したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

感想掲示板

1 春都@園主 :2009/07/22(水) 13:14:37
こちらは小説、雑想の感想用です。

2 <削除> :<削除>
<削除>

3 名無しさん :2009/10/31(土) 15:58:36
ちゅうおうつえええええ!

4 春都 :2009/11/02(月) 19:25:00
ほわあぁあああああああああ!!!

とどこぞのファンのように叫んでみました。初☆感想ゲット。
まああれです、改造が途中の段階で黄飛虎と渡り合える能力ですし、昏君†無双では小説版の設定も加味しておりますが、紂王は普通にかなり強い武人として描写されていましたので、まあこの程度は。
この先も要所要所で無双させていくつもりですwww
感想ありがとうございます!

5 らんま :2010/02/26(金) 16:29:45
 初めまして、いつも楽しんで読ませてもらってます、らんまといいます。
 戦国ランス、恋姫無双、封神演義、どれも大好きなので、こちらのサイトの小説は自分のツボに入っていて、本当に嬉しい限りです!

 次回、紂王の目に曹操がどう見えるのか、首を長くして待っていますね。
 ではでは、執筆頑張って下さいね。楽しみにしています。

6 春都@園主 :2010/02/28(日) 20:30:02
いらっしゃいませ。ようこそ我が庭園へ。
感想スレに久々の書き込み……ッ! 迸る感謝……ッ! 感謝のKIWAMI!

昏君ですが、王に相応しい才覚を持ちながらも、それを全うできなかった紂王にとって、覇王として、徹底的にそうあろうとしている曹操というのは、非常に大きな存在になると思うのです。
ただ、ここからは独自の解釈というか設定なのですが、ある理由により帝辛は曹操とは相容れないのではないか、と考えております。
というか、帝辛が「そうあろう」とするために、反発するというか。

まあその辺りはおいおい語っていけたらと考えています。

そろそろ白装束の影がちらつく季節でもありますし……なんとか盛り上げて、少しでも楽しんで頂ける作品にしていきたいです。
同様の理由で、北郷一刀とは決定的に。

7 しなが :2010/12/12(日) 23:49:24
昏君無双読みました。
すごく面白かったです!
失意の紂王がもう一度気力を取り戻して立ち上がるシーンは鳥肌ものでした!

曹操とのこれからも楽しみです。
王であろうとする者とかつて王であった者という関係なのかな。
紂王のカリスマはどのくらいなんでしょうね。曹操を越えてたりするんでしょうか。
ボクシングではランキング一位とチャンピオンとではその格に隔絶した差があるとか。
とにかく、楽しみにしてます!

8 春都@園主 :2011/01/05(水) 19:40:25
ほわぁああああああああああ。
せっかく書き込んでくれた方を一ヶ月放置とか。
大変失礼をば……。

紂王の復活の辺りは、結構力入れて書きました。
これがなければそもそも始まりませんので、序盤で最も大事なシーンでした。
そこを評価していただけました事、非常に嬉しく思います。
また、曹操も三国志を語る上では欠かせない存在ですし、覇王というあり方からして、まあ紂王との絡みは欠かせないところです。
まあウチの紂王は、色々どん底を見たりして熟れてますので、視野の広さや器はエラい事になっていそうです。

なんにせよ、ただ倒し倒される、というだけにはしたくありません。色々頑張って深みのあるものにしたいところですが……まあ尽力しますとしか言えませんね、恥ずかしながら。
やれるだけの事は、やってみますので。
書き込み、ありがとうございました。

9 しなが :2011/01/11(火) 15:52:20
久しぶりに来たら更新されてて狂喜したでござるの巻。

月が原作より色んな意味で強くなって来てますね。
強くあろうとする姿は見ていて応援したくなります。

この董卓軍は原作よりも名声があるような印象でしたね。董卓軍が洛陽へ発つことに対する諸侯、民衆の反応が好きです。チヤホヤ感とでも申しましょうか、どう表現すればいいのかわかりませんが、とにかくツボでした。

ここからは洛陽での陰謀合戦ですね。
腐敗した上層部と傀儡の皇帝を紂王はどう思うのでしょうか。
謀略においては彼が活躍しそうな予感。

応援してます

「みんなの暗君っ!」
「紂王さまああぁぁぁぁぁぁぁっ!」
ほわあああぁぁぁぁぁっ!

10 春都@園主 :2011/02/02(水) 22:43:02
またちょっとおくれました。
感想ありがとうございます。

原作における月は、詠しか隣に居なかったのが問題であったのではないかなぁ、と。
過保護っぽい所あるように見えましたので、詠は。
見習うべき背中や共感できる弱さ、そこから立ち上がった強さetc...
学び取るものが増えましたので、ちょっと強くなれました。

中央におきましては、字に則った行動を取ることになります。仰聞。
聞仲を仰ぐ。
あと、まだ歳若い二人の王子がいるという点。これもさぞかし帝辛の心を刺激する事でしょう。
さぞかし張り切ってくれる事でしょう。

昏君の更新は、恐らく次々回になるかと思われます。次回更新で憑依老人朝倉編に一段落つくと思いますので。
おまたせしてしまう事になりますが、それまで何卒お待ちいただきますようお願いいたします。

11 saorin :2011/08/29(月) 20:17:59
世の中には簡単で儲かる仕事があるもんだ(・_・)。 ttp://tinyurl.k2i.me/GoeA

12 kokoro :2011/08/29(月) 20:17:59
世の中には簡単で儲かる仕事があるもんだ(;・ω・)。 ttp://tinyurl.k2i.me/GoeA

13 :2011/10/03(月) 07:56:22
そろそろ昏君無双の続きが読みたいとです……
|д・) ソォーッ…|彡サッ! |x・`)チラッ ]д・)Ξスッ |・ω・`)ノ ヤァ

14 つぇえー :2011/11/30(水) 13:56:59
戦国ランス面白かったです。
ランスが鬼畜であるというのが展開的に難しい、

しかも殺してしまうというのがとりずらいのがまたやりずらい。
正直俺tueeで魔人信長やケイブリスを殺せる様な存在以外はイレギュラーとして難しいんですよね。
ですが、この作品の弱いながらも銃大好きな主人公は好感が持ててしかも面白いです。
妹さんの行く末が悲劇的なのがほぼ確定しているのが悲しいですけど、応援しております。

15 春都@園主 :2012/01/22(日) 21:55:16
遅れに遅れた返信です……。

ランス、更新止まっていて申し訳ないです。
昏君が一段落ついたら再開しますので、今しばらくお待ちくだされば。

俺tueeeeが出来れば、まあ楽なんでしょうけど……。
ランス世界ってともすれば魔王なんぞ比べ物にならんヤツを招きかねないので、そうなれば収拾つける自信がありません。
ですので、ちょこっと改変、程度に留めるつもりです。
まあこの作品に関しては主人公のキャラクターありきではじまったので、世界を大きく動かそう、とはハナから考えていなかったりもします。

16 TASK :2012/03/31(土) 17:47:12
誤字発見

昏君†無双 第十二話
誤:そう満足げに頷く丁原の表情に、欲の色がある事を丁原は見逃さない。
正:そう満足げに頷く丁原の表情に、欲の色がある事を帝辛は見逃さない。

17 名無しさん :2012/08/11(土) 02:31:52
いつも止流うずさんのページから枯山水に来ていましたのでつながらなくなった
時は消えてしまったのかと思ってしまいました。またこれてよかったです。

18 春都@園主 :2012/08/21(火) 04:29:49
>16

指摘ありがとうございます。修正しました。


>17

あ〜……そういえば……。
リンク関係も修正かけませんとね。ご迷惑をお掛けして申し訳ありません。

19 ななわりさんぶ :2012/11/01(木) 07:27:44
昏君無双拝読いたしました。
詠のイケメンっぷりがサバサバ系仕事出来るお姉さん過ぎて何この子お尻叩きたい。
絶対パンツスーツ似合うよという彼女のカッコよさを「多忙である」という状況説明だけで演出してしまうとは。
その表現力に脱帽致します。「脚光浴びているのに日陰者の気分」というセリフもセンス抜群。
私的にはとにかく、詠に見事にハートを打ち抜かれた最新話となりました。
お引っ越し、お疲れ様でございました。
そろそろ冬競馬も本格化やでえという事で、御園主が育てられたお馬さん達が頑張るのを液晶テレビの前で心待ちにさせて頂きまする。

ps,
今年春夏にかけて御園主を蝕んだ資格試験。私もタイムリーでその毒に晒されております。
法律ゥ? 知るかそんなものより空手の全国だ! などと言う訳にはいかない府中の直線。
試練です。

20 春都@園主 :2012/11/01(木) 22:11:46
>19

感想どうもです。
数多い恋姫ヒロインの中でも、詠は私的ランキングにおいて一二を争うキャラです。
あれ、でもその割に原作では影薄くね? 史実では優等生にも程がある実績残してますけど。
そんな思いが滲みでたのかもしれません。つーか月があれだから映画キレッキレじゃないと回らないと思うんですよね。華雄はアレだし、霞も武官肌だし。
なのでちょっと補正かかってます。
んで、帝辛の存在があるのでちょっと余裕あります。でも私の月がぐぬぬ、とかちょっと思ってもいます。
乙女心は難しいらしいですよ?

とはいえ。
多忙極まりない、というところからそこまで導き出せる読者力に拙者脱帽。
ぐぬぬ、これは書き手の怠慢ではあるまいか。
どこかの李通万億の描写とかに戦慄してやべーこれやべーとか思う暇があったら精進しろっちゅーなのです。




ほんのちょっとだけ跨った事のある、赤いセシリーちゃんが新馬勝ちしてくれて嬉しかったり。
まあ……それも今は昔。実は職を辞しまして、来年秋の再就職予定目指して勉強しつつ小説書いてます。
それにしてもデムーロマジ紳士。松永幹夫は規則の中で最大限に。デムーロは自らのできる最大限を行ったわけですねー。どっちもジェントル。
試験、ブロードアピールばりの追い込みで差しきり勝ちが決まる事を祈っております。

21 TASK :2012/11/20(火) 14:40:41
誤字発見

昏君†無双 第二十六話
誤:董卓一派の軍事力を静止できる形
正:董卓一派の軍事力を制止できる形

22 さすらいの陰陽師 :2013/02/07(木) 03:40:13
憑依老人の5話まで読んでみました。
なんというか、ゲームを基にした小説ってムズイな、と。
自分でも書いてみて分かったんですけど、書き手の頭の中ではゲーム
してるような感覚で書いてるわけです。だから書いてると面白い。
しかし、読み返してみるとイマイチなんですね。

他人がゲームをしている所を横で見ていて面白いか、という話に近いと思うんです。
憑依老人を読むと文章や台詞回しは上手だと思うんですけど、面白さというところで
正直ちょっとわからない。

今度自分が書くときに、ゲームであることを頭から切り離して書いてみようと思います。
憑依老人はまだ途中なんですけど、ちゃんと読みますんで。
今、人妖小噺見てみたんですけど、やっぱり書き方違いますね。自分もそうなります。

すいません、なんかあまり良いこと書いてないですね。
でも、十分面白いし、上手だと思います。また読んだら感想書きますね。

23 春都@園主 :2013/02/14(木) 10:44:43
感想ありがとうございまず。

>21
誤字指摘ありがとうございます。返信遅れまして申し訳ございませんでした。

>22
面白さ。そうなんですよね……。自分でもなんか物足りないとは思うけれど……突き詰めていたら何時まで経っても。
だからある意味では妥協ですが、許容出来る範囲でできるだけ高め、その上で更新、となります。
振り返ればあれやこれやと思い至るんですが……まあきりがありませんし。
特にゲームが原作だと、書いてる本人はその場面なりのグラフィックを思い出して補完できますが、読み手はそうは行きません。伝えなければならない。
難しいものです、本当に。
いや、精進するしかありませんね。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

装甲騎兵ボトムズ ウドのコーヒー マグカップ - コスパ(COSPA)

むせる

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板