     /<ヽ 从:::::::::Y;:::::}´ ィ' <´   > ´>、<::、ィ::<::、'
       /  ><´:::{:从 入入丿丿 <´   > ´    ∨::、::::、::><}       ふむ、思ったより早い到着だね。
      />' γi::::(::!::::>、`_ノゝ-<´    /    > ´、\\><_/
     /ゝ' ュ、 人 マゝ}´>i>i´      >'    /ヽ<´ ` ̄ ~
   >´   `ヽィ'  ゝ<i::::::::::::::i_ >-<> ´ ミ三ソ<' ,ノ
 / ∨   ィ' ィ >==|::::::::::::::::::::i ゝ--一=><´_,,..ィ´
 |  }=-、イィ'/  > 、|_:::::::::::::::::ゝ三/:::::マム    i' /
..人 \ X /  /≧ュ、}::::::::::,ゝ-<i:::::i:i::::.マム_,,..ィ ∨
  `~´ `>-ヽ、≧ュ、 レ<´||||}' | i:::::i:i--ゝ'|_,,..- /, -、
   i'    ||::i::/>< |:::::::||||\ i:::::i:ii7i'  ̄ ̄`Y i' ∧∨
   |    |:|::}-ィ'   /:::::::`iiiiiiヽヾ:::}:i j     i i∨ ∧∨
   |    |:|/ /   /:::::::::::::|iiiiii| `-' .|     i | ∨ ∧∨
   |    j::::::i  /::::>::::´::::>   i |     i | ヽゝノ
   |   /::::/  {>´::::<´  i |i   i |     .i |   ヽ、
   |  /:::::/、 /`i ´     i | i   | |      i |     ヽ、
   ト</ \\ヘ ゝ、..,,   | ノ ∨___i | _,,..< 丿ゝ /  \\





      |i:::::}_,,,,,,,__   i´ ッ; 、   、.
      ト::/,_::ェェ-.... ̄ゝソ、ノ     "'' <:::::::::::::::::::::::::::
       ャ∠三ニ=- 、,,::::::::::::....、 _ `ヽ    ヽ、::::::::::::::::
        /三三三三三三ニ=ョ、,::::::::::.....  `ヽ   ヽ、::::::::
     へ二三三三三三三三三ミ  _::::::::::::.....
       {:::i` 、三三三二ニニニ/  {三二ミi、::::::::...
      、,、::: `{! ' ・ 气三三彡   i三三三圦、::::...、_    〉
   ≦ミ´  :i| 弋_ _,》i|  `≧、_,,、ョ''ニニ三三ニミョュ、_ゝ        聞こえているね、マーシフルのリンクス。
_/::::::::ミ   |     ̄ノ/    { {!¨ ' ・ ‐-=、ニ二厶イ:::::\
´:::::::::',     |      ノ      ヽ、_ __,ノ′   i:::::::::::::,ゝ      こちら国崩、新城直衛だ。
:::::::::斗     i    {           ̄       |:::::/,
:::::::::ミ、   {∧    ヾ-‐、                /         随分と楽しいことになってきてはいるが、僕はよくても
::::::::::::::`,   ミ::,  、  `:r‐ヽ              r
:::::::::::::冫、  /∧  ` 、_               、,_、vr          他が限界でね。救援に感謝しよう。
::::::::::::::::ミ   |:::∧  ゝ、_"'' ‐‐‐-_,‐ャ'´    ., 'r´  ''
:::::::::::::::::::≧  |:::::∧     ̄ ̄       ノ     v゛        
::::::::::::::::::::从 ハ:::::::゙ゝ、          ...:::、,ミ´ 、 κ"
:::::::::::::::::::::::::ゝ ゝ::::::::::≧- -‐=ニ ´  斗  、イ゛

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
軍事キャンプのSIノーマル部隊を指揮するネクストからの回線が開かれ、
そこからAMS越しに粘ついた視線を感じた気がした。
老獪さと悪辣さが張り付いた表情が目に浮かぶようで、
やる夫はいつか八咫烏と協働した時の嫌な感覚を思い出した。

「新城直衛……あの時カタストロフィと協働してたリンクスかお。
味方なんてさっさと見捨てそうな奴だと思ってたけど、意外と律儀な男なんだな」

思わず悪態を吐くと、新城直衛はくつくつと昏い笑いを漏らした。
精神の奥底に泥がぶちまけられ広がっていくような気分にさせられる。
楽しんでいるのか?

「いやなに、我々も余裕のない身でね。人員的にも物資的にもだ。
使えるうちは使いたいし、捨てなくていいならそれに越したことはないさ。
それでは頼んだ。ご武運を祈ろう、同胞よ」

皮肉気な一言で通信が終了する。
サーシェスといい、この男といい、戦闘中によくもそんな笑いが出るものだ。
きっと幾ら殺したところで、最早なんの感慨もないのだろう。
楽そうだな、とは思うが、羨ましいともそうなりたいとも思えない。

新城直衛の張り付くような笑い声を振り払おうと、ブースト出力を上げる。
まともに聞けば鼓膜が引き裂かれそうなジェット音が鳴り響き、
放たれた鏃の如く飛翔する。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1466 ◆x0SRSoJXe. :2019/10/09(水) 22:46:52 ID:h7HJKgEw0

               〈
              //,
             .ノ//"ヽ,
            .ィ{ーイ_`ヽ ヽ
       i==、   .ヾ}=、ノP}、ノ__>=ュ
      マ{====ィ─┐ム┴ア┴{┴┴┐'´.7     ……小競り合いでもあったのかは知らないが、今は敵に集中してくれないか。
       ヾ  咋/ ̄//咋.//|   ∥.<
        ', .|┘ ̄ .| .|| ゞ |i |   ∥ }       俺とて仕事で来ているんだ。私情を持ち込むのは戦闘が終わってからにしてくれ。
        }`.i=、|__| .|| ,ィゝ-ゝ<_i{`∨
        i{v。7マ{ユ∨フ''ゝイ7/ マ=i|_ .}
       /〕〔∥├.ユ∨====〈'ノ./}][./ヾ}
     i≦{ ̄∥三/ /ア┴┐三i"i´}=〈-i‐<
     |./ i_ ∥|┐ー.|´ |.i┐.|| | i .i |_,/.i.| .//
     y_/  〉 |┘‐.| .|.i┘.|| . | i_/´ }_| ゞイ
     {ニ≧/.| `"{=〈 `i""´  .|_└≦}is。}





                 ,.  -ニ ̄ ̄::::ヽ ̄`::..,
            /:::::::::::::::Xゝj_jリ:::::::::::::ヽ
           /::::::::::::::::::ノ_,,..、  `´゙`╲::::i
           /::::::::::::::::::_//"二_ ヽ  !、 ハj
         i'"´,,.zェヲーl ィモヲ `ヾー, i´、__{
..        l./´ヽ'´ .ノ 丶`¨ ̄´ 丿ハヌ ヒメ{ l
            j r`丶¨   l.` ー- ´   ,)ーi´       ああ、こちらはヘヴィードーラだ。
            { i´ら 、  l       , 、´,、  l
.            ヽr- ソ!.  ',    ,イ  ` { ,'        指定されたポイントで火力支援を行っているが、
          .l    l   ',    、ー-イ /
          「¨ミ>、 ヽ、       ⌒ /          いかんせん数が多すぎる。
         ノ   \ 丶  ゝ  _/
        /      \. <, -‐´             さっさと手伝ってくれ。
       ,' "´  ̄` >  ヽ /__,
      ╱    /  ',, ╲ 「∧!
     ,.'     `¨´ ̄ ', メ{ メ、
 .  /           ,.. ⊥ .,,_\  ヽ,
   ,'     ,. zヲ'"´      `゙丶、 {_
  ;  /./             ハ j
  .i  ///               ∨
  .i ,'  /                ゙ハ
【ランク17:ノービィ・ノビタリア 独立傭兵】
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
一方で、ヘヴィードーラから聞こえてきた声は粛々とした傭兵然とした声だった。
焦燥も熱狂も恐怖も感じない、静かだがどこか空恐ろしいものだった。

確かリンクスとして登録されたのは自分より少し前くらいだったはずだが、
声から醸し出される貫禄は全くの別物だった。

「了解、こちらも接敵までもう間もなくだお。
もうしばらくだけ待っていてくれお」

レーダーに視線を落とすと、敵の存在を示す赤い点がぶわりと沸き上がった。
人海戦術とはまさにこのことだ。軍事キャンプは山岳地帯の麓に設営されている
らしいが、それをぐるりと囲むようにMTとノーマルでできた分厚い壁ができていた。

姿勢を傾け高度を落としながら、右腕部のレーザーブレードを展開する。
二又に分かれた部分に青白い雷光が迸る。
特有の甲高い轟音と共に閃光の矢が地上へと放たれ、
眼下に展開していた敵ノーマル部隊へと降り注いだかと思うと爆炎を上げた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1467 ◆x0SRSoJXe. :2019/10/09(水) 23:04:30 ID:h7HJKgEw0

┌───────────────────────────┐
│         /.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>、i.:.イ´.:‐..:.:.─ 、      ..│
│       ,、イ.:./.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:::.:´.:.:.:.:.:.:.、.:.:.:.\      │
│      nヘ.:.:;.:'.::.::.:.:.:,イ.:.:..:.:,イ.:.:.:.:.:.:.:.:;l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_.:j¨`ヽ.⌒ヾ:.、   .│
│     ,イj、.:.v.:.:.:.:.:.::/:/.:.:,イ/.:.:.:ノ!.:.:i.:..:j.:.:.:.:.ヾ;,.:.:.:.:.:.:ヾ.:.:.ヽ  `ヘ    .│
│    /ll!ハ:.:′.:.:.:.:/././.:/.:/.,ノ.;/l:.:;!.::l.ヘ;.:.:.ヽ,:.:.:.:.:.:.ヾ,:.:.';   !    │
│    ∧jハ.:′.:.:.:.:.′〃xfz左z,;,X, .j:/ !:;|:.:.:l.:.:.:.l.:ヘ.:.\.:.::.':;.:.';   ......│
│    l.l.ヽ.:.:|.::::.:.:.:|{:.:.,仆乞芸て卞 >′l./j.:,リ.:./.:l.:.ヘ.:.::.ヽ.:.:.';.'|    ..│     数に惑わされないで、冷静にね。
│    '.:.:.:;:升∧::.:.|.:.:{イ ,伐::::::斥′  ノクサトxj:.:.li.:l.:.ハヽ.:.';.:.:;.!    ..│
│    ∨  !′l:.:.:|:.:.! 、辷ークノ     ケ云x.:ノメi.:/.:.:.:.:l.:.:.:.:.l:.!   ......│     とにかく包囲陣を食い荒らして穴をあけていくこと。
│.     ゞ、)l::.:.:ゝ:ヘ、:! `¨¨゙`     /.::ヌリケ;´.:;リ..:.:.:.∧:l.:.:ハ!     .│
│      'iーl;:.:.:.::.个`         匕゙.ノ_ノノ/!:.:.:.;/ レノ !     .│      残ったら味方に任せればいい。
│        l.:人::.:.:.゙l             ¨`て.._`V.ハ.:::/   !′     ...│
│     _,、n<  '.:.、∧       c。   人__,¨\:l/         .....│
│  イ´.:::.ハヘ '、l?∧          .,/: :.j  /}′           │
│/ l:::::::.,  \ ´、?「>、     , イ´.  .:.イ´.:l.:.|           ...│
│   j::::::::.ヘ  \  \ヘf>.ー イ. . . :<.:.:.:.';.:.:.:|.:|           .│
│/¨ ヘ:::::..∧ /\` >ー<cハ. . . . . . .fヽ,¨ -ナヘ.';.:.:|.|            │
│////∧::::..∧\/∧ Y∧:ll. . .,,..イ".ソ ',////,j.:.';.:.||          ......│
│/V//,∧:::::..∧、/  >介イー"´ /.:::.∧//zj.:.:.';.:.|          ......│
│j∧V//∧:::...∧  jメヘ__ -イ.::::::::::::.∧//j.:.:.:.';.|           ..│
│j:iV∧//∧:::::::..\ ヽ´.:::::::::::::::::::::::::::::::::人/j.:.:.:.:';|            │
└───────────────────────────┘






                            /  / ///
                        /// / ./
            r;..'.´ゝ, - ィf壬}γヽ/_,.--<
         ___ィ..;..;..;..八   Y .,弌_/ /:::ヘ-、__`y⌒ヽ
____,.ィ:::::::::::::::!..;..;..;..;..;..{--―/  >、:::r'`ー人  ノ
::::::::::::::::::::::::::::ト--イ::}..;..;..;..;..;ソ  ./_,ィ´   ゝく   フノ化リ
 ̄ ̄ ̄ ̄`ー―― 'ゝ..;..;..r'      〉<   /  ´.イ彡′         要は派手にやれってことかお……!
                     {ゝ---t
                    {≧!.}‐-≧}
                  , イ Y::HY:::::::人、
              _ ,ィi ノ  レ´.!リ`\   \
              ト'´ 丶r-'´.  `   `ー 、 >トrt
             //   ノ´           `ヽ::レ´ ヽ、
          __/ / r'´               \-ヘ ヽ_
        r::/´  r‐ '´                  `ゝ\_ `ヽ
       /  二ノ                        \` -\._
    _ ,ィ≧-z::ソ                          ヽ,ィレ::ヽ _
   / ゝ:<´`´                            ゝ\丿`ヽ、
.  〈    /                                `丶   .〉
   `ー ´                                    `ー'


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
飛んでくる弾丸やミサイルも意に介さず、オーバードブーストの勢いのまま突貫し、
敵機がアサルトアーマーの射程内に入ったと同時に間髪入れず装甲を展開した。
カメラアイが保護シャッターに覆われ、視界が一瞬暗闇で閉ざされる。
次の瞬間には轟音が鳴り響き、視界が戻る頃には辺り一帯が残骸の山と化していた。

コックピット内にミサイルアラートが重なって鳴り響く。
滑空しながらアサルトライフルを構え、ロックオンサイトに入った敵機へ
手当たり次第に弾丸を浴びせていく。

突如として現れたマーシフルの影響か、敵側にも相応の混乱が起きたようだ。
軍事キャンプ側のノーマル部隊の無線とAMSの通信が混線し、
彼らの声が聞こえてきた。誰もが興奮しきった声で怒号を飛ばしていた。

「敵が止まった! 前に出ろ!」

「こっちにはネクストが三機もいるんだ、怯むな! 勝てるぞ!」

どうやらSIノーマル部隊がマーシフルの参戦で勢いづいたらしい。
これだけの包囲であっても戦意を喪失しない辺りには素直に感服させられた。
この勢いを決定的なものにするべく、弾丸と熱線をばらまきながら疾駆する。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1468 ◆x0SRSoJXe. :2019/10/09(水) 23:08:13 ID:h7HJKgEw0

                 , ----- ..,,_                 _,,.-''、::::ヽ--<
                Y::::::::::::::::::::::::::::::≧ュ、            ,r',r/´:::::::ヽ{ >-il
                |:::::,r´     ≧ュ,::::i           i-<ィi:::::>::::´::}/ゝ<}i  />ヽ
                 |:::::|         !::::i          |-、`i-<::::::::::::i二二i:l´ / ヽヽ
.                |:::::|         !::::i>'  ̄\``''=-、..,,_{::::::}:|!コ`''= 、..,::::::,-,!    / >
                |:::::i--<   ,----!::::i-<_ 、 \    \;::::|::::ヽ、__ ,...二/_|> 、     /;
                |::::|::::::i |  ,-----|:::::|-{:::::i `≧、 .\    \!::::l::|:::::::'二}:!:{ > 、 >,/ /
                |::::|::::::i |<二二_|::::::|::i二/___/.i、\ \     \-{--/i..i<ノ}∨\ i  } /
             , ----|::::::i/三三三/i::::::|::/ヽィ´i::| 、ヽ\ / >  、..,,!-<ヽ、_ >y:::\ / /       ふむ、聞いていたよりも
               i ̄>┴-┴三三_/:::i::::::|/<_/-i-<` >< > 、..,,_/:::::::::::::>、i> ´::::::::ヽ
           . <´::::::::::::::::ヽ:::::::i::|:::::i::::::i:::::/::::ノミ 、 ,/ /i ><`::::::::::::` 、::::::::::::::::::ヽ::::ヽ::::::::ヽ       筋がいいじゃないか。
         > ´:::::::.`ヽ::::::::::::::::::ヽ:::i::|::::人:人_ノ´::l  >< //, ':::::::::::::::::::::::::::` 、::::::>-ヽ_ヽ:ヽ
     > ´::::::::::::::::::::::::::::Y:::::::::::::::::}:::i::|<二二二i{二i> >/_.ィ!':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` 、-`i i'`i ヽ ヽ       
   ,ィi´:::::::::`ヽ:::::::::::::::::::::::::i::::::::::>´::::i::|::::::::::::::::Y:::::i:::」 i / iノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::l. | .|::::::::i
  i{:::::Y´ `Y::::}i:::::::::::::::::::::ノ::>´::::::::::::i::|:::::::::::::::::|  /i i   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::|  ! ,!::::::::i
  l:::::人  人::::l:::::::::::> ´ヽ-------ヽヽ二二二i{二/ /  /、..,,_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::::` i´::::::::;
  .人::::::::::::::::::ノ> ´   | i       i |  /二l=Yj /  /   ~``''= -、..,,_::::::::::/、::::::::/:::::::::/
    ゝ---<      | i       i |  /二l三i /  / ~``''=- 、..,,_   ~``{/.Y Y/:::::/
               ! !____// /---|三ii__.ィ´   ∨:::::::::::::::::::~``''= 、从_ノ.::/
               ヽ____i / /--i'{==!       ヽ::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::!-<
                        / / /           Y三≧ュ、::::::r'-<
                       ` ̄





            ゞ-ニ====-ー--......
           フ= 三 三三三三二_ヽ
          ゝ 三 三 三_,,...----y´
          |"''"三,.へ三i"  /,,--、 〉     だが……このまま終わりってわけにもいかなさそうだな。
          |三テY ,ヘ,`=j___i_..=iテ,〈
          |=≠ ヽ. ''}   ̄ ̄ヽ ̄;´_ >     今日は厄日だ。
         ,.へ.   └‐'' i       _..>
        ,.へ,  \     `'     ''^(
     /`'ー、`''ー、 `'ー、   `''ー- ...ノ
   /    `'ー、 `'ー、 `'ー'イ

1469 ◆x0SRSoJXe. :2019/10/09(水) 23:30:14 ID:h7HJKgEw0

┌───────────────────────────────┐
│          , - ‐‐‐- 、:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.ヽ、   ....│
│     ,イ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.ヽ:.:/く::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. i   ......│
│    /:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:--‐ヽヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.: |   ......│
│   /:.:/:.:.:.:/:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:./:.:.: 7|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   ......│
│.  ///:.:.:.:/:.:.:/:.:.:.:/:.:.l:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.!: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   ......│
│. /  ,':.:.:.:/:.:.:.i:.:.:.:.:.i:.:.:|:. ∧:.:!、:.:.:.ヽ:.:.ヽ__:.:.:.:}:.:.:.: }:.:/ |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |   ......│
│   ,':.:.:.:,':.:.:.:.{:.:.:.:.:.|:.:.ハ:.i ヽヽヽ:.:._メ:.´ヽヽ:.:.i:.:.:.:|/:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : |   ......│     やっぱりいた。
│    i:.:.:/|:.:.:.:. ',:.:.:.:.:|-/_|_|  ヽ/,イ圷≧i:.i:.:.|:.:.:.:|:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : |   ......│
│   |:./ .|:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:!:.iイうミ      {::::::::ら |:}:.:|:.:.:.:!´.ヽ:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : |   ......│     マーカーセット完了、
│   |/  !:.:.:.!:.:.ヽ:.:.:.|〃{:::j      辷シ !:.:./:.:./| ヽ.} |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ......│
│.   |.  ',:. | ',:| .|ヽヽ`.ヒリ            /://:.:.:! /: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ......│      予想通りネクストだよ。
│.      ヽ| リ !:.:.ヽ\ ヽ       .〃|:.:.:.:.:./_//.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : |   ......│
│.       ヽ  i:.:.:人    -‐-    /  !:.:.:.:.//.  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ......│
│              ',:.:.:.:.ヘ              |:.:.:.:/.    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ......│
│            ヽ:.:.{ ヽ、       .<.|:.:./l      |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ......│
│             \i   >.-t ´   |:/‐┤、.  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ......│
│              \    r、| .-  ̄/ / i、  !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |   ......│
│                   〃.ヽ   ./   |::`ヽ.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : |   ......│
└───────────────────────────────┘





      ____
    /     \
   / \   / \
 /  (●)i!i!(●)  \       まだ敵が増えるってのかお。
 |  u , (__人__)    |
 \    .`⌒´    〆ヽ      そっちの方に向かいますお! この中で対ネクスト戦に一番向いてるのはマーシフルですお!
  /          ヾ_ノ
 /rー、           |
/,ノヾ ,>         | /
ヽヽ〆|         .|

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
レーダーに新たな反応が表示される。
回転しながら地を滑っていき、群がりつつあったIGIOノーマルを薙ぎ払うと
最大出力で上昇した。

それはすぐに見つかった。
なのはのつけたマーカーが指示した先にオーバードブーストの光が見えたからだ。

白く重厚な機体には目だった傷は見当たらず、
背部には無骨な追加ブースターが翼のように搭載されていた。
マットブラックのレーザーキャノンとレーザーブレードを携え、
まっすぐにこちらへと向かってきている。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1470 ◆x0SRSoJXe. :2019/10/09(水) 23:48:26 ID:h7HJKgEw0

                      , ― .、
                     // , -、.ヽ
                __  ../ { ./彡=マム      ,, ─、
           /ミァ 'ィ エミエュ`ニャ〉== 、  ヾ   マ彡三フ ヽ,,<彡三ム
          ム `- | `<>-<::::イァ-=.ヲ ̄三i  ,, - '' "   -'─'' "  マ三}\
          マ  >   }ェェェュ、lミ.ト_ノl .ミ .三ミ){       }‐- 、     }三三
          .'-ャ.{ .`ァ─'三>' レ三ヒァ" ̄  .ム_,, - ''"    .ヽ  ./`寺ミチ 
           .マl,  .{三三|}' `}}二二イ.ァ `i >'',,ィム       Y ノ   `マ
           マム   マ三ミ`─}、__/l ェェェ ' i マ三lム       / \            釣れたのは二機か。
            /.>、--ミノ   i   i     i マ三三、__>''"   } ,, -''ヽ
           /./ ,.タ巛、./  , .l   l  ,-''" .i-、 マア"/ヽ !、   , 、 /"    ヽ      国崩を含めれば三機……
         ./ミ,ァフ`寺彡-マミ、ヽ\- 〈-ァ、ェ彡ム .,,<彡'   ヽ \ }ミ<      >}
         /ミチ/'   У ィ=/` }-レマ三}' .}、,,≦三三三}.、\ .}_./{彡、 ,, - ''"マ /      ま、これだけ落とせば上も少しは
        ./ミチ/     / ̄',,アェェェェ'イ三三l三三>三ミ>i.{  {ム ヽ"     ム
       /ミチムヘ、   /  ./}マ 、ミチ三三三チチ三三チ/ .l   ` マ三、   ,, .ィミ、     溜飲が下がるってもんだろう……
        ゝミ.' ャ、へ.ァ   ./ムl{` -イャ .ァ <,!-<二マ三ア三} i     ヽマ/三三三}
       /三}-<ファァ、  ./ ./"\ マ ` l .l   ム__ゝイ三チ i       `寺ア--、- 、
      ./三/ミ/  ムミ、. ,イツ    ` マ   l ヽ、 ,,ィ ア三チ `' ヽ       .ヽ{ミノミ/`}
      /三/ミ/  .{レマチ  i     } Tェェェ{__/ {{''    ヘ \   ,,ィ彡\.{ミ} }, ィェャ
【機体名:アポリオン 重量二脚】




 /   / /  /  /彡/ /'''''''‐-、_              _-‐二 --―
 |   /|    ヽ  川人 |     \,__ 、_  _,, -‐ '' ~ ´
 \    ヽ_,.、`'  | | |.|  r-- 、_  \ヽ \      __,. -‐'\
   `ヽ~~')   ' 入 /  ハ | _,.、_ ヽ ヽ〈  \            `'-、_
    ノ  )   / |     | `'´  !,,.-|  |::.  ヽ__,,,..
   / _,./ _,.- i'  /|, ri ノ )i、   /  |:::::::.  \、_  ヽ~''‐ 、__
 /'~´  /   | |;;| `~ '''' ノ|_川   `''‐ヽ::::::::::..   `''''''''`―――`-、‐ 、
 レ /  ' __,.| |;;| / /!   ヽ      ヽ:::::::::.         /´ ̄フ
./ / / |    | /;/,,く |    ヽ       ヽ:::::::       /   / /        お、向かってきたな。
.| .| /  |  / _/;/(、!;|/     i       ヽ:::::     /     | |
ヽ,| |  ト、  \、;;'‐7.`!              ヽ::   / __     | |         ありゃあマーシフルか。
 ヽ |  ヽヽ,,,,,,,,|_ _,.-‐==‐''~           |:::  // |/ `'''''‐- 、| |
  l、ヽ   ̄,. ___ ̄-''´               /:::::.../ | |      | |         これまであいつに二機やられたって話だが……
  \ヽ_,.イ .|´| ....:::::...            /:::::::/ / | |    _,. -''~´
     ̄´ ノ ./ /'''  ,. -            /:::::::/   | ヽ-''~´             どうせロストワードのおこぼれだろう。
     ノ  / i   -''_/ ,.- _/        /::::::/   / / _,.-‐''''~~~~''''7
    ( r‐'  `''''''~~|,. '´,イ´ ....      /::::::/ | / _/ -―‐'''''''''~~~~~       とっとと片づけよう。それがいい。
     ヽ_ヽ      ヽ- !ノ  ::::      /:::::://-‐二 --―‐''''~~~~フ~/
      ヽ|         ヽ,,,,;;i     /:::,.-'´-''~´/ /      //
       !ノ           .|     |_,.-'~´   / /      / /
                   ヽ、_,.-'´     i i      / /
【ランク6 ディエゴ・ブランドー 独立傭兵】

1471 ◆x0SRSoJXe. :2019/10/10(木) 00:06:44 ID:.r9g6gBE0

┌────────────────────────────┐
│                  , ---------- 、       / ̄ ̄ ̄ ヽ、    .│
│            __ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ    │
│       , イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::く-┐:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i    │
│     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.: /ヽ : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  .....│
│    /:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ/|:.:', : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  .....│
│   ./:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',:l:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|  .....│
│  /:.://:.:.:.:.:.:.: i:.:.:.:.:/:.:./:.:.!:.:./ i:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',:.:.:i :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|  .....│
│  // ./ :.:.!:.:.:.:.:.{ :.:.:.:i:.:/:.:./|:.:,' ',:.:.:|:.:.:.:|:.:.:.:|:.:.:.:.:.}:.:.| :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|  .....│
│ /   {:.:.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:.:.┼廴/_.|:/  ヽ:.!:. ⊥_|_:.:.}:. i:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|  .....│   ID照合終わり。ランク6、ディエゴ・ブランドー。
│    i:.:./ |:.:.:|:.:.:|:.:.:. |,イう≧、ヽ   ヽ|芹う≦、:.!:.:.|/|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|  .....│
│    |:/. !:.:.:!:.:.:!:.:.:.《 {::::::::ら    ´ {:::::刈 》/: /ヽ|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|  .....│   機体は大口径レーザーライフルとレーザーブレード主体の
│    |j   ',:. |:.:. |\ヽ. 辷シ       辷シ /:/:} /|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|  .....│
│.    |   i: |!:.:.|:.:.:.:ヾ、     j       /!:. : i_,' |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|  .....│    重量二脚、アポリオン。
│        リ ヽ|!:.: : ヘ             }: : /  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|  .....│
│           ',:.:.:.:.{ヽ      ̄     //:.:,'   ! :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|  .....│    純粋な戦闘能力ならシグナムとかの方が上だろうけど……
│            ヽ :.:.i >        イ / :./   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|  .....│
│            \ヽ ,rヽ. >< _/|//     !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |  .....│    面倒な相手っていうのは確か。
│              , ヾ、{   ≠<´  ./`ヽ、    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|  .....│
│           ,、r::´::/  !  /、  ヽ  /  |::::`ヽ、.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|  .....│
│       ,、r:::´:::::::::::::/    {、/ゝ-/', 〃   .!::::::::::::`ヽ、 :.:.:.:.:.:.:.:.|  .....│
│  ,、r::´::::::::::::::::::::::::/    ',  }≠/ /     ',:::::::::::::::::::::`ヽ、 :.:.:.|  .....│
│ /::::::::::::::::::::::::::::::::/     ヽ/ / ヽ/.     ',:::::::::::::::::::::::::::::ヽ :|  .....│
└────────────────────────────┘

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
ランク6ということは、この男がIGIO側についた高ランク独立傭兵か。
AMS越しに聞こえてくる声からも、確固たる自信が垣間見えた。
自分たちを戦いの相手というよりも、単なる相手として見ているようだった。

だとしても、怯む理由にはならない。
これでも一応、ランク4のアリスと戦場で轡を並べているのだ。
ここで怯んでいるようでは彼女のパートナーは務まらない。

オーバードブースターを起動し、アポリオン目がけて突撃する。
ヘヴィードーラも国崩も、ブレードを搭載しているようなネクストと
正面切って戦うような機体ではない。ここは自分が食い止めるべきだ。

「マーシフルのリンクス。こちら国崩。これより火力を敵ネクストへ集中させる。
これは好機だ。虎の子のネクストが落とされれば敵は一気に瓦解する。
しっかり頼むよ」

新城直衛から通信が入る。ここはノービィの言う通り、
私情は挟まず協力してアポリオンに当たろう。
いけ好かない男だが、頭は回る。今は味方なのだから、ある程度の信用は必要だ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1472 ◆x0SRSoJXe. :2019/10/10(木) 00:08:01 ID:.r9g6gBE0
うーむ、すまない、眠くて頭が回らなくなってきた……

次回は、そうだね、ちょっと暇見て書き溜めして、出来次第投下するよ。

時間がないわけではないんだが体力が尽きていてね……毎度ごめんね。

1473 安価のやる夫だお :2019/10/10(木) 00:09:09 ID:zDcSMWFE0
乙でした

1474 安価のやる夫だお :2019/10/10(木) 08:02:01 ID:IIWLd69M0
お疲れさまです
楽しみに待っています

1475 安価のやる夫だお :2019/10/10(木) 09:56:53 ID:DlxACfCg0
乙でした

1476 ◆x0SRSoJXe. :2019/10/12(土) 22:44:10 ID:51ltCcqI0
ハロー。台風だがみんな大丈夫かな。>>1はまー無事ッス。

さて、最近だが、率直に言うと勤務時間が二百時間越えと、

処女作書いてた頃に高校卒業後勤めていたブラックビルメンテナンス会社時代の三分の二くらいに達していてね……

正直投下時には体力がかなり尽きてる状態だし、休みの日は結構人付き合いがあるんだ。

なんせ勘当喰らった時に助けてくれた相手だからね、恩義もあって無碍にもできない……

そこで、本当に恐れ多いのだけれど、支援金を募ってその分働く時間を減らして執筆に当てようと思い、

今回pixiv fanboxなるものを開設させていただいた。

もしも、もしも『お話の続きが見たい! 働いてないで書いてくれ!』という方がいれば応援していただけると幸いだ。

なんかもう、本当にごめんね。モコイさん頑張るからね。よろしくね。

1477 安価のやる夫だお :2019/10/14(月) 20:59:45 ID:TiBvwgNU0
続きがみたいので、ご自愛ください

1478 ◆x0SRSoJXe. :2019/10/18(金) 00:03:15 ID:hrq0zAy.0

    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||  、 - ‐‐ -,
 |:::::::::::::::|,´: : : : : : : : :
 |:::::::::::::::|゙i : : : :○ ○゙i     ハロー。労働時間の削減のために支援サイトに登録した後、
 |:::::::::::::::|}: : : : : : : _ _ _l
 |:::::::::::::::||: : : :-=´_ _,´     凄いおこがましいことをしている気分になって消そうとしたとき
 |:::::::::::::::||___ : : :丿
 |::::::::::::::(_____ノ´||       支援されたとの通知が来て固まった>>1だよ。
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||
 |:::::::::::::::||/    ||       Twitter上で一応の賛同を得ていたとはいえ、なんか怖い。
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄        それはそうと、イベントシーンが書きあがったので置いとくね。ちゃんと読むのよジェニファー。。
   \ ::::||
    \||

1479 ◆x0SRSoJXe. :2019/10/18(金) 00:03:55 ID:hrq0zAy.0

            _ ._
            `マ\マト、
             `| ヘ∨ト、
              弌 ト-、\ __ _r;..-;..、
                ∨t.ヘ イ /---z..;..;}
            ____∨ ∧<ヘ_ソ;..;ノ __
           /      〉ヘ.∧ ∧   ̄\≧ - 、
             /γ⌒ヽ- ― ―t 、γヽ_, -_.〉三三≧ - - - 、_
         z-ソ`´ヽ丿ト     .〉弋仆―――'´`ー===三三≧=――- - .._
         {.;..;..;..;..;..;..;r'´ `ヽ三彡'  ヘ              ̄ ̄`ー‐-<三三≧ト - .._
       / ソ..;..;..;..;..;..;..>   }´ヽソ、_ ハ                       ̄ ̄ `ー'´     かかってこい、相手になってやる!
      // ヾ..;.レヽ-イヽ;}   `〉z  / ゝ'
     //    7.{\ヘ/|    r< { } 〕t 
   ムイ      ヘ/\ .|  γ:≧i i:≦=- 、
           `ー 、 .ヘ , >/::〕.ト:_:ヽ   /´丶、
               ∨ ∧ イ゙´.iリ \__.{ r:::} )t
              ノ∨ ∧ ノ       `yゝ_ノイ
             /  ∨ ∧         ゝ__ ノ{r 、
           /  ム'.∨ ∧         `>:::> ヽ
          /  ノ   ∨ ∧         \ _ノ
        __r-'  /     ∨ ∧
        ソ   /.       ∨ ∧
       / r::::〈        ∨ ∧
    __,..ヘ ->'´         ∨ ∧
   //::::://            _∨ ∧-t
  /    ̄ノ´              \   |
  ゝ-- ´                \  |
                          \!





      、ヘ    〉 ヽ_ ____ , -<::::\_, - '     /.     !     r
      ヽ_ -―'´  >: : : : : : : : : : : : ヽr-t        |    |       ;
.      r' r    /: : :r――r'´_ ̄`ヽ: :}  \       人   人    ;
.      | !    /: : : /    ヽヘ`ヽ、     | ̄|   /\   \
     / |   /: : : /  / ̄  〉  i` Y _/--' \/   `-、   \
.     |   ヽ、; : : : /  /    / ノ ./リ〉、.    \     ` - 、        ……ふっ。
   ,..:ヘ     `| : : / 7  |   /    ///ヽ     `ー ' ´ ̄`ヽ ` - t
 イ:::::::ヘ    ー ' {`      --ヘヘ. / ./――' ̄ ̄ ̄T ̄|――\__.!
:::::::::::::::::ヘ    |  /.ト---―ァ'´| rv  〉ヘ /,     _|三三三}    |_
:::::::::::::::::::ヘ (´ /   |ヽニ ̄丿/ ]||  ./γヽ    .|    ! | !.     |  |
:::::::::::::::::::::::| Y´    || ゝ― |_/  '´  ,イ.  ゝノムイ !    || !|        ̄.|
::::::::::::::::::::ム {⌒ヽ|/// 7/  >―-|二彡,i       \  || !|        .!

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
対峙し、白く重厚な機体を睨めつけながら銃口を向ける。
相手も臨戦態勢に移るかと思いきや、予想に反してゆったりとした姿勢で
レーザーライフルもだらりと銃口を地面に向けたままだった。

突進してきたマーシフルを冷たく鼻で笑い、憐れな獲物でも見るかのように
動かぬままカメラアイだけが不気味に光る。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1480 ◆x0SRSoJXe. :2019/10/18(金) 00:04:06 ID:hrq0zAy.0

           ,斗ャ{ ̄ ̄} ̄ ̄¨¨  、
.      /´ ̄ ̄ ̄7| 「 :γ´ ̄`ヽ \
.     / γ⌒>  ./| | . : i: i⌒i i:'⌒ヽ
    |  {_/ /\_,| |_/|: |  | |:    ,
.   八.   /{ 匚>{______}:<|:  ー゙ l::i:    ′
.     ヽ/ニ=----―――乂____ノ人    :i
      }/ ,x┬¬冖 ¨ ̄厶孑彡:八≧ミメ、_j
.    / /ノ人ミk、   斗ャ≦__乂 } ) :i\{      おまえ、勘違いしてるな。
    ( / ( (ィだメ、ハ  イ弋だヌメ人 \ノ人,)
  乂 ̄´ 八:.ゞ¨¨´/:|  i ``゙¨¨"′:::} :}:'⌒ヽ\     そうだろ? ネクスト戦役の英雄に運よく拾われて、
    }7´/ハ    :j|___j、;       .:::} /{く^ヽ }ノ )
 /\:′: /ヽ:    ゝ┬ '′    .::// :{/_ノ ノ/'\     適性もないままマーシフルなんて身に余るネクストを与えられて……
< (O) { :i:/{廴/,   _ ‐ー- __    乂: 廴..イ/ /ヽ \
 \/乂{ {乂//:,   ` ̄´ .:    .:-ニ「 } 〈 〈(_ノ  /    図に乗ってるんじゃあないのか?
   _ノ人{ ∨ノ //:,  `¨¨¨´     .:-ニ7' / :| \  /
  ⌒/⌒>ゝ  } }\     __.:-ニ= :{ .;′ ノ\ノ≧′     オルデンブルクの若き英雄もたかが知れる。
_,.x≦\/:i「 : /人  ー=ニ三三ニ  :{ :i:イ{\ Y⌒
⌒ヽ    :j| :/ :ノヽ   =三ニ    :V {:{: jヽ|





     ____
   /      \
  / ヽ、   _ノ \
/   (●)  (●)   \     なっ……!
|  U   (__人__)     .|
\    |i||||||i|     /
 / __` ー'
 (___)

1481 ◆x0SRSoJXe. :2019/10/18(金) 00:04:42 ID:hrq0zAy.0

        ___     __
.         /-、 ヽi`ヽY ,-、ヽ ‐-
       / ゝ'___}i i´乂ノ ノ     `ヽ
       }--ニニニ==ニ_二         \
.     / イ::::::::::≧二二ヽ`ヽ=-       丶
..    //:.:.>'´/  ,イヾ}`ヽ \ \ ヽ `ヽ    V
.    //:.:./ //ハ   !  _ -=≦´ 丶 \  \   V
   //:.:./ ///  マム  彳斥i!弌メ ハ ヽ 丶  丶  Ⅴ
.   { {!:./ ///::::::::ノ\ヽ `¨¨¨´\ヽ/ハ ハヽ  ハ V
   `¨ ヽ/ } ::::::〈‐‐-ヽ\     丶} | ヾ´ `ヽ  !〉         
     /  |    ヽ '    \     |i / } iタ  }  /
     }   !',   r――--'       ! | /ん' / /           俺はさ、嫌いなんだ。そういうの……
     ∨. i∧ ゝ' ¨¨´          !/ ハ_/ \}
     Ⅴ !iハ              / /  i ヽヽ /        /   誰かから貰った金や力だけで生きてる奴ってのがさ。
        ヾ}ヘi∧      ____>'´    !、ハハ     > /
        ヘヘ!、  >'´::::::::/     !  i `ヽ_____>'´./       たまたま運が良かっただけのくせに、
           ヘ| `ヽ、:::::: /     i  i         /
             |   ≧=----=__   i   !     /          神に愛されてでもいるかのように自分を誇示するんだ。
     ,===ニ___..レく >====ミx <>   .iヽ   /         /
  >'´      ̄¨´ニ_     Y  <> .i `¨´ ____>'´>'´   分かるか?
_∠__           `ヽ          <>x  ̄ __>'´
-- ___ `ヽ         \  >          }ヾニ\`ヽ
    `ヽ ヽ             ヽ ∧<>       !  `ヽ  \
      丶 \        ∨∧    <>   ゝ= x     ハ
       > 丶          ∨∧        <>ハ `ヽ  }





                                       _,..イ⌒ヽ  .__
                             _>-‐=≠ニ::y'´::::::::::::::::/ / /
                           ,.::´ ̄レ'⌒ヽ:::::::ノ.、::〉::::::::/>`ヽ'
                             /::└-、:::::::::/´ ̄ リ>f´く,ィ´/  ノ-=x、
                             /::::::::::::::::::〉'゙´  /`'く弋`iミ,テ:く'T´ィ′ ヽ
                       //:::::::::,-‐く    i  / \>¨´く ヽ` ̄`f彡:}´
                      //:::::::::::/ー-、   ./`Y    〉'´ヽヽ i     ゙´
                    /::::::\:::::,.イ⌒ヽ ヽ /弋  〉‐-<_,ム i:::|丿        だから全部根こそぎ奪ってやる。
                    ヽ、::, <      }_人_/y´〉ニ=‐iiiiiiイノ::イニfニニヽ
                    ,. <      /  .)´ノノ=-、::::::::>:くヽ、 ` ̄`ヽ:ム    おまえらの機体も! 誇りもッ! 命もッ!
                   ,. <        .イ≧}//,ィニ=-、ヽ/ /i .'`二ニ=‐.、_〉f^i
        , -‐=ニ二ニ≠ー 、      ,夕i彡'´/  `゙≪/ ′ i ノ.、     タ =リ    バラバラに腑分けして売り飛ばしてやるッ!
       /           \   ./    /θ     ./マーfくヽ ` ̄ ̄`マ ノ´
     />=ニ二ニミx、     ム/     ./     θ / リ ∨ソー┬─‐'゙´       覚悟しろカス共!
    //  7´ ̄ ̄`¨'<`ヽ    .|      ト、     /  .′ ∨ム i
    ./   i        ヽ:∧   .!      弋≧=‐-彳   /    ∨=┤           俺の邪魔をする奴らには、
   .′   从         .∨ハ   ′     /i`¨¨〈    ./      ̄´
   i     ヽ       リ i |  ./      /  `ヽ_i_ /                    死者の『尊厳』すら与えないッ!
    l      ヽ、   ,.イ ′! /     ./   丿ー='"
   ∨        ` ̄´  / .//   ,:タ<⌒ヽ ./
    \          //'´    7´/⌒ヽ /´
      >      .イ'´      /`7i__r/
          ̄ ̄´         ./ ./ /
                     i≧=ィ′

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
滔々と哲学を語って聞かせるようにやる夫を罵倒していたかと思うと、
アポリオンは突如として銃口を上げ、引き金を絞った。
大筒の先端の闇に青い光が収束し、解放される。

完全に相手の異様な姿勢にペースを呑まれていたやる夫は、
レーザーを右腹部へとまともに喰らってしまった。
コジマ粒子の防壁が撃ち貫かれ、機体から黒煙が上がる。
衝撃こそないが、AP減少アラート共に視界が一瞬赤く染まった。

痛みもなく自分の腹部が吹っ飛ばされたような感覚に陥り、
心臓が打って変わって早鐘を打ち始め、血流が加速する。
アポリオンはその様子を嘲笑うかのように、第二射を構えていた。

「AP、残り70%! 相手の口先に呑まれちゃだめ!
ああいう手合いはなるべく時間をかけず、何もさせずに黙らせるに限る!」

なのはの落ち着いた叱責で我に返り、必死の思いでブースターを起動させる。
射線をずらそうと右にブーストしながら旋回飛行するが、
アポリオンはそれを読んでいたかのようにジェット音を轟かせた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1482 ◆x0SRSoJXe. :2019/10/18(金) 00:04:56 ID:hrq0zAy.0

        }/          ,ィ   ヽ
      |_/        //     |
      | 、     ,r::::/    /
    l   !  }  ,.,イf::フ'"     /__彡    /
    l!  |/ lレ:::::jノ-┼_ノ厶ラ   `ヾ    ・
    |l  l  ノ:::/,ィtzツフソ /‐      ∨
 \  l.! │/''"´/L,__,.ィ^ `ヽ   |  
 ヽ \ヽ  l  、;:::__::´ ´ ^      i   |         SIの手先もッ! 英雄のおこぼれに与ったクソガキもッ!
 \\ \ \____               |  
 、 \__ヽ  \____三二ヽ     l   |          全員纏めてここで死ねッ!
  \ ヽ  \  \     ヽ\ │   |   
   \_`> \___\      \! :   l  
    |     ,\           ;   l  
    `ヽ __,ィ/             /   
      ヽ-'  __,. -‐ つ         /   
    } ト----‐= フ'"´   ,     , '     
   l  ̄  ̄ ̄    /     /
 l.\`ー ―‐--  -‐ ´   /
 |  ヽ             /

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「すまない、どうやらこちらの狙撃ポイントが読まれているようだ。
射線を重ねられてマーシフルごと撃ちかねん。
少し待っていてくれ」

新城直衛が至極冷静に言い放ち、それにノービィが口を挟んだ。

「俺からは通せなくもない。そのまま組み打っていろ」

低く落ち着いた声にネクスト出現に対する焦りや恐れはない。
やがてその冷静さを表すかのように、右斜め後方から青い光の矢が
マーシフルを横切り、正確無比にアポリオンの胸部へと突き立った。
敵機から後方のノービィを呪う声が聞こえてくる。

「クソッ! なんだっていうんだ、ロックオンアラートもなかったぞ……
狙撃用FCSでもないのに狙撃してきたってのか? イカれた真似してくれやがって」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1483 ◆x0SRSoJXe. :2019/10/18(金) 00:05:18 ID:hrq0zAy.0


                 , ----- ..,,_                 _,,.-''、::::ヽ--<
                Y::::::::::::::::::::::::::::::≧ュ、            ,r',r/´:::::::ヽ{ >-il
                |:::::,r´     ≧ュ,::::i           i-<ィi:::::>::::´::}/ゝ<}i  />ヽ
                 |:::::|         !::::i          |-、`i-<::::::::::::i二二i:l´ / ヽヽ
.                |:::::|         !::::i>'  ̄\``''=-、..,,_{::::::}:|!コ`''= 、..,::::::,-,!    / >
                |:::::i--<   ,----!::::i-<_ 、 \    \;::::|::::ヽ、__ ,...二/_|> 、     /;
                |::::|::::::i |  ,-----|:::::|-{:::::i `≧、 .\    \!::::l::|:::::::'二}:!:{ > 、 >,/ /
                |::::|::::::i |<二二_|::::::|::i二/___/.i、\ \     \-{--/i..i<ノ}∨\ i  } /
             , ----|::::::i/三三三/i::::::|::/ヽィ´i::| 、ヽ\ / >  、..,,!-<ヽ、_ >y:::\ / /
               i ̄>┴-┴三三_/:::i::::::|/<_/-i-<` >< > 、..,,_/:::::::::::::>、i> ´::::::::ヽ
           . <´::::::::::::::::ヽ:::::::i::|:::::i::::::i:::::/::::ノミ 、 ,/ /i ><`::::::::::::` 、::::::::::::::::::ヽ::::ヽ::::::::ヽ
         > ´:::::::.`ヽ::::::::::::::::::ヽ:::i::|::::人:人_ノ´::l  >< //, ':::::::::::::::::::::::::::` 、::::::>-ヽ_ヽ:ヽ
     > ´::::::::::::::::::::::::::::Y:::::::::::::::::}:::i::|<二二二i{二i> >/_.ィ!':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` 、-`i i'`i ヽ ヽ
   ,ィi´:::::::::`ヽ:::::::::::::::::::::::::i::::::::::>´::::i::|::::::::::::::::Y:::::i:::」 i / iノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::l. | .|::::::::i
  i{:::::Y´ `Y::::}i:::::::::::::::::::::ノ::>´::::::::::::i::|:::::::::::::::::|  /i i   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::|  ! ,!::::::::i
  l:::::人  人::::l:::::::::::> ´ヽ-------ヽヽ二二二i{二/ /  /、..,,_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::::` i´::::::::;
  .人::::::::::::::::::ノ> ´   | i       i |  /二l=Yj /  /   ~``''= -、..,,_::::::::::/、::::::::/:::::::::/
    ゝ---<      | i       i |  /二l三i /  / ~``''=- 、..,,_   ~``{/.Y Y/:::::/
               ! !____// /---|三ii__.ィ´   ∨:::::::::::::::::::~``''= 、从_ノ.::/
               ヽ____i / /--i'{==!       ヽ::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::!-<
                        / / /           Y三≧ュ、::::::r'-<
                       ` ̄

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「さて、生憎俺もノーマルの相手をしながら狙ってるものでな。
あんたが思っているほど援護の頻度は多くないものと心得てくれ」

ノービィは平然と言ってのけたが、やる夫は彼の離れ業に愕然としていた。
なのはからも驚きの声が聞こえてくる。

「近接戦闘もこなしながら、あの精度の狙撃って……
まあ、味方が強い分には問題なし。さっさと畳んじゃって!
アポリオンは癖のない遠近対応の重量二脚、接近戦ならこっちに利がある筈」

「分かりました、突貫します!」

ブレードを充填しながら振りかぶり、メインブースターの出力を最大まで振り切らせる。
距離を詰めさせまいとアポリオンがレーザーライフルの銃口を向けてくる。

敵が引き金を絞る寸前まで最大出力で突進し、
レーザーが発射されたと同時に鋭角にスライドするようブーストした。
熱線が背部のスラスターを掠めていき、虚空へと消え去っていく。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1484 ◆x0SRSoJXe. :2019/10/18(金) 00:05:41 ID:hrq0zAy.0

                                   __       |  ||  |  |
                                \::::::::::::::::::::::: /Λ||\|  '\
                                         ̄\:::::::// / ', ',  ',\
                                           \| { 〈  ', ', |\/
                                             /\  ‘,| |./ _
                                         乂 ',  || |/(__ `\
                                            {  ', lΛ | (  彡⌒ \
                                          `} ',| 〉 | \__>、__   }
                                           __/⌒ヽ|/ /_ 〈::::::::_,>‐く \
――――:::::::::::::::....................     ______      ,.斗…</へ、   (_ 「:{ /∨:::7八 _ノ⌒}  \
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ ̄`''<   _/ニニニ,>⌒\ノハ::V,ノ:;〉/  |  x-ヘ   }
ニ―______::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_>――へ,_ `>/ニニニ// _,.ノく └<´ノ    \{  r \j
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ/`''<ニ/ニニニニイ Τ\  \/ |「     乂 し (ヘ\
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ、  <ニニニニニニ} 乂,_,)    ∥  /\└‐^)〉 )」 )/
ニ/ ̄ ̄ ̄´´´´´´~~~~"""""''''''''冖冖==ニニニ>、 /:``</''<ニく /\\  ∥:><::\::::::>
                                  { /::::::::://   / ̄\::::::::\\_|:/⌒/::::(^\
                                く:::::::::::::// /_:::::/:::::\:::::::/< \ノ:::::::| \ \
                              /``ーく___〈:::::::::`|::::::::::::::::::::/_,\ \_,ノ\ 〉  〉
                                   `^''<_/::::::::::::|:::::::::::::::::/:\_:::::::\_{  \ /\
                                   /::::::::::::::::::|::::::::::::::/\:::几 ̄7  ̄}   /\:::::/
                                  /::::::::::::::::::::::::|::::::::/{  /} }  { /\ {  Υ::Λ
                                 /:::::::::::::::::::::::::::::j>''Λ:::::Υ:::/ / 圦\:::/\_ノ l::| |
                                /::::::::::::::::::::::::::::::/  乂::::::::::ノ,/ __」| (  ̄\___/Λ |
                               /:::::::::::::::::::::::::::::::/       ̄⌒   {:::八 \  :::::::::::::::::V
                           __/::::::::::::::::::::::::::::::::/             ̄ |\  ̄ ̄\_/
                   / ̄ ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/                   |  {¨¨¨´{
                  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/                 ',  \___〉\
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/                  \        〉
               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/                      \__ /
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
さしものランク6も、狙撃を受けながら軽量二脚との接近戦は不利だ。
ましてや純粋な戦闘結果ではなく、謀略による高ランクであることも
なのはの弁から察せられる。

自分はアリスの、マーシフルはロストワードのパートナーなのだ。
その程度の相手に負けていられない。

接近を許したアポリオンは銃口を下げると左手に装備したレーザーブレードを
静かに構えると、落ち着いた様子でマーシフルと相対した。
ブレードを展開し、熱線の刃を形成して横に薙ぐ。
下手な小細工はせず、純粋な速度に物を言わせて斬りかかった。

振り抜かれた刀身はアポリオンの脇腹を捉え、
PAを引き裂き霧散させると、白い装甲を抉り取った。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1485 ◆x0SRSoJXe. :2019/10/18(金) 00:05:52 ID:hrq0zAy.0


┌───────────────────────────┐
│         /.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>、i.:.イ´.:‐..:.:.─ 、      ..│
│       ,、イ.:./.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:::.:´.:.:.:.:.:.:.、.:.:.:.\      │
│      nヘ.:.:;.:'.::.::.:.:.:,イ.:.:..:.:,イ.:.:.:.:.:.:.:.:;l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_.:j¨`ヽ.⌒ヾ:.、   .│
│     ,イj、.:.v.:.:.:.:.:.::/:/.:.:,イ/.:.:.:ノ!.:.:i.:..:j.:.:.:.:.ヾ;,.:.:.:.:.:.:ヾ.:.:.ヽ  `ヘ    .│
│    /ll!ハ:.:′.:.:.:.:/././.:/.:/.,ノ.;/l:.:;!.::l.ヘ;.:.:.ヽ,:.:.:.:.:.:.ヾ,:.:.';   !    │
│    ∧jハ.:′.:.:.:.:.′〃xfz左z,;,X, .j:/ !:;|:.:.:l.:.:.:.l.:ヘ.:.\.:.::.':;.:.';   ......│
│    l.l.ヽ.:.:|.::::.:.:.:|{:.:.,仆乞芸て卞 >′l./j.:,リ.:./.:l.:.ヘ.:.::.ヽ.:.:.';.'|    ..│
│    '.:.:.:;:升∧::.:.|.:.:{イ ,伐::::::斥′  ノクサトxj:.:.li.:l.:.ハヽ.:.';.:.:;.!    ..│     よし、そのまま……
│    ∨  !′l:.:.:|:.:.! 、辷ークノ     ケ云x.:ノメi.:/.:.:.:.:l.:.:.:.:.l:.!   ......│
│.     ゞ、)l::.:.:ゝ:ヘ、:! `¨¨゙`     /.::ヌリケ;´.:;リ..:.:.:.∧:l.:.:ハ!     .│     待った、九時の方向から接近機体!
│      'iーl;:.:.:.::.个`         匕゙.ノ_ノノ/!:.:.:.;/ レノ !     .│
│        l.:人::.:.:.゙l             ¨`て.._`V.ハ.:::/   !′     ...│     あれは……
│     _,、n<  '.:.、∧       c。   人__,¨\:l/         .....│
│  イ´.:::.ハヘ '、l?∧          .,/: :.j  /}′           │
│/ l:::::::.,  \ ´、?「>、     , イ´.  .:.イ´.:l.:.|           ...│
│   j::::::::.ヘ  \  \ヘf>.ー イ. . . :<.:.:.:.';.:.:.:|.:|           .│
│/¨ ヘ:::::..∧ /\` >ー<cハ. . . . . . .fヽ,¨ -ナヘ.';.:.:|.|            │
│////∧::::..∧\/∧ Y∧:ll. . .,,..イ".ソ ',////,j.:.';.:.||          ......│
│/V//,∧:::::..∧、/  >介イー"´ /.:::.∧//zj.:.:.';.:.|          ......│
│j∧V//∧:::...∧  jメヘ__ -イ.::::::::::::.∧//j.:.:.:.';.|           ..│
│j:iV∧//∧:::::::..\ ヽ´.:::::::::::::::::::::::::::::::::人/j.:.:.:.:';|            │
└───────────────────────────┘





     ____
   /ノ   ヽ、_\      『ランク20、ヒステリックベインを確認。注意して!』
.. /( ○)}liil{(○)\
/    (__人__)   \   こんな時になんだってんだお!?
|   ヽ |!!il|!|!l| /   |
\    |ェェェェ|     /

1486 ◆x0SRSoJXe. :2019/10/18(金) 00:06:07 ID:hrq0zAy.0

                        /      _
                        /| / ̄>'゚\\
                 . -─=ミ/ j{   / \/ \\/__
                 /::// ̄7 /\/::::/|\//'   ∧
                /:::://⌒ヽ/ √| :|/∧ |::::|//___/::∧
       _  _x<ハ:::::::〉    ,/__」_ ∧ / } |/ ,.::::::::::/ ̄ ̄「 ̄\__
───<___〉ニ乂ノ_ノ::::::{   ∧  /.:.:∨ ノ<_/{:::::/ {    ,ノ:::::::::::::\ 〈\
───ー/___{_ノ⌒ヽ乂_∧   {/ヽ{.:.:. /∨  ___∨L/ 乂__/::::::::::::::::::::::::>} ヘ  /
    /    / ̄ ̄   ^ゝ\/ /.:レ'゚ 厶ッ'フ_//う {/  〈:::::::::::::::::::::::::::::∧〈 ∨ /
   /\_/         ア ィ(.:.:.:.:{__xく,ノイ /.:/ ∧    〉::::::::::::::::::::::::(__) ) ∨ /     …………。
__/              / ∧∧.:〈.::〉/.:.:./.:.:.:.://|'∧   ノ\:::::::::::::::::/〈∧(  ∨
                 {  ̄∨∨.:.:.:.:.:.:./.:.: /|   |/∧/〈___〕/ ̄ ̄`'〈 〉\  〉
``^''丶、             ̄ ̄^∨.:.:.:.:.:.:/ ̄.:._|   | ̄∧/         ∨__ハ 〈
 . : : : : ;               /:|.:.:.:.:/|/ ̄,ノ|   |__∧〈 ̄\         〉 〈 ハ
( . . : :ノ              /ヽ|_/.:/ ̄二シイ<ニニニ=‐ァ㍉\       〈 ∨___〕
. . . ⌒ヽ            <_√L_xく_/) )/ /::γ´:::::::{:::{  } ∨      /∨丁 ハ
     ::.          /「 ̄ {   /\__〈__/ /(_弍_:::::/|ヽゝイ  ∨    / ,∧ハノ j
: :  : : : ; ; }           /|  ∧  /.:.:.:.:.:.:/厶イ   >イ< |  ̄|_ \   |_/ 〉〈^∨
 ; : :(⌒ソ           / .|  ∧ ヘ/.:.:.:.:.:.://   /  { \\ \ \ \   /^7厂〉
. : : : ノ´ ̄``' '' ' '' 丶、/|  :|   ∨〈.:.:.:.:.:./〈__//\ }\_)\\ 〉 \ 〉  〈ノ〈,ノ   __
γ´  γ´   _  } :|  :|____〉イ ̄/∨∨/  /〉   ̄ \>─<  \   , . : :⌒ヽ
::    {: :   ⌒ヽ: : { :| /:::::::::::::::::::|/\〈  ∨ / / ̄\ / ̄{   \  \γ: : : . . : : :
: ::. .   ): . . . : :.  : :乂_レ'::::::::::::::::/ _,.、--‐--ミ<  /     \  〈 ,、丶`^^゚`~⌒    : :
        : : : : : : : :⌒^丶、::::/, : ´  . . . .   )ノ       〉  >'        . . . . . : : :
         : :        )'  . ::    : : : : : ノ γ⌒ヽ  ノ⌒∨ : :        . . (. .
        γ⌒丶、    .:.       : : : : 〈⌒\   ```  . : : : : :     γ´: : : : : : )
      . . . . : : : : : : : : . . . : : . . . . . . . . .: : : : : ``"``⌒: : : : : :(: : : :⌒ヽ . . . . . : : : : : : : : : :




  ,-‐'/ ̄ ̄``‐-、_
,-'´::/ /       人   ____
:::::::レ'       / ヽー'´     ,-―、
:::::::l/      /   i 、‐、  ,-'´ ,-―、_
:::::::``‐、  ,、  、__,' ∧ヽ ヽ、ヽ /::::::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::`´ ヽ ``´ / N l  l`´::::::::::::::::::::::o\\
:::::::::::::::/    l   /  /   i:::::::::::::::::::::::::::::,、::::`、l〉
:::::::、``‐-、‐=二 /   /   /::::::.ヽ::::::::::::::::::i i:::::、::::i
:::::::ヽ`ー――'´   /   /:::::::::::. ヽ:::::::::::::::i i::::ll:::::l
:::::::::::::ヽ 、___,-‐'´   ,イ:::::::::::::::::. ヽ:::::::::::l i::,´::::l
:::::::::::::::::::::::::::::::::≡―,  /` l:::::::〉、\l  ヽ,:::::::l /::::::l l
::::::::::::::::::::::::::、―‐二_/::l ,、 l:::::\\〉  /:::::::::l l:::::l 〉       ――コロニーへの攻撃、民間機を囮にした作戦、諸々。
::::::::::::::::::ヽ‐7〈<、:::::::::::〈_/'/,、::::、_、'  /:::::::::::::::l_l::::l ,'/7
::::::::::::::::::::::\  C二i:::::::く‐/、l:::::\  \::::::::::::::::::::::l'i /        そっちの男は、数えきれんな。
::::::::::::::::::::::\``‐-、 7'、__)/'ヽ:::::::::::〉  /:::::::::::,、:::::::'´:::::iヽ
:::::::::::::::::::::::::::\\´ ̄7 ̄ヽ l:::::::/ /::::::::::::::::::l ヽ:::::::::::::::l ヽ     血に酔った戦争狂と、金と権力の亡者め。
:::::::::::::::::::::::::::::::::\      /::::/ /::::::::::::::::::::::::l /:::::::::::::::l l
::::::::::::::::\―――' \ニ―'::/ /:::::::::::::::::::::::::l l::::::::::::::://〈ヽ
::::::::::::::::::::::\_____〉´ /:::::::::::::::::::::::::::::::l l:::::::::::::::l/:::::ヽヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::l l:::::::::::::::::::::::::::::', ',
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ l::::::::::::::::::::::::::::::::', ',
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  ヽ::::::::::::::::::::::::::::://
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   ヽ:::::::::::::::::::::::://
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/,  ∧ /:::::::::::::::::::::://
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/,‐/,-'´ ∨:::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,-‐',´':::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゚::::::::::::::::::::::``‐-'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

1487 ◆x0SRSoJXe. :2019/10/18(金) 00:06:23 ID:hrq0zAy.0

、、、....__         ト
..,_: : : : : ::. . . ̄”“  ¬=|: : . . `′ .,_
 ⌒ニ=-  _: : : : : : : : : : : : : : : : . . . `′ _  / ̄ ̄``
       ⌒ニ=-  _: : : : : : : : : : : : : : . / >。, ____  `丶、
\           ⌒ニ=‐ .,_: : : : : :∠_/ : :/^>─-  _\   `丶、
ヽ.∨              / >。,: : : : : : ∠ /: :.../.... _/ ̄ ̄ ̄ ̄77
 ゚。∨.,_            //  __≧s。.,...   、レ( /.....: : : : : ://
 / ∨⌒  _        ‐━=<___\_:__'⌒ヾて_: : : : .  //
 ̄  ∨    ̄   ‐─━━━=ニニ=‐━━<___\_:_:_:_:: : : : : :/ ∧             皆殺しだ。
.     ∨        |       _________ ̄/ ̄√ ̄ ̄ \__/ //\
      ∨     /  < ̄ ̄// / // \.:.:.:.: ̄ア '⌒ヽ|__/: : : : : / \
      〈    く__   ̄ く_,/_/_/   {__/ / ̄ ̄7ァ⌒¬ァ: : :    >
      ∨ _ -  ̄ ̄ ̄ >  >-'¬ ̄ ̄`ー`ー‐弌.:.:.:.://〉 /: : _,.。s≦⌒
        「__     / ̄ ̄ ̄>ァ┬┬=ニ_`丶、.:.:.:\//。s≦⌒
       |_|___| ___/´ ̄ ̄ ̄///∧|::/\:::::::::::\.:.:`ヽ、.:\
       |__/´__    //////∨:::::::〉__/≧s。.,_:`'弌is。.,              __  -‐…─-
       |_:::::: ̄ ̄\`'<///∧////〈:::::/:::::/::〉:::\::::::〈>──'′     .  -   ̄ ̄─  _::::::::::::::::
       ∧.:.:\:::::::::::::::::\::〉//|.:.:\//∧/:::::/::/::::| ̄\::::〉_        ´            }\:::::::::
      / \.:.:.:\___\/ |.:.:.:.:.\//::: /:::/|:::::|\_/ `′   ̄``'<    /| ̄\       |  \:::
      ∧   \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:\ ̄\ノ:::::j   __       ``'<   |   \      \  ゚。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
レーダー上にヒステリックベインの位置が表示される。
オーバードブーストで高速接近してくる煤けた白い機体は、
目前のノーマル機を所属関係なく吹き飛ばしながらこちらへと向かってきていた。
花畑を突っ切る大型車のように、ひしゃげて砕けたノーマルを宙に舞わせている。

「なのはさん! あいつ、今回はどっちの味方なんですかお!?」

「まだ分からない! 後、あいつは多分味方とかにはならないよ。
ただ狙った奴を破壊するだけだから、そういう考えはなし。
とにかく一旦様子を……」

なのははそう言ったが、様子を見るまでもなかった。
ヒステリックベインは有無を言わさぬ速度で、そのままアポリオンへと組み付いたのだ。
鉄骨のような物理ブレードを肩に担いだまま跳び蹴りを叩き込んだかと思うと、
その刀身を横薙ぎにぶつけ、吹き飛ばした。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1488 ◆x0SRSoJXe. :2019/10/18(金) 00:06:34 ID:hrq0zAy.0

     /::::::::_..‐´::::::::::::::::::::::::..-‐ ′            `' 、::::::ヽ
    /_..‐´::::::::::::::::::::::::::::::_..-'"      _,,l「 l1‐-――‐‐-...`l、
  /_..‐´::::::::::::::::::::::::_..‐´    ,,..-‐''´ ゝ-'′_ ,,...............,,, ヽ/..
  \::::::::::::::::::::::_..‐´  _.._..-‐''   __....-‐'''::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   \::::::::::::::_..‐´′ ,- ′ _..-‐''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_.,,,,,,._.._,,,, ノ、
    \::::::ィ''´  /  ...‐" :::::::::::::::::::::::::::::::::::  ,, .ニ/--、ノ゙i
      \  /  ィ''´::::::::::::::::::::::::_..-‐'' / /ハノ   ゚,‐´ , ゙i′
       \ j丿 'ぃ―f ......--''¨___ 'く   〈' ⌒゙゙゙゙゙ ''´   i丶
        l''、,,-':;:;:;:; !'''′ エ ̄ ゚ ,/ /    ゙i       i〉  .         お待たせした。
        ./ 、:;:;:;:;:;〔    ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙__ィ   ゙i       lソ
         ノ( `ゝ:;:;:;:;卜 ‐            / ゙iヽ      l \、       これよりアポリオンへ飽和攻撃を開始する。
       / ( ヽ ` 巛    、  ..‐-、   ゞ‐゙'ノ ..,,    li!i!i!i!i!l`\
    ,ノ"  ヘ     ゝ 、 ` / 〕ゝ - ' ..-‐'' `   "'‐-、  li!i!i!i!i!l '、\    また、ポイント更新により狙撃も再開だ。
    / 、´ r广´` 、   ‐ 、、  /  / │‐..'′   ,,.. _''__.....-..〉 ノi!i!i!i!i!l  '、
  /..''j ''´、 厂  ''ー 、 .._  '、! .. ´′     ,,< r'-―゙´""゙゙゙゙〕|i!i!i!i!i!l   '、    巻き込まれるなよ、僕も上に報告するのが面倒だ。
../ ノ'( r'      i!/:;TTTヽ  ’ ;''゛  、 ..-"´      _,,....ri!i!i!i!i!i!i!l  ´
''  丿 ヘ   "ヽ.. ''i!i!i!i!i!| | | | '、 ' /   '"  ゝ '/....:--´゙゙`ノi!i!r--i!""
 i |,   ''    ゝ   ゙!i!i!i!i!i!i!i!i!i!l  '´   ./   ..-'゙^‐ゝ、  /´i!i!!'′、  ´
.. ⊥    ミ      . ''゙くi!i!i!i!i!l  i  ./   、     (-!′ '´ ''-´ ..ィ ッ





               __    }i
         -=ニ二} ̄ヽ   !{  __
      人ニ=-   ̄ 〕 ! .∨}iイ__/_ヽ__
      | !ヽ -=ニ二 ! |  ∨__∨///v//)h
      | !:.:.{//////..! |   !__} }=-//∨//'
      | !:.:.{//////..! |  ト }-=≦ノ\ \}__/
      | !:.:.{// -=- \ヽノ }i_:::::::::\\ヽ/                   というわけだ。
     ∧ ∨ア | i      }!_/ノ≧ \{:::ヽ}/〉┬─┐
      /∧ v !.|i      }!イ///\/廴∧:.{ !   Y               そこの変人諸共死んでもらおうか。
      {/{///`}/ヾ二ニ=-リ_}//////〕/)h、:.:! !   |
     乂'//``〜、、 ̄\ニ=ニ二//リ////)h、 !    |
      |λ ○   }::::::{ !     ̄ -=ニ二//)h、!]ノ
      |/, ○ ○ {ヽノ! {         | ̄ヽ//!/ -=- _
      |//\   Y:.:.\\         |  |!__}_{、ノ:::}:::≧s。
      | ///)h、ノヽ><〕h、``〜、、  ノ  〕!_〕'<〕┬ミ>-=、::::≧s。
       ~''<//  {  !   ≧s。 / '<ノ/   <ヽ ‐- _  ``〜、、:≧s。
               {  i       ≧s。/ `''< ! Yヽ‐-i] _}ヽ   弋=-ノ
          __i  }__        \ヽ \ !_ソⅥ_  └ - __  )h、
         '__7≦/廴/__ ̄二ニ=-  _/ ヾ>'~}〜イ_ ̄ニ=rv rv ヽ_   ``〜、、
         '__7{/////!///i:::::'//, ̄二ニ=-イ=- 、ヽ}イ: : : : : / ̄/ノ}_}'/_}'/7ゝ ァ _  ``〜、、
        '__7 }////〕h、〕::::::'//,//////,: : }冖 !\\:.:.:.//ヽ /./' /'イ>'~ _  ̄二ニ=-}二=- _r=- _
        '__7ニ〔 ///// :.:.: '//,//////,:.:.!   !//\\i{:.:.:.:./冖冖}_}´      ̄二ニ=-<{ {((__)ニ=-! {ミ)h、
       '__7ニ∧/// |   :.'//,//////,:.:!   ! ヽ//\Υ冖冖  ̄´            廴_\\-=}_ノ-=ノ_ノ≧s。
       '__7ニニニ}ヽ'    !    :'//,//////,/_/:.:.\<//7                   }!/! \\      ‐=イ
      i_!ニニニ!     !    ヽ/~''<//!/.\:.:.:.:\~                       }!/!   \≧=‐ァ
      i_!ニニニ!    〕     }~''<///ノ    \  }_                     }!/!      ̄´
       \、ニニ!    }       !、   ` |      ヽ/_∧                     }!/!
        ~''<_}    } / / }二ニ=-,  \     ∧∨ヽ/''<                 }!/!
               |    / ':.:/   !    | \   、    〉 〉〈≧s。:::\            〈/
           〕≧≦/:./   !     .!  \__'<//:.}::!::::::::::\:::v
            〕iトイ/    !      !     >===≦:::: //\:::::::::∧ !
            ノ./      !     !        \=≦イ:::::::::≧s。:::}!

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
国崩から通信が入ると、それを号令としたかのように何かが頭上を飛ぶ音がした。
それらの黒い雨は組み打っている二機とマーシフルに降り注ぐと、
着弾したと同時に炸裂し、爆炎を上げはじめた。

後方の新城直衛がげらげら笑っているのが聞こえる。
勘弁してくれとやる夫は踵を返し、オーバードブーストでその場を離脱した。
恐らくはSIのロケット弾斉射だ。曲射で無理やり捻じ込んできたのだろう。

爆撃音を背にブーストしている中でも、ヒステリックベインとアポリオンの
打ち合う音が響いていた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1489 ◆x0SRSoJXe. :2019/10/18(金) 00:07:00 ID:hrq0zAy.0

  ̄  i ‐- _   ゝ二ヽ                     ゝ‐‐- _
  / \ / >´:::::\\          ゝ-- 、   i'Y´ -===‐-、`ミ)
./   /  〉  | /` i ト、\       _i´´ ̄>、`</`-=〈`ヽ、 __ヽ
───'、   、 ,┼'    | | ヽ ヽ    /二二__ツ\ \ヽ' ,_.〉、  > 、 `´
   /  \/\i    i .!   \    i  i   )-=_.) '´ゝヽ、ヽヽヽ `>、    >、
  /     \ /   //j -‐'  ` 、__ゝ、 / i´  , , 二ヽ`7 ∨、 ` '`、、   ヽ
/         〕-‐彡' - ´      `i` ∨ 、`--'i ヽヽ、::、/ /.i∨、 i i i `‐-‐'
、     ___/ 二≧、            ,' / 〈ゝ、` 、   / ´ i 、 ヽi i_ノi i i_
. ヽ  /  /     /ヽ≧ 、:::::  '‐ ,ゝi//'ヽ/  、_i〉_ /  ヽ ̄ _ -++-=‐
  ∨  /     /  _\/∧`、=  i´ヽ、`ノヽ /、  `-‐‐ 7 ∧ =//_//_
    \ /  _ -‐/ ̄   //  `‐` /´\ `-‐´  i_   /./ ゝ=‐-‐7/´.    /i
     ヽゝ´   /      /、_≧-=、'ゝ、 / ""''''''   }‐二__/ ' ,- i ,/      / .|       うおおおおああああああーーーーッ!!!!
     ∨//////, , , / ヽ_   ヽ,_ \      / _ =i´∀__//`\___ -‐´/
        ∨////////////>‐=<´  / i ヽ、 />二 彡i `-‐‐´‐-、 ‐-  /
       ヽ///////∧、///`___/ヽ__i i/// ̄ ´     i  ヽ     ‐-<´
         \////∧ ヽ-'`ヽ‐‐<, /ゞ` 、_     _ -‐ヽ  ヽ、_     ヽ|、_/`
          \////` ‐'`‐┴‐‐‐'///>- 二 ´-‐ ´  ∨ ∧ | ヽ i\ i
               ヽ///////‐‐////////////>´     ノ/ i i  ヽヽ .i/|
             ヽ、///   ∨/////////´    /-‐'   i.i    ヾ-‐i
             ''| >´    i〉、///////   _ _ _ -‐7‐-、  !      i
               i /  i    ゝ´ヽ////,, //´ 、 >、.<≡i        i  
                i'   .i  //////>-=´_=´´`‐-、´  \ >、´ ̄ 、   /  
               i    ∨  `//////__/、__、   ヽ  ‐--、ヽ、  .>,/.    
               ∨、 /i   /// i´__''´  '´´ ` ‐-‐ ‐''  ''\ ` ./..   
              ∨;、 , , , , //  ´    ̄ ´、     `\     /     
                i\:\///   ヽ   / \ `> ´      ./.      
                |  ヽ::ヽ´.    ヽ/ _  -‐‐''       i´   
               i    \:\   / /´  '''  ヽ_ ‐-、   |.
               ヽ    ヽ:::ヽ´ < ,-'´ ̄ ̄/\`ヽ、`‐‐|.
                \    >、::\ `‐ .\/   \''  ̄i
                  ヽヽ / .\:::`:.、.  /\   / ヽ,,,,,i
                  ∨ヽ   ヽ:::::::>::..、__.\ ´,,,,,/////
                  |   \/ ` ̄  ‐‐‐‐  ̄ ̄ ./

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
戦いは一方的なものとなっていたらしく、
ディエゴ・ブランドーの悲鳴と、アポリオンが叩き潰され引きちぎられていくものと
思しき音が微かに響いてきた。

「待てッ! 待ってくれッ! 金なら出す! おまえを雇った奴が出した額の二倍……
いや五倍出してやるッ! だからこの場は俺に味方しろッ!」

ディエゴが必死の命乞いを繰り返すが、ロールシャッハは意にも介していなかった。
ひたすらに打撃音と金属が砕けて軋む音が続く。

「死ね。あの世にも貨幣制度があることでも祈っていろ」

その一言を最後に、アポリオンから悲鳴が聞こえることはなくなった。
やる夫は何もできず、ただ炎の向こうの凄惨極まりない様子を見守る他なかった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1490 ◆x0SRSoJXe. :2019/10/18(金) 00:07:24 ID:hrq0zAy.0

               ,-7 ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::, ヽ
               / /、 `::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/l ヽ`、
              〈 〈 ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉/ / ´
               \ _:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                 lヽ,ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::,-‐'´
               //ヽ 7:::::::::<ニヽ ̄,_〉
              / /:::::::l ヽ、::::、‐、:::::::::::::7              さて、死にたいのなら来い。
             / /:::::::/ヽi‐_ii´  〈:::::::::l´/ /\
            //:::::::::〉lヽ`、l:::::ヽ /:::::::_/,イ`::::::::\          死にたくなければ引っ込んでいろ。
          /,、/::::::::::://ヽ 〈ヽく´ `>´/ l l,、:::::::::::ヽ`、
         く〈:::::::::::::::::::::::::::::,' l::::`'  ̄´:::::'l '::::l /:::::::::::::::ヽ`、       
          `‐-、::::::::::::::::::::,' /_,‐-、:::::::::::::`:::::ヽ'::::::::::::::::::ヽ`、
          ,‐'´::::`::::::::::::::::::l l ヽ‐´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_l
     _ ,-‐'、´,::::´` ´::::::::::::::::l l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'´ ̄ 、 \
    __ヽ`:::::::ヽ',:::::::::::::::::::::::::::::`'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::``-、、
  ,、_,〉::::::::::::::::::::',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::´‐、\
  l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ`,
  .l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l l
 ,、l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ll
 l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
 〉::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
 l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
 l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉
 l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l7
 l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l l






        |::::i:::::::/::::/j:::::::::::ノ:::::::j::::::::::::::::::ヽ:::::::.:i
        |::,/¨`ー: : : : : : ´ーイ ̄ ̄ ̄\::::.::::::i
       rく|::: ::: ::: :/: ノ: :: :: ::  :  :  i:::::::::::i
     .. / トト-、: ::: /::/: : / : :: :  :   : i::::::::,|
      | t,.|-,―ミ、: :i: :i: : ノ /:  :  : :  . j:::::::/
      /! |f ヽ、i゙i,;、::Y:: :/ /    _,;; - /.:::::/
    ¨ヽ ti !、  ゛´ :;;メ、_f ヽナ ニ  ̄ 、  /:::::,/          悪いが、こっちも雇われの身だ。
       i ,i i .`--,r   / !i  くーr三テ、 i,/::::/i
       i .i i       /  、  ヽ ヾ-- ´/テ7イ            雇い主に手を出そうもんなら話も別だ。
      l ,i i     ir'    `ー ----、イ / i、
      i !i     、`_、,         /. /  i  i、
  .     i   i、  入__     u / /    | r'/ i
     i . | ヽ _, ヽ   / ,∠´/   ヽ_Y /
     /   ヽ_          , イ  /     )'
          ¨ ー- イ彡 .    /     ¨  ,ィ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
やがて爆音が止むと、抉れた大地の上に立つヒステリックベインの姿が現れた。
足元には千々に引き裂かれたアポリオンの残骸が転がっている。
ヒステリックベインの装甲も焼け焦げ、かなりの破損が見られたが、
撤退の意思は見られなかった。手にはアポリオンのレーザーライフルが握られている。

赤く燃える竜の目のようなカメラアイは、国崩のいるキャンプ地へと向けられていた。

そこにヘヴィードーラのレーザーが撃ち込まれ、ヒステリックベインが身を翻して
それを躱した。着地するや否や、レーザーが発射された方向へと猛突進していく。

さすがに止めなくては。そう思いレーザーブレードを構えるが、遅かった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1491 ◆x0SRSoJXe. :2019/10/18(金) 00:07:51 ID:hrq0zAy.0

: : : : : : : : : : :::...                    ...::::::: : : : : : : : : : ::::..
:: : : . .  . . : : : : ::::...                .....::::::: : : : : : : : : : : :::::::
::: : : :.   .: : : : : :::......            ...:::::::: : : : :  .: : : : : :::::::            _-ニムニニニニヘ
 ::: : : : ..   : : : : : : : :::::::......      .....:::::::: : : :    .: : : : : ::::            _-三三ム  / \
  ::: : : : : : ..   : : : : : : : : : ::::::..... .....:::::: : : : : :   . : : : : : : : ::            /三二ニ=-┘ ̄_ ̄≧s。
   :::: : : : : : : ..   : : : : : : : : : :x个x: : : : : : :   . : : : : : ::::::            /=- ̄。+'“。o≦ ̄ : : : ̄≧s。`ヽ
    :::: : : : : : ...     x个x /:::::|::::::ヽ :__/_ ヘ . : : : : : :::::            /´  / /: : : : : : : : : : : : : :  \\
      :::: : : : : .. _/\|  |:::::: 癶:::::::|/:∥_|_∧_ ---ミ、_          /  _ア  ,ふ:_:_:_:_: : : : : : : :       ヽ :、
         ::/´  `\ヽ |/| ハ Y::| ∥ |/   广 ̄  >ュ     ,. ´/  _7  ,ふ三≧s。`ヽ: : :         ヘ '.
         /    /⌒\\__V^ヽ|_// /    /    /i:i:i:}  ,。o'゚  /   /  /三三三三ミh。`、          ', ',
       /{ , ---〈==f⌒ム\ {i   i}イ(⌒|    | ___/i:i:i:i:ィ㌻    /   ,  {三三三三三;;ム ゚。          ', :
       / `Y   〈__ノゝ::_∧i|`ト_v_イ i/`¨|    /「「_|少'//       {    {  {三三三三三三ハ '.         :: }
      廴 ,人   ∨T:.:.:.:.:.|\',、___,ムイ乂,∧__/_/¨|/ /  //        {    {  '三三三三三三;;;} .}         ,リ
       /7|  \___〉{:.:.:.:.:.:|:.:.:.〕トイ「/:_:_:_:_/:::厂   V {: : :{ { : : : : : : : : :l: : : : /,  '/三三三三三;;;リ ,:         ,′
      //_>少゚ /::∧:.:.:.:.:.Y:.:.:.:.:.:.|//:.:.:.:.:∥:.{    ∨\: ゙'x、: : : : : : : ∧: : : :∧  寸三三三三;;ア /          /
     xく\/´  〈_/___ヘ:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.|:.{:_:_:_:_〈:.:/ ̄ ̄|⌒| ̄ ̄≧s。.,_: : : : : : :ヽ: : : : \ \三三> ゚ /         /
    /_ノノテ    「」_xく \{:.:.:.:.:.jひ____/ソ\( ̄〈 ̄ ̄|\ ̄\  ̄ ニ=- \: : : : \ \ ̄- ゙         /
   / /        |   \ \/ /|ニ>イ」 `弌ニ\ .|  | ̄(^\       ≧s。.,_: `丶、 ー ..,,_ _  -
  / /           /|    /|⌒〈 ̄〉\/ リ      ̄ \|  |_ \(;;;)          ≧=-   --=  ̄
/ /         {∧/∨_/  `´   `rイ         ̄
 /           У{  7        ゝ'
             乂乂_ソ
              { /
              `´

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
ヒステリックベインは奪い取ったレーザーライフルを構えると、
オーバードブースターを停止させ滑空しながら熱線を発射した。
一筋の青白い閃光が遠方で爆発を起こす。

「化け物め……!」

ノービィが悪態を打ったのも束の間、更に二発目のレーザーが発射された。
阻止しようとやる夫もヒステリックベイン目がけてレーザーを撃ちこむが、
間一髪のところでブーストされ避けられてしまった。
発射のタイミングを読まれたか。

マーシフルには目もくれないまま、ヒステリックベインはヘヴィードーラの方向へと
レーザーの第三射を容赦なく撃ちこむ。
同時にレーダーからヘヴィードーラの信号が消失し、
それが彼の最期を物語っていた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1492 ◆x0SRSoJXe. :2019/10/18(金) 00:08:09 ID:hrq0zAy.0

      ____
..    /   u \
   /  /    \\
.. /  し (○)  (○) \     一体……一体何が、あんたをそこまで駆り立てるんだお!?
  | ∪    (__人__)  J |
.. \  u   `⌒´   /      一体何のために!





             / ̄`ー‐‐、
           、'       ::::  `\
          /_,-―‐-、_    \
         /'::::::::::::::::::::::::::::`‐、_ l
         /,-‐ーーーー、_:::::::::::l
       /'l',l:::j、 ̄j::::::!` `  `‐、::::l
      l:::::l ,i:::i  j::::i,,,,,   ,l l\ヽ
       `‐l `'''  '''''' '   イ /--‐`
          ヽ,l:l'   ''j::::l`   l_,-‐'´ ̄冫
        _,-‐ヽ'    ``_,-‐'´      l   _       簡単だ。俺には許せない奴らがいる。
     _,-‐' .::::::::ヽ_,-‐'´        ,_ー、___l',`l
    '、   ::::::::::::、'´       ___,-冫 ,'\_/      俺には守るべきものがない。誰もいない。
     冫 ::://\ :::::::/ ̄ ̄` 、   ヽ
    / / '   _冫/    ̄'\  l l.ヽ        だから許せない奴らを潰すことくらいしかやることがない。
   l ̄ ,l  `, ̄ ̄             l l l l:::.l
,‐,l'`l   l    l:::::::::::l             l l l::::::.l        そうでなければ、俺は生きていても死んでいても変わらん。
、l l lヽヽ  /:::::/            ///::::::::::.l
 \ \ 冫´‐'/、_         '´  /.:.::::::::.l       ……邪魔するなら、次はおまえだ。
   >、 /    \  ̄`ー ``‐ ' /―――'
`, //l' l           :::::::::::' /  :::::::::::::/
'/l / /             ::'''  /    ::::::::::/
':::::.、l/            /  /  /::::::::::/
::/l l           / / ̄/  ..:::::::::/
:/ ` ヽ          /       ..::::::::i--'

1493 ◆x0SRSoJXe. :2019/10/18(金) 00:08:40 ID:hrq0zAy.0

                      i
                        ,!'|   `
                     ’ j  i! i    ,
.∨〉__}                   { ||          | ‘,                  /:::::::    . . . : ::::::/::::::∠
 ∨〉     .`       ,J`:、,ィl! l! {′  ;      .|  ',                   /::::     . : : : : :/::::::::::::::::/
.  ∨〉          ,j`  Yl!|:  | |'i,         <__  ̄ ー-- ‐…¬       __/     . . . : : : : :::|:::::::::::::::::/
   ∨〉-‐-ミ        .| 、 ゙リN: ; !lij! |      /:〉   >_∠_ /:::|      /.:/   . . . . : : : :: :: :::|::::::::::::/::{.:.:.:
〈   ∨〉::::::::::`'<>   }'′    i  ;}|! |  ..__/::::::| く| ̄ニニア--ヘ_::::::::〉 /〉 /.:.:/     . . : : :: :: :::::::\_/:::::}.:.:
∧   ∨〉`ヽ:::.,     ,:;:;:,!     ''′ ,. !、,! ´` ι  ヽ . ∟イf^'⌒7i:下〉/./:::/ /.:.:.:./     . . : : : : :: :: ::::::/:::::::::/}.:.:
. ∧ /{∧::::::>'´ ., (''゛ j! ..:;;:==-:、  ゙''"ィi {ヘ!,l . |二__`'<乂⌒´i:i:i:/〈'´__∠ノ.:.:.: /     . . : : : : : ::::::/:::::::::/::::/.:.:
∨ ∨  ∨ヘ/  .〃’ :; {`' ,ィ゛ '′.  ) jj」li|liY、⌒}  ̄Tニニ─‐=二_/ ̄∨/_//.:.:.:/      : : / ̄ ̄::::::::/〉::::::/.:.:.:
/〈 {   〉/∧  乂__ .j∨il!ィ' {’      へヾ;;イ.::::::Tニ=‐─- __/  〈/イ^7.:.:.:/       . ./:::::::::::::::::::/∨:::::::::|.:.:.:
//丶 / \/\’ λ' ,j、l! / 、     ., ,il{ ,゙!j!;|   : -─-二/   √/ 「 ̄ | ̄ ̄     . :〈___/::::::::〉:::::::::|.:.:.:
////\    \//∧_ ゙ハ! ;. ゙:、     j|   '/'}′ ,..¨¨¨¨¨¨゙|   √ |二|.:.:.:.:|: : : :    . . : : : : : |ニニ|三/:::::::::::∧.:.:
∨/〈  \   \__〉 じ:、 i,'  ゙:、 ,,.,   ′彳レ/.::::/∧ / ̄.|___{  |  |\.:.:∨: :   . . : : : : :::::::|ニニ∨::::::::::::/:::∧
::∨/∧   \    {.丶、v{ ヒ!   i!||il.   , 八 Z./ //〈    |   >ヘ 乂(\:∨    . : : : : : :::::::::|:::::::/::::::::::::〈:::/::∧
::::∨//≧s。 \ .__   _,ゝ、;_    ゛:|!  ゙ ,rカ  ̄ //\〉 ,/|  /:::::レヘ   〉''乂   / 〈: : : : : ::::::∧::::{::::::::::::::::::::/::::
::::::∨//\  ̄_  ̄`ζ」'(´ ヽ  j! ゛ ,ィ彡′_.. -  /\/  |  |:::::ノ ̄ア ̄/.|. : /: : ∨: : : :::::/:::::\::::::::::::::::::√ ̄
 ̄7乂__ノ:::)_xヘ.二 ニ ゙て∠rιク_;.,、_,ー-'^- =ニ_ . /   /  ノ   |/  `¨´   { /\_\: : /::::::::::::::\:::::::::::/::::::::/
  乂___//  「____]_,、─-弍/::::\::::::/`'く   イ / | /          〈 : : :  ̄\::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::/.:.:
へ___/ \_/\__/.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:/ ̄``'< \/  \/     __      |/): : : : : :|:::::::::::|::::::::::::::::::/::::::::/.:.:.:
<___/__}  /\___/ ̄ ̄/ ̄二ニ=‐ __ ̄ ─ __   / ̄ /     / /: : : : : : |:::::::::::|::::::::::::::::::::::::::/.:.:.:
 ̄丁¬=- _ ア´ ̄ ̄   /  / / ̄_____>'"  >__/   {     〈__/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
/ \   ̄-二 |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /  / ̄_/ ̄|  /|__//     /       〈: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
    \    |.:.:.:.:.:.:.:.:.://____/  / ̄ √   / ̄ ̄\  \       ∨: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
     \   |.:.:.:.:.:.:.:.:/ ̄| | ̄ /  /|   /  /      |   |        ∨: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
ヒステリックベインから殺意の視線を感じ、咄嗟に構える。
だが、すぐさま飛び掛かられることはなかった。

国崩の狙撃がヒステリックベインの胸部を貫き、装甲を吹き飛ばしたのだ。
微かに姿勢が揺らぐが、煤けた白い機体は倒れない。

「このまま集中砲火で封殺する」

新城直衛が有無を言わさず第二射を放ち、ヒステリックベインを討ち貫く。
それに続くように、先ほどのロケット弾の雨が再度彼の頭上へと降り注いだ。
弾頭が次々と地面に突き立っていき、炎が敵機を呑み込んでいく。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1494 ◆x0SRSoJXe. :2019/10/18(金) 00:08:50 ID:hrq0zAy.0

   乂_彡    ;;     '⌒   ′       ∧
   ニi:i:i:i:i:乂   .:;:...   ノ           |
 ⌒'くi:i:i:i:i:i:i:i:7⌒⌒_⌒¨´    _         | ,         _
 ;  从i:i:i:i:i:i:乂_)ミi:i:乂_   γ´ :;:i:i:㍉       | '       ,,''∧                  -ミ
彡彡i:i:i:i:i:>──-ミミミy'⌒_ }i:i:i:i:i:i:i:i:i:)    _| ∨ヘ /{  /  /                    /乂ノ
;:;;:i:i:i:i:/       `ヽ_(i:i:i:リi:i:i:i:i:i:i:iく    \   \|,| V /{//\}_                  /::::/
i:i:i:i:i:i:/   /     ニ  `ヽi:i:i:i:i:/⌒   ̄丶、 \  `{ ∨/:::/::::/} }\              /::::/
i:i:i:ア{   :′     Ξ `:,  マi:i:/  :;:;:;:.    ; /(\ }∧ V/ヽ/::} |_} _          /::::/
ア´ 乂  :;     ,;辷   :;  }i:i:{   ,;;:; )   )/ /\\_} ,}__∧/L|__j/く \       /(_/
{  ,;i:ミ  ::...   ..ミミ   ;' 厶i:乂_,;:;:;:;:(  ノ⌒⌒ 乂」〕, L/ >‐// / ̄\/      /(:::::::/
{  ;:;i:i:ミ之__彡(⌒  '′イi:i:i:i:i:i:〉》 __ノ(⌒.: .: :;:;;;;ノ^{ 〈::\|_ イ/ // /\ / |        /::: ̄/              ´
:. ,:;:;i:i:i:i:i:i:ミミ=‐‐<_   彡'⌒ 冫⌒丶:;:∵⌒ミ:;:;:).:.:.\∨:::::У「7/ / /\/ ∧     ./::::::::/          /
う爪i:i:i:i:i::'´   ...:.:.:Yi:i:i:i:i:i:(    (   ノ;:;:  ノ⌒丶.:.:.:「∧_,/二∨∧辷_/ ̄/ |_/\ /::::::::
:;:;:;:::)i:i:シ⌒ヽ  : : : :乂i:i:i:i:i:i:)     /⌒ヽ:;:;(    }.:.:.| | |::::::::::::| | |.:.:.:∨/_ハ  /::::::/           °
_彡i:i:シ⌒   )  ___彡'⌒⌒丶、  ノ⌒ヽ     .:;',;:;::. ノ.:.:.| | |::::::::::::| | |.:.:.:.:}/:|:::::|_/:::::::::/     /⌒:;:;/:;;;;:;、
  ⌒ヽ: : : ( ノ⌒ヽi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\(;:;:;:;:;:;:;:)    )_彡'.:.:.:.:| |  ̄ ̄ ̄  |.:.:.:.〈:/ ̄/::::::::::: ∧-=ミ  ノ;:;:;:;://;:;:;:;:;:;:`, ′
  .::;:;:;: `¨¨´⌒ヽ  )i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:)⌒ヽノ⌒ヽ「 ̄|,∧.:.:.:.: |∧      /|.:.:.:.:∧_,/:::::::::::::/ };:;:;:;:)/.:.:< /;:;:.::.::.::.::.::乂__  °
  );:;:;:;:;:;:.,.,..   ∨⌒¨¨¨⌒⌒´. : : : : }   乂 l〈>,\_// \   / |.:.:.:.:.:./〉:::::::::::::∧ }i:i:i:;:;:<´    ̄ ̄(_.:.:./ , `
  (;:;:;:;:       :.     . . : : : : : : ノ    \|∧\∨|    Υ  /.:.:_//::::::::::::::/ ∨i:i:i:;:;:;:;:;:;:.\     /.:.:(     __
            }     _:_:_:_:_:_彡   : : : :;::|| | 〈/∧   /  // ̄7:::::::::// ̄人i:i:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:)    (.:.:.:.:.:⌒>__
   }        厂⌒      {     : : : :;:|| | ̄| 〈∧ ./  /二二/|___/ /;:;: 乂__``ー─  ̄     ``ーz.:.:.:.: : : :(_
....:.:.:人      /     ... . : : 人_  . : : : :∧ノ|::::::77:::::∨,,/|\∧//|::::::| |;:;:;:;:;:;:く        __ <⌒´.:.:.:.:.: : : : : : :
i:i:i:i:i:i:i:i:≧=‐‐=≦うぅ    : : : : /i:i:i:i:i:)⌒\: : :/   |:::::∨/⌒|::::: |__ノノ∨ .|::::::| | ⌒;:;:;:;:\ ヽ⌒⌒ヽ\;:;:;:;:) `丶、: : : γ´ ̄
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:(   : : : /i:i:i:i:i:i:i:(   / ̄ \.|:::::/::::::::: : |::::: |イ   __|::::/ /  : : ;:;:;:;:;:;:.  {   : : < \;:;(⌒\ ̄ : : :{
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:⌒ヽ: : /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:) // ̄\  ∨〈::::::::: / |::::: |´ ̄ ̄  ∨_/⌒\: : : :;:;:;°\) . : :ノ  )\:;::: : :\: : : 乂

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
やがて、黒煙の中から炎を纏ったヒステリックベインが躍り出た。
左腕部は引きちぎれ機関部から火花を散らしており、
頭部もメインカメラが半分吹き飛ばされている。
装甲は見るも無残に破壊されており、ブレードにもひびが入っていた。

それでも、ヒステリックベインはアポリオンに襲い掛かった時以上の勢いで、
マーシフルへ飢えた獣の如く突貫してきた。
ジェット音を響かせながら低空飛行し、跳躍したかと思うと
凄まじい速度でブレードをマーシフル目がけて振り下ろしてきた。

咄嗟にレーザーブレードで受け止めるが、あまりの衝撃に刀身が悲鳴を上げ、
数秒と持たずに中心からへし折れてしまった。

姿勢を崩し尻餅を突く形となったマーシフルに、ヒステリックベインは
狂ったようにブレードを叩きつける。振り下ろされる鉄塊が視界を埋め尽くし、
コックピット内を揺らしながらAP減少アラートを響き渡らせる。

「くそっ……やる夫は……」

オーバードブースターを展開する。
違う。自分は違う。自分には帰れる場所がある。待ってくれている人がいる。
生き残りたいと思える、理由がある。

こんなところで死ねない。
カメラアイを保護シャッターが包み、視界が暗闇で覆われると、
僅かに残ったPAが圧縮され、解放された。
コジマ爆発による暴威が荒れ狂い、周囲に破壊をまき散らす音が聞こえてくる。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1495 ◆x0SRSoJXe. :2019/10/18(金) 00:09:15 ID:hrq0zAy.0

         _ ノ゛,, ;、、、 '⌒ゝ、 ',
       `┬;;;:::┬′   ィ===yl     『敵機、沈黙を確認。作戦成功。
        ⌒゙''''''´"        }
     l!            u   ./      自力での帰還は無理だね、今から回収に向かう。
   i! |l     /´   |   ゝ /
\  l| l      ゝ、____人_____ソ        ……よく生き残ったね。それで十分だよ』
  ` .、  ι     、::::::::::ノ/
   :ミ:ー.、._        ̄  ``'''ー-、

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
視界が回復すると、揺らめくヒステリックベインが、尚もブレードを振りかぶっていた。
今にも爆散しそうになりながらも、軋む腕でブレードを持っている。

だが、それが振り下ろされることは二度となかった。
ヒステリックベインは、天を衝くようにブレードを持った腕を上げたまま、
時が止まったかのように沈黙した。

深紅のカメラアイからは既に光が失われており、殺意も失せていた。

ロールシャッハの死を感じ取りながら、やる夫は深々と溜め息を吐き、
地面にマーシフルの四肢を投げ出した。

アリスのことを想う。今頃、先に帰っているのだろうか。
帰ったら、どんな顔で迎えてくれるのだろう。
不安を一時の安堵で覆い隠して、やる夫は目を瞑った。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1496 ◆x0SRSoJXe. :2019/10/18(金) 00:09:29 ID:hrq0zAy.0

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

1497 ◆x0SRSoJXe. :2019/10/18(金) 00:09:44 ID:hrq0zAy.0

     /   /    V∧
-、__  i   i   _   V i
、   ヽ! r<!  / ヽ V!
 V/--、V  j} ./    i }.!
、 .マム-ムV/ ./  _  ! i i
. ヽ-'! 〉,___V// / r`-、/         ,ゝ--- 、
--<  〉___〉 ! i' /!.   \      /       \
   V/ ,__}、.| i 〈  .!  i´ `` - 、  ./       ,>-\
\, '´ ヽ/ __ヽ--V/ヽ-、ヽ    \!    __/ ___i´ \
___.\   \{!   \  i.:.:.:.:..、_  , '゚´ \r<>--<   ヽ、. ヽ
{  `ヽ、ー‐}!、   \ヽ;.:.:.:.:.:.:.ヽ、  ,  \ilililililil/  /  V/ }!
{      _V//´` 、> 。:.:.:.:.:..、___   Vililill{  / }、 i}/
ヽ_jI斗ャ≦ ̄ ̄ ̄`ヽ/>{ili{≧s、_:.:.:.:.:.、  Vililiヽ__/{ } i V/
ililil{_   __/     \il>-、ililij!ililヽ;.:.:.:.\_!ilililili}_  ' ヽ, V/
ili{´ヽ、/        __\ililil_}ilil>‐<、ヽ、:.:.:.}ilililili} V/   ヽV/
iliト、  \      /   `ヽililil>-<ilヽ/≧'ilililil〈  〉      }!
ililili}    V/   ./      ` <ilililililil\ `ヽ>ー<    }!
ililili}    V/    V/      _ `¨¨`Y-<゚    /  > 、}!
ililili}    V/   V/     {f¨`ヽ      `゚ <}       \
ililili}.      V/   V/     {!             `>ー - -ヽー 、
ilili/     _V/   }!                 /    ヽ    \
il/       / .V/   .V/               /                \
´\   /    }!    V/                {                  \


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
輸送機内でマーシフルに乗ったまま微睡んでいると、
通信が入ったことで起こされた。

回線が繋がれているということは、なのはが許可したということだろう。
つまりは味方か、それに類するものということだ。
アリスだろうか、と願望を覗かせながら発信者名を見ると、
ネイキッド・スネークという表示が浮かび上がっていた。

何の用事か分からないまま、眉を顰めつつ応答する。

「こちらスネーク。ヤルオ・ニューソクだな」

いつかコロニーで聞いた低く鋭い声は、やる夫の眠気で鈍った精神を
急速に覚醒させた。彼の声や気配には戦場の匂いが染みついていた。
平時であっても、どこか殺伐としている。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1498 ◆x0SRSoJXe. :2019/10/18(金) 00:09:57 ID:hrq0zAy.0

       イ二二二二二ミヽ、
     /|  ノ|         ̄≧ー、
    /´i .!、  !            ー-,
    | |  /∨`i ∧          \
    l |/   \| |i!i|            ゝ
     ,r≦≧t、  || Ⅵヽ | |\        ̄
   /  ゞ≡´丶、    \||  \
  < __   |       \    |    ヽ         コバックスとやり合ったそうだな。
   ,ゞヽ`´ `ヽ    ミミ  二ミヽ  ∧
   ゞミヽ、   |    ミ  ノ ヽ |   ∧       「コバックス? 誰のことですかお?」
   i`ヽ i!il   ∨    ゝ !、__/    ∧
 / _,-ノ,!i!i!、    i´ -― ´ \   ∧      ロールシャッハなどと名乗っていたあいつだ。
 ∨彡彡´ノi!i!ミ        |    \___/
  ` 刈彡´ノノ     ___斗              本名はウォルター・ジョゼフ・コバックス。
     `ヾ_,斗―≦ ̄i!i!i!/    __
      /i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!ノ _/⌒\  `ヽ      俺の……昔の部下だ。二十年ほど前のな。
      }i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!´/    斗<ヽ └‐
     /i!i!〈⌒´//   斗<     i_j
  _,―´/`ー´// ゝ--イ∨
  /  /  / /       ∨





/   二>ゞ、  \i!i!i!i  i !∥ |
  =≡二三≧`ヽ  `ヾj `i // /
┬―--≧ー―― 、__ !     _ゞ、
/  /                |ヽ|
ノ/                     |
/                   /
                   /,
三三ー‐ii!i!i!i!i!i!i!i!≧==‐、_,∠/
三彡  ji!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!j  `iゞ
三二≡=ヾi!i!i!i!i!i!i!>´    i
,       `≧≦´ /    i
彡彡   /        ̄ト、__i
彡彡彡´   /彡iiiiiiiiiiii/ヽ
彡彡彡////斗≦ ̄ ̄`! ∧
ヾ彡彡巛巛彡ノiiiiiiiiiiii!´  i
::::≧=、彡彡ノiiiiiiiiiiiiiiii|   i
:::::::::::::::\ミミミミミミミミミ   i
\::::::::::::::::::::::ゞ≠≠≠ミヾ  /∧
  ≧=ー―  i´           ∧
 `i\   `ヽ \_/ ̄`ヽ  ∧
  i  \__| ヽ      \  |
  `ヾ三三三彡´|        \ |

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
ロールシャッハが、スネークの昔の部下?
意外な情報だったが、絶対にないとは言えない。
ということは、スネークは知己を殺したやる夫に文句を言おうとしているのだろうか。

「あいつは、俺の指揮する部隊のノーマル乗りだった。
家族はいなかったが……友人に恵まれた奴だった。
一度、その友人の家族写真を見せられたこともある」

若かりし頃のロールシャッハを想像しようとしたが、できなかった。
如何せん情報が少なすぎる。第一、やる夫は今しがた殺した相手の顔すら知らない。

「ある日、あいつの任務中に、友人の生活しているコロニーが反体制組織に襲われた。
俺は、あいつの歎願を却下し、任務に従事させた。
……そのコロニーは被害こそ大きくはなかったが、
運悪くあいつの友人一家が犠牲となった。
それから数年してAMS適性を見いだされたヤツはネクストを与えられた途端、
企業から離反してロールシャッハと名乗るようになった」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1499 ◆x0SRSoJXe. :2019/10/18(金) 00:10:11 ID:hrq0zAy.0

    }: : : : : : : :_ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ;リ
    i!: : : : : /: : : :r : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : __i
    〔: : : : :/: : : ,´:/ヘ: ヾ : :ノヾ: 、: : :ヽ  \>'´///}
    |ミz、ノ: : :彡'/__ヾ:i :〃:ミヾ ミ: : : \: : ;)/////.i
    |/〃: : :ソ : {//////////ヾ、ミ:}ヾ`゙/´\j/////.{
.     }ヾ゙从〃\`.///////////`゙ヾ;////////////-、
.    i////////ヾ./////////////j//////////f'´ヽ.i
    ノ`ー-、./////\_////////////////_ノ´ミK`Y }.}
   /ソ: : : {≧`゙ー-z、_////////,>任=ヲ'´,  `ミj, ノ〃、       分かるか、小僧。俺があいつを狂わせた。
   〃/: : : i三三三三 >゙ーi-'´ ̄`=≡´     ノ从〃ミミヾ、_,
_彡'人: : : :}三三三/ i  i!  ヾ  `ー    ソ彡ソヾミヽ、      ネクストに乗り、企業体制を作り上げる手助けをし、
.:. .:. .:. .:.ト、彡ヽ三≧' ; ´  }  、 }     、_  ヾミ三≧ミヾ`ー-
 .:. .:. .:.从ミソ, `゙´/{ '  ! |   Y、     `ヽミ去ミヾ!.:. .:. .:. .:.ヽ     世界を戦争経済の渦に巻き込んだ。
.:. .:. .:./:. ソ彡ネ  ム,,, ヽ '  ヽ ノ `ミ、   、ミミヾ、゙,; |.:. .:. .:. .:. .:.\
. .:. . /. .:. .'キ彡 '去彡ントz - 彡≦ミヾミヾ、 、ヾミミノ,;;; |:. .:. .:. .:. .:. .:.    俺が世界を狂わせたんだ。
:. .: /.:. .:. .:./;ム彡'´`゙丶_   __ ― ; ミソノヾ}/从',;;;;;i .:. .:. .:. .:. .:. .:.
.:. .:{. .:. .:. 〃∧ミソ ゝ= __ ̄ ̄__, , '´ ソノノノソ彡/,;;;;;;;;|.:. .:. .:. .:. .:. .:. .    「そんな……」
. .:. | .:. .:. .}::::i;;;;Y彡,_ ,zkz=zk  ゙´ ノ从ノノ /,;;;;;;;;;;;!.:. .:. .:. .:. .:. .:. .:
:. .:..i. .:. .:. i:::::|;;;;;ミ从ソソil|||||||ilミ、_ 彡'从ヾ /,;;;;;;;;;;;;;;;;|.:. .:. .:. .:. .:. .:. .:    手助けをしたことに変わりはない。
.:. .:.| .:. .:. .|:::::|;;;;;;;;;ヾミソ|||||||||||||illlミ从ヾ../,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{.:. .:. .:. .:. .:. .:. .
. .:. .!:. .:. .:.i!:::::l;;;;;;;;;;;;`ヾミ三三≦彡゙ , イ゛,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i.:. .:. .:. .:. .:. .:.





k手毛彡杉父リル´三三三三三三三三 ハ`∨ j三三三≧
三三三三彡勿 〃三三三,'三三三三 /`ヾヘ"/;三≧≦'
三三三三 沁ノル/三三三,'三三三三 /  ;: | V气三三ニヽ
k三三三三三ヾ{ ≡三三三三三彡;'´  ミ| l ヽ=ミ三ミ‐ヽ
l小三三三三三三≡三三三丈ィfア/;;;;,.  ミ! !  \ 下ヾ
ヘハ`ヽ三三三三三≡三/ー='";:;:;;;;;;;:;;ミミ', l  ヘ
 ゝ\{三三三三三厂;i;;;;;;;;:;:;:;:;:;;::;;;;;;;;;;;;;;ミミハ |   l >‐ァーァ- 、_       覚えておけ、戦場に生きるというのはこういうことだ。
爻/ ∧ゝ、三三彡-' ;;;;i ;:..     ;;;;;;;;;ミミ;;jl }l   li /∠二二//`ー
マ/ / ∧;    ,,;;;;,'   !:. ヽ      ;;ミ;;;;;厶/    li|/  ̄ ̄ /         そして俺は戦場でしか生きられない殺し屋だ。
/ / /;:;ヘ;;;;;;;;;"  l、  :.:. 〃;;;,:;;;;;:;;;  ミ;;;;;;//     li|===/
゙/  ',;:;;:;;:;ヾ;;' ...;:;;:::;ヽ___/:;;__. ‐‐、 }:;;.; ;;;;;//       li|=/            おまえも同じかどうか、よく考えろ。
    ;:;;:;;:;;:;ヘ :::;;; _ -‐==T´jヾ.ノ.::::::;;;;;;//;;        li| /
\   ;:;;:;;:;;:;;:;',:::::: ..::ー;;;:::::¨´ .::::::;;;;;f刃;.;        li|'               ……老婆心もこれが最後だ。じゃあな。
∧ヘ   ;:;:;:;:;:;:ハ;::;;;;;;;;;; '";;:.;;.;;.;;:.;;.;;.;;;/ ̄/;;.  r'エエユ=ォ亠'───ァ=v=
Vハ l   ;:;:;:;:;:;:;∧ゝ、.;;.;.;___;;_;;._._;;.;;/ ,/;.; r≦┬r〃´/ーrrrr‐ /x'´/
::Vハ{  、 ;:;:;:;:;:;:j;:;:ヽ`i、三三三三イ/;.;;.; /||||||||f==!l  ||||| | 〃 /

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
スネークの重い言葉が、ずしりと胸の奥に沈んでいくようだった。
通信が一方的に切られ、コックピット内に静寂が戻る。
その静寂が、やる夫の内の悩みと不安を更に掻き立てた。

そして、ある本音に気づいた。気づいてしまった。
もしも叶うのなら、戦いなどすぐにでもやめたい。
アリスと一緒に、いや、なのはやシグナムも一緒に、
どこか静かな場所で平和に暮らしたい。
誰にも死んでほしくない。誰一人として、いなくなってほしくない。

だが、それはあくまで本音だ。現実で言えるものではなく、
胸の中で思うことしかできないものだ。

今できることは、生き残るために戦うことだけだ。
ネクストから降りるには、後戻りするには、何もかもが遅すぎた。
自分も、なのはも、アリスも、遅すぎたのだ。

最早、リンクスになったやる夫にとって、生きることと戦うことは同義だった。
それでも、戦うことで明日が手に入るのなら、それでよかった。
今更違う道を選ぶことも、許されなかった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1500 ◆x0SRSoJXe. :2019/10/18(金) 00:10:48 ID:hrq0zAy.0

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

1501 ◆x0SRSoJXe. :2019/10/18(金) 00:11:17 ID:hrq0zAy.0

                     _____
                   ,. - ´        `丶、
                 ./               \
                  / / /  ,/          ',
              / / /  ./            ', ',
               ,   i /i   /i |    }  |  |  ',
               ,′ |i 八´/ ̄`|   ,/| /i|  |  }
             ./{  从〃斧ミ八Ⅳ  /´|ハ|  /   !
            /八  ∧  ヒ以   ∨/斧ミi从    ,i
            ./ イ\ .∧//// /  以ノ 》 /   /i|
              l   \「     ′////   ./ヘ{
              |   圦  、     -=彡   イ
              .i|   l ヘ      ´   -=彡イ  |        お、お帰りなさい。
              从   |  /\   _,,..。s≦   /   |
                ノ ) ノ,ィ'    ̄  {_八__ /人  !        変じゃ、ないかしら?
         ,  ⌒7^7¨_´     ,   _` 7ー-、」,._
        /   /  {    `ヽ /- ¨´  /   /  ヽ
        ,    /   ゝ、         r 、/__   ,
      ./   ,    /`¨¨¨¨¨¨¨¨>´ --、`ヽ、    :.
       .,:   /        {    ー' ¨´ ̄   \   :.
      {  ,:           ,...:::::と,.-_ ̄´     \   .
      | /            /      と二_      ヽ  |
      | ,                            \   } ,
      | {:.                         }' l`  | |
      | '.::::::....    ...:::::::::::::::.....          ..::, |     {
      | 人::::::::::::::::::::::::::::::_::::::::::::::::::::::.............:::::::/ ,:   | |
      |  >r--    ¨´  ` :::::::::::::::::::::::::::::,.:'  /   | |
      |    |             ー   イ  ,:     | |
      |    |                     ,{ ,ィ:     | ,〉
     /    ,                   /Ⅵ {      ∧/
    .∧    /                   { |  \_,イ }
      { \ {                   ノ \     /
      |  _,/\_________,...イ}、 {   ー イ
     ∨/::::\____:::::::::::::::::::::::::::::::イ::::}  乂__ノ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
自室、といっても今ではアリスとの相部屋だが、
そこに疲れ切った体を引きずって戻ると、白いセーターとジーンズ姿という
素朴な装いのアリスが出迎えてくれた。

ヘッドドレスも外し、まるで普通の、戦争などとは縁遠い姿だった。
慣れない服装に戸惑いと羞恥を滲ませながらも、優しく、嬉しそうに頬を綻ばせていた。

立ち尽くしていると、アリスは言い訳するかのように服装の理由を話した。

「か、形から入ってみようと思って……服装とか」

その様子を見ていると、やる夫は穿たれた精神の洞に暖かいものが満ちるのを感じた。
いつも奥底で感じていた冷たさも消え、思わず走り寄ると、そのまま彼女を抱きすくめた。

「ど、どうしたのよ、急に」

「ごめん。なんか、我慢できなくって」

華奢な人形のような体は力を入れれば折れてしまいそうなのに、
力強く脈打つ鼓動が生命の存在を確かに主張してきていた。
彼女の体温が伝わってくる。そっと、腕が背中に回された。

なぜか、頬を涙が濡らしていた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1502 ◆x0SRSoJXe. :2019/10/18(金) 00:11:28 ID:hrq0zAy.0

           ____
         /:::     \
       /::::::::::     \      ただいま、アリス。
      /::::::::::         \
     |:::::::::::::::         |     変なんかじゃないお……とても素敵だお。
    /⌒:::::::::      ⌒ヽ/
  ;/::::::::::::            \;
  ;/::::::::::::::          \ ヽ;





           _ -‐  ̄ ̄ ヽ‐ 、
          /  /      ヽ \
          ' /  l  l l    l   lヽ
        i{ l   l ll l l    l  / l
        '  l   l、lヽl lヽ   /⌒l  l
        i{     l ヽ'⌒ )/ 旡V ノ
        '   l \ `、 ' ̄`   ゝ イ〈
        i{   /ゝ、`ヽゝ ''''   `  / l        もう、なに泣いてるのよ。
      /   /: : : ヽ ヽ   ー '´/l  l
         /: : : : : 〕 、 ヽ- , --i lハ l        早く上がりなさい。お腹、減ってるでしょ?
     /  /: : : / ̄丶 ヽーし: :l j l/
       /: : : /    ‘, l   l:/__
   /  /: : : : '       ‘,l   \ヽ‐、
   / / /: : : '       / l リ     \ ヽ
  ' ィ     /     / /    丶  `` 、
  i / l   l  '       //         \    \
  ll l  l /     '   l          ::::.   ヽ
  ll l    /       /   :.        ..:::::::::..  l
  ヽ 丶 /     '     :..         ──‐  /
     V       /!      丶     ..::::::::::/
    /       /、l    \     ̄ ̄ ̄ ̄ /

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
自分にこんな時がくるなんて、思ってもみなかった。
血と泥に塗れて、死ぬまでずっとこのままだと思っていた。
それがずっと続くと思っていた。

血を流しているのは今でも同じだが、こんな涙を流す日が来るとは想像し得なかった。

ぼろぼろと涙を溢していると、アリスに手を引かれた。
引っ張られるままにキッチンに行くと、そこには様々な調理器具が並べられていた。
二つ並べて設置されたコンロの右側には鍋が置かれ、湯気が立っていた。
縁からはレードルの柄が覗いている。

覗き込んでみると、コンソメスープらしきものが入っていた。

「つ、作ってたのかお?」

「ええ。でも、一人でやるのは程々にしといたわ。案外難しいものだってわかったから」

そう言うと、アリスは引き出しから小皿を取り出し、鍋の中身を軽く注ぐと
やる夫に差し出してきた。味見してみろ、ということらしい。

期待に沸き立ちながら、見るからに温かそうなスープを啜った。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1503 ◆x0SRSoJXe. :2019/10/18(金) 00:11:48 ID:hrq0zAy.0

      ____
     /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
    /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
  /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
 |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                            ┛
 \   。≧       三 ==-
     -ァ,        ≧=- 。
      イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
     ≦`Vヾ       ヾ ≧
     。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。 ・





                 -‐… r示㍉
                  _、rf{ニ込r彡ミh、  っ
         /  _、rfニニしノ宀冖宀冖ニミh、   っ
.        /  ,、fニし厂        `、 ^'ミh、
     r 、 .|| んし厂               | \ \
        ,||. i=|    |   | | |__ノ  .,  |   | i
         |{ ノニ|    | ィ|"´ ̄ |   |``   | |  |
     r=彡刈   |   | | __,,、圦  | /,_  ノノ ノ
      乂____ノ|[  \[  ぅう''゙⌒  \ノ/'^㍉ィ//
         乂 从    \ |  ''"    ` ''' 彡  /         ぷっ……あははははっ!
       从 //Λ  _\      -:ヽ ⌒ //
        // //ニ}iト。,  ⌒「´  (   jノ / 〃           なに、その顔……!
      .// //ニニニニミk  ト .,_   イ:|:| //
     //,イ/ニニニニニハ. |h=少ニニ}/ ノイ            あなた、そんな変な顔もできるのね。
     //ニノニニニニニニ} 从芥二ニニ}/| 圦
    .//ニニニニニニニニノヘ/ ||ニニニ}  | | \
 、//{ニニニニニ\__ノニ, |トニニニ\  |   \
// {ニニニ\ニニニニニニ]   \ニニニ} |
/  Λニニニニ\ニニニニリ    ∨ニニ}     \  \
    /  \ニニニニニ=彡ヘ「^^^''〜ニイ       \  \
  / / / <只>=トニ=≦ニニニ}    /ニk>
/   / / ノニ=「 ∨ニニニニ]   ノニノ|   |   |   |   \
  / /_、rセニニ|   ∨ニニニ}r=二彡'゙  |   |   |   | |
__,、rセニニニニニ|   ∨ニニイ / | _ノ|___八         | |
 )ニニニニニニしィ厂∨ニ〈 /=,|     | | 八  八      |
{ニニニニニ/| |  ∨ニ∨ニ|     | |/  )/  )/ /  / /
八ニニニニ/ニ| | 「 ∨ニ∨=|     \、       /  //
:i:i:\ニニニ/ニ=|__八 八ノ∨ニ∨ノ厂|しノ厂|ニミh、   / /
:i:i:i:i:i\ニ厂ニ厂     ∨ニ|         |ニニミh、

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
そして吹き出した。それも盛大に、壁にかかるほどに。
強烈な塩気に、反射的に飲み込むこともできず吹き出した。

咳き込むやる夫を見ながら、アリスが朗らかに笑う。

「ごめんなさい。でも、自分一人で大して何も見ずに『こんなものでしょ』
ってやったらこの有様よ。さ、一緒に作りましょう?
簡単なものから始めていけば、大丈夫よ。
レシピもちゃんと見つけてきたから」

彼女はひとしきり笑い終えると、穏やかな表情で手近なタオルを取り、
いそいそとやる夫の口を拭いてくれた。
気恥ずかしくもなるが、それ以上に嬉しかった。

それからやる夫たちは、データベースのレシピを基に、ああでもないこうでもないと
四苦八苦しながら、なんとかシチューとバケットという夕食を作った。

途中でやる夫がキッチンナイフで指を切ってしまったり、
アリスが皿を割ってしまったりと色々あったが、なんとか出来上がった。

初めて手に取る手つかずの野菜や肉の見た目や感触、
匂いは新鮮そのものだった。

鶏もも肉も皮やそれに見える毛穴などから、かつて鶏として生きていた頃が想像でき、
ただ口にするためだけの存在というよりも、命であったものを調理して
食事としているということを薄っすらと自覚させられた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1504 ◆x0SRSoJXe. :2019/10/18(金) 00:12:08 ID:hrq0zAy.0

        _  -―― ―- _
      /           ` 、_
    _/   _  -ィヽヘヘ;- _   ;゙:   ̄  ‐- _
  /  l、 ィ ⌒ヽ7‐、゙, - 、   `ヽ/ l´:;:;:;:;:;`:; 、    ̄ ‐- _
/     l \ `""_(:;:;:;/: : : :l\ _ イ   ;:;:;:;:;:;:;:; :.:.:ヽ        ` 、
l     、  ` ー'―`― '´ ´    /;/―-、 :.: :.:ヽ __        \
ヽ    ;ヽ      .      ' //:;:;:;:;:;:;:;゙ :.ヽ: /:;:;:; : ヽ          ヽ
 \ 、 、  ヽ ' ,   ,'  , _ //:.:.:.:.:.:., /:; :. :. l:;:;:;:;:;:;:; :.:. ヽ
   、\    ヽ        //:;:;:;:;:;:;:;' ;:.:.' :.:.l:;:;:;:;:;:;:; :.:. :.:l
    \ ゙ 、 `ヽ_    _メ  ヽ__,,;'':.:. :.:. /:;:;:;:;:;:'' _,,'' '-‐==ニ二
      ` 、` - _  ̄     ヽ:.:.:. :.:.:./ゝ-=ニ三-‐: : ;,' ̄ ̄-' /
         ` - _ ‐-  _- ニ三三ニイ=二`=- ─''´  ̄  /
            ` -  _             _ -‐ ´
                   ̄ ̄ ――   ̄ ̄

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
「ちゃんとレシピ通り作ると、ちゃんと食べられるものになるのねえ」

テーブルに二人分の食事を並べて、二人揃ってソファに座って向かい合った。
深皿に並々と注がれた乳白色のシチューには人参やじゃが芋が浮かび、
バケットも少し切り口が荒いものの、ほんのり焦げ目がついて麦の焼けた
香ばしさが感じられた。

食べましょうか、とアリスの一声の後にシチューをスプーンで啜ると、
温かく優しい味がした。特別な食材も調理法も用いていない、
素人が作った分味も落ちているはずの料理なのに、
今まで食べた食事のすべてが見劣りして見えた。

何物にも代えがたい、そんな味がした。

アリスもにこにことシチューに漬けたバケットを口に運びながら、
時折楽しげに体を揺らした。

食事の合間に、お互いのしてきた仕事の話もした。

「アリスは、どれくらい先に帰ってきてたんだお?」

「ちょうど一日前よ。IGIOの大型MT群を軒並みおしゃかにしてあげたわ。
あなたは……帰ってきたときの様子からして、きつかったみたいね」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1505 ◆x0SRSoJXe. :2019/10/18(金) 00:12:31 ID:hrq0zAy.0

                       rf==く 〈<ノ_人、,_
                        /´  rf∨'/≧==彡'゚'辷〉ミ、
                   /  /   .rf∨'///////辷〉  ‘,
                    /|l   /   rf∨'/////辷〉     ',
                / i| ||  | \ .rf∨////辷〉     !
                 / || |l  | |: |l  }////辷〉     i
                  Ⅵ ト!.∨トト、ト.`!从| (><)彡     i
                    ヘ! ∨ハィf=ミ、 / /  }丶       !      今日は早めに寝ましょうか。
                    ノ   ./イ乂人ノ       ,'
                       く __    / /,∧        〈       疲れてるだろうし、お湯を張りましょう?
                   ヽ )   .//./ ∧  、     {
                          ≧=-.''゙< \ ' ,  ヽ    ヘ       先に入っていいわよ。
                        /´  /} /イ'´ ̄`¨ヽ  ' ,   .',
                   i  / /j /        ',、 '    ',
                        〈./ {_ i          i `ハ    ',
                  _ノ      }     /  .| 、  ',  .!
                >   ,__     ノ    /  } } ‘,  i   .|
                 /  /      }    /  / ! .!   .|.}  }
            /                /  {乂 , .i!.!  !
              i   ≠          ,     ′ ;〃,イ リ ! .リ
            :,           ′    /  , ,イ.リ ///
             ',  ',        ,     {  .' ,/ }//.〃
                 >ヘ      .ィ/       .′ !
                ≧=--≦/      /  .{
                     i  /          ハ
                    ∨      /   ./  〉
                   /     /       乂
                r. イ 乂__ /           ` <
               ノ  乂__ ≧              \
            __ `ヽ_ ∠ ___                  ヽ
      > ''"´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :` <            /:ヽ
   >.:´:_:_:_:_: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \       ,..ィ: : : : :.V
 ./: : :´ : : : : : : `:.<: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :≧=-- =≦ r : : : : : :}
 i : : : : : : : : : : : : : : : : : ー‐- ァ、__ ノ´ ̄ ヽ: : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : :,
 { : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /        V: : : : : : : : : : : :イ : : : : : :.ハ
  ',: : : : : : : : : : : : : : : : : : :{     、    ヽ: : : : : : : : /、: : : : ,,.イ-yッb
  > ..,,: : : : : : : : : : : : : : :|____      ` <ー-<    ̄ ゝ-'¨′
      ` ̄ ̄ `゙''ー-- ヽ__/   ̄ `≧=---- '-'

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
帰れる場所。
待っていてくれる人。
共に笑える時間。

それらを守ることと、戦うことが同じであるのなら。
自分は彼女と共にある限り、戦い続けるだろう。

コロニーから一歩外に出れば、硝煙と死に溢れた世界が広がっている。
その時になれば、また戦いの時間が来る。

だからこそ、今この瞬間だけは、何もかもを忘れていたかった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1506 ◆x0SRSoJXe. :2019/10/18(金) 00:12:46 ID:hrq0zAy.0

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

1507 ◆x0SRSoJXe. :2019/10/18(金) 00:15:37 ID:hrq0zAy.0
以上だ。なんだかんだと一週目も佳境、早くて年内、遅くとも来年の春までには終わりそうかな。

次回は31日の木曜日午後九時からにしようと思う。シーユーアゲイン。

1508 安価のやる夫だお :2019/10/18(金) 00:16:23 ID:Hyo1XIOM0
乙でした

1509 ◆x0SRSoJXe. :2019/10/18(金) 00:18:58 ID:hrq0zAy.0
ああ、ファンボックスのURLってここに貼っておいていいんだろうか……

Twitter上で支援について意見を募った時に賛同してくれる人が少数だがいたので、Twitter上だけで公開したのだが、

ここでもそういった方はいるだろうか? その場合はこちらで言ってくれると嬉しい。URLを貼ろう。

なんだかんだお金が集まれば私も労働時間を減らしてその分スレとか書けるので助かるし……

この身において凄い傲慢な行為をしているような気が未だにするが……まあ、よろしくね……

1510 安価のやる夫だお :2019/10/18(金) 17:30:05 ID:yi6gb3co0
乙。貼ってくれれば一食分位出すぞ。ツイッターはろくにやってないからめんどい

1511 安価のやる夫だお :2019/10/18(金) 23:37:37 ID:XIIifAyM0
乙でした

1512 安価のやる夫だお :2019/10/19(土) 00:22:38 ID:yCnbGUEc0
おつでした

ロールシャッハの機体は何で止まったのか分からんかった
しかし、戦争を止めない企業はクソだね

1513 ◆x0SRSoJXe. :2019/10/19(土) 01:22:51 ID:fSUMiv060
>>1510
相分かった、こちらがURLとなる……

ttps://www.pixiv.net/fanbox?utm_campaign=www_sidebar&utm_medium=site_flow&utm_source=pixiv

一応色々お返しとかも考えてるから、要望あったら言ってね……

ありがとほんと


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

パイニャン - 青山裕企


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板