したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

【安価】やる夫は誰かのために戦うようです【R-18】

1 ◆x0SRSoJXe. :2018/11/18(日) 22:14:42 ID:NOfdPGR20

   ∧ `i¨ヽ   i   i  γ⌒ヽ`i¨ヽ `i ̄'`| ̄`ヽ.  .i\ i\
  _/,,∧ ├く    ∧ .∧ {{   }}|-く. ├一.|    }  .| | ヽ| .:iヽ
. _/_   ヘ_jL \__/ ∨ ∨ヽ、__ノ jL \」__.,イ!____ノ   | | .:| | ヽ
                    γ⌒ゝγ⌒ヽ `i¨ヽ `i ̄'\‐┘ー, .| └─:\
                   {{   {{   }}├く ├一. ¬┌ .:| ┌─'′\
                    ヾ、__.イ ヾ、__ノ .jL \」_イ   j_.L._j__L      )\

●この作品は株式会社フロム・ソフトウェアによって平成18年12月21日に発売された、『アーマード・コア4』の二次創作作品です

●原作との相違点も多く、作者の知識の至らない点は自己解釈によって補われています。あらかじめご了承ください

●この作品はフィクションであり、実在する人物・地名・団体とは一切関係ありません

3196 ◆x0SRSoJXe. :2020/10/12(月) 21:54:45 ID:2U4JVEDM0

               _____
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:――
       __,.∠:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.⌒\:.:.:.:\
.      /:.:.:.:.:.:.:/:.:.∨:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
     /:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:. | :.:{:.:.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.\:.:.Λ:.:.:.:.:.:..
.    /:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:. |:|ハ|/:.|:.:.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.:∨ /∨∨〉:
   /:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:. |:|  |:.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:.|/ /|:〉 〈: |
.  / :.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.:Ν.  | :.:. |:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.| /: |._Λ〉|
   : |:.:.:|:.:|:|:.:.:|:.:.:┼―‐ -:.:.:.|:.:.:. ィ:.: ̄:.:.:.:.:|:.:.:.:|:.:.:.:.: |
  |:.:|:.:.:|:.:|:|:.:.:|:.:.:.:|斗ぅ=ミ :|:.:.:.:.:|ァう=ミ: |:.:.:.:|:.:.:.:.: |       ほい、おおきに。
  |:.:|:.:.:|:.:|:|:.:.:|:.:.:.:{ )いハ 从:.:.:.:.| )いハ Y:.:.: ノ:.:.:.:.: |
  |:.:|:.:.:|:.:|ヘ:.人:.:.: 乂;;ツ   \:.| 乂;;ツ 从:.Λ:.:. /:.|       やる夫君、額面通りに受け取ったらあかんで。
  |八:.:.|:人:|:.\\ト''        '''  /:.:.:/ }:.:.:.:.:.|
     \   |:.:.:.:.:.八     '    _,   /彡/_,ノ:.:.:.:.:.:|       先生、こう見えてお人好しで義理人情の人やさかい。
       八:.:.:.:.:.个   `       イ:.:.:.:| :.:.:.:. |:.|
       /:/:.\/ ̄         < |\__:.:|:. /:.:八|        君のこと心配してくれとんよ。
     /:/⌒∨ :. :. :. {\>r≦.  ノ| : :. :. :. :.\:.:.:|
    /:.:./ :.:.:.: ∨:. :. Λニ=‐‐=ニニニニ|:. :. :. :. :. :./:.八
   ⌒ア/:.:.:.:.:.:.:.:∨ /  ∨二二二./|:. :. :. :. :/:.:.:∨\
 / ̄ ̄/::::::::::::::::::::∨   Vニ>''´  |:: :: :: :: /::::::::::∨__
:: :: :: :: 厂 ̄ ̄\:: /{__/{⌒`}\  Λ::: :: ::/::::::::::::::::⌒\
:: :: :: :/:: :: :: :: :: ::.:}::::{/  {:::: /  \j:::::\::/:::::::::::::::::::::::::::::





                       
/ /  /      / / ∠___}     
|/        // //γ ̄/ ノ}    
       // /  / /   У :}    
:/   /|/ u   :/ 、    __ ノリ   
{   / _ -- _ u  ぃ  〉 _〈/    
.乂 //     ∨/  ヽ  |/ /           余計な事くっちゃべってないで、用が済んだら帰れぇっ!
  フK_,     ∨/  ヾ  / / / 
/ /////∧_ノ  ∨/     ∨/          「おっほほ、おっかないなぁ。ほな、お世話さまでしたぁ」
:∧∨////zz人 /∧   彡ノ _ノノ  
j  ∨///// ̄ ̄L∧        |   
|\  :}////      ヘ       |    .
|  レ┐| |       \_ __.ノ  ....
ハ     ̄\                
  ‐------ニユ             .
─- _      _j          
    \__/            


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
思っていたよりも長生きできると言われて、確かに安堵した自分がいた。

肉体面での懸念は、考えないようにしてきたものの、確かにあった。
それが大したことないことに、感謝するべきなのか。

また、それはなのはやルルーシュ夫妻、アーキテクトであるラケル博士の
配慮が有効であったことを意味していた。

マーシフルは大幅にデチューンされ、出力に制限が掛かっている。
それでも重量バランスや各種性能は優れているが、かつてなのはが
搭乗していた頃のマーシフルとは程遠い。

それは、自分が操縦できるレベルまでリミッターを掛けたからだ。
なのはたちが自分をマーシフルのコックピット内で死なせないよう、慮ってくれたのだ。

こんなことなら、リミッターなんて掛けてくれなければよかったのに。
そう考えてしまうのは、薄情だろうか。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

3197 ◆x0SRSoJXe. :2020/10/12(月) 21:55:36 ID:2U4JVEDM0

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

3198 ◆x0SRSoJXe. :2020/10/12(月) 22:06:40 ID:2U4JVEDM0

                    . .: '"~~ ̄ ̄ ̄~~"''〜、、
               __/.: : .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:`丶、
           _.、-''" ---ミ{.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: : \.: .: .: .: :\
         / /.: .: .:.: .:八.: .: .: .: .:.\.: .: .: .: .: .: .: .:\.: .: \.:.\
        / /.: .: .: .: .: ⌒\/⌒: .: .: \.: .: .: .: .: .: .: .:\.: .: \.:.ヽ
        /   : /.: .: .: .: .: .: .: .:./.:_.: .: .: .: .: .: :\.: .: .: .: .: .: .: .:\.: .:.:|.: .:.
      '   ..:./ .: .: .: .: |.: .: .: /.: :∧.: .: .: .: .: .: .::\.: .: .: .: .: .: .: .:\∧.:.:i
     {  /.:/ .: |.: .: .: :|.: .: :∧__彡|.: .: .|.: .: .: .: .: .: .: .: .:.: .:.|.: .:__| / |.:.:|
         ∥.: .: .:|.: .: .: :|.: :|/|'^   |.: .: :|.: .: .: .: .:.:.:|.: .: .: .:.:.|/ | \.|.:.:|
       |.:|.: .: .:|.: .: .: :|.: :| :|   _|.: .:.∧.: .: .: .:.: _|.:|_.: .: |,,/_|\ \:|
       |.:|.: .: .:|.: .: .: :|.: :|八/ | \ |.: .: .: .: .: |.:|.: .: \|/ ||_/\_〉
       |八.: .: |.: .: .: :| .: /:\  | :/  |.: .: .: : : / :|.: .: :/ |_,,/|.:. .:.:|.: |
          )八|.: .: .: :|_.:.|      j/  :|.: .: .: : /  |.: .:/  .: .: .:|.:. .:.:|.: |
             |\.: ..:{ )\ ィ芋芋ミ :|.: .: .: / ィ芋芋ミ:/.: .:.人.: : |.: |
           八..:\:{ } ^)\      |/):/      /.: / : .: .: |.: |
             /.: .: .: .: {,/ //⌒:/:/:/:.   〈i    :/:/:/: イ ノ.: .:/.: :| 八      二人だとご飯も作り甲斐あんねんなー。
         /.: .: /.: / .:.∧        ___       八.: .: / : : |.: |.:\
           /イ. .:/.:./  〈 : : : \__   |    |     . : .: / .: .: .|.: |.: |⌒
            |.::∧.: `丶、 ̄ ̄\.: .\ \_/   イ : ./:|.: .: .: .:|.: |:八
          _|:〈_∧.: .: .:L\   ).:.:..八     イ  ̄\/.: : |.: .: .: .:|.: |.: : \
      /  \ ̄ ̄\.: `丶、 .:./⌒\><  |\  /\.: |.: .: .: .:|.: |.: .: .: |
     /  \   \   |.: .: .:|| \     〉::::/  \ \  ∨ : .: . 人八.: .:.:.|
      〈    \)   \__|.: .: :八_ /\  /         |.  /.: .: / ̄ ̄\.:/
     | 、       〉 八.: /  /    /          :| 厶 イ       ∧
     | ∧        |   )' _/    /           .:|    |     /  \
       〉 \    |/ /\    ∧_      //    | ̄ ̄\/  /  ',
      {     \   |/     \   / \ \     //      |  \ ./ ,:    ',
     〈 ̄ ̄\. \ <       \ハ.   \_ _/        |    ∨./    ',
     }      \_/|\        ~}    /Y⌒\      |   \ 〈 / \. ',
     }___/ / |  \     //|   /:i\  /:i:i\    |    \∨       ',
     〈    ./ |   |   \/ /∧ / \/⌒:i「 ̄ \__|     ',      ',
       〕    |  |      /V ∨_  {:i:i:i:i:i:ノ /二=-―…    ', |/     ',
      〕   / .|    \     / ̄ ̄     ∨:i:i〈./             } /       }
      〕  ./  |  \    /           ノ:i:i:i:i:\              ; /  /  }

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
家に帰る前に商店街へ寄り、精肉屋や八百屋を巡って、それから帰路に着いた。

「今夜くらいは豪勢にいこかぁ。折角やしなぁ」

陽気に肩を揺らしながら、はやては帰ってくるや否や、
さっさと手洗いうがいを澄ますと台所へ直行した。
買い物袋はさすがに持たせてもらった。これまで持たせたら格好がつかない。

複雑な気持ちばかり抱えて捏ねまわしていたが、はやての姿や笑顔を見ていると、
少しだけ鬱屈とした思いが掻き消される気がした。
多分に気遣いが含まれた接し方ではあったが、これだけ長時間一緒に居ると、
その笑顔が作り笑いではないことは察せた。

顔をくしゃりとさせ、目を細めて思い切り口角を上げるその様に、
心地よささえ覚えた。なのはがはやてを紹介してきた理由も分かる気がする。
彼女と共に過ごしていると、気持ちが解けていく。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

3199 ◆x0SRSoJXe. :2020/10/12(月) 22:16:01 ID:2U4JVEDM0

          ____
        /      \
       /─    ─  \
     / (●)  (●)   \
  ( (  |   (__人__)⌒      |    ――うっま。
  _ n \  `⌒ (     / 
  -(ミ>二==  ー‐      \     「これね、ぶり大根言うんよー。これはほうれん草の胡麻和え、冷ややっこ……
   ヽミ/∨    __とー、    ヽ
   {  ヽ    ヽ___/)  \ /  |    それは手羽元のポン酢煮やなぁ」
   ゝ  i      ゝ_,,へ  \ ノ





                      、. : …―- . .、、
                     /: : : : : : : : : : : : :>‐:、__
                    /: :/ : : : /∨: : : : : : : : : :.\`、
               , : : : /: : : :./ / : : : : : : : : : : : : : :`、
                /: : : :斗- 、 /: : : : :./ |:..:. :.|: : |: : :.`、
                 /: : : : |: |/|/丶 : : : :./ : |: :| :.|/}^∨ 〉
            / : |: : :.|: ァ=ミ、 |: : : |/ ⌒ト: | :.{/| 〉 〈ハ
             //八: 人 .... ``|Λ: | ァ≠ミ、\|/} Λ 〉:|
               /:\{ :::::::      ん心刈{/Ⅳ : : : |
                 //.:.Λ   _`   ::::ヾrシ' /:j : /: : :. :./|          「あ、はやてさん、お酒……」
             /イ:.:/ : : 、 ヽ~^ v,  :::  /ィ:../ : /: :/ :|
              |:/ : j: : |丶      -=⌒ノ:/ : /: : 。 ゚゜ ̄"'v―‐、    かまへんやろ、一杯だけやさかい。
.            、… 从_:/: :八   ̄_、ィ  ):.:// : /:.。'゜      ∨^ヽ\
.         /   / / : /二う=セ二ノ/ : : : : : :/∨ 。,     ∨ ̄ `、  潰れたりはせーへんよ。
         /   ヽ/、 /イ/ニニニニニニ//: :/イ//: : : :∨r ゚:゚:。:。。_,_、∨ ̄ 」
.        /  ∨/  }ノニニニニニニ/ {// ,/): : /: :.∨: : : : : : : : :∨ ̄ ノ
       〈  /    j「ニニニニニニ く⌒ヽ▽/   //^ヽ : :|∨::::::::゚。::::::::::::'⌒7
.       /У    /ニニニニ -ニニニi〈  ∨      ⌒∨ ∨::::::::::::::::::::::::,/
      / ′   / ニニニ -=ニニニニ|       ,/       |  ∨:::::::゚:::::::;;;:::::,
.     /  '///,   |ニニニニ-=ニニニニ|  〉    「      |、  ∨:::::::::::::::::::ノ
    /   V///, |ニニニ -=ニニニニ「 /             | 〉  ∨ニ=- '''/

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
夕飯はやはり二人でいただくことになった。
洗い物といった多少の手伝いはしたが、ほとんどはやてが用意してくれた。
向かい合うようにして座り、並べられた食事を頬張っていると、
はやてが後ろの冷蔵庫から徐に缶ビールと、ご丁寧に冷やされたジョッキを
取り出して不敵に笑っていた。

止めようかと逡巡したが、本人がこう言うので信じる他なかった。
が、彼女の一杯だけは見事に取り消され、結局三本くらい開けていた。
一応、潰れてはいなかったが。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

3200 ◆x0SRSoJXe. :2020/10/12(月) 22:24:05 ID:2U4JVEDM0

               _____
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:――
       __,.∠:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.⌒\:.:.:.:\
.      /:.:.:.:.:.:.:/:.:.∨:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
     /:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:. | :.:{:.:.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.\:.:.Λ:.:.:.:.:.:..
.    /:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:. |:|ハ|/:.|:.:.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.:∨ /∨∨〉:
   /:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:. |:|  |:.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:.|/ /|:〉 〈: |
.  / :.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.:Ν.  | :.:. |:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.| /: |._Λ〉|
   : |:.:.:|:.:|:|:.:.:|:.:.:┼―‐ -:.:.:.|:.:.:. ィ:.: ̄:.:.:.:.:|:.:.:.:|:.:.:.:.: |
  |:.:|:.:.:|:.:|:|:.:.:|:.:.:.:|斗ぅ=ミ :|:.:.:.:.:|ァう=ミ: |:.:.:.:|:.:.:.:.: |
  |:.:|:.:.:|:.:|:|:.:.:|:.:.:.:{ )いハ 从:.:.:.:.| )いハ Y:.:.: ノ:.:.:.:.: |       ……今日は一緒の部屋で寝よか。
  |:.:|:.:.:|:.:|ヘ:.人:.:.: 乂;;ツ   \:.| 乂;;ツ 从:.Λ:.:. /:.|
  |八:.:.|:人:|:.\\ト''        '''  /:.:.:/ }:.:.:.:.:.|       そこの和室にお布団敷けばええ。
     \   |:.:.:.:.:.八     '    _,   /彡/_,ノ:.:.:.:.:.:|
       八:.:.:.:.:.个   `       イ:.:.:.:| :.:.:.:. |:.|        「えっ」
       /:/:.\/ ̄         < |\__:.:|:. /:.:八|
     /:/⌒∨ :. :. :. {\>r≦.  ノ| : :. :. :. :.\:.:.:|        目の下にそないなクマ作っといて、眠れてます言わせへんで。
    /:.:./ :.:.:.: ∨:. :. Λニ=‐‐=ニニニニ|:. :. :. :. :. :./:.八
   ⌒ア/:.:.:.:.:.:.:.:∨ /  ∨二二二./|:. :. :. :. :/:.:.:∨\      一緒にテレビでも見ながら眠くなるまでゴロゴロしとればええんや。
 / ̄ ̄/::::::::::::::::::::∨   Vニ>''´  |:: :: :: :: /::::::::::∨__
:: :: :: :: 厂 ̄ ̄\:: /{__/{⌒`}\  Λ::: :: ::/::::::::::::::::⌒\
:: :: :: :/:: :: :: :: :: ::.:}::::{/  {:::: /  \j:::::\::/:::::::::::::::::::::::::::::

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
はやての後に風呂に入った後、火照った身体を冷やすために
水でも飲もうかと居間へと戻ると、寝間着姿のはやてから予想だにしない
提案を受け、変な声が出た。

顔が赤らんでいるが、酔っぱらって変なことを言っているわけではないらしい。
目の焦点も合っているし、指摘も的確だ。変なことは起きないだろう、多分。
いや、嫌だというわけではないし、自分とて男だ。しかも十代の男子だ。
意識するに決まっているし、今でも意識している。
ふとした瞬間に見える仕草や、後ろを向いた時の身体の線に
心臓を掴まれっぱなしだ。これは自分でなくてもそうなるはずだ。多分。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

3201 ◆x0SRSoJXe. :2020/10/12(月) 22:32:23 ID:2U4JVEDM0

                _......-―- ‐::::::::::::::::::::ー-、
               --、:::::::::::::::::::::::ィi〔⌒\::::::::\
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::.
            /:::::/::::::::∨/::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::\:::::::.
            .:::::::::::::|:::|/^ |::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::/>::::::::.      
           | ::::::::: |:::|   |::::::::::::::::|::::::::::::::::|//>Χ<::.       
           |/:::::::: |斗― 、 ::::::::::::::ィ:::⌒ヽl//::「::::::';:|     
              /::::::l:::::|八  八:::::::::::::| |:::::::| {/::::::::|l::::::::'|      
          /:/:::::l:::::|  _  \:::::: | ⊥;;:::|::::|:::::::::::|l::::::::::',          あっはは、この回やっぱ可笑しいなぁ!
            /:/l::::: l::八 7⌒ヾ   \::{ア⌒狄|::|:::::::::::|l:: \:::',    
        〈::( 乂::::\:::\w  ,      yvw |八:::::: ノ }:::::::i:::i         私な、この円楽さんいう人めっちゃすっきゃねん。
.           ノ个ー<⌒              /::::/_ノ ::::::|:::|    
      _,,.、....::::::::::::::|::::|::::|   V  ̄⌒ヽ   厶イ:::::::::::|i:::::|:::|          紫の着物の、ほれ、司会の人な!
     / /::::::::: /|:: |::::|::::|:}ih、 乂  ノ   イ:i:|:::/::::::::::|i::::ノ :|    
.       /:/:::::::斗| ┴=ミ::乂i:i:}ih、   イi{八i:iノ/::::::::::: |i :::|:ノ          この後はドリフかぁ、こら腹筋いたなるなぁ。
      {/::::::::/   ァ''゛ ̄~"寸i:i:|    /   ∨ハ::: |:::::::八::|     
      ∨/    {        Vi:|「\ ノ    }  }:: |::::/  }:|     _
           八      ノノ\/⌒\  八.八:|:/ _斗r< ̄  \――-- <
        !    >―‐=''゛    \「::::」 ∨__⊥ニ广 ̄    \    |       \''゛
.         从            / ̄ ̄ ̄                 \/⌒つこ\\\}

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
掛け軸や古風なテレビ台などが置かれた和室に布団を二つ敷き、
その上に寝転がりながらモニターに映る過去の映像を二人で眺めた。

今日はお笑いの番組のアーカイブが沢山流れる日だったらしく、
はやては終始笑い声を上げながら肩を揺らしていた。

美味しい手料理で腹一杯になり、ふかふかの布団にくるまり、
ちょっと慣れてきたい草の匂いに包まれ、隣には明るくて優しい素敵な人。

あんなに罪悪感と焦燥と疲労感に埋め尽くされていた頭の中は、
すっかり眠気に支配されつつあった。

不覚にも、安心していた。
自分にはそんな資格はない、と幾ら頭で思っても、抗えなかった。

二人で笑って、笑いつかれて、少し休憩と枕に顔をうずめた次の瞬間には、
睡魔に負けて意識を手放していた。

本当に、いいご身分だ。逃げた立場なのに。

ここに居られる内は、明日に怯えずにいられる気がしてしまった。
夢にまで見た、そんな日々。それをどう表現すればいいか、今なら分かる。

平和だ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

3202 ◆x0SRSoJXe. :2020/10/12(月) 22:32:48 ID:2U4JVEDM0
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

3203 安価のやる夫だお :2020/10/12(月) 22:34:09 ID:nB9sAYXQ0
健康になってきましたねw

3204 ◆x0SRSoJXe. :2020/10/12(月) 22:36:55 ID:2U4JVEDM0

                           _ ______
                      ´.: : : : : : : : : : :`
                       l: : : : : : : : : : : : :i
                    i: : :○ : : : ○: :.|
                        |: : : : : : : : : : : |        さて、今回はここまでだ。
                     j: : : -===- : :.i
               r―--┐     i: : : : : : : : : : : :l         やる夫君もちょっとずつ元気が出てきたみたいだね。
              i: : : : : ',      ゝ : : : : : : : : :t´
                ',: : : : : i  , f: : : : : : : : : : : : : :ヽ        ちなみにはやてちゃんのおうちの間取りのモデルは
                \: : : :y: : : :Υ: : : : : : : : : : :y: : '..,
                ',_: :: :/  i: : : : : : : : : : : :l丶 : : :ヽ     私の祖父母の家だ。おかげで私もすっかり畳派だよ。
                     ̄   l: : : : : : : : : : : .i  \ : : :丶





       , -‐   ‐- 、
     /: : : : : : : : : : ::',
    , ': : : : : : : : : : : : : : :',
  /: : : : : : : : : : : : : : :○:',
  ヽ : : : : : : ○: : : : : : : : :',          次回は来週の月曜日、10/19の午後八時からとしよう。
 .  `ト : : : : : : : : : : : _,-‐'`iヽ _
    i: 丶: : : : : :,-‐'´__,-‐'´: : : `ヽ      ちょっとした安価も挟もうと思うから、そこんとこよろしこ。
    | : : :ト: : : : `-‐´ : : : : : : 、: : : 丶
    | : : :'、j`-‐ : : : : : : : : : : : \: : : ヽ    それじゃ、シーユーアゲイン。祖父母と一緒に笑点見てた頃が懐かしいよ……。
    丶,,:_:_:_: : : : : : : : : : : : : : : : | : : : i
          `ヽ: : : : : : : : : : : : `ー‐'
             ヽ: : : : : : : : : : : : : ヽ

3205 安価のやる夫だお :2020/10/12(月) 22:43:42 ID:nB9sAYXQ0

笑点かぁ…もうずっと見てないなぁ…
昔は良かったとか言いたくないけど、少なくともテレビ放送は昔のほうが好きだったな

3206 安価のやる夫だお :2020/10/12(月) 22:58:52 ID:YmuiRJdg0
ちゃんとしたご飯を食べるのは健康への近道だと思う
よかったね

3207 安価のやる夫だお :2020/10/13(火) 01:02:25 ID:aNLPfKnU0


3208 安価のやる夫だお :2020/10/13(火) 22:14:17 ID:wYtO4kwU0
乙でした

3209 ◆x0SRSoJXe. :2020/10/19(月) 20:01:40 ID:NjlOvYzI0

    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||  、 - ‐‐ -,
 |:::::::::::::::|,´: : : : : : : : :
 |:::::::::::::::|゙i : : : :○ ○゙i
 |:::::::::::::::|}: : : : : : : _ _ _l      ハロー。
 |:::::::::::::::||: : : :-=´_ _,´
 |:::::::::::::::||___ : : :丿       
 |::::::::::::::(_____ノ´||
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||
 |:::::::::::::::||/    ||
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
   \ ::::||
    \||

3210 安価のやる夫だお :2020/10/19(月) 20:02:45 ID:CYScYWVE0
ハロー

3211 ◆x0SRSoJXe. :2020/10/19(月) 20:08:16 ID:NjlOvYzI0

         _ _ _
       /: : : : : : `i
.       i: : : : : : : : : :!
       、: :○: : ○: :!
        i: : : : : : : : : i          クーガーやブラックジャックに限らず、好きなキャラっていうか、尊敬するキャラか。
        l: : :,, --_ッ: :',
        丶 `‐'´: : : :ノ          それを自作品に出すのは、中々緊張するものがあるね。
         / ´: : : : : : : : `ヽ
  .     /: : : : : : : : : : : : : ヽ        使っているAAに恥じない人物背景を用意できているか、
    , -‐': : ,: : : : : : : : : : : : : :ヽ
  /: : : ,-イ: : : : : : : : /`丶: : : :、       振る舞いや言動をさせられているか……あまり自信はない。
  r⌒ ,/ /: : : : : : : : i   i: : : : i
  ` ‐ '  /: : : : : : : : : |   ! : : : |       ではやっていこう。平和なラブコメスレとして再始動だ。
       i: : : : , _ -‐ ´,)   ` ヽ _|
        (_ _i ̄(_ -‐'´i
      | :|`‐´i : : : : |
       |: :ノ_ _ ノ: : : : :|
       |: : : : : |: : : : : !

3212 ◆x0SRSoJXe. :2020/10/19(月) 20:08:30 ID:NjlOvYzI0

            ____
          /      \
         /─   ─   \
       / (●) (●)     \
       |   (__人__)      |       はやてさん、寝てるお……
       \   ` ⌒´    _/
        / l        ヽ          
.       / /l       丶 .l
       / / l        } l
     /ユ¨‐‐- 、_     l !
  _ /   ` ヽ__  `-   {し|
 /          `ヽ }/
            / //
  ,,, __ ___ _/ /_/

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
朝日を瞼越しに感じて目を覚ますと、
隣で暢気な寝息を立てているはやてが横になっていた。
他人には絶対に見せないであろう、寝間着にすっぴん、髪もぼさぼさ、
というあられもない姿で、口をぽかんと開けて涎を垂らしている。

あれからというもの、夜にははやてと一緒の和室でテレビを身ながら眠った。
いつの間にか、それが二人の間での自然な流れになっていた。
女盛りの美女と一緒の部屋で眠って、我ながら辛抱堪るまいと思っていたのだが、
あまりの自然さに、それが当たり前となっていき、抵抗も緊張も消えていった。

無防備な姿を見せられていることで、自分とはやての関係を錯覚しそうになる。
恋人でも家族でも、友人でもなんでもない自分たちは、なんと呼べばいいのだろう。
寝返りを打つ彼女を見つめつつ、体を起こす。

たまには自分が朝食を用意しよう。冷蔵庫の中身や、
調理器具の配置はある程度把握できていた。
トーストとコーヒーくらいは用意できるはずだ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

3213 ◆x0SRSoJXe. :2020/10/19(月) 20:14:18 ID:NjlOvYzI0

               ____
             /      \
           /   _ノ   ⌒\
          /   ( ●) ( ー)ヽ      「おはよ〜」
            l        (__人__)   |
          \     ` ⌒´   /       おはよう、はやてさん。
          /      __    ヽ
           |  、    |〜|      ヽ     
         ゝ_ ̄つ=====と )
                ̄ ̄





            .. -‐‥…‥‐- ..
            /: :⌒: :⌒: : : : : : : : : : : : ,
.        /: :/: : : : : ,ヘr 、: : : : : : : : : ′
        /: :/   /   / '^i^i }       . :
.       /: :/ ; i i {_,. {   l |: :}: :: : : : : : : : :.;
      /: : i i: :|: :|癶「乂  | l ノ: :/、/}: :i: : : i
      { {: :|: :|: :{ィ芹芋ミ  jノイ//: :/7/> : :!
      { {: :ト、乂个゚辷ノリ   芹芋ミゝ</>: : :j
         '.: :八 i:i  ¨´      辷ノリハ>/∨〉/
       j/: :: :从 """   '    ¨´  ノ: : 〉〈       あー……先起きてたんか。ありゃりゃ、パンにコーヒーと。
    °  }: :: :iハ \   - 、  ""゙厶イ: : 〈∧〉
.  ι     j|: : ∧ \ \      _,イ : :./: :,小、       おおきに。
       _」!」L.._〉、 ',_} `ー‐ 'i/./ /_/川 :
     /\  `ー\ ヽ    人_/ /  ⌒ヽ} :        「はやてさん……胸元、ボタン外れてますお」
     i   ヽ  \ } }  /. // /      `ヽ
     |     '.   / /` ´〉/¦   /    '.       んん……あー……。
.     〉       // 、,〈 { 乂 ,f      /  
    /}       i   {   i 〉   ,f       /、
   /∧: .、__    |  \¦/    「   、_  {: :}
    { {: :\    │   .Υ    i      / ノ}
    {人 }      '    |    /       /: :}
      )ノ.      '.、_,ノヽ、 __.;      ハ丿
       |      ∨, :.  -‐/   '.    /
       |      i  .l  /    , /
       '.       |  |. /     V
        ヽ     l  | i       〉
           ノ       〉、 |      /,
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
あれから二日が過ぎた。
あまりにも穏やかな日々に、戦場で聞き続けた轟音が大昔のことのように、
もしくは映画の中の出来事のように思えてきた。

忘れられたわけでもないし、この先忘れることもないだろう。
目を閉じる度、暗闇がスクリーンとなってその光景を映し出す。
日常の中に埋もれていっても、決して消えはしない。

けれど、目の前には、それを悪い夢だったのだと、
そっと言い聞かせてくるような優しい日々がある。

平和な世界で生きていいのだと、言ってくれる人がいる。
それに罪悪感を抱きつつも、甘えずにはいられない自分がいた。

寝間着のまま台所に立ち、トーストを二枚棚の上の白いオーブンに突っ込み、
インスタントコーヒーを入れたマグカップへ沸かした薬缶の中身を注ぐ。
彼女も自分も、たっぷりのミルクに角砂糖が二つ。
軽快で長閑な音ばかりが静かな台所に微かに響く。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

3214 ◆x0SRSoJXe. :2020/10/19(月) 20:15:07 ID:NjlOvYzI0

          ____
        /      \
       / ─   ─   \        「今日はちょっと本社の方に顔出してくるさかい」
      /( ●)  ( ●)    \
      |  (__人__)       |       分かりました。掃除とか色々済ませておきますお。
       \ ` ⌒´       /
       /   ー‐ /⌒  ヽ        「ほな頼むわ。合鍵、なくしとらんよね?」
____/_____/ /_______
   (⌒ィXXXX(⌒ /             うん。出かけたとしても、散歩くらいだと思うけど……。
    /XXXXXX/´   フキフキ
     ̄ ̄ ̄ ̄

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
やはりはやては、自分のことを欠片ほども異性として意識してはいないようだった。
それは油断というよりも、信頼の表れと思った方が良さそうだ。
優しく微笑む目に、「この子なら大丈夫」という思いが滲み出ているように
見えてならなかった。何を根拠にしているのかは分からなかったが、
それを言えば、自分だって根拠もなくはやてを信頼しきっている。
お互い様な事は、言ったところでしょうがない。

時折冗談めかして、風呂場に向かう際に「覗いちゃあかんでー」と言われたりするが、
当の本人はあっけらかんとしたものだ。こっちの気も知らないで。

とはいえ、欲情しようものならどうなるか分かったものではない。
自分の妙に強い理性に今は感謝していた。
自慰も最近はしていない。もしかしたら枯れ始めているかもしれない。
むしろそれが今の状況における最善かもしれないので、嘆くこともないが。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

3215 ◆x0SRSoJXe. :2020/10/19(月) 20:22:32 ID:NjlOvYzI0

                   , - ― -   .
                , '": : : : : : : : : : : : : : : : >、
           _ ,. '" : ,ィ: : : : : : : : : : : : : : : 、: : :、 ヽ
            /: ヾ、: : :/: : : : : ヽ: : : : ヽ '、 : : ', : : ヽ :ヽ
         /: : :/: , : i!' : : : : : : : ヽ: : : : :ヽ: ',: : :',.、: : ,'、: ',
         /: : :,': :_!iヽi!/ヽ:_:_:_:_:_イ三三三三ヽ_:_',ヾ/:/:',: '
        ,': : , イ ノ三三三三 ̄',:三三三三リヾ,、:!'/ ヾ,.!: i
        !/ , イ、三三三三:!: : :ヾ三三三イiニヾ,、 : : : !: i
      /---、' ,ィゞ三三三ソ ',: : : :/イ iっ::心!: : : !`ヽ:.!:.!: ',
     r ー-、 !' / ', 〃示ヾi! ',: : ,'   い;;;;;::i: : : i 、!.ii!!: !: :',       ほな、行ってきます!
     /  イ !ゝ'/ヾ ヽ',  ∨:∧. ',:.,'   ゞ斗'.':.i: :i'"/ヾ: :!: : ',
     !  し/ /: !: :ヽ:ヽ. 弋:ツ ヾ     ...,':/: /イ:.!: i!: ! : 、ヽ      「いってらっしゃい。待ってますお」
   _r/  イ.,- "',: ',: : : :`ヾ    `   ,  ./:/: ,': i!: !: i!: !: ! :ヾ、
 . /ヾ、\ /、   ヽ:!',: : i、: :'、   `ー‐   /:/: :,'、:i!: !: :!: :!: !: :'、      ……うん。お留守番、よろしうな。
 /.:.:.:.:.>、` /     ヽ: :i ヽ: >        , イイ: :/ /:!: !: :!: :i: :!: : :',
./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!      ',:.! ヽi: :!イ `r " , イ: /:i ./!>、: :!: :i: :!: : : ,
.〉、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/     , --',!''";;;;;;/.、  r---!、/イ i!/: !;;;;;;;;>、:i: :',: : : ,
:.:.:\:.:.:.:.:.:.:./    /;;;;;!;;;;i!;;;;;;;;/, i ',イー;;/ /'、〃/:.:.i;;;;;;;;;;;;;;;;;;>、 : : i
:.:.:.:.:.:>-,-' ,ィ‐, イ、;;;;;r-‐''":./:.:/ヽヽ;;;;/, イヽ':.:.:.:i:ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>、
:.:.:.:.:.:.:.:.:,'   i/;;;;;;;;;;;;/:i:.:/:.:./:.:.,'. ヽ/::::7-‐ ./:.:.:.:.:.!:.:.:.:.`ヽ;;;;;;;;;/;;;;;;;'、
:.:.:.:.:.:.:.:,'  /;;;;;;__;/:.:.〉':.:.:.:.:ヾ:!、 !-.、'   /:',:.,.イ-、:.:!:.i:!:.:.:.>、;;;/;;;r--
:.:.:.:.:.:.:.,、/`:. ̄:.:.:.:.:/:.:.:.:.:i´:.:.:i:.`〈:.:.::,'   /:.:.:`ー, ̄:.',/!:.:./:.:/:.ヽ;;;;;iヽ、
:.:.:.:.:.:.:.!:.!.',:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:i:.:.:.:',:./  /:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.i!!:./:.:.:.:.:.:.:.:\;;;ゞ
:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:i:.:.:./.,′ /:.:.:/:.:.:.:.:.:..:.:.i!/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\;;

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
スーツ姿に着替えたはやてを門扉の外、車で出発するところまで見送る。
今日は大分日差しが強く、軽く掛けておくには可愛らしいものの、
実際に目を隠すと似合わないサングラスをはやては手にしていた。

元気に手を振ってくるはやてに、手を振り返す。
こういう行為は家庭において一般的なことらしいが、
自分にはどうにも不慣れで、胸の奥から何かが溢れ出るような感覚に襲われた。

昔、こうして親に手を振ったことがあっただろうか。
軽くさかのぼり、あると確信する。父と母は油の匂いをさせながら帰ってきた。
それはやがて油の匂いではなく、仕事帰りの親の匂いと成り代わっていき、
その匂いを嗅ぐ度、「ああ、かえってきた」と実感させられていた。はずだ。

今では、油の匂いを嗅いだところで何も思わないが。
遠ざかっていく車体を見送りながら、しみじみと考えていた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

3216 ◆x0SRSoJXe. :2020/10/19(月) 20:31:51 ID:NjlOvYzI0

          ____
        /     \      _
       /   ―  ―\     //
     /   (● ) (● )ヽ  //
     |        (__人__) l〃ヾ.
     \        `⌒´ /'んソl
.      〃⌒ヽ    '"ィ´ヽ.//|  |
       l\  \       // ′ .l
      │ \ ⌒ ̄ ̄〆⌒,ゝー'
       |   `ー──〜ソ"
      |          // i
       |       //  |
      \     、//   ,!
        |    //  /
        |  〆ソリ  ,/ サッ サッ サッ サッ‥
         /ノ//ソハ 丿
   . :. 〆彡/ノリiゝ/ . ` ,. ..
  . .. :´,;、;彡リン〆ノソ ..´..;' . ; ; : .





          _____
        /      \
       /_ノ  \_  \
     / (ー)  (ー)   \
      l   (__人__)       |
      \  ` ⌒´       /
      /⌒          ̄\
.     |                ,、 ヽ
      \  \        ||   │
       \  \      /  /彡\
       /\  \   i′  く ヽ\彡\    ____
      /   \  /]  /  |  \彡\/__    ヽ    ゴオオオオオオオオ…
    /    / (ノ/)) ̄ヽ    \   \彡\ミ}  , ‐、 i
   __| .   | / / ̄   ヘ    )   |ゝ三ノ   i   iノー----‐
  (___/ /        `ー‐'′   ゝ======ゝ= '
     [二二二二]

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
それからはもう、自分でもどうかと思うくらいに長閑なものだった。
庭の落ち葉や得体のしれない虫の死骸を竹箒で片づけ、、
屋内の掃除機がけや廊下の雑巾がけ、拭き掃除、
大体終わる頃にはお昼時といった具合である。

適当に炊飯器で炊いた米を濡れた手で掴み取り、三角形に握り、
味噌を塗ってフライパンで焼いたものを四つ程。
皿に盛って縁側まで持っていき、日差しと蝉の声を供に齧っていた。
じんわりと湿気と暑気が立ち込めてはいたが、シャツとズボンを目一杯捲って
過ごせば、耐えられなくもない。最初はやられたものだが、少し慣れた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

3217 ◆x0SRSoJXe. :2020/10/19(月) 20:46:31 ID:NjlOvYzI0

       ___
     /ノ  ヽ_\
    / (ー) (ー )\
  / ⌒ (__人__) ⌒ \
  |   /ζ⌒|     |
   \  ゝ .(⌒)     / ズズー
   / /  | ̄     \
   |  /   |        |

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
掃除している時、不思議なものを見た。

「かまへんかまへん、見られたらあかんもんは前もって隠しとるよ」と
本人から許可されているとはいえ、掃除に入る時は緊張した。
いざ入ると、特に変わったものもない、普通の部屋だったが。
畳の上に箪笥や衣装棚、本棚に化粧台といったものが壁沿いに並べられ、
押し入れの向かい側にテレビがぽつんとあり、窓が一つあるだけだった。

彼女の個性が表れていたものとしては、本棚だろうか。
紙の本という珍しいものがぎっしりと詰められており、中身は色々だった。
旧時代の小説、詩集、コミック、とにかく色々だ。

なんとなく、その中でも大部分を占めていた『ドラゴンボール』というコミックには
興味をそそられたが、掃除を優先した。

はやての私室を掃除した後に玄関に向かうと、おかしな棚を見つけた。
今の今まで大して意識していなかったが、一人で落ち着いた時間の中、
意識の端っこに引っかかったのだ。

それは他の棚よりも意匠が凝っているような気がした。
中から不思議な匂いも漂ってくるし、ただならぬ雰囲気を感じ取り、
とりあえずは触らないでおいた。後ではやてに訊いてみるとしよう。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

3218 ◆x0SRSoJXe. :2020/10/19(月) 20:55:56 ID:NjlOvYzI0

     _____     ━┓
   / ―   \    ┏┛
 /ノ  ( ●)   \  ・     なぜか洗濯物は『私がやっておくから気にせんでええ』と言われたお。
.| ( ●)   ⌒)   |
.|   (__ノ ̄    /       まあ、考えがあるんだろうし、任せるかお。
.|             /
 \_    ⊂ヽ∩\       となると、この後暇だお……
   /´     (,_ \.\
.   |  /     \_ノ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
僅かな洗い物を片付け、やることを終えると、途端にどうすればいいか
分からなくなった。テレビを見たり、昼寝したりするのもいいかもしれない。
胃袋も満たされているし、布団を敷いて横になればすぐに睡魔がやってくるだろう。

ただ、それだけだと少し勿体ない気がした。
折角だし、引きこもってばかりいないで散歩してもいいかもしれない。
何よりも、ただだらけていると、暗い記憶が襲ってきそうで、怖かった。

はやてと二人でいる時は、意識が彼女に向けられているからまだいい。
一人でじっとしている時が、一番怖かった。

下↓1 暇だ……どこかに散歩しに行こう
1.近くに川があるとはやてが言っていた。見に行こう
2.少し歩いたところに商店街がある。見に行こう
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

3219 安価のやる夫だお :2020/10/19(月) 20:59:37 ID:8aM1YZ460
1

3220 ◆x0SRSoJXe. :2020/10/19(月) 21:02:52 ID:NjlOvYzI0

     ___
   /ノ  ヽ、_ \
  /(●) (●.) \      そういや、近くに川があるって言ってたお……
/  (__人_,)    \
|  l^l^ln ⌒ ´        |    本物の川なんてそうそう見られるもんでもないお。
\ヽ   L         ,/
   ゝ  ノ             見に行ってみるかお。
 /   /

3221 安価のやる夫だお :2020/10/19(月) 21:02:55 ID:0pnRGi3g0
水かさを確認しないとな(フラグ)

3222 ◆x0SRSoJXe. :2020/10/19(月) 21:03:08 ID:NjlOvYzI0

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

3223 ◆x0SRSoJXe. :2020/10/19(月) 21:13:29 ID:NjlOvYzI0

                           |
                      \           /
                            |     /
                         \  |
                              /
                   --   -   ○  ー _
                         /
                          /   \
                      /     |

:.:.. .:. ...:..::::::...::..:: .:: : .. .. .  ..               ,,、、,,,,;;;´"
...::..:::..:::.. . ..::...::.: .: . ...                  ,;;'":::.:.....::.::...
,.,, :.. . ..::...::.: .: . ...                 ,,.r'":::.:.....::.::....::...
;;;,;ヽ、                   ,,、、-'';":`::::::.:.....::.::...:...,..::...
;;;;,';;;;ヽ;,               ,..-''"::::::.:.:.:..:....::..::...:...,..:..:....::...::...
======================,;;r''"::::::.:.:.:..:....::..::...:...,.:...:...,..:..:....::...::...
;;;ii ;;;;;ii,;;;;;,ii.;;;;;ii.;;;;;.ii .;;;;;,ii.;;;;;( ::::::.:.:.:..:....::..::...:...,:...:...,.,,..:..:....::...:..:....::..
''_'''''_'''_'',.'''_''''_''_'''''_'',.'''_''''_''_''''',;;;"''ー-l、,,'""'゙,゙'""'"、.wiルv,iルwviw.:
__- =_≡ _- _-_=_ = - _-_ -_ =≡_-;`--_ _、., _,__  ̄`¬.,v:.:
^ _ _ -_ ^ _ _=_ -_^__ =_ - _ -      ≡         Y,.,lji,; 丱
=__-_ -__= - _-_ -_ =_ -_ ^__-_=  -ー"`゙           i ,.,...ユiW
_ -_ __ -_^__ =_ -_ ^__   _,,、。"`゙ :::   :::         ∥,,::iリv,i
_ = _ -_ _ _ = __ __,,、。-ー''"`゙:::                  」:.::.vノiVi
  _,,.,..、。v-ー''"゙~ :: ' ::: : ::: :::    ::  :::: :: :::      「;;,,;;:yハiW
`"゙  :::: :: :::' ,:: ::::  : ::: :                  /,:.;,:.;,:.ナwy

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
さすがにこの日差しの中、そのまま出かけるのは日焼けが怖かった。
日焼けというものがどういうものかは知らないが、はやてから散々脅かされた。
曰く、日焼けしたら最後、それは時間の経過でしか治らない。
日焼けしている間は皮がべりべり剥がれ、お湯を被れば地獄の痛苦を味わう。
つまり、入浴やシャワーが拷問の時間と化すのだそうな。
更に言えば、後々の皺やしみの原因になるとかどうとか。

というわけで、ちゃっかり貰った日焼け止めを肌の露出している部分に塗りつけ、
しっかりと戸締りしてから出かけた。

話に聞いていた川は、少し歩けばそこにあった。
水の流れる音が聞こえてきたと思い、歩みを早めると、それは見えた。
草原を縦に引き裂くように流れる水流が、そこにあった。
底には涼やかな色の石が転がっており、陽の光を煌々と反射している。

溜め息を吐きながら川へと近づいていく。
軽く感動さえしていた。こんなに澄み渡った水がとめどなく大量に流れている。
飲み水に困ることなどなくなっていたが、こうも見える形で目の前に現れると、
感慨深いものがあった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

3224 安価のやる夫だお :2020/10/19(月) 21:16:07 ID:0pnRGi3g0
ドブ川とせせらぎの差を実感したかw

3225 ◆x0SRSoJXe. :2020/10/19(月) 21:20:58 ID:NjlOvYzI0

      ____
     /     \
   / \   / \
  /  (●)  (●)  \     な、なんか跳ねたお……
  |     (__人__) u   |
  \  . |┬-r|    /     あれは……魚かお!? こんなところで、生きて泳いでるお……
   /   `ー´9mー )
          `ーー‐'゙

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
見つめていると、水面で飛沫が上がった。
よくよく見ると、それは魚のようだった。暗い色の魚が水面を跳び、
そしてまた飛沫を上げながら川へと戻っていった。

「オイオイなんだってんだ、タイムスリップしてきた人みたいなこと言ってよ」

驚嘆しながら腕を組んで観察していると、横から渋い声をかけられた。
初めて見る川に意識を取られ、全然気づいていなかった。
咄嗟に振り向くと、そこには変わった着物の中年男が立っていた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

3226 ◆x0SRSoJXe. :2020/10/19(月) 21:24:55 ID:NjlOvYzI0

              、_刈从WWWW从从≦二ィ_,_
              、_x≧W从从从WWi{从从从i从ア
                ィW洲从从}i州从ハ从从}Wkく :.
             、_j从WWW{i从{     , 、_  `}从 :.
             洲W从从リ{ィ=≦壬r示≧=代 :
             刈洲W{iレ'´ 込Z弐シ {Z弐近{ :.
              イ洲r=i{|        _ 冫    } :.
                 }从{ V|i 、_       ′   .' :.          よぉ兄ちゃん。独り言激しいなオイ。
                 从 {_  `     .ィこ>   ,'  :.
                }ト、_         `二   /   ::.          「すみません」
                    从汽     ,ィi斥仆v   :.:
                 洲 ` ー‐- {i」从」シ{   .:.           別に謝んなくてもいいよ……しっかし、そんなに珍しいか?
                ノ]}           |   .:
               /.::i」   、         j\_ : .           「まあ」
           _  -‐ {::::::::{、   、     / {ヽ::ヾヽ、
         _/    |::::::::| \   、   {  ハ::.:.:.. `丶、        ふうん。
    _  -‐ ´        |::::::::|  `ヽ、__     /  ',:.:.:.. i   ``丶、
  /            |::::::::|      `ヽ.  {_    ',:.:.:. i      ヽ、
 /                 |::::::::|       l |  ||!   }:.:.:.::!        \
./      \       |::::::::|       l |  |{    l::.:.:::l            ヽ
          ヽ      |::::::::|     /,ア ̄ ̄`ヽ l:.:::::::l       i   `、
           \   |::::::::|   //  />≦二;;}:::::::l        |    `、

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
咥えタバコの男は、ぼさぼさの黒髪と眉、蓄えられた顎髭、
そして厳めしいサングラスと怪しげな風貌だった。
旧時代に出てくるジャパニーズマフィアを意識したファッションなのだろうか。
靴にいたっては下駄だ。

その右手を見やると、長い棒が握られていた。何かの道具だろう。
グリップがあり、その上には筒状の機構が取り付けられている。
そこから細いワイヤーが棒の先まで伸びていた。

「これか? これ、竿」

「さお」

「釣り竿だよ、釣り竿。これはリールで、先っちょのがルアー」

「つり」

「おまえなあ……」
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

3227 ◆x0SRSoJXe. :2020/10/19(月) 21:32:51 ID:NjlOvYzI0

         ヽ 、________ ヽヽ. 、
       _,, ..≧::::::::::::::::::::::::::ヽV::ヽl
       ,.イ::;ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`=イ/
       //::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
      〃::::::::::::;イ//リ|:/|:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     ∠::::::::从(     l/ !::::::::::::::::::::::::::::::: ヾヽ
      /イ∧` 、,,ィ≦=rヽl/ル::::::::::::::::::::::::ヾ、
        〈_≧r=!:::::::ノ    リ:::/ヽ:::::::::::::lヽ       ていうか、なんかおまえ、その辺の兄ちゃんと毛色が違うな……
        !:::::/   ̄       lん) !::::::::::ル
        `l〈 _       ,..  ( ,.イ:::::::::::(         養成学校の生徒って感じでもねえしよ……
         ヽr__      /  l´ !::::::::从ヽ
    ___ ,....,..._ ト-`¨      ノ  ルリ人ヾヽ         まいっか。おまえも釣るか?
  r‐"_l_辷〕_}illi、   ,, -   ,,..::::"::::.. | __
  f,! └‐r‐‐/ / ^vllllllr''"  ,,...::''::::::::::::::::::::/´  /`!      「やってみたいですお」
  H__ノ__ノ__ノ /   r=`-''::::::::::::::::::::::::::::/  /   ヽ
 {   ∨   l    ヽ:::::::::::::::::::::::::::::/  / ,. "   \    おう、ここだとニジマスが釣れるからよ、釣って食おうぜ。
 l、   l   /    / l::::::::::::::::::::::/  / /
 /`'ー― /     / /:::::::::::::::::/  / /            釣りながら色々話せんだろ。
/     / / ̄/  /:::::::::::::/     /

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
なんだろう。気のいい人なのだとは思うが、そこはかとなく感じられる、
このだらしなさというか、砕けた感じというか。
お高く留まっている連中からは嫌悪されそうな手合いだろう。
自分はそんなに嫌いではないが。こちらとてスラム上がりの落ちこぼれだ。

お言葉に甘えて釣り竿を握らせてもらう。
これを正しい姿勢で、そこそこの勢いをつけて川へと投げ、
ルアーを水面へと投入する。そして、リールを巻いて糸を戻す。
これをひたすら繰り返せば、たまに魚がかかる、そうだ。

半信半疑で言われた通りに竿を振りながら、魚もそんなに馬鹿なのだろうか、
と水中の魚たちに思いを馳せた。ルアーという釣り餌の模型も、
言ってしまえば色のついた鉄の板だ。

けど、糸が射出される時の軽快な音は、中々小気味よくて気に入った。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

3228 ◆x0SRSoJXe. :2020/10/19(月) 21:38:13 ID:NjlOvYzI0

 ノ_,、_ノノ,,孑 / ノ
彡从毛乂乍リソミヾ壬ミ
从彳川少匕从彳ミ川少<
毛仆卅从ミ从毛仆卅从彡
W从匕ミ弋幵W从匕弋乂
从乂lヽlミ\卅从乂lヽl\Wミ
从W毛彡厂''V'\ '    .∨
W从匕乂         ',        「おじ……あなたは? 普段何されてるんですかお?」
从卞弋V'      ',    , -',
災什人.        ', ii/少ミ}       おう、それ聞くかね。この俺に。
升入    `゙ー-=_ノ_,t壬昨ノ
ミミ______ _, -壬少ノ rx゙".rxl        「あっ……」
W    .`弋匕ミ少' { .', { .∨
/'     ` ̄´  _.', .',.', ',       昔は戦場に立ってたよ。コジマ技術導入試験型ノーマル部隊、サフィラスフォースってやつ。
∧        rx  .`', .',.', ',
. ∧.      r゙x X--‐'', .',l  ',      俺はそれだった。おかげで体中ボロボロでな、永遠の療養中ってわけ。
  `ー- ,_.   \\ \/', .',  lヽ
      `ー- .._ヽ ヽ `ー'   l ハ
          Y´ ヽ ヽ     l \





     ____
   /      \
  /  ─    ─\       奇遇ですお。
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |      「おまえもそのクチかぁ」
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |         でも、今は戦ってもいないし、守られる側にいますお。
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

3229 ◆x0SRSoJXe. :2020/10/19(月) 21:44:15 ID:NjlOvYzI0

                   、_,、_ ,、_,__,_
              _洲WW从W斥k
                刈州州从从込iト
              仆W^__、_ ,__V[,
                洲「{弐]刊卉」i{`
              {」i` ̄〈|` ̄ り      ..
                }l、  ‐_,‐' /{     ...:..
                 ∧\iWi{レ'{リ`   ....:..       だよなぁ、いいトコだよなぁ、ここ。
                 _/.::::',_r三く斗ヘ、...:...
           , -<:::::::::::::`r一^㍉,.:、.``丶、       俺も気に入ってるよ。子供をここで暮らさせてやれてるってだけで、
          /  ヽ:::::::::::::`マヽ、  ヽ、  `ヽ.
.          /      `、::::::::::::::∨.\_  `、   ',     すげー嬉しいしよ。他じゃあんな育て方できねえもん。
          /  \     `、::::::::::/.:::::::::}   ',    }
       /    ヽ    `、::::/.:::::::::/l    ト、  |     「……でしょうね」
        〈   、   、    ∨.:::::::::/ {    | V^廴
       }    、  }    /.:::::::::/ ∧  |  }  }     ああ。
      /    __\」    /.:::::::::/  { ∧  }  |   |
.     /  _/     ̄`¨¨¨¨¨`ヽ_|  ヽ/    }
     {                 {   l   /     ′
      ',                 L、 」_ {      ,′

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
川の流れる音を聞きながら、変わった風貌の中年男と一緒に釣りに興じるという
不思議な状況になっていたが、大して警戒心は抱いていなかった。

ここの人達が自分に危害を加えるようには思えない。理由がない。
鬱憤を晴らしたり、金や食料を奪ったりする必要もないだろう。
完全に無防備な状態を晒すつもりはないが、ある程度は安心していた。

本当に、おかしな場所だ。トウキョウでこんなことをしようものなら、
ごろつき共に素っ裸にされているところだろう。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

3230 ◆x0SRSoJXe. :2020/10/19(月) 21:47:27 ID:NjlOvYzI0

          ____
        /   ― \
.     /   (● )  ヘ\
     |   (⌒   (● ) |     ……散々戦争してきて、今更ですけど。
      ヘ     ̄`、__)  |
        ヽ           |     人を殺すのも怖いけど、殺した後も、凄く怖いですお。
      , へ、      _/
.      |          ^ヽ
.      |      1   |





                  、_,ヽ\汁|ヽヾ_,_,
                `久匕卅从W勹災七
                    乂从W仆幵卞从Wミ
                    YヾlVlN从マ大W从ダミ
                      ノ   ∨r 、卞卅从从       まぁなぁ。企業は美化してくれるし、幾ら殺しても責められやしねえ。
                r}-―==ヽ)}从オミ仆匕
                `l    |i/ 'W从卅冫       けど、実際戦場に立ってる身からすると、
                 ',       W从彡'
                  ',     ,  ,r'´ ̄         そこにいるのはただの人だし、終わった後はただの人殺しだしなぁ。
                   """"ヾ//´///
                          l/´//////        言葉で幾ら飾っても、やってることは、な。
                     /////////
                       //////////        ……お、かかってるぞ。巻け巻け。
                    {/////,r'´
                    ヘ//,r'´ ,r'´
                      )'´ ,r'´

3231 ◆x0SRSoJXe. :2020/10/19(月) 22:02:12 ID:NjlOvYzI0


         ヽ 、________ ヽヽ. 、
       _,, ..≧::::::::::::::::::::::::::ヽV::ヽl
       ,.イ::;ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`=イ/
       //::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
      〃::::::::::::;イ//リ|:/|:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     ∠::::::::从(     l/ !::::::::::::::::::::::::::::::: ヾヽ
      /イ∧` 、,,ィ≦=rヽl/ル::::::::::::::::::::::::ヾ、
        〈_≧r=!:::::::ノ    リ:::/ヽ:::::::::::::lヽ
        !:::::/   ̄       lん) !::::::::::ル       おー、四匹も釣れたのか。おまえセンスあるなぁ。
        `l〈 _       ,..  ( ,.イ:::::::::::(
         ヽr__      /  l´ !::::::::从ヽ       俺、昼まだでよ。あっちに洗い場あんだ、処理して塩焼きにしようぜ。
    ___ ,....,..._ ト-`¨      ノ  ルリ人ヾヽ
  r‐"_l_辷〕_}illi、   ,, -   ,,..::::"::::.. | __
  f,! └‐r‐‐/ / ^vllllllr''"  ,,...::''::::::::::::::::::::/´  /`!
  H__ノ__ノ__ノ /   r=`-''::::::::::::::::::::::::::::/  /   ヽ
 {   ∨   l    ヽ:::::::::::::::::::::::::::::/  / ,. "   \
 l、   l   /    / l::::::::::::::::::::::/  / /
 /`'ー― /     / /:::::::::::::::::/  / /
/     / / ̄/  /:::::::::::::/     /

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
途中、男が「トイレトイレ」と席を外している間に、三匹立て続けにかかり、
釣り上げた。竿を引く力は予想以上に強く、暴れる魚を釣り上げた時は
不思議な達成感を感じた。

足元に置かれていた、水の溜められたバケツに放してやる。
素手で掴むとぬめりがあり、やや苦戦しながら口から針を抜く。
見るからに痛そうだが、魚は針を抜かれ水に入れられた途端、大人しくなった。

戻ってきた男はバケツの中を覗くと上機嫌そうに後ろを親指で指した。
近場にキャンプ場があるらしく、そこの洗い場を借りようという算段らしい。
七輪なるものもそこにあるそうだ。好奇心に任せるまま頷き、背中を追う。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

3232 ◆x0SRSoJXe. :2020/10/19(月) 22:02:22 ID:NjlOvYzI0

        ____
       /    \       「じゃ、これでケツから刃を入れてな、洗いながら内臓引っこ抜くんだ」
.    /          \ 
.  /    ―   ー  \    あ、そうか……
  |    (●)  (●)  |
.  \    (__人__)  /     「そりゃそうだ。ハラワタごとは食えねえからな。ああ、その前におでこをぶっ刺して絞めるんだ」
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ





   o
    ゝ;:ヽ-‐―r;;,               。
,,_____冫;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\      ,,,,,,,, o  /
"`ヽ;:;:;;;:::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:从    (;:;:;:;:ヾ-r
   〈;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:) 0  ソ;:;:;:;:;:;:;:}
  ,,__);:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ     ゞイ"ヾ,:;:,ソ
  (;:;:ノr-´^~;;r-ー⌒`    ,.、
  "  ,,,,      _;:;:⌒ゝソ;:/
    (;:;:丿    (;:;:;:;:;:;:;:;:;:)
            ヾ;;;;;;;;;;;;/; \
            ´  /;:ノ 。  。
                ()

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
人気のない石造りの洗い場で蛇口をひねり、バケツを載せる。
男から小さな折り畳みナイフを受け取り、小指程度の大きさの刀身を
魚の細く、けれどしっかりと肉の詰まった頭へと当てた。

白くなっている部分がお腹で、ここを裂けば内臓が出てくる。
それを取り除き、水で血を洗い流して、それから焼いて食べるのだそうだ。

淡々と説明する男を他所に、考えるべきではないことをふと考えた。
人間と同じだな。それもそうだ。魚も人間も動物だ。
瞼の裏で、マーシフルの掌の上で絶命した兵士の姿が蘇り、
目の前のぐったりと脱力した魚と重なった。

視界が揺れる。足から力が抜け、そのままへたり込んでしまった。
男が隣で心配そうな声を上げるが、上手く聞き取れない。

結局、なんとか持ち直すまでに、男がさっさと下処理を済ませてしまっていた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

3233 ◆x0SRSoJXe. :2020/10/19(月) 22:09:55 ID:NjlOvYzI0

            }i|ハi从}i{{l|W从川{ {从i|{  i !        {_
            V   }ハハ{V   Vハ{{i{ハ :{i|!       {{`′
               }            |W从小j!i !i|  ,  、_≧ァ
             ム              |/}イ小j}}_} }!}W¦ 「广
            」__\、    _  -‐    |/}/从从从i{ハ {
           { f≧メ}、_,)≦二 __         |/ムi7'⌒V小!|W
           ‘斥沙′`} ]三三ミF¬==≠f/   }仆{ハ!
            { /  ‘弐三三ヲ      }小/  从}Ⅵド
             ∨     ` ̄´       l/ノ__//从Wバ     普段は魚の切り身ばっか食ってる奴らが大半だがな、
             }〉--、              _ イ/}|V/
         :       く_、__            /  厂´}i||V|ト|{        一から釣って食うには殺さなきゃならねえ。
         :      /∠}厶_       /   /  |ハ|」{i  
        :   // }>r‐ `        _/    |从{了        ハラワタ抜いて、血を抜いて。誰かがそうしてる。
         :. //    }i|l}ト、_    _  -‐          / {_
        `゙´       ゙ー≠≧=≠             /   {ヘ._       手ぇ汚さずにいられるのは、誰かが手ぇ汚してくれてるからだ。
              _/    l           /      ,′ \_
             ´ ハ      |        /       /     }\    ……そうだろ? じゃねえと、報われねえだろ。俺たち
             /   { ‘.    」     /       /    ,′
.         /       !  }i  /     ハ      , '      /
        /      |/∧/      {  ヽ.     /     /   パチパチ
          /      / / {\    _」    \/       / /





   / ̄ ̄ ̄\
 /        \    
/    ─   ─ ヽ
|    (●)  (●) |    ……。
\  ∩(__人/777/
/  (丶_//// \

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
借りてきた七輪を草むらのなるべく平らなところに置き、
下処理を済ませたニジマスたちに塩を塗りつけ、鉄串を口から差し込む。

七輪の中の炭に着火すると、男は網を被せ、そこに魚を並べた。
やがて魚から滲み出た脂が火へと零れて弾ける音が聞こえてくる。
さっきまで生臭いばかりだった魚から香ばしい匂いがしてきた。

男の話には、否定も肯定もできなかった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

3234 ◆x0SRSoJXe. :2020/10/19(月) 22:16:24 ID:NjlOvYzI0

              、_刈从WWWW从从≦二ィ_,_
              、_x≧W从从从WWi{从从从i从ア
                ィW洲从从}i州从ハ从从}Wkく :.
             、_j从WWW{i从{     , 、_  `}从 :.
             洲W从从リ{ィ=≦壬r示≧=代 :
             刈洲W{iレ'´ 込Z弐シ {Z弐近{ :.       え、おまえはやてちゃんと暮らしてるの?
              イ洲r=i{|        _ 冫    } :.
                 }从{ V|i 、_       ′   .' :.       いやー知ってるも何も、桜花の看板娘だからなあ。
                 从 {_  `     .ィこ>   ,'  :.
                }ト、_         `二   /   ::.       となると、大変だろ。あの娘、ほら、魔性の女ってやつだから。
                    从汽     ,ィi斥仆v   :.:
                 洲 ` ー‐- {i」从」シ{   .:.        今まで何人勘違いして玉砕したことか。罪作りだねーほんと。
                ノ]}           |   .:
               /.::i」   、         j\_ : .         あれ、天然だから。
           _  -‐ {::::::::{、   、     / {ヽ::ヾヽ、
         _/    |::::::::| \   、   {  ハ::.:.:.. `丶、      なんだよ、気になんのかよ?
    _  -‐ ´        |::::::::|  `ヽ、__     /  ',:.:.:.. i   ``丶、
  /            |::::::::|      `ヽ.  {_    ',:.:.:. i      ヽ、
 /                 |::::::::|       l |  ||!   }:.:.:.::!        \
./      \       |::::::::|       l |  |{    l::.:.:::l            ヽ
          ヽ      |::::::::|     /,ア ̄ ̄`ヽ l:.:::::::l       i   `、
           \   |::::::::|   //  />≦二;;}:::::::l        |    `、





     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/ u.  (●)  (●) \     え? あー、その……
|   /// (__人__)    | 
./     ∩ノ ⊃  /      「おうおうおうご馳走さん、青春だねえまったく」
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
話題を変えようとはやての話をすると、男はすぐに食いついてきた。
やはり桜花重工の旗頭たるはやてのことは知っているらしく、
色んなエピソードを語ってくれた。

というのも、既に近隣の子供たちから青年に至るまで、
彼女に恋心を抱いては玉砕した人々が結構いるらしいのだ。
明日は我が身である。

彼女は実際は身持ちが硬いが、表面上の無防備さや揺るさに引き寄せられ、
突撃を仕掛ける男たちが一時期絶えなかったそうだ。

当人は不思議がるばかりだったそうだが、同じ男としては同情を禁じえない。
あれは、勘違いする。彼女が思っている以上に男心とは単純なのだ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

3235 安価のやる夫だお :2020/10/19(月) 22:20:44 ID:0pnRGi3g0
天然かよ・・・

3236 ◆x0SRSoJXe. :2020/10/19(月) 22:33:10 ID:NjlOvYzI0

                   、_,、_ ,、_,__,_
              _洲WW从W斥k
                刈州州从从込iト
              仆W^__、_ ,__V[,
                洲「{弐]刊卉」i{`
              {」i` ̄〈|` ̄ り      ..
                }l、  ‐_,‐' /{     ...:..
                 ∧\iWi{レ'{リ`   ....:..     ようし、嫌なこと思い出させちまった詫びだ。
                 _/.::::',_r三く斗ヘ、...:...
           , -<:::::::::::::`r一^㍉,.:、.``丶、      良いこと教えてやるよ。明日の午後五時からな、近くの神社で夏祭りがあんだ。
          /  ヽ:::::::::::::`マヽ、  ヽ、  `ヽ.
.          /      `、::::::::::::::∨.\_  `、   ',    「なつまつり?」
          /  \     `、::::::::::/.:::::::::}   ',    }   
       /    ヽ    `、::::/.:::::::::/l    ト、  |     おう、昔のイベントだよ。後で調べとけ。そこにはやてちゃんを誘ってみろ。
        〈   、   、    ∨.:::::::::/ {    | V^廴
       }    、  }    /.:::::::::/ ∧  |  }  }     俺の経験から言わせれば……あの娘は、押しに弱いタイプだ。
      /    __\」    /.:::::::::/  { ∧  }  |   |
.     /  _/     ̄`¨¨¨¨¨`ヽ_|  ヽ/    }
     {                 {   l   /     ′






       /  ̄ ̄ \
      /ノ  ヽ__   \
    /(―)  (― )   \     そんな無責任な……
    |.  (_人_)   u |
   \   `⌒ ´     ,/      「男にはな、守るべき時と攻めるべき時があんだよ。大丈夫だって。
     /         ヽ
.    / l   ,/  /   i       あの娘なら振った後言いふらしたりもしねえって」
    (_)   (__ ノ     l
    /  /   ___ ,ノ        えー……やる夫、一緒に暮らしてるんですお? 気まずくなりますって。
    !、___!、_____つ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
後で調べたのだが、夏祭りとは旧時代の日本において田舎町で行われた、
飾り付けた神社の境内や商店街などで行われるお祭りだそうだ。
出店がたくさん並び、浴衣という着物を着こんだ人々が闊歩し、
とにかく楽しいイベント、らしい。

男の言っていることはともかく、その夏祭りというものには行ってみたい。
帰ったらはやてに話してみるとしよう。告白とかどうとかは別として。

それはおいておくとして、ぱりっと焼けた魚はとても美味しかった。
塩と魚の脂が良い味を出していた。身も新鮮なだけあって弾けるようだ。
さっきまで生きていたものに対し、謝罪の言葉を抱くのは違和感を感じた。
なのはの言葉が蘇る。後悔するくらいなら最初から殺すな、と。

串を両手で摘まんで魚に齧りつき、考えることを中断する。
とりあえず、残さず食べよう。肉の一片まで、食べられる部分は、全部。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

3237 ◆x0SRSoJXe. :2020/10/19(月) 22:33:35 ID:NjlOvYzI0

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

3238 ◆x0SRSoJXe. :2020/10/19(月) 22:37:23 ID:NjlOvYzI0

       , -‐   ‐- 、
     /: : : : : : : : : : ::',
    , ': : : : : : : : : : : : : : :',
  /: : : : : : : : : : : : : : :○:',
  ヽ : : : : : : ○: : : : : : : : :',         今回はここまでだ。皆も攻め時とそうでない時を見極めなければ痛い目を見るぞ。
 .  `ト : : : : : : : : : : : _,-‐'`iヽ _
    i: 丶: : : : : :,-‐'´__,-‐'´: : : `ヽ      基本的に、二度と会うことがないような人、今後大して関わらない人には攻めていい。
    | : : :ト: : : : `-‐´ : : : : : : 、: : : 丶
    | : : :'、j`-‐ : : : : : : : : : : : \: : : ヽ   逆に身内だったり、学校や職場内では守りの一手だ。女は言いふらすからねえ……
    丶,,:_:_:_: : : : : : : : : : : : : : : : | : : : i
          `ヽ: : : : : : : : : : : : `ー‐'    他校や職場外でするといい。職場恋愛はお勧めしないね。怖くない?
             ヽ: : : : : : : : : : : : : ヽ





                           _ ______
                      ´.: : : : : : : : : : :`
                       l: : : : : : : : : : : : :i
                    i: : :○ : : : ○: :.|
                        |: : : : : : : : : : : |      次回は来週の月曜日、10/26の午後八時からとしよう。
                     j: : : -===- : :.i
               r―--┐     i: : : : : : : : : : : :l       それじゃ、シーユーアゲイン。
              i: : : : : ',      ゝ : : : : : : : : :t´
                ',: : : : : i  , f: : : : : : : : : : : : : :ヽ       夏祭り回……エロゲらしくなってきたじゃあないか。オラワクワクすっぞ。
                \: : : :y: : : :Υ: : : : : : : : : : :y: : '..,
                ',_: :: :/  i: : : : : : : : : : : :l丶 : : :ヽ
                     ̄   l: : : : : : : : : : : .i  \ : : :丶

3239 安価のやる夫だお :2020/10/19(月) 22:40:20 ID:CYScYWVE0
乙でした

3240 安価のやる夫だお :2020/10/19(月) 22:41:18 ID:JnQ6iwZ60
乙ー

3241 安価のやる夫だお :2020/10/19(月) 22:51:57 ID:0pnRGi3g0

死霊の盆踊りをオマージュ…してたら嫌だなぁw

3242 安価のやる夫だお :2020/10/19(月) 23:03:55 ID:qEveFhzc0
魚を殺すのとヒトを殺すのとはどれくらい違うのかとか考えてしまった
おつー

3243 安価のやる夫だお :2020/10/19(月) 23:04:13 ID:Q09M3rrw0
乙でした

3244 安価のやる夫だお :2020/10/19(月) 23:16:58 ID:8aM1YZ460
おつです

3245 安価のやる夫だお :2020/10/20(火) 23:05:24 ID:dNxtI7Cw0
乙でした


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

モンスターハンター:ワールド(発売日以降お届け分) - PS4 - カプコン

一狩りいこうぜ!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板