したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |
レス数が1スレッドの最大レス数(1000件)を超えています。残念ながら投稿することができません。

カオスロワ避難所スレ2

91 Double-Action Emperor form :2013/10/11(金) 04:13:16 ID:fZvmTQr20

「俺は太陽の子!! 仮面ライダーブラック、アールエッ!」
「さぁ、来い、ここが貴様の死に場所だぁ!!」
「ふっ、貴様一人だけにいい恰好はさせないぞ、光太郎よ」
「クライシス皇帝……?」
「少女はこの私に助けを求めてきた、ならば私が戦うのも道理であろう……見るがいいッ!!!」
 
 皇帝は手にした携帯に『0・0・0』と手早く入力する。

 ――Standing By――

「変身ッッ!」

 そして、ベルトに携帯を装填する。

 ――Complete――

 もう一人の黒いライダーが顕現した。
 黒き身体に赤き複眼、くしくも光太郎と似たような姿。
 
 しかし、違う。

 その右手には世紀『王』の剣―――サタンサーベル。
 その左手には『帝王』の剣―――オーガストランザー。
 振るう者の名は―――クライシス『皇帝』。

 二つの王を従えた皇帝は―――負けることなどありえない。

「なんだお前は? なんだその姿は!? お前は一体なんなんだぁぁぁ―――ッ!!!」
「――――我が名はクライシス。クライシス皇帝だ、覚えおかなくてもいい」

 溢れ出す黄金のフォトンストリームが真っ赤な刀身を包んでいく。
 赤と金色の螺旋が天へとぐんぐん伸びあがっていく。 
 
 二つの剣が重なった。

「――――我が眼前から消え失せろ、オーガストラッシュッ!!」

 振り下ろされた剣はブロリーの身体に命中した。
 大爆発にも近い爆煙が辺りを包み込んだ。
 
「やったか!?」
「いや、まだのようだ!」

 命からがら ブロリーは立ち上がった。
 このまま回復されると非常に厄介である。
 ならば、ここで倒すのが先決である。

「光太郎よ……次で決めるぞッ!!」
「はい!」

 二人の黒いライダーが空高く飛び上がる。
 そして、高速で、一直前で、真っ直ぐにブロリー目がけて急降下していく。

「RXキィィィィック!!!」
「皇帝キィィィィック!!!」 

「「うおおおおおおおおおおぉぉぉォォォォ!!!! ぶっちぎるぜぇぇぇぇぇッッ!!!!!」」
「ばぁかぁなぁぁぁぁっ!!!」

 二人の必殺キックがブロリーの体を貫いた。
 文字通りの必(ず)殺(す)キックであった。

【ブロリー@ドラゴンボールZ 死亡確認】


 ☆彡

「つまり、君は……」
「ええ、そういうことよ」
「信じられないわ」
「……信じるかどうかは貴方たち次第よ」
「随分とマセた子供だな……」
「だから、私は高校生よ」

 こうして、なんやかんやで助けられた恩もあったので……
 ロリ切さんは光太郎たちと行動を共にすることを決めたのであった




■ したらば のおすすめアイテム ■

乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX) - 森 薫

アミルさん20歳で既に行き遅れ扱いされてるけど俺ときたら…

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板