したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |

【オリジR18安価】やる夫は、奇跡を世界に満たしたい【17スレ】

1 シャベル ◆ZW4AiFak0.★ :2018/06/24(日) 11:39:10 ID:???0

     ┏─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━┐
     │           _|_  __   l             ___                             ┃
     ┃  や る 夫 は    ノヽ、   |_| ‐┴‐    ┼┼┼ |_|_|     ヽ ┼┼                  │
     │           ー‐─┬  ├ l | | ヽ   │└┘ |_|_|      ヽ 二l二                    ┃
     ┃              □亅 ⊥∟ ノ l   を  └──  ノ| |ヽ に  /  | 山 |  た し た い        │
     └━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─┛
                               _          _. - ._             _
                ,.へ           l `i   __   /. --- \             l `i   __
               /  ヽ\         } ´ ̄ ´ '´  //      ヽ          } ´ ̄ ´ '´ う
             ∠__________ヽ \.__     j     /   |{      /\  ____  j     /
          ,|/      ',__ ( ヽ :ー- 、/     r '     '.l.   ___/    ヽ´  ー-=ニ.¨`7     r '
       .  ' ´::ー-─  r──’ `ヽ ::::::`丶、  /      ゞ ' ´         '.       `丶、  /
      /::::::::::::::::::::::::::: (´_ ̄       ヽ  :::::\/     /             |       \  \/
    /:::::,:::::::::::::l:::::|:: ‘ー⊂.         \ ‐-,ヽ    /  ,    l  |    |、        ヽ‐-,ヽ
     /:::::/::::::::::::::!:::::∧:::::::|| ̄ ̄\     \.  `   /  /     !  ∧   ||ヽ__|     ∨ `
   /:::::/::::::::::::::::| / ' :::::||'´ヽ::l::::: \     \  /  /     | / '   ||'´ヽ l      l. ',
  \l:::::':::::::::::|:::::,ィ´′ ∨ ハ. |   Nヽ.::::: \     \ l  '    |  ,ィ´′ ∨ ハ. |   Nヽ.   |、 i
    \l.:::::::::::|:::::/|/     / /       ',:::::::: \  !   \l.    |  /|/     / /       ',   |、ヽ!
      ヽ、.:::::|::::i       ∨    三三 ハ.:::::! \      ヽ、.  | i       ∨    三三 ハ.  ! \
  \.   /\::|::::| xィ彡         { l.∨  | \.   /\ | | xィ彡        ・{ l. ∧ /
  /\ /   }'ヽ! "´       ,、_,   l |    |  /\ /   }ヽ! "´       ,、_,   l |∨ ∨
  / /   /   \     ‘7´  )   .ノ |     l / /   /  \     ‘7´  )   .ノ |     l
 {      /    ',\    、__,. ' ,/  |    / {      /    ',\    、__,. ' ,/  |    /
  \   /      ', ヽ----r ' ´ |   |  ./  \    /      ', ヽ----r ' ´ |   |  ./
  | ー ´         ',  ',:::::::::ヽ    |   |  /    | ー ´         ',  ',   ヽ    |   |  /

1854 シャベル ◆ZW4AiFak0.★ :2018/07/16(月) 21:13:08 ID:???0


            _ -- 、__
              (ン 。  。く)
            ,'   ; rァ }
             {    ̄ ノ}      熊役ならできるぜぇ!?
           ノ      ',
          /          ' ,     現実で熊と出会ったら編とかな!な!
            / ー- 、  f   ミ、
         {     ミ   ',.    \
           ',  _,.. ゙   、    ヽ,r ァ、            やる夫にぶっとばさせりゃいい>ケイオス
            ヽ '        ー 、、 _,ノ''´
          ミ             ミ `
            ミ          ミ      クマー……
            ミ          ミ
           ミ          ミ
          ミ    ヽ        ミ
             ミ   ミ',  ミ   ミ
           ミ   ミ゙〜''ミ   ミ
             ノ    ミ    ミ   .ミ
          ーーーー '    ゙ー--'




       ___
     /:::: u ::::::::\
   /  ○ 三 ○:: \    流石に野生の熊と取っ組み合いは・・・・・・・全力ならできるかお?
  /::u:  (__人__) :::::::\
 |   ヽ |┼┼| / u  |
 \    `――'´     /
 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\

1855 シャベル ◆ZW4AiFak0.★ :2018/07/16(月) 21:19:37 ID:???0



              /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
.           / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
        ,.: : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :‘,
         / : 八 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.‘,
        . : : :  ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ‘,      ま、用が済んだらさっさと帰るんだね。
       ,: : : :i  /丶: : : : : : : : : .: : :.: : :.:i: : : : : : : i:.: : : : :.
        i: : : :| / xtく^` : : : : : : : : : : : : :.| : : : : : : :|.: : : : : :.      ・・・・・・・・
      八: :.:ハ  以   Y: : : :.:i: : : : : : :.|: : : : : : : | : : : : : :i
        ヽ: : }       |: : : : :|: : : : : : :.|{: : : :.: : :.|: : : : : : |
         ソ       |: : : : :|: : : : : : :八 : : : : : ′: : : : :.|
         \   イ  |: : : : :|{: : : : : / : : : : : :/: :/: : :.: :.八        やる夫は、一度文明を後退させられるとしたら、
            `く/   i|: : : : 八: : : :/ : : : : : :/: : ′: : : /{
           从     i|: : : :′: : : / : : : : : : ′:.i: : : : :/: :、      ノ   後退させてもいいと思うかい?
              /: ハ __ . イ: :/: : : : :, : : : : : : : :i : : |: : : :.′: : : ー=彡′
          /: /: : :.: .: :.:|{ : : : : /: : : : : : : : :| : : |: : : :i: : : : : : :\
          ,: : ′.: :.: : :.:八.: :/: : : : : : : : : :\: : :|: : : :|:.: : : : : : : : :Y
        八: {: : : : : : :/: : 〃i 、: : : : : : : : : : : `: : :、.:八: : : : : : : : : ト、 __
        (⌒Y人: :\ー {: : :{{/  \: : : : :、: : : : : : : : :\: \ : : : : : : |: :Y⌒ヽ
      、    }: )>彡 人_: : \ ∠` ―=<こ  ̄ ̄`ヽ : : :.).: :.: : : :| : 乂__
        ー=彡'〃 Ltftftft_>‐‐ァ: : )   /ノ /: :)     ∨/.: :.:.: : :.八: :<⌒
           /{{    {{O}} /:∠  /ノ {: /      i: : : : : : :/: : \: : ー
.          / 乂   {{ }}: /  ⌒^´  乂       |: : : : : :/: : i  ⌒ヽ





     ____    ━┓
   /      \   ┏┛
  /  \   ,_\.  ・
/    (●)゛ (●) \     はい?
|  ∪   (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /






                                   __
                        _.-ァ=rf"´     ̄   ‐ . _
                          ,ィ豸:(●】ト、_: :_:_: : : .  (ミミ:、     聞いて欲しいんダネ?分かりマス
                      /シシッ'"⌒ヽミ;、  : : : .  ̄`  ‐-`'≪ヽ
                        幺彡八_   厂 ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄``┘
                   ,.ィ'"´シシシミミミミ;、(
                 /,.:',.:',:'ミミミミミミ}}キミ}
                 /,.:',.:'シシ汽ミ;彡'シノノ}り
                /,.:',.:',.シシシシシシシシ/彡y′
             / ,.:',.:',.:'シシシシシ彡イ彡;ッ'′
               ,ハ;_;.:',.:',.:'シシ彡イ"~;;彡'′
‐-  ..,,  __ / ,'で;_;ノシシE彡乍;;;.┝─‐,-、_____
三 二二 ニ ‐ - ,イ_,、_,ノシ,ィ彳斤=ニ`ミシ'゙´ ̄7:/~二三 二7^ヽ
_三三二三二/.:;'シシf厂三.{:{ 三三二三二〈〈 二二三_ハ、,ノ
        /.:/シリリ厂  `^        `'        ̄
       ,:'.:/シソルリ
       ;'.:Zハ.ミ;ノノ
        し彡'^~´

1856 名無し-Red-市民-2 :2018/07/16(月) 21:22:58 ID:BS0ZqHRw0
それで妖怪が跳梁跋扈して
人間が大勢大量に死ぬとかならともかく
昔の田舎暮らしぐらいなら平気かねぇ……

1857 シャベル ◆ZW4AiFak0.★ :2018/07/16(月) 21:25:59 ID:???0




  ウガー!!!                            グァッ         グァッ
        ___    ドッ ├” ウ ッ
      」L j `ヽ.   ______________     fア  グァッ    fア    グァッ   | ̄|
      7「 ノ゙ヽ、l.}  (______________     _||      _||             | ̄
    _ノ,ソ) ゚ロノl|、   ______________ ∠´こノ   fア∠´こノ   fア     fア|
  '( ( 'ノ)),,y,,)リつ _(_______________ └└  _||  └└  _||    _||    グァッ
   ´^''(ノ、_,_,〉'^" (_____________        ∠´こノ     ∠´こノ ∠´こノ
     (ソ ヒ) ├” ゥ                         └└       └└   └└





                      ___
                _ .  ´      `  、,,-‐ 、
              γ´   /   `丶___ ´    \>  }
               {  く7   瓮     瓮   〈 ノ
               ',_ノ    __.:'  xァァァx  ゙:.   ミ
               7    _- .. : 乂儿ノ :  ;、    ミ     静かな所てんなら、この家の母屋使うといいぜ?
               ;゙  ,.:'´ 乂__ 人__丿 :,、ヽ  ::.
               ;  .:  ノ 八 ´ ̄ `:, ..: :.、  ::      外が良いなら、そこの森の中の渓流なんか良い。
               ;    .: ,:′) ノ): : ノ: : :\ ヽ ::
               ;    ..: ; ,:′: {: : : : : : : ::  ::, ::       落ち着くぜ。
                 j   .  :    ノ : :   ::  .:  ::.
               j   . :      {  :   丿 /  ミ,
              7  .:   廴  .:: ノ ; .: ..:/^(    ミ,   _
              .:゙  . ミ、⌒\ : ノ Y⌒ヽ ,ノ ノ   ::.. ∧ノ\
             .    ミ   \: :\//: : : :/ /    ∧{∩∩∩^丶
            .:      `丶、 / Y : : ´  .:゙ / ̄   / } りИИ(_) 7
        . --<    .:    )ノ  ハ : :{  / .:    ,{  ノ`¨¨¨¨\  {
      /     \   ノ   .:'  : : }: : \/ ..:  /^丈__    )彡,
              \/  /  : : : { :.、  ミ   /  .:  ⌒ヽ \_/__ノ
    7     :.   丶 〈 / /   ..: }  \ ミ  .:  /   : : ): : :)⌒ ミ

1858 名無し-Red-市民-2 :2018/07/16(月) 21:27:31 ID:XcdrI0co0
ふむ…母屋の雰囲気は確かめてみたいかな。かなり良いと推測出来る

1859 シャベル ◆ZW4AiFak0.★ :2018/07/16(月) 21:31:10 ID:???0


ケイオス<今日は鳥鍋の練習だねぇ!!

アベル<それなら焼き鳥の方がイイ

カオス<なんだなんだ?メシか?

ケイオス<さっきカフェで食ったばかりだろうに。

アベル<あっ、カフェ直しに行かなきゃ。ケイオスも。

ケイオス<嫌だね!めんどくさい!

アベル<あ、現実でもそういう事するんダ。ヤダナーそんな代表

ケイオス<ぐっ・・・・・・勝ったと思うんじゃないよ!!

アベル<もwうw勝w負wつwいwてwるwかwラwwwww

ケイオス<キィエーーーーーーー!!(ドシュドシュドシュ





                                ______
                           /           \
                         /              \
                        /    ⌒     ⌒    \
                      /   /  `ヽ  /´   `ヽ   \      ・・・・・・・
                     /     (   ● l   l ●    )     \
                       |      ヽ_  _ノ   ヽ_   _/       |
                       |     ´ ̄` (    i     ) ´ ̄`     |
                     \         ー― ^ ー―       /
                      \         ー一          /
                      /                  \
                     /                        ヽ
                      |                      |
                      |   i                  i   |
                      |   |                  |   |

1860 シャベル ◆ZW4AiFak0.★ :2018/07/16(月) 21:33:28 ID:???0
>>1857 まちがえたーー!!修正!今いるところが母屋だよ!!






  ウガー!!!                            グァッ         グァッ
        ___    ドッ ├” ウ ッ
      」L j `ヽ.   ______________     fア  グァッ    fア    グァッ   | ̄|
      7「 ノ゙ヽ、l.}  (______________     _||      _||             | ̄
    _ノ,ソ) ゚ロノl|、   ______________ ∠´こノ   fア∠´こノ   fア     fア|
  '( ( 'ノ)),,y,,)リつ _(_______________ └└  _||  └└  _||    _||    グァッ
   ´^''(ノ、_,_,〉'^" (_____________        ∠´こノ     ∠´こノ ∠´こノ
     (ソ ヒ) ├” ゥ                         └└       └└   └└





                      ___
                _ .  ´      `  、,,-‐ 、
              γ´   /   `丶___ ´    \>  }
               {  く7   瓮     瓮   〈 ノ
               ',_ノ    __.:'  xァァァx  ゙:.   ミ
               7    _- .. : 乂儿ノ :  ;、    ミ     静かな所てんなら、この家の離れを使うといいぜ?
               ;゙  ,.:'´ 乂__ 人__丿 :,、ヽ  ::.
               ;  .:  ノ 八 ´ ̄ `:, ..: :.、  ::      外が良いなら、そこの森の中の渓流なんか良い。
               ;    .: ,:′) ノ): : ノ: : :\ ヽ ::
               ;    ..: ; ,:′: {: : : : : : : ::  ::, ::       落ち着くぜ。
                 j   .  :    ノ : :   ::  .:  ::.
               j   . :      {  :   丿 /  ミ,
              7  .:   廴  .:: ノ ; .: ..:/^(    ミ,   _
              .:゙  . ミ、⌒\ : ノ Y⌒ヽ ,ノ ノ   ::.. ∧ノ\
             .    ミ   \: :\//: : : :/ /    ∧{∩∩∩^丶
            .:      `丶、 / Y : : ´  .:゙ / ̄   / } りИИ(_) 7
        . --<    .:    )ノ  ハ : :{  / .:    ,{  ノ`¨¨¨¨\  {
      /     \   ノ   .:'  : : }: : \/ ..:  /^丈__    )彡,
              \/  /  : : : { :.、  ミ   /  .:  ⌒ヽ \_/__ノ
    7     :.   丶 〈 / /   ..: }  \ ミ  .:  /   : : ): : :)⌒ ミ

1861 シャベル ◆ZW4AiFak0.★ :2018/07/16(月) 21:34:48 ID:???0


                      ┏━━━━━━━━━━━━━┓

                        なんだか、自然に笑えた。

                      ┗━━━━━━━━━━━━━┛

                                    -―――- 、
                                  ´           ヽ
                             /                \
                          /  , --、     ,-- 、    ヽ     ありがとうございますお。
                           / /    ヽ   /   \   ‘,
                           / (  -―- l   l -―-  )    |
                              {   ヽ_  __ノ   ヽ__  _ノ    |
                              |  ''"⌒(   i    )'⌒"'   }
                           ',     ` ─'^ー - ´        /
                           \                   /
                           >  _____    <

1862 名無し-Red-市民-2 :2018/07/16(月) 21:34:53 ID:XcdrI0co0
おっ騙しくれやがって、これはケジメ案件ですなぁ(威圧

1863 シャベル ◆ZW4AiFak0.★ :2018/07/16(月) 21:40:00 ID:???0

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   小さいながらも庭園に掛かる橋を渡って、物置小屋を尻目に進む。

 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

.::::::::::. :. :.: .::::::::::. :. :. :.:::::::::::::::::. :. :. :.: ::::::. :. :                                    .: .:. :. :.:::::::::::::
.: .: .: :::::::::::::. :. :. :. :.                                       . :.: .: .: .:::::::::::: .: .: .:. :. :. :::::::::::::::.:
                    ヾミミミミy彡'′                           . :. :. :.:::. :. :. :. :.::::::. :.::::
              ヾミミミミミy彡  ``ji彡: .:. :. :. :. ::::::::::::::::::::: .: .:. :. :. :::::. :. :. :.
                 ``ji'´    ji´. :. :. :. ::::::::::::::::::. :. :. :. :. :. :. ::::::::: .: .: .:. :.
           ヾミミミミミ斗彡彡 〃                     - - 、          ヾミミミミミy彡
    . :;:;..,"'`',:'':'`::;:     ``j!´   _〃彡彡                      ● ●) ヽ               ``ji'´
ニニニニニニ,', ,'ニニニニニニニニニニニニニニニ,;;;;,                        (人__) ノ       ヾミミミミミ斗彡彡
'',,.:;:;''.:.::.:;';;;V'',,.:;:;''.:.::.:;';;;'',,.:;:;''.:.;;;'',,.:;:;:;';;;;;,',_,,.. .-‐ '''""~~""'‐- 、、       r     へ、     . :;;: ;.: :;``j!´;:;:;;;:;:;;;:; :;;
;;.::..〃'.::,';;;;,'.;;.::..,,''::.:.;;.::..,,'',,''.:'',;;;'',,.:;''.,';;;;;;;;;;',  .: .:. :. :. :. :. :. :. :.: .: .: .: .``ヽ、  GL  _ィ`○   .::;:;..,"'`',:'':;;;:;:;;:;;;:;;:;;;:;;:;;:;;:;;:;
'`',:'':'`::;:;..,"ヾヽ、(_)~゙~゙(_)::::l!(_)~゙~゙~゙~゙(_)~゙´ .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:. ,.  -‐ ── 〆 /`ー' ── ─‐- 、;;;;:;:;;:;:;;;:;:;;:;:;;:;;:;:;:;:;;;:;
;;;:.'`',:'':'`::;:;..,".:.ヾ) ‐ -i::.:.:.:i|_ -_ - - _il |;;;;;,:'':、. :. :. :. :. :.: .:,. イ ,. -‐r‐rr   ̄´ ──‐rr‐rrァ- ‐-、、、`ヽ  . :;:;..,"'`',:'':'`::;:
;;;:'`',:'':'`'`',:'':'`ぐ_ - _‐i::.:.:.:i|_ -_ - - _il |;;;;;;;;;;:'`ヾヽ .. イ.,. イL」.::::.:::i|::i|:i| r'´r'´r'´r'´ i|:i|:i|. r'r'.i|i|i|i|i|. :;:;..,"'`',:'':'`'`',:'':'`
;;;;;;:'`',:'':'`'`',:'':`::ヾヽーrーーrーーrーrキ7;;;;;;;;;;;;:'`ヾヽ..イ..ji::i|::i|::::.::::.i|::i|:i|.::::::::..:t'´ r'´:i|:i|:i|,,,..,,,..i|i|i|i|i|. ..,"'`',:'':'`',:'':'`',:;;;;;;;
;;;;キ::jキ:::::::...::'`',:'':`::ヾヽ.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:|.:.:.:|:1;;;;;;;;;;;;;;;;;;'':'`'`',:'':'`',,j|::i|.:::::.:::i|::i|:i|::::::.:::::::.:::::.:::::i|:i|:i|.:::::.:::::.::',,"'`',:'':'`',:'':'`',:'':';;;;;;;;;;;;;
;;;;;';Vノ.:::::lj!.::::`',:'':'`'ノノ;;;;;;;;;;;:;:;:.:.:.,, .:.:'',, .:.:'',, .:.、;;;;;;;;;;;;;;;',:'':'`'`',゙゙.:.:.:.:.:.`゙゙゙゙゙.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`゙゙゙゙.:.:.:.:.:.:.:.:."'`',:'':'`',:'':'`',:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;ij!,,, .._jjレノ:'`',:'':ノノ;;;ニニiiニニニiiニニiニニiニニiニニii! `',:'':'`',:'':'`'`',:'':、. :. :.: .: .:. :. :. :. :.: .: .: .:. :. :. :. :. :. :. :,,,,.州州洲'`キrキ''キキ
;;;;;;;ij!::.::::〃:'`',:'':'`'`',:'':`::、;;;;;;;;;;;;;;;;;;.:.:.. ,, .:.:'',, .:.:'',, .:.:'':.:.、`',:'':'`',:'':',:           - - _ ‐ _ ,,,.州州洲>キ'''´キ'''´-‐'''"
::::::::::.:.::〃;;;;:::.:..:.:.、,, .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',, .、ニニiニニiニニiニニii!┼┼' '゙゙        - _‐ - .._ ‐,,,.州州洲r'"´     ,, .:.:.:. ,::
::::..:::::..:::::.``ヽ、;;;;;::.:.:.:..、ニiニニiニニiニニiニニii! _ - _ -  ..    ‐ _ -  ..        _ ‐. ,,.州州洲r'"´  ,r'"´ ,, .:.:.:. ,, '' ,, ::
::::...:::::...:::::....:::::..``ヽ、;;;;:.:.:.、゙゙゙ """゙゙゙゙"""´_-   _ .. -                 ,,,.州州洲iニニiニニiニニiフ´ ,, .:.:.:. ,, '' ,, .,, '' ,,
----‐---ー---‐'''´¨¨¨´ _ -  ‐ ‐ .. ‐ _  ..               ‐ _ ‐ - _`゙゙iニニiニニiニニiニニi,, '' ,, .:.:,, '' ,,,, '' ,,,, ''
                                                  ‐ - ‐ _ -  `` ー----------

1864 名無し-Red-市民-2 :2018/07/16(月) 21:40:49 ID:BS0ZqHRw0
そうだ!その気持ちが常時だったのが
精神疾患の状態のお前だったんだやる夫!
笑えるなら回復には向かっているのかな。

1865 シャベル ◆ZW4AiFak0.★ :2018/07/16(月) 21:51:17 ID:???0

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   離れというから、囲いの中かと思ったのに、庭園から続く道は壁沿いに林へと繋がっていた。

   風に揺らぐ木漏れ日が踊る。見たこともないのに、何故か懐かしいような道。

 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
爻爻淡淡淡㏍㏍㏍k淡㏍爻爻㏍淡爻爻ンン. . : : : : : xX爻淡淡淡淡爻爻爻爻淡淡淡淡淡父父淡
爻爻灸淡淡淡沐沐父厶爻爻ンリ淡爻ンン,、. . . : : ;f爻爻灸淡淡淡灸爻ン少淡淡爻爻爻爻爻淡淡
:;.:,爻i爻淡淡淡∨:/V /爻父父㏍いン⌒丶.:.:.:.: .:⌒爻爻爻淡淡淡爻ソンぃi:i:辷乂爻爻淡淡爻;'//爻
:;.:,:;.爻爻淡淡淡| :|ハ| l爻爻爻ン㏍ン:;.:,:.:,:;.:,): : : .:.:.:.:.:.:爻淡淡沐沐爻ンいiいi:i:i:マ淡淡爻爻ン|.:/:/爻
:;.:,:;.:⌒ソ爻爻淡| :|ン| |爻爻ンンレ'/;';';';';';';⌒'ー-v: : : : : : :>r'⌒>く─-弌,爻∧i:i:iマ淡i淡爻|i:i:|/:/爻 /
爻:;.:,:;.:,:;.:,√ ̄ヽ| :|/:水爻ンン´|:|/ノ.:.:';';';';'.:.:.:.: 彡, : :. '´ ‐ /| ∨|:;';';ハ`'水ヘi:i:i:マ爻ン´:|i:i:|ソ.:.://
爻爻乂乂:;.:,:;.:,:;.:|..:::/____ :|/辷__.:.:.::;.:,:;.:ノ彡 '´   /丶| |j.:./ .:1..: |/ ∧i:i:∨.:/:.:ノi:i:|: :.://.:|
爻:;.:,:;.:,:;.:,爻:;.:,:;.:,|  /        \.//.:..::::,、  ´   ー、 /⌒\ | |i:/ / :|.::;:゙ //∧i:i:∨.::/|i:i:i|: :// 个
爻爻:;.:,:;.:,:;.:,kし' /           \  イ : ⌒ i   ,、丶\ . :... ..小 | / /|: :|.:/ ,小 ∧i:i:∨ :|i:i:i|.://| | /
:;.:,:;.:,:;.:,爻 Y |/               \ /| | ノ /. .\|. . `i   |‘  '/ '::| .:|//:||//:∧i:i:∨|i:i:i://.:| |′
;';';';j:|/ \|,ノ |                  |  ‘ i'´Y '⌒ト i|\i¦‐个i /:|/'^| " :||.: ./,∧:i:i:i:i:i:i:i:/ .|: ‘
:;.:,:;从.: .: .:j{: : \  __,    ,__     //i| i{ 」- 」L|i⌒|::|  ‘¦.:|::|个‘ ;-个ト一,′ ハi:i:i:i:i::|:  ‘ :
"``´゛"`´"' ' '/ ̄          ̄ヽ i:: 以 ,、:    \  以  ;ⅰ |::|: /: 辷 |¦;:.:.′  .|i:i:i : ト.  : |′
: : : . . . . . .. / /               \  ,.´     . . . . `、...: /|_,|、|::|/ :| ‘ ¦|.:.:.′  .::|i:i:i::::| / /|..:.|/
,.: ,,.: ,.: ,.: , /   |            \   ヽ           Χ. . . .:.:.,i/ ミ‘...:: ,i :|.::′  .::::|i:i:i::::|个i小:‘
:;.:, :;.:, :;.:, :|   `||           |ヽ  ヽ ‐ ‐ ‐ ‐ _ニZ_ -;'.: .: ,:⌒  :.::| 弓气_.ミ辷竺|i:i::::::| |し‘ .:
:;.:,;';';';';';';';'/  ヾ|          | |,  |       ,.: - -",:;. ∴:;.:. : / :::;、、,′  : : ⌒|i:i::::::|从.:| .:i
:;.:,;';';';';';';' ヾ___,ソl          │(、__,ノ‐ ‐ ‐ _ニア _‐ ‐ ‐j厶ぃvvッ', , :::乂;';'x、、 : :.   |:i:i:i:::|`刈.:::|
.:.::;.:,:;.:,:;.:,.:.: ,,'".|   \____    |  - - - - - _ニ7 __‐ ‐ ‐‐厶;';';';'; ‐"´^'⌒``' '   .:x、、 |i:i:i::::|  :气
.: . . .  ,, ´ .: .: . l ミ三 i     /        /      厶7⌒ ′  .: .: .     .:゙.: . .`"|i:i::::::|  :
;';';',, '´.: .: .: .:  ヽ,    |    ,/        .:      ノ .′.: :′  .: .:.:.:. . .  .:゙.:.:.:. :.: :|i:i:i::::トx
;';'´ .:' .:' .: .:、ッ-ー''゚ ヾ、   |  | ニ _‐ ‐‐  _‐二二─  辷.: . . . :;.:, :;.:,.::.::.::.::.:::;.:,:;.:,.: .: .: .: .:|i:i:i::::|: :^'x
.:' .:' .:' .:、x'´  _ _ _  |   /  | ニ ニニニ ニニ‐ ‐ ‐ ‐ 辷:;.:,:;.:,:;.:,;';';';';';';';';';';';';';';';':;.:,.: .: . . ..|i:i::::::|: : . .:
              (._`゙_) )

1866 シャベル ◆ZW4AiFak0.★ :2018/07/16(月) 21:54:57 ID:???0
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  2分もかからない小径の先に、小さな平屋があった。古い、映像作品の中でしか見たことのない造形。

  木造、トタン屋根、煙突。かくりよにあった民家はもっと歴史を感じたけれど、ここはそれより少し近世

  に近づいたような。昭和という時代の空気を感じた。ここが、クマさんの言う離れだと分かった。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;';';';';';';';' .::.::. ′ .: : : ′     : :  /  .: : : : : /⌒7‐‐乂_/⌒  i:|/ i::::i== /
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;';';';';';';';' .:.:.:..′ .: : : /       i i  /  .: : : : : /  /   ,'゙"   /:i __i::::i‐ / ,、 ''"
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;';';';';';';';' .:.:.:.:.′ .: : : ,′      i i /  .: : : : ::/  /    ゙:,,_   ,:'"´i::i⌒  /''"´  /
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;';';';';';';';';' .:.:.:. ′ .: : : :'       .: :i i / .: : ::/: ::/  /      `'´ ..: ::i  /    /ミミミミ
:;\__|i:|===;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:';';';';';';';' .::.::.: ′/\      .:i: :i i/ .: : :/: ::/  /       ..:  i::i. :'´    xi(ミミミミミ
;:;:;:;:;:|i:i|─;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;:;:;:;:;';';';';';';';'.:.:.:.:.:. ′ .:| ̄|     ..:::i i: :i_i__,:_:_:_:_:_:/  /      /   /i    xiミミミミミミミミミミ
;:;:;:;:;:|i:i|;:;:;:;:;:\:;:;:|i:i|;:;:;:;:;:;:/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /: : :/: : : ∧// .:     ..::::  /:::|::i   ,,:::;';';'ミミミミミミミ
YY;:;:|i:i|;:;:;:;:;:;:; \|i:i|;:;:;:/::::/:::/: :/  /  / / /   ,: : ::/: :/: /‐∨,/    ..::::    .:::;:;:::|:::|/ ,:;|i:i:|ミミミミミミミミミ
:|i| ̄|i:i|ー-ii⌒;:;:;|i:i|:/::::/:::/: :/  /  / / / / /: : /: :/: :/ニニ∨,/  ..:: | . . ...::::|:|^|/:|,,;';';|i:i:|ミミミ-=|i:|ミミミミ
:|i|丶|i:i|;:;:;:;:ii;:;:;:;:;:/::::/:::/: :/  /  / / /  / /: : /: :/: :/ニニニ∨,/ ‐ |:|==<_,|i| :|,.::|ミミミ|i:i:|⌒从j|i:|==
:|i|;:;:;}i:i|;:;:;:;:;:;:‐/::::/::::/: :/_/  / / /     /.: .:/.: /__/二二二∨,   |/二 ,: : ::|i|-|i:i: __ i:|ミミミミミ|i:|=彡;';'
从;:;:|i:i:|;:;: 。s≦三三三三三三/| ̄ ̄ ̄ ̄l l丁|丁|丁|「「「i[[[[[[i|i:i:|:|──‐| |  ,/|i:|‐彡 /        ` 、 ';'|i:|;';';';';';'
;:;:;:;:;}。s≦三三三三三三三/゙|i:||二||二二|:| |::|::|i:|::|i:|::|i:i:i:i:i:|::|:|| |::::|:| : :..| |....: : ::|::|/. ,                \ i|;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;゙}i:i|;:;:;:;:;:;:;||==| ̄ ̄||丁i||二|i:||二||二二|:| |::|::|i:|::|i:|::|i:i:i:i:i:|::|:||_|.:.:|:| : : : : :| | : : j::|  /               , :;:;:;:;:
;:;:;:;:}i:i:|;:;:;:;:;:; ||==|──i|::|i:i||二|i:l┬─ーー┬! |┬|i:|::|i:|::|i:i:i:i:i:|::|: ¨|.:.:|:| : : : : :| | : : i::| ,                  ', ;:;:
;:;:∧i:i:|;:;∧:;.:||=∧i:i:i:i:i:|::|i:i||二|i:|_|i:i:i:i:i:i:i:i:|_|i:|::|::|i:|::|i:|::|i:i:i:i:::|::|: : |::::|:|_:_:_:_:_:|_..|‐r─r  ,′                 } :;:;
<0>:<0>:<0>i:i:i:|::|i:i||二|┬ーー‐┬┼|::|::|i:|::|i:|::|i:i:_L二二|i:i:|二二二|」 ̄|   ノ                     / ハ
..(八)从(八)从(八)i:i:i:i:i|::|i:i|| ̄|::|    └┘LLLLL|─┴──┴┴辷辷辷√   {                   /  洲
州州州川川川川川川川川从圦从从从从从从从从从从从从从从       xx ` 、              /  洲
州州州州|丁ハ|::|州|::|州n州n州n州|丁ハ|丁ハn从从从乂从乂从乂ハ    xX从i川i ≧=-    __  イ 洲洲洲
州州州州|::|州|::|州|::|州l:|州l:|州l:|zz|::|zz|::|zz|::|从「:|乂爻+爻爻爻爻ソ   从从川从川  /_____   ノ',  洲洲
川川州州|::|zz|::|zz|::|zz|:|zz|:|zz|:|州|::|州|::|州|::|二|::|从八从爻*爻*''´  x*※j'j'j'j'j'j'j  /\          ',  洲
从爻州州|::|从|::|州|::|州l:|州l:|州l:|州|::|州|::|州|::|从|::|从爻从爻*''´   *※j'j'j'j'j'j'j'j'j' /              ', 洲

1867 シャベル ◆ZW4AiFak0.★ :2018/07/16(月) 21:55:56 ID:???0





   /||ミ
  / ::::||
/:::::::::::||____
|:::::::::::::::||      || ガチャ
|:::::::::::::::||      ||
|:::::::::::::::||      ||
|:::::::::::::::|| ̄ ̄\ ||
|:::::::::::::::|| ノ  ヽ_\    お邪魔しますおー・・・・・・
|:::::::::::::::||●) (●) \
|:::::::::::::::|| (_人_)    |
|:::::::::::::::||___   /
|::::::::::::::(_____ノ´||
|::::::::::::::(_ノ / . . . ||
|:::::::::::::::||/    ||
|:::::::::::::::||      ||
\:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
  \ ::::||
   \||

1868 名無し-Red-市民-2 :2018/07/16(月) 21:56:19 ID:XcdrI0co0
なんとそこにはっ

1869 シャベル ◆ZW4AiFak0.★ :2018/07/16(月) 22:02:09 ID:???0
    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

      玄関からすぐに、トイレと風呂場。そして、その先にはたった1部屋。1部屋だけと言うけれど、

      とても広い。台所もない所を見ると、家主は食事の度に母屋とここを往復していたのかもしれない。

      晩年を過ごす趣味の部屋・・・といった趣だ。調度品も、色は渋いが高級感があった。

    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

_                              γ´ ̄ ̄ ̄`ヽ
||:|:|:|≧s。.,_                        V´ ̄ ̄ ̄`V
||:|:|:|:|:|:||:|:|:≧s。.,_                     ≧=----=≦                                ,ィグ
||:|:|:|:|:|:||:|:|:|:|:|:|:||:|:|≧s。.,_                                                      ,ィグ //
||:|:|:|:|:|:||:|:|:|:|:|:|:||:|:|:|:|:||:|:|:|:||≧s。.,__________________________________,ィグ //,ィ㌻|
¨ ┴ L_:|:|:|:|:|:||:|:|:|:|:||:|:|:|:||:|:|:||::| |:| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ||::::|//,ィ㌻...|::|
,_        ̄”“ ┴ . ⊥L_|:||:|:|:||::| |:|                                                 ||//,ィ㌻  │|
 ̄¨ == z。.,,_     ̄二ニ||::|ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ||::::| ||:|    |::|
:   {ニニニニ}    ̄”¨“:| ̄    |:|:|  ̄||丁丁丁i|::|丁丁丁丁|:|i:| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.:|i|丁丁丁丁丁丁丁|丁丁|| ||::::| ||:|    |::|
:     |    |       :|      |:|:|   ||⊥⊥⊥i|::|⊥⊥⊥⊥|:|i:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|i|⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥|⊥⊥|| ||::::| ||:|    |::|
:     |¨¨ ̄|       :|      |:|:|   ||丁丁丁i|::|丁丁丁丁|:|i:| :.:.:.:.:.:.:.:.:.(⌒ヽ:.:.:.:.:.:.:.从|i|丁丁丁丁丁丁丁|丁丁|| ||::::| ||:|    |::|
:     |    |       :|      |:|:|   ||⊥⊥⊥i|::|⊥⊥⊥⊥|:|i:| :.. ..:.. .. (⌒ ) _)ァ'´爻ハ|i|⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥|⊥⊥|| ||::::| ||:|   ____,|::|
:     |    |       :|      |:|:|   ||丁丁丁i|::|丁丁丁丁|:|i:|:.. . . .__,、-'^^´/:.:.:乂ハ|i|丁丁丁丁丁丁丁|丁丁|| ||::::| ||:| ̄: : :..:|::|
:     |──|       :|      |:|:|   ||⊥⊥⊥i|::|⊥⊥⊥⊥|:|i:|ミ``~´:.:.:.:.:.:.:.:.:.__:.:.:. ハ爻|i|⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥|⊥⊥|| ||::::| ||:|o: : : :..:|::|
| ̄|襾|__|_      :|      |:|:|   ||丁丁丁i|::|丁丁丁丁|:|i:|ミミx_,、-‐''^'ァ'´: : ``乂爻|i|丁丁丁丁丁丁丁|丁丁|| ||::::| ||:|: : : : :..:|::|
|_|以二二二      |   .r<>.  ||⊥⊥⊥i|::|⊥⊥⊥⊥|:|i:|二|::|┳┳┳┳┳┳┳=|i|⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥|⊥⊥|| ||::::| ||:ト : : : :..|::|
::|:|]]]]]||]]|」三|ミ彡彡'^ヽ  .|   |  ||丁丁丁i|::|丁丁丁丁|:|i:|::::||::|┃┃┃┃┃┃┃ :|i|丁丁丁丁丁丁丁|丁丁|| ||::::| ||:|  ^^'ー|::|
::|:|]]]]]||]]]]]]」|ミ彡'从__ノ   |   |_||┴┴┴i|::|┴┴┴┴|:|二二二二二二二二二二|i|┴┴┴┴┴┴┘|┴┴|| ||::::| ||:|    |::|
::|:|]]]]]||]」」⊥| (_)笊_{莖} -‐ |   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄___ ̄||::::| ||:|    |::|
::|:|¨,__ ̄| = _| ̄ ̄ │   _|   | ==   =_,.、-‐  ̄ ̄  ¨¨¨    ┴--   ---- ,..==  ||  ==  | ̄ - _ ~ - _ .||:|    |::|
::|:|===:T =¨ | _  ┴  ̄ ≧=≦__,.、 - ¨                        /,|__||___|     ¨|¨ ̄| ||:|    |::|
::|:| ¨_」 -  ̄     , . : _,. -=ニ ¨_                          //:| : ̄: ̄: ̄: ̄: ¨ ‐ ,,_ |__,| ||:|    |::|
≧≦⌒      , . :..' ´ _ -|i:i。o≦三三三二二ニニ≠===------      _ //|i:|リ.: : : : : : : : : : : : '/, : :  ̄ :\\|:|    |::|
      , . : ' ´ -=ニ二_,|i:i|i:|ニニ==----- --==ニニ二三三三三三三三ミxi:i:i:i|i:|' ,.:::' ____:_:_:_:_:_:_:_: : : '/, : : : : : : :\\    |::|
 ̄¨¨_二 ==  __   ,|i:i|i:|‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐ ̄ ̄二二''Yi:i:|i:|.:'::' /: : : : : : : : :.:..:/ : :'/,  : : : : : :..\\  |::|
_,. : ´           ̄_‐_‐ ̄_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_ |i:i:|i:|'′/:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_/ : : '/, : : : : : : : : \\ |::|

1870 シャベル ◆ZW4AiFak0.★ :2018/07/16(月) 22:08:00 ID:???0



     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

       遠慮せずに畳に横になる。日に焼けたイグサの匂い。子供の頃、家族5人で行った民宿の匂いだ。

       風が窓から入ってきて、体を撫でていく。

       静かだ。とても、静かだ。

     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛





                        ___
                      /        \
                      ´         ヽ,-、, ‐ 、
                      l           !ー   \
                     !  ―  ―   ___ __\,‐‐-、
      ##########> (=) (=)  ヽ       ヾzソ  )#########
     ##########( _ (__人_) _ノ  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄#########
    #################################

1871 名無し-Red-市民-2 :2018/07/16(月) 22:10:24 ID:XcdrI0co0
何だよおいおい…いい雰囲気じゃねぇか。こういう描写大好き

1872 シャベル ◆ZW4AiFak0.★ :2018/07/16(月) 22:12:42 ID:???0

         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

           ここには誰もいない。いつもやる夫を心配してる沙都子も、黒王も。

           近いようで遠い、こなちゃんも。寂しげに笑うかがみさんも。

           分かってるよと言いたげに儚げに笑う蒼星石さんも。

           油断してると悪戯しちゃうぞと、ニヤニヤ笑うつかさちゃんとシロンも。

                                           誰もいない。

         ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                                 _(_`Y´_)
                            /  `⌒´ \
                                /        \
                         /            ヽ
                           |   __/::..  `    |
             と⌒ヾー―――― ⌒       ̄`´ ̄   ⌒ ―───―-ッ⌒つ
             < ゝ /、_____      ヽ、              '____,__i  ゝ >
              く/            ̄`ヽ                ヽ        \ン
                              l             丶
                             l              ヽ
                            l                 ヽ
                            /                    丶
                              /       ―――‐ 、     丶
                          /    /         \      丶
                             /     /           \      ヽ    ,.-、
                     _     /   /                  \    ` ー ⌒ヾゝ
                    { ` ̄ ̄    /                 ヽ           Yラ
                    ヽ        l                      ゝ       ノノノ
                       ` ー――‐'                        ̄ ̄ ̄ ̄

1873 名無し-Red-市民-2 :2018/07/16(月) 22:14:32 ID:XcdrI0co0
やっと一人になれたな。誰も「やる夫」に期待しない場所に

1874 シャベル ◆ZW4AiFak0.★ :2018/07/16(月) 22:18:43 ID:???0

              ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

             やる夫は、今、入速出やる夫で、この世界にただ一人の入速出やる夫だ。

             やる夫以外にやる夫はいない。ここにはいない。

             やる夫こそが唯一のやる夫だ。イデア界のやる夫だ。誰かが重ねる影はいない。

             ああ、そんな事すら溶けて消えるような、静かな時間だ。

             大地に根を張る大木が、がっしりと当然のように立つように・・・。

             今、やる夫は、入速出やる夫だ。入速出やる夫だ。まごう事無き、入速出やる夫だ。

              ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                              _______
                       `        /´          .: ̄: : :.::::ヽ
           `                   /⌒ヽ    /´⌒``ヽ:: : : ::: : : :.\.          `
                        /                   \: : ::: : : : : .\.                     `
                    `       /⌒、      /    \   ゙ : ::: : : : : : :: . \
                      i -ーl      l ー一   l  .::::: ::: ::: : : : : : : : : .\.         `
                     /          \    /  .:: : :::: : : ::: : : : : : : : : : .\
                  `       /    、       、    .:::: : : : :::: : : :: : : : : : : : : : : : \.          `
                   /  |   ヽ         )       : : : :: : : : : : : : : : : : : : : : .\  `
                  /   ヽ、__/_\___,ノ        ::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
     `             /     ` ´  ` ′            :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::|
                `    |                        ..:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:|        `
                 l                         .:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|
          `        ヽ                        .:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:l            `
                   \                  .:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:/    `
               `       \                    ..: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::/            `
                       \                 .: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::/            `
                        \、        ..:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/
                          ``ー-     :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .\          `
                          /       :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\.

1875 シャベル ◆ZW4AiFak0.★ :2018/07/16(月) 22:27:38 ID:???0

     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

        やる夫は今ここにいるよ。誰かの胸の中にいるやる夫は皆、偽物だよ。

        やる夫は今ここにいます。何にも気にせずに胸もからっぽに風が吹いて、

        僕は今、何も気にせずにやる夫。

        口元ゆるゆるたぷたぷやる夫。そういえば、母ちゃんはやる夫の頬っぺたを

        伸ばすのが大層好きだった。

     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



              _ ... - ―‐ 、
             /         \
            /           \
            /              、__  \       _ _
          /       --一      ,__   \   /    ̄ ̄`丶、
        /          __       =・=   \/ _/         ̄ ̄
        |         =・=              _r'"´ _,,..-zァー-
       \         ,        ヽ     ` フ∠//7:>‐一 ´ ̄ ̄
         ;气 、   _   (      ゝ、_/ )   /   ` ̄¨
       /  ∨_/ )   辷二ニ´-一 '´ x<
       ′  '"´ ∠,____, -=ニ彡'  ヘ.  ムニュー
      /     /ー{          ヽ  i
     /     人二フ           |  |
    /      ノー’            |  |
   {    r‐'´|   i              |  |

1876 名無し-Red-市民-2 :2018/07/16(月) 22:28:51 ID:XcdrI0co0
そのカーチャンだけどな。お前さんなら生き返らせる事が出来るかもしれんのだぜ?それは忘れんようにな

1877 シャベル ◆ZW4AiFak0.★ :2018/07/16(月) 22:29:37 ID:???0

      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

       いや、父ちゃんも好きだった。二人でやる夫のほっぺを取り合いしたこともあったなぁ。

       やる夫の人権は無視される運命なのかお。

       でも、構ってもらえて実は嬉しかった。二人が好きだった。大好きだった。大好きだった。

      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



                         _ ... - ―‐ 、
                        /         \
                       /           \
           .         /              、__  \       _ _
                     /       --一      ,__   \   /    ̄ ̄`丶、
           .         /         __       ≡≡っ  \/ _/         ̄ ̄
                   |      ≡≡≡             _r'"´ _,,..-zァー-
                  \     し′ ,        ヽ     ` フ∠//7:>‐一 ´ ̄ ̄
                    .;气 、   _   (      ゝ、_/ )   /   ` ̄¨
           .       /  ∨_/ )   辷二ニ´-一 '´ x<
                 . ′  '"´ ∠,____, -=ニ彡'  ヘ.
           .      /     /ー{          ヽ  i
                /     人二フ           |  |
           .    /      ノー’            |  |
              {    r‐'´|   i              |  |

1878 名無し-Red-市民-2 :2018/07/16(月) 22:32:07 ID:BS0ZqHRw0
沙都子とねら姉は?

1879 シャベル ◆ZW4AiFak0.★ :2018/07/16(月) 22:33:39 ID:???0

      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

       だから・・・、やる夫が取り返しのつかない事をした時。その後、ねらねーに否定された時。

       母ちゃんと父ちゃんさえいれば、幸せなんだって思うのは不思議でもなんでもないんだ。

       そうだよな。本当にその通りだお。二人が事故で死んだりしなければ、今だって家族5人で、

       幸せな毎日を過ごしてた。

      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



             ,,.. -‐ ─ -..、
              /           ヽ
          /      ─   ─ ヾ
          |     ( ●)  (●) i
           ゝ     (__人_)  /
              >         〈
         /              ヽ
       /               ',
       /               !   !              ____
       /   .,イ         .i   i            /⌒  ⌒\
       /   ./ .i            .!  .!            / (⌒) (⌒)\
.      /   ./   i            |  .{           /  ::⌒(__人__)⌒::: \
     /   .〈   i            .! .リ}         |       |::::::|   ,---、
.     {   .,}   |            !ー''            \       `ー'   しE |
     `ー-'  ..|            l           /           l、E ノ
           |      Λ .     l          /            | |
.           |      ./ ', .     l        (   丶- 、       ヽ_/
            |      /  ',   ...l          `ー、_ノ
.           |      /    .',     .l

1880 名無し-Red-市民-2 :2018/07/16(月) 22:35:31 ID:XcdrI0co0
やる夫の起点にして、今では正直重荷でもある

1881 名無し-Red-市民-2 :2018/07/16(月) 22:36:48 ID:XcdrI0co0
ただ全てを投げ出すにはもう遅過ぎる。やる夫自身で選べと言いつつ実は自由になる選択肢はほぼないという

1882 シャベル ◆ZW4AiFak0.★ :2018/07/16(月) 22:39:19 ID:???0

          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

          そんな一途な気持ちを持ち続けられたのは、やる夫に”他に何も無い”ことの裏返しだ。

          やる夫には、それしかなかったから、それだけ考えて前に進めた。

          報われるかどうかなんてことも、考える事はなかったんだよな。

          他に選択肢の無い人間にとって、それをするのは当然の事で、疑問の余地すらないんだ。

          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                                              ,,.. -‐ ─ -..、
                                         /           ヽ
                                           /    ̄    ̄  .ヾ
                                           |  (● )  (● )  !
                                      ゝ   (_人__)     ./
                                            >        .<
                                      /             .`ヽ
                                        /              ‘,
                                         /   |         !  ..‘,
                             / ̄ ̄ ̄\  /   /|             ト、  .‘,
                           /  _ノ   ヽ_ \    / .i            .! ヽ   .‘,
                          /   (>)  (<) \./  i            |  \  ‘、
                          |  ::::::⌒(__人__)⌒:::::l   i            .!   .〉   ヽ
                          \    |r┬-/   / }  |            !   {_ュ___ノ
                          グッ /⌒/^ヽ、`ー'´ ,ィヽ、   .|             l
                          /  ,ゞ ,ノ      ,  \ |     Λ      .l
                         l /  /       ト   >     ./ .‘,     .l
                           ヾ_,/          |/ /    /  ‘,     l
                           |          |/  |    /     ‘,     .l

1883 シャベル ◆ZW4AiFak0.★ :2018/07/16(月) 22:43:47 ID:???0

         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

          運良く、縋り続けた糸の先には広大な奇跡の世界が広がっていて、

          疑うことを知らないやる夫は、進み続ける。それしかないから進み続ける。

          疑いを持っても、意味がない事を知るやる夫は進み続ける。

          行きつく所に行くまで、その歩みは止まらない。賽は投げられ、猫箱の中へ。

         ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

   _     \    \\    ,,、│              ! .iL          _  ,/         /   /
   ヽ .`==‐、\\\、  `\   i ゙┘           ∨.|     ,ノ'|",!./ レ゙       ,/, //
   ゙゙ミ\    ゛ ヘ` \、     |                 !]    ,i′  !′             ゙レ'ン゛
  .ミ'-、\           \    l              l   /                  ´,/    ._..イ″
  |  `''ミ;、             ヽ   !              !  ,//                 rイ   ,..-'゙ン"
 t-ミ    `′           ヽ  |                l / ゙                   ¨'ン'" ./゛
 ヽ                     ヽ |             ,!./                       /
  ゝ                     ヽ.l                                 /
    \、                   ゙'.l、                                /
    ミ''′                     ゙.l                            /
    `'‐、                  ____                          /゛
      `'-、,             /\  /\    r ⌒j               /
            `''-.._           /( ●)  (●)\  /   /           /  _-=-_ -― .
               `''ー ,,_   /    (__人__)   \/   /   /  )  /シ ̄´           ̄ニ=-
        ‐==---- __ _rーn|     |i|||||||i|     /  /  /  / / “゛                   ゙゙''ー 、
      ─ニ二__,.、   i j j j j\     ` ー'´     /   '` ´  /           /して   )⌒! ilゝて ''‐、
       ,゙二‐'"゛    {   'つr´  (⌒'ー―- イ′     ´廴           /   (  ノ  )/  コ
   _,ノ ̄         入  人     > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)    ((    \Wl レ/l /
  rケ             \_/\     -、      }        (  ̄¨´      ヽ  il´ ̄ ヽ,,/ !V
.,ィ彡'"                      \     ヽ._       __  \、         il l'
イ                      ,.>     `   --‐'´ `゙' 、_.)ミ、     _」 l____  )し'\   ニ=‐
                        ,.〃            |,           `'ミゝ、、 ``l  - 、,, ̄     {   ̄
                      ,,-./           |゙i            \ `''ー.l li   \  (
                      / /             | l               \ il  l     ⌒´   ノ⌒t ノ⌒t
                _rリ  /   /                !│                    ノ 丶         )  ( )  ( /(
/lノ彡'゙./ ッ' __rイメ〃|/    /                ! !             \ ゝ  ゝ         Y´  Y´/ て
 イレメ7/゙〃’      /  /                   ! .!                   ヽ  /             / γ´
     /         //   レ/                 l  .l                   ー'             //
          //   //                 |  .!                  \    \\

1884 名無し-Red-市民-2 :2018/07/16(月) 22:45:03 ID:XcdrI0co0
シュレディンガーのやる夫

1885 シャベル ◆ZW4AiFak0.★ :2018/07/16(月) 22:49:09 ID:???0



             ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

              ・・・・・・・・・・改めて認めよう。入速出やる夫、そのカケラ。

              歪で欠けた入速出やる夫。お前も、やっぱりやる夫だよ。

              認められたくて、不器用で、だからできる事に必死で、

              生まれて初めて人よりできる事に夢中になって、夢中のさなかで

              求められて、応えて、人を好きになって。知らない内に大人扱いされた、

              子供のように純粋で一途なやる夫。お前もまた、僕だ。僕も、お前だね。

             ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                                    __
                               /        ` 、
                               ,                \
                                /               ,
                               ,                  ',
                               ,′                 }
                              ノ                     /
                           {                   /
                            ` 、              /
                               ≧=-    __  イ
                                  /_____   ノ',
                               /\          ',
                                 /              ',
                             /    }             }
                              /    ,           }
                               ,     /               }
                           /    /             }
                             /    /                 }

1886 名無し-Red-市民-2 :2018/07/16(月) 22:51:02 ID:BS0ZqHRw0
お?統合されるかな、これ以上面倒くさくなるのは簡便だ
我は汝、汝は我、やる夫はやる夫で良いんだよ。
……ペルソナ世界とかに行ってたらシャドウみたいに分裂してそうだったな

1887 名無し-Red-市民-2 :2018/07/16(月) 22:53:25 ID:XcdrI0co0
語尾におのないモノローグが何とも言えない

1888 シャベル ◆ZW4AiFak0.★ :2018/07/16(月) 22:54:23 ID:???0


       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
            ボクタチ
        だってやる夫は、こんなにもこの人が好きだ。初めて、心の底から好きになった彼女が好きだ。

        側にいるだけで嬉しくて、笑顔が可愛くて、産まれて来たことを感謝したくなる。

       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                           \ー: . .、
                            \: : : `ヽ、r―: 、-‐: ''''''': : - 、
                           ,. : ´:`: : : : : l: : : : : : : : :,.-、: : : :\
                           /: : : : : : : : : : {: : : : : : : : : : : ヽ: : :_、_
                         /: : : /: : : : : : : : ,'Ⅵ: : : ,: : :∨: : :.∨/ハ///ハ
                           /: : : /: : : /: ;': : :/{ ∨: : :l_:_;!: : : : :∨//\//
                       /: : ,イ: : : /--|: 、,' ! ∨´:|∨: ト: : :{: : ∨///ハ
                         /_, イ: :|: : :/: : /l: /  |  ∨:! Ⅵl∨:.:|: : :.∨//,イ
                        l:./!: :/ハ:,イ |/       リ   ハ: ト、: : :l/イ:.{
                          {:/  l: ハ,ィ=、 ,   ,ィ=ミ   リ_ノ\:!: :j: :|
                          |'   リ八               ,   从lリ: ;': :{
                              Ⅵ> . マ  7   ,ィ  / /: : /: : !
                                ,ィ´/≧ー=≦    ,' /: : / ̄`ヾ、
                                 {  ヽ、      }    { l: : : {    ヽ
                               }   \  /    ヽ: : : l     }
                                   |    /  /!   rー!: : :.;       /
                                   /    、 /::::、__,ィ::|: l: ;      {、
                              /   ∧∨::::::::::::::::::l: |:ハ:{     Ⅵ
                                /     {  {::::::::::::::::::::|:リ{ jリ      、 ヽ
                                /\__  !  !:::::::::::::::::::/`ヽ、_     }  \
                               \____|  |\:::::::::::::{_     ̄ ̄ ̄ヽ   ヽ
                                   }   |∨j  \:::::::::::::::Tー- 、____/      }
                                  |    { Ⅵ   /弍、_:::: !    |:::∨      /
                                  |   |  | //il三、二|    {彡Ⅵ      /
                                  |   { /三/三三\j    |三ニ!     /、

1889 名無し-Red-市民-2 :2018/07/16(月) 22:57:42 ID:sNQiXSKQ0
信じられるかいこれが脇役予定だったキャラなんだぜ

1890 シャベル ◆ZW4AiFak0.★ :2018/07/16(月) 22:58:17 ID:???0















                 でも、もう、ただそう思える程、やる夫は純粋にいられないから・・・。

                   ・・・・・・・・・・・・やめよ。今は。・・・少し、休むお。


                      , -─‐──‐-、
                       /             ヾ)
                    /              \     /⌒ヽ
                   l                    l    /   r l   /⌒\
                    |                 .|ー‐‐--'   f、l__/     ヽ
             .      !                   ノ   ,;         /  ヽ
                     ゝ           i'′⌒ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ  /ヽ   ト、_
                       ヽ      "'__ ,ノ ヽ、____"___,、___ソノノ  {____ノ
               ´ ´ `゚~゜´^" ´~`゚゜`⌒ ´"´´゚^゚^ ~゜゚`´^゙^ ^´'゜´^゚´ '゚^´゙ ^ ゚゜
┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳
┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┏┓┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┏┓┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┏┓┻┻┻┻┻
                ┏┓      ┃┃                      ┏┓┗┛                    ┃┃
              ┏┛┗┳━┓┃┗━┳━━┓┏━━┳━┳━┳┳┛┗┳┳━┳┳┓┏┳━━┳━┛┃
              ┗┓┏┫┃┃┃ ┃ ┃━━┃┃┏━┫┃┃  ┃┣┓┏┫┃  ┃┃┃┃┃━━┃┃  ┃
                ┃┗┫┃┃┃ ┃ ┃━━┫┃┗━┫┃┃┃  ┃┃┗┫┃┃  ┃┗┛┃━━┫┃  ┃┏┓┏┓┏┓
                ┗━┻━┛┗━━┻━━┛┗━━┻━┻┻━┛┗━┻┻┻━┻━┻┻━━┻━┻┛┗┛┗┛┗┛

1891 名無し-Red-市民-2 :2018/07/16(月) 22:59:22 ID:XcdrI0co0
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/14796/1529807950/1865-1888
この辺りのシーンは多分長い事記憶にあり続けると思う。なんだろなー。凄い心に残った。語尾におのないモノローグのやる夫がな

1892 シャベル ◆ZW4AiFak0.★ :2018/07/16(月) 23:00:05 ID:???0
. : .:::::::|:.:./: : : : : : :.:. : : :ヽ: : : : : : : `ヽ
. : .:::::::|:.//: : : : : :.:.:. :i、: : :ヘ: : : : : : : : :.\
. : .:::::::|//:/! :./:.:.:.:. :! ヽ: : ∨: . .       ヾー‐- 、
. : .:::::::|/:(_ノ/:.:.:.:イ:. :.,'  i: :.ト、: : : . .     ヘ
. : .:::::::|: : :_/__//:. :/   l: :.!、!: : : ヽ : . . .  ハ         なんと殆ど独白!
. : .:::::::| '´// /:.:, '     l: ,' !`ヽ: : ',: : : : : : :',
. : .:::::::|: /   //     l/  l,イ: : : :.i : : : : : : ∨⌒ヽ     でも、ここに来て、やっとっていう。
. : .:::::::|,ィ≠ミ、              ∨: : |: : ',: :.|、: :.l
. : .:::::::|:;ィ:::`.:!         ,ィ≠ミ、 ∨: !: : :i: :.! ヽ: !         現実世界で、横になっても、しがらみは
. : .:::::::|:i. ー´l       l:::::`.:!ヾ .∧/:. ∨: ,'  .}:!
. : .:::::::|ヽニノ \\\  ! ー',!:! ./l:.:.:.:. : |:./   ノ!         見えないものだから、その折の中で横になっても
. : .:::::::|   \\\\\`= ' /ノ:.:.:.:. : k'
. : .:::::::|     __      /:.:.:.:.:,ィ:. : ! \            決して心は自由を感じたりしないんだ。
. : .:::::::|`、 、   ー '   _.. イ:.:.:.:.:./ |: :.,'
. : .:::::::|: .:ヽ ` ' ,ー: ..i:´::|:. :. |/:.:.:./ .l:./               ・・・・あれ、なんかの病気がまだ続いてるぞう。
. : .:::::::|: . : .\/: . : .,':::::::i:. :./:.:,.:イ   l/
. : .:::::::|: . ;ィ‐ ‐、: . /:::::::,':. ://:. l
. : .:::::::|//○ ∧/:::::::/:. :. :. :. :./

1893 名無し-Red-市民-2 :2018/07/16(月) 23:00:38 ID:BS0ZqHRw0
起きたらちゃんと考えろよ?
思考放棄はダメだからなー。
それはそれとして、乙っした。

1894 名無し-Red-市民-2 :2018/07/16(月) 23:01:07 ID:XcdrI0co0
特に
>>1870-1872
ここ好き

1895 シャベル ◆ZW4AiFak0.★ :2018/07/16(月) 23:03:49 ID:???0
.         ____       |
       ,. ' ´: : : : : : : : `''<   |
     イ: : : : : : : : : : : : : :.!: : \ |
 __/: :. :. : :,小: :ト、: :\ : |: : : : ヽ|     心の整理は、やっぱり独りじゃないと難しいと思うんだよね。
.  ,イ.: : :. :. :ハ f !ヽ Lヽ_: ヽ!: : : : : :|
 /,ィ: : :. :_:ム|| | \! \: : | : : : : : !     義務と責任でがんじがらめになった大人は、いつ独りになって
.〃/: : .:| ' |  |!   ヽ  \|: : ::|: : .!
/ ,': : : .:|: :f      r==+: :/:| r-、     自分と本当に向き合えるんだろう?
 |: : .: .:l: :! チっ     ̄ ̄ レ' ん{-<
 |: :.ハ: :∨ァ´、ヽ)      〃: /ノfヽ 〉     その先に待ち受ける老いと時間の浪費に目を瞑って、
 l: :ハ: :/ __ヽ)'  , ― 、 ,イ: /: :ゝ、)'
 レ'  V  ゝイ、 _ヽ _ノイ | /‐r!l-Y!     心を殺す事があの日僕らが見た大人だったんだろうか?
   ,イ  .ハ!\_:ムイ\ / /| |  ||
  /,ィ  ノ |_ /l .|  ,X   | |  ||
 .// |/  / Y ! レ'|O|\,イ |   |
. ,' l_/   /  | | |  | |  | |  |
. { Ⅳ   /.  | | |  | |  | |  |
|レ   /.   .| | |  | |  | |  |

1896 名無し-Red-市民-2 :2018/07/16(月) 23:04:29 ID:XcdrI0co0
檻の中の誤字だと思うんだが、折の中で横にってのもほう…ってなる。案外いける

1897 シャベル ◆ZW4AiFak0.★ :2018/07/16(月) 23:04:48 ID:???0
      /::::ノ|::::::| !:/    |!::::|      ヽ::|  '、:::iヽ ヾi   ヽ、_    l |  |:::::::::::::::::::::::
      /::/::::|::::ノ |:l    |!|:::|        !l   |::| `      `!   /ノ /::::::::::::::::::::::::     静寂は寂しいと書くのに、恋しくなるのは、
    /ノ::::::::!::/  lノ    l |::l    ,   i!   l::!         |_/  /:::::::::::::::::::::::::::
  /'´/:::::::::::'´ハ,/      |/   ィi´       レ            / l::::ト、:::::::::::::::::::     どうしてなんだろうね?
-‐'   l::::::::/::::::::::ヽ      !   /;'´  :::::::::::::             ノ  |::l \!:::::::::::::
    |::::::/|::::::::::,::::ハ     ヽ f,/   ::::::::::::::                    |ノ   `ヽ、:i::
    |::::l |::i!::::/|:::|,.\    i;ソ    ::::::::                 ノ      \
.    l:::| |/|ノ /  , \   ´
     |::!  /   ノ   `、
     lノ ,/  /    ,  |
       /  ,/    /  l
      'ー/   /   ,ハ                         /
       /  /   ,. '/ \                __   __,,/_______
        (__,/  //   ,. ‐,\            /  ``ヾ 、
       (_,/ ,/   //´   \    _   , -‐'ー―-、    `ヽ、
            (__,./   'ー― ' ´ ` ‐-`、__/       `ヽ、    `ヽ、
                           /            `ヽ、    `ヽ、

1898 シャベル ◆ZW4AiFak0.★ :2018/07/16(月) 23:05:29 ID:???0
               ___
             ´       ` <⌒
          /     l ト、  、 \
.          /     l. _/リ! ヽ _}  寸¬
               l'´/ ,リ  ̄V\ ヽ    >>1896
          { /|   |/         {:.ヽ !    確かに!
         X  l   l●    ● l:.:.l V
        / ヽ (|   !    _   }:.:.!
             . |   !、_( __) イj\|
             }/,レヘ/─-\   ′
            /        -ヽ
             /     /   j
         /   ヾ./      !
            ′    :{     |
         .      !  ____l
        .       `¨´ } |  |
          {      /. イ l  |
            /.::  ヽ.  !
          |     '..::.:      `ヾー<
       ,!              }.__  \
      / ヽ       /   }      ヽ
      `ー ^ー='⌒ヽ>-、_ノ⌒ヽ  ,__ ノ
          (、__ .  -‐\>┴'´

1899 シャベル ◆ZW4AiFak0.★ :2018/07/16(月) 23:06:53 ID:???0
  ┌┐         / //
 [二  ] __     〔/ /           , ' /    , -‐ ': : : : : : : : : : : : `丶、 __ `゛ 丶 、
   | |/,ー-、ヽ      /         、   ノ /_,, '"/-ァ :/:/: ,イ: /イi: : : : : :\-―- 、   ` 丶、
  / /  _,,| |     ./.          `ヽ   .ノ    _/:///: :/7//./l: : : :i: :|/: :ヽ     `丶       というわけで、今日はここまで!
 レ1 |  / o └、  ∠/   ,,ィ 、_ ノ ,/-‐ ' "^/: : /// /  / .|ハ',、: :|: /: : : :|-‐ ' "  ̄ ̄` ヽ、
   .|__|  ヽ_/^     ,/.          /   _ //: :/ /、} z=、   | l| Vヽ /: : : : l    _ ,,..、、./     今日は参加してくれてありがとねー!
      __       /   ‐- 、  /-‐ '"   ///|: : {/` ̄`    ,_、 V`/ /: : : }-z=ニ′__ /
   [二二_  ]    /.         `丶、 _,, -‐_',、,、l-i ヽ   、   ´` ミ、〉/ //l j f  >'     `丶    次回は・・・明日か木曜日!!
       //    {      \    ` ‐―(_/ //./っl>、 (_ )   "ノ:/ イ//:ノ_ヽy    ・ __ ゚
     / ∠__    ̄フ    ` ―    -―`^"^    `゛`ヽ、 -∠_: :ノ-'l/' "  f              明日はできたら、かな。未定。
    ∠___  /  /..                        `ソ,- ヽlV     {
     _   / /  \         /                '-,と >,, -‐'"/⌒丶             それじゃ、次回もまた見てマナリス♪
    / o ヽ/  /   /        /                    `"ヽ、  {    \
    ヽ__ /    \

1900 名無し-Red-市民-2 :2018/07/16(月) 23:07:06 ID:XcdrI0co0
(モノローグこそ作者の真骨頂だと密かに思ってる。過去も結構その辺反応してた記憶あるしwほんと今日のよかったです。お休みなさい)

1901 名無し-Red-市民-2 :2018/07/16(月) 23:08:59 ID:XcdrI0co0
ああ、誤解なきようちょいと追加を。独白、モノローグ関係は普段以上に筆の乗りの良さを感じるってことですw改めてお休みなさい

1902 名無し-Red-市民-2 :2018/07/16(月) 23:14:21 ID:OJFBCZBY0


1903 名無し-Red-市民-2 :2018/07/16(月) 23:16:42 ID:BS0ZqHRw0



新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

Paranoia Xp / Mongoose Pub

市民、幸福は義務です


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa