したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

【安価】やる夫はグソクムシの親類のようです【多分スカ二次】

1 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/18(水) 22:29:28 ID:y.d.pZC60
                    ___
                  /     \
                /⌒   ⌒  \
               / (●)  ( ●)   \
                |    (__人__)      |
               \_  ` ⌒´    __/
               /´:::/ヘ;;;/∨::\::::::::`ヽ
               i:::,::>:::i/;;;;i /:::::::く:::::::,::::::ヘ
              {:::i::ヽ::i;;;;;;;/:::::/::::::::i:::::::::}

        【やる夫はグソクムシの親類のようです】

・はじめに

この世界はエロゾンビこと◆IL/7VRqS7E氏の「やる夫はスカベンジャーのようです」の
世界観を「基本的には」お借りしております。二次創作物であるため、今後の動向により、
いろいろな齟齬、設定ミスなどが発生する可能性があります。

基本的には設定を踏襲する予定でおりますが、もし大きな齟齬が発生した場合には、
パラレルワールドなんじゃけん、そがぁきにせんで、の精神でお願い致します。

・注意事項

・このスレは安価スレです
・このスレは深海都市を舞台とした閉鎖空間もの( ただしかなりデカイ[小並感] )になります。
・むっちゃ軍事&SF的な単語が飛び交う予定です。不明点、疑問などは質問していただければ答えます。
>>1は初安価スレですので、投下が遅いことはご勘弁ください。
・基本的に頑張りますが、エタったらああ、うまく再就職できたんだなと前向きに勘弁してください。
・スレ進行はまったりのつもりです。
・みんな仲良くお願いします!オネガイシマス!オネガイシマス!

2 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/18(水) 22:30:38 ID:y.d.pZC60

                                                i
                                                 _ _j|_,,
                      j|                         i . ===|
                     j[[[[[[[[[[[[[[ =                     i  .::.:::|
                       |[[[[[[[[[[[[[[ |llli               i  .::.:::|
                       |[[[[[[[[[[[[[[ |llli               i .::.: ::|
       _ __;i,,,,___         |[[[[[[[[[[[[[[ |llli               l ;;: ::::|
.      :.\/:|三|       |[[[[[[[[[[[[[[ |llli     : r - ┐      i'' ̄| ̄ ̄ ̄|
       i  ;; ::.|三|       |「l 「l 「l 「l 「l |llli    ニニl二二二i    l 三|三三三|
       l   ;;::.|三|      ;;i=|「l 「l 「l 「l 「l |llli   :::ill ll|三三三|   :l lllll|三三三|
       l   ;;::.|三|  ┌ -l .:|[[[[[[[[[[[[[[ |llli   :::lll ll|三三三|┐ .,,rl lllll|三三三| .l//iiii|
      !  ;;::|三|   「|EEl ::|「l 「l 「lr======:j品[]- |「「「 |llll|三|└i"El lllll|三三三| 「」/iiii|
 ., ================,┌ .┬┬┐r┴┴┴-jニニニニ::|「「「 |llll|三|::::::::::::l lllll|三三三|「ll[]iiii|
 |FFFFFFFFFFFFF i ̄l|┌ ─┐r'' ロ ロ ロ ロ:| [] [] [::|「「「 |llf===== iiiiiiiIIIIIIIII ::i司三三!!!!!!


                ┏                           ┓
                ┃   どんな世界にも、闇がある。   ┃
                ┗                           ┛

3 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/18(水) 22:31:20 ID:y.d.pZC60



              ┏                                       ┓
              ┃       かつて、あれほどの繁栄を謳歌した世界にも      ┃
              ┗                                       ┛


          | |            |||_l l | |¬-|       i  i         |::::| l | |  | || |l : |   |  |   
          | |            ||| l l | | ̄¬┐   __lニニl___  _| ̄|::::| l_| |  | || |l : |   |  |
          | |            ||| l l |、| |i l|   |三三三三|  li|  |::::|_l | |  | || |l : |   |  |_.-‐
          | |            ||| l l | | |i i├┐ |三三三三|  li|  |iiii|_l | | [| ||_|-´|-‐¬  ̄|
          | |            |||_「iil |.._| |i i┝┿_|三三三三|  li|  |::::| l | | [| || |l : |   |  |
_____| |            ||| l l |_| |i i│┥_|三三三三|_「:li|  |::::| l | il|  | || |l : |   |  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |            ||| l l  | _.!| |i i|i]i|_|三三三三|::|::li|  |::::| l 「 ̄  ̄ l!|| |l : |   |  |
          | |            |||-tニlニi!冂| |i i||_i|_|三三三三|::|::li|  |::::| l |__|  ||_|l_:_|__l___l|___
          | |            ||| :|__l!_i|l| :|| |i i├|_:| |三三三三|::|::li|  |::::| l | ̄ ̄|  || |l : |   |  |
          | |            ||| :|__l!_i|l| :|| |i i|| :| |三三三三|::|::li|  |::::| l |    |  || |l : |   |  |
          | |            |||:二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二i|| |l : |   |  |
          | |            ||| __|l___|l___|l___[二二]___|l___|l__||_|l_:_|_  |  |
          | |            |||::l:::l|::::|::::/  /    ̄ l  ヽ \::::::::|!i===i:]:[ 三三三三 || |l : |  ̄|¬-i|_
          | |            |||::l:::l|::::,'/ il/      il   ヽ \::|!::||::::::i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ || |l : |   |  | ̄`¨
          | |            |||_,-[ooo]/____________________________ \_|::::::l┐         ||_|l : |   |  |
_____| |            |||._____/- - - - - - - - - - - - -\_i_____ || |─|‐-_|  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |            |||                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| |l : |   |¬-i|_
          | |            |||                                   || |l : |   |  |`-._
          | |            |||__                      __ ]i]__||_|l_:_|l、 |  |
          | |            |||:  /                       ヽ     || il || |l : | 、\  l|
          | |            |||  /                            ヽ   || , . :|| |l_:_| |:::\\l|
          | |            |||: / =================================ヽ. || il ヽ_l :| |:::   \\
          | |            |||/ ================== ヽト  il  ̄\: :     \\

4 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/18(水) 22:31:59 ID:y.d.pZC60



          |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
          |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
          |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ___
  ____  : |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |「::::||:::}||
  |[:)rv√k|| ::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ||:::::||:::}||
  |[_)α|⌒||  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ||=:}|| =||
  ゙"'''‐- ,,,_」:  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ||:::::||:::}||
          |:::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::| |L__||__」|
          |:::::::::::::::::::i::::::::    |  ̄ ̄ ̄
     √ゝ   |:::::::::::::::厂 ̄ ̄ ̄: |
    ヌ   :   |:::::::::::厂 ̄ ̄ ̄ ̄}`iエゝ、
          |:::::::厂 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,」_⊥/
""''''‐- ,,,_    :|:: 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:〉ー'´
      ゙"'''‐-v/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`|
                     |
                     ゙"'''‐- ,,,_
                          ゙"'''‐- ,,,_


    ┏                              ┓
    ┃   ・ ・ ・ ・ やはり、闇はあった。     ┃
    ┗                              ┛

5 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/18(水) 22:32:40 ID:y.d.pZC60



                         《三三三三三三三三三三ミ、
                        》三三三三三三三三三≧ミ、
                        〃三三三三三三三三三三二ミ、
                        {{三三三三三三三三三三三ニヽ ヽ
                         jハ三三三三三三ニ,ィ≡ミ、三ニ\
                       |三ニ《弋rミ、三ニ《〔ぃ〕 川ミヽ
                       \三≧=彡三三ミ≡彡从ヾ`ヽ
                        _,.イ{三三三三三三三三 /》ハ___
                ___,.  -=≦_//∧三三三三≫-、三ニ // }三}-―-〉
             ≦//_/_,. -‐ { { |V∧三三≦_,.-=彳三ニ// ‐- .,_゙i_゙i゙i≧
          ./  /ニ! {  _,. -=≦ | V∧ ニ三三三三三 // /- .,_  } !ニ゙i  \
          {{  {三|-=≦三三三∧ V | 三三三三三三// 三≧=-|三}  }}\
           厂| \ V//|三三三三三∧ V三三三三三三三三...三三三|゙i゙iV / |厂
        ∧ :ト、 |\V :|三三三三三|ヽヽ三三三三三三三三 三三三|: V/| 、イ: ∧
     ___/∧\ニヽ!V∧ |三三三三三| |三三三三三三三三  三三三| ∧V!,r'ニ/∧\___
    /  //  \|三 | V∧V三三三三ニ| !三三三三三三三三 .三三三V∧V | 三|/  ゙i゙i  ゙i
   /:!  |∧  |三三| V∧V三三三三 | |三三三三三三三ニ /| .三三V∧V |三三|  ∧|  !:゙i
   / :| /|\\ !三三\_\ \三三三三||三三三三三三三ニ//.三三/ /_/三三! //|゙i |: ゙i
  /《 |/三 ヽ\ヽ三三三三 \|三三三三|!三三三三三三三 | |.三三|/ 三三三三,r'/,r' 三゙i| 》゙i
/ 》/三三三\\三三三三三三三三三三三三三三三三三| 三三三三三三三三//三三三゙i《 \
.三//三三三三三三/\三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三/\三三三三三三゙i゙i三.
三《__//三三/    \三三三三三三三三三三三三.三三三三三三/    ゙i三三\\__》三
三≧=≦三三三/      》三三三三三三三三三三三 .三三三三三三《      ゙i三三三≧=≦三
三三三三ニ/ ̄       /∧三三三三三三三三三三三 三三三三三∧゙i        ̄\ニ三三三三
三三三三/           《   \三三三三三三三三三三 . 三三三三/   》           ゙i三三三三
三/ ̄ ̄             \   \三三三三三三三三三 .三三三/   /              ̄ ̄\三
/               {{\___≪三三三三三三三三 .三≫___/}}                 \
                 ≫三三三三三三三三三三三三 . 三三三≪
                 {{三三三三三三三三三三三三三三三三三三}}

          ┏                                          ┓
          ┃   全身をサイバネティクスの鎧で覆ったサイバーサムライ    ┃
          ┃                                          ┃
          ┗                                          ┛

6 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/18(水) 22:33:13 ID:y.d.pZC60



:.:.:`::.、                          ........__                            __
:.:.:.:.:.:.:.:.、                       ,.:::´:.:.:.:.:|:.゙::.、                       ,.::::´.:.:.:.:.:.:゙:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.、z、       , -- 、    ___ ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゙:.、                    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:Zzz、,.:.:´:.:.:.:., -ー:.:.:.:.:.:.:.:.:.Y:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゙:.ー------ ..、          ,r゙l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.__:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.:ソ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ  _  − ー´:.:|:.:.:.:.:;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.ゝ゚ィ:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:r-。:.:.:.:.:.:.:, 。ュ .:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Y´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:..:.ゝ ゚ >:.:.:.:<
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;.:.:.:.:`.:.:.゙:.:.:.:.:.ゝ .:゙...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:゙,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.j:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:!/:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l!:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:|:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.7:.:.:.:.:.:.:}:.:.:.:.:.l:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ _.:.:.:.:.:イ
`´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゙::..、:.!:,..:::゙.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:7:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:__:.:.:.:_, ----、.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.7:.:.:.:.:.:.:.:l!:.:.:.:.:l:.:.:.:.:> ゙,/ / `´  /7z、:.:
,zz、ー - ...、.:.:.:|:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.7:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.> ゙   l !   /7Zz、 ヽ
Z7ソ、     l゙Y `>:l!:.:.:.:.:.:., zZ7;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l!/       \   >.7Zz、 ヽ
,z77ソ、    j :|   |:.:.γ´    ゙ヽ、:.:.:.:.:.:.:, /7z 、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:., ヘノ |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l        , ヘ、_,zゝ--、_ヽ
,z77ソ、   /ノ:    |:.:.:.!        >一_>./7z,z、゙ヾ、.:.:.:.:.:.:,z7/ヘ,ヘ/,ヘ´ ̄ ̄`ヽl       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゙
,z7>´ヽ,.:.:.゙:.、 :   l:.:.:|o     ´     >//7z,zz、\゙:.、/ /,ヘ/ヘ,ヘ ,.::ヽ   :l     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
ミx、.:.:.:.:.:.:.:,z彡ヽ、   ,゙ヘ, o o oヽ、  { {/7Zzzz 、ヽ\k、// / /ヽ/ヽ/}   !_  ,...::゙:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.


                ┏                                    ┓
                ┃     企業の尖兵として使用されるアーマロイド    ┃
                ┗                                    ┛

7 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/18(水) 22:34:48 ID:y.d.pZC60


.             _,,,_
           ,ィ''"゙ l、゙¨''ヽ、
         ,ィ' j   ゙y'゙  ,! ヘ,   . ,=''"¨`''‐-.、
.        i' i j  `i {   '   ',  r'"i匕コ/|||ll'!i∨7、           . ,≠''>            . ,ィ<)
       . ', ヽl 、 '. }    . ヘ/ 彡コllll|l|{メ'|j夕彡》,           /、_' .ヘ         .  ,ィ''"!、y゙
         ', ヘ、' , ゙j_,    . !,'~}ミ|ハXjf´|Y'≠三liム            {ミニ彡l        ,ィ''"l;ヾ,/
         ',  ヽ、j .j   _,,、 { l}〈コ7l|l|{ユノ,メll匕t7む=ェ- ..,、   _,人三彡!===t、__,ィ''"l;ヾ_゙,/
          ', `_ ヽ、j ,イ,ノ' , .l公ニミll|l聿f」彡'ミ|〈 土キ 彡ヘミヘ≡仁ヾヘ三∠川川川 ヘllミミ/
          >、≪ニソ,ー,ヘ~ '  j l=}'?lllljョキリイリtリミ|ll{7 三≫7}yト冫ゝヘミ爻圭彡"〆≦《片夂
         人;゙、 =ノ/、'., .ヽヘ  j[ミ|i{f卩r,'ノl聿!fl|{刀7゙ Y}勾r今≧它卞仗幺≧≪ル《Yr゙〉彡"((ニ===ー-- ..,_
.        r’;;;;'、;'i;;";;`ー=',.、ベヽ ll=}',・彡'llllョfキリt|{巛 《≦彡=~ソ冰キT冫≧尨彡∠》;l;」;」;」;」;l(_(_巛巛巛lr'彡三ヘ
.        l;;;;;;;;;;ヘ;゙=、ヾ┴=" ,.〉,j彡"キliil]lコl卅'〕iナ力 ''ー-=--―<┴-、=三};l;l;l;l;「ヘ、    .  ̄¨¨¨`r.'"  ゙y
        冫-、;;;ヘ;;;;;;ヽ廴,,、..ィ' ./三こ「ljllマ{lリ!]」/il亡}         `゙''-=-  ̄~゙''x;l;l;`ヘ、       'i_,,,...'
       __/  . ヾ;;;ヽ;;;;;;ヽ=,,...′三>'";;;;;;;;;;マ三≡《ヘ                  ゙''xl;l;`ヘ、
    ,×"      ヾ;;;;;ヽ,≦、;;;;;;;;;ヽ,;;;;;;;;r‐='''ー=''二《キ〕}',                     xl;l;`ヘ、
.  /ノ´        ヾ;;;;;;;>、;゙j;;;;;;;;;;};;;;;;;;;ヾヘコllll|l|{メ'|j>〈i'                      ヽ<!)
. ,/        __    l;ヽ;;;;;;;;',l;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;ヘ;;ヽr今≧它》}
,/ '、        `y-、 };;'、;;;;;;;;';;;;;;;;;;;'、;;;;;;;;;;;;};;;;ヘ三≫7}yl
l  `y ー-、_, -‐-、,」ー-` ',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;;!;;;;;;;}彡ニ=" j
ヽ  {,    _,.-‐〈  k_ ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';;;;ノ彡" .,::'l
    ヽ-‐-- ,.=、      ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/f"    .l


            ┏                                              ..┓
            ┃   アッパーシティに対する羨望と嫉妬に身を焦がす人造ミュータント    ┃
            ┗                                              ┛

8 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/18(水) 22:35:37 ID:y.d.pZC60


                       ヽ 〈
                          __〉/}
                        |    .|                       ,.-zっ
                        |     |     r‐-‐ 、_              / Eヲ
                       |     ヽ  _ノ::__::::::`丶           /} /
                               ', ノ:/,,,_ r‐ ヽ ::::::}        /   |´
                        ヽ     {:::(三ノヾ三){:::_:/      /   ノ
            ,..-‐…‐- 、          |    ヽ:{ ,,'ー'''_ヽ l/ノ      /   /
        /           \           ハ ヽ_/ ノ!  _ /   /          _____
 サーニャタン /  ,.-‐─‐、- 、  ヽ     ヽ     ヽ_l!_.// ̄       /            ,イ三三三三ハ
.  prpr { / ' ィ≦=、ゝ::\ l      |        !   /          /            /三三三三三ム
       V≧=>‐(三三ノ l:::::(ヽ!       |        \_/       /             ノ三三三三三三ム
      /::{=三|! _ヽ..,,,,,_ !:::::V      |         ,..-‐─ - 、/          (三三=-──-=三三)
`丶、   |::::`iー'〉ニノ_ィュヾ)|::::::|_     |      /::::::::::::::::::::::::::: ̄`ヽ        寸=!-(三)¨(三)‐|少'
   `丶、|::::八 〈/辻ニノ   |::::::|    ̄ 7  |     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\       (4{  ,、(,,_,,)、  .}7)
     /|:::::::/\ ー‐ '´ /:::::/    / ̄ ̄/`ヽ//´ ̄``´ ̄ ̄``ヽ:::::::::::::ヽ  /三三三=.! 〃r===ァヘ l=三三
     \|::::::|.  `ヽ_川〉'/::::/      /   / / ̄{:| 二ニ、   ,ニ二  ヽ::::::::::::! ./=三三三ニヽ ` ー '  /ニ三三
      | ::::!     |ヽ、 !:::/      /    { (ヽ .|(  共.ノ=(  共 ヽ_  | :::::::::}/三三三三三=\__/=三三ニ
.        |:::::|\   | ヽ j::/|    /     | `ー/ ` ー‐(、,,...,,,) 、_.ノ ヽ!::::::::/三三三三三三三三三三三三ニ
`ヽ     ヽ::',  \ !   !' .|  /       |   l  /  ー ''´ \   /:, -.〈三三三三三三三三三三三三三
   `ヽ、   |ヾ、  {_|\   _l/⌒ヽ      ヽ  .{  〃r───‐ァヘ  // 〃./三三三三三三三三三三三三三
.      ヽ、|     |  \{ _,.'⌒ヽ       ヽ ヽ   辷二二フ     ´_/|三三/Y⌒ヽ三三三三三三三三
        ヽ     |    |   /⌒l        ヽ \         /   |三ニ//`丶、 ',三三三三三三三ニ
         ヽ   |    |    /)⌒ ̄` ー 、_ヽ         / )`ー< ̄  .}`ヽ、    }三三三三三三三=
          |    |    ヽ     /      /   /` ー‐‐ '´ /    )   /ヽ    /三三三三三三三ニ


               ┏                                 ┓
               ┃   そして、自由を求める電脳無政府主義者たち   ┃
               ┗                                 ┛

9 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/18(水) 22:36:59 ID:y.d.pZC60





            ,:;'''':;:;:;,,._,_                      ;:;:(:;:;:〃:;:〃:
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|~'ー 、,,, ,:; :;:〃:;:〃:):;,,,,                   ;:(;ゞ::;: ;::;ゞ ,f
::::::::::::::::iニ|:::::|.|`i ,|:; :;:〃:;:〃:ゝ:; :;):;:         ___ll___      ;;:( 丿;:,ゞ;:〃:;ヽ'.,l
::::::::::::::::i__|:::::|.|_,i:;:√〃:〃:;';:.ゝ〃:;;)        [;突.ll突゙]      (,;:,ゞ;:〃:;ヽ'fl
:::::::::::::::::: :::::::|.: ノ:〃:;丿;,ゞ;〃ゝ; ;; ヽ:;、     .|冖''ll'冖j     :;:;(ゞ;::〃::ヽ丿;:,ゞ;:〃
.................. .......|.,{: :〃;丿; ,ゞ:;〃'ゝ. ;:; :;ヾ;:;)    .|: fl |:::::|     ;:(,;:::; :;:〃:;:〃:ヽ:::;:;
::::::::::::::::iニ|:::::|.|`i(. ::;:;:〃:;:;;丶;: ゝ;. ;:;;:〃:);:;   |: fl |:::::|     ;:(;:,ゞ;:〃:;ヽ:::;:;丿;:,ゞ;:〃
::::::::::::::::i__|:::::|.|_,i(:〃: :ヽ: ;丿;:,ゞ;:ヾ,;:;〃: ):;   :|: fl |:::::|    (:. ;;:,ゞ;:〃:;ヽ'丿;:,ゞ;:〃
.................. .......|. (: 〃:;〃;':;. ;:;〃:;:;l: ;;,ゞ;:) ━━:|: fl |:::::|━━━(丿;:,ゞ;:〃:;ヽ:;ヽ:;ヽ━━┓
::::::::::::::::iニ|:::::|. (:;:;:;::;〃:;':;:.〃:〃 ヽ:,ゞ;:: ;) _i:::i_i::|: fl |:::::|::i_i::::i_i::::i_i::::l (;:::〃:;丿;:,ゞ; :i_i:::
::::::::::::::::i__|:::::|.|`i,(〃 :〃:': ;:,,,; ;;; ;:〃:ヽ);; ≡:≡:|.r-il::::::|:≡:≡:≡:≡l:≡ iョ:;:;ソ:〃):;三
.................. .......|.|_,i `''“゙゚゙'l ::'il  .“'・ャ-、;;;ソ;;;;;;;;/゙| ̄| l lヽヾ;;ilY⌒Yli;;;;;l::;;;;,,...l! .|,,..,..,..,.;:;:;:;,...,..
:::::::::::::::::: :::::::|. ;;;-'' ̄ l ::'il  ̄,l :i|,,v.```“""''''''''''“'''''゙`″'''''''''''-、__,,; `;;li! .|;:;:`;;.;,.;;.;.;:
""""""""""" _;;;;;;;;;r--・・''"""~`                      - _,lii: .|;;:;::;.;:.`:;:;;;.;
`:;:;;.:,;:;_,-''" ̄                   /                ゙̄~'''--__:;:;;:;:
-'~  ̄                       /

    ┏                                            ┓
    ┃    .かつてそうした彼らを、閉じ込めていた巨大な城があった。      ┃
    ┗                                            ┛

10 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/18(水) 22:38:24 ID:y.d.pZC60

.._.
  `"゙";':':';':.,.,_           _...:;;:''"                        ,.;:.,..,;:;:;:,.,._, ...,,,..
 '"゙''゙"            .,.,;:;゛:;:,.,.,_                    ,,,......,,,,,;:;''"''':::..
.,;: _...      .....,,,,,;:;'''"'''"                   ....,,_,,,...;:;::''""''''"
      ,.,;:;:;:;:;'''""""""            ..,.,;:':';',,,..;:.;:;';:;';''""
  .,;:,.'""    ,.,..,.;:';';':':':.':.:.           ""'''''''::::;:;:;;,..,,.,.,         _,,...;:;:;;:'''""'''';:;;:,.,.,...
"''''''""""""''"'";:;:;,.,_,.              .....,,,,__...,,;:;'''""''''::;;;;.......,,,,...;:;:;;''''"         ..,:
    .,,.,;:;:;:;;:'""''''''''''''''""""    .,:;:.:;:';';';';';'''''''"""'''""""                    ::;
     ;:,.,.,.,....__....,,__,...._......__.._._..,...._,,,.._....,,___.._....,,__,....,_,..,,_....,,__,,,..::::;;;;;;,,,.....  ヾy    .......
,,,..,,.,.、、.,;:'''"""ヾイ                             ""'''''"'''" i:レ´..;,_..;;::..............__,
     、 丶 }:l,/ー´                             ´ ̄`i:| _/‐'
      ´ ̄\|;{  / ,               ..             ー、  {:レ'
       _;>ー=}i|ー' ̄_ノ                           ...   ` ̄ヽ.}:|,.-' ̄
      、\   |!l='ー<_                . ...                !:i|
      ̄`ー=|:;{  l  ,_        ^                      ´
        }i!;|/ ̄                       __
          |:;!il         .... ..             /ヽ _ /ヽ
     ^                               / ..:::'l ::.: .:.::\     ^    ..,,;:.,..
  ...,,..,;:..         r‐、            ∧∧      '"'"''"'  ̄ "''"''"
              `"""        (,,  .::)
                           〈 ̄.:::)
                           /ニ_::::ゝ
                          し J


               ┏                             ┓
               ┃    その城は地上にはない。      ┃
               ┗                             ┛

11 名無しのやる夫だお :2013/09/18(水) 22:39:58 ID:4L4BgDmc0
またこの二次でやる夫主人公か
何かこんがらがりそうだなw

12 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/18(水) 22:40:41 ID:y.d.pZC60



. _,ノ         ノ         _,,,,r'´ / _        _ノ´               {  ヽ
´         i´         (_     ̄´  `ゝ   i´                     丿  .}
         丿             /}        く    \              。 /  .r´
           i           /  `´ ̄_つ    `~ヽ    ヽ             ,、 ノ   i
        '、_, -、___/ ̄     r'´       く    i             〉`'´    /
                      /         }     |       °    i´       〉
                      \          i´ _r‐'    r--‐‐'´ ̄     ,ゥ´レ'
                           `i       `‐'´  ο  i二,ィ---‐‐‐'フ / ̄
    ,-‐‐-、             ,‐-、__ \      o    r'´`ヽ、i´ ̄ ̄} ヽ‐'
_,r'´    `ヽ         ノ´    `<               `i  i´ `´ ̄´
         `ー-‐'´`ヽ_ ,r'´     _丿           レ、丿
                       `ヽ,
                             ,ノ        ★  °
                       ノ          ↑だいたいこのへん
                     r'´            o


            ┏                                   ┓
            ┃       ユーラシアプレートの南東部          ┃
            ┃  坊ノ岬沖、北緯30度43分、東経128度4分。  ┃
            ┗                                   ┛

13 名無しのやる夫だお :2013/09/18(水) 22:41:02 ID:Zd4R8pC.0
ミツケタ!

深海だとほんとに外出られないなー
独自文化とか技術がありそうだw

14 名無しのやる夫だお :2013/09/18(水) 22:41:09 ID:Lbh16a/M0
立て乙ー
おいおいw つまり舞台の前身は……w

15 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/18(水) 22:42:37 ID:y.d.pZC60

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
            >:≦´/ / / / / / / / //////// / / / ///´//ノ//ヽ, / / /: ヽ         \          ┃
            //// ./ / / / / / ////////////// /// i///´///ヽヽ. /-、.  ヽ          \       ┃
          ./ / // ./ / / ∠/ / /_/./////////   i/.i i´/ノ///// / 冫,ニヾ.i   i  ..::´   ヽ.. ヽ      ┃
         / ./i //_ x<´        .>ヽ: : : :::/   i/.i冫//// / / i ヽヾリノノー―-へ、      :.. |     ┃
       /   / i//           /: : : /´ヽ、  |/i i///// / / .ゝヽ、  , x -く`i 、 ヽーノ´ゝ、.!     ┃
      i/   / /             `ー<´    冫、_!/i i//////   /`i´  _ /´.i >ミ|7//´/ゝ ..!     ┃
      /   / !                     /  _ヽ/i/, ´   ./!  .´` ´ ..! ./  //´ ヽY ..i      ┃
     ./.i  ! i                   ´ー, ´< .i/.i、   ./ i ` ー---イ ./.、._,/.:   / ヽ.ノ     ┃
    /.:::i  ! .i                > <´//////∧/\∧ヽ   i:::::::::::::::::::::!.::/:::::::`´!  /、_/      ┃
     !::::i   ! i              > ´/ , - ――――‐!_ ヽ`ゝ.ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/- i:;´´        ┃
     .!:::i  .! i            /‐ ´ ´             ` ヽ 、 i ` ー -、 ,ー--<__/          ┃
     !:::i .! i                                  `ヽ、  `ヽ-´r :´i//、          ┃
      !:i ! i                                     ゝ、__ノ_ , <  .!           ┃
      !:  /                                             ヽ_ノ           ┃
     ./ ./                                                              ┃
    / ./                     ____                                  ┃
   /  /                   ,.  '´,. ‐ァ'                                   ┃
   ヽ-´                   /  //                                      ┃
            _ ,. --―、――--- '´  ,ィ_ ノ                                       ┃
          ,. 'ヽ、:::.: .: .::. ヽ       ,イ                                          ┃
      ,. <_:::.::. :トv'⌒ー斤l     rヘノ                                            ┃
    ,. .'´:::::. :. :.: ̄Vー- 、jノ/     ト- 、_  ┏                               ┓      ┃
   /::::::.: r。,r―― 、_ヽ、:.:ノ/     /`ー‐ '  ┃  深さ345mの海底に作られた巨大な監獄は  ┃      ┃
   トr‐,__ `.::: ::::: :. : : `丶、|      /       ┗                               ┛      ┃
   jノj厂下ヽ、.: :.: ::. :.:,.ノ:У   /                                             ┃
     }:l .:::| .::>ァ.://ー‐-、/                                              ┃
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

16 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/18(水) 22:43:47 ID:y.d.pZC60


.    。           l '‐ ゛ ,i'}       l彡./               /  .".'''''    ._,, -'″
                  l  /                         /      " _..-'"
.                `゙″                           ̄''''''''''''''''''''″
     o                      o                           +
                                        +        o
            。
                      _,,,.. -''ツ            *           。
          _....-,―''''''"゙゙゙゙゙´  /                                  , _,
.         _/゛ .. -'''゙"  /   ./     +                : ., へ、  。      │  ̄´`'
.     r'"          ゛,/                    ,/ ゝ│          |,
.    /  .".'''''    ._,, -'″           。          ./   i'  .!          .ヽ '、,.゛
.  /      " _..-'"      +              *       / 1 /  │             .\ ヽ
    ̄''''''''''''''''''''″                               ! /  !  .!              ヽ
         ,へ、     。               ,i彡.、        l "  ,,. l      o         ゙'‐
        ,/ ゝ│              ,..-'"゛  .!      .l '‐ ゛ ,i'}         .,,,、
       /   i'  .!                / .、     .l        l   /             |゛ `''-、ヽ
      / 1 /  │          /  ./    │         `゙″              l  .ヽ ..l l
      ! /  !  .!          /   ./   .,.. /        *                .l   !  .lヽ
      l "  ,,. l        /   /  .'i  ″ /                     .l  ! '、 ! ゝ

               ┏                                   ┓
               ┃  大陸とともに姿を消した沖縄列島と同じように    ┃
               ┗                                   ┛

17 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/18(水) 22:45:10 ID:y.d.pZC60



: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :_: : : : _: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : _r-v-‐ '"::::::::`'´::::::::::::::ヽ.._: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ,、 '";;;;;:::::::::::ノ:::::l/::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.._: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :r'":::;;;;::;;;;;::::ソハ::::::::::::::::::ヽ:::;;;::::;;;::::::;;;;:::::` 、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ゝ、:::;;;;::;;:ノ ̄`''''7丶--<ニ>-''"`゙`i:;;;;;;;;;;:::::::ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヾr‐'" _: : : ./::rァ ヾリシ __rェヾ-‐ 、:.:.:.:.〉: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : r┴‐'" r‐‐ァ:.:.:l/:.:.l:.:.:./. : /!:..:.ヽ.  r}、 ヽ!、: : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /゙! /lェ/エエコ:ノニ// く<:.:.ヽ: : :ノ:!   y:ノヾ!._ i>`i、: : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /ト'|/:.:./:.:.:.:.n:.:./:.:./:.:ハ:.:.l }:.:.:.:.ヽ|:.:l  l、ノ!    `Y⌒ヽ、: : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : _rァ/!:.:.:.l:.:./:.:.:.:.r'"`i:.:.:.:l:.:.:.:.l:.:.l l:.:.:.:.r‐、:.:.:.:.r‐‐、______、 l:: l:: \: : : : .
: : : : : : : : : : : : : : : : rt|:.:.(ニ=-l:.:.〉:.:.--==ァ-‐'"`l''¨rl⌒l:l:.:.l  l:.:.:/:l  r-、 r-、  `、 ト、 ヽ: : : : .
: : : : : : : : : : : :   ,、_!:.l:.:.:.:.}i!:ll:.:l:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:ll:.:.:.:.:.:.:.l:.:.リ:.:.ノ|l:.:.!  !:.:|:.:l  l:.:.:.:.:.:.:.l!  〉lヾリlハ: : : : : :
: : : : : : : : :   rソ"ノ:.:ノl:.:./!:.:.l|:.:l:.:.L -‐=-テ=--‐!:./`‐-tj-ゝ-'-レ-ァェ__〉-:.:.__:.l|:.:. l:.l l:.:l:. }: : : :
: : : : : : : :   l/:.,、-‐ェ'''シ"l/ ̄:ヽ!:.:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.i/:.:.:.:.:.:.i!:.:l:.:.:.:.:.:ソ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`‐‐'`ヽリノノ: :
. : : : : : : : : :〈:./:.:.:.:.:.:.\ヽ:.:.:.:.:.:.l!:.:.:.:.:.:.:./lゝ:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.l:.:.|:.:.:.:./:.:.:.:.:.:., - ,:.:.|:.:::.:.:.:.:, '          .
  : : : : : : : . ` ‐- !.._:.:ヽ二ニ=!:.:.:.:.:.:.〆:.:.:.:.:.:.:.:.}}:.:.:.:.:.:.i!:.:l:.:.:.l}:.:.:., '     ' ,:.::.:.',   . . : .     . : : : : :
    : : : : :   . : : .   `''l/`‐‐‐ !:.:.:.:.((:.:.:.:.:.:.:.:.:.〃:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:, '  , , ,  ,     ' '  . : : : : : .    . : : : : : : :
         : : : :        ゙,:.:.:.:.:|l:.:.:.:.:.:.:.:〃:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:./:.:.〃:.:.:.:.:.:.' , ,   . : : : : : : : : . . .
   .       : : : : : : : : : . . . ヽ:.:.:.ヾ、:.:.:.:.:.{{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/:.:.:.:.:.:./: : : : : . : : : : : : : : : : : :
  . : : : .     : : : : : : : : : : : : : : : ` 、ソ:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:/:.:/:./:.:.'":.:.:.:..  '´    : : : : : : : : : :
 . : : : : : : : .   . : : : : : : : : : : : : : : : : : : `  :.:リ:.:.:.:.:(!:./ノ , , ' ' "

            ┏                                    ┓
            ┃   失われた巨大遺跡の一つとして考えられていた。 ┃
            ┗                                    ┛

18 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/18(水) 22:46:25 ID:y.d.pZC60















                           し か し ・ ・ ・ ・ 。

19 名無しのやる夫だお :2013/09/18(水) 22:47:19 ID:qseXg9VY0
ヒャッハー!

20 名無しのやる夫だお :2013/09/18(水) 22:47:19 ID:EIJnc7Ks0
インペルダウン?>巨大海底監獄

21 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/18(水) 22:47:59 ID:y.d.pZC60




___________________________________________
》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

          【安価】やる夫はグソクムシの親類のようです【多分スカ二次】

___________________________________________
》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   _______________
                  /   /            ヘ   \
                 /   /              \   \
               /  .‐''~_               _~''‐  \
              /  /´ ,    ヽ ヽ         /´ ,.    ヽ. ヽ  \
            /   ,'  ,;     ', ', |!!il!|!l!!l!l!l| ,'  ,      ', ',   \
           /    {  {      } } .|!!il!!ll!!!il!l| {  {      } }    .\
         /      '、 ヽ    / / .|!l!!il!!l!!il!l| '、 ヽ    / /      ..\
        /             ̄ /     |     \ ̄             .\
      /               /      ∧      ',               .\
     /                {      / ヽ     }                .\
    |             ヽ    ヽ___/ __ \___ノ    /             |
    |              ヽ    .|!!il|!|!l!l!il|!|!!!i!l|!|!lll!!il|!|!l|    /              |
    |.                 . .|!!il|!|!ll!!lil|!|!l!l!il|!|!ll!!il|!|!l|                  |
    |                   .|!!il|!|!ll!!lil|!|l!l!!lil|!|!l!!il|!|!l|                  |
    \                  .|!!il|!l|!l!!il|!|l!l!l!il|!|!l!!lil|!|!l|                 /
      .\                |工工工工工工工工工|               /

22 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/18(水) 22:49:21 ID:y.d.pZC60





___________________________________________
》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               【明日 9/19 22:00過ぎごろから、投下を開始します。】
___________________________________________
》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《》《
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

23 名無しのやる夫だお :2013/09/18(水) 22:49:42 ID:pULNMmp.0
何十時間絶食とかするん?

24 名無しのやる夫だお :2013/09/18(水) 22:50:24 ID:Zd4R8pC.0
明日だったのかw
期待して待ってま〜す

25 名無しのやる夫だお :2013/09/18(水) 22:51:13 ID:qseXg9VY0
明日かよwww乙

26 名無しのやる夫だお :2013/09/18(水) 22:52:15 ID:JQjb6d7s0


この世界線は大陸残ってるのか

27 名無しのやる夫だお :2013/09/18(水) 22:52:31 ID:nBOcjXDw0
| 甲) ノ
暇な工員もお邪魔させてもらいやすぜ

28 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/18(水) 22:53:15 ID:y.d.pZC60
とりあえず、今日はここまでで。

プロローグが終わって、安価できるまでが長すぎて、
まだ途中までしか完成していないのです。

基本となるコンテは上がってるんだけど初めてなのでAA探しきれないー。

29 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/18(水) 22:56:49 ID:y.d.pZC60
>>26
大陸は本家設定に準じますので、巨大なクレーターのままです。

>>27
うわあああああ、び、びびるのでいきなりびっくりさせないでください。
心が弱いので(小並感


明日は最初の安価付近まで行けたらなーと思いますが、
主人公は閉鎖空間戦闘のプロフェッショナルなのに、何故か海戦シーンとか挟むので
完全に導入部で終わるかもしれません。

できるだけ頑張ります。

30 名無しのやる夫だお :2013/09/18(水) 22:59:15 ID:nBOcjXDw0
了解しました、さてどんな魔境になっていることやら……

31 名無しのやる夫だお :2013/09/18(水) 23:06:56 ID:dopsG0tM0
海ではっけんグソクムシ

32 名無しのやる夫だお :2013/09/18(水) 23:12:47 ID:/EVsGuGM0
発見発見
明日楽しみにしてます!

33 名無しのやる夫だお :2013/09/19(木) 00:46:19 ID:HGgX/NRI0
新しいスカスレ発見
楽しみにしてます!

34 名無しのやる夫だお :2013/09/19(木) 14:01:05 ID:ZdVMiGf.0
狂人だらけの深海ということでバイオショックを思い出した

35 名無しのやる夫だお :2013/09/19(木) 19:22:43 ID:kt45/4K20
バイオ5で海のステージあったな、ハオスが出る奴

36 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/19(木) 21:24:21 ID:znRJQBNM0

          .____________  
          |:::::|  __ |        |
          |:::::| .//‐―ヽ|        |
          |:::::| | |   ||.i.       i
          |:::::| ゝゝ_ノ |_____|
          |:::::|    。  i
          |:::::|____.|
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、      
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::   :::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::


お疲れ様です。あと40分くらいですか・・・。


案の定、プロローグまでしか行きませんでしたが、
一応、準備はできた・・・と思います。
そういうわけで、残念ながら安価は次回の頭からになります。


代わりに、プロローグ投下後、ちょっとしたおまけも投下予定です。
あまり海に詳しくない方も多いと思いますので、世界観の参考くらいということで。



では時間までもう少々お待ちください。

37 名無しのやる夫だお :2013/09/19(木) 21:52:40 ID:F02HGKIk0
ガタッ

38 名無しのやる夫だお :2013/09/19(木) 21:56:37 ID:Ljv9Fk.I0
このスレは●RECされています

39 名無しのやる夫だお :2013/09/19(木) 21:58:35 ID:87rgUTCA0
把握しました……といいたいが3つ同時とか荷が重すぎるなり
誤爆したらどーしましょ

40 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/19(木) 22:02:36 ID:znRJQBNM0
大丈夫。僕も3つ同時です(小並感

そろそろ始めます。

41 名無しのやる夫だお :2013/09/19(木) 22:03:25 ID:3tg1rrpA0
ウェーイ

42 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/19(木) 22:03:20 ID:znRJQBNM0



                      |
                  <二|二>
                      |
                ───┼───
                    _|_       X-Day -1
            ┌┬┐     `TTT´
            └┼┘       | | |        坊ノ岬沖、
         ̄ ̄ ̄Υ ̄ ̄ ̄   | | |
           rf三三ュl         |┼|        北緯30度43分、東経128度4分
         rx}  { | ___   ∧l∧
           } l==キ=≠==ネ.∧l: l∧
        _rェェェ:イ l///||//|l∧_l:_l_∧
         | キrr:| |i  ̄ ̄ ̄ |ll}_j__:}_l|
         | |_ll.| |l 匕:l……|l:ニニニl|
       ┌┴ォ==| |l 廴八エエ|l┴┴┴=l|
       ├===…|ノ __rxォ |¨ r=ニニ高/〉ニ/雄}}            、!
     /{ ==fオ ≠r┴…┴|l .示| }_} :::Y_} ::Y_} ヒ__        │
.   ≠==三ォメ厂l| T¨¨T |l  | |__}_}_}_}_{ ̄  __     \|
    |_jj {=l=ll区| | :|   l :|l  | |__r…:l=ィ7==ィ7=iXXl|      ト
    |11_仁二二lェェェェェェェェェェェェェェ  |__|__j__/7__}++イ_    │ヽ
.    Y::::l |  |++|「 ̄| |ニ| … l | r‐┬i  r‐≠┬1:::::::/{n┌r─|─ヘ
    |_ェェェェェ圭圭ェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェvェェェェェェ=1
     i:::::::.廴j  l                    }土{          }
     |:::::::::.  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄  ̄          /
;:;:;:;:;:;;:;:;...;:.;;.:;.;:.:-;:‐;-..:;.;:.;;--‐''-,,.,.;;、 -,,、、.;;-,;-;,_;_;:-;-,、-,,、、.,.;;、 -,,、、.;;-,;-;,;,_;,;-;,_;_;;;
_, ;:_,,,...ー.--ー''''~~_,,-ー'~,. - ' '′'"" ~" "" "''"'''' '"" ''""" "´,,     "´ ''"""
〜  〜                      〜     〜      〜
       〜      〜      〜       〜       〜     〜

43 名無しのやる夫だお :2013/09/19(木) 22:03:50 ID:87rgUTCA0
ダー ノ

44 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/19(木) 22:04:28 ID:znRJQBNM0


                     _
              ,.r ´`,::::::::::::ヽ、
           ,;-:::´/  /, - ‐ 、::ヽ、
         r´ r‐、::/   '´  r-‐':::::::::`ヽ_
         ! /  /     (_, -‐- 、:::::::ヽ、
        j〈            __):::::::::::::〉.
        /::::!           /::::::::::::::::::::/::::i            「クソッタレ!なんでここまで来て
      ,..::´、::::j           ー―-,:::::::::::::::ノ::ヽ、
    /:::::::::Y            , -‐':::::::::::, ':::::::::::::i          U-シャークの群れなんかにぶち当たるんだ
   /::::::::::::::/            /:::::::::::> ´、:::::::::::::i`ヽ
  /::::::::::::::::,'          _./::::> ´  i !:::::::::::::.!:::::::`
  ::::::::::::::::/        fー-‐ ´       !/:::::::::::::::i:::::::::::::::ヽ       外洋ど真ん中だぞ、
  :::::::::::::::,'        i        / i::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::',
  :::::::::::::::!        i ー - 、 i  i/rェア !:::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::',       この辺にゃ奴の餌なんているはずないのに
  :::::::::::::/          , ' イエア    `  /:::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::!
  :::::::::::/       /    ´    ,    /:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::',       なんでだよ。」
  :::::::./        /       `ー'   /:::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
  :::::::i       /./i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  :::::::i       i/ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  :::::::i       / /
  :::::::|      / /

45 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/19(木) 22:05:28 ID:znRJQBNM0


                          __
                     .   ´:::::::::::::, -:,,、`> 、
                    /::::::::::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;',:::::::::::r 、 、
                  , ':::::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;;;;;ノ:::::::::::::ヽ_j ヽ
              /::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
              ,'::::::::::::::::::::::/  f ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄',
               i::::::::::::::::::::/    .!                 |    「馬鹿野郎。さっさと砲塔まわせ!
             ト---‐rf´     i               |
             |   ||      .!          __   |     そんなこと言ってる間に撃たないと死ぬぞ!
             ト--‐ヾヽ、    |        /:::::::ヽヽ /
             ト- 、 _ `ヽ、  >、___/::::::::::::::::ヽ ソ
            f:::::::::´ ',;;;;;;;',:::::::ヽ 、 _,.. -‐ '~::::::::::::::::::::::::イ
         , -<´ Y;;;;;;;;;;;i;;;;;;;i >i−- 、_____::::>'  i       傷つく度に逃げまわって血を撒き散らしてやがる。
       /::::::::::::::::::i;;;;;;;;;/‐-, !:::::::f  了、`iエ彡 f     !ヽ、
      /::::::::::::::::::::::::ヽ/ /´ `ヽi     ̄ ニ=   ヽ      ヽ      連中鼻がいいから、共食い目当てで
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::i   i/   /´`ヽ     _    i   /i   ',ー- 、
 .   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::i  /   /   /ヽ   ´ヽ=-_ ,/  /       !:::::::::::::::ヽ   50キロ先からでも寄ってくるぞ。」
   /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::!   !   !   i  i∠エエェェ,f  ー        i::::::::::::::::::::::`ヽ
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!          〉_   f´::::ヽ       /:::::::::::::::::::::::::::::',
  ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',         fヽ、;;;;`ヽ!:::::::::::::ヽ、 _ ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::i
 ..,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i         !;;;;;;;>、;;ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉
 .,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i          /;;;;;;;;;;;;;;;;',;;;;i―-  ,,;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
 ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、       /、;;;;;;;;;;;;;;;ノ ヌ、        ̄> ――-‐ '
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::ー -‐ f  > -‐ /`ヽ `ヽ

46 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/19(木) 22:06:28 ID:znRJQBNM0


                           / ̄`ヽ
                          /
                           |       }
                           Ⅵニ=--=ニ7\
                       ___}´-──-{_,\\
                        /´ |: :|: : : : : : : : : : : ハ、ノ
                    /   |: :|: : : : : : : : : : : : | :
                      /   : :.:|: : : : : : : : : : : : | |
____________ /   .ィ: : :|: : : : : : : : : : : :/イ
___________ .../   /:::::::::::|三三三二ニ ノ´    「CIC、CIC、こちら右舷、くそっ、また増えた。
                  人_ノ:::::|::::::::三三三二ニ/
                  \_/  /:::::::::三三二ニ {       頭を出してるのだけで小型が1,大型が2,3,
                     /.:::::::/´  ̄ ̄ ̄圦
                       /////|´ ̄ ̄ ̄ ̄∧       くそ、数えてられるか、とにかく沢山だ。」
                   /////: |        :
                     /////: : |     :     |
                       /////: : : |     ト.    :

47 名無しのやる夫だお :2013/09/19(木) 22:07:06 ID:15P5ktAM0
ナマコ見終わったらこっちが始まってた ノ

48 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/19(木) 22:07:28 ID:znRJQBNM0



 :::::::::::::::::::::::: ::::::::::/::::_ /  /::::::|::::l|:::::::|、::::ヽ::::ヽ^−' \:、,:::ヽ:::
 :::::::::::, -'´∠:::::/   .: .:::::/:::::::l:::::|:ヽ::::l \:\::::ヽr'::::::::::ヽ:::::::::::::   「対魚雷用阻塞ネットキャノン撃て。
 - '´ r-/...::::/.:  ..:::::...:::/:l:::::::|:::|::::/ヽ:l   \::::::ヽ ::::__::::::l:::::::::::::
   /:::r':::::/:::....::::::::::::::::/::l:::::/l:::|:::/ ヽl  _>‐‐ベ;::::::::::::l:::::::::::     主砲は艦前方側へ弾幕集中。
 '´:::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::/::::l:::::/:|::|::::l___,、rヽ「::9 ̄ヽ:::l:ヽ::::::::l:::::::::::
 :::/::::/:::::::::::::::::/::::/:::::::|:::/::ハ|:::::l  - 、 __,、-へ::l:::ヽ::::::l::::::::::      航路方面だけでも無理やり開けろ!」
 ///::::/::::::://::::/:::::::::|:/ } ヽ:::| ヽ`丶、_    ヾ::::l::::::l::::::::
 /:::/:::::://:::::::/::/::::/::::::r'´/  l  ヽ          l::::::l:::::|::::::::
 ::/::///::::::/:://:/://' / ,  |   `         r'}::::::l:::|:::::::
 :///::::l::/::/:::|//::/ / /  r' ,l//// ヽ         / l::::::::::|:::::::::
 ::l:/:::::l:/:::l::::::/|::/、_,、-‐へ、    /:-.、_ _   / /::l::::/l::::::::/     「Mark.6 EMPスタナー緊急投下、準備急げ、
 ::/::::::::|:|/::::::l |/ >:::::::::::::::::::::ヽ.__/:::::::::::::::::::<  l,/:::::l:/::/:::::/
 :l::::::::::::|l:::::::::::{ フ::,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ\ /l:::::::/::::/::::/        2分以内にで連中の頭を抑えられないと
 :l:::::::l:::::l::::::::::::', ' イ::::::::::::::::::::_ノィrゝ、:::::−、::::::r| / l:::::/::::/:::/
 :l:::::::|:::::',:::::::::l::'、 lr'イr「/´´: : 、 --: :`ヾ} }ハ:l  / l::::::::::::::::/ /        完全に囲まれるぞ。」
 l|:::::::|',:::::::::/'、:ヽ  :l ヽ:_; : : : : : : : : r/ l'   / |、:::::::::::://|
 lヽ:::::|.',:::::::l  ',ヽ::\   ヽ``ー‐‐‐フ /  /   | }:::::::/-{  |



                     _
                  <: : : : : : : > 、
            /: : : : : : : : : : : : : : ヽ
 .          / : : : : : : : : : : : : : : : : ム
           l:: : : : : : : : : : r――――.l __
           ト - ==ニ 二|       |fIII i
           ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヽ __,、_.!i:¨ヽ,
           |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l      ゝ/¨ヾ:i
           ∨;;;;;;;;;;;;;;;;;;∧  /== //_,ヘ:::::l     「もうやってます、スタナー射出まであと1分」
         /::`ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;ヽ└─ '/〈三/:::::ゝ
       <::::::::::::::::::ヽ 、;;;;;;;;;;;;;;;;ー '  ヤ::::::::::::::\
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::∧  /::::::::::::::::::>::、:::::::::::::::\
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i/:::::::::::::::::::::::::::::ム::::::::::::::::.ム   「阻塞ネットキャノン1番2番、発射よろしー」>
 ../::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ヽヤ::::::::::::::::::ム
 /  ̄::::`ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::\::::::::::::::::ム
 ::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/、:::::::::::::::::::::::::::::::::::ム            「1番2番、発射!」>
 ::::::::::::::::::::::::}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i  ` <::::::::::::::::::::::::::::〉
 ::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|      `ー −-―

49 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/19(木) 22:08:28 ID:znRJQBNM0



     /           .イ   >. >斗ヘ\     ヽ
   /           />. :´: : : .// .Yハ'. '.      '      「とにかく急げ。間に合わないとサメの餌だ。」
   .′         /´. : : : : : : : ∧'. 八_.ノ j∧.    }
  .′         /. : :>-=====ミ≦彡 /: ,    /
  .′        /> ´ >-=====ミ `ヽく: : :}    '        「ソナー班、連中の正確な数が知りたい、
 .′     イ<><////////////////>、\/  /
´;    > ゙ >.´:::::::>===rーr=ミ=ー....../,`<_/         アクティブピンガー連続発振。」
/   />.:´:::::::::::::::::::::::::::::/. : : \ゞ斗/.:::::::::::::::`:.<`ヽ
  ./,.イ.:::::::r=ミ:::::::::::::::::从. . . . . . .. .7.::ハ::::::::::::::::.`ヽ.;
<ミ゙.:::::::::./   ∨::::八イ       彡'.  ` <::::::::::::::i
  イハ.::::::::{ >. : ´: イ⌒ヽ       /_    ,イノ.:;ハ:ノ
   > ´. : : : : : :/ /⌒ ハ    /.⌒:ヽ.ヾ_.彡',゙/イ ′
>´: : : : : : : : : :/ /i:i:i:∧.ハ  ,イ.::::::::::::::::::::::::::ハ
. : : : : : : : : : : :/ /:i:i:i:i:i:ハ }  7::::::::::::::::::;:::::::::::ゞ
. : : : : : : : : : :/ /:i:i:i:i:i:i:i:i:i}.{  ´ ̄  ̄  ゝ:::::,イ
: : : : : : : : : :/ /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i{ {       ⌒゙ Ⅶ     __
: : : : : : : : :/ /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:| |          />. : :´: : : : : 7/\
==ミー ' イ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:八.ヽー -    イ. : : : : : : : : : : //:i:i:i:i:ヽ
>´> \,イi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iノ /    `ヽ: : : : : : : : : : : : : { {:i:i:i:i:i:i:i:i



   /   /    _____         .\
  { _/  >/´///////////,=ー=ミ     \
   ゝ>/´///////////////////////` <  \
   //////////////////////////////////>ミ
 . /////////////////////////////////////〃
  {_/_/_/_/_/_/_/_/_////////////////////////:       「機関室、機関全速予備命令。
   7.::::::::::::::::::/三ヘ:::::::`:.<///////////////,イ::::
   ハ}::::∧::::〃三=ム:::::八厶斗三二ニ=彡.:´::::.斗        スタナーの効果次第では全力回避もありうる。」
    /;:イ从:::ハ三ソ 从{  r弋歹ノ ,ハ.::::::::::::::rく.ハ
    _>ノハ.`=彡/ .゙      ̄ ̄  ゙ 从:/.:,イ乏 .丿
   / _.ヽ/.ハ      .′,       _彡>≦///////
  ' ハ ∨ム   ,′       /  ∨///////////       「スタナー準備出来しだい撃て。
 | '/,ム.∨ハ  人_>彡=ミ  '   '. ∨//////////
 | !//ハ ∨,7゙.::::::::::::::::::::::::::ヾ'| /ム ∨/////////        連中の頭を抑えたら尻に帆かかげて逃げ出すぞ!」
 | !///ハ ∨ゞイ彡へ::::ハ::::ゞミ } .': :∧ ∨////////
 | !//>.ム .∨/ム ー    ,.イ  ' : : ∧ ∨///////
 人 ゞ´.:< ムイ∧ ミ====彡ノ ,': : : : ∧ ∨//////

50 名無しのやる夫だお :2013/09/19(木) 22:08:32 ID:p/7tAI.E0
お、投下来てたか

51 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/19(木) 22:09:38 ID:znRJQBNM0


  /     /    | |       _ノ⌒ヽ_                    |丶::::::::::....  マ∧   ::::::::::::::::::
/::: ̄|\  ||      | |     ( r..㊥┐)            ∠ヽ  。 \丶::::::::::... マ∧   ::::::::::::::::
..l]l] l  \l|      | |。/ ┌─||~⌒゙|}─┐        |≡l  ||   \丶::::::::::...マ∧  ::::::::::::::
  |  r‐‐、. \    | └  r-─∧_~~∧─┐        |≡l_。__    ___\丶::::::::..マ∧   ::::::::::::
  |  lヽ__,) ||     ̄ ̄ {///r───川/|        |≡l::::::::) 0{+) ー───.ヽ  ::::::::::   「アイ、
田|゚。 ..〉‘し}/|        ///{.}}0///////∧      |\ /ー'',)   /∴ /.  ||   ::::.`ー::::::::
¨¨  (~゙}  |l |        .///l|/{{/////////∧       | l|/ ̄人    .|∵|/.:  ∧ ,::::::::::::::::::::::    機関全速待機!」
 __ノ /___ll |      /≡=j//--=--/∩≡}.      | l|  _`ーっ´ノ /..:: //∧ ,::::::::::::::::::::
 ゝ─┘::::::::ll |      {uuノ/-=-、////-=-{uu}      | l|___| ̄    ..////∧ ,::::::::::::::::::
 {:::l ̄ ̄ ̄   |       | ̄|    |=‐=|    | ̄|.     |  ┬─┬| 〉    / ____  ┌─┐
 ヽ|____/      |  |    }三={    |  |     \___| {     〃::|iii|::..ヽ |5=¨l|
  }Yl  | |:::::::::..    /|  |    / ̄ l    |  |     ...::::::::| | ______________{:::::::|i|::::::,リ .|5=¨l|
  ゙ー' /ー'\::::::.:...   //|_|    l|   |:|   i|_|         /ー| ̄|::::::::::::::::::::::ゝ(◎Y´{  o。。∧  「敵影補足
\..| ̄| ̄ ̄ ̄:::::::..   //..:::::::{    l|   |:|   j::::::::..,        ̄ |  | ̄\:::::/゙ー一、__/:::::.. ̄  \
  |  |    o     //..::::::::::| ヘ.||   |:| ヘ |::::::::::::.,   o ...::::::::|  |_/::〃    L_,ノ⌒l 厂lo  左舷前方の目標の
  |  ト       //..:::::::::/,|::=≡||   | |≡=|:::::::::::::::.,         |  |::::::::::/ヽ.   /〕─¨ ̄ 〔≒〕
  |  | 0     //..::::::::://〔 ̄ ̄── ̄ ̄〕∧::::::::::::.,    0   |  | ̄∨   \/   \l:::::::::..  。。  距離情報回します。」
  |  |::::::...     //..:::::::::////'7777|ー |7777//∧::::::::::::..,       |  |  /    ヽ_   \_,ノ⌒}
_..|  |:::::::  __o__/ ..:::::::///亙毋毋l|   |毋毋亙/∧:::::::::::.__   |  |________    }}─¨ ̄
___/   〃   ヽ::::://亙毋圓圓l|   |圓圓毋亙∧::::::/:::::::::::::ヽ..!  { ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄)田田田
  ___{____)/亙亙毋圓圓l|   |圓圓毋亙/∧:::i:::::::::::::::::::}   ─┬─┬─ァ/  /_ ̄ ̄
 /     /::::::人:::::::} ̄ ̄ ̄|l圓圓l|   |圓圓 ̄ ̄ ̄ ̄{r'"~´`~゙Y ̄ ̄ ̄| ._!_//.. / |㍊| |/\
 | ̄ ̄ ̄/::::/ , -}:::| ̄ ̄ ̄|l圓圓l|   |圓圓 ̄ ̄ ̄ ̄.l ¨¨r、¨¨}_ ̄ ̄ ̄|  ー’  }≡ | |㌍| |\
 |   /.乂∧_-_人::|l\   |l圓圓l|   |圓圓 ,.--‐lコ´ ヽ"~´`~/ `'lー‐-- 、 __,ノ  ::| |㌫| |
 |  ∧  くL__,ノ  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\   |∧  ー一'   /|     }:::::::::.....:::::::: |────/
 | ./  Y    T   〃               ヽ   |/∧ ー  ‐ //|     |:::::::::.....:::::::: | ll ll ll /
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                            「主砲斉射開始。1番2番交互射撃・・・初弾夾叉
                                   交互自動追尾射撃開始します。」

52 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/19(木) 22:10:28 ID:znRJQBNM0


                  _____
               ,..-''"´           `''-,,
             ./                \
            ./                      ヽ
           /  ___     ____   ',
           ,'   ____        ____    ',
           l   l ●   l       .l ●   l    l
           l   ヽ、_ ノ      ヽ、_ ノ     .l
           ',                        ,'
           ',       (__人__)      /
            ヽ、     └――┘       /
             ._`''-..,,_    ̄ ̄    _,,..-''"_
         ,..-''"´                    `"''-..、

┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 大騒ぎの艦橋の端で君は一人、待っていた。

┃ いやなに、手持ち無沙汰なのはハブられているからじゃない。
┃ 君とオーナー、そして船倉の同類たちは今回の旅の殆どの期間、
┃ 積み荷でしか無いからだ。

┃ 今だって、急な変針に気づいたオーナーに言われ、確認に来たに過ぎない。



53 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/19(木) 22:11:28 ID:znRJQBNM0

       . -─  、
      /        \
       |   _____}
      _レ" ̄ ̄`: 「 ̄`:
      Ⅶ_, -─==Ⅶ __j
      Ⅶ:. r==ォ uj ̄};=-   、
       ゞ=ヽ___/: :/      i
          フ: : /| /    |
         「: : 〃:|  /´   \_
         |/: : : \   _,ノ´ ̄ ̄:
         〃: : : : : :} } |       |
         |: : : : : : /  }      .イ
         |: : : : 〃   \___/ \
         >-=ミx     /  . -='
       _/: : : : : : : :Y、_/  /  {
     r‐レ  ̄`: : :_:_:|    /  _`ヽ
     |      jレ"ゞミ_彡"  ´    }
      `ー=、__/    }

┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ まあ、状況は来てすぐに解った。

┃ とりあえずの報告は通路脇の伝声管で済ませたが、だからといって自由に動けるわけじゃない。
┃ 艦橋の出入口が伝令担当の移動で埋まっており、下に降りれない、というそれだけの理由だが。

┃ 海の人間ってのは、なんでああハシゴの上下が早いのかね。



54 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/19(木) 22:12:28 ID:znRJQBNM0


                                        ,,;''~"'',,
            ______________     i ̄ ̄ ̄ ̄i,,''
              |      |      |      |     | Vesta |ー,二l
           .|=========| MADE IN |=========|     |___鬥|二___.|
              |      | U.S.A  |      |     |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
              |         /⌒ヽ ――┘      |    || [≡] ||;;;||  ...||
              |      /   /TERS          .|    ||i┴┴i._||;;;||._____||
              |      /  ./               |    |||l_  _l!||"""||  .||
              |.    /   ./二二二二.\      |    || |;;;|. ∩ ̄  .||
              |.   ./  ./:::::::::::::::::::::::::\\     |    ||. | |  | |____||
              |.   /   /:::::::::::_::::::::::::::::::::ヽヽ   . |    ||. | |  | |     ||
              |  /   /:|::::|::l´::`::|/::ヽ/::::::||   .|    ||. | |  | |     ||
              |  /   /:::`-':::`ー'::.|ヽ::::|::::::::||   .|    ||. | |  | |     ||
              | /   /::〔:::T::l⊃::|::::|/:l--::::| |  ...|    ||. | |  | |     ||
              |./⌒ヽ/l:::::〕::|:::|::ヽ:|::::|ヽ|二::/ /  ..|    ||. | |  | |     ||
             /   /ヾ\:::chacoal filter::/ /   |    ||. | |  | |     ||
.            /   /  ヽ.`-----------'./    |    ||. | |  | |     ||
          (⌒ヽ/     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´    |    ||. | |  | |     ||
              /ー.|´     LUCKIES         |    ||. | |  | |     ||
              \.|    an american original   |    ||     | |     ||
              |============================|    ||.________| |________.||


┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 席もなく、艦橋を出ることも出来ない。

┃ あまりの面倒くささにタバコが欲しくなってくる。



55 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/19(木) 22:13:58 ID:znRJQBNM0

         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \     「すまない、主計長。
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/      艦橋(ここ)は禁煙かな?」
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

          ,、-‐‐'´ l, ‐、
        / / , ノ,l「`‐} `ヽ
       / / /l ,」--、!  」| l l ',
       i l/';ィ <〈;シ` /iッゝl! } l    「すみません、サー。
       |'、r‐ト "    ゞ'‐lノ/
       l ヾl!    ‐';ァ  l        被弾時に備えて艦橋は禁煙となっております。」
       /l l`i      /ヽ
      // |l | `- ィ´l| ト|
      l |/|lrf了 ̄`{r、ハ!
         '^}||__>┴r‐r‐ ‐ ‐、
      _r=ニニ,、 ‐‐/::::l ,    ヽ
     /「;;r―//'´‐ 二{::::{、!..  ,、-l
    lノに二/,‐,‐'´ ̄`ヽ;;ヽ:  i:::::::::|
    / `ヽ ///   ......  ヽヾ!: l;-'::::|
   i:::::::........}| | l..:::::::::::::::::::::::.>l::: l:::::,ィ
    '、:::::::/:',:|::::ヽ、:::::::::,、-'´::},:::: V  |

┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 居心地の悪さに耐え切れず、乗船時に知り合った見目麗しい主計長に声をかけてみる。
┃ が、あしらうような言葉が帰ってきた。

┃ この規模の艦なら主計長(艦の経理・物資補給担当士官)は戦闘中、暇だと思っていたんだが、
┃ 残念ながら、多少はマシでも忙しいのは変わらないらしい。

┃ 目の前の端末から目を離さないのはさすがというべきか。



56 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/19(木) 22:14:56 ID:znRJQBNM0

        ____
      /      \
     /─    ─  \
   / (●)  (●)   \
   |    (__人__)      |    「そこのサイドデッキはどうかな?」
   \   ⊂ ヽ∩     <
     |  |  '、_ \ /  )
     |  |__\  “  /
     \ ___\_/

┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 少し考え、目の端に下へ続く通路以外のドアがあったのを思い出した。



57 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/19(木) 22:15:56 ID:znRJQBNM0


          ,、-‐‐'´ l, ‐、
        / / , ノ,l「`‐} `ヽ    「サイドデッキ・・・
       / / /l ,」--、!  」| l l ',
       i l/';ィ <〈;シ` /iッゝl! } l    ああ、レーダー破損時の観測用デッキですか?
       |'、r‐ト "    ゞ'‐lノ/
       l ヾl!    ‐';ァ  l        デッキ後部にCIWSがありますので、
       /l l`i      /ヽ
      // |l | `- ィ´l| ト|        ミサイルの近弾食らったら破片貰う可能性がありますが・・・。」
      l |/|lrf了 ̄`{r、ハ!
         '^}||__>┴r‐r‐ ‐ ‐、
      _r=ニニ,、 ‐‐/::::l ,    ヽ
     /「;;r―//'´‐ 二{::::{、!..  ,、-l
    lノに二/,‐,‐'´ ̄`ヽ;;ヽ:  i:::::::::|
    / `ヽ ///   ......  ヽヾ!: l;-'::::|
   i:::::::........}| | l..:::::::::::::::::::::::.>l::: l:::::,ィ
    '、:::::::/:',:|::::ヽ、:::::::::,、-'´::},:::: V  |

58 名無しのやる夫だお :2013/09/19(木) 22:15:56 ID:FyvBGPlI0
いきなり緊迫したシーンだな。

59 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/19(木) 22:16:54 ID:znRJQBNM0


           ,,.: ''''""~""'''‐..
        /          \     「このクラスの船でそうなったら、
       / ノ    ヽ、_     \
        / ( ー )   ( ー )       `、   俺だけじゃなく船ごとヒドイことになるお。
      /´                  ',
      i   (  人   )            ',  それに、U-シャークに地対艦はないおね。
      !   ~''''´⌒´''''´            |
     \                      ,.'  もっとやばいのが来るようならどこにいたって変わりないお。」
       >                /
      /       -----‐‐‐'''"~  \


┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 君は艦橋内部のフレーム材を伝って移動すると、デッキへの扉へ向かう。



60 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/19(木) 22:18:02 ID:znRJQBNM0


__________________________________________

                                .  ___________
                                 |       |        ;|              |
                                 |       |        ;| _           |
                                 |       |       ; :;;;| |@@|             |
                      .              |       |        ,;;| |@@|             |
                                 |       |        ;;;| |@@|             |
                                 |       |        ..,:;| |@@|             |
                                 |       |        ,,;|  ̄           |
                                 |       |   .     |              |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 依頼は現地についてから。つまり、君は今のところは単なるお荷物だ。
┃ 本当なら隅っこで小さくなっているべきところだが、クライアントの意向も無視できない。
┃ 仕方なくやってきたら、予想外の鉄火場にドン。

┃ 本当なら戻るべきだがそれも出来ない。
┃ といって、戦闘中の彼らの視線の端にクライアントの関係者が政治士官のように立って
┃ いるのもどうなのだろうか?
┃ 戦闘中に乗員のパフォーマンスを落とすような事をするのも恐ろしい。

┃ 一銭五厘の連中のような無神経さで生きていくには長く生きすぎている。
┃ プロが、自分の判断で死ぬ分にはたいていは問題ないのが鉄火場の常だ。
┃ 運が悪けりゃそこらのドブでも死ねる。死ぬときは死ぬ、君の仕事はそういう稼業。
┃ あとはそいつをどう楽しむかというところだといえる。



61 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/19(木) 22:19:05 ID:znRJQBNM0


               ____
             /      \
           / ⌒    ⌒ \
          /   (●)  (<)  \   「ここにいるのも手持ち無沙汰なんでな。
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/    戦闘中ちょっとすまないが、タバコにさせてもらうお。
         /_∩   ー‐    \
        (____)       |、 \   自分のことは気にしないで戦闘を続けてくれお。」
           |          |/  /
           |        ⊂ /
           |         し'
           \   、/  /
             \/  /
           _/  /``l
          (____/(_/


┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 準戦闘速度で扉を周り込んでくる海風に顔をしかめつつ、主計長へと声をかけた。

┃ 「まあ、死にたいわけじゃない。
┃  すぐ戻るお。」

┃ 気にし過ぎ?ああ、いつものことだよ。畜生。



62 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/19(木) 22:20:01 ID:znRJQBNM0


     /  /      , -、ヾ!へ  \
    /: ./       /  ``ー‐、!  ',
    /: . /    __,、- '       }   !
   /: r'     イ_         {  ',    「急変針することもあります。
   l: l|: :    ノ、f= 、.__..,     ヽ, !
   !:ノ:):   r'´(_ヾ=ソヾ'  ,rr=-、-、!' /    振り落とされてサメの餌が嫌なら
   l:l:〈:   (_: : ` ´    ト ゞソ 〉ソ;! i
   'ヽ: :>: .ヘr': :      ..,.> ´ /;;:ノ |     救命ロープだけは使用してくださいね。」
    ヽV: : : ハ: :    _`'   };;i ,ノ
     i〈: :l: l: l: : .    _``    /;t(
     {トヽゝーノヽ、      /: (
     ` _ノ ,イ: : : ヽ、.   ィ‐ィ:  ',
    / /ト、____`'''"ト、  ヘ }
    / /l /;;;;;;;;;;;;;;;;;::::: ̄{ ヽ  ノ/


┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 諦めたのか、それともどうでもいいと考えているのか、
┃ 主計長の警告の声だけが俺を追いかけてきた。

┃ 「ああ」

┃ 俺はそれだけ言うと、ドアを閉めた。



63 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/19(木) 22:20:58 ID:znRJQBNM0


             ヽ                         /ィヘ/
             `__ ノ        ,'              / .)/
.  _______     ユ       (:'         /イ)/
./∨========.∧     ツ  . ',  ))       ィヾヽ/
マ:::::∨.\/\/\∧       ー┼”.} ./(         弋,イ
.マ:::::∨/\/\/ ∧      ノ | ヽし': :ヽ
..マ::::::∨__/\/\ ∧    ((,イ: :  :: :V)           /¨⌒`ヽ
 マ::::::∨ \/\/\∧    、ゝ: :   : :(ノ}       Y′    |
. マ:::::::∨/\/\/ ∧    ヽ: :: :  : :: :/        /      /
.  マ:::::::∨__/.\/\ .∧    ゝ;:; :;从;ノ      ./       /
.  マ:::::::∨ .\/\/ヽ∧  ┌───────i/ヽ_      ./
   .マ:::::::∨./\/====∧.二二ニニニニニニニニニニニ|   ー-─ /
.   マ:::::::∨==ヽ:::::::::::| |\/\/\/\/|三|      /
    ` ̄ ̄    )::::::::::| |/\/\/\/\|三|.     /
    ソ´⌒ ̄ ̄ ̄へ──'ニt‐‐ ./\/\/|三|     .|
    /       〃     l ̄ヽ ヽ/\/\ ̄リ     .|
    |         ゝ    .|  |  ) /\/\|     |


┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ デッキへと出た君は、タバコの火をつけるため、周りを見回した。

┃ 艦橋横の戦闘に増設された監視員用の防盾があり、その影でなら一服出来そうに思えた。
┃ ちょっとだけ風の音がうるさいが、まあ、一服くらいなら問題無いだろう。
┃ 防盾の影に座り、ジッポを擦ってマルボロに火をつける。



64 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/19(木) 22:21:56 ID:znRJQBNM0


.      l /   ヽ-'        ゙i,   ゙i ,    ,   , /   ,/   ′,)゙i              /(,′
     .レ′ /(,′       ' ゙i  ゙i  ゙i ゙i  ,.,,' ,,  / /  /  / ' ゙i,   ゙i ,    ,   , /   ,/
' ,,  / /  /  / ' ,,_    \  , ' ,  ,' ,;    ;, ',  , ' ,  /    _,,   ゙i.,' .,-` ,. ',./   , '      /
` ,. ',./   , '      /r  `  \  ' , ';,_,',  ,',_,;' , '  /  ´  r"     /   ;, ',  , ' ,  /    _,,
  ;, ',  , ' ,  /    _,, `-.  \ \,(    , ′    ),/ /  .-´     _,-´_,',  ,',_,;' , '  /  ´  r"     /
 ,',_,;' , '  /  ´  r"     /    ゙i  r    /      _,."_,..) `-"_,,.-´  /  -"  ),/ /  .-´     _,-´
′    ),/ /  .-´     _,-´,i| ,;,\   ゙i゙i |゙//   /,;, |i,:"/  )  _,,.-´ ,_ r    /      _,."_,..) `-"_,,.-´  /
 ゛-/      _,."_,..) `-"_,,.-´  /  -"  ゙i  /   ;,     ';,/_,,.-´ ",.- ´  ヽ    ,-",;, |i,:"/  )  _,,.-´ ,_
|゙//   /,;, |i,:"/  )  _,,.-´ ,_;、  ,;'      V     ';,   ,.;'/   _,.-´ _,-"  ゙i  /   ;,     ';,/_,,.-´ ",.- ´  ヽ
 /   ;,     ';,/_,,.-´ ",.- ´  ヽ    ,-"    /,/`;"' ,/_,.-´  ,.-" ,_,,._  ノ V     ';,   ,.;'/   _,.-´ _,-"
V     ';,   ,.;'/   _,.-´ _,-"  ゛-.,)      ,      (,.-"   .-´    _,._,,.-´    _,.-´/`;"' ,/_,.-´  ,.-" ,_,,._  ノ
    /,/`;"' ,/_,.-´  ,.-" ,_,,._  ノ                 ,-´ _,-"_,,.-´  _,,.. -´     (,.-"   .-´    _,._,,.-´
,      (,.-"   .-´    _,._,,.-´    _,.-´ ∴∴ , ′    (,..´_,-",::.)_,,.-_,,.-´      .,-"     ,-´ _,-"_,,.-´  _,,..
    '-.,     ,-´ _,-"_,,.-´  _,,.. -´. -         - .       _,,..-´       ,.-' , ′    (,..´_,-",::.)_,,.-_,,.-´
∴∴ , ′    (,..´_,-",::.)_,,.-_,,.-´      .,-"     ` ,     -"   ヽ `、       _,,.- "      _,,..-´
    - .       _,,..-´       ,.-'  ,      ,       -=―    ) _,,..=-     ` ,     -"   ヽ `、
     ` ,     -"   ヽ `、       _,,.- "" '   '       _,..-"_,,..__、-",      ,       -=―    ) _,,..=

┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ この艦の周りをぐるぐる回るサメどもを尻目に一服。

┃ 後ろから何かを打ち上げたような放射音と、着水音、
┃ 目の前の水面に連続して、霧のようなものが浮き、付近のサメたちの足が止まる。
┃ 水中爆発。おそらく、EMPスタナーだろう。



65 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/19(木) 22:23:17 ID:znRJQBNM0


                                 _
                           __,.。-‐:;ニ´~ lt               _         __
                    __,.。-‐:;ニ´~        lt              ___l;::\__,..-‐=ニ´_,ェ-'´
             __,.。-‐;:ニ´~                .lt    _      __,.。:≧ニ三サニ-‐ '^´~
         rtニ^´~                       lt  _l_;:≧‐ニ三_,.ニ-‐ '^l\/
         / lt                          __〉  t〉ニフ  ̄     └´
        y  lt                   __,,..。-‐:;ニ´/   '‐´  ^
       〈 k´ .lt            _,,..。-‐:;ニ´:,:,:,:,:,:__;:。/   ・  、 ゜ ゚
        v/  lt      __,,..。-‐:;ニ´:,:,:,:,:,__;:。-‐::'^´ y´  ’  ::   ;
          ヽ 》―:,:,ニ´:,:,:,:,:,:,:,__;:。-ュ^´   __,.。-‐:,7   i
          ヽ〃:,:,:,__;:ニュ‐'"´三三ミl -‐ニ´:,:,:__;:。-'    li
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| (イメージ図)
       ____________________|
                                   |


  AAが見つけられなかったので、常軌経由での爆雷の実際の投下光景
      ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm11315262
  ヘッジホッグは、ケーシングされたビール瓶型の小型爆雷(31lbのTNTを搭載)を
      24個同時に発射できる対潜用の爆雷投射機です。
  上記動画のような爆発が艦を中心に24箇所扇状に爆発すると思って下さい。

┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 旧文明時代には完全に使われなくなっていたヘッジホッグや爆雷のたぐいが復活したのは
┃ 実は最近のことだ。

┃ 生体パーツを含む自己増殖型サイボーグミュータント。
┃ 現代の海の王者となった彼らの多くは、前世紀の海の支配者、潜水艦たちと異なり、遅く、
┃ 柔らかく、深く潜れず、そして衝撃波で倒せなくてもEMP波でノックダウン可能だ。



66 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/19(木) 22:24:55 ID:znRJQBNM0


.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : /
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: <
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. \
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.. ー,
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:    /
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:  ,イ/  _
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::;イ斗 ¨て 、,; `ー、 _
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/(_> ゙⌒\´ `ゝイ ''´ ヽ,,,,,
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/¨ ̄.:.:.:.:.:.:.:: /    ̄`ー,;;;;;゙
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: {
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.. \
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. . \
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. \
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. \
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. \
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:  /
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::   /
>、_________                       ,,,/
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:-―――ナ―――― ゙ ¨  ̄
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::  ;´¨
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::  j

┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 無理に倒す必要はない。
┃ 逃げるだけならこれで十分、そういうことになる。

┃ 人は水中で生きるようにはできていない。無理押しは頭数のいるときにやればいいことだ。
┃ そう、たとえば呉の三胴空母が出張ってくるようなとき、ついでにだ。

┃ かなりの数のU-シャークが気絶して水面に浮かび上がり、残ったサメたちも何かに怯えるように、
┃ 来た方向と逆の方角に逃げ去り始めた。

┃ どうやらこの艦の艦長は運もなかなかのものらしい。



67 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/19(木) 22:25:41 ID:znRJQBNM0


                      |
                  <二|二>
                      |
                ───┼───
                    _|_
            ┌┬┐     `TTT´
            └┼┘       | | |
         ̄ ̄ ̄Υ ̄ ̄ ̄   | | |
           rf三三ュl         |┼|
         rx}  { | ___   ∧l∧
           } l==キ=≠==ネ.∧l: l∧
        _rェェェ:イ l///||//|l∧_l:_l_∧
         | キrr:| |i  ̄ ̄ ̄ |ll}_j__:}_l|
         | |_ll.| |l 匕:l……|l:ニニニl|
       ┌┴ォ==| |l 廴八エエ|l┴┴┴=l|
       ├===…|ノ __rxォ |¨ r=ニニ高/〉ニ/雄}}            、!
     /{ ==fオ ≠r┴…┴|l .示| }_} :::Y_} ::Y_} ヒ__        │
.   ≠==三ォメ厂l| T¨¨T |l  | |__}_}_}_}_{ ̄  __     \|
    |_jj {=l=ll区| | :|   l :|l  | |__r…:l=ィ7==ィ7=iXXl|      ト
    |11_仁二二lェェェェェェェェェェェェェェ  |__|__j__/7__}++イ_    │ヽ
.    Y::::l |  |++|「 ̄| |ニ| … l | r‐┬i  r‐≠┬1:::::::/{n┌r─|─ヘ
    |_ェェェェェ圭圭ェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェvェェェェェェ=1
     i:::::::.廴j  l                    }土{          }
     |:::::::::.  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄  ̄          /
;:;:;:;:;:;;:;:;...;:.;;.:;.;:.:-;:‐;-..:;.;:.;;--‐''-,,.,.;;、 -,,、、.;;-,;-;,_;_;:-;-,、-,,、、.,.;;、 -,,、、.;;-,;-;,;,_;,;-;,_;_;;;
_, ;:_,,,...ー.--ー''''~~_,,-ー'~,. - ' '′'"" ~" "" "''"'''' '"" ''""" "´,,     "´ ''"""
〜  〜                      〜     〜      〜
       〜      〜      〜       〜       〜     〜

┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 気づくと船はゆっくりと進路を変え、U-シャークから離れる方向へと舵を切っていた。
┃ さっきまではヒドイ音を奏でていた旧式ディーゼルの機関音も、戦闘速度から戻し、
┃ ゆっくりと巡航速度へと移行していく・・・・。

┃ ああ、これであとは目的地だ・・・・。
┃ くゆらせていた煙を空に向けてゆっくりと吐き出す。



68 名無しのやる夫だお :2013/09/19(木) 22:26:35 ID:3tg1rrpA0
U-シャークならタメ張れそう…と思ったがここでいう前世紀ってのはトンデモ技術全盛期なんだよな>潜水艦

69 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/19(木) 22:27:08 ID:znRJQBNM0


                      ,イ ̄ ̄ `ヽ
                     l`ヽ≡== ,,_ ヽ
                     `,ト_lγヽ) ll ,,=、x'
                     (_|:::〉ゝ-'ノ.ll.ゝ.ノノ
                     l∧ ̄l",--、ヽ::l_
                  _____∧ノ_ノゝ.◎)Y /___r‐┐
                 _'----/ミミミ`ー--彡ソ´    ̄ `ヽ
                 >'   ノミミ三三彡´ ,r´`ヽ ______/:ヽ
             ,::´/-‐-- '7 ̄ ̄ / ̄ ̄7x    >____ヾ、::::::',
            /:Y l   ____/__./_.  / .ヽ ノヽ  .`Y',::::::,
          /::;イ  l ̄_ -====- __ ̄/ ./ r´  ゝ ̄`)l::::::i
          ,イ::::/ノ >-l-" /_ 二 _/__.  `〈、 i__.ノ´ ̄ 7 X`ソ.,':::::l
        /___./´r(  l,==l- ‐‐- l-- ニ=ヽ l /---./ /、_/ /:::::,'
      r‐y′.ヽ、 ヽ=_l -=〈 ー,≡==-----i!___>  / /、__l /:::::/
      ヽ、,-、/_,-ゝ- 、i彡((`´/\      / /L≡≡'' ハ_‖:::::/
       / \ >  ,-‐`ヽ´,,`Yiヽiヽ---/ /--`ヽ ̄ ̄/- 二!
      .{  /ミ___/ ,,Y, -、ヾ、´ヽl Y丶__l=≡ミ、ヽ ー/〈::::::l彡Y
       l /-ミ/ .// l_ `i===ゞ Y ゝ´    `Yl|l!ヽ_ノ:::::::::::l彡l!
       ヾ-==、 .i  丶 ヽニニンx   \  .__===:::::::::,--ノ彡ノ
            `ー-=ゞ∠ニニ' i\  _\ ̄::::::::::___// 7彡l
                  冫ヽ l .l  `(.○)----´/ / /  l彡ll


┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                   ディープボイジャー
┃ あとは潜水機材を積み込んだ無動力輸送潜水艦と合流し、あるはずの海底監獄へ乗り込む。
┃ そして、前文明の技術で改造された強化人間や戦闘サイボーグたちの遺骸をあさる。
┃ 最高だ。スカベンジャーとして最高級の冒険に違いない。

┃ だが、そんな彼の思いをあざ笑うように艦内から慌ただしい声が聞こえ始める。
┃ 一度は静かになった機関音まで再び大きな音を立て始めた。

┃ くそ、何だ?戦闘は終わったんじゃなかったのか?



70 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/19(木) 22:28:22 ID:znRJQBNM0


    /    ,,-‐′       ___..-------....__       `''-、    ゙ 、
  _/    ../      _,,--‐""´          `゙゙''ー-..__     ゙' 、    ゙\
 r'´  ` .、  ´     _..‐'"        ▲[UN]       `゙'‐..、    `' 、    ヽ、
/   _/ ` .、   ../           ↓_            ゙ー 、   \、   ゝ
  _/    ` .、         __..-ー'''' ̄ ̄ ̄"゙゙'''‐--.._        `\    ゙ 、   ゙ 、
 ,r′    / ` .、    _..-''"              `゙'-、        ゙ 、    ゝ
丿     /     ` .、                     `' 、       ` 、   丶
′    /′     _ ` .、                         \、      丶   ヽ
    /′     /′  ` .、      __......-....,,__          ヘ       ヽ   ヽ
    /      ./       ` .、 ..‐'"     `゙゙‐ 、         ヽ      ヽ   1
   ,'      ./          ` .、           ヾ、       ヘ       '、   ヽ
   │     l′       /    ` .、          ゙、       1      1
   ||      1        |      ` .、 ー 、     ゝ       │      ||
   1      l        {      〔   〕     ||       l|      ||
   |!      1        '、     `ー-‐′     l       │      {
   │     '、       ヘ             /′      ,'       ,'
   '、     '、        ゙ゝ、         _/        ,'       /
    '、     ヽ         `ー..,,_  ___,,..-''′        ノ′      l    丿
    丶      ヽ、            ̄ ̄´           ノ       丿    l
     ヘ       \                       /       丿    /
、     \       ゙' 、_                   _..‐′      ,/    /
丶      ゙ゝ        `'‐..__
  ゝ     \、        `  「・・・・ソナー、艦首方向海面下100mに感。急速に浮上してきます。
   \      ゙' 、_            しかも、デカい・・・、
                          頭を振って下さい。このままだと衝突(コリジョン)コースです。」
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ U-シャークの撃退により、弛緩しかけていた司令室(CIC)に水測員の声が飛んだ。

┃ 逃げてゆくU-シャークの航跡を追っていたソナーが別の何かを捉えたのだ。
┃ 慌てて解析能の高いエコーサウンダーを艦首方面へと向ける。
┃ 帰ってきた音像はU-シャークとは比べ物にならない巨大なものだった。



71 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/19(木) 22:30:00 ID:znRJQBNM0


    || ̄ ̄                  || .||                  ||  ||                  ||
    .||                  || ||                   ||  ||                _」|
                           .                   ||  ||          _..  -=  ̄
   「操舵、回避全速。機関部へも順次増速指示」              ||  ||    _ -= ~~ ̄  _ -=#
                                                 _||  ||_..-=~ ̄   _ -= ~ ̄   .||
     .||                   ||  ||     「艦前方を中心に塩素ガス大量発生を観測。 ~    ||
      ||         ______.」|  #==-‐  ジェット水流音も観測、おそらく超電磁推進です。」
      .#==―      ̄ ̄ ̄ ̄____  _   -==   ~~ ̄      .||  ||                      ||
      #======―     ̄ ̄ ̄ ̄|| || ̄                     ||  ||                      ||
      ||   「超電磁推進?糞、どこの艦だ、そんなのが残ってるなんて聞いたことがないぞ。」
      ||    -―-ミ           || ||                       ||  ||                      ||
      ||  ./::::::::::::::::::ヽ   _      || ||                       ||  ||                      ||
     | ̄ ̄`┴----―r  ̄    |_     .|| ||          「取舵最大まであと5秒。機関全速間に合いません。」
     |   /      、     | `ー=''"{__.ィ                     ||  ||                      ||
     |           、     .| ̄ノ _、、 {/ {、                ||  ||                    _||
     ∨ .i        丶、   |ー< ̄ノ」 r vへ  `ァ -====       # ||_ ..    -=====      ̄ ̄
      .∨ l             |    ̄ ̄ ,〕」こ^l {  | ̄| | |百「|朋| ̄| |[]| ̄| ̄| ̄| 「| ̄||叮| ̄|

 「くそっ、横転ギリギリまで引っ張って構わん。なんとか躱わせ」

┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 弛緩していた。そう、精神が弛緩していた。
┃ その瞬間に現れた相手にも、素早く対応していくスタッフたち。

┃ しかし、旧式化した艦が全力を発揮するにはほんの少しだけ時間が不足していた。



72 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/19(木) 22:31:30 ID:znRJQBNM0


  i ._            ヽ、               :::::::::::...  i
 ,ゝ.i::`‐、           ヽ、     ヽ       :::::::::::::::::. i
‐'__ヽ:::::i ヽ、 、          ヽ、    ヽ      ::::::::::::::::::::.. i
.i:::::::::ヽi   ヽ ヽ           ヽ    ヽ...  ....:::::::::::::::::::::::::..i
ヽ、:::::::::i    ヽ .iヽ           .i..    ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
.  ヽ;::::i    ::i i:::i           .::i:::. .:.. ... :ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::i
.   i::::i    .i i::::i          .::::i:::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::i
   i:i::::!、  _,,i i-‐i         .::::::i:::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
.   ii i:iヽ、,,-,<ヽ::::ヽ、      ::::::::ヾ:::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::i  「前方の艦に生体反応、
   ヽ. ヽ  .ヾi `‐ヽ ヽ、      ::::::ヽ:::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
    ヽ ヽ  ii  ノ ヽ  ::ヽヽ、      :ヽ:::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::i    音波計測による推定形状マッチ、
.      i   -'"    :::ヾヽ:::ヽ、   :::::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::/:::/
     /         :::::::i:i、::::::::ヽ、 .. :::::::::ヽ:::::::::ヽ:::::::::::::::::::::/:::/     超巨大クジラ型、艦種推定グレートシング級」
.    /         :::::::i:/:ヽ:::::::::::.. :::..:::::ヽ:::ヽ:::i::::i::::i::i::::::::::丿/__
.   /           ::::/ ::::::ヽ::::::::::. ::::::::i:::::i::::i:::i::::i::::i::i:::::::/:/;;;;;;;`‐、
    ヽ、..         ::::i  ::::::i:::i::::::::::::::::::i:::i::i::::/::/::::i::i:::://;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
     `i         :::ヽ  :::ノノi::::::::::i::::::i::ノ::i:/:i/:::::::i::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      ヽ--、       ::::ヽ ノ:::::i:::::::::ノヽ:ノノ、::::::::ヽ:::::i:/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
       `、        ::'''"i  人:::ノ ::!ノ:::::::`‐、:::::ヽ:ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
.        ヽ       :::::::ノ  .i:::ヽ'  :::::::::::::::::::::`ヾ'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
.        ヽ      .::::::/  ./::::   :::::::::::::::::::::;;;;-;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::-‐'''''''
           i     .:::::::ヽ  /::::    :::;;;-‐'''"";;;;;;;;;;;;ヽ;;;-''":::::::::::::::::::
         ヽ、__,,, -‐'''""``、:ヽ: ,,,-‐'"::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/::::::::::::::::::::::::::::
                   ヽ:::ヽ:::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;/::::::::::::::::::::::::::::::::;

┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 艦種推定の声に全員の表情が緊張する。

┃ 海の”捕食者”だ。それも空母を必要とする規模の。
┃ そして、U-シャークも奴らの餌の1つにすぎない・・・。

┃ そして、人が襲われた記録はないが、襲われないという保証もない相手だった。



73 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/19(木) 22:33:10 ID:znRJQBNM0


     /     /   __          ヽヽ    ̄ ̄ ̄´    l  /   l| |/´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ| `‐-| | |
    /     /   | /ヽ   __ / 〉' /二/ /二/   l| ∨ l    l|  |_         |    l| | |
   /       /   l'´   >/´ ̄ ̄/ / _          _l| |l  |    | | |l            |    l| | |
  /      /    \ / 丶   / / ヽli、 _   _   /イ | l| |    | | l| | П     Пl|`‐-、l| | |
 /      /       丶    丶_〈´〈 l |  `i[、 ヽl //  l/ l| |     | | l| |_ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ` ‐-、l| | |
/      /          ヽ   / >、\\____//  /  l| |    | | l| |     l       | |l |
      /            \ /   `、────、´   / |、   l|      | | l|l __________ l _____________l| l l
\     /           /      ヽ____ヽ/  |`、  l/  ̄ ̄Y、l|l」      l         | l l
  \ /               /----‐─ ─‐ ∧      ヽ  |l `、 l   _/ l|        l       | l l
   /             /         l ヽヽ      ヽ |l `、〈 ̄´l__ヽ、 |       l        || |
  /               /         」 ´、ヽ \     ヽ|l  `、 〉二_ ´、\、    _______l| l| |
 /             /       /´,─、、 `、 \___ >、 _/l´ / |l  \l|l  / |         | | |l|
/             ヽ ̄ ̄ ̄ ̄/ ///// 〉 `/∧    |l 二、_ l| / |l|    l||/   |         | l||l |
              `、    / / /___// /  / / |l ┌ l|l  ̄  lL_」l|  /イl    l|  _      _  l|  | |
               /`、 _ 〈 〈   ヽ_∨ //l l|、- - |\、  ヽ--`'// |l   l| 冂     冂 _l|  l| |
              ∧  ヽ_ヽヽヽ ___//   l | l  ,-, \`───´/  イ|l|  / ̄  ̄ ̄ ̄  ̄l|   | |
              / `、 /  ̄ `───‐ <  / >─、、 _ \l「 ̄ ̄ ̄ | / l| l /          |   l| |
              /   _∨    \___ / /| / l|l、 \ ヽ───'l   | l              |   | |
           ∧  //       `、   / 〉'  | /  | |   l| |l       l    レ            |   l| |
           / `、 /           `、 |l l   l〉_〈 l|  /| | l     l  /               |    | |
           /   ∨     __     `、ヽ l    ヽ二_∨ /イ | l     l /      __       l|   |
          ∧  //    / _ヽ   `、ヽ\____// 〉'  | ──‐ ´    / | _ |        |    l|
          / `、/    / /、  ヽ     、`────‐< / ヽ l|        / /|    |        |     |

┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 巨大な潜影を前に古ぼけた機関部が唸りを上げる。
┃ ゆっくりとしかし、全力で回転を上げ始めた艦が男たちの指示通り、大きく回避行動へ移り始める。
┃ 旋回のための大傾斜で、艦全体からきしむような音が聞こえ始めた。



74 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/19(木) 22:34:32 ID:znRJQBNM0


 !   .! .|        │ │      .\  .,i'\、     |     │     ,!       .!     |   .|
 !   .! .|            l_,、.!       ,,.\   . \    .!     !      .!       .|     「   |
 !   .! .|       ,i'"゛ .,/│       .!  .\. " .i‐ \  │    |`'''-..,、  .,!       .!    .!゙''-、、.!
. ″  .,! .!      iン‐'″ !       ,!    \ .__   │    .!  . l `''-.、         !     ! ,..、 ゙''-、
`''-..、 | .,!         !  |          !     .i`''-、 .r l     .l、-. `'-..、 l       |     .l, .l,
   `''、.|        │ │       .!     .|  .、゙'-..ノ     .;.`'‐、、 i .,!         |     ;ヽ .`'-、.′
.,,    ヽ           !  |          !     .|  .!           |    `'‐ノ       !     | .ヽ  .i'
.! .ミ'¬ー‐ ヽ,       !  |          !     .|  .!           |      .!       .|    │  .ヽ,.′
" ` !    _..ゝ      !  |          !     .|  .!           |      .!       .|    │   .i ゙'‐
 ̄ ̄ ゙̄´            !  |          !     .|  .!           |      .!       .|    │   .|
 !   .! .|        │ │       .!     .|  .!  ._..-、    .!     │         |    │   .|
 !   .! .|        │  ",,,.. - 、   !     .|  .! /_..-′   .,!      |       .,!     !   .!
 !   .! .|        _..シ‐'"    l    .|     .,!  |           ,!      |       .,!     !   .!
 !   .! .|      /´  . / ,./ ./     .,!     .!  ,!           !     │         |    │   .|
 !   .! .|     ./    ゙_..-" ./      !     .|  .!           |      .!       .|    │   .|
 !   .! .|     /    /  . /       .!     .|  .!           |      .!       .|    │   .|
 !   .! .|    ./  '" _彡'".i          !     .|  .!           |      .!       .|    │   .|
 !   .! .|    ゙'''''"゙´  i  .|          !     .|  .!           |      .!       .|    │   .|
 !   .! .|        │ │       .!     .|  .!           |      .!  ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄―-- ...,,_!
 !   .! .|        │ │       .!     .|  .!           |      .!   l   .'、          `゛
 !   .! .|        │ │       .!     .|  .!           |      .!   .\  ゝ ..,,_. : ''''.''''" -..、
 !   .| .|        │ │       .|     .|  .|           |      .|    .\ .′  .`゙゙'¬-..,,_
,,,二 、.! .|        │ │       .!     .|  .!           |      .!      .\,_ .′  ! ,-  ,-´
   .| | .,!         !  |       :!___┴―ーー-^゙゙゙ ̄´ヾ.     │         | .`゙''ー ..,″ ゙l" .l
  ./ │:!         |  ,!    .,.. ー''"´   _,, .    ,/´ .、L /      !       .|    │.`'''ゝ ..、

┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ いきなりの急傾斜に振り落とされそうになりながら、君は必死で手すりへとしがみついて耐えていた。
┃ 咥えていたタバコが飛んでいき、一つ下のフロアでは固定の甘かった装備や過積載された物資が
┃ ボロボロと海中へ投げ出されているのが見えた。

┃ それでも、かろうじて艦は姿勢をくずすことなく、なんとか海底からの何かを回避しようとしている。



75 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/19(木) 22:39:25 ID:znRJQBNM0


                          | |! || |              , -、//
                       \    ! | || || |             )  `-、,、   //
          / ̄ ~/   __ __   | | || || !               )      `-、,_
.        /   /___./  //  /\ | | || ! l |              ,/          _)
    / ̄ ̄       /  //  /  ヽ  | |! ||             _ ,/         , ''¨ /
.   /__   __ /  //  /    ヽ  |. || | !         (__, --― 、_     /
      /   / / /._M//_M/       ヽ  | || ||      //f      \  /.//
      /   / /   /               l  | || | !        {        }. | /
.     /   / /   /               !  !  | |   //   ゝ     _  .|.J
    /   / /   /               !    !  /.      `'-、,____.ノ.
.   /μM/ /   / _ _ _      ヽ |   |    //,・・¨¨    //
        /μM/ / // // /      ヽJ .       ,;   /   /
           /M//M// /       ,_≧     。
                   / /        ≧
               /M/          〜


┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ しかし・・・。

┃ 船底を巨大なものがくぐり抜けた、と思った直後、そして艦の傾斜が最大になろうとする寸前、
┃ 艦右前方から嫌な音が響いた。擦過音から軽い衝突音。
┃ 振り向くと2本の巨大な円柱のようなものの片方が艦首の外側すぐの場所に突き立っている。

┃ 直後、鋼鉄が引きちぎられるような嫌な音が響き、限界を超えた君の手は、艦の手すりから離れ
┃ 船底を潜るように水中から浮上してきた何か、が開いた巨大な口のような場所へと吸い込まれてゆく。



76 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/19(木) 22:40:06 ID:znRJQBNM0


         , -─‐──‐-、
        /        ゚    \
      / ;  ゜      °  \
      l  U      ;         l⌒ '"⌒ ヽ、    「しまった、
      |          u.    ;   |ー       \
.      ! u. _ノ′ヽ、__   ∪           ,;   \ ,rー、 主計長の言うことを聞いてればよかったお・・・」
       ゝ。((-‐)  (ー-))::。 i'′⌒ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ ヽ
     >(  ヽ'"(__人___)"'__ ,ノ ヽ、____"___,、___ソノ__ノ
    .´ ̄        レ´(__,,
    `ヽ..,,r‐- ..,,   て ̄
   ⊂⊃  o    `ー一” 。
          ⊂ニ⊃


┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ そう思いながら、衝撃で、意識が、落ちた。



77 名無しのやる夫だお :2013/09/19(木) 22:40:42 ID:iWMuqX460
ピノキオ!

78 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/19(木) 22:41:01 ID:znRJQBNM0



                                                                    │\
                      ┌┐                          ┌┐                    ┌┐│  \
┌┐┌┐┌─┐┌─┌┐───││──────────────┌┐└┘──────────││┘    \
│││││  │|┌┘└┬─┐│└─┬──┐┌──┬─┬─┬┬┘└┬┬─┬┬┐┌┬──┬─┘│        \
│││││  │|└┐┌┤│││ │ │──││┌─┤││  │├┐┌┤│  │││││──││  │          \
│││││  │|  │└┤│││ │ │──┤│└─┤│││  ││└┤││  │└┘│──┤│  │┌┐┌┐┌┐\
│││││  │|  └─┴─┘└──┴──┘└──┴─┴┴─┘└─┴┴┴─┴──┴──┴──┘└┘└┘└┘  \
└┘└┘└─┘└──────────────────────────────────────────────

79 名無しのやる夫だお :2013/09/19(木) 22:42:13 ID:My9uO4T20
乙ー

80 名無しのやる夫だお :2013/09/19(木) 22:42:29 ID:87rgUTCA0
ってここで終わりかい!

81 名無しのやる夫だお :2013/09/19(木) 22:42:41 ID:iWMuqX460
乙です

82 名無しのやる夫だお :2013/09/19(木) 22:43:32 ID:9LAFkUkI0
乙乙
いや主計長の言うこと聞いてたら落ちられなくて死んでたんじゃないか?w

83 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/19(木) 22:43:47 ID:znRJQBNM0

          .____________  
          |:::::|  __ |        |
          |:::::| .//‐―ヽ|        |
          |:::::| | |   ||.i.       i
          |:::::| ゝゝ_ノ |_____|
          |:::::|    。  i
          |:::::|____.|
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、      
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::   :::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::

はい、短くてすみませんが、
今日のところは本編はここまでです。

次回は、主人公が目覚めるところから。
正確には目覚める場所の3択から、始まります。

次回もよろしくお願いします。

84 名無しのやる夫だお :2013/09/19(木) 22:44:21 ID:87rgUTCA0
あ、乙でした
それと途中で言っていた爆雷のAAですが探したらありましたぜ?

ttp://aaweapons.fc2web.com/

ここの架空→・糞スレ駆逐艇 のとこです

85 名無しのやる夫だお :2013/09/19(木) 22:44:30 ID:FyvBGPlI0
乙ー

86 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/19(木) 22:44:54 ID:znRJQBNM0

          .____________  
          |:::::|  __ |        |
          |:::::| .//‐―ヽ|        |
          |:::::| | |   ||.i.       i
          |:::::| ゝゝ_ノ |_____|
          |:::::|    。  i
          |:::::|____.|
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、      
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::   :::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::


んで、引き続き、おまけを少し投下しますねー。

87 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/19(木) 22:46:01 ID:znRJQBNM0


                                   ___
                               _,..:::'::´:::::::::::`::::‐..、
                        f'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉
                             ヽ::::::::_;、r;=, ┬-、 :::_/
     r- 、 _                  }7゙´ /~ | |  { 、ヽ
     ヽ_、   \- 、             / i_,..|._‐_,ヘ ト、._|-、l l
   /   __  |:::::::`ト 、_            / ,1_,ィ li::jl`  l::il l_|. l    イリヤとー
   (   _/   |::::::::::|ヽ::::`^ヽ_    / /(.| lヾ=′  、` ' !:l  ト、
   {    _,. ィ:=イ:::::::::::}::::\:::::::\::ー.、__,/_/  |  l.  l ̄! ,.イ .l  l l
    ヽ- '´  ヒ/::::::::::::/:::::::::::::::::::/:\:::::::\`ー -、ヽト ..ニィ´/,} | ハ|
          ` ー< _:::::::::::::::/:::::::::::\::::::\:::::::ヽヾf^<Y^Y'\ノ ノ|       _
                ` ー-'く::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::l. L__,| |ヽ\,厂 ̄l-〜-、¬r' .)
                   ` ‐、:::::::::::::::::::::|::::::::::| リ::::| |   ∨:::::::|:::::::::::入:::ヽ\
                         / ハ::::::::::::::::::::|:::::::::リ:::::|      l::::::::|::::/:::::ノ::::| ヽ !
                        / / .|;:::::::ト、:::::::|、::::::::::::::|      }::::::|'´:::_/_,ノ \ノ
                    〃/ / |.}:::::::|:::::::::|::ヽ:::::::::::L - ‐:セノ:::::/ ̄
                        V{/| }::::::|:::::::::|::::::\;イ:::::::::::::::::::ヽ::;ハ
                        リ::::::::|::::::::|::::::::::::/O:::::::::::::::::O:ト;::|
                           |:::::::::::::::::::|:::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::l:ヽ!
                          /:::::::::::::::::::|:::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::l:::ヽ
                      /i::::::::::::::::::::|:::::::::/::O::::::::::::::::::::::::O:l:::::l
                         /:::|::::::::::::::::::::l::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::l
                    /:::::l::::::::::::::::::::l::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::l
                        /:::::::l::::::::::::::::::::l:::::::;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::l
                   /:::::::::l::::::::::::::::::::!:::::::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::l、

88 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/19(木) 22:46:35 ID:znRJQBNM0


             /´     /   /  i    、         \
            /         ′      \         ヽ
                /    / i  八 :. \
 .            /      /       |     :.   丶 :.   ヽ     :.
         //     ′    i  i| :i     ト、     ∨  :.
          /イ   :/ :   i :| : ハ ハ     ハ ∨i         |!
 .          / |  i   |  i |.:/| :ム孑: ト、    |ー } ハ   |!   i   ハ
           |:  :|: .i|  l :七 ヘ:|   ハ| ヾ\:| ノ' Ⅵ ル i l  . : :ト\
           |:. . :|: 小:ハ.:.孑示云ミ       } 孑示云ミ  l | . :i: |     長門のー
           l :ハ |:.. .:|:ハ:∧《 r':.f:j.:.}        r'.:f:j.:.} 》/ i:| : : ハ:|
           l/ 从:. .:| }ヘ:.:ト う:::ソ          う:::ソノイ / l: : ′}
          {   ハ ハ   从/iハ/iハ    ,    /iハ/iハノイ:.∧ {
                  }ヘト、i:ヾ: :.              /:  /:.ハ
                  ハ ハ{个      ー _ −     个 ハハ/
                   ヽ: :Ⅳ >        < i / メ
                       ヽ:{   ハ >   < ハ ノ ヘ
                      / } Y !         ! Y   \
                    ´      l            l     `
            イ::::l           |__          __|           |:::::ト、
          /i |:::::|           l  >――<  :!           |:::::| i:、
 .         /:∧ 、:::::.、        |´  __   ` |         /::::/ ∧::、

89 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/19(木) 22:47:02 ID:znRJQBNM0

                                           ____
        ,. :-:.' ー ' ¨ :.ゝ.、                     -=ニニニニニニ=-
       ,.:´: : : : : : : : : : : : : ヽ.                   iニニニニニニニニニ=ヽ
       ,.': : : : : : : : : : : ',: : : : : : ヽ、               |ニニニニニニニニニニ7
     ,':.:;':.:.:;'.:.:.;'.:./.:;'.:.:|i:';:.:.:.:.:.:.::`、`ゝ               |ニニニ___ニニニ二i
     ,':.:.i:.:.:.i:.:/i:.:/i:.:ハ:.:l:i:.:.i:.:i:.:.:.';.:.:',             |=‐i二八 \{─ト、r‐=ニ|
     /イハ:!:.:.:l:/ i/ ノノ ノリリハリ:!:i:.:.!:.l              | |笊㍉\{f笊㍉  !:i´
     i/!:.:!:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;;;;;;l:.!:ハ!              | i Vツ   Vツ 「 | |
      ∨|:.:.!          ノ/i/ノ              | ト .__ rー┐  .│ i| |
        ヘ!:|         ノ!/′   ……          |┌'´- .V⌒ヽ¨'Y| i|
         ヾ!>ー-   -- <イリ                     八|ニニニ〉 ├‐' | i| ‘,
        (;;;;;ソ⌒) ̄`´ ̄(⌒ヽ                    / /=ニ二/  :i=ニ| i| ‘,
         ヽ;;=;;/__,,、_/;;`ソ               i ∧ニ二厶_..」 二|ハノ   ′
          〉;;;;;;;;ソ:/A.i:l;;;;;;!′                  VヽハT ´|oニニo|=ニハハ八}
        ノ`;;;;;;;;;;i;!___i;!;;;;;ゝ、                  /ニ|=ニニニ/ニ二|
        (_;;;;;;;;;;;7;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;)                / 二|oニニ|=ニニニ|
         ` ̄ ̄ ̄´` ̄ ̄ ̄´                /=二:|ニニニ└r=ニ__」
                                        /=ニニ|oニニニゝ-'ニ∧
                                   /=ニ二|ニニニニ|ニニ∧
       グソクムシ世界の基礎知識ー            〈ニニニニ7ニニTニニニニ=〉
                                  `ーr=ニ/「 ̄`V二=r‐=彡
                                    「ニ=ー┤   |ー‐=ニl
             ぱふぱふー。                 | :.:.:.:.:.:′  ‘;.:.:.:.:.: l
                                    |:.:.:.:.:.:.{    }:.:.:.:.:.:.|
                                         、:.:.:.:.:.:.}   {:.:.:.:.:.:丿
                                        `¨¨¨´    `¨¨´

90 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/19(木) 22:48:17 ID:znRJQBNM0


       ,. -  ──   --  .
      !                \
 .     i               〉
      |              /
      |__ _ ___,._ __ __    i    えーと、本編プロローグなのに、海底監獄の話はまずいんで
       | i |~´´ | l li l l l``!'
      i l ´| ̄ ` | i il‐r-!、i  |     今回は、舞台の海についてねー。
      // ==== レレ' レ___レ1  i
      // /    ,、____  ̄``|.  l
 .    // /\  /    !   ハ i    まずは深海ってなに?ってところからー。
    // /  /\ゝ.___ノ ,.イi  l i
 .  // /  /^ー{__ ̄_ |___j ! ji i
   // / / ヽ /   i´  ヽl i ハ
 . i/ / /`ー‐/   / |∠__/V  i}

91 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/19(木) 22:49:22 ID:znRJQBNM0


            , " ̄ ̄ 丶、
           /        \
       ノ゙!  / , { / { / } ヽヽハ/^ーァ
     r='  \j |イ/⌒Vヽハ⌒lヽ} j} /´
       ̄\ イ j :|f磷ト  f磷ハ/ノリ/
        7レヘ { ゞ''  _ `‐' {/ベ     現代で深海というと
        く/ /V>  __  イ∧ヽ/
        \{ { l::lVミVl::l / ∨     通常、海面下200m以上の海をいうのが普通。
          Y\ヾ ∀ シ/ r'´
             |   ≧f}≦  |
            `ァー∨=∨‐く  マア、テイギシダイダケド




        __ __
    /..::::::::::::::::::::::::..`ヽ
    ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:',   意外と浅くない?
    |:::::|:::::ト,,ヘ:::::.ll:l:l:::l:::l::l::|
    |:::::|:::::|  -ヽjl从ハノリ:::|   水面から下に200m走1回したらもう深海なの?
    |:::::|:::::| ≡    ≡〈:::.!
    |:::::|:::::とつ 、__,_, ⊂つ
    |:::::|:::::ト  _ __ イ.::|
    |:::::|:::::|Y \/OVヽ |::::|

92 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/19(木) 22:49:59 ID:znRJQBNM0


                __
             , <´::::::::ヽ- ‐- 、
          --=´::::::::::::::::::::::::::::::::: : ヽ
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ    そういうことは出来てから言うべき。
         /:: ,': : /i:::::::::::::::i:::i::::::::::::::ヽ\
 .       /i::: {:: /.  '::::::::{::::ハ_|ゝ::::::::::::::',
        {: : i..,'  ̄ ':::::::i!::,'. ヾ ̄ヽ::::::',::}   だいたい、200mを超えると、
         |',:: ',{====\ {`=====. i::::::::}/
         Ⅵ |;;;;;;|  `  |;;;;;;|  |::: : ,'   海中の生態系が徐々に光を必要としない系列に変化する。
 .            i `¨´     `¨´  i:: : ,'
 .            `i>  __  <|:: /    そういう理由で深海と呼ぶケースが多い。
            l//: :ヽ=/: :\//
             ヘ`゙<ヽ/>彳/
            ヘ. ⊂只⊃ /
              } 〃 ヾ  {  モチロン、テイギニモヨル。


         ..- ―――‐ - .、
      ./: : : : : : : : : : : : : : :\
     /: : : : : : : /: : : : 、: : : : : : \    大体みんなマリアナ海溝を基準に考え過ぎ。
     ': : : : :./: : : :i: : : : : :i: :ヽ: : : : : ヽ
   i: : : : : i: : : : イ: : : : : ト: : : i: : : : : ハ  確かにマリアナ海溝の深さは10,911m。
   |: : :i: : l:  ̄/ |: : : : ハ:iヽー!: : i: : l i
   |: : :l: : l: : /==ォ: : / j/==ォi!: :.': : :ト:ヽ でも、ほとんどの海はそんなに深くない。
   |: : :l: : l: :ハf:t::|ヽ:{   f:t::| l: /: : :.| `
    i: : fヽ: Vi. ヒン    ヒン j/: : :i: |   例えば、地球の海の平均水深は 3,729 m くらい(Wikipedia情報)
    Y^ゝ.i: : :!     ′  /|: : /l/
     \ヾ:.!、    △   _ ィ: :./     実際は地球の表面積の半分くらいは4,000〜6,000mくらいの深さの海になる。
        ヾ:{/У`j ̄iヾ丁ノ l1/
         /   キ⌒} `ヽ
        ./\ヽ  ヾ¨! /∧
       ':::::::::\ヽ ヽ| //:::ハ
       i::::::::l::::::iヾ、jljイ:::::i:::i

93 名無しのやる夫だお :2013/09/19(木) 22:51:06 ID:My9uO4T20
ほうほう

94 名無しのやる夫だお :2013/09/19(木) 22:51:10 ID:3tg1rrpA0
ぶっちゃけ日本の周りのような水深200程度が続く海は珍しいのな

95 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/19(木) 22:51:24 ID:znRJQBNM0


         ,. -───- 、
      r-‐'´          \
      |  |ヽrl l 、  、 ヽ、 ヽ
      |  |   | !ヽヽ ヾヽ l   l      えっ、深いところでも学校3週くらいで海底についちゃうじゃない?
      ト-|---ヾ ヽヾー‐l┼ |  |
      | ≡≡≡  ≡≡≡ |  |     1辺500m四方の学校3週回れば6000mだよね。
     |  |            | |  |
 .    |  {    __     | |.  |     ちょっとした市民マラソンくらいじゃない?そんなもんなの?
     |   |`ー-.,二` ,, -‐'::! |   |
     |  ノ  ∨ヾ厂ヾ=シ::l |ヽ  l
    | /   {::::V7Tレ'::::/ /::::ト/\|    せっかく、スカベンジャー世界なんだし、地殻変動とかで
     |/    〉::::|'ブ::::::/ノ´_:::}
        /ヾ´l/`>ベイ\ー}       ドーンと深くなったりっていうのはないの?
        >'  | `^´ l  ヽ  ノ
       `ヽ,ムL___|!__ヽ Y′
         | ,イ /  `ー┘
         `′ー′


         / :. ィ.;:.:.:.:.:.:.:ヽ    気持ちはわかるがよく考えてほしい。
        イ:.:.:.:/-|/|∧:;、:.:.〈
        リ:.:./ ●    く!:,:.:..、   海は大陸に比べて地殻の厚みも薄い部分が多い。
         l:.:.l    ●/:./ ̄
         vヘ  -   ノ:./     いちばん薄いあたりで海底地殻を7Km掘るとマントルについてしまう。
        _,-+ 匸ヘ/V
        ,《 ヒ⌒j 》、       海の途中が凹むような地殻変動では穴が開いてしまうし
        l::\ l /‖::l
        |:::::::ト,Vイ:::::|       大陸下への潜り込みでは現状と大きく変わらない。
        |:::::::l介l:::::::|
         l::::::|人|:::::::l       普通に考えてマリアナ海溝の数倍は普通に難しいと思う。

96 名無しのやる夫だお :2013/09/19(木) 22:52:04 ID:87rgUTCA0
※それでも富士山がほとんど沈みます

97 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/19(木) 22:52:25 ID:znRJQBNM0


           __ __
       /..::::::::::::::::::::::::..`ヽ
       ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:',
       |:::::|:::::ト,,ヘ:::::.ll:l:l:::l:::l::l::|   無駄に現実感を求めたのね。>>1らしいわ。
       |:::::|:::::|  -ヽjl从ハノリ:::|
       |:::::|:::::| ≡    ≡〈:::.!
       |:::::|:::::とつ 、__,_, ⊂つ   でも、平均がそんな深さなのに、なんで中深層なんて浅いところ?
       |:::::|:::::ト  _ __ イ.::|
       |:::::|:::::|Y \/OVヽ |::::|


         ..- ―――‐ - .、
      ./: : : : : : : : : : : : : : :\
     /: : : : : : : /: : : : 、: : : : : : \   そんなの作者の趣味に決まっている。
     ': : : : :./: : : :i: : : : : :i: :ヽ: : : : : ヽ
   i: : : : : i: : : : イ: : : : : ト: : : i: : : : : ハ  まあ、海底資源量とか掘削限界深度とか、生活資源供給量とか
   |: : :i: : l:  ̄/ |: : : : ハ:iヽー!: : i: : l i
   |: : :l: : l: : /==ォ: : / j/==ォi!: :.': : :ト:ヽ 色々計算したらしいけど、べつにそんなの無くても問題ない。
   |: : :l: : l: :ハf:t::|ヽ:{   f:t::| l: /: : :.| `
    i: : fヽ: Vi. ヒン    ヒン j/: : :i: |   要は生き物がほとんど出ない完全な深海で冒険は出来ない。
    Y^ゝ.i: : :!     ′  /|: : /l/
     \ヾ:.!、    △   _ ィ: :./     マリンアドベンチャーなら怪物が出て、人間がギリギリ活動できる深度が重要。
        ヾ:{/У`j ̄iヾ丁ノ l1/
         /   キ⌒} `ヽ        マリンスノーが見たければニコニコで見るか研究者になるべき。
        ./\ヽ  ヾ¨! /∧
       ':::::::::\ヽ ヽ| //:::ハ

98 名無しのやる夫だお :2013/09/19(木) 22:52:48 ID:iWMuqX460
ほうほう

99 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/19(木) 22:53:43 ID:znRJQBNM0


         _
 .     rヘ7^,   `丶
 .     | r-」 i _゙,l } i ゙,
 ..   | j´ Vヽ{从! |:. !         ヒドい理由ね。
     | .!○  ○ ! |:. l
 .....  |.ハ  r‐、  | j:. ,
 .   | l:.>l_ .」イ | j:. :. ,
 .    | |:.!γ'}}- -j| j ヽ .゚,
 .    | l:.l∧/ゞ=サ|| ハ ,
 ....  {从j :V   {从  } ゚,
 .    | {_ .:{   | :_」  }      ていうか、ギリギリ活動できるって・・・。
 .    | l l`ート.: : :..:ゝl´ ハ ,
 ..   И」: jlj:  :. :..j  | V

            , " ̄ ̄ 丶、
           /        \
       ノ゙!  / , { / { / } ヽヽハ/^ーァ  大事なのはレジャー用品では簡単に到達できないということ。
     r='  \j |イ/⌒Vヽハ⌒lヽ} j} /´
       ̄\ イ j :|f磷ト  f磷ハ/ノリ/     ちなみに、レジャー用のボンベは水深30m〜40mが限界。
        7レヘ { ゞ''  _ `‐' {/ベ
        く/ /V>  __  イ∧ヽ/     気圧の問題以外にもタンク自体に耐圧能力がない。
        \{ { l::lVミVl::l / ∨
          Y\ヾ ∀ シ/ r'´       業務用の3種混合タンクを使っても
             |   ≧f}≦  |
            `ァー∨=∨‐く         水深350mにほんの少しの間居れるだけというのが現状。

100 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/19(木) 22:54:43 ID:znRJQBNM0


         ..- ―――‐ - .、
      ./: : : : : : : : : : : : : : :\
     /: : : : : : : /: : : : 、: : : : : : \
     ': : : : :./: : : :i: : : : : :i: :ヽ: : : : : ヽ     そして、深海もので必ず出てくるのが水圧の問題。
   i: : : : : i: : : : イ: : : : : ト: : : i: : : : : ハ
   |: : :i: : l:  ̄/ |: : : : ハ:iヽー!: : i: : l i    大体深度100mの時点で11気圧・・・
   |: : :l: : l: : /==ォ: : / j/==ォi!: :.': : :ト:ヽ
   |: : :l: : l: :ハf:t::|ヽ:{   f:t::| l: /: : :.| `   この圧力は、航空機のGに換算すると110G相当になる。
    i: : fヽ: Vi. ヒン    ヒン j/: : :i: |
    Y^ゝ.i: : :!     ′  /|: : /l/     それが常時全体にかかる計算。
     \ヾ:.!、    △   _ ィ: :./
        ヾ:{/У`j ̄iヾ丁ノ l1/       ちなみに、さらに10m潜ると1気圧上がる。
         /   キ⌒} `ヽ
        ./\ヽ  ヾ¨! /∧
       ':::::::::\ヽ ヽ| //:::ハ マア、ジッサイニハ、ナイアツモアレバ、アツリョクガユックリアガルノデ
       i::::::::l::::::iヾ、jljイ:::::i:::i セントウGトヒカクスルノハ、タブンテキセツジャナイ

 具体的には水圧の圧力式は水の密度 x メートル換算水深 x 重力加速度G で計算します。
 その上に大気のぶんが含まれる計算なので、重力加速度のGを基準に値を取るとこういう数字になります。

         __ __
     /..::::::::::::::::::::::::..`ヽ
     ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:',   海底400mだとG換算で410Gのちからを受けるわけか・・・。
     |:::::|:::::ト,,ヘ:::::.ll:l:l:::l:::l::l::|
     |:::::|:::::|  -ヽjl从ハノリ:::|
     |:::::|:::::| ≡    ≡〈:::.!   えーっと、空自パイロットが7G旋回10秒継続出来て1人前、
     |:::::|:::::とつ 、__,_, ⊂つ
     |:::::|:::::ト  _ __ イ.::|   ゴルゴ13が12G旋回できてすげーッて感じじゃなかったっけ?
     |:::::|:::::|Y \/OVヽ |::::|

101 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/19(木) 22:56:12 ID:znRJQBNM0


         , " ̄ ̄ 丶、
        /        \
       / , { / { / } ヽヽハ   まあ、現実には一度にかかってくるわけではないし、体内の水分など内圧もあるので、
       j |イ/⌒Vヽハ⌒lヽ} j}
      イ j :|f磷ト  f磷ハ/ノリ   戦闘機ほどのショックにはならないと思う。(が、普通に潰れることはある)
     /レヘ { ゞ''  _ `‐' {/ノ
    (( 〈/ /V>  __  イレ'     それに、潜水艦などなら外部構造で耐えて地上と同じ内圧を維持しているはず。
     \{ { l::lVミVl::l /\
       Y\ヾ ∀ シ/ r ´l    だから、隔壁が決壊とかしていきなり生身で高圧下に突入しない限り大丈夫。
         |   ≧f}≦  |  |
         `ァー∨=∨‐く  |    むしろ問題になってくるのは潜水病。


         ..- ―――‐ - .、
      ./: : : : : : : : : : : : : : :\
     /: : : : : : : /: : : : 、: : : : : : \    潜水病は、水深のあるところから減圧しないで浮上した時に起きる病気。
     ': : : : :./: : : :i: : : : : :i: :ヽ: : : : : ヽ
   i: : : : : i: : : : イ: : : : : ト: : : i: : : : : ハ  水圧で圧縮されていた血中の窒素などが、浮上して圧力が減ったことで
   |: : :i: : l:  ̄/ |: : : : ハ:iヽー!: : i: : l i
   |: : :l: : l: : /==ォ: : / j/==ォi!: :.': : :ト:ヽ 入り込んでいた毛細血管や各種器官を詰まらせたり破壊したりする
   |: : :l: : l: :ハf:t::|ヽ:{   f:t::| l: /: : :.| `
    i: : fヽ: Vi. ヒン    ヒン j/: : :i: |   非常に恐ろしい病気。
    Y^ゝ.i: : :!     ′  /|: : /l/
     \ヾ:.!、    △   _ ィ: :./
        ヾ:{/У`j ̄iヾ丁ノ l1/
         /   キ⌒} `ヽ        軽いものでも関節痛や呼吸障害など、
        ./\ヽ  ヾ¨! /∧
       ':::::::::\ヽ ヽ| //:::ハ       ヒドイと神経や脳に対する障害などもあり得る。
       i::::::::l::::::iヾ、jljイ:::::i:::i

102 名無しのやる夫だお :2013/09/19(木) 22:57:10 ID:87rgUTCA0
アメリカに民間でトライミックスも無い時代に深度70メートル辺りまで潜った連中もいるにはいるがありゃ例外か

103 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/19(木) 22:58:18 ID:znRJQBNM0


     _..::':::¨¨:::ヽ、
   /:::::、:::::::::::::::::ヽ、  特に、恐ろしいのが、自覚症状が出るのが遅いこと。
   イ::rヾ^ヘ::::::|::::::::::{゙
    ヘ 〈::;! |::::ト;::;::r`  西伊豆でスキューバやって、箱根を越えて帰宅する途中に発症とかふつーにある。
 .   |:〉、 ''ルイシ″
  ┌‐1 ブ¨ヘヽ     ちなみに、きちんと対応しないと10mくらいでも潜水病になることがある。
  | (.l二ィ |`′
  └ー' rL...ト,      油断するのはおすすめしない。
      `lTl´
       -'-′


        ,. :-:.' ー ' ¨ :.ゝ.、
       ,.:´: : : : : : : : : : : : : ヽ.     潜水病は他にも減圧症・ベンズなど幾つか呼び方がある。
       ,.': : : : : : : : : : : ',: : : : : : ヽ、
     ,':.:;':.:.:;'.:.:.;'.:./.:;'.:.:|i:';:.:.:.:.:.:.::`、`ゝ
     ,':.:.i:.:.:.i:.:/i:.:/i:.:ハ:.:l:i:.:.i:.:i:.:.:.';.:.:',  潜水病の別称としてシャンパンダイバーという名前もあって、
     /イハ:!:.:.:l:/ i/ ノノ ノリリハリ:!:i:.:.!:.l
     i/!:.:!:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;;;;;;l:.!:ハ!  昔の海洋ホラーなどではネタとしてシャンパンみたいに血をまき散らす
      ∨|:.:.!          ノ/i/ノ
        ヘ!:|         ノ!/′      表現とかで笑わせてくれたりした。
         ヾ!>ー-   -- <イリ
        (ヘ:::::\i=//:::::/)
         {;;\::::::!n/:::::/;/      >>1と同じくらいのオッサンならもしかしたら見たことがあるかもしれない。
          ト、;;\;;ii;;/;;;;イ
        /;;;;ゝ;;;;∨;;;;;;ノ;ゝ、     まあ、同時上映で潜水病の説明はしても実際には出てこない映画とかもあったけど。
         (;;;;;(⌒)∨/(⌒);;;;)
         `´ ̄` ̄ ̄´ ̄´

104 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/19(木) 22:59:13 ID:znRJQBNM0


         ..- ―――‐ - .、
      ./: : : : : : : : : : : : : : :\
     /: : : : : : : /: : : : 、: : : : : : \
     ': : : : :./: : : :i: : : : : :i: :ヽ: : : : : ヽ   ちなみに、さっき言った業務用タンクは単体でも耐圧のためバカ高価く超重い。
   i: : : : : i: : : : イ: : : : : ト: : : i: : : : : ハ
   |: : :i: : l:  ̄/ |: : : : ハ:iヽー!: : i: : l i  そのうえ、潜水病対策のため、複数気体を混合して使うので、メンテも重要。
   |: : :l: : l: : /==ォ: : / j/==ォi!: :.': : :ト:ヽ
   |: : :l: : l: :ハf:t::|ヽ:{   f:t::| l: /: : :.| `  さらに、深深度になると、潜水病対策が深刻なほど必要で、
    i: : fヽ: Vi. ヒン    ヒン j/: : :i: |
    Y^ゝ.i: : :!     ′  /|: : /l/   潜った数分のために、水中に釣った減圧装置に入って地上まで移動し、
     \ヾ:.!、    △   _ ィ: :./
        ヾ:{/У`j ̄iヾ丁ノ l1/     減圧完了まで数時間〜数十時間待つしか無い、なんてこともある。
         /   キ⌒} `ヽ
        ./\ヽ  ヾ¨! /∧
       ':::::::::\ヽ ヽ| //:::ハ       正直、そんな思いをしてまで潜るなんて仕事でも勘弁してほしい。
       i::::::::l::::::iヾ、jljイ:::::i:::i


            ____
 .        -=ニニニニニニ=-
       iニニニニニニニニニ=ヽ
       |ニニニニニニニニニニ7    でも、そういう深度に素潜りで潜っちゃう人もいるんでしょ?
       |ニニニ___ニニニ二i
       |=‐i二八 \{─ト、r‐=ニ|
        | |笊㍉\{f笊㍉  !:i´    ジャック・マイヨールとか聞いたことあるよ?
        | i Vツ   Vツ 「 | |
        | ト .__ rー┐  .│ i| |
        |┌'´- .V⌒ヽ¨'Y| i|
 .      八|ニニニ〉 ├‐' | i| ‘,
       / /=ニ二/  :i=ニ| i| ‘,
 .      i ∧ニ二厶_..」 二|ハノ   ′
       VヽハT ´|oニニo|=ニハハ八}

105 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/19(木) 23:00:16 ID:znRJQBNM0


         ..- ―――‐ - .、
      ./: : : : : : : : : : : : : : :\
     /: : : : : : : /: : : : 、: : : : : : \    突っ込んでおくと、その名前が出てくるのは結構オッサン。
     ': : : : :./: : : :i: : : : : :i: :ヽ: : : : : ヽ
   i: : : : : i: : : : イ: : : : : ト: : : i: : : : : ハ
   |: : :i: : l:  ̄/ |: : : : ハ:iヽー!: : i: : l i
   |: : :l: : l: : /:::::ォ: : /::j/::::::::i!: :.': : :ト:ヽ あと、言ってるのは多分フリーダイブというスポーツの事。
   |: : :l: : l: :ハ::::∩ヽl :::::::∩:::!:./: : :.| `
    i: : fヽ: Vi::::::∪::::::::::::::∪::j/: : :i: |   説明したような状況なのに、完全に自力+足ひれだけで潜って126m、
    Y^ゝ.i: : :!::::::::::::::: ′:::::::/|: : /l/
     \ヾ:.!、    △   _ ィ: :./     生身+機材(ボンベと昇降機材だけあり)状態で214m(共に世界記録)
        ヾ:{/У`j ̄iヾ丁ノ l1/
         /   キ⌒} `ヽ        一直線に潜るにしてもちょっと人間として信じられない。
        ./\ヽ  ヾ¨! /∧
       ':::::::::\ヽ ヽ| //:::ハ
       i::::::::l::::::iヾ、jljイ:::::i:::i       彼らがミュータントでないか深刻に心配するレベル。

106 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/19(木) 23:01:11 ID:znRJQBNM0
               _..-――-- ..._
       .. -―''" ̄::::::: :::: ::::: ::: ::::::: :ヽ..
     / ... ... .:::::..:::::.::::|:: ::: :::: :: ::: ::: ::: :: ``\
    /. .. .. .. :....::....::::.:::.:::|::::::::::::.:::.:::.:.::: :: :: : :: :: :ヽ
   /.. . /. .......:::.::::.:::.:::::::::::|::::::::::.:::::ヽ:::.:::::.::::.:.:: ::: : :::ハ
.  /.〃/.:.:./:.::::.:::::::;::::|::::.:/|::::.:::::::.|  \:::.::::.::::: : :: : ::::|   いずれにせよ、水深400m以上の深海に
.  |/ /.:.:.:.:|::.:.:.:.:.::/:::│:/ |::.::: ::::|   `_::::::::::: : : :: |
.   ,'.: .:::.:.|:.::::::.:::厂 ̄丁` |:::.::::.::|   ̄ \ ̄::|:: : :: ::|  恒常的に存在する建物なんて、
  |.::::::::.|::.::::::::|:  二   \::.:::|   _  \::|::: :: :: |
   |..:.::::::ハ.::::::.:|/γ:::`ト   \| 彳 ̄.`ド ::.:|:: ::::: :|
  |  ∧:::\:::|ヾ〈:: ..::::|       |::.. ...:::| |::::.!:::::::::八 多分、スペースコロニー 並に異世界以外の何物でもない
.   | ./ ヽ|::.::`:  ヽ辷ノ      弋:::::..:ノ..|::::::::.::.:/:「
   ∨   .|::.:::::::|       .      ̄  ,|::.:.:::::/:、|
          |::.::::八         _      /::.:::/
        |ト、::::::::>- ..__         _..〃:/      宇宙と違うのは、鉱物資源と海産物、水だけは 取り放題
.         ‖ \::::   ,r=ァ― T<´ //
            ̄./:::::::丿  Ц:::\         ・・・ただし、水圧に耐えられる作業手段があれば。
           /.... . ...├―─‐┤: :::\
          /:ヽ. . . . . .レ'':⌒`ヽ|: : : : : :>、
            /\::ヽ. . . . レ''⌒`ヽ1: : : : :/::/ヽ
        /:::\\::\. .|. . . . . . ノ: : : :./::/ /::ヽ


          _,. --- 、
     ,. イ; ; ̄; ; ; : : : : : :\
   r‐'´; ; ; ; ; ; ; ; ; : : : : : : : : : :>
  i; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ___: : : : /
   i ; ; _;:-‐ ' ヘ ̄、 、ヽ ̄ Y      そーんな深海を楽しんでもらうのが、このグソクムシってわけねー。
   Y´   |'゙'゙'ヘヽ,ヽ ヽヽ、 , 'i
   |   | |/゙ ヽ,ヽiヽ,ヽiY  |
   |   | | ,ィ=v、  r=k.ゝ i     なーんて、綺麗に終わったところで今日の投稿終わろうかしら。
   i  ; i |ヾ,k__ソ   {.j_」|  |
   |  ;(i i     ,    i  |
   |  ; i |   r ‐z /i  ',    それじゃあまたねー。
   ! i  iハ ',ヽ .,__,.ィ' 〈\  i
.   l |  リA Y=x^Yヘz⊂_ \!
   | i /‐-', | ヽ! ',ヽ: : K__rゝ‐ 、
   | |/: : : : : ヘ }‐-|  ヽ: :Y´; ; ; ; ;|
.  | ,i: : : : : : : ',i: : :|   ヽ: L:-‐ー┤
  iリ i!: : : : : : : :リ: : :レ〜‐:ゝ: i; ; ; ; ;ij
  |! i: : : : : : : : :|: : : : : : : ':,: : :|; ; ; ; ;;|

107 名無しのやる夫だお :2013/09/19(木) 23:01:56 ID:My9uO4T20
おつー

108 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/19(木) 23:03:27 ID:znRJQBNM0

          .____________  
          |:::::|  __ |        |
          |:::::| .//‐―ヽ|        |
          |:::::| | |   ||.i.       i
          |:::::| ゝゝ_ノ |_____|
          |:::::|    。  i
          |:::::|____.|
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、      
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::   :::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::


以上です。


なんか結局1時間で投下終わっちゃった。

作った時間と比べると、ちょっと心がヒリヒリするけど気にしない(小並感

109 名無しのやる夫だお :2013/09/19(木) 23:03:33 ID:oRSlJDSk0
乙ー
イリヤカワイイ

110 名無しのやる夫だお :2013/09/19(木) 23:04:38 ID:87rgUTCA0
乙でした、

111 名無しのやる夫だお :2013/09/19(木) 23:04:55 ID:jidgjbFo0


112 名無しのやる夫だお :2013/09/19(木) 23:05:17 ID:HRbb1XsA0
乙!

113 名無しのやる夫だお :2013/09/19(木) 23:06:03 ID:V8i7Qmso0


114 名無しのやる夫だお :2013/09/19(木) 23:07:31 ID:jidgjbFo0
>生き物がほとんど出ない完全な深海

放棄されたものの生きてる海洋プラントで食用の魚介が養殖されまくって謎の進化&放出
お陰で深海の定義が崩壊したよ!(白目
というアイディアが湧いて出た

115 名無しのやる夫だお :2013/09/19(木) 23:09:01 ID:Ljv9Fk.I0
乙。イリヤが居なかったら寝落ちしていた

116 名無しのやる夫だお :2013/09/19(木) 23:09:09 ID:o5rY2LdU0
乙でした
やる夫が一人称俺だったりハードボイルドだったり雰囲気が違うけどフィルターかけるなら誰だろう

117 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/19(木) 23:10:38 ID:znRJQBNM0

          .____________  
          |:::::|  __ |        |
          |:::::| .//‐―ヽ|        |
          |:::::| | |   ||.i.       i
          |:::::| ゝゝ_ノ |_____|
          |:::::|    。  i
          |:::::|____.|
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、      
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::   :::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::

とりあえず、乙いただけるってうれしいことですね。
見ていただいてありがとうございました。


次回は・・・えーと、出来次第、告知します。

早ければ土日くらいになるかなあ・・・。


次回から安価で進む内容が多くなるので、事前準備多めでないと
初心者には怖いので。


ほか、寝るまでに質問などあれば、回答できる範囲では回答しますね。
なにかあればどうぞ。

118 名無しのやる夫だお :2013/09/19(木) 23:11:07 ID:iWMuqX460
乙乙、なるほど

119 名無しのやる夫だお :2013/09/19(木) 23:11:35 ID:9LAFkUkI0
まだ舞台の中に入っていないから質問はそのあとかなー

120 名無しのやる夫だお :2013/09/19(木) 23:13:06 ID:HRbb1XsA0
乙!

121 名無しのやる夫だお :2013/09/19(木) 23:15:00 ID:9TT5C4cI0
乙〜

>>100
1気圧=10G
ってとこが何となく違和感あるなー、内圧とかはいまいちわからんが
その考えだと地上で生きてるだけで我々は常に(1気圧=)10Gの負荷で生活してることになるのかな?
10mでも20Gとかだと俺つぶれてるよw

122 名無しのやる夫だお :2013/09/19(木) 23:15:12 ID:kt45/4K20
グレート・シングってダライアスの超巨大鯨型戦艦だよな
ダライアス系の戦艦が今後も出てくれるなら俺歓喜

123 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/19(木) 23:16:45 ID:znRJQBNM0
>>114

問題は、餌なんですよねえ。
水圧のお陰で、400度のお湯とかが成立する世界で、かつ、光がないので
食べられるものが極端に少ないんです。
おかげで、落ちてきたものを食べるだけ、みたいなスカベンジャーが非常に多くて。

しかも、そういうスカベンジャーじゃ、水圧の関係で地上まで上がってこれないので
ハントしても金にならないという・・・。

妄想だけはすごく捗るんですけどね。

>>116

ハードボイルド、なんですかねえ。
実際のところ、ひたすらミュータント狩りだけで叩き上げてきたオッサンなんですよ。
まだ比較的若いけど・・・他のスカ主人公が若いのでオッサンにしたんですが。

そういえばキャラシート貼り忘れてましたね。

貼っておきましょう。

124 名無しのやる夫だお :2013/09/19(木) 23:16:54 ID:oRSlJDSk0
Uシャーク倒したらUシャーク砲とか取れるんだろうか…

125 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/19(木) 23:19:10 ID:znRJQBNM0

                      _,,..-―‐-..,,_
                ,,-''"       `ヽ、
              /              l| \
                /            U  .ヽ
                ,'           l        ヽ
             l ____l  ヽ-―‐tイ''"´  ',‐-、
          ,-''"|       `′        `′ .〃 .lヽ .'.,
          | l'´.',  ≡≡/       ヽ≡≡彡 ,'  ヽヽ_
          / |  .'.,    (    .,、   )     /  ./  ヽ、
          / \  ヽ、   ` ̄ ´ `  ̄´   / /  _,,..-'
           {   `''-‐"ヽ-..,,__      __./ ̄ ̄´ .,,..イ ∨
         /.T ‐-..__    _.ヽ ̄ ̄ ̄/,..-――‐'" /  ∨
       r┘ ',.    ̄ ̄  〈 ̄\ ./イ´       / /  ∨
       | ヽ-、',       /      .ヽ      //   ∨
      ./  ヽヽ .',      ロ       `ロ ヽ、 /      .∨
      /   、__ ', _/                \|    L__ ∨

【名前】 ”ネバーダイ” 深海出 やる夫 【年齢】 27歳くらい 【出身】 “皇国” 南領西部天草諸島出身

【身分】 無所属 準2級

【能力】
 筋力 C+ 体力 A 俊敏 B+ 知能 C 運勢 E 注目度 -B (ああ、あの・・・)

 A以上=一流 B=人並み以上 C=人並み D=苦手 E=諦めたら? F=子供並み

【特性】
 主人公: 主人公補正、運が悪いのは気づいているが、まだギリギリスカベンジャーとしての
       成功に夢を持っており、なんとか一旗上げて引退できないかなと思っている。胃痛持ち。
 熟練のカン:あまりにヒドい目にあいすぎ、”マズい”ことに対するカンが異常に鋭い。
         行動時、著しくマズい行動を選択した場合、ペナルティをうけて勝手に安全な行動に切り替える。
 万能地形効果: どんな場所でもありもので武器や道具、トラップをつくる能力が異常に高い。
          同じ場所で1時間準備を行うごとに不意打ち・逃走・隠蔽の判定あるいは解除抵抗値に+1(最大+4)
 おかん体質:面倒くさがって見せるが、他人をカバーしつつ戦うのが得意。足手まといがいる場合全判定に+2

【スキル】
 地形把握LvA:あまりにも襲撃を受けすぎ、高所恐怖症なのにワイヤーで飛び降り出来そうな窓に目星をつけたり、
          無意識に入れそうな下水の入り口を確認したりする癖が付いている。地形に関わる判定時+2
 爆発物LvA: 爆発物のプロ。ガソリンからC4、セムテックスからカラー爆薬までなんでもこなせる凄いやつ。
 逃げ足LvA-: とにかく逃げ足が早い。常識的な範囲でラペリングやクライミング、水泳、潜水の技能として使用できる。
 閉所戦闘LvB+:不意打ち・強襲・フェイントなどを多用した閉所での根性の悪い戦い方が得意。
          非閉所での戦闘時はC-として扱う。潜伏・不意打ちの判定にもB+相当で使用できる。
 機器工作LvB-:各種機器の分解・修理・共食い整備が得意。主な使い道は分解して罠の材料を作る事だったり・・・。
 応急手当LvB-:適切な医療機器があれば負傷の度合いを1段階低減できる。普段は胃薬を自分に使う際使用している。
 短射程武器LvC+:サブマシンガン以下の規模・射程の銃器と、20m以下での弓矢の扱いに長けている。

【装備】
メインアームは H&K MP7A4、サイドアームは H&K P46-J2
 選択理由は弾丸の共通化と、スカベンジャーの主戦場である閉所戦闘での取り回しの良さを狙って。
 これの前は安い、整備しやすい、環境を問わない、入手性が高い、という理由でUZIを愛用していたが、
 結構前にランクが上がった際、ハンティングターゲットが変わるため貫通能力を求めて買い換えた。
 ただ、実際のところMP7を使用する局面になった時点で負けと思っているので、使えればいいという程度。
 P90ではなく、MP7を選んだ理由はUZIと取り回しが近く、慣れるのが早かった、ということらしい。
防具類は想定される敵によって使い分けるが、基本的に靴に足を合わせるタイプ。
どの装備でも唯一共通しているのは、小分けにしたセムテックスを装備のあちこちに忍ばせている、ということ。
 なお、このせいで検問などで爆弾探知犬がいると、異常に吠えかかられるため、犬が苦手。

126 名無しのやる夫だお :2013/09/19(木) 23:20:27 ID:My9uO4T20
水中じゃ銃使えないよな どうすんだろ

127 名無しのやる夫だお :2013/09/19(木) 23:21:57 ID:9LAFkUkI0
>>123
熱水鉱床のエネルギーを利用する有機転換プラントが動いてれば
そこから供給するタンパク質を求めて生物が集まるエリアが成立するかも?

128 名無しのやる夫だお :2013/09/19(木) 23:23:27 ID:PEA3sYRU0

深海は宇宙と同じくらい未知の領域なんだよなあ・・・

129 名無しのやる夫だお :2013/09/19(木) 23:28:08 ID:LQX9AYdE0
27歳はおっさんじゃねえ!!
おっさんじゃねえよ・・・(震え声

130 名無しのやる夫だお :2013/09/19(木) 23:29:29 ID:8EOGOROw0
乙です
フィルターは切嗣が似合いそうだと思った

131 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/19(木) 23:33:26 ID:znRJQBNM0
>>121
Gってのが実際には重力加速度の基本係数なんですよ。
で、それをもとに計算すると、Gの単位に式変形ができて、
表現上はそういうことになっちゃうのです。

でも、説明として威力がわかりやすい数字に逃げちゃった嫌いはありますね。


まあ、実際には内圧(外から押される力に対する内側で潰されまいとする力)という
物がありまして、これはその物質の質量(体積 割る 重さ)に比例します。

誤解を恐れず、非常に平たく言うと、体内の血液やら骨やらがこの1気圧に
耐えられる=10G分の空気を押しのけられる強度を持っているので、1気圧
の圧力がかかっていても潰れない、ということになります。

また、水中に入った場合、水圧で血液や骨、筋肉が回りと同じ質量になるまで
自動的に押しつぶされます。
これにより、海水と血液が同じ質量をもつまでいって釣り合うと、当然同じ内圧を
持つ=釣り合うので潰れない、ということになります。

わかりにくいと思いますが、そんな感じです。


>>122
Oh! Yes。わかってくれて俺歓喜。

想定クエスト内に出てくるのがあるかもしれません。そのルートに入れば。

132 名無しのやる夫だお :2013/09/19(木) 23:33:57 ID:oRSlJDSk0
なんか劣化セガールの戦闘能力にブルース・ウィリスの運を乗っけたようなスペックだな

深海そのものでどうこうするんじゃなくて、隔離された海底都市で色々やるんだろう
都市の外に出る場合はグレートシング他相応の設備が必要…
、とそんな感じだろう

133 名無しのやる夫だお :2013/09/19(木) 23:41:42 ID:87rgUTCA0
>>126
かなり特殊な部類だが水中銃という水中でも発砲できる銃がある
生憎特殊部隊専用に近いのでまず出回ってないやろけど

134 名無しのやる夫だお :2013/09/19(木) 23:44:14 ID:KSei4gH20
乙ー。 会話といいタバコといいロックが思い浮かぶな。フィルターの中の人は誰なんだろうかw

135 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/19(木) 23:44:27 ID:znRJQBNM0
>>126
添加物さえあれば、プラスチック爆弾系は水中でも逝けます。
まあ、爆圧が水圧として自分に帰ってくる問題があるので、万能とはいきませんが。
指向性を持たせて使用すれば、なんとかなると当人は考えたようです。

あと、ハンティングプラン上は、現地到着後、海底監護発見までは護衛部隊が出、
また、到着までの海中装備は雇用元所有の無動力輸送潜水艦側から貸し出される
予定でした。
船底の同類たち、というのにそういう人たちが混じっています。

>>127
問題は熱水鉱床自体の分布範囲です。
局地的なものでよければ成立する可能性はありますが、有機転換可能なプラントが
存在しても、それが食料を供給できる範囲はそれほど広くはならないでしょう。

>>129
私も激しくそう思いたいんですが、
他のスカの主人公、ほとんど10台というか、15とか17当りばっかりなんですよね。
んで、そういう子らと比較すると、27はオッサン、と言わざるを得ないかと。

136 名無しのやる夫だお :2013/09/19(木) 23:45:56 ID:87rgUTCA0
>>135
工廠の虎は確か25やで

137 名無しのやる夫だお :2013/09/19(木) 23:47:27 ID:kt45/4K20
>>131
OK相棒、ダライアス好きとして今後ともこのスレを応援していくことに決めたぜ
さーて秘蔵のクイーンフォッスルイラストは何処に仕舞ったかな……

138 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/19(木) 23:58:10 ID:znRJQBNM0
うーむ、フィルターかあ。
私も色々考えてるのですが、良いキャラが思い浮かばないんですよね。

最初は海上でスタローン+セガール割2くらいで景気よくやるつもりだったんですが、
佐藤御大すきなんであのへんの仮想戦記キャラの鋼鉄っぷりとか斜め向きさ加減が
いろいろはいってきて、舞台が海中に変わって、色々調整していくうちに、だんだん
斜め向きが愚痴っぽさになってきて、ウィリスが入ってきて・・・・。

まあ、スタローンの名残は弓矢が使える当りですかね(そこだけともいう

139 名無しのやる夫だお :2013/09/20(金) 00:17:20 ID:MWbPjk6A0
ブラックラグーンのロックっぽいかなーと思ったがまだ未定なのか。
というか海上でそれは無敵すぎるだろw>スタローン+セガール

140 名無しのやる夫だお :2013/09/20(金) 00:27:20 ID:zuGS6oKo0
異能生存体や金田一、某少年探偵以上の死亡フラグ製造機ともいうかも

141 名無しのやる夫だお :2013/09/20(金) 08:51:33 ID:cyWgJFpQ0
> スタローン+セガール
コレだとフィルターバトーさんとかかねぇ?

142 名無しのやる夫だお :2013/09/20(金) 13:58:55 ID:rj.HDPCQ0
ジョン・マクレーンとか?

143 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/20(金) 14:57:06 ID:y/7qQJqE0
AAを整理してておもったんだが、08小隊のノリス、とかどうだろう。
あれが27というのがどうなのか、というのと、
愚痴とかより貯めこむタイプっぽいのがまだちょっとイメージ違う気もする。

144 名無しのやる夫だお :2013/09/20(金) 15:07:22 ID:1C6ieQfQ0
あれは40近い気がするけど

145 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/20(金) 15:16:54 ID:y/7qQJqE0
あ、ちがうや、
ノリスはジオンの方だからサンダースJrのほうか。

今のところの脳内設定では(うまく書ききれるかは別として)、

バンバン仲間が死ぬような戦場で大火力で活躍、というよりは、

適正か少し下くらいの現場でリスク管理しながら戦うタイプ。
スラム近くに住んでて、下水道の宇宙ゴキ未満のミュータントとかを罠とかで
相手にしつつ、日銭を稼いでランクを上げてきた感じ。
寂しさから近所の子供に食事おごったりして、おっちゃんおっちゃん
言われてるようなタイプ。

偏屈なのと、自分以外の都合とかで足手まといを抱えるはめになりやすく、
戦場ではそいつらが経験不足や無茶して、周りでポツポツ死んでゆく。

そういうのを見すぎて、戦場から足抜けしたい、という自分と
大成功の夢との間で揺れている、みたいな・・・・。

・・・ヒロイン安価取る予定だけど、どんなヒロインになるんだろう・・・。

146 名無しのやる夫だお :2013/09/20(金) 15:19:52 ID:1C6ieQfQ0
あぁ 死神扱いされてた方か だいぶメンタルまいってそうだね

147 名無しのやる夫だお :2013/09/20(金) 15:21:23 ID:YUbaeqwU0
なんという中年の悲哀…

148 名無しのやる夫だお :2013/09/20(金) 15:34:20 ID:i7yieYTs0
結婚しても子どもができても殺されるか、人質に取られそうな悪寒……
ある意味アメリカドラマのお約束ともいうが

149 名無しのやる夫だお :2013/09/20(金) 15:39:01 ID:F.4EPvAU0
CVは大塚明夫か玄田哲章か小山力也か大塚芳忠か…

150 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/20(金) 15:39:15 ID:y/7qQJqE0
そして始まる復讐劇ですね。

最初俺が書きたかったのは、元海兵隊同士が海上でロケットランチャー撃ちあって
かかってこいよベネット、だったはずなのに、なぜこんなキャラに・・・・。

151 名無しのやる夫だお :2013/09/20(金) 15:40:58 ID:1C6ieQfQ0
ぎょ 魚雷を撃ち合う方向ならワンチャン……?

152 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/20(金) 15:42:49 ID:y/7qQJqE0

まあ、でもね、
みんな互助会みたいのが出てくると、見下したり関わりたく無いとか思うけど
現実には大多数はあんなのだし、人間関係できると逃げられないし。

そういうの助けようとするお人好しも居ていいと思うんだ(白目)


・・・まあ、そういうことするから不幸になるんだが。
悲惨な環境でクズの集団の中に精神まともな人間がまじると病むよね、うん

153 名無しのやる夫だお :2013/09/20(金) 15:51:52 ID:lC2KC/5.0
本社でいうカイジ辺りか、まあ原作的にあってるんやけどさ

154 名無しのやる夫だお :2013/09/20(金) 15:56:51 ID:YUbaeqwU0
なるほど実力も経験も度胸もあるカイジかw

155 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/20(金) 16:03:48 ID:y/7qQJqE0
>>153
ああ、それ近いですね。実力も経験も度胸もあるカイジ。

まあ、このやる夫はあんなに頭が回らないので、
現場では早めに布石を打って、無理ならひたすら逃げ撃ち基本なのですが、

156 名無しのやる夫だお :2013/09/20(金) 16:19:15 ID:ySbRSvjA0
A兄さんの教え実行して、実際に何百回と裏切られるタイプか
それも時には人に、時には状況に、時には自分の判断に……

157 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/20(金) 17:16:13 ID:y/7qQJqE0
んがっ、しまった・・・・
廠長のところに大陸がぶっ飛んでる状態の地図があるの忘れてた・・・。
そうか、この世界線大陸あるの?って聞かれたの、そういうことかあ・・・。

九州中心の地図ってことにこだわって、普通の地図使っちゃったのは
失敗だったなあ・・・。

158 名無しのやる夫だお :2013/09/20(金) 17:44:59 ID:AMGAP34E0
>>152
まあ、現実では面倒な人間関係で大変だからこそ
フィクションでは、ってのがあるしね

159 名無しのやる夫だお :2013/09/20(金) 17:45:01 ID:1C6ieQfQ0
その地図で無い部分に×つければおk

160 名無しのやる夫だお :2013/09/20(金) 18:46:00 ID:sT/KjFgk0
ならこっちだと本編で言ってた「相互会の若い女の子達から崇拝される」ルートにワンチャンの可能性が・・・?
アレ聞いてそれはそれで凄く見たかったルートだったから夢みちゃってもいいのかな・・・

161 名無しのやる夫だお :2013/09/20(金) 19:05:12 ID:wCzsDRiU0
立ちはだかる大問題、あかん奴ばかり押し込めたインペルダウン(仮称)にまともな子が残っているのか

162 名無しのやる夫だお :2013/09/20(金) 19:09:24 ID:eKcHyi.20
1000年も世代重ねてればそれなりにまともなのもいるんじゃね?
ヒャッハーがヒャッハーやってられるのは搾取できる相手がいてこそで、
隔離空間で生きていくにはそれなりの秩序が必要だ

ガルガンティアのアレみたいな吉外宗教国家と化してるかも知れないけど

163 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/20(金) 22:22:12 ID:y/7qQJqE0
>>160
問題は、今のところの想定として、未知の遺跡である海底都市にすでに互助会がある、
というのは難しそう、というところですかね。



で。AA関連はまだ詰まってないですが、プロットは大筋固まってきたので、明日の夜には続きを
やれそうな感じかなぁと。これ以上詰めても予定の安価入れるとは出たとこ勝負になるでしょうし。

安価スレって、その場その場でAA引き出してやってるんですよねえ、多分・・・・。
安価して、結果判定して、AA選択しつつかかっこいい描写かあ・・。
リアルタイムでやれる人ってすごいなあ。みんなどうやってるんだろう・・・。


あと、読者の皆様的に、何時位から開始がいいんでしょうかね。
せっかくなら楽しんで欲しいし、遅すぎるのもまずいでしょうし、
他のスレと被らないように時間ずらすとかのほうが、やっぱりやりやすいでしょうか?

164 名無しのやる夫だお :2013/09/20(金) 22:27:11 ID:1jtvGx8.0
別に>>1さんの都合のいい時間でええですよ?
無茶な時間にずらして体調崩されたらそれこそ問題ですおし

165 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 00:46:07 ID:eQPG/7tc0
安価取る時は人の多そうな時間帯を狙ってやるのがいいんだろうけど、
それ以外は>>1の都合のいい時間にやればいいと思いまっせ
どんな時間帯でもそれなりに人のいる板だし、基本的には読者側が>>1に合わせるものだしね

166 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 00:51:32 ID:cppkYJ.s0
朝早くでも参加はするとだけ

167 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 01:06:43 ID:J9Gy0CxY0
前に大手の作者さんがどの時間帯にせよなるべく同じ時間帯に毎回やるようにすると人が集まり易いって言ってたかな

168 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 01:17:38 ID:SQbDsuSQ0
何時やってるか不明より
この時間ならやってるってのはわかり易いからなぁ

169 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/21(土) 14:25:41 ID:VNcbbPm20
いろいろ助言ありがとうございます。
考えてみましたが、今後、基本的に22時開始、日付変わるまで程度を目安に準備してみます。
状況に応じて、終了時間は前後させますが・・・。

あと、投下の曜日などについては、スケジュールに左右されるので、
各話の準備進み次第でお願いします。代わりに、前日に投下予定出します。

こんなかんじでいかがでしょうか。
というわけで、今日も22時前後から始めたいと思います。

170 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 14:42:19 ID:juW0l1RQ0
把握

171 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 15:09:26 ID:ztUsWhGo0
うい

172 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 17:08:45 ID:ERLx.l7g0
このやる夫に似合いそうなヒロイン……
スレた風を気取っているが心の奥底では夢を捨てきれてない安酒場の歌姫(兼業娼婦)とか?
AAのイメージは真っ先にルカが来たけど、スカベ世界だと自動人形なんだよなぁ。

173 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 17:50:26 ID:A7kFW8g20
追いついたー

グレートシングとか……やべえよ……やべえよ……
あいつ公式で深海に居ることが多いんだったな
銀鷹さんとかいないんですかね?いやあれは深海が苦手だったか

174 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 19:26:53 ID:W0.yu3TU0
いつか捕鯨したいよな!捕鯨

あ、シーシェパードさんはあっち行って下さい

175 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 19:34:52 ID:W/oTAhXM0
海ネズミさんのLC級の巨体を誇る鯨?

176 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 20:26:15 ID:jn1I9vBc0
グロウィンとか期待してもいいのだろうか

177 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/21(土) 21:25:36 ID:VNcbbPm20

投下、およそ40分前をお知らせいたします。
あと、今回は安価等が入る予定ですので、安価後は少々投下が遅くなると思いますが
ご協力お願いします。

あと、>>1はドジなので必ずどっかでミスしそうですので、安価先を記入ミスした場合、
選択肢の↓5を基本的な安価先としたいと思います。

以上、よろしくお願い致します。

178 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 21:27:28 ID:stJvhTL.0
はあく

179 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 21:29:41 ID:vvblSjTw0
りょーかい

そういう安価先の予防線があらかじめあると、安価先がまだ出てないのかどうか悩まなくていいから助かるなw

180 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 21:59:19 ID:ZkPHDvCI0
よし間に合った。

181 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 22:01:58 ID:fsrPHODY0
待機

182 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/21(土) 22:07:32 ID:VNcbbPm20
さて、お時間ですね。

この前は映画泥棒をアバターにつかいましたが、面倒なので、今回は省略で。

では、ゆっくり始めまーす。

183 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/21(土) 22:08:23 ID:VNcbbPm20




        .....:::::::::::::::::__                        /::::::::::::::::::::::::::::::::::
           .:.::::::::::::::::: ̄ ̄≧x、             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                        `ヽ         〃V´
          _______                           _______
        /    __      \                   /     __     \
      /     /   \    \ヾ    ::::::.       〃/    /   \    \
    〈      |   〇  |         ::::::::        :::           |  〇   |      〉
             \___/        ::::::::::            ::::::::::       \___/
                  _彡                   ミ_
      三三三三三三三三三                      三三三三三三三三三
                          ....::
                              .....::::



┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 昔のことで覚えていることはそう多くない。

┃ 一番古い記憶は、貧しかった頃に喰っていた、ドロのようなマズいスープと死ぬほど硬いパン。
┃ そして、そんな食事すら、奪い合うように喰っていた、ギョロついた目をした孤児院の仲間たちの姿だ。



184 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 22:09:01 ID:ZkPHDvCI0
ダー ノ

185 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/21(土) 22:10:16 ID:VNcbbPm20


                                                 、Х
                                             〈`
                                               /\
                                              //.:::.:.::〉
                                          〉へ::.:/ヌ/〉
                                            /'个y´ ̄Lム、
                                         |:.'.;| [] . :::.ヒ!
                _                         |;'.:.| . : : : :ロ.::|
                   /:/\                       |.:::;|.: :.: :.:.::.:.::.:|
              ┌个┐| | .:_|___.                   |_.' |.::.:..:.[]::.:.::.:|
              | .:|...:|/:/...:.:|..: : : : : :.:`L..r─┬i            .//| |.: :.: :.:.:.:.:..::|
\             | └┴┬i::::|==========|: : ://__.        rr┴' | |.:.::.[]:.:: : : :|
:::...>、           |[]..::[]. 〈〈::::|::::::[]::::.:.:[]..r、]: :.[_[;;::::.}      ]:]:: : | | :.:: ::..::.::.:::.|. ┌::、     /〉
‐く.:〈     ,、   |. : : : :.: :\:|:::::::::::::::::::::/. : : : : :〉〉       //:: : :| | : :.::.::.:::..::.:|-┘:::L、r‐//┐ ,、
.: ::L└i   _ .||_ | : : : : : :、 〉〉/〉::::::;;:::〈 : : : : :〈〈      rく〈:.;:..::..::.::_|:::/Tl::::;二/ム、|  || _r─
::.: :└i:| //\| ::::ト、__ : : :||_'//、п‖::.:l| : : : : 〉〉      | :.|::|..::./rへ/レYL;/:>┘/ト┘.//::::.`L「|-┘/:::トyィ
工エ::「 /〈. ::〈|-、_/::::::..\r':.|.::[,/T>.:/ロ〃乢.: :: :〈〈       ̄└─匚|__| :| |:L:冂_| :|┐ .::::::ir==| |.:::.「.:[]:}il|{´
: :∠7ヘlコ:::|:.:..|-i_::_r√ソ\>へ:| :|:ln| :]:|:П叮  ̄               。l;_|_|ー|__!」====l|_<>‐┴─|i|l|
: :|ェ| .:::::|:.:.|:::..|::::.|\.::::》: :::L;:.::r| .L/∟ロ⊥!        rュ    ´         '                 ルヘ:


┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ そこにいるほとんどは、戦災孤児やスラムの子たちで、多くは捨て子や遺児だった。
┃ あたりまえだ。あの頃は、大人でものたれ死ぬ人間が少なくなかった。
┃ 貧困、飢え、戦争へと引き立てられる大人たち、汚染された水、ミュータントウィルス、そしてドラッグ。
┃ あの街はあらゆるものに蝕まれていた。



186 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 22:11:34 ID:eQPG/7tc0
Falloutみたいな感じかな

187 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/21(土) 22:12:47 ID:VNcbbPm20


                      /              / ∠/ //        ヽ
                    /   /         /二( ̄  ̄/7ト、   }    }  ハ
                   /   /         // {「斧ミxく// l    j   j }  l
                   /   / /   ./ /  /    `ゞミ少{ハ \  ./   / /  !
                /   / ./    / / ./         `  }}   ヽ/   / /} l  l
                 /   /  /   ./ /  /                  \ / / j  !
               {   i  ./    / /  /                  __,彡イ / j  }
                  ゝ  { /    / /   {                 ,价ミ、 }/ //  ,′
                   \ゝj    ‖ l  乂              {少 )}ノ /  /
                      ゝ{   l j  l     ヽ.       _       ノ`` " / ノ  /
                      い__l l  l  __,ノ       ヽ     /彡ィ   {
                            / ̄ ̄                /__j___ゝ
            >''" ̄ ̄ ̄`ヽ、/㍉     ./\      __ イ         ./}
            / : : : : : : : : : : : ヾY: :.:\  .〈    `ー─ '"           ./ ノ
.           /: : : : : : --――- 、ハ :.: : : }  {:.\                    / _/
          /: : : /: : : : : : : : : : : : }.: :. : .|‐┬ミ、: :ヽ           _/ /
        /: : : /: : : : : : : : : : : : : : ! : : : /  }  ヽ: : :ハ.          /   / ヽ
       /: : /: : : : : : : : : : : : : : : :j : : :/  ./   }:. : : 人       /     .i  j` ┐
.     ./: : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : i : /  /    | : : / : \   /  {     ノ  j  j┐
     /: : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : /:/   /   /.} : : : : /:..:j   .| 、  `ヽ / ノ ノ j
     /: : : {: : : : : : : : : : : : : : : : : //   /   / |: : :: :/: :..:|  ./  `ヽ  }_/ /__/
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ そうしたなかで、ただ、俺達に愛を語るシスターだけが、俺達の狭い世界だった。



188 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/21(土) 22:15:08 ID:VNcbbPm20


    | |  |  .|    .|.  { ヽ       ゙、
.     }. |  |    |.    |  ヽ /.    /
.    从_ハ__ハ_____ト、___ノヽ__/.  ,,ア"
.           {::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ、 /
             }:::::::::::::::::::_:_:::::::::::::: >-―- ..、
          /:::::: ̄::¨::''::::::::::: '":::::::::::::::::::::::::\
      _/::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   ,.. ''":::::::::::::::::::l:::::〃::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙:::::::::::::::::::::;
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j:::::::::::::::::::::::!
 j:::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::l
 l::::::゙;:::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::l
  l::::::{:::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :!:::::::::::::::::::::: l
  V::゙;:::::::::::::/::::::.::::::: ゙,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::l
   V::゙::::::::::: ::::::::.:::::::::`、 :::::::::::::::::::::::::::::::::::i:.::::::::::::::::::::::l
   V::゙、:::::::: j::::::::::.:::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::i:.:::::::::::::::::::: i
    ∨:゙、::::::j::::::::::::::..:::::::::::::\:::::::::::::::::::..::::: i;;.::::::::::::::::::::i
     V::У ::::::::::::::::゙;...:::::::::::::..::::..::::::::::::::::::::...:(:.::::::::::::::::::!
     ゙;::::V:::: \::::::::゙;::.::::::::::::::::::::::::::::._ -‐::::〈:::.::::::::::::::::!
      ∨:.V::::::: `ヽ、::l::::::::::::::::_,,:::::'"::::::::::::::::{:::::.:::::::::: .j!
        `ーV::::::::::::::ヽl::::::::::''":::::::::::::::::::::::::::::}::::::.:::::::::::j!
         V:::::::::::::::::i!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j:::::::::::::::::/⊃
          V::::::::::::::i!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: λ::::::::::::/ ノ
          ゙、:::::::::::::l!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /::::::;;;r彡ノ
          _f弋::::::::: l!::::::::::::::::::::::::::,..::''" ノ〉`t`ーァ┘
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ しかし、その糞不味い食事すら、優しいシスターが協会の離れでやらかす「個人的な努力」に支えられて
┃ いることを知った時、短かった俺の子供時代は終わった。

┃ 早くからそれを知っていた年上の子どもたちは、できるだけ早くから働こうと試みていた、ようだ。
┃ しかし、大人でも死ぬ世界で子供が出来ることなどそう多くはなかった。



189 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 22:15:08 ID:cwSqH7.g0
こんな世界なのに愛を説くか
長くは生きていられないな

190 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 22:15:50 ID:ztUsWhGo0
おぉう……

191 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 22:16:45 ID:Wcq9okT60
孤児院+シスター=

あとは、わかるな?

192 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/21(土) 22:17:12 ID:VNcbbPm20


               - ―‐- 、
           /   ミ彡      丶
              /    }'    \ ヽ
          /           ヽ ,
.          '  /              ',
          '  l ,   j   | l、      ,
         , | | l  ./ l | |l ヽヾ |  ', ',
.         , j :l l__,厶斗‐| ||ー予ォ_ | l|
          , ! l l r云弐/ :}',!云弐:} :| l|
        , l| | l |     |     ./ / .i!_
       厶ハ、_!__j__|丶  _`__  ,イ,ハ__人.`ヽ
      /:.:.::.:.:.:.:.::.: \ヾ> ニ´ イ / .:.: .:.:.:. : .:.,
      ,:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.ヾ/Y⌒Y ヽソ:.:.::.:.:.:.:.:. : .:.:!
      l!:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:./.     i:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:/
     ∧:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.i  |  |  i |:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:/
      ',:.:.:.:.:.::!.:.:.:.:.:.:.:.:|  |  |  i |.:.:.:.:.: .i!.:.:.:'
.        ',.:.:.:.:..,:..:.:.:.:.:.:.:|  |  |  i |.:.:.:.:.:..i!.:.:.'
        ハ.:.:.:..i!.:.:.:.:.:.:.:|_j_j_j_j.:.:.:.:.:.j.:.:.,
         ',.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:,
         ,.:.:.:.:.ゝ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._ノ.:.:./

┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 結果として、一人、またひとりと減っていく年長の子どもたちの姿は、シスターをひどく悲しませたが、
┃ 皮肉なことに、そのことにより孤児院が経済的な破綻に向かう事だけはなんとか避けられた。

┃ そして、利用者のなくなったベッドには、すぐに次の子どもたちがやってくるのだった。



193 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 22:17:17 ID:rWYgpUCk0
ヘビーな話が続くな・・・

194 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 22:19:21 ID:cwSqH7.g0
子供たちにも意地があるのはすごいな

195 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/21(土) 22:20:09 ID:VNcbbPm20


   _r‐ュ,_____________________rュ_
  |、____________j     i i i゚i i i i i i i i  `i-'´ )
  ├──┐  ,. -、         r‐ュ   l l l l l l l l l l l   .i/´
  |    l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〔o_三〕 'i, ̄〔三_〕~`'==' ̄ ̄ ̄_ヽ、
  └──‐|───--- 、____o__'i,_  |,i  i        `ヽ、i ヽ
         ̄ ̄ ̄ ̄`i, ,'´ ̄ ̄ ̄i  ノヽ j入j ......_..........  /,.-''´
               i l    _ノ ノ  i○  l;:;(/);:;:;:;:;ヽ l
                〉ヽ__`ー´ _,,.ノ _ '-、 i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i 'i,
                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´ `i, 'i, i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i 'i,
                           'i, 'i, i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i 'i,
                           'i, 'i, i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i 'i,
                           'i, 'i, i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i 'i,
                            'i, 'i, i;:;:;:;:;:_;:;:;:;:;:;:;:i i
                            'i, 'i, i;:;:;(ヽ);:;:;:;:;:i |
                            _L_|二二二二二ノ
                             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `´
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 数年が経ち、ついに俺が努力する番になった時、そのまま消えていく子供の1人に成らなかったのは
┃ 俺が必要以上に臆病だったこと、そして、たまたま見つけた死体から剥ぎとった銃と弾があったこと。
┃ たったそれだけの理由だった。



196 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/21(土) 22:19:17 ID:VNcbbPm20


   _r‐ュ,_____________________rュ_
  |、____________j     i i i゚i i i i i i i i  `i-'´ )
  ├──┐  ,. -、         r‐ュ   l l l l l l l l l l l   .i/´
  |    l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〔o_三〕 'i, ̄〔三_〕~`'==' ̄ ̄ ̄_ヽ、
  └──‐|───--- 、____o__'i,_  |,i  i        `ヽ、i ヽ
         ̄ ̄ ̄ ̄`i, ,'´ ̄ ̄ ̄i  ノヽ j入j ......_..........  /,.-''´
               i l    _ノ ノ  i○  l;:;(/);:;:;:;:;ヽ l
                〉ヽ__`ー´ _,,.ノ _ '-、 i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i 'i,
                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´ `i, 'i, i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i 'i,
                           'i, 'i, i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i 'i,
                           'i, 'i, i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i 'i,
                           'i, 'i, i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i 'i,
                            'i, 'i, i;:;:;:;:;:_;:;:;:;:;:;:;:i i
                            'i, 'i, i;:;:;(ヽ);:;:;:;:;:i |
                            _L_|二二二二二ノ
                             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `´
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 数年が経ち、ついに俺が努力する番になった時、そのまま消えていく子供の1人に成らなかったのは
┃ 俺が必要以上に臆病だったこと、そして、たまたま見つけた死体から剥ぎとった銃と弾があったこと。
┃ たったそれだけの理由だった。



197 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/21(土) 22:22:20 ID:VNcbbPm20



                              /     /
                                /     /
                    _      `アヽ__/        ,/
                   ///`ー−==≠////≧       ,/
                    ___才//‐=‐//////////////≧ _ _イ
____________{/厂¨¨///////////////////了____
                //// ̄ ̄ {}//////イ////////}:
                ,イ///  .......__{}///,/`ヽ}//////ノ
                .ゝイ__ノ /    ¨イ   ノト=≠彡'
                  `ー‐      八_ヽ_/__
                               /   アーi
                        /    / / ̄ ̄ ̄ ̄¨/i
                         /    /  ,イ≠======i}:./
                         /   / /¨辷つ‐‐――‐=/
                   /__/` ̄ヽ/
                    {(●)   ̄}}/ / ̄ ̄ヽ
                    ー―――    \\  \
                                  \\  \
                                 { ̄ ̄ ̄}
                                      ̄ ̄
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 銃の使い方は、シスターの客に教わった。
┃ 教えてくれた軍人さんも、数カ月後には「教会」に「来なく」なった。
┃ 別の客から、彼は南へ向かったのだと聞いた。
┃ 多分、死んだのだろう、その後、彼に出会うことはもうなかった。



198 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 22:22:53 ID:ztUsWhGo0
バタバタと死んでいくな

199 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/21(土) 22:25:31 ID:VNcbbPm20


                          ,. -─‐-、
                            /    ミミヽ  ,.ヘ
                        ,'  ,,,,,,ィイ⌒i!. /:::/
                  ,.─‐- 、  ,l乍''゙-、,,_  リ/:::/
                /.:.:.:::::::::::::::::y.::i 1 `ー' / 彡ミヽ
                 |.:.:::::::::::::::::::::::::::`ー─ y  ,r 、ノ  ry彡`ヽ
                 |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 __ノ_/く  l 彡ヘ ,!
                 |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l  K   ノ
                 |::::::::::::::::::::::::::, . --───‐┴<:::.ヽイ
                !:::::::::::::::,.'"´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :``ヽ、
                    ',::::::::/: :`ヽ: :/: : : : : : : : : ,ィ彡 ニ二二三ヽ\
 ,. -- 、            `y'´: : : : : :.y′: : : : : : ,イ彡::r''"´    ̄ ̄`ヽ!
/」_ _」            / .l: : : : :`ミy′: : : : :/.:://        `ヽ  `、
〔」゙''' ''l〕  ,. ‐‐、   , .‐‐/  |: : : : :, イr'´: : : /.::::::リ            !   ',
..」ゝ‐/::.`ー-、 "T   l.r‐‐ゝ_>'"´ /: : : :/.:.:::::::::ノ           ,′  i
::〈瓜ノ:::::::::::::::',_/   ._l」__ノ   ノ ´ ̄l: : :/¨¨¨ ´/  .         ノ    l
::::::::::::::::::::::, -┤:::::Y.:.:::::.`ー'.フ    |.:/    /        ,  ィ- ─‐ -   ',
二9)::::::::::::レ'´1.:.:::::l.:.::::::::/      |/   /        /  ̄\:::::::::.:.:.:.
」_〕ノ::::::::::::::::::::1.::::/.:.:::::/      ヽ   /    . :. :.:  /.:::::l    \:::::.:.:.
::::::::::::::::::::::.::/''" ゝ‐ /        ',  /  ィニニヽ..:.:::/ヽ:::::::ノ      \:::.
7"´7 ""´く    l /        /⌒ヽ    ,. イ   l:::::/        \

┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 生きるための手段を身につけたあと、俺はできることをなんでもやった。
┃ スカベンジャーになったのもその頃のことだ。
┃ 最初のうちは、街の中で出来ることで生きていた。
┃ 面倒なことも多かったが、シスターの教えが心を救ってくれることは多かった。

┃ 少なくとも夢は持てたのだ。
┃ 自分を守ること、家族を守れること、金を儲けること、みんなを幸せにすること、



200 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 22:26:11 ID:ZkPHDvCI0
>>186
開示された情報だとアメリカはリアルフォールアウトの模様

201 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 22:27:12 ID:W0.yu3TU0
このスカは一番鬱度高そう…

202 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/21(土) 22:27:37 ID:VNcbbPm20


                                            __
                                            /\   \
                      _                    く #:.  \:___〉
                    /:.∧                    \_∠_/
                  〈_/ .:〉  。
                      \_/
            《〉                    /\
              。                | ̄\〉
           \〉 釗 :. ‖                   L_/
           ̄\|  、从_/  ゚
             ‖:.⌒  .:⌒)、/  o
            |! .:|!     .:⌒)‖       rく ̄〉              __
         ∧ l!l .:‖从    : 从_      L/             /: : :.,/ ̄\
         〈  i!l| .:,|l⌒:.、_从   ::⌒)、                    / ̄ ̄\  .:: :〉
       ..:┴: l!l|  .:⌒≫―(⌒:.   ,;:从                  くミ:;   ::: :.,>./
  `´゙゙´゙゙゙゙''` ゙''  `´゙゙´゙゙゙゙''` ゙'' `´゙゙´゙゙゙゙''`  `´゙゙´゙゙゙゙''` ゙'' `´゙゙´゙゙゙゙''`  \__∠/'
                    。
                               《〉

┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 金が出来ると互助会の手を借り、爆発物を使えるようになった。
┃ 最初は恐る恐る使っていたC4が、銃よりもうまく使えるようになったころ、
┃ 俺は町の外のミュータントを、人間と同じくらいうまく殺せるようになっていた。



203 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 22:29:30 ID:cwSqH7.g0
そのうち、リアルボンバーマンを人相手にしそうなんだが

204 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/21(土) 22:29:41 ID:VNcbbPm20


                 , -―- 、
                /: : : : : : : :\
                   /: : : : : : : : : : : : :、
               {: : : : : : : : : : : : : : \
                  ',: \: : : : : : : : : : : : :.\
                Vヘ.)>、: : : : : : : : : : : : \
               ノ⌒^/  ヽ:ヽ: : : : : : : : : : :ヽ
              /´: :_: :{    ',: ',: : : :\: : : :.ヽ:ヽ
                j: : : : :_j    }: :',',: : : : ヽ: : : :}: |
              {: : :ト( 」    ハ_」レ-―'⌒ ーr'
                乂ゝ- /    /____ , -┐  {⌒!
             /`厂 ̄`   /:::::::::::::oo}} ⌒) └イ
             L{___/__,,.. -‐'  ̄      |
            /⌒\  /::::::/::::::o/ ヽ             〉
      /⌒ !  .l \:::::::::::o/{ {            }
      / ⌒ | ⌒ |  } ヽ::/   ヽ ヽ             /
      |   :|   | ノ /{      \\       /
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 教会が燃えたのは、新人がミスって下水での狩りが長引いた、そのちょうど日の事だ。
┃ 久しぶりに顔を見ようと、仕送りを持って教会へと辿り着いた俺に見えたのは
┃ なんとかにげきれた数人の子どもと、シスターと「働いて」いた元孤児の幼なじみ、
┃ そして、ひどく燃え尽きた教会の痕跡だけだった。



205 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 22:30:04 ID:ztUsWhGo0
あかん

206 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 22:30:47 ID:cwSqH7.g0
やっぱりか
なんとも切ない

207 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 22:30:54 ID:rWYgpUCk0
救われねえな・・・

208 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/21(土) 22:31:35 ID:VNcbbPm20


        ,ィ    ,,      .    .  ..     .        .,ィ.,,:r '" ..:. :         .,.ィ  ,,.r
        l. | ,.r:ヤ      :.   ...: .. .::::::::::    :...   ,.r'.r": :: ..... . ::.          / ,ク''"             ,:ァ
        .l ク".       .::::: :: :::::  .::::::::::;;;:::.:. .,rヤ.:j.l. / ..::. .::::::::.        / f ,、             //  _,..r
      /, |. /..、     :..  .:.    : .::::::::::;;;r'':ヾ;; -"::,,./=,〈 :  .::rヽ.;t. :    /r ./,=, ヽ.           //,,.rヤ
   .//j !''7ハ ゙i  . ::: :.. ,ィ :./ ::::::;;;r;;;;;;;ヾミ::、: ,:グl!./゙l.l:: . ::::{;/ .:::: ,;;;,,. ."./!j./ハ..}.        ,/r''"./7
  ム " /!.l /  j ,l ,:  ::::::: |レ'".: ;:::::j;;;(. * );;r゙.// .j./ !!::.::.. ::  ..,;;;;;r 、;;. / ! ./ !j'      ,rヤj l ./..─、
    ./  |.'/  .f./ :.  .:::. ,.イ!. j ::: :;:::::t;;;;;;;;;;:-'":: . tLノ.! . /.    .,;;;;f. ヽ. ,,ゝl.!.,ノ/  .ク .   .   ,rヤ  j .=''/~`l l
   .,f   ,.イ  // . .:::::.,rヤ..i ク,ハ. :.:;;:::: ''" ::::: ,.: ..::::::.~ :.. ./..:  . .;;;;f ヽ.,r";| ー' l   /.  . ..  -' . ,rイ l.//  i j'
   i.L_,/ ! .// :.:::::::: ゙"::,rイ./.:.||. :::: ::::::;, .:: ;: :::.::..:: .::::::. .::. .:::. .;;(_ ヽ,r";;;;;;|.   :  / :.  :.   .,r/ ! ./ .   j !
   ー"    /: .::::::: :::..:.,f. l./.:::.j ::::::::::::::::;. . ;:::::.::::::::::::::: :: .. :::.:;f. ヽ/;;;;;;;;;;;t.:  :.  ;.、:、 ..::   /f  .j |    //
         : :::.:::::. :::::(_/.゙::: / :::::::::::.:::;; . ;:::::::::::...::::::::.:::.: .:  :::f..ヽf;;;;;;;;;;;;;;;;i.::__:.: ..r 、.   .:.  l |_./゙''   .ク
        :. ::::::::.::::. :: : .: ./. .. .:::.:::::::;:.. ;;.:.;..:: : ::::::::::::::::::.. . ::. ::ヽ';;;;;;;;;;;;;;;;/;;;:`Y''::  .:::.. ::: .t./    /
        :  ::: :.    :: " :::::::::. :.:.: ::;.:.;.:: : . : ::::::...:::::.::::::.  .::.ヾ;;;;;;;/;;;,,;;:::::/`:. :: : : :   .:.    /
         :::  ::     ::. :   .::::::  :   ;::.:::.: :.: ::. :::. :.: : :.::: ...   .ヾ;;;;;;;;;;::::::.ヘ.:: .:: : ::::..  .:::.:
          :  :..     .:.:. .   :  ::. .;; : ..: .. :: :::: ::..    :::..:::: :. .. .::`ー‐"''":::..    .: .::: ..::
          :. .:.:::.    ::::.:        :.    ;,.;.  ::     :.    ::::.. .: .:: : .  .: ::     .::: ::::::
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 俺がシスターに送っていた金が目当てだったのだと、その幼なじみから聞いた。
┃ そして、シスターが・・・まだ40前だってのに、俺達のために枯れ木のようになってしまったシスターが、
┃ 子どもたちを守ろうと目の前で枯れ木のように燃やされたことも。



209 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 22:31:40 ID:ZkPHDvCI0
まさか伝説の秘儀、グレポケット入れを……

210 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 22:32:31 ID:vvblSjTw0
うわ―……

211 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 22:32:49 ID:ztUsWhGo0
襲ったのは同業者か……?

212 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 22:33:30 ID:JCQE8luQ0
これはひどい

213 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 22:33:40 ID:eQPG/7tc0
ネックレス?

214 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/21(土) 22:33:50 ID:VNcbbPm20


              |\,      ,/|          _           /
              |   \, ,/  |  _      ,.-'_ ゙゙ー-...,,,,,      |''‐-,,
              |     | / ̄  ̄ ;=));フi /,,='‐;;;;''-、,  /|    |   ''‐-,,
                   \,    レ'   ,,-'゙゙ ,)'/ レ, l;;゙゙;;;;;''''/;;ヽ. /. |     |
                      '-/   ,ノ;;;/ / ,,,..'.ゞ-'`,;;;;;;;,-‐,/_/  .|     |
   ,,....- ''^ヽ           l―--,-'_ム,,,,,--';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;< ―--....,, , |     ''‐-,,
  ̄     \          |   '-:::::;;;;;;;;;;  ;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;"`l   /|        ''‐-,
 \       \        |        ̄`y;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ__ / | ,,-''^'‐,,
   \   ,,....-― ゙|.      . |        /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.‐ュ,,;;;;;;;;;;;;;`-'--,i';_.,  \
 .   | ̄      |       ゙ー --.....,,,,,,__,.,!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/--.,,,,"‐―,--―'-,,_彡   >
 .   |        |.              r';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/"""‐-..,,,| <        /|
 \ .|        |             /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:'i      /l | .\      /  |
  .\|_,,,.....-― ゙            / ̄ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;'i   /  | |   \   /.   |
                  ,, -'^''--,,,, /;;;;;;;;;;;;;/"l ̄ ̄|' /  . | |    ヽ/    ノ
           ,, - ''      /;;;;;;;;;;;;/ ̄''' |;;;;;;;;;;|      |  \   |   /
         , -''       /;;;;;;:;;;_-""    |;;;;;;;;;;|7!   /    \   |  /
         |'''ー- ,,,,    l;;;;;;;:r""       ヽ;;;;;;;'i, .|. /      \.,|/
         |      '''ー|;;;;;;;|'''‐‐-- ....,,,,    入;;;;;;'i,|/
         |   .     ,|;;;;;;;|        ''''‐- ' ヽ;;;;;;'i,
 ..        |       ,l;;;;;;l'.          |   ヽ;;;;ヽ
         '-,,      r';;;<||           |   / ヽlllヽ       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
           ''ー-...,,/;;;; ||           | /   ヽlll)      |    二    |  /
               /^'l'-'. '-.......,,,,,v-‐‐ー--!ム,,,,,,, ,             |          | /
               l;;;ノ      /         /|
 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ 復讐は虚しかった。
 ┃ 襲ったのは、ずっと以前に助けた互助会の男だった。
 ┃ その男は、目指したものと現実の貧しさのギャップに耐えられず、ドラッグに溺れ、
 ┃ それを買う金欲しさに、俺が教えた武器、俺が教えた方法で、
 ┃ 俺の最後の柔らかい部分をふっ飛ばしたのだ。
 ┃
 ┗

215 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 22:35:09 ID:cwSqH7.g0
生活保護やフードクーポンなど有りえない荒廃世界で、小金を持った篤志家
こうなるのはしょうがないかもしれんが…
救われん

216 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 22:35:43 ID:omcKz0820
これは27で枯れ果てても仕方ないわー

217 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/21(土) 22:37:20 ID:VNcbbPm20







         |圭圭圭≧圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭≦圭圭圭≧圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭≦圭圭圭圭l
         l圭圭圭圭圭≧圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭≦圭圭圭圭圭圭≧圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭≦圭圭圭圭圭l
         |圭圭圭圭圭圭ミ: : : : :ヽ ゞ='' /: : : : : /圭圭圭圭圭圭圭圭ミ: : : : :ヽ ゞ='' /: : : : : /圭圭圭圭圭圭リ
          l圭圭圭圭圭圭圭≧xュ: : :`: :´: : : :x≦圭圭圭圭圭圭圭圭圭≧xュ: : :`: :´: : : :x≦圭圭圭圭圭圭汐
         l圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭沙'
           l圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭沙'





 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ それからしばらくのことは、よく覚えていない。
 ┃
 ┃ なけなしの金を全部渡し幼なじみたちを本領へと送ったこと、
 ┃ 報復のせいで互助会員と揉め、嵌められた挙句に連中の頭をぶっ飛ばして互助会を抜けたこと、
 ┃ 死ぬためにミュータントを狩り続け、結局、臆病さ故に死ねなかったこと、
 ┃ 覚えているのはそれくらいだ。
 ┃
 ┗

218 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/21(土) 22:39:12 ID:VNcbbPm20


                    __
             r'´, ‐- 、__`,ゝ、
               l 〈_ ,.二ニ'"、__ヽ
 .              lr,コ|:  ‐-,  、-`|
             ,||l_||;.ィ、 {.___,ハ__|
         _./ |`ァ|:: |.ドニニニニ,.||
 .    , ぐ´ ̄_│ :|/ハ::ヾニニニニンノ
    /   Y'゙´  |   | ゙  ` ー--=イ\
 .  /゙ヽ、│    |  ヽ   :::::::/| | \\                            ____
   /゙ヽ、  |    |  ,.へ、.__./ ヘ、|  \〉、                        /      \
 . 〈. n∩nl,、   l_/  oヽ;:::/__  ヽ!   / }、             n  _.,、_      /─    ─  \
 . /゙ソ| || ||‖|          V        / / l         ノ ,h_| | |.|     / (●)  (●)   \
 /,rヘl    ´/        ノ      / ,.r',ニヽ、      r'〜 j |////     |    (__人__)      |
 !{  `  イ           〈 o   /7'ー‐/ / / ,二マ.     /` ーァ─ '´     \   ⊂ ヽ∩     <
 ヽ.    /           ノ  ,〈〈__o/\'./ /  ,.ゝ-‐''"    /           |  |  '、_ \ /  )
   `ーァ ´         ノ  〈 `ニ7   `'ヘ. /       /            |  |__\  “  /
                                                \ ___\_/

 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ それでも、仕事は続けていた。
 ┃ 幼なじみたちへの仕送りのためにも金は必要だったし、何より、互助会にもまともな人は居た。
 ┃ 危ない仕事も多かったが、あの団体でこなせる仕事なら外注する意味は無いのだ。
 ┃ 当然のこととして、淡々とこなし続けた。死神と呼ばれるようになったのも、この頃だ。
 ┃
 ┃ そして、ついにランクが準2級に上がってしばらくしたころ、あの男に出会ったのだ。
 ┃
 ┗

219 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 22:39:39 ID:ztUsWhGo0
準2か かなりのベテランだな

220 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/21(土) 22:41:17 ID:VNcbbPm20


                   _,..。zzzzzzz;;.、
              ,..ィ/匆匆匆三ミミミミヽ、
             /洲≠≠≠ァ三ミミミミミミヽ
           /'''"     牟ミ/`ヽミミヽi∧
          ,'  ,.z=≠¨’  ゙'ゞ ノミ!Y、ヽヾ'.
          { f㌢         ゙) /ミミヾヾ!
         ヽ          トイ州州ミl}
 .           /    ,.-、     | . |州州ミ!    _,xf斥芋ミミ
          /  _,   ,フi }.     | |ヾミミツ7ュ、_x斥芋ミメ洲lミミ
           'ーァ'_,.ィン′    ,.ィ l_¥,z≦ヒンミミミミミ芹芋ミ
            `ヾt′    //,z≦圭圭}{ミミミミミミミミ爻爻ミ
              ヽ  ,.ィ佳圭圭圭l㌣价ミ洲洲ミミミ爻爻爻
                 ゙ー'7圭圭圭ミ㌣ィミl)ノ≠シ,i.イ圭≧三ニ≠
       //⌒)!      ,.ィミ圭圭≫"i。(゙YfへY!イ圭圭圭圭圭≧
       {:{     _,.ィ7/=圭///rヘノL三i.イlミ圭圭圭圭圭圭圭
        ヾミ=-''ミ/イ}リl/_圭//lノ八ドl/圭圭圭圭圭圭圭圭圭
     /(  //圭/YY)/__/ソ/))ツi}l/圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
    ((  ノ//圭/川/__/圭//()゙//圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ 胡散臭い男だった。
 ┃ 民間企業の代理人だと名乗ったその男は、古い衛星の中にあったある情報のために、腕の立つ
 ┃ スカベンジャーを探している、と言った。
 ┃ 前文明・・・1000年前の遺跡があるのだと。もし、関わる気があるのなら、軍の協力も仰げるのだと。
 ┃
 ┃ その海底監獄は、資材を宇宙へ送っていたプラントでもあるのだから、と。
 ┃
 ┗

221 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/21(土) 22:43:15 ID:VNcbbPm20


                    _____
                  / '⌒ヽ  ; '⌒゙\       ||  ||
             /        ∪     \      ||  ||
           /   /´  `ヽ/´  `ヽ   \     o   o
          /    (    ●ll●    )   \
        /      ヽ_   _ノヽ_  _ノ    ; \
        |  ;  ''"⌒'(    i    )'⌒"' ∪   |
        |  ∪      `┬─'^ー┬'′ ∪    |
         \          |/⌒i⌒、|        /
          \ ∪    !、__,!    U  /
          /       、____,,      \
         /                        ヽ
         |  、                ,   |

 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ プラント・・・。
 ┃
 ┃ 凍りついたような心に、久しぶりに火が灯った気がした。
 ┃ ミュータントハントだけでこの職を辞めるだけの稼ぎを得るには、どうしても無理が必要になる。
 ┃ ただでさえここは南領なのだ。無理をしてもまっとうに終わる保証はない。
 ┃ そして、どうせ無理をするなら、稼ぎがいいほうが絶対にいい。
 ┃
 ┃ そして、プラントに勝るだけの富を与えてくれるものなど君の知る限り他にありはしないのだから。
 ┃
 ┗

222 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/21(土) 22:45:13 ID:VNcbbPm20



                     |
                       <二|二>
                     |
                     ───┼───
                         _|_
           ┌┬┐     `TTT´
           └┼┘       | | |
          ̄ ̄ ̄Υ ̄ ̄ ̄   | | |
          rf三三ュl         |┼|
          rx}  { | ___   ∧l∧
          } l==キ=≠==ネ.∧l: l∧
         _rェェェ:イ l///||//|l∧_l:_l_∧
        | キrr:| |i  ̄ ̄ ̄ |ll}_j__:}_l|
        | |_ll.| |l 匕:l……|l:ニニニl|
      ┌┴ォ==| |l 廴八エエ|l┴┴┴=l|
      ├===…|ノ __rxォ |¨ r=ニニ高/〉ニ/雄}}            、!
    /{ ==fオ ≠r┴…┴|l .示| }_} :::Y_} ::Y_} ヒ__        │
 .   ≠==三ォメ厂l| T¨¨T |l  | |__}_}_}_}_{ ̄  __     \|
   |_jj {=l=ll区| | :|   l :|l  | |__r…:l=ィ7==ィ7=iXXl|      ト
   |11_仁二二lェェェェェェェェェェェェェェ  |__|__j__/7__}++イ_    │ヽ
 .    Y::::l |  |++|「 ̄| |ニ| … l | r‐┬i  r‐≠┬1:::::::/{n┌r─|─ヘ
     |_ェェェェェ圭圭ェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェvェェェェェェ=1
      i:::::::.廴j  l                    }土{          }
      |:::::::::.  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄  ̄          /
 ;:;:;:;:;:;;:;:;...;:.;;.:;.;:.:-;:‐;-..:;.;:.;;--‐''-,,.,.;;、 -,,、、.;;-,;-;,_;_;:-;-,、-,,、、.,.;;、 -,,、、.;;-,;-;,;,_;,;-;,_;_;;;
 _, ;:_,,,...ー.--ー''''~~_,,-ー'~,. - ' '′'"" ~" "" "''"'''' '"" ''""" "´,,     "´ ''"""
 〜  〜                      〜     〜      〜
        〜      〜      〜       〜       〜     〜
 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ そこから先はトントン拍子に話が進んでいった。
 ┃
 ┃ 非プラント製造の通常動力機関に切り替えた再生船とはいえ、まがりなりにも佐世保管区所属の
 ┃ DDHが2隻も投入されたことにも驚いたが、それよりも驚いたのが企業側から供出された搬送用
 ┃ 機材だった。
 ┃
 ┗

223 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/21(土) 22:47:25 ID:VNcbbPm20


                                     マヘ         /.7
                                    / ̄ニ==ゞ   / 7
                                   、¨ヽマヘ    ´∧7|
                                   >ー}j:j ヘ / ∧7   ./
                                 > ^≒≦ .∧ ∧7 __ /
                          へ     __フ≦,'  (( )∧∧7/ ∨.
                     >.´/   ハ<_. ´__〉_/¨¨ヽ--' /   .|
            , -- 、  > ´ イく-=≦三≧ イヽ   > 、 !Ⅳ/、  |
            / , ≦{イ ヽ、    > 、< ! (;;;;;;\    }  ヾ\一く}
       _ 二イ≦三くー──┐‐────>‐一イ┐一´──--=!二ヽ_
  _____, ≦三:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ≦三三三二二二=======
 ¨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` ==三::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::イ三
                   ` ≦:::、:::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::>::、:::::::-─一:ノ
                    ∧:::::::≧≦::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::|:イ::::::イ:イ
                    ∧:::::::.' ∠≧::::::::::::::::::::::ゝーイ:::::::::::::!!::::}
                         i:::::人    `¨ 、::::::::::::::::ハ::::::::::::::!!:イ
                      ¨´         Ⅳ:::::::::Ⅳ ∧::::::::::!!::ヽ
                                  Ⅳ:::::Ⅳ   ∧:::::::!!:::ノ
                                 |:::::::::|      ヽ:::!!イ
                                     l::::::::!    / `¨´\
                                   |:::::ノ   ./        \
                                  レ'


 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ ディープボイジャー
 ┃ 無 動 力潜水艦。超大型潜水輸送船。超大型の・・・そう、大型プラントも運ぶことが出来る船だ。
 ┃
 ┃ これ以上デカい船となると、確かにあとはギガフロートの類を引っ張りだすしかないことになる。
 ┃ だが、この船は衛星があった時代の航行技術を前提にしていると聞いたことがある。
 ┃ 単体では動かせないため、皇国でも持て余していた船のはずだが・・・。
 ┃
 ┗

224 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/21(土) 22:49:20 ID:VNcbbPm20



                   _,..。zzzzzzz;;.、
              ,..ィ/匆匆匆三ミミミミヽ、
             /洲≠≠≠ァ三ミミミミミミヽ
           /'''"     牟ミ/`ヽミミヽi∧
          ,'  ,.z=≠¨’  ゙'ゞ ノミ!Y、ヽヾ'.
          { f㌢         ゙) /ミミヾヾ!
         ヽ          トイ州州ミl}
 .           /    ,.-、     | . |州州ミ!    _,xf斥芋ミミ
          /  _,   ,フi }.     | |ヾミミツ7ュ、_x斥芋ミメ洲lミミ
           'ーァ'_,.ィン′    ,.ィ l_¥,z≦ヒンミミミミミ芹芋ミ
            `ヾt′    //,z≦圭圭}{ミミミミミミミミ爻爻ミ
              ヽ  ,.ィ佳圭圭圭l㌣价ミ洲洲ミミミ爻爻爻
                 ゙ー'7圭圭圭ミ㌣ィミl)ノ≠シ,i.イ圭≧三ニ≠
       //⌒)!      ,.ィミ圭圭≫"i。(゙YfへY!イ圭圭圭圭圭≧
       {:{     _,.ィ7/=圭///rヘノL三i.イlミ圭圭圭圭圭圭圭
        ヾミ=-''ミ/イ}リl/_圭//lノ八ドl/圭圭圭圭圭圭圭圭圭
     /(  //圭/YY)/__/ソ/))ツi}l/圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
    ((  ノ//圭/川/__/圭//()゙//圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ 大丈夫なのだと、男は語った。
 ┃ 我が社は、かつての衛星をいくつも保持しているのだ、と。
 ┃ 指定位置までの、宇宙からの誘導があれば、無動力潜水艦は出せる。無人でも、ね。
 ┃
 ┃ 現地までの移動手段はあの中にある。予期される、必要な分の武器も、ね。
 ┃ なにしろ、軍のリクエストで現地へ赴くのだから・・・と。
 ┃
 ┗

225 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 22:51:04 ID:ztUsWhGo0
怪しすぎる……

226 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/21(土) 22:53:17 ID:VNcbbPm20



                       ___、
                  ,,, -'''"´   .`゙゙''ー 、,
            _..-'"             `''-、、
              /                   `''-、
           /                       \
       ./                             ヽ,
      ./                                 ヽ
     ./                                ヽ
    ./ ―-..____, i 、                            l
   /   ,..、 `  "    、                      l
   !   ,i 、 ^ !     ,,ノ  ヽ,,_                        l
   .,!   .l弋フ、/ -    l  、 . 二'ー 、、                  |
   l.   ゙>'゙      " .''i.二,、 `゙'‐ `''-、                !
   _|, /            l,弋ア--ヽ/               /
. ‐'″ ゙‐{                `゙''―-‐"               /
      `'- -‐|      ″                    ,/
       `' !ーミi、_.   _./                   _/'ー、,
            `'-,,`''二二コ              _,,.. -'"゛    .`''-、
           `''ー--、,       ___,,,.... -‐"゛               \
                 ̄ ̄ ゙̄´                        \
 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ 男のことを信じたわけではなかった。
 ┃
 ┃ しかし、その言葉に心動く自分も感じていた。
 ┃
 ┃ 自分でも、死にたいのか、それとも、夢を追っているのか、すでにわからなかった。
 ┃
 ┗

227 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/21(土) 22:55:17 ID:VNcbbPm20


         /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        /: : :            \
       /: : : :            \
     /: : : : : :              \
    / : : : : : : : ..               \
    |: : : : : :  ,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,        l
    |: : : ::;; ( (・) ) ノヽ ( (・) );;:::    |
    |: : : : :  ´"''"        "''"´       l
   . \ : : : : . .(     j     )      /
      \: : :: : >ー-‐'=ー-ー<    /
     /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
     : : : : : : : : :``ー- -‐'"´      \
     : : : : . : : . : : .                \


 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ いまオレは夢を見ているのか、それとも、悪夢の中にいるのか・・・。
 ┃
 ┃ << 次、安価行きます>>
 ┃
 ┗

228 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/21(土) 22:57:30 ID:VNcbbPm20



                   _,,..-―‐-..,,_
             ,,-''"       `ヽ、
           /              l| \
             /            U  .ヽ
             ,'           l        ヽ
          l ____l  ヽ-―‐tイ''"´  ',‐-、
       ,-''"|       `′        `′ .〃 .lヽ .'.,
       | l'´.',  ≡≡/       ヽ≡≡彡 ,'  ヽヽ_
       / |  .'.,    (    .,、   )     /  ./  ヽ、
       / \  ヽ、   ` ̄ ´ `  ̄´   / /  _,,..-'
        {   `''-‐"ヽ-..,,__      __./ ̄ ̄´ .,,..イ ∨
      /.T ‐-..__    _.ヽ ̄ ̄ ̄/,..-――‐'" /  ∨
    r┘ ',.    ̄ ̄  〈 ̄\ ./イ´       / /  ∨
    | ヽ-、',       /      .ヽ      //   ∨
   ./  ヽヽ .',      ロ       `ロ ヽ、 /      .∨
   /   、__ ', _/                \|    L__ ∨

 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ 目が覚めた時、君は・・・
 ┃ 
 ┃ 1.見上げんばかりのうず高く積まれたジャンクヤードの中で目覚めた
 ┃ 
 ┃ 2.初めて見るような真っ白い部屋のベッドの上で目覚めた
 ┃ 
 ┃ 3.巨大な黒い壁の前の積み上げられたなにかの上で目覚めた。
 ┃
 ┃↓5で
 ┗

229 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 22:57:47 ID:rWYgpUCk0


230 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 22:57:50 ID:CJ.7xb4M0


231 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 22:57:53 ID:ztUsWhGo0
1

232 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 22:58:04 ID:GRBuAqlM0


233 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 22:58:06 ID:JCQE8luQ0


234 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 22:58:08 ID:OkEdpxwQ0
3

235 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 22:58:11 ID:O6y10MUQ0


236 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 22:58:18 ID:eQPG/7tc0


237 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/21(土) 22:59:02 ID:VNcbbPm20
1ですね。了解です。

238 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/21(土) 23:00:00 ID:VNcbbPm20
ぎゃ、エディタが落ちた・・・ちょっと待って下さいね・・・・。

239 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:00:14 ID:ztUsWhGo0
ういうい

240 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:00:34 ID:rWYgpUCk0
把握

241 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/21(土) 23:05:04 ID:VNcbbPm20
            ____   _____
           /      \/        \       ‐-、
     、-‐   /⌒   ⌒        ⌒   ⌒\   ___,ノ-、
   、- !、,__/(● ) (● )  彡   ( ●) ( ●)ヽ    ___,ノ
   !、,___ l  (__人__)           (__人__)   |
        \ `⌒ ´     彡      ⌒´   /
         /                       ヽ



 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ 大きな丸いくぼみの中に積み上げられたジャンク品の中で君は目覚めた。
 ┃ 
 ┃ 部屋というよりは運動場と言っていいような中にいくつかの同じようなくぼみが作られており、
 ┃ その中の一つに君が倒れていたようだ。
 ┃ 
 ┃ すぐ上を見上げると、かなり巨大なコンベアのようなものがあり、そこから流れてきたらしいことがわかる。
 ┃
 ┗

242 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:09:45 ID:ZkPHDvCI0
グレート・シングはサイボーグだったか

243 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/21(土) 23:09:48 ID:VNcbbPm20


                   , --ー -- 、
                , ´           ヽ
               /            .........ヽ
             ,,ィ            ..::::::::::::::::::::ヽ
           / /           :::::::::::::::::::::::::::::',
         /   /            :::::::::::::::::::::::::::::i
        /    i       >ー--、 --ー''/ i|   ノ:::ト
      /       {      、●   `ヽ ,:::::::::::/ー´::::::::l ',
      /      ',         `ー--=ァ'   :::::ヾ=='':::::! ハ
     {       丶        イ´   ..:::::::::::ヽ::::::::::::l l
    /:l        ヾ、         {    ,、:::::::::::}:::::::::ノ  i
    ,'.:.:',         ヾー 、    r´ヽア ̄ ヽ- '::::,, イ   ト
   i.:.:.:.ハ          \.:.:`.ー{ r-'  ィ、_`i`ー、    !.:.i
 r.:'.:.:.:.:.:.:.:ヽ           ヽ.:.:.:.:ハ`ーフ´ ヽ_`ー, ヽ.:.:ヽ  ノ.:.:.:l
 ll.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`丶         ハ.:.:.:.r゙ー'   ィー`゙´ }l.:.:.:i´.:.:.:.:.:.:i
 ト.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ー -- __ ノ.:.:.:丶_ ィ=''/    l i.:.:.|l.:.:.:.:.:.:.l


 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ とりあえず、取り急ぎ、持っていた装備品と体調を確認する。
 ┃ 
 ┃ 擦過傷らしい痛みはあるが、軽防護スーツのおかげで致命的な痛みはない、
 ┃ 心配した武装のたぐいも、ひと通り、すべて、最後の状態のままあるようだ。
 ┃ 状況を把握しようと立ち上がろうとすると・・・・
 ┃ 
 ┃ <<つぎ、登場人物安価です。ヒロイン候補1ってことで。今回は範囲安価になります。>>
 ┃
 ┗

244 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/21(土) 23:11:56 ID:VNcbbPm20


..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ


 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ 頭の上から、怒っているような声が聞こえてくる。
 ┃ 
 ┃ 見上げるとそこには・・・・。
 ┃ 
 ┃ ↓3〜7の範囲から>>1が1人選びます。
 ┃ 
 ┃
 ┗

245 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:12:07 ID:O6y10MUQ0
ksk

246 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:12:23 ID:O6y10MUQ0
ksk

247 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:12:25 ID:rWYgpUCk0
本多正純(境界線上のホライゾン)

248 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:12:25 ID:vvblSjTw0
マルグリット・ブルイユ(dies irae)

249 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:12:26 ID:JCQE8luQ0
暁美ほむら

250 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:12:27 ID:OkEdpxwQ0
凰鈴音(IS インフィニット・ストラトス)

251 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:12:28 ID:ztUsWhGo0
シュテル(リリなの)

252 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:12:29 ID:nnjDeVFk0
ミドナ(トワイライトプリンセス)

253 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:12:32 ID:4TaXkux20
ミドナ(ゼルダの伝説トワイライトプリンセス

254 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:12:39 ID:K39WEA/k0
アルル(ぷよぷよ)

255 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:12:41 ID:O6y10MUQ0
ディード・スカリエッティ(リリカルなのは)

256 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:13:16 ID:SQbDsuSQ0
蔵女(腐り姫)

257 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:13:27 ID:O6y10MUQ0
そんなに人居ないだろうからkskしたらこの様だよwwwまあいい次があるか

258 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/21(土) 23:14:20 ID:VNcbbPm20
本多正純(境界線上のホライゾン)
マルグリット・ブルイユ(dies irae)
暁美ほむら
凰鈴音(IS インフィニット・ストラトス)
シュテル(リリなの)

ここからですね・・・。ちょっとAA見てきます。
少々お待ちを・・・。

259 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:14:34 ID:OkEdpxwQ0
キャラ安価で急に人が増える。新スレあるある。

260 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:14:42 ID:ZkPHDvCI0
モー・ショボー(メガテン)

261 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:17:42 ID:GRBuAqlM0
しかし、これで男キャラがいたらどうなっていたのだろうか…

262 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:18:37 ID:rWYgpUCk0
一応ヒロイン候補のキャラ安価だから・・・(震え声)

263 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:18:56 ID:OkEdpxwQ0
そりゃあ、見た目が男で付いてない系に……。

264 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/21(土) 23:19:50 ID:VNcbbPm20
むう、貧乳、巨乳、貧乳、貧乳、貧乳だと、

なんという貧乳率・・・・。

265 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:19:58 ID:ZkPHDvCI0
そういや女性キャラのみとか制限かけてないから、問題になったかも……
まあこのスレ住人は欲望一直線ばかりのようだが(自分も含む

266 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:20:11 ID:uRfHkXeQ0
ハス太くんとかならいけるんじゃね?
素で男?無いとは思うけど範囲内全員男じゃないと流石に無理さ
・・・・・・無いよね?(チラチラ

267 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/21(土) 23:20:49 ID:VNcbbPm20
うーん、じゃ、これで行きましょう。

268 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:21:13 ID:SQbDsuSQ0
さくたろう でもいけそうな気が・・・

269 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:21:14 ID:uKenLTPM0
まあ候補一号だし一号は技の一号っていうくらいだから力の二号に期待しようや

270 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:22:13 ID:GRBuAqlM0
なんの技と力なんですかねぇ

271 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:22:34 ID:vvblSjTw0
無理そうだったらずらしたり再安価だったり、選択肢制でもいいと思いますよ〜

さて、誰になったかな?

272 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/21(土) 23:28:01 ID:VNcbbPm20
               ___      ___
               >‐-: ミヽ-‐': : : : : : : : :`丶
               .: ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
             /: /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
          /// : /: : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : ヽ: : :.
           /  /:/: : : /: : : /: /: : : : : :,イ: : : : : i: : : : : : |
              //|: : /: /: : : /: /: :/| : : /.: :.l |: : :.|: : : |: : :|
.             {' |: /|:/ !: : /: /|: //! : /: :./」.|:_:_:」: : : |: : :|
                |/ .|:|: |: : | /¨「¨/小/|: / .j/レ'ヽ|.: :.八.: :|  「ここに生き物を捨てるのは
                {  |:|:八 : イ云笊j/ j:/,イ云笊/:/: |: : :|
                从: : \|弋/ソ    弋/ソl : : :|) |: : :|   規約で指定されているはずなのですが。
              /: : |: :|: :ハ   '       |: : : l: :|: : :|
             '⌒|: |: :|: :|人   - -   /}: : :ノ: :|:八|   どこの連中のしわざでしょうか。」
                  レ'}:/∨}/}j:>   __  イ ,ノ イ¨ ̄¨¨\
                ' ./⌒ヽ/:::7}::{二}:/:::::::/:::::::::::::::::::::::\ 
               /:::::::::/::::/彡ミ/::/: /:::::::::::::::::::0:::::::::ヽ
              /::::::::::::〈:::::::/==/::::::::〉/::::::ィ======〉
            イr===r──只─- 、././:彡 '::::::::::::::::::::::::::: /
               `{::::::::::::::|   // }    }:::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::/
               \::::::: |  .// .}    |::::::::::::\::::::::::::::::::::::::/
               < ̄ //|____ヽ___./:::::::::::::::::ヽ彡:::::::::彡{
                / ̄ ̄¨/::||::::::| |:::::::::::::::::::::::::::::〉:::::::::::::::∧


 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ なんだか、怒られているのだろうか。
 ┃ 自分に怒りを向けているのではなさそうだが・・・。
 ┃ というか、ここはどこなのだろう・・・・。
 ┃ どうやら、此処の住人ではありそうなのだが・・・。
 ┃
 ┗

273 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:28:27 ID:ztUsWhGo0
ヒャッハー

274 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:29:11 ID:OkEdpxwQ0
>>273 オメー

275 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:30:01 ID:ZkPHDvCI0
主人公ロリコン疑惑浮上

276 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:30:02 ID:vvblSjTw0
残念、巨乳の何が悪いってんだ!?

>>273
おめでとう!

277 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:30:14 ID:cwSqH7.g0
海底都市 一応 秩序はある世界なんだな

278 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:30:23 ID:GRBuAqlM0
シュテルー! 俺だー! 罵ってくれー!

279 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:30:47 ID:ztUsWhGo0
ありがとう 他の皆も次選ばれる事を祈ってるよ

280 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:30:51 ID:rWYgpUCk0
オメー

281 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:31:37 ID:fsrPHODY0
>>273 おめ、GJ!

282 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/21(土) 23:32:05 ID:VNcbbPm20

           _____
          /-―- : : : : \
                ヽ: : : ヽ  ______
                _}. :´: : : : : : : : : : : : : : :.`: 、
                /´: : : : : : : : : : : : : : : :\ : : : : : : \
           /: : : /: : : :´ : : : : : : : : : : : : :. : : : : : : ヽ
          / /: : : :/ : /: : : : : : :i: : : : : : : : :. : : : ‐ ― ヘ
        /: :.イ : /: :./ : /:. :.i:. :. :. :.|: : : : : :\:.ハ : : : : i : : : '
        ///: :/:.:.:.′:.i : : i| : : : : |: : :i: :. :. :.ヾ:|:. :.: :.:|: : : : :|   「あれ、先ほど見たときは動いていませんでしたが
         /  / : :i: : :.|:. .:.|:. :.ハ: : : : ト、: :ヽ: \:. :.|:. :.: :.:|: : : :. |
            ′:イ: :. :.|:. .:.|! /__、: : :ハ_\_:ト : ヽ |:. :.: :.:| : i : ::!   動いていますね・・・。
         |: / |:.:.i: :|:. :.:ハ′  \ ∧  ヾ  ヽ|: : : : :! /: :i: |
         |/ . l : |: :|:. :.|xテ云   \ 才示卞ア:! : : : : /Y:.l! {   えーと、ここにいるのにまだ生きていますか?」
         {'  ハ: |l八: :.! 弋:rタ     弋:_r夕 | : : /イ }: :|::|
            }ハ: i:小    ,           イ:.:.:/: :!イ: : : {
             |ハ: ハ           / j: :/: : :| :.i: : 八
                    l:i : :..     ‐        イ: /i: イソ: : : ::{
                 从 i: :.>.、       < / イ:ハ{/|\: ∧!
                    \: : : : : :ー<    /' < ̄:. }/
                    ヾ:{V\|\}ハ   /:. :. :. :. : \
                           ノ} / :. :. :. :. :. :. :. :\
                          /:. :イ:. :. :. :. ´  ̄ ̄ `:. :.ヽ
 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ まるで死んでいるのが当たり前のような口調に、ちょっと唖然とする。
 ┃ 
 ┃ とりあえず、銃をおろして声をかけようとすると、上から声が降りてくる。
 ┃ 
 ┃
 ┗

283 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:33:48 ID:ztUsWhGo0
危険地帯スタートかなぁ

284 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:34:13 ID:O6y10MUQ0
シュテルが採用されたのは嬉しいがなのは率が高くなるので他のキャラ狙うかw

285 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:34:30 ID:mqeecwqY0
死んでなきゃいけなかったのでしょうか(震え声

286 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/21(土) 23:36:31 ID:VNcbbPm20



       : : ::´: : ̄ ̄`ヽ
     /___: : : : : : : ` ' ̄ ̄ ̄ ̄`
    /⌒   /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
      /: /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :'
       /イ: : :/: : : : : λ.: : : : : : : : : |: : : : : : : : : : |  「生きているのなら、早めに出たほうがいいですよ。
.      // }: : /|: :|ハ: : ::| メ-l: |: : ヽ.: :|: : : : : : : : : : |
    〃 |: : | |: :|: :|: : i斗≦`|: : : :|: :|: : : : : : : : : : |  このピット、そろそろ圧縮装置が降り始めます。
       |: : ハ 从八 |iテト j リ! l: : |ソ、: : : : : : : : : : !
       Ⅵ ト∨: : |   ヒリ.'  レ|: : | }: : : : : : : : : : {  押しつぶされたくなければ、後ろのはしごまでダッシュしてください。」
        ヘ! ∨ ,|    ゛  |: : |ノ: : : : : : : : : : 八
           ト、}        |: : |: : : : : : : : : : : : : ヽ
            }ヘ   _   ,' : 八: : : : : : : : : : ::|\}
            |: :个 、_ノ/  ∨: : : : : :/| :八
            ∨\i'´ '─' ̄ ̄`∨|/\/_.l/__.
             / ̄ ̄ ̄`ヽ::::::::::::` ‐--‐ ” ヽ
           /::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::丶::::::::::::'
          《==========》┤::::::::::::::::::l::::::::::::}
           ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::∧ヘ::::::::::::::::::::|::::::::::::\
            ゝ::::::::::::::::::::::/::::::Y::::::::/\::::Y::::::::/


 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃  予想外の発言に上を見上げると、頭の上に回転式の円盤のようなものにつながった
┃ 巨大な円筒形のものがこの穴の上に向けてゆっくりと移動し始めていた。
 ┃
 ┃ どう考えても数トンはありそうなその円筒状の何かに、君は驚いてはしごへと走りだす。
 ┃
 ┗

287 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:37:31 ID:ZkPHDvCI0
デススターのゴミ捨て場だったか

288 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:38:21 ID:JCQE8luQ0
いきなりピンチやな

289 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:38:32 ID:ztUsWhGo0
目を覚ますのが数分遅れたら死んでたな……

290 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:41:03 ID:mqeecwqY0
逃げ方まで説明してくれるなんて何ていいひと何だ……

291 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/21(土) 23:41:42 ID:VNcbbPm20

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |  プレス機? シュレッダー?なんだこれ。
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ 君が全力ではしごを登り終えた直後、はしごが外周の円筒部分へと嵌り込む。
┃ 自分が上に上がったと同時、ということは、おそらく、安全装置が働いて畳まれていなかったのであろう。
 ┃
 ┃ そして、円筒の下部がゆっくりと外側に菊の花のように開き、真上からゆっくりと穴に向けてねじ込まれてゆく。
 ┃
 ┗

292 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:43:00 ID:cwSqH7.g0
なんかシュテルの反応を見る限り、外の世界よりある意味安全なんじゃないだろうか
閉鎖社会で1000年以上続いているなら、ミュータントなんかはあまりいないだろうし

293 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:44:30 ID:vvblSjTw0
むしろ元からいた奴らがアレだから、技術はあっても弱肉強食の世紀末な社会なんじゃw

294 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/21(土) 23:45:28 ID:VNcbbPm20


                  ..............
              ....<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ミ:...
          ー=≠:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:ヽ
           /:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.',
             /゙7:.:.:.:.:.l:.:i!:.:.:.|ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.',、
         / /:.:.:.:.:ーi/+V:.:!´.V! ̄:.:.:.!i!:.:.:.:.:.:.! \
          i!i:.:.:.:.:衍㍉ヾ:! 衍㍉:.:.:|:.:.:.:.:.:/ヽ    「えーと、ここに居るけど、大人、ですよね。
          i ヾ:.:.:.i{ V}  ’ .V:::} }!ノi.):.:.:.i////}
               i>トi   '     i:.:.:.:|:.:.〃三三ヽ   どちらの方でしょう?
               |.:.:.|:ト   -     ィ、:.、:ヽ|彡≡≡ミ|
            ヾ、ヾ:.:.≧,-_≦___i、Vヽ/i:::::::::::::ヽミ|   ゴミ爺がリタイヤするなんて話は聞いていないので、
              __ゝニ/∧:::::=:::i`ー‐:!/:::::::::::!|/
              .,イ::::ヽ::::::::::::ヽ:::::::::|:::::::::::!::::::::::::::!:、   ミュータントさん?」
            /:::::::::::ヽ__::::::::::\:::|:::, -/::::::::::::::::!::}
          /:::::::::::::::::i:::{77777ヾi://〈:::::::::::::::',:}::i
         /ミ彡⌒ミ== |:::V//////}.}/∧::::::::::::::/
         ヽ_:::::::__::::::::::ヘ::::V/////ヽ\/`ー‐彡
           i::::/::`71´::::::::\////\:`:'´`:::ヽ

 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ いや、どう見てもミュータントではないと思うのだが、そう見えるのだろうか?
┃ それとも、なにか意味があるのか?
 ┃
 ┃ << 次安価です >>
 ┃
 ┗

295 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:46:07 ID:ZkPHDvCI0
ロスプラ2のゴミ処理場は少しトラウマである……
爆風くらって飛ばされると回転カッターでグシャァ……

296 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:46:42 ID:JCQE8luQ0
饅頭みたいな面してるから・・・

297 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/21(土) 23:48:03 ID:VNcbbPm20


           ____
         /       \
        /   ─     ―    「えーと、ちょっとまってくれるかお
      /     ( ●)  (●)'
      |         (__人__)  |   よくわからないことがたくさんあるんだお」
      \        ` ⌒´ /
      /       ー‐  '


 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ とりあえず、わけが分からないので、思いつく限り聞いてみよう。
 ┃
 ┃ ↓3〜10の範囲について質問することが出来ます。
 ┃
 ┗

298 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:48:29 ID:rWYgpUCk0
ksk

299 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:48:29 ID:GRBuAqlM0
ここどこ?

300 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:48:34 ID:SQbDsuSQ0
海の上から来たのだがここはいったいなんなんだ?

301 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:48:37 ID:mqeecwqY0
ミュータント面の不細工で悪かったな……w

302 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:48:44 ID:zE.DLKtk0
ミュータント面の不細工で悪かったな……w

303 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:48:45 ID:4OC0lhfM0
ここはどこ?わたしはだれ?

304 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:48:48 ID:ztUsWhGo0
自己紹介しよう

305 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:48:53 ID:eQPG/7tc0
自己紹介から始めよう

306 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:48:58 ID:eY8sOQxY0

ここは保育園か何かだったのかい?
そいつは悪かったなお嬢ちゃん

307 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:49:07 ID:vvblSjTw0
ここはどこで、なんのための機械なのかな?
最後は海に落ちたはずなんだが…

308 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:49:10 ID:CJ.7xb4M0
・ここは何処
・君は誰
・ミュータントってなんで
・他に人は?

309 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:49:10 ID:OkEdpxwQ0
自分も何故ここにいるのか分かりません。
順を追って記憶のある範囲をお話するので、何か分かるようなら、教えてもらえませんか?

310 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:49:46 ID:ZkPHDvCI0
ここはどこなのか?じぶんは海棲ミュータントに食べられたと思ったんだが

311 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:50:08 ID:ztUsWhGo0
ここ子供しか居ないのかな

312 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:50:42 ID:JCQE8luQ0
ゴミ爺ってなに?

313 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/21(土) 23:52:31 ID:VNcbbPm20
↓10まででしたが重複1がありましたのでサーバ状況を考慮して↓11までトリます。

「海の上から来たのだがここはいったいなんなんだ?」
「ミュータント面の不細工で悪かったな……w」
「ここはどこ?わたしはだれ?」
「自己紹介しよう」
「自己紹介から始めよう」
「ここは保育園か何かだったのかい?
 そいつは悪かったなお嬢ちゃん」
「ここはどこで、なんのための機械なのかな?
 最後は海に落ちたはずなんだが…
「ここは何処
・君は誰
・ミュータントってなんで
・他に人は?」

が選択されました。

314 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:53:47 ID:CJ.7xb4M0
1レスに詰め込み過ぎは拙かったでしょうか…

315 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:55:31 ID:GRBuAqlM0
誰も下ネタを出さないだと…!

316 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:56:14 ID:SQbDsuSQ0
んーシュテル下手したら海を理解できないかもしれないな・・・

317 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/21(土) 23:57:08 ID:VNcbbPm20

         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\   「ああ、やるおはやる夫って言いますお。
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |  えーと、君の名前は?」
  . \ ヽ           /


 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ えーと、とりあえず、命を救われたんだから、まずは挨拶からか。
 ┃ 子供相手だし、視線を合わせてから話すほうがいいおね。
┃ それで様子を見ながら、先の話を聞いてみるとしよう。
 ┃
 ┗

318 名無しのやる夫だお :2013/09/21(土) 23:58:16 ID:vvblSjTw0
やる夫の孤児院での経験がこんなところで役に立つとは!?

319 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/22(日) 00:02:55 ID:/pWgW3MY0


               ___      ___
               >‐-: ミヽ-‐': : : : : : : : :`丶
               .: ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
             /: /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
          /// : /: : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : ヽ: : :.
           /  /:/: : : /: : : /: /: : : : : :,イ: : : : : i: : : : : : |  「ええと、どちらのやる夫さんでしょう?
              //|: : /: /: : : /: /: :/| : : /.: :.l |: : :.|: : : |: : :|
.             {' |: /|:/ !: : /: /|: //! : /: :./」.|:_:_:」: : : |: : :|   挨拶をするなら、居住区まで付けて話すものです。
                |/ .|:|: |: : | /¨「¨/小/|: / .j/レ'ヽ|.: :.八.: :|
                {  |:|:八 : イ云笊j/ j:/,イ云笊/:/: |: : :|   そうでないと、どういう対応をすべきか判断できません。」
                从: : \|弋/ソ    弋/ソl : : :|) |: : :|
              /: : |: :|: :ハ   '       |: : : l: :|: : :|
             '⌒|: |: :|: :|人   - -   /}: : :ノ: :|:八|
                  レ'}:/∨}/}j:>   __  イ ,ノ イ¨ ̄¨¨\
                ' ./⌒ヽ/:::7}::{二}:/:::::::/:::::::::::::::::::::::\
               /:::::::::/::::/彡ミ/::/: /:::::::::::::::::::0:::::::::ヽ
              /::::::::::::〈:::::::/==/::::::::〉/::::::ィ======〉 「私はノヴィレン・チャイルドの
            イr===r──只─- 、././:彡 '::::::::::::::::::::::::::: /
               `{::::::::::::::|   // }    }:::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::/   シュテル・デストラクターと言います。」
               \::::::: |  .// .}    |::::::::::::\::::::::::::::::::::::::/
               < ̄ //|____ヽ___./:::::::::::::::::ヽ彡:::::::::彡{
 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ 居住区?ノヴィレン・チャイルド?
 ┃ 
┃ 聞いたことがない単語ばかりが出てくる。さっきのゴミ爺っていうのもわからないし、
 ┃ 
 ┃ こりゃ、ちょっと意思疎通に時間がかかりそうかな?
 ┃
 ┗

320 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 00:03:08 ID:ck9cIoBI0
このシュテルは実際、何歳くらい(に見えるん)だろう。
こんな世界じゃ中学生くらいならもう子供じゃないよなぁ、ましてや女なら。

321 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 00:05:50 ID:N5VGGm8I0
居住区とかってによって貧富や信用に差があるんだろうな

322 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 00:06:49 ID:sCDlV0q20
外からきた人間はどう扱われるのかな……

323 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/22(日) 00:08:38 ID:/pWgW3MY0


               ____
             /      \
           / ─    ─ \   「えっと、すまないけど、居住区って?
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |  やるお、皇国南領の、佐世保ってところから来たんだけど、
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \  その居住区って、佐世保とかって答えればいいのかお?」
 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ 答えたというのに、相手はよくわからない、という表情で考えこんでしまった。
 ┃ 
 ┃ 見る限り、普通の子供、ちょっと受け答えは大人びて見えるが・・・・。
 ┃
 ┗

324 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 00:11:08 ID:ylGwG0U20
Falloutのリトル・ランプライトのようなロリショタシティなのだろうか……

325 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 00:13:49 ID:sCDlV0q20
年齢以上に大人びてるのは過酷な環境だからかな

326 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/22(日) 00:13:49 ID:/pWgW3MY0


                   -―- 、
                  ,. -‐- 、 i ,. -‐==‐- .,
                  / -―‐-: : : : : : : : : : : : : `: . 、
                  /,. :´: :,. : : : : : : : : : : : : : : : :ヾ: : : :ヽ
                /: : /: : /: :/ j: : : : : : : : : : : : :’:, : : ゚.
                 ,: : :/: : : /: :イ: :i{: : :! : :_:_:_ : : : : : : ゚,: : :'.
             i: :j !: : / !7¨ ̄!゚.: : !{ヾ: : : : ̄¨: : : :i : : i     「聞いたことがありません。
             l:.ハ:i: :/: :l:z示沁ヾ: :!`  仍心7 : }:/ : : {
              j' ヾ: :{: :iト 匁 ソ  ヾ  匁 ソ.}:.j/!}/! : {      この海底コロニーには
                jヘ:ヾ!:}    、        }: : :!7ノ : {
                   j! : :.            j: : :jイ: : !:{      海香港、ノヴィレン、ジョンソンシティ、
                   /} : 人    。     i: : /: : : jヘ、
                /´]: :iイ: >         イ.:./イ/:./       チャーチル、コングヴィル、ティコアンダーの
                     ヾ{.ヘ!从z‐≧=≦‐- 、!:/ /j:/
                   `  j//i.三!//////7、  ′       6つの居住区しかありません。
              ,. -‐‐- イ77ツ//,!三!//////{ァ≫-- ..,___
             ////////j/∧///i.三!//////j!i///ハ ∨///ム  どこの居住区のブロック名でしょう?
            ////Y///{//∧/,.z≠=ミ、///////イ//////∧
          rf/// / ///i≧ァ`7/ム///////,ヾ ///厶7/////////ム 地元民の名称とかだとわからないのですが」
 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ 海底コロニー? 海底?
 ┃ ここはどこ?私は誰、って気分になってきた。
 ┃
 ┗

327 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 00:15:09 ID:05SQwwd20
もしやある程度人種別で分かれてたか?

328 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 00:15:12 ID:eeA2g34Y0
をを、コロニー内か

329 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 00:15:12 ID:Xf0ziteQ0
これ、不法侵入者ですとか言ったらたたき出されるんじゃないかな……

330 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 00:16:28 ID:52YBsbbg0
はたして、外来人は今まで存在したのかな?

331 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 00:16:30 ID:N5VGGm8I0
意図してないとはいえこれ密入国ですな

332 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/22(日) 00:18:41 ID:/pWgW3MY0


         _ィ二:.ヽ  ..-― … -.. 、
       ,..::´_:._:`.ヽ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        /'´/..:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:、.:.\:.:.:.:‘.
       /.:.:,ィ':.:.:/.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:.\.:.:ヽ.:.:ヽ.:.:.:.:‘.
      .'.:./.:!:.:.:,i.:.:.:.:|.:.:.:.!.:.、:.:.:.‘:.:.:.‘.:.:.!:.:.:.:.:.:i
      |.:/!.:!:./::!.:.:i.:ト、.:.:!ヽ-ヽ―:i-.::!:.|.:.:.:.:.:.:|   「ああ、すみません、もしかしてセントラルハイの方とかですか?
      レ' |/!:i:-ヽ-ト:! ヽ! x┬‐十ァ:.r 、.:.:.::.!
         ヽ!ヽ:.TT:ヾ`   ヽ::゙_ノ:.:.:.r. !:.ヽ:!、    もしかして、落ちてきたとか・・・・。
          ` !:!:ヽヾ_}      .!:.i:.:.!-':.:.}.::!`\_
           ,イ:.;:.:.:!        |/!.:i:/:./レ'    6ブロックの方ばかり相手にしているので、
           |:.i!.:.:,ヽ.   、-,  /' レ'´レ{.、
           i∧:/ }/ `>-,-,ィ≦!:::::::!:::、\― 、 もしそうなら早くお戻りにならないと、まずいと思いますが・・・」
            '  /´:::/>{二ニ.!:::::/://,::::::::::ヽ
             /:::::::_<::<:::{三三!/::<::<:::/:::::::::::::‘.
               /:ヽ::::,:\::!::!-ー'/://:,:::::::::::::::::o::ヽ
            !≠、‘.!:::「三{ニ}三ヾ:'´::::::!:.≠= 、_,ノ:!
            \:::::¨}::::}三/ ト、ニ/:::::::::/'´:::::::::::::::::/
              `}::,'::<´_/!ニ|三!:::::::::::::ヽ、:::::::::::r'
              !::ト、:::_! |:!ニ| |::::::::::::::::::::}:::::::::::!
 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ なんだろうこれ、意思の疎通がとれている気がしない・・・・。
 ┃
 ┗

333 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 00:18:46 ID:akUdTIkA0
海底かよ…

334 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 00:19:04 ID:sCDlV0q20
正しく異文化ですな……

335 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 00:19:08 ID:0pUETubQ0
あのデカブツは資源調達用かなんかだったのかな

336 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 00:19:41 ID:m7YiF/l20
外から人が来るって事自体が思考の盲点になってる感じ?

337 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 00:20:25 ID:N5VGGm8I0
イメージ的にはEVER17に密航したかんじかなぁ

338 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 00:22:15 ID:z9.jDfjs0
とりあえず、なんとなくカースト制なんだろうなってことは分かった

339 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 00:22:55 ID:sCDlV0q20
しかし相手にしている か
何か嫌な予感がしてきたぞ

340 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 00:23:24 ID:6DUqiJF20
所属する場所=身分な訳か

341 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/22(日) 00:24:22 ID:/pWgW3MY0

                     ______
                    :/ '⌒ヽ  ; '⌒゙\ :
                  : /        ∪     \ :
               / /´  `ヽ   /´  `ヽ \     「と、とりあえず、ここが海の底だというなら、
               : /  (   ◎ l  ιl ◎   )∪\ :
             : /  ιヽ_  ∪ノ   ヽ∪ _ノ  ;  \  やるおは海の上から来た、ということになるんだと思うんだお。
            |   ;  ''"⌒'(    i    )'⌒"' ∪   | :
             : |  ∪      `┬─'^ー┬'′       | : たしか、記憶にある限り、海に落ちて
               :\    ι    |/⌒i⌒、|  ι     /
              \/⌒⌒ヽ !、__,!    U  / :   何かに飲み込まれたのが最後だと思うんだけど
                 : /      〉、____,,       \
              : /      /             ヽ :  どういうことかわからないかお?」
               : |         |             ,     | :
 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ えーい、リスクはあるが、ここが海底だということなら、言ってしまえ。
 ┃ 巻き込んで情報が得られないとどうにも成らない・・・。
 ┃
 ┗

342 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 00:26:18 ID:z9.jDfjs0
シュテルンが人間なのかも怪しくなってきたぞ

343 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 00:28:28 ID:N5VGGm8I0
深きもの達・・・

344 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 00:30:00 ID:52YBsbbg0
……これ、ヒロイン安価の範囲内に腹黒とか陰湿系キャラだけだったら早くも詰んでたよねww

345 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 00:30:11 ID:YbNw/tzs0
いあいあ!

346 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 00:31:10 ID:N5VGGm8I0
>>344
そいういう騙された系のホットスタートあると思います

347 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 00:33:52 ID:05SQwwd20
逆にもこっちみたいなのとエンカウントしていたらどうなっていた事やら……

348 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/22(日) 00:34:01 ID:/pWgW3MY0


       : : ::´: : ̄ ̄`ヽ
     /___: : : : : : : ` ' ̄ ̄ ̄ ̄`
    /⌒   /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
      /: /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :'
       /イ: : :/: : : : : λ.: : : : : : : : : |: : : : : : : : : : |   「海の上、ですか?
.      // }: : /|: :|ハ: : ::| メ-l: |: : ヽ.: :|: : : : : : : : : : |
    〃 |: : | |: :|: :|: : i斗≦`|: : : :|: :|: : : : : : : : : : |    信じられません。セントラルハイの告知では
       |: : ハ 从八 |iテト j リ! l: : |ソ、: : : : : : : : : : !
       Ⅵ ト∨: : |   ヒリ.'  レ|: : | }: : : : : : : : : : {    放射能の嵐で全滅したと聞いています。
        ヘ! ∨ ,|    ゛  |: : |ノ: : : : : : : : : : 八
           ト、}        |: : |: : : : : : : : : : : : : ヽ   ・・・とにかく、私一人では判断できません。
            }ヘ   _   ,' : 八: : : : : : : : : : ::|\}
            |: :个 、_ノ/  ∨: : : : : :/| :八     少し待っていてください。ゴミ爺を連れてきます。」
            ∨\i'´ '─' ̄ ̄`∨|/\/_.l/__.
             / ̄ ̄ ̄`ヽ::::::::::::` ‐--‐ ” ヽ
           /::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::丶::::::::::::'
          《==========》┤::::::::::::::::::l::::::::::::}
 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ どうやら、やっと意思疎通が出来た・・・のか?
 ┃ とりあえず、ゴミ爺というのが上司なのだろうか・・・。
 ┃ とりあえず、肩の後ろに下げている銃を見えない範囲で引き下げる
 ┃ 大事にならなければいいが・・・・。
 ┃
 ┗

349 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 00:34:40 ID:VFUTwLlA0
よし、ゴミ爺をコマそう(提案

350 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/22(日) 00:35:10 ID:/pWgW3MY0
すみませんが、今日はここまで。


次回はまた開始前日に告知してから行います。時間は同じ予定。

またよろしくお願い致します。

351 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 00:35:22 ID:05SQwwd20
ゴミ爺というのは居住地から追い出されて廃棄物置き場で暮らすことになった長老的存在か?

352 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 00:35:25 ID:e.5ihM0E0
乙ー

353 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 00:35:44 ID:sCDlV0q20
投下乙ー 色々広がってきたな これからが楽しみ

354 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 00:36:05 ID:7mI5diqI0
乙カレー

355 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 00:35:45 ID:Juvv2uFg0


356 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 00:36:37 ID:N5VGGm8I0
乙ー

357 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 00:36:44 ID:ZeN1Uh/o0
乙でした

358 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 00:36:52 ID:05SQwwd20
乙でした

359 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 00:37:03 ID:0pUETubQ0
乙ー
やっぱ外は滅んでるって教えられてるのか

360 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 00:37:04 ID:52YBsbbg0
乙〜
やっぱ上層部は隠蔽かw

361 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 00:37:19 ID:akUdTIkA0
乙!

ゴミ爺か、名前のせいかさっきから釜爺みたいのを想像してしまうw

362 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 00:38:56 ID:1eKSajY20
乙!

363 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/22(日) 00:41:00 ID:/pWgW3MY0
ちなみにー、おもったより遅くなりすぎたので、

イリヤと長門のグソクムシ世界の基礎知識その2は次回投下時までのどこかあいだの日で・・・。

364 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 00:41:27 ID:sCDlV0q20
あいあい

365 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 00:41:54 ID:pkAMrNOU0
乙です!

366 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 00:47:55 ID:pyQ1HkiQ0

重すぎる過去の割にやる夫ずいぶん一般ぴーぽー的な挙動だなw

367 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 00:55:11 ID:t.ENNCgw0
世界が終ってから何年たってるのか忘れたが、だいぶ経ってるなら
地上と海底で標準語と東北弁クラスの言語差があってもおかしくないかなぁ
と意味もないことを想った。乙

368 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/22(日) 01:06:10 ID:/pWgW3MY0
>>366

えーと、即興に私が慣れていなくて、キャラとしてうまく書ききれていないのもありますが
(下手でごめんなさい)

孤児院育ちで、孤児院仲間はほとんど死んでるので、子供に甘いという設定があります。
(キャラ紹介のあたりで少し触れていますが、寂しくて普段、近所の子供に飯おごったり
してるという設定なんですよ。)

なので、無条件にではありませんが、子供というだけで少し甘い対応をしてしまいます。
そういう理由があるので、子供キャラが出たら、1人目はある程度その辺で行こうと
想定していました。
これが、最初にきついキャラばかりだった場合、また違ったとおもいます。

369 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 01:08:15 ID:Oi5dGW4U0
シュテルンは10歳未満くらいですかね、見た目

370 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 01:08:33 ID:jYX1GIqQ0
おつおつ

うわー、海上の事を知らされていない閉鎖世界か、危険すぎるな

371 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 01:09:00 ID:jYX1GIqQ0
>>367
崩壊後1000年やでー。

372 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 01:10:54 ID:sCDlV0q20
子供は大事にせんといかん 殺伐とした世界なら尚更

373 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/22(日) 01:43:40 ID:/pWgW3MY0
>>366
ただし、今回の件、説明してたつもりで直前でそういうかんじなのを描写甘かった
というのはアンフェアだったなあと・・・それが今回の安価の反省点の1つだと
思います。

今後はそういうミスマッチがないようスレに書いたよなーとかじゃあなく、
できるだけ、きちんと描写の側でも入れていきますので。今回はごめんなさい。

374 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 01:53:55 ID:pyQ1HkiQ0
あーいえいえ。こっちこそぶしつけなツッコミしてすんませんでした。

375 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 04:20:32 ID:V5FrFUwY0
乙。枯れたおっさんとセメントロリ幼女のコンビとか大好きです。

376 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/22(日) 13:21:55 ID:/pWgW3MY0

祖母の病院行きまで、少し時間が開いたので、

昨日落とし損ねた

「イリヤと長門のグソクムシ世界の基礎知識その2」

投下しまーす。

へっへへ、読者が居ないうちに投下するとか、なんて外道。

377 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/22(日) 13:22:27 ID:/pWgW3MY0


                                   ___
                               _,..:::'::´:::::::::::`::::‐..、
                        f'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉
                             ヽ::::::::_;、r;=, ┬-、 :::_/
     r- 、 _                  }7゙´ /~ | |  { 、ヽ
     ヽ_、   \- 、             / i_,..|._‐_,ヘ ト、._|-、l l
   /   __  |:::::::`ト 、_            / ,1_,ィ li::jl`  l::il l_|. l    イリヤとー
   (   _/   |::::::::::|ヽ::::`^ヽ_    / /(.| lヾ=′  、` ' !:l  ト、
   {    _,. ィ:=イ:::::::::::}::::\:::::::\::ー.、__,/_/  |  l.  l ̄! ,.イ .l  l l
    ヽ- '´  ヒ/::::::::::::/:::::::::::::::::::/:\:::::::\`ー -、ヽト ..ニィ´/,} | ハ|
          ` ー< _:::::::::::::::/:::::::::::\::::::\:::::::ヽヾf^<Y^Y'\ノ ノ|       _
                ` ー-'く::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::l. L__,| |ヽ\,厂 ̄l-〜-、¬r' .)
                   ` ‐、:::::::::::::::::::::|::::::::::| リ::::| |   ∨:::::::|:::::::::::入:::ヽ\
                         / ハ::::::::::::::::::::|:::::::::リ:::::|      l::::::::|::::/:::::ノ::::| ヽ !
                        / / .|;:::::::ト、:::::::|、::::::::::::::|      }::::::|'´:::_/_,ノ \ノ
                    〃/ / |.}:::::::|:::::::::|::ヽ:::::::::::L - ‐:セノ:::::/ ̄
                        V{/| }::::::|:::::::::|::::::\;イ:::::::::::::::::::ヽ::;ハ
                        リ::::::::|::::::::|::::::::::::/O:::::::::::::::::O:ト;::|
                           |:::::::::::::::::::|:::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::l:ヽ!
                          /:::::::::::::::::::|:::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::l:::ヽ
                      /i::::::::::::::::::::|:::::::::/::O::::::::::::::::::::::::O:l:::::l
                         /:::|::::::::::::::::::::l::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::l
                    /:::::l::::::::::::::::::::l::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::l
                        /:::::::l::::::::::::::::::::l:::::::;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::l
                   /:::::::::l::::::::::::::::::::!:::::::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::l、

378 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/22(日) 13:22:58 ID:/pWgW3MY0


             /´     /   /  i    、         \
            /         ′      \         ヽ
                /    / i  八 :. \
 .            /      /       |     :.   丶 :.   ヽ     :.
         //     ′    i  i| :i     ト、     ∨  :.
          /イ   :/ :   i :| : ハ ハ     ハ ∨i         |!
 .          / |  i   |  i |.:/| :ム孑: ト、    |ー } ハ   |!   i   ハ
           |:  :|: .i|  l :七 ヘ:|   ハ| ヾ\:| ノ' Ⅵ ル i l  . : :ト\
           |:. . :|: 小:ハ.:.孑示云ミ       } 孑示云ミ  l | . :i: |     長門のー
           l :ハ |:.. .:|:ハ:∧《 r':.f:j.:.}        r'.:f:j.:.} 》/ i:| : : ハ:|
           l/ 从:. .:| }ヘ:.:ト う:::ソ          う:::ソノイ / l: : ′}
          {   ハ ハ   从/iハ/iハ    ,    /iハ/iハノイ:.∧ {
                  }ヘト、i:ヾ: :.              /:  /:.ハ
                  ハ ハ{个      ー _ −     个 ハハ/
                   ヽ: :Ⅳ >        < i / メ
                       ヽ:{   ハ >   < ハ ノ ヘ
                      / } Y !         ! Y   \
                    ´      l            l     `
            イ::::l           |__          __|           |:::::ト、
          /i |:::::|           l  >――<  :!           |:::::| i:、
 .         /:∧ 、:::::.、        |´  __   ` |         /::::/ ∧::、

379 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/22(日) 13:23:31 ID:/pWgW3MY0


                                           ____
        ,. :-:.' ー ' ¨ :.ゝ.、                     -=ニニニニニニ=-
       ,.:´: : : : : : : : : : : : : ヽ.                   iニニニニニニニニニ=ヽ
       ,.': : : : : : : : : : : ',: : : : : : ヽ、               |ニニニニニニニニニニ7
     ,':.:;':.:.:;'.:.:.;'.:./.:;'.:.:|i:';:.:.:.:.:.:.::`、`ゝ               |ニニニ___ニニニ二i
     ,':.:.i:.:.:.i:.:/i:.:/i:.:ハ:.:l:i:.:.i:.:i:.:.:.';.:.:',             |=‐i二八 \{─ト、r‐=ニ|
     /イハ:!:.:.:l:/ i/ ノノ ノリリハリ:!:i:.:.!:.l              | |笊㍉\{f笊㍉  !:i´
     i/!:.:!:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;;;;;;l:.!:ハ!              | i Vツ   Vツ 「 | |
      ∨|:.:.!          ノ/i/ノ              | ト .__ rー┐  .│ i| |
        ヘ!:|         ノ!/′   ……          |┌'´- .V⌒ヽ¨'Y| i|
         ヾ!>ー-   -- <イリ                     八|ニニニ〉 ├‐' | i| ‘,
        (;;;;;ソ⌒) ̄`´ ̄(⌒ヽ                    / /=ニ二/  :i=ニ| i| ‘,
         ヽ;;=;;/__,,、_/;;`ソ               i ∧ニ二厶_..」 二|ハノ   ′
          〉;;;;;;;;ソ:/A.i:l;;;;;;!′                  VヽハT ´|oニニo|=ニハハ八}
        ノ`;;;;;;;;;;i;!___i;!;;;;;ゝ、                  /ニ|=ニニニ/ニ二|
        (_;;;;;;;;;;;7;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;)                / 二|oニニ|=ニニニ|
         ` ̄ ̄ ̄´` ̄ ̄ ̄´                /=二:|ニニニ└r=ニ__」
                                        /=ニニ|oニニニゝ-'ニ∧
                                   /=ニ二|ニニニニ|ニニ∧
       グソクムシ世界の基礎知識ー            〈ニニニニ7ニニTニニニニ=〉
                                  `ーr=ニ/「 ̄`V二=r‐=彡
          そのにだよー                  「ニ=ー┤   |ー‐=ニl
                                     | :.:.:.:.:.:′  ‘;.:.:.:.:.: l
                                    |:.:.:.:.:.:.{    }:.:.:.:.:.:.|
          ぱふぱふー。                        、:.:.:.:.:.:.}   {:.:.:.:.:.:丿
                                        `¨¨¨´    `¨¨´

380 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/22(日) 13:24:08 ID:/pWgW3MY0


             .   ´ ̄   .
          . --'         `ヽ
         , '              ヽ
       /                 ヽ
.      /              ヽ     ',
      l   ト、 、. 、  \ヽ.__  l  l l ハ    「前回は、深海についてだったよね。
      |   i  \\ \>'´rテく`ヽ   l l l |          ディープボイジャー
      ',   !/´ _ゝ._\'´ { f j |リ |  l l l |     今回は、無 動 力潜水艦と、
         ヽ  \f.ヽ      ゝ.r'ノ'  |  l l l |
        ト. iハヾ〉       , -- -| /- く.リ     機関再生型DDHについてだよー。」
        i i i ハ "" rァ'´ {     レ'ヽ  \
        l l l i i`ー‐r‐‐‐ヘ      \ \\
        l l i l l    !   \  \    \ ヽ ヽ
        Nヽlハノ\ハハヽ.   \  \ー‐┴<\` ァ
                  ``   >、  >、 ヽ ヽ ヽ\
                        /  >vr‐へ  〉 V >'´
                       '〜 ァヘ__レvv __ム イ'´
                     /  /´~~/´
                    /  /  /
                    r‐へ __/\ /
                 \__/、__,/

381 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/22(日) 13:25:07 ID:/pWgW3MY0


      X  , -‐…‥‐- .    X
     7  rf 、ィx       \   X
        | 「"^i | l  \ヽ   :.
     」_   | 丁^ Ⅵハ厂}リi  i   _L   「でー。そもそも2つとも、ナンノコッチャ。
    !  | l≡≡  ≡≡l |  |  、メ
        l } ''' __ '''' l |  |  /ヽ    現実にあるものだったりするものじゃないよね?
        / 人 _ 廴.ノ _ イ厶ィフ
      j /入 ::マ六フ::::/ j/ |        聞いたことがないんだけど」
        '//  Y:::/「{::::::, ,′ |
      {厶イノ::::^丁::::::|人∧ハ
         〉、_ノ\::::{:xく }
           / ,    ¨´ 、\
        `く  /  } __ >′  DDHガ、ヘリトウサイガタゴエイカン、ナノハ、イリヤモシッテルヨ
          } フ^¬〈 /
           ¨     ′

382 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 13:25:19 ID:sCDlV0q20
何時から誰も居ないと錯覚していた……?

383 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/22(日) 13:25:54 ID:/pWgW3MY0



        ..- ―――‐ - .、
       ./: : : : : : : : : : : : : : :\
    /: : : : : : : /: : : : 、: : : : : : \
    ': : : : :./: : : :i: : : : : :i: :ヽ: : : : : ヽ    「それでは、まずはディープボイジャーから説明する。
    i: : : : : i: : : : イ: : : : : ト: : : i: : : : : ハ
    |: : :i: : l:  ̄/ |: : : : ハ:iヽー!: : i: : l i    これはわかりやすく言うと、非常に低燃費で航行できる潜水艦。
    |: : :l: : l: : /==ォ: : / j/==ォi!: :.': : :ト:ヽ
    |: : :l: : l: :ハf:t::|ヽ:{   f:t::| l: /: : :.| `    具体的に言うと、艦内のトリムタンクを用いて、浮上する力や
   i: : fヽ: Vi. ヒン    ヒン j/: : :i: |
   Y^ゝ.i: : :!     ′  /|: : /l/      沈む力を潜舵を使って推進力に変えて航行する。」
      \ヾ:.!、    △   _ ィ: :./
       ヾ:{/У`j ̄iヾ丁ノ l1/
        /   キ⌒} `ヽ
       ./\ヽ  ヾ¨! /∧
        ':::::::::\ヽ ヽ| //:::ハ   トリムタンクトハ、センスイカンノウキグアイヲ チョウセイスル、ミズタンクダトオモッテホシイ
      i::::::::l::::::iヾ、jljイ:::::i:::i

384 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/22(日) 13:26:54 ID:/pWgW3MY0


     ,:'"´ ̄`゙゙'ヽ、.
    ,′       ゙ヽ、
    ノ''フi゙'':‐- 、_    `ヽ    「浮上する力とか、沈む力って、なんだかよくわからなんだけど、
   //__|  |___'i丶、  /
   //,-, \|,.--、| | ゙V      具体的にはどうやってるわけ?」
   | i P」   P_」 |` |、 |
   | (" ー┐ " | |j  |
   | ヽ、`‐'__,.∠| |  |
   | | |/," トニ| |  |
   |/´/ ,  |  |/、  |
   / 〈/____|    〉 |




              -―‐- .
        ( _彡'´: : : : : : : : : : ヽ
          >: {: :{: : {\:八: :.\: : :.
        //小「ヽ\{「⌒从: : :}| : : :.      「お風呂の中で、手の平の左側をを斜め下になようににしたまま、
       ′)芹ミ ィ芹ミ、 リ : :八 : 八
        イ}_リ厂{ 込リ'丁: //) :// ヽ     水の中で上下に動かした場合を考えてみてほしい。
          八  _    |: //イ/}/
           ノ介  _ .. イ|//)八 ′    〜〜〜〜  下に動かしたとき、手のひらにあたった水が向かって右側に
             /厶/ /イ〈 \
              N / /::V::∧⌒      〜〜〜〜  上に動かした時には、手の甲にあたった水が左側に流れる。」
              j:水::::::::::::V::∧
             《八》:::::::::::::V::∧      〜〜〜〜
              }:| ||!::::::::::/\/\
              ム|_||ヘ::/ : : : : ,`ー′
            ヒj : : : : : {\_彡ヘ
              `¨¨i゚¨¨i⌒ \_ノ`77ハ
                 :____;     `¨¨¨¨´   つ つ つ
                 V∧
               V∧
                    `”’

385 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/22(日) 13:27:36 ID:/pWgW3MY0



         _/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
     ー=ニ ァ: : : : : :/: : : :/: /: : : : :、: : : :`ヽ: : : : ヽ
        / ,: : : :〃: :/: : /: │: : : : :lヽ: : : : ハ: : : : :.ヽ  「これを超巨大な規模で行って、推力に変えているのが
.       / / : : //: :/: : /: : │: : : : ::|: :!: : : : i|: : l: : : :ヽ
      / イ : : : l |: :│: :j : : ∧: : : : :l: :|\: : i|: :│: : : :.\ 今回のディープボイジャー。
      l/ |: : : :| l: :∧: :ハ: : l  '.: : : :ハ j  ヽ i|: :│: : : :}
      ││: : l|│ナ下/-ヽ |  ヾ: :/_ム'― 弋|: :│: : ! j  理解できると思うが、それだけだとものすごく移動に時間が
        j. │: : |i V ,ィテ圷、ヽ   ∨ ィチ示k l: : ト: : Ⅳ
         ヽ: : |  ハ` Vf:::::i}       Vf:::::i} Y|: : ム N   かかるので、推進装置を併用して、移動速度を稼ぐのが普通。
          ヽ |ヘ i l  ゝー'       `ー'' ハ!: :,) }i|
            `l: :ヽム        '         /:/: :ルイ    理論上はほとんど無音かつ無燃料で移動でき、
            ', : : |ヘ、     ‐       ィ' /: :/
            ヽ: :lヽ >,、       イ/7: :/      潜航深度の設定次第では超高効率の輸送船も、
            \! V厶|>ー <レ_'/ //
              , '´/ノ      L、 /         超巨大な輸送船も作れるのがメリット。」
               ,.-'   | ___._   | `ー、
         _..-‐'´     |´  _` ー<|   `ー、_




             / :. ィ.;:.:.:.:.:.:.:ヽ
          イ:.:.:.:/-|/|∧:;、:.:.〈    「デメリットとしては、浮力と重力を燃料とするので、
          リ:.:./ ●    く!:,:.:..、
           l:.:.l    ●/:./ ̄    呼気のために水より軽い気体を積むと浮力で推力が落ちてしまう。
           vヘ  -   ノ:./
            _,-+ 匸ヘ/V       したがって、人を載せる空間を作りづらい。
          ,《 ヒ⌒j 》、
          l::\ l /‖::l        また、最高潜水深度が浅いと効率が落ち
          |:::::::ト,Vイ:::::|
            |:::::::l介l:::::::|        潜水深度が深くなると異常な船体強度が必要になるのでコスト高。」
              l::::::|人|:::::::l

386 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/22(日) 13:28:47 ID:/pWgW3MY0



           , " ̄ ̄ 丶、
          /        \     「こうしたことから、無人航行が可能というのが運用の第一条件。
        ノ゙!  / , { / { / } ヽヽハ/^ーァ
    r='  \j |イ/⌒Vヽハ⌒lヽ} j} /´  搭載資材は輸送に時間がかかってもいいが、超大量であることが必要。
      ̄\ イ j :|f磷ト  f磷ハ/ノリ/
         7レヘ { ゞ''  _ `‐' {/ベ     また、障害物にも弱くて(超巨大なのに機動推力が貧弱)、
       く/ /V>  __  イ∧ヽ/
         \{ { l::lVミVl::l / ∨     航法どころか近接探知でも衛星との超短波リンク支援が必須となる。」
           Y\ヾ ∀ シ/ r'´
              |   ≧f}≦  |
           `ァー∨=∨‐く




           , " ̄ ̄ 丶、
          /        \   「ただし、移動時は、効率重視のため、浮上すること無く進むので、
            / , { / { / } ヽヽハ
         j |イ/⌒Vヽハ⌒lヽ} j}   海水面近くに住んでいるミュータントを完全に回避できるし、
          イ j :|f磷ト  f磷ハ/ノリ
         /レヘ { ゞ''  _ `‐' {/ノ    浮力と重力から得られる水流からの発電だけで推力がまかなえるので
      (( 〈/ /V>  __  イレ'
         \{ { l::lVミVl::l /\    完全に無燃料で稼働できること、あたりは大変重要なメリット。
           Y\ヾ ∀ シ/ r ´l
              |   ≧f}≦  |  |    さらに、船体上に軽い接岸設備があるので、海さえしずかなら港もいらない。
           `ァー∨=∨‐く  |

387 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/22(日) 13:29:46 ID:/pWgW3MY0


           , " ̄ ̄ 丶、
          /        \
        ノ゙!  / , { / { / } ヽヽハ/^ーァ  「今回供出された艦は設定上、80万トン級。
    r='  \j |イ/⌒Vヽハ⌒lヽ} j} /´
      ̄\ イ j :|f磷ト  f磷ハ/ノリ/     1000年前は高圧縮液化ヘリウムや合成LNG、
         7レヘ { ゞ''  _ `‐' {/ベ
       く/ /V>  __  イ∧ヽ/      船体構造によっては、月や木星算出の3重ヘリウムなどを運搬していた、
         \{ { l::lVミVl::l / ∨
           Y\ヾ ∀ シ/ r'´       という設定(非公式)。」
              |   ≧f}≦  |
           `ァー∨=∨‐く



           ..-─‐- .
          / /__ / __ ヽ         「縮退機関があるのに、なんで核融合併用してるのかって?
.          厶イ /レ`Vレ `  >
.      f⌒゙n|l | | ●  ● Ⅵ         君の世界だって原子炉あるのに
.        Y__.ノリ | ト  r‐┐ 仆x!
        {:::::\.从ゝrー‐イ乂\        火力発電所やお家のガスコンロは無くなってナイヨネ?」
       ゝ:::::::i:::ヽ v=y  ∧
          \::::::ィ≧ヘムイ::::ハ
               ̄|:::/ 介 |::::i:::|
                |::i 〈ハ〉.|::::l:::| ヨウハ,テキザイテキショ。

388 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/22(日) 13:30:37 ID:/pWgW3MY0


        ..- ―――‐ - .、
       ./: : : : : : : : : : : : : : :\
    /: : : : : : : /: : : : 、: : : : : : \
    ': : : : :./: : : :i: : : : : :i: :ヽ: : : : : ヽ  「え?最大のデメリットの誘導用の衛星はどうしたんだ、って?
    i: : : : : i: : : : イ: : : : : ト: : : i: : : : : ハ
    |: : :i: : l:  ̄/ |: : : : ハ:iヽー!: : i: : l i  あるじゃない、廠長のところで、最近たくさん確保された衛星通信網が。」
    |: : :l: : l: : /==ォ: : / j/==ォi!: :.': : :ト:ヽ
    |: : :l: : l: :ハf:t::|ヽ:{   f:t::| l: /: : :.| `
   i: : fヽ: Vi. ヒン    ヒン j/: : :i: |
   Y^ゝ.i: : :!     ′  /|: : /l/
      \ヾ:.!、    △   _ ィ: :./
       ヾ:{/У`j ̄iヾ丁ノ l1/
        /   キ⌒} `ヽ
       ./\ヽ  ヾ¨! /∧
        ':::::::::\ヽ ヽ| //:::ハ
      i::::::::l::::::iヾ、jljイ:::::i:::i ユウバク? ソンナコトキニシテタラ ニジハヤレネエヨ


      ,. -  ──   --  .
       !                \
.     i               〉
       |              /    「設定のおいしいとこだけよそからもらってくるのは
       |__ _ ___,._ __ __    i
      | i |~´´ | l li l l l``!'      2次創作の基本よね〜」
       i l ´| ̄ ` | i il‐r-!、i  |
     // ==== レレ' レ___レ1  i
     // /    ,、____  ̄``|.  l
.    // /\  /    !   ハ i    「じゃ、つぎは機関再生型DDHだね〜」
   // /  /\ゝ.___ノ ,.イi  l i
.  // /  /^ー{__ ̄_ |___j ! ji i
  // / / ヽ /   i´  ヽl i ハ
. i/ / /`ー‐/   / |∠__/V  i}

389 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/22(日) 13:31:14 ID:/pWgW3MY0



 /: .,: : : i: : : : : : : : : : : : : ,、:: : : : : : : : :.: |: : : ::::::::::::::::::|::::::::/::::::::::::::::
 : : ,|: : /: : : : ∧: : : : : . :: ::|ヽ: : : : : : . .::.| : : :::::::::::::::::::|:::: /::::::::::::::::::
  /|::/: : : ―ト-、:ヽ: :.:: : : | 斗―‐―-:::.i::::::::::::::::::::::::::|:::/:::::::::::::::::::::
    |: : :.:|::::::.::|  レ' \ :::::i  __ \ヽ、:::::|: ::::::::::::::::::: : |/::::::::::::::::::::::::
    レ::::: |: :::ヘ:i ィ=ミ、.  \| -‐≦==ミ、|: ::::::::::::::::::://::::::::::::::::::::::::::::  「まず大前提として、海洋国家は
    |: : :::| : : :ヽ`ト':::}     イ゚'::.:::::i} 》 i:: :::::::::::::::://iヽ::::::::::::::::::::::::::
    |: :::∧: ::: :ヽ代ソ      マヽ‐ソ/ |:: :::::::::::::::/:|〉 }:::::::::::::::::/|::::   生命線である海を守るために大量の船が必要」
    |: :/ ヽ:::i:::::i  ,       `¨´   i::::::::::::::::/: / /::::::::::::::::/ レ
    |:/   |::|:::从 ヽ            |:::::::::::::::::::/イ::::::::::∧/
    /   i: | :::∧             |:::::::::::::::::::|::::::::::::/
         レヽ::::::ヽ  ``         /::::::::::::::/::/:::::::::/
         ヘ::::::::i\         イ /:::::::://レヽ:::/`ヽ
          ヽ:: |  ヽ _    <  レ'|::::::/|/ i ∧'/:∧
           ヽ|     /ヽ    |:::/ /   /:::::::::∧
              _ イ  .∧    i/   /::::::::::::::::::::ヽ
          ,ィ´/    / / .〉  ノ  ./:::::::::::::::::::::::::::::::\

390 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/22(日) 13:31:49 ID:/pWgW3MY0



                       \
          /                \
        ∠ノ〉  /   /        }\〉 、
       '   〈__,_ /      _}\}\\  、
     /∧√ヘ冖 ̄         }       \ > ∧     「もちろん、大型艦も必要だが、大多数の地域では
      〈/  ' /   /  /     }  /  ,       〉
     }   /   /  /   /{ノ{ / ,   /  /   ∨ !     湾岸警備・警察活動用の海防艦やDD,DDHなどの他に
     }      /  /   //  / , /  ,   / /    !
     }       /__/_/ //  /_/_∠ィ7 /}    近海での水路啓開・測量・民間航行用のブイの設置など、
     }八   、ヘ |/// 7// / ∧ //Ⅵ!  //
  .   \\ { | ┝━━= / // /━━ァ′ //     必要な作業だけでも非常に多岐にわたる。」
      }从\丿  b__ノ    /   b__/  ,人{
        }八    |           厶イ /
           )ヘ |      '     /  }/
          _\|\     -     ィ  /
         _/     |    ┬―< / /
    _//     |    ⊥ ノ! /ハ! ̄\
   ∧ | |      | ̄ ̄ ̄ ̄/    / ∧
  厂\| |      ∨  ̄ ̄∨    / /  \



          |: : : : :.| : : : | : : : : : : : : : : : : : : : : : : |: : : : : : : |
           |: : : : : l.: : : :|: ! : : |: : : : : : : :|: : :|: : :/: : : : : : : :|
           |: : : : : : : : __|厶: : |_:|: : : : : 厶: /: _/_: /.: : : : : :|   「しかし、考えてみてほしい。
          |.:.: : : :.:∨\|Vヘ: :|:∧: : : :/j/|: :/|: /∨.: : : : :|
.           |: : : \:.: l,ィ≠z>  ハ: :./ zモ示ヾ /: : : /: ,′   スカベンジャー世界ではすべてのものはプラントから
            lハ.: : : :\:ト Vfzjハ ヽ∨  Vfzjソ 彳 : : /: :/
              丶: : : : :ヽ` ー'"          /: : : /: :/      生み出される。修理も同じく、プラント頼りだ。
           _  \ : : : ゝ     '      /: : : /j∨
          /:::`ーくヘ: : : :> _   -    _ <: : : /:::::::ヽヘ、   そうなると、計算上、ぜったいに拠点地区以外での
     _ノ三三ニ≡=- \ :.{ \> _, </ /_j/-=≡ニ三三\
     F¬≠=≡三三ニ≡= ミ`ヽ、 \_.  _/ /  -‐= ニ三三三ニ≠¬| 運用可能艦数の不足してしまう。」
     |l        ̄¨¨ ¬ー-、ヾ\V⌒V/_,, -―¬ ¨¨ ̄      l|
     |l              {{ ̄ ̄ ̄ ̄}}                  l|
.    /|l                   } |      | {                 l|
.    l |l                   | |      | |                  l|ヽ

391 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/22(日) 13:32:42 ID:/pWgW3MY0


        _ - ───----- ,フ
      / r: : : : : : : : : : : : : . \
     ,.-′´`: : : : : : : : 、: :ヽ  . :ヽ      「空母や大規模な艦隊群がクレやその対岸であるエヒメに
     /: :/: : : : : :./:   . .ヽ. :ヽ: : ヽ:ヽ
   /: : .l. . . . ..!./: :.l!: :l、: : l、: :ト:ヽ: ト. |      集中しているのは、どう考えてもこれが原因である。
    j:l: : :|: l: : |:l/: :/ !: ハ: .ハ孑、ト. :!ヽ
  /:_!: : :t: l: : !l: :./-∀‐ レ  ,ィホT、!|       しかし、皇国海軍が支配しなくてはいけない海は
  .'´ .! l: : ヘ!: :l:ト/,夂〒`ヽr-{ ヒツlノ:ト
.     〉!ハ: {ヽ: T-弌ニツ ノ 、 ーj´:/        ここ以外にも絶対に非常に多岐にわたるはず。」
    '´ ヽ!=ヘ ヘ   ` ´´  - .イ /
         ヽ:`T - .. _ / レ
         j \‐ - 、_!、__
         /      ヽ.jヽ     , 、
           l    _r ニ=、、 ヘ.',  __/  `ヽ、
           |  , 〃/ ̄`ヾミ.トr´r '       >- ' ¨ ´ `>、
.           ト, // /:::::::::::::::::ヽ::::Y     /      / /
        ∨/./::::::::::::::::::::::::l:::::l    /      / /
         ト、/!::::::::::::::::::::::::::l:::::ト、、/   _/、  ソ
            !::::::l::::::::::::::::::::::::::l:::::|  Y--ヘ´/::::::::}- ′


               _..-――-- ..._
       .. -―''" ̄::::::: :::: ::::: ::: ::::::: :ヽ..
     / ... ... .:::::..:::::.::::|:: ::: :::: :: ::: ::: ::: :: ``\
    /. .. .. .. :....::....::::.:::.:::|::::::::::::.:::.:::.:.::: :: :: : :: :: :ヽ     「今回作中でサセボを出したのは、推定される中で
   /.. . /. .......:::.::::.:::.:::::::::::|::::::::::.:::::ヽ:::.:::::.::::.:.:: ::: : :::ハ
.  /.〃/.:.:./:.::::.:::::::;::::|::::.:/|::::.:::::::.|  \:::.::::.::::: : :: : ::::|    最も造船プラントが残っている可能性が高い土地だったから。
.  |/ /.:.:.:.:|::.:.:.:.:.::/:::│:/ |::.::: ::::|   `_::::::::::: : : :: |
.   ,'.: .:::.:.|:.::::::.:::厂 ̄丁` |:::.::::.::|   ̄ \ ̄::|:: : :: ::|    しかし、船舶は使えば壊れるもの。
  |.::::::::.|::.::::::::|:  二   \::.:::|   _  \::|::: :: :: |
   |..:.::::::ハ.::::::.:|/γ:::`ト   \| 彳 ̄.`ド ::.:|:: ::::: :|    そして、修理プラントは存在してもそれほど大量とは思えない。
  |  ∧:::\:::|ヾ〈:: ..::::|       |::.. ...:::| |::::.!:::::::::八
.   | ./ ヽ|::.::`:  ヽ辷ノ      弋:::::..:ノ..|::::::::.::.:/:「    なぜって?超科学で作成された船が大量生産に向いているとは
   ∨   .|::.:::::::|       .      ̄  ,|::.:.:::::/:、|
          |::.::::八         _      /::.:::/      思えないから。」
        |ト、::::::::>- ..__         _..〃:/
.         ‖ \::::   ,r=ァ― T<´ //
            ̄./:::::::丿  Ц:::\
           /.... . ...├―─‐┤: :::\
          /:ヽ. . . . . .レ'':⌒`ヽ|: : : : : :>、
            /\::ヽ. . . . レ''⌒`ヽ1: : : : :/::/ヽ
        /:::\\::\. .|. . . . . . ノ: : : :./::/ /::ヽ

392 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/22(日) 13:33:41 ID:/pWgW3MY0



 /: .,: : : i: : : : : : : : : : : : : ,、:: : : : : : : : :.: |: : : ::::::::::::::::::|::::::::/::::::::::::::::
 : : ,|: : /: : : : ∧: : : : : . :: ::|ヽ: : : : : : . .::.| : : :::::::::::::::::::|:::: /::::::::::::::::::
  /|::/: : : ―ト-、:ヽ: :.:: : : | 斗―‐―-:::.i::::::::::::::::::::::::::|:::/:::::::::::::::::::::   「そうした事情で設定されたのが今回の
    |: : :.:|::::::.::|  レ' \ :::::i  __ \ヽ、:::::|: ::::::::::::::::::: : |/::::::::::::::::::::::::
    レ::::: |: :::ヘ:i ィ=ミ、.  \| -‐≦==ミ、|: ::::::::::::::::::://::::::::::::::::::::::::::::   機関再生型DDH。
    |: : :::| : : :ヽ`ト':::}     イ゚'::.:::::i} 》 i:: :::::::::::::::://iヽ::::::::::::::::::::::::::
    |: :::∧: ::: :ヽ代ソ      マヽ‐ソ/ |:: :::::::::::::::/:|〉 }:::::::::::::::::/|::::   これは、プラントによる維持限界を超えた艦を
    |: :/ ヽ:::i:::::i  ,       `¨´   i::::::::::::::::/: / /::::::::::::::::/ レ
    |:/   |::|:::从 ヽ            |:::::::::::::::::::/イ::::::::::∧/      現代人でもメンテナンス可能なディーゼル機関や
    /   i: | :::∧             |:::::::::::::::::::|::::::::::::/
         レヽ::::::ヽ  ``         /::::::::::::::/::/:::::::::/         小型プラントで生成できる個別機械に差し替えた
         ヘ::::::::i\         イ /:::::::://レヽ:::/`ヽ
          ヽ:: |  ヽ _    <  レ'|::::::/|/ i ∧'/:∧        物がそれにあたる。」
           ヽ|     /ヽ    |:::/ /   /:::::::::∧
              _ イ  .∧    i/   /::::::::::::::::::::ヽ
          ,ィ´/    / / .〉  ノ  ./:::::::::::::::::::::::::::::::\


            /                    ̄\_
             <                         \
        /                           \__,
                      |      |/             \_/  「かるく調べてみた範囲での情報だが、
                      |    /|                \
      |      {      |  Χ  |    |/           丶  メタルマックス世界は店売りにディーゼルの
      /         {       |/  \|  /l∧     >         〉
             {       |___|\  ′}    /     >  /}  パワープラントが存在していたようだ。」
    /_ノ       {     〈 r┐...  \     } ―/┼― /  //
      }    __      Ν/_)::::::|\_> / /_/ /  / /
      }   /   {     |.::::::::::/     }// ̄ ̄.< 〉   /
      }         {      ||:::::::/       ∪::::::几!    八{   「そのことを考えるに、海上用ディーゼルも
      }  ∧\  {       /  ̄         |:::::::.′/  /
      } '  }    ̄{    /             、 \/ 厶イ       ある程度はメンテナンスできる可能性が高い。」
      }/  }     {     /                  l  |
            ∧∧  /            ―       .   |
            」/ ̄\丶/                    _ イ   :
       _/ \   \         、___  <l |  |
   __/\\   \   \      从{ ∨       |  /
  /    \\   \   \     / ̄\         \{
/       \\   \   \  \  \
          \\   \   \__>  _\
            \\   \   \ニニニ> _ }\

393 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/22(日) 13:34:32 ID:/pWgW3MY0


        ..- ―――‐ - .、
       ./: : : : : : : : : : : : : : :\
    /: : : : : : : /: : : : 、: : : : : : \    「というわけで、大陸が巨大な穴ぼこになってしまった結果、
    ': : : : :./: : : :i: : : : : :i: :ヽ: : : : : ヽ
    i: : : : : i: : : : イ: : : : : ト: : : i: : : : : ハ   海域維持のために大量の艦を抱えなくてはならなくなった皇国南領は
    |: : :i: : l:  ̄/ |: : : : ハ:iヽー!: : i: : l i
    |: : :l: : l: : /==ォ: : / j/==ォi!: :.': : :ト:ヽ  権益維持のためにこの種の2線級船舶を大量に抱えている。
    |: : :l: : l: :ハf:t::|ヽ:{   f:t::| l: /: : :.| `
   i: : fヽ: Vi. ヒン    ヒン j/: : :i: |    というのが、この世界での南領海軍部での設定。(非公式)」
   Y^ゝ.i: : :!     ′  /|: : /l/
      \ヾ:.!、    △   _ ィ: :./
       ヾ:{/У`j ̄iヾ丁ノ l1/
        /   キ⌒} `ヽ
       ./\ヽ  ヾ¨! /∧                     「衛星ないと、マジ艦艇たくさんいるんだぜー」<<1
        ':::::::::\ヽ ヽ| //:::ハ
      i::::::::l::::::iヾ、jljイ:::::i:::i キニナルカタハ、ショクミンチシハイジダイノ、イギリストカ、シラベテミルトイイ。

394 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/22(日) 13:35:17 ID:/pWgW3MY0



          _,. --- 、
     ,. イ; ; ̄; ; ; : : : : : :\
   r‐'´; ; ; ; ; ; ; ; ; : : : : : : : : : :>   「この辺まで?あ、おっけー。
  i; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ___: : : : /
   i ; ; _;:-‐ ' ヘ ̄、 、ヽ ̄ Y      というわけで、なかなか海底施設の解説にたどり着かないグソクムシ講座。
   Y´   |'゙'゙'ヘヽ,ヽ ヽヽ、 , 'i
   |   | |/゙ ヽ,ヽiヽ,ヽiY  |
   |   | | ,ィ=v、  r=k.ゝ i     次回こそ、海底世界の謎に迫りたいわね。
   i  ; i |ヾ,k__ソ   {.j_」|  |
   |  ;(i i     ,    i  |
   |  ; i |   r ‐z /i  ',    それじゃあまたねー。
   ! i  iハ ',ヽ .,__,.ィ' 〈\  i
.   l |  リA Y=x^Yヘz⊂_ \!
   | i /‐-', | ヽ! ',ヽ: : K__rゝ‐ 、
   | |/: : : : : ヘ }‐-|  ヽ: :Y´; ; ; ; ;|
.  | ,i: : : : : : : ',i: : :|   ヽ: L:-‐ー┤
  iリ i!: : : : : : : :リ: : :レ〜‐:ゝ: i; ; ; ; ;ij
  |! i: : : : : : : : :|: : : : : : : ':,: : :|; ; ; ; ;;|

395 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/22(日) 13:38:04 ID:/pWgW3MY0
今回はの講座は以上でーす。

あくまでフレーバーですが楽しんでいただけると幸いです〜。

それではー。

396 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 13:38:07 ID:N5VGGm8I0
乙ー

397 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 13:39:16 ID:mx1qtcOM0
本編投下と解説乙でした

ところで教会とシスターってことは、「宗教」がある地域に生きていたのか?
スカベ本編によると、宗教は皇国を占領している軍隊によって徹底的に迫害弾圧され、事実上存在しないらしいけど
その辺はパラレルかな

398 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 13:40:13 ID:sCDlV0q20
おつおつ

399 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/22(日) 13:52:25 ID:/pWgW3MY0
>>397

おうっふ、細かい設定齟齬ですね。見落としていました。
別に宗教的なところが主眼ではないので、教会の廃墟で孤児院をやっていた、
という当りでどうでしょう?

400 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/22(日) 14:15:00 ID:/pWgW3MY0
ちゅうわけで、投下も済みましたし、
ちょっと祖母の見舞いに行ってきます。

あと、多分、明日の夜、続きやると思います。
よろしくお願いしますー。

401 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 14:18:35 ID:qL7iNr0U0
乙でしたー

402 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 15:47:51 ID:ZeN1Uh/o0


403 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 16:23:34 ID:n8tNICIw0
大ぴらな宗教団体は消えたかもしれんが信教の自由が消えたわけでもなし、
戦前の宗教関連書物を焚書したわけでもないんで
キリスト教の本読んでその生き方を実践してたような人達の小さなコミュニティとかでいいんじゃね?
それにほら、南領で佐世保て長崎市が目と鼻の先だしな・・・。(黒島とかもあるしな!)

404 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 16:38:36 ID:mx1qtcOM0
>>399
問題ないと思う。

>>403
いや、宗教コミュニティが生まれそうになるたびに軍隊が介入して解散させて(実力行使含む?)いて、信仰の自由も奪われているらしい。この分だとたぶん焚書もされてる
あと、本来世界が厳しいほど宗教が根付くはずなのに、それらの弾圧と過去の歴史を経て反宗教的思想が広まっていて、宗教が育たない土壌になってるらしい
(反宗教という宗教に軍も民も洗脳されてると言える。スカベ世界の底辺の人間に、底辺なりに慎ましく生きている人間が少なく、どこを見てもヒャッハーが多すぎるのはこのせい?)

405 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 17:29:43 ID:nlBkDqzM0
粗品
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1379675525/215

406 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 17:47:53 ID:n8tNICIw0
>403
そこまで徹底的な弾圧を継続し続けはしないだろう。いくらなんでもそれやると住んでるコミュニティの死体の埋葬とかその辺に問題が出てくるとおもうんだがな?
あと「皇」領の基本の部分がゆるぐぞい(国家神道の否定まではいるが)
(墓地等が出てくる以上コミュニティにその手の宗教的な部分がのこってないと、科学的手法で死体は処理してソイレント・グリーンとか平気でやってる世界に・・・)

407 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/22(日) 17:49:35 ID:/pWgW3MY0
もどりー。

>>404
面白そうなネタですので考察してみます。


小さくて新しい宗教団体ほど、最初に貧しい層、老人た子供などの弱い層の取り込みにかかります。
飢えた&打ちひしがれた小集団ほど取り込みやすい連中は無いですから。


それで、次にやってくるのは、小集団を組織化すること、そのつぎがたいてい武装化と純化です。
信者という有限の資産を取り合う以上、信者にとっての「解りやすさ」が必要になります。
既存宗教との差別化のために「純化・過激化」するのは中東付近を見ても、本当にふつうのコトです。


あと、そういう死亡率の大きな場所では穏健派という表現自体、信用できないのが普通です。
(名前が同じでも、戦死やら病死など含めて、いつの間にか中身が入れ替わってるとか、数年単位で
考えた場合、普通に起きたりするので。)


ここまでだけでも普通に手に負えないわけですが、
スカ世界はさらに、銃器と爆薬が手に入りやすいというおまけ付き。
比叡山焼き討ちの原因の「僧兵」が生えてくるのにそう時間はかからないと思います。



あと、こういうヒャッハーな世界観の場合、ついていけない人間が頭皮のために選ぶものなんて、
宗教か、ドラッグか、性産業か、自死・・・メジャーなのだと、その位のものですよね、多分。


で、この4つのなかで、皇軍や中央政府にとって面倒の種になる、「自分たち以外の頭」が生える
可能性がある選択肢というと、「宗教」位・・・。


しかも、半端な潰し方をすると、旧宗教団体の幹部が以前のノウハウを持って新しい宗教団体を
立ち上げる、というコンボが、現代日本ですらあちこちで発生しています。
(ちなみに、上記の理屈、完全に現代マルチ商法の類にも当てはまります。)


その辺を考え合わせると、自分が皇軍士官なら、新旧とりまぜて全部根切りしたほうが早い、と
考えるのは十分ありそうな話に思えますね。


そして、それが繰り返されれば、宗教に対する忌避感が生えてくるのは分からないでもないかと。
だれでも、バカに関わって死にたくない、とは思うでしょう。何も知らない子供以外。


まあ、以上はすべて、私の妄想にすぎませんが。

408 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 17:51:02 ID:g98BRbJY0
頭皮のためか……そうだな、ワカメとかどうだろう……

409 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/22(日) 17:53:34 ID:/pWgW3MY0
>>405

うっひょーーー、テンション上がってきたァァァぁ。

もう支援がAAもらえるなんて・・・ありがとう、ありがとう、本当に有難う!

俺、頑張る!!!

410 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 17:54:28 ID:g98BRbJY0
よし!今から投下行こうか!

411 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/22(日) 17:55:13 ID:/pWgW3MY0
>>408


わかめ・・・わかめ・・・。
なんで頭皮だよ、逃避の間違いだよっ・・・・・。
くそう、恥ずかしい・・・。

412 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/22(日) 18:01:27 ID:/pWgW3MY0
というか、本編の方も結構誤字脱字が多くて読みづらいんじゃないかと・・・。

創作活動って本当、難しいですね。


>>410
テンション的にはやりたいところですが、だからって晩飯前に本編は投下時間の約束違反に
なりますので、ご勘弁を。ちょっとやる夫の口調考えるのもやりたいので。

413 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 18:02:48 ID:kY..PKrA0
>>406
本社で確か死体は発電プラントに放り込まれるとかあったような……記憶違いかもしれんが

414 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 18:03:13 ID:X2lZ3OOQ0
よし、とりあえずブリッジで待機しておこう

415 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 18:17:14 ID:MhRtRUys0
>>405
凄ぇ!G.T!

416 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 19:17:28 ID:cQ6/MP8M0
>>405
かっこいい!!

417 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 19:22:00 ID:ZeN1Uh/o0
>>407
ハニートラップで、実際に国益が損なわれてる状況や、
パブロ・エスコバルみたいな例もあるし、宗教だけが特別ってこともないかと

418 名無しのやる夫だお :2013/09/22(日) 22:46:40 ID:T93bj2SQ0
>>405
凄ぇ!G.T.!

419 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 10:22:17 ID:nUgyRmoQ0
ディープボイジャーの船員は呼吸不要なレベルの義体やら自動人形やらを乗せておけば空気すら要らなかったりで便利そう

420 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 17:29:27 ID:Mw7cV7mg0
グレート・シング バイオレントルーラー キングフォスル
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1379675525/282-283

421 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/23(月) 17:46:00 ID:9NVEp40g0
こんにちわー。

予定通り今夜演る予定ですが、もしかしたらちょっと遅れて開始の可能性があるので、
念のためお知らせ。

一応、目安は22:00前後の予定ですが、遅れるようなら一度コメいれますね。

>>407
今回のところは宗教だけに対する妄想ですから。

ただ、メデジン・カルテルの場合、資源の1次供給元から初期消費地への交通路を
陸路と海路、両方完全に抑えていたことが初期躍進の鍵だと思っています。


しかし、スカの世界観だとどう考えても麻薬汚染って、国外からの流入などよりは、
圧倒的に軍用のアンフェタミン系あるいはその類似の覚醒効果のある合成麻薬
・・戦前のヒロポンと同系ですね・・・がそのまま流通している方が多そうな気がします。

特に、南領では九州南部での消耗率のひどい戦闘が続いている、という話ですし。
そういう場合、この種の麻薬はかなりの頻度で使われる気がします。
(実際、現在でも米軍あたりは軍内部での戦闘時ストレスや戦場での警戒能力向上
などの理由でアンフェタミン系麻薬を活用していたはずです。(知識が古かったら失礼))


そういうわけで、”多分、麻薬が流通するなら軍がその供給元”という可能性を考えると
宗教という精神的麻薬の方が筋が通るかな〜とか思いました。

まあ、これも、公式情報じゃなく、妄想ですが。

422 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 17:50:13 ID:AYKTk7ZU0
把握

423 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 17:50:24 ID:BL.g25CU0
了解ー 楽しみにしてます

424 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/23(月) 17:59:56 ID:9NVEp40g0
うっふ、>>407でなく、>>417様ですね。
間違いました・・・。

あと、
>>ハニートラップで、実際に国益が損なわれてる
件は、当然常に起こりうることだと思いますが・・・
でも、それが原因で新しい指導者などが生えてくることは少なそうなので。

そういうレベルで判断すると、皇軍にとって”他に先んじて踏みにじるべき”対象ではない気がします。

ただ、義体や自動人形あたりの存在もあるので、複数の女性士官をハニトラする男性スパイや、
複数の男性士官をハニトラする女性スパイなんてのはおもしろそうなモチーフかも。

義体やら自動人形つかって引っ掛けて脅迫して、なんてのは、軍内部で足引っ掛け合うのにも
使えそうだし、ありそうな話ではあります。


>>420

やったー、紫シャコとシーラカンスがいる、シーラカンスがいるぞー。
懐かしいドラム音が脳内に響きだすぜ・・・。

むう、ちょっと出てくるまで時間はかかると思いますが、ぜひルートに乗って欲しいですね。
私も出したいし・・・。
今夜も頑張りますね。

425 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 20:45:50 ID:TlAl8vsY0
廠長のところに南領の地図上がってたけど
戦場らしき範囲が広い…

こりゃ麻薬が欲しそうだ

426 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/23(月) 21:17:18 ID:9NVEp40g0
うむ、予想はしてましたが、
案の定、天草南部(牛深)ー八代ラインが最前線の海上補給ルートの有力選択肢ですね。

現在、計画上での話ですが、島原ー天草市北部ルートの架橋計画があるので、
それが実現していれば、九州山脈東ルート(宮崎方面)、九州山脈西ルート(熊本南部方面)の他に
長崎-天草経由の八代ラインの補給線が組めるので、非常に面白い戦線になりますね。

ガンパレ時代とかにも妄想していた話なので、非常に良い場所に戦線ライン引いてくれました。
廠長さすがとここは言っておきたい。

427 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/23(月) 21:26:25 ID:9NVEp40g0
・・・しもうた、記憶だけで書いてしまいましたが、

想定している補給ルートが現在のフェリー航路ラインなので、

最北端が天草の上島経由八代市行き、
中央航路が上島の大道から八代と水俣の間付近にある桟敷港行き、
南側が長島経由阿久根市のラインですかね。

戦線の前進に合わせて補給物資を下ろす地としてはかなりいいかと思います。
どれもJR沿線ですし、国道三号線経由の搬送にも便利なんですよねー。

428 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/23(月) 21:46:28 ID:9NVEp40g0

廠長のところの地図の戦線を見るに、阿久根市->えびの->西都という戦線ですので、

おそらく、熊本側は西から出水付近、人吉盆地に師団前線があり、
水俣が出水〜阿久根側の前線補給拠点、
八代が中央資材集積地、八代->人吉への補給は現在の球磨川鉄道経由かな。

こちらがおもったより戦線上がっていないのは熊本の第八師団の存在と
福岡->熊本からの陸路と、佐世保->天草経由の海路の2方面からの補給量の差と見ました。

それに対して、押し込まれている宮崎側は、四国側経由からの補給線をうまく繋がないと、
地形的にこのままあっさり日向あたりまで押し込まれる可能性がありそうな感じ。

阿蘇山経由の陸路補給では輸送量稼げないでしょうし、そりゃあ、オオガが大変な鉄火場
なのは非常にわかる気がします。

まあ、これも完全に妄想ですが・・・。
悲惨な戦場とか夢が膨らむわー。

429 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 21:49:02 ID:BL.g25CU0
欝の予感!

430 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/23(月) 21:49:39 ID:9NVEp40g0
というわけで、22時ちょっと過ぎから始めます。

ちょっと投下時間の試行錯誤とかしながら行きますので、少々お手間かもしれませんが・・・。

本日もしばし、お付き合いください。

431 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 21:52:39 ID:KcDkgYJM0
問題は南領の軍が未支配地域の敵と戦うだけじゃなく
内部分裂してることですなー

投下も待ってます!

432 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 21:52:55 ID:.SESfbso0
末期戦とか最高ですよね……

433 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 21:54:18 ID:BL.g25CU0
ハーイ

434 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/23(月) 21:56:27 ID:9NVEp40g0
悲惨な中でもグッと笑う。それが男というものじゃないですか。

たとえ、残るのが自分ひとりだったとしても(こなみかん

435 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 21:58:41 ID:BL.g25CU0
そんな趣味の小学生嫌だwwww

436 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/23(月) 22:07:46 ID:9NVEp40g0
すいません、それじゃ始めます。

今日はゆっくり目で。

437 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/23(月) 22:08:06 ID:9NVEp40g0

     __ _____
     / ||___ |_| ___||ヽ
   ,==={[_]}={[_]}==、
   {  /   _ノ  ヽへ\ }
    { }   ( ―) (―) { }
   .{__}.u   ⌒(__人__)⌒ し'
    \     ` ⌒r'.二ヽ<
    /        i^Y゙ r─ ゝ、
  /   ,     ヽ._H゙ f゙ニ、|
  {   {         \`7ー┘!


 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ とりあえず、走って行く少女の後ろを油断なく、しかし気取られない程度に緊張しつつ追いかける。
 ┃
 ┃ 得体のしれない場所、それも広範囲に視野が通る場所を移動するのは嫌なものだ。
 ┃ といって、身を隠すような場所は外周部か、先ほどのピットと呼ばれるゴミ穴しかない。
 ┃ 敵の一人でもいればあっという間に蜂の巣にされるな、と感じるが、あえてそれを意識の端へと
 ┃ 追いやって進む。
 ┃
 ┗

438 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/23(月) 22:14:24 ID:9NVEp40g0


   |       | |        |          |          |          |          |          |   .//:
 _|____| | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  //:::
   |       | |        |          |          |          |          |          | .//:::::
 _|____| | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|//:::::/
   |       | |        |          |          |          |          |        //:::::/
 _|____| | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l ̄ ̄ ̄ ̄ //:::::/ __
   |       | |        |          |          |          |          |      //::::://
 _|____| | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l ̄ ̄ ̄ //:::::/
   |       | |        |          |          |          |          |    //:::::/
 _|____| | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l ̄ ,フ7/:::::/
   |       | |        |          |          |          |          l/´ //:::::/
 _|____| | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ /´  .//:::::/
   |       | |        |          |          |          l       ./   //:::::/
 _|____| | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ /   //:::::/
   |       | |        |          |          |          l     ./   //:::::/
 _|____| | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ /   //:::::/
   |       | |        |          |          |          l   ./   //:::::/
 _|____| | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ /   //:::::/
   |       | |        |          |          |          l ./   //:::::/
 _|____| |二二二二|二二二゙三三三三三三三|二二二二二| /   //:::::/
 _|____|_|ー───┴────────────── ,∠______//:::::/__
                                        \     └'―'  `ー―-- 、___
                                        \

 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ ピット群の外周までくると、どうやら行き先に見当がついた。
 ┃
 ┃ 壁際に部屋の壁を登るように金属製の階段が見えた。その階段を登った先に広めのデッキがあり、
 ┃ その上に監視哨のような小屋が見えた。
 ┃
 ┗

439 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 22:15:07 ID:BL.g25CU0
監視…… スラム的な場所なんだろうか

440 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/23(月) 22:18:41 ID:9NVEp40g0


               ___      ___
               >‐-: ミヽ-‐': : : : : : : : :`丶
               .: ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
             /: /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
          /// : /: : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : ヽ: : :.
           /  /:/: : : /: : : /: /: : : : : :,イ: : : : : i: : : : : : |
              //|: : /: /: : : /: /: :/| : : /.: :.l |: : :.|: : : |: : :|
.             {' |: /|:/ !: : /: /|: //! : /: :./」.|:_:_:」: : : |: : :|  「すみません、ゴミ爺、
                |/ .|:|: |: : | /¨「¨/小/|: / .j/レ'ヽ|.: :.八.: :|
                {  |:|:八 : イ云笊j/ j:/,イ云笊/:/: |: : :|   さっきのイレギュラーなんですが、
                从: : \|弋/ソ    弋/ソl : : :|) |: : :|
              /: : |: :|: :ハ   '       |: : : l: :|: : :|   ちょっと困った事に・・・・。」
             '⌒|: |: :|: :|人   - -   /}: : :ノ: :|:八|
                  レ'}:/∨}/}j:>   __  イ ,ノ イ¨ ̄¨¨\
                ' ./⌒ヽ/:::7}::{二}:/:::::::/:::::::::::::::::::::::\
               /:::::::::/::::/彡ミ/::/: /:::::::::::::::::::0:::::::::ヽ
              /::::::::::::〈:::::::/==/::::::::〉/::::::ィ======〉
            イr===r──只─- 、././:彡 '::::::::::::::::::::::::::: /  「お手間をかけますが、
               `{::::::::::::::|   // }    }:::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::/
               \::::::: |  .// .}    |::::::::::::\::::::::::::::::::::::::/    出てきてもらえませんか?」
               < ̄ //|____ヽ___./:::::::::::::::::ヽ彡:::::::::彡{
                / ̄ ̄¨/::||::::::| |:::::::::::::::::::::::::::::〉:::::::::::::::∧
                  /\二/::: ||::::::ヽ二二二二二イ|::::::::::::::::::∧
             /::::::::/ ::::::::: ||::::::::::::::::::::::::::::::{.  |::::::::::::::::::::∧
               /::::::::/::::::::::::::∧::::::::::::::::::::::::::: ヽ  |::::::::::::::::::::::∧
           /::::::::〈::::::::::::/:::::\:::::::::::::::::::::::::::〉 .|::::::::::::::::::::::::∧

 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ 少女は金属製の小屋の戸をノックして開けると、中にいると思しき人物に声をかける。
 ┃
 ┃ 中からの気配を感じ、階段の途中で足を止める。
 ┃ さすがに、許可を得ずに少女の後ろから中を覗き込むのは失礼だろう。
 ┃
 ┗

441 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/23(月) 22:24:39 ID:9NVEp40g0


                         Fニ:、     _,. -―‐‐- 、
 _,n--- ――――― ┬i           r\ \    ゙、 ┌┐ 、_/_ \
└る'ー―――‐‐ '''"て.)二 --―――‐‐'-:{: \ 丶  ゙: l二!/メヽ   ヽ
            ,ィ‐''''''' '''''''''' """"゙゙゙ ´  ̄`i\ \ `、,.―-、  \  !
            /ij、      __゚_        f|. \,ヘ ゙、i// i__ ,,....l
              l !i!     。 ''゙""゙ 。     i:|.   ヾト'ジ" ̄
             |. lリ                  ゙i|
            |: ||                   j:    「なんじゃなんじゃ、いったい!
                |: h               ||
               l: i!i!                ヾ,.__   誰かが投げ込んだ死体なんぞいつものことじゃろ。
              Fニニi'              ___i―:ヲ
             r=!! i:k:-ァn--――‐‐ '''' "´Hi' )゙|  i:|  イレギュラーがどうしたんじゃ。
             「|" |l(Oi,|:|,,...........................::::::i レヾ.|  ゙:|
             ! !  ||;ゞ;;:シ--――‐ '''''i し'ィ':jll''''|.  :|  生体だって大切な資源なんじゃぞ・・・。
          | |  :i|ー'              |i::l:l| |:  :|
           l |  ;i|                 |i::l:i| |:  :|  生きたまま資源にしてしまえばいいのに。」

 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ 中から出てきたのは、まさしく箱だった。
 ┃
 ┃ 四角い足をガシャンガシャンと鳴らしながら、出てきた箱に、君は驚きを隠せない。
 ┃
 ┗

442 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 22:25:56 ID:ia6AEEtk0
人間じゃねぇ!!

443 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 22:25:07 ID:BL.g25CU0
!?

444 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 22:26:41 ID:.SESfbso0
ジェイムスン型だと……!?

445 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 22:27:05 ID:eHuBXoAA0
ジェイムスン型義体ww

446 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/23(月) 22:29:07 ID:9NVEp40g0


         /^ヽ、    /^ヽ、
      っ'   , -o---o-、  ゙'c                         ー==ミ、...:.:.¨ ̄ ̄¨:.:..、
        i ̄ ̄i| ̄。゚。 ̄|i                        /:.二`:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.\
        l    l|.    .|l                      /:≠´/.:.:.:.:.i:.:.:i:.:.:..:.:.:.:.:',:.:.:.:.
        i__i|_____,|i                      /'/:.:./:.:.:i:.:.:.i:.ト、ト、|、十,:.:.i:.:.:.:.i
        ,-ol__l,-o__o-、                      i:.:/i:.:.:.:|ヽ_ヾ` て!ノ≫:.:.!_):.:.|
         / / / /    .ヽヽ                        l/ .i!:.i:.:〃ゞ'      iノ:|:.:.:i:l
       (0)) .(0))     (0))                          iヾ\、!   __    ィ:/:.:.:i!ヾ
                                             |ハ:>―‐ ≦=,i/:.:i:/i!
                                             i! .ヾ:.:ノ}ili{il/ili\'_

 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ ジェイムスン型義体?聞いたことは会ったが初めて見た。
 ┃
 ┃ 見たとおり、箱にしか見えないが、たしか、あの箱のなかに脳があり、あれでも一応人間、
 ┃ いや、義体のはずだ。
 ┃
 ┗

447 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/23(月) 22:33:42 ID:9NVEp40g0


                         Fニ:、     _,. -―‐‐- 、
 _,n--- ――――― ┬i           r\ \    ゙、 ┌┐ 、_/_ \
└る'ー―――‐‐ '''"て.)二 --―――‐‐'-:{: \ 丶  ゙: l二!/メヽ   ヽ
            ,ィ‐''''''' '''''''''' """"゙゙゙ ´  ̄`i\ \ `、,.―-、  \  !
            /ij、      __゚_        f|. \,ヘ ゙、i// i__ ,,....l
              l !i!     。 ''゙""゙ 。     i:|.   ヾト'ジ" ̄
             |. lリ                  ゙i|
            |: ||                   j:!   「で、どうしたんじゃ、
                |: h               ||
               l: i!i!                ヾ,.__  ん?後ろのそれは誰じゃ?」
              Fニニi'              ___i―:ヲ
             r=!! i:k:-ァn--――‐‐ '''' "´Hi' )゙|  i:|
             「|" |l(Oi,|:|,,...........................::::::i レヾ.|  ゙:|
             ! !  ||;ゞ;;:シ--――‐ '''''i し'ィ':jll''''|.  :|
          | |  :i|ー'              |i::l:l| |:  :|
           l |  ;i|                 |i::l:i| |:  :|



 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ 問いかける口調の義体。
 ┃
 ┃ もしかして・・・、まさか、これが彼女の言っていた「ゴミ爺」なのだろうか・・・・。
 ┃
 ┃ とりあえず、あの型の義体に直接装備はほとんど無理なはず。
 ┃ まずは、階段を登って、情報交換を試みてみることにしよう。
 ┃
 ┗

448 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 22:33:50 ID:O7pKCKV60
電光戦車みたいなもんか

449 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 22:34:12 ID:BL.g25CU0
それ扱い……

450 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 22:35:33 ID:jzXBLevQ0
ヘドロの海に叩き込むことも辞さない

451 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 22:35:43 ID:ILrS6Tt.0
>>448
燃料じゃねえよ!?>脳みそ

452 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 22:38:29 ID:20lj6pss0
電光戦車は液体人間電池で動いているからね。

脳髄だけで生きてる義体とはちと違うかな。

453 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/23(月) 22:40:42 ID:9NVEp40g0


                   -―- 、
                  ,. -‐- 、 i ,. -‐==‐- .,
                  / -―‐-: : : : : : : : : : : : : `: . 、
                  /,. :´: :,. : : : : : : : : : : : : : : : :ヾ: : : :ヽ
                /: : /: : /: :/ j: : : : : : : : : : : : :’:, : : ゚.   「さっきのイレギュラーですよ。
                 ,: : :/: : : /: :イ: :i{: : :! : :_:_:_ : : : : : : ゚,: : :'.
             i: :j !: : / !7¨ ̄!゚.: : !{ヾ: : : : ̄¨: : : :i : : i   死体じゃありませんでした。
             l:.ハ:i: :/: :l:z示沁ヾ: :!`  仍心7 : }:/ : : {
              j' ヾ: :{: :iト 匁 ソ  ヾ  匁 ソ.}:.j/!}/! : {   ダストシュート経由だと、普通は途中で”殺菌”されるし
                jヘ:ヾ!:}    、        }: : :!7ノ : {
                   j! : :.            j: : :jイ: : !:{   子供仲間やミュータントでもなさそうだったので、
                   /} : 人    。     i: : /: : : jヘ、
                /´]: :iイ: >         イ.:./イ/:./    不思議なんですが・・・。」
                     ヾ{.ヘ!从z‐≧=≦‐- 、!:/ /j:/
                   `  j//i.三!//////7、  ′
              ,. -‐‐- イ77ツ//,!三!//////{ァ≫-- ..,___
             ////////j/∧///i.三!//////j!i///ハ ∨///ム   「当人いわく、海上から来たと言うんですが
            ////Y///{//∧/,.z≠=ミ、///////イ//////∧
          rf/// / ///i≧ァ`7/ム///////,ヾ ///厶7/////////ム  どうにも私には信じられなくて・・・。」
          { z≦ニミ、/j/{{ {{//∧///////,イ///〃===ミ'/////ハ
          ,.z≪三7 ヽノ.!/7/∧ ∨//ハ////////イ!′三三三.ヾ////゚.
        , ≪{三三Y、ヽr'‐'/!///} }/,f´_}三ヘ//////ハ三三三三三≫-‐j
.     ////ムニ彡'¨´r‐¨ー}///j }/ {. _}三ニム/////∧三三三三三≫'

 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ ”殺菌”ってのはもしかして・・・。
 ┃
 ┃ まあ、とりあえずまだ生きているのだから、不用意な言葉は気にしないことにして、
 ┃ ”老人”に声をかけてみることにしよう・・・。
 ┃
 ┃<<次安価です。>>
 ┃
 ┗

454 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 22:40:52 ID:O7pKCKV60
いやぁ、脳味噌使ってるロボと聞いてまず思いついたのがそれだったもんで……

455 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 22:41:43 ID:BL.g25CU0
凄い不穏な事言ってる気がする!

456 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 22:43:34 ID:eHuBXoAA0
まさか… 放射線滅菌とかか?

457 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/23(月) 22:47:03 ID:9NVEp40g0


                         Fニ:、     _,. -―‐‐- 、
 _,n--- ――――― ┬i           r\ \    ゙、 ┌┐ 、_/_ \
└る'ー―――‐‐ '''"て.)二 --―――‐‐'-:{: \ 丶  ゙: l二!/メヽ   ヽ
            ,ィ‐''''''' '''''''''' """"゙゙゙ ´  ̄`i\ \ `、,.―-、  \  !
            /ij、      __゚_        f|. \,ヘ ゙、i// i__ ,,....l
              l !i!     。 ''゙""゙ 。     i:|.   ヾト'ジ" ̄
             |. lリ                  ゙i|
            |: ||                   j:!
                |: h               ||
               l: i!i!                ヾ,.__
              Fニニi'              ___i―:ヲ
             r=!! i:k:-ァn--――‐‐ '''' "´Hi' )゙|  i:|
             「|" |l(Oi,|:|,,...........................::::::i レヾ.|  ゙:|
             ! !  ||;ゞ;;:シ--――‐ '''''i し'ィ':jll''''|.  :|
          | |  :i|ー'              |i::l:l| |:  :|
           l |  ;i|                 |i::l:i| |:  :|


 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ とりあえず、どういうふうに話しかけるのがいいだろうか?
 ┃
 ┃ 1.はじめまして、彼女の言うとおり、海上から来た、と思うんですが・・・・。
 ┃ 
 ┃ 2.えーと、個性的なお体ですね。あの、それ扱いはさすがにひどいと思うんですが。
 ┃ 
 ┃ 3.えーっと、殺菌って、もしかして・・・・。
 ┃ 
 ┃
 ┃ 下5で
 ┃
 ┗

458 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 22:47:44 ID:nUgyRmoQ0
1

459 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 22:47:48 ID:LXiu5G2Y0
ksk

460 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 22:48:15 ID:1H7lLyZU0


461 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 22:48:17 ID:jzXBLevQ0


462 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 22:48:21 ID:46NY5CeY0


463 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 22:47:55 ID:3yfekYeE0


464 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 22:48:35 ID:eHuBXoAA0
3

465 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 22:48:24 ID:nUgyRmoQ0
1 まずはあいさつからだ…

466 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 22:48:13 ID:O7pKCKV60
とりあえず3で

467 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/23(月) 22:49:23 ID:9NVEp40g0

「はじめまして、彼女の言うとおり、海上から来た、と思うんですが・・・・。」
が選択されました。

468 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 22:52:46 ID:nUgyRmoQ0
判断材料何てないしなー
適当適当

469 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 22:54:09 ID:BL.g25CU0
まぁこのやる夫は比較的善性っぽいし合ってるんじゃないかな

470 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/23(月) 22:54:15 ID:9NVEp40g0


         ____
        /― ― \
      /(●)  (●) \   「はじめまして、深海出やるおと申しますお。
     /   (__人__)     \
      |    ` ⌒´      |  彼女の言うとおり、海上から来た、と思うんですが・・・・。
      \           /
        /         \  そもそも、ここは海底?なんですかお?」
       |   ・    ・     )
.     |  |         /  /
       |   |       /  / |
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ


 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ とりあえず、まあ、まずは挨拶からだ。
 ┃ よくわからない環境で、自分から敵を増やすのも馬鹿馬鹿しい話である。
 ┃ 問題は、相手が箱というよくわからない環境であることだが。
 ┃
 ┃ 君の挨拶を怪訝そうに眺める箱。・・・箱が怪訝そうというのも妙な話だが。
 ┃
 ┗

471 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/23(月) 22:58:57 ID:9NVEp40g0


                         Fニ:、     _,. -―‐‐- 、
 _,n--- ――――― ┬i           r\ \    ゙、 ┌┐ 、_/_ \
└る'ー―――‐‐ '''"て.)二 --―――‐‐'-:{: \ 丶  ゙: l二!/メヽ   ヽ
            ,ィ‐''''''' '''''''''' """"゙゙゙ ´  ̄`i\ \ `、,.―-、  \  !
            /ij、      __゚_        f|. \,ヘ ゙、i// i__ ,,....l
              l !i!     。 ''゙""゙ 。     i:|.   ヾト'ジ" ̄
             |. lリ                  ゙i|
            |: ||                   j:!    「海上?
                |: h               ||
               l: i!i!                ヾ,.__   そんなわけあるかい、この海底コロニーにどこから・・・
              Fニニi'              ___i―:ヲ
             r=!! i:k:-ァn--――‐‐ '''' "´Hi' )゙|  i:|  あ、ちょっと待て、シュテル、今日は何日だったかの?」
             「|" |l(Oi,|:|,,...........................::::::i レヾ.|  ゙:|
             ! !  ||;ゞ;;:シ--――‐ '''''i し'ィ':jll''''|.  :|
          | |  :i|ー'              |i::l:l| |:  :|
           l |  ;i|                 |i::l:i| |:  :|

 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ 箱が、急に何かを思い出したように少女に問いかける。
 ┃ 
 ┃ 少女がカレンダーを見て、えーと、火曜だから、20日ですね、と答えるのを聞くと、箱の外の
 ┃ 小さな目?ダイオード?センサー?が点滅した。
 ┃
 ┗

472 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 23:00:40 ID:AYKTk7ZU0
そりゃうちらからしたら海の底から着ましたなんていわれたら
基地外か厨二病か
これがインスマス顔というものかとしみじみ思うだろうしなぁ

473 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 23:02:44 ID:BL.g25CU0
外は滅んだ事になってるみたいだしな
あんまり外から来たって吹聴しない方がいいかもしれないね

474 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/23(月) 23:05:00 ID:9NVEp40g0


         /^ヽ、    /^ヽ、
      っ'   , -o---o-、  ゙'c
        i ̄ ̄i| ̄。゚。 ̄|i   「窒素回収船か。
        l    l|.    .|l
        i__i|_____,|i    あれなら、確かに現在も全自動で動いておる。
        ,-ol__l,-o__o-、
         / / / /    .ヽヽ  日付的にもその可能性はあるかもしれん・・・。」
       (0)) .(0))     (0))


 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ 窒素回収船?あれが?どう見ても重武装の攻撃型潜水艦以外にみえなかったのだが。
 ┃ 
 ┃ スピーカー越しの声は、少しだけ迷うようにつぶやくと、箱の正面が君の方を向く。
 ┃ 何かを問いかけようとしているようだ。
 ┃
 ┗

475 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 23:07:29 ID:O7pKCKV60
やっぱりメカだったか

476 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 23:08:27 ID:AYKTk7ZU0
窒素回収船から帰還できる可能性が微レ存かぁ

477 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 23:09:00 ID:eHuBXoAA0
上層部が弄ったのかな?

478 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/23(月) 23:11:52 ID:9NVEp40g0


                         Fニ:、     _,. -―‐‐- 、
 _,n--- ――――― ┬i           r\ \    ゙、 ┌┐ 、_/_ \
└る'ー―――‐‐ '''"て.)二 --―――‐‐'-:{: \ 丶  ゙: l二!/メヽ   ヽ
            ,ィ‐''''''' '''''''''' """"゙゙゙ ´  ̄`i\ \ `、,.―-、  \  !
            /ij、      __゚_        f|. \,ヘ ゙、i// i__ ,,....l
              l !i!     。 ''゙""゙ 。     i:|.   ヾト'ジ" ̄
             |. lリ                  ゙i|
            |: ||                   j:!    「おぬし、地上から来たというたな。
                |: h               ||
               l: i!i!                ヾ,.__   どこの出身じゃ?海底のものなら、ほとんど全員
              Fニニi'              ___i―:ヲ
             r=!! i:k:-ァn--――‐‐ '''' "´Hi' )゙|  i:|  地上に対する知識を持っておらんはず。
             「|" |l(Oi,|:|,,...........................::::::i レヾ.|  ゙:|
             ! !  ||;ゞ;;:シ--――‐ '''''i し'ィ':jll''''|.  :|  地上の話を聞いてみれば本当か嘘かは見当がつくじゃろ」
          | |  :i|ー'              |i::l:l| |:  :|
           l |  ;i|                 |i::l:i| |:  :|

 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ さて困った。どうやら、言っていることが本当なら、地上についての知識は失われているようだが
 ┃ そもそも、相手がどの程度知識を持っているかも分からない。
 ┃ 果たして話してもいいものかどうか・・・。
 ┃
 ┃ << 次安価です >>
 ┃
 ┗

479 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 23:12:20 ID:nUgyRmoQ0
て言うかこのやる夫はどこまで知ってるん?

480 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 23:13:33 ID:O7pKCKV60
とりあえず出身地と皇国についてかな?
あとはここの座標とか

481 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 23:14:31 ID:AYKTk7ZU0
地上の事は滅びたらしいではないかそこの娘に聞かせてもいいのかというと
シュテルと別れそうだしそのままのほうがいいかしら

482 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 23:14:56 ID:1H7lLyZU0
ごまかした方がいいんじゃね?

483 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 23:15:26 ID:LXiu5G2Y0
戦前と共通してる事の方がいいのかな

484 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 23:15:58 ID:BL.g25CU0
地理とかでいいんじゃないかね 証明するだけなら

485 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/23(月) 23:16:12 ID:9NVEp40g0


                    -―-
                 /         `
                   '              \
                /              、
              '                  }>,
            /  \    /       イ /
              /_i ( ●)  ( ●)   /: : /
             \ `ー、(__人__) r―. . ´: : : :.人
              \: : ヽ`⌒´  !: : : : : : :./: : .\
                    )--},不 ̄ )--― ´: : / ̄ \
               /: : /丶 :: ` 、{:.: : : : :.: :/: : : : :.:.-'、
            /.:.: : //:::::::\:: .i: : : : : : /: : : : : : : : : : \
             /: : : /´:: ○/___i: : : : : : ヽ : : : : : : : : : : : \
              /: : :./:::::::::/ ̄ ̄|: : : : : : :.:.\: : : : : : : : : : : '、
            ./: : :./ :: /::::::::::::: |:.: : : : : : : :.:\.:.: : : : : : : : :.:\
          /: : :./ イ:::::::::::::::::::::: | : : : : : : : : : : : \:.: : : : : : : : :.:.\
          イ: : :./ ::|:::::::::::::::::::::::|: : : : : : : : : : : : : :.\__/: : : : : : :.i
      /: : : : :./::::::::|:::::::::::::::::::::::::. : : : : : : : : : : : : : : :.|: : ̄.: : : : ::.:.:|
     /: : : : : : /::::::::: !::::::::::::::::::::::::: ! 、: : : : : : : : : : : : : |: : : : : : : : : : |
    /.: : : : : : :.:/\ :::: |:::::::::::::::::::::::::::|:: \:.: : : : : : : : :.:.|: : : : : : : : : :|
   ./.: : : : : : :.:/ヽ. ` . !_____|___.\: : : : : : : : :.|: : : : : : : : : :.:|
  /.: : : : : : :.:/  `  __________\ : : : : : : |: : : : : : : : : : |

 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ 君は彼ら二人に・・・・
 ┃ 
 ┃ 1.地名など、基本的なことだけ話して、地上出身ということだけ納得させる。
 ┃
 ┃ 2.知る限り全部話す。地上の悲惨な現実を含めて。
 ┃
 ┃ 3.それよりも、まずはこの場所について教えてもらえないか、と質問で返す。
 ┃
 ┃  下5
 ┃
 ┗

486 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 23:17:06 ID:ia6AEEtk0


487 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 23:17:14 ID:ILrS6Tt.0


488 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 23:17:17 ID:aWpK5QNE0
2

489 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 23:17:18 ID:chLjGukY0


490 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 23:17:19 ID:BL.g25CU0
あー どうするかな 2

491 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 23:17:22 ID:nUgyRmoQ0
滅んだって思ってて尚且つ滅んでないけどって論法で行くなら2が一番納得してもらえるかな?

492 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 23:17:25 ID:s/JguoW20


493 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 23:17:27 ID:Bqe8WO9w0
1と3あたりかな

494 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 23:17:42 ID:O7pKCKV60
正直に行くのも怖いが2でいってみよー

495 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 23:17:49 ID:1SxwIpnk0
2かな。この状況で隠し事して良い事ねーし

496 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 23:20:02 ID:QED6i2Ew0
2

497 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/23(月) 23:23:50 ID:9NVEp40g0
「2.知る限り全部話す。地上の悲惨な現実を含めて。」

が選択されました。

498 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/23(月) 23:24:35 ID:9NVEp40g0


       / ̄ ̄ ̄\
      / \   ノ \
      ´ (● )  (― )   、   「話すのはいいが、
     i    (__人__)    i
    i ̄(   `― ´   ) ̄i    多分、ずいぶんと長い話になると思うお・・・。
     > / ー‐ァ、 ,r― <   /
    ' ./ ―‐ ´\ ` ― ´ヽ ヽ   それでも、いいかお?」
  /    、 :: O/..:::::::| ::::
  i   i:: \/::::::::::::: | :::: i   i
  |   | :::: |::::::::::::::::::::| :::: |   |
  |   | :::: |::::::::::::::::::::| :::: |   |
  |   | :::: |::::::::::::::::::::| :::: |   |

 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ とりあえず、まずは状況を把握したほうがいいと君は判断した。
 ┃ ここがどこかは(多分、目的地だろうと見当はついたが・・・)まだはっきりしない。
 ┃
 ┃ このあと、何をするにしても、現地の常識を把握しておいたほうが良い。
 ┃ それなら、まずはその情報を持っている人間に信用されるのが先だ。
 ┃
 ┃ とくに、この二人、半信半疑ながら、俺の言葉を聞こうとしてくれている。
 ┃ まずは話してみることにしよう。
 ┃
 ┗

499 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 23:25:19 ID:BL.g25CU0
プラント取りに来たー とは言わない方がいいだろうなぁ
あれたぶん此処の生命線だろう……

500 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/23(月) 23:33:44 ID:9NVEp40g0


                   _,,..-―‐-..,,_
             ,,-''"       `ヽ、
           /              l| \
             /            U  .ヽ
             ,'           l        ヽ
          l ____l  ヽ-―‐tイ''"´  ',‐-、    「まあ、もう、過去のことだし、きにしないでくれお
       ,-''"|       `′        `′ .〃 .lヽ .'.,
       | l'´.',  ≡≡/       ヽ≡≡彡 ,'  ヽヽ_   そりゃあ、当時はきつかったけど、
       / |  .'.,    (    .,、   )     /  ./  ヽ、
       / \  ヽ、   ` ̄ ´ `  ̄´   / /  _,,..-'  多分もう、過去に出来てるとは思うんだお・・・」
        {   `''-‐"ヽ-..,,__      __./ ̄ ̄´ .,,..イ ∨
      /.T ‐-..__    _.ヽ ̄ ̄ ̄/,..-――‐'" /  ∨
    r┘ ',.    ̄ ̄  〈 ̄\ ./イ´       / /  ∨
    | ヽ-、',       /      .ヽ      //   ∨
   ./  ヽヽ .',      ロ       `ロ ヽ、 /      .∨
   /   、__ ', _/                \|    L__ ∨

 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ 君の話す地上の状態に2人はかなりの間、おとなしく聞き入り、そして、話が途切れると、試す
 ┃ ような質問が繰り返される。
 ┃
 ┃ 最初は基礎的な地理情報から始まり、知りうる限りの国名、政治形態、生活風景、君の経験に
 ┃ 至るまで、内容は多岐にわたる。どうやら整合性の確認もしたいのだろう、かなり時間がたって
 ┃ から、以前に質問した内容に対する似たような質問や、隣接情報に関する質問が繰り返された。
 ┃
 ┃ 君の過去の話になったときには、さすがに2人も絶句していたが、君は、今の地上の一般人など
 ┃ みんな大差ないのだ、と答える。
 ┃ 多少、普通よりは不幸かもしれないが、それでも死んでいないだけまし。
 ┃
 ┃ 質疑応答を含め、かなりの時間、2人からの質問攻めに耐え、やっと説明が終わった。
 ┃
 ┗

501 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 23:38:10 ID:bbEnDALg0
半日仕事だな

502 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/23(月) 23:41:31 ID:9NVEp40g0


                         Fニ:、     _,. -―‐‐- 、
 _,n--- ――――― ┬i           r\ \    ゙、 ┌┐ 、_/_ \
└る'ー―――‐‐ '''"て.)二 --―――‐‐'-:{: \ 丶  ゙: l二!/メヽ   ヽ
            ,ィ‐''''''' '''''''''' """"゙゙゙ ´  ̄`i\ \ `、,.―-、  \  !
            /ij、      __゚_        f|. \,ヘ ゙、i// i__ ,,....l
              l !i!     。 ''゙""゙ 。     i:|.   ヾト'ジ" ̄
             |. lリ                  ゙i|
            |: ||                   j:!    「ふむ、どうやら本当のようじゃな。
                |: h               ||
               l: i!i!                ヾ,.__   少なくとも、九州に関する地形情報はほぼ納得出来るレベルじゃ。
              Fニニi'              ___i―:ヲ
             r=!! i:k:-ァn--――‐‐ '''' "´Hi' )゙|  i:|  話の内容の整合性も、問題ないようじゃし、
             「|" |l(Oi,|:|,,...........................::::::i レヾ.|  ゙:|
             ! !  ||;ゞ;;:シ--――‐ '''''i し'ィ':jll''''|.  :|  こりゃ、信じざるをえんわい。」
          | |  :i|ー'              |i::l:l| |:  :|
           l |  ;i|                 |i::l:i| |:  :|

 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ 「しかし、人間というのはたくましいもんじゃなあ・・・。」
 ┃
 ┃ 箱がつぶやくのを聞いて、悪いが内心、吹いてしまいそうになった。
 ┃ 箱に人間を語られるとは思わなかった。
 ┃ まあ、箱だとはいえ、中身は人間なのだろうが・・・。
 ┃
 ┃ しかし、1000年立っているはずの地上の情報を未だに持っているこの箱は何者なのだろう。
 ┃
 ┗

503 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 23:42:06 ID:eHuBXoAA0
もしかして古代人か!?

504 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 23:42:09 ID:BL.g25CU0
まさか戦前の人……?

505 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 23:45:37 ID:KcDkgYJM0
あんがい生体脳じゃなくて脳チップかもしれん

506 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 23:46:25 ID:AYKTk7ZU0
ぱんぱかぱーんメロンパンです

507 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/23(月) 23:52:56 ID:9NVEp40g0


                   -―- 、
                  ,. -‐- 、 i ,. -‐==‐- .,
                  / -―‐-: : : : : : : : : : : : : `: . 、
                  /,. :´: :,. : : : : : : : : : : : : : : : :ヾ: : : :ヽ
                /: : /: : /: :/ j: : : : : : : : : : : : :’:, : : ゚.
                 ,: : :/: : : /: :イ: :i{: : :! : :_:_:_ : : : : : : ゚,: : :'.
             i: :j !: : / !7¨ ̄!゚.: : !{ヾ: : : : ̄¨: : : :i : : i  「しかし、本当だとすると、どうしましょう・・・。
             l:.ハ:i: :/: :l:z示沁ヾ: :!`  仍心7 : }:/ : : {
              j' ヾ: :{: :iト 匁 ソ  ヾ  匁 ソ.}:.j/!}/! : {   本来、ここへのゲートを通れるのは、
                jヘ:ヾ!:}    、        }: : :!7ノ : {
                   j! : :.            j: : :jイ: : !:{   就職の可能性のある業務固定前の子どもか、
                   /} : 人    。     i: : /: : : jヘ、
                /´]: :iイ: >         イ.:./イ/:./    遺伝子検査で引っかからないミュータントたちか
                     ヾ{.ヘ!从z‐≧=≦‐- 、!:/ /j:/
                   `  j//i.三!//////7、  ′    どちらかです。」
              ,. -‐‐- イ77ツ//,!三!//////{ァ≫-- ..,___
             ////////j/∧///i.三!//////j!i///ハ ∨///ム
            ////Y///{//∧/,.z≠=ミ、///////イ//////∧  「戸籍情報がないのではIDも作れませんし・・・」
          rf/// / ///i≧ァ`7/ム///////,ヾ ///厶7/////////ム
          { z≦ニミ、/j/{{ {{//∧///////,イ///〃===ミ'/////ハ
          ,.z≪三7 ヽノ.!/7/∧ ∨//ハ////////イ!′三三三.ヾ////゚.
        , ≪{三三Y、ヽr'‐'/!///} }/,f´_}三ヘ//////ハ三三三三三≫-‐j
.     ////ムニ彡'¨´r‐¨ー}///j }/ {. _}三ニム/////∧三三三三三≫'

 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ シュテルがゴミ爺に問いかける。
 ┃ どうやら、俺のことを信用してくれたようだ。
 ┃ 口調は大人びているが、もしかして、さっきの自分の過去に同情してくれているのかもしれない。
 ┃ 今のところは、今回のハンティングの目的のことを話していないことも大きいと思う。
 ┃ ほんの1箇所、そこだけは嘘を付いているが、さすがに君たちの生命線を狙いに来たとも言えない。
 ┃
 ┃ いかに親切にしてもらおうと、さすがにそこまで話すのはもう少し信用を獲得する必要があるだろう。
 ┃
 ┗

508 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 23:54:14 ID:BL.g25CU0
業務……固定……?
なんだディスティニープランみたいなのでもあるのか?

509 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 23:55:06 ID:LXiu5G2Y0
やっぱ結構な管理社会のようだな

510 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 23:57:48 ID:M8V0VdXQ0
限られた資源の中だし厳重に管理しないと破綻するからな

511 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 23:58:23 ID:1SxwIpnk0
海底で既存の施設を利用してるだけだと、完全にリソースが制限されるからねぇ
むしろ、管理社会にならない方がおかしいとも言える

512 名無しのやる夫だお :2013/09/23(月) 23:59:42 ID:AYKTk7ZU0
酸素精製も人数によって必要量変わってくるしな

513 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/24(火) 00:01:28 ID:cOqkijTw0


                         Fニ:、     _,. -―‐‐- 、
 _,n--- ――――― ┬i           r\ \    ゙、 ┌┐ 、_/_ \
└る'ー―――‐‐ '''"て.)二 --―――‐‐'-:{: \ 丶  ゙: l二!/メヽ   ヽ
            ,ィ‐''''''' '''''''''' """"゙゙゙ ´  ̄`i\ \ `、,.―-、  \  !
            /ij、      __゚_        f|. \,ヘ ゙、i// i__ ,,....l
              l !i!     。 ''゙""゙ 。     i:|.   ヾト'ジ" ̄
             |. lリ                  ゙i|
            |: ||                   j:!
                |: h               ||    「簡単じゃよ。
               l: i!i!                ヾ,.__
              Fニニi'              ___i―:ヲ  忘れとるかもしれんが、この海底プラントは
             r=!! i:k:-ァn--――‐‐ '''' "´Hi' )゙|  i:|
             「|" |l(Oi,|:|,,...........................::::::i レヾ.|  ゙:|  いまだに刑務所じゃ。
             ! !  ||;ゞ;;:シ--――‐ '''''i し'ィ':jll''''|.  :|
          | |  :i|ー'              |i::l:l| |:  :|  新しい囚人が1人入ってくる分にはなんの問題も無いじゃろ。」
           l |  ;i|                 |i::l:i| |:  :|
 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ どうやら、俺は知らない間に囚人になってしまうようだ。
 ┃
 ┃ ゴミ爺の話だと、このブロックと直結している中央居住区さえ通れるIDを得られれば、管理ブロックの
 ┃ セントラル以外はどこにでも行けるようになるという。
 ┃
 ┃ ゴミ爺によると、そのための偽造ID・・・いや、囚人番号を取得してくれるよう、知っているクラッカーに
 ┃ 話を通してくれる、とのことだ。
 ┃
 ┃ この海底プラントにはネットワークが無いので、直接行く必要があるが、そこへはシュテルが行って
 ┃ くれるのだという・・・・。
 ┃
 ┗

514 名無しのやる夫だお :2013/09/24(火) 00:02:35 ID:ik4tezyQ0
ありがてぇありがてぇ

515 名無しのやる夫だお :2013/09/24(火) 00:05:57 ID:IqE1q2r.0
用意できた偽造IDが女性9歳とかじゃないといいがw

516 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/24(火) 00:07:17 ID:cOqkijTw0


                         Fニ:、     _,. -―‐‐- 、
 _,n--- ――――― ┬i           r\ \    ゙、 ┌┐ 、_/_ \
└る'ー―――‐‐ '''"て.)二 --―――‐‐'-:{: \ 丶  ゙: l二!/メヽ   ヽ
            ,ィ‐''''''' '''''''''' """"゙゙゙ ´  ̄`i\ \ `、,.―-、  \  !
            /ij、      __゚_        f|. \,ヘ ゙、i// i__ ,,....l
              l !i!     。 ''゙""゙ 。     i:|.   ヾト'ジ" ̄
             |. lリ                  ゙i|
            |: ||                   j:!
                |: h               ||    「そのかわり、と言っては何だが・・・。
               l: i!i!                ヾ,.__
              Fニニi'              ___i―:ヲ  地上の話を共有したい連中がおる。
             r=!! i:k:-ァn--――‐‐ '''' "´Hi' )゙|  i:|
             「|" |l(Oi,|:|,,...........................::::::i レヾ.|  ゙:|  なあに、今の話をもう一度してくれるだけでいい。
             ! !  ||;ゞ;;:シ--――‐ '''''i し'ィ':jll''''|.  :|
          | |  :i|ー'              |i::l:l| |:  :|  そんな難しいことじゃないじゃろ?」
           l |  ;i|                 |i::l:i| |:  :|
 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ なんとも信じがたい言葉を軽く吐くゴミ爺に心のなかでため息を付く。
 ┃ 地上でも何度も聞いたし、必ず面倒につながった言葉・・・・。
 ┃
 ┃ それでも、これ以上の情報を集めるには協力しなくてはならないのだろう。
 ┃
 ┃ 猛烈に嫌な予感に苛まれながらも、とりあえずシュテルを待つしかない、のだろうと君は思った。
 ┃
 ┗

517 名無しのやる夫だお :2013/09/24(火) 00:07:49 ID:OD0xgNnQ0
まあ、このプラントをぶっ壊しに来た様な物だからね
捕捉された以上囚人扱いもやむなしのような
……と言うか、今度は出られなくならね?

518 名無しのやる夫だお :2013/09/24(火) 00:08:07 ID:ik4tezyQ0
ぬぅ

519 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/24(火) 00:08:31 ID:cOqkijTw0
本日はここまでです。


ご視聴ありがとうございました。


例によって、基礎知識は後日・・・多分明日か明後日の夜に。


またのご視聴をよろしくお願いいたします。

520 名無しのやる夫だお :2013/09/24(火) 00:08:45 ID:IqE1q2r.0
おツー

521 名無しのやる夫だお :2013/09/24(火) 00:09:17 ID:yMBeTenk0
お疲れ様です

522 名無しのやる夫だお :2013/09/24(火) 00:09:37 ID:ik4tezyQ0
乙ー 色々と先が大変そうだ

523 名無しのやる夫だお :2013/09/24(火) 00:09:57 ID:By39fuI60
乙でした

524 名無しのやる夫だお :2013/09/24(火) 00:11:30 ID:7w.bCSFk0
乙でしたー

525 名無しのやる夫だお :2013/09/24(火) 00:12:14 ID:lUq0wVpo0


526 名無しのやる夫だお :2013/09/24(火) 00:12:30 ID:o72xJ8zY0
乙華麗

527 名無しのやる夫だお :2013/09/24(火) 00:12:45 ID:eLkvbp/Y0
おつでした

528 名無しのやる夫だお :2013/09/24(火) 00:13:00 ID:hXbqiVbs0


529 名無しのやる夫だお :2013/09/24(火) 00:13:05 ID:ZtQRn9Wg0
乙です

530 名無しのやる夫だお :2013/09/24(火) 00:13:23 ID:GEeq7HQY0


531 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/24(火) 00:15:32 ID:cOqkijTw0
ふー、しかし、世界は動いてるなあ・・・。

虎さんはついに九州上陸かあ・・・。
どういうふうに動くんだろう。

海鼠の方のお方と合わせてすごい気になる。
LCの大体の位置がわかればもう少し安心できるのだろうか・・・。

過去編のために半端に九州の設定作っちゃったからなあ・・・。
この後のバッティングや齟齬が怖い怖い・・・。

私も設定爆破の山になったりしそうですわー。

532 名無しのやる夫だお :2013/09/24(火) 00:17:16 ID:hXbqiVbs0
魔法の言葉 パラレル

533 名無しのやる夫だお :2013/09/24(火) 00:18:34 ID:jw2eq7l.0
乙でした

534 名無しのやる夫だお :2013/09/24(火) 00:22:41 ID:ik4tezyQ0
あんまり懲りすぎないようにねー
少しくらいならこっちも気にしないから

535 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/24(火) 00:27:09 ID:cOqkijTw0
あと、創作者として読者に聞くのはどうかとも思うけど、

前回のやる夫は確かにバックグラウンドとキャラが違いすぎるかなーと思ったので、少し調整しました。

少しはらしくなったかと思うんですが、いかがでしょ?

途中で変わった、のは広い心で許していただけると・・・・。



>>534

すみません、創りだすと勝手に設定が生えてくるタイプの設定魔なのです。
本来二次は向いてないのかもしれないんですが、
世界観が好きすぎるのと、ドMなんで仕方ないんです。

お気になさらず〜。

536 名無しのやる夫だお :2013/09/24(火) 00:29:56 ID:ik4tezyQ0
前回のは子供相手だと地が出るって感じであんまり気にならなかったな

537 名無しのやる夫だお :2013/09/24(火) 00:38:15 ID:By39fuI60
落ち着いてていいんじゃないかな
自分はプロローグでシブい印象うけてwktkしたから

538 名無しのやる夫だお :2013/09/24(火) 02:35:33 ID:i9iOizL20
深海+少女で何かバイオショック思い出した。

539 名無しのやる夫だお :2013/09/24(火) 14:19:01 ID:Gve3VUyQ0
未完結作品の二次創作だと独自設定した部分と完全に矛盾するような新設定が
本編で出てくるとかよくある話だよね・・・

ゼロ魔でシャルルが実は黒いとか、タバサの妹とか、大隆起とかで何本の作品がエターしたことか・・・

540 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/24(火) 15:42:55 ID:cOqkijTw0
>>539

でも、それを何とかこじつけていくのが楽しいんですよ。

できるだけ無理なく妄想するって、すごい頭使いますからね。

まあ、こんなに楽しんでるの、久しぶりですが。

541 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/24(火) 15:46:04 ID:cOqkijTw0
一例をあげてみます。

設定のバッティング可能性を考えて、海鼠さんの所が南方海上に到達している
期間などを計算するため、LCの航路情報と速度の考察をしてみた・・・。

まず、海鼠さんの所の話。

海鼠スレ>>1718 の航路を見るに、黒潮に乗って北上、親潮との衝突部分から先
(東北〜北領がどういう航路か)が不明ですが、北領へ向かうということは、
しばらくは自力航行で親潮を北上してるのかな?
その後、北領から親潮経由で再度南下し、太平洋旋廻を経由して、黒潮再循環流
へ乗って南へ、というルートに見える。

(地軸の変動などで海流の変化はありうるが、太平洋旋廻と親潮などの源流は
コリオリ力と温度差による海流なので、大きな変化はない前提で海流を利用と
想定して考えてみることにする。)

LCはギガフロート(超大型浮体式構造物)ということなので推力はさほどない
ものと定義し、移動推力は最小限であるものとして計算する。
(もちろん、これは名称からの仮定であるので、この速度以上でも別に良い。)

で、黒潮の流速がだいたい4ノットで、九州南端から鹿島灘沿岸海域までとして
およそ1300km。1ノットがだいたい0.3km/hなので、これにそのまま流されると、
およそ45日間程度で九州から鹿島灘付近まで到達する計算になる。
1季節が3ヶ月と計算すると、夏の間は動力を使用せず、数カ所に停泊しながら
鹿島灘付近まで楽に移動できる計算だ。

その次は親潮に逆流して移動する夏の終わりから秋になるが、この逆流期間は
LCの出力に依存するのであとで逆算で求める事とする。

で、秋の北領沖合から南下ルートである。
まず、親潮と黒潮再循環流は共にコリオリ力に逆らう逆回転海流である。
したがって、親潮で1ノット、黒潮再循環流になると、およそ0.3ノットしかでない。
これに従って計算すると、北海道沿岸->鹿島灘沿岸までをおよそ700km前後として
計算して、92日間、黒潮再循環流だけを用いて1300kmを移動すると、541日かかって
しまう。

このうち、明らかに3ヶ月以内で移動できない冬の期間は、LC本体の航行装置を使用
するものとして、黒潮再循環流は補助的な燃料軽減のためだけに使用するものと考察。

逆に、秋の南下に親潮のみを使用する場合、ちょうど1季節で到達出来る計算なので、
ここは動力なしで親潮のみで南下する計算で良いと思われる。

逆算すると、鹿島灘から北海道沿岸まで最大でも45日以内で到達できれば、動力使用を
最小限にした状態で設定イメージ道理の航海が出来る計算となる。

実際には、夏にそれなりの停泊期間がないと収支などの問題も出るだろうし、資材の
昇降に各2日程度、北海道までに5回程度の停泊地があるものと計算してマイナス10日。

つまり、35日で鹿島灘沿岸->北海道沿岸のおよそ700km前後を移動できれば良い計算。
計算すると、これは20km/日の速度が必要でこれはおよそ3ノットが出せる計算。
ただし、親潮海流のぶん、マイナス1ノットがあるので、実際には単独で4ノット程の
移動速度が出せるものと推定できる。

同様の動力機関を冬の南下にも使用するが、黒潮再循環流の流速を利用できるので、実際
には22.5km/日で移動可能であり、この場合の最大移動距離は冬〜春までの6ヶ月間で
4050km、これは九州南端から鹿島灘沿岸海域の1300kmのおよそ3倍にあたるため、
九州南端到達後、無停泊なら1375km先まで南下が可能な計算となる。
これは、九州南端を中心として、ほぼ台湾までの距離に等しい。

うぁぁぁぁぁ、グソクムシの海域を完全にカバー出来る計算かあ。


とか、こんなかんじです。

542 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/24(火) 15:54:41 ID:cOqkijTw0
ちなみに、この移動速度をベースにした計算だと、

話中で「北領から逃げてくる〜」「凍えて死ぬくらいなら〜」っておりんさんの発言が
とても良く理解できます。

なにしろ、LCが北海道に到達するのは夏の終わりでないと計算が合わないので。
したがって、北海道が「夏で無い季節」に突入する直前で寒さを嫌ってLCに密航することになるわけ。

そして、そのまま秋から冬にかけてが北出身の鼠たちにとって最初の淘汰の時期になる。

何故か。
北領出身者って、この世界観では水泳の練習は殆どできないはず。
温水プールとか維持できるのはおそらく高官くらいでしょうし、そういう人らは密航する必然性がないもの。
で、その状態から、いきなり東北の寒い海に装具なしで飛び込んで、ハンティングすることになるわけ。

しかも、海域と季節を考えると、浮上してからも体温の保持に気を使わないと、戻る船の上で体温が
落ちて帰り着く前に死亡、とかありそうなレベルになっちゃう。

そりゃ、ミュータントでないと生き残れない、装備がないとみんな死ぬ、よなあ・・・と。
生存率3%って、そりゃ素人が中心なら、当たり前な気がします・・・。

あと、体温維持のためのドライスーツが高価な意味もよく解る・・・・。

考えられておる、なかなか考えられておる惱、という感じ。

543 名無しのやる夫だお :2013/09/24(火) 17:50:28 ID:ik4tezyQ0
なるほどなぁ……

544 名無しのやる夫だお :2013/09/24(火) 18:03:04 ID:/ODfCG3Q0
水に潜ったこと無い連中の2/3が深い海に行ってたのか……!?

ああそうか、水の怖さって周りに水がないと逆に分からないのか……

545 名無しのやる夫だお :2013/09/24(火) 18:15:01 ID:IqE1q2r.0
河口付近の流れがゆっくりなところでも
上辺は海側へ流れてて
川底は山側へ流れていたりして意外と足持って行かれるからなぁ

546 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/24(火) 18:40:43 ID:cOqkijTw0
いちばんカネがない人は一発勝負、たいてい水泳も出来ずに死ぬ、

3番めに金がある人はとりあえず装備を買って生き残る。でも運が悪いと死ぬ。

2番金がある人は海が暖かくなる緯度まで海入りを待てて、練習+装備を揃えて安全に生き残る

1番金がある人はそもそも海にはいらない。

あんだけ死ぬならこんな世界観のような気がするですぅ。

547 名無しのやる夫だお :2013/09/24(火) 18:42:49 ID:HeZSKysU0
>>531
基本パラレルでいいと思うけど、気になるなら思いきって訊ねるのも手

虎の人は雪モグラの人の質問に答えたり、逆に本社へ訊ねたりしてたはずだから

548 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/24(火) 19:05:46 ID:cOqkijTw0
>>547さん
んーと、設定はたくさんありますが、本編ん地上の情報が絡んでくるのは、かなり狭い範囲なんです。
んで、脱出する?までは、海底のみで話が進みますんで多分大丈夫。

この世界でSFネタをやりたいがために舞台もいろいろと嵐の山荘化してますから。
最悪でも脱出までの間は根幹部分についてはきっと大丈夫・・・じゃないかなあ。

だから、爆破自体は起きてもストーリーの中核にかかわらないので多分リカバリー出来ますよ。



あと、これは個人的方針なんですが、
大丈夫ですかねってやりすぎるのは、設定を組んでる本社様や廠長さんの自由度を落とす
気がして、可能な限り余りやらないことにしています。
(ただし、出てきた設定は検証したりパクったりします。)

特にエロゾンビさんはお岩さん同様、ほとんど全部読ませて頂いてる大好きな作者さんでして
その方が周りの環境で思うようにやれないということがあると、読者としては一番つらいです。

なので、パラレルだからと俺が責任負って、俺が破綻する方が気分的にマシなんですよね。

でも、心配してもらってすみません。ありがとうございます。

また、これは私のスタンスであって、他の方の行動に意見しているわけでもありませんので
その辺はご勘弁くださいまし。

549 名無しのやる夫だお :2013/09/24(火) 20:58:44 ID:46YRf6eA0
1ノットって1.85km/hじゃなかったっけ?

550 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/24(火) 21:33:02 ID:cOqkijTw0
Wikipediaの黒潮表記で4ノット(約7.4km/h)ってのがあるので、確かに1.85km/hであってますね。

なんか艦娘やりながら計算してたので、愛宕の構い過ぎでどこかで勘違いしてたようですね。
しかも計算式はともかく、数字が全然違うし(だめぽ

再計算すると、
夏:九州南端から鹿島灘沿岸海域(概算1300km)を4ノット(約7.4km/h)でそもそも7日しかかからない計算。
秋:北海道沿岸->鹿島灘沿岸までをおよそ(概算700km)を1ノットなので、これでも15日
 鹿島灘沿岸->九州南端(1300km)を0.3ノット0.61km/hなので、これでも88.79日

夏はまあ、余裕がある分には問題ないとして、北上に、前の概算で書いてた4ノット(海流で-1)で移動すると
  しても鹿島灘沿岸->北海道沿岸で(概算700km)を3ノットで移動しても5日で移動できます。

  夏:90日-20日=海流を利用するだけで70日分、余裕を持って北海道につける。
  秋:90日-89日=海流を利用するだけで1日分余裕を持って九州沿岸につける。
  冬-春:180日で移動可能な範囲=>4.3ノットで移動しても34365.6km・・・・。

まあ、結論は海底都市の真上とか余裕なので結論は同じだし、移動自体は先に書いていたスケジュールより
圧倒的に前倒しできるので、同じスケジュールでも動けますが、数字がここまで違っているとバカじゃないって
感じですね(ダメ過ぎて死にそう

全部海流だけでスケジュールばっちり満たせますね。
まあ、海流乗り換えるのにやっぱり推力はいるのですが、スケジュールから速度を逆算はできないぽい・・・・。

しかし、何をどう勘違いしたんだろう・・・・。

愛宕さん構いすぎにも程がありますね。愛宕さんかわいいよ愛宕さん(逃避

551 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/24(火) 22:04:34 ID:cOqkijTw0
・・・あせって計算しすぎて、また、計算が違ってる・・・・。

  夏:九州->北海道:90日-12日(7日+5日)=海流を利用するだけでそのままだと78日遊んでも北海道につける。
  秋:北海道->九州:90日-104日(15日+89日)=14日分不足
  冬-春:180日で移動可能な範囲=>4ノットで移動しても31968km(九州南部以降は黒潮再循環流使えない計算)

秋分が不足するので、14日分を前に倒せば夏の余裕が64日に、冬〜春に伸ばせば166日なので29481.6km移動できる。
フル航続距離が31968km または 29481.6km、これは往復距離なので、片道は半分ですので
 冬-春に180日確保: 15984.0 km 分の往復可能
 冬-春に166日確保: 14740.8 km 分の往復可能

ちなみに、グーグルマップで調べた所、
九州南部からパナマ運河までで14590 kmくらい(概算)
九州南部からエクアドルのグアヤキルまでで15500 km くらい(概算)
距離的には余裕で南米いけますね、あっはっは。

まあ、両方共、海流の計算を入れていない直線距離なので、実際にはもっと前後するかとおもいますが。

552 名無しのやる夫だお :2013/09/24(火) 22:19:51 ID:bwuEc6e60
海ネズミさんのとこで大体のLCの航路が出たよー

553 名無しのやる夫だお :2013/09/24(火) 22:47:27 ID:ZtQRn9Wg0

        (::::::) (::::::)
         ,Y'´::::::`ヾ      ∫  LC自体はちょっと沖合いの海を漂いつつ
        ノ:::::::::::::::::::ゝ    ∬    高速船で本土近くまで接近して
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.|〉::ァ-━┛     浅い場所に着いたら海鼠を投入するとか
      (( |         ヾ'_
      ヽ,_______,| ))  皇国が近海のサルベージに回せない分の労力を
             <:||;;:::::;;;ノ       LCが代わりに提供して見返りを得るとか
              || 
           ̄ ̄       流石に接近しすぎているし、落とし所はこの辺かな?

554 名無しのやる夫だお :2013/09/24(火) 22:48:02 ID:ZtQRn9Wg0
あ、誤爆しました、ネズミです、すみません

555 名無しのやる夫だお :2013/09/24(火) 22:52:55 ID:YMoEsOXo0
ネズミが入り込んだようだな

556 名無しのやる夫だお :2013/09/24(火) 22:53:38 ID:ik4tezyQ0
ネズミさんオッスオッス

557 名無しのやる夫だお :2013/09/24(火) 22:54:35 ID:FFjsugME0
何がなんだかわからない……

558 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/24(火) 22:59:25 ID:cOqkijTw0
当方も確認しました。>LCの航路。

北側については、黒潮続流から乗り換えて北上し、親潮利用して南下ですか。
自力でえんやこらと北上するよりは相当楽をできそうですね。
代わりに夏、北海道の東側を通ることになるので、高頻度で霧に遭遇します。

あと、おもしろいのが南下ルート。
通常の黒潮沿いでなく、黒潮大蛇行の方の黒潮沿いに南下するんですねえ・・・。
一応、大蛇行の方も黒潮の安定ルートの一つではありますが、数年に一度の周期だったような・・・。
これが安定して続いてるようならそれはそれで理由を考えるのがおもしろそう・・・。

パラオから先は通常の黒潮ルートですから、航路や海流敵には特に変ということもないかな。
しかし、フィリピンを除いたらほぼ旧日本領をグルッと一週と考えると非常にらしい・・・。
と、感想を述べつつ・・・・



それより、すんげえ計算間違いした情報を参考にしてもらえるとか・・・。
なんというか、大変申し訳ない以外ことばが出ないので、死ぬほど謝って、
よその投下見たらふて寝しよう・・・・。
本当に詰めが甘くて申し訳ない・・・。

559 名無しのやる夫だお :2013/09/24(火) 23:04:43 ID:ik4tezyQ0
元気出すんだ

560 名無しのやる夫だお :2013/09/24(火) 23:14:14 ID:ZtQRn9Wg0
じゃあ、私も誤爆してしまったので一緒にふて寝を・・・
スレ汚しすみませんでした

海流の計算式はむしろ、このままじゃ無理っぽいかな?、と
改めて航路を考えるきっかけになったので助かりました

水没部分とか考察色々と楽しんで読んでいるので今後もよろしくお願いします

561 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/24(火) 23:28:33 ID:cOqkijTw0
>>560
誤爆はよくあることですよ。お気になさらず。

ネタ出しは思いついたら書き散らすので、使えそうならいくらでももってってください。
ただし、本家とか廠長の所と齟齬ったら誘爆覚悟でお願いします。

あと、雑談でやった方がいいのかかなり迷って本スレに投げたので、
次から雑談の方がよければそちらにします。


でも、計算は仕事だったら首が飛ぶこともあるので、反省のため今日はふて寝します。
代わりに、お詫びとして本能に忠実なミュータントのルートを追加しよう(何

ちなみに講座は多分明日夜です。

562 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/24(火) 23:47:59 ID:cOqkijTw0
ところで気づいたら工廠のほうで廠長に質問してもいいと許可されていた件。

一応、前に書いたとおりの方針でいくつもりだけど、いい人やー。

563 名無しのやる夫だお :2013/09/24(火) 23:53:37 ID:yMBeTenk0
廠長は、ちょっと運が悪いけれどとってもいい人ですよ〜

564 名無しのやる夫だお :2013/09/25(水) 00:40:11 ID:.VIrEZeI0
>>563
そもそも、本社の為に兵器関係のAA作りを一手に引き受けてる時点で良い人なのは確定的に明らかだから…(震え声)<廠長

565 名無しのやる夫だお :2013/09/25(水) 17:06:49 ID:mWvUoVTA0
日本で麻薬といえばどこでもはえてる麻があったな

566 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/25(水) 21:48:09 ID:NZ4LDl7w0
近所にできた回転寿司に連行されていた>>1です。
はま寿司意外と悪くなかった。

>>565

国内で自生しているというと、麻もそうですし、芥子あたりもそうですね。
いずれも品種によるんですけど。

(たとえば麻であれば、現用品種のトチギシロあたりならほぼ麻薬成分含みませんし、
芥子の場合も、同じ属でもヒナゲシあたりは完全に観賞用です。)

まあ、このへんの情報は悪用できるので細かく書きませんが・・・。
芥子であれば育成におよそ半年弱(秋植え春収穫)かかるので、スカベ世界では、それを
育成するなら食料が先に作付けされる気がします。

それでは育成が早く(最短4ヶ月程度で十分育つ)、茎から繊維も取れる麻は・・・・、と考えると、
実は麻は薬効成分のほとんどが葉で、この部分を大きく育てないと実際の効果が得られません。

そのため、まず使える品種を探した上で、それをさらに室内やハウス等で照明や空調を用いて
育成しないと実用に耐えない、という問題があります。
(ちなみに、どっかのアホがマンションの一室で育てて給電部分で発熱させて逮捕されたという
あほな事故が起こってまして、これ考えると電気使用量もバカにならないレベルかと。)

そのため、スカベ世界でも貧民が容易に手に入る麻薬とは考えにくいです。

ただし、超小型の融合炉や縮退炉が残ってますので、比較的害が少ない、金を持った層の
趣味として育成される種類の麻薬、というのはあるかもしれないですね。
軍上層部とかの金持ちクラブでタバコより上の嗜好品とされる、とかありそうです。

こうしたことを前提に常識的に考えると、貧民層に流通するほとんどが合成麻薬じゃないですかね。
アンフェタミン系か、あってもLSDなどか。

ちなみに補足しておくと、麻の方は、たしか日本国内で古くから自生しているものについては、
麻薬成分が極めて低く、しかも、国内ではこの種の薬効を含まないトチギシロなどの植え付けが
進んでいるので、野生種として薬効がそれなりにある麻が、スカベ世界に残っているのか非常に
怪しいという問題もあるかと思います。
(まあ、混雑品種で効果が上がることもある品種らしいので、あってもおかしくはないかと。)

567 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/25(水) 22:00:14 ID:NZ4LDl7w0
しかし、廠長のところで話題になるネタがことごとく出す予定にしているものとかぶるのはどうしてか・・・。

ジェイムスン型のネタを廠長がしていた時にも超やばい、かぶるとか思っていたものだが・・・。

まあ、小ネタはたくさん仕込んであるので大丈夫といえば大丈夫なのだが・・・。

568 名無しのやる夫だお :2013/09/25(水) 22:01:05 ID:QCfMIyZQ0
思考が似てるんじゃないですかね

569 名無しのやる夫だお :2013/09/25(水) 22:02:45 ID:PCOS5bwI0
世の中、シンクロニティというのは存在するんだねw

570 名無しのやる夫だお :2013/09/25(水) 22:02:52 ID:MODbbCLs0
本社含めて、各二次創作同士もパラレル扱いだから、神経質にならんでも良いと思う

571 名無しのやる夫だお :2013/09/25(水) 22:05:40 ID:X3d3MbxY0
なんど見ても「やる夫はクソムシと親戚のようです」と空見

…いとこに泰介とかいそうだ

572 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/25(水) 23:33:01 ID:NZ4LDl7w0
えーと、遅くなっちゃったですが、日付が変わって約束違反する前に
講座のみ投下します。


あと、予告として明日木曜夜に本編投下と、土曜日に様子見ながら複数回の投下を
試験的に試してみようかなと思っています。

ご協力いただけましたら幸いです。

それでは、よろしくお願いします。

573 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/25(水) 23:33:27 ID:NZ4LDl7w0


                                   ___
                               _,..:::'::´:::::::::::`::::‐..、
                        f'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉
                             ヽ::::::::_;、r;=, ┬-、 :::_/
     r- 、 _                  }7゙´ /~ | |  { 、ヽ
     ヽ_、   \- 、             / i_,..|._‐_,ヘ ト、._|-、l l
   /   __  |:::::::`ト 、_            / ,1_,ィ li::jl`  l::il l_|. l    イリヤとー
   (   _/   |::::::::::|ヽ::::`^ヽ_    / /(.| lヾ=′  、` ' !:l  ト、
   {    _,. ィ:=イ:::::::::::}::::\:::::::\::ー.、__,/_/  |  l.  l ̄! ,.イ .l  l l
    ヽ- '´  ヒ/::::::::::::/:::::::::::::::::::/:\:::::::\`ー -、ヽト ..ニィ´/,} | ハ|
          ` ー< _:::::::::::::::/:::::::::::\::::::\:::::::ヽヾf^<Y^Y'\ノ ノ|       _
                ` ー-'く::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::l. L__,| |ヽ\,厂 ̄l-〜-、¬r' .)
                   ` ‐、:::::::::::::::::::::|::::::::::| リ::::| |   ∨:::::::|:::::::::::入:::ヽ\
                         / ハ::::::::::::::::::::|:::::::::リ:::::|      l::::::::|::::/:::::ノ::::| ヽ !
                        / / .|;:::::::ト、:::::::|、::::::::::::::|      }::::::|'´:::_/_,ノ \ノ
                    〃/ / |.}:::::::|:::::::::|::ヽ:::::::::::L - ‐:セノ:::::/ ̄
                        V{/| }::::::|:::::::::|::::::\;イ:::::::::::::::::::ヽ::;ハ
                        リ::::::::|::::::::|::::::::::::/O:::::::::::::::::O:ト;::|
                           |:::::::::::::::::::|:::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::l:ヽ!
                          /:::::::::::::::::::|:::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::l:::ヽ
                      /i::::::::::::::::::::|:::::::::/::O::::::::::::::::::::::::O:l:::::l
                         /:::|::::::::::::::::::::l::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::l
                    /:::::l::::::::::::::::::::l::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::l
                        /:::::::l::::::::::::::::::::l:::::::;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::l
                   /:::::::::l::::::::::::::::::::!:::::::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::l、

574 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/25(水) 23:33:50 ID:NZ4LDl7w0


             /´     /   /  i    、         \
            /         ′      \         ヽ
                /    / i  八 :. \
 .            /      /       |     :.   丶 :.   ヽ     :.
         //     ′    i  i| :i     ト、     ∨  :.
          /イ   :/ :   i :| : ハ ハ     ハ ∨i         |!
 .          / |  i   |  i |.:/| :ム孑: ト、    |ー } ハ   |!   i   ハ
           |:  :|: .i|  l :七 ヘ:|   ハ| ヾ\:| ノ' Ⅵ ル i l  . : :ト\
           |:. . :|: 小:ハ.:.孑示云ミ       } 孑示云ミ  l | . :i: |     長門のー
           l :ハ |:.. .:|:ハ:∧《 r':.f:j.:.}        r'.:f:j.:.} 》/ i:| : : ハ:|
           l/ 从:. .:| }ヘ:.:ト う:::ソ          う:::ソノイ / l: : ′}
          {   ハ ハ   从/iハ/iハ    ,    /iハ/iハノイ:.∧ {
                  }ヘト、i:ヾ: :.              /:  /:.ハ
                  ハ ハ{个      ー _ −     个 ハハ/
                   ヽ: :Ⅳ >        < i / メ
                       ヽ:{   ハ >   < ハ ノ ヘ
                      / } Y !         ! Y   \
                    ´      l            l     `
            イ::::l           |__          __|           |:::::ト、
          /i |:::::|           l  >――<  :!           |:::::| i:、
 .         /:∧ 、:::::.、        |´  __   ` |         /::::/ ∧::、

575 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/25(水) 23:34:08 ID:NZ4LDl7w0


                                           ____
        ,. :-:.' ー ' ¨ :.ゝ.、                     -=ニニニニニニ=-
       ,.:´: : : : : : : : : : : : : ヽ.                   iニニニニニニニニニ=ヽ
       ,.': : : : : : : : : : : ',: : : : : : ヽ、               |ニニニニニニニニニニ7
     ,':.:;':.:.:;'.:.:.;'.:./.:;'.:.:|i:';:.:.:.:.:.:.::`、`ゝ               |ニニニ___ニニニ二i
     ,':.:.i:.:.:.i:.:/i:.:/i:.:ハ:.:l:i:.:.i:.:i:.:.:.';.:.:',             |=‐i二八 \{─ト、r‐=ニ|
     /イハ:!:.:.:l:/ i/ ノノ ノリリハリ:!:i:.:.!:.l              | |笊㍉\{f笊㍉  !:i´
     i/!:.:!:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;;;;;;l:.!:ハ!              | i Vツ   Vツ 「 | |
      ∨|:.:.!          ノ/i/ノ              | ト .__ rー┐  .│ i| |
        ヘ!:|         ノ!/′   ……          |┌'´- .V⌒ヽ¨'Y| i|
         ヾ!>ー-   -- <イリ                     八|ニニニ〉 ├‐' | i| ‘,
        (;;;;;ソ⌒) ̄`´ ̄(⌒ヽ                    / /=ニ二/  :i=ニ| i| ‘,
         ヽ;;=;;/__,,、_/;;`ソ               i ∧ニ二厶_..」 二|ハノ   ′
          〉;;;;;;;;ソ:/A.i:l;;;;;;!′                  VヽハT ´|oニニo|=ニハハ八}
        ノ`;;;;;;;;;;i;!___i;!;;;;;ゝ、                  /ニ|=ニニニ/ニ二|
        (_;;;;;;;;;;;7;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;)                / 二|oニニ|=ニニニ|
         ` ̄ ̄ ̄´` ̄ ̄ ̄´                /=二:|ニニニ└r=ニ__」
                                        /=ニニ|oニニニゝ-'ニ∧
                                   /=ニ二|ニニニニ|ニニ∧
       グソクムシ世界の基礎知識ーだい3かい   〈ニニニニ7ニニTニニニニ=〉
                                  `ーr=ニ/「 ̄`V二=r‐=彡
                                    「ニ=ー┤   |ー‐=ニl
             ぱふぱふー。                 | :.:.:.:.:.:′  ‘;.:.:.:.:.: l
                                    |:.:.:.:.:.:.{    }:.:.:.:.:.:.|
                                         、:.:.:.:.:.:.}   {:.:.:.:.:.:丿
                                        `¨¨¨´    `¨¨´

576 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/25(水) 23:34:33 ID:NZ4LDl7w0


          _,. --- 、
     ,. イ; ; ̄; ; ; : : : : : :\
   r‐'´; ; ; ; ; ; ; ; ; : : : : : : : : : :>
  i; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ___: : : : /
   i ; ; _;:-‐ ' ヘ ̄、 、ヽ ̄ Y
   Y´   |'゙'゙'ヘヽ,ヽ ヽヽ、 , 'i   「えーと、やっと海底都市編にはいったけど、まだ話題は少ないわねー。
   |   | |/゙ ヽ,ヽiヽ,ヽiY  |
   |   | | ,ィ=v、  r=k.ゝ i   というわけで、今回も海ネタじゃないわー。
   i  ; i |ヾ,k__ソ   {.j_」|  |
   |  ;(i i     ,    i  |   ジェイムソン型義体についてねー。」
   |  ; i |   r ‐z /i  ',
   ! i  iハ ',ヽ .,__,.ィ' 〈\  i
.   l |  リA Y=x^Yヘz⊂_ \!
   | i /‐-', | ヽ! ',ヽ: : K__rゝ‐ 、
   | |/: : : : : ヘ }‐-|  ヽ: :Y´; ; ; ; ;|
.  | ,i: : : : : : : ',i: : :|   ヽ: L:-‐ー┤
  iリ i!: : : : : : : :リ: : :レ〜‐:ゝ: i; ; ; ; ;ij
  |! i: : : : : : : : :|: : : : : : : ':,: : :|; ; ; ; ;;|

577 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/25(水) 23:34:59 ID:NZ4LDl7w0


      /                ヽ    \  \
      ,'     /  /            l    \  ヽ
      !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、ヽ、_,
.     | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',` ̄
.     l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l
    ノ | ! │   | /_// //  / ,' ∧ / |  / j   l│  「まずお詫びからになる。
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ / /∠ニ「厂! / ,/  / リ
     イ 八{´l  !|<f{矛:下 '     イ孑代フ.j/.  / /     ジェイムソン型義体という名称は
.        Vハ  |  r';;z j        r';;zリ  /}, '//
        ヽ ',  |    ̄     ,   ̄  チ' /        映画「イノセンス」や原作コミックの「攻殻機動隊」などで
         `ヘ lヽ  """      "" .厶 ./
             ', {.代ト、      ´   ., イ | /          登場したもので、その意味で用語的コピーライトは
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./
            / ヽj       {`ヽ   ′          このへんの作品に準ずるものになる。」
.        _ /  「´        ヽ} \
    _, -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、
. r<\\        ヽ '´ ̄ ___ `ヽl|     / /ヽ     「が、わかりにくいので、今回はこちらを使わせていただいた。」
 y⌒ヽ \\      V  ̄ _ `ヽl|     / / ∧
./    ヽ. \\     ∨ ̄  `ヽ |     / / /  l
{      ヽ \\    ヽ     /    / / /  │

578 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/25(水) 23:35:31 ID:NZ4LDl7w0


        _ - ───----- ,フ
      / r: : : : : : : : : : : : : . \
     ,.-′´`: : : : : : : : 、: :ヽ  . :ヽ     「実際の形状としてはおおまかに言って
     /: :/: : : : : :./:   . .ヽ. :ヽ: : ヽ:ヽ
   /: : .l. . . . ..!./: :.l!: :l、: : l、: :ト:ヽ: ト. |     ・ガラスあるいは金属製の箱のなかに脳が浮いている
    j:l: : :|: l: : |:l/: :/ !: ハ: .ハ孑、ト. :!ヽ
  /:_!: : :t: l: : !l: :./-∀‐ レ  ,ィホT、!|      ・その箱に手足と視覚センサー、スピーカーが付いている
  .'´ .! l: : ヘ!: :l:ト/,夂〒`ヽr-{ ヒツlノ:ト
.     〉!ハ: {ヽ: T-弌ニツ ノ 、 ーj´:/       ・自ら望んでその形になっている
    '´ ヽ!=ヘ ヘ   ` ´´  - .イ /
         ヽ:`T - .. _ / レ        ・脳に対する栄養補給などはガラス箱などから行われている
         j \‐ - 、_!、__
         /      ヽ.jヽ     , 、    ・基本的に自由意志があり自分で動ける
           l    _r ニ=、、 ヘ.',  __/  `ヽ、
           |  , 〃/ ̄`ヾミ.トr´r '       >- ' ¨ ´ `>、  というのが特徴。」
.           ト, // /:::::::::::::::::ヽ::::Y     /      / /
        ∨/./::::::::::::::::::::::::l:::::l    /      / /
         ト、/!::::::::::::::::::::::::::l:::::ト、、/   _/、  ソ
            !::::::l::::::::::::::::::::::::::l:::::|  Y--ヘ´/::::::::}- ′

579 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/25(水) 23:36:15 ID:NZ4LDl7w0


               _..-――-- ..._
       .. -―''" ̄::::::: :::: ::::: ::: ::::::: :ヽ..
     / ... ... .:::::..:::::.::::|:: ::: :::: :: ::: ::: ::: :: ``\
    /. .. .. .. :....::....::::.:::.:::|::::::::::::.:::.:::.:.::: :: :: : :: :: :ヽ
   /.. . /. .......:::.::::.:::.:::::::::::|::::::::::.:::::ヽ:::.:::::.::::.:.:: ::: : :::ハ    「ただし、脳みそだけを箱型のケースに入れ、
.  /.〃/.:.:./:.::::.:::::::;::::|::::.:/|::::.:::::::.|  \:::.::::.::::: : :: : ::::|
.  |/ /.:.:.:.:|::.:.:.:.:.::/:::│:/ |::.::: ::::|   `_::::::::::: : : :: |    それに足を付け、しゃべるようにした人間、という
.   ,'.: .:::.:.|:.::::::.:::厂 ̄丁` |:::.::::.::|   ̄ \ ̄::|:: : :: ::|
  |.::::::::.|::.::::::::|:  二   \::.:::|   _  \::|::: :: :: |    モチーフ自体はSF小説の中でも非常に古いモチーフ。
   |..:.::::::ハ.::::::.:|/γ:::`ト   \| 彳 ̄.`ド ::.:|:: ::::: :|
  |  ∧:::\:::|ヾ〈:: ..::::|       |::.. ...:::| |::::.!:::::::::八    実際、攻殻の名称自体も
.   | ./ ヽ|::.::`:  ヽ辷ノ      弋:::::..:ノ..|::::::::.::.:/:「
   ∨   .|::.:::::::|       .      ̄  ,|::.:.:::::/:、|    ニール・ロナルド・ジョーンズの『ジェイムスン教授シリーズ』が
          |::.::::八         _      /::.:::/
        |ト、::::::::>- ..__         _..〃:/        元ネタであると記憶している。」
.         ‖ \::::   ,r=ァ― T<´ //
            ̄./:::::::丿  Ц:::\
           /.... . ...├―─‐┤: :::\タシカハヤカワアオセシリーズデ、サンカンマデデテイタトキオクシテイル。1931ネンノサクヒン

580 名無しのやる夫だお :2013/09/25(水) 23:36:57 ID:QCfMIyZQ0
ふむふむ

581 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/25(水) 23:37:08 ID:NZ4LDl7w0


           , " ̄ ̄ 丶、
          /        \   「このジェイムソン教授、設定上、最後の地球人類なのだが
            / , { / { / } ヽヽハ
         j |イ/⌒Vヽハ⌒lヽ} j}   死後もその肉体を完全な状態に保ちたいと考え、
          イ j :|f磷ト  f磷ハ/ノリ
         /レヘ { ゞ''  _ `‐' {/ノ   小型カプセルに遺体を載せて宇宙に打ち上げさせる。
      (( 〈/ /V>  __  イレ'
         \{ { l::lVミVl::l /\    その肉体は4000万年の間維持され、たまたま地球近在にやってきた
           Y\ヾ ∀ シ/ r ´l
              |   ≧f}≦  |  |    機械人類に脳を機械の身体に移植されて生き返る、というのが設定。」
           `ァー∨=∨‐く  |

582 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/25(水) 23:37:41 ID:NZ4LDl7w0

      ,. -  ──   --  .
       !                \
.     i               〉
       |              /
       |__ _ ___,._ __ __    i    「いきなり4000万年ってすごい時間経過ね。
      | i |~´´ | l li l l l``!'
       i l ´| ̄ ` | i il‐r-!、i  |     過去で計算すると新生代?インドがユーラシア大陸にぶつかった頃?
     // ==== レレ' レ___レ1  i
     // /    ,、____  ̄``|.  l     というか、人類最後の人間が、自分の肉体を死後完全に保存するって
.    // /\  /    !   ハ i
   // /  /\ゝ.___ノ ,.イi  l i     エジプトのファラオじゃないんだから
.  // /  /^ー{__ ̄_ |___j ! ji i
  // / / ヽ /   i´  ヽl i ハ    すごい発想というかなんというか・・・。」
. i/ / /`ー‐/   / |∠__/V  i}

583 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/25(水) 23:38:17 ID:NZ4LDl7w0


.        /            \     ヽ
       /  /    八       ` 、      `、
        /  / //l /l l  l  ト、     丶     i   「しかし、実はこの作品が恒星間移動ネタの定番である
      l  l lT抃什トl l小l `<二ミーl  l l   !
      レ1l ! NⅥノV  V    `<Yl  l | l }   人体冷凍保存方式の元祖というかネタ元になっている。
        川  Vr圻Tト 、、  ,ィ伝抃ミxlリ ハl l ,ル′
       {ルヘ ! {しソ  }}⌒{{ {しソ  |  レ'l レ′    今から読むとさすがにチョッと古さは否めないが、
       从lハ  ト==''===''  ゞ==''==イl{ {/V
        从 ヽ、    ′    ,.イ小八       そういう部分の元祖と思えばなかなか感慨深いと思う。」
          VレN> .   .    /ルレl/
                ,ィ介!` .__,.  ´ト圷、
           「`¬===yz==''´ ̄| \
         /|      | |     |   /\
.        /  |      | |     | /   ヽ

584 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/25(水) 23:38:52 ID:NZ4LDl7w0


        _ - ───----- ,フ
      / r: : : : : : : : : : : : : . \
     ,.-′´`: : : : : : : : 、: :ヽ  . :ヽ
     /: :/: : : : : :./:   . .ヽ. :ヽ: : ヽ:ヽ         「この作品、当時は結構人気だったみたいで、
   /: : .l. . . . ..!./: :.l!: :l、: : l、: :ト:ヽ: ト. |
    j:l: : :|: l: : |:l/: :/ !: ハ: .ハ孑、ト. :!ヽ         この種の機械化人間が他のSFでもたくさん出てくる。
  /:_!: : :t: l: : !l: :./-∀‐ レ  ,ィホT、!|
  .'´ .! l: : ヘ!: :l:ト/,夂〒`ヽr-{ ヒツlノ:ト          まあ、エヴァ直後にエヴァ類似の作品が沢山でたみたいに
.     〉!ハ: {ヽ: T-弌ニツ ノ 、 ーj´:/
    '´ ヽ!=ヘ ヘ   ` ´´  - .イ /           いろいろ出てるので、上げているときりがないが
         ヽ:`T - .. _ / レ
         j \‐ - 、_!、__               日本でもアニメで見られるような有名作品もいくつかある。」
         /      ヽ.jヽ     , 、
           l    _r ニ=、、 ヘ.',  __/  `ヽ、
           |  , 〃/ ̄`ヾミ.トr´r '       >- ' ¨ ´ `>、
.           ト, // /:::::::::::::::::ヽ::::Y     /      / /
        ∨/./::::::::::::::::::::::::l:::::l    /      / /
         ト、/!::::::::::::::::::::::::::l:::::ト、、/   _/、  ソ
            !::::::l::::::::::::::::::::::::::l:::::|  Y--ヘ´/::::::::}- ′

585 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/25(水) 23:39:59 ID:NZ4LDl7w0


              _..-──-  .
          __,.'´: : : : : : : : : : : : `ヽ.- .
       ,.'´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ.
      /.: : : : : : : : : : : : : : : : : : :\: : : : : : : :ヘ     「先ほどの攻殻もそうだが、国内で知られているものとしては、
     ,.': : / : : : : : : ,′: : : : :{: : : : : ヽ: : : : : : :∧
.    /: :,/.: : : : : |: : : |: : : : : : ∧: : : : : !: : : : : : : : '.    最古老クラスのオッサンであれば『キャプテン・フューチャー』
   /' ´,′: : : : :」. -ァ|‐ :|: : : :|-ヘー- L_: : : :.|: : : |
     |: : : : :|: : |: / ',: :|: : : :l   \: : |: : : : : |: : : |    のサイモン教授あたりが思い浮かぶだろう
     |∧: : :|: : l.ィ≠ミヽ|\: :| ィ==ミ |: : : : : |: : : |
     '  ∨.:'、: N.レ!,、}   ヽl. れイi |'イ: : : : : |: : :,′   アニメにもなったこの作品も原著は1940年台という古さ。
        ∨:.|`| 辷リ       ヒ辷ソ|: : : : ,ハ: /
        |ヽl: l  ゙´ 、         |: : : : /イ:/     SF作品中では古典のレンズマンなどでも類似モチーフの
        |: : : ヽ、   −      ,′: :/: : ,′
         ヽ.: : : : ,>  . __ . イ /: :/,ィハ,′      キャラが出ていた記憶がある。」
.         \|`′ヽヘr‐j     |7/、V
               / '    r' '  l、        「若年寄レベルでも星方武侠アウトロースターなどで知られる
              ,.イ  /___,ノ    ,.ヘ
           /|| |----/    .//〉        伊東岳彦氏の漫画でこの種の脳だけ箱入りマシーンの教授が
.           /| || | ゙̄7   /// l
          ノ | || | ,′ ///  |        出てきたのを覚えているかもしれない」

586 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/25(水) 23:41:28 ID:NZ4LDl7w0


           , " ̄ ̄ 丶、
          /        \     「ちなみに余談だが、
        ノ゙!  / , { / { / } ヽヽハ/^ーァ
    r='  \j |イ/⌒Vヽハ⌒lヽ} j} /´  レスで出ていた電光戦車なんてのは、どちらかと言うと
      ̄\ イ j :|f磷ト  f磷ハ/ノリ/
         7レヘ { ゞ''  _ `‐' {/ベ     マトリックスなどの人体電池の方に概念は近い。
       く/ /V>  __  イ∧ヽ/
         \{ { l::lVミVl::l / ∨     自由意志はなく、ジェイムソン型義体とは概念が異なる。
           Y\ヾ ∀ シ/ r'´
              |   ≧f}≦  |       こちらは逆に自由意志で体を捨てて箱に入るようなイメージ」
           `ァー∨=∨‐く

587 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/25(水) 23:41:59 ID:NZ4LDl7w0


                __ __
              /..::::::::::::::::::::::::..`ヽ
            ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:',
            |:::::|:::::ト,,ヘ:::::.ll:l:l:::l:::l::l::|  「まあ、自由意志だとしても、
            |:::::|:::::|  -ヽjl从ハノリ:::|
            |:::::|:::::| ≡    ≡〈:::.!   何れにしても変人ということね?」
            |:::::|:::::とつ 、__,_, ⊂つ
            |:::::|:::::ト  _ __ イ.::|
            |:::::|:::::|Y \/OVヽ |::::|

588 名無しのやる夫だお :2013/09/25(水) 23:42:12 ID:ehqHS1Dk0
攻殻のアニメにも出てなかったっけ?

589 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/25(水) 23:42:20 ID:NZ4LDl7w0


.        /            \     ヽ
       /  /    八       ` 、      `、
        /  / //l /l l  l  ト、     丶     i  「作品中でも何らかの理由付けがあるケースがあるので
      l  l lT抃什トl l小l `<二ミーl  l l   !
      レ1l ! NⅥノV  V    `<Yl  l | l }  必ずしも全員がそうだとは限らないが、
        川  Vr圻Tト 、、  ,ィ伝抃ミxlリ ハl l ,ル′
       {ルヘ ! {しソ  }}⌒{{ {しソ  |  レ'l レ′  人型の義体があるのに箱に入るのはやはり変わり者か
       从lハ  ト==''===''  ゞ==''==イl{ {/V
        从 ヽ、    ′    ,.イ小八     よっぽどの理由があるかではあるので、
          VレN> .   .    /ルレl/
                ,ィ介!` .__,.  ´ト圷、        確かにそれは否定出来ないと思う。」
           「`¬===yz==''´ ̄| \
         /|      | |     |   /\
.        /  |      | |     | /   ヽ

590 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/25(水) 23:43:42 ID:NZ4LDl7w0


      X  , -‐…‥‐- .    X
     7  rf 、ィx       \   X
        | 「"^i | l  \ヽ   :.
     」_   | 丁^ Ⅵハ厂}リi  i   _L     「やっぱり〜?
    !  | l≡≡  ≡≡l |  |  、メ
        l } ''' __ '''' l |  |  /ヽ
        / 人 _ 廴.ノ _ イ厶ィフ         まあ、直接関わるのは私じゃないからいいけどね〜」
      j /入 ::マ六フ::::/ j/ |
        '//  Y:::/「{::::::, ,′ |
      {厶イノ::::^丁::::::|人∧ハ
         〉、_ノ\::::{:xく }
           / ,    ¨´ 、\
        `く  /  } __ >′
          } フ^¬〈 /
           ¨     ′

>>588
出てますとも。たしか日本人の商社マンがジェイムソン型義体で出てきますね。

591 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/25(水) 23:45:12 ID:NZ4LDl7w0


        ..- ―――‐ - .、
       ./: : : : : : : : : : : : : : :\
    /: : : : : : : /: : : : 、: : : : : : \
    ': : : : :./: : : :i: : : : : :i: :ヽ: : : : : ヽ    「まあ、いずれにせよ、スカベンジャー世界では
    i: : : : : i: : : : イ: : : : : ト: : : i: : : : : ハ
    |: : :i: : l:  ̄/ |: : : : ハ:iヽー!: : i: : l i    危険すぎてよほど安全な場所でしか出せないと思う。
    |: : :l: : l: : /==ォ: : / j/==ォi!: :.': : :ト:ヽ
    |: : :l: : l: :ハf:t::|ヽ:{   f:t::| l: /: : :.| `    この義体で戦えるとか、よっぽど改造しなきゃ無理だし
   i: : fヽ: Vi. ヒン    ヒン j/: : :i: |
   Y^ゝ.i: : :!     ′  /|: : /l/     改造したらそれはすでにジェイムソン型と言えないし。」
      \ヾ:.!、    △   _ ィ: :./
       ヾ:{/У`j ̄iヾ丁ノ l1/
        /   キ⌒} `ヽ
       ./\ヽ  ヾ¨! /∧
        ':::::::::\ヽ ヽ| //:::ハ
      i::::::::l::::::iヾ、jljイ:::::i:::i マア、>>1ニオモイイレガアルラシイ。カタリダストナガイノデホットクベキ

592 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/25(水) 23:45:58 ID:NZ4LDl7w0


               _..-――-- ..._
       .. -―''" ̄::::::: :::: ::::: ::: ::::::: :ヽ..
     / ... ... .:::::..:::::.::::|:: ::: :::: :: ::: ::: ::: :: ``\
    /. .. .. .. :....::....::::.:::.:::|::::::::::::.:::.:::.:.::: :: :: : :: :: :ヽ
   /.. . /. .......:::.::::.:::.:::::::::::|::::::::::.:::::ヽ:::.:::::.::::.:.:: ::: : :::ハ   「というわけで、今回はネタが薄かったグソクムシ講座
.  /.〃/.:.:./:.::::.:::::::;::::|::::.:/|::::.:::::::.|  \:::.::::.::::: : :: : ::::|
.  |/ /.:.:.:.:|::.:.:.:.:.::/:::│:/ |::.::: ::::|   `_::::::::::: : : :: |   実は窒素回収船についても予定していたが
.   ,'.: .:::.:.|:.::::::.:::厂 ̄丁` |:::.::::.::|   ̄ \ ̄::|:: : :: ::|
  |.::::::::.|::.::::::::|:  二   \::.:::|   _  \::|::: :: :: |   よく考えたらネタバレ発覚のため、中止に相成った。
   |..:.::::::ハ.::::::.:|/γ:::`ト   \| 彳 ̄.`ド ::.:|:: ::::: :|
  |  ∧:::\:::|ヾ〈:: ..::::|       |::.. ...:::| |::::.!:::::::::八  投下の遅れもそのため。
.   | ./ ヽ|::.::`:  ヽ辷ノ      弋:::::..:ノ..|::::::::.::.:/:「
   ∨   .|::.:::::::|       .      ̄  ,|::.:.:::::/:、|   読者の皆様には大変に陳謝したいと思う。」
          |::.::::八         _      /::.:::/
        |ト、::::::::>- ..__         _..〃:/
.         ‖ \::::   ,r=ァ― T<´ //
            ̄./:::::::丿  Ц:::\
           /.... . ...├―─‐┤: :::\
          /:ヽ. . . . . .レ'':⌒`ヽ|: : : : : :>、
            /\::ヽ. . . . レ''⌒`ヽ1: : : : :/::/ヽ
        /:::\\::\. .|. . . . . . ノ: : : :./::/ /::ヽ

593 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/25(水) 23:46:32 ID:NZ4LDl7w0


                      。o≦二二二二二二二≧o。
                 /二二二二二二二二二二ニニ\
               /二二二二二二二二二二二二ニニ\
              /二二二二二二二二二二二二二二ニニ》
               《二二二二二二二二二二二二二二二ニ/
             '二二二二二二二二二二二二二二ニニ/
               '二二二二二二二二二二二二二二ニ《
.              '二二二二二二二>'" ̄ ̄ ̄    `Y   「あと、最近、講座のために本編に
              '二二二二二>'"  ⌒    |   |   |
                |   l   | l\  |八 {\{  |   |   |    SFネタを持ち込んでるんじゃないかと
                |   イ⌒乂{  \! 斗f癶Y´|   L  |
                |   | ィ笊,     l:::し)l |   |ゃ) |    主に知人から突っ込まれたんですが
                |   l  l:::し!      ,乂こノ !   !   !
                |   | ,乂り      ///   |   |   |    そのような事実はありません。
                |   |ハ // ’           |   |   |
                |   |  丶    ‐‐       仆、  |   |    あらかじめ確信犯ですので。」
                |   |    >。     "´   |   |   |
                |   |⌒ア⌒\ 厂  /⌒゙|   |⌒ヽ{
               /l|   |  {   〃⌒ソ⌒´   八  ,|__/\
                /ニ|   ,儿___,{  (   丿  /   /二二ニ∧
            /ニl|  /  ー‐}   丿 ノ  /   /二二二ニ∧
             /ニニ| ,/   ー‐厂⌒⌒ト、_ノ/   /二二ニニニ∧
.            /ニニニl| {    ーノ 丿 丿 L }フヘノイ二二二二ニニ∧
          /二=≦ニ!   √       ノ二二二/二二二ニニニニ
           /二/二ニ乂_/         /二二ニニ/二二二二ニニニニ サイショカラスカセカイノイッパンシミントSFガヤリタカッタノ

594 名無しのやる夫だお :2013/09/25(水) 23:46:35 ID:QCfMIyZQ0
そういう事なら仕方ないね

595 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/25(水) 23:47:00 ID:NZ4LDl7w0


          _,. --- 、
     ,. イ; ; ̄; ; ; : : : : : :\
   r‐'´; ; ; ; ; ; ; ; ; : : : : : : : : : :>   「というわけで、そろそろ海底都市のネタもやれるかなーと
  i; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ___: : : : /
   i ; ; _;:-‐ ' ヘ ̄、 、ヽ ̄ Y     期待が高まるグソクムシ講座。
   Y´   |'゙'゙'ヘヽ,ヽ ヽヽ、 , 'i
   |   | |/゙ ヽ,ヽiヽ,ヽiY  |     自分で自分にプレッシャーかけても仕方ないと思うんだけどね。
   |   | | ,ィ=v、  r=k.ゝ i
   i  ; i |ヾ,k__ソ   {.j_」|  |    というわけで、今回もこのへんでー。
   |  ;(i i     ,    i  |
   |  ; i |   r ‐z /i  ',    それじゃあまたねー。」
   ! i  iハ ',ヽ .,__,.ィ' 〈\  i
.   l |  リA Y=x^Yヘz⊂_ \!
   | i /‐-', | ヽ! ',ヽ: : K__rゝ‐ 、
   | |/: : : : : ヘ }‐-|  ヽ: :Y´; ; ; ; ;|
.  | ,i: : : : : : : ',i: : :|   ヽ: L:-‐ー┤
  iリ i!: : : : : : : :リ: : :レ〜‐:ゝ: i; ; ; ; ;ij
  |! i: : : : : : : : :|: : : : : : : ':,: : :|; ; ; ; ;;|

596 名無しのやる夫だお :2013/09/25(水) 23:47:57 ID:QCfMIyZQ0
おつー

597 名無しのやる夫だお :2013/09/25(水) 23:49:27 ID:ehqHS1Dk0
おつ

598 名無しのやる夫だお :2013/09/25(水) 23:57:53 ID:zac4FvaI0
平成生まれでキャプテンフューチャ―(アニメ版とはいえ)知ってる俺っていったい……

599 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 00:00:23 ID:mpRrukzk0
あ、乙でした

600 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 00:04:32 ID:zrr68J/.0
乙ー
伊藤老師だとアウトロースターよりも宇宙英雄物語のゴドー爺さんじゃね?>ジェイムスン型

601 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/26(木) 00:10:33 ID:kC7dfFfI0
>>600
「星方武侠アウトロースターなどで知られる伊東岳彦氏の漫画」

これが宇宙英雄物語のことのつもりで書いてます。

名前まで書いてもよかったけど、アニメ化されていないし、コミックの入手もほぼ無理と考え
今回は省いた感じです。
知ってる人が居るか確信が持てなかったんで。
実際に名前を上げたほうが良かったですかね・・・。

602 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/26(木) 00:12:25 ID:kC7dfFfI0
しかし、本当におっさんホイホイなものしか書けないな俺・・・。

このあと出てくる予定のあるものを例に上げるだけでも
多分、ひどいことになる気がする・・・・。

603 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 00:15:12 ID:mpRrukzk0
大丈夫ですよ、二十歳もいってないのに古典SFやら火葬戦記好きの変人もここにいますから(笑)

604 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 00:15:44 ID:1dVvqgqA0
お おっさんじゃねーし まだ20台だし(震え声

605 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 00:43:28 ID:Xl1iHNPo0
だまされたな十字

606 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 01:29:56 ID:CT7AoV/s0
乙でしたー

607 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 12:11:20 ID:5.6qHvUo0
伊藤さんの漫画だとリューナイト好きだったなぁ
アウトロースターは同じ世界を舞台にした作品があったよね、エンジェルなんとかっての

608 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/26(木) 12:33:38 ID:kC7dfFfI0
>>607

星方天使エンジェルリンクス・・・何もかもがもう懐かしい・・・・。

609 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/26(木) 12:36:46 ID:kC7dfFfI0
全然関係ないですが

銀河戦国群雄伝ライ知ってる人ー

610 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 12:45:20 ID:Izne/.WI0
「よーしお前ら息とめろー!」

※敵『宇宙』戦艦の外殻装甲版に取りつく準備の時の台詞です

611 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 13:06:32 ID:LbpaPD2U0
さらば銀河の果て〜、夢を旗印に〜
ttp://www.youtube.com/watch?v=zE_oCVa1dx8

612 611 :2013/09/26(木) 13:10:02 ID:LbpaPD2U0
すみません、歌詞まちがえました。

613 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 15:38:03 ID:JBf/ePUg0
あれ宇宙である必要なかったよな

614 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/26(木) 16:16:18 ID:kC7dfFfI0

行ける・・・。この読者層ならもっと踏み込める・・・・。
潜れ、行けるぎりぎりまで・・・・。



>>613

気持ちはわかるが、否定的に考えるのはもったいない。
それ言うと、銀河英雄伝説の艦隊戦だって、宇宙空間なのに完全に平面上で戦ってるわけで。
見えやすさに差があるだけで、どんな名作でも突っ込みどころはかならずある。

まだネタとして割り切ってる分、銀河戦国群雄伝ライのほうが・・・という考え方だってあると思う。
サブマシンガンがあるはずの世界でも北斗神拳が猛威を振るうようなもんである。


要は作者のやりたいことが実現できて、面白いと思う読者がそれなりにいればそれでいいと私は思う。


だいたい、宇宙空間で息止めて敵艦に乗り込み、切り込み戦闘とか最高に燃えるじゃないか。
あの”いい意味で馬鹿”な発想力だけでも俺は宣伝して回る価値がある気がする。


・・・しかし、アニメは結構産廃だったかもしれない。作者も言ってるから仕方ないよね。うん。

615 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 17:51:42 ID:507xPsQ20
>>614
ならば【要は作者のやりたいことが実現できて、面白いと思う読者がそれなりにいればそれでいいと私は思う。】
これにのっとり某所で若干吐き出した妄想内容をすべて吐き出そうか(ニッコリ

616 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 19:18:51 ID:JBf/ePUg0
あれはやりたいことは判るがなんでこうしたのかって内容だと思った
嫌いじゃないがねwその発想はなかったとしか言えん

617 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 20:22:32 ID:3ZT3DtcI0
バリアが発達しすぎて砲が役立たずになって結局切込み戦闘になった作品もありますおし……
というかSF原作の作品はスターウルフしかりSWの黒歴史三部作しかり地雷が多いのは何故なのやら

618 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 21:36:40 ID:aVvLctfE0
全巻持ってるっす
師真の覇者論とか面白いと思ってたキレイゴトを徹底的に無視したところとか

619 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/26(木) 21:46:00 ID:kC7dfFfI0
うわー、なんかいろいろと予想外の方向に盛り上がってないですか?

さっきやらかしたばっかりでちょっと掲示板みるのびびってたのに。

おじさん、ちょっとびっくりしちゃってるよ?
脇ネタばっかりでひたすら盛り上がれるダメな設定マニアなのに・・・。
というか、ここの所、ちょと、自分自身の暴走に自分でびっくりしてる状態だというのに・・・。

というか、スターウルフを語れる人が来ちゃうんだ・・・。

なんという天国・・・・。


予定通り22時から始めますー。本日もよろしくー。

620 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 21:46:39 ID:1dVvqgqA0
ハーイ

621 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 21:48:19 ID:3ZT3DtcI0
把握しました、

622 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/26(木) 22:13:16 ID:kC7dfFfI0

                         Fニ:、     _,. -―‐‐- 、
 _,n--- ――――― ┬i           r\ \    ゙、 ┌┐ 、_/_ \
└る'ー―――‐‐ '''"て.)二 --―――‐‐'-:{: \ 丶  ゙: l二!/メヽ   ヽ
            ,ィ‐''''''' '''''''''' """"゙゙゙ ´  ̄`i\ \ `、,.―-、  \  !
            /ij、      __゚_        f|. \,ヘ ゙、i// i__ ,,....l
              l !i!     。 ''゙""゙ 。     i:|.   ヾト'ジ" ̄
             |. lリ                  ゙i|
            |: ||                   j:!     「さて、シュテルには行ってもらったことだし、
                |: h               ||
               l: i!i!                ヾ,.__    少々込み入った話をさせてもらおうかの?」
              Fニニi'              ___i―:ヲ
             r=!! i:k:-ァn--――‐‐ '''' "´Hi' )゙|  i:|
             「|" |l(Oi,|:|,,...........................::::::i レヾ.|  ゙:|
             ! !  ||;ゞ;;:シ--――‐ '''''i し'ィ':jll''''|.  :|
          | |  :i|ー'              |i::l:l| |:  :|
           l |  ;i|                 |i::l:i| |:  :|


 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ メッセージチップをもたせたシュテルが加圧室と書かれた扉へと去ってからしばらく、
 ┃ 機材モニター用の端末を弄っていたゴミ爺が君に声をかけてきた。
 ┃
 ┃ 君自身、ゴミ爺の仕事場である、ゴミ破砕センターの分別監視室の中に招き入れられ、
 ┃ 目の前には怪しい薄緑色の液体の入った椀が置かれている状態だ。
 ┃
 ┗

623 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 22:13:55 ID:1dVvqgqA0
茶かな?

624 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 22:16:42 ID:7MT1cqds0
PR液の可能性も微レ存

625 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 22:16:50 ID:3b0OP/hw0
目玉親父か!

626 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/26(木) 22:19:45 ID:kC7dfFfI0


                   _,,..-―‐-..,,_
             ,,-''"       `ヽ、
           /              \
             /                   ヽ    「込み入った、というと、
             ,'                      ヽ
          l    _ノ        ヽ_     ',‐-、 どんな話になるんでしょう・・・。」
       ,-''"|   ーt:::テ≧    ≦r::テー   lヽ .'.,
        l l'´.',    `¨¨/       ヽ¨¨´    .,'  ヽヽ_
       / |  .'.,    (    .,、   )   U /  ./  ヽ、
       / \  ヽ、   ` ̄ ´ `  ̄´   / /  _,,..-'
        {   `''-‐"ヽ-..,,__      __./ ̄ ̄´ .,,..イ ∨
      /.T ‐-..__    _.ヽ ̄ ̄ ̄/,..-――‐'" /  ∨
    r┘ ',.    ̄ ̄  〈 ̄\ ./イ´       / /  ∨
    | ヽ-、',       /      .ヽ      //   ∨
   ./  ヽヽ .',      ロ       `ロ ヽ、 /      .∨
   /   、__ ', _/                \|    L__ ∨


 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ とりあえず、シュテルを待つしか無い現状・・・。
 ┃ 
 ┃ しかも、ゴミ爺の話によると、各ブロックは海水に隣接している部分から順に加圧されており、
 ┃ シュテル自身が加・減圧が完了して戻ってくるには、距離的に近くても、それだけ余分な時間が
 ┃ かかるようになっているという。
 ┃ 待ち時間は相当な時間になるはずだ。面倒な質問をされた場合、少々対応に困るかもしれない。
 ┃
 ┗

627 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/26(木) 22:24:21 ID:kC7dfFfI0


                         Fニ:、     _,. -―‐‐- 、
 _,n--- ――――― ┬i           r\ \    ゙、 ┌┐ 、_/_ \
└る'ー―――‐‐ '''"て.)二 --―――‐‐'-:{: \ 丶  ゙: l二!/メヽ   ヽ
            ,ィ‐''''''' '''''''''' """"゙゙゙ ´  ̄`i\ \ `、,.―-、  \  !
            /ij、      __゚_        f|. \,ヘ ゙、i// i__ ,,....l
              l !i!     。 ''゙""゙ 。     i:|.   ヾト'ジ" ̄
             |. lリ                  ゙i|
            |: ||                   j:!     「なに、今のところ面倒なことを言うつもりはない。
                |: h               ||
               l: i!i!                ヾ,.__    どちらにしろ、囚人を簡単に外に出さぬための
              Fニニi'              ___i―:ヲ
             r=!! i:k:-ァn--――‐‐ '''' "´Hi' )゙|  i:|   加圧区画のせいで、簡単に外には出られん。
             「|" |l(Oi,|:|,,...........................::::::i レヾ.|  ゙:|
             ! !  ||;ゞ;;:シ--――‐ '''''i し'ィ':jll''''|.  :|   今すぐどうこうという話をするつもりはないよ。」
          | |  :i|ー'              |i::l:l| |:  :|
           l |  ;i|                 |i::l:i| |:  :|


 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ 心のなかで、面倒な人種だ、という言葉が浮かぶ。
 ┃ それは、要するに「目的に見当はついておるよ」ということではないのか?
 ┃ その上で何かを聞きたい、と?
 ┃
 ┃ 言葉につまり、とりあえず目の前の怪しい薄緑色の液体に口をつける。
 ┃
 ┗

628 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 22:27:48 ID:1dVvqgqA0
相当長生きしてそうな爺さんだもんなぁ
煮ても焼いても食えない予感

629 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/26(木) 22:32:08 ID:kC7dfFfI0


         /^ヽ、    /^ヽ、                  /                 ヽ
      っ'   , -o---o-、  ゙'c                /                   '
        i ̄ ̄i| ̄。゚。 ̄|i              , ,                 ',
        l    l|.    .|l               i ゝ ̄ ''ー-                !
        i__i|_____,|i                {   {__  ヽ  J           }
        ,-ol__l,-o__o-、                 ',   マj  ̄ノ           /
         / / / /    .ヽヽ                ゝ  `   ´           ∠ _
       (0)) .(0))     (0))              { i                ,ィ´::::::::::::::`ヽ
                                   ゞ.、 _   ノ       ィ/:::::::::::::::::::::::::::\
                                 `ヽ  ̄     ,.ィ≦/::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                     ` ー-  イ:::::::::::,{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   「なに、聞きたいことは単純なことじゃ。                  }:::::::::::, ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.,
                                            j:,ィ彡:::::::::ヾ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
    おまえさん、しばらくはここで暮らさねばならん。        /:::::::::::::::::::::::::\:::,ィ":::::::::::::::::::::::,.ィ≦`ヽ
                                         {:::::::::::::::::::::::::,.::ィ:´::::::::::::::::::::::::,.イ /   ハ
    その上で聞くが、どうしたいと思っておる?」            !::::::::::::::,.:ィ.:´::::::::::::::::::::::::::::/ /´      i
                                           |:::::,.ィ.:´:::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /        |
                                          |:::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  |          |
                                        }:ィ!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:|  |          |
 ┏━━━━━━━━━━┓                           !ハ::::::::::::::::::::::::::::::,.ィ´:::::!  |          |
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ 液体が思った以上に美味かったことに驚き、それ以上に質問に戸惑った。
 ┃
 ┃ 確かに、言っている事は解る。さて、どう答えるべきか・・・。
 ┃
 ┃ <<次、安価です>>
 ┃
 ┗

630 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/26(木) 22:35:55 ID:kC7dfFfI0


               _  -─‐-  .
            . ´           ` .
            /                ':,
          /     __ ノ     ー‐  ',
         ./      -―       ―-
        /     (  ● )   ( ● )  i
         ,       /   、   、   |
         ',        {     人   }   }
          ゝ        ` ‐-‐  `ー '    /、
        /\                .ィ  ̄}
          /   \  ー- __ .。-<  ∠i
       /      \.  /       ‐' ´ .|
     ,.<ム、_  `ヘ | /    /__>--イ`>-、
  //////.: .: ̄〉  l./   ∠ィ´: : : : : :////////\
 ///////: : : : : : :i  ./   /.: : : : : : : : ://////////;ヘ
 i//////.: : : : : : :{  {   / : : : : : : : : : /////////////〉
 l/////.: : : : : : : :|  |  .〉: : : : : : : : : :i///////////;//
. ,'////.: : : : : : : : :|  |  i : : : : : : : : : : {//,'////////;〉
////,'.: : : : : : : : : :|  |  | : : : : : : : : : : l;/{/////////\
///,i : : : : : : : : : :.:|  |  |.: : : : : : : : : : .∨////-一"///∧
///|: : : : : : : : : : : |  |  | : : : : : : : : : : : ゝ////////////∧
///i:.: : : : : : : : : : :|  }  |: : : : : : : : : : : : :{/////////////∧

 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ ゴミ爺に対して君は・・・・。
 ┃
 ┃ 1.まず地上へ戻るための方法を探したいと考えています。
 ┃
 ┃ 2.こんな場所であることが予想外だった、まずはここについて知りたいと思ってる。
 ┃
 ┃ 3.とりあえずは何も・・・。予想外過ぎて、まずはいろいろ考えてから答えても構わないかな?
 ┃
 ┗

631 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 22:36:31 ID:kk06FuAA0


632 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/26(木) 22:37:14 ID:kC7dfFfI0
案の定やってもた。630の下5で。

633 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 22:37:32 ID:M2lu76L.0


634 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 22:37:36 ID:7MT1cqds0


635 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 22:37:39 ID:1dVvqgqA0
2

636 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 22:38:11 ID:1dVvqgqA0
安価指示忘れたときは↓5でいいんだよね?

637 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/26(木) 22:39:01 ID:kC7dfFfI0
「2.こんな場所であることが予想外だった、まずはここについて知りたいと思ってる。」

が選択されました。

638 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 22:40:28 ID:gEbm0.kI0


639 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/26(木) 22:43:40 ID:kC7dfFfI0


                   _,,..-―‐-..,,_
             ,,-''"       `ヽ、
           /              l| \
             /            U  .ヽ
             ,'           l        ヽ       「正直なところ、ここへ来ることになった段階では
          l ____l  ヽ-―‐tイ''"´  ',‐-、
       ,-''"|       `′        `′ .〃 .lヽ .'.,    1000年前の遺跡の調査、という話だった。
       | l'´.',  ≡≡/       ヽ≡≡彡 ,'  ヽヽ_
       / |  .'.,    (    .,、   )     /  ./  ヽ、 実際、こういう状況も予想外というどころじゃなくてね。
       / \  ヽ、   ` ̄ ´ `  ̄´   / /  _,,..-'
        {   `''-‐"ヽ-..,,__      __./ ̄ ̄´ .,,..イ ∨  ここの住民をどうにかしてまでってのもどうかと思う。
      /.T ‐-..__    _.ヽ ̄ ̄ ̄/,..-――‐'" /  ∨
    r┘ ',.    ̄ ̄  〈 ̄\ ./イ´       / /  ∨ 今のところはまずここを知ってからかな、ってところさ」
    | ヽ-、',       /      .ヽ      //   ∨
   ./  ヽヽ .',      ロ       `ロ ヽ、 /      .∨
   /   、__ ', _/                \|    L__ ∨

 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ とりあえずは、思っていることを素直に答えることにした。
 ┃ 多分、予想は付いているんだろうし、嘘を言っても仕方ない。
 ┃
 ┃ だいたい、先方だって地上に人が居るなど全く予想はしてなかったふうだった。
 ┃ まずは知識ギャップをうめなくては何もできまい。
 ┃
 ┗

640 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 22:45:56 ID:cwp6YyXg0
正直人がたくさんいるって言うなら外交とかになるよなー
砲艦外交かもしれんが

641 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/26(木) 22:48:00 ID:kC7dfFfI0


                         Fニ:、     _,. -―‐‐- 、
 _,n--- ――――― ┬i           r\ \    ゙、 ┌┐ 、_/_ \
└る'ー―――‐‐ '''"て.)二 --―――‐‐'-:{: \ 丶  ゙: l二!/メヽ   ヽ
            ,ィ‐''''''' '''''''''' """"゙゙゙ ´  ̄`i\ \ `、,.―-、  \  !
            /ij、      __゚_        f|. \,ヘ ゙、i// i__ ,,....l
              l !i!     。 ''゙""゙ 。     i:|.   ヾト'ジ" ̄
             |. lリ                  ゙i|
            |: ||                   j:!     「遺跡、か。
                |: h               ||
               l: i!i!                ヾ,.__    まあ、その言葉が間違っとるとはいわんよ。
              Fニニi'              ___i―:ヲ
             r=!! i:k:-ァn--――‐‐ '''' "´Hi' )゙|  i:|   ローマだって廃墟の上に街が建ってたわけでな。
             「|" |l(Oi,|:|,,...........................::::::i レヾ.|  ゙:|
             ! !  ||;ゞ;;:シ--――‐ '''''i し'ィ':jll''''|.  :|   とはいえ、今のここがかつてと違うのは
          | |  :i|ー'              |i::l:l| |:  :|
           l |  ;i|                 |i::l:i| |:  :|  やはりそれなりにたしかな話じゃでな」


 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ かつてと違う、というのは、刑務所、ということなのか、それとも1000年前との比較という話なのか。
 ┃ 
 ┃ とりあえずは、ゴミ爺の話を黙って聞いてみることにする。
 ┃
 ┗

642 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/26(木) 22:55:52 ID:kC7dfFfI0


                         Fニ:、     _,. -―‐‐- 、
 _,n--- ――――― ┬i           r\ \    ゙、 ┌┐ 、_/_ \
└る'ー―――‐‐ '''"て.)二 --―――‐‐'-:{: \ 丶  ゙: l二!/メヽ   ヽ
            ,ィ‐''''''' '''''''''' """"゙゙゙ ´  ̄`i\ \ `、,.―-、  \  !
            /ij、      __゚_        f|. \,ヘ ゙、i// i__ ,,....l
              l !i!     。 ''゙""゙ 。     i:|.   ヾト'ジ" ̄
             |. lリ                  ゙i|
            |: ||                   j:!     「はっきりと言おう。
                |: h               ||
               l: i!i!                ヾ,.__    君たちの地上ほどではないとはいえ、
              Fニニi'              ___i―:ヲ
             r=!! i:k:-ァn--――‐‐ '''' "´Hi' )゙|  i:|   この海底都市も楽園とはとても言えん。
             「|" |l(Oi,|:|,,...........................::::::i レヾ.|  ゙:|
             ! !  ||;ゞ;;:シ--――‐ '''''i し'ィ':jll''''|.  :|    閉鎖空間で生きるには人の精神は弱すぎるし、
          | |  :i|ー'              |i::l:l| |:  :|
           l |  ;i|                 |i::l:i| |:  :|   それを維持するために犠牲にしたものもたくさんある。」

 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ それでも、1000年は長すぎた。要約すると、こういう話だ。
 ┃ 
 ┃ 限られたリソース、反乱をおそれ都市区画ごとに気圧を変えられた居住区、最初こそ民族ごとに
 ┃ 区分されていたが、近親婚による奇形の発生などから強制的に行われた混血政策とそれに起因
 ┃ した2級市民問題、そして、ゆるやかに拡大した結果、奇形と区別のつかなくなったミュータント化。
 ┃
 ┗

643 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 22:57:23 ID:1dVvqgqA0
うわぁ……

644 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 22:58:53 ID:7MT1cqds0
それで爺もそんな姿に・・・・

645 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/26(木) 22:59:31 ID:kC7dfFfI0


                   _,,..-―‐-..,,_
             ,,-''"       `ヽ、
           /              \
             /                   ヽ
             ,'         l  l           ヽ
          l ____ノ  ヽ_____,  ',‐-、    「それでも、地上よりはマシに聞こえるんですが」
       ,-''"|      `′       `′   .〃 .lヽ .'.,
       | l'´.',  ≡≡/       ヽ≡≡彡 ,'  ヽヽ_
       / |  .'.,    (    .,、   )     /  ./  ヽ、
       / \  ヽ、   ` ̄ ´ `  ̄´   / /  _,,..-'
        {   `''-‐"ヽ-..,,__      __./ ̄ ̄´ .,,..イ ∨
      /.T ‐-..__    _.ヽ ̄ ̄ ̄/,..-――‐'" /  ∨
    r┘ ',.    ̄ ̄  〈 ̄\ ./イ´       / /  ∨
    | ヽ-、',       /      .ヽ      //   ∨
   ./  ヽヽ .',      ロ       `ロ ヽ、 /      .∨
   /   、__ ', _/                \|    L__ ∨

 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ 50歩100歩じゃな、というゴミ爺。
 ┃
 ┃ 確かにここに戦争はない。だがそれは、みんなが豊かで平和主義で自由を謳歌できるからではない。
 ┃
 ┃ 単に、それだけのリソースすら無い、それだけのことなのだ、と。
 ┃
 ┗

646 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/26(木) 23:03:41 ID:kC7dfFfI0


                   _,,..-―‐-..,,_
             ,,-''"       `ヽ、
           /              \
             /                   ヽ       「はあ、それで、私にどうしてほしいんで?
             ,'                      ヽ
          l    _ノ        ヽ_     ',‐-、    こういう話をするということは、
       ,-''"|   ーt:::テ≧    ≦r::テー   lヽ .'.,
        l l'´.',    `¨¨/       ヽ¨¨´    .,'  ヽヽ_   多分、何かをお求めってことですよね」
       / |  .'.,    (    .,、   )   U /  ./  ヽ、
       / \  ヽ、   ` ̄ ´ `  ̄´   / /  _,,..-'
        {   `''-‐"ヽ-..,,__      __./ ̄ ̄´ .,,..イ ∨
      /.T ‐-..__    _.ヽ ̄ ̄ ̄/,..-――‐'" /  ∨
    r┘ ',.    ̄ ̄  〈 ̄\ ./イ´       / /  ∨
    | ヽ-、',       /      .ヽ      //   ∨
   ./  ヽヽ .',      ロ       `ロ ヽ、 /      .∨
   /   、__ ', _/                \|    L__ ∨


 ┏━━━━━━━━━━┓
  ゴミ爺
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ さっき言ったじゃろ、”地上の話を共有したい連中がおる”とな。
 ┃
 ┃ すまんが、ここはここで色々と問題を抱えているんじゃ。そこで選択肢が増える事は常に好ましい。
 ┃
 ┃ お前さんには悪いが、色々と手伝って貰えんかと思っとる。とまあ、そういう訳じゃ。
 ┃
 ┗

647 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 23:04:20 ID:1dVvqgqA0
外に出たいグループがいるのかな

648 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 23:06:00 ID:TesVAHDk0
派手なドンパチしようとしたら粛清だろうしな
外との交流がもてるようになれば…

緊急時脱出用に浮上システムでもあれば……刑務所なら沈める方のシステム置いておくだろうな

649 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/26(木) 23:09:59 ID:kC7dfFfI0


                         Fニ:、     _,. -―‐‐- 、
 _,n--- ――――― ┬i           r\ \    ゙、 ┌┐ 、_/_ \
└る'ー―――‐‐ '''"て.)二 --―――‐‐'-:{: \ 丶  ゙: l二!/メヽ   ヽ
            ,ィ‐''''''' '''''''''' """"゙゙゙ ´  ̄`i\ \ `、,.―-、  \  !
            /ij、      __゚_        f|. \,ヘ ゙、i// i__ ,,....l
              l !i!     。 ''゙""゙ 。     i:|.   ヾト'ジ" ̄
             |. lリ                  ゙i|
            |: ||                   j:!    「まあ、気にすることはない。
                |: h               ||
               l: i!i!                ヾ,.__   そう、気負って何かをせよというつもりもない。
              Fニニi'              ___i―:ヲ
             r=!! i:k:-ァn--――‐‐ '''' "´Hi' )゙|  i:|  話をして欲しいのは会合での話じゃし、すぐではない。
             「|" |l(Oi,|:|,,...........................::::::i レヾ.|  ゙:|
             ! !  ||;ゞ;;:シ--――‐ '''''i し'ィ':jll''''|.  :|  なんなら、シュテルも付けてやるゆえ、
          | |  :i|ー'              |i::l:l| |:  :|
           l |  ;i|                 |i::l:i| |:  :|  色々と見て回るといいんじゃないかの?」

 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ それ、平たく言えば、居るだけでトラブルがやってくるから、気にするな、という風にしか
 ┃
 ┃ 聞こえないんだが・・・。
 ┃
 ┃ 予想通りの展開に、どっと疲れがこみ上げて来る気がする。
 ┃
 ┗

650 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 23:10:56 ID:1dVvqgqA0
まぁ確かにまず色々確認しないとなぁ

651 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 23:12:33 ID:bfJzsfnU0
つーか、客観的に見ればリソースがある分だけ地上の方が万倍マシなのよな
当事者だとどうしても隣の芝生が青く見えるだろうけど

652 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 23:14:22 ID:zdrMfI4s0
>>651
酸素に日光、植物の育つ土壌…海底じゃ望んでも得られないからなあ

653 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/26(木) 23:14:24 ID:kC7dfFfI0


                   _,,..-―‐-..,,_
             ,,-''"       `ヽ、
           /              l| \
             /            U  .ヽ
             ,'           l        ヽ
          l ____l  ヽ-―‐tイ''"´  ',‐-、    「くそ、煮ても焼いても食えそうにない爺だな・・・。」
       ,-''"|       `′        `′ .〃 .lヽ .'.,
       | l'´.',  ≡≡/       ヽ≡≡彡 ,'  ヽヽ_
       / |  .'.,    (    .,、   )     /  ./  ヽ、
       / \  ヽ、   ` ̄ ´ `  ̄´   / /  _,,..-'
        {   `''-‐"ヽ-..,,__      __./ ̄ ̄´ .,,..イ ∨
      /.T ‐-..__    _.ヽ ̄ ̄ ̄/,..-――‐'" /  ∨
    r┘ ',.    ̄ ̄  〈 ̄\ ./イ´       / /  ∨
    | ヽ-、',       /      .ヽ      //   ∨    当たり前じゃ、サイボーグが
   ./  ヽヽ .',      ロ       `ロ ヽ、 /      .∨
   /   、__ ', _/                \|    L__ ∨        煮たり焼いたりで喰えるかい>>爺

 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ とりあえず、このままではまずい。このままではこの爺の手のひらで大混乱に巻き込まれること必定。
 ┃
 ┃ せめて、シュテルが帰ってくるまでに、幾らかでもこのじじいから必要な情報をむしりとる必要がある。
 ┃
 ┃ <<次、自由コメント安価です>>
 ┃
 ┗

654 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/26(木) 23:20:01 ID:kC7dfFfI0

         ____
       /      \
     / ─    ─ \   .|.「「「l_ヽ   「脳だけなら回線経由で焼いてしまえば
    /   (●)  (●)  \ ,:、!j l l l }ヽ
    |      (__人__)     |\/⌒ ヽヽヽ  喰えるんじゃないかお?」
    \     `⌒´    ,/ 〈/l l l l.} 〉〉
    /     ー‐    \  |.!JJJ'
                  .|  | ノノ      そんなん、こっちから逆に焼いてやるに決まっとるじゃろ>>爺
                  {   |


 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ とりあえず、都市について聞いておきたい事を上げてみよう。
 ┃
 ┃ << 23:20〜1分間の範囲内で先着15レス、1レス2質問まで、重複ID可で質問を書こう>>
 ┃
 ┗

655 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 23:20:15 ID:kk06FuAA0
共有したい連中ってのは他のエリアのってやつかお
すぐにじゃないって事はこの中での行動は制限でも?
あるいはその問題とやらに忙しいのかお?どんな問題だお?

656 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 23:20:24 ID:1dVvqgqA0
幾つか居住区があるらしいけどその事について詳しく

657 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 23:20:39 ID:3MIn3F/20
注目すべき人物や組織は?(危険な奴でも要人でも)

658 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/26(木) 23:20:58 ID:kC7dfFfI0
追記:相談可。

ちなみに、面白いものは講座のネタになるかもしれません。

659 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 23:22:11 ID:4FyAb3Z.0
・身分は隠さないとまずいだろうが、この閉鎖空間で新入りの囚人と言うのもおかしいだろう
周りにはどう言い繕うべきか?
・生きる為には資金……仕事がいるだろうが自分に出来そうな仕事はあるか?

660 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 23:22:39 ID:1dVvqgqA0
こういうのは指定時間のある程度前に貼らないとだめだと思うぜwww
あと時間短い気がするわ

661 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/26(木) 23:22:44 ID:kC7dfFfI0
。。。ごめんなしあ、書くのが遅すぎて、考える時間が取れなかったと思いますが、

もういっぺん時間再設定した方がいい?


Yes/No 下5までの範囲で多数決

662 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 23:23:10 ID:1dVvqgqA0


663 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 23:23:21 ID:bfJzsfnU0
Yes
ちょいと相談させて下しあ

664 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 23:23:30 ID:4FyAb3Z.0
時間ください……

665 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 23:23:59 ID:3MIn3F/20
yes
上のは採用?

666 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 23:24:15 ID:kk06FuAA0
時間は1分間で問題ないけど
スタートは投下してから5分程度はほしい

667 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/26(木) 23:25:02 ID:kC7dfFfI0
あい、慣れてなくて申し訳ない。
とりあえず、23:30から同条件で。
上の

共有したい連中ってのは他のエリアのってやつかお
すぐにじゃないって事はこの中での行動は制限でも?
あるいはその問題とやらに忙しいのかお?どんな問題だお?

幾つか居住区があるらしいけどその事について詳しく

注目すべき人物や組織は?(危険な奴でも要人でも)

この3つは採用済みとします。

668 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 23:30:00 ID:1dVvqgqA0
ここで暮らすにあたって仕事が欲しいんだがどんな事ができるか
住居はどうすれば手に入るか

669 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 23:30:17 ID:cwp6YyXg0
話への対価
対価って言うか身分の保障?的なサムシングはどんな感じなるのか

670 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 23:30:52 ID:cwp6YyXg0
話をする予定の連中について

671 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 23:31:13 ID:bfJzsfnU0
とりあえず、金銭関係の質問は必須かな

ただ、メタな視点で言うとこの状況で通貨経済が成り立つ訳ないんで、ほぼ配給制の共産主義社会だろうけど

672 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 23:31:30 ID:4FyAb3Z.0
・これだけはしてはいけない事(法・不問律)の有無
・装備品などは買えるか?それとも配給製か?

673 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 23:33:25 ID:4FyAb3Z.0
……また間に合わなかったか

674 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/26(木) 23:34:30 ID:kC7dfFfI0
共有したい連中ってのは他のエリアのってやつかお
すぐにじゃないって事はこの中での行動は制限でも?
あるいはその問題とやらに忙しいのかお?どんな問題だお?

幾つか居住区があるらしいけどその事について詳しく

注目すべき人物や組織は?(危険な奴でも要人でも)

ここで暮らすにあたって仕事が欲しいんだがどんな事ができるか
住居はどうすれば手に入るか

話への対価
対価って言うか身分の保障?的なサムシングはどんな感じなるのか

話をする予定の連中について


範囲内だとここまでですね。
ただ、対価という言葉が出ておりますので、金銭関連についての解説もしてくれることにしましょう。

675 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 23:42:00 ID:cwp6YyXg0
お、フェアプレイだった?
それとも地雷?

676 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/26(木) 23:42:13 ID:kC7dfFfI0


         /^ヽ、    /^ヽ、
      っ'   , -o---o-、  ゙'c  「共有したい連中、というのは、6つの居住区の代表たちじゃ。
        i ̄ ̄i| ̄。゚。 ̄|i
        l    l|.    .|l    まあ、注目すべき人物や組織、というのも、ほぼこの6つの居住区代表が
        i__i|_____,|i
        ,-ol__l,-o__o-、    それに当たる。もちろんそれだけではないがな。
         / / / /    .ヽヽ
       (0)) .(0))     (0))   まずは各ブロックについての説明をするほうが良いかの?」


 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ 必死で質問する君に、目の発光ダイオードらしきものをチカチカさせながら、爺が答え出す。
 ┃
 ┃ おまえそれ、内心絶対笑ってるだろ、という反応にイラっとするが、とりあえずは聞き逃さないよう
 ┃
 ┃ しっかりと聞くことにする。
 ┃
 ┗

677 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 23:42:22 ID:ujqGoim.0
シュテルについて聞きたかったかな

678 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 23:43:53 ID:1dVvqgqA0
後で本人に聞く機会あるんじゃないかな?
付けてくれるみたいだし

679 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 23:47:17 ID:ujqGoim.0
それもそうか

680 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/26(木) 23:52:43 ID:kC7dfFfI0

         __
     _ 「| _ | ||                          |i_
    lll:|l| l l | ||               _        i|   |L三i      i|_
    lll:|l| l l | ||              「iiiii|| _i|_ _i|=.  |ii|_| |     「=|Tl
    lll:|l| ___::::::::::::: __i__    ___    :|iiiiii|| :|iii|匚| |L| | :::|ii| | |     |:=|:l:|         |i_
    ' -= /iiii||   「i| L|   |iii|」 |   :|iiiiii||_:|iii||| |L|_|┌i|ii|_| |     |:=|:l:|      「「冂
       |iiiiii||   |:i| | |   |iii|T.|┌┬i|iiiiii|| :|iii||| |L| ||l|ii| | |_    |:=|:l:|: _ _     |tt|=|
       |iiiiii||   |:i| | | _|iii|T:||||lTlli|| :|iii||| |L| ||l|ii| |「ll|| __ lTTlil:l:| |ii|_|    | _|-|
       |ii〕-〔 _  .|:i| | |::| ll |ii「三冂||──il -「||三|iil |l 「i\_「「|L| |l:| |i|┐|ii|_|  ┌::| _|-|_ ┌、
       |i| __:l|=l┐|:i| | |::| ll |..|:三|i |||三三|l|=|:||三|「| ̄|-tii i|:|:|iii| ||t |i|┝|ii|_|_├l:| _|-|┐|ii||
       |i「ii 丁:l|Π--t| ll |lll「| ̄|「 ̄|三「ll|l|-|:||三||:|  |==|i |:|:|iii| || l| |i|┤冂i|三|l-l:| _|-|ii|┝||
      _|i|:ll |liTl|「l liiiiil|:| ll |lll|:|┐||:_|三|i__l|-|:||三||:| 「ニ 「| ̄| ̄|il|冂 |i|┤|=|l|三|l‐┐_|-|ii|三「|  ┌┬、
 liiヨl「T‐-「ii「l┐|三i!| ̄lTl|:| |「ニil:ニニfl 三|_≧!= 冖≦ ]Tli 「==::|iiiii|三|il||=| |i|┤|「|li||iL==_l|i|-|i「 「 |  |iiii|7|
 | 「L_|iiii||iii|E:|ii ̄T|lllll|fニニニ{!≧=¨≦二____ ≧-L! |iii||iiiii|_|il|Π_|i|||=||i||iL_」|i|-|i| l| l|  |iiii|/l|
 | |=「l|┌┐-t┬t=iiL!-=≡≧¨   i|i\二二___∠i¨l =t ≧-liiiii|三|「 ̄|三|i|Tlii| ̄|三|¨| ̄|i| l| l| 「「l|iiii| |
 | |「三||Ei|i| |ヨ|_」ロ≧¨_へ、|[[il、  i|i _/   /   / | | |Π‐┐__ _¨≧=-_ii|三|i|┌┐::|三|=|三|Π| 冂¨l三l ̄l
 l l:!:≡!!L. ≧‐¨ l、|l、l|| \\  i|i-ニニニニ─--<-! | |冂トil|L_||=`┴ ¨´ <=≧-::_|三|-|三|i冂 「| ̄|l三L_ L
  \≦¬─---- .___\\ 「「「l冖l二 ̄ ̄ ̄¨¨ 、i|Π> ¨-пΠ┐_ 冂、¬-、 ≧-_|三|i|_l| |,,-''"::::::::::::::::
i 「п\Π┐ ̄ ̄¨¨¬──----、¨¬┴--L]旦__>-¨¨ -‐Π┐冂 пli | ̄|li п¬::::::::::::¨--'''":::::::::::::::::::::::::::
L|Пп、\пп冂Пl |エエ-「l|\-「l \\ ̄¬¬->_.-´пП 「=l _|_:Eェ「「lп、,,''"::::゙゙''、≧-,,,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


 ┏━━━━━━━━━━┓
  ゴミ爺
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ この海底都市は基本構造としてセントラルブロックを中心に6つのミドルブロックが配置される形で
 ┃ 出来上がっておる。
 ┃ 実際には、セントラルブロックの上下にセントラルハイという管理者ブロックとアンダーピットという
 ┃ ごみ処理専用のブロックが存在するので、実際には8ブロック構成という形じゃな。
 ┃
 ┗

AAがきつい・・・・。

681 名無しのやる夫だお :2013/09/26(木) 23:53:15 ID:1dVvqgqA0
分割してもいいのよ

682 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/26(木) 23:57:53 ID:kC7dfFfI0

                 i¨丁¬
            ___ rーr‐t_|__,L__」___
        r--‐_¬_,¬ニコ二ニ.! |「 iコl
__      |ニ|-―|. ̄l._|L.||--i |「 iコ|
  ̄¨¨ ―-- !_ ¬. ̄| __,|L.||--| |「 iコ|
  ¨    |   |二!二l!_jL.||--| |「 iコ|         ┌──┐
____      「 |___|_j!_jL.||二| |「 iコ|       __rュ _|    |
|  ̄ ― ! -- |___|_j!_jL.||--| |「 iコ|_tュ   ___!_ココ._l.____|
|       .   |___|_j!_jL.||--| |「 iコ| |丁二|!二||t|t|王王王丑!¬‐、
|       !_   |二!二|!二|L.||二| |「 iコ|t | _「ニ|!二||t|t|五IT.王丑!エ|ェl_
|       .   |--!--|!--||-||--| |「 iコ|t |_[.二.|!二||t|t|ロロ |t王丑!エ|ェl |丁!T!T Lコ_
|       !_   |--!--|!--||-||--| |「 iコ| |_[.二.|!二||t|t|ロロ |t王丑!エ|ェl |t|_L l |ヨ圭{ _iョ
|       .   |ニニニニニニニ !「 iコ| ̄ ̄l丁二.]|t|t|ロロ |叮t丑!エ|ェl-t辷,⊥!⊥.L」_!_}
世ュ_  _t_ュ_ ___L.亡!__!_┌|,ゞ;ゞt.L._L.||_L 「 |`ヽ 小.l |ロロ |叮}辷宀>'_´イlii|コi| |コ|丁iヽ
辷リL.t市¬宀t叩「}    |..上LLゞ;ミミ父j込廴!辷五L⊥!---―¬冖t∠ニニニニニ==
 } |__」..L..⊥ --亠‐… ''' ¨¨ ̄ ̄ ̄       __|!|!|!|!|!|!|!|!|ニ辷ュ‐…'.¨´. ̄‐ ‐ - ‐-
¨¨ ̄                 __,.  -‐  _, ̄-‐にフー:'¨¨:´ ̄.  .  .  .
            __,,.: -‐ ¨ ̄_,,. -‐;;::´ ̄:::.::.:.::.:.:. : : : : . . . :  .  .  .  .
    __,,.. -‐__,. ̄_,,. -‐;;;:;:" ̄;;:;::;::;::.;::.::.::.::.:.:.:.:..:..:..: : : : . . . : .  .  .  .  .  .
~ ̄__ -‐ _´..-‐;;:: ̄;;:;::;::;::.;;:.;:.;::.;::.;::.;::.;::.::.::.::.::.::.::.:.:..:..:..: : : : : : . . . . :  .  .  .  .  .
_,,.. -‐;;  ̄;;;:;;;:;;;::;;::;:.;:;:.;::.;::.;::.;:.;::.;::.;::.;:..;::.:::.:::.::.::.::.::.::.:.:.:..:..:..: : : : : : . . . .  :  .  .  .  .


 ┏━━━━━━━━━━┓
  ゴミ爺
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ このうち、海香港が旧中華系犯罪者を多く収容していたブロックで、割りと治安が良くない。
 ┃ 犯罪者の工業労働奉仕区画として作成されているため、物資はかなり豊富じゃが、代わりに
 ┃ 食料生産などは一切禁止されておる。
 ┃ 経済的な面での意識が高く、後ほど説明する海香港ドルの管理、発行などを行っているのもここじゃ。
 ┃ 割と家族意識が強く、マフィア的な色合いが高い。
 ┃
 ┃ <<次で代表キャラ安価を取ります>>
 ┃
 ┗

683 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/26(木) 23:59:53 ID:kC7dfFfI0

               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \   ほうほう・・・。
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \


 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ ここの代表者は・・・・・
 ┃
 ┃ << 下5で>>
 ┃
 ┗

684 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 00:00:12 ID:bvCM0zns0
一箇所で自給自足して独立できないように制限かけてるのかな?

685 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 00:00:59 ID:NLOZG1i60
阿鼻谷 零侍 (ギャンブルフィッシュ)

686 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 00:01:17 ID:T6gV4wIs0
東方不敗(Gガンダム)

687 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 00:01:33 ID:T6gV4wIs0
東方不敗(Gガンダム)

688 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 00:01:35 ID:bvCM0zns0
マスターアジア(Gガンダム)

689 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 00:01:37 ID:UEmT3KUM0
心(ドロヘドロ)

690 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 00:01:52 ID:.qcc9.j.0
張維新(ブラックラグーン)

691 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 00:01:58 ID:sOSdmOjk0
平井銀二(銀と金)

692 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 00:02:12 ID:0N6veYMc0
天のゼオライマー

693 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 00:02:18 ID:DBLKC03Y0
馬 吐呑(宵闇眩燈草紙)

694 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/27(金) 00:02:28 ID:YtD3/5b.0
「マスターアジア(Gガンダム)」が選択されました。

東方不敗の人気に俺が泣いた・・・・。なけるでぇ。

695 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 00:03:02 ID:DBLKC03Y0
でもこれ、中華系の連中に地上の情報流したらやばくね?
滅んでるぞお前等の故国

696 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 00:03:45 ID:NLOZG1i60
ネオ香港だったのか

697 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 00:05:46 ID:B5O1rQ2E0
マスターチーフ

698 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/27(金) 00:07:46 ID:YtD3/5b.0


                      -‐……‐-
               /: i: : : : : : ′ : : : : : :\
                  /: : : :,: : : : : :{: : : : : : /: : : ヽ
              /\: __:ヽ: : : : |: : : : : /: __: : :∧
                 ': : /   ` 、: : : : : :. ´   V: /:
              i: : :Z     ` ̄´     く:/: :i
               〃} /`_≧ミx、i { ,x≦乏"´ |:{^ヽ
              { l/ ヽ___゚ ノ{  '"ヽ _゚__ノ´  |: , }
              ヽ'{    -‐ /| i  ‐-    }: ∨
                  |∧    , ! !  、      /: : }
                  |: :ハ   ,-‐ヽ ___ /─-、  ハ: :∧
                  レ'i: :} i {三三三三三三ノ } } |: {: :}
              从} `  ー‐--‐一    /从ノ{/}
                |\    ,       / jノ {∧
               /{^\\   |i    /_/}ヽ_ヽ∧
       -‐   ´   、   ` `ー===一´   /  ` ‐‐-
  ̄ ̄             \_ 」/////|    /            ̄ `
                  ┌─ ´/////| ̄ ´

 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ 東方不敗 マスターアジアと名乗る人物が支配しておる。
 ┃ 強烈な武闘派で、部下たちを力と情で上手くコントロールしておるようじゃ。
 ┃ 実際のところ、東方不敗もマスターアジアも歴代の海香港の代表の名乗る名でな。
 ┃ 本当の名前は誰も知らん。
 ┃
 ┗

699 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 00:16:12 ID:un2Gicak0
シュウジ・クロスェ…

700 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/27(金) 00:16:38 ID:YtD3/5b.0
                       |    |                                         _ _A_
                   /| ̄ ̄|\                                    -  ̄::::A:::/::: ::::⌒::: ̄::
                    ̄|\/| ̄                    (⌒_⌒_)          ノ:::::: :::::::::: / ::::::::: ::: :::::::: :::: ::
      ___            ./| ̄ ̄|\                                ./::::::: :::: :: ::(::A::: :|| ::::::::::::::::::::::
      .| |  |          . ̄|\/| ̄                             _/::::::: _:::::::::_:::):: ::A| ||:::::::::::::::::::::::
__  .| | _|          ./| ̄ ̄|\     i,_,i             ||..,..□.[].‡....‡.口.|| ̄|§//\//\| |.| | |目[]□[]□
  _|目 //\ ../\\| ̄|  ̄|\/| ̄r-i ̄|..|=| i,_,i_-i ̄|,-一'r‐''‐,/\\| ̄|/ i |.----、|//\ /\\|口|  | | ̄|  _|口|
//\ | | 口|  |_ | l | ̄|  |/\|.|三iコ| | |=| |=|.iコ|  /FF/^|EE'|/\\‡/ l || ̄ ̄| | | 口|_|_|田l //\  /\\[]
~~\_//\  /\\ __/|\/|.|/~| |...| |=| |=|| |...||FF|E.|EEE||_〔〕| |/  l  |__.|| ̄ ̄| /\\  _ | | 田 |_| /\\
..田 |  |/////// |_〔〕| |//\//\  /\\r-i ̄|/|FF|E.|/ ̄/\‡./  .l   | ||    | |/\\/\\§//\ | | l\
//\.|   |/ ̄/\ | | 田 ||/////// |_〔〕| |r-i ̄||/ ̄/\.| | 田 |./   l   | ||    | || 田 || | 田 |目|[]|□[]□|§‡目目
| | 田 |//\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| ̄|§§|田/ /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~
//\__/ /:::::::|
| | 口/ /::::::::::::::|
 ̄|/ /::::::::::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~
/ /:::::::::::::::::/;::;;;;::.........   .;;,;:.,;:: :.,:.;:,  ;.,:;. ,:.,;.,;.;,,:.   ;,.;:,.;: ,.;,;   ; ;.:,   ::;.:,;..,. ,.: ,:;, ;.:,   ;.:,;..,. :.,;.,;.;,,:.   ...,;.,,;.,
 /::::::::::::::::/     :.,.;:,.;:.,:.,;:.;:,     ,.;;,;:.,;:  ::.,:.    ;:,;.,   :;..:,; .:; ,:.;,   ;.:,;..,.    ,.:,:;, ;.:,  ,;.;:,::::.,;;;..,,,  :;.:;:,  ,;.:,:
 :::::::::::::::/,.;,:;.:,.;:,.: ;:,.,:::: .:,;.,..,... ,,,,,..; ;;;;,::: .,;:.:,;:    .,,;:.;:, ;.:,   ;. : ,;.:,:. ;:,.;:,;   :. ;: ,;., :;.:;,:. ;,:;.: ,;.,   :;.:;:, ,;.:,: ,;.,
::::::::::::/;::;;;;::.........  .;;,;:.,;:: .,:.;:,  ;.,:;. ,:.,;.,;.;,,:.   ;,.;:,.;:,.;,;   ; ;.:,   ::;.:,;..,. ,.: ,:;, ;.:,  ;.:,;..,. :.,;.,;.;,,:.  .. ,.;:,:;.:,.;:,;: ,.,;:.,:.;.:. ,;.,,;.,
::::::/   :.,.;:,.;:.,:.,;:.;:,     ,.;;,;:.,;:  ::.,:.  ;:,;.,     :;..:,; .:; ,:.;, ;.:,;..,.    ,.:,:;, ;.:,  ,;.;:,:::: .,;;;..,,,    ,.;:,;.:,: ,.:,:;, ;.:, ,.:,:;, ;.:,
/.;,:;.:,.;:,.: ;:,.,:::: .:,;.,..,... ,,,,,..; ;;;;,::: .,;:.:,;:  .,,;:.;:, ;.:, ;. : ,;.:,:. ;:,.;:,;   :. ;: ,;., :;.:;,:. ;,:;.: ,;.,   :;.:;:, ,;.:,:  .;:,.:,::  .,.;,;.::::,,,,.. ,;.,


 ┏━━━━━━━━━━┓
  ゴミ爺
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ つぎがノヴィレンブロック。ここは特に旧人種的に大きな偏りはない。
 ┃ 海洋資源の管理、収集、加工を主としたブロックじゃな。
 ┃ 海洋資源と言っても、主な内容はプランクトンやハダカイワシがほとんどで、主な作業は海中用の
 ┃ スーツを着て、深海底に出ていき、有線稼働する水中作業用の自動人形などを用いた漁で生活
 ┃ しておる。基本的には喧嘩っ早く、あらくれが多いの。
 ┃
 ┃ <<次で代表キャラ安価を取ります>>
 ┃
 ┗

701 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/27(金) 00:17:32 ID:YtD3/5b.0
               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \   ほうほう・・・。
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \


 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ ここの代表者は・・・・・
 ┃
 ┃ << 下5で>>
 ┃
 ┗


テンポワルノデ,ショウリョクカ

702 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 00:18:05 ID:T6gV4wIs0
クロコダイン(ダイの大冒険)

703 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 00:18:23 ID:T6gV4wIs0
クロコダイン(ダイの大冒険)

704 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 00:18:40 ID:.qcc9.j.0
美樹さやか(魔法少女まどか☆マギカ)

705 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 00:18:44 ID:bvCM0zns0
ksk 安価なら下

706 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 00:18:46 ID:un2Gicak0
ザンギエフ

707 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 00:18:47 ID:UEmT3KUM0
ダッドリー(ストリートファイター)

708 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 00:18:49 ID:MhOhzYHo0
ハザマ(BLAZBLUE)

709 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 00:18:49 ID:T6gV4wIs0
クロコダイン(ダイの大冒険)

710 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 00:19:04 ID:a2JxcIJA0
アーロン(ワンピース

711 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 00:19:32 ID:DBLKC03Y0
シン・メーン(モンスター・コレクション 魔獣使いの少女)

712 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/27(金) 00:19:52 ID:YtD3/5b.0
「ザンギエフ(ストリートファイター)」が選択されました。

713 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 00:20:29 ID:NLOZG1i60
ネオ香港だったのか

714 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 00:20:39 ID:un2Gicak0
やったー! 隠れインテリさんとれたー

715 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 00:21:10 ID:.qcc9.j.0
スクリュー? スクリューで海中を進むの!?

716 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 00:22:27 ID:B5O1rQ2E0
某映画でさっくり登場していた人か

717 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/27(金) 00:23:25 ID:YtD3/5b.0

                      ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
                    {i川川川川}、
                  ,. ´`Lj从从从{j」^ヽ
                 /            ‘,
                ,′                 .
                 i`  ____        ____  ´i
              r-、!  '~⌒≧=八=≦⌒~'  t‐.、
               ,{ ヘ,}  `く_O_》ミ.=,r《_O_>´  !,フ.}
           -‐≦´ 彡{ヽ. ,.  ´ ,:! !:、 ` 、  }ソ,/、`≧:‐- ..._
  ,     ´        ,ノ小j,   ,,,人´__`人、,,,  小ヾ.j',      |....`ヾ.、
/           /ソ从  彡,/'⌒ニ⌒ヽミx.. ソ从ミ、'       !........!  \
                彡'//rく〃,‐<´‐-‐`>‐ミ≧ミヘヘミ、     }.........}    ヽ
           ノノソ/ノ川从、 ゝ`こ´ノ ,从入ミ戈ミ、     ,'........,′    }`ヽ
         _  ノ//ノ/ノj:}/ムヽノ从从ヘノヘヘギヘヾ〈ゝ __,/:....../.
   --=<  ̄´    ノ'ノノ/Уリ/'ハ八ハ八ハ人乂夊ゝ` ´   /....../::ミ、
/:.    '⌒ヾ、  ,__ ´〃/ノソ//ノ从从从弋乂ヾヘゝ_   ノ....../   \
          /⌒゙´                     `ヾ./....../     ヾ
.       /                  }{               /.../、:....     ヘ
     ,/'                   j !            '"´  ヾ::...     ‘,
    /.'                     丿 ヽ                ヽ:..     j!
  〃  : .: : : . . .,/         ノ{'从ヘ{V,,             . . . : : : .ヘ:..     ′
  {{..: : :.‐=ニ// ̄` ヽヾミ≧从ノ川ザノ彡j/ンノ,,  ´ ̄二ニ=─-‘,  /,′
  》. :'´___ //   ` ヽミミヾノ川jノ从ソ/彡ノソノ         ェ=‐-x}!:....〃


 ┏━━━━━━━━━━┓
  ゴミ爺
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ 旧ロシア系で、レスラー上がりのザンギエフという男が仕切っている。
 ┃ 基本的には脳筋じゃが、海底での活動能力が高く、統制をかなり重視する。
 ┃ 深海での漁では、油断が即死につながるでな。
 ┃ しかし、筋の通った指揮ぶりで海底漁師たちからはひどく信頼されておる。
 ┃
 ┗

718 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 00:24:34 ID:NLOZG1i60
ザンギエフさんもスーツを着るのだろうか

719 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 00:27:57 ID:un2Gicak0
>>718
ビグザム… だな

720 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 00:29:17 ID:a2JxcIJA0
ザンギュラのスーパーウリアッ上!

721 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/27(金) 00:32:06 ID:YtD3/5b.0


.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:-= ニニ ≠┘.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::___,,-= ニ二三三三三三三三三三三三三ア
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::________,,,,,.......__,,-=ニ二三≧≧≧≧≧=ニ二|王|工工工工工工工E
_ ___ _____r===--==- . - .''´::: :: :::_,,-=ニ二三≧≧≧≧≧=ニ二工工工工工|王|工工工工工工工E
|-=''!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::___,,-=ニ二三≧≧≧≧=ニ二|王|工工工工工工工工|王|工工工工工工工三__
ヾ-=ニ二三_ - =ニ二三≧≧≧≧.-=ニ二工工工工|王|工工工工工工工工|王|工工工工/
-====|`ヽ|_|巛ニ=-==-=ニ二工工工工工工工工工|王|工工工工工工工工|王|工工/ ̄ ‖ ‖ ‖
三ミ、;;;;;;;;;;;;;; |.ヾミttttttttttt┼┼┼┼┼┼┼┼┼|王|┼┼┼//  ┌───────────
__\rハ.: .:\ . .|jjjjjjjjjjjjj_jミヽ ̄ヽ土土土土土土|王|土土//=   .|`|^lミii=-,,,______
_____ミ\ .:.:.:\:::::::::::::: ::::`=ヽミヽ, ヽ=-r-=ェエエエエii;| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄|| ̄.|`|^lミii=|工|≧!!三i .i l .| ̄|
\iiiiiiiiiii| lヽ \..:.:.:\:::::::::::::::::::::::::ヽミヽ, ヽ,,_        ."""""""""""""""|`|^|ミ||::|土|≧||三|_|_|_|二| |
  ..\::::::\_|\.\.:.:.::\:::::::::::::::::::::::::ヽミヽ, ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      └=ミ|_!!_|土|≧||三|_||| .|二| |
   \::::::::\|\.\:.:.:.:\:::::::::::::::::::::::::::ヽミヽ ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ̄ ̄ ̄ ̄  \:.:.:..\        ヽミヽ, ヽ


 ┏━━━━━━━━━━┓
  ゴミ爺
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ 3つめがジョンソンシティブロック。旧アメリカ系が若干多いかな、位の感じじゃな。
 ┃ 正直に言って、そう大きな差はない。
 ┃ ここは海底資源の採掘などを中心にしており、各ブロックに電力を供給しているブロックでもある。
 ┃ 当初は希ガス類(天然ガス、メタン等)が中心だったのじゃが、だいぶ前に掘りつくしてての。
 ┃ 現在は核融合電力プラントからの電力を用いたと海底資源の加工品目が多いの。
 ┃ セラミック製品や、シリコン結晶の精製、核融合プラントからのヘリウム供給等が主な産品じゃ。
 ┃
 ┃ <<次で代表キャラ安価を取ります>>
 ┃
 ┗

722 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/27(金) 00:33:30 ID:YtD3/5b.0


               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \   それでそれで?
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \


 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ ここの代表者は・・・・・
 ┃
 ┃ << 下5で>>
 ┃
 ┗

723 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 00:33:37 ID:T6gV4wIs0
利根川幸雄.(カイジ)

724 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 00:33:41 ID:un2Gicak0
ソリダス

725 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 00:33:53 ID:Cq7CkP7c0
ファニーヴァレンタイン

726 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 00:33:57 ID:UEmT3KUM0
トワイライト(マイリトルポニー)

727 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 00:33:57 ID:T6gV4wIs0
利根川幸雄.(カイジ)

728 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 00:33:58 ID:lYXMCUDM0
トニー・スターク

729 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 00:34:33 ID:NLOZG1i60
バラライカ

730 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/27(金) 00:34:43 ID:YtD3/5b.0
利根川幸雄.(カイジ) が選択されました。

731 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 00:35:12 ID:un2Gicak0
よく調べたらソリダスはAAなかった
利根川ww 焼き土下座が横行してそうだ

732 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 00:36:48 ID:T6gV4wIs0
クロマク的な人物が一人欲しかった、反省って美味しいの?

733 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/27(金) 00:38:46 ID:YtD3/5b.0


               ,.、-rァァァァァ‐-,.、
               ハシ'"`''ー‐''"`ヾ;ハ
            lミ'   _ 、__,. _   ゙ミl
            || へ、_`ー '_,._へ ||
               rョl ,.=。=゙ '=。=、 h
               |ヒ|. `二} {二´ :|j.|
.             ,ゞ|   人__人   |く
     _,,. -‐''"´| : lヽ、{. ̄- ̄.},.イ: :|``'''‐- 、.._
   /´l : : : : : : : :|: : |.\`'' ‐-‐''´/|: : l: : : : : : : : 「ヽ
   /: : l : : : : : : : |: : :|.  \  /  |: : :| : : : : : : : |: : l
  ハ : : |: : : : : : :│: : |     ><   | : :│: : : : : : :| : : 〉
.  {: : : : | : : : : : :│: : :|  /| /|\. |: : :│: : : : : : | : / }
  ハ : : :│: : : : : : \;ノレ'´  〉〈.  ヽlヽ;/ : : : : : : |: : : ;ハ
  〉:\ :│: : : : : :./: :│  |/ |   | : :\: : : : : : :|: : :/:〈

 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ 旧日系の利根川幸雄という男が支配しておる。
 ┃ 金には汚いがやり手での、融合プラント周りを完全にしきっておることからもわかるとおり、
 ┃ 非常に保守的で実利主義者と言って良い。
 ┃
 ┃ また、契約至上主義者で、契約を軽視した人間はひどい目にあうと聞いておる。
 ┃
 ┗

734 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 00:40:18 ID:.qcc9.j.0
電力は供給する…… 供給するが、その時間と場所までは(ry
うん、そりゃリソースも不足する訳だわw

735 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/27(金) 00:44:53 ID:YtD3/5b.0


                              _
       三三三三ヨヽ、             _r'´:::三三三三三三三三三三三三三三三
       三三三三ヨ:::::;::..、            i:::::::::::三三三三三三三三三三三三三三三
       三三三三ニ::::;:::::i、            r::::::::::::三三三三三三三三三三三三三三三
       三三三三三::::;::::;::ヽ_        _i::::::::::::: 三三三三三三三三三三三三三三三
       三三三三三!:::;:::;::::;:::ヽ、      _i:::;::::::::::[三三 | |-||ΤΑ 匚 |-| | |三三三
       三三三三三}:::;:::;::::;::::;:::'、    _r';::;:;:::::::::三三三|  Inspire the Next   |三三三
       三三三三三i:::;:::;::::;::::;:::;::ト、  ,r'::::;::;::::::::::三三三三三三三三三三三三三三三三
       三三三三三i:::;:::;::::;::::;:::;:::;::ト-イ::::::::;:::;:::::::::三三三三三三三三三三三三三三三三
       三三三三三]:::;:::;::::;:::::;::;::;:::!川:::::::::;:::;:::::::[三三三三三三三三三三三三三三三三
       三三三三三]:::;:::;::::;:::::;::;:::;':-:-:';:::::::;:::::::::E三三三三三三三三三三三三三三三三
       三三三三三ヨ::;:::;:::::;::::;::;:'ニ ニ ニ';:::::;:;:::[三三三三三三三三三三三三三三三三三
       三三三三三ヨ:;:::;:::::;::;::' - - - - ';:::;:;:::[三三三三三三三三三三三三三三三三三
       三三三三三ヨ:;:::;::::;::'二 二 二二';::::::E三三三三三三三三三三三三三三三三三
       三三三三三三:::::;:'  ̄ -  ̄ -  ̄ '; 三三三三三三三三三三三三三三三三三三
       三三三三三三:::/二二 二二 二二',三三三三三三三三三三三三三三三三三三
       三三三三三三/ / / / / ハ. ヾ ヾ ヾ三三三三三三三三三三三三三三三三三三
:;:;:;:;:;:; ;:;:;:;:三三三三三三!州 川 川 川 川 州|三三三三三三三三三三三三三三三三三三_
;:;:;:;:; ;:;:;:;:; !_______|川 | | | | | | | | | | | || ┌──┐┌────────────┐!
从从从从!     | i |    ! l l l /二二/ ! l l l ! | |    |::::|      幵幵幵幵幵幵幵    | |
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~∠ 二二二二二二二 ヽ

 ┏━━━━━━━━━━┓
  ゴミ爺
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ つぎがチャーチルブロック。ここの特色は、以前の歴史的経緯で、ほとんどが男性ということじゃ。
 ┃ あとで説明するが、女性がほとんどであるティコアンダーとは対照的なブロックじゃな。
 ┃ もともと技術系犯罪者が多く収容されていたこともあり、機器の修理、補修などを主にやっており、
 ┃ セントラルハイの技術者層とも交流がある。
 ┃ このブロックが男性ばかりなのは、この交流のせいで、技術力が高いことが原因じゃ。
 ┃ 技術力が脱獄につながらないように、人口をコントロールされておったということじゃな。
 ┃ ここの代表は・・・。
 ┃
 ┃ <<次で代表キャラ安価を取ります>>
 ┃
 ┗

736 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 00:45:44 ID:a2JxcIJA0
せんせー。安価を取るまでもなく一人しか出ない気がします!!

737 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/27(金) 00:45:48 ID:YtD3/5b.0


               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \   相槌もだいぶつかれてきたお?
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \


 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ ここの代表者は・・・・・
 ┃
 ┃ << 下5で>>
 ┃
 ┗

738 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 00:45:55 ID:NLOZG1i60
キング・ブラッドレイ

739 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 00:45:55 ID:.qcc9.j.0
アカツキ(アカツキ電光戦記)

740 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 00:46:00 ID:/knc5qZE0
フリーザ(ドラゴンボール)

741 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 00:46:03 ID:UEmT3KUM0
日出 佳乃(桃色パラドックス)

742 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 00:46:03 ID:MhOhzYHo0
ハザマ(BLAZBLUE)

743 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 00:46:30 ID:a2JxcIJA0
って、普通に色々でたー!?

絶対阿部さんしかでないとおもったのに・・・

744 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/27(金) 00:46:54 ID:YtD3/5b.0
ハザマ(BLAZBLUE)が選択されました。

やばい、ついに知らないキャラ来た。

745 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 00:47:40 ID:bvCM0zns0
キャラわからないなら避けてもいいんじゃないかなぁ

746 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 00:47:52 ID:a2JxcIJA0
>>744
胡散臭いキャラです。 それだけで十分です。

747 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 00:47:52 ID:un2Gicak0
男しか居ないことを強調されていたけどまさか…?w

748 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 00:47:59 ID:cWnYO.N.0
無理せず範囲安価にしとけば?

749 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/27(金) 00:48:20 ID:YtD3/5b.0
いや、情報員キャラはおもしろそう。
登場までにいろいろ予備調査してみるです。

750 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 00:48:57 ID:UEmT3KUM0
なんというか慇懃無礼キャラかな?<ハザマ
ブリーチの13kmが容姿性格ともに近い感じ、違いは実際黒幕なこと

751 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 00:49:10 ID:uA3tiyX20
ブザマさんですか

752 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 00:49:22 ID:NLOZG1i60
ハザマが代表か、確実に何か狙ってるだろw

753 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 00:50:04 ID:a2JxcIJA0
女性代表が楽しみだなこれは・・・

754 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/27(金) 00:54:51 ID:YtD3/5b.0


               /ニニニニニニニニニニニム
                 |ニニニニニニニニニニニニニ|
                 ト- 、ニニニニニニニニニニィ|
             ,ィ7ニ{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|>- 、
              {ニニニ≧=-、::::::::::::::::::::::::::::::::::,...-=≦ニニ }
           ` <ニニニニニニニニニニニニニ> ´
              | : : :` T:T ー-r--:r--- r: : :´: :!
              |: : : : : |:≠ミ}:/}: : /,ィ≠}: : : : : :|
              |∧: : : |{  /’/:イ   /イ: : :/: |
                  /  \: ||   ' l     /: : イ :/
                    {从  __'___,ノ {:イ:/j/
                      Ⅵ\   --   ィ|イ/
                /{ト、 ヽ    ,.:'  j^}\
                   /ニ/   \_`¨¨  / マニ、
                 イニ {   /`Y´\    マニ',>、
       _,..  <ニ /ニニl|  ∧:::::::::::::::∧  /}ニ マニニ> 、
   ,. <ニニニニニ/ニニニ|  /  、::::::::::/ ', / |ニニマニニニニ> 、
  ∧ニニニニニニ/ニニニl|/    }::::::::{  ∨ !ニニ マニニニニニニニヽ、
  /ニ',ニニニニニ'ニニニニ!    、|:::::::::|      }ニニニマニニニニニニニ ∧
 ,ニニ}ニニニニ /ニニニニ !     {::::::::::}      |ニニニマニニニニニニ /ニ}
 {ニニ|ニニニニ'ニニニニニl|    |::::::::::|      |ニニニニマニニニニニ/ニ |
 |ニニ|ニニニニ/ニニニニニl|    |::::::::::|      |ニニニニ.マニニニニ/ニニ}


 ┏━━━━━━━━━━┓
  ゴミ爺
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ ハザマと名乗る胡散臭い男が代表じゃ。
 ┃ 全身義体の持ち主で、当人もかなり凄腕のハッキング技術を持っているという話じゃ。
 ┃ ブロック間抗争の際に仕立てられた工作員上がりという説が有力じゃが、本当のところはわからん。
 ┃ ただし、油断するとあっという間に場の空気を握られるあたり、こいつもクセモノじゃな。
 ┃
 ┃ <<次で代表キャラ安価を取ります>>
 ┃
 ┗

755 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 00:56:04 ID:a2JxcIJA0
空気を握る(空調設備的な意味で)

756 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:01:31 ID:NLOZG1i60
もし阿部さんだったら何を握るところだったんですかね

757 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/27(金) 01:02:04 ID:YtD3/5b.0
 .. .... .. . (⌒      r'. ..:.:.:....   ..:.:.: .....:.:.:.:.:. .:.:.:..... r ⌒ヽ .:.:.. ... .. ... . :..:.:. . . ...   . . .. ...:.:.:.:
. .:..  .. (⌒'        .   .. .:.:.:.:.:.... .... .. ... ....:.:.:.: (⌒   ⌒) ...:.:.:.... :. :.:.:.:.. .  ... :.   .:.:.:.:. . ....
. ..:. . (         . ..  ..:..   . ... .    .. .:.:.: ...  (⌒     r'⌒ヽ ..  .. .. .... .  . .. ...:.:.:... .
... . .    .;i;';.      . ...  ......  ... ....    ...          ⌒ヽ    . .. .:.:.:.:..      ... ..
   ,.;i;';.,,;;`;;i`、    ... .      . .. .   ... ....    ...        . ...  ......       . .. .
  ,.;;:。;:;;::、;;:。;:;;,.
 ,.,;:;;`;;i`:;:i;,|i!''".                                 .;i;';..;i;';.
..... ""'|i!''''"  i|!、....,........... .......,.,.......,..,.,,.,,. ...... .......,. ,.......,..,........... ...    ,.;;.;i;';.,,;;`;;i`、;i`、 . ............ .
'::',:'':';:,.,i|!、:.,"'`::'::',:'':'`::'::',:'':'` "'"' "'''.''' "'''.''" '::',:'':';:;..,"'`::'::',:'"'`,.;;:。;:;;::、;;:。;:;;,;:。;:;;, ,.;i;';.
 "''    ::':'::' " '''.''"'"  ''"'"' "'''.''' "'''.''"'"''"'"'  "'''.''' "'''. ,.,;:;;`;`;;i`:;:i;,|i!''";,|i!'',.;;:。;:;;::、
'::',:'':'`::'::',:'':'`::':'::',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`::'::',:'':'::',:'':';:;..,"'`::'::', '""''|i!''"  ,i|! .....i|!,.,;:;;`;;i`:;:i;,.
'::',:'':';:;'"'"''::',: '"'"''::',:::'::',:'':'`::'::',:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;..,":,.,i|!、'`'::',:、'':';:;..,..、""'|i!''"
',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`::              '::',:'':'::',:'':';:;..,"'`::'::',:'':'`::':: '::',:'':';:;..,":,.,i|!、
"'''.''' "'''.''"'"''"'"' " "'''.''' "'''.''"'"''"'"' "'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`::'::',:'':'::',:'"'''.''' "'''.''"'"''"'"
:::       ;..,"'`',:'':'`::''" ;;                    :::;..,"'`',:'':      :::;..,"'`',:'': ;:;: .

※これはイメージ画像です。

 ┏━━━━━━━━━━┓
  ゴミ爺
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ そして、5つ目がコングヴィルブロック。まあ、そろそろ予想もできてそうじゃが、農業ブロックじゃ。
 ┃ 農業と言っても、発光ダイオードに水中プラントの完全な工業化農業じゃがな。
 ┃ 藻類が主な生産材料じゃが、ブロックの一部にはセントラルハイ向けのコメや麦、自然野菜など
 ┃ ほとんどの人間にとって喉から手が出るほど欲しいものもあるそうじゃ。
 ┃ まあ、そのへんは無人プラントじゃろうから、俺等では見ることもできんじゃろうけどな。
 ┃ 此処の住人は温厚で我慢強く、穏健派な人間が多い。
 ┃ ここの代表は・・・。
 ┃
 ┃ <<次で代表キャラ安価を取ります>>
 ┃
 ┗

758 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:03:01 ID:a2JxcIJA0
ありゃ、女性ブロックじゃなかったのか・
カテジナさんとりたかったんだがw

759 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/27(金) 01:03:03 ID:YtD3/5b.0


               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \   じじい喉とかかわかないのかお?
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \


 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ ここの代表者は・・・・・
 ┃
 ┃ << 下5で>>
 ┃
 ┗

760 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:03:12 ID:NLOZG1i60
山下一夫(ケンガンアシュラ)

761 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:03:17 ID:B5O1rQ2E0
首輪付き獣(ACFa)

762 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:03:23 ID:a2JxcIJA0
太公望(封神演義

763 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:03:28 ID:UEmT3KUM0
トワイライト(マイリトルポニー)

764 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:03:29 ID:bHNsdg4I0
先行者(先行者)

765 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:03:29 ID:bvCM0zns0
オリヴィエ・ミラ・アームストロング(鋼の錬金術師)

766 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:03:32 ID:B5O1rQ2E0
首輪付き獣(ACFa)

767 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:03:34 ID:hmDNTHsQ0
ディード・スカリエッティ(リリカルなのは)

768 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:03:59 ID:a2JxcIJA0
まさかの全身義体wwwwwww

769 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/27(金) 01:04:09 ID:YtD3/5b.0
先行者(先行者)が選ばれました。


す、すごい義体だなあ(棒

770 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:04:19 ID:B5O1rQ2E0
おいwwwwwどうしてこうなったwwwww

771 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:04:21 ID:hmDNTHsQ0
食糧プラントなのに先行者はやめたげてよぉ!
食の安全がwww

772 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:04:25 ID:bHNsdg4I0
大地の力吸収するんや

773 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:05:33 ID:B5O1rQ2E0
まあ戦闘能力は確かか、

774 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:06:12 ID:NLOZG1i60
誰だこんなやつ代表にしたのはwww

775 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:06:49 ID:Cq7CkP7c0
明らかに爺の同類だなww

776 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/27(金) 01:08:07 ID:YtD3/5b.0

      // ̄ ̄ヽ
      | | ◎ ◎|
      | |   ゝ ,|
      ヽヽ = /
    >-========-、
   ((())|| ̄/||| .||()\\
   / /| || ./ ||,|| ||/  \\
   / /||. | /. || ||||    \\
  / / |..|/ . || .|||    //
  \\.|.|____,||___,|   //
    \\_||;|  ((二=(<|
 (二二二/ \|∵∵/\_/()
 | |'i   \_/ ̄ ̄ ̄ ̄ |//
 .| | |           ,,,,//
  | |@          (//)
 (((ニ0         ((((ニ0

 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ 先行者という全身義体の男が支配しておる。
 ┃ しかし、難しいのは支配しておる、という表現が正確かどうかじゃ。
 ┃ なにしろ、このブロックの半数程度がこの先行者と同じ形の全身義体の労働者たちじゃからな。
 ┃
 ┃ もしかしたら、全員が1つの脳によってコントロールされているかもしれん場合、果たして支配と
 ┃ 言えるんじゃろうかな・・・。
 ┃
 ┗

777 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:08:48 ID:bvCM0zns0
凄い場所になったな

778 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:09:14 ID:hmDNTHsQ0
食の安全が疑わしすぎるwww

779 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:09:15 ID:bHNsdg4I0
忍び込むのは大変そうだ

780 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:10:36 ID:B5O1rQ2E0
中華製というので食の安全がガガガガガガ
まあプラントならまだ大丈夫か?

781 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:10:38 ID:/knc5qZE0
即興で良くそんなネタ思いつくなw
スゲーわw

782 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:12:08 ID:NLOZG1i60
半数以上って事は別個体もいるのか

783 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:12:53 ID:un2Gicak0
なにこれすごい  どうなってんだw

784 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:13:56 ID:bHNsdg4I0
このプラントは下手したら別の支配者がいてもおかしくなさそう

785 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:14:03 ID:UEmT3KUM0
怖い(確信)

786 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/27(金) 01:16:40 ID:YtD3/5b.0
: : : : : : : : : : : : : : : : : : ̄: : : : :~""''': : . ‐- ...,,_` <___//___/
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`: ., ` 、/___// .:⌒)、
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :丶  \  //_(⌒:. ..:)
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :_ _ : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ハ  ヽ/___`¨´
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :t"  `i : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }__}___./___//___ , - ' ´ `ヽ
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :t,、__,. ! : : : : : : : : : : : : : : : : :: : / ̄ ̄i|: //___//_ , '       ',
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : , ゙   /{ ./___//___;         )、
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :, '    / |____//___/',         ;
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /   , ゙  .{..._//___//_' ,       , '
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : > '    .イ    .イ::://___//___ ` ‐-‐'´‐-‐'
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :> ´   > '    /_//___//___/
: : : : : : : : : : : : : : : : __,,.. .-‐ '''""~ \、,.  '''"    .  ' //___//___/
三二ニ≡=≡ニ二       _,..-'''" }!     >'.._//___//___/
三____三二ニ==-   ´       |!   >'.____//___//___/
                      _,..-'''"..___//___//___/
             ,,.. .-‐ '''""~._.//___//___//___/
~""'' r'⌒ヽ.==≠´:.__//___//___//___//___/
//(´: .. .:.`) .___//___//___//___//___/
/_ ゝ,:..  ノ__//___//___//___//___/
   //___//___//___//___//___/
___//___//___//___//___/

 ┏━━━━━━━━━━┓
  ゴミ爺
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ 最後がティコアンダーブロック。わかりやすく言うと、女性専用ブロックと言って良い。
 ┃ この海底都市、義体や強化人間などが多かったため、恒常的に男のほうが多かった。
 ┃ そのため、女性の中でも一部の者達が、一部男性の協力のもとに、現地住民と入れ替わる形で
 ┃ 立ち上がったという経緯を持つのが、このブロックじゃ。
 ┃
 ┃ 皮肉なのは、そういう方法で現地民を追い出した都合上、本来予定されていた業務が遂行できず
 ┃ 結果として、自分たちが一番の出荷品になっておるという事実じゃな。
 ┃ 実際のところ、ここが何のために作られたブロックかも忘れ去られておる。
 ┃
 ┃ 現在はブロックの一部がそういう用途に使われており、全員がそういう業務に付いているわけでは
 ┃ ないのじゃがな。
 ┃ それで、そこの代表が・・・・
 ┃
 ┃ <<次で代表キャラ安価を取ります>>
 ┃
 ┗

787 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:17:36 ID:NLOZG1i60
>自分たちが一番の出荷品
ほうほう

788 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:17:44 ID:.aE5Kqj20
>>784
まさかゴミ爺が…?!

暗殺の恐れがあるなら普通に有効な手だよね
同じ顔沢山も、隠れ蓑も

789 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/27(金) 01:18:16 ID:YtD3/5b.0

             /)
           ///)
          /,.=゙''"/              人人人人人人人人人人人人
   /     i f ,.r='"-‐'つ____      <                  >
  /      /   _,.-‐'~/⌒  ⌒\    < 細けぇ事はいいんだよ!! >
    /   ,i   ,二ニ⊃( ●). (●)\   <                  >
   /    ノ    il゙フ::::::⌒(__人__)⌒::::: \   YYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY
      ,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |
     / iトヾヽ_/ィ"\      `ー'´     /



 ┏━━━━━━━━━━┓
   システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ ここの代表者は・・・・・
 ┃
 ┃ << 下5で>>
 ┃
 ┗

790 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:18:20 ID:bHNsdg4I0
ダゴン(カルドセプト)

791 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:18:29 ID:NLOZG1i60
乱崎凶華

792 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:18:58 ID:B5O1rQ2E0
水銀燈(ローゼンメイデン)

793 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:19:02 ID:hmDNTHsQ0
ディード・スカリエッティ(リリカルなのは)

794 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:19:02 ID:bvCM0zns0
オリヴィエ・ミラ・アームストロング(鋼の錬金術師)

795 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:19:03 ID:un2Gicak0
カリム・グラシア

796 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:19:04 ID:UEmT3KUM0
トワイライト(マイリトルポニー)

797 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:19:05 ID:/knc5qZE0
ミッシェル(テラフォーマーズ)

798 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:19:07 ID:aig9aaCo0
シオニー・レジス(第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇)

799 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:19:09 ID:B5O1rQ2E0
水銀燈(ローゼンメイデン)

800 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:19:56 ID:un2Gicak0
>>794
アイエエエエ! 氷の女王!?氷の女王ナンデ!?

801 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:20:16 ID:NLOZG1i60
あんなのメスじゃねえ!

802 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/27(金) 01:20:30 ID:YtD3/5b.0
オリヴィエ・ミラ・アームストロング(鋼の錬金術師)が選択されました。


うぉー、シオニーちゃんとかも良かったね。

803 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:20:35 ID:B5O1rQ2E0
また戦闘力高そうなのが……

804 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:21:14 ID:cWnYO.N.0
シオニーちゃん別で採用したらいいよ!

805 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:22:20 ID:.aE5Kqj20
>>801
元締めだから舐められたらあかんのや

似たような立場のバラしーはカワイイキャラ付けもされたりするけど、この人は…

806 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:23:00 ID:un2Gicak0
でも娼婦の元締めだろ…?  積めば抱けるのか…?

807 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:23:40 ID:UEmT3KUM0
出したいなら部下に置くという手も

808 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:24:16 ID:B5O1rQ2E0
頼まれてもあの人は勘弁、いやな予感しかしないでござる

809 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:24:20 ID:Cq7CkP7c0
意外と武力もありそうなイメージになってしまったなw

810 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:24:42 ID:bHNsdg4I0
まぁ商品が商品だし舐められたら困るわな

811 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:25:34 ID:NLOZG1i60
へたなことしたら確実にタマとられるな

812 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/27(金) 01:27:48 ID:YtD3/5b.0


 /, '  γ'´    .ノ'´::::::::i!´ヾ、ヾ、:、`゙ヽ、
/ ,′ '"./  ,  イ´:::::::::::::::i!:::::::ヽ.ヽヾ、  ヾ、
' ,:  ' '   , " /"::::::::::::::::::::i!:::::::::::iiヽ ヾ、  ゙ヽ
/   / ,ィ/  ./::::::::::::::::::`ヽ、i!:::::::::::i!i.ヽ ヾ、   ハ
 , / ./,ゝ-、!´  ゙:::圦=-、ミ゙i!x::::::::i!i .i  .!ヽ  i
〃//メi ,ゝ、i!  )ヽ._:::ゞ(_)_`ヾi!::::::::::i!、 i   i!.  ハ
,'./'  /i!、(ィ   ⌒  :::::::::::::::::i!::::::::i::i!.ハ   ii   リ
/  /' ! メ)            i!  ∨! i   .i!   i
〃 / ノ,ゝ、`          ::::::i!::...ノ::i! i   i!  i
ヽ、∧/,'メ-,i__,.ィ       _,.、 ´::::i!´:.  i!. i   .i!  i
゛ ゛ "´  "´ ノ    ∠-`ー=-ィi!:::::::::i!i i   i! i
        ´ゝー,'  :::::`二メ,`'´:::i!::::::::,i!、i  .i! i
          ./    ´  ゙`::::::::::::::i!,.イi!ヾ、ヽ、`ヾ、
          'ゝ__,        /ii|i i!|゙ヾ.、 `ヽ、∨
          .::、メ`ヽ、__   /"´'ゞー,'!,,∨ヽ  ゙ヽ∨i,.
           メ=-:://`|≠'ブカ::;'  ´   ハ  i! i 〈
            メ//::| |:::/イ i::       )i  i! iゞゝ
             .Хx、:| |::i i"i i:        ヾi i! ! メ、

 ┏━━━━━━━━━━┓
  ゴミ爺
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ オリヴィエ・ミラ・アームストロングという女傑じゃ。
 ┃
 ┃ まあ、歴代、ティコアンダーブロックのリーダーは強い女が多いんじゃが、特に彼女は指折りじゃ。
 ┃ その手の店で無体をした結果、ケツに丸太を打ち込まれて晒された奴もおる。
 ┃ ブロック長会議でも、下手に出やすかったティコアンダーの地位を切り上げたのも彼女じゃ。
 ┃ なかなかに強い女というやつじゃな。
 ┃
 ┃ なまなか、女性だからと舐めたらひどい目にあうじゃろう。
 ┃
 ┗

813 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:28:38 ID:un2Gicak0
アカン… 他の地区が乗っ取られそうだw

814 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:29:34 ID:NLOZG1i60
もはやアマゾネス化してても不思議じゃないぞw

815 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:29:35 ID:hmDNTHsQ0
丸太…丸太

816 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:30:36 ID:B5O1rQ2E0
どこのドラキュラやねん

817 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/27(金) 01:32:05 ID:YtD3/5b.0


 l´三三三三三三三三三三ミミ\
 |li//;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;// l::l::::\\
 |li//;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;// l::l::::::::::\\
 |li//;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;// l::l:::/:... :::::\\
 |li//;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;// l::l:::|::::::::\:::::\\
 |li/////////////////// l::l:::i\::::::::.... :::::\\
 |li/////////////////// l::l:::i ::::\():::\:::::\\
 |li/////////////////// l::l:::i ::::::::::\:::::::: 、:::\ノ
 |li/////////////////// l::l:::i ::::::::::::::::\::::::/|:::::il|:|
 `ー─────────' ̄`、:::::::::::::::::::::\|||:::::il|:|
                   \:::::::::::::::::::: li|:::::il|:|
                          \::::::::::::::::li|:::::il|:|
                      \ :::::::::li|:::::il|:|
                             \:::::li|:::::il|:|
                          \li|:::::il|:|
                                ^\il|:|
                              ^


 ┏━━━━━━━━━━┓
  ゴミ爺
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ さて、6ブロックの長はこれで以上なんじゃが、もう少しだけ説明しておかねばならん事がある。
 ┃
 ┃ つまり、金と不文律じゃな。
  ┃
 ┗

818 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:33:27 ID:bvCM0zns0
どんな感じかなー

819 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/27(金) 01:39:53 ID:YtD3/5b.0


             ___
          /::/ |
          〈::::{_|         r‐‐-、
          ∨::::/          |    丶
               ̄              |      \
                        |ミ>、     ..ヽ
                         ¨ヾ>、  ....:}
                           \Y⌒〈
                             \;;;;;;〉

 ┏━━━━━━━━━━┓
  ゴミ爺
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ まずは金じゃが・・・。
 ┃ この海底都市では2つの通貨が流通しておる。
 ┃
 ┃ 一つがセントラルハイが”市民”へと配分するポイント。
  ┃ これは、いわゆる完全配給ポイントと理解してもらって良い。これは市民IDを勤労で買って、
  ┃ その上で、”貢献”をすることにより与えられる。
  ┃ ただし、犯罪行為などで容易に取り上げられるし、全てが完全にセントラルハイ次第となる。
  ┃
  ┃ これに対して、地下通貨のような役目を担っているのが海香港ドルじゃ。
  ┃ この通貨はドルと名が付いているものの、全く紙幣ではない。
  ┃ 実態はスライスしたシリコン結晶上に一定の回路をプリントしたものじゃ。
  ┃ 回路自体になんの意味があるかはよくわからんのじゃが、その一部にICチップと同等の能力が
  ┃ あるため、特定の読み取り機を近づけることで簡単に偽物が判別できる。
  ┃
 ┗

820 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:41:21 ID:hmDNTHsQ0
海香港ドルwwwもう少し何とかならなかったのかw

821 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:41:25 ID:bvCM0zns0
ふむふむ

822 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/27(金) 01:43:30 ID:YtD3/5b.0


                                    へ、‐   ̄ ̄ ̄  _ ‐
                         -――‐- 、    / へ/ヽ/`ヽ‐ヘ-/、`ー、`ヽ
                      /         `ヽ/ /   / /   |    ´|   |  ヽ
                      /   __ ヽ、  / /  / /.   |   l  |   |    ',
                   /  /´___`ヾ、 |  |   |  l     ! | l  |   |     !
              __   /   r'´,  、  、、\ヽ |  |   | __|_    !_イ |  |   |     !
     __ ⌒ヽ,r '´   、 `ヽ〈 /´ /__/ ヽ ',‐| 、!ヽ.|  |   「N| |   //_!`メ、/|   |     !
  ∠/‐O‐/<ヽ/二二二|     V / /´l_|   |lN_.| |  |  | l! |/l。:|ヽ / /|。::::ヽ、|   |  |  |
  Lr''´/ ̄`ヽ /l、、ヽ、ヽ\ |  トil/Vlイ゚:|` l! イ゚:::|〉  !  ', N! |:::| '´  |:::::::ノ/ |   |  |  |
  ////|! |_|_| 、 ! N┬ゝ┬‐ l !  ! `| |ゞ'     ゞ-' |  |   ト、! l""丶   """'  |   |  |  |
  !l l´!l ヽ_ | |lN i      lV /) 、\ | l、 ' _    /  |   | | |ヽ   ‐       |   |  |  |
  ∧l´ _   // |  ト、`__ ./ ∧ト、 \ !、_,\  _,. /___/',.  | | | i\    _   /  /l イ /
  ///`ト- '//--\|  r‐//  )>-、| | | l`´r|     !∧ | ∧イV  V`_T´   / /l/l/ | /
  ! l !/´/ // _`', / ( ` ,イ    / / />'´/_  ./ ヽ!>、   /::::j ///::::ト、
  !/_イ_〃!'´  `|/ ヽ| `´ l   / //i´   i´―‐ン゙    /  _,..<::::::://:::::::::_ノ::::::\

 ┏━━━━━━━━━━┓
  ゴミ爺
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ 不文律についてはおおまかなものだけじゃな。
 ┃ だいたいは、シュテルがフォローするじゃろ。
  ┃ 非常に重要な幾つかだけ伝えておくことにする。
 ┃
  ┃ まず1つ目は子供保護法じゃ。
 ┃
 ┗

823 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:43:34 ID:B5O1rQ2E0
えーとつまり戦中の配給券と闇市専用通貨みたいなもんか

824 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:45:15 ID:bHNsdg4I0
港ドルの元締めが何処か分かれば価値が分かってくると思うんだがなぁ

825 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:45:52 ID:un2Gicak0
絶対に子供を害してはならないとかか?

826 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/27(金) 01:47:54 ID:YtD3/5b.0


                        ___
                      /´     `ヽ、
                 x‐'´          \
                〃  _,rヘ    \  ヾ. ヽ
                | 〃"   ヽ l'⌒ト、 i| l ハ
                | i|/⌒  l } _j_ ヽj| | │
                l il  x=ミ │ル'⌒ヾⅥ lヽ |  ____
                | i| i{.   _j/ ヘ⊂⊃|i V八/  ̄ ̄ ̄ \
                | i|⊂⊃ V    )  ィ|i  }/  / ̄ ̄ヽ \
      < ̄ ̄`\    | i|  ゝ 、 ___r-<⌒|i /    \ くヽくヽ\ ヽ
         `ヽ、  \  ノ__リr-、j  ノ仏_し'`l^ヽL/_       \ヽ>ヽ> }  l
           ヽ、  ヽ、{_, イく7´ ̄    ‘‐'ー′| `丶、     ヽ_/  │
            \_/ しJヽ)             |    \          |
               |´                  │      ヽ         |
               |                |             _j
               |     ,、,、,、,、         │        ヽ/´ ̄
               |      |:::::::::::| _________,|         /
               |      |:::::::,斗'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ        /
              │    斗<::::::\          ヽ     /
              |   /´ \:::::::::: \            /
              |_ /     \:::::::::::\       '、  /
             ¨´ ̄ ̄ `ヽ、  \:::::::::::\        /
                     \  ヽ:_:::::>―‐- 、V
                      ヽ/
                     ≡ニ三三三ニ≡=-
                         Z三三ニ=-
 ┏━━━━━━━━━━┓
  ゴミ爺
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ この都市では、ある年齢になるまで、子供をセントラルから外に出すことが出来ない。
 ┃ これは主に花崗岩などから発する中濃度放射能や、水圧・気圧変化などによる健康悪化などを
  ┃ 避けるためという名目になっておる。
 ┃
 ┃ が、バカでも気づくように、おそらく、反乱防止のための人質目的じゃろ。
 ┃
 ┗

827 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:48:18 ID:DBLKC03Y0
Falloutのクソガキみたいに無敵なのか

828 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:48:39 ID:un2Gicak0
Oh… でもまぁ一定年齢まで確実に教育や保護が受けれるのなら…

829 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:52:15 ID:bvCM0zns0
何歳までなんやろ

830 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/27(金) 01:54:36 ID:YtD3/5b.0


                 _r'ニ二> 、
               _,. :'´ ̄: :`ヽ\::.::`ヽ
            _,.:'´: : : : : : : : : : ヽ ';:.::.::ハ
          ∠,仁._‐-、 : : : : : : : : : :}_j::/::.::i
        , '´ ̄¨´‐.、 `y'^ー、: : : : : : :/'イ::.::.::{       ,.、
      /  .   : :  Y }   }_;.-'TT´::::::.::.::.:;ノ   _,.f´__,\
      .′ :   :    :}v  .i`ト-く._!:::::::_;.イ--、―¬;.:.:.:.:_:.:.:\
.     l .  :     :. .:!|   !!  /イ ̄ /   j_,. -亠'¨⌒ヽ:_ノ
      ! {  :  :.  |:.:,! !  | `ー'´ ヽ.__,,.. -‐'´
     }.:}.  :.l  :.: .!:.i r' , 、〉
   (_,ノ_;{:...:.:.:!: .:.:. .ハ:{_`T~^i
      f彡Y:.:.}:|:.!:.:!:{:イ'` |  !
     ⌒j,ィ:.{:!:ハ:|:!{{|   j  !
       ,レ^ト! }川`ー/,.  {
              }n.n r}


 ┏━━━━━━━━━━┓
  ゴミ爺
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ 子どもたちは、ある年令になるまで、セントラルで集中管理され、教育を受ける。
 ┃ その上で希望するブロックへと配属される形じゃ。望めば親と異なるブロックへもすすめる。
  ┃ そして、年齢は”十分精神的に成熟したと認められる”という定義になっておる。
  ┃
 ┃ 子供の希望通り、というたてまえになっておる。そして、特定の職種以外はブロック間の移動は
 ┃ 出来ない。これはシステム的に禁止されておるのでな。
 ┃ まあ、なかなか良く考えられた脅迫方法じゃな。
  ┃
  ┃ 当然、子供を釣れ出すだけでなく、子供自体が勝手に出るのも基本的には罪になる。
 ┃
 ┗

831 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:56:18 ID:bHNsdg4I0
成熟に至らなかったら処分かねぇ

832 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 01:56:42 ID:bvCM0zns0
やる夫が職業選べるなら注意しないとな

833 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/27(金) 02:03:38 ID:YtD3/5b.0


   残   |-‐‐- ..,,__.::::::::::::::::::| の 反
   念   |:::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::| ね 省
   だ   |:::::::::::::::::::::::l:: :: :: :: :: | . ・  し
   け   |::::::::::::::;::::::::>: :: :: :: | . ・  て
   ど   |::::::::::::::ll:::i'゙      l. ・  な
   ・   |::::::::::::::|l:::|     <    い
   ・   /::::::::::::::l.l:::l       ヽ ______ノ
ヽ  ・   ,ゝ:::::::::::::l.ゝ!、   , -、
 \_ノ:::::::::::::::::::l:.:.:.:l   i'  ミ    /
  //::::::::::::::::::::::::l:.:.:.:.ヽ/ r‐i´|.   /
. <.:./:::;:::::::::::::::::::::::l:.:.:.:./  /.__|_,|  /\
  /:::/l::::::::::::::::::::::::l:./ ./ | |:::|  /
 ヽ:/ l::::::::::/:::::/l::::l `-'゙._人_l l:::|    ツ
  | l::::::::/:::::/:.:レ'l___Y__l l::|_____
  | /l;;/レ'゙:.:.:.:.:.:.:l     ヽ.|    /l
  |/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l二二二二二二二l/


 ┏━━━━━━━━━━┓
  ゴミ爺
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ もう一つが、強制混住法。
 ┃ 近親婚を避けるための方法であると同時に、仲間割れを誘う非常に強烈な法じゃ。
  ┃
  ┃ 各ブロック間で別ブロックへ移住しなくてはならない人間を自主的に選ばなくてはならないのじゃが
 ┃ この選出方法が完全に多数決なんじゃよ。
 ┃ そして、一度ブロック間移動を行ったら、10年は再度の移動対象にはならない。
 ┃
 ┃ 完全に希望に沿っての移動であれば良いのじゃろうが、そうでない場合、どうなると思う?
 ┃
 ┗

834 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 02:04:11 ID:hmDNTHsQ0
わーいコレはひどいwww

835 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 02:04:59 ID:bvCM0zns0
実質的には追放か……

836 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 02:05:21 ID:un2Gicak0
えっ  えっ
ディストピアェ… でもある程度しょうがなわな

837 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 02:05:33 ID:UEmT3KUM0
やっかいもののたらい回しか

838 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 02:06:06 ID:bHNsdg4I0
出る杭飛ばされるか・・・これは上手に作ったなぁ

839 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 02:06:38 ID:un2Gicak0
…セントラルでも同じ制度が存在するのだろか?

840 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/27(金) 02:10:25 ID:YtD3/5b.0


       {    !..                  |
ィ彡三ミヽ  `ヽ.   `ー、.__              |
彡'⌒ヾミヽ   `ー             ,.x======;― |
     ヾ、             /   ___\.:.| ここが
.  _    `ー―'       / /´ : : : : : : :` 、.!
彡三ミミヽ           ,r' /:. : : : |:.: :.ト; :ィ:,:..:.i イカちゃんの
彡'   ヾ、    _ノ     /|/.: :|.: : : :| !.; i | ,゙i|-゙、.|
.       `ー '       ハ: |.:l.:. :.|`! : ハ;| |/,r≠ミ、 ! ハウスね
 ,ィ彡三ニミヽ  .__ノ  !: : i:゙i.:.-!-|;/、     んィ} |
彡'.        ` ̄     |l : : :.∨:| .,r=、     弋:り !
        _  __.ノ |ノ; :|: : : :ト{{ {ん}.    ´ ̄│
   ,ィ彡'.   ̄        ゙i|\:.:从弋:.リ.       ,|
ミ三彡'        /.⌒    \ :' ー   '    / !
       .ィニニ=- '           | :人     <_ ' |
     ,ィ彡'                  |: : : ヘ . _ ___ .|
   //            ./       !ハ : : | \: : : :{\.|
. 彡'       __,ノ          \ドi. ゙il\ト }.|
      ./                           . ィヽ!
            ノ                 .'  | : |
        ィニ=-- '"      __,ノ        /  .l: :|
 ┏━━━━━━━━━━┓
  ゴミ爺
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ もちろん、6つのブロックの人間だって馬鹿ばかりではない。
 ┃ システムで管理している以上、当然抜け穴はある。
  ┃
  ┃ ミュータントが抑止の対象に成らないことも抜け穴じゃし、地下連絡通路が作られているという
 ┃ 話もそこかしこで聞かれる。
 ┃ 子供がセントラルから出ることは出来ないが、大人がセントラルへ赴くことは禁止されていない。
 ┃ 密かにIDをやりとりされているという話もあるし、そもそも、完全に行き来が出来ないのであれば、
 ┃ 地下貨幣など流通するはずもない。
 ┃
 ┗

841 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 02:12:01 ID:B5O1rQ2E0
こっそり物資を届けるとかの裏仕事には事欠かない場所ですな。

842 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 02:12:21 ID:un2Gicak0
>  ミュータントが抑止の対象に成らないこと

ん? 抑圧とか弾圧じゃなくて抑止? ミュータントは自由に行き来できる?

843 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 02:12:24 ID:bHNsdg4I0
完全に行き来ができなければセントラルに向くが
抜け道があるならそれも解消されると・・・

844 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 02:14:27 ID:bHNsdg4I0
地下貨幣は建前上とりしまり対象なんだろうか?

845 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/27(金) 02:20:48 ID:YtD3/5b.0

    そ ま     ,. -―- 、    怒 あ
    の  ぁ   マルLL∧ ヾi    ら .と
    ゲ 元.    l l|- ―! |   .れ で
     l  気    |ll!、ワ ,|lll!'    る 姉
    ム 出.       フ‐-.\    .だ 貴
    や せ r、-、 (:.:.:.:、:.:∧   ろ に
    る .よ  ミt \∧_:斗.:.:.:|   う  死
    か.      \ 〉:.〉 ヽ:.:|   け ぬ
    ら         _}:/ /:.:.:.:|   ど 程
    さ         {__ノ:.:.:.:.:.:.:|   :
             |>―r―}   .:
                  | : : : :}: :!
                |.:  ̄| ̄:!
              | : : :|: : |
                  | : : i: : !
              !: :{ :{
               l : :l : }
               l : :!: !
               | : :|:」
              r_/,庁}」
            -=r'_三/==―


 ┏━━━━━━━━━━┓
  ゴミ爺
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ しかしながら、セントラルはセントラルハイの支配下にあり、武器の持ち込みが禁止されている。
  ┃ さらに、自動人形を用いた警邏などが行われている強制治安区域なのじゃ。
  ┃
  ┃ 彼らセントラルハイに従わないものが容易に足を踏み入れられる場所ではないよ。
 ┃
 ┗

846 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 02:21:45 ID:un2Gicak0
ハイの人間は看守の末裔なのかな
腐ってそうだなぁ

847 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 02:23:11 ID:bHNsdg4I0
武器持込禁止かきっついなぁ

848 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 02:23:28 ID:B5O1rQ2E0
本社でいうプラスチック銃や使い捨てカッターならいけるか?

849 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 02:24:12 ID:un2Gicak0
単分子ワイヤーとか持ってないかな…w

850 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/27(金) 02:24:35 ID:YtD3/5b.0

                         Fニ:、     _,. -―‐‐- 、
 _,n--- ――――― ┬i           r\ \    ゙、 ┌┐ 、_/_ \
└る'ー―――‐‐ '''"て.)二 --―――‐‐'-:{: \ 丶  ゙: l二!/メヽ   ヽ
            ,ィ‐''''''' '''''''''' """"゙゙゙ ´  ̄`i\ \ `、,.―-、  \  !
            /ij、      __゚_        f|. \,ヘ ゙、i// i__ ,,....l
              l !i!     。 ''゙""゙ 。     i:|.   ヾト'ジ" ̄
             |. lリ                  ゙i|
            |: ||                   j:!
                |: h               ||    「まあ、おおまかなところはこんなものかの。
               l: i!i!                ヾ,.__
              Fニニi'              ___i―:ヲ  これ以上は、実際に見て確かめるのが良かろうの」
             r=!! i:k:-ァn--――‐‐ '''' "´Hi' )゙|  i:|
             「|" |l(Oi,|:|,,...........................::::::i レヾ.|  ゙:|
             ! !  ||;ゞ;;:シ--――‐ '''''i し'ィ':jll''''|.  :|
          | |  :i|ー'              |i::l:l| |:  :|
           l |  ;i|                 |i::l:i| |:  :|

 ┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ 自分で聞いておいてなんだが、あまりに長い解説にちょっと眠(ry・・・でなく、気が遠くなりかけた。
  ┃ しかし、これでだいぶ行動指針が建てられる気がする。
  ┃
  ┃ シュテルがまだ帰ってこないのが心配だが、とりあえず、そこらに横にならせてもらうことにしよう。
 ┃
 ┗

851 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/27(金) 02:25:34 ID:YtD3/5b.0
というわけで、すごく長くなってしまいましたが。
本日の投下はここまでです。


世界観だけはあまり中断しないで透過したかったので。。。。、

遅くまでお付き合いいただきありがとうございました。

852 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 02:26:00 ID:bvCM0zns0
お疲れ様ー

853 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 02:26:17 ID:un2Gicak0
長時間乙! 面白い閉鎖環境だわ
さすが千年もこなしてるだけはあるな

854 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 02:26:20 ID:bHNsdg4I0
おつー

855 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 02:27:01 ID:hmDNTHsQ0
乙ー

856 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 02:29:42 ID:UEmT3KUM0


857 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 02:30:03 ID:MhOhzYHo0
乙でしたー

858 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 02:33:28 ID:B5O1rQ2E0
乙でした

859 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/27(金) 02:57:24 ID:YtD3/5b.0
しかし、支配者安価がカオスで面白かった。
やっぱ、安価の醍醐味はこれだよなあ。

お休みですー。

860 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 03:21:58 ID:un2Gicak0
お休みー

861 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 06:04:56 ID:aig9aaCo0
乙です

862 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/27(金) 19:17:19 ID:YtD3/5b.0
今日は家事当番なので投下はしませんが、こんばんわ。

どっかに特定スレ以外にトリつけない設定ができる専ブラないかな
問題はLinux上で使えないとダメなことなんだけど・・・。

863 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 19:19:47 ID:/knc5qZE0
Janeはそんな感じじゃない?
コテハン記憶あるから

864 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/27(金) 19:36:52 ID:YtD3/5b.0
他スレでトリ消し忘れて大惨事乱発しすぎなんですよねえ・・・。

Janeがそれやれて、かつ、Wine(Linuxで動くWinエミュ)で動くなら試してみようかな・・・。
いまChromeの拡張専ブラなんですよね。

865 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 19:42:12 ID:bHNsdg4I0
書き込み用Chromeと投下用Jane二つあればいいんじゃないかな?

866 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 19:43:10 ID:bvCM0zns0
ブラウザ複数用意するのが簡単だよー

867 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/27(金) 19:52:06 ID:YtD3/5b.0
確かにブラウザ2個が早いんですかねえ。
たしかファイアフォックスにも専ブラ拡張あったと思うし。

おお、アジの開きがいい感じにやけたでござる。
大根の煮物もいい感じ・・・。ちょっと各スレ覗きながらご飯食べてくるです。

868 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/27(金) 20:58:31 ID:YtD3/5b.0
なんとか洗い物まで完了したでござる。


しかし、昨日は本気で遅くなってしまったので、読んでいただいた方には大変申し訳なかった。
もしかして読んでいただいたけっか、本日に差し障ってしまった方がいらっしゃったら申し訳なく
思う限りであります。せめて楽しんでいただけていればよいのですが・・・。

まあ、個人的にはすごい楽しかったので、参加して頂いてうれしかったです。
次からはもう少し健全な時間に完了させて、長く続けられるようにしたいと思います。

869 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 21:07:12 ID:Z1TaRZ5E0
まだあれくらいなら可愛いほうですよ、一度11時あたりから次の日の6時前までもつれ込む例も経験しましたから……(遠い目
早く寝られればありがたいのに変わりはありませんけど

870 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 21:08:09 ID:bvCM0zns0
全然問題ないで

871 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 21:10:13 ID:aig9aaCo0
気にせんでもええんやで
っと寝落ちした奴が言ってみる

872 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/27(金) 21:18:44 ID:YtD3/5b.0
まあ、でも、参加してもらえる方が多い分にはその方が楽しいと思うんですよね。
ある程度までは人数が多いと、確実に発想力が横に広がると思うので。

昔テーブルトークのマスターやってた時と同じノリで、意見とか、レスも参考に
ある程度演出とか必要かなと思うシーンを追加したりとか微調整したり、と言うことを
しているので、そういう意味では参加していただける方にも無理しないで参加できる
環境が作りたいかなーと。

それに、おもしろいアイディアとか発想とか発言が出てくると、それを元に、基本方針は
そのままにいろいろと脇キャラや脇設定、世界観の拡張ができて楽しいです。

たとえば、昨日でいうと、先行者とか先行者とか先行者とか、そうですよね。
なぜ先行者がリーダーなのか、ということに整合性を持たせるということで、ああなった
わけなんですけど。

873 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 21:23:33 ID:bvCM0zns0
よっぽど予想外だったんだね先行者

874 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 21:23:41 ID:986yRnko0
とりあえずオリヴィエちゃんを戦力で落としにかかる所存

875 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 21:24:04 ID:Z1TaRZ5E0
実際安価でキャラが出るとそこから話が膨らみますからね、
もちろんカオスになりすぎて収拾つかなくなる可能性もありますが

一例をあげると、剣と魔法ファンタジーのはずなのにナイトメアフレームやジェダイ騎士が出てくることになったとか……

876 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/27(金) 22:12:42 ID:YtD3/5b.0
いや、先行者が取られたことが予想外というよりは、先行者がリーダーと言う発想が予想外
ですかね。その発想は無かったってのはあります。


個人的に危惧してたのは、最近先行者をだしたいと言ってたかたが某所にいてですね。
もしかしてそのかたが降臨してたのかなとか、よぎったりしないでも無かったけど。


あと、キャラ安価の際、たとえばヒロイン安価で男が取られるとかも、事前に制限してない場合、
このスレでは有りで行きます。制限が無いキャラは事前に性別に関するバックグラウンドがない
と言うは話なので。そういうキャラはそれでも構わないです。

必ずしもラブコメやれって意味でのヒロインじゃないですからね。

もちろん、他のスカスレみたいに女の子を追うのももちろんアリですし、そのためにヒロイン狙う
というのも、そこはお好みで。
それに、ここのやる夫がどのように恋愛に走るか、と言うのが描けないと、ラブにつながるかは
また別ですしねえ。

個人的には枯れたおじさんを娘っこや、男の娘が落としていく話とかも嫌いじゃないですし、
読者が望むなら男の娘や安倍さんを取って、狙っていくのも話として筋が通ればそのとうりに
したいとは思っています。
まあ、それでラブコメに発展しても、私は責任取れませんが(棒

877 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 22:17:59 ID:bvCM0zns0
ラブコメねぇ……
例えばシュテルとは仲良くしていきたいけどこのやる夫の背景とか年齢考えると
子供相手にそういう関係になるんだろうか?とは思うかなぁ
向こうが本気になるって線は十分考えられるけど

878 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 22:19:22 ID:ddCnVHrI0
なぜかラブコメというかナイスなボート的展開になる未来が見えるような……考えすぎですよね?

879 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 22:24:18 ID:0N6veYMc0
女の子を追ってるスカスレって、女の子の楽園を作りたい海鼠以外にあったっけ?
ほかはぜんぶ「おれは普通にしてるつもりなんだが、なんか知らんが女の方から寄ってきたぜHAHAHA」みたいな感じで別に自分から女の子追ってなくない?

880 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 22:25:02 ID:bvCM0zns0
(読者が)追いかけてる って事じゃない?

881 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 22:27:00 ID:52a.2eNs0
決闘者さんのとこは、おっぱいよりロボを選んでたな……

882 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/27(金) 22:29:51 ID:YtD3/5b.0
基本的には、罠ヒロインはあまりない前提で行動して問題ないと思いますよ。
そういうニーズがニッチなのは前提でシナリオ組みますので。
もちろん、読者の過半がニッチなユーザーだと発覚した場合はまた考えます。

まあ、パズルが楽しいのは、パズルが前提の時だけだと思いますので。
もちろん、前提がパズルなら、全力でパズルを解くのがそこの楽しみだとおもいますけどね。

883 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/27(金) 22:31:08 ID:YtD3/5b.0
>>880

私の理解的にはそういう意味で書いています。

884 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 22:38:06 ID:bvCM0zns0
まぁどうなるかわからないけど
ここのやる夫さんは幸せになってほしいね

885 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/27(金) 22:46:34 ID:YtD3/5b.0
主人公として、いくつかの選択肢を選んでいかないとストーリーは成り立たないので、
そういう意味では岐路には立たされるでしょう。

できれば、その際、彼が幸せになる道を考えて選んでいただければとは思います。
(もちろん、ひたすら今の彼を貫くのも、もちろんアリでしょうけど。)


あと、安価部分でもう少しゲーム的な部分を増やすかは迷っています。
単純な数値判定とかクイズ判定だと、どうしても参加者が少なかったり、サーバが重かったりで
うまく行かない場合がありそうですので。

でも、判定処理を伴わないのも、スリルが無いと思うんですよね。
その辺の仕組みを土曜日に試した後、夜いつもの時間に続き投下を考えています。
今の安価スタイルだけだと、どうしても選ばなかった場合どうなったかを書かない限り、リプレイ
できないゲームブックになってしまうので・・・。

886 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 22:50:47 ID:0N6veYMc0
なるほど>(読者が)追いかけてる

>リプレイできないゲームブック
いけないの?
他のスカベの安価システムだってかなりシンプルだしそんなところじゃない

887 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 22:58:31 ID:ddCnVHrI0
自分は本社のifルートみたいな感じで選択肢ではどうなったのかとか、すべて終わった後にチラッと開示してくれるだけでいいと思いますけどね
というか他のやる夫スレ見ても選択肢いちいちやってたらとんでもなく労力ついやすことになりまっせ

888 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 23:02:15 ID:pHfkTtlo0
本編がちっとも進んで無いのにifルート、外伝やるとか、エタるパターンの典型だね
設定語りも本来は作中で語るべし

889 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 23:10:08 ID:bvCM0zns0
解説は別に外部でも良いと思うが?

890 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/27(金) 23:23:26 ID:YtD3/5b.0
選ばなかった選択肢についての解説をすると、大きなメリットがあったときに揉めるのが嫌ですし
それに、無駄に筆力浪費するとエタるのが基本パターンってのもよく解ってます。

逆に事前にどうなるかを提示するのも、どこまでを提示するかで変わるんですよね。
近い未来ではこうだけど、結果的に収束させようとする段階でこういう影響がある、までネタバレしないと
結果的にまずい方向に誘導してしまう、こともあるので。

(エタるよりはマシと思って、打ちきりエンド対策で大筋のストーリーは分岐まとめてあるんですよね、一応。
まあ、読者の希望やキャラの暴走次第で破綻する前提での仮組みレベルではありますが。)

だから、基本的にストーリーに関わる部分では、戻れないゲームブックしかないとは思ってます。

ただ、選択肢よりは自由発言や、あるルールでの判定処理を入れることで、ゲーム性を増したいと
考えている部分はあるんですよね。勝つことが決まっている戦闘や、逃げきることが決まっている
ホラーシーンとか、私もおもしろく感じないので。

気にしているのはそういう部分ですね。
ただ、それがハードルあげすぎると困る(読者としてのもそうですが、私が処理できなくても同じ)ので、
その辺をどうするか、というのもありますね。

(選択肢だけで演出も、もちろん有りなので、初心者なんだからそれでいいじゃん、というのも正しいし、
初心者なんだから色々試したい、というのもあるし、と言うかんじですかね。)

891 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 23:28:28 ID:EKlwok9E0
情報量が多くなると把握するの大変だからなんか欲しいところだな

892 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 23:29:34 ID:NLOZG1i60
まあ、自由発言なんかは得意でない人もいれば
得意な人もいるから、なんだかんだで大丈夫だと思うけどな

893 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 23:30:28 ID:bHNsdg4I0
自由すぎるとどうしようか悩むけど
あるていど方向性さえ決まってくると自由は楽しい

894 名無しのやる夫だお :2013/09/27(金) 23:30:54 ID:bvCM0zns0
やりたい事色々あるなら分岐に関わらない所で色々試してみればいいんじゃないかな

895 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/28(土) 00:03:14 ID:JOoVZvtY0
色々助言ありがとうございます。

明日の夜は予定どおり本編の続きをやる予定ですが、

それ以外に、昼間、もし人がいれば、いくつかのパターンのテストをやってみたいかなと。
よそで使ってみたいなと思ったルールと、その簡易版とかで軽くテストできればいいかなと思います。

もしおいででしたらご協力願えればと。
そこ次第で組み込むかどうかを考えます。

まあ、今日の所はこの辺にしますね。
雑談とか相談に載っていただいて有難うございました。
おやすみなさい。

896 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 00:06:36 ID:VrTU34/60
おやすみー

897 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 00:41:13 ID:bspB2.jM0
おやすみなさーい
明日は授業&サークルで終日いない也……

898 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 14:36:44 ID:3XeOa6fw0
乙でしたー

899 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/28(土) 20:04:23 ID:JOoVZvtY0
こんばんわ。
昼間にアクセスしようとしてたのに、BIOSHOCKプレイ動画を朝から見てたら偏頭痛起きて
昼から寝込んでた>>1でござる・・・。

3D酔いとか、久しぶりすぎて気持ち悪かった・・・。

あと、Little Systerが微妙とおもってたらラス前のSafeZoneの光景見て、思ったより可愛く
感じた俺の目もどうなのかと思った。なんてチョロイっっ・・・。

900 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 20:07:20 ID:VrTU34/60
さ さすがにリトルシスターはちょっと……

901 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 20:11:54 ID:azI767qE0
ttp://file.johnnyslife.blog.shinobi.jp/DSC00985.JPG

素直になれよ、足に目がいっただろ?

902 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/28(土) 20:14:17 ID:JOoVZvtY0
いや、ラス前のセーフゾーンで遊んでる姿可愛くないっすか?

え、俺だけ?

903 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 20:14:44 ID:VrTU34/60
顔のインパクトが強すぎてそれどころじゃないw

904 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/28(土) 20:19:03 ID:JOoVZvtY0
いや、足とかってより、ケンケンパしてる姿とか、愛らしいよね。
こういうのも広義でギャップ萌えなんだろうか・・・。

まあ、顔のインパクトは否定出来ない。
最初のほうでBigDaddyと出てきたあたりとか、なんか触って顔に電波走る光景とかでは
うわって思ったし・・・。

905 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/28(土) 20:57:05 ID:JOoVZvtY0
あ、変なこと告白しながら他スレ読んでる場合じゃない・・・。


昨日相談して考えていたシステムの話ですが・・・、
考えていた仕組み、色々とルールいじりながら考察してみたんですが、
結局、ストーリーの進行テンポ重視すると、どうしても仕組みが重くなることが判明・・・。


一応、ブラックジャック方式っぽいのを考えてたんですけどね・・・。
適切なカードの最大値の出し方の乱数の計算式で悩んでまして・・・。
とりあえずは、もう少し練りおわるまでは導入保留で行こうかなと思ってます。
相談しておいてすいません。

906 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 20:59:45 ID:VrTU34/60
良いんじゃないかな
まだ全然ストーリー進んでないししばらくは進行優先でいいと思う

907 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/28(土) 21:25:43 ID:JOoVZvtY0
ちなみに、具体的に考えていたのは

・手持ちのスキル値を、「カードの最大値の基本値」と「結果への補正値」に分ける。
・その状態で、1回のトライで(1〜「カード最大値最大値の基本値」✕係数)までの値が引ける。
・引いたあとそのカードの数に対して、0〜「結果への補正値」までの値を足すか引くかを選べる。
・その結果の値を組み合わせて、指定の目標値以下で最大の値を得られるようにする。

・単独判定と対抗判定がある。
・まず、いずれの場合もバースト(目標値の値より大きくなること)したら、判定失敗
・目標値未満ならストップしても良い。
・単独判定の場合、指定回数以下のチャレンジで(目標値-3〜目標値)の範囲に収まれば成功。
・対抗判定の場合、同じ判定を行うライバルが居る
・対抗判定の場合、より目標値に近いほうが勝利、
・ただし、結果が同値の場合、少ない手数で到達したほうが勝利

というような感じですね。

施行例:

目標値13、係数がまだ決まってないので、仮に係数1として例を作る。
判定するスキル値が仮に7として、この7を最大値と補正値に分ける。
たとえば、最大値5、補正値2だとする。
こうすると、(1〜5)x係数の値が乱数として得られ、これに±2で値を修正できる感じ。

単独判定なら、これを複数回繰り返して、最小の数で10〜13の値に到達できれば成功、
14以上になればバースト、

対抗判定なら、NPC側も私が分配したスキル値をもとに、同じ判定を行って、より目標値に近い
ほうが勝利、同じ目標値ならトライ回数が少ないほうが勝利。
先攻後攻はシチュエーションで決まる、
どちらかがバーストした場合、先にバーストしたほうが無条件で負け

みたいな感じですね。


で、問題は、カードの1〜最大値の範囲の乱数処理を公開情報の何を用いて作るか、と、
というところと、割り振った最大値側の数値に対する係数のバランス取りのあたり。
そこら辺が決まったら後ほどでも導入するかもしれません。


鳥中の数字+数字指定とか、末尾秒数とかを用いると、どうしても10進数字ベース安定に
なるのでどうすればわかりやすいかがちょっとむずかしかったんですよね。

908 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 21:40:46 ID:VrTU34/60
判定に時間絡むとこの鯖信用できないからやめたほうがいいと思う

909 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 21:46:53 ID:Y2zAlqGs0
あんまり複雑にしても処理が重くて時間がかかるだけな気も・・・

ルールは3行で説明できる位に簡単でないと、新規参入のたびに問題が出るってばっちゃが言ってた。

910 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/28(土) 22:01:26 ID:JOoVZvtY0
>>909

あー、それはそうかも。> 新規参入

ロールのギミック好きなのであれこれ考えたけど、
確かにこれ、式とか整っても3行では説明できないですね。

ということは、お客様を減らす結果にしか成らないか・・・。

岩さんとこみたいな、ギミック含めたやり方が面白そうと思って考えたけど、
確かにアレは固定読者がいるからやれる、というのもありそうだし。
まず筆力と評価してもらえる実績を先にしよう。

自分が楽しい方向ばっかりでもやっぱダメなんだなあ。
完全に諦めで。

911 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/28(土) 22:09:50 ID:JOoVZvtY0
あ、話してる間に時間ですね。
もうそろそろ続き始めまーす。

912 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 22:10:43 ID:hwZajTgk0
ノシ

913 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 22:11:43 ID:VrTU34/60
うい

914 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 22:12:32 ID:q6HToAjk0
ウェイ

915 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 22:12:33 ID:WXO5IQuc0
ノ」

916 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 22:12:40 ID:QnE.Hf4.0
ヒャッハー!

917 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 22:17:11 ID:bBbmF4G20


918 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/28(土) 22:22:37 ID:JOoVZvtY0


                   _,,..-―‐-..,,_
             ,,-''"       `ヽ、
           /              \
             /                   ヽ
             ,'                      ヽ
          l    _ノ        ヽ_     ',‐-、
       ,-''"|   ーt:::テ≧    ≦r::テー   lヽ .'.,
        l l'´.',    `¨¨/       ヽ¨¨´    .,'  ヽヽ_
       / |  .'.,    (    .,、   )   U /  ./  ヽ、
       / \  ヽ、   ` ̄ ´ `  ̄´   / /  _,,..-'
        {   `''-‐"ヽ-..,,__      __./ ̄ ̄´ .,,..イ ∨
      /.T ‐-..__    _.ヽ ̄ ̄ ̄/,..-――‐'" /  ∨
    r┘ ',.    ̄ ̄  〈 ̄\ ./イ´       / /  ∨
    | ヽ-、',       /      .ヽ      //   ∨
   ./  ヽヽ .',      ロ       `ロ ヽ、 /      .∨
   /   、__ ', _/                \|    L__ ∨

 ┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ 海に落ちてから2日目。
 ┃
 ┃ 目が覚めると、昨日の小屋の備え付けの椅子の上だった。微妙に目がシパシパする。
 ┃ そういえば、ゴミ爺の事務所の隅を借りて眠りについたんだったか。
 ┃ ゴミ爺は昨日寝る前に見かけたのと同じ姿勢でコンソールの前に4本足で立っている。
 ┃ あのまま寝てないのか、それとも同じ姿勢でそのまま寝れるのか。
 ┃
 ┃ よくわからないが、とりあえずかぶって寝ていた携帯用のアルミブランケットを畳んで、起き上がる。
 ┃
 ┗

919 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/28(土) 22:28:41 ID:JOoVZvtY0


               ____
              /    \
              /          \   「えーと、シュテルさんは戻ってきたのかお?」
            / ⌒    ー    \
             |  (●)  (●)    |
            \  (__人__)    /
              /   `⌒ ´   イ`ヽ、
         , '     ` ̄          \


 ┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ ゴミ爺に尋ねてみると、どうやら夜半には一度戻ってきたらしい。
 ┃ IDなどを置いて、一度セントラルの部屋へ戻ったそうだ。
 ┃ ゴミ爺が遅出を許可したそうで、10時くらいには出てくるんじゃないか、ということだった。
 ┃
 ┃ 腕時計ではいま9時半。といっても、完全に屋内であるので風景では時間はわからない。
 ┃ 地上と同じかどうか少し迷ったが、壁の時計と比較すると、ほぼ同じ数字が並んでいる。
 ┃ 一応、腕時計の時間を壁の時計の時間と合わせておく。
 ┃
 ┗

920 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 22:29:49 ID:VrTU34/60
この爺さん結構な権力者なのかな

921 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/28(土) 22:33:25 ID:JOoVZvtY0


      / ̄ ̄ ̄\
    / ⌒   ⌒ \
   /  ( ●)  (●)  \
   | ::::::⌒(__人__)⌒:::::: | サクサクサクサクサクサクサクサク
   \     |r┬-|   /
   /       |;;;|"     \
  く      r i;;;l      ヽ
    \   >!、_彡
      \   /

 ┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ とりあえず、動けるように軽く食事をとっておくべきだろう。
 ┃ ただし、ゴミ爺と同じ食事が取れる気はしないので、モニターを後ろから眺めながら装備品に
 ┃ 備え付けのエネルギーバーをかじることにする。
 ┃
 ┃ 手持ちの本数が少々不安だが、人が生きているのだ、喰えるもんは手に入るだろう。
 ┃ もちろん、うまいかどうか、安全かどうかは別問題だが
 ┃
 ┗

922 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 22:34:22 ID:q6HToAjk0
>>920
ゴミ=再利用可能なリソース なわけだから、その管理を任されてるって事はそれなりに権限はあると思われ
各ブロックの代表に声を掛けられるくらいだし

923 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/28(土) 22:37:50 ID:JOoVZvtY0


          ___
      _, . :≦: : : : : : : : :≧: .     ,. -- 、
  . :´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :У_:_:r― \
/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \   `
: : : : : :/: : : : : : : : ; : : : : : : : : : : : : : : : :`: .、
: : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : :、: :\: :ヾ: : : : ヽ
: : : :/: : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : :!: : : :ヾ: : : : : : : : .
: : :/: : : : : : : :/: : : : :/: :/: : : : : :i!: : :i: : : : : : : : : : :゚。  「おはようございます。
: :/: : : : : /斗――≠: /i: : : : ,: :ハ: : :l : : : : : : ヾ: : : :'.
: ; : : : : : i:/ j: : :/// , : : : /:/__i: :イ : : : : : : : :iヘ: : :i   遅れてすみません。」
: i : : : : : iz=芹芯ミ、 /: :,. イ:/   !'`i : : } : : i : i'  : : !
: l: : : : : :《 l:::r:;:⊂ /:/ j/,z斧ミ、}.: :/: : イ: : !  j /
:r!: : : : : :! 夊¨ ノ /´  / /:;::r' }} / : ; i: :/   /
ヘ!: : : : : :!    ̄       匁ノ /:/:/  }/
: ハ: : : : : !         '    ハ: :´{  ノ'
/: :' : : : : !     、        . : : : {
: : ハ: : : :i\      一     人: : : {
/ } ト、: : l 、≫         . .<ィ:/i: : : '.
  /ヘ  : :i \ ≧=r≦/ィ :/ノ' !: : : :i
. /. . i∨}イ    ` ’ ヾくj/!'    ハ: :イ:l
/. . . l/,リ       / ヽ ≫x.     从 リ
. . . . ∨ヘ.    /     \i/≫ 、
. . . . . ∨/, 、 ./       j/} . . .\
. . . . . . .\//く      / /. . . . . .ヽ
 ┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ 簡単な食事を済ませ、今日の行動を考えていると、金属製のタラップを駆け上がってくる音がする。
 ┃ どうやら、シュテルがやってきたようだ。
 ┃
 ┃ 昨日、夜中に来たということもあって、さすがに少し眠そうな感じがする。
 ┃ というか、さっきは気づかなかったが、こんな子が夜半に行き来とか、大丈夫なんだろうか?
 ┃
 ┗

924 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 22:38:40 ID:VrTU34/60
夜更かしは子供の成長によくない……

925 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 22:39:40 ID:17MLQcqI0
というか子供なのに自由に区画を行き来できている?

926 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/28(土) 22:43:09 ID:JOoVZvtY0


                         Fニ:、     _,. -―‐‐- 、
 _,n--- ――――― ┬i           r\ \    ゙、 ┌┐ 、_/_ \
└る'ー―――‐‐ '''"て.)二 --―――‐‐'-:{: \ 丶  ゙: l二!/メヽ   ヽ
            ,ィ‐''''''' '''''''''' """"゙゙゙ ´  ̄`i\ \ `、,.―-、  \  !
            /ij、      __゚_        f|. \,ヘ ゙、i// i__ ,,....l
              l !i!     。 ''゙""゙ 。     i:|.   ヾト'ジ" ̄
             |. lリ                  ゙i|
            |: ||                   j:!     「おう、シュテルか、おはようさん。
                |: h               ||
               l: i!i!                ヾ,.__    昨日は無理させてしもうたの。
              Fニニi'              ___i―:ヲ
             r=!! i:k:-ァn--――‐‐ '''' "´Hi' )゙|  i:|   体調は大丈夫か?」
             「|" |l(Oi,|:|,,...........................::::::i レヾ.|  ゙:|
             ! !  ||;ゞ;;:シ--――‐ '''''i し'ィ':jll''''|.  :|
          | |  :i|ー'              |i::l:l| |:  :|
           l |  ;i|                 |i::l:i| |:  :|

 ┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ 大丈夫です。今日はどこから手をつけますか?という声に、爺さんが”体”を振る。
 ┃
 ┃ ああそうか、頭がないんだな。この爺さん。
 ┃
 ┗

927 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/28(土) 22:48:45 ID:JOoVZvtY0


                  ..........::::::::::::::::::.......
             ,...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..、
       _,,......,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:::、
   _..-''"´,...‐`:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:::::、
      ,.':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.丶:.:.:.:.:.:ヽ:.:.::::.
.     ,:':,/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:::.:.::::.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:\:.:.:.::ヽ.:.:::.
   /' /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.l:.:.:l:.:::lヽ.:::l丶:.:.:.:.ヽ.、:.:.:.:.::ヽ、:.::::!.:.:::.    「ええと、ということは通常シフトではない?
    '  ;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.!:.:.!゙:.:.! ヽ:.:.:. `ー- :.ヽ_`;,;.:.:_:ヽ:、::!.:.:::
      l.:.:.:;.:.:.:.:.:.i:.:.:.l:.:.:.::l:.:.:l'":.l´ \::.    ;゙ル;;心ヾ;`!:ヾ!:.:.::.    何をするんですか?」
     l.:.:::!:.i:.:.:.::!:.:.:.!:.:.:::l'i:.:!_,,..!.,,   ヾ、  V;;::::℃; ' !.:.:.:l:.:.::.
.      ゙:.:::!.:.l.:.::::l:.:.:.:!、:.:::l,.ゞルマヽ     ヾじ::ノ'  ,:.:.:.:.:l:.::::.
     ゙::::l:.::!:.::::!、:.:.:!ヽ::::{,.∨;::::℃,             ,:.;.:.:.:.:l:.;!:::.
       ヾ ゙:::!ヽ:l ヽ.:.i゙:::.`゙、. ヾじノ   、       /,.;:::::/:.:.:.:.:::.
        ゙::! ヾ\ヽ:!ヾ、::i:.         _ ,     //:::/:l:.:.:.:l:.:i、.
         ゙   ヾ丶:::::l::丶..           イ:::;:':/:.:.!:.:.:.:!:;' ヽ、
             ,'::;::::!::::::::!:::::::ヽ::::::::i=-= -一lー 、:::::::;l::::::;'!;'
            ,::/ !:::l:::::::::ヽ:、ー;:;:/l;;;;┌─┐;;;;l,'//∧二ニ=ヽ
             ,::/  V,.'ニニ二///,∧;└─┘;/////∧二二ニ\
           ;::'   /ニニニニ////,'∧;;;;;;;;;;;;;;//////,'∧二二ニニ≧.、
            l;' /ニニ二二//////∧;;;;;;;;;;/////////二二ニニニニ≧.、
           /ニニニニニ二\'////∧;;;;;/////////二二ニニニニ/二}
           /ニニニニニ二二二\,'///∧////////二二二ニニ/ニニ/
 ┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ すまんが、今日はこの男にこの都市を案内して欲しいんじゃ、と爺さん。
 ┃
 ┃ おいおい、子供はセントラルから出れないって言ったの爺さんだったと思うんだが、と聞くと
 ┃
 ┃ シュテルが怒った声で反論してきた。
 ┃
 ┗

928 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 22:50:00 ID:zRxUHKZQ0
合法ロリか?

929 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 22:51:09 ID:17MLQcqI0
合法ロリか!(歓喜

930 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 22:51:53 ID:q6HToAjk0
いや、現時点でセントラルに居ないって事は、シュテルは【大人】の扱いなんだろ
つまり…… 合法ロリだ!

931 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/28(土) 22:52:45 ID:JOoVZvtY0


     ―==ニ二 ̄ `丶
      ´  ̄ ̄ ̄`: : : ¨ ̄ ̄ ̄. . .
.   /: : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ
   /: :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\: : : ヘ
.  // /: : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : :ヽ : : :',   「失礼ですね。
 /   /: : : : : : : : : : ::/|: : : : : : : : :ヽ: : : : : : :ヽ
   ,': ::/: : :/: : : ::_:/  |: : : ::|: :l: :i: :ハ: : :i|: : : ::|  これでももう職業選択期なんです。子供扱いはよしてください。
    |: /|: : /:|: : ::/l/>x{: : ::八x<丁 |: ::∧: : : |
    |/ :|: : |八: :::|下¨抃 . : :| 才¨不アl: / :|Y: : :!  仕事を選ぶ時期に実地に行けなくては仕事が選べないでしょう」
    |! 八: :|l}:::\|.弋_ソ  ヾ! 弋_夕 |/: : | }: : :{
      ∨ |: : : |              }: : /|イ: : |
         |: : :人             イ: :/ソ: : : :!
         |八: ::| : ≧. .__`_  ィ7: :7::/: : : : :八
          '  \|∨\/Ⅵ-─‐ト、ハ{/|\イ:ハ{
          / ̄`Y´:::|::{二} ::|:::::|`Y´ ̄ヽ
        /:::::::::/:::::: |:∧∧:/ :::|:: |::::::::::::}
.         {===〉〉::::::|==/:::〈〈:::}===〉
         \::::::::r―─-v-──ュ::::l:::::::::::,'
 ┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ ああ、言われてみればそうか・・・。
 ┃
 ┃ 短期的な抜け穴、ってわけだ。
 ┃ つまり、彼女はそろそろ大人と認められる時期、ってわけだな。
 ┃
 ┗

932 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 22:53:36 ID:VrTU34/60
なるほど

933 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 22:54:22 ID:X99R3O9c0
シュテルんかわかわ

934 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 22:54:46 ID:17MLQcqI0
ああ子供でも大人でもない時期なのか

935 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 22:55:09 ID:niyrNOEE0
青年期か

936 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 22:57:29 ID:5o1WS3T.0
体の良い首輪か

937 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/28(土) 22:58:37 ID:JOoVZvtY0


                         Fニ:、     _,. -―‐‐- 、
 _,n--- ――――― ┬i           r\ \    ゙、 ┌┐ 、_/_ \
└る'ー―――‐‐ '''"て.)二 --―――‐‐'-:{: \ 丶  ゙: l二!/メヽ   ヽ
            ,ィ‐''''''' '''''''''' """"゙゙゙ ´  ̄`i\ \ `、,.―-、  \  !
            /ij、      __゚_        f|. \,ヘ ゙、i// i__ ,,....l
              l !i!     。 ''゙""゙ 。     i:|.   ヾト'ジ" ̄
             |. lリ                  ゙i|
            |: ||                   j:!     「できればわしが連れて行きたいところじゃが、
                |: h               ||
               l: i!i!                ヾ,.__    生体部分が露出しておらんとゲートが通れん。
              Fニニi'              ___i―:ヲ
             r=!! i:k:-ァn--――‐‐ '''' "´Hi' )゙|  i:|   わしが出れん以上、お前さんに頼むしか無いというわけだ」
             「|" |l(Oi,|:|,,...........................::::::i レヾ.|  ゙:|
             ! !  ||;ゞ;;:シ--――‐ '''''i し'ィ':jll''''|.  :|
          | |  :i|ー'              |i::l:l| |:  :|
           l |  ;i|                 |i::l:i| |:  :|
 ┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ 分かりました。ええと、どこを案内すればいいでしょう、とシュテル。
 ┃
 ┃ 昨日、概要は話しておいた、各トップには会合の際に会ってもらうので、今は希望のところに
 ┃ 連れて行ってやってくれ。今後のこともあるので、稼ぎの手段も探さにゃならんじゃろ。
 ┃
 ┃ あとは、軽く常識についてフォローしてやってくれればいい。まあ、デート気分で構わんぞ。と爺。
 ┃
 ┗

938 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 22:59:36 ID:17MLQcqI0
爺さん軟禁みたいなもんなんだな

939 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 22:59:37 ID:VrTU34/60
……警察官的な人に捕まりませんよね?

940 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/28(土) 23:05:25 ID:JOoVZvtY0


                __
             ,. -‐- :`Y,. -- .,
                / : : : : : : :´: : : : : : : `: .、
         Ο  i: イ:´: : :/: :/: : : : :、: : : : ’.   「またそういう・・・。
      ゚     l' / : : : ー-!: : : i-一: : :、: :'.
         o  。  {: {: : /:/i: !、:iヘ{ヾ: : i: : }: : :!   ゴミ爺の若いころじゃないんです。
        O      j:∧: i/Τ厂` Τ厂!j/、 : !
          O   o '  ヾハ    ,     j: }/ : i   自由恋愛とか、いまどき聞いたこともないですよ?」
     ⊂ニニヽ-、     /八    。  ,.イ:/:!:∧
      入三三∧ 0 ´ _ヘ:≧=‐=≦/j/从i. `
      `Tー≦彡゚.  ,.≪ニア不[二]ニ不ヽ
     ゚ `Yニ三彡} fニニニくニi!ニi/lニ/ニ∧≧= 、
         ヾ三彡YニニニV{{.ヘf¨i!¨7ニくニi/ニニ’.
         i.ニニニ!ニニ>!/!.。oOΟo。.ニjニニニニ゚.
          乂三>'´ rfゝ-゚8OoO0゚-イニニニニニi ソウイウコトバカリイッテルカラデシガコナインデス
 ┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ こんな子供相手にデートって、と思ったが、視線を見るとシュテルをからかっているのかな?
 ┃ もしかしたら、俺の反応を見ているのかもしれないが・・・。
 ┃
 ┃ まあ、とりあえず、セントラルとやらに行けるのは確実のようだ。
 ┃ 話のとおりなら武器は持ち込めないはずだ。装備は置いていくしか無いだろうな。
 ┃ 一応、相手が人間であれば最小限の自衛は素手でも出来るはず。なんとかなるだろう。
 ┃
 ┗

941 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 23:06:03 ID:VrTU34/60
うわー 結婚相手まで管理されてんのか

942 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 23:06:24 ID:spttfwjc0
弟子こないのかwww

943 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 23:07:02 ID:17MLQcqI0
血が濃くなるのを防ぐにはそれが一番だもんな…

944 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 23:08:00 ID:niyrNOEE0
やる夫は外から来た新しい血だから自由に相手を選べそうだ

945 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 23:10:13 ID:q6HToAjk0
つーか、強制混血政策が施行されたのって結構昔だから、ゴミ爺何年生きてんだよって話だが
義体とは言え、脳味噌は老化する筈なんだが

946 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 23:10:36 ID:spttfwjc0
>>944
むしろ相手を選べないんじゃないですかね?種馬のごとく

947 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/28(土) 23:11:29 ID:JOoVZvtY0


          ___
      _, . :≦: : : : : : : : :≧: .     ,. -- 、
  . :´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :У_:_:r― \
/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \   `
: : : : : :/: : : : : : : : ; : : : : : : : : : : : : : : : :`: .、
: : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : :、: :\: :ヾ: : : : ヽ
: : : :/: : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : :!: : : :ヾ: : : : : : : : .
: : :/: : : : : : : :/: : : : :/: :/: : : : : :i!: : :i: : : : : : : : : : :゚。  「えーと、それでは、案内することになったようですが
: :/: : : : : /斗――≠: /i: : : : ,: :ハ: : :l : : : : : : ヾ: : : :'.
: ; : : : : : i:/ j: : :/// , : : : /:/__i: :イ : : : : : : : :iヘ: : :i   行きたい場所は決まっていますか?
: i : : : : : iz=芹芯ミ、 /: :,. イ:/   !'`i : : } : : i : i'  : : !
: l: : : : : :《 l:::r:;:⊂ /:/ j/,z斧ミ、}.: :/: : イ: : !  j /   よくわからなければ、各ブロックのゲート前まで行って
:r!: : : : : :! 夊¨ ノ /´  / /:;::r' }} / : ; i: :/   /
ヘ!: : : : : :!    ̄       匁ノ /:/:/  }/       そこで見に行くかどうかを決めても構いません。」
: ハ: : : : : !         '    ハ: :´{  ノ'
/: :' : : : : !     、        . : : : {
: : ハ: : : :i\      一     人: : : {
/ } ト、: : l 、≫         . .<ィ:/i: : : '.
  /ヘ  : :i \ ≧=r≦/ィ :/ノ' !: : : :i
. /. . i∨}イ    ` ’ ヾくj/!'    ハ: :イ:l
/. . . l/,リ       / ヽ ≫x.     从 リ
. . . . ∨ヘ.    /     \i/≫ 、
. . . . . ∨/, 、 ./       j/} . . .\
. . . . . . .\//く      / /. . . . . .ヽ
 ┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ IDだけは忘れないでくださいね、と、腕輪のようなユニットを手渡される。
 ┃ 腕輪の一部にチップのようなものがついていて、小さな丸い表示部分がある。
 ┃
 ┃ よく見ると、シュテルの左手にも同じものがついており、どうやらこれがIDの役割をしているようだ。
 ┃ 
 ┃ << 次、自由発言安価です >>
 ┃
 ┗

948 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 23:11:35 ID:17MLQcqI0
>>945
既にチップに写してるんだろうね

949 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 23:12:06 ID:VrTU34/60
つってもやる夫が外から来たってのは公には秘密になるだろうしどうなるかな
まぁシュテルはもう秘密にしようがないけど

950 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 23:13:24 ID:17MLQcqI0
ティコアンダーに早速行くのはよした方が良いなw

951 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 23:14:39 ID:q6HToAjk0
取りあえずはシュテルのお勧めを聞いて、無いようだったら香港かね
金銭が流通している以上、そこが一番地上と価値観が近そうだから

952 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/28(土) 23:15:12 ID:JOoVZvtY0


              ,..-―-..,,
.             /      `ヽ
.           / ,   ー‐    ヽ
           |¨´     ,.--、    ',   「えーと、それじゃあ・・・」
   r 、      .|,.‐‐、            i
   | |     |  (__,、_) u    ,'
   | |     ',   ヽ__|    ./
.  r'―r‐、   ヽ..,,__   ,.-'" ̄>、
. ノ \l l     r‐/ |  / ,.-'"´  \
 l   ヽj、ノ     / ヽ .| ./ /  _,,..-''/´ `ヽ
 |  ヽj_/ヽ_ r'"\  ',|//_,,.-''"   /
. `l/ ./ | .|    `"''‐''"       ,i/
  {\/   .| .|           \|

 ┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ シュテルにどういう案内をしてもらおうか・・・。
 ┃ 
 ┃ << 下3〜10までの範囲で方針の選択肢を絞り、そこから再度安価で選択します>>
 ┃
 ┗

953 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 23:15:58 ID:spttfwjc0
ksk

954 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 23:16:06 ID:WXO5IQuc0
シュテルの家に行ってみよう

955 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 23:15:12 ID:spttfwjc0
これでどうだ

せっかくだしシュテルの一番好きな場所に連れて行ってくれ
俺は何も知らないから案内してる人が楽しく案内できればそれでいいさ

956 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 23:16:18 ID:spttfwjc0
せっかくだしシュテルの一番好きな場所に連れて行ってくれ
俺は何も知らないから案内してる人が楽しく案内できればそれでいいさ

957 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 23:16:36 ID:niyrNOEE0
一番行きやすいところと話しやすい相手を頼む

958 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 23:17:29 ID:q6HToAjk0
初めてのデートなんで、好みのコースがあれば聞いておきたい
無ければ、こっちの好みで行かせて貰うけど

959 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 23:18:00 ID:VrTU34/60
一番活気があるところにいきたい

960 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 23:20:48 ID:bBbmF4G20
コングヴィルブロックかな
温厚な人が多いって言ってたし、緊張せずにすみそう

961 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 23:23:04 ID:VrTU34/60
まず文化やルールを詳しく知りたいからそれらが覚えられる場所がいい

962 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/28(土) 23:23:27 ID:JOoVZvtY0
ありゃ、思ったより見てる人すくなげですかね。
次から選択肢の範囲少し狭めますね

・・・今度開始前に点呼してみよう・・・。


俺も投下しちゃえ

「とりあえず、まず食事に行かないか?どんなものが食べられるのかまず見てみたい」

963 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 23:25:22 ID:zZWO.miY0
まずは腹ごしらえ。
そのあとはシュテルにおまかせする。

964 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/28(土) 23:29:41 ID:JOoVZvtY0


              ,..-―-..,,
.             /      `ヽ
.           / ,   ー‐    ヽ
           |¨´     ,.--、    ',   「えーと、それじゃあ・・・」
   r 、      .|,.‐‐、            i
   | |     |  (__,、_) u    ,'
   | |     ',   ヽ__|    ./
.  r'―r‐、   ヽ..,,__   ,.-'" ̄>、
. ノ \l l     r‐/ |  / ,.-'"´  \
 l   ヽj、ノ     / ヽ .| ./ /  _,,..-''/´ `ヽ
 |  ヽj_/ヽ_ r'"\  ',|//_,,.-''"   /
. `l/ ./ | .|    `"''‐''"       ,i/
  {\/   .| .|           \|

 ┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ シュテルにどういう案内をしてもらおうか・・・。
 ┃ 
 ┃ << 下5 >>
 ┃ 
 ┃ 1.「せっかくだしシュテルの一番好きな場所に連れて行ってくれ
 ┃    俺は何も知らないから案内してる人が楽しく案内できればそれでいいさ」
 ┃ 
 ┃ 2.「一番行きやすいところと話しやすい相手を頼む」
 ┃ 
 ┃ 3.「初めてのデートなんで、好みのコースがあれば聞いておきたい
 ┃    無ければ、こっちの好みで行かせて貰うけど」
 ┃ 
 ┃ 4.「一番活気があるところにいきたい」
 ┃ 
 ┃ 5.「コングヴィルブロックかな
 ┃    温厚な人が多いって言ってたし、緊張せずにすみそうだ」
 ┃ 
 ┃ 6.「まず文化やルールを詳しく知りたいからそれらが覚えられる場所がいい」
 ┃ 
 ┃ 7.「とりあえず、まず食事に行かないか?どんなものが食べられるのかまず見てみたい」
 ┃ 


965 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 23:30:36 ID:spttfwjc0


966 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 23:31:30 ID:17MLQcqI0
4,5,6、どれがいいかな…

6で

967 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 23:31:51 ID:WXO5IQuc0
7 
飯である程度の文化がわかる

968 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 23:32:16 ID:17MLQcqI0


969 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 23:32:17 ID:VrTU34/60
6

970 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 23:32:53 ID:zZWO.miY0


971 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/28(土) 23:32:54 ID:JOoVZvtY0
6.「まず文化やルールを詳しく知りたいからそれらが覚えられる場所がいい」

が選択されました。

972 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 23:34:16 ID:ehL.cUxE0
7

973 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/28(土) 23:38:34 ID:JOoVZvtY0


              ,..-―-..,,
.             /      `ヽ
.           / ,   ー‐    ヽ
           |¨´     ,.--、    ',   「あー、それじゃ、
   r 、      .|,.‐‐、            i
   | |     |  (__,、_) u    ,'   まず文化やルールを詳しく知りたいから
   | |     ',   ヽ__|    ./
.  r'―r‐、   ヽ..,,__   ,.-'" ̄>、  その辺が覚えられるような場所がいいかな。
. ノ \l l     r‐/ |  / ,.-'"´  \
 l   ヽj、ノ     / ヽ .| ./ /  _,,..-''/´ `ヽ そういう場所はあるかお?」
 |  ヽj_/ヽ_ r'"\  ',|//_,,.-''"   /
. `l/ ./ | .|    `"''‐''"       ,i/
  {\/   .| .|           \|


 ┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ まあ、子供みたいな年の子をからかうのもいろいろイカンだろう。
 ┃ どうみても見た目は12〜3だ。食料なんかで成長不足なのかもしれんが15を超えてる気がしない。
 ┃ とりあえず、まずはまじめに行っておくことにする。
 ┃
 ┃ ゴミ爺の話だと、しばらくは付き合ってもらうわけだし、あんまり気分も害したくない。
 ┃
 ┗

974 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 23:39:19 ID:17MLQcqI0
紳士すなぁ…

975 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 23:39:35 ID:VrTU34/60
口説いてたら何か下がってたんかね

976 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/28(土) 23:45:53 ID:JOoVZvtY0


           _____
          /-―- : : : : \
                ヽ: : : ヽ  ______
                _}. :´: : : : : : : : : : : : : : :.`: 、
                /´: : : : : : : : : : : : : : : :\ : : : : : : \
           /: : : /: : : :´ : : : : : : : : : : : : :. : : : : : : ヽ
          / /: : : :/ : /: : : : : : :i: : : : : : : : :. : : : ‐ ― ヘ
        /: :.イ : /: :./ : /:. :.i:. :. :. :.|: : : : : :\:.ハ : : : : i : : : '  「うーん、文化やルールですか・・・。
        ///: :/:.:.:.′:.i : : i| : : : : |: : :i: :. :. :.ヾ:|:. :.: :.:|: : : : :|
         /  / : :i: : :.|:. .:.|:. :.ハ: : : : ト、: :ヽ: \:. :.|:. :.: :.:|: : : :. |  その年令で初等教育所に連れて行くわけにも
            ′:イ: :. :.|:. .:.|! /__、: : :ハ_\_:ト : ヽ |:. :.: :.:| : i : ::!
         |: / |:.:.i: :|:. :.:ハ′  \ ∧  ヾ  ヽ|: : : : :! /: :i: |  行きませんし、ライブラリはそのIDでは無理ですし。
         |/ . l : |: :|:. :.|xテ云   \ 才示卞ア:! : : : : /Y:.l! {
         {'  ハ: |l八: :.! 弋:rタ     弋:_r夕 | : : /イ }: :|::|  うーん、ちょっと悩みますね。
            }ハ: i:小    ,           イ:.:.:/: :!イ: : : {
             |ハ: ハ           / j: :/: : :| :.i: : 八  百聞は一見にしかず、という言葉もあります。
                    l:i : :..     ‐        イ: /i: イソ: : : ::{
                 从 i: :.>.、       < / イ:ハ{/|\: ∧!   とりあえず、セントラルに上がってから考えますか。」
                    \: : : : : :ー<    /' < ̄:. }/
                    ヾ:{V\|\}ハ   /:. :. :. :. : \
                           ノ} / :. :. :. :. :. :. :. :\
                          /:. :イ:. :. :. :. ´  ̄ ̄ `:. :.ヽ
 ┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ 思ったより、文化施設などは少なそうだ。
 ┃ それはそうかもしれない、閉鎖空間で育つ以上、常識を知らないということも少ないのだろう。
 ┃
 ┃ 外来者の自分にはかなり厄介なことだが、しかたがないかもしれない。
 ┃
 ┗

977 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 23:46:44 ID:17MLQcqI0
セントラルいけんの!?

978 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 23:48:53 ID:VrTU34/60
市場とかないかねぇ

979 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 23:51:09 ID:q6HToAjk0
セントラルに行けるレベルのIDでライブラリに入れないって、どんだけ過去を詮索されたくないんだよと思ってしまう

980 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/28(土) 23:53:04 ID:JOoVZvtY0


             ヽ
               ヾ、
                }:} _____
            /⌒`.:.´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
           /.:.:.:./.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:ヽ
          / イ.:.:./.:.:.:./'|:.:.:.:iヽ.:.:.:.:.:.:';:.:.:.
           / .i:.:.:.:|;.:.::/ーИ:.:.! 弋ハi.:.iリ:.:.:.!                    ____
             |/|/i!Ⅳ T:::Tヽ|T::::T }/!:.:.:.:!                 /      \
             l ! l:.:l.  Vツ   Vツ i:| }:.:.i              /─    ─  \
             /;i人"      "/!}:.:.:.:|              / (●)  (●)   \
               /イ !:.:i:>  _   </.ハ:.:.′           |    (__人__)      |
              V >"∨ハー 'ミ、/ V             \   ⊂ ヽ∩     <
               /: :ヽ:Vハ二__Vハヽ               |  |  '、_ \ /  )
                 ,く: : : : : }VハVハVハ :i                |  |__\  “  /
              V `ヽ/VハVハVハ}: :>                  \ ___\_/
             /  //VハVハVハV、´ヽ

 ┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ シュテルに促されるままにゴミ爺の部屋を出た。
 ┃ 階段を降り、シュテルに促されるまま、加圧室の扉の中へと入り込む。
 ┃
 ┃ どうやら、これで新しい世界をのぞきに行けるわけだ。
 ┃ 武器が無いことに少々危惧感はあるが、まずは見てみなければなるまい。
 ┃ 君は決意を新たに、歩を踏み出そうとした。
 ┃
 ┃ しかし、まさか、その後20分近くもシュテルと向き合ったまま加圧室で待たされることになり、
 ┃ 気まずい思いをすることになるとは予想もつかない君であった。
 ┃
 ┗

981 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 23:53:43 ID:VrTU34/60
何か話そうぜwww

982 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 23:54:32 ID:niyrNOEE0
加圧室は時間かかるから仕方ない

983 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 23:54:37 ID:17MLQcqI0
個室でふたりっきり…  ふぅ…

984 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 23:56:44 ID:spttfwjc0
20分はきついwww

985 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 23:57:00 ID:WXO5IQuc0
そりゃ戻ってくるのに時間かかりますわ

986 名無しのやる夫だお :2013/09/28(土) 23:59:08 ID:q6HToAjk0
20分もあるなら、その間にシュテルに色々聞けば最低限の常識は押さえられるだろw

987 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/29(日) 00:07:19 ID:jnqBpvZs0


                               ,. -─-  、
                               /        \
                             /             `、
                                l セントラル ハイ  l     「縦の断面図」
                                l             l
                           、           /
                                 \       /
                                  ` ー-   -‐´
                                 _,,,,..,,_
                              ,. -''"´    `゙''-、
        ,. -─-  、             ,."          `ヽ.                ,. -─-  、
        /        \          /              `、          /        \
      /             `、        ,'                  i.          /             `、
.━━━ l  他 ブロック   l━━━━━!    セントラル     l━━━━━━ l  他  ブロック   l━━━
.      l             l        ',               ,'          l             l
.       、           /         丶             /          、           /
.       \       /            ヽ            ,.'              \       /
.        ` ー-   -‐´                `'-、_      _,.-'´                 ` ー-   -‐´
                               `゙''ー-‐'''"´
                               ,. -─-  、  ←いまこのへん
                               /        \
     地中                     /             `、
                                l  アンダーピット  l 
                                l             l
                           、           /  ※実際には各球体の一部がくっついてます。
                                 \       /
                                  ` ー-   -‐´
 ┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ 加圧室を出ると、ユニット式エレベータが数台あり、その両脇に階段があった。
 ┃ エレベータで上へ向かうのかとおもってそちらへと移動しようとすると、シュテルは階段へ向かう。
 ┃
 ┃ えっ、と思って聞いてみると、エレベータは搬送出用が中心で、通常は使用しないのだそうだ。
 ┃
 ┃ ゴミ爺の弟子がこないのって、性格じゃなくて階段のせいじゃね?と思う君だったが、とりあえず
 ┃ シュテルの後を追う。
 ┃
 ┗

988 名無しのやる夫だお :2013/09/29(日) 00:08:08 ID:XXhe.UAs0
階段あって遠いのは辛いな……

989 名無しのやる夫だお :2013/09/29(日) 00:10:12 ID:gqde8eM.0
義体でもなきゃつらいわな

990 名無しのやる夫だお :2013/09/29(日) 00:11:13 ID:Js1zr2Xo0
…鍛錬にはもってこいだし

991 名無しのやる夫だお :2013/09/29(日) 00:11:17 ID:yFSPMtjc0
キッチィなあオイ・・・。

992 名無しのやる夫だお :2013/09/29(日) 00:13:26 ID:f.ai7rJA0
ゴミ爺の弟子が来ないのは、アンダービットで金を稼ぐのがほぼ不可能に近いからだと思うが
相手がゴミ爺一人じゃ商売もできんし、ゴミを売りさばこうにも他ブロックに行くのに加圧室で20分はかなり辛い

993 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/29(日) 00:14:17 ID:jnqBpvZs0


         \______/ ..::::::::;;;;;;;;;;
          . |. ..,,-〒.-、 _.|...:::::::::;;;;;;;;;;
     .      |. 「:ロ::|::ロ::|::::|.:::::::::;;;;;;;;;;
      .     |. |:::::::|:::::::|::::|:::::::::::;;;;;;;;;;;;,,,,,
.           |. |::ロ::|::ロ::|::::|:::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,
    .       |. |:::::::|:::::::|::::|::::::::::::::::;;;;;;;;;;
          . |. |::ロ::|::ロ::|::::|:::::::::::::::;;;;;;;;;
       .  _l___|_.:::゙|:::::::|:::」:::::::::::;;;;;;;;
       /=======:::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;,,,
 .     /f────‐:::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,
    .   /ト─────‐:::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;
     /. |  : : : : :.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;
 .   /[ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;,,,
.     / | . . : : : : : :.:.:.:.:.:::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,
   /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,
  ./  . . ... ..:: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,


 ┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ 7フロア分ほど上がったあたりだろうか。ついにシュテルが階段脇の扉へ手をかけた。
 ┃
 ┃ よかった、最近地下道や下水での殲滅が多かったので階段は久しぶりだったのだ。
 ┃ 恥ずかしいザマ晒す前について、本当に良かった。年をとるのは怖い。
 ┃
 ┃ 首都圏の人は気づかないだろうが、地方民に上下移動は本当にしんどいのだ。
 ┃
 ┗

994 名無しのやる夫だお :2013/09/29(日) 00:16:26 ID:XXhe.UAs0
昔は2段飛ばしで駆け上がって登ってたもんだが……

995 名無しのやる夫だお :2013/09/29(日) 00:18:37 ID:yFSPMtjc0
>>993
確かにwww
俺もそうだが、地方の人間ほど乗り物使うしなwww

996 名無しのやる夫だお :2013/09/29(日) 00:19:39 ID:d75xtNDw0
地方には必要なものが点在してるからな
都会みたいに集中してないねん

997 名無しのやる夫だお :2013/09/29(日) 00:20:32 ID:f.ai7rJA0
この世界だと、地方に階段の必要な建物なんてほぼ無いだろうしな

998 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/29(日) 00:21:19 ID:jnqBpvZs0


                   -―- 、
                  ,. -‐- 、 i ,. -‐==‐- .,
                  / -―‐-: : : : : : : : : : : : : `: . 、
                  /,. :´: :,. : : : : : : : : : : : : : : : :ヾ: : : :ヽ
                /: : /: : /: :/ j: : : : : : : : : : : : :’:, : : ゚.
                 ,: : :/: : : /: :イ: :i{: : :! : :_:_:_ : : : : : : ゚,: : :'.
             i: :j !: : / !7¨ ̄!゚.: : !{ヾ: : : : ̄¨: : : :i : : i   「私がやってみせますので、
             l:.ハ:i: :/: :l:z示沁ヾ: :!`  仍心7 : }:/ : : {
              j' ヾ: :{: :iト 匁 ソ  ヾ  匁 ソ.}:.j/!}/! : {    同じようにして入ってください。
                jヘ:ヾ!:}    、        }: : :!7ノ : {
                   j! : :.            j: : :jイ: : !:{    ゲートは一度に1人しか入れませんから、
                   /} : 人    。     i: : /: : : jヘ、
                /´]: :iイ: >         イ.:./イ/:./     信号が青に戻ってから入ってきてくださいね。」
                     ヾ{.ヘ!从z‐≧=≦‐- 、!:/ /j:/
                   `  j//i.三!//////7、  ′
              ,. -‐‐- イ77ツ//,!三!//////{ァ≫-- ..,___
             ////////j/∧///i.三!//////j!i///ハ ∨///ム
            ////Y///{//∧/,.z≠=ミ、///////イ//////∧
          rf/// / ///i≧ァ`7/ム///////,ヾ ///厶7/////////ム
          { z≦ニミ、/j/{{ {{//∧///////,イ///〃===ミ'/////ハ
          ,.z≪三7 ヽノ.!/7/∧ ∨//ハ////////イ!′三三三.ヾ////゚.
        , ≪{三三Y、ヽr'‐'/!///} }/,f´_}三ヘ//////ハ三三三三三≫-‐j
.     ////ムニ彡'¨´r‐¨ー}///j }/ {. _}三ニム/////∧三三三三三≫'
 ┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ エアロックのような頑丈なゲートにシュテルが腕輪をかざすと、手前側のゲートが開く。
 ┃ 中に入って数秒で、ゲート横の信号が青に戻り、次の入出が可能になるようだ。
 ┃
 ┃ 君もシュテルの後を追ってゲートの中へと入り、同じようにもう1方のゲートに手をかざすと、
 ┃ ドアが開いた。階段に比べ、向こう側が思ったより明るい。
 ┃ まぶしさに目がなれるとそこには見たこともない建物が立ち並ぶ街があった。
 ┃
 ┃ ついについた、どうやら、これがセントラルだ・・・・。
 ┃
 ┗

999 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/29(日) 00:23:11 ID:jnqBpvZs0
すいません、今日のところは以上です。
今回はここまでー。


今日はあんまり進めなくてすみません。
次回から街探索になります。いろいろやることが広がってくると思います。

よろしくお願いします。

1000 名無しのやる夫だお :2013/09/29(日) 00:23:12 ID:XXhe.UAs0
>>1000ならシュテルが妙に冷めてるから好感度が下がらない程度にドキリとさせたい

1001 名無しのやる夫だお :2013/09/29(日) 00:23:14 ID:Js1zr2Xo0
>>1000ならシュテルにラッキースケベ

1002 名無しのやる夫だお :2013/09/29(日) 00:23:25 ID:XXhe.UAs0
おつー

1003 名無しのやる夫だお :2013/09/29(日) 00:23:26 ID:gqde8eM.0
乙でした!

1004 名無しのやる夫だお :2013/09/29(日) 00:23:33 ID:Js1zr2Xo0
乙ー

1005 名無しのやる夫だお :2013/09/29(日) 00:24:17 ID:yFSPMtjc0
おつでーす

1006 名無しのやる夫だお :2013/09/29(日) 00:26:09 ID:OsoseVtM0
乙でしたー

1007 名無しのやる夫だお :2013/09/29(日) 00:26:22 ID:d75xtNDw0
オツー

1008 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/29(日) 00:26:35 ID:jnqBpvZs0
>>1000

了解ですー。ちょっと考えてみますね。

ペース遅いのでなかなか来ないと思いますが、一応1000単位はありで。

1009 名無しのやる夫だお :2013/09/29(日) 00:26:56 ID:f.ai7rJA0
乙でした

1010 名無しのやる夫だお :2013/09/29(日) 00:27:14 ID:XXhe.UAs0
thx 楽しみにしてます

1011 名無しのやる夫だお :2013/09/29(日) 00:28:30 ID:Js1zr2Xo0
ドキリとさせるって何をやるんだろうか

1012 名無しのやる夫だお :2013/09/29(日) 00:40:59 ID:tE5DoN7.0
乙でした。

1013 名無しのやる夫だお :2013/09/29(日) 01:15:00 ID:j4mN7/mQ0
乙でした

1014 名無しのやる夫だお :2013/09/29(日) 01:15:10 ID:NIVpPUNk0
乙ー

しゅてるんは可愛い

1015 名無しのやる夫だお :2013/09/29(日) 01:44:50 ID:PwZ1.SfE0
>>1011
銃を向けるんじゃね?

1016 名無しのやる夫だお :2013/09/29(日) 10:50:36 ID:CKhTlaiI0
乙でしたー
>>1015
それは好感度下がるだろww

1017 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/29(日) 12:24:22 ID:jnqBpvZs0
祖母の病院へ見舞いにいくまえにこっそり。

スレ立て時に、18禁にし忘れたけど、しておいた方がよかったのかなとか設定的に。

エロシーンが直接入ってるわけではないけど、喫煙、麻薬、売春あたりの人間の暗部って、
カテゴリとして、ラノベとかではあまり見ないっすよね・・・。
新書やハードカバーではあるし、あの辺も18禁じゃないから大丈夫という判断なんですが
自由度的にはその方がよかったかも。

でも、脇役は油断するとサクサク死ぬのがスカベ世界のお約束だし、こういう暗部って
描かれないと世界観的になんか片手落ちの気がするんだよなあ。
(個人的に、本家さまの蘇芳とスラムの話とか、デュエリストの売春宿に宿泊の話とか、
すごい好きなんですよねえ。いかにも荒廃世界って感じじゃ無いですか。
しかも、直接エロでなく心理描写で蘇芳の可愛さ描写してる本家様はマジ神。)

まあ、もしあったとして、エロシーンが必要になったら投下時に18禁マーク投下すればいいよね。
ティコアンダーに最初に行きたい人もいたことだし、油断はしないでおこう(棒



>>1011
腹案はあるけど、要求してみてもいいのよ?(ニッコリ

>>1014
最近サーニャいじりが多かったけど、書き出すとシュテルも可愛いですよね。

>>1015
「地上へ帰るんですか、私を置いて・・・。」
って言われながらですね。わかります。
あふれる涙をを目に貯めながらキッと見つめつつ、震える手で構えているとさらにベネ。

1018 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/29(日) 12:28:40 ID:jnqBpvZs0
・・・・・ブラウザ別けたら今度は下げ忘れるとか何なの(汗

投下時とかも気をつけないと・・・。

1019 名無しのやる夫だお :2013/09/29(日) 12:30:24 ID:XXhe.UAs0
暗い描写は題材が題材だけに大半の読者は織り込み済みだと思うけどな
というかもう既に色々書いてますよね 過去とか

1020 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/29(日) 13:10:03 ID:jnqBpvZs0
>>1019
そう言っていただけると助かります。
暗い題材自体は、やりたいテーマ的に回避できないですから。

本作自体のニーズは少なそうですが、好きで書いてるので、それは仕方ないです。
あとは読んで頂けてる皆さんに気に入っていただければそれでいいかなと。


ただ、創作である自体は、読んでいただけるお客さんが増えると嬉しいですから、
少ないニーズをがっつりつかめるように、より来てもらいやすい取っ掛かりの方が
いいかな、位の試行錯誤です。

「深海」「スカベンジャー」ってことだけでこういうタイトルにしましたが、もう少しだけ
考えた方がよかったかなーって思わないでもないです。
スレ立て自体初めてだからいろいろ試行錯誤が必要なのは当たり前ですけどね。


※ 最初、海上舞台案のときは「主人がオオアリクイに殺されて1年が過ぎました」
  スレみたいな完全に釣り寸前のアホな名前を考えてたんですが・・・
  今考えるとそこに行かなくてよかったかも・・・。

1021 名無しのやる夫だお :2013/09/29(日) 14:03:48 ID:UBa33vww0
ん〜パラノイアくらいの統制社会なんだべか?

1022 名無しのやる夫だお :2013/09/29(日) 16:14:01 ID:KfMqW7IY0
別に>>1はsageなくてもいいんじゃよ

1023 名無しのやる夫だお :2013/09/29(日) 17:52:32 ID:Js1zr2Xo0
>>1017
好感度を下げない程度のラッキースケベ…!あかん書いてて俺も分からんようになってきた
というか別に18禁とかはつけなくても問題ない。スカ二次ってスレタイの後ろについてるけどあんな感じ
ここではこういうことやりますよーという識別マーカー的な?つけたことに越したことはないが

1024 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/29(日) 21:17:33 ID:jnqBpvZs0
夕食完了。よその投下を見ながらネタ本ちらちらしつつ。

日曜は見舞いで結構メンタルを消耗するので、投下は明日だと思います。


>>1021
パラノイア、大好きです。一部、ネタ元の一つであるのは否定しません。
ただ、背景世界が異なるので、次のクローンも、コンピュータ様ここにはないかと。

だから、その疑問は各キャラごとに聞いてみるしかないし、キャラごとに感じ方が異なると
思います。よって、その質問にはYesともNoとも言えないですね〜。



>>1023
好感度が下がるとは、対象キャラの意にそわない形で何かを強行した際に起きる現象です。
つまり、最悪でも不可抗力と認めさせるか、最良の場合、それが必然であるように思考誘導できれば・・・。

方法はいろいろありますよね(ニコッ

1025 名無しのやる夫だお :2013/09/29(日) 21:19:36 ID:XXhe.UAs0
了解

1026 名無しのやる夫だお :2013/09/30(月) 00:19:01 ID:XN3z10VE0
人それぞれ感じ方が違っていられるなら真っ赤っかってわけでもなさそう

1027 名無しのやる夫だお :2013/09/30(月) 20:18:27 ID:PiM8h7W.0
そろそろステンバーイ、ステンバーイ……

1028 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/30(月) 21:30:45 ID:jsE6v/Uo0
こんばんわ、これから準備します。

あと32分くらいですね。

21:55分くらいに点呼して、22時ちょうど〜5分位にはじめたいと思いますー。

>>1027
スタンバイ早すぎワロタ

1029 名無しのやる夫だお :2013/09/30(月) 21:33:10 ID:ejGwLskI0
待機

1030 名無しのやる夫だお :2013/09/30(月) 21:43:11 ID:VaIKu.g60
ハアク

1031 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/30(月) 21:57:35 ID:jsE6v/Uo0
                __ __
              /..::::::::::::::::::::::::..`ヽ
            ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:',
            |:::::|:::::ト,,ヘ:::::.ll:l:l:::l:::l::l::|
            |:::::|:::::|  -ヽjl从ハノリ:::| 「はーい、可愛いイリアちゃんが点呼ー」
            |:::::|:::::| ≡    ≡〈:::.!
            |:::::|:::::とつ 、__,_, ⊂つ
            |:::::|:::::ト  _ __ イ.::|
            |:::::|:::::|Y \/OVヽ |::::|

1032 名無しのやる夫だお :2013/09/30(月) 21:58:26 ID:ejGwLskI0


1033 名無しのやる夫だお :2013/09/30(月) 21:58:39 ID:tGCAuLRo0


1034 名無しのやる夫だお :2013/09/30(月) 21:58:44 ID:3zIHD1ns0
イナイヨー

1035 名無しのやる夫だお :2013/09/30(月) 22:01:41 ID:XN3z10VE0
hai

1036 名無しのやる夫だお :2013/09/30(月) 22:02:04 ID:7p/a1HCM0


1037 名無しのやる夫だお :2013/09/30(月) 22:02:51 ID:RF0rtk7I0
ノシ

1038 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/30(月) 22:05:35 ID:jsE6v/Uo0


          ______  ___
          |<ヽ、>´ `'''''''''''''‐-、
             !7 /          `、
           V _,,,/´レ'7 i    、 ̄''-.,_
         /,r /__`  ,! _,! ,!i. i  i''''''''z-`!     「それじゃあはじめまーす。」
        / '´,イ/,r。! / /l`7,!l ,!  l_,,r、! ,/
    _,r‐''´ _,r'7’/ i_,/  '´ ,r'‐、レ!   !_,,r‐'’
   ,r"  _,r'´,r'´ i、 、___  iー' ,ノl,! ,' ! l
  レ! ,r'´ ,r'    `、 ! ,ノ  ̄/´,.' ,l /
   レ'  / , '   ,'  `┬‐‐‐,r'′'  / ! l
       ! ;    ;  /'7‐''7'´   _,,/,,ノ `ー----‐‐''''ヽ、
       ヽト、 _,,r‐'''ヽl_,r'´,r‐<'´ ̄       '´ ̄`<
        <,r'  / |':.レ'7   ヽ             ,!
         `ーi /:.:l.:.l     ヽ kー--..,,_     i、 ,!
          |'´:.:.:.:`ヽ      ヽー、`ヽ、 `ヽ、  l `
            !:.:.:.:.:.:.:.ヽ    ヽ  Yヽ!   ヽ  ,!

1039 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/30(月) 22:08:19 ID:jsE6v/Uo0


''''''-ー'⌒ -ーー''~.: .:::.. ... :. .:::::: ::.... .::::..... ...:::.. ... ....::::. ... :. .:::::: ::.... .::::..... ...:::.. .
::: ::.... .:: ..... ...:::.. ... ....:::::... ...: :.... .::::..... ...:::.. ... ....:::::... ...|.: .:::.. ... :. .:::::: ::.... .::::..... ...::
..: .:::.. ... :. .::.... .::::..... ...:::.. .... ...  ..: .:::.. ... :. .:::::: ::....:.|| .::::..... ...:::.. _ - '''''' -- __
:.....:::.. :..... ....: ::. . .. . .    .... ...:::.. .......  .....:::...   ... :|.|. ... :. .::::::(,,,_ -ー''''~ ̄
.... .....:::... ...:     . .  ..   ........  .....::: ___  __| | ...:: :.... .... ....  .....:::.
:::...  ...:: :....      .       ....  .....:::|.」.| .| 」| |...: ::. . .. . .    .... ...:::
                           _| .|-l .| .|: l⌒l‐┐
..::                         |_ |     | | |  |_ .|.... ....  ..
                         l | .|    | ̄| | :|  | l |
: :.. ....                        l | .|    |  | .| |  | l | ,,| ̄ ̄ ̄
F√i-ュ| ̄|明-ュ| ̄L―┐-ュFl-ィニニユ 「 ̄|二日lニ|ロ-丑-┐「ニ´t|
┴「lllニl日|‐| ロ||-ュ! /ィ| ̄L―┐liュFl-ィニニユL―┐-ュFl-
l⌒l,,「 ̄|二日lニ|ロ ┐‐| ̄|―‐i=‐i二≡¬=ョl-t ̄'l「三
|  | ,.゙''l´.l三三l.;ii']二‐ll|l「.ii]二‐ァ士―ヨ ̄l-「ニ ̄l-「二
|  |   | |"l^l'「_ニltヒ'゙H冒+ュ| ̄l―‐i=‐i二≡l√ ̄|lュニ
|  |  |_,,|_,|,,|_|_|
 ┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ 目の前に広がる光景の大きさに君は目を見張った。
 ┃ 半球状のドーム、そして、その天井部分には青い空の風景が広がっている。
 ┃ 青い空だけを見れば、昨今地上でもあまり見ることが出来ないほどの高い空だ。
 ┃ 惜しむらくは、その2割ほどは、空を写しておらず、セラミックのような白灰色だけを映し出している
 ┃ ことだろうか。
 ┃
 ┃ その白灰色はデジタルノイズのように、薄く、しかし空全面に広がっている。
 ┃
 ┗

1040 名無しのやる夫だお :2013/09/30(月) 22:09:13 ID:ejGwLskI0
風景を写してるのか?

1041 名無しのやる夫だお :2013/09/30(月) 22:09:33 ID:RNVxoeSs0
おっと離席してたら始まってた
ダー ノ

1042 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/30(月) 22:16:21 ID:jsE6v/Uo0

                  〃⌒
               ー=ミ{ __
             ,. . : :¨¨^: : : : : : : : : : : : .
           /: :/. : : : : : : : : : : : : : : : : : .
              /'´/: : :/: /: : : : : : : :\: : \: : : ,
              ,. : /: /: /__ /: : :| : : : : \: : :', : :′ 「ようこそ、セントラルへ。
           : :./: /: :´: :/:{ : : |: : ‐-: : :`、 : : : |
           |: : : i : x==ミ{ : : ト、:ヽ: : :`: `、 : |   ここが、私達の街の中心です。
           |八: |ハ{ ヒう ヽ\ r示ミ : |\}: !
             ノ\: \:::.  ,    ゞ-'|: :|〉: : : :k:.  今日は珍しく晴れ設定だったんですよ。
             / |:/: 八   、       |: :ヽ: {: :{ ヽ
                |′{: : : .     ´   イ: :|\「\}   久しぶりなんです。」
                    {\{ r}___-=≦_:/{ヽ:|  `
                __r‐}::::|:::|:::::::::}
                -=//::|:::┌―┐:::/\‐-....
             /.:::::〈〈:::::|:::└―┘,:::::::〉〉:::::::::::..
.          /.:::::::i::::_>〈=ミ、__::/.:r<.:::::::/.::::::.
         /.:::::::\|:::{「::::::∨::::::/.:://-‐.::::::::::::::::|
          〈__彡 ⌒|:::::.f´ヽ:__::ニ=-.::r=======ミ、.:::|
.          \.:::::::::|:::::::〉 ー{ }-‐  }:|::::::::::::::::::::::} }__|
             ヽ-‐|::::::{___ノ::}ー=彡::., .:::::::::::::::::::ゝ=|
           〈::::::∨::}  / :}  }::::::〉.:::-‐‐-.::::/
.             |::::::::Ⅵ/|:|::ヽ/::::::::}-‐::::::::/   ドヤァ
 ┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ シュテルの話によると、はるか昔に設定された季節の割合に添って天候映像が投影される
 ┃ 仕組みなのだという。今は5月末・・・確かに、地上でも雨が多い季節ではある。
 ┃ 映像自体も当時のこの付近の海域の天気をそのまま、街の上空に映写しているのだそうだ。
 ┃
 ┃ ただし、上空の風景自体、給電状況によるため、時期によっては完全に灰白色だけの時期も
 ┃ あるのだという。
 ┃
 ┗

1043 名無しのやる夫だお :2013/09/30(月) 22:17:01 ID:ejGwLskI0
ドヤ顔可愛い

1044 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/30(月) 22:25:47 ID:jsE6v/Uo0

        ___
     /      \
   /⌒   ⌒   \
  /(● ) (● )   \
  | ⌒(__人__)⌒      |   「うん、確かに良い風景だお」
  \   `⌒ ´     /
    /            ⌒ヽ
  / _        /  |
  '、__ヽ (  ̄ ̄ _/
  /   \  / ̄ ̄ヽ  .|
  |   、   |      |
  、   \__|    | /
   \_  |  | _ /〜´
   (__/  (__)


 ┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ 実際には映像でしか無いため、透き通るような青でも、明るさは地上の同じ時期の7割も行けば
 ┃ いいほうだろう。むしろ、暑さがないぶん、過ごしやすい、といえるだろうか。
 ┃
 ┃ ゲート脇から続く傾斜部分に作られた高台の上に上り、さり気なく腰掛けながら、あたりを見回す。
 ┃ 現在立っているのは、外周の傾斜部分の7分目ほどの位置だ。
 ┃
 ┃ 外周部分に一定距離ごとに設けられた幾つものゲートと、そこから中心に向かう大通り、そして、
 ┃ その通りがそのまま上へと伸びていくような形でドーム中央部に作られた塔状構造物。
 ┃ おそらく、アレがセントラルハイへの出入口になるのだろう。
 ┃
 ┗

1045 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/30(月) 22:36:48 ID:jsE6v/Uo0


         .  ´. . . . . . ヽ: : : : : : : : : : : : : `丶_
      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::\
     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
.     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .ヽ
    /: ::/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : : : : : : : :Y
.   /: :イ: : : : : : :/: : ::/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : : .'
  ///: : : : : ::/: : ::/: : : : : : : : : : : : !: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|   「見て分かる通り、外周沿いに作られている
. /   ′: : /: ::|: : : :|: : :/: : :|: : : : : : :|: : :|: : : : : : : : ハ: : : : : : : :|
   |: : : /: : ::!: : : :|_: :ハ: : i|: : : ::|: : :ト、: |\: : : : : : : !: : : : : : : :!    ここ以外の6つのゲートが各ブロックへの
   |: : ::|: : : :|: : : i|: :≧ 、λ: : :∧: :|x-‐ヽ \: : : : ::|: : : : : : : :|
   |: : ::i: : : l|: : : :x≠==ミx . : :ハ ヽ x==≠=ハ: : : ::|: : : : : : : :|    出入り口になります。」
   r‐ 、.|: : : :|八: :{l、f::J:抃. \∧   伝Ji:勿 }i : : ト、: : : : : ::|
   ヽ ヽ.: : :i|: ::\ ∧こツ   \.   ∧こツ |: : : | }: : : : : .'
.     .ハ  V : i|: : : : ヾ    ,            |: : : |ノ: : : : : : {   「中央の塔の周辺は子供たちのための施設が
     |  | \|: : : : : |                 /: : :/: : : : : : : 八
     |/ __\/´`: 个     マ ̄}      .ィ: : :/: : i: : : : :/    集中していますが、年を取るごとに外周へと、
.    .ノ/  `i \/.: 丶: `. 、         イ./: :/: : /|: ∧/
   /´ -─┐|、___).{∨|: :! : : l≧-‐ ≦.__./ イ'|: :/|/ :}/       移動していきます。」
  /´    ,. }ノ:: }   ∨\/|_} ┃┃     {ト、/__      -─-、
  {    イーノ::  V Y´ ̄ ̄Ⅳ {二二二}:   ./::::::::::: ̄}`Y´ :::::::::::::::`ヽ
   \  `ヽ:::.::::::::i // ::::::::: |:  ┃┃:   ./:::::::::::::::: //:::::::::::::::::::::::::::: \
    \   ヽ  ハ . :::::::::::::|/\/\_/:::::::::::::::: //::::::::::::::::::::::::::::::::::::: モチロン,オトナモイルンデスケド,ヨルハコドモダケデス

 ┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ ここ以外のゲートは全て大通りに面している。
 ┃ それに対して、このゲートのみ、エレベータらしき円筒形の張り出しが上空と左右へと伸びていて、
 ┃ 途中でいずれも空の風景の中に消えている。
 ┃ おそらく、セントラルハイ及び、何処かのブロックへの資材搬出用のルートなのだろう。
 ┃
 ┃ どの外周に移動するのは職業訓練等際、どこへの進路を選ぶか、という意味合いもあるそうで、
 ┃ 実際、ゴミ爺の手伝いをしているシュテルの家はこのゲートの近くにあるのだそうだ。
 ┃
 ┗

1046 名無しのやる夫だお :2013/09/30(月) 22:38:38 ID:ejGwLskI0
へぇ 年齢で分かれてるのか

1047 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/30(月) 22:41:21 ID:jsE6v/Uo0


               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \   「なんというロリの楽園・・・・」
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \


 ┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ 驚いて子供だけ?と聞き返すと、家族への面会者用の宿や、そうした方向けの手助けをしている
 ┃ 市民の方は居ます、と帰ってきた。
 ┃ ただ、基本的には夜出歩くことは出来ないので、子供だけ、と言っても過言ではないそうだ。
 ┃
 ┗

1048 名無しのやる夫だお :2013/09/30(月) 22:42:06 ID:7p/a1HCM0
つまり中央に行けば行くほどロリが居ると…

1049 名無しのやる夫だお :2013/09/30(月) 22:42:26 ID:ejGwLskI0
子供一人で生活してんのかな

1050 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/30(月) 22:51:18 ID:jsE6v/Uo0


                   -―- 、
                  ,. -‐- 、 i ,. -‐==‐- .,
                  / -―‐-: : : : : : : : : : : : : `: . 、
                  /,. :´: :,. : : : : : : : : : : : : : : : :ヾ: : : :ヽ
                /: : /: : /: :/ j: : : : : : : : : : : : :’:, : : ゚.
                 ,: : :/: : : /: :イ: :i{: : :! : :_:_:_ : : : : : : ゚,: : :'.   「とりあえず、上がってきたんですし、
             i: :j !: : / !7¨ ̄!゚.: : !{ヾ: : : : ̄¨: : : :i : : i
             l:.ハ:i: :/: :l:z示沁ヾ: :!`  仍心7 : }:/ : : {    まずはセントラルと各ブロックの入り口辺りを
              j' ヾ: :{: :iト 匁 ソ  ヾ  匁 ソ.}:.j/!}/! : {
                jヘ:ヾ!:}    、        }: : :!7ノ : {    回ってみるとして・・・、要望通りだと、
                   j! : :.            j: : :jイ: : !:{
                   /} : 人    。     i: : /: : : jヘ、   文化やルールが解る場所、ですよねえ・・・。
                /´]: :iイ: >         イ.:./イ/:./
                     ヾ{.ヘ!从z‐≧=≦‐- 、!:/ /j:/      うーん、どうしましょう。
                   `  j//i.三!//////7、  ′
              ,. -‐‐- イ77ツ//,!三!//////{ァ≫-- ..,___  ごめんなさい、いい方法が思いつかないです。」
             ////////j/∧///i.三!//////j!i///ハ ∨///ム
            ////Y///{//∧/,.z≠=ミ、///////イ//////∧
          rf/// / ///i≧ァ`7/ム///////,ヾ ///厶7/////////ム
          { z≦ニミ、/j/{{ {{//∧///////,イ///〃===ミ'/////ハ
          ,.z≪三7 ヽノ.!/7/∧ ∨//ハ////////イ!′三三三.ヾ////゚.
 ┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ 昼間は大人が結構いるので、それなりに目立たないと思うが、顔見知りもいるので、中心部へと
 ┃ 向かうのはまずいかもしれないそうだ。
 ┃ 彼女いわく、彼女自身も少々変わり者と思われているそうで、目立つかもしれないという。
 ┃
 ┗

1051 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/30(月) 22:54:21 ID:jsE6v/Uo0

     ____
   /      \
  /  ─    ─\   「ふむ、それじゃあ・・・・」
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


 ┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ 目の前の景色を眺めながら、どうしようか考える。
 ┃ 
 ┃ << 次、選択安価です >>
 ┃ 
 ┃
 ┗

1052 名無しのやる夫だお :2013/09/30(月) 22:54:32 ID:qy6pAOVI0
夜はロリしかいない……だと……

1053 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/30(月) 23:02:10 ID:jsE6v/Uo0


     ____
   /      \
  /  ─    ─\   「ふむ、それじゃあ・・・・」
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

 ┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ とりあえず文化やルールということなら・・・・。
 ┃ 
 ┃ 1.まずは流通だ。市場や商店で手に入る物を見てみるべきだろう
 ┃ 
 ┃ 2.まずは食い物。食料事情を確認しながら他の人達の話に耳を傾けてみるとかどうかな?
 ┃ 
 ┃ 3.まずは情報だ。ゴミ爺だけでなく、シュテルにも落ち着ける場所で話を聞いてみよう。
 ┃ 
 ┃ 下5
 ┃ 
 ┗

1054 名無しのやる夫だお :2013/09/30(月) 23:03:24 ID:B8gCjs4k0


1055 名無しのやる夫だお :2013/09/30(月) 23:03:55 ID:RNVxoeSs0
3
今絡まれるのはちょっとまずい

1056 名無しのやる夫だお :2013/09/30(月) 23:05:33 ID:tGCAuLRo0
2

1057 名無しのやる夫だお :2013/09/30(月) 23:07:18 ID:RNVxoeSs0


1058 名無しのやる夫だお :2013/09/30(月) 23:07:18 ID:qy6pAOVI0


1059 名無しのやる夫だお :2013/09/30(月) 23:07:19 ID:XN3z10VE0
3

1060 名無しのやる夫だお :2013/09/30(月) 23:07:20 ID:ejGwLskI0
3

1061 名無しのやる夫だお :2013/09/30(月) 23:09:44 ID:ejGwLskI0
これまずくね? 中心部の方に向かうんじゃ

1062 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/30(月) 23:10:06 ID:jsE6v/Uo0
「1.まずは流通だ。市場や商店で手に入る物を見てみるべきだろう」

が選ばれました。

1063 名無しのやる夫だお :2013/09/30(月) 23:12:07 ID:k33KqtXQ0
よし、じゃあスニーキングショッピングといこうか

1064 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/30(月) 23:16:57 ID:jsE6v/Uo0


               ____
              /    \
              /          \   「まずは、ここでどんなものが手に入るか、
            / ⌒    ー    \
             |  (●)  (●)    |  その辺が知りたいんだけど・・・。
            \  (__人__)    /
              /   `⌒ ´   イ`ヽ、  ここの人たちはどのへんで買い物とかしてるの?」
         , '     ` ̄          \

 ┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ 何をするにしても、まずは流通網を調べる必要がある。
 ┃ まずは食料の確保が必要だし、その次には宿泊先の問題もある。
 ┃ 更に、何かの際に備えて、武器防具なども見当を付けておかねばなるまい。
 ┃ 中ででっち上げられるような物を見つけるか、あるいは、武器自体を購入するルートを探さねば
 ┃ 最悪の場合、自分の命を失うことにもつながりかねない。
 ┃
 ┃ 少々のリスクを負っても、この辺を調べることは先々のアドバンテージにつながるだろう。
 ┃
 ┗

1065 名無しのやる夫だお :2013/09/30(月) 23:17:00 ID:7p/a1HCM0
とりあえず暗闇でも目立たない服を買いたいな!

1066 名無しのやる夫だお :2013/09/30(月) 23:20:44 ID:ejGwLskI0
やる夫お金持ってないんじゃないかな

1067 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/30(月) 23:31:27 ID:jsE6v/Uo0


                  __
            __   ,..ィ´:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.<
          ,.ィ:.:.:.:.`´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
           /ィ:.:.:.,:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:',:.:.,
          /:.:.:;.:.:.:.:.:ハ:.: :.:.:.:.、:.:.:}ヽ:.:.:.:.:.!:.:.',
            /:.:.:.:i:.:.:.:-|=}ハ:.:.:.:.:.:.',ィ芋ミ、:.:.:.ハ:.:',  「えーと、それじゃ、セントラルのショッピングストリートですかね。」
          ,:.:/:.:.!:.:.:.:.:.!ィ芋ミ、:.:.:.:.:i!:::i:::V:.:.;:.:.!:.:i
           |/|:.:.:.|:ハ:.:.〃i:::!::} \;,;,代:ソ j/:.:.:|:.:.|
             ';.:.:ヾ:.ヽヾ ゞソ  '    イ:.:.:.:.|:.:.:!
             ';.:.ト,:\:.:ゝ         !:.:.:.:.!:.ハ! 「ショッピングストリートは日用品や各種機関の窓口とかが
            ヾ }:.:.ハ r.、 ,ィr_っ  /:.:.:./:/
             乂:.:!:∧∨ /__,ィイ/i:./ハ{    集まってるところで、持ち込み規制品以外の生活用品は
               ヘ:.{ } i i .ノノ===!'
            ,. -‐- 、 -',.! i' /- 、::::::}ー、     ほとんど手に入ります。」
                i:::::::::::;:::::}::::ヽ::`ヾ⌒::::::!:::::ー-、__
            j::::,r-''::::::!___ハ:::::::}´ ミソ::::::::::::}::::ヽ
               ,::::○':::::::::r≦三三ミ:::く:::::::::::::/::::::::',
            /::::::::::::r==::|::::::{○}:::::::::::i::::::::{`:::::::::::::',
 ┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃             SeaHongKong
 ┃ キャッシュがあれば、海 香 港のアーケードと呼ばれる通り一帯が一番品が揃っているそうだが、
 ┃ あそこには賄賂が払える程度の手持ちがないと、ちょっと危険、ということらしい。
 ┃
 ┃ 日常品でも市場の見当をつけるのは出来るだろうし、まずはそこでウインドウショッピングといこう。
 ┃
 ┗

1068 名無しのやる夫だお :2013/09/30(月) 23:33:36 ID:ejGwLskI0
仕事見つけないと……

1069 名無しのやる夫だお :2013/09/30(月) 23:39:35 ID:1j7DzmiQ0
いっそシュテルの紐になろう

1070 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/30(月) 23:40:57 ID:jsE6v/Uo0


     ;;;\\B A R ヾ;;;;((;;;;;/;;;ヽ;;ゞ
\      :\|λλ鄯στη ||i;/;));ヽ;;ゞ
   ̄ ̄| ̄ ̄          ;;||;;;ヽ;;ゞ)     |
__    ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ゞヽ ;;;i(;;;|
 |;;|     ヾ;;;ヽ;;ゞ//;;;ヽ;;ゞ|\  |    ヾ;.ヾ|
 |;;|    ___ヾ;i;/;;;ヽ;;;ゞ | |;|  |       i|
 |;;|    | kosti |l );l;;     | |;|  |       l| .;/|   ;;;|
 |;;|    | spata |li;/;;;ヽ;;;ゞ  | |;|  |       i| ;|| |   ;;;|
 |;;|    |palama|l;;;ii;;|ヾ;ソ  | |;|  |       l| ;|| |   ;;;|
 |;;|     ̄ ̄|''ヾ ;l/;;    |/./__i__./_\__i...\|| |   ;;;|
 |;;|     ..::;;;|         /_ノ__/___l, ___i___,,\;|   ;;;|
===i       | ̄||    | ̄||  _...../____l, ___i__...ヽ__.ヽ  :::::|;;;;
;;ニi二二二l   |  ||_===|__/____i__...../____l, ___i___\__|;;;:..
;;;;;;;,ニi二二二l |l ̄l|  l| _,||,_ l| ____i__...../____l, ___i__...ヽ____,,\''''
_____ニi二二二l__/____l, ____i__...../____l, ___i__...ヽ____l, ____i__ヽ_,, \
_/_____l, ____i__...../_____l, ___i__...ヽ_____l, __ヽ____l, ____i__...ヽ____l,,ヽ
  ;;l, __...../  l,   i;;.  ヽ_ l,   ヽ   ) ;;; i  ヽ  )  / ;;;;
____l, ____i__...../_____l, ___,,i__...ヽ__,,,l, __ヽ____l, ____i__...ヽ_,,,,i__...ヽ__,,,


 ┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ 連れて行かれたのは海香港からタワーへ続く大通り沿いの一角だった。
 ┃ シュテルの案内にしたがって、後ろに続く。
 ┃ 町並みはこざっぱりして綺麗だ。やはり子どもたちの姿が多いが、思ったよりは大人の姿も多い。
 ┃ 薄汚れた町並みしか知らない自分には驚異的にも思えるが、昔はこれが普通だったのだろう。
 ┃ 気になるのは街角のあちこちに、軽量級の警備ロボらしい姿が目につくことだ。
 ┃
 ┃ つい気になって見入ってしまうが、現地では珍しいものではないらしく、みんな気にせず通り過ぎて
 ┃ ゆく。地上でああいうのとよく銃火を交えていた身としては、どうしても気になってしまう。
 ┃
 ┗

1071 名無しのやる夫だお :2013/09/30(月) 23:46:27 ID:k33KqtXQ0
戦火にさらされてない生きた遺跡だもんなー

1072 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/30(月) 23:52:41 ID:jsE6v/Uo0


           __    , .-―-. 、
         ': : : : : : : : : `Y < ̄ ̄`ヽ
        /: : : /: : : : : : : : : : : \
      /: : : : /: : : : : : : : : : : : : : : :`、
       ': : : : /: : : : : : : : : : : : : : :\: : .
       |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :| |\|
       |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :レ'  }  「えーと、私がよく使ってる生活用品あたりなら、
       |: : : : : : : :l: : : : : : : : : : : : :|
       }i: : ::i : : : |: : : : : :l : : : : : : |     このへんがお安い感じですね。
     八: : i|: : : :|: : : : : :!: : : ::i|: :ハ
.    /. ヾ{∨\ |ハ{\: :Ⅳ\/レ′     ゴミ爺に頼まれて買い物に来るので、値段にはうるさいんです。」
       /  ̄`   ヽ' ̄\
      ∧∧∧∧∧∧∧∧∧
      ,':..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..',
       |:..:..|:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:|:..:.|                   あれ?シュテルじゃないの?>通行人
 ┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ 商品のほとんどはポイント制で値段が付けられているようだ。文字については、おおよそ現在の
 ┃ 皇国語でも8割程度は読み取れる。といっても、だいぶ変わってしまっている文字も多いようだが。
 ┃
 ┃ 数字もアラビア数字なので、これなら、慣れればすぐに買い物くらいはこなせるようになるだろう。
 ┃ 並んでいる商品も、知ってるものがかなりの割合であった。
 ┃
 ┃ といっても、流通している品で地上と共通している商品の多くは1000年前のプラント生成品なので
 ┃ 当たり前の事なのだが。これなら、あり物を流用して簡単な武器をでっち上げるくらいは出来そうだ。
 ┃ 問題はいまのところ収入の宛がないことくらいだが・・・・。
 ┃
 ┃ そう思いながら、街並を歩いていると、不意に、シュテルに声をかけて来た人物が居た・・・。
 ┃
 ┃ << 次、シュテルの知人安価 >>
 ┃
 ┗

1073 名無しのやる夫だお :2013/09/30(月) 23:55:53 ID:GRxGcBAY0
木之本桜(とらハ)

1074 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/30(月) 23:57:32 ID:jsE6v/Uo0

: : : : : : : : : : |: : : :/: : : : : :.|: : : : : : :イ: : : :ハ: : : :}: : : : : |: : : : :|
:/ : : : : : : : : |: : :/: : : : : : :.|: : : : /,}斗:ナ' ̄}: : ハ: : : : :.!: : : : :!
:!: : : : /: : : :/ /、: : : : : : :|: : //ムイ_ ; : /: : : : : :.|: : : : :|
.|: : : :/: : : :/: : :!ヽ: : : : : :.|/.x≦ニイ ミ、/: :/ : : :}: : : ハ }: : }
.!: : :/: : : :´ : : : /: ト、: 、: : : { ' V:::i;:::|  ムイ: : : :; : : /  }ハノ
.| : /: : : : : :!: :./: :/: :!: \: :.ト.  乂!ノ_ ,   {: : : /: : /
.|: :|: : : : : : |: /: :/: : |: : : :\: :',         、: /: :_/
.|: :|: : : : : : |/.: / : : :i : : : : :.l` :ゝ        ヽ ´
.|: |: : : : : : i: :./: : : ;.' : : : : : |             ,イ
丶|\: : : : |V}::.ィ::∧: : : : :.i |       -‐_、 ,ハ:|
.   \∧|ノレ_レ'.=ミ 、 : : トi     .__ ∠´:_|!
   厂:.:.:リ:.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.ヽ: トj  ,. ´:.:.:.:.:.:.:. ̄:.:`.ヽ
  ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´:.:.:/ヽ|./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\

 ┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ 振り返ったシュテルがほんの少しだけ嫌な顔をする。
 ┃ どうやら、あまり得意ではない人物のようだ。
 ┃
 ┃ << 性格悪そうなシュテルの知人、下1〜4から選びます >>
 ┃
 ┗

1075 名無しのやる夫だお :2013/09/30(月) 23:57:40 ID:ejGwLskI0
ざんげちゃん(かんなぎ)

1076 名無しのやる夫だお :2013/09/30(月) 23:57:54 ID:1j7DzmiQ0
篠ノ之束(IS)

1077 名無しのやる夫だお :2013/09/30(月) 23:57:58 ID:RNVxoeSs0
首輪付き獣

1078 名無しのやる夫だお :2013/09/30(月) 23:58:22 ID:zzfWSbVg0
なのはさん

1079 名無しのやる夫だお :2013/09/30(月) 23:58:31 ID:GRxGcBAY0
>>1073
なのちゃんから変更途中に盛大にミスりました…orz

スクルド(ああっ女神さまっ)

1080 名無しのやる夫だお :2013/09/30(月) 23:58:35 ID:7p/a1HCM0
ブラックホール(キン肉マン)

1081 ◆2cVO3ZAKAY :2013/09/30(月) 23:59:30 ID:jsE6v/Uo0
ざんげちゃん(かんなぎ)
篠ノ之束(IS)
首輪付き獣
なのはさん

からですね。んじゃ、さすがに獣さんはないとして、この子にしましょう。

1082 名無しのやる夫だお :2013/10/01(火) 00:00:20 ID:wuPrg/CE0
さて一悶着ありそうだがどう切り抜けよう

1083 名無しのやる夫だお :2013/10/01(火) 00:00:21 ID:cIQir7oM0
「性格悪そうな」で安価破棄したぜチクショウ!

1084 名無しのやる夫だお :2013/10/01(火) 00:01:06 ID:qdvuH1mY0
む、無念……(ガフッ
俺はあきらめんぞ……

1085 名無しのやる夫だお :2013/10/01(火) 00:01:49 ID://X5jk2E0
その手のあるキャラの名前を打ち込むのに時間喰うw

1086 名無しのやる夫だお :2013/10/01(火) 00:02:52 ID:xq8zI2vU0
性格の悪そうなが案外足かせだよな今回w

1087 ◆2cVO3ZAKAY :2013/10/01(火) 00:10:16 ID:oq2NoCh.0

     /::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::|::::::::::::| !|:::::::::::::l:| ゝ::::::::j
     |:::::::::::i:::::::::::::::::::::l:::::i!:::::::___|_ |::;;;;;::::::|:|  ',::::::!
     |:::::::::::|:::::::::::::::::::::l::::|!/´  ,`´  `⌒__ l:::::|
     |::::::::::::|::::::::::::::::::::::Y,y=≡=ミ、   /  `Y::::|ヽ
     i:::::::::::::l:::::::::::::::::::::::|f'ひ::::} `    ィ=X j:::::|∨
     l::::::::::::::l:l::::::::::::::::::::| ∨スノ     イy:} リ/::::::|
      l::::::::::::::i!::::::::::::::::::::|  ̄      ヒ:ソ ./::::::::|
.      l::::::::::::::l::::l::::::::::::::::l       丶  ,:::::::::::|   「あら、やっぱりシュテルさん・・・。
      l::::|:::::::::l::::l::::::::::l:::::l    __    j:::::::::::|
       l::|::::::::i::l:::l:::::::::::l::::l    `= ` Y´l:::::::::::|    ここらで見るのは珍しいですわね。
       |/:::::::::l:::l::|::::::::|::l::::l.、     , ィ | |::::::::::|
       |::::::::::::|:::i!ヽ\{\:::| >r -イ::::::::| |::::::::::|    穴倉から出てきてるなんてめずらしいこと・・・。」
       |::::::::::::|::::}     ヽ'`ゝ'ミュ:::::::__| ト-=:」i!
     --┘_:::_,r=ニヽ、      r='.ノ´ `ヽ!_ _
   ,′:.:.:.:.:.:.:`ミ 、 \\     ヽ (, ‐二ー l´:.:.:ヽ
   ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  \.\    .) } , ___ ):.:.:.:.:.:’
   l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、 \ `ー== }</ __   }:.:.:.:.:.:.:}   「今日はどうされたんです?
   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:ヽ  ヽ、  l ゝ、ヌ ̄ }:.:.:.:./:.:k
   l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶:.:.:.:ヽ  ヽ  ヘ Y   ∧,:.:./:.:.:.:ヽ、  ご家族がいらっしゃらないシュテルさんが
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:\:.|:丶  ヽ  〉」    X=--、:.:.:.:∧
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.X:.:.:.',   ', /:.ヽ,    >'  }:.:.:.:.:.:.:〉 男性をお連れだなんて・・・。」
 {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:l:.:.:.:,  X:.:.:.:∧  /   '、:.:.:.:/
 ┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
 ┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃
 ┃ 取り巻きの声で気づいたらしい、声をかけてきたのはシュテルよりは少し年上に見える少女だった。
 ┃ 穴倉、というのはアンダーピットの事だろうか。
 ┃ 言葉尻だけ聞いても、あまり仲の良い関係のようには見えないが・・・・。
 ┃
 ┗

1088 名無しのやる夫だお :2013/10/01(火) 00:10:53 ID:ACL5PA/A0
おーもろ意地が悪そうなw

1089 名無しのやる夫だお :2013/10/01(火) 00:12:30 ID:wuPrg/CE0
家族居ないのか……

1090 名無しのやる夫だお :2013/10/01(火) 00:13:21 ID://X5jk2E0
ああ、ざんけちゃんも喰えない類のキャラだからなあw

1091 名無しのやる夫だお :2013/10/01(火) 00:18:44 ID:cIQir7oM0
頭の悪いキャラでなければコミュってみるのも面白いか

1092 ◆2cVO3ZAKAY :2013/10/01(火) 00:18:58 ID:oq2NoCh.0


               ___      ___
               >‐-: