したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

【ショート】花嫁ブーケ争奪略奪強奪ウェディング【ギャグ】

1 木野 :2011/05/23(月) 23:20:19
賑やかに花が咲き、太陽の光を宝石のように反射する噴水がおこり
飛び交う小さな妖精たちが光を零す、『フェアリーランド』
夢見るもの達が導かれ、夢のようなひとときを過ごすことができる
この楽園には大きなお城が建っている

そこでは誰もが憧れる「結婚」という儀式が執り行われる
この楽園最大のセレモニーには多くの物たちが集まる
特に、「女性」はその花嫁のブーケを取るために
城のバルコニーの下方にひしめき合うのだ
たった一つのブーケに対し100を超える女性達
そのブーケを得たものは絶対の幸福なる結婚が約束されると
いう伝説を信じる彼女たちは今日もまた戦場へと集うのだった
-----------------------------------------------------------------------

2 木野 :2011/08/03(水) 23:23:21
「フェリィお嬢様、儀式は正午より執り行われます」
黒いフードを被った女性が紫の瞳をのぞかせながら告げる。
その目線の先には宝石で細やかに装飾され、差し込む光を反射させる厳かな椅子があり
一見空席に見えるそこには小さな女王が座っていた。
「あらそう。今回は誰と誰が結ばれるのかしら?」
椅子というよりは部屋に近い広さのそこで小さな木の実をさらに切り刻んだものを
口につけながらフェリィは尋ねる
「それが、花嫁と花婿が行方不明なのです。」
「ふぅん…。なら、ワタシとハテナ・サテナ様で挙げちゃおうかしらねぇ・・・」
深刻な顔で告げる彼女に対し、フェリィは驚く様子も無く空になった食器を蹴飛ばした。
「ま、伝統だか何だか知らないけど。お父様が勝手にやってるお遊びなんだし、
あなたたちがうまいことやりなさいよ?そうね。無愛想なあなたが誰かを呪い縛って
代わりに結婚式を挙げてしまえば?ねぇ、ブライシー?」
「…とにかく、挙式を執り行うために既に手配はしてあります。」
黒いフードの女性、ブライシーはフェリィの冗悪を受けることなく淡々と告げる。
「そ。まぁ部下を使わなくても白無垢の姿を追ってこの楽園中の女性が見つけだしてくれるわよ。」
そういい、フェリィは小さな身体の蝶のような翼を広げフワリと舞い上がっていった。
-----------------------------------------------------------------------------

3 木野 :2011/08/05(金) 01:11:12
「…それで、その新郎新婦の特徴は?」
「特に変わった所のない普通のヒューマのカップルだそうだ。
最も、いまだタキシードとウェディングドレスとやらを着ていれば一目瞭然なのだが。」
ここはフェアリーランドの飲食施設、薔薇に囲まれた喫茶コーナー。
急遽召集を喰らったシノはイムホに無理やりヒューマ街の若者風の格好をさせられてここでブライシーからの連絡を受けていた。
「この施設の人数は多すぎる…人を隠すには適するが探すのは骨が折れるぞ?」
「あいにくだがこちらの猫達はあのワガママお嬢様を探すのに割かれている。手駒が欲しければ現地調達するのだ。」
そういい、連絡は途切れた。シノの耳にあてられていた妖精の貝殻からは何の音もしなくなる。
「現地調達か…どうしたものだか。」
シノはため息をつきながら周りを見渡すのだった。
-------------------------------------------------------------

4 腐れ飯 :2011/08/05(金) 14:15:19

ドン と肩がぶつかり、またすみませんとおじぎをする。
これで何度目だろうか?
見渡すところ男性が少ないようでそれだけが救いだった。「怖い」という感情は、さほどおこらない。
…いや、それも嘘だ。
「こなきゃ…よかったかなぁ」
水野 萌がここにいる理由はここで行われる有名な儀式「結婚」を見るためだ。結婚という風習自体はさほど珍しいものではないが、この楽園のものは格別らしく、華やかで美しい、女性の心を非常にくすぐるものであるらしい。
しかし…
いつまでたってもそれが行われる気配はない。それどころか人が多すぎてがんがんぶつかり、そのたびにがんがん謝らなければならない。最近マシになってきた泣き虫な癖も発祥しはじめ、涙が自然と浮かんでくる。
とりあえず喫茶コーナーの中心にあるオブジェに腰をかける。オブジェのまわりにはテーブルや椅子が並んでおり、その周りには薔薇の海が広がっている。オブジェも花や葉、木で女神が作られていて、美術館においてあってもおかしくないクオリティのものであった。
「結婚かぁ…」
今の自分とは、程遠いフレーズに聞こえる。そういえば、ここまで人が集まっているのは、「ブーケ争奪」というイベントも関わっているらしい。ブーケをとれば自分の結婚が約束されるというものだ。
「私みたいな、魅力もない女じゃ、だめだなぁ。貧相だし、幸薄そうだし」
また自己嫌悪が始まった。自分の悪い癖だ。
座りながらオブジェを見上げながらそんなことを考えていると、急に悲鳴が聞こえた。厨房からだ。
「か…火事だ!!」
叫び声はやがて人から人へ伝染し、やがて大きな騒ぎとなった。人がいないからオブジェに近付いたのに、ここまで人が押し寄せてきた。水野は恐怖に再び目を潤ませる。
いや、それどころではない。

水野は咄嗟に立ち上がり、叫び声が聞こえたほうへと駆け出す。人に何度もぶつかったが、その度にごめんなさいと軽く謝る程度で、いちいち立ち止まっている暇はなかった。

厨房へ駆けつけると、既に火は大きくなっていた。キッチンから大きな炎が燃え上がっており、そこが出火原因だとよくわかった。よく目をこらすと、料理長らしき男性が未だに逃げられずに腰をぬかしていた。
こうしちゃいられない。
水野は歯をくいしばり、右手を天高く伸ばす。
「スプラッシュ!」
そう叫ぶと、突然厨房中に豪雨が振り出した。対人戦よりもかなり威力をしぼり、人を傷つけない程度にしたがそれでも豪雨にしなければ炎は消せないため、調整が難しかった。

みるみる炎は消えていく、煙が蔓延し、料理長はキョトンとした顔で炎があった場所と水野を交互に見比べていた。

炎が完全に消えたようなので、雨をとめる。なにを言ったらいいかわからない料理長の、次にでる言葉を待つ前に、水野は深くおじぎをして、すこし笑みを浮かべて走り去った。

よかった。これで大きな災害にならずにすんだ。
もう一度喫茶に戻ろうとした時、ガッと突然肩をつかまれた。

先ほど厨房を助けたのにも関わらず、水野は何故か「怒られる!」と思って振り向く。

黒く長い髪、少しジト目の女性だった。普通の女性というような格好をしている。

「あ…あのの…あののののの…」

水野が口をわななかせながら言葉を搾り出そうとするのを待たず、その女性は口を開いた。

「私はシノ…ところで、あなたに…少し手伝って欲しいことがあるのだが…」

5 木野 :2011/08/05(金) 23:13:01
「あの、のののそのあああああ」
言葉がうまく出ずに泡でも吹いているような喋り方で水野は既に泣き出しそうだった。
「…怯えなくてもいい。人出が欲しいだけだ。実は新郎新婦が行方不明でな・・」
「え・・・それって迷子ですか?」
水野のため息のでる返答にシノは眉間にしわを寄せる。それに応じて水野はまた
何かしたんじゃないかと震えるのだった。
「これは事件だ。定刻までに挙式できなければ集まった女性達が暴動を起こす危険性もあるんだ。」
「…それは大変です。ぜひ・・・お手伝いさせてくださいっ!」
震える手でシノの手をつかむ水野。シノは不安を感じながらも、先ほどの水野の行動を思い出し
彼女の手を握り返すのだった。
---------------------------------------------------------------


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

「君の名は。」Blu-rayスタンダード・エディション - 新海誠


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板