したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

一時投下・修正用スレッド

207 金色の彼に花束を  ◆1yqnHVqBO6 :2011/07/27(水) 02:16:48 ID:MgNh.C8k

それは内に蠢く食い破る者への恐れ。
それは殺し合いへの強い忌避感。
あの遊園地を喰らった火の海が、混沌が、
彼女の中の何かを呼び起こしたのだろう。

だがその感情はきっとまだ対処できる。
懸命に抗おうと淡く輝くそれを感じることができるから。

彼女の恐れの元は、内に蠢く者は今はいないのだから。

茨の棘が体中を傷つけても杉村は構わず
人形の少女、雛苺を抱きしめる。
爪をもって引き裂かぬよう優しく、
爪に恐れを抱かぬようそっと。

そして、牙を剥かぬ口で力強く、
牙をもたない口だからこそ穏やかに言葉を伝える。

「俺達は」

感情の奔流が杉村の心までも壊そうとする。

だが、彼の瞼には炎の中で煌めく金色が色褪せず残り。

「君の味方だ」

その言葉、水面を伝う波のように雛苺へと送り。
波紋するかのように彼女の心を震わせる。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

「君の名は。」Blu-rayスタンダード・エディション - 新海誠


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板