したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

【アトリエ】ナギト・コマエダは錬金術士を目指すようです【#2】

1 みらの ◆LpmGXz0UeU :2016/12/08(木) 16:38:28 ID:Q26WNwQM0

                           ´/  ̄\ `  、                       ィ
                     /  /  /`   ,、  -=ミ            , -‐'/
                    /  / /  /    ⌒ヽ ヽ           .ノ  ./-‐-
          ____       /  /  // /    |   i   ',.           -'  '"     ` _
     /   _____ `ー=彡 /  / /___ / / |   |  ⅰ   ヾ       ' ,    丶   \ -‐ ヽ、
    〃 ´    ≧=-    // ´/ / /`.′ ゝ  :  ⅰ i `、\   /  (  、 ヽ__   ` ._
    { {   /. :'"   / /  ィf芯示 }/}l  // メ  / } |: . `、丶 ノ .{   !:ヽ '、 ヽァ`- _ ヽ
   .八 丶. / { : :   //  /   {Vしィツ i{ } /ム斗  X./ : : . `、 }ヽ .,イヽ ヽヽ 丶 ` ヽ ヽ、 ー-
      \ \ ヽ: : /    ′{、 ゝ`¨    }/ん ぅヾ / ∧: : .  / /.〈///\ '.、  ヽー´ 、 - ヽ
       \.   /    /: :\:.`⌒ヽ   ,   ゞ少〃  /: :}: : : . ∨ ,イ'///∧ ( ┌ー'ヽー``
        〉、'"Ⅴ l|: / { 斗=込    、    ー=≦ムイ : : ト、 : :}   `ー-////∧  l'///∧
          / } }Ⅵ:l| ′{'"´ |l|= 〕     ´  .イ: :} /} i . :.ⅰ ヽ:   i 、‐-  \.   ヾ///l._
     .____// ノ -= i   | `、 .|l| /≧=ア爪: : :/ヾ/ // / / ∧  | \  \. ',. -、'´ ヾ/!∧
/      / . -=ニ/ :   |\ゝ.|l|\  . : : { 〃⌒´__彡′.′/ ./ :  |\. ヽ  }/}.//!'"´ V,/7l
  〃⌒^{/////  __', ⅰ`≧=‐- 、 -=ニ} { {l|´ /___{l i{ /  {  i  |  ',   }// .//,l. !  V//,!
 ./  / Ⅴ//{´  /  ヽ ⅰ≪⌒´  } } ___ \  i  \ {、_八 iハ  :__ノ ./ /////,l┃  V//!
 {   il   Ⅴ:∧ r'{ `〈‐' \\ ヾ⌒/ノr'⌒´  ≧=‐ミ \____  i ⅰ : ≧=-‐‐ミ‐-./,l┃   ∨/l
. \八.   Ⅴ:∧}∧ }   }⌒ヽ//‐ ‐=ミ |l|´ { ヽ ヽ  \  i ⅰ : ̄ く´    ヽ \ _____ ∨/l
   ≧=-‐‐ミ〉ヾ、ニニ′{、   `ー‐、{{/`}{´ヽ} } |lト、   } / } }/7 / ⅰ ,  \ \ー‐‐}    ',    \
          }: :〃、ニニ、∨\\〉´\ 〈 〉   〃⌒ー'´ / // / //ヽ⌒ヽ  }   }l    }.____\  \
≧=‐-   .___∧= . : : .ニニ、)ニ\)== }:|-==、 / /⌒^´  /ア╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
     / , ∧=- \: :\ニニニニ:| //   ′   {  \´ }┃                                      ┃
  ./ /.∧=-.   \: :\__ニニー=彡    { {   -‐‐ミ \┃【アトリエ】ナギト・コマエダは錬金術士を目指すようです【#2】┃
'⌒´ {   |=-       \/ ̄´        ゞ=-‐≦⌒ヽ}.  ┃                                      ┃
   / \ |/      '"´ }   __   ;     ∧: :}:.   ノ.  ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
-‐ .′ { 八_____/: rfニニニニ |    {   |l|ニ=‐ 、∧      \\__:.  \{______}/ /   //  }l  }      ヾ
  { { \}\  : : : 〉_____   |l|      :|l|  ,、 〉∧        \ニ≫         /   /   /  ノ         ',
 .八     `ー‐‐==、ニニ=|l|  |lr‐、 --ミ__ L{ /ニ >/:.∧          \ニ≫‐‐‐=彡、___彡'/  `ー‐=彡
  / ≧=‐‐  ヽ=‐-、\ニニニ{ {〃 O。 }} /ニニ} : :/ .∧           \ニ≫___ ≧=‐--     ________         ノ
 .{  /   \  、 /\\ニニニゝ ゞ __彡 {ニニニ=‐ : : /:.∧/         《´: : }}   }\          `⌒丶ー=彡
=- /     :   } }ニニ=- :  //:`≧==≦´:.|l|、ニニ=‐ : : : 〈           / : :≫´ニア____ -‐ぅ -‐…・・・‐-、 ヽ
: .  ヽ    .: У/ニ=‐ i { //: : : : : :|: :/: |l|`⌒ヽ\: : : :i|      / : :/ニニア __`つ<´         ) }
: : .   }   // /=-   八 \: : : : : :/: : : :|l| \ニ } }〉: : :|   . . : : : : /ニニア '^´    ‐=`ニ⊃       / /

3245 みらの ◆LpmGXz0UeU :2019/11/02(土) 23:40:39 ID:p0PPNFCQ0

                  /:!  _ ___,、___
                 __|:, γ: : : /: : ヽ:-:ヽ、
               -ニ:/:/: /: : : 、: : : : i: : 、ヽ、     ここから始まるのが2年生編ですね。
                /: : :/:/:/:./:人:ヽ: :|、: ::ヽ: ヽ
               !|: : /:/:,イ:/   ヽ:,:ノ ヽ: :!: : :.}
               |:、:/: :!// ̄`   ´ ̄\'!: :/    校長は確かに姿を見せなくなりましたが、
                レ: !: V|  ,-、    , -、 ハィ:!
              /: : :!: : :| / イハ    イハ !: i:ヽ     その死体は何処にも見当たりません。
            /: : : :(i}: : ::、ヽ代ソ    じ' !: :ヽ: \
           /: : : : : /: : : : 、:ヽ、   '    |: : :ヽ: : \
   , --、    !:/!:/:, :,: : !:i: : : : : |`   r_,   ,.イ: : :ハ:!:ヽ: :,!
   人イヽ      '´ レ' Vヾ、: i:ト、 _    /Vヾ: :/ヽ! ̄ヾ!    一年生編での出来事もあり、
  /ヘ Y.} |               ,.l   ̄,.!
  {ヽ|/:/ ,!              ノ ̄ハ ̄ {_             副校長は真っ先に暗殺の可能性を考えますが……。
  | ヾ::!  ノ        ,.ィ――、<ゝ、,イ:.:.:}、 , ク-r―-- 、
  ヽ...... ア、       ./ |    フハ/ 「:.| ヾ / <´   / ヽ       そもそも死体が無ければ断定のしようがない。
  ∠!-'  |       /  |    .::  /:.:.:!   ̄     /  !
  |    / }     |  ヾ/  ::  /:.:.:.:.|  ::  ::! /   |

3246 みらの ◆LpmGXz0UeU :2019/11/02(土) 23:41:10 ID:p0PPNFCQ0

                  ______
              x≦三ニニニニニニ==ニ三ミx、
         ∠ニニニニニニニニニニニニニニニニ三≧=x、    ナギトも大変です。
        ∠ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ∧
        ∠ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ=-‐=ニニi    話を聞くと、この少女はアダチの親友である
     /=ニニニニニニニニニニニニニニ>''"´            }
     iニニニニ= - <ニニニ=>''´               ‘,   「サーシェス」という男から指示を受け暗殺を実行したとのこと。
      ハ三ニ/    `ヾ/ /      _,  -‐ ‐ -=ニ,_〉
     ∧ }ニニ! ○  ○ }  /  _,, r''"´        `〈
    /ニ〉!i=∧  oo  ,'  ,> ´         ;   }  i  ‘,
   {三ニ=\ニ\   〈イ´,      ハ  } /  /! i i:!       死体が見つからない理由は彼女にもわからず、
    Vニ三/三/__i__i__,〉 / i弋7 了卞/ /  ,xfi〔「i:i    }
    `ーyi/ニ/:!ニ∧.  ,:  ! i/iハ | |/i/!   / _从 i!   :!    証拠がない以上自白も出来ないという状況に。
      {/ニニ/ニlニ=∧ !  { 抃芍示  | ,.低竹ii 八i  .;
      |ニニ/ニニ!ニニニ〉.i  ル| 辷;ソ   j,ノ 乂リハ/ ハ ;'
       \7\i天ニ/ i / :il|          i从} i/ iル'
          /ニニ==i i  !  从__    _, ′ 人ニ}リ!         しかも、状況的に犯人として
        /=7ニ三|. 八  〃ハiV=ニ≧=-、_,∠ニニ7乂
       /=7=ニ三|/三\{=ニニニニニニニニニニニ=ミ}、          真っ先に疑われるのはアダチです。
      /=7=ニ三|三三三三≧=ニニニニニニニニニ7i〉
     /ニ7=ニニ三j>--=<=ニニニ三≧=ニニニニ=7/            (十二人会議で敗北したため)

3247 みらの ◆LpmGXz0UeU :2019/11/02(土) 23:48:07 ID:p0PPNFCQ0

                   _,. =- ‐ -=><,
                   >'´: :): : : : : : : : :`ヽ,
                ,'; : .:i:」L: : :ii:LL!: : : : :',     そしてこの状況にわたしちゃんも大慌てします。
                リ: i::リ从;;,;,;,|リ:::リi:: i: ::i.::}
                圦|::|:○:::::::::::○::!ノ;;;∧:∨
                  l:.!:l ,. 、__,. - 、|.::::::!:ヽ∨
                    !.:|入i,///////Y: .:/:::. :',:∨       ・校長がホントに死んだ→副校長を校長にできる
                   /,=|: :l::> ニ </:.:/.,><.,_\
      ,. ,==-    / ̄  ,': :l }l-'!  / /.::/ ′    `'<.,__   ・校長が死んでない→代替わりできない!
    /:/  ,. =一'/    ,': : l }ヽ, / i.::/           `ヽ `ヽ
    (: : ',_Y´   /    i {: :.::{ノ>' '<|.::i             ,.ゝ,
      ̄/    /       _l从从____,从|    ___  ,.=-一'´  ∧
     /`'ー=.,_ -┬-一'::´::} ( };;;;;;;;;;;;;;;;;;{ )ー='´/:::::::::::∨=-一'´¨~´ i   ウェイバー副校長がトップになれば、
      /¨~^'<  `¨' 7:::::/:::::::i ( };;;;;;;;;;;;;;;;;;{ )   /|::::::::::::',:∨    ,. <´
    ゝ,   `¨~^/::::/::::::::::| ( }::::::::::::::::::{ ) / |:::::::::::::i::::`===i.,´  _l    アダチも追い出すことが出来る。
    ┌`ー=.,,__/::::,'::::::::::::,' ( }::::::::::::::::::{ )   |:::::::::::::|:::::::::::::,' `=弋
    └i-‐ ''、|.:::::::::i:::::::::::/ ( ノ:::::::::::::::::::∨ヽ   !::::::::::::|::::::::::く,i~i.i.i.|',!
     /i i i l~ {::::::::::|:::::::/ Y ノ / ̄ ̄ ̄l 乂 ヽ  ト,、:::::::!:::::::::::/ ~~^
     `^゙'^′∧ ::::::|:/ Y ノ /: : : : : : : :! 乂 ヽ ∨\::ノ:::::::::/        でも校長が死んでることを確認しないといけない
           ゝ/ Y ノ /.: : : : : : : : :i  i乂 ヽ ∨ \::::/          →死体を探し出さなきゃいけない!

3248 名無し-Red-市民-2 :2019/11/02(土) 23:49:18 ID:/WUZgT/20
わたしちゃんアダチに恨みでもあるんかね

3249 みらの ◆LpmGXz0UeU :2019/11/02(土) 23:54:32 ID:p0PPNFCQ0

         ⌒¨ア゛ , -`ヽ    "´-= ''´
          _//〃      ヽ    \ヽ
         ,゙  ノ{      、 :,   Vハ:',            ナギトも、同じ手駒である少女を見捨てられず、
      、丶` / ノ   ハ    Vハ.   V/乂__
     /⌒¨',:{ -{  _,' ',    V}:_   Vー--`丶        仲間との日常を演じながら死体探しを行うこととなります。
        )ノ ,rx',{ {二,,_ :「「i_r`丶 人
        //rハ{八 .{ Vッ> l l l ',{ ヽ ト、ヽ
          }ヽ〉 \.-へ、} !.l〉.〉 V=-L、-===-、
          人込、、`¨冫 , ,: /: }ノ、: : : : : : : : : :|        その中でユーリやミミから疑念を持たれたり、
             \ >-イ   _、rf〔\: : ~''〜 ,, : : : : :|
             } i } ¨「: : : : :V\: : : : : :~''〜ー:ヽ        わたしちゃんと本格的に対立することになりますが……。
             |   |  ,}: : : :/: :V/\: : : : : : : : : : :.
           /| ノ|/:|: : :/: : : ',:/⌒ニ=-: : :..,,___}
             /. ィi〔/ : : |: :/: : : : :}/: : : : : : : :〈 r─:,
           ヽ: : /: : : : : |:/ : : : : !: : : : : : : : ヘ└─′
         __ -=\V/ : : : |: : : : : : :!: : : : : : : : : ゙ー 、  ,
┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━
┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━
      / ::/ :/: : : :   ::/|: / .|: :|: : :   : : |: |     | : : | : : :. │: : : : : :
       | :/  :|: : : : : : : :|_j: /ニ|: :|: : : :.  : : |: | ∠二∨:..|:..: : : :. |: : : : : : :
       | : |  : |: : : : : : : :.:|´l/   ∨:v: : : :. : : :|:/     \}、: : : : }: : : : : : :       といったところまでが二年生編。
       | : |∨: |: : : : : : : :.:| z==≪V:ト、: : : : : :|′  ≫==ミ \: : ,': : : : : :
      ∨| v..:..: : : : : : : :{〃/:ハ  \ \:_:_:_{     /:ハ ㍉ y′: : : :
       リ  ∨:.:ト : : : :..∧ |::し:|           |::し:|    /: : : : :          ちなみに日常生活部分は
           }リ \: : : ∧乂rノ            乂rノ   , : : : : :     /
             ′ '.  \ー‐ヘ¨¨                 ¨¨ /: : : : :    /       原作ゲームと同じように進ませる予定でした。
          /     , ∧          '         ´ ̄厂     /
            /      :  ∧                  し /     /、
        /     .!   ∧       r  ュ          イ      /::∧        (授業の内容とか、キャライベントとか)
         /        |     \                 /: {     /: : : ::.

3250 みらの ◆LpmGXz0UeU :2019/11/02(土) 23:58:35 ID:p0PPNFCQ0
        ,:!    _,.. -、 _
        !:レ:':,:-/: : : : : \:\_
      <: : :/: : :': : : : :/: : : :ヽ: :`ヽ
      /: : :/: : : :/: /: :,i: : ,イ:ハ: :、. : :|    さて、一気に書いてしまいましたが、
     /: : : /: : : :/: ,!: :/ !/ レ \:!: /
     !: : : {: : : : :|:/ |:/ ,   `ー トハ     時間も遅いので今日はここまでにします。
       !: : :ヽ: : : :}!i ,/      |: :.!
      V: : :ノ/Vハ´   __   ,r=ミ!: : ヽ、
        |: : : :_:!: : : :、 ,==   、  、: : :ヾ
      /: : : {クr}: : : `ヽ、   _  ,ノ: : |`   残りのお話と過去ログ申請はまた明日。
     /: : :/:ヽゝ: : : : : :、ヽく   ! ,イヾ!V
      /: : ィ: : :,: : ハ:、: : :、: :ヽ 二ノ         それではおやすみなさい!
    !:/i: |/V' ´ }―--、__,≧--、
    ´ V     /Xィrニ/ ニニヽ
             !ニ//モ!ニニニニヽ
           ,},L,!:ハミ|ニニニニニ)
           |ニ!:!ニVニニ=-ミ、ニク,、
           |ニ!:!ニヾニニニニ=-Kヾ:ヽ
           |ニ !:!ニヾニニニニニ,}ニヾi!
           |ニ|:::|!:ヾ ヾニニニニ/ヾi:!l}

3251 名無し-Red-市民-2 :2019/11/03(日) 00:00:31 ID:wbrEjzh20
おやすみなさい。終わるのは残念ですが、シノプシス明かしてくださるのは、ほんっとうにありがたいです

3252 名無し-Red-市民-2 :2019/11/04(月) 05:00:08 ID:iinc.Dpc0
エターですか…
ゆっくりでも完成度が高かった作品が消えるのは辛いのぅ…

後で言うつもりだったら答えなくていいですがマナ適正100%の意味とは結局なんだったのですか?

3253 みらの ◆LpmGXz0UeU :2019/11/04(月) 07:18:39 ID:o6T/Lhg20

                 ,. - v' フ へ- 、/ l
                /        ̄ ヽ >
                //  /    .. へ  Vハ
             /l  / /./ ..::: 人::......l  マ:...〉     したらば復活! 良かった!
                l八 !/V j 厂   :.ヽ::.i :...::lハ:::l
             ∠ィvi `ヽ、   _,. -‐从:::::::l::l:::!      それではどんどんネタばらしをしていきましょう。
                ノlVl/rぅ    rぅヽ ハlVノヽl
           n   ,.ィ' ノ  l Vソ   Vソ /.:::::/j:\:.丶
         ノ ! /l ィl  .:::ト  '    ノイ::::::Y::::::::ヽミニ-
   ⊂二二 、 八  Vl从 .::八  Vフ  7:::::::ィl/ヽト「`       二年生編で、ナギト達は
     〈 二 フ.::l    Vl _,. > 、/l,. イl/ファァ- 、
     tー‐ァ' /i、    /:::::/.:/i.j lヽ /.::/.:::::::::::         校長の死体を探すために学園中を駆け巡ります。
      T-- 'ノl厂l  ,j:::」ム- ' ..:V::Y:::/.::::::::::::::!
       〉二ノ:::八 「└ ァ7Tニ ..八/::/:::::::::::::::::l
        〈::::::::::::::::::::V.::::::::l:::l lニ   /i ̄ ヽ :::::::〈
         ヽ:::::::::::::::::\:::::l:::l ゝ-- ':/.:::::::::::!:::::::ノ          その中で様々な情報を手に入れていきますが……。
         Y::::::::::::::::::::∧::! lハ‐ '.::::::::::::::l、 :::l
          ヽ:::::::::::::::/ Vハ l:::ヽ:::::::::::::::::lハ:l            それらが一気につながる予定だったのが三年生編です。
            \:::::/  lVハl:::::::l\:::::::::::::::リ
              ̄   〉:l l:::::::l  l`TT ´〈
                   「ミl l.∨.l ノ:::::l l::::::::\

3254 みらの ◆LpmGXz0UeU :2019/11/04(月) 07:25:43 ID:o6T/Lhg20

                 _____
             /:::::::::::::::::::::丶、 ←(※ナギトを問い詰めて全ての情報を聞き出した人)
              /:::::::::::::::::::::::\::::::\
        -‐┬/:::::::::::::::::::|::::、::::::\::::::ト、
      イェェ≦/::::::::::::::::i:::::ト、::\:::::::::!::::::ハ\    いつまで経っても校長が見つからないので、
    _{_互__i|::::::::::i:::::::l:::::| \_}─┴‐r┤:::!
    マ≧=-‐{|::::::::::|__|‐┘  ,ノ≦弌 |ミ、 :|    生徒が立ち入りできる場所には居ないのでは? とグロキシニアは考えます。
   /:::Ⅵ_}i∧r‐くィチ≧ミ     込ツ |- li::|
   /::::::::/〃ー‐ヘ:∧代)ツ  、    u 八ノ|〈
  /::::-=≪≫-r‐(Ⅵヘ        __   /アミl|:ハヽ
 /:::::::::/     };/⌒ァ┐__  -‐   /´ : : :|::::| }}    そこで本来は生徒が立ち入れない区域、
/:::::::::/    /:l:::::::::::::'´:::)┐--‐ {i: : : : : .:|::::|八
:::::::::/     /,イ|:::::::::::::::::::::/≧xー^八: : x≦|::::|:i:i:iヽ    校内ダンジョン「マナ遺跡」の最深部へと突入を図ります。
::::::/     ///:::::::::::::::::::/≧xi:i:\__.У:i:i:i:i|::::|:i:i:i:i:}
:::/ / ̄\:Ⅳ::::::::::::::::::/:i:i`≪ア/<:i:i:i:i:i|::::|cb:く
/ /     Y:::::::::::::::::::/ー‐-=≪二ニ=-≧ソ/≧rミ
 /      /::::::::::::::::::::i}/⌒ヾ ヽ ハーミ-/:、i:iー-≪     ナギト以外の面々からすれば、
 > 、   /:::::::::::::::::::::::|    {__  |∨ ∧:i:i:i:i:i、:i:i:i:i
 \  ヽ/::::::::::::::::::::::::::|    / -=∨ ∧:i:i:i:i:ヽi:i:i:i     ちょっとした好奇心からの行動だったのですが……。
  癶rV:::::::::::::::::::::::::::::|     厶、 i l ∨ ∧:i:i:i:i:i:i\
 /: : :.ヾ、:::::::::::::::::::::::::::|     /-===∨ ∧:i:i:i:i:i:i:i:i
 /: : : : : : \:::::::::::::::::::ノ  -= ´/  l l | |∨ ∧:i:i:i:i:i:i:i
{{: : : : : : : : :  ̄ ̄ ̄ ̄: : :| /   -===-∨ ∧:i:i:i:i:i:i
ヾ: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ノ /  / / | | ∨ ∧≧=-

3255 みらの ◆LpmGXz0UeU :2019/11/04(月) 07:29:14 ID:o6T/Lhg20

                _
                   i:i     i|
       i|        j:ト.、   .||
       i|         f:::::r'   .||__       、                そこにあったのは数えきれないほどの死体。
       i|        |:::::|   ,::´:::::ハ      ||
       i|        |:::::i   |::::::::r¨'   =v=':::≧=zx,             というより、無理矢理生かされている人でない【何か】。
    ,. __i|_       ゙!:::リ  .|::::::::i     /:::::::,:;:::::::::::.ヾ
    {::::::::::::ハ       Y:j  /:::::::ノ    (::::::::::! `!:::/¨´
      V/|:::::::i!       !:|  /::::::::ハ    {:::::::::::i, i::リ
     i|| i:::::::i!       ル' i!::::::::::リ     V::::::::i! !:|                 現場にあった研究資料から、
     i|! i:::::::i       ||  )::::;:::::i      `゙ヘ;::i! |!
     i! 〉:::ノ       || f;/´!:::リ        ||  ´          |!        彼らがマナ、あるいは「妖精さん」と呼ばれていたことが判明します。
      /::/         ||   i::::|          ||           ,ノ:!
     i:::::|!        ||   いL         ||           !|:::ト
     `´||.         ||    |:|          .||            !::|!
       ||.         ||    |:ト.         ||             |::i'
       ||.         ||    |:|          .||             |::!_
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

3256 みらの ◆LpmGXz0UeU :2019/11/04(月) 07:33:48 ID:o6T/Lhg20

    /    '、  /    ,、‐':::::::::::::```ヽ:::;;;::::::/;;;;;;;;;;;;;
   /       }/     ,}、//:;;-‐--、:::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;;;   アトリエメンバーは困惑します。
   -      /  ,、-‐'::´;::::l;;-‐‐ 、:::::::::ヽ、:::::::::!;;;;_; -‐、
   /      , -‐''´ 〈;:::::;:::::::{ ヾ'  ヽ;;;;;;;;;;;l::::::::|/:::::::::::::::   そもそもマナは錬金術に使用するエネルギーであり、
   /  ,,,,, -‐'´     ヾヘ(;;::ヽ-、_ _;;};;;;;;;;!:::;:::::::::::::::、-
   |  「           ヽ、;:: ;;;;;;;;;;::::;;;;;;;;;;;}::.:::::::/;;;;;;    形を持った生命ではないはずだからです。
   ヽ  ヽ、           ヽ:::::;;;;;;;;;;;::/:::::;::::::/;;;;;;;;;;;;;
   ヽ  ノ             ヾ‐、''´:::::::::::::::::::l;;;;;;;;;;;;;;;
    i | 「                  >ヽ:::::::::l;;;;;;;;;;;;;;;
   / } }、                 ヽ;;;::::::::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;     ならば、今目の前にあるコレは一体なんだ……と困惑していると、
  / /;::レ:| ヽ,、                ``!:‐:;:::::::::::::;;;;;;;
_,/ /;ィ:::::'´::レ、                ヽ::::::::::::::::::;;;;;      わたしちゃんがどこからともなく現れてこう言い放ちます。
 /‐-、イ,,-┐::::レ、                ヽ:::::::::::::;;;;
 ノニヽ、`ヽ、'‐イ::::::}         、‐、      `ヽ、::::::::
/:      ヽ,ノ''ス:ノ       /;;;;;;::::        ヽ::::,

3257 みらの ◆LpmGXz0UeU :2019/11/04(月) 07:38:37 ID:o6T/Lhg20

       _  /〔__
        ⌒>`~     `  .
      /            \        「マナとは本来、生物としてこの世界に暮らしていた存在。
      / /   /      ≧=-
    ー=≦     /         |  \        それを隔離し、生命エネルギーを取り出して世界にバラまいていたのが学園です。」
   ,/ . /        / /|     |    ≧=-
  , :i |j     :|/j/¨|   A     :|
/ | |{     :|―r</   /__}イ  :| |
   ′!! |   :ト .り〈____/'7'j^|   リ      世界に錬金術の学校はアルレビス学園しかないでしょう?
    \ \{\  \    、 ` _ノ ノ
 /    :|   「 ̄    _    j 「          それはこの事実を隠し通すため。
' /    .: :|   |、    ‘ ’ //|
/     . : Λ  | `  ,. __/ / :|
     : : : :Λ  |   {:_: :|   /  |
,/~ :r―‐<、| }   :、ヽ|   |   !           利権だの教育方針だのは、
   |///,| ∨  j\   ソ|   |__ :、
   |'///∨  ./  >〈  '.  |'/「~ヽ           もっともらしい隠れ蓑に過ぎなかったんですよ、と。
   |////   Λ  / o‘,Λ ∨|  i\
   |'//,i   |:、`¨     ¨ | V!   |  \
   |'//,l   |/,\   o  /l  i1   }   ヽ

3258 みらの ◆LpmGXz0UeU :2019/11/04(月) 07:42:25 ID:o6T/Lhg20

                     /    ___
                  ___|,   ´       ` .、
                     ´ /          ___\
                      /           ヽ¨´  ヽ   「さらに言えば、マナ適性とは
                  /         、      ‘,    ヽ
                  ,ー==彳     ヽ    l ト、   l l  大気中のマナ(生命エネルギー)に影響を受けたことで、
                    l   / ,     l /ヽ  l /‐}-、 .l l
                    l  , | |.   /´ ̄l  lzュ、}  ,'l/  「妖精さん」にどれだけ近づいてしまったかを示す数字。」
                   ∧. | | |  |/ィチi` l___/Vリ }  /
               / ヽトjヽj\ ヽ Vリ     ,イ /
              /     / \ `t-`    '  / ト
            /       /   ヽ l>   ー /.l l ‘,     「アルレビス学園の生徒というのは、
           /      / / /7l l    ,r‐´-- l l ‘,
         /      / / / ‘,l |   { i}   / /、  i     例外なく化け物なんですよ?」
        /      / /_/   //.、   i}  / / l  l
  |ヽ     /       / / / ` 、. //  \ i} ,イ {  l  l
  ヾ ヽ.   l      / /  /    //ー---ヽ}‐'' ヽ ヽ 〉 l
   ヽ `ー'──‐''´ /  /    l.{ { ‘,.     〉lヽトj´  l      わたしちゃんはそう淡々と話し続けます。
     >ー───'''´   l       ヽ}  ‘,__/| i} l   /
   /   /      l       〉  i}──'´l/  l   /
   /   /        ヽ_     /  ./ニニ´イ   l /
  /    /          l.`ー‐‐t'   /    / |   l /

3259 みらの ◆LpmGXz0UeU :2019/11/04(月) 07:45:55 ID:o6T/Lhg20

         /       .::::::::/.::::::::/ .::::::::/.:∧::::::.l、. .::i    ハ
            / .::::::::::/|.::::::::,i .:::::::::'::::i l:::::::|ハ::..::::l   |  i
          ::::::   .::::::::::/i:jハ:::/ !:::::::::::|::::|__j:::::::|_ ,:::::::|::   |  |   もっともこの事実を知っていたのは、
        ::::::::  .:::::::::/斗l 七 l::::::::::::l::::| |::::::厂|::::: |:::.  |  |
       i::::::::: .::::::::::′ |:|/|:i | ::::::::::l::::| |:::/ /!::::,'|:::::. |  |   【歴代校長】、【幽霊であるツララ】、
       |::::::::: .::::::::ハ{ _」:j_,|:| ∨ ::::::lヽ| |/ __,」_/ |:::::::.|  |
       |::::::::.l:::::::::{ィ',ィわ坏、  、 ::::| | ,.ィ.圷う心 、|:::::::::.l   :|    そして【自らの研究でこの事実に行き着いたとある錬金術士】のみ。
       |:::::::::l::::::::.',〈 弋こりo    \|   cせzら 〉|::::::::::ト、 :!
       l:::::〈 |:::::::: ◯ 〃〃 ′      〃〃 ○′|::::::::::| リ !
       |:::::::::|::::::::::./         l            /|::::::::::l/  |
       人:::::::|::::::::|\:::::.    _            〃;|::::::::::|:::. |     このことが世界に広く知られれば、
        ,> |::::::::ト、_\|   ⊂-‐-⊃    /ア^i|::::::::::|:::: |
      /  |::::::| ⌒'ー―-   ハ  ____,∠ -‐|::::::::::| ⌒ヽ     アルレビス学園の権威は失墜することになる。
       {   |::::::::|           \          |::::::::::|    i
     /⌒ヽ. |::::::::|         丶 \         |::::::::::|    |
    /    |::::::::|               \ \      .|::::::::::|   人
    /       |::::::::|               \ \   |::::::::::|     ヽ    だからこそ、この事実は絶対の秘密だった。
   /___     .|::::::::|                丶 \  |::::::::::|       '
  /    ̄ミ <|::::::::|                     `' |::::::::::|       ',
  {     \ |::::::::ト                       |::::::::::ト . ___j

3260 みらの ◆LpmGXz0UeU :2019/11/04(月) 08:03:02 ID:o6T/Lhg20

                 ニヽv'て,
                 ´. . . . . . . . . .`.. 、
           /.. . .. . .. . .. . .. . .. . .. ..\、      もっとも、わたしちゃんの最大の誤算は
        /. .. .. .. .. .. .. .. .. .. .. .. .. __,ノ)
     \ー‐′.. .. ー=≦ .. .. .. .. .. .. .. .. ` < ..ヽ     その事実を知っているツララが、この光景をグロキシニアに見せたこと。
      `7. . . . . . . . /.. .. .. .. .. /. . . . . . . . \i
       i.. .. .. .. .. .. { .. .. .. .. .. | .. .. .. .. .. .. .. .|
       |..|.. ..|. .. . /{ .. .. .. .. .. |、.. ..|. .. . .. }.. ト、
       |..| ..!.. { |-\.. 、 . . ├\..|.. .. .. ハノ.. \    もはや隠し続ける気は無いのか、と問うわたしちゃんに
       乂 . . \りア笊\\.. {'笊ヾ.. / イ.. ノ .. . .. ヽ
         \ . . \ マリ     マリノイ .. j .. .. ト .. .. .. ,  ツララはその通り、と回答します。
          }` ー「   '     u ,|.. / .. . ..| i.. .. .. |
   /    / .. | .. \   t―''ア  ィ/ / .. .. .. | |.. .. .. |
   /(___/ . . .| .. ..|..`≧ュ--‐ ´ / /. .. . .. . | |.. .. .. |
  {______/ .. .. ..|.. .. |__,/リ   _,/ /\_. . . . j| .. .. |    もはやこの機を逃せば、
    `ー―;//⌒リ.. .|   {__,// /   /⌒ヽ ノ .. . .. |
       / .. {  /.. .. j  /   V イ  /     } .. .. .. .’    学園の全てを清算できないから、と。
      {. . / / . . /ー'’    /.. .|ー1/   {.. .. .. /
      {/ / . . /       /.. .. |  /      ヽ.. ./
        {  | .. .. |     i .. . ..| ,/     ノ/

3261 みらの ◆LpmGXz0UeU :2019/11/04(月) 08:05:18 ID:o6T/Lhg20

                   |: ヽ __
              ,. . : :_:_::_:-: :`: ノ
            /: : : ´: :,. -:-、: ̄`:\     そこから先はグロキシニア対わたしちゃんの構図となり、
              / : /: ̄/: : : : : : : : ̄ヽ: ヽ
          /: /: : :/:/: : : : : : : : : : : : :ヽ: .、    事実上のラスボス編……となる予定でした。
             |: /: : : : : : : :/: : : : : : : : : : : :ヾ!
          |: |: : : : : : /:/: : : : : ハ: : ヽ: : : : |、
         /: |: : : /: /|:ハ: ://ノ ヽ: : ヽ: : :/:.ヽ
          /:ノ:i:ハ: /|/ V V     \:|: : :|: : :.ヽ     結構省略しましたが、
     ,. :' : : : : :.Vヽ/| \      / |:VV: : : : : :\
    /イ: : : : : : :|: : : :、==    ==/: : : |:、: : : : : : ヽ   大筋はこんな感じですね。
      レ' ヽ: : ,レ!:i、: : :\   '   .ノ:_: : ハ:ト!ヾヾ|\:|`
         `, -r==ヽ: トヽ、 r―‐, イ:./ノ=--,-、
         /ミミ|ミミiiiヾ<ゞ>、ーrz<レミ|iiミミミ|ミヽ
         |ミミ|ミミiiiミミ|ヽ |iiii| /|ミミ|iiiミミ,!ミミ|       書こうと思えばもっと書けますけど、
         |ミ、ミヽ|ミii|.ミミ|  !iiiii|  .|ミミ!ii|Vミミミ|
         |ミミ\|ミ!!|ミミ|  |iiiii|   |ミミ|ii|ミ|/ミミ|        長くなっても良くないので止めておきます。

3262 みらの ◆LpmGXz0UeU :2019/11/04(月) 08:13:26 ID:o6T/Lhg20

               ,-‐   -‐…‐- -‐、
            / , ´      ヽ
              / /            ',  ,
           ′  / __ /   __    ′        ちなみにユーリの設定ですが。
          i  i |´/{ |  }  i `   :
          |  ト、抖-=x  /x=ミ }  |ヽ
          |  | ト Vツ Ⅵ Vツ}/:  | }
         /   |/圦 ""  ′ ""八|  |\ー=ミ      彼女は昔病弱だったころ、
         //∧ :l: :r= >. ^ .<`{ | / .、 \   }}
       ///./_,∧{-′{{^´/)(ヽ }} / .: /=ミ }   } /      アーカード(アダチの親友)の治療を受けた経歴があります。
      {〈  } // .∧ヽ //´く: :〉' \ムイ /\ /___
      \ノ// ./  ヾ}≫x /、{   __〉} /  ヾ Ⅵ   ヽ
        / )/i{   /ニニニ=‐ ‐=ニ{{、  }//〉\  }
      }/ \ヾ  {/ニ7ヾニニ=‐ ‐=ニ}:  //´/  }\/      その際に自らの寿命を大きく失う代わりに、
     〃',  }∧∨/ニ7   X¨¨¨´Ⅴニ // ./、 /  }}
     {{ }i / .∧∨7   / `、   Ⅵニ :{ { } i  〃、       考えられないほどのマナ適性を獲得しました。
     ヾ、 /} }ニ7  /´   `、  Ⅵニ{  ≧=- {{  \
    -‐{ ,} V´/ ≧==- __}}   }}´ \__}ニ7≧=-‐‐-、ヾ、. \
 /  ___ X  :}/ /   〉ニニ}ヾO〃{ニニ〈 \\{ \/ }//:   }
  ′/ /  〉 ',/  くニ/ {{´:`}} \ニニ>、.\}  / / // 〉 /     ある意味治療という名の錬金術が失敗したことで、
 { / { { { / } } /   -=彡: :|: ≧=-^´  \{ 〈 {/ ′/ /
 ',  \\{/ . ′   }}: : : : :| : : : : }}     \ ヽ\{ / /       その体が「妖精さん」よりに改造されてしまった、というだけのお話なのです。
 ∧ 〃⌒}i  /     {{:.: : : : | : : : : {{      ∨ / }ヽ :{
/ / {  /⌒/   /{   }}: : : : :| : : : : :}}  }ヽ    ∨ / / \

3263 みらの ◆LpmGXz0UeU :2019/11/04(月) 08:16:53 ID:o6T/Lhg20

   __ /:/, . :-: : : : : : :-ヽ
  <:_:_:_,: `: : : : : : : : : : : : : : : : : >:-r:':´:ヽ
    /: : : : : : : : : : : : : : :/:/: : :':´: : : : : ヽ     書こうと思えばいつまでも書けますが、
   /: : : : : : : : : : : : : : /: :/: : : : : : : : : : : : :!:ヽ
  /: : : : : : : : : : : : : : /: : :/: : : : : : :/: : : /: : /: : ヽ    流石にそろそろ終わりにしましょう。
ヽ,!: : : : : : : : : : : : : :_: : : /: : : : : : /: : : :/: : /: : /: |
: :.|: : : : : : : : : : :/: : : : :レ: :,:、: :,.ク:-:ナT:.フ ,!: :/: :i:.|
: :.!: : : : : : : : :/:_:_:,:-:':´: /:ヽ/:!-'´/'´__/ イ: : :,リ
: : : : : : : : : /: イ:ー:-=/: : :,: : : /   /,ハ  |: ヽ: !    書きたい事がありすぎて、
: : : : : : : : : '´/:/:/r:'´:´: :.i: :./   i! |.i|   ト'''´
: : : : : : : : : : :´:/:r: : : : : :.|'´    ` 'J  !       文章も乱雑になってきたし……。
:,:-: : : : : ,: : : /イ:,: : : : : : : !          ヽ
: : : : /: : :/: ,イ:/: : : : : :ヽ: :! u        /
><ニT ̄Y-'´.V:ハ:、: : : : : :|ヽ:!     r--, , ´
ニVミ、   ヽ  \、:i 、: : : !リ        ̄/          じゃあ、過去ログ申請してきますね。
ニニミヽ ̄ |ヽ  \ ヽ:/ ,. -r<-- _,/
ニニ|::/ミ ̄ |´\  , >∠_ ト、|ミニヽ

3264 名無し-Red-市民-2 :2019/11/04(月) 08:49:55 ID:1wzjXnak0
ただただ悲しい、けれども、お疲れ様でした

3265 名無し-Red-市民-2 :2019/11/04(月) 09:18:23 ID:mW7lTMB60
エタ―はとても残念ですが、決断したことならしょうがないです…!
お疲れさまでした!

3266 名無し-Red-市民-2 :2019/11/04(月) 11:32:09 ID:SGaKhVAM0
久々に更新されてると思ったらびっくり
主人公も登場人物も魅力的で何より練り込まれた設定が素晴らしかった
お疲れ様でした

3267 名無し-Red-市民-2 :2019/11/04(月) 11:52:33 ID:il9Jig8w0
お疲れさまでした
途中まででしたがとても面白かったです
設定も凄いワクワクする

3268 名無し-Red-市民-2 :2019/11/04(月) 12:05:19 ID:YD7O.lkI0
プロットを読むだけでもわくわくするのでぜひ作品として読みたかったです
お疲れ様でした

3269 名無し-Red-市民-2 :2019/11/04(月) 12:13:54 ID:iinc.Dpc0
お疲れ様でした

3270 名無し-Red-市民-2 :2019/11/04(月) 12:14:58 ID:iinc.Dpc0
というか昔書き込んだマナ適正100%の予想ある意味大当たりだったか…
人から生まれたってことで間違いだと思ってたが…

3271 名無し-Red-市民-2 :2019/11/04(月) 12:38:43 ID:7x5skhI.0
ナギトの設定はなんだったんだろ。

3272 名無し-Red-市民-2 :2019/11/04(月) 13:36:29 ID:C/ggOCHA0
お疲れ様でした
いつの時でも追ってる作品がエターになるのは辛いわ

3273 名無し-Red-市民-2 :2019/11/04(月) 14:17:22 ID:Mk11Iem.0
お疲れ様でした
この報告と設定見れただけでもタブ残しててよかった

3274 名無し-Red-市民-2 :2019/11/04(月) 21:41:26 ID:c2g/1yVQ0
黙って消えるくらいならエター宣言してくれた方がありがたいしなぁ
お疲れ様でした

3275 名無し-Red-市民-2 :2019/11/05(火) 01:49:22 ID:/f7nxS8w0
乙でした
思ってた以上に闇が深い設定だった

3276 名無し-Red-市民-2 :2019/11/05(火) 10:08:24 ID:zFsdWjsQ0
お疲れ様でした
イスカンダルは実際どうなったのかな
死んだ(後生き返って別行動してつららと協力)とかでもおかしくは無いけど。
校長という立場の時点でわたしに監視されてるような物だから現状維持派だっただけで、
心情的にはアダチ達と同じく改革派かもしれんし。少なくともさっさとクビにはしてなかったからなぁ

3277 みらの ◆LpmGXz0UeU :2019/11/05(火) 23:03:20 ID:05eHDwNg0

               ___ |:ヽ
            ,. . :-: : : : :`: `:.'フ
           /:/:`ヽ:/:`:ヽ-:、: ヽ
          !:イ: : : :':´: : : : : : : .ヾ、:ヽ
          /: : : : :!: : /: : : ,、: : : : :ヽ: !   ちなみにイスカンダルはバリバリの改革派です。
         !: : :i/: :|/!/i/  \:、:!: :i:|
          v: : /'___ノ   ` ー- ト:v/:.、    ……内心では。
         /ハi{          |: :i!: : :ヽ
        /: ィ!: :、 ,==ミ   ==、_,!: :.{:`: : :\
       /: :/: !: : :ヾ '''  ,  ''',ィ_::_: : !: : : 、: : ヽ
       |:,!:,イ: |:、: : : :i   r- ,  >、ヾ:ハ!ヾ! Vヽ!   校長となって学園の秘密を知ったとき、
        '´ '´  `ヽ:i:ヽ 、_, イハ,:Fニ ヽ
              ノヽ、__,ノヽ,,「`  |         「このままじゃヤバい」+「これがバレても世界がヤバい」の板挟みになって
           __ イ入_,ィ:::ヘ__,イ/,}  ト,、
         /iニニニ:7<ノ L:/ヾノィ,!_,.ノミトヽ        身動きが取れない状態になっていました。
        !ニ|ニニ:::iii|  .!::!  ||i}===ソニヽ、
        !ニ!ニ!ニ::::!|   !::::!  ||{二二ニニヾ!
        ,!lニ Vニ:::i||   |:::::|  ||iゝ、ニニニヽ
        rニニ|ニ:::r|....  !::::::!. . .||i::iヾニニニニ}       ましてや校長という立場なので、表立って行動も出来ない。
        }ニニ|三:::iii|.:.:.:.:|:::::::|:.:.:.||i::iニ\ ニニノ
       /ニニ!三:::iii|.:.:.:.:|::::::::|:.:.:||i::i三ノ`ヽニ/

3278 みらの ◆LpmGXz0UeU :2019/11/05(火) 23:03:39 ID:05eHDwNg0

              ´          `
        /                   \    加えて、イスカンダルの周囲には
         , ′                   ヽ
      汽_彡'⌒   l |   :|   :i          現状維持を望む人が多かったのも影響します。
      √ミ=彡  //|:.:ハ ,.:|   :| :|、   ヽ  ',
      j  |  :|/  |/ !//|   :|ヽ:!ハ∧ ハ i
      | :l |   :厂` ト、 |/'|/:厶斗-l: iV .:::l/|
      | :l | .:/__/_/  j/:/ __ノ__j/| |::::::|:::|    ツララに至っては学園創始者であり、
      | .::|:.V :|丁匸灯   |/ イ匸}丁八|::::∧:|
       l:|:::|::: V|弋辷ノ     弋辷ツ/:::::/ j八    そもそも罪を犯した張本人。 何も相談できない!
      l:|:::l:::: 八""      ,    ""厶イ |
      |:|:::l::|:::::个u    , - ,   |::::::|>、
      「 ̄ ̄|:::::::「`>- _{  ノ  _,∠|::::::::|  〉
      |.    |:::::::|\     ̄ ̄   |::::::::| _{`ヽ     アダチやサーシェスは急進派で頼れず、一人だけで苦しんでた頃、
    八   |:::::::|  ` <  ̄       |::::::::|    }
   /    |:::::::|      ` ー=ニ二...|::::::::|    ∧     折よくユーリが入学して―――。 というのが裏話。
  (        ! :::::|  ,> ´ ̄`Y´ ̄` ト、 ::|  /  ',
   〉´ ̄ ̄`|:::::|/       |       \     人
  /        !::/       |       \ニ7´  ヽ

3279 みらの ◆LpmGXz0UeU :2019/11/05(火) 23:04:02 ID:05eHDwNg0

                 -‐……‐-ミ
                   ´           `   、
                             \     ユーリが所属した『グロキシニア』。
          /                  '⌒ミ彡ヽ
         / '    i   、       '⌒ミ彡ミ彡    それを利用した学園改革プランを校長は思いつきます。
      / , /  i    | .∧  ヽ   、         :.
     / //i!  |    | | ヘ      |  ヘ ヽ.      i
     //://: |: : 从:  j| | ,メ\  ` l |   |  }     |
     /イ:.:|:lハ |Vリハ \人`ィf笊示ミヽ l |   |  |     |   しかしそれはある意味、アトリエメンバーを犠牲にするもの。
     ||: :| 乂|: :|メ、ヽ \`{ frり}リノ :り   ヽ :|    . :
     |i∨` : |:.ィfテ㍉     `¨¨´   Ⅵ   . :ト、l|: : : : :./     校長は熟慮する時間が必要と考え、十二人会議を先延ばしにして時間稼ぎを図ります。
     i{: ∨ : |: :|ゞシ            }|   : :|) }: : : : :{
     八 ∨ |: :|   `           |   : :|.イ: : : : : : .
       Ⅵ:从   マニニヽ       |   : :| : : : : : : : 丶.
        |:|: :込、   V   }     ィ|   : :|: : : :.:\: : : : \    そして、会議後にどうしようかと悩みながら歩いていたら、
        |:|: :|: :|:\  `¨´    <  |   : :|: : : : : : :\ : : : :\
        |:|: :|: :| : : 丶 r<三三三 | . : : :|三三三}: :.:\: : : : ヽ   ツララに「アンタ何考えてるのか分からない(意訳)」とぶつけられます。
        从:_lr<三三三三三三三.:| : : : :|三三三}: : : : :ヽ: : : .
        /: :jr‐ ニつ三三三三三三ニ:| : : : :|三三三}: : : : : : : : : :
       イ:/   ニつ三三三三三ニ:| : : : :|三三三}: : : : : : : : : :
     / _/     ー<ニ三三三三三:| : : : :|     ∧: : : : : : : : :     ある意味これが切っ掛けで、校長は吹っ切れました。
      〃 ¨¨ヽ r‐一 ´ニ三三三三/i| : : : :|      .∧: : : : : : : :

3280 みらの ◆LpmGXz0UeU :2019/11/05(火) 23:04:32 ID:05eHDwNg0

      /::::::::/  . :/ .:::::/|::::::/ヽ|:.:.:.|:. :. :. : :/'|: /|::|: : :.}: : : : : |:|
     ::::::::::′ . : l.:::::://|:::/  l::::;ハ:. :. : :/ |/u|∧: :ハ: : : :/ |
     :::::::::::i . : : : !::::/⌒|/`ヽ |:/ l.: .:.:/ ,.斗‐ ト、∨::::i : :/ ! |    校長は自分の計画を全てツララに話します。
    i:::::::::::|: : : : :l::/ ,ィ行不ハ '   j.: :/ /,ィ行坏, Yi::::|: /::::|:.|
    |::::::x┤:. :.:.:.|′{'つ////}   !:/u {'つ///}  |::::l/:::::::|::|     (意訳:お前も巻き添えにするから覚悟しろ)
    l::::,′.!::::::::::jl .弋辷r少′  /::::::. 弋辷少′ j::/:::::::|::|::|
    l::::{  j::::::::::八 ` ー ― '     i:::: ` ー― ' //::::::::::|八|
    |::人 !:::::::::::::|\   u  lー ―<|   u //j::::::::::::!
    |::::::::`|::::::::::::::!   u.   l       |    /7:::|::::::::::i|        しかし、これが生徒を犠牲にするものであることも正直に話します。
    l:::/ ̄|::::::::::::::ト       l       |  __,厶-|::::::::::l「ヽ
    |/ - |::::::::::::::|  >― ┴ --‐=ニ二´ ̄  |::::::::l|-┴ 、      (意訳:もし引き金を引くときは一緒に苦しんでね)
    イ⌒'  |::::::::::::::|               `丶.  |::::::::::l|   ハ
          |::::::::::::::|                  \|::::::::::l|   人



          /´ ̄ ̄````ヽ、
        /          `\                       その計画の内容は、グロキシニアにマナの研究を達成させ、
       /  ノ            ヽ
       ,'   |'  ハ ハ ハ ハ,, -ヽ、  ヘ.',                       学園の正体を暴かせる、というもの。
      ,'  ', ', //-ィ、.リ リ リ(◎)リ ',リ
      |  ', ヘ (◎)`  、``"〃リ、ノ_   _,、-====─--、___
       ',   ',  ヾ三''"`,--'´ヽ.  / ___ ̄ 二───-`-ヽ二\        新しい世代が、旧世代の罪を暴いで清算する……という筋書でした。
       ', (',  ヽ///.(   .) /,∠::::::::::〉 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄``ヽ--、ヘヽ、
        ',  ヽ  ゝ、  丶_,,<´,,、--''" ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ ̄``ヽ、 ,)) ``ヽ、    ヒーローを誕生させ、世界を納得させるのが最大の目的。
        | _ '、  \``/::::::イ                 ヽヽ、
        | 〉 ̄\  \::::/..|l.ヘ                Y_,,ヽ---、、_
        | |:::::::::::::\  \::ィ||. ||                  ヽ==-、、       でも当然、この計画はやらなくて済むならそれに越したことはありません。
        | \,::::::::::::::>  ヽ、∨|                〉\  ヽ,,、-''"
        ',  〈  ̄{ ̄´ヽY`ヽ、 . Y|               /ヽハヽ''´       生徒を矢面に立たせるなんて誰もしたくないからですね。
  / ̄ ̄ ̄`ヽ、ヽ ノ ヽ{     |   ヽ',ヘ      ─-=、、____/ /ハ
/ヘ、       `ヽ、 >\......|二二彡ヘヘ          `ヽ、__,,ノ /  ',

3281 みらの ◆LpmGXz0UeU :2019/11/05(火) 23:04:59 ID:05eHDwNg0

                       、
               _  ____,.|: ヽ
              /: : :ヽ:r:―:、:_:ヾ: :| ___
            イ: : : : : : ,: : : : : : : : : ヽ:、:_:_:_>   だから校長はツララに、この計画は最終手段であることを伝えます。
          /:/: : /: : /: : ィ:ノヽ: ヽ: : !:、:、
           !: : : !: :,._|:/´ __ヽ、:!: : : :!: i      十二人会議で改革の兆しが見えなければ、これを実行するしかない。
          i': : :/´ ___    ___ \!: : : :/: !
         ノイ:V ,ィcヽ    ィcヽ  |V:V: :.リ
         ノ:/: :!/ {!!!}    .{!!!,ハ /: : !: : :{
        /:/ : :ヽ` ゝ'  ,    ゝ' ノ/: : :.トヽ: :、       これをやったならばユーリは勿論、彼女に最も近い
      /: :/: : : :iヽ:、       /: : : : :}''ヽ: : ヽ
     'イ: : : ハ: : :、    r‐、  イ: : : : : :./: : :`ヽ: :ヽ      ナギトやミミ、グリードも普通の生徒で居られなくなるけどね!
      |/´ /´\: /\  `   !: : : :,イ:/ヾ:}ヽ:、r、::!
            ヽ  ヽ _ , .イ'Vi:./
               ハ   _,..ヘ
              ィ r=< ´  ,人               ええ、上記の内容をそのままツララに伝えます。
          ,. .イ<!ヘイ:::::::ハイメ、ノt>-、__
       /ニニ /ニニY >:i:Y´ヾ__>'ii「ニニニ/ニ=--、
       /ニニニ/ニ/iii/ /:::::::|  /iii/ニニニ/ニニニニニヽ



         /::::::::/  . :/ .:::::/|::::::/ヽ|:.:.:.|:. :. :. : :/'|: /|::|: : :.}: : : : : |:|
        ::::::::::′ . : l.::::::/ .|:::/l . l::::;ハ:. :. : :/l .|/u|∧: :ハ: : : :/ |  〇そもそも問題は生徒への教育方針だけじゃ収まらない
       :::::::::::i . : : : !::::/| |/ |  |:/ l.: .:.:/ l |  l ∨::::i : :/ i |
       i:::::::::::|: : : : :l::/. ,,,==、、|  |  j.: :/|  !,=,,,| . l i::::|: /::::|:.|  〇十二人会議で改革派が勝てば、その流れで学園に罪にも向き合える
       |::::::x┤:. :.:.:jl′ll、 )ll|   !.  .!:/ | . |l  ll|l |.|::::l/:::::::|::|
       l::::,′.!:::::::::八  ゙゙==''     /    .゙゙=''゙゙   j::/:::::::|八|  〇でもそれが出来なかったら校長プラン実行しかもう手が無い(機会がもうない)
___    |::人 !:::::::::::::|\     .!〜〜〜‐        |/:::::::::!
\,      .|::::::::`|::::::::::::::!       |::::::::::::::::::|         |::::::::::i|    〇プラン実行ならユーリ・ナギト・ミミ・グリードはタダじゃすまない
/      l:::/ ̄|::::::::::::::ト       |::::::::::::::::::|    __,厶-|::::::::::l「ヽ
 ̄ ̄    |/ - |::::::::::::::|  >― ┴ --‐=ニ二´ ̄  |::::::::l|-┴ 、
      イ⌒'  |::::::::::::::|               `丶.  |::::::::::l|   ハ    ツララは震えます。カゼでも引いたんじゃないかってくらいに。
           |::::::::::::::|                  \|::::::::::l|   人

3282 名無し-Red-市民-2 :2019/11/05(火) 23:05:02 ID:58CUsRhI0
ちなみにサーシェスが死んだのって何か裏があったり?

3283 みらの ◆LpmGXz0UeU :2019/11/05(火) 23:05:38 ID:05eHDwNg0

       /:/: : !: i: /|: : : :,ハ: : : :i: :ヽ
       !/: : :レ V |:/    ヽ:、:!: : :}
       'ィ: ヘイ - ― '   ヽ、_ヾ:_.:,{     まぁそもそも、グロキシニアのメンバーが英雄志望ならともかく。
       /: {: : !    ,     ` ,}:,ヘ!:、
     /: : :,!: : :! -=''   `=-/: : :!: :\    ただの普通な、優しい生徒の集まりであるなら話は別です。
    /: : :ノ:!: : : : \    '   /: : : :.!: : : :ヽ
   /,!: : :イ: :!、: : : :|`  ,_-、  '´: : :/:,!: : :ゝ:.|
    V  '´ v、: :!: :iヽ、_ _,.イ:/!:/   V´ `
           /`ヽ、_,. -、             英雄の看板を背負わせることはできないな……というのが校長の懸念。
         , ィ、_ >、/:::::ヽ 人__
      /二ニ !ムヾヽ人:::::ハメ/}i7ニ,-、        そしてそれは>>3039 で的中するわけですね。
      |ニニヽニii }ii「  .!::::! }ii{/ニ /ニ|
      |ニニニヽ ii|ii|  .!::::::! |i|ilニ/ニニ |
      !ニニニニヾi|ii|、,,,!:::::::! ,|ii|ii/ニニニリ
      )ニニニニ i||iii| !:::::::::! .|lii/ニニニ,ハ
      }ヽニニニニ|iii| |::::::::::| |ii/ニニニ//



=≦≫''´ ̄`ヽ                      ヽ
 ̄  /    _      |       |        ,
_  -=≦≫'⌒ヽ.  /´| ハ :. |:   | ::| ヽ
三三>'´    /  / __ |i/::i|::.|::|::: jl.斗-,ハ:  |   ',      ツララがグロキシニアに入部したのは、
 ̄ .::|         √ ̄`|::::メ|:::|::|:::|/:| |:/ |:::. |    i
   ::|     | ,'/|   レ' jl∧|:::::::l| |x=ミ|:::l |/.::| |      文字通り彼らを見守るためです。
  : ::|     |.:仏斗―=ミ リ |: ::リ んヘ V:/ .:::|:.
  : ::|    l: |/ / ,.  、ハ ヽ   | :::/ { {} } j/| .:::八|
  -{    .:|i 〈 { { {} }..}     l :/   v仏〃::|:::/ ノ\
 :{  ∧ / :八 ヘ.乂_ー‐夕    j/   . / |l::|/     ´ ̄ ̄`  、   どんな結末を辿るにせよ、
人 { ∨::::::::::\\  ̄ ̄         }    八|   /
:::: \   ::::::::::::::个ー             ∧:::\ /            ',   自分(とか他の創始者)の蒔いた種が原因で
:::::::::::` ー∨::::::::::::.、          /`   .イ 丶:::::\              |
::::::::::::::::::::::',:::::::::::::::\         /ノ   ',:::::::::ヽ           | ノ    彼らが苦しむかもしれないのだから……というお話。
::::::::::::::::::::::::',:::::::::::::::::::≧=-   .. _ ∠      ノ:::::::::::::::.         レ′
:::::::::::::::::::::::∧::::::::::::::::::::\           イ::::::::::::::::::::.        |
:::::::::::::::::::::/ 丶 ::::::::::::::::::::\  ‐-     <  _〉::::::::::::::::::|       |

3284 みらの ◆LpmGXz0UeU :2019/11/05(火) 23:07:41 ID:05eHDwNg0

             i:.、        >>3282 サーシェスは元気に地上で生きてたりします。
           _|: :L,. :-ァ
        ,. :':´: : : `: :':´ヽ
      r-':-: : : : : : : : : : : : \      校長関連はこんな感じですね。
     /: : : イ:´\:':´\:_: : : : :ヽ
    ,/i: : : : : : : : : : : : : :!: ヽ: : : :|      実はもっとありますけど、これで一区切り。
   /: : : : : :.,: : : 人: ヽ: : : : :|: : : \
   !: : : i: : :ハ: /  \:ヽ: : : |: : : : : :\
    ヾ: :!:ハ| V  , ---、`r-ヘレ-、: _:_:_: : ヽ
     イ:、´ ̄      |: : }, }: :r:- `ヽ:|   それではおやすみなさい。
      : :、 、___   、__,.,ィ: : : :K: :{::.ゝ
     /: :、:ヽ  ,    /:ィ: : : :|`         沢山書き込みがあって、とても嬉しかったです。
     |ハ: : /ヽ  r―, ,/: !:/ |:!ィニヽ、
      ヽ:{ /ニヽ≧..::ハ Vメ/i/ニニニヽ
       /ニニiiY }:.:|  Yニ/ニニニニ !      本当にありがとうございました。
       |ニレ/i' ,:.:.:|  !ii||ニニニニニ|
        |ニ/iii| |:.:.:|' !iii||ニニニニニ|

3285 名無し-Red-市民-2 :2019/11/05(火) 23:25:47 ID:58CUsRhI0
生きてたんかい我ぇ?!
お疲れ様でした

3286 名無し-Red-市民-2 :2019/11/06(水) 00:08:25 ID:cXXA6x.60
なんか副校長めっちゃ空回ってる感あるな
彼はどっちかって言うと校長に入れ込んでるから保守派の校長についってってるだけみたいな感じうだったし
校長が腹割って話してたら改革派に付いてくれたりしたんだろうか

3287 名無し-Red-市民-2 :2019/11/06(水) 12:34:29 ID:v5C1N4nI0
>>3278
乙 これツララ=開祖ラケル先生ってことですか?それとも共同研究者?

3288 名無し-Red-市民-2 :2019/11/06(水) 21:59:11 ID:qtPq8wgs0
お疲れ様でした
エターは残念だけど先の展開を知ることができただけでもうれしいです

3289 名無し-Red-市民-2 :2019/11/09(土) 15:03:23 ID:kyuUDGmk0
面白かったわ。お疲れさん

3290 名無し-Red-市民-2 :2019/11/09(土) 21:40:49 ID:i9G5RgGY0
お疲れさまです

3291 名無し-Red-市民-2 :2019/11/16(土) 10:24:21 ID:L8JND5bw0
お疲れさまでした

3292 名無し-Red-市民-2 :2019/11/29(金) 23:00:32 ID:2fPicFjk0
お疲れ様です。たのしい時間をありがとうでした!

3293 名無し-Red-市民-2 :2020/01/16(木) 16:47:17 ID:tEk0Dwaw0
今までお疲れ様でした

3294 名無し-Red-市民-2 :2020/02/17(月) 18:15:05 ID:5nxeRMz.0
お疲れ様です
マナの秘密を知っているわたしちゃんは何者だったんだろう


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

Paranoia Xp / Mongoose Pub

市民、幸福は義務です


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板