したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |
レス数が1スレッドの最大レス数(1000件)を超えています。残念ながら投稿することができません。

カオスロワ避難所スレ2

79 光熱斗の奇妙な冒険 Part4 :2013/10/08(火) 03:40:32 ID:K8vSVlnQ0

「ジャスティスワン・ザ・ワールド! 時は止まるッ!」
「そんなのありかぁぁぁ―――ッ!」
「ディおじさん、タイム連打はずるいよ」 
「タイム連打ではないッ! ちゃんとチップを使ったぞッ!!」

 大画面モニターに映し出される、大迫力のネットバトル。
 しかし、二時間近くも戦ってるのに決着が付かない。うーん、このネットバトル素人ども。
 
『シグナムよ、ランダムミステリーデータの徴収が終わったぞ』
「うむ、ご苦労」 
 
 と、私はこの二時間の間、ネット徘徊兼ランダムミステリーデータで資金稼ぎ兼情報集めをしていた。
 軽くジョースター家の財産以上は稼いだ、やったぜ。
 しかし、疑問に思うんだが、このランダムミステリーデータは一体、いつ誰が何のために設置しているのだろうか?

『それとな、面白い情報を手に入れた』
「ほう、面白いか」
『どうやら、あの九州ロボを作ったのは光祐一郎という男らしい』
「それは知っている」
『……だが、本来彼は九州ロボをこの殺し合いとは別の目的で作ったらしい』
「別の目的……か」

 正直、どうでもいいが、一応驚いておく。
 私にとっては本当にどうでもいい。殺し合いの次にどうでもいい。
 ……一応、対主催だからね。働きたくないけど一応は。

 そんな時であったか……上条さんの頭上に何やら人影が……
 まさかとは思うが、ワープという奴か? 科学の力ってすげー。
 というより、上条の不運もここまでくると逆に笑えないな。
 まあ……上条さん、上から来たぞ、気を付けろッ!


「リアル・ガッツシュート!!」


 瞬間、一人だけ反応した熱斗少年が思いっきり何かを投げた。
 いや、投げたでは語弊であった……正確には殴り飛ばした。
 あれは……デイバックに入ってたデカオと呼ばれていたネットバトルガチ勢だ。
 すごい勢いで放たれたデカオと呼ばれていたネットバトルガチ勢は上からの襲撃者にぶつかった。
 そして、凄い真顔で襲撃者に言い聞かせた。


「男同士の真剣勝負であるネットバトルの邪魔をするんじゃない」
「………!?」


 ……ヤバい。
 真顔なのも相まって殺気というかそういうのが凄まじくなってる。
 ここまで殺気はこのシグナムも感じたことはなかった。
 
「……これがネットバトル……!」
『いや、恐らくは違うと思うが?』

 そして、デカオと襲撃者は大画面モニターにぶち当たった。
 そのまま、襲撃者は動かなくなったが、デカオと呼ばれていたネットバトルガチ勢は立ち上がりデイバックの中に戻った。
 しかし、大画面モニターの液晶がぶっ壊れてしまった……ふむ、これで上条さんとディおじさんの決着は付けられない。

「プラグアウトだッ! デューオ!」
『……ふむ(安心)』
「こっちもプラグアウトだ、シャドーマン」
『御意』

 一時中断となった……もう引き分けでいいだろ、これ。
 しかし、一つだけ分かったことがあった。

「貴様、ジョースター家の者ではないなッ!」
「だから、さっきからそう言ってるじゃないですか!!!」

 上条さんはジョースター家のものではなかった。ですよねー。




■ したらば のおすすめアイテム ■

パイニャン - 青山裕企


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板