したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

EP6 屋上の秘密

23 名無しさん :2011/08/13(土) 18:31:34
419 :3:2007/11/11(日) 08:13:35 ID:MAeortje

「こっ、こんなの、ダメだよ。」
「・・・類なら、いいのか?」
「え・・・?」
「この間、見ちまったんだ。おまえと類がヤッてるとこ。」

つくしの目が大きく見開かれる。
その顔色は、幾分青ざめていた。
まさか見られていたとは思わなかったのだろう。

「あっ、あれは・・・」
「嫉妬した。」
「え?」
「どうしようもないくれー、嫉妬したんだ。」
「美作さん・・・」

あきらの唇がつくしの額、瞼、鼻、頬に、順番に落ちてくる。
つくしの目を見つめたあきらの瞳がゆらりと揺れる。

「愛してるんだ、牧野。」

唇が重なり合う。
あきらの指先がつくしの制服のリボンを解き、ブラウスのボタンをゆっくりと外していく。
あきらのシャツをつかむつくしの手に少しだけ力が入る。
つくしの滑らかな肌に手を滑らせると、つくしがピクリと反応する。
マダムや尻軽な女たちとの情事には慣れていても、つくしのようなタイプとはあまり経験のないあきら。
初々しいつくしの反応に、まるで初体験のときのような興奮を覚える。
首筋から鎖骨に唇を這わせ、背中に回した手でブラのホックを外す。
ブラウスとブラを取り去り、小ぶりな乳房を掌で覆う。
小さく存在を示し始めたピンク色の乳首を指先で弄ぶ。

「ふっ・・・ああ・・・」

つくしの口から女の声が漏れだし、さらにあきらを煽る。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

パイニャン - 青山裕企


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板