したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

妊婦騎士II

13名無しのごんべへ:2023/11/01(水) 23:22:29 ID:ny1tGB8Q0
エレーナはうつむきながら顔を赤らめるとお腹をさすっていた指先を
ソロモンの指先絵と絡め始めた。
ソロモンも満更ではない表情で顔を赤らめ二人とも肩をすくめもじもじし始めた。
「ほう…仲が良いのは重々理解した。
 二人の結婚、このレイナも認めよう。
 しかしエレーナの恩があるのと剣術大会はまた別の話、
 手加減なぞしないつもりだからな。」
「はい!よろしくお願いします!」
「エレーナも!私とてお前と同じ身重の身体なのだ!正々堂々戦おうぞ!」
「はい!お姉さま!!」
ソロモンとの面会が終わると皆解散し、その日の剣術訓練は終わりを迎えた。



その夜。
アルフレッドとレイナの寝室。
「二人とも…仲睦まじかったな…」
「ああ。初々しさが残る若者だったな。」
「まるで…若い頃の私たちみたいだった…」

風呂上がりの髪を梳かしながらレイナは言う。
ベッドの横たわるアルフレッドはレイナの方をじっと見つめた。
レイナはふとアルフレッドと目がった。

「なあ…アルフレッド…アイーナも寝静まった……
 あの二人のように…今夜久しぶりに愛し合わないか……」
レイナは月夜に照らされた自身のお腹をこすり回すように撫でながら言う。
「ああ…レイナ…愛してるよ……」
レイナは少しずつアルフレッドの元へ近づき
大きなお腹をアルフレッドの股間へと沈めていった。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

※画像アップローダーはこちら

(画像を表示できるのは「画像リンクのサムネイル表示」がオンの掲示板に限ります)

掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板