したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |
レス数が1スレッドの最大レス数(1000件)を超えています。残念ながら投稿することができません。

☆魔法少女リリカルなのは総合エロ小説_第101話☆

980 雷刃がいる風景 :2010/01/27(水) 23:05:50 ID:tMVltBtg
海鳴市上空
少女を倒したなのはは最後の反応のあったこの地に自ら志願しこの場にいた相手と戦った

肩で大きく揺らし息を整えるなのはの前には消えかけているなのはに似た少女がいる

「ああ……私は消えるのですね。」

「うん……ごめんね。」

なのはの言葉に少女――後にマテリアルSと呼ばれる事が判明する―は穏やかに答える

「なに、強い戦士と戦って破れたのです。生まれた甲斐はありましたとも。」

「うん……ありがとう。」

マテリアルはなのはをまっすぐに見る

「もし、次に見える事があれば、今度はきっと決して砕け得ぬ力をこの手にして、あなたと戦いたいと思います。」

「ん……待ってる、とは言えないけど。」

「次に私と戦うまで、あなたの道が、勝利に彩られますように。」

目を閉じマテリアルは告げる

「それでは……さらばです。」

加速する消滅

「ああそれと……」

「えっ?」

「彼女を宜しくお願いします。根は良い子なので末永く頼みます。」

軽く頭を下げマテリアルは消えていった

「なんだか不思議な子だったな。」

そう呟いたなのは
エイミィやリンディ、クロノのやり取り、遠くからこちらに向かってくるフェイトを見てふとなのはは思った

(あの子を頼みますって……あの子って誰だろう?)

そんな事を思いながらなのははフェイトと共に自宅へと帰って行く




■ したらば のおすすめアイテム ■

装甲騎兵ボトムズ ウドのコーヒー マグカップ - コスパ(COSPA)

むせる

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板