したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

【脱出】Story of unhappy happy girl 【ホラー】

9 ヨモギ茶 :2011/06/04(土) 20:43:23
――――此処は、この洋館のどこかの奥のどこか。
あちこちに。四葉のくろーばーなどを描いた古い張り紙が、インテリアとして壁や床にはりついている・・・・。

「うふふふ・・・・さあて、今度のお客さん達は。どんなふうにあがいて、そして死んじゃってくれるんだろうね・・」

洋館のどこかのその部屋で。そこにいる誰かは嘲笑った・・・・。

「それにしてもおもしろかったなあ・・・・。あの。ハウ ンさんっていう人の怯えようは・・・
無駄だって言ったのに、汗かいて木槌なんかふりまわしちゃってさ・・・それに、
死体をみちゃったときの。彼と周りにいた人の反応とかぁ・・・。・・・うふふふ。あはははは・・・」

誰かは笑い続けたが・・・・・。・・・・・・ふと、何かを思い返したように沈黙すると。
その表情は嘲笑から不満へと変化する・・・・・。

「・・・・・だけど。・・・・・なんだかおもしろくないな・・・・。・・・・なんだか。なんだかちがうんだ・・・
・・・・・・・そうだ。・・・・・ハウ ンさんって人だ。 それだ、きっと。」

「・・・・・ハウ ンさん。・・・・・この館で、『一番目に犠牲者になるはずだったのに・・・・。
・・・・・ううん、本当に『死んじゃったはずなのに・・・ハウ ンさんはまだ生きている・・・・』」

「『ハウ ンさんは死んじゃったはずだった。魂もまた館にとりこまれて、身体は此処の住民になるはずだった・・・
本当は。木槌で扉を壊そうとする事もできない。それか、死んだ自分をみた時点で、魂が消えちゃうはずなんだ。
それなのに魂はつなぎとめられて。まだ、自分をたもってうごいている・・・。
・・・・ほかのやつらも、きっとおんなじなんだろうなあ・・・・。』」

「・・・・・。・・・きっと、『呼びかけられたからだろう。』だれかが、その邪魔をしたからだろう。
身体はもうここの住民だけど。不完全だし、『生き返るような事をされたりしたら』・・・・・」

いいかけて、だれかは口を噤む、だらーんとしている首を横にふる。

「・・・・・だけど、そんなの関係ないや。・・・・・生き返ろうとする以前に、
死んじゃったっていう事をみとめなけりゃあ。ハウ ンとハウゲンはずっと切り離される。
他のひとたちだってそーいうことさ・・・・。そして、死んだって事をみとめなければ。
別人として、永遠にこの館をさまようことになるし・・・。
あの人達は。友達だった人と。殺すか殺されるかの闘いをする。
どっちにしろ、かわりゃしないさ。」

再び。それは笑いだす。周辺に、十字架。槍。それにつきさされる白い人影達が浮かび上がる

「さあ。迷い人達よ―――――このぼくに、おもしろおかしい暗黒舞踏をみせてくれたまえ」

心の贓をもちーふにしたような、血のように紅い鍵に心の贓を貫かれている。黒い兎竜はあざわらった。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

踏み出せば何かが変わる - 三浦 大輔


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板