したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |
レス数が4900を超えています。5000を超えると投稿できなくなるよ。

【Ffh2風】やる夫は無茶振り王国の研究者のようです26【R-18】

1 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2018/11/21(水) 02:14:05 ID:YKCMrF3I0

     ;:;:;                                 ど
     ;:;:            ,r'" ´ ̄ `ヾ、.          明.  う
     ;:;:.           . I ─  ─ .ヾト、       る   だ
     :;:;:;.             ハ (●) (●)  !.::\.      く.  お
     ;:;:;:           /.:.ヽ (_人_)  yイ.::.:::ヽ     .な
     ;:;:.         ノ.:!:.:.:.:`7ゞ-<.:〉.:.:. ::i:.:::}   ろ つ
     从 __  _,,,/.:.:/:.:.:.:.:.:| }-{/i.:/.:.:.:. ::|.:/     う .た
      从从魔力}と_」.:/!.:.:.:.:.:.:.!  ̄ リ.:.:.:.:.::り.    ?
         ̄ ̄    ̄  |.:.:.:.:.:./_ :__ヽ.:.:.:.:\
                \/.:.::..:.:.:.:.:.:..:\:.::./
                /.:.:.:.:.:.:.「^Y.:.:.:.:.:.:|´
                 {.:.:.:.:.:.:.:.| ,!.:.:.:.:.:.:|
     __           \.:.:.:.:.:.V.:.:.:.:.:.:.:| 
    /.:.:./ンく";;〕      \.:.:.::|.:.:.:.:.:.:.:!
    ヽ;::/::::::....;;;ヽ、       > 'ゝ─‐イ、
     ヾ;;;;;;;;:::...;;;;〈       `ー' ``''ー‐'
      ‘ー.く`ヽイュ、
         ソ´・ ̄ス_      お  暗 :::::::::::::::::::::
        ./ ・ ・、√: : : ヽ.  ら. 靴  く :::::::::::::::::::::::
         >.= イ: : : : : ;_;|   な. が  て ::::::::::::::::::::::
      /l_"/( ヽ}: : : : .]   い わ   :::::::::::::::::::::::::
      `ー――` \ : : : イ  わ か :::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

・このスレは【魔法有り】のファンタジー世界に生きる【科学者、やる夫】が王様の無茶な注文に必死に応えるスレです。
・参加して頂ける方は【王様の無茶振り】を満たす【科学技術】のアイデアを提供してやる夫君を助けてあげてください


ウィキ: ttp://www61.atwiki.jp/muchaking/

過去スレ
【Ffh2風】やる夫は無茶振り王国の研究者のようです【技術開発】
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15257/1391541053/

【Ffh2風】やる夫は無茶振り王国の研究者のようです25【R-18】
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/14796/1537377602/

4878 名無し-Red-市民-2 :2019/01/14(月) 23:14:47 ID:M38XER2E0
常人からすると生身でハイパーレーンを渡り自力でマナを汲み上げ組み立てる超弩級の変態である>プレインズウォーカー

4879 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/01/14(月) 23:15:22 ID:rAOgb0f60
>>4876
                      /   /         \      /::::::::::::::/ /
                      /   /       、   \   /:::::::::::::::::///
\                 /     /    /     }  、 ハ /:::::::::::::::::::::::::/
::::::\             //   / | ─‐ァく/ィ   /ト、  .|Ⅹ|/::::::::::::::::::::::/
::::::::::::\              /ィ   | | r‐r ┬、 } /.┼r- .l  .!:::::::::::::::::::/ /
>:::::::::::::::\           / / イ | | | 弋ソ 厶イィTア! /  .|::::::::::::::::///
>::::::::::::::::::ヽ        |...!:::弋| 从!     、 ヒソ |イ/  .|::::::::::::::::::/
 ̄ニ=-:::::::::::::::\      Ⅳ/l:::::∨.l    r  ァ   /レ' l | l::::::::::::/
<:::::::::::::::::::::::::::∧     .ル'ヽr─vハ 、    ´ /:|:::::/イ::::|::::::/
   ̄ ̄>::::::::::::::\/:: ̄ ̄:ヽ|  ̄ ̄|─rtr‐.. ´r}ヽl/:::|:::/::<_
   <:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::ハ: : : : :| ̄ 「ヽ::::::|ノ:::::\:::l/:::::::/
     \::::::::::/ニ二__ ヽ:::::::::::! ‐- 、|\ l_/:::::/:\::::::::\ ̄        __r、r、
     ∠:::::::〈: : : : : : : \ \:::::|: : : : 「|::::::|l|:::::Ⅵ: :l:::::::/ >、      l`Yl }} 「l
        ̄ }: : : : : : : : : \.\|: : : : |:l::::::Eヨ::::::Ⅵ: l//: : : :〉  , ─‐┴くノノノ
         ヽ: : : : : : : : : : :ヽ.|: : : : |:l::::::::|l|::::::::Ⅵ:.l/: : : : :./  {:::::::::::::__ /
          }三ニ: : : : : : : :ノ: : : : l:l:::::::::}l}::::::::::Ⅵ:l: : : : :/ 「 ̄ ̄ ̄ \
          /: : : : : : : : :}/: : : : : :l:l::::::::Eヨ::::::::::::Ⅵ:l二二}/\::::::::::::::::::::ヽ
        /: : : : : : : : :/: : : : : : : : l:l:::::::::|l|:::::::::::::::Ⅵl イ´: : : :]::::::::::::О::ノ
          /: : : : : : : : :/二二二二 _」:::::::::Eヨ:::::::::::::::{_{l: : : : : : :/:::::::::::::::/
       /: : : : : : : : :/: : : : : : : : |::::::::::::::::::|l|::::::::::::::::〉\: : : : : : ̄ ̄7´

「だな!」

「実際装備や生活水準をアップグレードしようとして」

「魔力をケチった冒険者が死ぬとか痛ましい事例も起きているし」

「陰謀込みで考えても実際善行だと思うぞ!」

4880 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/01/14(月) 23:16:06 ID:rAOgb0f60
>>4877
>>4878
『土地をタップしてマナを出す』

『何気なくやってるゲームの基本だけどこう見ると奥深くないかい?』

4881 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/01/14(月) 23:27:11 ID:rAOgb0f60
『魔力兵站については以上かな』

安価↓1 質問・コメントがあれば

4882 名無し-Red-市民-2 :2019/01/14(月) 23:31:02 ID:M38XER2E0
そういえば神霊が信仰を力にしているのも魔力徴収の一種ですかね

4883 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/01/14(月) 23:32:45 ID:rAOgb0f60
>>4882
『少なくとも、フレア宇宙についてはそうだね』

『他は「信仰」が物理的に何を意味するかにもよる』

『例えば魔力ではなく超能力系統の「信仰」もある』

4884 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/01/14(月) 23:38:51 ID:rAOgb0f60
>>4882
超能力系(観測系)信仰を受ける神霊の例
・真・女神転生IV FINALの悪魔や神々(神聖四文字含む)
・円環少女の再演の神
・妖魔夜行の妖怪

魔力系信仰を受ける神霊の例
・フレア宇宙の神獣
・禁書

不明
・型月の神霊
・相州戦神館學園の神霊

4885 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/01/14(月) 23:41:49 ID:rAOgb0f60
安価↓1  TS or アーッ! or SCP or 諜報試運転 or 外交試運転 or 研究試運転 or コミュ or 転生描写 or 技術描写 or 五色ゲーム or 円環少女 or メガテン派閥ゲー

4886 名無し-Red-市民-2 :2019/01/14(月) 23:44:50 ID:vVVMrYiY0
scp

4887 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/01/14(月) 23:48:29 ID:rAOgb0f60
               ___
             . -='´:::::::::::::: `::...、
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::. \
.         /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::... \
         /:::........./.....................}......ヽ.........:::::::ヽ
.        /:::/::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::∧::::::::::::::::::.
.      ':::::::::::::::::i::::::: /イ:::: /:::/  ';:::::::::}:::::::',
      .::::::::::::::::::|::: /' |:: //   ⌒|:::::::::::::::: |
        i:::{::::::::::::∧/  }:/´   ィ f示}イ::∧:::::::|
        |::::::::::::::::iィ f示      乂t リ }/::::iヽ::::
        |::::: \::::|乂t リ         |::::: |イ:::::.
        |::::::::: {ヽ{      ′    /:::::::::::::::::{
        |::::ハ:::::::个:.、  /ヽ一'  .イ:::::::://}∧
       }イ }\ト{ V≧/   ̄}  <}/イ}イ´
             /   ̄} ̄ {:′
                i    7    \
.          _, r7-/|     ′    \ _rx _
       /   }マr{^ゝ==イ丶  r‐一   r「7  \
         ヽ  マ:ハ     :}       r「7´ / ^ヽ
     i   \/′     {____,r「7´        }
     |   /    -=7 ⅩⅩⅩⅩ {′/       /
     |  /         /ⅩⅩⅩⅩⅩ{        }
     | ./         /=ー―――‐={ {      {

>SCP-155 速度無限のコンピュータ →スキル:無限速演算、放射線照射

「まあ僕らは既に持ってるけど」

「カキ氷をかじりながら研究していた頃を思い出して欲しい」

「速度無限のコンピュータがあの頃使えたら、どう思う?」

4888 名無し-Red-市民-2 :2019/01/14(月) 23:50:50 ID:vVVMrYiY0
使う

4889 名無し-Red-市民-2 :2019/01/14(月) 23:51:13 ID:zzdvDz3Q0
そりゃあ、リスクはあっても使いまくったな。

4890 名無し-Red-市民-2 :2019/01/14(月) 23:55:48 ID:M38XER2E0
使うぞ

4891 名無し-Red-市民-2 :2019/01/14(月) 23:57:07 ID:HG9vs6Es0
一気に技術ワープだ!!

4892 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/01/14(月) 23:58:41 ID:rAOgb0f60
>>4888
>>4889
                     ___
                 , <: : : : : : : : : : >、
                 , ´: : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                 / : : : : : : : : : : : : : !: : : : : : : : ハ
               /: : : : : : : : : : : : : : : ス: : : : : : : : :ハ
           /: : : : : : : : : : /: : /: / ∨: : :ハ: : : : ハ
            l: : : i: :l_;_ -=メ、: :イ: / ィ==、-: 、: l: : : : :!
           イ: : : l´i!: : : ://:ノj:/    ヽ: l`:!: : : : l
            / !: :i: :ヽi{:{レ'ナメ /′  、ニ- .ゝ!: l: : : : :!
           ノ 八: lヽ:ミハfi示朴′   イl{示fァ: !{: : : リ
          /: : : : ヽ{: : ト、 乂り     弋ン,′ l: : : : ト,
       /: : : : : : : : : >ミ"   ’   ""/: : : : : : : :ハ    r 7,r7
         l : ハ: {ゝ: : l: : : ト: :ゝ  ’  ア  ,ィ: : : /: : :/j八ハ _ _/ ,/ /
       !: ハ:l ヽ: iヽ: ハ `ヽミ` 、 _ イ ,/: :ィ:/レ/ /  l:i / 八 \/
        乂  ヽ  ヽv`レイ    /    /:/}/iく,ィ、 ′ }'ノ レ´ ヽ_ l
           ンー′ ノー ´   /´ゝ -‐! ム‐ 、 リ ′/, |
           /    ノ_  ` _i    _  l`   iVヽ !    `´ノ
              i    !   /_    ` ' ̄    !`   l   !i    /7_
              !   ヽ /XXX>ーr―ィ< }   l  Vrィイフ/
          i    Y<\XX/ XX/_Xハ   ノ      /
          |       i!    ̄` ヽ´ ̄   i  /      /
              i       l         i       y′      /
           l     i!            /   /    ′
              }     ヽ       ハ    /   ,    ,
           i      7 _  / ;   {         !
           |   /ノ/   ` ー――- ハ         {
               l   "             >く、    /
              {             ヾ  `ーv /フ_ヽ
            `ー r-= ____  ヽ__ 二ニ' /,. - `
              /       ノ ヾ 、 r゛  l `´
                /⌒ヽl     ,    ゛   ハ
              /XX/{、          _,ィ八
           >、XXXXX> 、___,. ィ<XXX ゝ
          / / \X    XXXX   /X/ /ヽ
            / /   Yヽ XXXX    XXX,イ  ハ
        , < ∨   /   `r― - -― イ  i   ノ\
    /   / ゝ  ′   {i  l        !     /   `  、

「だろう?」

「そんな使い倒す便利な代物が」

「SCP-155 速度無限のコンピュータだ!」

「ただしこいつ自体の性能が高いわけではない」

「むしろ古くて遅いタイプのコンピュータになる。」

              ヽ、
               `>‐.….‐.- ミ
  __ .       ー==彡.: : : : : : : : : :`: ..、
  \.:`ーミ    .〆: : : : : : : : : : : : : : : :`: .、
.    _ヽ. : .ヽ-=彡 : : :__: : : : : : : : : : : : : : : :`フ
ー‐一\} . : . }//:<: : : : : :_: : :≧x: :_:_:_;. イ:}
.:.: . : . :.:ヽ. : .:")/ : : >: ´: :_:.斗圦 /: : /:/)
. : . : . : .:.}___厶イ_.ハ`¨  ̄    乂ソノ: /:/:.i
.:. . : . : . :',\. : .:_/ {      -==彡イソ /:l:l|
. : . : . : . :.', . \}   ∧     /\  ゝ:/: :|:リ
. : . : . : . : .',.: .:/  / .∧   人へ > / /:/ ′
. : . : . : . : . }. :>. ..  ,.\   `¨´/:/"
. : . : . : . : ./.: . :.:/ /. :. :` ー / /´>
> .. __/. : ./ /}. : _,..-‐-、>''´

「だけど、こいつは刹那のように求道的時間加速をしながら演算を行う」

「結果、コンピュータ自身としては莫大な時間をかけて解いた問題も」

「外部から見れば一瞬で解けることになるわけだ!」

「便利だろう?」

「実際財団としても、重宝しているらしい」

4893 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/01/15(火) 00:04:48 ID:xwq7Th1s0
          _ -  ̄` ー
        /         \
       , '       ,、 、   ヽ
      / /     ,ィ ィ/ ヽ ! |   ヽ
      ,'  l , -‐-x i / イ-─リハ l ヘ ',
     i  l  ァ≠、/    ィニテ!/  l !
     ,'.|  ゝトヘヒノ   ,   ゞ-ィ fヽ | l
     ! !  ヽ_',    _ __  | f ' i i
     { ト    ヽ、     ,イィ/ ィ i l,'
     トゝヽヘ_、-、_` t - イ /!ィハ/ソ
           r z'   ,k-、
        _ ┬ ヘ   只  /`7-、
      / ', ',  ヽ/  ヽ'  / / \
二 ̄\_ j`ヽ ヽ 丶        / /  j ヽ  /⌒二つ
/    )、  '  ヽ ヽ    , ' , '  ム { /{   `ー
 , ,  / 弋ミミ}   \\ _//   |彡 V \
,/ / /   ヘ 7      \ /    ,' .! /   厂
_/^´ |   V      Y     / {_/  /
    ヽ   } }       |       ! {/ /

「だけどこいつには難点もある」

「時間加速している間、演算に伴う廃熱は普通に発生するということだ。」

「そして時間加速空間の中に、廃熱は蓄積され続け」

「演算が終わった瞬間に廃熱が一気に解放される!」

「無限加速の中で蓄積された無限の廃熱。」

「こいつをどう思う?」

「とりわけ、無限ループして永久無限に終わらない演算を実行してしまったら?」

4894 名無し-Red-市民-2 :2019/01/15(火) 00:05:39 ID:f6LDrfso0
宇宙が終わるぅ!

4895 名無し-Red-市民-2 :2019/01/15(火) 00:10:40 ID:1cwbrc360
わーいkクラスシナリオだ(白目)
ウイルスやバグにはキヲツケテネ!

4896 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/01/15(火) 00:15:22 ID:xwq7Th1s0
>>4894
>>4895
          __
       iト≧x:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ _
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ
    //:.:/:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
   iイ:.:.:.:./:.:.:.:.ィ:.:./:/:.:入:.、:.:.:r…一:彡7
   ゙i:.:.:.:.:i:.:.:.:ナメ:;':./:./   i:.i:.:.:ゝfミ   /
.   {:.:.i:.:.!:.:ィィ=ミ./:イ:ノ `ヽ!:l!:.:.:.:.`ヾ ノ、
    〉、!:.:l:.:' i//ス   イミx iメi:.:.:./:.:.:、:.、:ヽ
   ./:.:.:ヾ:Y! l/シ     ,!//yミ |:.:/:./:、:.i:.lト、:
  /:イ:.:从八""`     ー ’ メヤ:f:.:.:.:i:.!:ルヘ〉
  {' i:.:.!ハト:.iヽ 「`y  ""イ:/:.i:.:ハ:.ノ!j"
    ヾ!  /゙:ヽゝ --一./:イ:/:.レヽ:レ -- 、
        .′ 、i |爻i、 メ i" /メ/     ヽ
        {   | !爻! ヽ r一./メ/ /       、
       ヽ  :.`ヾ爻ュ.  /メ/ .′     /   /⌒ソ
         ミ :!   `ヾ爻':メ/ i       /   {:.:.:.ゝ.
         、!   ′ーy' ノ     ./    ゝ.:.:.:.:`ヽ
         ゝ.  i    イ      ∧        `ヾ:.:ハ
          } \    /      ./ fミx       }:.:.:}
          i    ヽ  .′    /   メ 人      ノ:.:.:′
            .l    iヾ′    /  イ 彡イ^≧x:く:.:.:/
             !     !ノ      .ん     /::::::::::::::::::`ヾ
            l   :i  ∠ __ ノ__./::::::, '::::::::::::::::::ハ
           i   /       ノ:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::i

「だろう?自律行動するわけじゃないし、基本便利な道具だからセーフクラスオブジェクトだけど」

「扱いを誤った時の危険性で言えばK-クラスシナリオ級なわけだ!」

「実際無限ループのバグを含んだプログラムをぶち込んで大事故を起こしたこともあるらしい」

「・・・大事故で済んで良かったね」

「だからこいつに演算させるときには、じっくりとプログラムのチェックを事前に行う。それが収容プロトコルだ」

4897 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/01/15(火) 00:17:06 ID:xwq7Th1s0
                       /   /        〃  ヽ\:::::.`丶   .:::::::i|
                      ,′ '      //    ',:::::ヽ,:.      :::::::i|
                      ,ノ イ. i     ././ ,斗―   ',|:::ハ      ::::: .|
                       ノ ハ    , ' :/  .       ',| :|,ィ'l::::::. :::::. l
                       | ヽ /.:テ  ,、-≠ミ    ,r.:|ゥエl:::::::. ::::: l
                       |!:. |:::/          / |:ト'´:::::::.: :::::!|
                       |l::: |::ヽ         / .:::!i ::.    :::::::i|
                       |.'!  |:::: )  , ィ    j!:  :::i|:::::.   ::::::::;l!
               ./二〕    / :!  |:::::: \`     ヘ l :::::l!:::::::|  ,'::::::::::|
 .____       .//´     ノ  |::j:::: ハ;::::::,  ̄ .T  丶.<;;;::ハ |  :::::::::::::|
 |::::::::::_ :::::::|     /::;/      Vリ ^ハ   ,' ヽ:::|    i __. _ ,,. -亠lハ/、N八
 |:::/.丿__:」`ゝ、 /::/                  ,´ヽ、 __ _ ,,.. -‐ ´ ` 、
 V ./ .r‐亠、 ‐'´:;'く              ,,. -‐ ' ´   / /  /        ` 、
  ! 〈  <| イ´ v`i''.  ヽ             /      ,' .,'  ,'            `>、
  ヽ ヽ i  i  !ゝ'⌒` ',            /      ./  !  |               ',
  . ヽヽ丶〈       ヽ         ./      ,'  ,':i  i               i
    `ー-ー‐ー、 --'  i>      /       /  /:::|  |               ',
          i ー--‐' .i     .く     ,    .,'  ,'::::::i  .i               .i
          .|      ,|   / \   ,'    |  |::::::::|  |               .',

「食べた時のスキルとしてはこんな感じだね。そこそこ貴重品だから食べるのは惜しくはあるけど。」

SCP-155 速度無限のコンピュータ →スキル:無限速思考、無限熱量、無限時間加速

「中々便利そうで危険そうじゃないかな?」

4898 名無し-Red-市民-2 :2019/01/15(火) 00:36:56 ID:GiDKSk8Q0
熱の放出タイミングをいじれれば熱の変換も狙いやすいが

4899 名無し-Red-市民-2 :2019/01/15(火) 00:53:12 ID:9/fZrRtM0
無限熱量は、なんか別のスキルと組み合わせれば飛躍的に化ける気がする。
すぐには思いつかないけど。

4900 名無し-Red-市民-2 :2019/01/15(火) 01:15:11 ID:KB2IhAKs0
熱量操作……アツアツの実?

4901 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/01/15(火) 01:23:08 ID:xwq7Th1s0
『と、ごめん。リアルが襲い掛かってきて離席してた』

4902 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/01/15(火) 01:24:23 ID:xwq7Th1s0
>>4898

         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ
        /         \
     / / / .ィ ./ヽ.Y l .', ヽ
    ,' ! -/7'Y /|' "´ヽ|. !!i '
    !  !.ト●    ● ! !ノ、i !
    ,'' l l l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ l丿 !
.  ./⌒ヽ!;!l|ヘ       j /⌒i/
  \ / | l>,、 __, イァ/  /!ノ´
   ./ /| | |___|{ヘ、__∧
   `ヽ<.| |         彡'

「演算を打ち切ればその時点での熱量になるよ!」

「無限ループしたときは強制終了させて被害を抑えた」

4903 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/01/15(火) 01:25:23 ID:xwq7Th1s0
>>4899
                         -‐……‐-ミ
                  /: : : : : : : : : : : : : \
                  ,:'´: : : : : : : : : : : : :.`ヽ: : ,
               /: :/: : /:/:/: :i : : : : : : : ',: ‘,
                 {: : i:/l/レ'i/ \丶、: : }:.i: : i
               \{ =     = `ト: /:ノ: : |
                    从   、_,、_,   ムイ´: : 从
               /イハ≧=‐- -‐=≦レイレ、イトヘ
                 /::/:|V V|ヽ::::::\

「何かしら化けるかな?」

「まあ現状では本当爆発にしかならないけどね」

「そこは研究班諸君のアイデアに期待しよう」

4904 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/01/15(火) 01:25:47 ID:xwq7Th1s0
>>4900
『操作はできないよ?爆発させるだけ』

4905 名無し-Red-市民-2 :2019/01/15(火) 01:31:40 ID:9/fZrRtM0
多分「熱量を操作する能力と組み合わせればいい」という意味なのでは?

操作が上手いはアツアツの実ではなくネツネツの実だと思いますが。

4906 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/01/15(火) 01:40:07 ID:xwq7Th1s0
>>4905
    , -‐- 、.
   ,'. /  ト、 ヽ.
.   i. ((从ソ u从〉
   l. (|┳ ┳i!l
  .ハNiヘ  ー ノハ!
.     {iつ旦O
.    とくュュュュ〉

「なるほど・・・確かにその辺の悪魔の実なら上手く扱えるかもね」

4907 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/01/15(火) 01:44:07 ID:xwq7Th1s0
                 ...:.‐:.:.:.:.:.: ̄:.:.:.:.‐:....
           ..:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:..、
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.
         li:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:,イ:.:'  ヽ:.:.:.:i:.:.:l:.:.:.:.:i
          l:l:.:.:.ヽ:ィ:.:―l !:.:.:.:.:/// -- 、:.:.:l:i:.:l:.:.:.:.:l
         l:ヽ:.:iヽ:l \:.! ヽ/./'       ',:. l:.!:l:.:.:.:.:l
           、:ヽ:l:.:l ≡ ≡    ≡≡≡ lヽ!:.リ:.:.:.:.l
            l:.:.:ヽ:l                .':.:.:rx:.:.:.:.l
           l:.:i:.:八   、  ,、  ,   .':.:.:.'_ノ:.:.:.:l
            l:ハ:ハ:.≧:....... ̄   ̄  ......':.:./:.:.:.:ト、:.l
            '  ヽ ヾ`ヽ从ノ:i ̄ t: :i从ハイイ:! ヾ
                , : ´: : l__ .' : ` : 、
             ∧: : : : :l  / : : : : :/ヽ
              /:::::\ : : l /: : : : /::::::ヽ


>SCP-1233-JP 特別退避プロトコル”ノア” →スキル:宇宙航行、大地の取り込み

「こいつは宇宙開発勝利によるK-クラスシナリオからの脱出を試みるタウミエルで」

「ぶっちゃけSCP-2237 「代償は常に付き物だ……」と機能的には大差ない」

「財団製のオブジェクトらしきSCP-2237と違って、誰が作ったのかはわからないけどね」

4908 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/01/15(火) 01:51:04 ID:xwq7Th1s0
    , -‐- 、
   ,'. /  ト、 ヽ.
.   i.(从ノノ 从〉
   l (|┳ ┳i!l
.  ハNヘ  ー ノハ!
    ⊂)"ー'゙iつ
     /ュュュュゝ
     〈__八_,〉

「ただし、SCP-1233-JPはそれ自体がタウミエルであると同時にケテルでもある」

「こいつは滋賀県を巻き込んで地球から宇宙へと瞬間的に脱出するんだが」

「その際の反動で地球がヤバイ。具体的には」

1:琵琶湖を震源とした、震度7の基準値を大幅に超える広域大地震の発生。
2:地軸の変動にともなう気候の大変動。
3:地球の公転軌道からの離脱。太陽への落下の可能性を含む。

「だそうだ」

「コレ自体がK-クラスシナリオを引き起こしてしまうのさ」

「勿論、全人類が乗り切れるほどの広さは無い。」

「せいぜい、数十万人を救うだけで、そのために残りの何十億もの人類を苦しみの中で滅ぼすことになる」

「植民先には大迷惑だし、極少数しか救えないとはいえ、一応人類には無害だったSCP-2237 「代償は常に付き物だ……」の方がマシじゃないかな?」

4909 名無し-Red-市民-2 :2019/01/15(火) 01:57:49 ID:9/fZrRtM0
ハイリスク・ローリターンですね。

4910 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/01/15(火) 01:58:28 ID:xwq7Th1s0

                 ...:.‐:.:.:.:.:.: ̄:.:.:.:.‐:....
           ..:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:..、
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.
         li:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:,イ:.:'  ヽ:.:.:.:i:.:.:l:.:.:.:.:i
          l:l:.:.:.ヽ:ィ:.:―l !:.:.:.:.:/// -- 、:.:.:l:i:.:l:.:.:.:.:l
         l:ヽ:.:iヽ:l \:.! ヽ/./'       ',:. l:.!:l:.:.:.:.:l
           、:ヽ:l:.:l ≡ ≡    ≡≡≡ lヽ!:.リ:.:.:.:.l
            l:.:.:ヽ:l                .':.:.:rx:.:.:.:.l
           l:.:i:.:八   、  ,、  ,   .':.:.:.'_ノ:.:.:.:l
            l:ハ:ハ:.≧:....... ̄   ̄  ......':.:./:.:.:.:ト、:.l
            '  ヽ ヾ`ヽ从ノ:i ̄ t: :i从ハイイ:! ヾ
                , : ´: : l__ .' : ` : 、
             ∧: : : : :l  / : : : : :/ヽ
              /:::::\ : : l /: : : : /::::::ヽ

「ただ、バイオスフィア機能はあんまり無いそうでね」

「使う場合、人類は滋賀県という狭い範囲で文明を維持しなきゃいけないし」

「そのためのバイオスフィア維持とか完結型の物資供給システムとかは自力でやらなきゃいけない」

「これ自身は本当、ただ滋賀県を巻き込んで遠くまで飛んでいく宇宙船でしかないのさ」

「うーん・・・地球脱出するにしても、素直にSCP-2237 「代償は常に付き物だ……」使おうか!」

「一応、SCP-280-JP「縮小する時空間異常」対策として利用しようとしていたらしいから、手段を選んでる余裕は無かったんだろうけど・・・」

「それでもちょっと、帳尻が合わない気がする」

「と言うわけで頂きます!」

佐々木王はSCP-1233-JPを食べた!

スキル:宇宙航行、大地の取り込みを得た!

4911 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/01/15(火) 01:59:01 ID:xwq7Th1s0
>>4909
    , -‐- 、
   ,'. /  ト、 ヽ.
.   i.(从ノノ 从〉
   l (|┳ ┳i!l
.  ハNヘ  ー ノハ!
    ⊂)"ー'゙iつ
     /ュュュュゝ
     〈__八_,〉

「だね」

「犠牲に比してリターンが少なすぎる」

4912 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/01/15(火) 01:59:18 ID:xwq7Th1s0
安価↓1  TS or アーッ! or SCP or 諜報試運転 or 外交試運転 or 研究試運転 or コミュ or 転生描写 or 技術描写 or 五色ゲーム or 円環少女 or メガテン派閥ゲー

4913 名無し-Red-市民-2 :2019/01/15(火) 02:01:01 ID:9/fZrRtM0
技術描写

4914 名無し-Red-市民-2 :2019/01/15(火) 02:01:46 ID:9/fZrRtM0
安価しておいてなんですが、そろそろ寝ます。
おやすみなさい、無茶王様。

4915 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/01/15(火) 02:03:53 ID:xwq7Th1s0
>>4914
お休み!

4916 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/01/15(火) 02:09:14 ID:xwq7Th1s0
爪とぎ&道化(純粋科学と超能力):ゾアエンペラー …ゾアノイド系の技術を供与して

爪とぎ&道化(純粋科学と超能力): ゾアエンペラー
原作には存在しない、ゾアロードより上位のゾアノイド。
全盛期のアルカンフェルをさらに、グリセルダのように思念波特化したような存在。
ゾアノイドは純粋科学のはずだし、思念波は超能力みたいな物らしいのでいけるんじゃないかと。
判定:技術供与すれば可能。シミック方向なのでギラグールの専門分野ではあるはず。
前提:アルカンフェル

           _  -=======-  _
         ノ///////////////////人
         /////////////////////// \
       //////////////////>―-<---\_
        i//////////// >'".:: .:: .:: .:: .:: \i/i/i:〉
        |///////////\.:: .::|.:: .:: .:: .:: .:: .:∨i/
      ノ///////// '.:: |―ヽ.::|.:: .:: .: /.:: .:: .:|i/
      ///////// / i.::斗=ミ 八.: /.:A .: /.::./
     ヽ///////// : l《 ヒzツ   ∨冬ミi:/| :/
      ∨//////.:\{:\       ,ゞ' イ :|/〉
      }/////人ノ.:: .:: .:\        八.:イ
      人//////∧.:: .:: 〈⌒  ' '   7=彡 _人__
     ⌒>///////ヽ)=- :\  __,. <(\| ∨/////
     _人.::ハ//////⌒\======ミ _   ノ////(
    (.:: .:ノ i/// ///////∨//x==ミ///ヽ7/////
     〉:〈  〈// 八///////i/ Y   Y///∨//(

「ガイバー世界で入手したゾアノイド系技術を」

「ギラグールに提供します!」

↑リザードマンとかが普通に居る世界出身なので、ギラグールにもさほど驚いていない。

恐竜好きなので「恐竜人類」というパワーワードにはロマンを感じたらしいが。

4917 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/01/15(火) 02:12:39 ID:xwq7Th1s0
.    \::::\    ___         /::::::::::',   //  /
       \::::\ /ヽ ::::::::::\         \:::::::::', //}   /        /}
 ‐=ニ二 \::::\::::\:.. ..::\       `} :::::∨/{   //>⌒ヽ//
          く⌒\:/ :::::::::::::::',    ,ノ{:::::::::{\::::\く/   />く
二二ニ=─   \::/::::::::::::::::::::::',   /  `}:::::::マニ}::..::>r=イ/  \
.              >─‐=ミ::::::}  ⌒¨,.rく\::::}ノ}:::/::x=ミ::/       ヽ
──==ニニ ,/:::...   ...::::`丶  _ノ{:::/ /}::Ⅵ:::{:〃ヽ }′         、
.           ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く::::::::::\\{::::::トミⅥ ノ`丶        |
. 二二ニ=─ {::::::::...   ..::::::::::::::::::::::::::',::::::::::\\:辷{´ \:::::::::: ヽ       |
         |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.}:::::::::::::::::\ヽ ハ/ハ::::::::::::::}       |
─==ニ二  :|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://´ ̄`丶::::::::ヽ}:://:::::|::::::::::::,'     │
\      /{\::::::::::::::::::::::::::::::::::://:::::::::::::::::::::\::::}// ::::::|:::::::::/
   ー─ ´ |\::::\::::::::::::::::::::::::::/::{::.. ..::::::::::::::::::::ヽ/:::::::::::}::::::/}      /
        {\::::`¨¨¨¨ア⌒}`¨´\ ',:::::::::::::::::::::::::::::::}:::::::::::///}    {
       /:::::::`¨¨¨¨´//\   }::\::::::::::::::::::::/ \:::/ニニイ}      、
       /⌒¨¨¨¨¨¨¨´/ \  ̄ ̄⌒ヽニニイ`⌒⌒/〉:::::::::丿      }
   ト、   アニニト、:::::/      \____ノ ∧:::|::\⌒ア/マニニニ}      ,'
   |∧ r〈ニニニニ厂          { \   / |:::}\::∨/}/{ニニニハ       |
   ∨/::::::}マニニ/           |   ̄  /::∧:::∨/:::{::::{ニニ/::::}     |
    |/::::::::|:::\_丿        /`¨¨¨¨¨¨´::/:::{\}/:}::ハ::::::::::::::::{      |
   /::::::::丿:::::::::::}          /:::⌒ヽ:::::::::::/:::::::\}ノ/ |::i´ ̄`i::',     |
.  /::::::::/:::::::::::::ノ          {/´ ̄ ̄`マ⌒ヽ::::::\{、 |:::廴__丿::: ,   |
. ,'::::::::〃´ ̄}´         {{/::::::::::::::::::::\::::}\::::::ヽ\::::::::::::::::::::::}   |
 {:::::::/:{:::::::::::|          {::::::::::::::::::::::::::::∨{::::::::::::::}:::::`マ辷「厂   |
 |:::::イ:八:::::: ノ             /⌒ヽ::::::::::::::::::::|ハ::::::::::::|:::::::::: \       |
 |::::::|{::::::`¨´::}           /::::::::::::::\ :::::::::::|二}:::::::::/::::::::::::::::::\    :|
 |::::::|{::::::::: /           /:::::::::::::::::::::::',:::::::|ニ}:\/ニ\:::::::::::::::::: ',   |
 |::::/´「{Jハ          /::::::::::::::::::::::::::::}::::::::|ニ}  {ニニニ\::::::::::::::::::, |
 廴}::廴__ソ        /:::::::::::::::::::::::::/ ::::::::|ニ}   {ニニニ',:::::::::::::::::|  |


ゾアノイドは本来、シミック系宇宙人の「生体兵器」として作られた存在である。

(なお、恐竜も宇宙人の作品であったらしい。だが知能と適応能力に欠けるとして没になったようだ。それを恐竜人類ギラグールが研究するのだから皮肉というべきか)

さて、「生体兵器」として一番大事なのは何だろう?

強いことか?いや、違う。

「統率できること」「主人に逆らわないこと」だろう?

4918 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/01/15(火) 02:17:15 ID:xwq7Th1s0

              `{ヽ                       ,ィ
  :\           .';::::ヽ           ,. -.y-- 、         /:,'
  :::::::\         ';:::::::ヽ.    ,.ィ ´  ´    ̄.t、   ,r':::::::/     ,.ィ':::
  :::::::::::::ヽ.   マー-....ヾ::::::::',  /             `ー-..、::∠   ./:::::::::
  :::::::::::::::::::ヽ..._ `ヾ.:::::::`::::::::Y        / .ィ       !イ  /:::::::::::::::
  ::::`゛ミ丶:::::::/  ー=ニ:::::::::::::::!.    \ /. / } ./       {フ /:::::::::::::::/
  :::::::::::::::::::::::;'    ,ィ≦:::::::::| .i! /∠__` y' ./ ./ -/―,. i ;! く:::::::::::::::::/
  ___::::::::::::::i!      ア::::,:_!_.l マ拆刈` .ィ'/斗弍ア リ i  ';::::::::::::::::-=
  '"´::::::::::::::::i!.      / ̄´i! ヘi! |ゞー ’    弐カソ′.,' | |  i!:::::::::::::::::ノ
  :::::::::::::::::::::::!    ./    ゞ-! レ.>     ' .`¨´ y ./! | |  i::::::::::::::::ヽ
  :::::::::::::::::::::::|.  /     __  ヽ!r'ァ  - 、 r、くソ / .l | |  i::::::r― --`
  :::::::::::::::::::::::|i / ,.´`ー-=イ i`ヾ三三二 }   `イ ./ /! .| !   .::::::::ヽ
    ̄ '' ー‐--'} ̄¨.}:::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::::!i≧≦´ ./,イ ̄}i| .i! !  .:::::::::::::ヽ
           !   !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::, !__:::::‘ーァ  / .| .;.、i リ:::::::::::ー-`
    ___     .リ  ,::::::::::::ヾ:::::::::::::::::::::ノ,':::::`::::"´i!::ゝ;:::::i .'::::'.,,':::::::::::::ヽ
   ̄7::::: ̄ ̄ン  ノ::::::::::::::::::':;:::::::::::::://::::::::::マ:::リ:::::::ヽ::リ'::::::::ヾ::ヾー--`
   ./::::::::::::::::::: ̄`ヾ:::::::::::::::::::ヽ:::::::://:::::::::::::::::V/::::::::::::/ヽ:::::::;/:::::',
   ./:::::::::::::::;イ::::::'.,   ` ̄ ̄ 7::::::::::' {::::::::::::::::::::ト!:::::::::ノ:::::::}:::ノ:::::::::}
   ::::::::::::::::/.i!::::::::::ヽ     /:::ィ,>:::! |:::::::::::::::::::;!,!::::::::::::::::::.' {  ̄´
  .::::::::::::::/ i!:::::::::::::::ヽ   /≦ニニ二i!::::::::::::::::イ;ハ::::::::::::::;イ-'
  ::::::::::::/  ,:::::::::::!::::::::ヽ ゞ=--..,,';:::`ー-::::´//::::::゙ム¨/´ | i
  :::::::::/   ,::::::::::!:::/ }::::::ゝ..,,_  __}::::::::::::::://::::::::::゙ム,' ̄´ .i|
  ::::::/    ,::::::/,.イ  !::::::i::::::::::::ゞ,二二二ニ ヽ___/ ̄ }  i|
  ::::/     .ゞリ'    ,:::::!ヾ:::::::::::::〕ニニ二二OOOニ=/  .i!
                   ゞ′ ヾ{ /:::::::::::::::::::::/ヾ:.:::::::{i  i!
                  ∠=-―''7ヽ/:.:.:.:.:.:ヾ=-゙__ il
                      /:::::::::::://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!i::! ̄/
                /::::::::::;ィ´r ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!i::i!三}
              /:::::::::://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!i:::!:::::{

例えば、闇の書は兵器としてみれば非常に「強い」。

無限再生機能と転生機能により、非常に高い不死性を持ち、

破壊も収容もほぼ受け付けなかった。

そして極めて高い戦闘能力と、次元侵食能力を持つ。

魔法蒐集機能の応用で、高い拡張性すらある。

だがそれでも、兵器としては欠陥品だ。安全性と制御性が欠如しているのだから。

一応主の命令を聞こうとはするものの、最終的には主の意に反して暴走し、主を含めて周囲の者を何もかも滅ぼしてしまう。

いくら強いと言っても、これでは兵器として論外だ。

兵器は敵を滅ぼし味方を守って幸福になるためのものであって、

何もかも滅ぼすためのものではないのだから。

こんなもの、主も周りも不幸にするただの災害(SCP)でしかない。

4919 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/01/15(火) 02:25:30 ID:xwq7Th1s0
.    \::::\    ___         /::::::::::',   //  /
       \::::\ /ヽ ::::::::::\         \:::::::::', //}   /        /}
 ‐=ニ二 \::::\::::\:.. ..::\       `} :::::∨/{   //>⌒ヽ//
          く⌒\:/ :::::::::::::::',    ,ノ{:::::::::{\::::\く/   />く
二二ニ=─   \::/::::::::::::::::::::::',   /  `}:::::::マニ}::..::>r=イ/  \
.              >─‐=ミ::::::}  ⌒¨,.rく\::::}ノ}:::/::x=ミ::/       ヽ
──==ニニ ,/:::...   ...::::`丶  _ノ{:::/ /}::Ⅵ:::{:〃ヽ }′         、
.           ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く::::::::::\\{::::::トミⅥ ノ`丶        |
. 二二ニ=─ {::::::::...   ..::::::::::::::::::::::::::',::::::::::\\:辷{´ \:::::::::: ヽ       |
         |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.}:::::::::::::::::\ヽ ハ/ハ::::::::::::::}       |
─==ニ二  :|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://´ ̄`丶::::::::ヽ}:://:::::|::::::::::::,'     │
\      /{\::::::::::::::::::::::::::::::::::://:::::::::::::::::::::\::::}// ::::::|:::::::::/
   ー─ ´ |\::::\::::::::::::::::::::::::::/::{::.. ..::::::::::::::::::::ヽ/:::::::::::}::::::/}      /
        {\::::`¨¨¨¨ア⌒}`¨´\ ',:::::::::::::::::::::::::::::::}:::::::::::///}    {
       /:::::::`¨¨¨¨´//\   }::\::::::::::::::::::::/ \:::/ニニイ}      、
       /⌒¨¨¨¨¨¨¨´/ \  ̄ ̄⌒ヽニニイ`⌒⌒/〉:::::::::丿      }
   ト、   アニニト、:::::/      \____ノ ∧:::|::\⌒ア/マニニニ}      ,'
   |∧ r〈ニニニニ厂          { \   / |:::}\::∨/}/{ニニニハ       |
   ∨/::::::}マニニ/           |   ̄  /::∧:::∨/:::{::::{ニニ/::::}     |
    |/::::::::|:::\_丿        /`¨¨¨¨¨¨´::/:::{\}/:}::ハ::::::::::::::::{      |
   /::::::::丿:::::::::::}          /:::⌒ヽ:::::::::::/:::::::\}ノ/ |::i´ ̄`i::',     |
.  /::::::::/:::::::::::::ノ          {/´ ̄ ̄`マ⌒ヽ::::::\{、 |:::廴__丿::: ,   |
. ,'::::::::〃´ ̄}´         {{/::::::::::::::::::::\::::}\::::::ヽ\::::::::::::::::::::::}   |
 {:::::::/:{:::::::::::|          {::::::::::::::::::::::::::::∨{::::::::::::::}:::::`マ辷「厂   |
 |:::::イ:八:::::: ノ             /⌒ヽ::::::::::::::::::::|ハ::::::::::::|:::::::::: \       |
 |::::::|{::::::`¨´::}           /::::::::::::::\ :::::::::::|二}:::::::::/::::::::::::::::::\    :|
 |::::::|{::::::::: /           /:::::::::::::::::::::::',:::::::|ニ}:\/ニ\:::::::::::::::::: ',   |
 |::::/´「{Jハ          /::::::::::::::::::::::::::::}::::::::|ニ}  {ニニニ\::::::::::::::::::, |
 廴}::廴__ソ        /:::::::::::::::::::::::::/ ::::::::|ニ}   {ニニニ',:::::::::::::::::|  |

ゾアノイドも同様。制御性と安全性が無ければ兵器は兵器として機能しない。

こういう分野は、支配者にして制御の色である白や黒ならば苦労はない。

例えばセレズニアのような白系の文明であれば、白い統率力を持って生体兵器を飼いならすのだろう。

ローマであれば、黒い利害をもって生体兵器を飼いならすのだろう。

だが、宇宙人はシミックカラーであった。これはあまり支配者的な色ではない。

だから本来持たない統率力を、別の方法で代替する必要があった。

そして宇宙人はその課題に対して、極めてシミック的なやり方で応じた。

つまり、生体改造により、人工的な「本能」をゾアノイドに植えつけたのだ。生死や意思すら無視して宇宙人たちに絶対服従する、という歪な本能を。

4920 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/01/15(火) 02:37:54 ID:xwq7Th1s0
                          /:)
            (\         .イ    /:{
            `i::ヽ.     '::|   ./::ノ
                 \:ミ、__.ノ:::L_.ィ7::::/
.    ト.  _       }::ゝ/:f⌒i::::ゝ':::::f\
    「l レiヘ:::ヽ   _ /⌒Z::ゝイィァく ̄ ̄   __
    | i / /)::ソ /:::::::::`ヽ_ン个7:::∧__..::´::::::::`ヽ
.   /  ヽ/厶:∨=====イ::/:::ヽ‐彡'”::/:::::{/::::::::::::::::::::::.
    、   Y/:/:::::::::`ヾ/::::`ヾ::i"::厶イ::::::ヾ:::::::::::::::::::::::::i
    }ー く::.イ:::::::::::::::/{::::::::::::::i|:::::::::::::::::::::ハ:::::::::::ィ≠ラ′
    |:::::::::::Ⅵ::::::::::/`ト.:::::::::.人:::::::::::::::ノ⌒ミ≦ー::‐::Z
.     〉:::::::::ノシ´ ̄   八ヾ/ i \::..仆─イ\:ゝ::_::_:{_
    〈/` ̄           ∨メ |  /:「ゝ _ イ Ⅵヽ:x==〈__ノi
                   j/}::ヾ.ノ:::::ト __.イ′ Ⅵ }ニ/:::::::∨
               /Ⅳ:::ゝ::::'::::ゝ __.八    Ⅵ!イ::::::::::::!
              У〈:::::ゝ:::'::::::::::::::::::∧   ヾゞゝ:::::::::.、
             / /ミx::::y:::::ィ≦≠ミく      |`i::}}:::::/〉
               / /:::/ソ:::v:::::{ニ{ゝイ:::::∧.   | .lシj::::: ^
.              / /:::::iミ、:::::::::ハニ!:::::::::/:::::.    | {::リ::::|   i
             / /i:::::ノニヽ:::イ に!:::::::.'::::::::::ヽ  ゝマ::::::.、 /
            ノ /::j::/ニニミ"/ |ニ:!:::::::i:::::::::::::ハ.  У\:::Y


これで一応、制御性と安全性は確保されるため、生体兵器としては最低限機能する。

だがまだ、利便性としてはイマイチだ。

例えばゾアノイドたちに集団戦を行わせようとすれば、宇宙人がゾアノイド一人一人に逐一直接命令を出して指揮する必要がある。

間に中間管理職・中間指揮官を置くこともできずに、だ。

これはいくらなんでも面倒くさい。

従って、中間管理職・中間指揮官的な役割を持つゾアノイドも作成された。

それが獣神将(ゾアロード)である。

一般の獣化兵(ゾアノイド)は獣神将(ゾアロード)に服従する本能を持ち、

獣神将(ゾアロード)は宇宙人に服従する本能を持つ。

これにより、宇宙人は簡単に獣化兵(ゾアノイド)を指揮できるわけだ。


獣神将(ゾアロード)は一般の獣化兵(ゾアノイド)よりも個人戦闘能力も強力になる傾向にあるようだが、

それはおまけでしかなく、本来の仕事は獣化兵(ゾアノイド)の中間指揮を執ることであり、

そのための機能として、「思念波」を発して獣化兵(ゾアノイド)に命令を出す能力も持っていた。

これにより、クロノスは本来アルカンフェルの下、一枚岩に統率されるはずだったが・・・

アルカンフェルが衰弱し、思念波も弱まったことで統率が揺らいでいるようである。

精神操作や諜報頼りの影の支配者ディミーアもそうだが、裏技のみで組織を統率しようとすると、その裏技が失敗したときに一気に組織が瓦解してしまう危険も秘めているわけである。

裏技を用意するのはいいが、それとは別にまともな組織運営も行うべきだろう。

4921 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/01/15(火) 02:50:47 ID:xwq7Th1s0
                     ____
                   /::::::::::::::::::`ヽ、
                  ,.'__::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                    /::i\`ヽ、::::::::::::::::::::::;'-ォ
               l::::| 、 ヽ  `ヽ、_>'´ / l
                  j、:::| iー,丶        /._」
                  { i::| l 乂ノlヽ   rci'T
                 Y::|  `ヽ‐'-'|   .|、ソ′
                   i、:ト、   /ヽ|   j、'´,′
                     l l::;ヽ/      ∨
                 l l|::::;;;\     /
                   l l.|::::::::;;;丶.  /
               l l |::::::::::;;;;;;ヽi'
                  l l l:::::::::::::;;;;;;;;l
                    l l .l:::::::::::::::::::::l

「常に正しき道を!」

                      /
                 //      、-、
                   , " /        \\
               /  ` ‐- ニTTヽ. ヽ ヽ
               ヽ、    i:.:.l」:.:.:.:>'′ 〉
               /`ヽ、  `ヽ、_i'´   /
               /.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、   i |   /:ヽ
             /、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶 l」 /:.:.:.:}丶
     __     /  ハ_. ‐T. Tゝ、:.∧ /.:.;イ/、: . \        __
    / l   _/ . : /ヽ  ト、 乂l!>、:.V:.;イノl  \: \    / ∧
   /    `ー'¨  .: ;.イ:.:.//`7l  i ∨/l ヽ/l//.!    \: . `ー‐'  ∧
.  /      .: : /l:.:.l:./////| ヽl ヽノ .l レ' ′     \: ..     ∧
 /      .: : : ,".|:.:.:l'/////,| ゙;\  //        ∨.: .    ハ
_/ 〟   .: : : :i  ト:-i/7777,|   ` ‐'7∧         ∨: : .    i
| ;゙    i  : :l‐- !_://////j  :.    |//∧- ‐ =二 ̄ ̄ i: : :}    /`ヽ、
.丶 ゙    ゙、 : :l  ///////{  :.   |////\       |: : ;′  ,"   、\
  ヽ      \: :゙、 ///////∧、  :.   {//////ヽ        |: :,′ ./   , ,ツ }
    \    \:ヾ'///////∧ \_∧///////}       |: ;'  /  , '゛ _〟'
^゛    ` 、.   \:、'//////∧  ,イハi、}///////     |:/  ./  ,. <
`> _   ¨` ` 、   ヾ、///////\_|l__}/i//////       i,′ /, <    \
     > _   ` 、  \/////// `¨ .|'////        l'  /      _」
       > _    ` 、  \///,{    .|///   ,〟' ,j  /   _, , <
             >、    ヽ  ヽ/∧     !'/     // /  ,,<'////∧

「我に続くが良い!」

その点、ギラグールの社会運営の方が遥かに賢明だろう。

彼らも生体改造は積極的に行っているが、さすがに人工的に本能をいじって無理やり服従させるようなことはやっていない。

彼らはあくまで青い合理性に基づいた分業体制として社会を運営しているのだ。

自分の職務を忠実にこなすのは、それが自分にとって最も得意な分野であり、国益としても自分が担当するのが最善だと思うから。

指導者の命令に従うのは、指導者ならば国益のために一番合理的に判断してくれると評価しているから。

そして国益が叶えられる社会とは、すなわち自分と子孫がより幸福に生きられる社会でもある。

だから自分と子孫のために、国益を増やし社会を発展させようと一生懸命働くのだ。

故に不合理と看做せば上司に逆らうようなこともあり得るが、

まあ本能で絶対服従などと言うよりは遥かに健全な組織運営だろう?

4922 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/01/15(火) 02:55:30 ID:xwq7Th1s0

                ,...-‐-.、
            /:::::::::::::::::ヽ
               /:iヽ、_:::::::::::::::ハ
             ,':::|  ヽ`ヽ、>,゙|
           〔}::| |/lci、   / j
            ∧:l ` ゝ'-i  j゚iフ
             / /〉ヽ/ヽ| ∧7
           ,' ,' i::::::丶 ′゙/
            i l |::::::::::ヽ_/
.          l l |::::::::::::l
         l l |::::::::::::l
        //li 」_:::::::::::l
      _,../斗〈 / `ー‐{
     ノ:::`i∨/\′| !ト、
    /:::::::::::| |////\//,liヽ
.    j::::::::::::::| l/////////ll:::}
   /‐-o、:::::| |/////////|l::{
.  /ニコ {ヽ/::| |/////////||:::i
  /::::::::゙ヽ/:::::| |/////////||::::l
. /:::::::::::::/::::::::| |/////////||:::::l

だからギラグールとしては

「・・・なんでこんな本能付けてるんだ?」

と極めて不思議に思いながら作業していたそうである。



まあともあれ、思念波頼りの統率を行うのであれば、

せめて思念波が弱まって途切れるような事態は避けるべきだろう。

それは組織の統率力が失われるという致命的な事態を招くのだから。

故に、全盛期のアルカンフェルを、さらに思念波特化、指揮特化させた個体・・・

4923 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/01/15(火) 03:00:04 ID:xwq7Th1s0
                   /    /                   `、
             . -‐ 、_ /    /  i         \        ノ'⌒'゙⌒'゙⌒'゙⌒'゙⌒'゙⌒ヽ
            .( .ノ´ ̄ ̄)__./  /| l  .  \__   i     {   アナタ    ハート   }
            / (_/ ̄´__ `Y⌒い、 丶/「\  . ∨i   i  (   貴 方 の 精 神   )
         /   {   `='┴…=ミー'≫=ミ.|\ ∨| ̄ \|\〉i   l   {   操っちゃうゾ☆  }
        /   ̄`ヽ -‐r‐- 、  ):{ {:人jト  \}´≫==ミメi    .|  ノ'ー'^ー'^ー'^ー'^ー'^ー'′
        /    、_   (   |   i`¨代いてソ     ″ ,, ,, ,,|/  ./  .,    '.
            `ア⌒ヽ. 丶 |   |  i、_.、´″  .;      、__/  ./  ! . ,
    〈丶     {__ \_)|   |  |. .人       /⌒) `不¨´    i . . ,     .
    { \`ー-‐ノ \ ` ̄`ー人   . ∨./个: . `ー'‐ '´..イ |/     ,|. . .,     '.
    丶   ̄'´   |      \_>、{`¨⌒ア`≧ァ=  {フ|/   ,∠||. . .i    '.
      〕≧=‐. ─|          ∨   /   .{゙ー=彡    ./   |人. . .l       '.
      /    . \ノ           /   {_/∧_ ≧==≠.   ノ   \|      '.
    /    /   )、      \_/    /    .≠´〈/   \      丶.     '.
   .    /   /\\             /  / ̄~㍉  冫´ ̄`¨⌒ヽ}       '.
    {     /     >ー‐/       i / f⌒'     }}/     __人     '.
     .  { .     /  /.{       |/    ∨       /´     /      '.
      \∨        / . .人          __/_ '⌒ヽ./゙7T⌒¨´ . .,      .   i  .
       `  /    . . . /. . .\  />‐fエエエエ>V   ∨.∧ .. . . . . .,      |    |   i
       {/ .′  /. . ./ . . . . . .|`〈_/  _厶工工工.>∨  j./ ∧ . . . . . i      |    |   |
      /  .{  ..' . . .' . . . . . ┴- { / <二二> ⊂⊃`、`⌒Y  '. . . . . .!   . . ./    ハ |
      .′  .  { . . .{/ . . (_ __  ∨           `、__ノ   '. . . . .| . . ./      . |
          ヘ  '. ./ . . . . /| `ヽ{三三i王王王i三三}´      '. . ー=≦___.. イ   i |

【ゾアエンペラー イメージAA食蜂操折】

それがゾアエンペラーである!

爪とぎ&道化(純粋科学と超能力): ゾアエンペラー
原作には存在しない、ゾアロードより上位のゾアノイド。
全盛期のアルカンフェルをさらに、グリセルダのように思念波特化したような存在。
ゾアノイドは純粋科学のはずだし、思念波は超能力みたいな物らしいのでいけるんじゃないかと。
判定:技術供与すれば可能。シミック方向なのでギラグールの専門分野ではあるはず。
前提:アルカンフェル

再演大系が人間操作に特化しているのと同様に、

ゾアエンペラーはゾアノイドの操作に特化しており、

操るべきゾアノイドが居なければ全く役に立たないという問題はあるが、

予めゾアノイドをばら撒いておくゾアノイドクーデータードクトリンなどでは、非常に頼もしい扇動者となるだろう!



では今日はこの辺で失礼します!

ご参加頂きありがとうございました!

お休みなさい!

4924 名無し-Red-市民-2 :2019/01/15(火) 04:41:59 ID:f6LDrfso0
乙でしたー

4925 名無し-Red-市民-2 :2019/01/15(火) 08:21:44 ID:9/fZrRtM0
乙でした!

4926 無茶王 ◆T8n83RxOuU :2019/01/15(火) 16:23:53 ID:xwq7Th1s0
次スレです。次スレはここ↓に居ます!よろしくお願いします!

【Ffh2風】やる夫は無茶振り王国の研究者のようです27【R-18】
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/14796/1547536921/

メモ

4927 名無し-Red-市民-2 :2019/01/15(火) 16:56:12 ID:1cwbrc360
立て乙
ここはかつて図書館だったスレです、次スレもかつては図書館でした
かつて図書館であった次スレに行ってもよろしくおねがいします


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

Paranoia Xp / Mongoose Pub

市民、幸福は義務です


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板