したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |
レス数が4900を超えています。5000を超えると投稿できなくなるよ。

【Ffh2風】やる夫は無茶振り王国の研究者のようです28【R-18】

1 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/20(水) 00:19:05 ID:koOO/In60
     ;:;:;                                 ど
     ;:;:            ,r'" ´ ̄ `ヾ、.          明.  う
     ;:;:.           . I ─  ─ .ヾト、       る   だ
     :;:;:;.             ハ (●) (●)  !.::\.      く.  お
     ;:;:;:           /.:.ヽ (_人_)  yイ.::.:::ヽ     .な
     ;:;:.         ノ.:!:.:.:.:`7ゞ-<.:〉.:.:. ::i:.:::}   ろ つ
     从 __  _,,,/.:.:/:.:.:.:.:.:| }-{/i.:/.:.:.:. ::|.:/     う .た
      从从魔力}と_」.:/!.:.:.:.:.:.:.!  ̄ リ.:.:.:.:.::り.    ?
         ̄ ̄    ̄  |.:.:.:.:.:./_ :__ヽ.:.:.:.:\
                \/.:.::..:.:.:.:.:.:..:\:.::./
                /.:.:.:.:.:.:.「^Y.:.:.:.:.:.:|´
                 {.:.:.:.:.:.:.:.| ,!.:.:.:.:.:.:|
     __           \.:.:.:.:.:.V.:.:.:.:.:.:.:| 
    /.:.:./ンく";;〕      \.:.:.::|.:.:.:.:.:.:.:!
    ヽ;::/::::::....;;;ヽ、       > 'ゝ─‐イ、
     ヾ;;;;;;;;:::...;;;;〈       `ー' ``''ー‐'
      ‘ー.く`ヽイュ、
         ソ´・ ̄ス_      お  暗 :::::::::::::::::::::
        ./ ・ ・、√: : : ヽ.  ら. 靴  く :::::::::::::::::::::::
         >.= イ: : : : : ;_;|   な. が  て ::::::::::::::::::::::
      /l_"/( ヽ}: : : : .]   い わ   :::::::::::::::::::::::::
      `ー――` \ : : : イ  わ か :::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

・このスレは【魔法有り】のファンタジー世界に生きる【科学者、やる夫】が王様の無茶な注文に必死に応えるスレです。
・参加して頂ける方は【王様の無茶振り】を満たす【科学技術】のアイデアを提供してやる夫君を助けてあげてください


ウィキ: ttp://www61.atwiki.jp/muchaking/

過去スレ
【Ffh2風】やる夫は無茶振り王国の研究者のようです【技術開発】
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15257/1391541053/

【Ffh2風】やる夫は無茶振り王国の研究者のようです27【R-18】
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/14796/1547536921/

2 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/20(水) 00:19:48 ID:koOO/In60
                      __
  , -‐- 、.               `ヽ, `ヽ
 ,'. /  ト、 ヽ.     、 ノ 、     ,.' -─-ヽ.
i. ((从ソ u从〉 G / (● ●)ヽ  <i !レハハハ))>
l. (|┳ ┳i!l   、ヽ(_人_)*ノ    ル(リ_゚ -゚ノ!
ハNiヘ  ー ノハ!  ∨ ‘ー’ .○      / /wk|O―☆
   {iつ旦O    |      |  .    / / !_i_〉l
  とくュュュュ〉    .し    J     く_/_,ルノノ
王様       科学担当       魔法担当

アイデア例)
王様「食べ物が無い。魔法でかき氷を作ってしのいでいるけどこのままじゃじり貧だ。なんとかして食べ物を作ってくれ(ちなみに文明レベルは狩猟採集未満)」
やる夫「獣を狩る武器すら無いし、食べられる植物だってほとんど見当たらないのにどうしろって言うんだお!」
参加者「稲作やろうぜ!」

【解説】
やる夫は技術開発における国の最高責任者です。
参加者はやる夫の部下として意見を出していく形になります。

【勝利条件】:【邪神を倒せ!】もしくは【星海の果てへの移民を成功させよ!】
邪神を倒し、ゲーム本編は無事完結しました!ありがとうございます!
ですがやる夫たちの研究はまだまだ続きます。

【現状】
管理局編がスタートしました!
危険技術やスパイラルネメシスなどの世界の危機にうまく対処して、多元宇宙の平和を守ってください!

お世話になったスレ。この場を借りて御礼申し上げます。

・戦略・経営・外交シミュ系安価スレッドを考えたいスレ39
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/14796/1391441453/
構想段階での相談や、テストプレイ、AAの支援など、多くのご協力を頂いています。いつもありがとうございます!

【派閥】シンジが瀕死の祖国を救おうと必死なようです17【R-15】
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15257/1390440019/
偉大な先人。
無茶振り王国は元々瀕死の祖国スレの「電波研究」部分を自分なりにスレ化してみたいなというのが原点になっています。
楽しいスレを立ててくれてありがとうございます!

3 名無し-Red-市民-2 :2019/03/20(水) 00:25:13 ID:WSz8KmPQ0
立てオツカレサマドスエ

4 名無し-Red-市民-2 :2019/03/20(水) 00:27:05 ID:rKOmdY.I0
立て乙デース!

5 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/20(水) 00:27:57 ID:koOO/In60
      ,ilil州li!.i! 州 i州!.l州il!__ⅦⅥli, l!州`Ⅶlil `
      ,州州il!il!.州 .l州i!.lil.l|il     ⅥⅦ|l.i州! i!Ⅷ
     州リ'州.il!.州!.i!l州Ⅶ!.li!     ヾi, マトⅦl! .i!`
     ,iリ'il .lili!.ll!i州!.il!lil!.l!Ⅶ i!      ヾ、ヾ,Ⅶ、
    iリ' i! lil!.li!l州l lil!Ⅷ.i! li!. , ‐ ___     ヽ
    il!' l! lil!.li!l州il.lili!lil!  i! _____ `
    il!   li!.lill州lil.州i|l!-‐',ィテニ云ニ气ミ`
    i!    li!lliliハ!ⅦトⅦli .州、 l//ゝリ
    ′   .l州!V ,'Ⅶ Ⅶli!   `ヽー‐'"
          l州. ヽ, Ⅷ l Ⅶ、            |
        lilil!  ヽーヽVli、            |
          .lilil    ゝ、_ハ.ヾ         |
         .Ⅷ    lリl州lハ `            |
        lil!    ' |liリ Ⅶl.、
           li!    .リ'  Ⅷlム、    ヽ、.____

『乙ありがとう!』

>自然哲学と実証主義と自然科学と科学技術について(副題:古代ローマでなぜ産業革命が起きなかったか?)

『幸子スレでこの辺が話題になっててね』

『僕が(自己愛並感)良い感じに回答できたから』

『自スレでも触れてみたいと思う!(自己愛並感』

6 名無し-Red-市民-2 :2019/03/20(水) 00:30:03 ID:rKOmdY.I0
ええんやで(狂受容受容)

7 名無し-Red-市民-2 :2019/03/20(水) 00:30:29 ID:WSz8KmPQ0
自分を愛せない人間が他人を愛せるかよ!(赤並感)
なので傾聴します

8 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/20(水) 00:35:49 ID:koOO/In60
                     //  ___    /   \
              //  / ., -‐ァ  ̄  ´ー- ∧  V.、
                  / ,,    / /:/  /´      ∧  V、
             / /    ./ ./           ∧   V、
            , ;    ,'/                 V
            l i   ,.'/                   V
               l i!   ,'/     i   .、   .i .i ヽ     ',
              レ /,'     .l ! i i∨   l  l  ,.}
                ! i!   キ T T.ヾ∨ |キ大.7 T !
                 レ' !     |.イ三≧ァヽ.{ f≦三ニア
                __.',.    ', マ::::ソ     マ::::::ン.’ !
     γ⌒,ィ ⌒ ヾ,.  /   ヽ.   ヘ , , ,   ,  , , ,.   ,!
  `ゝ、  } γ     !}. /      .ゝルヘヽヽ  r--- ァ   イ,!
  ',   ヾ、 {!    .リ /    /`ー‐、  ∧ > _ー_ ィ ´ ./'    /
  ∨,  Y      Y⌒´ ̄ `ー、  ‘ー-'イ:.:.:.:..リ.:.:.,ィ'.:.:.:.:/ ,   /
    V  ,ィ'二ニミ≧yミ、     ,.rー`≦__皿皿:.:.:/,ィ´i!:.:.:.:.://i! /.:.
    マ"´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`,> ´       ̄ ̄ ´    i!:.:.,ィ:.:.:..:}/.:.:.:
      ';.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.r'==‐- 、.  /´         i!/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::
      ',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'     ` ー "  ̄ ` <   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::
      ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!      (.y       ヽ. ゝ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::
 :.:.:.:.≧、  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.,     ヾ         ', l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ィ´
 .:.:.:.:.:.:.:.:\  ゝ.:.:.:.:.:.:.ゝ,     ',             } !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
 .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:` ィヽ  ̄  ./`゙  ̄´ ヽ,           i!.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
 .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/∠ \,ィー'(_) x + 、> 、 ___   イ ソ l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i!
 :.:.:.:.:.:.:.:.:,./ /\:.:.:.:.:(_)ソー+、`y`◯.:.:.:.:.:.:ミ、.:.:.:.:.イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
 :.:.:.:.:.:// /.::.:.:\ メ、__}   `y`◯.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ .|!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{
 :.:.:/ / /:.:.:.:.:.:.:.{    ` y':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./    |!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',

『古代ローマは言うまでも無く偉大だ』

『版図の大きさやそれを長年にわたって維持できたこともそうだけど』

『都市建築や上下水道や街道等の技術力や社会制度は今から見ても先進的で』

『また繁栄した文明の中には多くの偉大な思想や文化や科学が花開いた!』

『ギリシャからパクったものかもしれないが、原始的な蒸気機関さえあったのさ!』


『中華やインドもそうだが、古代帝国は時代を先取りしていた感さえある。もしくは、人類史が成しえる偉大な発明発見のほとんどを既に成し遂げていたんじゃないかと思うほどだ』

9 名無し-Red-市民-2 :2019/03/20(水) 00:38:56 ID:rKOmdY.I0
この3文明はマジで何でもあるから困る……古代ローマじゃ旋盤すらあったしな……

10 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/20(水) 00:40:58 ID:koOO/In60
                  //                 \  \  l|
                    //         〃          ヽヽ   ∨\
                 //   〃 〃  〃 ||   |l      ∥∥   |  ||
                   //   〃 l |l  |l /∧ ∥ |l  ll  |l ∥   ト、∧
               | |l  |l |l ||  || ∥ |l |ハl  |l  |l ∥   | |〃
               | ||   |l |l ||  || ∥ |l |l |l   |l  || ∥   | |《
               | ||   |l 廾=|-」、|∧||  ヾ、|! |l_」斗 'i|´||  l| | 》
                   Vハ  |l || z=≠≧、   ヽ/,z≦示z、||  l| |《
        ____    |ヾl|ト|| 《 |L:::j::|l``    ´´|L:::j:::l| 〃|  l| |/
       ´ ー――一 `   .|l lトハ  lL辷」!      l!L辷j」  ||   l| |
     /         ヘ  .|l  |lハ                 l||   l|/
      |.....................................| ..|l  |lトハ      {{        /z||   l|
      {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::} ..|l  |||‐人     ______,    /'´ ||   l|
   ...八:::::::::::::::::::::::::::::::::/  .|l  |||  __\   ` ̄こ ̄´   ./ー、,||   l|
      ' ;:::::::::::::::::::::::::; ′ .|l  |||//7/iヽ、     ,. イ|ト、`\||   l|
        ヽ::::::::::::::::/    |l  |||////_」==>=≦zr‐zl|_ ヘ  ||   l|
.       /⌒ヽ}{厂}     |l   |||////ム____|__|__|| }_ト||   |l〉
.    ..厂\   } ノ..__   |l  川 ̄ ̄ ̄ __    ,、- 、 ̄\| 〃
  ._厂ヽ  し´|! ! ..=z\ |l 〃/|       \ハヽ  {{       | /ー 、
../  ヘ  r- | 八 }     ヾ>イ|//ム<三三≧z、\ハ  ヾ=ヘ   ィレ   |ー──‐--、

『だが今日世界を牛耳っているのは誰だい?』

『偉大なる古代帝国たるローマ?中国?インド?』

『いいや否!また伸びてきているとはいえ、中国もインドも発展途上国だ。先進国とは言いがたい。』

『ローマに至っては消滅している!』

『明らかに欧米系の文明か、でなくても欧米文明の影響を受けた文明だよね?』

『中国やインドの再発展にしても、欧米文明の影響を取り入れたが故だし』

『欧米全盛期には植民地支配さえ受けている!』

『これはどうしたことだろうか?』

11 名無し-Red-市民-2 :2019/03/20(水) 00:43:33 ID:WSz8KmPQ0
そういえば偉大な古代四大文明の直系は残ってないんですね

12 名無し-Red-市民-2 :2019/03/20(水) 00:45:06 ID:rKOmdY.I0
中華が黄河文明、インドがインダス文明の直系といえば直系?
色々断絶してるけど

13 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/20(水) 00:49:13 ID:koOO/In60
                                  _、-''TTTTT''‐ ,_
                                 、`.:.:.:.:|. | | |. |.:.:.:.:´'‐_
         _、-、                 、`.:.:.:.:.:.:.:|. | | |. |.:.:.:.:.:.:.:.:.:^_
        (=ヽO`、             (.:.:.:.:.:.:.//<^>\\.:.:.:.:.:.:.:)
        r'.:'\\.`、/,    _,..-‐'''ヽ   |.:.:.::.<ヽ<\∧/>´ >.:.:.:.:.|   ┌‐- ,,..__
   ___  |.:.:.:|.:.:',ヨ(0) .',   ',.:.:.:.ii.:.__',.',  .|.:.:.:.:<\\.Y.//>.:.:.:.:..|   |.:.:.:.:ii.:.:.:.:|.:ヽ
  (三ゝ.:.ヾ-t.:.:l.:.:.:.',ii、 ',\   ',.:-. ii.:.:.:.:.:.', ..l.:.:.:.:.:ヽ |. | | |. | ./.:.:.:.:..:.|   |.:.:~ ii - |.:.:|
   .|ツ O.、 |. |.:.:.:.:.:.:.:) ヽ |.:.:`、  ',.:.:.:|.:./.:.:.:.',. |.:.:.:.:..:| |. | | |. | |.:.:.:.:.:.:.|   |.:.:.:..:|.:.:.:.:|.:.:|
  入.:.:`、.:.:.:\ト.:.:.:.:/iiiiiiiiiiiヽ/`、 .',.://.:.:°:', r.:.:.:..:ノ |,,,|⊥|,,,| ヽ.:.:.:.:.|   |.:.:°.:.:。 |.:.:|
.<≦_.:.\.:.:....::.l;;:|.:.:. (\.iiiiiiiiii| .::|< `ヽ/.:.:。.°./.:_.:.,,ゝ'''ミ<.○.>ξ'''ヾ.:_.:', _|.:.:°.:.:。 |.:.:|
 》》O.<.:',.:.:.:.:.:|;;;;\.:|;;;;;\iiiiiメ-ヽ.:.:.:|','ー-'''´.:.:/.:.:<_ヽ、.ヽノ.:ヾ、フ.:.:.:.:.:Y.:.:l\_°_,..ノ⌒\
..<U´.:.:.:.:`t.:.:.:.:\|;;;;\',;;;;;;;;;;;/.:.:.:.:|_ノ.:|ヽ-‐'''"´\/..:゙ヾ、/..:.:ヾ/.:.:.:\.:.八.:.:\. ̄.:ノ.:./⌒|
  ゛'' ..,,.:.:.:.`゙''┬ ゝ;;;.';;;;;;;;;;;:,′_.:,0 /.:.:.:|''ー-‐''/.:.:.:.:<.:.:',∵/.:.:>.:.:.:.:.:)三\.:.: ̄.:.:.:/_,.-イ
     \_ノ .',;;',;;丿γi;;;;レ´|\/)).:.:.:/三三(.:.:.:.:.:.:.\.:',//.:.:.:.:.:.:/三Ξ□T ̄.:.:.:.:.:.:.:',
      |.:.:.:.:||.:.:ヽ-―__ノ;;;;;;;;;;;|//|」 /. =ミ三入.:.:.:.:.:.:.:.:Y.:.:.:.:.:.,,,.メξ    .|\_,..-t'''"~
       .|.:.:.::||.:.:.:ii.:ii 「 |;;;;;;;;;;;;;;;;|/ |/   /.゙‐-゛o''oヽ_/♂_ ,.ノo--,   ..|.:.:.:.:.:.:.:',
      .|.:.:.:.:|| .ii ii .i| |--- ;、;;_|.:.:.::,'   /..:8.:8//.:.:/.:.Y.:.:|.:.:ヽ.:.:8.:.:8 \  |.:.:.:┌.:, \
      |.::.:.:',',.:ii.:.ii.:ii| |--- .、.._|.:.:.:ム.-''".:..:.:.::.:.:/.:.:/.:.:/.:.:.:|.:.:.:.|.:.:,._ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙ヽ.|..:___',,,,',-イ\
       ',.:.:.:.:ヽ'.ニ 「 |     |/ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ̄`゙''-、.:.:.|.:.:.:/.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゛''-...:.:.:.:\ \
       ' ,.:.:.:.:.:.:.:.~| .|     |.:.:.:.:.:.:.:.:.:,..:-f.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ム.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',.:.:.:.:.:.:ヽ-゙丶、
        .\.:.:.:.:.:.:..| .|     |.:.:.:.:i.:.:/.:.:.:.:.:丶、.:.:.:.:o、.:|.:.:,o.:.:,...-''".:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:○゙丶、
          'ー-‐''「 |     |.:.:.:ii.:ii/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶、__~ノミT/'".:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:○.:.:.:.:.:.:.:.:○\
             ~| .|     | ̄ ̄゛''...,,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',l|l|l|l|l|ソ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|_,..-‐'''"~丶D.:.:.:.:.:.:.:.:.:○.:.:fヽ-|
             「 .|     「\:;:;::;:;:;゛'' ..,,  o、)l|l|l|l|l||,o  ,..-''" ̄ ̄:;:;:;:;/:;:;:;:;.ノ.:.:.:.:○.:.:.:.:_,,‐''.:__fヽ-|
             .~| |     |:;:;:;\:;:;/ヾ:;:;丶__~ノl|l|l|l|l|lミ -''" / ⌒ \:;:;/:;:;::;:;.イ.:.:.:.:.:.:.:.:fヽ´_,,‐'''\.:.//
              .| |     |\:.:;:;/.:.:.:.:\  l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:;:;:/.:.:.:',.:.:fヽ.://.:..::,.:.:‐'''"\

『直接的な回答は簡単だ』

『欧米系文明、特にブリカスは近代化(国民国家化と工業化)に(先に)成功し、』

『偉大な古代文明と言えども、前近代文明に過ぎなかったインドや中国を凌駕したからだ!』

『日本が列強の仲間入りを果たしているのも欧米の影響を受けて近代化に成功したからだし』

『インドや中国が再発展しているのも工業化に成功しつつある(近代化に成功しているとは言っていない)からだ』



『だがそうすると次の疑問が沸く』

『なぜ欧米が近代化に成功した一方』

『偉大な古代帝国たちは近代化できなかったのか?と』

『特にローマはなぜ近代化前に滅びてしまったのか?』

『古代帝国は多くを「先取り」している。ならば近代化を先取りしたっておかしくないと思わないかい?』

14 名無し-Red-市民-2 :2019/03/20(水) 00:52:09 ID:WSz8KmPQ0
確かに繁栄してたのに発展が止まって衰退する方がおかしい

15 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/20(水) 00:52:19 ID:koOO/In60
        { {    イ -三t」L 三_- \ \
        ヽ     」/,  /     `⌒ヽi  \
        ノノ  / / / i        \  ヽ
       jr'゙ /     | /            ト、
          ´イ     |                 ト ヽ
       ///                |    ト   「i }
      {      i     .|     ト_|ヽ_  l,__r--‐t
      /イ     |  十/|     ト | 八 「`t(_r‐'‐く,_`ヽ
      i/ '       ノ| L| | ノ| 八_y'ヒ笊¨h } {_ア¨  ,
         | /iト /l「| |.t'Ti゚笊h   '~乂うツノ /   /
       ノ' 八 イ」 ト´.乂'ツ      ,.,., j‐‐'   .,_/
             ノ  小 ,.,.  ヽ      {    {
         r'"~´ /ノ人       ,   t_j_r‐…´.
       ノ    .イ⌒ノ个   `     イヽ∧   \  /⌒\
       Tイi  |{   /   _≧=-=≦┘i }ノ〉,    ,X '"~´  \
       ´イ   ト-ーt_   / ノ}[i{   {,/j^彡ヘ  /ヽ       `,
     ノ⌒戈ソノ、j ]tー 三=Y{ ,}i{   ア三ニ-‐┴'  }  {     L_
  r‐'"´       '⌒~´   人V/ ノ /ヽ_ア´     {   ヽ    ヤ, \
  {        }     /⌒ t{/   {'{       \       トヽ }

特に古代ローマには原始的なものとはいえ、蒸気機関が既にあったのだ!

なのになぜ、古代ローマは工業化(産業革命)を成しえなかったのだろうか?

幸子の人の立てた問いは概ねこのようなものであった。

16 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/20(水) 01:09:01 ID:koOO/In60
              _
         / ̄ `   ヽ
         /    i  i    ヽ
       /  i  ..i   i   i i、
      .,イ  i   i    i   i .i .i i
     .//i  i .∧   iヽ | i i .i
    ´ i .i .i_、二三ヽ_ 7三ニ,_ .i i
      i i ( iヽ 廻ハ.ヾ/廻ノノ i) i i
      i i .i i .ii      .i .i  i i
      .i i  i.i.ヾ、 -‐- ,.イi / i .i
       i  ヾ -!.` ´;;iヾ/ _ .i .i
      ,匕火;:||    ソ  ||   <
      i  フ創| ̄` ´ ̄ ||     i
      i /傷´_|i_      ._||_ i゙  .i
      i痕7´: : : `' ' ' ' ´: : : :`ヽ  i
      .i/´i: : : : : : : : : : : : :: : : i  .i
        i  i: : : : : : : : : : : : : : : i  .i


理由の一つは単純である。「奴隷制」だ。

ゴーレムトークンのように人間並の知性を持つ安価な労働力が存在するとき、

それ以上の技術を発達させて省力化しようという気は薄くなるだろう。

そしてトークンは存在しないが、人類は似たようなものを既に持っていた。

「同族」たる「人間そのもの」である。あとは人間を奴隷化すればトークン文明と同じようなことができる!

機織でも何でも奴隷(ゴーレム)がやってくれる社会で、蒸気機関で自動織機を作る必要性は薄いだろう?

17 名無し-Red-市民-2 :2019/03/20(水) 01:13:42 ID:WSz8KmPQ0
産業革命って売る相手、消費者が要りますもんね
古代には売り付ける植民地も無いから奴隷で事足りるから確かにそこで止まりますな

18 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/20(水) 01:16:40 ID:koOO/In60
          /ヽ
         .ノ | iイ!
         } i ! i! !
        ,ィ、k.ト、i .∧ゝ、
       f  }! !ヾ; ! .i f^!
       j:、 i! !i,ハ,,_}!;  i.}
._       !.ヾ:i!.ノ///i.Y,イ/   ,ィ        n
.ト^\    ヽ ! 〈////kイ;i i  ,イ:/       .,イh
.ヾ、、:fヽ   .|ヾ〈/////,ィ ;〈 //ミi      .,ィ:/ {
..∧ 、 h `Y_ .〉ノ////;/〈ー==ー' 《!     ,zz.、イ
   ー,彡戈y ! }/////i*ッ ≧ゞ:、   Y=ミ、ゞ
    `彡戈:、<////ヘ  ,、j^茶、i   ./ニノニ;j
      寸ニニヾニ:.、_!__j ∧_i!>≦ゝイYミ、ニニノ
       寸ニニヽニ!ソ!,ヘミ、.i!x二〉-ヾ.ヽ>、.Y゙
        ` =戈ノイ ヽヾ:Yzzミ、´<f(::`;.Y'
          `ト、'::-.、::..! i:::、zzソ三≧=、ヽ
          _{***t-=人;:::iYi!ニ==ー'゙ミ.〉'
.          tzzzz`:、_ノ:/ ./__ (´ )( .〕
           ̄+--+' `マ./ー-Y __)(.{
.            !ニ!   |ニニミ、/  { .)、
.            iニi   @。。。@。。;災、p!
             !ニ!  .ノ:.:ヾ:;寸ニニYニ!i
             |ニ!  !.::..;: ヽ マニノ:ソ :.
             |ニ!  i:.:.:.  ヽ .i'.´ ヾ!
             |ニi.  i----- z|-- _.!
           T三三Ti二二 _./--- /
.           i^^^^^! iニニiニニ7ニiニ7`
            !从 ! j !ノニ.人ニjzニーイ
            {;; j }〈 i!ニ≧--イ{==イ
.           ノY i i!iニY.}iニニ!jニニ!
            !;.! | / !マム;i!ニニ!ニニi
            |i!ヘ/ iY{==:Tニニ「
            i!从 !从i マニニ;iニ,ィ!
            !ii!i!iノ{ ) }ニ/少イヘ..、
            !j:;、从;i iニ《ソ;ヘノーえヽ、
            ´\_ノ  !-== Yミヾー;ー '
                   ̄  ̄ ̄

実際、共和制期のローマはトークン文明と同様に、

「奴隷(トークン)を引き連れた貴族と、奴隷にすらなれない平民貧困層」に二極化していた。

王制および共和制初期のローマは平民自作農が主体となって兵役を担っていたのだが、

戦争に勝って版図を広げるにつれて、戦利品として奴隷と農地が増えていき、

貴族層がその農地と奴隷を使って奴隷制大規模農業を行ったせいで、

農作物の価格破壊が起き、平民自作農は食えなくなってどんどん没落していったのだ。

結果、「奴隷(トークン)を働かせて利益を貪る貴族」と

「没落して農地を喪い、奴隷にすらなれず貧困に苦しむ元自作農の平民」に二極化したわけだ。

戦争に勝利し、国家が繁栄するが故に、トークン文明めいた格差社会になるとは皮肉である。

19 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/20(水) 01:19:47 ID:koOO/In60
        |ヽ|l:.:.:.:/|:l:.:.:.:.:.:..|:.,rー'''゙¨ヽ、:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |/ l\/ l/|:.:.:.:l:.|!´       l:.:.:.:.:|:.:.:.:l!:.:.:|:.:|
        |_/|/ ヽ、|:.:.:.!/      /:.:.:.:.:.|:.:.:.:.l:.:.:.|:.:|
        |`ヽミ   l:.:.:./  _,,,.. -ー/li.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |ィト,/`  l,/´     l:/|`:.:.:./:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |ソ,/         ___  ' i:.:.:.:/:.:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |`         ./,、 ̄`_ヽ|:./l:.:.:.:.:./:.:.:.:|:.:|
        |         ,ト!(:.:rテ'/ ´ /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:l:.:|
        |    '    ヾニ_ /  /'ノl:.:.:/:l:.:.:.:.:.:.|:.:|
      /iヽ ヽ 、_         ,/_' -‐':.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:l
        ヽ` \  ̄        ィ‐':.:.|:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.|:/
     l`ヾ、  l--──‐─‐.' ´:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.l/
     _'、  \. |イ:./l/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.ノ:.:.:/l/:.:.:.:.:./'
     l l \  `'i Y  |:.:/ノ_ -‐!/l:./l:.:.:/ /:.:.:.:./l
      〉、  ヽ  | \ ` ´    レ i/ il_/

「これは当然歪な社会であり、共同体にとって不利益な状態だ」

「大局的に見れば、得しているはずの貴族層自身の首すら絞めてる」

「何しろ、ローマ軍は本来、「平民自作農中心の軍隊」なんだ」

「なのに、中心たるべき平民自作農が没落して不幸な市民になったら」

「軍事力を保てるかな?」

20 名無し-Red-市民-2 :2019/03/20(水) 01:25:18 ID:WSz8KmPQ0
牙が腐り落ちてますね、これでは何も噛めないです

21 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/20(水) 01:36:36 ID:koOO/In60
>>20
               ___
             . -='´:::::::::::::: `::...、
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::. \
.         /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::... \
         /:::........./.....................}......ヽ.........:::::::ヽ
.        /:::/::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::∧::::::::::::::::::.
.      ':::::::::::::::::i::::::: /イ:::: /:::/  ';:::::::::}:::::::',
      .::::::::::::::::::|::: /' |:: //   ⌒|:::::::::::::::: |
        i:::{::::::::::::∧/  }:/´   ィ ⌒ }イ::∧:::::::|
        |::::::::::::::::iィ ⌒       乂r ノ }/::::iヽ::::
        |::::: \::::|乂r ノ          |::::: |イ:::::.
        |::::::::: {ヽ{      ′    /:::::::::::::::::{
        |::::ハ:::::::个:.、  /ヽ一'  .イ:::::::://}∧
       }イ }\ト{ V≧/   ̄}  <}/イ}イ´
             /   ̄} ̄ {:′
                i    7    \
.          _, r7-/|     ′    \ _rx _
       /   }マr{^ゝ==イ丶  r‐一   r「7  \
         ヽ  マ:ハ     :}       r「7´ / ^ヽ
     i   \/′     {____,r「7´        }
     |   /    -=7 ⅩⅩⅩⅩ {′/       /
     |  /         /ⅩⅩⅩⅩⅩ{        }
     | ./         /=ー―――‐={ {      {

「そうだね!牙は外敵によってではなく、内なる病によって腐り落ちた!」

「古代ローマの徴兵制は武装自弁で、だから各人の経済力に応じて徴兵資格が分けられていた」

「貴族や裕福な商人は高価な騎兵をやれ」

「平民自作農は重装歩兵担当」

「無産市民は装備買えないだろうから軽装歩兵もしくは徴兵資格無し、って具合にね」

「だが中核たるべき平民自作農重装歩兵が大幅に減った!」

「数合わせに経済力の下限を下げたが、これが余計にダメ!」

「そうすると貧乏人に無理やり高価な装備を買わせて戦場に引っ張っていく形になるから」

「当然士気が下がって質も落ちる!」

「可哀想なことに、貧乏人兵士たちは、運よく生きて故郷に帰れても、耕せなかった農場は荒れ果てて一家離散だろう」

「もしくは、喪う土地すらないかだ」

「ローマ軍団は張子の虎に成り果てた」

22 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/20(水) 01:48:27 ID:koOO/In60
       /   厂 ̄ ̄ ̄`ヽ   \
       ,    ///////////∧    ヽ
.      /   厶イ⌒'ー'⌒'ー'⌒' ,   ..\
    ..,′   i 斗‐    i| 7寸ト∨  ..
     |   X| ,示ミ\ .l|/ィ=ミ ヽ.}    | '.
.     ∧   Ⅵ{{ ヒ:ツ .\|...ヒ:ソ》 .//   !  ',
       .、 丶\    |       /,1   八 ヘ.
.    |  \  ヽ}   r‐ ‐┐ 〈/ }   /  \ 、
.   |    i:.、 |\ 、__ ノ  イ∨  /     \
.   |    l:.:.\| _,ノ>--<ノ`>.} / \       \
.    | .r‐…¬ニ!ヽ  \_/ /.:::|/厂 ̄ ̄}      \
    ,′:|  ___,ノ  〉/x介x\ :::j厶斗‐ァx|\        \
   ./  |  |\ / 《_〃:、| ハ_》::廴__/ ,ハ:.\
  /   :| 人 `ー=ミ {{:::::::\::}}:::::::::::/ /ー介.:.:.\

この辺は散々揉めた。

軍事力が崩壊した国はもはや国ではないし、

でなくても土地を喪い没落した元自作農の不幸な市民を大量に抱えているとか死亡フラグである。

国益を考えれば早急な対策が必要なのは明らかだったし、実際幾人かは改革に乗り出したが、

貴族階級(元老院議員)は既得権益を手放すことを嫌がって改革者を潰してしまったのだ!

一応軍隊の弱体化については、

マリウスが武装自弁・無給・徴兵制の国民軍だった軍隊を

武装支給・有給・志願制の職業軍人に変更し、

元自作農の不幸な市民たちを軍隊に吸収することでなんとかした。

とはいえ「定年退職後」の再就職先は安定しておらず(主に貴族のせい)

二極化した歪みもそのままであった。

どうやらローマは「悪徳貴族」の概念についても時代を先取りしていたようである。

23 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/20(水) 01:54:28 ID:koOO/In60
          /,イ,ィ'il|ll州!l!. Ⅶ}l }i|l Ⅶi.}l!.Ⅶl|l,州i!l州l|i
        〃 ,リ'/,ィ州}li|li{tーⅦ},.{!l! Ⅵ'l}´}Ⅶ州l.il|l|}li |!
         〃,イ,i{!,l!}l|,}i'´}   Ⅵ州` `',ィ ,リ'.l| l州l lil li
        .〃.i|,州,i|!l.Ⅶ! ,ィf云ミ `ヾ!  _ィf云ミ、. l|!リi!.| |l、
         i!,リ'}!i|l!}!i|l!,イ! l-、:ハ     i´-、i} }liイ!{,i|.i|!lミヽ
          |l! ,l|!|lriⅦ!ヾ!弋ニ'ノ  :i   弋ニリ〃,州l|州li
           |l!.ノ'|.}l i.〉l|l}i.、` ̄   |     ̄   /イ{.|{l.ル{`
             .|lハ、ヾ〉、`        __,;::    /ー,ィ{
              `}ハl:、    }`_ _i´{   ,イilハli|`
                  l从i.、 }:l, ,.イ:/:/.;':.:.:: ,イl从! `
              }`ヽ、_从/}:/)::/::;'.., -<{Y_
             | 〕ry}:/i ,ノ{ (:/.}:/::/.|,ノハ
             (:ィ:(}/}::::}ハ::}‐/イ():/ ̄ _,:|
             ,'/;/ . ノ.:::{.,':;、::i' ノ/zニニ///,}z、, , , , ,__
             lし'  ,}::::::Y:{ノ:::Y/´:lj , ィ//ィ///////////>, 、
            _,.ィ|   ,l:ハ::::ノヽ::{, イ///////////// /////////l
     _,..,..ィ'7/// :|  :l;j .}::{ ノ/l__|////////////, .//////////}
   イ//////,f≦云}`ー‐--‐‐'.イ:/:ノr‐、'////////////,' i//////////,|

『とまあ、戦争に勝って奴隷を獲得し版図を広げた結果』

『奴隷トークンを率いる貴族と、奴隷にすらなれない貧乏平民で二極化し』

『しかもそのまま悪い意味で安定しちゃってたのが共和制末期のローマだ』

『この状態で蒸気機関とか要るかい?』

『貴族は何も困ってないんだ。蒸気機関なんぞなくてももっと便利な奴隷トークンがいる』

『平民自作農没落による軍事力の崩壊すら、マリウスの志願制移行で一応取り繕えてしまった』

『なら、喩え技術的に可能であったにしても、わざわざ工業化(産業革命)とかやらないよね?』

24 名無し-Red-市民-2 :2019/03/20(水) 01:58:45 ID:WSz8KmPQ0
要らんわなあ、下手なことすると革命だし

25 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/20(水) 02:01:51 ID:koOO/In60
>>24

        ヽ       /         |
         .|       |          |
         .|   ´ ̄ヽV          |
         .レ彡州州州ミ|          |
         州|V!|ヾ\ミミ|         .|
        リ州|{!i州ヾヾミ:|         .|
        州洲州洲州ミ:|         .|
        从洲州´\ヽ州         .|
       ノ¨\州',ヽ,  ノ |         .|
ヽx_ _x イ|N  \ヽ´ィ!今从          |
. |!f |〉|洲ヘヘz=<  ` ¨¨´ \        |
. |i| ∨||V洲ヽ弱 |        l> 、   ,_/
. V  ∨ヽ寸从、 ヽ  _x   / 彡<|丶ヽ
 |   ヽヽ V从`  -<二/    / |洲|\
 ヽ     j  |ヽ、       /   V`\
           \    /  x─ト──
            `ヽ<´/ ̄ ̄ ____
              V厂    <::::::::::::::::::

『だよね!』

『だから【奴隷トークンが居る限り工業化は不要】で』

『そして古代ローマは、あとインドや中国は奴隷制国家だったから』

『工業化が可能だったとしても不要だった』

『これが回答の一つになる!』

26 名無し-Red-市民-2 :2019/03/20(水) 02:09:02 ID:FBrfpWfo0
こんばんわ
ステラリス的に解釈

エキュメノポリスで合金と民需品が用意出来たので
それらを作れる巨大構造物を作る気が出なかった

27 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/20(水) 02:12:48 ID:koOO/In60

                            ,.ィ
                     ,..:イ ,..::::::::ノ-―-'"ノ__,
                  ,、,、::::/:::::/::::::::::::::/::::‐-、
             j、 / .i::、.`ヽ:::{\:::::::::::/::::::>:::::::ヽ
             / .{  j:::::>-ゝ  }::ト、::::ハ:::::::::::::::::::::ゝ-、
                {  } ノイ:::ヽ_.>ヽハ ヽ{ ヽ::::::\:::::::ヽ`
.              ハ ./ ノ-‐"<´ ̄ ,ゝ._.ハ .}'ヽ:::::::::::::::::ゝ
                Y V-‐ァ     ̄ <二フ`ー 、 Y\ト、::::::',
            トV_..ノ    ノ.フ` 、  ー-/ /ゝ、}、):::::::,
            { レ'ノ _,.:、ィ./  __ ヽ ーイ::/⌒、::::::::::::::>
                ゝ(./.ノー-、 `'  ,.-r¬'フ   '゙ ':: ヽ }::::::::r'"
              ヽ `、 ,._、:.     ` ´      ' 〉:: , ハ::::::::ゝ―-、
                乂 ト ゝ' .ノ          r-‐./'" ̄_-=二l
              / ,'   ヽ            _.-‐ニニ二二二l
              /   {       -‐ ´ `   f.r‐ニニ二二二二/ニr-----――===ヽ、
           ∠..  ',   `ー           | |ニニニ二二/ニニ/    __,...-‐''"!
.            Vニニ,   、            /| |ニニニニ/ニニニlΤΤΤl l l l l l l l l l l.ト、
          _,..-∨ニニ,   \         ,  /.| lニニニ/二ニニニl l l l l l l l l l l l l l l l l,ト.ゝ、
.   ,.-‐ ''" _,.-‐、ニニ, /  >   _. イ./   | |二ニ/二二二ニニ| l l l l l l l l l l l l l l lイニニヽ
. /-‐''"////ニニニ\ニニ,(  /―――<\   /イニニニニニニニニニニニニ;ニニ/ニニニニニニ',
,イ/////////ニニニニヽニ, /、::::::::::::::::::/ //二ニニニニニニニニニニニニlニ,'二二ニニニニ}

とは言え、実はローマにも奴隷が少ない時期があった!

ざっくりいえば

・共和制時代:侵略でガンガン版図を拡大。
戦利品として農地と奴隷を獲得するも、貴族がそれを独占して奴隷制大規模農場で大儲け!
大規模農場による価格破壊で平民自作農が没落し、「奴隷トークンを使う貴族と、奴隷にすらなれない貧困平民」の二極化が進む。
領土が広くなりすぎて通信や輸送や機動に時間がかかりすぎる統治限界に達したのもあり、機能不全に。

・帝政安定期:「こんなでかい国共和制で回るわけねえだろ!」とカエサルが帝政に変更。
既に統治限界だったということでもあるので侵略は控えめになり防衛戦主体。戦利品たる奴隷は減少し、農奴もいない。
貴族が独占していた農地を兵士(没落した元自作農)の「退職金」として分配するシステムをカエサルが構築したこともあり、貴族と平民の格差は縮小し、自作農が結構復活。
むしろ奴隷不足で困ったので、ホイホイ殺されたりしたらたまらないと、奴隷の権利保護的な法令も制定される。

・帝政末期:カラカラ帝のやらかし等により国防が崩壊。国境沿いのローマ人が難民化し、富裕層の荘園に逃げ込んで農奴化

と言う流れになる。

共和制時代には勝ち戦で得た外国人奴隷トークンが居たし、

帝政末期には負け戦で国境沿いのローマ人が難民化して農奴トークンになったので、

これらの時代は奴隷・農奴トークンのせいで蒸気機関の入り込む余地は無い。

だが、カエサルが作った帝政安定期は、防衛戦主体の平和な時代であり、勝ち戦でも負け戦でもなかったので、

奴隷トークンは少なく、農奴トークンも居なかった。

トークンが少ないこの時代であれば、自作農は復活できたし、

蒸気機関が入り込む余地もあったはずなのだ!

奴隷や農奴がいない分、労働力は不足しているし、

自作農という中流階級、豊かな市場が存在しているのだから!

28 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/20(水) 02:14:34 ID:koOO/In60
>>26
『こんばんは!』

『もしくはこうかな?』

・奴隷の方が生産性高いので、わざわざロボット技術を研究する気が起きなかった

『的な。これはステラリスプレイヤーでは良くある話らしい』

29 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/20(水) 02:18:44 ID:koOO/In60
                ハノ\.ハ
                  / {l涜l} ∧}}二≧ュ、
               _厄オ≧=====≦  \  ヽ
              /ィ /厶   、  ミ、 ヽ    ハ
.             { ! 〃{! 〃  ヽ l} ハ     \
             _ゝ{ {レヘ{ {!   i} .ノ / l}ハ ////\
            ィ/リ爪 / {盲}    {盲} 彳 i}  //   l}ヽ.
         // /广{乂"" _    "" 厶イ.リ il|//   乂∧
          〃./ {! /   ∨  \厂 ̄ } 川 リ/ l   !ノ ∧
         乂{  ゝ.  /r=≦廴}≧=く´ ∧{{イ   ノ /} l} }
        / /∧ {!l / \_x介トx_/ {! ヽ  く .イリ ノ .ノ
.        {! .// .∧ {!  ′ 廴_l!__}ヘ ハ  l}!  乂く≦彳
         乂 {!  \/  / /∧   V l} 从 l   .〉〉  \
          厂\≧ し’≧=≠个≒=≦ し   リ .イ∧ 乂j}
.         /  /厂   / /    !     ∨  〈     i}く リ
        {!  { {l  ∨ .〃 '  ∨     ∨ //∧ イ イ{
       ゝ ゝ≧ー/  ′    ∨ ',    ∨!  .ィ爪  乂
         刈 / {!  { .′{! {! l}  }   .人} //イ l! f´ i}
.          {! 乂 {\ V  ゝ   ,リ j!_ イ メ 厶イ77i} l}  ノ
          ゝ  {! く厂厂`ヽ__l_{!__ ォ廴广¨´  ,厶イ_ノ
               {! ⌒⌒⌒} | } |
                        し  し

この旨僕が指摘したら、幸子の人は再び悩んだ。

共和制時代や帝政末期に工業化が進まなかったのは当然だろう。トークンのせいで、蒸気機関が社会的に必要なかったのだから。

だが、帝政安定期ならトークンが不足しており、工業化には社会的な必要性と有用性があったはずなのだ!

帝政安定期なら産業革命の芽はあるし、蒸気機関だって存在したから技術的に不可能だったわけでもないだろう。

なのになぜ?!と。

30 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/20(水) 02:20:06 ID:koOO/In60

          /,イ,ィ'il|ll州!l!. Ⅶ}l }i|l Ⅶi.}l!.Ⅶl|l,州i!l州l|i
        〃 ,リ'/,ィ州}li|li{tーⅦ},.{!l! Ⅵ'l}´}Ⅶ州l.il|l|}li |!
         〃,イ,i{!,l!}l|,}i'´}   Ⅵ州` `',ィ ,リ'.l| l州l lil li
        .〃.i|,州,i|!l.Ⅶ! ,ィf云ミ `ヾ!  _ィf云ミ、. l|!リi!.| |l、
         i!,リ'}!i|l!}!i|l!,イ! l-、:ハ     i´-、i} }liイ!{,i|.i|!lミヽ
          |l! ,l|!|lriⅦ!ヾ!弋ニ'ノ  :i   弋ニリ〃,州l|州li
           |l!.ノ'|.}l i.〉l|l}i.、` ̄   |     ̄   /イ{.|{l.ル{`
             .|lハ、ヾ〉、`        __,;::    /ー,ィ{
              `}ハl:、    }`_ _i´{   ,イilハli|`
                  l从i.、 }:l, ,.イ:/:/.;':.:.:: ,イl从! `
              }`ヽ、_从/}:/)::/::;'.., -<{Y_
             | 〕ry}:/i ,ノ{ (:/.}:/::/.|,ノハ
             (:ィ:(}/}::::}ハ::}‐/イ():/ ̄ _,:|
             ,'/;/ . ノ.:::{.,':;、::i' ノ/zニニ///,}z、, , , , ,__
             lし'  ,}::::::Y:{ノ:::Y/´:lj , ィ//ィ///////////>, 、
            _,.ィ|   ,l:ハ::::ノヽ::{, イ///////////// /////////l
     _,..,..ィ'7/// :|  :l;j .}::{ ノ/l__|////////////, .//////////}
   イ//////,f≦云}`ー‐--‐‐'.イ:/:ノr‐、'////////////,' i//////////,|

『そこで僕が(自己愛並感)再びこう言った』

>古代ローマに「科学技術」の概念が無かったのでは?
>つまり「自然【科学】(自然哲学)を実用的な【技術】に転用しよう」って発想が。
>青担当がギリシャ哲学者ですし。

『とね』

31 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/20(水) 02:23:45 ID:koOO/In60
            . ・    ,
          . ・ ; ’‥ ; .
        ・ . ”. ・;¨・:`. 〟
          ;¨.∵:’・.※…・ ,
        …;.:`:”・.;・¨∴¨.
       ・  ….○・;”・○”:.`
        ‥ ’.∵・”・¨;・;.:. ’・
         ,:・.ト、__’_.‘ィ.;・::”、
         イ::ヽ.`ー‐:´:’イ:/:::::> .
       イ::::::::::::{:::`ヽ;”・;イ/:::::::::::::::::::`丶
      f::::::::::::::::::::::: >'  ┴く/:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     |::::::::::::::::::::r┤/ / \_:::::::::::::::::::::::::::::/
    ム:::ー-::f:::ア.'┤イ ィ ハ. ヽ:ヽ::::::::::::::::::::::::゙ヽ
    .リ::::::::::::::/:::{ヽ_ム. ヤ´Tヘ ! :i:::::\::::::::::::::::::::::{
   イ:::::::::::/::::::ヽ-イ|ヽ)_.ト、)ヽ/:::::::::::\:::-==:::ヘ
 /::::::::::/::::::::::::::::\ノ::::::::}::::/:::::::::::::::::::\:::::::::::::::ヽ
. }::::::::::::::::::::::::::::::_::-‐'´::::::::::`¨¨::ー-::_:::::::::::::\::::::::::::{
. ゝ::__::::::::<::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::〉

『大学の恩師の科学史の授業でね』

『こういうのがあったんだ』

・科学と工学(技術)は違うよ?

『とね』

『今となっては「科学技術」は一セットで語られる。このスレでも(あえて)そうしてきた。』

『でもこれは本来別概念なんだ』

『例えばだ』

『医学は病気の原理を探るものかな?それとも治療法を探すものかな?』

『生物学は病気の原理を探るものかな?それとも治療法を探すものかな?』

32 名無し-Red-市民-2 :2019/03/20(水) 02:24:13 ID:FBrfpWfo0
一種のブレイクスルーが必要というわけですな

33 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/20(水) 02:35:51 ID:koOO/In60
                       _ -──‐-  _
                    、丶`           丶
                     ,                   ,
                  /                 ',
                      ′    |      ',   ',   ',
                            |  |     ',   ',   ,
                   l l  | il |  |  l\  l      i     ,
                 V\|八|\|\|  \〉ヽ|   |、
                 '  丈fお   ィ弋fちアl   |)l    l
                    /  /i|  ,             lノ   厶イ
                i   i八  `       /     ,   /  ⌒>
                |   |   、 ‐=‐    '   / /   /  ∠
                人{\j   \     /  //!___ 厶ィ ⌒\>
                         i(〕=- 厶 イ^ニニ|7⌒}⌒}ニミメ、
               _ ‐=ニニニニ=jニY7厂ニニニニニ人 人⌒ヽ\\\
            、丶`    厂 /   v]| l※ニ=- ´__\   }⌒ハ ⌒\ 、
             / / /   / /    _v!」ニ=‐  厂O``〜、} {⌒L\> ⌒\>
           /  /   / /  /O_ア     \ニ((⌒ヽ \、ノ⌒ヽ
         ,   /     / / /o_ -          \≧=彳ニ) \ l
          / ,       l  {/。_ ‐            〕ア゚⌒``ヽ、}ヽ〉
        ' /         l  { _ ‐              /      i]  }\
     /  {        l  {′            .        人 ノヽ }
    /   人        l  {               i          `、 ノ\
... /        、      ∧ ∨                 |           `、\j
./         \_    (∧ ∨       ,..    人             `、ソ
          / 〕    ∧ ∨   _  イ      \             `、
         /  厂   (∧ ∨⌒ ̄           λ            `、

『医学は治療法を求めるもので』

『生物学は原理を求めるものだよね?』

『勿論、両者は関係している』

『医学が治療法を求める場合、大抵は生物学の力を借りて原理を探るだろう』

『だが同一ではない!』

『極論すれば』

『医学は治せさえすれば原理がわからなくても構わないし』

『生物学は原理さえわかれば治療できなくても良いのさ』



『そして』

『医学のように原理ではなく実用性を求めるのが「工学」「技術」であり』

『生物学のように実用性ではなく原理を求めるのが「科学」なんだ』

『技術と科学、両者は関係はしているけど、別物なのはわかるよね?』

34 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/20(水) 02:42:58 ID:koOO/In60
                             :;:, .:.
               パチパチ…    . . .:', .:.
                     .::... .   . .':::;:, .:.
               ':;:. :::. . ..:.:λ:: ::'; ::,)、::.:;.:,:;.:
               ..':;ヾ::.:ソ)人ノ从:.ソ)ノ ):.: .;,.'
                  .::Vィ'  (ソヘ (::.:.:'.,; :. .
                ',:; .::)       て:;;':.
                 ..:.(ノ        (::..
                . . .::::)    ヘ ソハ   ,ゞ.:.
             .;: . .:::: .:ソ   ノ:.::.:.. :(    (: :.
          . . .::.: :::..::..:(    (::..::..:::.::ノ    ):::...

そして人類史において、「技術」と「科学」はそれぞれ別々の形で発生し発展してきた。

技術はそれこそ人類史の始まりから存在しただろう。

例えば火を起こし、暖を取ったり食物を調理したりするのも立派な技術だ。

だが、「火」を扱った原初の「技術者」たちは、

火が化学反応であり酸化還元であるとか、

その化学反応を起こすきっかけとして一定以上の温度が必要であるとか、

だから摩擦熱をかけるんだとか、

火から発せられる光は電磁波であるとか、

火から出る熱は分子の乱雑な運動であるとか、

そういう火の「原理」については興味を持ってないよね?

ただ経験則的に、現象論的に、こうすれば火をおこせて、このように利用できると知っているだけだ。

35 名無し-Red-市民-2 :2019/03/20(水) 02:49:30 ID:JEO2cwHA0
青(科学者)と赤(技術者)が身分的に完全に分離してしまって、赤青(科学技術者・マッド)が生まれる余地が無かったってことかな。

36 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/20(水) 02:52:51 ID:koOO/In60
                           ,..::::::::::::..
                               /::;::::::;:::::;:::'.,
      ,.ィ圭'g:.、              {:::/:::::::i::::i:i:::}
      ,勿   沁;,              ゙イヒテ i:::::i:i:ノ
     ,勿   il淡;              ,ゝ-/ノ:/|
.      爪i    .lil淡;              _..,,=i::j.゙~/ ̄.}-、
     {ilili     li圭i}    , =---‐‐≠´  i:/;;// Y  }
.    {ilili    lil圭i} ri  {    __..,,,z-=イl;;// ゚ ,;∨ l
  <二二二 二 il圭i}ニ|[Ю{   _ィ´   イノ// ゚ .< }  l
.     {ilili     li圭i} `'   ヽ/.      イハ/   ::∨  l
.      仔i    .川炒.            ρ∧ o  ::;'  八
     弐    ,'圭炒           ,' / ∧.|  /.     \
.      ゙弐   ,'圭炒           ,i:::|    i! <ニ廾=,,..._.ノ
        ゙弐イ圭㌘            ,i:::l    i∨  (,,,) ',
        `守少'                 ,i::::|    |ili∨   ∧
                         /,':::|   |ililil∨   ∧
                         / ,':::::|   |ヾ;;;;∨   .∧
                   <  /‐ -|   | ∨;'}    \!
                      ∨  /____  |  |;;/     \
                         |;;;;`i´  |/         `>
                         |;;;;;;;l  ./         /

一方の自然科学の先祖である「自然哲学」は、それこそ古代ギリシャの時代から存在したが、

これは自然の原理を机上で「考えて理論化する」だけで終わっていた。

中には原子論のように後世から見ても正しい考えもあったが、四元素説のような間違いも多く玉石混交であった。

そして、考えた理論が本当に正しいのかどうか検証しようとか、

またその理論が実用的に役立つかどうか?とかには

全く興味が無かったのだ!


自然哲学者は原理に興味はあれども実用性(と検証)に興味が無く、

技術者は実用性に興味があれども原理に興味は無い。

この状態では、両者を組み合わせて

「自然【科学】(自然哲学)を実用的な【技術】に転用しよう」って発想、「科学技術」には至らないだろう?

37 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/20(水) 02:59:01 ID:koOO/In60
>>35
         __ ,ィニ=一'_
       /,´ ̄`´.:..:::..:..:. .:..`ヽ、
      ./.: ..: .: .:_/l:;:.:::.::.:::::. :. ヽ、
      .,イ.:: .: ::./l::/``i‐;::::::.}V: l::. 、 `ヽ、
     ,'.:::: .:: ::::! .!l_ ‐、`.';::::i:! l.}l_i_ ::.:.:.. ::_
    .l:::::: :::.:|l.,ィテミ`ヽ ヽリ リ .l::i`::::. :.ヽ
     ,':::::::..::::| li!l::::リ     ,ィzミ,リ,'::::::. :::
    ノ/lイト;::::|!. `´     /::;;! l.リ::::::::..::
    .'ヽ、ん:!l       ノ ゝ' /,'.:::::ハ:::.:
     lィーliヽ.            ,イ::::ハ| |!l:.
   .._ 从lヘ      , ‐,    /ノⅣ  l l::
    } ≪..ソ : .ヽ    `´  ./
    .,}ト、 ≫x : `:..、_,... ´
  ィ////>、 ≫x:::; イ、
  /////////>、 ≫==≫,
  ////////////  / ,rz/

『いや?どっちも青ではある』

『ただ、青にも二面性があるからね』

『役に立つ技術を求める向上心の青と、役に立たなかろうがとにかく未知を求める好奇心の青』

『好奇心の青と向上心の青で分離していたんだ』

好奇心の青(科学者):自然界の原理を好奇心で説き明かそうとするが、それで社会を発展させようという向上心は無い。
向上心の青(技術者):技術で社会を発展させようという向上心には溢れているが、技術の背後にある自然界の原理を説き明かす好奇心は無い。

『まあ正確に言えば好奇心の青もさらに理系青と文系青に分かれるけどね』

好奇心文系青:自然界の原理を好奇心で説き明かそうとするが、それで社会を発展させようという向上心は無いし、自分の理論が正しいか検証する気も無い。
好奇心理系青:自然界の原理を好奇心で説き明かそうとするが、それで社会を発展させようという向上心は無い。自分の理論が正しいかは実験や観察で検証する。

38 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/20(水) 03:04:52 ID:koOO/In60
                 _」L&∟ニ&∟L」_
             r:'':":: {     |:: :: :: : `Y
                  :: :: :: :{     |:: :: :: :: : |
             :: :: :: /       \:: :: :: :|
             i:: :: /       〉:: :: ::|
             |:: :: \       / :: :: :: V
             |:: :: :: ::}    {:: :: :: :: :: ::V_」 」_
            ,.。s≦! :: :: :: }    {:: >:: <´:j{:: :: ::\
          Ⅶ+ :/::_::_::_:.:}____j_/::_::_::_::i⌒{⌒:: :: ::}
          Ⅶ::  ̄::}:i:i:i八.乂_ノ ノ:i:i:i:i:i:i:i{:: :: ::ノ:: :: :′
           }≧彡':{:/`ヽ≧≦⌒y⌒v^ゝ‐彡⌒Y
     r‐…v‐(:.:≧=彡'{:: {‐-ィ(i:i)、、,./:: : ::}:: :: :: :: ィi{[
     ∧:: :: }:: ::〉ヽ:: ::Ⅵ>、\ノ⌒ヽ_ノ :: :: ノ≧=≦^⌒(
...   /:: ::ヽ 八/:: :: 〉 /:: ::\\/:: :: ::ィi{´⌒`ヽ:: /:: ヽ
   /\、、ノ:: : {: ィi{:ア:: :: :: ::(:: ヽ:: ィi{ノ:: :: :: :: :: :: :: \:: ::_ L
    ゝ-‐^^⌒>:: :j:ア:: :: :: :/:: \:: :/:: ヽ:: :: :: :: :: :: :: :: Y⌒⌒
        ,イ::_::_j{ :: :: :: へ:: :: : Y:: :: :: : }:: :: :: :: :: :: :: :: |
         |:: :: ::ハ:: ::/:: :: : \ 人::/:: ̄:`ヽ : : :: :: :: ノ
         |:: :: :{  \!:: :: :: :: :.:VV:: :: :: :: :: ::j:: ::。o≦{
         |:: :: :{ 人_ノ≧=‐-:ィ:: {‐‐…=≦:: :: ::ィi{ :: {
         |:: :: :{八:: :: :: :: :: :: :: :: j⌒⌒⌒V:/:: :: :: ノ
         {;;_;;_;{…≧=======≦: : : : : : : :V::_::_,.ィi{

そして工業化(産業革命)には、「科学技術」が必要だ!

「自然【科学】(自然哲学)を実用的な【技術】に転用しよう」って発想が必要だった!

・・・そして古代ローマには「科学技術」が無かった。

蒸気機関は確かにあった。

だが「ヘロンの蒸気機関」は自然哲学者の玩具であり、

「科学技術」の発想が無い自然哲学者たちは「ヘロンの蒸気機関」を産業革命という「技術」に転用しようって発想に至らなかったのだ!

古代ローマは「科学技術」と言う発想を持たなかったが故に、

数々の長所を持ち時代を先取りした偉大な帝国でありながら産業革命には至らなかった。

幸子の人の疑問に対するGMの答えがこれである。

如何だろうか?

39 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/20(水) 03:19:52 ID:koOO/In60


                            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                           /:::/ /:::::::::::::::::::::::::::|::::::::',::::::::::',::::::::::::::::::::::\
                            /:::/::,':::::::::::::::|::::|::::::::|::::::::::',::::::::::',:::::::::::::::::::::::`、
                        l:::/:::, :::::::::::::: |:: j ::::: |::::::::::::,:::::::::::,::::::::::::::::::::::::::::.
                       ,ノ:':::::,::::::::::::::::::|:::ハ:::::::::::::::::::::l::::::::::}::::::::::::::::::::::::::ト::',
                      イァ7:::::l::::|::::::::::: |:,'-',x :::::::::::::: |',::::::::|::::::::::::::::| ::::: | ',:}
                        /イノ::::j : |:::::从::i!l  '八:::::::::|l:リ 'x::::/:::::::::::::::,'::::::: | リ
                      '´^!//^!:::l::::::| V    ∨:::リl | j∨ リ:/:::::|:/ |:::::::
                       人  |l:∧:::{≧=ミ、 \ ∨      /!::/::::/lイ::/
                        /´\v' V《乂:::ノ゙ヽ    x==ミx/: : :|/ !/
                       ノ{ |イリ` ヽ∨ ̄´       乂メイ/W从::{ ,/'
                      ノ i! ∨  ∧           |   ̄ /´   V/
                    //......|  '.,    ' ,       '   ,イ
                 , < ...,'.......∧  ∧,     \ `ー ニア'  ,/ }、
              , <´ .....................∧  \    \、  ,イj  } |..\
             / .......................................\  ` 、    `/ }j ' ノ /...... \
            /......................................................\   > 、/  j',/ /.............. \

『なお先ほどちらっと言ったけど』

『ギリシャの自然哲学は自然科学のご先祖様だけど、まだ完全な自然科学じゃなかった』

『自然哲学は原子論などの現代自然科学にも繋がる偉大な理論を含むけど』

『四大元素のような誤った理論も含んだ玉石混交で』

『そして【その中のどれが正しくて間違っているのか検証する方法を持たなかった】』

『それを検証できるようにしたのが実証主義なのさ!』

自然哲学:自然の仕組みについて想像し理論を立てること。ギリシャ時代からあり、「原子論」など当たりも多かったが、本当かどうか確かめる方法が無かった。
実証主義:哲学(理論)が正しいかどうか実験や観察で確かめようという発想。もし実験や観察と矛盾したらどんな素晴らしい理論も間違いだ!

自然哲学+実証主義=自然科学

『まあややこしいことはない。ようは実験や観察で白黒つけましょう、実験や観察と矛盾する理論は間違いだ、ってだけのこと』

『だがこれが案外重要だ!自然哲学だと、「偉い先生の言ってる理論が正しくて、目の前の観察結果・実験結果が誤りだ!」と言った権威主義や』

『「観察している現実は夢幻であり嘘かもしれない」と言った過ぎた懐疑論もまかり通っていたからね』

『自然哲学は観測や実験を重視する実証主義を取り込んで、「自然科学」へと昇華したわけだ!』

『例えば、ガリレオやニュートンが天体や物体の運動の原理を説明する理論(慣性・作用反作用・万有引力等)を立てて、それを実験や観察で正しいと実証したのが代表例になる!』

自然科学+技術=科学技術

『そしてその自然科学が、さらに技術と複合して、「科学技術」が生まれたわけだ!』

『例えば熱力学(科学)と蒸気機関(技術)の組み合わせがその代表例になるね!』

『古代ローマにはこれが足りなかった。自然哲学はあれども、実証主義や技術と組み合わせようという発想が無かった!だから産業革命に至らなかった!』

『その辺、上手く組み合わせて「自然科学」を発明した当時の欧州人、特にブリカスはやっぱり偉大なんだろうね』

40 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/20(水) 03:23:29 ID:koOO/In60
     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

「・・・と言う流れはやる夫も知っていたお」

「にもかかわらず、あえて科学(サイエンス)と技術(テクノロジー)を」

「「科学研究」と「技術開発」を分けずに」

「最初から「科学技術」でいっしょこたに扱ってきたのはなぜか?」

「わかるかお?」


では今日はこの辺で失礼します!

ご参加頂きありがとうございました!

お休みなさい!

41 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/20(水) 03:28:06 ID:koOO/In60
>>32
『そうそう!』

『有閑階級の知的遊戯であった「自然哲学」を、実用的な技術に転用しようって発想!』

『ただそれだけなんだが、アイデアの有無は実際重要なのは研究班諸君なら良くご存知だろう?』

42 名無し-Red-市民-2 :2019/03/20(水) 04:56:41 ID:rKOmdY.I0
おはようございます!

好奇心の青(科学者)はカラーパイの論理、向上心の青(技術者)はカラーパイの技術に当てはめられますね!
やはりカラーパイは偉大!

そして科学技術どころか自然科学にも至ってない自然哲学では産業革命は起こせませんね……
納得です

科学研究と技術開発を分けなかったのはシステム上の都合(ぉぃ)、
というのは冗談で、
やる夫が前世の記憶で科学技術の思想を持っていたからでしょうか?

43 名無し-Red-市民-2 :2019/03/20(水) 04:59:48 ID:rKOmdY.I0
あと思ったのですが、自然哲学と実証主義が組み合わさって自然科学が生まれた理由って、
『世界は「自然という書物」であり、神のメッセージである』というキリスト教的思想が関係していると思うのですが、
無茶王様はどう思われますか?

44 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/20(水) 05:37:20 ID:koOO/In60
>>43
『僕が神聖四文字を緑白と言いながら』

『時折青の神だと言っていたのは何でだと思う?』

45 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/20(水) 05:40:18 ID:koOO/In60
>>42
『そうそう。Mtgの分類は偉大だよね!』

『然り!自然の原理について考えるだけだと自然哲学(文系青)で、そこに実証と技術を加えて初めて「科学技術」になるわけだね。そこまで行かないと産業革命にはならない!』

『いやこの辺いまだに重要だ。具体的には文系だと実証が無いのに学問を名乗り権威者ぶっているのが割りと多い』

46 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/20(水) 05:50:29 ID:koOO/In60
>>42

    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \

>やる夫が前世の記憶で科学技術の思想を持っていたからでしょうか?

「だお。分けてしまうとまた古代ローマの二の舞だけどお」

「最初から「科学技術だ」「科学は技術に転用する物だ」と刷り込んでおけば」

「後世の研究者たちは特に深く考えずとも最初から「それはそういうものだ」という文化の中で生きる「科学技術者」になる」

「そうすれば、やる夫が居なくなった後も「科学技術」は極ナチュラルに残るおね?」

「だからそうなるように調整したんだお」

文明崩壊後キョン子物ではその辺のやる夫の調整が無かったのでややこしいことになってたわけです。

「昔の偉い先生」のせいで科学の足が引っ張られたり。

47 名無し-Red-市民-2 :2019/03/20(水) 06:13:44 ID:rKOmdY.I0
>>44
おはようございます!
その質問の答えが分かれば私の質問の答えも分かるってことですよね?
えっと……唯一神=世界を全て作った神=好奇心の青の対象を作った神、だからでしょうか?

48 名無し-Red-市民-2 :2019/03/20(水) 06:16:46 ID:rKOmdY.I0
あ、全知全能=全ての好奇心と向上心の終着点の神、というのもあると思います!

49 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/20(水) 07:35:19 ID:koOO/In60
>>47
>>48

                            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                           /:::/ /:::::::::::::::::::::::::::|::::::::',::::::::::',::::::::::::::::::::::\
                            /:::/::,':::::::::::::::|::::|::::::::|::::::::::',::::::::::',:::::::::::::::::::::::`、
                        l:::/:::, :::::::::::::: |:: j ::::: |::::::::::::,:::::::::::,::::::::::::::::::::::::::::.
                       ,ノ:':::::,::::::::::::::::::|:::ハ:::::::::::::::::::::l::::::::::}::::::::::::::::::::::::::ト::',
                      イァ7:::::l::::|::::::::::: |:,'-',x :::::::::::::: |',::::::::|::::::::::::::::| ::::: | ',:}
                        /イノ::::j : |:::::从::i!l  '八:::::::::|l:リ 'x::::/:::::::::::::::,'::::::: | リ
                      '´^!//^!:::l::::::| V    ∨:::リl | j∨ リ:/:::::|:/ |:::::::
                       人  |l:∧:::{≧=ミ、 \ ∨      /!::/::::/lイ::/
                        /´\v' V《乂:::ノ゙ヽ    x==ミx/: : :|/ !/
                       ノ{ |イリ` ヽ∨ ̄´       乂メイ/W从::{ ,/'
                      ノ i! ∨  ∧           |   ̄ /´   V/
                    //......|  '.,    ' ,       '   ,イ
                 , < ...,'.......∧  ∧,     \ `ー ニア'  ,/ }、
              , <´ .....................∧  \    \、  ,イj  } |..\
             / .......................................\  ` 、    `/ }j ' ノ /...... \
            /......................................................\   > 、/  j',/ /.............. \

『大体そんな感じ!』

『自然科学は自然の原理を理解しようとするよね?』

『で、神聖四文字教の教義に基づけば、自然は神の被造物なわけだ』

『ならば』

・自然を科学的に理解する≒作り手である神の意思を理解する

『ってことになるよね?』

『ゲームをやりながら製作者の意図を慮るように』

『だから』

・神の意思を理解するために、自然を科学的に理解しよう!

『って考える宗教者も当然現れるわけだ』

『ああ、今はそういう風に「神を理解しよう」ってのは不遜だと看做されることが多いんだけど』

『当時は神を理性的に分析して理解するってのも一つの信仰の形として認められていた』

『特筆すべき点としては、科学的な好奇心が転じて青き神への信仰になるのではなく』

『神への信仰がまずあり、神を理解したいと思い、その手段として青い科学を使うってことだね』

『結果、神への信仰が青い科学的な色彩を帯びることになる』

『故に人から見れば、青の神でもあるのさ。』

>「世界は「自然という書物」であり、神のメッセージである」

『ってのは、そういう意味なんじゃないかな?』

『少なくとも僕はそう認識している。』

50 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/20(水) 07:43:19 ID:koOO/In60
  /        ヽ      /
  ,          i     i
 ,           |   _≦|
 |            |从州州..|
 |            |州州州..|
 |            |州从从..|
ー'            ,州州从从
≦、         /从州州\ム
./ヽ        /从从州从X^\
从州 、     /从州从マ从从  iハ――フ/
州州州マ不不マ从从州', \`ヽ从_ ' |/ }∧州
レ从州州ー=l"マ州州i!从 `/ _-≦三=- Y||
从州从州从从 \\州',ゝ´ _彡T::::::::::レ/ 州
.州州州从从从  .\不ム ""  レ-<   州
从州州从从',\ ̄こ  !  \        从|
州|ハ州从从 、彡:::::} '           ノ /
州| .州州从从ヽ-<|             ,7
从|  マ从州州不\ ヽ        /   /
..从  マ州从不从 `     - = ´
 从  .マ从 / V Ν    <__ ´       ,
  从  .マ从     、              /
  从   从     \          /
    \          、        / <ニ
                > へ ´ <ニニニ

『でまあ、そうした神聖四文字青説に基づく限り』

『目の前の自然は聖書と同様に神の意思を反映したものだ』

『であれば、人間の考えよりも、神の意思の具現である自然(の実験結果・観測結果)のが優先されるのは当然だろうね』

『となると、自然哲学の仮説よりも実験結果・観測結果を優先する実証主義に自動的になるわけで』

『なるほど、そうした青信仰が実証主義的な「自然科学」発生の原因なんだろうね』



『・・・ただし、ガリレオが投獄されたように』

『聖書や既存教義と自然界の観測結果が矛盾した場合どうするか?という問題が残る』

『例えば生物学者が観察し実験した限り、どうも生物は突然変異と自然淘汰を経て進化しているらしいが』

『これは神聖四文字教の教義とは矛盾するらしい』

『その場合、どっちを優先する?』

『この点については神聖四文字系科学は科学になりきれてない面がある』

『観察結果・実験結果よりも教義を優先してしまうからね』

51 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/20(水) 07:55:31 ID:koOO/In60
                      ‐=ミ、 _.
                   _,ィチ州liミチ=ミ、
                  州イ川州州li州li,ミ、
              .,州州Ⅶliミ、ヾrⅦ州li!、
                州州ミrヽマミ、.,ィ-ミli州|ム
              ,リイiliト ,ィテ、  .f'il l:リト、ミ
              〃.i|州!i!.じ! i `´ ,リr .ル
              i!  .マlハ  _. `_   ,rイ
                 ヽ.`ヽl l. ゝノ_,.イ从
                 / '´ ̄-、⊃
              __,.ィ!    ニニ{/ヘ_
           rチ三7/ヽ__,ィー'////三二7、_
            |/ハV/oヽ //o////////////∧
              ノィ/o'////,>///////,ヘマニ三彡!
           ル'//////////////////ハニ三彡イ
          ル'/////// ///,O'////////,〉、////,ヘ、
          V//////〈 '//////////////  マ'///,イヽ、
          V////イ .}//////////////   マ//////
            `ー'′ . |////,O'///////     r〉-=≦
                .ル'///////////{      ,仁三ニイ
                  /////////////,ィ!   ,.イ//////
                 f三ニ=-/,O'///,ニ三{  ,.イ///////
               .////////////////∧〈////////
               //////////////////∧.V///,/

『この辺はむしろ、「それ何の役に立つの?」な日本人のが逆説的に科学に向いてるかもしれない』

『科学への敬意が無い実用主義者であるからこそ』

『理屈はどうあれ現実は現実として観察結果を素直に受け入れるからね』

『例えば日本人が旨味を発見できたのはその辺もある』

52 名無し-Red-市民-2 :2019/03/20(水) 13:02:28 ID:rKOmdY.I0
既存教義と観測結果が矛盾する段階になって初めてキリスト教と自然科学の対立が生じる訳ですね
そして日本人は宗教的な既存教義よりも実用性を重視するからこそ観測結果を素直に受け入れる、と
日本神話を地質学より優先する人はまず居ないですしね
納得です

53 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/20(水) 14:59:53 ID:koOO/In60
>>52
                 __\\_
              -≦洲州洲州洲州ミx、
         ー=≦洲州洲州洲州洲州ハ¨`
           /洲州洲州洲州洲州洲州’
           从洲州マ从’ヽム_⊥ヽ洲州ト、
          ,洲州洲 -`ヽト" |:::) リ洲州洲>
          |洲州从l::::) `  ¨ ´ 从斗从
           、洲州ヘ¨  |   ,  ' r-´斗ゝ
            、Ν州',  < ノ  / |洲、
            \  レ > 、 , ' -二二八
                    〉彡≦ニニ/ニニニニニ= 、
                 /`| |ニニニィニニニニニニニニニl
                    И | |ニ/ニニニニニニニニニニ 、
                  人乂!_//ニニニニニニニニニニニニニネ
                 /ニニニ ○ニニニニニニ、ニニニニニニニヒニミ
              くニVニニニニニニニニニニニ\ニニニ≦ <ニ0ニ|
                Vニ,ニニニニニニニニ/  ュ 副会長
                  |ニ|ニニ ○ニニニニニニニニV <  >ニニマ"
                、'ニニニニニニニニニニニニニV ∠〈ニニニニニ’
                V|ニニニニニニニニニニニニ/ ー ヘニニニニニ’
                  |’ニ○ニニニニニニニニ /    /ニニニニニ/

『だね!』

『ついでに言えば、宗教だけでなく科学自体が教条主義に陥ることは多々ある』

・うま味なるものは塩味・甘味などがほどよく調和した味覚に過ぎない

『とかね。欧州料理も出汁は取ってるんだけどね。』

『日本人はその辺、宗教のみならず科学理論にもさして拘泥せず』

『実用的に技術(出汁を取った方が旨い)や観測結果(旨味を舌で感じる)を優先するから』

『あっさり真実を掘り当てたりする』

54 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/20(水) 15:11:42 ID:koOO/In60

                ,...-―`-...、
                ,..:':::::::::::::::::::::::::..`=-、
            ,イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ
           7.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ト
              '.|:::::::::::::::::::::::O:::::::::::::::::::|!
              |ハ:::::O:::::::::::::::::::::::::::::::ト
            l!|ハ::::::::::::::::::::::::::::::::ミ`
              ' ;::::▽.:::::::::::::::マ_
               ヽ;:::::::::::::::::::::::::
                ,':::::::::::::::::::::::::::`:::::::::-、
               ,...:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           ,....::::'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i、
           .i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
            :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
          .ノ.::::::::::::::::::○::::::::::::::::::::::::::ィ-、::::::::::::.ヘ
          |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.  ヽ::::::::::::::::..
         ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    〉:::::::::::::::ヘ
          /.:::::::::::::::::::::○::::::::::::::::::::,'.    /.:::::::::::::::::/
        ./.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;    ./.:::::::::::::::; '
       /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l   ,.:'::::::::::::::::; '
        /.::::::::::::::::::::::::::○:::::::::::::::::::::| /..::::::::::::::; '
        /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::':´:::::::::::::o; '
.      ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_::o:;
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::○::::::::::::::::::::::::::::::::|`V
    ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,'
    ,'o:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
.   l:o::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
    .`i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::了
      |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉
      |::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
     ヽ::| |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       lJ |::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::|
        |:::::::::::::::::::::::/  ∨.::::::::::::::::::::::::l

『まあ、青い信仰から自然科学が発生した「自然科学の黎明期」から』

『既に宗教と科学は対立もしてたんだけどね。ガリレオとか』

『神聖四文字教と科学を両立している科学者は今も昔も多いし』

『神聖四文字教が科学を推進した面すらあるのも確かだけど』

『一方で科学が教義と矛盾する時には科学の足を引っ張ってくれたのも確かだ』

『今となってはさすがに地動説くらいはなんとか折り合いを付けられたようだけど、対立が続いている分野も多々ある』

『特に生物学は進化論に踏み込んでることもあり、神聖四文字教と生物科学の対立は今だに根深い』

『中東では生物学を研究するために、「宗教警察から科学者を守るための特区」とかを作らなきゃならないレベルだ』

55 名無し-Red-市民-2 :2019/03/20(水) 15:22:54 ID:rKOmdY.I0
こんにちはー
マジですか……<特区

56 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/20(水) 15:26:49 ID:koOO/In60
>>55

                _,∠___
             チ州州州州トz__,
             ,州州州州州l州ト、
            州州リ州!fイサ }州lヽ、
            '`州l{`チハ!`、__!lイil
             州ハト、 `    〉
              r┴‐.、 ヽ、ー/
              |三ミミ.、`〈 `′
             ハ=ミ、///ll_l|
              .l////ハ///o,ミト,
           fリムィリ/////|i|
           lミチ壬'/////,l.ム
             /////,'/////o|ミil{
          /////lミ//////,|/∧
            lトvイノ!.|//////,r|'//ハ
           ,'///,イ l///////|V/ヘハ
          ,'///,イ }///////l V//∧
        ,'////l  {ミニ彡イ'/゚ハ V//ハ
       ..,////,l| .,fトミ三三三{ V///ハ、
        .i'/o/l,'.!| l三三三三リ|! . V///ハ

『今となっては信じられないかもしれないけどね』

『中東の国々は昔はそれはもう発展した先進国だったのさ』

『今そうじゃないのはなぜか?』

『宗教が強くなりすぎて科学技術が抑圧されているからだ』

『勿論現実が見えてる政治家も居る。だから特区を作ったりしているわけだ』

57 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/20(水) 15:26:59 ID:koOO/In60
『あと、こんにちは!』

58 名無し-Red-市民-2 :2019/03/20(水) 15:42:09 ID:rKOmdY.I0
青マッド宗教を創作するときは
「我は全知全能である。汝、全てを知れ。汝、全てを能(あた)え。然らば汝は我に至る」
くらいに抑えといて教義を出来るだけ減らすべきですね
細かい文言はこれで良いのかという自信は無いですけど

59 名無し-Red-市民-2 :2019/03/20(水) 15:48:07 ID:rKOmdY.I0
「我は全知全能である。汝、全てを可知可能となれ。然らば汝は我に至る」
よく考えたらこのほうがいいですね
全知全能って全てを可知可能ってだけですし

60 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/20(水) 16:17:01 ID:koOO/In60
>>58
>>59

                     )
                 _/-‐……‐-く
            〉′: : : : : : : : : \
              /: : : : : :i|: : : ::i|: : : 丶
            ′: |: :|: 八: :/:八 : }: | \
           } /i:|: :|/⌒i/}/⌒i: }: ト、
          ノイ(从 :|芒ぇ 芒ュ}/}/  }
          /}> 八    {   ハ′ノ
          / 人\ \ ー‐  く
         ‐-ミ   \ ]__Y7´ ∧
         |   \    C |   / }
         |     Y ⌒ ヽレ ' ⌒ヽ
.        八      |     } |    }    _ っ_
       /  }    |     / |    ∧-=ニムヘ i i 〉
.      /  八    八   .′|  ′{   〈__ ノ ′
     /  /  i   /  L.. }  | //    Ⅵ

『ふむふむ・・・青マッド宗教ならさ』

『もうちょっと青白よりに倒した方が良いんじゃない?』

『せめて研究者同士の協調か、最低限相互不可侵を教えておかないと』

『共同体が維持できなくなるよ?』

『神聖四文字教みたいに食事にまで口出すような細かい戒律は不要だけど』

『共同体の秩序維持という所は宗教でやった方が効率が良い』

61 名無し-Red-市民-2 :2019/03/20(水) 16:27:25 ID:rKOmdY.I0
というと、カラーパイの『聖善』は組み込まずに『秩序』だけ組み込む感じでしょうか?
青マッドは往々にして聖善が邪魔になる『論理』・『技術』もありますし

62 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/20(水) 16:43:03 ID:koOO/In60
>>61
                  ___`ヽ、
          、___ ィ≦州州州州ヘレ=-
            ヽ洲州州州州州州州州ヽ
           イ州州从州ムく不州州州州;
          イ㍗州州トマ州!ヽ_ ―州州州マ!
          イ" 州州∧_マゝ"ヲリ"州州州弋
         /  州州州f ヲ    ¨ 从从|〉)弋
           从 マ!マ从"  ,__,  " , ィ彡|`
           双 ヽ从ヘ "="  ノ |/ト- 、
            ゝ     \   イ/:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
             `  ,< ̄ `Y彡":.:.:.:.:.:.:.:.―ソ
               ',:.:.:./ ̄ /:.:.:.:.:.:/ィ" ̄ ヘ
             / ̄マ.:.:| О /.:.:.:.:.:/ イ:.:.:.:.:.  i
             /.:  入そ /.:.:.:.:.:.:i イ:.:.:.:.:.:  i
            ./.:.|  /.:.:f" i.:.:.:.:.:.:ノ.:.:.:.:.:.   /
           /.:.:.:|∨.:.:.:j  /.:.:.:.:ノ.:.:.:.:.:.   イ
           /.:.:.:.:|.:.:// ,'.:.:.:イ.:.:.:.:.:.:.  /イ
          ,イ.:.:.:.:.:.Y.:.ノ ノ.:.:.:.ノ.:.:.:.:.:   イ/
         ,イ.:.:.:.:.:.:./.:.:ノ ノ.:.:./.:.:.:.:.  〃イ
        ,イ.:.:.:.:.:.:.:/.:/ j.:.:.:./.:.:.:.:.:.   //
      ,イ.:.:.:.:r彡"-"-<彡i.:.:.:.:.:   //
     イ.:.:.:.:.:.:人.:.:|:.:.:.:.く:.:.:.:/:.:.:.   イ/
    イ.:.:.:.:.:ノ.:.:.:fフ.:.:.:.:.:.∨/.:.:.:  /イ´
  / ><.:.:/ ム.:.:.:.:.:./V.:.:.:  /イ´
<"<".:.:.:.//  ,'.:.:.:.:.:.:/ ̄ `ヽ、/イ
<´ヽ、_//|  |.:.:.:.:./__   /.:イ
///>-イ//   !.:.:.:くフ  ヽ、 ,'ミi!

『そうそう』

『別に善良である必要は無いが』

『ルールは守らないと大学も維持できないだろう?』

63 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/20(水) 17:43:13 ID:koOO/In60
>>58
                   ヽ         -=ミ、
                    _ヽ`ー=≦:: ̄ ̄`ヽ}::レ- 、
                       、_,.:::-=≦:::::::::::::::::::::::::ヽ:\ ̄`
                  /::/:/::/!:::/::::ハ::::::::}::::ハ:::::ヽ
                 ///:/メ、|/::,ィ升ミ、/:::::::::|:::::::|:!
                 // /:∧::{_/!:/  j/j/|::::::!::::|:::::::N
                  〃  |N 八灼j/ 代z刈:::::爪:|:::::∧
                 {   |! !jハ{ ヽ      ,ル'r^Y::从
                      八ヽ-_、_,.  ,. -イ∧「ヽ
                         ヽ´  ,.イ/ ̄ ̄ ̄ ̄]
                          ´ ̄>' /三三三三〉
                          {  //´三三三ヽ \
                         >、V三三三三ニ彡'/ヽ
                             | r<三三三ニ=- /三∧
                       / \三三ニ=―/三三ニ∧
                      〈     \三ニ=-<三三三三ハ
         -、_____,.  -=≦ ̄\      V‐=≦三三三三ニ:|
       ///o/o/////////////////∧    〉ヽ三三三三三三 |
.     / 〈/////三三三 ></////// ∧  /  〉O三三三三三:!
   / /  V///ヽ三三三三三 >、―<//     }三三三=/三三!
    | /  /∧ {三 \三三三三三ニ >< r、    /O三三/三三∧
    ||! /| /   ヽ三ニ\三三三三三三三\\  _厂三三三三三 / 》
   {ノ// :!j  ∠三\三ニ≧=ミ、三三三三三ニ\\O三三三三三./=/
    {/´     i三三ニ,.ヽ三三三 \三三三三三ニ∧ニ\三三三三/=/
         {三ニ////\三三三\三三三三三∧三 \三三=/=/
          \〈 ̄>、///ヽ三三三\三三三三 ∧三三\_/ 彳
.            `ゝ―、〉// ハ三三三ニ\三三三ニ∧三三三三ニ!
               |   V/// ∧三三三三〉三三三三\三三三ニ!
.            /    ト、/// ∧三三三/ \三三三三 ≫<三ニ!
            |    { `ヽ// |三ニ>'   //ヾ
            | { ! ∧〉   \レイ-'-、 /////》
           \! {         ヽノ_ ≫//∧彳ヽ、
            ヽj}       /_ン三 / V ニニ》
                     {三三彡へニ/ ニニ「
                          Vニニl
                            |ニニ/
                            /ニニ/
                            `ー'

『あと、「科学技術」がお望みなら』

『実証主義や』

『知識を技術に転用せよ的な教義も要るんじゃない?』

『総てを知れだけだと、「自然哲学」で終わる気もする』

64 名無し-Red-市民-2 :2019/03/20(水) 17:43:19 ID:rKOmdY.I0
ここでなぜか黒の『死滅』(犠牲を省みない)も含めたほうが良いんじゃないかと思いました
『邪悪』(他者を省みない)は共同体維持に邪魔なのでNGですが

65 名無し-Red-市民-2 :2019/03/20(水) 17:46:48 ID:rKOmdY.I0
>>63
そこは訂正後の「汝、全てを可知可能となれ。」でいいかな?と思いました
けど、言われて見れば可知(論理・好奇心)と可能(技術・向上心)を繋げる要素がありませんでしたね
ご指摘ありがとうございます

付け加えるなら「可知を以って可能となせ。可能を以って可知となせ」って言う感じでしょうか
……宗教的過ぎて分かり難いですね

66 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/20(水) 17:47:26 ID:koOO/In60
>>64
             /: : : : : : : : : : : : : : :!: : : : : : : :\
         , -‐./: : : : : : : : : :_: : :_\|: :.|: : : : : : : :\
.        /: : / : : : : : : : : : : : : : z-‐'"∧: {: : :!: : : :ヽ: :ハ
       /: : /: : : : : : : : : : : :_: メ      ,,X‐-:、: \: :ヽ: :|
      /: : : |: :、: : :_ :  ̄: : ィ'´       _, \: :\:.ヽ: ヽ:!
   ,..<: /: :. |: : \: _: ̄斗"=====r‐‐‐、,, \、: : ヽ: }:!
 // /: : : : : ヽ: :./ ゝ、. ゞ'"        {乂. O ヾ \: : !:}:!
/:./ /: : : : : /ヽ: :ヽ{ /(             乂 ` ‐' /_,〉、i:/
: :レ': : : : : ://: :〉: : ヘヽ:::::}            ` -ィ―{~o )'
: : : : : : /: /: :/: ヽ: : ヽ_                {ヽィ'`
: : : : :./: /:/: : :{:ヽ: : : :|      イ、_        、  `>
/ ̄ ̄\ ‐- 、: |: :\: / !.       ヽ- 二 =‐- 、  /}
.  \   \.  \: : :/ \       ∧‐、-x:::> 、ツ /
     \   \   \"´::::::\       ヽ、_ヾゝ:::/ / -‐- 、. 、
      \.  \.   \::::::::::::\      ヽ`ーY//     \\
        \.  ∧    ∨:::::::::::::::ヽ,    ̄/         \\
.        ∧  ∧    ∨::::::::::::::::::| > 、/: !            \\
         }   }    }::::::::::::::::::::: ̄:ヽ: : :{ ____         \\
            }   }    \::::::::::::::::::::::::∧: : \ \  \          \\
          |   |      \:::::::::::::::::::::::ヽ: : :.}  \.  \       ヽ ヽ

「レベル6に到達できるなら学園都市が犠牲になろうと構わないんだよ!」

67 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/20(水) 17:48:27 ID:koOO/In60
>>65
『ややこしいのが問題なら』

『単に知識と技術を探求せよで良いんじゃない?』

68 名無し-Red-市民-2 :2019/03/20(水) 17:50:04 ID:rKOmdY.I0
>>66
この人は他者を省みていないので邪悪なのでは……

69 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/20(水) 17:50:22 ID:koOO/In60
>>64
               ___
             . -='´:::::::::::::: `::...、
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::. \
.         /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::... \
         /:::........./.....................}......ヽ.........:::::::ヽ
.        /:::/::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::∧::::::::::::::::::.
.      ':::::::::::::::::i::::::: /イ:::: /:::/  ';:::::::::}:::::::',
      .::::::::::::::::::|::: /' |:: //   ⌒|:::::::::::::::: |
        i:::{::::::::::::∧/  }:/´   ィ f示}イ::∧:::::::|
        |::::::::::::::::iィ f示      乂t リ }/::::iヽ::::
        |::::: \::::|乂t リ         |::::: |イ:::::.
        |::::::::: {ヽ{      ′    /:::::::::::::::::{
        |::::ハ:::::::个:.、  /ヽ一'  .イ:::::::://}∧
       }イ }\ト{ V≧/   ̄}  <}/イ}イ´
             /   ̄} ̄ {:′
                i    7    \
.          _, r7-/|     ′    \ _rx _
       /   }マr{^ゝ==イ丶  r‐一   r「7  \
         ヽ  マ:ハ     :}       r「7´ / ^ヽ
     i   \/′     {____,r「7´        }
     |   /    -=7 ⅩⅩⅩⅩ {′/       /
     |  /         /ⅩⅩⅩⅩⅩ{        }
     | ./         /=ー―――‐={ {      {

「無論黒い犠牲の精神は重要だが」

「政治家以外の一個人が勝手にやらかすと」

「共同体を滅茶苦茶にする「邪悪」になるよ?」

70 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/20(水) 17:51:26 ID:koOO/In60
>>68
               _-'゙  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ー 、
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`\
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.ヽ
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:ヽ
        i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:八:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.i
       i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.::i:.:.:.:.ソ   i:.:.:.:.:.:l:.:.:.: i:.:.:.:.:.:.:.i
      i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.  -ーー-、:.:.:.l:.:.: i:.:.:.:.:.:.:`i
      l:.:.i:.:.:.:.:.i:.i:.:i:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:./'     i :.:.:.: l.:.:i:. :.:.:.:.:.:.:i
      l:.:.i:.:.:.:.i:.:' '"´""ー-ヽ.:.:.:.i i:.:/   _  ヽ:.:.:.:l:.:.i:.:.:.:.:.:.:.::..:i
      l:.:.i:.:.:.:.i` :.i:.:.i.:.i_i:.:.:.:/ i.:./  ''::::::: `ヽ i.::ヽ:.:.:.i`ゝ:.:.:.::.:..:i
       l:.:.:.i:.:.:.ヽ:.:.、iイ::::::::ゞ  ソ   l i:.:.:.:.::リ i:.:.:.:.:.:i  l:.:.:.:.:.:.:.:.i
      l:.:.:.:.ヽ.:.:'丶:.レ{::::::::}リ       ヾ ェイノ i: .:.:.:.:i /:.:.:.:.:.:.:.:.l
       l:.:.:.:.:.:.:.〈 ヽ ヽ辷ノ   :::::     ̄    i:.:.:.:.:.":.:.:.:.i:.:.:.:.八:.
      i:.:.i:.:.:.i:.i \丶            ,、     l:.:.:.:〉;;;:.:.:.:.i:.:.:.:i   ヽ
      i:.:.i:.:.:.i:.:.:.i;;;;\     - ― ' '"    /:.:.:.:./;;:.:.:/i / i:.:.i
      i:.:.i:.:.:.:i:.:.iヽ;;;;;; ヽ          /;;;;::.:.:.:/i:.:./ i/ /
      ヽ:.ヽ:.:.ヽi ヽ;;;;; \;`ヽ  _  イ l;;;;/i/i/ i:/
       \\i   \i  \i l       │
                   "l       'ゝ_ _ __
            く⌒ ̄  ̄´                ⌒ゝ、
           ':::::ヽ   _ __ __ _ _ __ __   ':::::::::::.:.ヽ
          /::::::::::::ヽ                /:::::::::::::::::..ヽ
         i::::::::::::::::::::ゝ-'´ ̄`ー'´ ̄`ー'´ ̄`-′::::::::::::::::::::::i

「何を犠牲にして良いかを勝手に決めてる時点で」

「自動的に邪悪になると思わない?」

71 名無し-Red-市民-2 :2019/03/20(水) 17:56:13 ID:rKOmdY.I0
そこは「皆で話し合って何を犠牲にするか決める」という方向の死滅もアリではないでしょうか?
外部を犠牲にするなら誰も反対しないし、内部を犠牲にしなければならないなら死滅(犠牲を省みない)に従って犠牲になる感じで

72 名無し-Red-市民-2 :2019/03/20(水) 18:13:22 ID:rKOmdY.I0
言ってて思ったけど黒って利己の色だからこういうのはイメージに合いませんね……

73 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/20(水) 18:34:59 ID:koOO/In60
>>71
>>72
『皆で話し合って決めるなら青や白の領分になる』

『黒は悪意が無い場合ですら皆と言うよりは自分で決めるよ?』

74 名無し-Red-市民-2 :2019/03/20(水) 20:34:35 ID:rKOmdY.I0
ですよねー

75 名無し-Red-市民-2 :2019/03/21(木) 00:34:24 ID:6G64ye6U0
今日は何時ごろからでしょうか?

76 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/21(木) 00:41:42 ID:BSoOMBC20
>>75
今から

77 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/21(木) 00:42:23 ID:BSoOMBC20
安価↓1 TS or アーッ! or SCP or 諜報試運転 or 外交試運転 or 研究試運転 or コミュ or 転生描写 or 技術描写 or 五色ゲーム or 円環少女 or 色宗教戦争ゲー or メガテン派閥ゲー(ジャンヌ) or 没落だらけのステラリス

78 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/21(木) 00:43:13 ID:BSoOMBC20
     / ,.:' /  ,.'.,ィ州州!l{州リ ,リ,' ,.,リi|li|lⅥ州州l}州i|iハ
    / .i´.:;'  ,.:' ,イ!,州リ'州べ'州.i|,'il{.i{!il|ⅥⅦ!Ⅶl`l}州i|ム
.     ,;′′../ ,'イi州l' /ヽ.,i州{.l}l.l|!i州ll|}i州 l}l|il}州l}|州ム
   _,イリ .,'  /  i!,州l/ .,ィli|州!Ⅶ!|l|l州l|l|l}}!l!|!l|i!l}l}l.l|!i州iム
     { .;′.,′ l州l{l! イl州lⅦ Ⅶl|!|i!Ⅶl州!l!i|i!,Ⅶl}Ⅶl|!|i|.ハ
     |  /  / `/ .|.Ⅶ! |l|'´ ̄`州、|州キ''.}.l}l州州.i|Ⅶ|iキ
     |    ′  イ,、ハ  Ⅶ `  .Ⅵ{ l イ州il}l}i州l|l|l}}!l州!|!lIl}
     |         i'.|'/ハ.  ` _  Ⅶ/リlⅥリ,Ⅳl州I!lili!|Ⅶ|i州
    |     .:l: ゞリ'′  .ーzz、`` ./' }i!州リlⅦ!li|i州li|i}}i州リ
     .l      | `´/    "´`/7ハ,、_ .i|ハi|li|lⅥ州州l|l|l州|ソ
     :|       .;  /       ,ハ'///ム ,イ〉Ⅶl州!l!i| i!,ⅦlⅣ
     :}      i. l:.     `弋//イシiリ'ィ,孑笊气州 キ{i从
  _r〈}     ,':. `′     ` ̄´,イリ/リ':i!.fl|`フ州|i|リ
 ',::::::;'. ヽ、 __..:∧: 、__        イi|!'′/' _ノ::: ノ,ィ州!ミ
 ∧iリ   ` 、;;;リ.〉 ::  .` `ー ...   /'  .イ_,...,zイ州Ⅶ{ `
 '-、`、_      /ヘ .:.             ,.ィ.´     Ⅳ|Ⅶ `li{
 ゝ'///>, 、_ ハ::::ヽ.'、___ ,...::::':/    _,..ィ'´ ̄ ̄ ̄}l

『こんばんは、個人的にはおはよう』

『いやすまないね。本命に落ちたんでがっくり来て不貞寝してた』

79 名無し-Red-市民-2 :2019/03/21(木) 00:44:35 ID:6G64ye6U0
おはようございます
……詳しく聞いたほうがいい話でしょうか?詳しく聞かないほうがいい話でしょうか?

80 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/21(木) 00:46:42 ID:BSoOMBC20
               /′    ____ _
                 /ム......:::::::::::::::::::::::::::::::`::::.
             /:|:::::」::| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /⌒゙::| /}:i| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
             7::::|:}|:i|./:::::i| :::::::::::::::::|::::::::::::|::::::|ト、::::::\
             ,小、|:}|:i|′::八:::::::::::::::::|ヽli::::::|::::::|i..|::::::}⌒
          .:::|:|:i|:}|:ii::::i%⌒ヽ.::::::::::::ト 从::::ト、 :|i::|::::′
           |:::|:|:i|:}|:::::::i |    \::::::| x=ミ、.}|:|i::|::::|
          ',::|:|::::::::::::::| x==ミ、 \{ 伝ァ刈:川:: ′
              }|′:::::::::::i {{斧ァ     乂ン }|:::::::/
            八{⌒ヽ::::圦乂ン    '    仏イ{′
           ノヽヒ \}          }   ノ:八i
             八:::::八             '⌒ヽ
              }::∧: ゚:.。.   ⌒   /
                  _j/ }: : : : ≧o。._ .イ__
             Y´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ| 厂  ̄ }
               ゝ‐─────┐ Y  「 ̄′
.              {::::_:::::::::::::::::::::::::::::l   |:  |::::L.

『聞いて楽しい話じゃなかろうが』

『別段隠すほどのことでもないね』

『単に転職に失敗しただけだ』

81 名無し-Red-市民-2 :2019/03/21(木) 00:48:42 ID:6G64ye6U0
それは……落ち込みますね……
私に出来るのはスレに参加して無茶王様の気を紛らわすことだけです

安価は技術描写でお願いします

82 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/21(木) 00:49:24 ID:BSoOMBC20
>>81
『ありがとう』

83 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/21(木) 01:01:52 ID:BSoOMBC20
キメラアント研究(念能力・グルメG・武術):四獣(しじゅう)

キメラアント研究(念能力・グルメG・武術):四獣(しじゅう)
マウントタートル・インバイトデス・牙王(ガオウ)・キングオクトパスコングという四匹の超巨大なグルメモンスター…に見えるが、実は一匹の超超巨大モンスターで、四匹の獣は本体の手足。

人間の味を覚えてしまった「偏食家」であり、人間を狙って攻撃する。
…けど、グルメ界に人間とかほぼ居ないので、むしろキメラアントを狙うのではないだろうか。
判定:可能。どっちかというと人間捕獲用の生体兵器らしいです。
前提:グルメ細胞

84 名無し-Red-市民-2 :2019/03/21(木) 01:04:12 ID:6G64ye6U0
これ何のために研究したんだろう……

85 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/21(木) 01:04:52 ID:BSoOMBC20
                      r- 、
                      j{∨ 、
                  ___j{. ∨ \
          __  --… ´    j{. ∨  \
.     r-、  ̄              j{ ⌒∨   \
      \ \.            八_  j       ∨
       \ \__/   /                   ∨
         ト〈. /   /                  :.
          マ{.   j{ ∨              i| :.
.          j{   Ⅳ ∨      /∨ j{     i|. ;
          j{     ト、 ∨ト、  ┬  ┬      j{. r----、
         八    ┬  ┬Ⅴ /.乂_.ノ      j{  |ニニニ j{
           \  \乂_.ノ  }/    /.     /  j{ニニニ/
            ヽ  \.    _  /_.イ.   / _.イニニ /
             Ⅳ.r、 ≧.   ...。o≦.j{ ,イ//ニニニニ{
.             |/ `へ 〈゚ ,,. - 、,j{ヘ  〈j`¨¨¨¨¨¨´
                 {j }゚,乂_.ノ,。ノ ,.ィ⌒
                ,. ⌒jニニ./Ⅳニニノ ノ。j{
                 ^7´ニ /___ⅣニゝイⅣ
.            ___/ニニニ`¨¨´ニニニⅣ
        _ ..。o≦ニニニニニニニニニニニニニニニニⅣ
       〈ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ Ⅳ
.       \ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ Ⅳ
   ___Ⅳ\ニニニニニ.〈⌒|----|:::::::::|。o≦|⌒≧\
   `¨≧ _::::::::::`¨¨¨¨¨¨¨:::::|><|:::::::::|>ー|ト、イ ⌒
        ≧ _:::::: : / ¨¨¨|―‐‐|´⌒.|__ ≦|\`ー‐.ァ
.          ≧ _::.\.   [二二].  [二二]  `¨¨¨
             ⌒.   乂__ノ.   乂__ノ


我々の住んでいる「現代地球」において人類は地上の覇者となった。

だが、「異世界」においてそうである保証がどこにある?

大部分の人間よりも遥かに強力なモンスターの闊歩する世界で、

人類は地上の覇者足り得るか?

にも関わらず表面上そう見えるとしたら・・・

何かがおかしい。そう思わないか?

86 名無し-Red-市民-2 :2019/03/21(木) 01:06:50 ID:6G64ye6U0
変ですね
上手く言えないけれど、何かが変

87 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/21(木) 01:14:10 ID:BSoOMBC20
>>86

              Ⅴ | //||/|| | | ||| .|| || ||  ',',',', ', Ⅴ           .|
              ⅤⅧ |||/| ||| |||||| || ハ || | ;;; ;;;; |Ⅴ           .|
               ||| |||||/ .| ||| ||||| || ||| || ||| ||| ||| ||            |
               ||||||||||  i ||||| ||| ||| ||||||| || |||| i|| |            .|
               |||||||| ヽ、Ⅷ|| ||| ||| ||||||| ||∧||i||i||            .|
               |Ⅷ|i||   Ⅷ州州州 Ⅷ州iii iii 州|            .|
               | Ⅵ丶  .Ⅶ州州||| .Ⅷ|| | 州|||            |
               | Ⅴ ヽ、 Ⅶ州| || Ⅷ| | |//ハ            |
               |ミミ===、、 Ⅶ|| |  Ⅴ  / /.ハ            .|
               |ヒ:::ソ_ ミミ   Ⅶ  -==≡≡≡=彡           |
              ,'          ´  弋:::ソ...彡//.人          |
             .∧          .|       /////./\,      ,,イ
            / `         .j      .///// |// ||i "フ/|
、         , 〈           /      / Ⅴ  /  ||    /
 》--__.、-ヘ"  ',::\   -_          .イ       /
ノ|||| :||||| .',   ヘ   .',::::::\    ̄==-´   イ|       /
||| |||: ||||||: .',   \ ',:::::::::\        ,,イ´ .|..|
|||| |||. ||||||| \   \',::::::::::::::ヽ、__ イ|||||  /.∧
||||| .Ⅶ_ ||||||i \    ヽ、:::::::::: / ||/||||ソ/ /|||\

『だよねー!』

『モンスターが存在するなら』

『人類とモンスターとの生存競争はあって然るべきだ!』

『なのに表面上モンスターがいない、あるいは居るにしても少数で』

『人類が覇者であるかのような安寧を享受しているとしたら何かがおかしい』

88 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/21(木) 01:16:19 ID:BSoOMBC20
                _ ------- 、                     ハ
              /: : : : : : : : iユイ≧ト、.                 ,: ,
             ': : : : : : : : : : :∨⌒〈⌒ト、               ,:::,
             ': : : : : :./{: : :i!: : ∧_ ノ--<ノ.              ,::::'
.             i: : | : .ハ| .|: : :ト、i!: :人____ノム             ,::: '
           |: : |: :.i }| ィ云ミ i|: : : iヘ:: :..:: i|             ,:::::'
           |: : 斗リ i! Vリ .i|: : : lノ: : iト:i|           ,:::::,
.     .___.      |: : : : :j ,     j: : :ij: : : : | リ          ,.'::::,
     i ,λ__   λハ: :.≧  ‐ __イ--==={ノノ.           ,.':::::,'
.     Y 7: ≧ _  l/ _. `≦     .∨.          ,.:::::::,
     ヾ::  :::  ::≧=イ_        ,゚  l、         ,.::::::::,
      `.、::  :::::   |       .イ /ニ\.      ,.:::::::::,
        ≧.  :::::    | __  ィ≦.  /ニニニニヽ、  /::::::: /
         ≧、:::::   |___フ ^≧ .__,〈ニニニニニニ≧ト、=コ:::::/
         ._>=.._|_≧=-  __ノ \ニニニニニニニニニニ〉
    ___/   / \   ̄ ̄ ̄7   `¨¨¨¨¨¨¨7-イ
   /   /.   /ト、\ `ー――‐〈         //
.  /___/.   /::_ イ \≧- ____≦.ヽ
      \__/7::.:.7 /:.:`¨¨¨¨¨¨:|:.:.:.:∨
.         /:.:.://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:∨
        /:.:.:/:.:.:.:.:.::..:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.}:.:.:.:.:.:∨
.       /:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:∨
.      /:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::ィ≠´:.:.:.:.:.:: \
      i:.:i:.:.(:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:≧-、
     .':.:.|\:`:.:.:.:.:.::..:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.::.ハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
.    .':.:.:.:|:.:.:.ト、___:.:.:.:.:.::..:.:.:.:.:._j__ ィ=-.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.\
    i::.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:≧ー-:.:.:.:.:.::..:.:.:`¨¨¨\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. .:.:.\

少なくとも、過去には戦いがあったのだろう。

冒険者たちが必死にモンスターと戦い、人類を守っていたはずだ。

・・・その上で、冒険者が勝利を重ねて、モンスターを抑制した人類の安全圏を築いてきた、という可能性はある。

89 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/21(木) 01:23:56 ID:BSoOMBC20

                   __
               >''~     ~''<
             /         、    ヽ
             '  >=- 、.\ \   ∨
           /  / ./   i! 、.∨  ヽ   ヽ
             /  / ./    !、 ',.∨  iヽ,   ヽ
          '  i! i.〈    ノ__}ノ、∨  i! ∨  ∧
          i   iΝ-Ⅵ  /}ィ玳芸}  }!      ∧
          {   {找云トイ  ヾ 乂リ /)!  ∨  ∧
          八\∧ 乂リ      /7 i::}   }   丿
          /~~ヽ∧    ′   / /: }  リ‐=≦_
          !  / \h。  ´ ` ノ ./从}>'´ニニニ)h、
          !  , | i :.:~ヽ≧s≦//≠≠≠≠≠≠イノ
          !  | !ノ\/::::ノ: : /~~/-=ニニ>'''''ヽニ/
          !  | \ .\  / ./-=ニィi〔{    ∨、
           ∧ | / ノh、_、/ >''~  | . ト、    .∨ヽ___
           ヾ/>''~~~~~~''<    八丿``〜、、-==}──./
           / /ヽ } }=ァ >''~_/´ノ{     `~~} !`'}Y
           ∥ /''~~ }} }イ/  ̄ ̄ }//\ ┐      //
          i{ /}  ノ/7ゝ,    ./~~~ヽ/ .} .!   >''~イ
          i{  /  /// ∧∨  /    /  }二ニ=‐ ''´∨/
             ` /  ///   ヾ,。 /    , '       ∧   .∨/
           ./  ,∥'     \__  ,  〉〉  _  ∧ _ .,

例えばナイツ&マジック人類はそうしてきた。

ロボットを開発し、強大なモンスターと戦い、人類の生存圏を広げてきた。

モンスターが掃討された、安全な人類生存圏内部であれば、

なるほど表面上、人類が地上の覇者であるかのように見えるかもしれない。

・・・だがそれは錯覚だ。

局所的に安全が確保されたからと言って、

地上総てにおいて覇権を獲得した、とは言えまい?

地上のどこかには、人類の手が及ばないモンスターの領地もたくさん残っている!

そして「国境」沿いでは、未だに生存競争が続いている!

冒険者が人類を守るために戦い続けている!

そうであってもおかしくないと思わないか?

90 名無し-Red-市民-2 :2019/03/21(木) 01:27:58 ID:rfJHRHa20
滅びなきゃ安い

91 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/21(木) 01:34:43 ID:BSoOMBC20
                     ,.. -─……-- ... _
                      ム==‐ 、       >_
                       /      \      ´/         ,,;;
                    /   、  .ィ ハ /l\      /    ,,,,;;::''''
                    ,′ N_ヽ/孑─ミレ1 、  ′,,,,..;;''..;;;;;;;,,  ,,,
                {  l,zx   ,才i刃 ,/ ハ  {;;;;;;;;;;;;;;:::;;::'''::;;;;;;;;
              ,,.. ,;' 〈  !似   戈戎/  .ハ {;;;;;;;;::''    ;;;;;;;;,,, ,
               ,;;::;;''' 〈 从   __    厶ィ  }:} 、;;:''      ''::;;;;::'''
               ;;;;;   ヽj \_   イ   ノ:j   〉      ,,,;;;''
             ,,;;;x‐ぇこご乂K__]__//  ∠:ノ ⌒′      ___'':;;,,,
              ,,;;えィ′  r=;≧x,, ィ<j /.。cヽ   ..イ  ,,ィ´ ∠'''
             ;;,,;;;;〉〈   / Y£<)。c∽〉〈゚    }  <´,;(_/   _/
              ''ィ从j゙ー ' /ゞ=彳 % 〈  〉  /__/  ,, イ   (_,,,,;;;:''
        ''':;,,     ':;`ヽ__彡/ \r,/ %.〉〈  ,;;;_,,,,;;;;;∠   ̄>''⌒
         ';;      ':;;;::''' ,/   l|     {ヾ〈  ̄"勹,;,;;(   ´⌒ゝ′
          ';;,,,         〉  ∠ヘ    { 从j   /,;⌒ヾ、
            ':;;;;;     ,, {  /崇`!   {   /,;::''     )
            ;;;,,   ,:'  { 〈_宍_」  ,,,,;;::'''''' ´
              ''':;;,,;:'  ,,{ A`¨¨´,,;;::'''  {
            ,,,;;::;;;;;;;;;;j /ニ、 ''''     {     、
              ,,,;:' // l三>ヽハ  _  ゝ、  _ノ!
                 {,′ l≠ニ||≧1 {      ̄   l
                   j   !_/||´ l {       トヽ
                   {   lニニ||二.l 人       {
                ノ   l==||二1   }     \  }ヽ
               /    l≧リjz≦x ムィ       ヽ._j }
              }     ヘ二]ニ人j 、_}          }
                >    r | Y⌒i 、 }         _}
                  }, ⌒ヽ、{ し'j   l }_ `⌒^⌒^⌒^⌒´ {_
                      `   ゝ- ′ `ヽ- ‐<  ̄ ̄ ─`

例えばラムダにおける魔大陸や魔王の大陸のように。

ナイツアンドマジックにおける「魔獣番」フレメヴィーラ王国のように。

ハンターハンターの暗黒大陸のように。

そして・・・トリコのグルメ界のように!

92 名無し-Red-市民-2 :2019/03/21(木) 01:38:25 ID:6G64ye6U0
最前線は今でもあると

ごめんなさい、眠気が限界なので眠ります
おやすみなさい

93 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/21(木) 01:40:31 ID:BSoOMBC20
>>92
『おやすみ!』

94 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/21(木) 01:41:10 ID:BSoOMBC20
                 _ .... _
              <´      丶...、
           /  .,  ,:´  :.    \
         ,.:  /  /     }  丶  丶
        /   ,:  . /    / j、 ヽ ':   ':
       ./    ,: , /{.,   :、.ノ、}._l   :. :,
       ': '  : { _.;ィ:ヽ!  {,:'  ,: ゙:゙!    .: :,
       ' l {  : :,{ 斥ハヽ !{  {芹:lヽ.: ;  .: .l
      : :,l、.  l、 :、弋:ソ    ゝン ;    .: :l
      :  ': 、 :. !`   '      'フ   ;  .!
      :   `トヽ :.   , - 、   /   ,:  ハ
       :.    l l. \.  _    /<.._,:' ノ ノ } `
       `   Vイハ  `/.} .. イ'  /三≧x、
          /三、ヘハ././―― / /三三三ニ}
          ヽ三ニ、V .{/>:{ / /三三三三!
           >-ゥ-ハ  ' /V /三三rゥ―'- 、
          /  / / !ニニ≧ゥ!/三三ニl ト    ヽ
         lz≦ { , {三ニニ7 \三ニニj ト ヘ   l
       //  lレ'ニヽニニ/ /三ニニ| |ヽ ヽ  |
       r|'´  /三三≧/lo{〈、 `ヽ、_{ j' \ \!ヽ、
      l. |  〈三三三ニ/ |::|:|\\   ゝ;'   \ ` フ
      ,! ノ   ハ三三ニ/ .|::|:|  ヾ、  ./     `/
     .!/  /  \ニ/  |::|:|    lヽ/      ./
     {イ {/    /    .l::|:!     .l ―- 、   !
     ヽ .l    ,.イ    |::!:!     {..-ゥ-、 ` ヽ、}
      `.{  /lノ     |:|:|     \l  ` ト、  }
        `´  { \   .|:|:|      /    |―`'

・・・そして、冒険者たちが切り開いた人類の生存圏では、

そうしたモンスターの脅威を忘れ去って、

人間同士で仲良く縄張り争いというわけだ。

結果生まれるのが、「表面上人類が地上の覇者であるかのように見える」世界である。

おかしいだろう?歪だろう?

アルダとかジャロウデクとか本当危機感持って欲しい。

95 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/21(木) 01:45:32 ID:BSoOMBC20
 ヾ二´__,  ./ __/    _,_<__, '´  、 ヽ   ノ
   / ..,.ィ /イ   ./   ,     '.,..ヽ  .ヽ   〈
  ././   /...,'.. .,イ  /}  ,イ',.  ,イ .ト、  }∧  ...゚,
  {/   /../  | _/ |, イ`ヾ/  | / | /ニ゚, ., _. !`ト、 }
..../ // , ,ィ | ./ ヽ __\ニ≧::、},イ'´}ノ゙__/|/.ハ}..,' `
 {,ィ|.../  .{,イ{ト,|/|丶、ヽ_斧_,ゝ-.' /r'斥,.ィ,ィ{,{'ハ /
  .|/{ ./.ヽヽヘ |        ..{{ ` 彡イ/,.゙ '´
  /./´   \ `         .|',  ¨´/´..\
 ./イ}/     .|¨ ,       ヽ_}'   /| ト、}-'ー
  .../  .| ヽ .|  '、     ,  --  ., .|. .' . \
 ..../ /} /∨|  ',\  '´ ー‐ '  ,イ  }/    ヽ、
_,イ‐.',' ..|゙  .ヾ   ゚, 丶、    /.,' ..゙}      ヾ¨≧:...,
 ...//      ',.',  .ヽ  ` ー― ' .,゙  .|       .ヽ三ニ`


勿論、人類も完璧に無力なわけではないだろう。

冒険者等の「対モンスター用戦力」は存在するはずだ。

でなければとっくの昔にモンスターに滅ぼされているはずである。

だがそんな強者であるのはほんの一部だけだ。

もし人類全員がモンスターを抑え込めるほどの強者であるなら、それならそれで本当にモンスターを駆逐して地上の覇者になっているはずだから。

故に、モンスターの脅威に対し、一部の強者が大多数の弱者を守る(そして弱者同士で縄張り争いに興じる)のがこうした世界の標準形である。

96 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/21(木) 01:46:46 ID:BSoOMBC20
               / `ヽ
              /     ‘,              r === ュ
            /  、    l≧、            /八八八\
            r=ィ     \    | rニ〉、         / 八{}八{}八{} \
        /,ィ >=   >、‘, リ ヽー' }       /}八{}八{}八{}八{}八{\
         レー'   /VVV∧∧   ',     /八{}八{}八{}八{}八{}八{}八\
        i     / ∧ l `ヽ l    v≧ュ/}八{}八{}八{}八{}八{}八{}八{}八{ \
        |     ,'V  V   V',    i八{}八{}八{}八{}八{}八{}八{}八{}八{}八{}八\
        l     iv  。oOo ‘,  ∧}八{}八{}八{}八{}八{}八{}八{}八{}八{}八{}八{ \
        l     |ゝ oィ .::::::. ヽ 〉ー' `ヽ}八{}八{}八{}八{}八{}八{}八{}八{}八{}八{}八{ \
        ヽ___ノ∧0l ::   ::ノ ∧    ll ‘,}八{}八{}八{}八{}八{}八{}八{}八{}八{}八{}八{l\
         l   `ヽヘ 。 OoO V∧   ll  ‘, }八{}八{}八{}八{}八{}八{}八{}八{}八{}八{}八{ \
        ∧     \∧    ,ヘV∧ ll   ヽ}八{}八{}八{}八{}八{}八{}八{}八{}八{}八{}八{}八{\
       /  \    \∧ヘ /  \ } }    ‘,}八{}八{}八{}八{}八{}八{}八{}八{}八{}八{}八{}八\
      /       \    丶ヘ/    リ /     ‘,}八{}八{}八{}八{}八{}八{}八{}八{}八{}八{}八{}八{ \
     .∧二二二ヽ \     ′    /       ‘, }八{}八{}八{}八{}八{}八{}八{}八{}八{}八{}八{}八{ \
   /          ',   \       /        i}八{}八{}八{}八{}八{}八{}八{}八{}八{}八{}八{}八{}八{} \
  /              ≧ュ . .r≦           l}八{}八{}八{}八{/二二二二二\}八{}八{}八{}八{}八{} \
 ./          `ヽ                     l}}八{}八{}八{//        \}}八{}八{}八{}八{}八{}八{\
./             ',                    ヽ二二二二 /               v}八{}八{}八{}八{}八{}八{ \
              〉                        /              \l}八{}八{}八{}八{}八{}八{ \
     `ヽ      /‘,                      /                ‘,}八{}八{}八{}八{}八{}八{} }
        \ .r≦   \                     l          /       }}二二二二二二二二二イ
          /          \                        \         /        ‘,             \
        /          ≧ュ .. 。。。 __________ .r≦\     /          i}
         /                                 \    /           リ
ヽ      /                                      \/           /
  \   {                                     /           /ヽ              .
   \  |                                       /              /   \        . .r≦
     ー'                                        i          /}      ≧ュ ... .r≦


で、あれば・・・「人間を主食にするモンスター」っておかしくね?

居たとしても雑魚じゃない?

97 名無し-Red-市民-2 :2019/03/21(木) 01:51:52 ID:emjc3GII0
意味不明な生態ですよねw
こいつが人間を飼っているでもない限り人間を主食にはできませんよ

98 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/21(木) 01:53:14 ID:BSoOMBC20
         __......
      .>"/´~
     / /      __.........
     リ  }    .>"    `ヽ__rニ‐ヽヽト、、
     {;;  .{   /       .>ニニヽヽ、 ヾ ヽトi
    ヘ   ゙ー"7        y´ヽ、 ゙i', ', ij } .ii  ヽ,
     ヽ.   /        y´`ヾ.| ヽ }ii  i レ.|i |
       ` ̄7    .........   .> ~`゙ヘヾ   / ‐' jレ
         /   .::::::::::::::}  "‐、`ヾ~ ヽ', .|.i/" 彡'
        .i   :::::::::/ |    ヘ二ミ  ヘ。、ijr。ァ'/ .|
        .リ   .::::/   .}     >ミ  .i  rァ ./  ヘ
       /   :::::/   j     ,<::゙ミ ',vvv~ヽ   V
      /    /    i"   ./ .`i  ヘ.ヘ,、,リ  ヘ   ヽ
    ./  ,.-‐"´    /   ./    .ヽ、 ヘ`~´   ゙ヽ、 \
    /  /       /  ./      ヽ \      ヽ  ヽ、
 ./  /         {  ./        ヘ  ヽ___     `ヽ、 `ヽ、
../  /          j  |          ヘ__j_j_j_j      ヽ    `ヽ___
.7~T゙y、         |  .|                      .\ ーへ ヽヽj
‐'‐'‐'‐'         j  |                        ~ -‐‐'´~~
             j__l_l.lヽ
             { .|~',ヽヽ
             `~´~ ~'~'
まず冒険者とモンスターの争いの結果、ある意味モンスターと人間で住み分けられている。

トリコであれば「人間界」に人間が住んでいて、「人間界」にはさほど強力なモンスターは居ない。

強力なモンスターは「グルメ界」に住んでおり、そして当然危険な「グルメ界」に人間が入り込むことは滅多に無い。

であれば、グルメ界のモンスターは主に【他のモンスターを食べている】はずなのだ!だって、グルメ界には人間は居らず、他に食えそうなものはモンスターしかいないのだから!

人間を食べるにしても、人間がグルメ界に入り込んできた時狩る程度であろう。人間が主食ってことはあり得ない。

99 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/21(木) 01:57:00 ID:BSoOMBC20
>>97

                ,ィ´  ̄ ̄ `ヽ、
              〃 : : : : : : : : : : : ≧ュ ..
             /  ___   : : : : : : : : : : : : :≧ュ ..。。
               レ ´V  >、  : : : : :..::::::.: : : : : : : : : : :
               i /V∧  : : :./, ==. > : : : : : : : : :
                   V  Vハ   : :ヽ=イ : : : : : : : : :
                   vl  ハ .: : : : : :. :. :. :.__
                    v l ', : : : :.. ==´: : :./
                        ヽ |  ゝイ´ .: : : : : :.〃
                      v  /  .: : : : : :. :.l l
                        У  .: : : :. :. :. :.l l
                      ,'    : : : : : : : : l l
                     ,'     : : : : : : : : l l
                     <l     : : : : : : : : / |
                      <,'    : : : : : : :./ :|
                   </      : : : : : : /  /
                   < /       : : : : : : i  i
                     < /     : : . r≦/   /
                </     : : /  : : i   ヽ
               r イ    : : /  .: : : :.ヽ  ‘,
               `ヽ . ____ . /  .: :. : : : : :.‘,  ‘,
                  /   .: : :. :. : : : :. :. :.i   i
                  /    : : : : : : : : : : : : : : |   |

然り!意味不明な生態だ!

通常ならばモンスターの主食はモンスターであるはずなのに、「四獣」は人間を主食とする「グルメ界のモンスター」である!

わけがわからない。グルメ界には大量のモンスターが居るのに、そっちではなく人間を食うのか?

ああ、いや、もしかしたら他のモンスターを狩れないほど弱いのかもしれない。だから弱い獲物である人間を襲っているのかもしれない。

だがそれならそれで合理的だが情けない雑魚である。

100 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/03/21(木) 02:03:52 ID:BSoOMBC20
                ,ィ´  ̄ ̄ `ヽ、
              〃 : : : : : : : : : : : ≧ュ ..
             /  ___   : : : : : : : : : : : : :≧ュ ..。。
               レ ´V  >、  : : : : :..::::::.: : : : : : : : : : :
               i /V∧  : : :./, ==. > : : : : : : : : :
                   V  Vハ   : :ヽ=イ : : : : : : : : :
                   vl  ハ .: : : : : :. :. :. :.__
                    v l ', : : : :.. ==´: : :./
                        ヽ |  ゝイ´ .: : : : : :.〃
                      v  /  .: : : : : :. :.l l
                        У  .: : : :. :. :. :.l l
                      ,'    : : : : : : : : l l
                     ,'     : : : : : : : : l l
                     <l     : : : : : : : : / |
                      <,'    : : : : : : :./ :|
                   </      : : : : : : /  /
                   < /       : : : : : : i  i
                     < /     : : . r≦/   /
                </     : : /  : : i   ヽ
               r イ    : : /  .: : : :.ヽ  ‘,
               `ヽ . ____ . /  .: :. : : : : :.‘,  ‘,
                  /   .: : :. :. : : : :. :. :.i   i
                  /    : : : : : : : : : : : : : : |   |


実際、グルメ界の中では「四獣」は小物の部類である。

無論、それでも弱い人間にとっては脅威だ。

小物とは言え腐っても「グルメ界のモンスター」。

人間界のモンスターよりは遥かに強大だし、それが能動的かつ積極的に人類を襲ってくるのだから、

人類文明にとっては魔王の侵略のようなものだ。

強力な冒険者は自衛できるにしても、大部分の弱い人間はそれこそ餌になるだけである。

いかに強くとも、能動的に人類を襲ってくるわけではない他のグルメ界の王よりよほど厄介である。


・・・が、「人類の危機!」と煽るようなイベントなのに、実際にはグルメ界の中でも小物というのは実際テンション下がる。

勿論、小物であるからこそ人類を襲う(弱い者いじめをする)という面はあるのだが。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

Paranoia Xp / Mongoose Pub

市民、幸福は義務です


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板