したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |
レス数が1スレッドの最大レス数(1000件)を超えています。残念ながら投稿することができません。

☆魔法少女リリカルなのは総合エロ小説_第101話☆

1 名無しさん@魔法少女 :2009/11/24(火) 05:30:44 ID:sxkgTGY6
魔法少女、続いてます。

 ここは、 魔法少女リリカルなのはシリーズ のエロパロスレ避難所の5スレ目です。


『ローカル ルール』
1.リリカルあぷろだ等、他所でのネタを持ち込まないようにしましょう。
2.エロは無くても大丈夫です。
3.特殊な嗜好の作品(18禁を含む)は投稿前に必ず確認又は注意書きをお願いします。
  あと可能な限り、カップリングについても投稿前に注意書きをお願いします。
【補記】
1.また、以下の事柄を含む作品の場合も、注意書きまたは事前の相談をした方が無難です。
  ・オリキャラ
  ・原作の設定の改変
2.以下の事柄を含む作品の場合は、特に注意書きを絶対忘れないようにお願いします。
  ・凌辱あるいは鬱エンド(過去に殺人予告があったそうです)

『マナー』
【書き手】
1.割込み等を予防するためにも投稿前のリロードをオススメします。
  投稿前に注意書きも兼ねて、これから投下する旨を予告すると安全です。
2.スレッドに書き込みを行いながらSSを執筆するのはやめましょう。
  SSはワードやメモ帳などできちんと書きあげてから投下してください。
3.名前欄にタイトルまたはハンドルネームを入れましょう。
4.投下終了時に「続く」「ここまでです」などの一言を入れたり、あとがきを入れるか、
   「1/10」「2/10」……「10/10」といった風に全体の投下レス数がわかるような配慮をお願いします。

【読み手 & 全員】
1.書き手側には創作する自由・書きこむ自由があるのと同様に、
  読み手側には読む自由・読まない自由があります。
  読みたくないと感じた場合は、迷わず「読まない自由」を選ぶ事が出来ます。
  書き手側・読み手側は双方の意思を尊重するよう心がけて下さい。
2.粗暴あるいは慇懃無礼な文体のレス、感情的・挑発的なレスは慎みましょう。
3.カプ・シチュ等の希望を出すのは構いませんが、度をわきまえましょう。
  頻度や書き方によっては「乞食」として嫌われます。
4.書き手が作品投下途中に、読み手が割り込んでコメントする事が多発しています。
  読み手もコメントする前に必ずリロードして確認しましょう。

『注意情報・臨時』(暫定)
 書き込みが反映されないトラブルが発生しています。
 特に、1行目改行、且つ22行以上の長文は、エラー表示無しで異次元に消えることがあるそうです。
 投下時はなるべく1レスごとにリロードし、ちゃんと書き込めているかどうか確認をしましょう。

前スレ
☆魔法少女リリカルなのは総合エロ小説第100話
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12448/1249470848/

2 名無しさん@魔法少女 :2009/11/24(火) 05:33:06 ID:sxkgTGY6
【本スレ@エロパロ板】
 ☆魔法少女リリカルなのは総合エロ小説_第97話☆
 http://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1237292660/l50

【エロパロ板全体の避難所】
 エロパロ避難所
 http://jbbs.livedoor.jp/movie/2964/

【クロスものはこちらに】
 リリカルなのはクロスSS倉庫
 ttp://www38.atwiki.jp/nanohass/
 (ここからクロススレの現行スレッドに飛べます)

【書き手さん向け:マナー】
 読みやすいSSを書くために
 ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/5301/1126975768/

【参考資料】
 ・Nanoha Wiki
  ttp://nanoha.julynet.jp/
  (用語集・人物・魔法・時系列考察などさまざまな情報有)
 ・R&R
  ttp://asagi-s.sakura.ne.jp/data_strikers.html
  ttp://asagi-s.sakura.ne.jp/date_SSX.html
  (キャラの一人称・他人への呼び方がまとめられてます)

☆魔法少女リリカルなのはエロ小説☆スレの保管庫
 ttp://red.ribbon.to/~lyrical/nanoha/index.html  (旧)
 ttp://wiki.livedoor.jp/raisingheartexcelion/   (wiki)

3 名無しさん@魔法少女 :2009/11/24(火) 05:34:01 ID:sxkgTGY6
したらばでの投下関連メモ

【エロパロ板】(参考)
容量が500kbを超えるか、書き込みが1000レスを超えると1スレッド終了

【避難所】
容量は関係なし。レス数1000を超えると1スレッド終了(現時点での設定)
管理人によるピンポイント規制可
・投稿間隔 30秒
・本文の最大行数 200行
・一回の投稿本文の最大文字数 4096文字

4 名無しさん@魔法少女 :2009/11/24(火) 05:34:38 ID:sxkgTGY6
■Jane Doe Styleからしたらばを見る方法。
板一覧のカテゴリの右クリックメニューから「新規カテゴリを追加」して、
新しくできたカテゴリに「ここに板を追加」でおk。

■ギコナビでのしたらばの見方
「表示」→「キャビネット」→「したらばJBBS」→「同人・コミケ・二次創作」
※入れ替わりが激しいので全ての板が登録されているわけじゃない。つまり、そのままではこの板は見れない。
◎この板の追加の仕方
「ヘルプ」→「ギコナビフォルダを開く」→「config」→「Board」→「したらばJBBS.txt」の順に開く。
カテゴリ[同人・コミケ・二次創作]の一番下に
好きな名前(「なのはエロパロ避難所」とか)=http://jbbs.livedoor.jp/otaku/12448/  
を入力して上書き保存。一端ギコを閉じて、再起動。
このスレが「したらばJBBS」内に出現するはず。あとはお気に入りに登録するなり何なり。

6 名無しさん@魔法少女 :2009/11/28(土) 08:57:11 ID:fOtCjQvU
カウントと実際のレス番号があわない不思議。

7 名無しさん@魔法少女 :2009/11/28(土) 10:20:53 ID:P8AGaHBQ
管理人さんが仕事してくれてる証拠さ

8 名無しさん@魔法少女 :2009/11/29(日) 15:40:48 ID:vBi6lviw
なんだか一気に書き込み減った?
まぁ冬コミ前だしみんななにかしらの原稿してんのかもな

9 44-256 :2009/11/29(日) 23:13:44 ID:bdg6GnNA
・非エロです
・戦闘もありません。
・前13レスの短編です。
・時系列はStS終了直後(前)〜回想・小4(中)〜StS終了直後(後)です。
・主演女優はなのはさん、助演男優はユーノです。

10 なのはとユーノとバスケット(1/13) :2009/11/29(日) 23:14:34 ID:bdg6GnNA
いつも通り、無限書庫でなのはの帰りを待つヴィヴィオ。


「それではこちらの解析結果を海上警備部へ転送しておきます」
「いや〜、さすが司書長だよな」
「ああ。緊急とはいえ本局の要望調査を3日で片付けちまうんだから・・・」
「普通なら1ヶ月はかかっるものだったのに」
「でも、これで今晩は本局も無理難題言ってこないだろ」


そんなことを話す司書たちに挨拶をしながら司書長室のドアを開ける。
「ユーノく〜ん!」

いつもなら『やぁ、ヴィヴィオ』と何10冊も宙に浮いている魔導書、もしくはたくさんの司書たちに囲まれながら
穏やかな笑顔で答えてくれるはずだが


返事が無い。


「あれ?おかしいな〜?」
しかし、先ほど通り過ぎた司書のひと達は、ユーノと先ほどまでここで話をしているようだった。

ヴィヴィオが司書室を見回していると
「すぅ・・・」


どこからともなく声が聞こえる。
「?」

するとヴィヴィオは机に置いてあるバスケットに気が付いた。
声はそこから聞こえてきた。


ヴィヴィオがかけよると、一匹の小さなフェレットがバスケットの中で身体を丸めて眠っていた。
大きなシッポで身体をうまく包んでいる。

11 なのはとユーノとバスケット(2/13) :2009/11/29(日) 23:15:19 ID:bdg6GnNA
「う・・・ん・・・すぅ・・・」
バスケットの中のフェレットが聞き覚えのある声で寝言を発した。


「ユーノ・・・くん?」


以前、なのはから昔の写真を見せてもらったのをヴィヴィオは思い出した。
その時になのはの肩にのっかっていたフェレット。他の写真でも1人と1匹は常に側にいた。


それがユーノだと教えてもらったときヴィヴィオは少し驚いた。
ユーノの一族は体力や魔力が疲弊したときに、フェレットになってしまうとなのははヴィヴィオに説明した。


ヴィヴィオはバスケットの中を覗き込んでじっと見つめたが。
ユーノの眠りはかなり深いようで、静かな寝息を立ててピクリともしない。


よほどバスケットの寝心地が気持ちいいのだろうか。
でもよくよく見てみればバスケットは、年季が入っているというか、ボロいというか、かなりくたびれている気がした。

ヴィヴィオがユーノのバスケットを見ていると。


「(ヴィヴィオ)」

念話とはいえ突然呼びかけられ、ヴィヴィオは少し驚いた。
振り返るとなのはが司書長室のドアの前に立っていた。



「なのはママ!?」
「(静かに、ユーノくん寝てるから念話でね)」

そう言って、なのはは“しーっ”と口元に人差し指を当てた。

12 なのはとユーノとバスケット(3/13) :2009/11/29(日) 23:16:14 ID:bdg6GnNA
「(・・・うん。わかった〜)」

いつもならすごく嬉しくて、パタパタ走りながら一気にかけよっていくのだが
今回は静かにテクテク歩いていき、なのはとハグをした。


「(おかえりママ!今日はお迎え早いね)」
「(ただいまヴィヴィオ。本局で会議があったから)」




なのはとヴィヴィオはユーノのバスケットへ近づいた。
「(ユーノくん、寝てるね)」

ヴィヴィオはなのはに話す。
「(うん、さっきまで大変な仕事をしてたって司書さんたちが言ってたんだよ〜)」

「(そうなんだ・・・ユーノくんあまり無理しないといいけど)」
なのはは心配そうな顔になり、ユーノを気づかった。


「(ママ・・・)」
「(どうしたの?)」

「(ユーノくんって、ベッドで寝ないの?)」
「(そうだね。普段は私達と同じ。でも本当に疲れたときはこういう風にフェレットになってバスケットの中で寝るんだって)」


「(う〜ん、バスケットよりふかふかのベッドとかお布団の方が良いと思うんだけどな〜)」


ヴィヴィオの言葉になのはは何かを思い出すかのように言った。
「(うん、私も以前、ユーノくんにすすめたことあったっけ・・・)」

13 なのはとユーノとバスケット(4/13) :2009/11/29(日) 23:16:54 ID:bdg6GnNA
闇の書事件のあと、ユーノは自分の正体を高町家に話した。

そしてなのはの魔法練習やたまの休暇を高町家ですごす様になって数ヶ月がすぎた後・・・季節は春。


「僕にですか?」
「そうよ♪」

なのはの部屋。なのははフェイトに国語で出された俳句の宿題を教えて、ユーノはその横で分厚い
聖王教会の古文書を読んでいる。そんないつもの日曜日の朝であった。



驚くユーノに桃子は笑顔で答えた。
「いつもバスケットでユーノくんには窮屈な思いをさせてるじゃない?だからユーノくんがいつでも休める
ようにと思って」


ユーノは恐縮した。
「そ、そんな。そこまでしてもらわなくても・・・」
「そんな事はないわよ。それにユーノくん忙しいのに、休みも少ないのに、なのはのために訪ねてきてくれるのはすごく
感謝してるの。いつでも我が家だと思ってもらってかまわないのよ」


「そ・・・そうですか」
それでもためらうユーノになのはとフェイトは言った。


「ユーノ、せっかくだし。桃子さんの好意に甘えたらどうかな?」
「フェイト?」
魔法戦や事件以外では普段、控えめな彼女が、ユーノにアドバイスを送る。

「私もそう思うの。ずっとユーノくんには苦労させてるし」
そう言って、なのははバスケットを見つめた。

14 なのはとユーノとバスケット(5/13) :2009/11/29(日) 23:17:38 ID:bdg6GnNA
家の物置から手ごろなバスケットを見つけ、それから自分が使っていた枕の綿をつめ直して裁縫し、ブランケットの切れ端
をかけただけの簡素なものであった。


あの日、槙原先生から預かり家族会議で「当分預かるだけ」という了解をもらってから、なのはは手近なものしか用意でき
なかったのだ。


ボロボロに傷ついて、異世界の身体も魔力もスクライアの一族には不安定な海鳴市で、ユーノにこのような場所しか提供でき
ない事になのはは申し訳なさを感じていた。


そのため、昨日の夜、桃子と士郎に提案したのだ。


「ねえ、もしユーノくんが良かったら昼から見に行かない?」
そうして桃子は手に持っていたチラシを見せる。



海鳴市主催の物産展の知らせだ。市の高台にある風芽丘市民ホールで昨日から行われてるらしい。
日時と場所の下には家具・寝具・調度品が数点写真つきで紹介されていた。


「行こうよユーノくん!」
なのははすごく嬉しそうだ。


「うん、まあ、なのはが言うのなら・・・」
しかし当のユーノはバスケットを見て、少し考え込んでいるようだった。

15 なのはとユーノとバスケット(6/13) :2009/11/29(日) 23:18:27 ID:bdg6GnNA
家から近いこともあり、風芽丘市民ホールまでは徒歩で向かった。

「いい天気で気持ちいいね、フェイトちゃん」
「そうだね、なのは」

「フェイトちゃん、ごめんなさいね。せっかくなのはと勉強していたのに」
「大丈夫です。宿題は午前中のうちに終えることができましたから」
「そう、それは良かった」


そう言って親娘の会話に移ったのを機に、フェイトはユーノに話した。
「思い出すな、冬のこと」
「えっ!?」

「お母さんから携帯を買ってもらったときのこと。普段の連絡は念話でも十分だったんだけどあの時に『みんなと繋がっている』
そういうものができた気がして、お母さんやお兄ちゃんとの仲が深まった気がしたんだ・・・」


ジュエルシードの暴走によりアリシアの記憶にある時の庭園も、プレシアもアリシアも全て虚数空間に飲み込まれてしまった。
フェイトはそれ以降、アルフと共に帰るべき場所と大切な家族を失っていた。

しかしリンディやクロノ、アルフとの日々の積み重ねにより家族のつながりを新たに得ることができた。


「フェイト・・・そうだったんだ」
「うん、だから私もすごく嬉しいんだ。こうやってユーノが高町家のみんなと仲良くなっていくのが」
そう言ってフェイトは笑った。


「ボソッ・・・(でも、本当にユーノうらやましいな。なのはと同じ部屋にいられるだけでも・・・私もなのはと一緒に・・・)」
「?」

「い、いや何でもないよ!」
普段、クールビューティーな執務官補佐はあわてて、目の前でバタバタ両手を振った。

16 なのはとユーノとバスケット(7/13) :2009/11/29(日) 23:19:30 ID:bdg6GnNA
「ふぇぇぇ〜〜すごい人だね。ユーノくん、フェイトちゃん」


快晴であったためか、風芽丘市民ホールはかなりの賑わいを見せていた。


当初、桃子、なのは、フェイト、ユーノの4人全員で行動していたのが
桃子は入り口横に展示されたあったキッチン、調理施設コーナーに釘付けになってしまった。


日ごろから、仕事(喫茶店の切り盛り)と趣味(菓子作り)に余念がない母親である。
しかも今日はたまの休みということもあり、3人は桃子を気づかい、集合時間と場所を決めて別行動をとることにしたのだ。
「それじゃあ選んだら教えてね!」


「ねえ、見て見てこれかわいい〜!!」
なのははピンク色に刺繍がほどこされたお姫様ベッドを見てはしゃいだ。

「もう、なのは。ユーノは男の子なんだから。そういうものは・・・」


「ならこれは?」
そう言って、なのはは奥の白いベッドへと駆け寄っていった。


「!!!!!」


なのはが選んだものそれは新婚、新生活者向けのインテリアコーナーに置かれたダブルベッドであった。
しかもご丁寧に『最高の蜜月をあなたに・・・』というキャッチフレーズまでつけられている。


ユーノとフェイトはそれを見て赤面する。

恋愛や男女の営みに関してはS級ロストロギア並に朴念仁な、なのははダブルベッドの主な目的を全く理解していないようだった。
「こんなに大きいと一緒に寝られるね!」
などと無邪気に笑った。


なのはの〝一緒に寝られる発言”はユーノとフェイトに大きな衝撃をもたらした。

17 なのはとユーノとバスケット(8/13) :2009/11/29(日) 23:20:33 ID:bdg6GnNA
なのはは、スタッフから許可をもらってベットの上にあがって寝心地を確かめる。

「すごく大きくて、ほらっスプリングも抜群によくてって・・・あれフェイトちゃん?ユーノくん?」
赤面するユーノとフェイトになのはは首をかしげる。


「い、いやなのはそれは・・・」
「これがどうかしたの?」


「(ダ、ダブルベッド・・・でもこれなら・・・)」

(以下フェイトの甘〜い妄想の一部である)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−

フェ『なのは、仕事お疲れ様』
なの『う〜ん、フェイトちゃん疲れたの〜』
フェ『それなら私のベッド使って。ダブルベッドだし』
なの『ありがとう〜』
フェ『(わざとらしく)ああ、私も疲れてきたな。なのは、側に寝ていい?ウフフ、よけなくてもいいよ。ダブルベッドだし・・・』
そうしてフェイトはなのはに手を伸ばし▲◎*〒℡・・・・
−−−−−−−−−−−−−−−−−−


フェイトは近くで感じるなのはとの蜜月な時を妄想し、赤面して恥ずかしがっていた顔が崩れる。


「あ、あのさ!な、なのは!向こうにいいのがあるから、行こう!!」
「はにゃにゃ!?」

そしてユーノはこの場にいることにいたたまれなくなり、なのはの手を引いて新婚コーナーを全速力で後にした。


「すみません!!これ、私が給料もっともらえるようになるまで予約できますか!?」
「お、お嬢さん!?」

狼狽するスタッフにフェイトは並々ならぬ熱視線を注いでいた。


*9年後にフェイトのなのはに対するその思いは成就することになる・・・

18 なのはとユーノとバスケット(9/13) :2009/11/29(日) 23:21:32 ID:bdg6GnNA
ユーノはロビーにある椅子に腰掛けた。
「ふぅ〜」
「はい、ユーノくん」


なのはは自販機で買ってきたコーヒーを差し出す。


「何か疲れちゃったね、人も多くて」
「フェイトちゃんとも離れ離れになっちゃったし」
「そうだね」


そうしてなのははユーノの側に腰掛けて自分もジュースを飲んだ。
コーヒーを少し飲み終えてユーノは言った。

「あのさ、なのは」
「うん?」

「やっぱ考えたんだけどさ、僕はやっぱ寝具はいいかなって思うんだ」
「えっ!?」
なのはは驚いた。

「なのはと桃子さんには本当に悪いと思ってるんだけど」
「で、でもせっかくの機会だし。ユーノくんにいつまでもあんなバスケットだと!」


「別に遠慮いているわけじゃないんだ。本当だよ」

孤独に旅を続け、異世界の馴染まない魔力と消耗していく体力。
ジュエルシードにより暴走した魔獣に襲われボロボロになって倒れていた自分。


それを救ってくれたのがなのはであった。


「こんなものでごめんね、おやすみ・・・」
動物病院の前でジュエルシードを初めて回収したその日の夜。

なのはがそう言って申し訳なさそうに言って作ってくれたバスケットに丸くなって傷ついた身体を休ませる。
バスケットはなのはが言ったように手早くつくろった、簡易なものであったが。


なのはは電気が消えても、その日はユーノが完全に寝入るまでそばで見守っていた。

19 なのはとユーノとバスケット(10/13) :2009/11/29(日) 23:22:34 ID:bdg6GnNA
なのはの匂い、なのはの側にいる・・・

何て、あたたかいのだろうか・・・

何て、落ち着ける場所なのだろうか・・・


その日、1匹のフェレットは自分でも知らず知らずの内にバスケットの中で涙を流した。
流浪と孤独の中に生きてきたものが知った安息の場所であった。




「僕にはあのバスケットが、なのはや高町家のみんなとの絆を感じられる。元気にしてくれるんだ。だからずっと、ずっと
あのバスケットを使い続けたい。だから、あんなものなんて言わないで、言わなくいいんだ」



「ユーノ・・・くん・・・」


そう言うとなのは泣いた。
「な、なのは!?」
「ありがとう。そんなに大切に思ってくれて・・・」


「なのは・・・」

なのはは手で自分の涙をぬぐうとユーノにいつもの笑顔を向けた。
「それじゃあ、お母さんのところに戻ろう。途中でフェイトちゃんも見つけて」
「うん、ちゃんと僕の正直な気持ちを伝えるよ」


そう言って2人はフェイトがいると思われるダブルベッド・コーナーへと向かっていった。
二人、側に寄り添いながら。

20 なのはとユーノとバスケット(11/13) :2009/11/29(日) 23:24:23 ID:bdg6GnNA
「(ふ〜ん・・・それでユーノくん古いバスケットを使ってるんだね)」
「(あれからユーノくんも無限書庫の仕事が忙しくなって、私も海鳴の実家に帰る機会が少なくなってからユーノくんバスケットを
この部屋に持ち込んで、本当に疲れたときは、ここで休むんだって。そう言ってた・・・)」


「(ユーノくんにとって本当にママのバスケットが大好きなんだね)」
「(そう思ってくれてるとママ嬉しいかな。あれから何度か綿を詰めなおしたり、クッションのほころびをつくり直したり
してるんだよ)」


「(ずっと使ってるって本当にすご〜い!)」

ヴィヴィオがますます興味をもってバスケットをよくよく見てみると、確かにバスケットの薄緑色のクッションにはつくろい
直した跡や当て布をした箇所が見られた。バスケット自身もボンドや釘で補強したあとが見られる。


なのはもそんなバスケットを見て
「(あっ・・・)」
「(どうしたのママ?)」

「(ほころびを見つけちゃった)」
そうしてクッションの四隅を指差した、確かに糸がすこしほつれてしまって綿がはみ出していた。


「(また、直さなくちゃね)」
「(それじゃあ、私も手伝っていい?)」


「(ヴィヴィオも手伝ってくれるの?うん、いいよ。すごく嬉しい)」
「(やったー!!)」

21 なのはとユーノとバスケット(12/13) :2009/11/29(日) 23:26:04 ID:bdg6GnNA
「キュー、う・・・ん・・・ふわぁ〜・・・」

ヴィヴィオが喜んでいると、ユーノが大きくあくびをして起き上がった。
最初は寝ぼけているのかぼーっとしていたが、なのはとヴィヴィオに見つめられているとわかると驚きのけぞった。

「わわっ!?なのは、ヴィヴィオ!いたの?」


「くすくす・・・おはようユーノくん」
「おはよー!!」

ユーノは何とか自分の役割を即座に思い出しなのはに謝った。
「ご、ごめん。ヴィヴィオの子守できなくて」


「も〜う、ヴィヴィオは大丈夫。子守は失礼だよ」
そう言ってヴィヴィオは頬をふくらませた。

「ユーノくんがあまりにも気持ち良さそうだったからずっと見てた」
「な、何だか恥ずかしいな・・・こういう風にフェレット姿でなのはに見られるのって、ずいぶん久しぶりな気がするから」


そう言ってユーノは魔力光に包まれ、人間へと姿を戻す。

「ユーノくん、この後暇かな」
「どうしたの?」


「あのさ、もし良かったら、ヴィヴィオと私とで夕食でもどうかと思って・・・」
「うん、仕事もさっき一段落ついたし大丈夫。是非!」
なのはの誘いにユーノは快諾した。


「ユーノくんとご飯?やった〜!」
そう言ってヴィヴィオははしゃぐ。

22 なのはとユーノとバスケット(12/13) :2009/11/29(日) 23:26:51 ID:bdg6GnNA
「それじゃあ、このバスケットも持って行っていいかな?」
そう言ってなのははバスケットを持ち上げた。
「バスケットを?」

なのははクッションのほころびを指差した。


「また、つくろい直さないとね・・・」
「そうか・・・」


そう言ってなのはとユーノはバスケットを見る。
ほんのひと時であったが、二人には長い間の絆を確かめるように、バスケットを見つめた。





そうしてなのはとユーノとヴィヴィオは司書長室を後にした。



−なのは、いつも本当にありがとう・・・そしてこれからもよろしく−
−ユーノくんこちらこそ・・・そしてこれからもよろしく−

23 44-256 :2009/11/29(日) 23:28:39 ID:bdg6GnNA
以上となります。

それでは失礼します。

ここで活躍している職人の皆さんも、年末色々お忙しいと思いますが
作品を楽しみにしてます。


*作品投下前の注意書きで
前13レスと記しましたが全13レスの間違いです。
大変失礼しました。

24 名無しさん@魔法少女 :2009/11/30(月) 01:15:40 ID:kqFAE9zY
お疲れ様です。
・・・この気持ちはなんだろう、甘酸っぱさ?何と表現していいのか分からないw
この距離感がまた・・・非常に良い。
GJ!

25 名無しさん@魔法少女 :2009/11/30(月) 04:19:55 ID:Rhbv1uNE
くっつくわけでもなく、イチャつくわけでもなく……いい感じに公式の距離感だなあ。見事
GJ!

26 名無しさん@魔法少女 :2009/11/30(月) 06:25:36 ID:5a0Car.A
そういえば六課のなのはの部屋にユーノが使ってたと思われるバスケットがおいてあったな
設定には「なのはの私物」としか書かれていない謎の一品が・・・

27 名無しさん@魔法少女 :2009/11/30(月) 18:48:39 ID:YZE6TQKo
いいなのフェ、そしてヴィヴィオでした。GJ!

28 名無しさん@魔法少女 :2009/12/02(水) 17:05:06 ID:cJEILRHQ
物産展スタッフ(この歳でダブルベッドに興味を持つなんて、恐ろしい子…!)


ところで、フェイトちゃんってクールビューティなのか?

30 名無しさん@魔法少女 :2009/12/02(水) 20:10:20 ID:QGeY2w8I
>29
まずはsageろ。全てはそれからだ。

31 名無しさん@魔法少女 :2009/12/02(水) 20:31:02 ID:lYXdXBhI
>>29
気持ちはすごくすごくよくわかるがここはそういうことを語る場所じゃないよ

32 名無しさん@魔法少女 :2009/12/02(水) 20:35:31 ID:yP8rTaLg
どうでもいいけどここでsageる意味あるのか?

34 名無しさん@魔法少女 :2009/12/02(水) 22:31:27 ID:Y2tDTEu2
>劇場版のキャストインタビューでなのはの中の人が、ユーノの事を「重い」
ただの冗談のつもりで言ったんじゃね?

35 名無しさん@魔法少女 :2009/12/02(水) 23:11:02 ID:5jrQKEJw
スタッフインタビューの一字一句を真に受ける馬鹿は本当にどうかしてる。
雑誌の方がウケを狙って意訳することもあるからな。
かの有名な「エアリス殺しましょう。ティファ出しましょう」のように。

36 名無しさん@魔法少女 :2009/12/02(水) 23:28:06 ID:dyUOJxqY
>>29
44-256氏の作品自体がなのフェ百合SSだというのは早とちりな気がする。
あくまでもTV本編の描写の様に機動六課の宿舎で同室兼ダブルベッドになったのが現実になったのであって、フェイトの『妄想』が現実になったとは一言も書かれていない。
その辺を適切に表現し切れなかったのが、百合寄りSSなのか、ユーなのの絆SSなのかを曖昧にしてしまったんだと思う。

あと声優の発言は気にしない、スルー方針の方が神経をすり減らさないから、気に留めない方がいい。

37 名無しさん@魔法少女 :2009/12/02(水) 23:34:27 ID:5jrQKEJw
言ってはなんだがなのユーに止め刺したのヴィヴィオのような気がする。
一足飛びで母になっちまったから野郎が割り込む隙がねえ。

38 名無しさん@魔法少女 :2009/12/02(水) 23:44:29 ID:fFVeGuDs
男とくっつけたくはない
けど母子ネタはやりたい
そんなエゴが見えかくれ

だからこそ、妄想に意味があるんだよ

39 名無しさん@魔法少女 :2009/12/02(水) 23:52:09 ID:5jrQKEJw
なのはさんがもうすっかりヴィヴィオの母ちゃんになっちゃってなあ
なんか自分の実子はつくらなそう。もうヴィヴィオだけのママでいたいって感じで。

40 名無しさん@魔法少女 :2009/12/02(水) 23:55:03 ID:fFVeGuDs
桃子さんとあわせて親子丼ならぬ三世代丼とか
良いよね!

41 名無しさん@魔法少女 :2009/12/03(木) 00:09:54 ID:y4dmpQuY
問題が一つある

誰が喰うんだ?
誰ならば、喰らえるんだ?

42 名無しさん@魔法少女 :2009/12/03(木) 00:09:55 ID:oSDkp7z.
>一足飛びで母になっちまったから野郎が割り込む隙がねえ。

逆に考えるんだ。
母になったからこそ父が必要だとッ!

43 名無しさん@魔法少女 :2009/12/03(木) 00:12:02 ID:P9Jl/qpA
乳さえあれば父は不要。
ぶっちゃけ経済力のあるなのはさんに必要なのって男じゃなくて
腕のいいベビーシッターだよな。

44 名無しさん@魔法少女 :2009/12/03(木) 00:16:28 ID:Kv.eVDsA
ヴィヴィオに関しては
ユーノ(無限書庫)とアイナさん(ホームキーパー)がそれを担ってるように思う

45 名無しさん@魔法少女 :2009/12/03(木) 00:57:16 ID:x4fGtRPQ
>>41
なに、ここなら誰でも喰えるさ。

等と冗談はさておき、ありえそうなパターンは、
①ユーノが婿入りして家族団らん(性的に)
②時間改編されてクロノと結婚、以下略。
③士郎さんは娘も孫も平気で喰える人だった。
④恭也が嫁と義妹も込みで驚異の6Pに挑戦だ。
⑤なのは親子が里帰り中に翠屋がテロ屋(凌辱ゲー風味)に占拠された。

かな?

46 名無しさん@魔法少女 :2009/12/03(木) 02:14:39 ID:qG.Rv7WI
5が純地球人のテロ屋ならそいつらに勝ち目がねえ…

47 名無しさん@魔法少女 :2009/12/03(木) 03:10:30 ID:IQRtJe3U
最近、巷ではレベルアッパーとかいうものが流行っているそうな…

48 名無しさん@魔法少女 :2009/12/03(木) 04:28:39 ID:YLylG1qY
>>43
誰が上手い事言えとw
それに経済力に関して言えば、ユーノだって十分にあるだろ、司書長なんだし。
でも司書長って給料いくら?

49 名無しさん@魔法少女 :2009/12/03(木) 04:33:55 ID:YLylG1qY
>>34-35
真実はどこに…。
>>37
もーそんな事ユーノやめろよーw

50 名無しさん@魔法少女 :2009/12/03(木) 06:16:32 ID:n3z7kTtw
実はミッド高町家はなのはの所有物ではなく、ユーノの持ち家
本人は単に多忙で出てないだけ

という妄想
A'sのときは本局の寮に入るようなことを言ってたけど今はどこに住んでるんだろう

51 名無しさん@魔法少女 :2009/12/03(木) 07:08:21 ID:/ABnUGUk
原作とアニメが平行世界だって言うなら、あともう何個か平行世界があっても良いと思う
なのはの嫁がクロノだったりユーノだったりまさかのミッドチルダ一妻多夫制だったり
良いと思う

52 名無しさん@魔法少女 :2009/12/03(木) 07:24:23 ID:e/DuLHhs
そもそもユーノってなのはのこと恋愛対象として好きなのか?
幼馴染の友人以上の感情ってあるのかしらん。

53 名無しさん@魔法少女 :2009/12/03(木) 08:29:34 ID:H9rVansc
>>29
そういうこと言われると、意地でもなのフェを書きたくなる俺がいる

54 名無しさん@魔法少女 :2009/12/03(木) 09:54:02 ID:iN7lkuQ2
>>52
一期だと、ユーノがクロノに嫉妬する様な場面がある。
なのはだって、「いっぱい話がしたい」とは言ってる

なのフェが大して人気でなかったら、どうなってたんだろか?

55 名無しさん@魔法少女 :2009/12/03(木) 11:49:11 ID:6HvitqUE
9歳から25歳に至るまでなにもなしじゃ進展望み薄かと。
なのはもフェイトもオールドミスで終わりそう。

56 名無しさん@魔法少女 :2009/12/03(木) 13:29:51 ID:YLylG1qY
>>52
コミケで配布されてた劇場版なのはの前売り券付きドラマCDでユーノ自身がなのはとの関係を語ってはいたな。
個人的には賦に落ちんが。

57 名無しさん@魔法少女 :2009/12/03(木) 16:04:49 ID:IvUV5S7s
>>55
一部の狂信者に目を付けられたばかりになんちゃって百合を延々とやらされて一生独身か…

58 名無しさん@魔法少女 :2009/12/03(木) 16:45:42 ID:lUhGBVlw
新房が半分ギャグで入れた1期ラストが、独り歩きしちまったな

62 名無しさん@魔法少女 :2009/12/03(木) 18:25:45 ID:XCJa1gt.
ユーノ厨でも百合厨でもないけどさ、
少なくともこのスレ見た感じだとユーノ厨のがどうかしてるように見えるよ。
一体なにがしたいの?

63 名無しさん@魔法少女 :2009/12/03(木) 18:51:05 ID:vAWJ3wTE
そんなことだから、みんな余所のサイトに行っちゃうんだよ。
隠してない人だけでも三人ほど某所に移っちゃってるじゃないか。

64 名無しさん@魔法少女 :2009/12/03(木) 19:17:31 ID:XCJa1gt.
>>63
結構長い間スレにいるけどこの手の荒れ方は定期的に起きてた気もする。
ところで某所に移った人kwsk
某所って言うのは理想郷?

65 名無しさん@魔法少女 :2009/12/03(木) 19:43:41 ID:2446DUog
>>59
疲れたんだろ、カップリング論争に・・・
こんな感じのね

66 名無しさん@魔法少女 :2009/12/03(木) 19:46:44 ID:49fIz372
ノーマルだろうが百合だろうが陵辱だろうが何でも食える人間からすると別にどうでもいいけどなw

68 名無しさん@魔法少女 :2009/12/03(木) 20:30:29 ID:D1wk8US2
1期前半
なのは「ユーノくん♪ユーノくん♪」

1期終盤から2期
なのは「フェイトちゃん♪フェイトちゃん♪」

ユーノ「…………」
フェイト「ユーノ、その……元気出して」

3期
なのは「ヴィヴィオ♪ヴィヴィオ♪」

ユーノ「…………」
フェイト「…………」

はやて「なのはちゃん。罪つくりな子や……」

69 名無しさん@魔法少女 :2009/12/03(木) 20:33:33 ID:bAoSF/MU
ちょっとワロタw

71 名無しさん@魔法少女 :2009/12/04(金) 00:22:08 ID:7suHIAmE
まあまあ落ち着いて
別に敵対することないじゃない
同じナノラー同士仲良く行こうぜ(笑)

72 名無しさん@魔法少女 :2009/12/04(金) 00:25:49 ID:gL1IKQQA
なのらー

いかん、この表記だと気が抜ける

73 名無しさん@魔法少女 :2009/12/04(金) 01:03:58 ID:2mpGSL5Y
魔法の呪文はリリカルなのらー

74 名無しさん@魔法少女 :2009/12/04(金) 01:42:56 ID:Nr9mI/l6
田楽マンwww

75 名無しさん@魔法少女 :2009/12/04(金) 06:13:06 ID:u0hSdf7A
「なのらー」は脱力してしまうなぁ…

>>田楽マン
誰が鼻毛真券やオナラ真拳、プルプル真拳、ワキゲ真拳のポジションになるのかな?

76 名無しさん@魔法少女 :2009/12/04(金) 06:55:34 ID:ZxeWMJYI
まあ別に結婚や恋愛だけが女の幸せとは限るまい
なのはもフェイトも子供はいるし、はやてにも家族がいる。仕事が恋人なんだよ
桃子さん&リンディさんが……と思ったけど、どっちも兄貴は妻子持ちだし
言うことないか

77 名無しさん@魔法少女 :2009/12/04(金) 07:18:01 ID:KvkpEB96
だがリンディさんはともかく桃子さんはなのはが子を作らなかったら
血脈が途絶えてしまう罠。上2人は旦那の連れ子だし。

78 名無しさん@魔法少女 :2009/12/04(金) 07:41:51 ID:52rUJ25c
もうこのくだらない議論やめろよ
ユーノ好きの職人も百合好きの職人もやる気なくしかねんだろう

80 名無しさん@魔法少女 :2009/12/04(金) 07:45:53 ID:KvkpEB96
プリキュア乙。

81 名無しさん@魔法少女 :2009/12/04(金) 07:47:27 ID:o9hDWASk
>>79
幸せの多様性否定とか、アグネスかユニセフに洗脳されたキチガイ?

82 名無しさん@魔法少女 :2009/12/04(金) 07:58:29 ID:mtHZ3w9Q
カプにしたってジャンルにしたって、好きに書けばいいんだよ。ここはそういう場だろ?
「ここ」で自分の嗜好に合わないものを「排除」しようとするな。
大体、真性の儲なのか、それを騙ってるアンチなのかを、どこで判断できるって言うんだ?
いちいち「踊らされる」のも馬鹿らしかろう。


自分の嗜好こそ絶対であり、他は屑なんて考えを持ってるなら、自分の巣に引きこもればいいんだ。
誰にも迷惑かけることもないし、迷惑をかけられることもない。
自分と同じ嗜好の人間しか集まらないんだから、さぞ居心地のいい空間になるだろうよ。

「○○(嫌いなジャンル)は糞」じゃなく、「○○(好きなジャンル)はよいものだ!」でいいじゃないか。
まあ、それにかこつけて他を攻撃するのはいただけないが……

84 名無しさん@魔法少女 :2009/12/04(金) 08:29:34 ID:52rUJ25c
>>81
自分で自分のこと「厨」って言っちゃってる人に触っちゃ駄目だよ
スルー推奨

85 名無しさん@魔法少女 :2009/12/04(金) 08:40:05 ID:o9hDWASk
>>83
幸せの多種多様性には結婚も含まれてるんで否定にはならんのだがw
ただ煽りたいだけなら他所池

87 名無しさん@魔法少女 :2009/12/04(金) 11:37:38 ID:cZF0fDg.
司書長の話題で場が荒れていることに
私は心を痛めております

司書長は「居なかったら円満解決は無理だった」程度のキーマンであれば不満はありませぬ
司書長に幸あれ

88 名無しさん@魔法少女 :2009/12/04(金) 12:14:27 ID:U.zUQQXI
ぶっちゃけカプ論争ってAAやコピペ連投荒らしよりも性質が悪いよね。

89 名無しさん@魔法少女 :2009/12/04(金) 12:20:55 ID:OGwK1PDc
とりあえず言えることは
スレチだってことだね

90 名無しさん@魔法少女 :2009/12/04(金) 14:20:01 ID:pbwtjQJI
自分でなのユー厨とか言ってる時点で騙りだろ

それよりリリカルふぇいとまだですか

92 名無しさん@魔法少女 :2009/12/04(金) 15:41:21 ID:Lni6rgt.
何のネタだっけ?

94 名無しさん@魔法少女 :2009/12/04(金) 16:09:44 ID:AQjEC7y.
一人でやると寒すぎるよね
他が乗るからネタになるわけであって

95 名無しさん@魔法少女 :2009/12/04(金) 16:50:38 ID:fdouf0r2
カプ論争とかネタのダメ出しとかよくあるスレの末期症状だよな。

96 名無しさん@魔法少女 :2009/12/04(金) 17:30:35 ID:52rUJ25c
>>95
カプ論争に関しちゃずっと前からたまに起きてるから関係ないんじゃない?
本当の末期は論争が不可能なほど過疎な状態
101スレになってもこんだけ人いるならまだしばらくは安泰かと

97 名無しさん@魔法少女 :2009/12/05(土) 04:20:22 ID:F3J4RYhY
gdgd論争してないで自分の好きなカプのSS書いてうpすれば良いよ
他人を否定する意見よりも自分を認めさせられるようなSS書いてくれ

98 名無しさん@魔法少女 :2009/12/05(土) 20:59:18 ID:so1Rnrcw
60スレくらいからここ見てなかった元書き手なんだけど
カプものは前よりもっと荒れるのか?

99 名無しさん@魔法少女 :2009/12/05(土) 21:31:12 ID:ENE5KuB.
>>98
いんや、そんなことはない
カプ論争で荒れたのは凄い久しぶりよ
気にせず好きなカプ書いて投下してくれ




■ したらば のおすすめアイテム ■

【Amazon.co.jp限定】Just Because! 第3巻<初回限定版>(全巻購入特典:「比村奇石描き下ろし全巻収納BOX」&「鴨志田一書き下ろしドラマCD」引換シリアルコード付) [Blu-ray] - 小林 敦

(´;ω;`)ブワッ

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板