したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |
レス数が1スレッドの最大レス数(1000件)を超えています。残念ながら投稿することができません。

☆魔法少女リリカルなのは総合エロ小説_第114話☆

485 闇と時と本の旅人 ◆UKXyqFnokA :2012/09/08(土) 21:11:51 ID:gtBsnxKU
 グレアムにとっての問題は、どのようにしてはやてに気取られずに蒐集を行うか、ないしははやてに蒐集を決断させるか、である。
 はやての性格からして、対象者に多少なりとも苦痛を与えるリンカーコア蒐集を、守護騎士から説明を受けてもそれを許諾はしないであろうことはグレアムにはすぐ想像できた。
 主の命令であれば、守護騎士はそれを第一に従い、主の命が尽きるまで待機を続けるだろう。
 またはそれ以前に、闇の書自身が独自に蒐集可能と判断すれば、みずから主の命令よりも優先度の高い蒐集指令を守護騎士へ送ることが考えられる。
 そのような状況へどうやって持っていくかということだ。
 おそらく守護騎士たちには、はやての足の麻痺の原因が闇の書の負荷によるものとはわからないだろう。
 八神はやてに、闇の書の主にコンタクトをとる任務──もっとも適任なのはアインスだろうが、彼女とて、もはや守護騎士たちに仲間と識別されないかもしれない。
 もはや闇の書のシステムから切り離されて長く過ごしすぎ、裏切りの騎士とさえ詰られるかもしれない。

 それでも、アインスとしては、なんとしても闇の書を取り戻さなくてはならない。
 このまま人間として生きていくことが、この先もできるのかどうかはわからない。だからこそクロノにクライドに、惹かれていたのかもしれない。せめて男を愛して、快楽を求めたい。
 それはきっと悲しい愛だ。





 昼過ぎになり、昼食のためにいったん海から上がって、子供たちはログハウスのテラスに集まった。
 今日のランチはグレアムが厨房に立ち、腕を揮っている。
 揚げたてのポテトフライとベーコンサンドイッチを、アルフとロッテは競うようにぱくついている。
 長生きしてもやんちゃが抜けない妹に苦笑しながら、アリアはフェイトとエイミィにサラダを配っている。

「おらクロスケー、お父様が用意してくれたビールだぞ、のめのめー」

「わぷっ、ろ、ロッテ!だめだって、アルコールは!」

 早くも酒が回り威勢よく勧めはじめるロッテを、いつものことのように皆は笑っている。
 クロノもロッテに振り回されるのは何度か経験しているので、本来ならかなり年上の師匠で階級的にも上のロッテに、親戚のようにくだけて接している。

 執務官として、常に気勢を張っていた普段のクロノからは考えられないような、子供らしい笑顔が見えているのを、フェイトはある種の羨望と安心感を持って見ていた。

 プロジェクトFの産物である自分の境遇は、確かに理解はしている。それを救ってくれたクロノに感謝している。
 しかし、クロノもまた、14歳という年齢でこれほどの厳しい仕事に就いていた。それはフェイトにとっても驚きであったし、執務官の仕事に就くために、どれほどの時間と生活を費やしてきたのかは想像を絶した。
 もし、普通の子供の幸せをといわれてもフェイトは納得できないだろう。それを言うならクロノはどうだということになる。ユーノもまた、わずか9歳で独立し、仕事を任され、立派に働いている。
 そういった、ある意味では色眼鏡ともいえる偏った価値観を抜きに接してくれたクロノはフェイトにとってかけがえのない人間であった。
 クロノと、一緒になれたらうれしいと思った。
 クロノには、周囲にはほかの家族や同僚、友人がいて、中には、好意を寄せている女もいる。
 そんな彼女たちの中に、自分も入れたらいいと思った。
 クロノの、恋人、というのか、それとも、新しい家族、になるか。
 エイミィに見せているような笑顔を、自分にも見せてほしい。二人きりでなくても、みんなで楽しく過ごしたい。
 フェイトは、それが自分の幸せになれると思い始めていた。

 再び浜辺で遊び、アルフとロッテはダイビングをするといって沖合へ行った。
 フェイトはアインスと一緒に波打ち際で水につかっており、エイミィはこの隙にクロノを連れて行けると考えた。

「クロノくん、楽しそうでよかったよ」

「ああ。提督に感謝しないとな」

「グレアム提督に?」

「今日のは提督が提案したんだ。これからまたしばらく忙しくなりそうだし、休暇を楽しもうってことになってね」

「なにかあるの?」

 言いかけて、エイミィはクロノがこんなふうに言うのは口癖だった、と思い返していた。
 どんな小さな案件でもクロノはけして手を抜かない。全力で解決にあたる。それが管理局員としてあるべき姿勢だと考えている。




■ したらば のおすすめアイテム ■

レッドブルエナジードリンク 250ml×24本 - レッドブル・ジャパン

フルチャージ!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板